アルカ[レベル]なしの単語


@aya
/ あ
@kam
/ あ

@mial
/ あ

@pat
/ あ

aadhovaik
/ [生物]骨盤部
rd;/
24

aadjior
/ [生物]関元兪、関元愈
21

aadvaik
/ [生物]腰部
rd;/
24

aadyuwakana
/ [俗語]洋物ロリータ、洋炉
rd;/
23

aaldae
/ [経済]特別損失
19

aalem
/ [名詞]特殊化
[反意語]leimem
20

aalgio
/ [経済]特別利益
19

aalhokt
/ [音楽]エフェクトシンバル
21

aalito
/ 特別点
21

aalkan
/ [生物][医療]奇経
rt;/
24
[文化]
八脈ある。任脈、督脈、陰{事ャ、陽{事ャ、陰維脈、陽維脈、衝脈、帯脈である。

aalskit
/ [交通]グリーン車、ビジネスクラス
[娯楽]A席
[名詞]特別席
rd;/
23以前にこれと同じ語源でリディアが造語済み。

aav e malvel
/ [医療]マルヴェルの鎖
20:ridia
[文化]
malvel

aavhons
/ [アイテム][軍事]チェインメイル、チェーンメイル、鎖かたびら、くさりかたびら、鎖帷子
rd;/
24
[文化]
zgからsmまで使われた。gleaができるとプレートメイルに取って代わられた。

aavloho
/ [アイテム]コイフ
rd;/
24
[文化]
smで作られた。

aaxeatan
/ [化学]ヨードアルカン
19

aaxefaan
/ [化学]ヨードメタン、メチルヨーダイド、ヨウ化メチル
19

aban san
/ [娯楽]あばんさん
21:abanはalt
[文化]
『サザエさん』に相当するアニメ。

abantia
/ [企業]アバンティア
21:abantis
[文化]
三菱商事に相当する企業。

abehons
/ [アイテム]クロスアーマー
rd;/
24
[文化]
神代で作られた。布の鎧。

abentis
/ [人名]アベンティス。ミナリスなどの姓。
21

abes
/ [被服]キュロット
rt;yoloの北方方言がaxekしたもの。
24

abion
/ [音楽]クラベス
21:マレット諸語から

abis
/ [被服]鳥打ち帽、鳥打帽
rt;<,sagitamagita
24

abix
/ [宗教]大司教、アーチビショップ
zg;「車輪のハブ」
24

actifabertike
/ [地学]東ファベル海流
23

adaikad
/ [政治]君主国
rd;/
24

adentosiza
/ [地学]アデントプレート
23

adiltisi
/ [植物][医療]艾キp、がいしゅ
rd;/
24

adinlaz
/ [地学][歴史]オルドビス紀
vl;/
23
[文化]
gaavefeme

adoati
/ 水の硬度
19

adyubel
/ [料理]人肉料理
19:ridia:arbaxelt
[文化]
アデュ収容所で処刑された人間を料理したもの。その後一般に人肉料理の意味に。アルバザードはカニバリズムが歴史上何度か登場する。

adyunia
/ 人毛を使ったカツラ
19:ridia:arbaxelt

adyurio
/ 人脂石鹸、人油石鹸
19:ridia:arbaxelt
[文化]
ミロク革命で処刑された人間の油から作った石鹸。

af,ly
/ tu(それ)
?

afaktimdirei
/ [地学]グーテンベルク不連続面、コア-マントル境界
vl;/「マントルと核の境界」
23

afan,ly
/ これの
afの属格

afrahac
/ [ユマナ]タイ文字

afran
/ [交通]八分儀
rd;afra/en
24

afranifa
/ [地球の星座][ユマナ]はちぶんぎ座
24
[文化]
ifa

aglea
/ [アイテム]レイピア
[アクセント]agleA
sm;al/glea「対グレア」
24
[文化]
グレアに対抗する手段としてktで作られた細身の剣。突き刺して使う。

ahala
/ [芸術]螺鈿、らでん
[アクセント]ahalA
sm;alt 24

aho,alt
/ hok
a(fvの音象徴で海)/ho(固い)

aholu,alt
/ dolk。伝統工芸に使う。
aho

aim
/ [生物]半陰陽、インターセックス
vl;al/him
23

aiman
/ [生物]半陰陽者、インターセクシャル
vl;/
23

ajenren
/ [ユマナ]ヘブライ語
21

aka,alt
/ tier
a(kaluaのaで海の音象徴)/ka(場所)

akal
/ [料理]ケイパー
16:古:akalpe

akemi,alt
/ xelt
mi esk min, istol xelt. akemI on caf

akilafakdirei
/ [地学]モホロビチッチ不連続面、モホ不連続面、モホ面、モホロビッチ不連続面
vl;/「地殻とマントルの境界」
23

akldilfai
/ [医療]有痕灸
rd;/
24

akmteap
/ [化学][医療]ワセリン、バセリン、ヴァセリン
rt;/「石油軟膏」
23
[語法]
石油を分留して得られる複数種のアルカンからなる軟膏基剤のこと。
[文化]
rt末からvl前期にかけて大量に使用されていた石油の廃棄物や重油の廃棄物を有効活用をする為に研究によって開発されてきた。

akmzomp
/ [環境]石油資源
19

akoleps
/ [名詞]土葬
[動詞]yulを土葬する、土葬する
rd;/
24

akomfink
/ [生物]水平面
rd;/
24

akomkorkim
/ [生物]水平伸展
rd;/
24

akomrotkim
/ [生物]水平屈曲
rd;/
24

akonab
/ [地学][植物]母材
19:ridia
[語法]
土壌B層の下の層。岩石が土になる過程にある部分。

aksfoxt
/ [俗語]床オナ
rd;/
24

akuaklel
/ [娯楽]アクアクレール
21:紫陽花の書
[文化]
『ファイヤーエムブレム』『ファイヤーエンブレム』『ファイアーエムブレム』『ファイアーエンブレム』に相当するゲーム。

al(2)
/ [人名]アル
古:『少女・レンとアル』
[文化]
レンという娘が人形にされて、アルという人形が逆に入れ替わりで娘になって、その父親に愛されたという話の登場人物。

al(2),f
/ 強意、対義、ペアなどを作る接頭辞
al,f.k

al,f
/ tul, to
e

al,fv
/ a

ala,f
/ 10
elt;al/wa「両手」

alagepgao
/ [音楽]バリトンホルン
rt
22

alai
/ [政治]大公、グランドデューク
sm;al/kai
24
[文化]
王族や王家の分家の長など。

alareialis
/ [生物]ウラシル
rt;/RNAにはチミンがなくウラシルがあることから。
24

alasadentotike
/ [地学]西アデント海流
23

alasfabertike
/ [地学]西ファベル海流
23

alaskeveatike
/ [地学]西ケヴェア海流
23

alawa,fv
/ tone
meltia 256:bert;ala/wa「十本の手」
23

albaog
/ [娯楽]アルバオグ
21
[文化]
『ストリートファイター』に相当するゲーム。

aldanteenj
/ [俗語]直後責め、直後攻め
al;/
23
[語法]
一発出した直後に、そのまま責められること。女性相手にする場合にも使える言葉だが、ふつう男性相手に使う。なお、ふつう男性はとても不快に感じる。

aldisk
/ [音楽]スタッカーティシモ
19

aleiria
/ [地名]アレイリア海
20:ridia:北極の水
[文化]
アルダ東〜セレーナ北の海。

aleivkaxa
/ [地学]極投影による図法、ポーラーケース
20
[文化]
正距方位図法のひとつ。北極から任意の点までの大圏コースが分かる。

alemyuo
/ [言語]心理動詞
19
[語法]
siina, tiia, varaeのような動詞。感情を相手にぶつける動詞。感情動詞nayuoと違い、yulは感情を引き起こされる人物でなく、感情をぶつけられる相手を指す。
心理動詞と感情動詞の見分け方は、その動作が相手なしに行えるか否かである。怒るという動作はひとりでもできる。悲しむというのも一人でできる。しかし好きとか嫌いは相手があって初めて成立する。後者の場合、心理動詞になる。

aleris
/ [普通動名詞]失伝
[動詞]yulをaに失伝する、失伝する、相伝しない、受け継がない、その代で終わる
rd;/
23
【用例】
tu lenv e yuvel es aleris a xita. そのユベールの技は後世に受け継がれていない。

alfelan
/ [名詞]社会人
[類義語]alifan
[反意語]felan
rd;/
23
[語法]
→alifan
学生と社会人の対比を成す語。主に社会人は労働者なのでalfelanをlabastとしても良いのだが、学生は学業だけでなくバイトをする場合もあるので、社会人をlabastとすると語弊が出てしまう。

alffia
/ 数学世界
23
[文化]
diaalx

alfigi
/ [アイテム]ツーハンデッドソード
sm;/「槍に対抗する」。敵歩兵の槍を切り払うのに使われたことから。
24

alfmiir
/ 数学論
rd
22
[文化]
felpant

alfonl
/ [被服]アルフォンル。シュミーズドレスの下に着た防寒用下着。
[被服]防寒インナー
nd;al/fonblant | vl;.axek
24
[文化]
fonblant

alfxite
/ 数学科
22

algelttoe
/ [医療]送り込み刺法、送りこみ刺法、単刺術、単刺。鍼で使う技術。
rd;/「捻らない刺法」
24

alhaiktaka
/ [地学][歴史]アルハイク大陸
[ユマナ]シナ地塊
vl;/
23

alhalkem
/ [生物]不容
21

alhand
/ [音楽]カンツォーネ
21:alhadir

alhanoj
/ [生物]手の三里
21:al/hanoj。中指に反射が出る

alhante
/ [地名]アルハンテ
20
[文化]
メティオ東部の都市。

alharbana
/ [地球の国名]トルクメニスタン
19:harbana

alhartrein
/ [天文]天の赤道
21

alhartreintike
/ [地学]抗赤道海流
23

alhoora,lsl
/ lejemme
al/hoora = hoora/pshoola

alia ineaato
/ [人名]アリア=イネアート
al
20
[文化]
→dimitoria, kelfrens(羽忘れの精霊)
greiv ineaatoの娘で、eriaの姉。lein yutiaの同級生で、中央アルナ大学のラルドゥラ組。占いの才能があり、親はディミトリア社のCEO。性格は豪胆で、人をからかうのが好き。男性よりも綺麗な少女を好む。魔人であり、liervaの血が入っている。占いの能力はeriaを下回る。

alidio
/ [生物]前歯
19:melidia axte

alie
/ [被服]アリエ
sm;alie/te
古:al(反対)/i(右)/e(左)。左右が反対になっている(片方が長くて片方が短い)スカート
*:alieないしaliet:
[文化]
ひだのついたスカートで腰に巻く。片方が長く片方が短いので左右非対称。踊りの際に着るものだったが、普段着に。

alie,f
/ aliet
al/ie

alies
/ [エルト][サール]sart、神、アリエス
rd;alies,szd
aligaefo
/ [言語]前部歯茎音
19
[語法]
sやtなどのこと。

alikuosiajfo
/ [言語]硬口蓋音
19

alis lixia
/ [人名]アリス=リシア
22
[文化]
(422 ral pal_)
ラマン=サンベルとミーナ=リシアの娘。

alis(2)
/ [人名]アリス
18:seren
[文化]
『夢織』のメインキャラ。アルナ大11組で、シヴァの恋人。髪は栗色のボブ。バンド「フィーナ」のキーボを担当する。
初雪の日に死神が人を喰うところを見てしまい、事件に巻き込まれていく。

alisdol
/ [地学]重晶石
19

alishac
/ 幼字alisのこと
21

alishanoi
/ [植物]アマランサス
22:「秋に咲く塔」

alisjior
/ [生物]中ホ・ 21

alisu
/ [哲学]四元論
alt
24
[文化]
altで起こった哲学。lukletiaに影響を受けてkkで出来た。
土:南:夏:黒:ノーム
水:西:秋:白:ウンディーネ
風:東:春:赤:シルフ
火:北:冬:黄:サラマンダー

aljalmi
/ [アイテム]ペルタ
rd;/「三日月の盾」
24
[文化]
zgで作られた。盾で顔が隠れるのを防ぐため、上の部分がえぐれている。

aljantiep
/ [建築]開渠、かいきょ、明渠、めいきょ
[反意語]gaavtiep
rd;/
23

alje
/ [気象]alj
[医療]太陰
rd; 24

aljelin
/ [アイテム]偃月刀、円月刀、えんげつとう
rd;alj/jelin
24
[文化]
zgのszで作られた。

aljlil
/ [化学]ジルコニウム
18:制

alkarbazard
/ [感動詞]アルバザードに栄光あれ、アルバザードのことは任せろ。多義。
22:alkyunkからの類推

alkaskit
/ [交通]ファーストクラス
[娯楽]S席
[名詞]最高席
rd;/
23以前にこれと同じ語源でリディアが造語済み。

alkatiskad
/ [地球の国名]エルサルバドル
19:国名が救世主という意味

alkatsiza
/ [地学]アルカットプレート
23

alkea
/ [生物]裏内庭
21

alkeko,f
/ let
al(強意)/ke(方向)/ko(内側へ)

alkem
/ [生物]外関
21:al/kemmelt

alketa,f
/ rok
al(強意)/ke(方向)/ta(外側へ)

alkidel
/ [地名]アルキデル
20
[文化]
カテージュ東部の山岳地帯の要塞都市。

alkilzoleev
/ [物理]非正弦波
21

alkof
/ [アイテム]グラディウス
zg;alkho az alko/frei。盾の間から突き刺すように出す剣であることから。
24

alkofor
/ [音楽]附点二分音符
19
[文化]
→for

alkopsdolk
/ [数学]微分係数
19

alkorkaxa
/ [地学]平面図法、方位図法
19

alladonleko
/ [医療]他覚症状
rd;/
23

alloxjior
/ [生物]小腸兪、小腸愈
21

alm(2)
/ [化学]アセチル種
19:al/mue。酢酸からヒドロキシ基を取り除いた基を持つ種

alma(2)
/ [化学]アセチル基
19

almalvel
/ [医療]行為障害
19:malvel

almavi
/ [化学]ビタミン様物質
vl;/
23

almazam
/ [生物]脛の裏側、ふくらはぎ
19

almigartsiza
/ [地学]アルミガルトプレート
23

almiia,fv
/ alflia
meltia 8:gilius;/

almiifa
/ [地球の星座][ユマナ]たて座
24
[文化]
ifa

alniaka
/ [美容]ネープ
21

alop
/ [被服]パッテン
zg;.selan
24
[文化]
農民用のサンダル。

alovayuo
/ [言語]例外動詞
20
[語法]
単位動詞において、継続相が無標となって接辞esが落ちる動詞。siinaやxaなど。
この動詞では行為無相は必ずemを付ける必要がある。
行為無相の頻度が少なく、継続相の頻度が高い動詞のみ例外動詞となる。

alpakkel
/ [生物]承山
21

alphardin
/ [娯楽]魔女の宅急便
21
[文化]
『魔女の宅急便』に相当するアニメ。

alpinka
/ [化学]イソシアニドの基、イソシアノ基。同様に、イソニトリルの基のことでもある。
19

alpinkhou
/ [化学]イソシアネート
19

alsapl
/ [化学]ニトロソ化合物
19

alsapla
/ [化学]ニトロソ基
19

alsenklibgote
/ [生物]多列繊毛上皮、多列線毛上皮。気管や卵管に見られる。
rt;/
24

alsia(3)
/ アルシア国

[文化]
yuuma 6907 ユシフェル、アルシアを独立国家と宣言。国王と真っ向から対立し、レスティルから独立
yuuma 6924 ユシフェール(アルシアの11魔将)の魔力は凄まじく、レスティル軍ではまったく歯が立たなかった。あまりの強さにアンダントは戦慄。前線でアンダントは捕虜となるも、拘置先の研究所で厚遇され、そのまま解放される。その後逆に攻め込まれるものと覚悟したアンダントであったが、ユシフェールの要求は奇妙なものであった
同冬 ユシフェールは「レスティルがアルシアの独立を認め、自分達が研究に勤しめる静かな環境を提供してくれれば、それ以外には何も要求しない」と述べた。ユシフェールは戦禍の復讐も行わなければ、レスティルへの侵攻もしないと約束した。このあまりに控え目な要求に王は混乱した。武人である王は生粋の学者の心理が理解できなかったのである。アンダントは是非もなく要求を受け入れ、アルシアを独立させた。こうして人口30万人の小さな国家アルシアが誕生した

alsiafont
/ [シェルト]扉の軸移動
rd;「横軸を通る」
23

alsonlil
/ [化学]アスタチン
18:制

altafor
/ [音楽]附点四分音符
19
[文化]
→for

altalayuo
/ [言語]非単位動詞
20
[語法]
不定動詞の累積ないし定動詞の反復によって生まれた動詞。
将然・開始・非単位・終了・影響の5相を持つ動詞。
(正確には将然’・開始’・非単位・終了’・影響’の5相を持つ)
あらゆる動詞に存在する。
――|○○○○|――
というモデルで示される。
単位動詞と対立する存在。
例:乱打する、歩行する

altatel
/ [形容詞]横着な、雑な、いい加減な、早道な
[反意語]tatel
rd;/
23

alteems
/ [シェルト]回転した永駒
rd;/
23

altezasla
/ [化学]ニトロソオキシ基。亜硝酸が1つ水素を失って開いたもの。RONO。
19

altezasli
/ [化学]亜硝酸塩、ニトリト化合物。altezhouと同じ。
19

altezhou
/ [化学]亜硝酸塩
19

altiatike
/ [地学]凪海流
23

altonk
/ [言語]脇付
21

altooto
/ [音楽]ストレートノート、イーブン
[反意語]tooto
21

alu,frf
/ flon

alus
/ [被服]オーバースカート
sm;al/lus
24

alvalfor
/ [音楽]附点十六分音符
19
[文化]
→for

alvas(2)
/ [音楽]テルミン
21:alvas

alvaskad
/ [地球の国名]ブルネイ・ダルサラーム国
19:国名が平和な国

alvid
/ [生物][医療]経穴→viida
szl;al/viida
24
[語法][文化]
viida

alvifor
/ [音楽]附点八分音符
19
[文化]
→for

alviidemo
/ [生物]内湧泉
21

alvog
/ [化学][工学]ステンレス
[化学][工学]ステンレス鋼
vl;/「錆びない」
24

alwa,f
/ las io
al/wa

alyukka
/ [経済][法律]ワンルーム廃止法
21:「反1K」
[文化]
ifialan, arktwen
322年制定。1Kの賃貸物件を原則2DK以上に改築する法。核家族や老人の孤独死を防ぐために推進された。しかし皮肉にも親との同居以外にルームメイトの増加をも招いてしまった。
『紫苑の書』ではドゥルガの隠れ家が西区の2DKになっているが、紫苑はこの法律のことを知らなかったため、ドゥルガが愛人と住んでいるものと誤解した。
もっとも、1Kは滅んだわけでない。しかし当時あった1Kの8割程度が改築され、特需を生んだ。

ama,alt
/ dire

amagatali(2)
/ [企業]アマガタリ
21
[文化]
任天堂、スクウェア・エニックスに相当する企業。ディア=ヴェールやテルアデルのメーカー。alで複雑な経緯を経てディア=ヴェール部門だけ公営化された。未曾有の出来事であった。公営化でふつう悪化するはずが、かえって状況が好転した。

amalistaka
/ [地学][歴史]アマリス大陸
[ユマナ]ヌーナ大陸、ローレンシア大陸。ローレンシアは誤解を招きやすいのでヌーナを使うのが無難。訳語として念のため載せておいた。
vl;/「思い出の大陸」
23

amanze
/ [人名]アマンゼ家
古:→xion amanze
[文化]
シオンやマルテなどの姓。

amanzen
/ [企業][人名]アマンゼン、薬師寺
21
[文化]
三菱東京UFJ銀行、三井住友FGに相当する企業。

amavel hyuuto
/ [人名]アマヴェル=ヒュート
18:ryuu/paal:amalis/velm 「思い出の金曜日」。生まれがエンナの日だったため。メル暦上、エンナは必ず金曜になるわけではないので注意。
[語法]
(mel 18 mik len)リュウとパールの長男。同日、セレンとリュウの中学時代の約束に基づき、ルシア=アルバザードの許婚となる。

amaz
/ [ユマナ][宗教]仏陀、ブッダ
24:zamaをアナグラムにしたもの。

amazho
/ [ユマナ][宗教]仏舎利
24

amelia xelt
/ [人名]アメリア=シェルト
22
[文化]
amer
アスベル=シェルトの妻。

amelu,alt
/ nekt

ament
/ [生物]印堂
21:amen

amikali,alt
/ amikal
ami/kali

amiv,szd
/ yuli

amllil
/ [化学]ホルミウム
18:制

amo t'arxe
/ [娯楽]アルシェの車
21
[文化]
『マリオカート』に相当するゲーム。

amoadis
/ [法律]車刑
19
[文化]
死刑囚を車で轢き殺す刑。柱にくくりつけ、車ではねる。即死すれば幸運。即死しない場合は死ぬまで放置。ひき逃げなどに適応。

ampkon
/ 自尊心を作るための道具
19

amyu
/ [名詞]六分儀
sm;an(6)/myu(無い→離れた→分割した)
24

amyuifa
/ [地球の星座][ユマナ]ろくぶんぎ座
24
[文化]
ifa

amyule,szl
/ loz

an(3)
/ [化学]一重結合、アルカンの接尾辞。
19:ryuu

an(4)
/ [名詞]古アルカの6
赤→sidalx

an,alt
/ on

an,lsk
/ 6
avo.k

an,ltf
/ 女性不定冠詞、minfikvante
lan,ltk.xik

anaiarfa
/ [娯楽]喰らいボム
21:身代わりボム

anankuom
/ [言語]アンアン口調
rd;/
23
[文化]
lumir

anapia
/ [言語]一人称
19:xion
[語法]
an, non, nor, der, ansなど。

anbe roub
/ [人名]アンベ=ローブ
21
[文化]
ヴェレイのアミナル党首。ユーリアを手籠めにし、自殺に追いやった。ミロク革命の発端となった人物。

anbez
/ [化学]トリシネート
vl;al/bezel
24
[文化]
gel

and
/ [接尾辞]〜している。反復相を示す。
[動詞]yulしている、〜している。emandの意味で使う。事実上反復相の繋辞。
21:21 mel mirまで反復相は純副詞diで示していた。最も頻度の高い反復相はem diの句であったが、これが詰まってemdiとなっていた。母音が落ちてemdとなり、dに同化してendとなる。その後一般動詞にもlunandのように膠着するようになる。ルティア家で起こりルティア家で定着。差のendと区別するためにendをendiに。しかしミリアによりlunandからendでなくandが逆成。すぐ誤りと気付いたが、音が言いやすいとのことでandで定着。endはlendと近いため、endiのままとした。数カ月の試用を経て左日にセレンが承認し、接尾辞で反復相を指すようになった。
:::hazelu,alt
[語法]
開音節ではaが落ちる。過去形と組み合わせる場合はbadatandのようにする。
【用例】
yuli evand luwaakl a sae. 子供が雪に足跡を付けている。
xe vik baogand omi vienel. 男が扉を何度も叩いている。
klea and met. 粉が降ってくる。
esk lunand. 雨が降っている。自然な言い方。
esk and met. 雨が降っている。落下に焦点。
cate lunand→cate lunas. 嵐が来ている。嵐が複数回来ているのではなく、今ここに来終わって残存しているのでes。雨はパラパラと何粒も降っては降ってを繰り返すのでand。
selan vortand ka fi im ilsel. 毎日どこかで人が死んでいる。

anda
/ [名詞]基準、水準、身の程
[経済]水準
fv;e
14:制:ant
anda:anda:lu land
【成句】
re ser anda (自分の)身の程を知れ。調子に乗るなよ、図に乗るな、いい加減にしろ、身の程を知れ、分をわきまえる
【用例】
anda daz 程良い基準
anda sor 高い水準、高水準

andant
/ [人名]アンダント

[文化]
(yuuma 6752)
カコ中期におけるドゥルガの王。イーファとハーネの父で、彼らは異母兄弟に当たる。
yuuma 6752 アゼリア、息子のandantを産み、andantを預言者と公言。国民は邪教徒討伐の一件があったため、これを受け入れる

ande
/ [電算]LAN、ローカルエリアネットワーク
13:制:古:anxantekaade(アンシャンテカード)

andepent
/ [言語]早々、草々、そうそう、アンデペント
21:al/depente(前文がなくエリスへの祈りもなかったのでここで倍祈るの意味)
[語法]
男性も使う。

andir
/ [遊離副詞][形容詞]よく、わりと
[アクセント]andIr
20:anda/rak(基準を超えた=50%を越えた)→andar→andir(andaから離すため)
[語法]
aluut

ane
/ [料理]汁、しる、果汁、つゆ
[料理]ジュース
[類義語]arit
13:制:古:maineria(体の水)

anel(2)
/ [接尾辞]〜するように、〜して。主格動副詞を作る。
rd;/
23
[語法]
freyu

anfa
/ [軍事]火器
sm;al/fai
24
[文化]
gel

anfan
/ [経済]貨幣
[類義語]kais
21:ridia:al/fant
[語法]
kaisは通貨。円やドルやユーロといった抽象的な概念のこと。
anfanは実物の貨幣。五百円玉や千円札などのこと。
[文化]
アルバザードの通貨はsoltで、貨幣は9種。
貨幣は紙幣(magl)と硬貨(gald)に分かれる。10000, 5000, 1000, 500が紙幣。100, 50, 10, 5, 1が硬貨である。vespelは日常生活ではレア。
紙幣にはアルバザードを代表する自然の名所が描かれている。硬貨にはアルバザードを代表する建造物が描かれている。自然の名所のほうが面積が広いため、硬貨には描きづらい。そのため自然の名所が紙幣に宛がわれている。

紙幣は紙自体に色味がかかっており、その色味を濃くした単色で名所が描かれる。例えば10000ソルトのvespelは微かに薄茶色の紙で、絵自体は焦げ茶色で描かれる。

硬貨は材質によって色が定まる。穴開き硬貨はない。

アルバザード人は通常「五百円玉」というような数を使った言い方をせず、アメリカ人がダイムやバックと言うが如く、anxiizやmistieのような名前で呼ぶ。

10000:vespel:茶
5000:ealis:青
1000:laven:緑。滝より周囲の木々のほうが絵の面積を占めるので緑のほうが見やすいとされた。水色にするとealisとかぶるので避けられた。
500:soen:灰。岩肌の色から。

100:falxian:金色
50:anxiiz:銀色
10:mistie:銅色
5:gaudi:鉄色
1:rang:アルミの白銀色

anfel
/ [被服]アンフェル、打掛襦袢、うちかけじゅばん
21:sme
[文化]
古スカルディアの竜騎兵が着た服。黄色の襦袢と黒の打掛と階級を示すlonteからなる。

anfelia
/ [運動]アンフェリア、竜騎舞
21:sme
[文化]
竜騎兵の踊り。アンフェルを着て鼓を鳴らして舞う。この鼓は元々戦場で使ったもの。現代ではxante t'anjurなどで行われる。むろん竜は用いない。

anfelixia
/ [名詞]男の娘、男のこ、おとこのこ、アンフェリシア
[反意語]freimiina
22:走りとなった少年たちがanfelのような服を着ていたことから。
[文化]
vl後期でブームになった。現代でも一分野として認識されている。22現在ではユルトみたいな少年を指すようだ。
同時期にfreimiinaも登場したが、こちらはそれほどニーズが出なかった。

anfelixion
/ [軍事]竜騎兵、アンフェリシオン
[アクセント]anfelIxion(上流)、anfelixIon、anfelixiOn(南方)
21:anfelxon.sme

anflenzel
/ [丁寧]flenzel
21

angramma
/ [企業]アングランマ
21
[文化]
新日本製鐵に相当する企業。

anhart
/ [政治]アン・ハルト、殿下、陛下、閣下
20:古:hart:高いのhyuxaと関連があるだろう。

anhekka
/ [丁寧]おてがみ、お手紙
21

ani
/ [形容詞]疲れた、疲れる、くたびれた、元気のない
[名詞]疲労
[動詞]yulを疲れさせる、くたびれる
[反意語]ima
f;e

ani:ani:ani
【成句】
ani yun bea 雑巾のように疲れた:ひどく疲れた。最初は服として使われ、はぎれになり、からぶきになり、最後にぬれぶき雑巾となれば、それは当然疲れているだろう。生活に密着した表現。
an nat ani mil hart tin, xenat lax em er. 酷い暑さで疲れて喉が渇いた。
an es ani tinka im fis. 今日は本当にへとへとだ=今日は疲れる一日だった。
an tur ani xanel. 本当にへとへとだ。

anial
/ [被服]サポーター
21:al/nial

aniita
/ [筐堺]アニータ
rd;al/niita「優しき女王エンナ」
22
[文化]
筐堺司:enna vajo
筐堺国:eniik, naon

aninko
/ [娯楽]パチンコ
[類義語]nimkov
21:al/nimkov
[文化]
→latos、kuzgin、nimkov

anip
/ [植物]レンズマメ、レンズ豆


anis,ly
/ es(継続相の)

anj
/ [人名]アンジュ
先:語源不詳
[文化]
(tif 51 pal ral→)リーザとメルを補佐した人物。

anje,szd
/ erfi, gil

anjekal
/ [アイテム]サーベル
rd;/
24
[文化]
anjeで作られたことから。rd中期でできた。鎧を着ない相手に使った。nd以降は騎兵(この時代の騎兵は銃を持って走る兵科で、馬には既に乗っていない)の基本装備になった。rtでは警官が装備していた。

anjel,f
/ semaim

anjelbolt
/ [工学][経済]第一次産業革命、アンジェルボルト、産業革命
20:アンジェルの槌
[文化]
imul 1532年にアンジェルが開発され、1544年から量産に入った。しかしアンジェルはグレアなどと比べると巨大で、大量の金属を必要とした。また、アームやボディなどを作る大きな金型が必要で、相当な数の技術者も必要だった。
アンジェルの製造には鉄のほかに魔動機関部分に金銀などの貴金属やルビーなどの宝石が必要で、非常に高価なものであった。まだこのころは植民化政策がないため、アルバザードは原材料の調達に難儀した。
トワーゼルはアンジェルの試験運用を1535年に終え、実用化に入った。最初にアンジェルが実戦に使われたのは1536年の秋である。アルシアに大量に飛来したvemeltを殲滅するために5機のアンジェルが投入され、瞬く間にこれを撃退。その力が国王ならびに全世界に認められるところとなる。
1537年に量産支援を国王から取り付けたものの、費用の面でトワーゼルは困窮した。量産しようにも原価がすこぶるかかってしまい、原材料を買い付けきれないためである。アルバザードとルティアには貴金属と宝石の埋蔵量が少なく、とても自国の分では賄うことができなかった。主にこういった金属は魔方や境方で産出されていた。
しかしそんなトワーゼルに転機が訪れる。1539年にバルマーユでダイズアイライが大量発生し、病原菌を振り撒きながら魔方人を苦しめた。その際、魔方からの要請を受け、トワーゼルはアンジェルを掃討部隊に組み込んだ。アンジェルの火力は尋常ではなく、またダイズアイライに直接触れずに戦える。しかも魔導師と違って露出しているのは頭部のみなので、感染のリスクも少ない。マスクをつけてしまえばほぼ感染は防げる。ダイズアイライの吐く王水も数メートルしか飛ばないので中距離戦用のanjelには関係ない。それでいて強力な火力があるため、トワーゼルの部隊はあっさりダイズアイライを掃討することができた。
この出来事に驚いた魔方や境方はアンジェルの軍隊への組み込みを願った。この反応を待っていたトワーゼルはアンジェルの内部構造および製造法はアルバザードとルティアのみに有界的に利用されるものであると拒絶。食い下がる外交官に対し、製造と提供はアルバザードおよびルティア側で行い、メンテナンスも派遣社員を通して行うとの条件下で受諾。その代わり、アルバザードとルティアに対し原材料である貴金属や宝石を破格で仕入れさせることを要求した。これに対して魔方は経済的に条件を飲めず、アンジェルを断念した。一方境方――メティオはこれを受諾。破格で原材料の輸出を行った。
このころメティオでは流入してくる異民族がもたらす安い労働力によって本来のメティオ人の職が奪われるという問題に直面していた。そこでメティオ政府は採掘事業を公共事業として増強し、これら異民族を採掘事業に当たらせ、メティオ人の雇用を守った。メティオ人としては異民族の問題があったため、アルバザードの条件は飲めないものではないどころか、政治的にはむしろ好都合であった。しかし魔方は異民族の問題がなく、人手はほとんど農業や採掘などに従事していたため、余剰人員を割くことはできなかった。
こうしてトワーゼルは原材料の調達を終え、メティオの採掘事業拡大の成果を待って1544年から本格的な量産に入った。
製造や初期のメンテナンスは本国で行うため、グレアの製造に比べて多くの魔動工場が建てられた。この作業のうち単純なものはケートイアなどから流入していた異民族に任せ、安い労働力でアンジェルの製造を行った。この出来事を第一次産業革命、すなわちアンジェルボルトという。
しかしどんなに採掘規模を増やしたところで貴金属や宝石は希少であることから、シェリーボルトのときと比べてその工業化の度合いは弱かった。また、ほぼ100%軍需であったため、車などの重工業製品や服飾などの軽工業製品と異なり、庶民の経済や流通にはほぼ無関係な出来事であったという点もシェリーボルトとの違いである。
なお、アンジェルの内部構造の機密に関してはlazetをかけてあるため、トワーゼルはメンテナンス工員を信頼置ける人物にすることだけ専念すればよいという状況であった。

anjilu,alt
/ 謙譲語の助動詞

ankalua
/ [被服]トリコーン
sm;al/kalualoob
24
[文化]
smでできた。陸軍士官用の帽子。

ankozue,alt
/ diain。古形はalkozueだが、子音単体のlが発音されなくなってnに変わったため。
an/kozue

ankr
/ [電算]アンクル
rd:ryuu;リュウが命名したプログラムの名前で、hy起源なのでnkrという三重子音になっている。ankrはhyでragnaのこと。
古:ryuu

anlu,alt
/ ten

anmi,alt
/ kis

anmita,alt
/ at aata
an/mita

anoitid
/ [経済]絶対貧困、絶対的貧困
[反意語]noidtid
vl;/
23

anolei
/ [名詞]企画書
[名詞]ビジュアルファンブック、公式ビジュアルブック、公式ファンブック、ゲームブック、アニメブック
rd;/ | al
24

anpal
/ [被服]テディ
[類音]ampal
rd;al/paal。スリップと同じ流れ。
21

anpel
/ [人名]アンペル
20
[文化]
ツェリン西部の都市。幾度も戦禍にあった。

anpi
/ [植物]ナンテン、南天
rt;alt altのスペルなのでampiでなくanpiのままでよい。ヴェマ原産。
22

anpi,alt
/ los

ansa,alt
/ nol

ansaxiwa
/ [植物]ヤツデ
mt;「七つの手」
22

anta,alt
/ aata
an/ta

antelil
/ [化学]ジスプロシウム
18:制

anteskad
/ [地球の国名]バヌアツ
19:国名がわれわれの土地

anverins
/ [天文]アルフィルク
19:ridia/seren/mel
[文化]
loonia

anverlolo
/ [天文]アルデラミン
19:ridia/seren/mel
[文化]
loonia

anvernoi
/ [天文]ガーネットスター
19:ridia/seren/mel:呪いの子

anvernoz
/ [天文]ケフェウス
19:ridia/seren/mel
[文化]
loonia

anvert(2)
/ 忌憑、いみつき、アンヴェルト
21
[文化]
セレンによる小説。ジャンルはミステリー。

16歳の高校生、南神楽(みなみかぐら)(kagra trikol)はある日飛び降り自殺を目撃する。
それから彼の目には忌みという悪霊が見えるようになる。
神楽は目の異変を同じクラスの神社の娘、雨宮丁(あまみやひのと)(hinoto yuuan)に相談する。
一方神楽は同級生の数学ガール、柊霞(ひいらぎかすみ)(kasmi sarbelia)の秘密をひょんなことから知ってしまう。
秘密を洩らさないよう霞に脅されるも、神楽の目に見えていたのは霞に憑いた忌みであった……。

