アルメニア語

アルメニア語の配列には東部と西部があり、WとV、KとG、TとD、PとBがそれぞれ逆になっているようです。
アルメニア語は東部と西部では、子音の有声無声が逆になっているためこのようになっているようです。
基本的にはQwertyに沿った配列になっているようです。


アルメニア語 東部のキーボードの配列(ローマ字入力)

そのままの状態のキーボード配列は次の通りです。


シフトを押した状態のキーボード配列は次の通りです。



アルメニア語 西部のキーボードの配列(ローマ字入力)

そのままの状態のキーボード配列は次の通りです。


シフトを押した状態のキーボード配列は次の通りです。



アルメニア語のスクリーンキーボードを作ってみました。
このスクリーンキーボードを使うにはMicrosoft .NET Framework 4が必要です。
オフラインでMicrosoft .NET Framework 4をインストールしたい人はこちらからどうぞ。
次のファイルをダウンロードして、Lhaplusなどのソフトで解凍して、ScreenArmenianKeyboard.exeをダブルクリックして下さい。
スクリーンアルメニア語キーボード

Kauli
トップに戻る