パレットをより薄く
積載はなるべく多く
余裕をつくるアプローチ
資料はこちら

薄型パレットで輸送業務に余裕を

弊社では持続可能な物流業務を下支えするため、パレット化推進を後押しします。
ドライバーと荷主、双方の生産性と余裕を確保するため、自社開発の薄型パレットを活用し、
パレット化に伴う負担を軽くすることを目標に取り組んでおります。

新規設備導入を避けたい場合

通常フォーク爪でも扱えるパレットの中では最も薄型であるLeGパスボーダーが適しています。
安価な紙製品なら、配送拠点までの片道使用が可能となり、パレット紛失防止管理も不要です。

設備導入も含めた新規物流システムを構築する場合

専用フォーク爪で作業する樹脂製パスボーダーなら、配送拠点から工場への
パレット返送効率が10倍にもなり、繰り返し使用による大幅なコストダウンが可能です。