anxel,szd
/ faal
an/siel

anxelkan
/ [生物][医療]督脈
szl;/。体の正中線で陽になる側(四足獣時代に日の当たった背中側)であることから「太陽の経」。
24

anxtina
/ [地学][歴史]カリミアン
vl;/
23
[文化]
gaavefeme

anzen
/ [人名]アンゼン
20
[文化]
(yuuma 6666:6994)
yamer

anzen(2)
/ [企業]アンゼン
21
[文化]
京セラに相当する企業。

apleifa
/ [地球の星座][ユマナ]ほ座
24
[文化]
ifa

aplhet
/ [名詞]船尾、とも、艫
rd;/
24

aplhetifa
/ [地球の星座][ユマナ]とも座
24
[文化]
ifa

aplo
/ [名詞]竜骨
zg;aplan/ho
24

aploifa
/ [地球の星座][ユマナ]りゅうこつ座
24
[文化]
ifa

appelfabe
/ [軍事]起爆薬。リムファイア式の。
rd;/
24
[文化]
gel

appelgalis
/ [軍事]リムファイア式、リムファイア
rd;/
24
[文化]
gel

appelloob
/ [被服]ブリムドハット
rd;/
24
[文化]
smでできた。サギタマギカの貴族が身につけたのが始まり。

appili
/ [被服]つけぼくろ、付け黒子、つけほくろ、ほくろ、ホクロ、黒子
rd;/
24
[文化]
smでカレンシアができ、貴族階級に凪人が入ってくると、土着の白人であるトール人貴族は自分が生粋のトール人であることを強調するため、黄色人種である凪人とは違うということを誇示するために、肌の白さを引き立たせようと付け黒子をするようになった。rdで貴族解体とともに廃れた。

aratho
/ [生物]篩骨
rd;/
24

arbajelin
/ [アイテム]アルバジェリンの槍、アルバジェリン
lj:ardes/lfer;arbazard/jelin
24

arbamyutarkorkaxa
/ [地学]アルバザード中心の正距方位図法
20
[文化]
アルバザードのアシェルフィ(北緯46° 西経0°)を中心とした正距方位図法。
アルバザードから任意の点までの大圏コースを求めることができる。
例えばアルバザード発の飛行機が最短で各地に行くにはどこを通ればいいかと考えるときに用いる。
よってアルバザードのJALに当たる企業などが利用することになる。

arbasiil
/ [政治]アルバシール、幻司
424lj:seren;abrzard/siil「アルバザードの守護」
24

ardakal
/ [アイテム]ファルシオン
rd;/。アルダで作られたことから。
24

ardegant
/ アルデガント研究所
20
[文化]
yuuma 7026 イクスタン、ヴェマにardegant研究所を設立。イシリウスの研究に当たる

ardeshorovgot
/ [生物]脛骨内側顆
rd;/
24

ardeshorovgotxilooz
/ [生物]脛骨内側顆下縁
rd;/
24

ardeshowilt
/ [生物]脛骨粗面
rd;/
24

ardin yupitol
/ [人名]アーディン=ユピトール
17
[文化]
『紫苑の書』の登場人物。召喚省の役人。

ardis
/ [地学]アンダルサイト
19:アルデスの宝石
[文化]
アルデスの宝石で、サールを召喚しやすくなる。

argaltins
/ [天文]メンカル
19:ridia/seren/mel
[文化]
アルガルトの目。

arika owen
/ [人名]アリカ=オーウェン、和泉ゆかり
22:arika,alt
[文化]
前期北アルシア大学2年の少女。気が弱くおっとりしていて優しい子だが、背の高さと内気な性格のせいで周りから浮いている。あだ名はサンジェルマン。友達がおらずクラスに馴染めないことが悩みだったが、同級生のseeji nazelに出会い、徐々に変わっていく。セージはアリカと対照的に明るく誰からも好かれるタイプで、アリカとも別け隔てなく接する。その人柄にアリカは徐々に惹かれていく。

arika,alt
/ ark、つながり、ゆかり、えにし、縁
<>ark

arikal
/ [生物]藍藻、シアノバクテリア
vl;arika/liik「アリカ色の真正細菌」
23

arilzoma
/ [化学]ハイドロペルオキシ基
19

arilzomi
/ [化学]ハイドロペルオキサイド
19

arka,f
/ ark
saal;e

arkalis hestia
/ [人名]アルカリス=ヘスティア
22
[文化]
261 アルカリス=ヘスティアが獅法力のみによる音声通信機器である電話を発明
電話の原案自体はさらにその20年ほど前に発明されているが、実用化して特許を取ったのはアルカリスである。

arkasoret
/ [色]アルカブルー
20
[文化]
アルカを作っている最中に好んで使った色。16進数で#226688。

arkhac
/ [言語]連結筆記
19
[文化]
taphacを元に作った書体。最初の筆記体。使い勝手が悪く、早く書くと読めなくなるため、綺麗に書く必要があった。lutiahacに追いやられ、使われなくなった。

arkhiptvoxn
/ [生物]配偶子、接合生殖細胞。ヒトの場合、精子と卵子。
19

arklaba
/ [化学]結合エネルギー
21

arkmyut
/ [化学]結合距離
21

arkol
/ [生物]接合子、接合体
19

arkviida
/ [生物][医療]会穴、八会穴
rd;/
24
[文化]
臓腑気血筋脈骨髄の8穴ある。

arkvoz
/ [アイテム]コンポジットボウ
rd;/
24
[文化]
zgで作られた。

arnlasl
/ [被服]ドレスシューズ
rt;/。コートに合わせられたことから。
24

art,f
/ lusia、art
saal;e

artas
/ [人名]アルタス

[文化]
4期1代のソーンのルシーラ。男性。テームスの復活を予言し、それを食い止めることを目標として団体を作った。幼馴染による対抗団体ができるとそれと対立。フェリスはドゥルガを名乗り、アルタスはヴィーネを名乗って争った。

artgel
/ [軍事]魔動銃。グレアよりも広義。
rd;/
24
[文化]
gel

arvektho
/ [天文]エルライ
19:ridia/seren/mel
[文化]
アルヴェクトが脚に挟んだ頭蓋骨。

arxe alteems
/ [人名]アルシェ=アルテームス
17:seren:xion:アルテームスは悪魔に立ち向かうという意味
[文化]
召喚省の役人ハイン=アルテームスの息子。172cm、65kg。『紫苑の書』にも登場する。

asbel ineaato
/ [人名]アスベル=イネアート
sm
21
[文化]
dimitoria

asbel xelt
/ [人名]アスベル=シェルト
22
[文化]
asblen

aseelsef
/ [サッカー]センタリング、クロス、クロスボール
vl;/「中央へのパス」
23

asen,f
/ artasen

asie,szd
/ soret
al/siel

asikfala
/ [言語]序列番号
21
[語法]
alx

asikpalet
/ [言語]序列数値
21
[語法]
alx

asikrapalx
/ [言語]序列組み数字
21
[語法]
alx

asob
/ [普通動名詞]酔狂、余興、たわむれ、戯れ
[動詞]yulをして戯れる、戯れる、たわむれる。axoと同じ格組。
rd;axo/gaabe「遊びのネタ」
23:「遊ぶ」と覚えよう。

astel(2)
/ [接尾辞]再帰動名詞を作る。開音節ではstelになる。
21:ast<19:恣意
[文化]
→iva
【用例】
mokastel 睡眠
skinastel 着席
sankastel 寝ること

astelen
/ [地学]珪線石
19:astel/ren。asterenでも良いが、未来的に見て「副王ちゃん」の意味を持つので避けた。この石が名付けられたのはあくまでrdなので、神話上は「副王ちゃん」を意図的に避けたわけではない。
[文化]
アステルの魔石。藍晶石、紅柱石、珪線石ともに同じ組成。

astelt akinas
/ [人名]アステルト=アキナス
20
[文化]
(imul 1305:1348)イルミ=アキナスの息子。計算機ziliotの乗除算を発明したが、国家反逆の罪を着せられ処刑される。

at(1)
/ [化学][接頭辞]炭化水素を作る接頭辞。具体的な同族体を示す際はatが落ちる。
19:ryuu

ateems
/ [天文][単位]天文単位
vl
22:a teems(テームスまで)
[文化]
アトラスと太陽の平均距離のこと。テームスの住処が太陽であることから。

atena,alt
/ alis

atenahada,alt
/ atena

ates(2)
/ [経済]小売、小売り、こうり
rd;ate/so
23

atevega
/ [名詞]外弁慶、店弁慶、モンスターカスタマー
rd;/
23
[語法]
vega

atin
/ [化学]アルケン
19:ryuu

atmxiln
/ [経済]売上債権
19

atoela
/ [企業]アトエラ
[アクセント]atoelA
21
[文化]
凸版印刷に相当する企業。

atoeyol
/ [物理]スイングバイ
19:「重力を利用して」

atolastimmem
/ [地学]大圏→timmem
20:アトラスの大円

aton
/ [化学]アルキン
19:ryuu

atti mete
/ [人名]アッティ=メテ
19:ilmus:ridia
[語法]
(mel 22→73)カテージュ出身の男性航海士。rd時代の生き残りのため、魔法が使えた。メル62年、航海における船員の武装のため、ヴィルを使わない火薬銃を発明。メル65年、テージュ海から発進し世界一周を達成。メル70年、メティオ〜ルティア〜アルバザード間に貿易路を大成。本人が魔導師で空を飛べたことと、既にrdの時代に魔導師たちが世界地図を作っていたことで、航海はマゼランらに比べてかなり容易に行われた。

atu,frf
/ frem

avainpapa
/ [企業]アヴァイン・パパ
21
[文化]
DOIT、ケーヨーデーツーに相当する企業。

avaisera
/ [化学]特性基
19

avelanttaflan
/ 死神狩り
19:melidia axte:アシュテが造語した一時的な用語

avellantis,fv
/ avelan

averia
/ [地名]アヴェリア海
20:ridia:anver/eria(呪いの海)。デペリアと名前的にも対応している。
[文化]
ヴァルマレア西〜カルカヒ東。カルカヒの囚人の呪いに侵された海とされる。

averiasiza
/ [地学]アヴェリアプレート
23

avlan
/ [経済]経済主体
19

avo,fv
/ zon、zon e gi
vi eks vien atu

avomadis
/ [法律]狼刑
19
[語法]
生きたまま狼に食わせる刑。若い女にのみ適応。ペットの殺害などに適応。

avomifa
/ [地球の星座][ユマナ]おおかみ座
24
[文化]
ifa

axekes
/ axekaxoan
21

axelt,f
/ xelt
saal;e

axett,f
/ duurga。tmでxeltに併合されて使わなくなる。
elt;e

axil
/ [人名]アシル

[文化]
rdでラルドゥラの祖母。アルシェの使徒を鍛えた。

axivmold
/ [言語]頓呼法、とんこ法
rd;/
23

axncam
/ [ユマナ][宗教]正教会
24

axnlasl
/ [被服]ストレートチップオックスフォードシューズ
rt;/
24
[文化]
rtの男性の正装だったがalで廃れた。

axnnamp
/ [被服]オペラパンプス、コートシューズ
rt;/
24
[文化]
rtで男性の正装用として使われたが、alで滅んだ。

axtehac
/ 幼字axteのこと
21

axtehord
/ [地球の星座][ユマナ]春のダイヤモンド
24
[文化]
ifa

axtejior
/ [生物]上ホ・ 21

axtekas
/ [地球の星座][ユマナ]春の大三角
24
[文化]
ifa

axtekimrein
/ [地球の星座][ユマナ]春の大曲線
24
[文化]
ifa

axtexelie
/ [歳時記]春の夜
rd;/
24
【用例】
teeze t'axtexelie et diite. 春の夜風が気持ちいい。

axtfian
/ [地学][歴史]トニアン
vl;/
23
[文化]
gaavefeme

axtiadentotike
/ [地学]東アデント海流
23

axtikaliz
/ [交通]東カリーズ駅
22
ファイマン線:カリーズ→東カリーズ→ラゾーディン

axtikeveatike
/ [地学]東ケヴェア海流
23

axtin
/ [ユマナ][娯楽]東方project、東方プロジェクト、東方
21:axti属格

axtol
/ [名詞]書き込み、書きこみ、カキコ
rd;/
23
【用例】
ar axtol a slez 掲示板に書き込む

axx(2)
/ [人名]アシュ

[文化]
初代ソーンの第9使徒。異性魔王。セレンが一人で戦い、どうにか勝利し、その後ラルドゥラと出会った。
【成句】
vast axx reial 九死に一生を得る

ayaka,fv
/ mopa
al(否定)/ya(痛い)/ga(腹)「腹痛を治す」 下剤として用いられたことから。

ayu,alt
/ yayu
yayu.l

ayumi,alt
/ [副詞]ask
[京極]即:弓/時→van,alt
al/yumi「時もなく」

azeria
/ [人名]アゼリア
20
[文化]
(yuuma 6588:7004(6722:6852))カコ中期の女王。
yuuma 6588 ランジェ、娘のazeriaを産む。東方遠征は最大戦力であるランジェが前線を退いたことで一時中断。レスティルは防戦の構えを取る
yuuma 6672 若きアゼリア姫、キルティアの外相を巧みな交渉術で取り込み、キルティア王を説得させて無血開城を実現。レスティルは労せずキルティアを物とする。キルティアには自治権を与え、優遇税制を取った
yuuma 6852 アゼリア、国民の反感を反映し、息子andantが100歳になったのを契機とし、退陣。慣例により、王は100歳以上であることが望ましいため。ただし未熟なandantには任せられないため、アゼリアは関白となった

b(2)
/ [演繹音]たん、タン、たたた、タタタ、ばん、バン、ぱん、パン、ばーん、バーン、ぱーん、パーン
rd;haalvet
23
[語法]
blm

baatkad
/ [地球の国名]マリ
19:バンバラ語で「カバ」

badlemom
/ [音楽]ハンマリング
21

badom
/ [医療]打鍼法
rd;/
24
[文化]
打鍼法が発明されたのはkkのカテージュ。

badvak
/ [アイテム]打撃武器
rd;/
24

badvand
/ [普通動名詞]打撃
rd;/
24

badzon
/ [軍事]撃針
rd;/
24
[文化]
gel

badzongel
/ [軍事]シュナイダー銃、スナイドル。撃針を設けた元込め式の銃。
rd;/
24
[文化]
gel

baias
/ [名前]バイアス
rd
24
[文化]
ファルアモン族の男。サプリの村襲撃の主犯。yuul、老人。
4 dia dinにサプリの村を襲撃し、リディアを人質に取ってアムルとナルムを火の魔法で殺すも、ダルハを出したセレンに倒され撤退。

baiten
/ [地学]黄銅鉱
meltia 8:gilius;e
23

bakanifa
/ [地球の星座][ユマナ]うしかい座
24
[文化]
ifa

bake,f
/ tu(これ)

bakelem
/ [化学]乳化
19

bakeno,f
/ これの
bake/keno

bakifa
/ [地球の星座][ユマナ]おうし座
24
[文化]
ifa

balbal
/ [地名]バルバル
[音楽]ファンク
frfs
21

balis
/ [人名]アリス、アリス=アンシャルの悪口
20:kalie:be/alis(バカアリス)

balnis
/ [建築]エンブライジャ、銃丸、矢狭間
rd;/
24

baltabaog
/ [生物][医療]心下満
rd;/
24

balwax
/ [建築]マーロン
rd;/
24

bansa
/ [被服]ボディス
zg;.selan。saはsabeと思われる。
24

baoglond
/ [名詞]殴り夢
rd;/
23
[語法][文化]
殴ったり蹴ったり怒鳴ったりして、自分の声や壁ドンなどによって目覚めること。

・登録の経緯

seren arbazard  @serenarbazard
夢の中で相手をぶっ飛ばしたとき、現実でも呼応しておもくそ殴った結果壁に手が当たって部屋の壁に穴が開く。この現象を私は中学時代から殴り夢と呼んでいる。しかしアルカで造語したことのないことに気付いたため、収録しておこう。
開く
返信 削除 お気に入りに登録
1分 seren arbazard  @serenarbazard
馬鹿にされたくらいで相手を全力で殺しにかかるのが、大脳新皮質が寝てる本性の俺。どんだけプライド高いのと、どんだけ凶暴なのよと思う。で、こういう怒号や殴りで起きる夢をよく見る。
開く
返信 削除 お気に入りに登録
3分 seren arbazard  @serenarbazard
今の夢:嘲笑された→軍靴(足先が鉄になってるユベール用の殺人靴)、刀と木刀の二刀流、ナイフ、マグナムを装備→なぜか生きてるウチの親父が慌てて警察を呼ぶ→親父を無視して、嗤った奴ん家のドアを怒号と共に打ち破る→自分の怒号で目覚める
【用例】
an tilat vix on baog mil baoglond. 殴り夢のせいで手に怪我をした。

baogon
/ [動詞]yulにげんこつする、げんこつする、ゲンコツする、叩く、殴る
[普通動名詞]げんこつ、ゲンコツ
tm;baog/gon
23
[語法]
ゴンと拳で打ち下ろすこと。

baoke,fv
/ atu
beke.l

batkaxl
/ [軍事]トリガーガード、用心金
rd;/
24
[文化]
gel

batto
/ [アイテム]メイス
zg;bad.k
24

batts,fv
/ pesr
e

bau,alt
/ oma
fovet

bcc
/ [擬音]ブルル。車がエンジンをかけて走る音。
rt;/
23

bceahoark
/ [生物]恥骨結合
rd;/
24

bceahoarkhallooz
/ [生物]恥骨結合上縁
rd;/
24

bceakeelt
/ [化学]βグロブリン
rt;/
24

bciodilfai
/ [医療]ニンニク灸
rd;/
24

bcoi
/ [気象]粉雪からなる吹雪
rd; 24

beano
/ [被服]モップハット
rt;.selan。麦わら帽子を汚さないよう帽子の下に着ていたモップハットのことを当時の民衆はベアノと呼んでいたことから。
24

beas
/ [化学]アミド
19:beza

bebelvils
/ [化学]トレオニン、スレオニン
19:穀物からの吸収率が良くないため、「効率の悪い」と名付けられた。

becmtalk
/ [動物]単弓類、単弓綱
vl;/「湾曲した綱」。頭蓋骨の左右、眼窩後方に側頭窓という穴がそれぞれ1つずつあり、その下側の骨が細いアーチ状となっていることから。
23

becsalx
/ [経済]ジニ係数
vl;diiabecs/alx
23

bectata
/ [言語]ベルト会談
20
[文化]
hac

bectharma
/ [言語]ベルト幼字
21
[文化]
hac

bectkad
/ [地球の国名]カメルーン
19:国名が海老の国

beegl,fgn
/ beek

bees,fv
/ veer
bentxas.l→bentxas,f参照


beezeifa
/ [地球の星座][ユマナ]やぎ座
24
[文化]
ifa

beezeloob
/ [被服]エナン
rd;/
24
[文化]
smでできた。ヤギの角のような形をしていることから。女性服。貴族用。

begel(2)
/ [ランドマーク]ベゲル
21
[文化]
南区にあるライブハウス。最寄り駅カルザス=ミルフから徒歩で10分。

beil
/ [単位]セプト
21:sarbelia

beinpant
/ [生物]泌尿系、泌尿器系
rt;/
24

beis
/ [化学]イミド
19:beas

beke,f
/ atu

beket,szd
/ bet

bel,bg
/ [接辞]悪魔を意味する

belado
/ [地学]硫化鉱物
19

belalpinkhou
/ [化学]イソチオシアネート
19

belaslado
/ [地学]硫酸塩鉱物
19

beletta
/ [被服]ゲートル。足首を隠すほうのゲートルはlebekka。
rt;,kt(ブーツ)
24

belfel
/ [料理]料理学、調理学
19

belfrea
/ [地学]黄鉄鉱
19

belk,hy
/ belg

belpaf
/ [化学]チオエステル、スルフィド、硫化物
19

belpinkhou
/ [化学]チオシアネート
19

belt(2)
/ [化学]スルホン
19:bel(硫黄)/tat(ケトン)

belta
/ [化学]スルホニル基
19

beltasl
/ [化学]スルホン酸
19

belttxikl
/ [被服]サンハット
rt;belt/txiklloob
24

beltzoma
/ [化学]スルフィニル基
19

beltzomi
/ [化学]スルホキシド、スルフオキサイド
19

bemjior
/ [生物]膀胱兪、膀胱愈
21

ben(2)
/ [アイテム]鞭、べん。ムチではなくベンという武器。
[類義語]metx
szd;fovet。叩いたときの音から。
24

benares
/ [アビリティ]ベナレス
rd:ryuu;,hy(圧力)
古:ryuu:中学生くらいに考えだされた。
[文化]
rdにおけるリュウの必殺技。上空に飛び上がり、上から剣を振り下ろすと尋常ならざる圧力がかかり、辺り一帯の地面が凹むほどの威力を出す。

bentxas,f
/ veer
elt;e。エーステで音を取ったら長くなりすぎたので後にbeesに変わる。


bexifa
/ [地球の星座][ユマナ]くじら座
24
[文化]
ifa

bezan
/ [化学]アミノ基
19

bezaspel
/ [化学]アニリン、アミノベンゼン、フェニルアミン、ベンゼンアミン
19

bezel
/ [化学]雷汞、らいこう、雷酸第二水銀
rt;beezel.k
24

bezer
/ [生物]エリスロポエチン
rt;bezm/eri。腎臓から分泌されるホルモンで、骨髄の幹細胞に作用して赤血球の合成を促進することから。
24

bezin
/ [化学]イミノ基
19

bezmgalt
/ [生物]水道
21

bezmgao
/ [生物]腎盂
rd;/
24

beznet
/ [動物]ヒマラヤン
21:モップ猫

bianka
/ [娯楽]ビアンカ
21
[文化]
『グラディウス』に相当するゲーム。

bibi
/ [化学]アゾ化合物、ジイミド
19:beis/beis

bicmag
/ [音楽]ビブラスラップ、ヴィブラスラップ
vl;bic/mag bicは擬音。magは揺れる。
22

bike,f
/ le

bikeno,f
/ あれの
bike/keno

bileo,szd
/ iire

bixkad
/ [地球の国名]バルバドス
19:ポルトガル語でヒゲの生えたもの

bixkuka
/ [動物]ヒメジ
17:制

bixni
/ [動物]ペルシャ、ペルシャ猫
21:ヒゲ猫

blanver xigre
/ [人名]ブランヴェール=シグレ
21
[文化]
リーファ隊カサンの本名。

blanx,szd
/ far

blanzel
/ [人名]ブランゼル、神裂
mt;bland.k「悪魔召喚師の烙印を捺された→悪魔召喚師→神を切り裂く→神裂」
23

blis,szd
/ ji
<> liiz

blisn
/ [医療]同身寸法、指量法
szl;blis.k
24

blm
/ [演繹音]ばん、バン、ぱん、パン、ばーん、バーン、ぱーん、パーン、ばきゅーん、バキューン、どん、ドン、ずどーん、ズドーン、ずきゅーん、ズキューン
rd;haalvet
23
[語法]
銃弾や砲弾などを発射するときの音。bltに比べると一発一発ちゃんと出している感じ。bltはマシンガンのようにタタタと素早く出している感じ。bはbababaのようにマシンガンを発射するような音。

blt
/ [演繹音]たん、タン、たたた、タタタ、ばん、バン、ぱん、パン、ばーん、バーン、ぱーん、パーン
rd;haalvet
23
[語法]
blm

bobo,f
/ rein

boiaja
/ [電算][工学]非円率
vl;/「楕円率→非真円率」
23
[文化]
光ファイバーに関する専門用語。非円率とはコア中心に中心としたコア領域に外接する円と、それと同心でコア領域に内接する円の二つの円の直径の差をコア径に対する百分率で表した値であり、この値が大きくなってコア形状が真円形状から離れるほど伝送性能が低下するため好ましくない。

bolknana
/ [地学][歴史]リィアキアン
vl;/
23
[文化]
gaavefeme

bopot
/ [動物]ロシアンブルー
21:boppo/te

box
/ [単位]澗
21:bex

bu,fv
/ tun

bubifa
/ [地球の星座][ユマナ]はえ座
24
[文化]
ifa

bulta,f
/ bult
e

bultlaba
/ [環境]ハードエネルギー
19

byakkal,fv
/ byak
bakkus.k

byu,f
/ dad
e

ca,f
/ vir
e

caf
/ [言語]アクセント、強勢
[音楽]アクセント、アッチェンタート。楽譜に書いてある場合は「アッチェンタート」の意。
19:ca/fo
[文化]
古アルカは自由アクセントだった。セレンはセが高いがフルミネアはミが高い。
覚えるのが面倒なので制では第一音節にアクセントを拘束した。不定詞が名詞にも動詞にもなるため、この区別をするために、動詞は時相詞をつけてその時相詞を高く読むことにした。こうして動詞だけ後ろが高いというアクセント形式ができあがった。
新生になって時相詞が消えたので、すべて第一音節にアクセントが置かれるようになった。しかしこれではアクセントに弁別性がないのでアクセントとしての必要性がない。
こうして新生は自由アクセントになり、「断りがなければ最初を高く読む」という仕組みになった。
フィンランド語のようにこのまま第一音節にアクセントを拘束する道もあるだろうが、元々自由アクセントの言語だったため、そうはならなかった。
自由アクセントなら固有名詞をきちんと読みたいという要望が出てきたため、アクセント体系が復活した。
かといって単語ごとにまちまちなアクセントだと覚えづらいので、法則を立てることにした。フルミネアが立てた法則は不十分で、セレンが補強した。その後様々な人々が補強をし、最終的にリーザが補強した段階で落ち着いた。
この流れでモーラが復活した。
アルカでは音は「音素→モーラ→音節→形態素→単語」の順に大きくなっていくと考えている。
音節=モーラなら言語構造が単純になるため、プロトタイプ制ではモーラ=音節にし、CVしか認めなかった。
しかしCVでは多くの固有名詞を発音できなくなるので、音節を採用してプロトタイプは終わった。音節を採用した反動でモーラの概念はいらなくなった。
新生でアクセントの法則を作るときにモーラの概念が必要になり、モーラが復活した。
アルカのモーラは伝統的にCVである。日本語は「ん」を1モーラにするが、アルカではnqであり、「ん」だけで1モーラにはならない。そのため日本語より単純なシステムになっている。

arbazardという単語を分析する。
音素:a r b a z a r d:8音
モーラ:a rq ba za rq dq:6モーラ
短音節:ar ba zar dq:4音節
長音節:ar ba zard:3音節

音節には長短がある。短音節ではCVCを基礎とし、CVCCなどはCVC/CVとする。
長音節ではそのようなことがなくCVCCのまま音節とする。
この区別は歌によって生まれた。歌詞を割り当てるときに、1音符に1長音節を当てはめると歌いづらいため、音節を区切って割り当てた。これが短音節の由来である。
また、歌だけでなく、ゆっくり喋るときの言い方から生まれたと考えるメンバーもいる。ゆっくり喋るときにar/ba/zar/dqと区切って喋ることから短音節が生まれたという考え方である。セレンもこちらに賛同している。

新生は審美を重視している。拘束アクセントは学習効率を重視しているため、しばしば言いにくい単語を作る。
新生では音がどのように聞こえるかで造語することが増えたが、どんなに音を良くしようと、アクセントが合わなければ台無しである。
そのため、ちょうど自由アクセントになった事情を活用し、アクセントも綺麗に聞こえるものを選んでいこうという考え方にシフトしていき、この法則に至る。
なお、この法則は古アルカのアクセントを復古させようというのが主眼で、フルミネアが提案したものである。古アルカのアクセントを集計し、自身で法則を立てた。
カーデの作者フルミネアが古アルカを好んでいたことは周知の事実だが、それ以前に制や新生では自分の名前のアクセントが異なっていたのが我慢ならなかったのではないか。
セレンやリディアやクミールやリュウやリーザはすべて第一音節が強いので、彼女の不快感は共有できなかった。それゆえ、彼女がアクセントの復古に躍起になったのは理解できる。
そもそもアルシェの中でフルミネアだけが制になってアクセントが変えられた。古アルカでの解釈はful(一)miia(娘)で、長女という意味。彼女には妹が一人いるので正しい。実際の名前もfulmiiaで妹がmiiaだそうだが、その名は自然言語のもの。
fulは接頭辞で語幹はmiiaなので、miiaにアクセントが置かれる。それで、制では彼女だけが元のアクセントを失った。当然元に戻す機会があれば戻したいのだろう。

ところで、なぜ最後から3番目のモーラなのだろうか。最初や最後は分かるとして、最後から3の根拠は何か。
古は自由アクセントといったが、原始的には第一音節の高い拘束であった。laiやnalutaなど、すべて最初が高い。これは恐らくリディアがフィンランド語を母語としていたため。
ただしフィンランド語と異なるのは、接辞が付いた場合、アクセントは接辞には付かずに語幹に付くという点である。上記のfulmiiaなど、その例である。接辞が入ったことで、アクセントは自由に変わったわけである。
さて、接辞が付いた場合、単語の中身は典型的には接頭辞+語幹+接尾辞となる(もちろん、このうち片方しか接辞が付かないものも多い)。
faiやridiaのような短い単語なら最初にアクセントを置いても構わないが、単語が長くなると、たいてい接頭辞+語幹+接尾辞の構造を持ち、モーラにすると平均6前後になる。
このとき、最後から数えて3モーラにアクセントを打っておけば、長い単語についてはアクセントが語幹にヒットする確率が高くなる。
今回のアクセント法則を打ち立てるさい、アシェットから「8年前のことをいまさら思い出すのは覚えなおしと変わらない。面倒だ」と非難を受けたため、フルミネアはどうにか古アルカの再現率が高いながらも簡単な法則を模索した。その結果が最後から3モーラである。
確かにこの法則はよくできていて、短い単語には適応されないし、長い単語はかなりの確率で古アルカのアクセントと一致する。中々便利な法則だ。

caifaliifa
/ [天文]ミルファク
19:ridia/seren/mel
[文化]
リディアがリアントに撃ったライファの魔法がやってきた星。ペルセウス流星群はこの方向から来る。

caliiz
/ [人名]ラリーズ。メルの悪口で、チビという意味。
古:19年現在では聞かれない。

caliiz,fv
/ caiz
ca liiz

caman sanbel
/ [人名]ラマン=サンベル
22
[文化]
アリス=リシアの父親。

cokot,fv
/ pag
coki/teeze

cuukpafi
/ [気象]赤虹
21:ただし朝焼けでの場合もある。

d
/ dist

daajil
/ [医療]佐薬
szl;daaj/il「助ける薬」
24

daajopet
/ [医療]佐使薬
szl;/
24

dad,szl
/ dad
> pr

dadanfa
/ [軍事]重火器、ヘビーウェポン
[類義語]kaianfa
rd;/
24
[文化]
gel

dadas,fgn
/ dad
dad,pr.l

dadluteakm
/ [化学]重質ナフサ
19

dadyai
/ [生物][医療]体重節痛
rd;/
24

daepax
/ [経済]損益計算書のうち、損失が出ているもの
19

dailifa
/ [地球の星座][ユマナ]かんむり座
24
[文化]
ifa

daizdail
/ [名詞]王冠
[美容]クラウン
13:制

daizliifa
/ [天文]アケルナル
19:ridia/seren/mel
[文化]
ダイズアイライの星。強力な繁殖力と力を持つダイズアイライは封印後、早くも封印を破ろうとした。接している1階の魔族であるvenzomを腐食させ、アケルナルを拠点に乗っ取りを開始した。これに気づいたセレンはダイズアイライをアケルナルに突き刺し、動けないよう固めた。

daji,f
/ alk
jiは指

dakstulf
/ [医療]回帰熱
19

danakon
/ [医療][植物]土壌のB層
19:ridia
[語法]
A層の下。土壌の最下層。腐植が少なく褐色の層。

danati
/ [名詞]深さ、水深
rd;/
24

dankad
/ [地球の国名]ホンジュラス
19:国名が「深さ」

dansen
/ [音楽]マンボ
enegaia;「寄り添う」
21

dantemive
/ [動物]初生雛
rd;/「生まれたばかりの雛」
23

dantgana
/ [政治]私領
rd;/
24

dantveitapl
/ [名詞]私掠船
nd;/
24

daplooz
/ [生物]額角髪際
rd;/
24

daploozmyut
/ [生物]両額角髪際間
rd;/
24

darlisgel
/ [軍事]自動小銃
vl;/
24
[文化]
gel

dazet,f
/ daz
elt;e「ふさわしい」

dazett,szl
/ dazet
dazet,f.l

dazettkan
/ [生物][医療]小腸経
szl;/
24

de(3)
/ [南方][動詞]et


de,f
/ et
e

deal,f
/ del
de/al「〜であるもの」

defans,fv
/ omi
<>den/fia

dek
/ de/ik
19

dekosevn
/ [生物]結合組織、支持組織
rt;/
24

dekotim
/ [地学]内核
vl;/
23

del,f
/ an
elt;e

delthet
/ [植物]コキア、ホウキギ、箒木
22:「熊の尻尾」

deltifa
/ [地球の星座][ユマナ]おおぐま座
24
[文化]
ifa

den,f
/ en
elt;de/n「〜である/沈黙を意味する音象徴のn」→「〜である/肯定しない(沈黙する)」→「肯定しない」→「否定」

denie kateej
/ [人名]デニエ=カテージュ
19:ilmus:ridia
[語法]
レイユ期の教師。アルナ大学の教師であり、かつレヴァレン党員。イシリウス=ゲノスの諮問機関を務めた。生徒でありアライブ党首ギル=エニークの娘であるルシア=エニークに甘言を敷き、ファミィ=ナオン暗殺計画のパイプ役とさせた。

denie(2)
/ [地名]デニエ
21:ly「右も左もないような」
[文化]
アルバザード南東部の都市。オリーブや果樹などが盛ん。

denien
/ [料理]ファインバージンオリーブオイル
21:「デニエの」

deperia
/ [地名]デペリア海
20:ridia:祈りの水
[文化]
アルティア・ヒュグノー間の湾状の海。

dertloob
/ [被服]ラウンドレット
rd;/
24
[文化]
smでできた。神に祈る司祭たちの帽子としてでき、後に貴族の帽子になった。その命は長く、rtまで裕福な人間が身に着けていた。現在でも古風な人は身に付ける。

des
/ de/es
19

des(2)
/ [化学]アシル基を持つ種
19:despa/asl

desa
/ [化学]アシル基
19

det
/ de/at
19:melidia alis

deyusex
/ [医療]陰唇癒合
19:seren

deyutantoa
/ [化学]閉殻構造
19

dia,szd
/ kalte、tier

diadkotan
/ [農耕]水晶農園
rt
22

diaeet
/ [経済]信用取引の株
22

diagio
/ [経済]機会費用
19

dialu,alt
/ siina, tiia, hatia
tiia.l

diatatak,ard
/ tatak
dia/tatak

diatau
/ [経済]信用買い
22

diate
/ スーパーマーケット、食料品店
19

diaxalt
/ [経済]発生主義
19

difmesa
/ [電算]仮想化環境
vl;/
23
【用例】
sat difmesa. 仮想化環境を整える。

diiahakt
/ [地球の国名]カーボベルデ
19:国名が緑の岬

diiakilp
/ [地学]緑閃石
19

diim
/ [被服]フェルト、フエルト、不織布
zg;.selan
24

diimloob
/ [被服]フェルト帽
rd;/
24
[文化]
smでできた。農民の一般的な帽子。

diitloob
/ [被服]探検帽
rt;/
24
[文化]
通気性がよく涼しい。南方を探検する際に使われた。

diitoa
/ [人名]ディートア
[アクセント]diitoA
20
[文化]
(yuuma 4781:5199)メルテナ中期のサルト教皇。

diizel,szl
/ dolf
dilze.k

dilfaiolivian
/ [医療]灸頭針、灸頭鍼
rd;/
24

dilis main
/ [人名]ディリス=マイン
20
[文化]
(imul 1270:1341)ラグナロク工科大学の研究員。最終職位は学長。1348年、akinas親子の才能を妬んで国家反逆の罪を着せ、処刑させる。本人に目立った功績はなし。

dilmifa
/ [地球の星座][ユマナ]がか座
24
[文化]
ifa

dilsbag
/ [医療]後揉法、後揉撚
rd;/
24

dilze,szd
/ sooj、xal、fidn
<>dazet

dima
/ [生物]頷厭
21:diom

dimalia
/ [人名]ディマリア
20
[文化]
(yuuma 4298:5109(4404:5109))メルテナ中期のレスティル女王。

dimitori ineaato
/ [人名]ディミトリ=イネアート
vx
21
[文化]
dimitoria
魔族。精霊族。liervaの母と人間の父による交配種。男性。alia ineaatoの祖先で、ゆえにaliaのselesは水属性を持っている。

dinslkeamel
/ [医療]産褥
20

dinsnent
/ [生物]妊娠率
rd
23

dioleev
/ [物理]ノコギリ波、鋸波
21

diomante
/ [人名]ディオマンテ
20
[文化]
(yuuma 6472:6880(6573:6880))カコ前期のヴェマの女王。
yuuma 6472 イーハル、娘のdiomanteを産む
yuuma 6880 ディオマンテが戦死。イクスタンが即位

diomikozet
/ [天文]アンカ
19:ridia/seren/mel
[文化]
winzの魔法で空間を歪めたメルは、ディオミを扉の中に封じ込めた。扉を、扉の中に封じ込めたのである。そしてメルはその扉が開かないよう、鍵を放り捨てた。その鍵は光となり、アンカになった。

diona,szl
/ diig

diorel
/ [人名]ディオレール
20
[文化]
yuuma 5708 国王派の過激派diorelがメリウセルの暗殺を企てるが、強力なmejtelにより失敗
同月 メリウセルが報復でじきじきにディオレールを暗殺。国王派との内乱が勃発する

diovano
/ [生物]天容
21

direin
/ [生物]至陽
21:direi

diria
/ [地名]ディリア海
20:ridia:adento/eria
[文化]
アデント〜アディリック間の海。

dist,szd
/ sid

dista
/ [化学]アクリル基
19

distasl
/ [化学]アクリル酸
19

distgen
/ [化学]アクリル樹脂
19

ditte
/ [形容詞]名目の、名目上の、名ばかりの、形だけの、形式上の
[反意語]fitte
rd;dia/te
23

dixalten
/ [哲学][言語]ハイコンテクスト、高コンテクスト
rd;/「多くの文脈情報(に依存する)」
23
[語法][文化]
→xalten
rdで様々な文化圏を見聞したセレンが提唱した概念。国によって多くの文脈情報に依存して相手の言いたいことを察する凪紗のような民族もいれば、少しの文脈情報にしか依存せずに相手の言いたいことを察する代わりに相手のパロールをそのまま受け取るアルバザード人のような民族もいる。セレンはそのことを知り、多民族国家では一般的にローコンテクストになり、逆の場合はハイコンテクストになりがちであることを地球に先駆けて発見した。

dk
/ →diaklel

doldoluuya
/ [地球の国名]ジンバブエ
19:ショナ語で石の館

dole
/ [被服]アビ
rt;コートを意味する民衆の俗語から。
24

doles
/ [普通動名詞]組版
[動詞]yulを組版する、組版する
rd;dolk/sev
24

donton san
/ [娯楽]どんとんさん
21:dontonはaltの擬態語
[文化]
『となりのトトロ』に相当するアニメ。

dos
/ [格詞]メティオ語の絶対格を示す格詞。
[反意語]kan
rd; 24

dossame
/ [言語]絶対格
[反意語]kansame
rd;/
24
[語法]
自動詞の主語と他動詞の目的語が同じように標示される場合、その格を絶対格と呼ぶ。

dotluko
/ [交通]硬着陸
rd;/
23


duurga yutia
/ [人名]ドゥルガ=ユティア
17:seren:xion
[文化]
『紫苑の書』の登場人物。レインの父。

duurliifa
/ [地球の国名]サントメ・プリンシペ
19:国章に水色の星

dyuran
/ [宗教]レリクス、聖遺物
[類義語]radl
zg;「神の雫」
24

dyussou yulg
/ [娯楽]ユルグの考察
21
[文化]
『レイトン教授』に相当するゲーム。

dzi,f
/ zid
e

dziho,f
/ zio
「顎の骨」

dziin,f
/ dio
<>dziho

dzul,f
/ rig

e(3)
/ [化学][接頭辞]〜を除いた。英語のdeのように使われる。減去命名法などに用いられる。
19:制の接頭辞e。aを選ばなかったのは、開く接尾辞のaと重複するため。前の単語の接尾辞のaなのか、後ろの単語の接頭辞のaなのか、耳で分からなくなる組み合わせがでないともいえないので、あらかじめ芽を潰した。

e,f
/ lank
e

e,ltk
/ o
ent,szd.xik

ebiloho
/ [アイテム]バレルヘルム、グレートヘルム
rd;/「バケツ状の兜」
24
[文化]
smで作られた。

ede,alt
/ jen
edel,f.l

edel,f
/ jen
f;e

edis
/ [動詞]yulをずらす、ずらす、はだける、はだけさせる
rd;endi/so
23

eedel,szd
/ jen
ede,fv.l

eeho,f
/ vext
「固い水」

eekviida
/ [生物][医療]兪穴。五兪穴の兪穴。
rd;/「経脈の注ぐ穴」
24

eeren
/ xivaren
meltia 10:ludo;eria/ren

eeste,f
/ est
e

eetanarxmiyupax
/ [経済]株主資本等変動計算書
19

eetaneda
/ [経済]株主名簿
19

eetanoks
/ [経済]持ち分、持分
19

eettilvant
/ [経済]持分法
19

eevadis
/ [法律]波刑
19
[文化]
死刑囚を柱にさかさまにくくりつけ、満ち潮と同時に溺死させる。人を船から突き落とすなど、海での悪事に適応される。

eevka
/ [物理]波源
19

efalfia
/ [生物]風府
21:efa/alfia

egeg
/ eg

eilflel
/ [生物]天ホ・ 21

eilgot
/ [生物]外側顆
rd;/
24

eilkami
/ [生物]委陽
21

eillobo
/ [電算][工学]被覆→fartanx
vl;/
23

eilmixk
/ [生物]外膝眼
21

eilpom
/ [生物]外くるぶし、外踝、外果
rd;/
24

eilpomwax
/ [生物]外踝尖、外果尖
rd;/
24

ekaviida
/ [生物][医療]宗穴、総穴
rd;/「水たまりの経穴」
24

eke,f
/ erei、ekx
「水の方法→水が行く」

eketeliina
/ [人名][ユマナ]エカテリーナ
先:先代アルカの時代に生まれていたので。そもそもアルカの名前でない。地球のものを音訳しただけ。
[文化]
ルティア家専属のセラピスト。リディアらと同居している。鍼灸なども打てる。リーザやリディアが若いのは美容鍼や腎経などのトリートメントを日々行なっているからというのもある。

ekn(2)
/ [生物][医療]流注
szl;eke,f.k
24

ektloob
/ [被服]トーク
rd;/
24
[文化]
smでできた。零れ落ちそうな形をしていることからrdでこの再命名がなされた。ケートイアの貴族が着始めたのが最初。

ekxzet
/ [経済]フロー科目
19

ekyulia
/ [地名]エキュリア、エキュリア海
tm;aは「海」
23:以前にあった語形を再利用。
[文化]
セレート島以西、ファベル以東の海。

ekyuliatike
/ [地学]エキュリア海流
23

el,f
/ eel

elakdilfai
/ [医療]温筒灸
rd;/。台座を使用する灸。
24

eldemafi
/ [言語]超分節音素
19

elemmirok
/ [宗教]判定神
rd;/
24

elfe,szd
/ koxe

elfer
/ [人名]エルフェル
古:e(左の)/lfer(ルフェル)。女は左に立つことから。
[文化]
アルフレインの母親。イルフェルの妻。

elfeviida
/ [生物][医療]ト酔梶Aげきけつ、げっけつ
rd;/
24
[文化]
正経12脈と奇経4脈にあるので16穴ある。急性疾患に用いる。

elfian
/ [電算][人名]エルフィアン
19:水の少女。erではなく。
[文化]
→tit

elflil
/ [化学]アインスタイニウム
18:制

elfo
/ [生物]ピノソーム、パイノソーム、飲小胞、飲作用小胞
rt;elfe.k
24

elgilil
/ [化学]水銀→elgi
19

eliifa
/ [地球の星座][ユマナ]うお座
24
[文化]
ifa

elir
/ [単位]ゼタ
21:felier

elmataka
/ [地学][歴史]エルマ大陸
[ユマナ]コロンビア大陸、ハドソンランド
vl;/。amalisに対して付けられた。
23

elmpant
/ [生物]器官系
rt;/
24

elol
/ [動物]海蛇、ウミヘビ、水蛇、ミズヘビ
rd;er/lolo
24

elolifa
/ [地球の星座][ユマナ]みずへび座
24
[文化]
ifa

elpi
/ [化学]ピリジン派生物。ピリジンが開いたもの。ニコチンなどを作る。
19

elsi,szd
/ eeta, alser
<> eeta

eltkard
/ [動物]アダピス類
al;/。オモミス類に対してeltとsaalで命名された。
23

eltoaloob
/ [被服]スイスキャップ、ドレスキャップ。rdでミルフが着ていた。
rd;/
24

emelvelf
/ [医療]心嚢水
19

emiil
/ 妖精
19:ridia/seren/mel:er/miil(水に浮かんだリボンのように舞う)
[文化]
妖族と人間の交配種。エルトア発祥で、精霊同様エルトアの森にひっそり暮らしている。踊りが好きで、好奇心が強く、性格はのんびりしていて明るい。髪は透き通るような黄色で、薄く、縮れている。服はやはり薄布をまとっている。アシェットではミルフが妖精の一族の出。

emislil
/ [化学]ガドリニウム
18:制

emna
/ [化学]ビニル基
19

emovent
/ [経済]源泉企業
19
[文化]
→vent

emsliti
/ [生物]脂腺
21

emyu
/ [化学]脂質
rd;emyu,fv.axek
24

emyu,fv
/ ems

emyutahank
/ [化学]脂質二重層
rt;/
24

en,f
/ sen
elt;e

enalor
/ [生物]鼻涙管
19

enamesl
/ [生物]涙のう、涙嚢
19

enan
/ [名詞]泣かせる人
20:melidia xier

end,szd
/ 名詞を作る接尾辞のひとつ

enegaian
/ [音楽]ショーロ
21:enegaia

enkab
/ [被服]別布
rd;/
24

enkem
/ [言語]異化
19

enklooz
/ [地学]異極鉱、カラミン
19

enraksan
/ [音楽]ノンダイアトニック
21

enreinpamo
/ [数学]非線形性
19

ensolsame
/ [言語]斜格
rd;/。主格以外の格というところから。
24

ent,szd
/ o

envelenito
/ [娯楽]ステータスポイント
22

envort
/ [形容詞]不死の、不死身の
20
[語法]
形容詞として使う。
【用例】
avelant envort 不死身の死神。avelant en vort(死神は死なない)とはイントネーションで区別。

eo,f
/ wilt

epet
/ リベット
21:epi/te

epiklap
/ [美容]シングルピン
21

er,fv
/ kit
ker.k

eratlat
/ [化学]溶媒和
19:水和からの類推。

erattulf
/ [化学]溶解熱
19

eret
/ [単位]涅槃寂静
21:erit

erhaas
/ [化学][形容詞]親水、親水性
[化学]親水基
rd;/
24

eria ineaato
/ [人名]エリア=イネアート
al
21
[文化]
→alia ineaato、dimitoria
アリアの妹。『紫苑の書』の登場人物でもある。アリアと違って髪の色が明るく、くせっ毛。いたずら好きで早口で無駄口ばかり叩く。占いの能力は極めて高いが、むやみに占いに頼ることは良くないと考えている。姉と違って身長が低く、胸が小さい。

erielor
/ [生物]ハバース管
rt;/「吸血鬼の管」。血管が通っていることから。
24

erierviro
/ [生物]血漿蛋白質、血漿タンパク質。アルブミン、グロブリン、フィブリノゲンなどいくつかのタンパク質からなる。
rt;/
24

erikzepl
/ [地学]系統樹
vl;/
23

erimjior
/ [生物]心兪、心愈
21

erimvano
/ [生物]サ£・ 21

erimvimfaiz
/ [医療]心筋炎
24<19:seren

erin(2)
/ [人名]エリン
20
[文化]
(yuuma 6145:6602)カコ前期のヴェマの宰相。
yuuma 6557 宰相erinとdiomante姫の派閥に分かれ、ヴェマ連合国(ヴェマ及び沙方からなる連合国)で政治戦争が起こる
yuuma 6573 diomante派が宰相派を政治的に倒し、宰相派は暗方に封じられる

erioyuk
/ [生物]血餅
19

eririst
/ [生物][医療]止血
rd;/
24

eriristleep
/ [生物]止血機序
rt;/
24

erixanovoxn
/ [生物]造血幹細胞
rt;/
24

erkekad
/ [地球の国名]パラグアイ
19:グアラニー語で「大きな川」らしい

ermelk
/ [名詞]水時計
rd;/
24
[文化]
tmで神々が発明した。この際サイフォンの原理が知られた。

ermesavel
/ [政治]騎士道
sm;/
24

ermesfrei
/ [アイテム]ロングソード
sm;/「騎士剣」。騎士が馬上で地上の歩兵を攻撃するよう長くできていることから。
24

ermeslasl
/ [被服]バックルレザーシューズ
rd;/
24
[文化]
smでできた。男性用。元は軽騎兵用の靴だったが、後に一般化した。

erst,szd
/ est
eeste

ertel
/ [化学][形容詞]疎水、疎水性
[化学]疎水基
rd;/
24

ervaelifa
/ [地球の星座][ユマナ]みずがめ座
24
[文化]
ifa

ervafreadol
/ [地学]チタン鉄鉱
19

erveigloob
/ [被服]フリジア帽
sm;/
24
[文化]
smでerveigがよく身に着けていた。

es,f
/ esk
<>eria

esee,f
/ 7
elt;seej

esisapeila
/ [化学]リキッドエアロゾル
19

eskolen
/ [美容]ハールバール
sm;es/kolen「雨のように滴るロール」
24
[文化]
smでできた。貴族の女性用。

esnel
/ [植物]キノア


estan
/ [単位]マイナス40乗。最も小さい単位。
21:esta

estan,ltk
/ xartlil

estflei
/ [名詞]標題紙→lei
22

esto(2)
/ [人名]エスト
?;esto
古:語源不詳。古アルカでの意味は「雨降る森」だが、アトラスの語源では「うつし身→自分の子」という意味で、estaと同根。
[文化]
実在。生没年不詳。『カコ』や『ソノヒノキ』原文の著者。女性。

estovim
/ [生物]腸骨筋、腸腰筋
24<22:「鼎筋」。骨盤を鼎に見立て、その脚を腸骨筋に見立てた物。ただし鼎は通常二脚でなく三脚なので、その点には注意。

'ett,sz
/ lif

etta,fv
/ sat
ketta.k

eva,szd
/ sae
< sa/e(eria).l

evanjlan
/ [料理]エヴァンジュラン、白雪ワイン
[ユマナ]ボジョレーヌーボー、ボージョレーヌーボー
sm;<>evanjlin,szk。例年このワインの解禁日からそのしばし後にかけて初雪が降ることから、白雪の槍にかけてこのように命名された。
23
[文化]
smで作られたワインの品種。地球のボジョレーヌーボーに相当する。
アシェルフィ地方の名産で、毎年ルージュの月の使徒週の変わり目辺りに解禁される。
その年の新鮮なワインで、日本と違って高価なイメージはない。むしろ収穫を祝うためのお祭り的な意味で飲まれる一般的なワインというイメージである。
もともとすぐ飲みきってしまうために作られるため、タンニンが少なく、ふつうの赤ワインと違ってそう何年も持たない。

evansilf
/ [歳時記]雪精祭
21:雪精
[文化]
elfiine

evel amanze
/ [人名]エヴェル=アマンゼ
21
[文化]
ファミイ=クルノースの夫。

eviems
/ [化学]乾性油
19

evil
/ [医療]膏薬、貼り薬、はり薬
rd;/「置く薬」
24

evrenx,szd
/ xen
原義は「薬を飲む」

exo,f
/ olx
eは水。

eyuttaf
/ [化学]デカンテーション
19

f
/ felm

faanbeza
/ [化学]メチルアミン、メタンアミン
19

faanvils
/ [化学]アラニン
19

faanyoantat
/ [化学]メチルエチルケトン(基官能)
19

faanyoantatilzom
/ [化学]メチルエチルケトンペルオキサイド(基官能)
19

fabersiza
/ [地学]ファベルプレート
23

faf,szd
/ pab
pab.l

faia gaavi
/ [人名]ファイア=ガーヴィ
20
[文化]
(127:198)ラグナントの研究員。電卓を発明した。

faiadis
/ [法律]火刑、焚刑
19
[文化]
地面に柱を立て、縄で死刑囚を縛り付ける。薪藁を足元から設置し、首から上だけ出しておく。そこに点火し、焼き殺す。放火などに適応される刑。

faial
/ [軍事]火門、火口
rd;/「火を置く場所」
24
[文化]
gel

faiblinz
/ [軍事]焼夷剤
zg:szd;/「火硝石」
24
[文化]
gel

faidilfai
/ [医療]焦灼灸
rd;/。イボやウオノメを治すときに使う。皮膚や組織を火の力で破壊することから。
24

faidolgel
/ [軍事]火打石銃
rd;/
24
[文化]
gel

faifost
/ [軍事]火縄
rd;/
24
[文化]
gel

faigel
/ [軍事]火薬銃
rd;/
24
[文化]
gel

faigel flandir
/ [人名]ファイゲル=フランディール
22
[文化]
veleiの発明家。313年、液状ロケットの開発に成功。

fail,f
/ fiim

faileps
/ [名詞]火葬
[動詞]yulを火葬する、火葬する
rd;/
24

faire
/ [天文]ポルックス
19:ridia/seren/mel:fai/iire
[文化]
雷のオヴィと炎のギルが共闘してケルンマルスとリスティを封じたとき、すぐに現場に急行できるよう作った連絡通路がfaire(ポルックス)とiref(カストル)。

faistaxit
/ [化学]爆速、爆発速度
rd;/
24

falan,szd
/ ti。後にszsでliizeができるとfalanは女が男を指す二人称へ変わった。

faldis
/ [交通]バイク、オートバイ→kern
rt;faldias.k
24
[文化]
車と同じ場所を走る。自転車扱いではない。個人で移動することが多いので所有台数は多い。女性はほとんど乗らない。
【用例】
bia e faldis t'aben et lav. 暴走族のバイクの音が五月蝿い。

falhi,szd
/ pafi
pafi.l

faltibalt
/ [経済]戻り足、戻り
22
【用例】
faltibalt tur demi. 戻り足が遅い。

famia
/ [植物]バレリアンレッド
20:ridia:火の花

famii naon
/ [人名]ファミィ=ナオン
19:ilmus:ridia
[語法]
レイユの政治家。女性。テスラン=ナオンの子孫。アルミナ党首。

fan,f
/ har
saal;fai/nim

fanak
/ [商標]ソーダ、ファナック、スプライト、セブンアップ
[類義語]gaaze
rd;商標
23
[文化]
gaazeに香料や甘味料等を入れたもの。いわゆる日本でいうソーダ。

fanfkad
/ [地球の国名]ガイアナ
19:国章にジャガー

fangas
/ [政治]諸侯
sm;「高価な食材」が原義。
24

fantom,fv
/ fant
meltia 26:gilius;e

fanvel
/ [建築]ファンベル宮殿
22:「豪華な」
[文化]
ケートイアの宮殿。ケート王の住居。smで建設。
【成句】
faav yun fanvel 豪華絢爛

fanvl,szd
/ firt
<>pa on "fa"

fanyolol
/ [経済]耐久消費財
19

fanz
/ [単位]垓
21:fenz

fapiifa
/ [地球の星座][ユマナ]さそり座
24
[文化]
ifa

faps
/ [動詞]yulを燻す、燻す、いぶす、スモークする
rd;fap/so
23
【用例】
faps owiyek a fapx 豚肉をスモークベーコンにする。

fapskeke
/ [料理]スモークサーモン
rd;/
23

faran
/ [歴史]ファラン族
20:古サルディーン語「白い人」

farandir,szd
/ liifa

farfit
/ [生物]太陽
21:目のツボ。眼によく、眼に光をくれるとして

farlor
/ [化学]鏡筒
rd;/「光の筒。光の通り道」
23

fat
/ [単位]10000分の1、糸、絲
19:恣意

fe,f
/ fen
fi,f.k

fealis
/ [人名]フェアリス
lj;falis
22
[文化]
 四人目はfealis。17歳で、人間の捨て子だ。ユベールの達人で、ミルハを妹のように可愛がっている。
 フェアリスは芯の脆いところがある。親に捨てられたトラウマが消えず、拒絶されることを異常に恐れている。

feel(2)
/ [人名]ふぇーる
19?
[文化]
『ねこにっき』の登場人物。リシア市出身。

feelu,alt
/ fen
fe/fe/lu

fefigi
/ [アイテム]ショートスピア
zg;fe/figi
24

feilisifa
/ [地球の星座][ユマナ]カシオペア座
24:自分を美しいと鼻にかけたカッシオペイアの逸話から。
[文化]
ifa

felkavega
/ [名詞]外弁慶、学校弁慶
rd;/
23
[語法]
vega

felm,szd
/ seel

felmat
/ [名詞]神秘
[形容詞]神秘的な
szd
24
*:felmat:lu felmat

felmkan
/ [生物][医療]衝脈
szl;/。流注が正中線上にあることから。
24

felnoa(2)
/ [人名]フェルノア
[アクセント]felnoA
18:seren
[文化]
『夢織』の登場人物。アリスの妹。

felo
/ [動物]とさか、トサカ、鶏冠
zg;fem/lo
24

feloloob
/ [被服]コックスコーム
rt;/
24

felve,szd
/ xai

femet
/ [単位]瞬息
21:fem/te

femloho
/ [アイテム]コリント式ヘルム
rd;/。鶏冠が鶏のように見えることから。
24
[文化]
zgで作られた兜。初期は耳を覆っていたが、命令を聞き取りにくいので後に耳の部分は露出した。

femt
/ [魔法][言語][文字]フェムト
[ユマナ]ルーン、ルーン文字
zg
24
[文化]
現フレディスク地方に残された謎の表音文字。

fendar
/ [宗教]助祭、ディーコン
zg;「ドアマン」
24

fenenaj
/ [経済]短期金利
22

fenho
/ [生物]短骨
rd;/
24

fenkhons
/ [アイテム]レザーアーマー
rd;/
24
[文化]
神代で作られた。革の鎧。

fenmistis
/ [被服][医療]ケーシー、Casey、KC、白衣、ベン・ケーシー式白衣
rt;/
24

fennel,szd
/ fen

fenvl,szd
/ fir
fanvl.k

fenvoz
/ [アイテム]ショートボウ
rd;/
24
[文化]
zgで作られた。

fenzel alsaal
/ [人名]フェンゼル=アルサール
17:seren:lei e xion:残酷なイメージだったのでフェンゼルにした
[文化]
アレイユのアルタレス。407年、為政者アルテナに反旗を翻すも、ハイン=アルテームスにより粛清される。

fenzelkad
/ [地球の国名]ガボン
19:国章に黒豹

fevelt
/ [アイテム]戈、か
fv;/「短い鎌」
24

fevl,szd
/ nim

fewaal
/ [アイテム]ホーマンズフレイル
sm;/
24

fi,f
/ fil
e

fiaatm
/ [経済]実物売り
22

fiadoal
/ [経済]実物資産
22

fiaeet
/ [経済]現物株、現物、実物
22

fiailma
/ [経済]現物
22

fiaixm
/ [数学]実行行。実数のみの成分でできた行列
19

fiamirok
/ [宗教]世界神
rd;/
24

fiamonodoal
/ [経済]有形固定資産
19

fian le dert a lastia
/ [芸術]「ラスティアに祈る少女」
19
[文化]
マレア=トゥウェンの代表作。アデュ収容所へ送られる魔列車の少女を描いたもの。

fianfeme
/ [地学][歴史]新原生代
vl;/
23
[文化]
gaavefeme
原生代(かつての先カンブリア時代)の最後の3紀、10億〜5億4200万年にあたる。

fianhac
/ [言語]少女体
19
[文化]
taphacから作った書体。小さく丸みを帯びた女の子用の文字で、可愛さを表現。

fians,fv
/ 儀式用の綺麗な服(fv前期)、気飾った女性(fv中期)、少女(fv後期)

fiatau
/ [経済]実物買い
22

fiaxalt
/ [経済]現金主義
19

fibakart
/ [電算]モデムカード
19

fiblakas
/ [生物]滑面小胞体
rt;/「網状の小胞体」
24

fiblifa
/ [地球の星座][ユマナ]レチクル座
24
[文化]
ifa

fidantis
/ [数学]引き算文化
rd;/
23
[文化]
fokantis

fielsalia
/ [地学]仮晶
19

fielstent
/ [地球の星座][ユマナ]ニセ十字
24
[文化]
ifa

fifi
/ [アイテム]パイク
zg;fi/fi
24

fifigi
/ [アイテム]ロングスピア
zg;fi/figi
24

fifilu,alt
/ fil
fi/fi/lu

figani
/ [動物]シャム、シャム猫
21:フィガン猫

fiina(2)
/ [音楽]フィーナ
21
[文化]
『夢織』のアリスらのバンド名。

fiinaenna
/ [生物]聴宮
21

fiino
/ [アイテム]トライデント
zg;figi/no「槍爪」
24

fiiv
/ [アイテム]ハルバート。地球よりも開発が早かった。
zg;figi/vivo
24

filho
/ [生物]長骨、長管骨
rd;/
24

filia,ltd
/ fian
fians,fv.l

filtika
/ [アイテム]長柄
rd;/
24

filtikavak
/ [アイテム]長柄武器
rd;/
24

filuwas
/ [被服]バドショース
sm;/
24

filveeyuren
/ →filveeyu
22

filvoz
/ [アイテム]ロングボウ
rd;/
24
[文化]
zgで作られた。

finamivkan
/ [生物][医療]陽維脈
szl;/
24

findilf
/ [生物]プリン塩基
rt;fin/panddilf。春(アデニン)と夏(グアニン)なので陽。
24

fintraskan
/ [生物][医療]陽{事ャ
szl;/
24

fiole,szd
/ fiol
< fiol,fv.l

firfaal
/ [地球の国名]ナウル
19:国旗に白い太陽のようなもの

firkad
/ [地球の国名]ベラルーシ
19:ベラが白の意味

fitar
/ [電算]出力装置
19

fiteifa
/ [地球の星座][ユマナ]うさぎ座
24
[文化]
ifa

fiyo,fv
/ feid l'el fep
"yo" okl yu loyo wen

fiz,szd
/ zon
fi/zamon

fizet
/ [アイテム]棍、こん
szd;fiz/te
24

flaf,szd
/ fenl
fovet。ふわっとしたオノマトペ。

flafet,szd
/ lus
flaf/te

flam,szl
/ viet。シージアには生息せず、見世物小屋などに輸入されたものを指す。

flan vland
/ [人名]フラン=ヴランド
vl
23
[文化]
flanar
vlの数学者。

flan(2)
/ [人名]フラン。flanflerの愛称
21

flanet
/ [被服]ダブレット、プールポアン
sm;flanという貴族が着たことから。
24

flanifa
/ [地球の星座][ユマナ]ぼうえんきょう座
24
[文化]
ifa

flanj,szd
/ miina、liibe

flanje
/ [ランドマーク]風花院、フランジェ、院。日本語訳文中では単に院と略すことも。
lj;flanverj/te
22
[文化]
リーザとミーファが切り盛りする孤児院。幻京橋駅から徒歩15分程度のところの小高い坂の上にある。ljのセレンやメルが育った場所。

・孤児

孤児院フランジェにはリディアのほかに4人の孤児がいる。彼らは苗字も分からず、かろうじて名前を覚えているだけだった。皆、リーザやミーファが拾ってきた孤児だ。

 一人目はixtal。yunk。年のころは14, 5に見える。が、実際いくつなのかは分からない。いつも黒紫の服を着ている。性格は大人しい。
 イシュタルは数年前に雨に濡れていたところをリーザに拾われた。なぜかたまに古語が出てしまう。不思議な子だ。

 二人目はmilha。milia。11歳。魔族ディーレスと精霊のハーフだ。猫耳を持って生まれたせいで虐められてきた。魔族なのに気弱で泣き虫で怖がりな子だ。
 しかしミルハのポテンシャルは強力なので、過度の恐怖を感じると無意識に周りのものを魔力で粉砕してしまう癖がある。
 耳に極度のコンプレックスがあるため、常に帽子をかぶっている。頭に手が触れそうになると恐がる。撫でようとしても嫌がる。

 三人目はkonoha。mayu。見た目は16歳程度。凪人の名を持つが、れっきとしたロゼットで、神と人の混血児だ。
 コノハはロゼットにも関わらず、あるものを司って生まれてきてしまったため、天界から追放されてしまった。
 人を幸せにすることに生き甲斐を感じる。けなげで純粋で天真爛漫。しかし呪われた血のせいで、親切心がいつも裏目に出てしまう。

 四人目はfealis。amma。17歳で、人間の捨て子だ。ユベールの達人で、ミルハを妹のように可愛がっている。
 フェアリスは芯の脆いところがある。親に捨てられたトラウマが消えず、拒絶されることを異常に恐れている。

flanjet
/ [被服]ローブヴォラント
sm; 24
[文化]
flanjetやyunkotは地球より早くsm後期にはできていた。rdの貴族解体以後も高貴なものの間で残り、rtごろまで残っていた。

flanlo
/ [被服]テューダーキャップ
sm;flanという貴族が始めた帽子
24

flanverje
/ [人名]フランヴェルジェ、花風院
rd;flanverj.k
23

flanxia,ltd
/ fasa

flanxian
/ [被服]テイルコート
rd;<,lt 24
[文化]
地球より早くrdのltでできた。

flaver
/ [気象]朝日
[医療]太陽
rd; 24

fleajior
/ [生物]次ホ・ 21

fleakas
/ [地球の星座][ユマナ]夏の大三角形
24
[文化]
ifa

flelgel
/ [軍事]ショルダーウェポン
rd;/
24
[文化]
gel

flelmasa
/ [生物]肩帯
20:ridia

flelnek
/ [生物]肩テ・ 21

fleudailifa
/ [地球の星座][ユマナ]みなみのかんむり座
24
[文化]
ifa

fleueliifa
/ [地球の星座][ユマナ]みなみのうお座
24
[文化]
ifa

fleufabor
/ [地球の国名]南アフリカ共和国
19

fleuhartreintike
/ [地学]南赤道海流
23

fleukasifa
/ [地球の星座][ユマナ]みなみのさんかく座
24
[文化]
ifa

fleustent
/ [地球の星座][ユマナ]みなみじゅうじ座
24
[文化]
ifa

fleuvarktike
/ [地学]南ヴァルク海流
23

fliaaslado
/ [地学]珪酸塩鉱物
19

flianj naabel
/ [人名]フリアンジュ=ナーベル
21
[文化]
flianj
vlの音楽家。フリアンジュ社の創始者。

flianj(2)
/ [企業]フリアンジュ社
21
[文化]
vlにできた楽器屋。創始者はflianj naabelで、総本店は終始一貫してケート。アルバザード本店は中央アルナのヴァルファント=ミルフ。
ギターやベースなどに強いが、キーボードやドラムなどロックバンドに用いる楽器全般でシェアが高い。
価格帯も安価なものからあり、質は全体的に癖がないため、初心者や学生などにも好まれる。

fliapinol
/ [地学]珪孔雀石
19

flig
/ [地学]珪灰石
19:flia(珪素)/ego
[文化]
セラミックなどの原料になっている。

fliperfi
/ [地学]輝銀鉱
19

flipilva
/ [地学]輝コバルト鉱
19

flipletti
/ [地学]輝銅鉱
19

floam
/ [名詞]変わり目
[歳時記]季節の変わり目
rd;floa/im→klevans
23

flonkem
/ [生物]章門
21

flontaz
/ [生物]遠位、末梢
rd;/
24

fokantis
/ [数学]足し算文化
rd;/
23
[文化]
レジがおつりを返すときに、代金から客が払った額まで数え上げていくのが足し算文化で、フランスなどがこれに当たる。一方日本のように客が払った額から代金を引いた額をおつりとして返す日本のようなやり方を引き算文化という。
アルバザードとルティアはsmまで足し算文化だったが、凪の影響で引き算文化を取り入れ、rdでは引き算文化が浸透した。

fon,szd
/ teeze
fovet

fonblan
/ [地名]フォンブラン
[名詞]綿モスリン
szl | nd; 24

fonblant
/ [被服]シュミーズドレス
nd; 24
[文化]
ltの貴婦人が着ていたドレスが輸入された。nd後期の貴婦人の間で大人気となり、ltは服飾部門においてかなりの貿易黒字を出した。つまりアルバザードは貿易赤字を出した。当時の技術としては最先端の薄い布である綿モスリンを使っていたため、冬場これを着て肺炎になる女性が多発した。貿易赤字に困っていたこともあり、ときの政府が不買運動をしかけ、在庫を大量に抱えた貿易商が困り、シュミーズドレスの下に着れる防寒用の下着であるalfonlを開発したところ、シュミーズドレスの売上が再び増えた。この出来事によりalfonlが生まれ、やがてこれが防寒着の意味になっていった。

foniyuo
/ [言語]瞬間動詞
20
[語法]
経過相がほぼゼロであるために、無相と完了相がほぼ同一視される動詞。「消す」など。
瞬間動詞の無相は完了相への強い指向性を示す。

fontviida
/ [生物][医療]経穴。五兪穴の経穴。
rd;/「経脈の通る穴」
24

foon
/ [美容]シニョン、シニヨン
sm;fot/nia「紐で結んだような髪」
24
[文化]
smでできた。主に貴族の女性用。

foosmyut
/ [工学]軌間、ゲージ
rt;/
24
[語法]
鉄道の線路を構成する左右のレールの間隔。

fosetjizol
/ [音楽]ミュートギター
21

fostdalm
/ [軍事]火挟み
rd;faifost/dalm
24
[文化]
gel

fots,fv
/ fesn

foxvix
/ [医療]擦り傷、すり傷
19:ridia:arbaxelt
【用例】
til foxvix on 〜をすりむく、擦りむく、擦り剥く

frefanoz
/ [音楽]エコノミーピッキング
21

freiadis
/ [法律]剣刑
19
[文化]
柱にくくりつけ、刑場を通る軍人が一本ずつ剣を突き刺す刑。軍の違反者に適応。

freieliifa
/ [地球の星座][ユマナ]かじき座
24
[文化]
ifa

freigan
/ [人名]フレイガン
20
[文化]
(yuuma 7914:(8086:)アルバ二世。
yuuma 7914 アルバ、息子のfreiganを授かる

freinemp
/ [植物]グラジオラス
17:剣の形の葉から

frelhopseripoa
/ [医療]慢性骨髄性白血病
19:seren

frema
/ [音楽]カリプソ
21:fremazer

fremaxti
/ [地学]近東
22

fremeltetaka
/ [地学][歴史]フレメルテ大陸
[ユマナ]バルティカ大陸
vl;/
23

fremfo
/ [言語]接近音
19

fremseelaxti
/ [地学]中近東
22

fremtaz
/ [生物]近位、中枢
rd;/
24

frestialanktak
/ [天文]ミンタカ
19:ridia/seren/mel
[文化]
hooraliifa

frestiamiktak
/ [天文]アルニタク
19:ridia/seren/mel
[文化]
hooraliifa

frestiaosn
/ [天文]アルニラム
19:ridia/seren/mel
[文化]
hooraliifa

frestiayukka
/ [天文]オリオン星雲
19:ridia/seren/mel
[文化]
hooraliifa

frff
/ [言語]中ファルファニア語。rdはここに当たる。
22

frimifa
/ [地球の星座][ユマナ]けんびきょう座
24
[文化]
ifa

frisdilfai
/ [医療]間接灸
rd;/
24

frisgilf
/ [経済]間接金融
20

fu,f
/ flel
e

fu,f(2)
/ ol

fu,f(3)
/ flen

ful,fv
/ fuul
e

fulmiia,fv
/ flia len fuul

fussa
/ [被服]シャマール
sm;fu/sabe
24

futa,szd
/ fit
futo,f.k

futo,f
/ taf, xim
fuは「渡す」の音象徴か

futtetona
/ [言語]連合関係
19

fuu
/ [名詞]古アルカの1
赤→sidalx

fuu you vii von txon
/ [娯楽]1,2,3,4,5と数えたところで頬にキスをする子供の遊び
古?
[文化]
小さい子供と親ですることが多い。5のtxonとキスのtxoが似ていることをかけた遊び。

fuu,lsk
/ 1
figi.k

ga,f
/ tom
e

gaagnana
/ [地学][歴史]シデリアン
vl;/
23
[文化]
gaavefeme

gaato,szd
/ dol
i gaabe/tuuno

gaavefel
/ [地学]地質学
rd;/
23

gaavitike
/ [地学]ガーヴィ海流
23

gaavrein
/ [言語][文字]ディセンダーライン
21

gaaze
/ [料理]ソーダ、炭酸水、炭酸飲料
[類義語]fanak
rd;gas/er
23
[文化]
アルバザードで「ソーダください」と言ったらスプライトのような甘いものではなく単なる炭酸水を出される。ジュースのソーダがほしい場合はfanakくださいと言わなければ通じない。

gabe,alt
/ gaabe
gaabe.xik

gaefo
/ [言語]歯音、歯茎音
19

gaepoa
/ [医療]歯肉腫、エプーリス
19

gaghetfo
/ [言語]口蓋垂音
19

gagsex
/ [言語][生物]声帯、声門
19

gagsexfo
/ [言語]声門音
19

gainas
/ [アイテム]クレイモア
hy
24

galisez
/ [軍事]シリンダー
rd;/
24
[文化]
gel

galisfabe
/ [軍事]発射薬
rd;/
24
[文化]
gel

galma
/ [人名]ガルマ
20
[文化]
(yuuma 5112:5564)メルテナ後期のアルテ教皇。

galtant
/ [宗教]守門、ポーター
zg;galt/lantis
24

galtsef
/ [サッカー]バックパス
vl;/
23

galu,alt
/ vik

galveeyutike
/ [地学]ガルヴェーユ海流
23

gan,alt
/ kuupo、veliz

ganai
/ [ジョブ]術士。蠱毒術を使う。
alt;<>ganayu
24

ganayu
/ [魔法]蠱毒、こどく、蠱術、巫蠱、ふこ
alt
24

gandis
/ [政治]侯爵、候爵、マーキス、辺境伯
sm;gand.k
24
[文化]
領地を持った諸侯。

gants,szd
/ vasn
? シージア語特有の概念で、fv以前に遡る痕跡がなく、これ自体の語源も不詳。

gantskan
/ [生物][医療]肺経
szl;/
24

gaoyolo
/ [被服]ブルマ
nd;/
24
[文化]
現代人の想像するブルマではなく、裾が広がった長ズボンのこと。

gar,szl
/ galt
galt.l

gard,szk
/ vasan, vai

gardi tselin
/ [人名]ガルディ=ツェリン
21:ridia
[文化]
gaudi

gardnar
/ [宗教]枢機卿、カーディナル
zg;「鉄のとぼそ」
24

garn
/ [被服]ペティコート
sm;arn.k
24
[文化]
sm前期では下着だったが、中期でうっすら見せるようになり、後期〜rdでは上着となっていった。

gartgana
/ [経済]値幅
22

gasado
/ [地学]炭酸塩鉱物
19

gashoupaf
/ [化学]カルボナートエステル
19

gasi
/ [化学]炭酸塩
19

gatalu,alt
/ lart

gatxak
/ [普通動名詞]コッキング
[動詞]yulをコッキングする、コッキングする
rd;fovet
24
[文化]
gel

gatxakholt
/ [軍事]コッキングレバー
rd;/
24
[文化]
gel

gavria
/ [地名]ガヴリア海
20:ridia:ガーヴィの海
[文化]
ガーヴィ・ファベル間の海。

gaxsepalif
/ [天文]球状星団
21

gaxtisi
/ [生物]密顆粒
rt;/
24

geene,szd
/ meev
gein

geepadis
/ [法律]蚯蚓刑
19
[文化]
ミミズの入った壺に受刑者を突っ込み、蓋を閉じ、溺死させる。食品汚染に適応。

geewixlil
/ [化学]プロメチウム
18:制

gege,f
/ kas

gegel
/ [被服]ピエスデストマ
sm;gege/al「三角のもの」
24

gei,szd
/ kahi

gein,fv
/ meev
e

geki,f
/ mem、gek
「丸く動く」

geksmik
/ [数学]対数の真数
19

gelalmi
/ [アイテム]ガンシールド
rd;/
24
[文化]
smでglea発明後に作られた。

gelanfa
/ [軍事]銃火器
rd;/
24
[文化]
gel

gelbebelkuo
/ [天文]イータカリーナ星雲
19:ridia/seren/mel
[文化]
魔族ゲルベベルの口。血塗られた赤い口が禍々しい。閉じたり開いたりするため、4等星に見えたり2等星に見えたりする。

geldirei
/ [軍事]ボルト
rd;/「銃の仕切り」。薬室後部をブロックすることから。
24
[文化]
gel

gelfilati
/ [軍事]銃砲身長、銃身長、砲身長、
rd;/
24
[文化]
gel

gelhons
/ [アイテム]プレートアーマー
rd;/
24
[文化]
smのktでgleaに対抗して作られた。

geljim
/ [軍事]銃砲腔、銃腔、砲腔
rd;/
24

gelma
/ [被服]ミュール
sm;.selan
24
[文化]
smでできた。平民が編み出した男女兼用の晴れ着の靴だが、後に貴族に取り入れられて絢爛な装飾がされるようになった。nd以降は女性用に。

gelsais
/ [軍事]腔綫、口線、こうせん、ライフル、ライフリング、施条
rd;/
24
[文化]
gel

geltadil
/ [植物][医療]散モグサ
rd;/
24

gelte,szd
/ imel
<>teeze

geltom
/ [医療]撚鍼法、ねんしんほう
rd;/
24
[文化]
szlの頃から存在する鍼の打ち方。

gelttoe
/ [医療]旋撚刺法。鍼で使う技術。
rd;/
24

genolpelil
/ [化学]バークリウム
18:制

gesal
/ [被服]フーク
sm;gege/salo
24
[文化]
smでできた。女性司祭がかぶったベール。

geseldio
/ [天文]アルマク
19:ridia/seren/mel
[文化]
ゲセルの歯。メルがイーファの魔法で弾き飛ばした。あまりに強く吹き飛び、ogalの領域に行った。

geselins
/ [天文]ミラク
19:ridia/seren/mel
[文化]
ゲセルの目。

geseltoa
/ [天文]アルフェラッツ
19:ridia/seren/mel
[文化]
ゲセルの鼻。メルがイーファの魔法で弾き飛ばし、liven座まで飛んでいったもの。

geta,fv
/ age
ge/ta「外に向かって丸い→外に回る」

getmyut
/ [名詞]狭い幅
[工学]狭軌。getfoosmyutから来ている。
rt;/
24

gi,alt
/ ragna

gil eniik
/ [人名]ギル=エニーク
19:ilmus:ridia
[文化]
レイユの政治家。男性。ヴァーサ=エニークの子孫。アライブ党首。

gilald,fv
/ tinl
giは金属

gilfaus
/ [地名]ギルファウス川
zg
24
[文化]
アルシェリアを流れる大河。

gilfausifa
/ [地球の星座][ユマナ]エリダヌス座
24
[文化]
ifa

gilikaifa
/ [地球の星座][ユマナ]ろ座
24
[文化]
ifa

gilmas
/ [経済]金券、買い物券
19:ridia:arbaxelt
[文化]
図書券などのこと。

gilor
/ [音楽]金管、金管楽器、ラッパ
21

gilov
/ [経済]キャッシュフロー
19:金の動き

gilsie,ltf
/ jamp
giila/rsiel

gimakon
/ [地学][植物]土壌のA層
19:ridia
[語法]
土壌の2層目。0層の下。腐植と土の混合からなる。

gimel
/ [死神]ギメル
19:seren
[文化]
ヴェルギナの部下の死神。ふわふわの髪の美少年。人間でいえば十代。一途なところがあり、ランヴェムを兄と慕っている。だが、気性が激しく、ランヴェムに迷惑がられている。非常にナルシストで、言葉がいちいち演技がかっている。
ヴェルギナの相手ばかりしていて運動不足なので、ヴィードを使わない戦いでは大して強くない。

ginakn
/ [経済]商業主義
rd;/
23

ginsa,fv
/ xisp
gin/sa

ginsvelk
/ [経済]減損会計
19

gmm
/ [擬音]くくく
fv;fovet
23

go,f
/ lax

goks
/ [宗教]托鉢
zg;gok/so
24

gomaifa
/ [地球の星座][ユマナ]こぎつね座
24
[文化]
ifa

gonga
/ [魔法]煉丹術、錬丹術、練丹術、金丹術
alt
24

gonge
/ [ジョブ]道士。煉丹術を使う。
alt
24

gongo,fv
/ vakn
fovet。鳴き声から。
23

gongyu,fv
/ evan
gongo/gyu「家畜による苦味→家畜による苦痛」
23

got(2)
/ [生物]顆。拘束形態素として使う。
szd
24

gotalmi
/ [アイテム]バックラー
rd;/「弾く盾」
24
[文化]
smで発明された。積極的に腕を前に出して敵の攻撃を弾くように使う。

gotesevn
/ [生物]上皮組織。動物体の外表面あるいは体腔や器官の内腔などをおおう組織。
rt;/
24

gotetim
/ [地学]外核
vl;/
23

gram,szd
/ fai
kookvet

granbel dain
/ [人名]グランベル=ダイン
21
[文化]
dolmiyu

granze
/ [人名]グランゼ
or
22
[文化]
サプリ村の住人。八百屋の経営者。細身の中年女性。

greiv ineaato
/ [人名]グレイブ=イネアート
al;greivli
21
[文化]
dimitoria

guna,alt
/ pab

gunakali
/ [アイテム]太刀、たち、タチ
kk;alt「馬刀」
24

gwain,szl
/ tom
<> ga,f

gwal,szl
/ xiar
gwain,szl/al,f

gyakeriku,f
/ lem、miks
kuは口

gyumjior
/ [生物]胆兪、胆愈
21

ha,alt
/ font

Ha,f
/ het

Haan,f
/ em
<>Ha

haasjiiz
/ [論理]正命題
rd;/
23

hada,alt
/ har
<>hoora

hagali,alt
/ faal
gali eks vik atu, istol faal

hagel(2)
/ [名詞]トンスラ、剃髪
sm;<,hyugno.selan。ヒュグノーは高温多湿なため、兜をかぶる際に蒸れないよう、この髪型をしていた。地球と違って聖職者の髪型ではない。
24

hagili,alt
/ fleu
hagali/ilu「太陽を見る」

hagulu,alt
/ tafl

haigen
/ [人名]ハイゲン
cv;e
24
[文化]
ジンティと人間の娘の間に生まれた息子。

haigenifa
/ [地球の星座][ユマナ]ペルセウス座
24
[文化]
ifa

hailen eltoa
/ [人名]ハイレン=エルトア
19:milf/zana:haizen。神話上はhailenからhaizenができたことになっている。hailenは神話上はhacma/len(使徒の人形→使徒の子)が語源。
[文化]
(mel 19 ral lis→)ザナ=ゲノスとミルフ=エルトアの長女。漢字名は「囲蓮」。ハイが「囲」となっているのは、彼女の語源がhaizen(囲卓)であることから。

hailenhac
/ [言語]ハイレン筆記
19
[文化]
ミルフがlutiahacを元に作った筆記体。センターラインを固定化することで、文字が上下に躍るのを防ぎ、安定感を出した。また、文字を数種類変えている。sとxのみセレンのデザイン。メル19年末に公式の筆記体となった。

haitagepgao
/ [音楽]アルトホルン
rt
22

haitakon
/ [地学][植物]低地土
19:ridia
[語法]
河川によって低地にできた土壌。水田に利用。

haitesp
/ [気象]下層雲
19

haitmag
/ [音楽]モルデント
19

haitmagl
/ [音楽]ファゴット、バスーン、バズーン
21:hait/tamagl

haittamagl
/ [音楽]イングリッシュホルン、コーラングレ、コールアングレ、コール・アングレ、アルトオーボエ
rt;hait/tamagl「低音の出るオーボエ」
22

haityulo
/ [地学]離水、離水海岸
19

haku,alt
/ radl

hakuli,alt
/ an
hakulu

hakulu,alt
/ hax
<>hyu

hakxilia
/ [人名]ハクシリア
20:hakxius/lia
[文化]
yuuma 5766 ルカリアで召喚士hakxiliaが王を倒して新王となる

hala,alt
/ kok

halahalu,alt
/ kok

halan,alt
/ hacn
hala,alt

halanoz
/ [音楽]アップピッキング
21

haldado
/ [地学]ハロゲン化鉱物
19

haldatan
/ [化学]ハロアルカン
19

halddes
/ [化学]ハロゲン化アシル、アシルハライド
19

haldul
/ [化学]ハロゲン化物
19

halef
/ [魔法]ドルイド術
zg;<>hales
24

haleilmelet
/ [被服]ペプラム、バスク
rd;/
24
[文化]
トップスの裾に付いた短いフレアやひだ飾りのこと。

hales
/ [魔法]ハレス
[ユマナ]ドルイド
zg
24
[文化]
旧ルカリアで起こった司祭のこと。

halikal
/ [人名]ハリカル
20
[文化]
(yuuma 5288:5426)メルテナ後期のレスティル王ミハリルの息子。ルカリア軍とドフレットで戦い、戦死。

haljenti
/ [地球の国名]サンマリノ
19:イタリア内の小国家。高台にある

halka,fv
/ hasm、halt
hyu/kal「高いところにいる人」

halkad
/ [地球の国名]ボリビア
19:もともと「高地ペルー」と呼ばれていた。sorより高いのでhal

halkami
/ [生物]曲泉
21

halkem
/ [生物]巨闕
21

hallooz
/ [生物]上端、上縁
rd;/
24

halsasleahopis
/ [生物]上前腸骨棘。ベルトが引っかかる部分のこと。
rd;/
24

haltaz
/ [生物]上肢
rd;/
24

halteeze
/ [美容]アップスタイル
21

haltikanoz
/ [音楽]ピックスクラッチ
21

haltoa
/ [生物]神庭
21:上部にあり、鼻に効く

halxisleahopis
/ [生物]上後腸骨棘
rd;/
24

halzid
/ [生物]上顎
rd;/
24

halzidho
/ [生物]上顎骨
rd;/
24

hamas(2)
/ [人名]ハマス

[文化]
2代召喚省長官。2期1代ソーンの使徒。クレタティスの使徒。2期1代ルシーラ・エ・アルシェのエンデミルに毒を盛った。

hana,alt
/ nim

hanark
/ [生物][医療]臓会
rd;/
24

hanasl
/ [化学]塩酸
19

hanatan
/ [化学]クロロアルカン
19

hanbel,szl
/ lette

handes
/ [化学]アセチルクロライド、エタノイルクロライド
19

hanesviida
/ [生物][医療]募穴
rd;/。兪穴の反対側であることから。陽病に用いる。
24

hanfaan
/ [化学]クロロメタン、メチルクロライド、塩化メチル
19

hanival(2)
/ [人名]ハニヴァル
21
[文化]
1467
内乱が鎮圧され、ヴェイガン族の執政官であったhanivalが王位に就き、王制を開始。これによりbelgandは王国となる。

hankad
/ 広い国
19
[語法]
大国ではない。面積が広い国。

hanke
/ [宗教]侍祭、アコライト
zg;「火を起こす係」
24

hankmo
/ [美容]レイヤーカット
21

hankon
/ [生物][医療]臓腑
szl;/
24

hannival
/ [アイテム]ランス
sm;hanival.k。ltでできた槍。この時代の騎士が装備した。
24

Hanoi,f
/ hanoi
Ha=het, i=in

hanotvaim
/ [名詞][ポジティブ]細マッチョ
rd;/
24

hansgote
/ [生物]移行上皮。膀胱、尿管、上部尿道、腎盂などに見られる。
rt;/。常時は折り畳まれていて広げて大きくすることができることから。
24

hantdol
/ [地学]堆積岩
19

hapsifa
/ [地球の星座][ユマナ]とかげ座
24
[文化]
ifa

harakon
/ [地学][植物]赤色土
19:ridia
[語法]
メテなど、温暖な土地に見られる土壌。

haraxti
/ [地球の国名]東ティモール
19:国名が東。国旗の赤を足した。

hard
/ [単位]溝
21:hird

Hardian,fv
/ hardian
meltia 95 sen via;Ha/dia「尻尾のような土地」

hardinhac
/ [言語]魔女体
19
[文化]
taphacを元に作った書体。おどろおどろしさを表現。

hardinvexl
/ [天文]ミザール
19:ridia/seren/mel:魔女の嘆き
[文化]
生きたまま炎にくべられたラスティアディンはリーザによって、火を消されぬままミザールに封印された。先代が封印した唯一の魔族。地獄の業火に焼かれたラスティアディンは苦しみのあまり泣き叫び続け、ミザールは真っ赤に燃えあがった。みかねたメルがリディアから奪うようにリーファスを身につけ、ラスティアディンのもとに赴き、慈悲を与えて殺した。メルはライファを放ち、ラスティアディンの回復力を凌ぐ破壊力で彼女を殺した。ラスティアディンはメルに感謝し、ミザールは青白い静かな星へと変わった。なお、リディア以外の人物がライファを放ったのはこれが初めて。

harerivoxnalx
/ [生物]ヘマトクリット値
rt;/
24

harfaal
/ [地球の国名]マラウイ
19:国旗に赤い太陽

harfleu
/ [地球の国名]トンガ
19:意味は南の国。国旗が赤いので赤を足した。

harfreadol
/ [地学]赤鉄鉱
19

hargier
/ [地学]辰砂、ヴァーミリオン
19

harhops
/ [生物]赤色骨髄
rt;/
24

haria
/ [地名]ハリア海
20:ridia:古ha(尻尾)の水。キリワラが尻尾状であることから。
[文化]
サヴィア・ケヴェア間の海。

hariasiza
/ [地学]ハリアプレート
23

harjeiddol
/ [地学]紅簾石
19

harklet(2)
/ [人名]ハークレット
20
[文化]
(yuuma 4156:4673)神商会の会長。イグナストの後釜となる。イグナストよりも強力で長命だった。

harleptliik
/ [生物]赤痢菌
19

harlettidol
/ [地学]赤銅鉱
19

harmitte
/ [人名]ハーミッテ
20
[文化]
yuuma 7984 ユクレシア王harmitte、ソナリアの本拠地mistinに侵攻

harnasl
/ [化学]リノール酸
19:ridia

harndilfai
/ [医療]紅灸
rd;/
24

harsir
/ [医療]紅皮症
19

harsoret
/ [地球の国名]ドミニカ共和国、ドミニカ
20:19:国旗内に青と赤の対称が多く見られる

hasesp
/ [気象]積雲
19

hasjintfink
/ [生物]矢状面、正中面
rd;/
24

haslhokt
/ [音楽]ライドシンバル、トップシンバル
21

hasron
/ [医療]上下圧、垂直圧。押手の母指と示指が鍼体をつまむ力のこと。
rd;/
24

hatiaxivel
/ [ユマナ]本命チョコ、チョコレート
23

hau,alt
/ moa

Hau,fv
/ 尻叩き
Haはしっぽ→尻。

haxa
/ [政治]爵位
sm;hyuxa.k
24
[文化]
日本と違って家単位ではなく個人単位に与えられた。

hazelu,alt
/ es, or, and

He,f
/ het
e

he,fv
/ 副詞を作る接続詞。deからできたleがさらに弱化したもの。baog he viviのように使う。meltia 4以降は語順が逆転。
fv:saal;le.l

hek,f
/ xax

heka,fv
/ hek、okt

hekkad
/ [地球の国名]グアマテラ
19:国章に手紙(おそらく条文か何か)

helet
/ [被服]フロック
nd;het/et。尻尾のように長くなっていることから。
24
[文化]
nd_rtまで着られた。男性服。富裕層向け。

helute,alt
/ helte
kk;<>Ha「尻尾のように垂れ下がった」

hemes
/ [被服]ボルサ
rd; 24

Hemes,ard
/ hemes
He/messa

hemnosliifa
/ [地球の星座][ユマナ]少北斗七星
24
[文化]
ifa

hemtdilfai
/ [医療]味噌灸
rd;/
24

hemvlevian
/ [言語]符牒型人工言語
22
[語法]
暗号のように隠して使うのが目的ではないが、仲間内だけで使うことを想定したもの。制・新アルカなど。

hen
/ [名詞]古アルカの8
赤→sidalx

hen,alt
/ hemp
hemp,fv.l

hen,lsk
/ 8
huugi.k

henan
/ [植物]びわ、ビワ、枇杷
rd; 24

henandilfai
/ [医療]ビワの葉灸
rd;/
24

henanmuepaf
/ [化学]酢酸オクチル
19

Henji,szl
/ henji
Hette/ji

heren,cv
/ miik
saar(kalseel);cvでサールの一族が現ヴェマ北部で発見。後に栽培。エルトに伝わり、人類にも伝わった。

hetafi
/ [言語]文末音調、連接、ジャンクチャー
19
[語法]
アルカではいずれも区別がなく、文末の?などの音調を指す。

hetinim
/ [美容]テールコーム
21

Hette,szd
/ het
<> He,f

hetxezl
/ [生物]尾索
19

hi,alt
/ fai

Hi,f
/ hie
e

Hia,f
/ hia
Hi/al

hiabak
/ [料理]コンビーフ
nd;/「塩漬け牛肉」
23
[文化]
大航海時代で作られた。現在は缶に入った非常食というイメージ。

hiadilfai
/ [医療]塩灸
rd;/
24

hibloho
/ [アイテム]ノルマンヘルム
rd;/「どんぐり状の兜」
24
[文化]
kkのinで作られた。

hiitkad
/ [地球の国名]バハマ
19:スペイン語の水位の下がった土地、引き潮という説から

hikotan
/ [魔法]サラマンダー
alt;/
24

hil
/ [軍事]突撃銃、アサルトライフル、小銃、銃。現代の小銃はほぼこの突撃銃。
vl;hiloo。アルバザードが開発したが、旧カレンシアが研究に大きな貢献をしたため、凪霧のhilooを元に造語された。
24
[文化]
gel

hiloo
/ [軍事]飛火槍
sm;alt「火筒」
24
[文化]
gel

hime
/ [名詞]姫
[類義語]neeme
sm;<,alt 24
[文化]
凪の姫君を指す言葉だが、sm以降は一般的に姫を指すようになった。
rdでユーアは生涯リーザのことをhimeと呼び敬った。
実際に王族の娘でなくとも大切な女性に向かってhimeと呼びかけることがある。

himelu,alt
/ lie。奥にあるという形容詞。

hina,szd
/ hino
hino.l

hinakan
/ [生物][医療]心経
szl;/
24

hinata(2)
/ [人名]ひなた
21:hinata
[文化]
『ねこの郵便屋さん』の登場人物。うみの飼い主。

hinatahada,alt
/ 陽命朱

hinoto yuuan
/ [人名]雨宮丁
21

hiptpant
/ [生物]生殖系
rt;/
24

hixesp
/ [気象]層雲
19

hixjintfink
/ [生物]前頭面、前額面
rd;/
24

hixron
/ [医療]左右圧、水平圧。押手の母指と示指で刺入部位にかける垂直方向の圧のこと。
rd;/
24

hixsien
/ [生物]横紋
rd;/
24

hoaku,fv
/ hok
hoa/ku

hoaneila
/ [化学]ソリッドゾル
19

hoanpoet
/ [医療]嚢腫
19:seren

hoansapeila
/ [化学]ソリッドエアロゾル
19

hoanxtap
/ [化学]ソリッドフォーム
19

hoark
/ [生物][医療]骨会
rd;/
24

hoivelk
/ [経済]管理会計
19

holad
/ [生物]骨形成
rt;/
24

holeh
/ [生物]大転子
rd;hol/et/ho「回るような骨」
24

holmembaog
/ [物理]スピン角運動量
[反意語]menkmembaog
vl;/「自転角運動量」。地球は太陽のまわりを回る(公転)と同時にそれ自身でも回転運動(自転)をしている。また太陽も自転している。これを原子に当てはめれば、電子は原子核のまわりを公転しながら自分自身も自転している。そのモデルがvlにあり、このようなネーミングとなった。

holo,f
/ ov, olo
e

holoo,fv
/ holo
ho/loolo

homami
/ [生物]骨基質
rt;/
24

hono,alt
/ dol
hono.volt

honoems
/ [化学]硬化油
19

honolu,alt
/ hono

honslasl
/ [被服]プーレイン
rd;/
24
[文化]
smでできた。貴族の男性用。

hoomilins
/ [地学]輝安鉱
19

hoora,lsl
/ har
hoora

hoosa,fv
/ hos
hoは「頑丈」

horaivoxn
/ [生物]骨芽細胞
rt;/
24

hordkad
/ [地球の国名]スリナム
19:国章にダイヤモンド

hore
/ [料理]ベルモット。ワインの一種。
16:制:horrei

horig
/ [生物]破骨、骨吸収
rt;/
24

horigvoxn
/ [生物]破骨細胞
rt;/
24

hort,fv
/ hart
hoora/teeze

hosevn
/ [生物]骨組織
rt;/
24

hostesp
/ [気象]巻積雲、絹積雲、うろこ雲、鰯(いわし)雲、さば雲
19

hosthons
/ [アイテム]スケイルアーマー
rd;/
24
[文化]
金属の小片をうろこ状に付けた鎧で、zgで作られた。

hosu,f
/ dol
「固い砂」

hotmyukale
/ [宗教]拝一神教
rd;/
24

hotsma,f
/ hot

Houst,szd
/ hanoi
hanoi.l

hovoxn
/ [生物]骨細胞
rt;/
24

huugi
/ tips fil、frei fen
?/gi

hyu,f
/ sor, hal
e

hyuhyu,f
/ hal
hyu/hyu

hyuk,f
/ mod
hyu/ke「高く行く」

hyuku,f
/ hak
hyu/ku

hyul,ly
/ hal
hyu/al「上の物」

hyulo,f
/ yulo
hyu/lo「上の頭」

hyulo,f(2)
/ lexe
「頭が高い」

hyuno,f
/ yuno
e

hyupa,f
/ harp
hyu/papalura「高い太陽」

hyuxa main
/ [人名]ヒュシャ=マイン
20
[文化]
(imul 1453:1510)ラグナロクの研究員。1496年に自邸宅の倉庫からasteltの計算機を発見し、経済省に引き渡す。自身の成果としたが計算機の外観が古びていることから怪しまれる。しかし証拠不十分として嫌疑を退けられ、1499年にラグナロク学長となる。晩年は痛風に悩まされ、悪夢に魘されるようになる。1502年にアキナス父子の悪霊を悪夢で見て以来、痛風の原因は呪いだと思うようになり、1504年に真相を暴露。学長を終われ、邸宅で1510年に息を引き取る。これによりマイン家は没落。

hyuxa,f
/ hyuxa、hax
「高い存在」

i(3)
/ [化学][接尾辞]物質名から種名を作る。開音節ではl。spelがベンゼンなら、speliはベンゼン派生物。
19

i,f
/ in、ins、lai、mik
e

i,fv
/ n。閉音節につく指小辞
miva.k


ibel yunge
/ [人名]イベル=ユンゲ
20
[文化]
(imul 1331:1388)数学者。アルナ大学の研究員。imul 1377に対数を発見。imul 1382に常用対数表を作成。

ie,f
/ io、sanl
i/e 原義は「右目と左目」で、ioはその異形態。ioは既にfvに存在したと推論される。その論拠は単位のionに見られる。語としてはieのほうが古いため、ioが先にあってkalieなどに使われるieがls_arでできたというのは誤り。

iefrei
/ [アイテム]バスタードソード
sm;ie,f/frei。グレア以降、鎧が進歩して、それに対抗するためにできた片手でも両手でも用いることのできるハイブリッドな剣。
24

ifanern
/ [天文]惑星系
23

ife,f
/ lif
「時の短い」

ignast
/ [人名]イグナスト
20
[文化]
(yuuma 3902:4225)神人貿易商の名士。4137に神商会を設立。

iHi,fv
/ hoks、maz

iho,fv
/ kok、sain
i/ho「固く見る→確認する」
赤のエクスプローダー

iidellil
/ [化学]テルビウム
18:制

iihal
/ [人名]イーハル
20
[文化]
(yuuma 6021:6556(6225:6556))カコ前期のヴェマ女王。
yuuma 6021 クリウス、娘のiihalを授かる
yuuma 6556 イーハル、ツェリン前線でまさかの戦死。ヴェマに衝撃が走る

iiho,fv
/ sete
iho,fvの女性形
赤のエクスプローダー

iiluulil
/ [化学]カリホルニウム
18:制

iiluutoifa
/ [地球の星座][ユマナ]インディアン座
24
[文化]
ifa

iiluutotike
/ [地学]イールゥート海流
23

iires vama
/ [人名]イーレス=ヴァマ
19:ilmus:ridia
[文化]
アルティル期の建設庁長官。メル215年にアルバ16世による「アルナ再建令」が発令。インフラ事業を推進したイーレスだったが、メル217年に高官の息のかかった業者ばかりに受注を取らせたことで、メル219年に選挙制と民主主義を求めるミナレットに暗殺された。

iisos
/ [宗教]神官
zg;「見て行う者」
24

iji,f
/ 6
elt;jij

iko,alt
/ vis

iksdia
/ [地名]イクスディア
20:シフェル系古スカルディア語「夕闇の土地」
[文化]
古スカルディアの首都。

il(2)
/ [接尾辞]薬
[類義語]pita
rd; 24

il,f
/ il
e

il,fv
/ ik

il,szd
/ a, kor
al,fv.k

ilfer
/ [人名]イルフェル
古:i(右の)/lfer(ルフェル)。男は右に立つことからこちらが父親。
[文化]
アルフレインとマルテの父親。シオンもイルフェル自身もマルテの父親であることを知らない。妻のエルフェルにアルフレインを設ける。

ilii,f
/ 9
elt;liij

iliiren
/ [地学]藍晶石
19:iliire/ren
[文化]
イルイーレの魔石。藍晶石、紅柱石、珪線石ともに同じ組成。

ilion,szl
/ eel
sika/lont

ilkanthaxa
/ [政治]選帝侯
sm;/
24

ilkeas
/ [被服]チュニックスーツ
21:ilkea/古sabe

ilmina
/ [政治]結社
[アクセント]ilminA
szl
24

ilsdilfai
/ [医療]直接灸、点灸
rd;/
24

ilsgilf
/ [経済]直接金融
19

ilsmanepant
/ [生物]内分泌系
rt;/
24

ilu,alt
/ in
i

ilvamavi
/ [化学]コバラミン
rt;/「コバルトのビタミン」
24

ilzoma
/ [化学]ペルオキシ基
19

im(2)
/ imul
21

ima,f
/ om, im
e

imai,f
/ kip
「時を見る」

imelakon
/ [植物]黄色土
19:ridia
[語法]
メテなど、温暖な土地に見られる土壌。

imeldol
/ [地学]アダム鉱
19

imeletek
/ [料理]黄茶
rd;/
23

imelfaal
/ [地球の国名]キリバス
19:国旗に黄色い太陽

imelhops
/ [生物]黄色骨髄
rt;/
24

imelmem
/ [地球の国名]パラオ
19:国旗が黄色い丸

imelvijon
/ [動物]キセキレイ
tm;/
23
[文化]
vijon

impisef
/ [サッカー]スルーパス
vl;/「蜂が刺すようにパスする」
23

impoifa
/ [地球の星座][ユマナ]きりん座
24
[文化]
ifa

impra.lsl
/ imel
impra

impraliifa
/ [天文]リゲル
19:ridia/seren/mel
[文化]
hooraliifa

imullil
/ [化学]アメリシウム
18:制

in(3)
/ [化学]二重結合、アルケンの接尾辞。
19:ryuu

inealil
/ [化学]ネプツニウム
18:制

injelil
/ [化学]パラジウム
19

insnakea
/ [生物]睛明、晴明
21

inssais
/ [美容]アイホール
21

inssorit
/ [言語][文字]キャップハイト
21

inus
/ [単位]エクサ
21:ardianus

iofrei
/ [アイテム]両手剣
sm;/
24

iomozom
/ [医療]両手挿管法。鍼の。
rd;/
24

iovild
/ [論理][哲学]二律背反
nd;io/vild。正命題・反命題のどちらにも証明できる矛盾の一種であることから。
[語法]
正命題、反命題のどちらにも証明できる矛盾・パラドックスのこと。しばしば勘違いされるが単なる矛盾・パラドックスではない。

ipmvano
/ [生物]承扶
21

ippi,alt
/ nozl

ippindilfai
/ [医療]うるし灸
rd;/
24

ipsais
/ [生物]臀溝、殿溝。パンツを脱いだときの尻の皺のような線の部分。
rd;/
24

ipsent
/ [生物]殷門
21:坐骨神経痛などによいことからipsen

ipsent(2)
/ [被服]バッスル
sm;ipsen/te
24
[文化]
地球ではヴィクトリア朝だが、アルバザードではsm後期でできた。

ipvaik
/ [生物]臀部、殿部
rd;/
24

ipzid
/ [俗語][生物]ケツアゴ
rd;/
24
[文化]
ケツアゴがあるのは不細工というイメージがアルバザードではなされる。

iref
/ [天文]カストル
19:ridia/seren/mel
[文化]
faire

ireus
/ [人名]イレウス
20
[文化]
(yuuma 5110:)メルテナ後期のカルマント派教皇。

isel,szd
/ ins

isfil,fv
/ amel
"is" i "liiz", "fil" i "tul fil". alfi "les et liiz, lfis filel nod eeta"

isil,szd
/ in

iskaltaka
/ [地学][歴史]イスカル大陸
[ユマナ]パノティア大陸
vl;/「希望の大陸」
23

iskante
/ [宗教]イスカンテ、イスカンテ教、拝魔教
20

islin
/ [人名]イスリン。islierの愛称
21

isoge
/ [植物]タラゴン
alakta

isoli
/ ate, slei
isolu 「見せる」

isolu,alt
/ sols in
i/so/lu

israfel
/ [政治]宰相
zg;「右にある護衛棒」が原義。
24

istaxt
/ [普通動名詞]代書、代筆
rd;/
24

istaxtan
/ [ジョブ]代書人、代書屋
rd;/
24

its,f
/ olf

ivelia
/ [被服]イブニングコート
[アクセント]iveliA
rd; 24
[文化]
rdでセレンが気に入ってルティアから取り寄せたことで元貴族の間で流行った。

ivil
/ [人名]イヴィル

[文化]
アルシェから離脱したセレンとメルを擁護した。レイクトの守り手。

ivil(2)
/ [人名]イヴィル
20
[文化]
(yuuma 5732:6321(5973:6321))カコ前期のレスティル王。

ivles
/ [人名]イヴレス、イブレス
20
[文化]
(yuuma 6578:6884)
yuuma 6861 ユクレシアはルティアに帰国する。lyuuxの所長は弟子のivlesが就任した
yuuma 6884 lyuux研究所のイヴレスが心労で自殺し、衝撃が走る

ivlim kulnors
/ [人名]イヴリム=クルノース
21
[文化]
→kaoxist kulnors
ファミイの兄。ファミイはアマンゼに嫁ぎ、イヴリムはクルノースを継いだ。

ivnen
/ [名詞]弱者、持たざるもの、持たざる者
rd;/
23

ixiba
/ [魔法]方術
[アクセント]ixibA
alt
24

ixibi
/ [魔法][ジョブ]方術師
[アクセント]ixibI
alt
24

ixirius genos
/ [人名]イシリウス=ゲノス
19:ilmus:ridia
[文化]
レイユの政治家。男性。ユヴェール=ゲノスの子孫。レヴァレン党首。

ixla
/ [宗教]読師、レクター
zg;ixu/lantis「読む人」
24

ixtal
/ [人名]イシュタル
lj
22
[文化]
一人目はixtal。年のころは14, 5に見える。が、実際いくつなのかは分からない。いつも黒紫の服を着ている。性格は大人しい。
 イシュタルは数年前に雨に濡れていたところをリーザに拾われた。なぜかたまに古語が出てしまう。不思議な子だ。

ixu,fv
/ isk
meltia 100:bert;i(目)
古:iは目。xuは恐らくkaxuなどの関連で、その媒体である紙関連であろう。

ixut
/ [ジョブ]公示人
zg;ixu/lantis
24

iz,f
/ daks

izmiyu,fv
/ izm
iz/miyu

izol,szd
/ sins
i/sols「見させる」

j,ltk
/ e, keno
ju,f.k
【用例】
la san j lutia ルティアの血

jambal
/ [建築]胸壁
rd;/
24

jamhomain
/ [生物]胸骨体
rd;/
24

jamhomainmollooz
/ [生物]胸骨体下端
rd;/
24

jamhomom
/ [生物]胸骨柄
rd;/
24

jamhomombecm
/ [生物]頚切痕、胸骨上端の頚切痕
rd;/
24

jamhovesnmol
/ [生物]下肋部、季肋部。剣状突起を通る水平面より下方を下肋部という。
[類義語]kimhomireinmol
rd;「剣状突起下」
24

jamliti
/ [生物]胸腺
19:seren

jamrein
/ [言語][文字]ミーンライン
21

jamsia
/ [生物]胸膜
19

jamsorit
/ [言語][文字]xハイト、エックスハイト
21

jamvaik
/ [生物]胸部
rd;/
24

jamvano
/ [生物]中府
21:胸痛などに効くが、場所は胸骨ではなく腕と肩の境界のくぼみ

jan,f
/ den。fv以降、janが滅んでnaがdenとxinの両方を兼ねるように。
elt;e

jan,fv
/ soma

jand
/ [単位]フェムト
21:jandior

janlil
/ [化学]ガリウム
18:制

jantems
/ [建築]天窓
19

janxaasan
/ [名詞]スチュワーデス、スチュワート、フライトアテンダント、スッチー、キャビンアテンダント、CA
19

jasa
/ [植物]マクラメ
16:制:jaxsasa

jats
/ [音楽]カッティング
21:擬音

jaxa,f
/ jax

jaxlazgao
/ [音楽]フリューゲルホルン
rt;jax/lazgao コルネットに似て、管が少し太いことから
22

jeiddol
/ [地学]緑簾石
19

jelin,szk
/ figi

jianoz
/ [音楽]フィンガーピッキング
21

jii,fv
/ jis
fovet

jiik,f
/ cajik

jiina,f
/ soret、lejemme
saal;jina.k

jiisa
/ [被服]スラッシュ。タブレットなどの上着に入った裂け目のこと。
sm;jii/sabe
24

jiizel
/ [音楽]ブルース
21:jizol

jij,f
/ 1
elt;jiji.k

jiji,f
/ arj
e;"ji l'el apia fi kon"

jiji,f(2)
/ ev
「指/指」

jik(2)
/ [動詞]ji/k
20:melidia xier

jike,fv
/ tu(それ)
「指が行く先」

jiorviida
/ [生物][医療]兪穴
rd;/
24
[文化]
背は陽だが、陰病の治療に使うので日陰。

jiria
/ [地名]ジリア海
20:ridia:古jii/eria(裂けた海)
[文化]
ファベル〜ミュール間の海。

jispio
/ [生物]膜動輸送、サイトーシス
rt;/
24

jizon
/ [音楽]ダンパー
21

ju,f
/ yu
e

juju,f
/ yut

jukulu,alt
/ sook
fovet

julialoob
/ [被服]ボーラーハット
nd;/
24
[文化]
ジュリアで生まれた帽子。男性上流階級用。

juliet,szd
/ frei
ju eks yu

jun,alt
/ eri
刀傷から血の滲む音

jur,f
/ imel
saal;e

jureiv
/ [建築]ジュレイブ宮殿
[言語][文字]スラブ。セリフの一種。
sm;bg
21
[語法]
anjureiv
[文化]
smで建てられたベルガンドの要塞宮殿。スラブセリフが流行った。

k
/ klenZ

ka(2),alt
/ klea

ka,alt
/ ka
<>kalte

ka,f
/ afix
e

kaamop
/ 側注→lei
22

kadandas
/ [法律]国民発案、イニシアティブ
19

kadankad
/ [政治]国民国家
19
[文化]
→kadanlagel
kadanlagelを採用する国家。

kadkaxu
/ [法律]公法
19

kagaxea
/ [地球の国名]コスタリカ
19:国名が豊かな海岸

kagra trikol
/ [人名]南神楽
21

kaiagep
/ [音楽]スーザフォン、スーザホン、スーザホーン、スーザフォーン
vl;kai/agep 大型で蝸牛のような形をしていることから。
22

kaiaglea
/ [アイテム]ブロードソード
sm;/「レイピアより幅広い剣」
24

kaianfa
/ [軍事]重火器、アーティラリー
[類義語]dadanfa
rd;/
24
[文化]
gel

kaiko
/ [動物]主竜類
vl;kaik.k
23

kaimviet
/ [地球の国名]スワジランド
19:国章にライオンと象

kain,szk
/ yukka
< kal,f/i,f

kaiomaifa
/ [地球の星座][ユマナ]おおいぬ座
24
[文化]
ifa

kaiopnia
/ [被服]アロンジュ
sm;/
24
[文化]
smでできた。男性貴族用の大きなカツラ。

kaitim
/ [生物]巨核球、骨髄巨核球
rt;/
24

kaitimsa
/ [生物]前巨核球
rt;/
24

kaji,alt
/ lin

kaka,alt
/ tin, tinka
kai.k

kakta
/ [動物]オオハシ、チュウハシ、大嘴、巨嘴鳥
rd;kai/kuta
24

kaktaifa
/ [地球の星座][ユマナ]きょしちょう座
24
[文化]
ifa

kakxan
/ [ジョブ]写本師
rd;/
24

kal,f
/ ka、kalte、ako
e

kalbu,f
/ il fia
kal/bu

kald,fv
/ ped
e

kaldaiz,fv
/ kad
kal/daiz

kaldemi
/ [音楽]アンダンテ
19

kaled,vx
/ erfi

kalel,szd
/ ver
kalil.k

kalenpind
/ [医療]松葉形。管鍼法に使う。カレンシアで管鍼法ができたことから。
rd;/
24

kali,alt
/ kil, frei wen

kalie t'alis
/ 『アリスのアトリエ』、カリエ・タリス
20
[文化]
rdの錬金術士アリス=アンシャルの日常をコミカルに描いた小説(予定)

kalil,szd
/ vert
>
kalki,f
/ jixi
kalは場所。kiは動き。「動いてできた裂け目」

kalku,f
/ astel
kal/ku。ku
kalli,f
/ klik

kallil
/ [化学]フランシウム
18:制

kalmo,f
/ ako、jenka
kal/mo(低い)

kaloa,szd
/ kalon
kalon,cv.l

kaloakan
/ [生物][医療]肝経
szl;/
24

kaloeetan
/ [経済]貸借対照表の少数持株分
19

kalolifa
/ [地球の星座][ユマナ]うみへび座
24
[文化]
ifa

kaloxalten
/ [哲学][言語]ローコンテクスト、低コンテクスト
rd;/
23
[語法][文化]
dixalten

kalpafiatike
/ [地学]カルパフィア海流
23

kalsu,f
/ xeak
kal/su

kaltan
/ [宗教]司教、ビショップ
zg;「車輪のスポーク」
24

kalte,f
/ [名詞][副詞]am
[アクセント]kaltE
saal;ka/al/te
[語法]
kAlteだと場所で、kaltEだと疑問詞「どこ」。

kalten(2)
/ [政治]伯爵、アール
sm;kalte/en
24
[文化]
土地を持った貴族。

kaltet
/ [気象]昼の太陽
[医療]陽明
rd; 24

kaltodala
/ [被服]ウッドマンズブーツ
rd;/
24
[文化]
smでできた。森の中を歩くために作られた。

kalu,alt
/ kil
<>kili

kalua,f
/ tier
kal(場所)/a(海)

kaluak,f
/ ake
kalua/ke

kalualoob
/ [被服]バイコーン
sm;/
24
[文化]
smでできた。海兵が身に付けたことから。

kalwa,f
/ wal
kal/wa「手の形のような場所」

kalzeele(2)
/ [人名]カルゼーレ、斬吹、きりぶき
kk;kalzeele,lolos<>kilseles。訳語はkil(切る)/seles(息吹)→キリイブキ→キリブキ→斬吹から来ている。
23
[文化]
暗殺者の大家。kkのlolos発祥の家だが、rd以降本家をアルバザードに移した。初期は弓だけでなく忍者道具のくないや手裏剣といった飛び道具を好んだが、gleaの発明以降は銃火器を専門に取り扱うようになった。カルゼーレ家の者は遺伝的にユノとノアに恵まれるが、ヴィルには恵まれない。従ってgleaの使い手は少ない。ただし偶に多大なヴィルを持って生まれる女がおり、この場合ユノ、ヴィル、ノア全てに恵まれることになる。このため、カルゼーレ家の当主は伝統的に強力な能力を持った女性であり、典型的な母系社会である。

kama,alt
/ olt

kama,f
/ di
elt;ka/mo「場所を占める物」→「場所を占められている」→「物がたくさんある」

kamalet
/ [政治]参事会。自治都市の議決機関のこと。
zg;「鳥の群れ→会議」
24

kamalu,alt
/ di
>
kamet
/ [単位]正
21:kaim/te

kamgi
/ [動物]プルガトリウス
al;kamt/gii「鼠猿」
23

kami,szd
/ almixk

kamulu,alt
/ vano

kamzdilfai
/ [医療]生姜灸
rd;/
24

kamze
/ [商標]カムゼ、ジンジャーエール、ジンジャエール
rd;kamz
23
[文化]
カルディアでは地球より早く開発された。

kan(2)
/ [格詞]メティオ語の能格を示す格詞。
[反意語]dos
rd; 24

kan(3)
/ [生物][医療]経、経脈
[反意語]sen
rd; 24

kandal
/ [人名]カンダル
20
[文化]
(yuuma 4587:5023)メルテナ中期の貿易商。神商会の会長。

kandi
/ [人名]カンディ
21
[文化]
dolmiyu

kandialakn
/ [政治]帝国主義
nd;/
24
[文化]
帝国主義があったzgごろはそれが当たり前の制度すぎてわざわざ取り沙汰されることがなかった。この単語が造語されたのは帝国主義という概念が問題視された産業革命後である。というのも、このころは植民地を手に入れて資源と購入者を一気に得ようとしたが、この考え方を帝国主義と呼んだためである。

kandialsiltxial
/ [政治]帝国自由都市
rd;/
24

kaniifa
/ [地球の星座][ユマナ]くじゃく座
24
[文化]
ifa

kanlu,alt
/ yam

kanoifa
/ [地球の星座][ユマナ]わし座
24
[文化]
ifa

kanokad
/ [地球の国名]アルバニア
19:アルバニア語で自国をShqiperise(鷲の国)と呼ぶことから

kanon
/ [単位]穣
21:kano

kanoviet
/ [地球の国名]アルメニア
19:国章に鷲とライオン

kanren
/ [言語]能格言語、能格型
[反意語]yulren
rd;/
24

kansame
/ [言語]能格
[反意語]dossame
rd;/
24

kansen
/ [生物][医療]経絡
szl;/
24

kansenom
/ [生物][医療]経絡治療
rd;/
24

kanzel toxia
/ [人名]カンゼル=トシア
20
[文化]
(imul 1263:1341)メティオの機織職人。1321にnenkartを発明。

kaoxist kulnors
/ [人名]カオシスト=クルノース
sm
古:もともとファミィの名が小説版アンクノットにおいてはファミィ=カオシスト=クルノースとなっていた。このミドルネームの使いどころがなかったため、先祖の名にした。
[文化]
smで光の魔法kaolinを開発した人物。アルバザード出身の男性。kaolinを任意の材質にかけると、その材質には色が付く。kaolinは光を色に変換し、かつそれを物質に定着させる効果がある。これを使えば紫などの高価な色を安く提供できる。kaolinは粉にかけることができるので、粉を練ってペーストにすれば染料になり、絵画などに利用できる。また、麻や綿や絹などの繊維にもかけることができるので、衣服の染料としても使える。それまでは色によって高価や安価といった価格の違いがあり、さらに色によってはそもそも染料がなく作れないということもあった。kaolinを使えばどんな色でも安く作ることができ、庶民でも綺麗な色のついた服を着ることができるようになる。この結果、カオシストは庶民の熱烈な歓迎を受けた。
カオシストはkaolinを使い、染料を安価に提供した。これが大ヒットとなり、巨額の富を抱えるようになった。kaolinが彼にとって好都合だったのは、これが難合だったことである。基本的に彼自身が伝授しなければ真似できず、技術の流出リスクが少ない。また、カオシストによる寡占経営が可能となる。このことが巨額の富を得た要因となった。
その後財力を背景にカオシストは商人から貴族に成り上がり、クルノース家は隆盛する。rdでアルシェが現れたころの当主はmimozaで、息子にivlim、娘にfamiiがいる。ミモザは「クルノース家はもともと安価な染料を庶民に提供することで庶民の支持を得た。それゆえ我々は貴族になっても庶民の味方である」ということをアピールし、当世の貴族批判をなるべく避けようとしていた。そのパフォーマンスの一環として娘のファミィを庶民の学校であるアシェルフィ校へ入れた。そしてこの行動がファミィとセレンの出会いに繋がり、ひいては色魔法の成立を促した。そして何より、このときの出会いが後世のミロク=ユティア誕生に繋がっていく。

kapelifa
/ [地球の星座][ユマナ]いっかくじゅう座
24
[文化]
ifa

kapellil
/ [化学]ポロニウム
18:制

kardina,szl
/ lond、ladia、dia
<>ka/dia

karmaifa
/ [地球の星座][ユマナ]ほうおう座
24
[文化]
ifa

karmakad
/ [地球の国名]ウズベキスタン
19:国章にフェニックス

karmakern
/ [天文]オメガ星雲
19:ridia/seren/mel
[文化]
不死鳥カルマが羽を広げたような赤い星雲。

kasa,f
/ mas

kasa,fv
/ lei
kats,f.l

kasana
/ [化学]ブロモ
19

kasanatan
/ [化学]ブロモアルカン
19

kasanfaan
/ [化学]ブロモメタン、メチルブロマイド、臭化メチル
19

kashowalx
/ [生物]肩峰
rd;/。「肩甲骨の峰」
24

kashowax
/ [生物]肩甲棘
rd;/
24

kashowaxrovmyut
/ [生物]肩甲棘内端縁間
rd;/
24

kasifa
/ [地球の星座][ユマナ]さんかく座
24
[文化]
ifa

kaskad
/ [地球の国名]ニカラグア
19:国旗に三角のマーク

kasmi sarbelia
/ [人名]柊霞
21

kasmi(2)
/ [人名]カスミ
[アクセント]kasmI
21
[文化]
『夢織』の登場人物。アルナ大7組で、アリスの友人。髪は黒髪ストレートの長髪。典型的なアルティア人。バンド「フィーナ」のボーカルとリードギターを担当する。メル組だがラーサを嫌って通常の制服を着ている。

kasra
/ テント
13:制:三角な家

kasrakad
/ [地球の国名]キルギス
19:国旗の中の3本の輪がテント

kasumi,alt
/ kasmi

kateejfava
/ [被服]アフタヌーンドレス
21

kateejpind
/ [医療]スリオロシ形。打鍼法で使う。カテージュで打鍼法ができたことから。
rd;/
24

katkat
/ [音楽]チャチャ
21:床を踏む音の擬音

kats,f
/ lei
e

katsu,frf
/ mas

kax e miir
/ 『ミールの書』
古:ミールの書の古名。ミールの書は古アルカの時期に書かれたものなので、正式なタイトルは古アルカ名となる。kaxとは古アルカで本の意味。

kaya,f
/ xep
yaは痛いと関連か。「痛むところ」?

kazhac
/ [言語]ペン体
20
[文化]
hacrein

ke,f
/ ke、kor、tank
e

keelbakl
/ [化学]保護コロイド
19

keelt
/ [化学]グロブリン。α、β、γがあり、前者2つはホルモン屋¥やビタミンを運び、γは抗体として免疫の働きを持つ。
rt;keel/et
24

keima,f
/ im

kek
/ ke/ik

keker,f
/ 〜の方へ

kekko,f
/ luna
ke/ko「内へ行く」

kel,fv
/ aal
kikelo.k

kelved
/ [生物][医療]奇穴、新穴、特効穴
szl; 24
[語法][文化]
viida

kelya,f
/ kei
keは行く。

kelyu,f
/ elf
keは行く

kemmixk
/ [生物]梁丘
21

kempe disidia
/ [人名]ケンペ=ディシディア
20
[文化]
(imul 1472:1537)ラグナロクの工学者。学長を勤めた。トワーゼルの父親。anjelの構想を練った人物。imul 1512に階差機関を発明。

kepiifa
/ [地球の星座][ユマナ]らしんばん座
24
[文化]
ifa

ker,f
/ tie, a, kor
ke(方向)

ker,szd
/ ke
ker,f.alvez

kera,f
/ kor
ker

kerjina,f
/ kern
f:saal;ker jina

kernkad
/ [地球の国名]マーシャル諸島共和国
19:国章に羽のような絵

kernmom
/ [生物]曲垣
21

kes(2)
/ ke/es

ket(3)
/ ke/at

ketdelia
/ [生物]イエネコ亜種
20

ketta,f
/ ke
ke/ta「外へ行く」

ketti
/ [単位]漠
21:古ketto

ketto,f
/ ket
f;e 現在の猫を指していたとは思えない。ミアキスを指したのではないか。tm頃にはリビアヤマネコを指したのではないか。

keveasiza
/ [地学]ケヴェアプレート
23

kift
/ [化学]アルブミン
rt;kif/et「卵白の」。卵白の構成タンパク質のうちの約65%を占める主成分タンパク質に対して命名された。
24

kifviro
/ [化学]アルブミン
19:seren

kiito,f
/ kit
ki=ov

kikelo,f
/ avix
ki/ke/lo「(おかしな)方向に動いた頭」

kikilu,alt
/ lant, osk

kiladil
/ [植物][医療]切モグサ
rd;/
24

kilbezifa
/ [地球の星座][ユマナ]ちょうこくしつ座
24
[文化]
ifa

kilbifa
/ [地球の星座][ユマナ]ちょうこくぐ座
24
[文化]
ifa

kildol
/ [地学]斧石群
19:刃のような結晶を持つことから

kili,f
/ kil
ki eks ov. l eks sool.

kilifel
/ [生物][医療]解剖学
rd;/
24

kilpado
/ [地学]角閃石
19

kilvand
/ [普通動名詞]斬撃
rd;/
24

kilxarmo
/ [美容]レザーカット
21

kimhomirein
/ [生物]肋骨弓
rd;
24

kimhomireinmol
/ [生物]下肋部、季肋部。上腹部で左右の肋骨弓下の部分。
[類義語]jamhovesnmol
rd;「肋骨弓下」
24

kimlasl
/ [被服]ルイスヒール
rd;/
24
[文化]
smでできた。貴族の女性用。

kipoifa
/ [地球の星座][ユマナ]つる座
24
[文化]
ifa

kipokad
/ [地球の国名]ウガンダ
19:国章に鶴

kirseld
/ [言語]新生人工言語
19
[語法]
自然人工問わず、意識的に文化を持った人工言語のこと。アルカなど。狭義には人工文化を持ったものを指す。

kisfor
/ [音楽]六十四分音符
19
[文化]
→for

kishardia
/ [地球の国名]アンティグア・バーブーダ
19:6人の聖人の名前が6つの郡についている。

kislem
/ [音楽]六重奏、セクステット
rd;/
23

kisliifa
/ [地球の星座][ユマナ]南斗六星
24
[文化]
ifa

kitoka
/ [天文]初期宇宙
20

kizolu,alt
/ kit

klaiant,szd
/ mest

klavel alteems
/ [人名]クラヴェル=アルテームス
vl;kleevel.l
22
[文化]
vl_alの実業家。ハイン=アルテームスの父。サンテームス社のCEOを務める。378にvantemsを開発。

klen,szd
/ diia

klenZ,szd
/ flon

klevansviida
/ [生物][医療]五兪穴、五行穴
rd;/
24

klezdilfai
/ [医療]打膿灸
rd;/
24

klikra
/ [地球の国名]モルディブ
19:国名が島に住む人

klimzon
/ [地名]クリムゾン
zg
23

klitdae
/ [経済]評価損
19

klitfidn
/ [経済]評価・換算差額等
19

klitgio
/ [経済]評価益
19

kmil
/ [単位]10の27乗
21:kmiilia


knabkad
/ [地球の国名]エリトリア
19:国章に駱駝

knakkimfink
/ [名詞]可展面
vl;knakfink/kimfink「平面になれる曲面」であることから。
24
[文化]
伸縮することなしに平面に展開することができる計量を持つ曲面のこと。逆の言い方をすれば、平面を曲げたり切ったり丸めたりつなげたりすることで作ることのできる曲面のこと。円柱の側面の筒の部分が曲面であり、展開すると長方形の平面になるが、これが好例。
なお、球面は可展面にならない。もしなったら、地図はこの世に一通りでいいことになってしまう。球面を平面に展開できないからこそ、図法はたくさんあるのである。

ko(2),alt
/ 個。助数詞。
iko

ko(3),alt
/ [接頭辞][接尾辞]指小辞、縮小辞
22

ko,alt
/ tu
<>ko

ko,f
/ pot、kok、konte
e

kobe
/ [化学]アルジミン
19:アルデヒド+イミン

kogdol
/ [地学]スズ石
19

koiko,alt
/ tu
ko/iko

koinmep
/ [天文]サダルメリク
19:ridia/seren/mel
[文化]
リュウは巨人コインと戦ったが、その怪力と目から出るビームに苦戦した。弱点は目なのだが、攻撃するとまぶたを閉じてしまうし、ビームを出している間は危なくて近寄れない。そこでリュウは大きな魔法の鏡を作り、ビームを放つコインの前に持ってきた。ビームはコインの目に跳ね返り、コインは封印された。そのときの鏡がサダルメリク。

koka,alt
/ atu
ko/ka

kokab
/ [被服]共布
rd;/
24

kokemfar
/ [名詞]カウンターイルミネーション
al;/「同化光」
24
[語法]
海の底から水面方向に見上げたときに、浅い場所の深海魚が太陽の光を背にして自分の影を目立たせないように、自分の腹側を発光させて光にとけ込むようにして、自分より下の水位にいる捕食者に狙われにくくするための深海魚の防御方法のこと。

kokneal
/ [言語]ポジティブフェイス、ポジティブ・フェイス
[反意語]titieal
al;「積極的面子」
23
[語法]
eal

koko,f
/ kok
ke/ko

koko,lat
/ kon, ok
kokko.l

koko.alt
/ ez

kokoifa
/ [地球の星座][ユマナ]はと座
24
[文化]
ifa

kokolo,alt
/ [名詞]selest, avelant
[名詞]死神、凪国風死神
[アクセント]kokolO
22
[文化]
凪国の死神。着物を着ており、ボートの櫂のような木の枝に乗って飛ぶ。乗り方は地球の西洋の魔女のようなまたがって乗るタイプでなく横乗り。横に進むため、首を右か左に曲げて進行方向を見る。

kole
/ [名詞]ロール、巻いたもの
fv;kool/et
24

kolen
/ [美容]ロール、巻き髪
sm;kole/nia
24
[文化]
smでできた。

kolett,szl
/ aav
kool,fv.k

kolfrei
/ [アイテム]片手剣
rd;/
24

koli,alt
/ kool
><
kolin
/ [名詞]眇、すがめ。斜視の場合はavolins。
[類義語]kolins
rd;kolins.k
24

kolins
/ [名詞]片目
[類義語]kolin
rd;/
24

kolmozom
/ [医療]片手挿管法。鍼の。
rd;/
24

kolon(2)
/ [ジョブ]落ち武者
alt;kalan.k
24

kolonhaguli
/ [ジョブ]野伏、のぶせ、のぶし、レンジャー、落ち武者狩り
alt;/
24

kolyulm
/ [被服]モノクル、片眼鏡
nd;/
24
[文化]
彫りの浅い凪人は着用できず、地球の白人よりも彫りの浅いトール人にも難しく、一部の彫りの深い人が身に付けた。地球と違って上流階級の装飾品というイメージはない。なぜか医者の間で普及したため、医者のイメージを持たれている。

komaget
/ [音楽]シングルリード、単簧
21

komeli,alt
/ soa、このような、こういう
ko/meli

komet
/ [単位]マイナス28乗
21:kamt/te

komet,lsl
/ kaaf
komma/te

komma,f
/ yek
elt;ko/main

komme,f
/ kaaf
saal;komma.k

komo,f
/ es
elt:「どこへ向かう形→どのような理由」

kon(3)
/ [生物][医療]腑。陽である。
szl
24
[語法][文化]
han

konark
/ [生物][医療]腑会
rd;/
24

konko,f
/ pot
koが内。

konoha
/ [人名]コノハ
lj;alt
22
[文化]
 三人目はkonoha。見た目は16歳程度。凪人の名を持つが、れっきとしたロゼットで、神と人の混血児だ。
 コノハはロゼットにも関わらず、あるものを司って生まれてきてしまったため、天界から追放されてしまった。
 人を幸せにすることに生き甲斐を感じる。けなげで純粋で天真爛漫。しかし呪われた血のせいで、親切心がいつも裏目に出てしまう。

konviida
/ [生物][医療]下合穴
rd;/。腑病に用いることから。
24

kookminif
/ [言語]状態無相
20
[語法]
状態動詞における無相区間。完了〜終了相に等しい。
動詞+副詞xaで示す
例:skin xa(座っていはじめる〜座っていおえるまでの総称)

koolel wakka
/ [人名]コーレル=ワッカ
19:melidia axte
[文化]
アルティル期の芸術家。アルバザード出身。新古典主義の先駆者。魔法を失い神を見れなくなったことにより、人類は新古典主義を開花させた。

koolu,alt
/ luna
<>kool

kooma
/ [名前]コーマ
語源不詳
[文化]
メルの飼っていた犬。rdでは竜に変身する犬として登場。
【成句】
kooma sot コーマがやったの=人のせいにすること:メルが9歳くらいのとき、アルシェの資料を紛失したとき、コーマのせいにしてあっさりバレたことから、オヴィらがからかって反復した。当時のアルカだとkooma sodだと思うが、よく似ている。
kooma dio mel 飼い犬に手をかまれる
【用例】
"qm... pap at rig, mama"
"hqn, son ne sot? kooma?"
「あの……ママ、コップが割れたよ」
「で、誰がやったの?コーマ?」:明らかに子供がやったと分かっていて、嘘をついてる子供にイラつきながら、いびってる感じ。kooma?はむろん、嫌味。

koon
/ [音楽]鉦、摺鉦、当たり鉦、しょう
rd; 24

kootnoa
/ [生物][医療]逆気
rd;/
24

kootnoalept
/ [生物][医療]逆気而泄
rd;/
24

kooxtees
/ [言語]極性
rd;/
23
[語法]
叙述を肯定するか否定するかという要素のことを指す。

koppel(3)
/ [人名]コッペル
or
22
[文化]
サプリ村の住人。パン屋の経営者。大柄で気の優しい中年男性。顎髭と頬髭あり。

korespon
/ [企業]コレスポン
21
[文化]
富士ソフトに相当する企業。

korhol
/ [生物]外旋
rd;/
24

korin
/ [ユマナ][名前]コリン
13:制:日本語の「小」/ridiaのri/指小辞のn。本名コリディア。通称コリン。
[文化]
厳密にはアルカの単語ではないが、[ユマナ]なのでかまわない。セレンの飼い猫。白地に黒茶色の模様の入った雄。子猫のとき他家の庭先で捕えた。リディアに猫を共通で飼おうと言われたのがきっかけで捕獲した。ひとぎらい。

korkim
/ [生物]伸展
rd;/「〜のほうへ(去るほうへ)曲げる」
24

korkorx
/ [生物]外返し、外反し、外がえし、外反
rd;/
24

korov
/ [生物]外転
rd;/「去るほうへ動く」
24

korsai
/ [生物]回外
rd;/
24

kosa,alt
/ lu
ko/sa

koseren
/ [ユマナ][名前]コセレン
13:ridia:klel:非アルカ。korinと同じような語源。
[文化]
リディアの飼い猫。雄。猫を飼おうとしていた時期のリディアのところにちょうど良く庭先に現れたので捕獲された。

kota,f
/ koot
ke/ta

kotanmiros
/ [哲学]精霊崇拝、アニミズム、汎霊説、汎神説
rd;/
24

kotobezal
/ [化学]一級アミン
19

kotoko,alt
/ sapre

kotokobe
/ [化学]一級アルジミン
19

kototabe
/ [化学]一級イミン
19

kotsho
/ [生物]外側鼻軟骨
19
[文化]
アルバザード人の男の一部がイライラしたり不安だったり考えていたりするときに、この部分(ないし鼻骨)を人差し指の爪でコツコツ叩くことから。

kotti
/ [化学][単位]スコヴィル値。辛さの単位。
vl;kotton/ati
23

kove,fv
/ kov
「中が暗い」

koyol
/ [名詞]使い捨て
[形容詞]使い捨ての、ディスポーザブル
13:制:1回使用

koyoli(2)
/ [人名]こより
[アクセント]koyolI
21:koyoli
[文化]
『ねこの郵便屋さん』の主人公。

koyoli,alt
/ arten t'amagatali
koyolu,alt

koyolu,alt
/ ku arten
<>ku/yol

kozetvemv
/ [娯楽]キーモブ
22

kozue,alt
/ seron
[アクセント]kozuE

kueli
/ [人名]クエリ
22
[文化]
rdのリディアの飼い猫。翼の生えた白猫。メス。

kuHa,f
/ vesn
「口のしっぽ」

kuk
/ ku/ik

kukki,frf
/ avix、kikelo,f

kukolu,alt
/ kui
ku/ko(apot)/lu

kukuli
/ [言語]ククリ、f、fv
古:「言語」

kulivro
/ ruma
ku/livro「命のある動物」

kulul,f
/ lad
lは「物」

kuluwa
/ [美容]シニヨン、シニョン、まげ、丁髷、ちょんまげ、おだんご
alt;<>kulul
21

kuluwa,szd
/ eld
<>kukuli

kun,alt
/ vet
<>ku

kupileyu,ltd
/ maltsex

kus
/ ku/es

kut
/ ku/at

kutaloho
/ [アイテム]アーメット
rd;/「くちばしのある兜」
24
[文化]
smで作られた。

kutl
/ [被服]プラッターハット、ピザハット
sm;kuto/lo「鳥頭」
24

kutoerei
/ [地球の国名]ウルグアイ
19:ウルグアイはグアラニー語でウルという鳥の飛ぶ川の意味

kutokolen
/ [美容]プーフ
sm;
24
[文化]
smでできた。貴族の女性用。

kutoleps
/ [名詞]鳥葬
[動詞]yulを鳥葬する、鳥葬する
rd;/
24

kuts,f
/ xen
kuは口

kuu,f
/ vav
kuが動物なので「動く」とかから「運動」の意味になっているのだろう。

kuuno
/ [言語]kuunosteira
22

kuupotalk
/ [生物]昆虫網
22

kuwinz
/ [生物]完骨
21:口の歪みを取るのにも用いた

kyan,f
/ kaan
e

kyuk diim
/ [人名]キュク=ディーム
20
[文化]
(imul 1281:1355)ルシフェル校の魔法学者。元はアルシェリア人の留学生だった人物。

kyuwiifa
/ [地球の星座][ユマナ]いるか座
24
[文化]
ifa

la,ltk
/ 女性定冠詞
lu(有生三人称代名詞)のリムレット

laa,f
/ vort

laakove,fv
/ koppel
「死の箱」

laap,f
/ lax
f:saal;laの部分はalで「物」

laato,fv
/ 戦死。後にmatalo,fに代わってvortの意味に。

laaxe
/ [気象]inje
[医療]少陰
rd; 24

ladia laap
/ [人名]ラディア=ラープ
al
23
[文化]
alの科学者。フェルノアという女性と遠距離恋愛をしていた。彼女に毎日逢うためにどうすればいいか考えた末、夢の世界で逢おうと考えた。それを実践するために明晰夢を見る機械を開発した。それが契機となり、明晰夢のことをフェルノアと呼ぶようになった。

ladmirok
/ [宗教]造物神
rd;/
24

ladonleko
/ [医療]自覚症状
rd;/
23

laf,ly
/ lyu
>
laiaslado
/ [地学]ホウ酸塩鉱物
19

lako
/ [植物]コア
rd 23
[文化]
フレマゼル原産の樹木。フレマゼルでは棺桶やウクレレなどを作るのに用いた。

lakon
/ [音楽]ウクレレ
rd 23
[文化]
→lako

laLu,ly
/ lyu

lamiap
/ [経済]リスクプレミアム
19:リスクがある代わりに、上回り(ap)のあること

lamixta
/ 原風景
20:ridia:mirok

lamjent
/ [経済]寄り付き
[反意語]veerjent
22→eet

lamoka
/ [天文]最初期宇宙
20

lampons
/ [運動]ファーストサーブ
rd;/
23

lan(2),szd
/ lax
laap,f.l

lan,alt
/ diia

lan,ltk
/ 女性不定冠詞
tun,lsdとlaからの類推
[語法]
ltsでも場合によって使うことがある。l'akua → lan akuaのように。tiarenを参照のこと。

lan,szd
/ fil
< lantis,fv.k

lanaanda
/ [経済]節目
22

lanaliifa
/ [娯楽]ラナリーファ
21
[文化]
『セイントセイヤ』に相当するアニメ。

land(2)
/ [生物][医療]基準点、ランドマーク。骨や筋肉や関節など、取穴の際の目印となる部分。
szl;anda,fv.l(基準)
24

lanje
/ [人名]ランジェ
20
[文化]
(yuuma 6137:6722(6321:6722))カコ前期のレスティル女王。
yuuma 6137 イヴィル、遠征先のanjeで娘誕生の報を聞き、lanjeと名付ける
yuuma 6714 アゼリアの進言を受けてランジェは神魔混合(ミレムジール)を行い、artiliaとiskanteをariskante教に統合。旧宗教のうち統合反対派から激しい反対を受ける

lanka(2)
/ [魔法]呪禁術
alt
24

lanki
/ [ジョブ]呪禁師
alt
24

lankvano
/ [アイテム]ホプロン
rd;/。左側にいる人間を守ることができることから。
24
[文化]
zgの重装歩兵の集団戦闘で発明された。

lanpitspat
/ [名詞]人種差別
319:ridia:arbaxelt

lans,hy
/ lins

lans,szd
/ wast, lart
<> lan,szd

lansa,alt
/ diiaetek

lanse
/ [政治]男爵、バロン
sm;lanser.k
24
[文化]
貴族の最下位。元武将がなることが多かった。

lansjior
/ [生物]蕨陰兪、蕨陰愈
21

lanslil
/ [化学]ビスマス
18:制

lantaset
/ [娯楽]プレイヤーキル
22

lantasetan
/ [娯楽]プレイヤーキラー、PK
22

lantis,fv
/ aten
e

lantsen
/ [魔法]ホムンクルス、人造人間
sm;lantse.k
24

lanvem(2)
/ [死神]ランヴェム
18:seren:モデルはユーアとラルドゥラとラヴァ。
[文化]
ヴェルギナの元腹心。夢喰種だが、紗枝の付き人をしている。無口で背の高い美青年。年は二十代後半。戦闘力の低い紗枝を助けて戦う。

lapisia
/ [歴史]ラピシア族
20:古カルセール語「森の人」

larm
/ [生物]染色質、クロマチン
rt;al/arme.xik
24

lasho
/ [生物]中手骨
22

lasmain
/ [生物]中手
rd;/
24

lasmom
/ [生物]手根
rd;/
24

lasora
/ [生物]手関節
rd;/
24

lasorahixsien
/ [生物]手関節横紋
rd;/
24

lasst,fgn
/ lei
<>leist

lastar
/ [宗教]隠修士
zg;lestar.k
24

Lat,f
/ wel

latos,szd
/ wel

latu,ly
/ atu

latviida
/ [生物][医療]合穴
rd;/「経脈の入る穴」
24

le,fv
/ 形容詞を導く接続詞。vik de kaiの音が弱まってvik le kaiとなったもの。meltia 4以降は語順が逆転。
fv:saal;de.l

lean,szl
/ lea
lea.l

leankan
/ [生物][医療]胆経
szl;/
24

lebadis
/ [法律]引き摺り刑
19:melidia axte
[文化]
死刑囚を車や馬につないでカルテの周りのリディア通りを一周する刑。服は破れ、体中が擦り切れ、手足が千切れ、内臓が道に千切れ出る。死刑囚は一周する前に絶命する。家族殺しや女の浮気などに適応される。

lebekka
/ [地名]レベッカ
[被服]ゲートル。ブーツのほうのゲートルはbeletta。
kk | rt
24

leeben,vx
/ xier

leepnok
/ [電算]オープンアーキテクチャ
19

leevelil
/ [化学]ルテニウム
19

lefagift
/ [美容]スプリングコーム
21

lefamag
/ [物理]単振動
21:バネに代表される動き

leftina
/ [地学][歴史]エクタシアン
vl;/
23
[文化]
gaavefeme

legnen,szd
/ hatia

lei e xion
/ [ユマナ]紫苑の書、『紫苑の書』
17:seren:leist e xion
[文化]
セレンによる小説。女子高生紫苑が魔杖ヴァルデを巡ってアトラスを救う話。アルカのチュートリアル小説でもあり、日本語とアルカが混ざって書かれている。原文が日本語であるため、アシェット内では不人気。ネットを通じて日本人数名が読んだ。

・時間軸

紫苑の書の時間は地球とアトラスでねじれが生じている。紫苑は初版だと2006年にアトラスのメル300年代に飛んでいるが、書籍版では407年に飛んでいる。では407年は地球の何年に繋がっているか。以下はユーザーに送ったメールの一部である。以下のとおり、紫苑は1995年末に飛んでいることになる。
407/1/1は2395/12/1か1995/12/1につながっているはずです。セレン青年が転生するのが420年で、それが2011年なので、逆算すると2395年のほうはありえないことになります。 よって1995/12/1の月齢を調べる必要があります。

lei,szd
/ tek

leimem
/ [名詞]一般化
[反意語]aalem
20

leimhek
/ [言語]平信
21

leimkad
/ [政治]通常国家
rd;/
24

leimkan
/ [生物][医療]正経
rt;/
24
[文化]
正経十二経ある。順に、手太陰肺経、手陽明大腸経、足陽明胃経、足太陰脾経、手少陰心経、手太陽小腸経、足太陽膀胱経、足少陰腎経、手厥陰心包経、手少陽三焦経、足少陽胆経、足厥陰肝経である。

leimkilifel
/ [生物]正常解剖学
vl;/
24

leimmyut
/ [名詞]標準距離、標準間隔
[工学]標準軌。leimfoosmyutから来ている。
rt;/
24

leimpeps
/ [被服]ヘッドスカーフ
rd;/
24
[文化]
smでできた。女性服。農民用。

lein melkant
/ [人名]レイン=メルカント
22
[文化]
melkantfianの名。

lein yutia
/ [人名]レイン=ユティア
17:seren:lei e xion:古:lein
[文化]
(zan ral)『紫苑の書』の登場人物。16歳の少女。160cmの47kg。地球からやってきた紫苑に命を助けられ、身寄りのない紫苑を家に住まわせる。紫苑やアルシェと共闘し、ヴァストリアを守る。

leist
/ [名詞]冊子、パンフレット、小冊子
szd;leist.hem
24:leist自体は古ソーン。

leist,szl
/ lei
lei,szd

leistina
/ [地学][歴史]ステニアン
vl;/
23
[文化]
gaavefeme

leivasiza
/ [地学]レイヴァプレート
23

leivatike
/ [地学]レイヴァ海流
23

lejent
/ [地学]菫青石、アイオライト
19:lejemme
[文化]
雷の魔石。

leld
/ [普通動名詞]編成
[動詞]yulを編成する
rd;leep/lad
24

leme
/ [被服]シフト
zg;.selan
24
[文化]
農民女性の普段着。長袖、前開きなしの上着。4枚の布を合わせて作る。

len(2)
/ [人名]レン
古:『少女・レンとアル』
[文化]
レンという娘が人形にされ、アルという人形が逆に入れ替わりで娘になってその父親に愛されたという話に出てくる少女の名。

len(5)
/ [名詞]lenv,alt
[文字]技
lenv.l
[文化]
koimanlen

leplvaik
/ [生物]踵部
rd;/
24

leptoktan
/ [ジョブ]葬式通報人
rd;/
24

lerpo
/ [被服]クラヴァット。地球と逆でネクタイが先でそれを豪華絢爛にしたクラヴァットが後。
sm;ler/posa
24

lerse
/ [被服]ラフ。レースなどの布で作った幅広い襟。
sm;ler/pose
24

lestar
/ reld
e

leta,fv
/ poot

lett,ltd
/ alxa。'orettett(リンゴというもの)のように使う
<>teeze

lette,fgn
/ etek

letteakon
/ [地学][植物]褐色森林度
19:ridia:arbaxelt
[語法]
森林の土壌として広く分布。

lettejeiddol
/ [地学]褐簾石
19

lettekad
/ [地球の国名]ラトビア
19:国旗が茶色

lettikad
/ [地球の国名]キプロス
19:国名が銅に由来している説がある

lexia
/ [気象]夕日
[医療]少陽
rd; 24

leyuvantes
/ [人名]レユヴァンテス
20:kliiz:元の名前はlulu rap rat teezemen。リディアが「それは人の名前ではない」と言ったことでクリスが不快感を示し、アンティス批判を行った。曰く「セレンのアルカは皆に親和性があって使い勝手がいいのに、アンティスはリディアの独りよがりで楽しめない」とのこと。一方セレンはネットでアルカを広めるに際し独善的なミロク主義は壁になると考えていたため、クリスを擁護。これを受けてリディアは自分の正義感をアルバザードのアレイユの時代にのみに封じ込め、他国ではそれぞれの正義を許すことを公言。それに対しクリスは自分の子供が画一的な文化に棲み分けを設けたとし、leyuvantesと改名してリディアに譲歩を示し、リディアはこれを受け入れた。leyuは「分かれる」で、antisは「個々の文化」で、vはクリスが古きよき時代と称する古ソーンの母音連続を防ぐ形態素。uを含むので前舌を避け、antis→antesとなっている。これにより、kirsの語法が制と逆に文化の総称となり、antisの意味がアトラスの文化から個々の文化となった。
[文化]
(20 dyu dyu→)オヴィとクリスの第一子。長男。

lfal
/ [動物]とびうお、トビウオ、飛魚
rd; 24

lfalifa
/ [地球の星座][ユマナ]とびうお座
24
[文化]
ifa

lia(2)
/ [電算]サイバー空間、電子空間、電脳世界、電脳空間、ワイヤード、ネット世界、仮想空間、仮想世界
al;fiaとdiaと韻を踏むようにliiz/fiaから作られた。
24
[文化]
al終わりからljにかけてSNSやネトゲなどの広まりにより、国民固有のIDの存在もあり、人は現実世界での自分とネット上での自分という2つの人生を歩むようになっていった。そこで意識されだしたのが現実世界に対するネット上の架空世界で、その世界のことを特別にリアという。アルバザード人は固有のIDに固有のアバターを付与し、そのアバターを第二の自分と考えることが多く、匿名性がある状態やコロコロHNを変えるようなことはそもそもalの時代からあまり好んでおらず、匿名性の高いyumiklなどの掲示板は陰口を叩くためのストレスの捌け口として使われることが多かった。ljの革命でネットから匿名性が消えたことで、より国民は一人の現実世界の自分に対して一人の架空世界の自分という考えを持つようになり、リアは現実世界と同じくらい大きな価値観を占めるようになっていった。

liantfrei
/ [天文]アルキオーネ
19:ridia/seren/mel
[文化]
ライファの牢獄の中に閉じ込められたリアントの剣。

lib
/ [生物]繊毛、線毛
rd;liiz(ここでは古liizなので小さいだけでなく細いとか細かいの意味)/bix
24

lidakad
/ [地球の国名]グレナダ
19:国名がざくろ

lidsodn
/ 人工事実。「嘘」と言うのを避けるために用いる一過性の戯語。
19:melidia alis

liegaefo
/ [言語]後部歯茎音
19

liekuosiaj
/ [言語]軟口蓋
19

liekuosiajfo
/ [言語]軟口蓋音
19

lievesn
/ [言語]奥舌
19

liflet
/ [魔法]ホロスコープ
fv;lifl/te
24

liifapafl
/ [地球の国名]ベネズエラ
19:国旗に星のアーチ

liifasel
/ [ユマナ]平日
[名詞]休日に対する平日(各個人ごとに異なる)
[類義語]leimsel
[反意語]niansel
19
[語法]
地球の平日のことで、アトラスの平日はleimselという。

liij,f
/ 4
elt;liizji.k

liil,ard
/ tisi
liiz.k

liil,ark
/ raix
「小さいもの」

liive
/ [人名]リーヴェ。livrerの愛称
21

liivnoz
/ [天文]かんむり座と同じ星座線のつらなり
19:ridia/seren/mel
[文化]
リーヴの爪。

liiz(2)
/ [人名]メルの幼いころのあだ名
古:liiz

liiz,f
/ lis
e

liizalil
/ [化学]ルテチウム
18:制

liize,szs
/ ti(vik apia min)
< liiz

liizeltike
/ [地学]リーゼル海流
23

liizi
/ [魔法]リージ。光の高位白魔法。
fv;liiz/i「小さいものを見る」
23
[文化]
→vain
tmで開発された魔法。顕微鏡と同じ効果があり、小さいものを拡大してガラスや水面などに映し出すことができる。これによりカルディアではウイルスなどの存在が地球より早く見つけられていた。

liizji,f
/ minj
liiz/ji

liizlanse
/ [政治]準男爵、バロネット
sm;/
24
[文化]
男爵の下で、貴族に含まれる場合もある。

liizliiz
/ [人名]メルの幼いころのあだ名
古:小さいという意味

liizlil
/ [化学]プロトアクチニウム
18:制

likali
/ [アイテム]脇差
rd;lilu/kali
24

lili,alt
/ non
lilu

lilu,alt
/ lis
<>liiz

limeer,f
/ lam, limeer
e

limeerhanoi
/ [地球の国名]アゼルバイジャン
19:文化遺産「乙女の塔」から

limeerifa
/ [地球の星座][ユマナ]おとめ座
24
[文化]
ifa

limi,f
/ lant

limidierim
/ [天文]スカート
19:ridia/seren/mel
[文化]
リミディの心臓。心臓でさえ星のように巨大という伝説に基づくもの。

limle
/ [化学]フィブリン
rt;liml/et。繊維状であることから。
24

limle(2)
/ [被服]カドガン
sm;「リムレ男爵の」
24
[文化]
smでできた男性貴族用のカツラ。

limleab
/ [化学]フィブリノゲン
rt;/「フィブリンの材料」
24

limlfabe
/ [軍事]無煙火薬
rt;/「繊維火薬」
24
[文化]
gel

linasl
/ [化学]ステアリン酸
19:ridia

linfor
/ [音楽]三十二分音符
19
[文化]
→for

linlem
/ [音楽]五重奏、クインテット
rd;/
23

linliifa
/ [地球の国名]ソロモン諸島
19:国旗に5つの星

linsjior
/ [生物]神堂
21

linslil
/ [化学]アンチモン
18:制

linspolseerens
/ [言語]魔方諸語
rd
22

linvolxviida
/ [生物][医療]五要穴
rd;/
24

linxen,alt
/ feispafi

lisanfa
/ [軍事]小火器
rd;/
24
[文化]
gel

lisikmem
/ [地球の国名]ニジェール
19:国旗にオレンジの丸

lisikpaf
/ [化学]酢酸オクチル(通称)
19

liskaigao
/ [音楽]ユーフォニアム、ユーフォニウム
rt;lis/kaigao
22
[文化]
rtでチューバから分離してできた。その影響で小型チューバと命名された。

lisomaifa
/ [地球の星座][ユマナ]こいぬ座
24
[文化]
ifa

lissia
/ [音楽]トムトム、タム、ハイタム
21

liste,szl
/ tans、falis

livelmfap
/ [天文]キャッツアイ星雲
19:ridia/seren/mel
[文化]
リヴェルムはあまりに俊足で走るため、ものすごい勢いで砂煙があがる。そのときの砂煙に似たようなもやの星雲であることから。

livelmifa
/ [地球の星座][ユマナ]ケンタウロス座
24
[文化]
ifa

livlnaat
/ [地学][歴史]第四紀
vl;/
23
[文化]
gaavefeme

lixafot
/ [被服]スティラップ
nd;/「細く見せる紐」
24

lixayolo
/ [被服]スマート、タイトズボン
nd;/
24

lixkloob
/ [被服]ボンネット
sm;/
24
[文化]
smでできた。平民の女性用帽子。頭の部分がきゅっと締まっている。

lixxe,szl
/ liit
<>liito

lizalt
/ [政治]子爵、バイカウント、副伯、城伯
sm;liiz/kalten
24

lizdia
/ [俗語]ちっぱいぱん、チッパイパン、ちっぱい、チッパイ
rd;liiz/ridia「リディアちゃん。ちっちゃなリディア」。リディアが大人になってもそのような体型の女性であったことから。厳密には完全な無毛ではないが、ほぼ申し訳程度にしか生えていないので。
24

lizku,ark
/ liik
liz/ku「小さな生き物」

lizlai
/ [政治]公爵、デューク
sm;liiz/alai
24
[文化]
王家に連なるもの、またはそれに匹敵する大貴族。

lizmxirzom
/ [環境]生物化学的酸素要求量、生物化学的酸素消費量、BOD
al;/
23
[語法]
生物化学的酸素要求量は、生物化学的酸素消費量とも呼ばれる最も一般的な水質指標のひとつ。水中の有機物などの量を、その酸化分解のために微生物が必要とする酸素の量で表したもので、特定の物質を示すものではない。

lizro,szd
/ ra
liiz/ruxilo

lo,alt
/ ra
ruxilo.xik

lo,f
/ osn, lo
e

lobet
/ [被服]トップハット、シルクハット
nd;loob/et
24

lobpeps
/ [被服]ヘッドスカーフ
rd;/
24
[文化]
smでできた。貴族の女性がお忍びで街に出るときに身に付けた。lolosの忍者が身に着けていた頭巾がsmで凪人を介して伝わり、それが元でヘッドスカーフが作られた。

lok
/ lo/ik

lokotan
/ [魔法]族霊
sm; 24

lokotanmiros
/ [哲学]族霊崇拝、トーテミズム
rd;/
24

loli,f
/ sej

loloan
/ [名詞]蛇使い
rd;/
24

loloanifa
/ [地球の星座][ユマナ]へびつかい座
24
[文化]
ifa

loloifa
/ [地球の星座][ユマナ]へび座
24
[文化]
ifa

lolos(3)
/ [被服]胴衣
fv;loolo/sabe「筒の服」
24

lolostike
/ [地学]ロロス海流
23

lolot
/ [軍事]サーペンタイン
rd;lolo/te「蛇のような」
24
[文化]
gel

lon,lsk
/ 9
loyo.k

londal
/ [被服]クレスト、甲冑紋。兜の上に付けた飾り。
sm;lo/dalha
24

londal(2)
/ [地名]ロンダル山
zg
24
[文化]
フレアベルにある山。

londalifa
/ [地球の星座][ユマナ]テーブルさん座
24
[文化]
ifa

lonsron
/ [医療]周囲圧、固定圧。押手の中指、薬指、小指で作る圧のこと。
rd;/
24

lont,szl
/ osn
lo,f

lontadis
/ [法律]串刺し刑
19
[文化]
肛門に串を刺し、口から出し、地面に立てる刑。家族殺しや不貞に適応。不貞の場合、肛門ではなく膣から刺す。高度な技術が必要な刑の一種。

loo,alt
/ lor

loo,f
/ see, yan, hayu, xom, son, alson, soc
elt;lo「考える」から。「私は考える」という意味の動詞部分だけが切り取られたもの。セリフを考える間のフィラーとして使われ、やがて「そして」という接続詞的な意味を獲得。
赤:lo。赤にloで「AND」「そして」などと記載されている。

loobesp
/ [気象]笠雲
19

loofar
/ [宗教]副助祭、サブディーコン
zg;「ろうそく係」
24

lool
/ [生物]脈管
rd;loolo.k
24

loolo,f
/ lor

loolpant
/ [生物]脈管系
rt;/
24

looz igret
/ [人名]ローズ=イグレット
20
[文化]
(imul 1360:1431)アルナ大学の数学者。imul 1396に対数尺を発明。imul 1410に計算尺を発明。

loozpind
/ [言語][文字]エッジセリフ
21

lorifal
/ [生物]環形動物門
22

lorom
/ [医療]管鍼法
rd;/
24
[文化]
管鍼法が発明されたのはsmのカレンシア。

los(2)
/ lo/es

losab
/ [被服]チュニック
fv;lo/sabe
24

loslem
/ [音楽]九重奏、ノネット
rd;/
23

lot(2)
/ lo/at

lotaifa
/ [地球の星座][ユマナ]ポンプ座
24
[文化]
ifa

loxbetlliik
/ [生物]チフス菌。腸チフスの原因菌。
19:サルモネラ→腸チフス→チフスの順で造語されている。

loxjior
/ [生物]大腸兪、大腸愈
21

loza
/ [植物]フェヌグリーク
16:制:lozl

lu,f
/ lu, la
e

lu,lsd
/ tu, le, それ。lsは「こ・そ・あ」の三段階
lu,f.hem fの三人称代名詞が「それ」のみを意味するようになった。arでは「こ・あ」の二段階になっている。

lu,ltk
/ 男性定冠詞
lu(有生三人称代名詞)

Lu,ly
/ le
lu.k

lua,frf
/ luwa, zam
luwa,f.l

luament
/ [被服]ボディス
sm;lua ment/te「メント婦人のような」
24

luas,fv
/ lasl
luwa/sabe

ludokad
/ [地球の国名]ベリーズ
19:通称カリブ海の宝石

ludzi,f
/ left
luは脚

lukea
/ [生物]内庭
21:「足を癒す」

lukletia(2)
/ [人名]ルクレティア
20
[文化]
(yuuma 6941)
yuuma 6958 イクスタン、旧アルティリア系・旧エスピール系貴族luksantの娘lukletiaを娶る

luknana
/ [地学][歴史]スタテリアン
vl;/
23
[文化]
gaavefeme

luko,f
/ lat
lu/ko「脚が中に」

lukodilfai
/ [医療]透熱灸
rd;/。熱を到達させることから。
24

luksant
/ [人名]ルクサント
20
[文化]
(yuuma 6777:7012)旧アルティリア系・旧エスピール系貴族。

lumiine,szd
/ mana
< lua miina

lun,ltk
/ 男性不定冠詞
tun,lsdとluからの類推
[語法]
ltsでも場合によって使うことがある。l'akua → lun akuaのように。tiarenを参照のこと。

Lun,ly
/ あれの
Luの属格

luna,f
/ lef
luは脚

luno falfania
/ [人名]ルノ=ファルファニア
19:ilmus:ridia
[文化]
アルティル期の政治家。アルティス教徒。女性。開発省運輸庁長官。種枯れ病の際の対処で国民から支持を得て、第四次選挙でのアルティス教の勝利を導いた。

lunotaka
/ [地学][歴史]ルノ大陸
[ユマナ]ローレンシア大陸
vl;/
23

lupa,fv
/ font

lupi
/ [名詞]コンパス。数学で使うコンパスのこと。
fv;luwa/pi(針)
24

lupiifa
/ [地球の星座][ユマナ]コンパス座
24
[文化]
ifa

lupu,alt
/ ta

lusian(2)
/ 魔法堂ルシアン
20:lusia/n(魔法の(店))
[文化]
主人公luxiferの営む魔法具店の名。同小説名。

lusonlil
/ [化学]オスミウム
19

lusso,fv
/ ti(男が男を)
dyussou.l

luta,f
/ rik
lu/ta「脚が外に」

lutek
/ [化学]ベンジン、石油エーテル
21:k.luteakm
[語法][文化]
ベンジンと石油エーテルのいずれかの意味で使われる。染み抜きなどに用いられる。原油から分留して作る。鎖状炭化水素を主成分とする。ドイツのようにガソリンの意味はない。アメリカのようにナフサluteakmでこのベンジンを指すこともない。ベンゼンとは関係ない。

Luts,fv
/ ain

lutvaan
/ [軍事]常備軍
rd;/
24

luu,frf
/ ov
lua.k(脚)

luu,fv
/ lu min、彼女
lu,f.k

luuks(2)
/ [地名]ルークス
[言語][文字]ディスプレイ、ポップ。書体のひとつ。イルケアで作られたことから。
古:人が多いが原義
[文化]
アルナの南、イルケアの北にある商業地方。

Luula,fv
/ hacn
?


luumi,f
/ mi
al/myu「物がない」

luun,f
/ gaav

luuno,f
/ luni
e

luuppio
/ [生物]受動輸送
rt;/
24

luutemold
/ [言語]冗語法
rd;/
23

luuto,f
/ lut、aluut

luutsu,fv
/ nosin
luu/tsul?

luuvet,lt
/ [名詞]cuuk
[人名]ルーヴェット、紅月
<>cuuk

luuz,szd
/ left
ludzi,f

luwa,f
/ luwa, zam
lu/wa「動く手(四肢)」

luwafrei
/ [アイテム]ショートソード
fv;luwavantis/frei
24
[文化]
fvから歩兵の武器として存在したが、smでロングソードが騎兵用になるとロングソードの対概念となった。

luwaho
/ [生物]中足骨
22

luwajiho
/ [生物]足の指骨
22

luwamain
/ [生物]中足
rd;/
24

luwamom
/ [生物]足根
rd;/
24

luwaora
/ [生物]足関節
rd;/
24

luwarein
/ [言語][文字]ベースライン
21

luwas,fv
/ lisen
luwa/sabe

luwasev
/ [言語]末文
21

luzasl
/ [化学]カルボン酸、カルボキシリックアシッド
19

luzhou
/ [化学]カルボン酸塩
19

lya,f
/ frem
e

lyu(2),szd
/ le(関係詞)。rom,fvに当たるもの。

lyu,alt
/ lu, la
lya.k

lyu,f
/ flon
lya

lyu,szd
/ sor
< lya,f.k

lyumi,alt
/ lu, la
lyu/mi

lyusieifa
/ [地球の星座][ユマナ]ペガスス座
24
[文化]
ifa

lyusieikal
/ [地球の星座][ユマナ]ペガススの四辺形
24
[文化]
ifa

m,fv
/ 依頼文を弱化させる語。re ku(言え)に対してre ku m(言って)などのように使う。

ma,f
/ mam、mazam
e

maal(2)
/ [人名]マール
20
[文化]
(yuuma 3765:4404(4000:4404))メルテナ前期のレスティル王。一時アルヴェーテを弾圧したが、4220に公認。

maamapaapa
/ [名詞]マーマパーパ
[ユマナ]おかあさんといっしょ、にこにこぷん
al;mama/papa
23
[文化]
夕方に放送されている子供向け番組。たいていの子供が小さいころに見ている。

maasa
/ [被服]ジュッボーネ
sm;ma/sabe
24
[文化]
smでできた胴衣で、前開きで、閉じないと胸が見えた。そのことから元は男性用だったが後に娼婦が飾りをつけて着るようになった。

madianoi
/ [天文]ルーシュバー
19:ridia/seren/mel
[文化]
カシオペア座はW型をしており、非常に認知しやすい星座線をしている。そのためカシオペア座はanvelent座の星座線とほぼ同一である。しかしルーシュバーだけがmadia座の領域に取られている。これは魔族マディアと魔族アンヴェレントの相討ちの神話を象徴している。veltisの9階とerin〜protisまでの種族が接触するのは、madiaとanvelent、madiaとwigalの組み合わせしかない。アシェットはこれらを封印したとき、まずwigalを別枠に取った。ウィガルは戦闘では封じられない「戦わないタイプ」の魔族だからである。
一方、マディアとアンヴェレントはどちらも9階であるため、封印に手こずった。考えたメルは両者に罠をしかけた。まずマディアにアンヴェレントを人間の子供だと見せかける。マディアがまんまと引っかかってルーシュバーにいる呪いの人形を誘惑し、食おうとする。アンヴェレントは一方、マディアを獲物だと思い、攻撃する。そして両者は共食いし、相討ちした。そこをメルが漁夫の利で収めたというわけだ。それでアンヴェレント座のマディアノイ(ルーシュバー)はマディアの領域に食い込んでいるのである。ちなみにこのとき使った人形がたまたま男だったのでノイとなっている。
【成句】
despa madianoi 漁夫の利を得る:弱ったルーシュバー星を利用して、メルがマディアとアンヴェレントを簡単に同時に封印したことから。

madseel
/ [生物]臍中央
rd;/
24

magfo
/ [言語]震え音、ふるえ音、トリル
19

mahala
/ [魔法]マハラ
[ユマナ]カバラ、カバラー
me;「星の図」
24

mai
/ [ジョブ]法師。密教を行う人。
alt;<>maaya
24

maike,f
/ tio

maikenika,f
/ maike

mailker
/ [化学]化学的種名
19

maim,md
/ er

maindalt
/ [政治]武官
rd;/
24

mainhart
/ [生物][医療]身熱
rd;/
24

mainjol
/ [生物]体幹
rd;/
24

mainluup
/ [名詞]体の暴力
[反意語]rensluup
rd;/
24
[文化]
rensluup

mainnial
/ [生物]身柱
21

mainsev
/ [言語]主文
21

maki,alt
/ mark
ma/kali

makilu,alt
/ mark
maki/lu

mal,f
/ lax
e

mal,szd
/ kai

malea,szd
/ tier
mal/reila

malenaltsiza
/ [地学]マレナルトプレート
23

malkalil
/ [化学]エルビウム
18:制

malma
/ [被服]襟ぐり
sm;ma/al/ma「胸と、胸が見えない位置の」
24

malonloob
/ [被服]キャバリアハット
sm;「マロン伯爵の」
24
[文化]
smでできた。おしゃれな男性貴族用の帽子。

mals(2)
/ [人名]マルス
20
[文化]
(yuuma 7265:7451)
yuuma 7491秋 わずか10歳のメテが即位。イーファの右腕malsが摂政となる。ここからカコ後期となる

malsnaat
/ [地学][歴史]新第三紀
vl;/
23
[文化]
gaavefeme

malu,alt
/ kai
<>mal,szd

malzho
/ [生物]蝶形骨、楔状骨
rd;/「蝶の形をした骨」
24

malzposa
/ [被服]蝶ネクタイ
nd;/
24
[文化]
nd_rtの男性上流階級に流行った。現在では廃れている。

mamalu,alt
/ 尊敬語の助動詞

mamet,szl
/ jam
<> ma,f

mami
/ [生物]基質
rt;main/hoomi.k
24

mamma,alt
/ non, eeta

mampmyut
/ [生物]両乳頭間
rd;/
24

man(2)
/ [名詞]main,alt
[文字]身、旁
main.l
[文化]
koimanlen

man,alt
/ gek

manahac
/ [言語]乙女体
19
[文化]
taphacを元に、丸みを帯びた字にした書体。

mandan
/ [アイテム]シシャーク
rd; 24
[文化]
smのmeで作られた比較的軽装の兜。

maneini
/ [植物]腺毛
rd;/
24

manhiloo
/ [軍事]突火槍
sm;alt「弾火筒」
24
[文化]
gel

manis,szd
/ vik

manj,f
/ 20
elt;main/ji

manji,alt
/ tal

mankilifel
/ [生物]病理解剖学
vl;vortman/kilifel
24

manom,f
/ fix

mansei
/ [地名]マンセイ
20
[文化]
トンカン西部の都市。

maport
/ [医療]早発月経
19

mar lant
/ [ランドマーク]マル・ラント
21
[文化]
アルナ西区にあるドーナツ屋。367年ごろに学生の間で人気となった。
「おいしいドーナツ。きれいなのはドーナツだけではありません」。lantの二重の意味を用い、ドーナツのおいしさだけでなく、店内も居心地がよく整っていますよという意味になっている。

marate
/ [名詞]ドーナツ屋
19:melidia axte

marji freigild
/ [人名]マルジ=フレイギルド
20:ridia:mirok
[文化]
朔夜の母。

masa
/ [生物]肢帯
19:ridia:main/asra

massu,alt
/ muo

masuli,alt
/ onna

mata,alt
/ az

matadis
/ [法律]八つ裂き刑
19
[文化]
受刑者を裸にして両手両足をロープで巻き、自動巻きの滑車にくくりつける。滑車をスタートするとロープが引き込まれていき、受刑者の両手両足がもぎ取られる。最後に必ず両手両足のうちどれか一本が残る。配偶者殺害に適応。

matalo,f
/ vort

matalogi,fv
/ vog
meltia 88:gilius;/

matan
/ [化学]分散媒
19:例えば発泡スチロールは気体を固体に分散させたものだが、このとき固体が気体を自分の中に分散させているので、「分散させるもの」は分散質でなく分散媒になる。日本語の「分散する」という自動詞で考えてはいけない。アルカには他動詞「分散させる」しかないので、結果的に能受が逆になる。幻幻から流入したとき、セレンはこれをリディア側の誤植として訴えた。

matbakl
/ [化学]分散コロイド
19

matels
/ [美容]ブロッキング
21

matetveer
/ [経済]ザラ場引け。前引けや大引けで取引が成立しないこと。
22

matol
/ [化学]分散質
19:分散されるもの→必ずmatanを読むこと

matzol
/ [生物]中心小体、中心体
rt;/細胞分裂の際、弦となって染色体を引っ張って分裂させる働きをすることから。
24

maya(2)
/ [アイテム]クウィラス
sm;ma/ya「胸と胸」
24
[文化]
胸を守る軽装の鎧で、glea登場以降の歩兵や傭兵が用いた。

maya,alt
/ sei

mayen,alt
/ eyo

mayu,alt
/ vort
「動かない」

mayulenon
/ [伝統色]ローズマダー
22

mayuli,alt
/ akt、出逢い、邂逅
mayulu,alt

mayulu,alt
/ akt

mazamvano
/ [生物]光明
21

mazel,dm
/ diia

meas
/ mas
>
meibyu
/ [化学]組成式量
19

meiya
/ [魔法][哲学]密教
alt
24

mekia,szd
/ pan
palamekia,fv.xik

melelis
/ [言語]拝復
21
[語法]
閉じ方はlelisと同じ。早々では閉じないので注意。

meli,alt
/ xalte, mesa, soa
meli.k

melidia
/ メリディア、夢織
18:seren:古:meli(糸)/dia(夢幻)。またmelとridiaの掛け言葉。
[文化]
セレンによるサスペンスファンタジー小説。死神を題材とする。舞台はアレイユのアルバザード国首都アルナにある中央アルナ大学。

melitus
/ [医療]糸状
rd;/
24

melje
/ [被服]フィレット、カチューシャ
sm;「メルジェ婦人の」
24
[文化]
smでできた。貴族の女性用のヘッドバンド。現代でも古風な女性は身に付ける。

melkantfian
/ [人名]時詠みの少女
22
[文化]
rdの20年間とljの20年間を、20年かけて観測する少女。世界の終焉の原因がこの40年間の間にあると見て、同時並行で20年かけてふたつの時代を観測している。世界の終焉の原因を探っており、観測者効果により世界の結末を変えようとしている。

melkas
/ [被服]ブリーチズ
sm;melkaという貴族のsabe
24

melkei
/ [言語]線条性
19:時間を追う

melkifa
/ [地球の星座][ユマナ]とけい座
24
[文化]
ifa

melmo,f
/ mes

melor,szd
/ vano
< melmo.k

melsexen
/ [料理]ランパンテバージンオリーブオイル
21:「ランプ用オリーブ油」
[文化]
ndまでは主に南方でランプの油に用いた。

melsextilan
/ [ジョブ]提灯持ち
rd;/
24

meltdilfai
/ [医療]温灸
rd;/
24

meltnoa
/ [生物]曲骨
21

melvend
/ [地学]アメトリン。シトリンとアメシストを混ぜたもの
19:melflia/vendiil

melvi,szd
/ ifi

memalmi
/ [アイテム]ラウンドシールド
rd;/
24

memarluno
/ [化学]環式炭化水素
19

mematan
/ [化学]シクロアルカン
19

memeev
/ [物理]円形波
19

memloob
/ [被服]ラウンドキャップ
rd;/
24
[文化]
smでできた。

memsex
/ [言語]円唇
19

mendkad
/ [地球の国名]ツバル
19:低い上に小さい島で、沈みつつある

mene,fv
/ letia
neeme.geks

menkel
/ [建築]メンケル宮殿
[言語][文字]オールドフェイス、オールド・フェイス
21
[文化]
smで建てられたケートの宮殿。オールドフェイスが流行った。

menkmembaog
/ [物理]軌道角運動量
[反意語]holmembaog
vl;/→holmembaog
23

mepvian
/ [物理]偶力
21

mepyuo
/ [言語]能格動詞、反使役化動詞
rd;/「鏡の動詞」。自動詞にも他動詞にもなることから。
24
[語法]
自動詞にも他動詞にもなる動詞で、他動詞の目的語が自動詞にしたとき主語に来るタイプのもので、openやヒラクなどがある。反使役化動詞とは「他力または自力によって変化する」動詞のことである。他動詞しかないアルカにはない。
能格動詞を反使役化動詞と同一視したのは影山(2001)による。

mesinnaklan
/ [言語]客観的認知主体
rd
22
[文化]
nakleldfel

mesleivatike
/ [地学]環レイヴァ海流
23

messa,fv
/ mesl
meは周り。

mest,f
/ [動詞]yulに横に腕を上げさせる。結果、体がT字型になり、これが天秤の形に似るため、以降.kが起こる。
e

mestifa
/ [地球の星座][ユマナ]てんびん座
24
[文化]
ifa

meteata
/ [言語]メテ会談
20
[文化]
hac

meteharma
/ [言語]メテ幼字
21
[文化]
hac

metelil
/ [化学]ノーベリウム
18:制

metiokal
/ [アイテム]シミター、シャムシール、新月刀、三日月刀
rd;/
24
[文化]
kkにmeで作られた。meは暑いので厚い鎧を着ることができない。そのため斬る剣が発達した。

metiosiza
/ [地学]メティオプレート
23

metxi
/ metx
fovet

mexinkalp
/ [言語]客観的把握、最適視点配列、Dモード
rd
22
[文化]
nakleldfel

mextkaisev
/ [経済]外貨建て→mexkev
19

mi,alt
/ min

mi,f
/ almixk
<>myu(ない→見えない)

mi,fv
/ mist
faia

miat
/ [単位]10の30乗
21:mianet

midanowa
/ [生物][医療][魔法]正気、せいき
[反意語]venxnowa
szl;/
24

midishakt
/ [天文]エニフ
19:ridia/seren/mel
[文化]
封印されて暇になったミディスが、テーティスを呼び、どちらが早いか競争しようじゃないかと言いだした。マルカブの丘まで競争しようと言って走ったところ、テーティスに敗れた。では今度はあのホーマムの谷までいこうと言ったが、これも負けた。悔しいミディスは距離を伸ばし、あのエニフの岬までいこうといったら、ようやく勝つことができた。

midisuil
/ [天文]ホーマム
19:ridia/seren/mel
[文化]
midishakt

midiswaka
/ [天文]マルカブ
19:ridia/seren/mel
[文化]
midishakt

midol
/ [地学]滑石
19:hoomi/dol

midud
/ [物理]無重量
19

migltren
/ [娯楽]蓼の刑
20:ridia
[文化]
rdでテオロンがやっていた遊び。カードゲームなどで、負けた人が蓼を食べさせられる。

mihalil
/ [人名]ミハリル
20
[文化]
(yuuma 4906:5491(5109:5491))メルテナ後期のレスティル王。

miia
/ [人名]ミネア、ミーア
古:語源不詳
[文化]
(tif 5 fav gil→)フルミネアの実妹。

miia,fv
/ flia
e

miifa
/ [人名]みーふぁ
19?
[文化]
『ねこにっき』の登場人物。サンベル市出身。

miikgosk
/ [料理]エダム
16:制

miil valza
/ [人名]ミール=ヴァルザ
19:ilmus:ridia
[文化]
レイユの政治家。女性。ライエン=ヴァルザの子孫。アミナル党首。

miilyan
/ [芸術]工芸品
rd;miilya/en
23

miina lixia
/ [人名]ミーナ=リシア
22
[文化]
アリス=リシアの母親。

miina(2)
/ [人名]ミーナ
18
[文化]
『夢織』の登場人物。アルナ大11組で、アリスの友人。髪は金髪のエアウェーブ。バンド「フィーナ」のベースを担当する。バンマス。

miinya
/ [名前]ミーニャ
zana:柔らかな女の子という原義。リディアの妹のミリアがイメージらしい。
[文化]
ザナの飼い猫。白で少し茶色の模様がある雌。橋の上で泣いているのを助けたが、ザナはバランスを崩し、端から転落。川に落ちて足を怪我した。猫は無事だった。

mik(3)
/ mi/ik

mikaki
/ [被服]ノーベント、ベントレス
nd;/
24

mikasil
/ [料理]サルミアッキ
rd; 24
[文化]
rdでアシェットがアルダから持ち込んだのが初めて。リコリスを含んだ菓子。alで「世界一まずい菓子」にノミネートされた。アルダ人は好んで食べる。
ちなみに現実のリディアはサルミアッキが好きでも嫌いでもないらしく、たまに食べるとのこと。セレンが「まずい!」と言ったら「理解はできる」と言っていた。

miko,alt
/ er、eria

mikokotan
/ [魔法]ウンディーネ
alt;/
24

mikoli,alt
/ esk
miko(水)が動詞化したものがmikoluで、その名詞形がmikoli。「水するもの」で雨を意味する。フィンランド語で雨が降るを「水が降る」と表現するのと似ていて、水で雨を表現している。

mikolu,alt
/ esk
mikoli,alt

milee,f
/ milm
saal;e?

mileen
/ [美容]ポンパドール
sm;mileej/nia「舞い上がるように上に持ち上げる髪」
24
[文化]
smでできた。貴族の女性用。

mileeyu(2)
/ [建築]ミレーユ棟、桜棟
21
[文化]
アルナ大西五号館の通称。校舎の周りに桜並木がある。

milet,szd
/ kern, mileel
mileel

milha
/ [人名]ミルハ
lj
22
[文化]
二人目はmilha。11歳。魔族ディーレスと精霊のハーフだ。猫耳を持って生まれたせいで虐められてきた。魔族なのに気弱で泣き虫で怖がりな子だ。
 しかしミルハのポテンシャルは強力なので、過度の恐怖を感じると無意識に周りのものを魔力で粉砕してしまう癖がある。
 耳に極度のコンプレックスがあるため、常に帽子をかぶっている。頭に手が触れそうになると恐がる。撫でようとしても嫌がる。

milko,szl
/ xan、rul、yuliet
<> myulkota

milm
/ [音楽][運動]ダンス、舞い、踊り、たなびく
[動詞]yul(内容や演目)を踊る、踊る、おどる
15:制:古:milee(舞う)
milee:
【用例】
an inat mint or milm ka jan mil teeze. 花が風に吹かれて舞うのを見た。

milmji
/ [文字]踊る指
rd;/
23
[文化]
inthac

milu,alt
/ miyu, em
<>miyu

mimagen
/ [音楽]エアーリード、無簧
21

mimalel
/ [経済]下げ相場
22

mimalfaal
/ [天文]日没帯食
21

mimat
/ [美容]ノーパート
21

mimfaal
/ [気象]日暮れ、夕暮れ、日没
19
【用例】
i nekfaal a mimfaal 夜明けから日没まで
an aktat hacn im mimfaal. 夕暮れ時に友達と会った。

mimi,alt
/ lemi

mimoza kulnors
/ [人名]ミモザ=クルノース
21
[文化]
kaoxist kulnors
ファミイの母親。当時の当主。

minami,alt
/ xier

minamo,alt
/ xiar
minami.k

minan(2)
/ nan
21

minardu
/ [地名]ミナルドゥ
20:mina/ardu
[文化]
sertkata

mio,alt
/ ket
fovet

mipoti
/ [形容詞]符号なし
vl;/
24

mipotipalet
/ [電算]符号なし数値
vl;/
24

mir(3)
/ mi/or
19

mira(2)
/ [化学]フルオロ
19

miratan
/ [化学]フルオロアルカン
19

mirfaan
/ [化学]フルオロメタン、フッ化メチル
19

mirliifa
/ [天文]カノープス
19:ridia/seren/mel
[文化]
クミールの生まれたころに南中(=アルカでは0時に真南を通過すること)する星だが、アルバザードからはほとんど見えない。クミールはメティオ生まれだが、北緯35°のメティオだと、1980年12月27日と12月28日のほぼ0時に、南の地平線に南中する。クミールは1月8日生まれだから、少しずれている。
アルバザードからは国の最南端でかろうじて確認できる星だが、メティオ生まれのクミールを指すにはふさわしく、メティオからなら観察できる。ルティアも首都からは観測できない。唯一メティオのみがカノープスを観測できる。

mirokvol,fv
/ mirokbolt
tm;/

mirul
/ [化学]フッ化物
19

mirxlil
/ [化学]イリジウム
19

mis
/ mi/es

misa,alt
/ liifa

miso,f
/ misk

mist,szl
/ mest
mest.l

mistkan
/ [生物][医療]膀胱経
szl;/
24

mit
/ mi/at

mita,alt
/ at
mi/ta

miva,f
/ yulian, yuli
saal;mi/vi「神の力」。子が欲しいと望んだ以上、fの時点でできていなければおかしい語。

mivainliifa
/ [天文]デネブカイトス、ディフダ
19:ridia/seren/mel
[文化]
セレンがヴェミを封印した際、ヴェミの目をミヴァインで貫き、デネブカイトスにミヴァインごと突き刺した。

mivladis
/ [法律]膣刑
19
[文化]
女子の極刑。膣に杭を刺し、30分おきに振り子付きのハンマーで杭を突く。平均5〜7回で死に至る。浮気の回数に応じてハンマーの力を弱める。回数や人数が多い場合、ハンマーは弱くなるため、致命傷を負うまでに5回以上かかる。結果、死ぬまでの平均回数が伸びる。ショック死する例も多く、その場合は比較的楽に死ねる。不名誉な死に方という点で強姦刑に匹敵。夫殺しと不貞が重なったときに適応。

mixksia
/ [音楽]スネアドラム、スネア、サイドドラム
21:膝の高さ

mixkvaik
/ [生物]膝部。膝蓋骨の上縁から3横指上方を通る水平線と脛骨粗面を通る水平線の間のこと。
rd;/
24

miyu,alt
/ baog

miyudol
/ [地学]変成岩
19

miyugart
/ [経済]変動制、変動額
19:ridia:arbaxelt

miyusanfel
/ [数学]方程式論
19

mo,f
/ hait
e

moa,szd
/ mom
mom.l

moe,szd
/ amel, aruuj
mo/e(下の水=後に生まれたハラカラ)

moglo
/ [被服]オドショース
sm;mogl/yolo
24

mok,szl
/ met、mim
mo,f/ke,f

mokl,szl
/ alas
mok,szl/al,f "kor le faal leev al"

moko,f
/ ak
elt:komo.geks

moku,f
/ mef
mo/ke「下に行く」

moku,f(2)
/ kuver
mo/ku「低く言う」

mokulu,alt
/ his
<>mo

molanoz
/ [音楽]ダウンピッキング
21

moles,szd
/ his

molet
/ [医療][哲学]臣、相
[反意語]yuxat
szd;「部下」
24

moletgram
/ [医療]相火
szl;/「臣下の火」
24
[文化]
felis

moletil
/ [医療]臣薬
szl;/
24

molkem
/ [生物]関元
21

mollooz
/ [生物]下端、下縁
rd;/
24

molo,f
/ leit
mo/lo

moltaz
/ [生物]下肢
rd;/
24

molteeze
/ [美容]ダウンスタイル
21

molu,alt
/ mok
<>mo

molzidho
/ [生物]下顎骨
rd;/
24

momarko
/ [言語]根ノード
rd:mel;/
23:mel

momo,f
/ mol
mo/mo

monmon
/ [名前]モンモン
20:momon
[文化]
アリス=アンシャルの飼いモモン。白くて大人しい。オス。

monoli,alt
/ nou
mokulu

monomono
/ ti
monoli/monoli

monoriif
/ [経済]固定負債
19

mootdol
/ [地学]葉蝋石
19

mooze
/ [植物]トネリコ
cv;moot/zamo「蝋の木」
23
[文化]
樹皮に付着しているイボタロウムシが分泌する蝋物質が語源となった。cvでsaalが現altに赴いた際に見つけた植物である。alt原産。

mopa,f
/ faar
mo/papalura「低い太陽」

mos,f
/ hait
mo(低い)

moxvian
/ [物理]近接力
20

mozom
/ [医療]挿管法。鍼の。
rd;/
24

mu,f
/ muo
e

muepaf
/ [化学]酢酸エステル、アセテート
19

mulg,fv
/ kook

mulu,alt
/ i, it
mul

mulu,f
/ [格詞]i
[アクセント]mulU
elt;luは「物」。muは不明。ただ、恐らく「〜から出てくる物」のような原義を持つものと思われる。


mum,f
/ tuk
muは動物の対で「動かないもの」

mummu,f
/ nem

muto,f
/ 〜の状態でという前置詞
e


muu,alt
/ bak
fovet

myae,f
/ dem
幼字の字源は「嘘の炎で脅かす」。

myobelfrea
/ [地学]磁硫鉄鉱
19

myofrea
/ [地学]磁鉄鉱
19

myu,f
/ mi、enx、fie
e

myul,fv
/ mep
myu/al

myul,szd
/ 0
myu/al

myuoin
/ [動詞]yulを見物する、見物する、見学する、傍観する、観察する
[普通動名詞]見物、見学、傍観、観察、社会科見学
rd;/「離れたところから見る」
24

myuokimho
/ [生物]浮肋、浮肋骨、浮遊肋。第11と12肋骨のこと。非常に折れやすく、マッサージなどでも折れる医療事故が多い。
rd;/。ほかの肋骨、肋軟骨と異なり、繋がっていなくて浮いて離れた状態になっていることから。
24

myuoneittike
/ [地学]ミュオネイト海流
23

myupa,f
/ cuuks
myu/papalura「消え去る太陽」

myuria
/ [地名]ミュリア海
20:ridia:古myu(ない→花がない→ミナカルモ側でない)/水
[文化]
フィギット北の海。

myute,f
/ mat、mite
「ない関係にする」

myuten
/ [医療]骨度
szl;myute.k
24

myutenom
/ [生物][医療]骨度法、骨度分寸法
rd;/
24

myuteom
/ [物理]分光法
21

myuulsiza
/ [地学]ミュールプレート
23

myuuze
/ [人名]ミューゼ
古:小説版アンクノット3巻に記述あり。設定内容は現状と異なる。
[文化]
ウロの時代にいたソーンの隠れ使徒。rdではクミールの家の研究所を爆破した張本人で、クミールの命を救うという名目でクミールに乗り移った。アルシェとの決戦で意識の低下したクミールを乗っ取ろうとしたが、リディアにハティアの魔法をかけられ、中にいるクミールが目を覚まして動けなくなり、セレンに斬られた。

myuxa,f
/ max
「ないもの」

myuxel
/ [気象]myuxa
[医療]厥陰
rd; 24

n,f
/ seer, novel
fovet

n,ly
/ 属格を示す接尾辞。
keno.k lyudia keno daiz→lyudian daizのように発展した。keno自体は「の」としてlyでも生き残っている。

na(2),alt
/ an

na,alt
/ aa

na,f
/ xin。fv以降、janが滅んでnaがdenとxinの両方を兼ねるように。
elt;e

naasel
/ [被服]モーニングハット
rt;naazel.k
24
[文化]
rtで書かれた"naasel ist naazel"という小説内で造語された。作中で主人公はメティオのお金のナーゼルでこの帽子を親切な貿易商から買うが、これをかぶると透明人間になれる――という内容の本。

naaselan
/ [名詞]透明人間
rt;/→naasel
24

naax,szd
/ ban

naeldfel
/ [言語]心理言語学、神経言語学
19
[文化]
ユルトらの誕生後、セレンらが大成。

nafaranoz
/ [音楽]スウィープ奏法
21

nafkotan
/ [農耕]棚田、段々畑
rd;/
24

nagi,alt
/ altia

nagilu,alt
/ yol eld t'altia
nagi/lu

nagisa fagiot
/ [人名]ナギサ=ファギオット
19:seren:古nagisa(ナギの粉)。fagiot←figi(槍)
[文化]
ランティス・タンヴェル期のフレメルテ(一級処刑人)。女性。アルナ大学法学部出身。

nahyu,f
/ nil
f:saal;na/hyu「心高い」

nak
/ na/ik

naklan
/ [言語]認知主体
rd
22
[文化]
nakleldfel

naklfia
/ 認知世界
23
[文化]
diaalx

naklizm
/ [言語]認知革命
rd
22
[文化]
nakleldfel

naklom
/ [言語]認知様式
rd
22
[文化]
nakleldfel

nakolpant
/ [生物]感覚系
rt;/
24

nalmlil
/ [化学]プラセオジム
18:制

nalnia(2)
/ [言語][文字]標準イタリック体、ナルニア書体、ナルニア
22:fledilans
[文化]
fledilans

naltkayalil
/ [化学]サマリウム
18:制

nalumi(2)
/ [名詞]房飾り、ふざ飾り、房、ふさ
[アクセント]nalumI
rd; 24

nami,alt
/ non
na/mi

namo,f
/ emt
na/mo「心が下に」

namp
/ [地名]ナンプ
[被服]パンプス
kk | rt;ナンプでできた靴。
24

nampant
/ [生物]神経系
rt;/
24

namsevn
/ [生物]神経組織
rt;/
24

namsleis
/ [芸術]イメージボード
vl;/
24
【用例】
yan non klej fan namsleis xi kolt ra. それで、家に帰ったらイメージボードを作ろう。

nan,alt
/ yuu

nan,szl
/ na、in、onna、nanna
< na

nana,alt
/ ti
na/na

nanami,alt
/ ti
na/nami

nanla
/ [地名]ナンラ
sm 23
[文化]
ヴェマ内陸部の地域。東西はほぼ中央、南北はほぼ最南端に位置する。

nanta
/ [魔法]奇門遁甲
alt
24

nanti
/ [ジョブ]遁甲家
alt
24

nanto
/ [人名]ナント
cv;e
24
[文化]
アッティと人間の娘の間に生まれた息子。

nantoifa
/ [地球の星座][ユマナ]オリオン座
24
[文化]
ifa

nao valem
/ [人名]ナオ=ヴァレム
古:右の名は後付け
[文化]
初代ソーンの第10使徒。異性魔王。

naoifa
/ [地球の星座][ユマナ]こと座
24
[文化]
ifa

nartelil
/ [化学]タングステン
19

nasilu,alt
/ ban
na/silf

nasoolyuo
/ [言語]感情動作動詞
20
[語法]
nax, asex, kuklなど。

nat
/ na/at

natilyuo
/ [言語]心理所有動詞
20
[語法]
naのみ。

natxo,f
/ ban

natxoku,f
/ nax
natxo/ku

navils
/ [化学]チロシン
19:seren:アドレナリンなどの神経伝達物質を作る材料となることから。

nayuo
/ [言語]感情動詞
19
[語法]
na自体はnatilyuo。
vem, lol, ban, emtのように、naと共起できるもの。例えばna vemのように。これらを動詞として使うとき、心理動詞と呼ぶ。
solは感情を与える人で、yulは感情を引き起こされる者である。an vem laだと、彼がお化けのように怖いのではなく、彼が「ひぃっ!」と怖がっていることになる。日本語話者は逆に捉えやすいので注意。
→alemyuo

nazel
/ [地名]ナゼル
22
[文化]
ルティア北東部の中都市。

ne(2),alt
/ wel
<>nee

ne,alt
/ mia

nee,f
/ ne
e

neiko,alt
/ wel
ne/iko

nekalel
/ [経済]上げ相場
22

nekalfaal
/ [天文]日出帯食
21

nekolu,alt
/ melt

nektilmina
/ [政治]秘密結社
rd;/
24

nekuli,alt
/ neeme, minti

nekulu,alt
/ nekt

nente,fv
/ nent
e

nerlil
/ [化学]ルビジウム
18:制

nesdilfai
/ [医療]隔物灸
rd;/
24

ni,alt
/ ini
ini.l

nia,fv
/ nian
e

niaifa
/ [地球の星座][ユマナ]かみのけ座
24
[文化]
ifa

niapind
/ [言語][文字]ヘアライン、ヘアラインセリフ
21

niarein
/ [言語][文字]ヘアライン。セリフのではなく。
21

niita,f
/ niit
e

niitlaba
/ [環境]ソフトエネルギー
19

niklon
/ [医療]中風
21:nikloi

niklot
/ [生物]翳風
21:niklon

nil,hy
/ velt

nilo
/ [被服]マフ
sm;ini/loolo
24
[文化]
smでできた。円柱状で、毛皮でできており、中に手を入れて温める。裕福な人が身につけた。防寒着なので毛の生えた面が内側。貴族は表も裏も毛が生えた面にしていた。2倍の金がかかった。一部の裕福な庶民は毛織物のマフを使った。

niluu,frf
/ nil
na/luu「心動く」

nima
/ [化学]フラバン
vl;nim.k
23

nimalem
/ 喜怒哀楽
22
[文化]
ニムラに合わせて4種の感情を色に宛がったもの。hoora, pshoora, tekra, impraの順にjo, emt, nau, nafar。

nimasl
/ [化学]リン酸
19

nimasla
/ [化学]ホスホノ基
19

nimaslado
/ [地学]燐酸塩鉱物
19

nimat
/ [化学]フラボン
vl;nima/tat「フラバンの環状ケトン」
23

nimelifa
/ [地球の星座][ユマナ]カメレオン座
24
[文化]
ifa

nimemyu
/ [化学]リン脂質
rd;/
24

nimes
/ [被服]ブルス
sm;nia/messa
24
[文化]
smでできた。髪を入れておくための袋。

nimet
/ [化学]ホスフィン
19:nim/et(リン様の)

nimeta
/ [化学]ホスフィノ基
19

nimetyopaf
/ [化学]ホスホジエステル
19

nimhou
/ [化学]リン酸塩
19

ninf,fv
/ nif

no,f
/ noz
e

no,f(2)
/ mia
e

noaasra
/ [生物]気海
21

noaelxe
/ [生物]天柱
21

noagalt
/ [生物]期門
21

noaliil,ard
/ ノア粒
/

noel(2)
/ [名前]ノエル
古:noは7で、不吉。elは水。そこから転じて「嫌な雨」が原義。酷い雨で弱っているときにかわいそうに思ったセレンが捕獲を決意したことから。
[文化]
セレンの飼い猫。家の近くのベンチで鳴きかけてきた。その夜、すごい大雨になったため、保護した。雌。最初は「けー」と鳴いていたが、数年して「にゃー」になった。さびしがり。

noid,f
/ nod

noidtid
/ [経済]相対貧困、相対的貧困
[反意語]anoitid
vl;/
23

nokilmina
/ [政治]フリーメイソン、フリーメイスン
rd;/。nektの対でnok。
24

nollem
/ [音楽]七重奏、セプテット
rd;/
23

nolliifa
/ [地球の国名]タジキスタン
19:国旗に7つの星

non,fv
/ mian
no/n

nosbeins
/ [形容詞](nosbeinsanで)卑屈な
[普通動名詞]自己卑下
rd;/
23

nosinkalp
/ [言語]主観的把握、自己中心的視点配列、Iモード
rd
22
[文化]
nakleldfel

nosinnaklan
/ [言語]主観的認知主体
rd
22
[文化]
nakleldfel

noskolmxial
/ [政治]自治都市
rd;/
24

nosliifa
/ [地球の星座][ユマナ]北斗七星
24
[文化]
ifa

nova,szd
/ mes
nva,f

novfais
/ [化学]爆燃
rd;/
24
[文化]
gel

nowa,f
/ noa
e

nowaark
/ [生物][医療]気会
rd;/
24

nowar kain
/ [人名]ノワール=カイン
20
[文化]
(imul 1369:1433)ユリ=ジレールの親友。ラグナロクの研究員。グレアの工法を門外不出にしたかったユリの希望を叶えるため、1402年に魔動機関lazetを発明。ユリとは大学からの同期で、年齢も一緒。死亡した年まで同じ。

nowaz
/ [生物][医療][魔法]原気、ノワーズ
[アクセント]nowAz
szl;/
24

nowazviida
/ [生物][医療]原穴
szl;/
24
[文化]
12穴ある。臓腑の疾患に用いる。

noxet
/ [経済]板寄せ
[反意語]matet
22:nox/te

noxka
/ [美容]ゴールデンポイント
21

nozanoz
/ [音楽]サークルピッキング
21

nozinnimasl
/ [化学]ベンゼンホスフィン酸
19

nozlasl
/ [被服]ダックビルシューズ、ベアズクロー
rd;/
24
[文化]
smでできた。女性用。裕福な平民が履いた。

nozlemom
/ [音楽]プリングオフ、プリング
21

nozloozfaiz
/ [医療]ひょう疽、-v疽、ひょうそ、ひょうそう、ひょう爪、-v爪、爪囲炎、化膿性爪囲炎
rd;/
23
[文化]
細菌感染症の一種。指先が黄色ブドウ球菌による感染で爪の周りが赤く腫れて痛がることがある。陥入爪でなりやすくなることもある。

noznipl
/ [植物]フラジョレ。インゲンマメの一種。
17:制

nue,f
/ mend、oyuk
eは水。

nut
/ [名詞]炭
tm;nutxi(燃やした後に残るものという意味)
22

nutxi,f
/ xi
e

nuu,f
/ sid、baks(fv)

nuuo,fv
/ 落胆、殺意、死刑、哀願、刑


nuut,fv
/ xita
nutxi.k

nva,f
/ mes
vaは戦う

nya,alt
/ na

nya,f
/ silf

nyan(2)
/ [接尾辞]〜ちゃん、〜にゃん。指小辞。
rd;fovet/指小辞のn
23
[文化]
ankmev

nyoe,f
/ moi
nyohe/eria?「弱い水」?

nyohe,f
/ ivn

nyu,f
/ enk

o,alt
/ e

o,f
/ myut
e

obiya,alt
/ lejemme

oes,szd
/ toe

ohotxie
/ [生物][医療]喘咳寒熱
rd;/
24

oiskim
/ [生物]背屈
rd;/
24

okaxe
/ [名詞]協会、アソシエーション
rd;/「ともに協力して作る会」
23

oke,f
/ lyu(そこ)
o(距離が)/ke(行く→離れた)

okela,f
/ lyu
oke/la

okinislil
/ [化学]メンデレビウム
18:制

oklsata
/ [地学][歴史][生物]共通祖先
vl;/
23

oktar
/ [物理]導電部
21

oktraopand
/ [生物]mRNA、メッセンジャーRNA
rt;/核外のリボソームに伝達することから。
24

oliv,szd
/ pil

olivianhette
/ [医療]鍼柄、しんぺい、軸、竜頭
rd; 24

olivianloolo
/ [医療]鍼管
sm;/
24

olivianmoa
/ [医療]鍼根、しんこん、鍼脚
szd;/
24

olivianpuxxe
/ [医療]鍼尖、しんせん、穂先
szd;/
24

oliviansal
/ [医療]鍼体、しんたい、穂
szd;/
24

olivie,ltk
/ lejemme yukl、duur
olivia

olmaakon
/ [地学][植物]0層の土壌
19:ridia
[語法]
土壌の1層目。落ち葉や枝の積った相。実質上、地面よりは上。

'olo,szd
/ holo
holoo,fv.l

oltires
/ [音楽]ウィンドチャイム、オルトイレス
vl;olt/ires イレス神のような形の球にわっかがついたものとして開発された。
22

oma,alt
/ ov

omayami,alt
/ xaleveiz
/

ome
/ [単位]沙
21:oma

omie
/ [言語]内項。意味上の目的語。
[反意語]soit
rd;omi/et
24

omieyuo
/ [言語]非対格動詞、所動詞。主語になるものが意味上の目的語である動詞。
[反意語]soityuo
rd;/
24

omuli,alt
/ klas
omulu

omulu,alt
/ homs
homyu.k

on(2)
/ [接尾辞]草木を示す


on(3)
/ [化学]三重結合、アルキンの接尾辞。
19:ryuu

on,alt
/ o

ondit
/ [経済]営業外収益
19

onen(2)
/ [名詞]関係者
[反意語]meilen
rd;/
23

ongak
/ [経済]営業外費用
19

onko
/ [音楽]イレブンス
21

onlem
/ [音楽]十重奏、デクテット
rd;/
23

ontel
/ [接尾辞]自然動名詞を作る。開音節ではntelになる。
21:ont<19:恣意
[文化]
iva
【用例】
metontel 落下
rigontel 故障

ook,rk
/ took
tooki.l

oor
/ [言語]オール

[語法]
est

opa
/ [被服]継ぎ、パッチ、つぎ布、継ぎ接ぎ、継ぎはぎ、つぎはぎ、ツギハギ、ツギ、つぎ
[電算]パッチ
13:制:opabe(継ぎ布)

opabe
/ 花布→lei
22

opetil
/ [医療]使薬
szl;/「補う薬」
24

opmava
/ [植物]スタッフオリーブ(詰め物をしたオリーブ)
16:制

opnanifa
/ [地球の星座][ユマナ]ぎょしゃ座
24
[文化]
ifa

oppa
/ [被服]コッドピース
kk;.selan
24
[文化]
kkの民衆が編み出したもので、ジッパーがない時代の産物。男性が小便をするときに開閉する。
smになるにつれ徐々に装飾がほどこされたり金属製になったりして、男性性の強調に使われた。性器を大きく見せるためにわざと大きく作るなどという虚飾まで行われたが、ndで廃れた。

oppel
/ [音楽]ソウル
frfs;「揺れる」
21

opseem
/ [化学]付加重合
19

opyev
/ [化学]付加反応
19

oraazl
/ [医療]関節結核
19:seren

ordiantaka
/ [地学][歴史]オーデアィン大陸
[ユマナ]ゴンドワナ大陸
vl;/。アルテから分裂してできた中で最も大きい大陸なのでアトワーユ→オーディアンとなった。
23

'orett,szd
/ miik
heren/teeze「リンゴのような」。cv末期のシージアで栽培されたリンゴに緑のものが多く、赤のherenに対して緑のほうをherenettと呼んだ。それがやがてリンゴ全体を指すようになるとともに、語形も時を経るごとに'orettに変化していった。

orpkoretta
/ [化学]半導体ダイオード→koretta
vl;/
23

'ort,szd
/ hart
hort,fv.l

osnarvij
/ [約物][、[記号
21

osndalt
/ [政治]文官
rd;/
24

osnrein
/ [言語][文字]アセンダーライン
21

osnsab
/ [被服]貫頭衣
rd;/
24
[文化]
神代からあった。

osnvaik
/ [生物]頭部
rd;/
24

osnxezl
/ [生物]頭索
19

osoa,f
/ 8
elt;soaj

ov,me
/ esk

ovjaxlox
/ [医療]移動盲腸
19:seren

ovmesayuo
/ [言語]移動様態動詞
19
[語法]
luk,lef,kernのような動詞。yulに移動経路が来る。

ovmirok
/ [宗教]動力神
rd;/
24

ovmiyusan
/ [物理]運動方程式
19

ovyuo
/ [言語]移動動詞
19
[語法]
ke, luna, luko, leevのような動詞。yulには目的地が来る。

owen,alt
/ elfe

owiho
/ [生物]大鼻翼軟骨
19:人の鼻を豚の鼻のように横に広げている骨

oyukakm
/ [化学]残査油
19

oznalt
/ [ランドマーク][政治]国会議事堂
rt;oznal/te
24
[文化]
rtでファルシアン宮殿の北側、コノーテ=リディア通りに立てられた。規則を重んじるリディアに敬意を評してリディア通りに建設された。

pa,f
/ far
faia

paal,f
/ far、fir
pa/al

paalolt
/ [天文]リギルケンタウルス
19:ridia/seren/mel
[文化]
パールの投げた首輪を象徴する星。leptool参照。

paam,f
/ vasn
paは光。

pabarn
/ [被服]ルダンゴート
rd;/
24
[文化]
乗馬用のコートとして地球より早くrdで生まれた。

pabfeln
/ [交通]辻馬車
rt;feln参照。rtでfelnがタクシーの意味になったので新たに辻馬車が造語された。
24

pabgel
/ [軍事]騎兵銃、騎銃、カービン
rd;/
24
[文化]
gel

pabkad
/ [地球の国名]ブルキナファソ
19:国章に馬

pablasl
/ [被服]ライディングブーツ
rd;/
24
[文化]
smでできた。乗馬用。

pafet,szv
/ son、yan、see
< pafi/teeze

pafiepi
/ [音楽]ブリッジピン
rd;/
23

pafiset
/ [音楽]ブリッジミュート
21

pafizelo
/ [生物]橋
19
[文化]
rdで、解剖時に形が橋のように見えることから、名づけられた。

Pag,frf
/ pag
fovet

pagfo
/ [言語]入破音
19:もともと古アルカの入破音がほぼ「しゃっくり」という語にしか使われなかったことから。

paibkad
/ [地球の国名]セルビア
19:国章がカーテンに見える

pal,f
/ sa
e

pala,fv
/ pano
papalura.fris

palab,zg
/ sasab
pal/sabe

palala,f
/ alx
e

palamekia,fv
/ pan
pala/mekia

palan,lsd
/ pan
palamekia,fv.xik

pali,alt
/ axte
「芽吹くとき」

palifokaj
/ [天文]恒星間宇宙船
21

palmskit
/ [名詞]優先席
[名詞]シード、シード席、シード権
rd;/
24
[語法][文化]
電車やバスなどに老人用の優先席はない。アルバザードではそもそも全席が優先席であり、老人や怪我人などが優先的に座れる。国民性からして座っている元気な者が率先して席を譲るため、優先席を設ける必要がそもそもない。
また、日本語と違い、アルカの優先席は映画館のS席のように有料でより良い席で優先優遇される席という意味も持つ。ふたつの意味があるので注意。

palmtakilm
/ [名詞]ページシステム方式
rd;palmevita/takilm
24
[語法]
パラマストーナメント(ステップラダー)にダブルイリミネーション方式を組み合わせており、敗者復活でも優勝できる可能性を持つ変則的な方式のこと。

palsark
/ [生物][医療]脈会
rd;/
24

palt,fv
/ sata
pal/lantis「前の人」

paltmiros
/ [哲学]祖霊崇拝、シャーマニズム
rd;/
24

paltmirosan
/ [哲学][魔法][ジョブ]シャーマン
rd;/
24

palu,alt
/ mans
paは芽吹く音。

palue(2)
/ [名前]ぱるえ、ひだまり
19?
[文化]
『ねこにっき』の猫。

paluwa
/ [被服]ホーズ。smごろの貴族が履いた白い靴下のこと。
sm;pal/lua「白い足」
24

palx,szd
/ alx
palala

pan,alt
/ fir

pan,fv
/ pase
これを使って作ったパンがふっくらしており、そのふっくらした様子の擬態語から。

panddilf
/ [生物]核酸塩基。DNAとRNAのこと。
rt;/
24

pangfo
/ [言語]破裂音、閉鎖音
19

pangfoxfo
/ [言語]破擦音
19
[語法]
tx, ts, dj, dzのみ。常に破裂音摩擦音の順番で並ぶので、単語の語形もこれに準ずる。

panis(2)
/ [被服]ホンブルグ
rt;panis。パニス国で作られたことから。
24

papalan
/ 抱っこマシン、おんぶマシン
22:luxia:papa/palan。神楽坂。

paparula,f
/ faal
「光るもの」

papifa
/ [地球の星座][ユマナ]コップ座
24
[文化]
ifa

papoifa
/ [地球の星座][ユマナ]はくちょう座
24
[文化]
ifa

pappa,fv
/ monin
「パッと開くような」というオノマトペ。

pappakal
/ [アイテム]コラ。刀の一種。smのmeで作られた。
sm;/
24

pararaiz,lsk
/ 23
パラライズという部隊のこと。23人で構成された小部隊を意味した。
古:語源不詳

parmev
/ [経済][ユマナ]円建て
19

parmkal
/ [ユマナ][アイテム]日本刀
rd;/
24

parmyuliel
/ [ユマナ]能、能楽、能楽の能
20:日本のユリエール

partil
/ [名詞]パルティール照明
[アクセント]partIl
meltia 11:gilius;pa/retil
20:pa(光の音象徴)/retil(蛍石)
[文化]
meltia 11にギリウスが発明した照明道具。当時はたいまつのような炎を用いた照明しかなかった。蛍石は光の魔石で、高魔圧をかけると長時間に渡って淡い光を放つ。これと銅を組み合わせるとさらに照明時間が長くなる。銅の鍔を持つ杖に蛍石を取り付ける。鍔の部分に蛍石を乗せる。ちょうどコスモスやチューリップの花のおしべやめしべがあるところに蛍石を置く感じである。
低魔圧状態に置くことで光が消えるため、魔圧を調節してスイッチ代わりにできる。
神から人に伝わり、火事を起こさず熱くもならない照明として人気になった。しかし木材に比べて高価なため、一部の人間しか使うことができず、庶民は火を起こしていた。

pasela,alt
/ lemp

paselu,alt
/ sil

paskdilfai
/ [医療]知熱灸
rd;/。途中で消してしまうため。
24

pasttus
/ [医療]米粒大
rd;/
24

pavfrei
/ [地球の国名]リトアニア
19:国章が騎士剣

pavkad
/ [地球の国名]マルタ
19:騎士団しか思いつかない

pazman
/ [ジョブ]薬草師、薬師
rd;/
24

pazo
/ [植物]カバノキ
alakta

pe,f
/ pes
elt;e

pedifa
/ [地球の星座][ユマナ]おひつじ座
24
[文化]
ifa

pekka dist
/ [人名]ペッカ=ディスト
rt;pikka
22
[文化]
pekkal

pelslaz
/ [地学][歴史]石炭紀
vl;/
23
[文化]
gaavefeme

peltart
/ [魔法]儀式魔術
rd;/
24

penxilvania
/ [地名]ペンシルヴァニア
[数学]魔六角陣、六角魔方陣
kk:li;penxil/vania,fv
21:mel:「ペンシルの街」
[文化]
penxilを六角形に19個集めたバルマーユの大都市。kkで7700ymごろ、悪魔パンが建設した。aletは各penxilに1〜19のいずれかの個数が置かれている。六角形の置き方は上から順に以下のとおり。数字は各penxilにあるaletの数。一列ずつ書くが、このリストだと六角形には見えないだろう。これを19個の六角形から成る大きな六角形になるように配置する。例えば中心には5のpenxilが来て、頂上には3が来る。

3
19 17
16 7 18
2 1
12 5 11
4 6
10 8 9
13 14
15

出来上がった六角形を見ると、縦横斜めどのルートを通っても数字の和が38になる(この図の場合は横に並ぶラインはないので縦斜めだが、反転や回転や書き方によっては横斜めで揃うこともある。いずれにせよ回転系などなので、同じことである)。従ってpenxilvaniaのどの街境を警護しても、必ず38 aletを通過しながら一定量を回復できる。もしこの魔方陣がなければaletの無駄遣いが起きるか、あるいは回復量が一定にならず、戦略を立てにくい。言うまでもなく回復量の弱いルートを守るところから穴を開けられてしまう。辺が3の六角形で整数(aletは分解するわけにいかないので)で魔方陣が成立するのはこのケースだけであり、反転回転を除いてほかにない。
外側のpenxilには街境を守る兵の代わりが控えており、前線が撤退すると交替する。撤退した者は回復しながら反対側に出ることができ、即座に逆方向の防衛に出れる。同時に逆方向の前線とバトンタッチし、逆方向にいた者は相手が来たルートを遡って回復し、相手が元いた場所の前線に出れる。従って外周penxilに2名ずつ護衛がいればよいことになる。

pepl,bg
/ lis、hait

peston
/ [料理]オーディナリーバージンオリーブオイル
21:「ペストの」

petii
/ [人名]ペティ
20
[文化]
(yuuma 5481:(5491:))メルテナ後期のレスティル女王。わずか10歳で即位したため、摂政が生まれた。

pett,ly
/ ped

pi(2),alt
/ ko

pi,alt
/ pind

pi,f
/ pil、pind
faia

piassarm
/ [経済]支払手形
19

piasxiln
/ [経済]受取手形
19

pidlbatto
/ [アイテム]モーニングスター、モルゲンシュテルン
sm;/「栗メイス」
24

pidlwaal
/ [アイテム]モーニングスターフレイル
sm;/
24

piekali
/ [アイテム]小烏丸
rd;pielu/kali
24

pielu,alt
/ toe
pipi

piif
/ [アイテム]ジャベリン
zg;pip/fuugi「投げ槍」
24

piiki,fv
/ frei
pi/gi

piikipuugi,fv
/ 有罪、罪、犯人、悪意


pikkel sou
/ [娯楽]ぴっけるくん
21
[文化]
『クレヨンしんちゃん』に相当するアニメ。

piladesk
/ [化学][芸術]礬水、陶砂、どうさ
rd;/「墨を封じ込める」
23
[語法]
明礬を溶かした水に、にかわをまぜた液。墨や絵の具などがにじむのを防ぐために紙や絹などに塗る。

piladilfai
/ [医療]墨灸
rd;/
24

pilekad
/ [地球の国名]ルワンダ
19:国章にコーヒー

pilpkap
/ [名詞]いたずら電話
14:制:いたずら電話

pilu,alt
/ pil
pi/lu

pin,f
/ [格詞][文頭純詞]man、mil、alman
elt;pi理由を「針で止めておく→釘付けにしておくもの」になぞらえたメタファーから
赤:語源同上

pinaalan
/ [政治]社会契約説に相当
19
[文化]
社会は自然状態から国家と国民間の契約にシフトすることでできているという考え。ナディアで確立。

pinafut
/ [経済]信用取引
19

pindfreadol
/ [地学]針鉄鉱
19

pingifal
/ [生物]棘皮動物門
22

pinkasl
/ [化学]シアン酸
19

pinkhou
/ [化学]シアン酸塩、シアネート
19

pinol
/ [地学]孔雀石
19:pinoh/dol
[文化]
魔族ピノーの甲羅の一部は孔雀石でできている。孔雀石は魔石で、冷気魔法を完全に防ぐ効果がある。ピノーは亀だから、孔雀石のおかげで寒い地方でも暮らせる。従ってピノーを倒す際は孔雀石を突き刺し、冷気魔法を放つのが定石。

pioraopand
/ [生物]tRNA、トランスファーRNA
rt;/リボソームへタンパク質を作るための材料であるアミノ酸などを運ぶことから。
24

pipi,f
/ toe
pi/pi

pippi,f
/ [名詞]man、sanje、理由。接続詞的に使うのではなく「理由」という名詞。
elt;pin/pin


pisifal
/ [生物]刺胞動物門
22

pisloob
/ [被服]ハンチング、ハンチング帽
rt;/
24

pitasapmfaiz
/ [医療]薬剤性肺炎
19:seren

pitmvoxn
/ [生物]肝細胞
rt;/
24

pitoa
/ [魔法]修験道
alt
24

pitoi
/ [ジョブ]修験者
alt
24

piyon,szl
/ luwa、zam

piyonaljevimankan
/ [生物][医療]足太陰脾経
szl;/
24

piyonflavermistkan
/ [生物][医療]足太陽膀胱経
szl;/
24

piyonkaltetxellkan
/ [生物][医療]足陽明胃経
szl;/
24

piyonlaaxexarlkan
/ [生物][医療]足少陰腎経
szl;/
24

piyonlexialeankan
/ [生物][医療]足少陽胆経
szl;/
24

piyonmyuxelkaloakan
/ [生物][医療]足厥陰肝経
szl;/
24

piyopoyoinx
/ [娯楽]ぴよぽよ交差点
21
[文化]
『らんま2分の1』に相当するアニメ。ぴよが女主人公で、ぽよが男主人公となる。

planze,szl
/ vols

plie,szd
/ po
<>po

poadis
/ [法律]斬首刑
19
[文化]
首を切り落とす刑。特に付加罪がない場合に適応される軽い死刑。

poet
/ [医療]嚢胞
19:pon/eria

pofloob
/ [被服]トールラウンデットクラウンハット
rd;/。パンの形をしていることから。
24
[文化]
smでできた。

polus
/ [被服]ブラゲッセ、ニッカー
sm;poto/lus「スカートの中に」
24
[文化]
smで娼婦がスカートの下に履いたズボン。スカートをチラッとさせてブラゲッセを見せて誘惑するために履いた。

pom(3)
/ [生物]くるぶし、踝。通常拘束形態素として使う。つまり単独の場合はluwapomなどという。
rd;/
24

pon,alt
/ sete

ponta
/ [名詞]レースキャップ、コイフ
sm;fovet。頭にポンと置くときの音。親がそう言いながら子供の頭にかぶせたことから。
24
[文化]
smにできた子供用の帽子で、裕福だとレースが付く。rdでも一般的にかぶっていた。特に女の子がかぶった。

popekate
/ [名詞]ステーキ屋、ステーキハウス
rd;/
24
【用例】
an xa tur popekate. 今ステーキ屋にいる。

poppon
/ [娯楽]ポッポン
21:擬態語
[文化]
『星のカービィ』に相当するゲーム。

poravinalx
/ [経済]景気先行指数
al;/
23

porbag
/ [医療]前揉法、前揉撚
rd;/
24

poreet
/ [経済]ワラント、新株予約権証券
22:porretlangeet

porventxiam
/ [経済]新株予約権付社債
22

pothimt
/ [生物]内陰部
rd;/
24

poto,f
/ pot
e

potti ineaato
/ [人名]ポッティ=イネアート
21:fulmiia/gil;poto,f/i,fv
21:fulmiia/gil:古poto(中)/古i(指小辞)「おなかの中の子」妊娠中にそう呼んでいたが、愛着を感じてしまったため、出産後にそのまま名前として採用したもの。
[文化]
(21 dyu ser_)ギルとフルミネアの長女。

potveml
/ [数学][物理][地学]内射
20

potveyu
/ [言語]抱合語、抱合語的
19

povaik
/ [生物]頸部
rd;/
24

povi,f
/ pov
「首に力を込める」

pran
/ [普通動名詞]宣言、声明、公言
[動詞]yulをaに宣言する、宣言する、声明する、宣言する、公言する、約束する、誓う
14:制:alakta:plan

pshoora,kt
/ soret
pshoora.k

psoora,lsl
/ soret
pshoora.k

psorletti
/ [地学]銅藍
19

pulet,szl
/ kaaf
puul/te

pulin
/ [生物]曲鬢
21:pulit

pulit,szd
/ toa

pupu,alt
/ diaik
<>ip

puukuu
/ [名前]プークー
rd;fovet
22
【成句】
owi del nene em puukuu xalt nene 〜という豚が〜にとってプークーとなる:情が移る、情が湧く
[文化]
サプリの村でリディアが飼っていた子豚。

puul,szd
/ kaam
kookvet

puuyu,szd
/ ip
<>ipsen

puuyuvim
/ [生物]中殿筋、中臀筋
24<22

pux,szd
/ kuo

puxxe,szd
/ vesn
<>pux

pwan,szl
/ lejemme
<>psoora

pyua,szd
/ noz
pyuiz.k

pyuiz,szd
/ ji、jikit
<> pyua

pyuts,fv
/ pita

r,szd
/ 主格語尾

raabyu,fv
/ aav、raav
<> byu

raava,fv
/ frein

raavyu,lsl
/ aav
raabyu,fv.l

rafemkad
/ [地球の国名]サモア
21<19:国の島の形がrafm

ragnadia
/ [企業]ラグナディア
21
[文化]
ファナックに相当する企業。

ragnan
/ [娯楽]ラグナン
21
[文化]
『ロックマン』に相当するゲーム。

rai,li
/ klik

raindoal
/ [経済]繰延資産
19

raixado
/ [経済]元素鉱物
19

rakanda
/ [経済]上値
22

rakatolas
/ [娯楽]幻天超越
21
[文化]
『銀河英雄伝説』に相当するアニメ。

rakosapmfaiz
/ [医療]過敏性肺炎
19

raksan
/ [音楽]ダイアトニック
21

raldlil
/ [化学]キュリウム
18:制

ramas
/ [政治]住民票
rd;ran/mas「住民の紙」
24
[文化]
・起源

住民票はsmで徴税を合理化するために作られた。戸籍だけでは把握しきれない世帯の実質的な構成を調べ、どのような世帯構成でどのような人がどこに住んでいるのかを把握し、国税と地方税を効率よく徴収できるために作られた。

・革命におけるセレンの創案

ljの革命では戸籍と住民票の役割が変えられ、戸籍は自分が選んだ行政区を登録することになり、住民票は実際に住んでいる実住所を示すようになった。
革命ではミール・レスティミールにより、地方自治体ごとの特色が強まり、地方自治体ごとに特色ある政策を行うようになった。例えば凪人はアルバザードではマイノリティだが、カレン半島ではマジョリティである。そしてアルバザード全体ではトール人が多い。国策としてどの県でも同じ政策を取ると、マジョリティであるトール人の意見ばかりが通る。凪人の一票はトール人の一票より弱い。ここに一票の不平等が生まれる。
この一票の不平等を防ぐために、世代・性別・人種・宗教・収入・社会的地位などに応じて地方自治体ごとに一人の票数を小数点単位で定めた。例えばトール人ばかりの地域ではマイノリティの凪人が1.2票になるなどといった風にである。
これにより階層間格差は縮まったが、住んでいる階層は地方自治体ごとに異なるため、地方自治体ごとに異なった政策が採決されるようになっていった。アルナはトール人に有利な政策をし、カレン半島は凪人に有利な政策をするというように、である。
すると当然、アルナの凪人は不遇を託つし、カレン半島のトール人は不遇を託つようになる。たまたまアルナに住んでいる凪人は不利な政策を被らねばならないのか。
もちろんアルナの政策が嫌ならカレン半島に引っ越せばいい。その自由は認められている。しかし持ち家があったり子供が学校に通っていたりアルナに会社があったりしたら、引っ越しは現実的でない。
そこでセレンは戸籍と住民票を分けて考えることにした。例えば上のような人には住民票上はアルナにいてもらい、戸籍はカレン半島に置いてもらう。アルナの土地に持ち家を持っているので、アルナの地方自治体には固定資産税を払い、公共サービスもアルナのものを利用しているのでその分の税などを払う。その一方で、残る地方税に関してはカレン半島の地方自治体に支払い、カレン半島の住民とみなしてもらい、カレン半島の政策を受けることができる。

分かりにくいので日本に例えよう。例えば消費税を上げるべきだという意見と所得税を上げるべきだという意見があった場合、ミールの集計により直接民主制に基いて埼玉は消費税が上がり、神奈川は所得税が上がったとする。ここで埼玉在住のセレンが消費税より所得税を上げてほしいと思ったら、戸籍を神奈川に置いて住民票を埼玉に置く。そうすることでセレンは埼玉県内でも神奈川県の所得税率で買い物ができる。アンセのIDで会計をするため、そのようなシステムが可能になる。
消費税の低い地方自治体に戸籍を移したら安く買い物ができるとおもいきや、神奈川では所得税が高いわけだから、結局所得税の部分で多くを払う羽目になる。なのでよく消費をする人は神奈川に戸籍を置けばよく、収入が低い人は埼玉に戸籍を置けばよい。地方自治体ごとの政策をよく勉強することが節税に繋がるわけである。

なお、戸籍の二重取りはできない。つまり埼玉と神奈川の両方に籍を置くことはできない。
革命により、アルバザードの地方自治体はそれぞれの特色を増すようになった。また、都市部の地方自治体ばかり羽振りがいいという「都市部と農村部の格差」も少し縮んだ。というのも、会社がアルナにあるので田舎には住めないが戸籍だけなら移してもいいと考える者が出てきたため、農村部の地方自治体は戸籍を誘致(つまり地方税収入の見込みがある)するために、地方の特色を活かしたユニークな政策を取ったためである。革命前までは日本の夕張市のように破綻していたような農村部の地方自治体に戸籍が移ることで地方税収入が見込めるようになり、都市部に集中していた地方税の格差が緩和された。とはいえ都市部に戸籍を置く人間は革命後も圧倒的にマジョリティであるため、都市部が財政難で機能維持できなくなるほどではないし、戸籍を移しても結局固定資産税などは実際の住民票上の居住地の自治体に払うため、都市部の地方税を地方が根こそぎ奪うわけではない。
結局これもセレンの求めた格差の少ない世界、マイノリティを泣き寝入りさせない世界の実現に向けた政策と言えよう。

・革命におけるメルの案

上記のように戸籍と住民票を別に分け、ある場所に住みながら違う場所の条例で生きられるようにしようとセレンは考えた。ところがこれにメルが現実的でないと反対した。
同じ地域に違うルールを持った人間が住んでいると混乱が生じるとのことだ。例えば自転車が歩道を走って良い県があったとする。その県は歩道が広く整備されており自転車が歩道を走っても安全なように設計されているからそうなっているわけで、そこに戸籍を置いて他県の歩道を自転車で走り回ったら危険だ。その県の歩道が自転車向きでなければ事故になる。警察もいちいち歩道を走っている自転車をすべて止めて相手の戸籍がどこか調べてOKかどうか判断しなければならず、不便である。何よりその自治体にはその自治体ごとの風土があり、それに適した条例ができているわけだから、むやみやたらと混ぜこぜにすべきでないとした。これにセレンは賛同し、結局戸籍を別のところに置いてその自治体の条例に従うという措置は実施されず、創案だけで終わった。

randilaz
/ [地学][歴史]デボン紀
vl;/
23
[文化]
gaavefeme

ranset
/ [被服]ダルマティカ、ダルマティック
zg;このころ民衆がよく仕立てた服をransetと言っており、それが法衣として献上されたことから。
24
[文化]
アルテ教の法衣。

rante
/ [名詞]わがや、わが家、我が家、マイホーム
[形容詞]我が家の、ウチの
220:ridia:ra/antes。会話で「ウチのネコ」というとき、ket e ra lenanというのは面倒くさい。かといってket lenanでは、我が家のという解釈のほかに、今会話をしている相手を含んだ「われわれ」の解釈も出てしまう。日本語でも家庭の場合は「ウチの○○」というように「ウチの」を使って言い分ける。これと同じように、簡略化と言い分けのために作られた。
【用例】
ket rante ウチのネコ

ranton
/ [人名]ラントン
20
[文化]
imul 12 ユリア、メティオ高官のrantonと再婚

raoifa
/ [地球の星座][ユマナ]かに座
24
[文化]
ifa

raoxiim
/ [化学]リボース
19:seren:構造が蟹に見える

ratadil
/ [植物][医療]良質艾、良質モグサ
rd;/
24

rattoev
/ [経済]米ドル建て、ドル建て
19

ravasl
/ [化学]パルミチン酸
19

razordin
/ [交通]ラゾーディン駅
[ランドマーク]ラゾーディン教会
22:ra e sordian「守護神の家」
[文化]
ファイマン線:東カリーズ→ラゾーディン→幻京橋

refyulal
/ [物理]層流
21

reia
/ [形容詞]さみしい、淋しい、寂しい、さびしい、わびしい
古:mel:reia←reian。re i an(私を見て)が語彙化したもの。とても儚くて、メル本人が好きな単語。
【用例】
el na alxe man el na tur reia. 昔を懐かしむのは今が寂しいからだ。
an nat reia xed man. わけもなく寂しかった。
el bas fia tis le tyu na reia ka sete? あなたがさびしい世界なんて、いらないでしょ?
"mirok lam lot soa lex nos na reia man netal mi lu" 「最初の神さまがこう思ったんだ。ひとりはさびしい――って」

reil(2)
/ [化学]チオール
19:bel/rit。あまりbから始まるのが増えてもややこしいので。

reila
/ [化学]メルカプト基、スルファニル基
19

reila,szd
/ eria
<>eria

reineev
/ [物理]平面波。波源から離れたところにある波で、波面が平行に線のように並ぶ。
19

reinhac
/ [言語]連結体、繋げ文字、筆記体、筆記
19
[文化]
ark,lutia,hailenのように繋げて書くもの。

reizcaifa
/ [天文]アルゴル
19:ridia/seren/mel
[文化]
リディアがリアントに降らせた流星はウィガル座から来たが、届かず迷子になった星がアルゴル。

rekia,szl
/ apl
reila/mekia

rendi(2)
/ [人名]レンディ
21
[文化]
『夢織』の登場人物。アルナ大11組の担任。髪は黒のソバージュ。30代のイケメン教師で、黒灰のスーツ。バンド「フィーナ」のサイドギターと顧問を担当する。

rensluup
/ [名詞]言葉の暴力
[反意語]mainluup
rd;/
24
[文化]
言葉を重んじるアルバザードでは言葉の暴力と体の暴力は対等に扱われる。13年現在の日本では妻が口で夫を怒らせて殴らせれば、一方的に夫がDVと誹られるのが実情で、妻が夫を怒らせた元凶であることは事実上無視される。一方革命後のアルバザードでは言葉の暴力と体の暴力は相殺される。
また日本では名誉毀損や侮辱罪など、ネット上では警察が取り締まらないので、あってないようなものだが、アルバザードでも革命までは似たような状況であった。革命で取り締まりをきちんと行うようになったことで言葉の暴力は体の暴力に匹敵する悪であるという認識が広まった。

retldolt
/ [ユマナ][娯楽]エネミーマーカー
21

riaxasl
/ [化学]無機酸
19

ridia(3)
/ [地名]リディア
20:ridia:Li(美しい)/dia(土地)。この時代この土地のマレット語でlimi(美しい)がLimiと発音されたため。
[文化]
古代国家のひとつ。シージアの南。

ridialiifa
/ [天文]→ridia

rie,fv
/ veld
ri(誘惑の)/e(水)

rigmirok
/ [宗教]破壊神
rd;/
24

rikviida
/ [生物][医療]井穴
rd;/「経脈の出る穴」
24

rimululu,f
/ him、hipt、esse
luluの部分は「物物」。riは「魅惑」。muは恐らくここでは「苦痛」。原義は「物と物による魅惑で苦痛を伴う行為」。

rita
/ [化学]ヒドロキシル基
19

robhohallooz
/ [生物]膝蓋骨上縁
rd;/
24

robhokt
/ [音楽]ハイハットシンバル、ハイハット
21:
[語法]
オープンはhom。クローズドはdeyu。ハーフオープンはtifa。ペダルはwont。ペダルで蓋をするかのように閉じ合わせるのでrobという。

robhowax
/ [生物]膝蓋骨尖
rd;/
24

roklas
/ [医療]押手、おしで
rd;/
24
[文化]
鍼において肌を押さえる手。ふつう左手。

rom,ly
/ le(関係詞)

rothol
/ [生物]内旋
rd;/
24

rotkim
/ [生物]屈曲
rd;/「〜のほうからこちらに曲げる」
24

rotkorx
/ [生物]内返し、内反し、内がえし、内反
rd;/
24

rotov
/ [生物]内転
rd;/「〜のほうからこちら側へ動く」
24

rotsai
/ [生物]回内
rd;/
24

rovflel
/ [生物]肩中兪、肩中愈
21

rovgot
/ [生物]内側顆
rd;/
24

rovkami
/ [生物]陰谷
21

rovlobo
/ [電算][工学]クラッド→fartanx
vl;/
23

rovmixk
/ [生物]内膝眼
21

rovpom
/ [生物]内くるぶし、内踝、内果
rd;/
24

rovpomwax
/ [生物]内踝尖、内果尖
rd;/
24

rovsia
/ [生物]軟膜
19

rsiel,szl
/ kuto
rsiila/siel

rsiilarko
/ [言語]親ノード
rd:mel;/
23:mel

rudialil
/ [化学]アクチニウム
18:制

rujasl
/ [化学]ミリスチン酸
19:ridia:C13なのでルージュ。カルボン酸の一種。

ruli,f
/ rul、xan

ruval
/ [被服]ホーゼン
sm;ruvai/yolo
24
[文化]
smの傭兵が好んで着たズボン。

ruxilo,f
/ ra
e

ryaji,f
/ oj
lya/ji「指が近い」がr化したもの。

s(2)
/ Sant

s,ly
/ 主格の接尾辞
so.k

sa,alt
/ lan

sa,alt(2)
/ diiaetek

sa,f
/ sab(着る)
>
saalet
/ [音楽]シンコペーション
21

saalkard
/ [動物]オモミス類
al;/→eltkard
23

saalmina,f
/ saalin
elt

sabanje
/ [被服]メイド服
sm;sabe/anj az anje
24
[文化]
anj

sabe,f
/ sab
f;e

sabsa
/ [被服]前身頃
rd;/
24

sabxi
/ [被服]後身頃
rd;/
24

sabxos
/ [被服]着丈
rd;/
24

sadalu,alt
/ 預かり物の、預かってある

sadeyu
/ [被服]前とじ、前閉じ
rd;/
24

sae satis
/ [死神]紗枝、夢織の紗枝、サエ=サティス
19:seren
[文化]
『夢織』の主人公。夢織種の少女。元は人間。サティスは育った村の名前。
命を失いかけた際、育ての父アルハイクによって死神となる。
夢織となった紗枝は死神ランヴェムとともにアルナへ渡る。
幻術でアルナ大学の生徒になりすまし、永遠のアルハン(日本の高校一年生)を繰り返す。
性格は内向的で暗く、友達は少ない。外見は大人しく美人で、典型的なルティア人像。
引っ込み思案で、付き人のランヴェムにしか喜怒哀楽を見せない。

sae,alt
/ lusp
<>sabe

saearluno
/ [化学]脂環式炭化水素
19:構造が雪の結晶に似ていることから

sagagfo
/ [言語]咽頭音
19

sahom
/ [被服]前あき、前開き
rd;/
24

sai,alt
/ arsa

sai,fv
/ sort
psoora.k

sai,szd
/ hol, menk

saik,ltk
/ despan
sai,szd/gi,f

sait,szd
/ sort
sai,fv/teeze

saj,szd
/ szdの対格語尾
jはjuで「受ける」

sajent
/ [経済]寄り前。アルバザードのイレンだと9時前ごろのこと。
22

saka,alt
/ lizl
sa/ka「人の場所」

sakla,figit
/ kal

sakulu,alt
/ siil

sal,szd
/ main
<>saal

salanak
/ [軍事]照星、フロントサイト
rd;/
24
[文化]
gel

salat
/ [ユマナ][宗教]リンボ、辺獄
24:「キリスト教ができる前の地獄」。地獄に行くべきでない偉人が行くので実際には地獄ではない。

salend,szd
/ yek
sal/end

salman
/ [地名]サルマン山
21:saal/main
[文化]
→walsel
アルナ西部にある山で、標高1000メルフィ程度。中世から王族の遊興の場として愛され、現代でもハイキングの名所となっている。ここの山開きがwalselとなっており、イムル暦では5・9ごろ。

salmant
/ [企業]サルマント
21
[文化]
フジテレビに相当する企業。

salmin,f
/ diain
saal/miina

saloesp
/ [気象]巻層雲、うす雲
19

salsalil
/ [化学]ユウロピウム
18:制

saltsafendi
/ [気象]年較差
19:ridia:arbaxelt

saluna
/ [名詞][形容詞]上記、上述、上掲
[反意語]xiluna
rd
23

salyuifa
/ [地球の星座][ユマナ]さいだん座
24
[文化]
ifa

san,alt
/ vi

san,szd
/ eri

sana,alt
/ miina、liibe

sandal
/ [植物]ウィステリア、ウィスタリア
古sorn

sanialoozseel
/ [生物]前髪際中点
rd;/
24

sanje,szd
/ font,szd、man,ltd
>
sanjelika(2)
/ [建築]サンジェリカ講堂
21
[文化]
アルナ大最大のホール。前期大と後期大の棟の間にある。革命で反対派が血の粛清に遭ったことからこのように呼ばれるようになった。旧称felin講堂。

sanlkem
/ [生物]梁門
21

sans,szd
/ 100、144
sai「アルミヴァが2周する」

sant,hy
/ mir

Sant,szd
/ sam

santart
/ [魔法]現代魔法、近代魔法
al;/
24

sante,szd
/ har
san/te

santiifa
/ [地球の星座][ユマナ]じょうぎ座
24
[文化]
ifa

saosnho
/ [生物]前頭骨
rd;/
24

sapestark
/ [軍事]エアピストル、空気拳銃、空気けん銃
rd;/
24
[文化]
gel

sapfeetfel
/ [言語]音響音声学

sapfiolet
/ [軍事]エアライフル
[アクセント]sapfiolEt
rd;/
24
[文化]
gel

sapgel
/ [軍事]空気銃、エアガン。エアソフトガンはyuligel。
rd;/
24
[文化]
gel

saphank
/ [地学][気象]大気圏
19

sapho
/ [生物]含気骨
rd;/
24

sapl(2)
/ [化学]ニトロ化合物
19:sapli

sapla(2)
/ [化学]ニトロ基
19

saple,ard
/ sisp
sapli

sapli,f
/ sap
e

sapmklez
/ [医療]肺化膿症
19

sapmpoet
/ [医療]肺嚢胞
19:seren

sara varktod
/ [人名]サラ=ヴァークトッド
21
[文化]
アルシェ=アルテームスの義兄弟。戦闘に長け、義父ハインや義兄アルシェを助けた。

sarolma
/ [名詞]折り返し→lei
22

sartalx
/ [言語]フィルヴェーユ語の数
21
[語法]
f同様前置される。

数は10進法になり、60はijialaになる。

千はtekpalala(葉の数)からteep。
万はsupalala(砂の数)からsuup。
0が作られ、yuuで表された。

12進法が追加され、1〜12まではアルミヴァの名が併用された。
5_10進法のエルトの数では5進数がベースなので、この5進数と12進数が組み合わさって60進数ができ、後の時間や角度などに繋がっていく。
特に時間を1時間60分にしたときは、この60進数がそのまま使われた。

12進法や5_12進法は時計や角度など、使用が限られ、日用は主に5_10進法が使われた。
20進法は衰退した。

satalu,alt
/ sat

satiilil
/ [化学]バナジウム
18:制

satika
/ [軍事]フォアグリップ。銃の。
rd;/
24
[文化]
gel

satis
/ [地名]風の村サティス
19:melidia axte:satii
[語法]
salyum
ルティア国郊外の村。紗枝の故郷。
「風絹」という軽くて暖かい繊維で生計を立てている。高品質だが大量生産できないため、村は決して裕福でない。

savanaljegantskan
/ [生物][医療]手太陰肺経
szl;/
24

savanflaverdazettkan
/ [生物][医療]手太陽小腸経
szl;/
24

savankaltetwasetkan
/ [生物][医療]手陽明大腸経
szl;/
24

savanlaaxehinakan
/ [生物][医療]手少陰心経
szl;/
24

savanlexiayuzkikan
/ [生物][医療]手少陽三焦経
szl;/
24

savanmyuxelyuekan
/ [生物][医療]手厥陰心包経
szl;/
24

savante,szd
/ tank
savan

saveer(2)
/ [経済]前引け
22

saviasiza
/ [地学]サヴィアプレート
23

savle,szl
/ feis
sapli.k

sawa,alt
/ teeze

sawakotan
/ [魔法]シルフ、シルフィード
alt;/
24

sawan,alt
/ tos

saya,alt
/ past

sayo,alt
/ zam, luwa

sazok
/ [生物]前頂
21

se,alt
/ tu, le
<>seel

se,f
/ tolk
e

seam
/ [単位]ヨタ
21:semian

sebakl
/ [化学]会合コロイド、ミセルコロイド
19

sebeas
/ [化学]ポリアミド
19

sebon
/ [名詞][言語]カタセシス、ダウンステップ
[形容詞]坂を弾みながら下っていくような
[名詞]下り坂をバウンドしながら落ちていく物や軌道のこと
rd;/「弾みまくる」
24
[語法]
坂を転がるサッカーボールのように段々になりながら徐々に下降していくもの。思春期以降の人生などこれに尽きる。人生山あり谷ありなどと日本語では言うが、実際にはその山谷は下り坂の上を走っていて、山があったように見えてもどのみち昔通った高い位置から見ればその山ですら低い。人生など思春期以降は下り坂にすぎず、高くなったかのように見えても、しょせん黄金期に比べれば高くはないという真理。
【成句】
lfis xien malt et sebon. 思春期以降の人生は下り坂。

secmalea
/ [企業]セルマレア
21
[文化]
富士フィルムに相当する企業。

seda
/ [形容詞][ポジティブ]思考が柔軟な
[反意語]velante
rd 13:制:古:seda(新しい)

seda,f
/ sam

seder
/ [美容]クレンジングローション
21

sedo
/ [動詞]yulを消す、消す、消去する、消える
[普通動名詞]消去
[自然動名詞]消失、消滅
[反意語]sod
[類音]sed。意味も似ているので注意。
f:elt;e
赤:sed,sedo(消す)
sedo:sedo
[語法]
sedと発音区別注意。ただし、消せるし取り除けるものというのは世の中に限られているので大丈夫だとは思う。字は消せるが取り除けない。迷うのはペンキだが、ペンキを消せもペンキを取れも同じ動作を要求しているので、大丈夫だろう。

sedo,f
/ sed, sedo, leev
elt;e

sedok,frf
/ leev
sedo/ke「消えて行く」

seej,f
/ 2
elt;seeji

seeji nazel
/ [人名]セージ=ナゼル
22
[文化]
arika owen

seeji,f
/ hanoj
elt;seel/ji

seelesp
/ [気象]中層雲
19

seelfabor
/ [地球の国名]中央アフリカ
19

seelgalis
/ [軍事]センターファイア式、センターファイア
rd;/
24
[文化]
gel

seelkami
/ [生物]委中
21

seelmat
/ [美容]センターパート
21

seelvesn
/ [言語]中舌
19

seelwaaz
/ [数学]中心モーメント、中心化モーメント
21

seelzamo,fv
/ xezo

seemyev
/ [化学]重合反応
19

Seere,f
/ seer
e

seermaglev
/ [医療]非運動性パーキンソン病
19:→maglev

sehoinim
/ [美容]スケルトンブラシ
21

sehopant
/ [生物]骨格系
rt;/
24

seinelsapa
/ [ユマナ][音楽]ハ音記号
19

seliifa
/ [天文]アステリズム、星群
rd;/
24

selletia
/ selneeme

selneeme
/ [言語]ソノヒノキ、セルネーメ←sonohinoki, selletia
20:「その日の姫」の訳
[文化]
sonohinoki

selska
/ [名詞]フィルム装填部
rt;/
24

seltalx
/ [言語]フィーリア語の数
21
[文化]
エルトが作った。
エルト式の物の数え方で、人差し指から立てていく数え方で、5進数がベースの10進数。

1:人差し指jijiからjij
2:中指seeljiからseej
3:3を出すときに小指に親指が乗っかって交差することからsokukajiでsoaj
4:小指liizjiからliij
5:手を広げることから、wa/jiでwaj

6以降は後ろの母音に調和した母音を付けていく。
子音のjが落ちる。

6:iji
7:esee
8:osoa
9:ilii
10:両手を意味するalwaからala

11〜19はalajijのように示す。
20からは20進数。

20はmain/ji(体全部の指)からmanj。
43はliijalasoajでなく、「20が2つと3」と考える20進法で、seejmanjsoaj。

つまるところフィーリア語は5_20進数である。
これは日本人には馴染みがなく、いかにもとってつけた現実にありえない言語に見えるかもしれない。
しかしこれは適当な設定ではなく、例えばアイヌ語はこのような仕組みである。
同じような体系はチュクチ・カムチャッカ諸語、エスキモー語などにも見られる。
これらの言語との差異は10進数の色が濃く、最高数が400でなく100である点である。

100はwajmanjからwama。
暦などがなかったため、千はない。
0を表す語はなく、「〜はない」と表現した。

名詞にかかるときは前置される。
jij miina(一本の花)

seluna,alt
/ serna
serna.l

selvus,fv
/ sev
e

sema
/ [生物]古細菌、始原菌(しげんきん)や後生細菌(こうせいさいきん)
19:sem(比較的単純な形をしている)
[文化]
ふつうその存在すら知らない。日本語と違って「〜細菌」という名ですらないため、semaと聞いてもなんのことだかという反応をする。

semviro
/ [化学]単純タンパク質
19:seren:分子の多寡の問題ではないので、vesやseで命名すると語弊がある。semがよかろう。

sen(3)
/ [生物][医療]絡、絡脈
[反意語]kan
rd; 24

sen,alt
/ xax

sensai,alt
/ sensee、xanxa
/

senta
/ [単位]センタ
古:リュウのマスター原稿にコーヒーがこぼれていてこれも他の単位と同じく語源不詳。他の単位は語源が予想できたが、これは予想さえできない。完全に語源不詳。
[語法]
吸収された放射線のエネルギー量にその放射線の体への影響の度合いをかけたものを示す単位。

senvar
/ [名詞][形容詞]透過性、透過性のある
rd;/
24

senviida
/ [生物][医療]絡穴
szl;/
24
[文化]
15穴ある。慢性病に用いる。

sepviro
/ [化学]フィブロイン
19

sera
/ [化学]基、原子団。接尾辞er。
19:seraix

sereriasiza
/ [地学]セレリアプレート
23

serfren
/ [名詞]金は汚い、お金は汚いもの、嫌拝金主義、嫌儲け主義、嫌儲、けんちょ、けんもう、いやもう、いやちょ、いやもうけ
[形容詞]嫌儲な
rd;ser/frenxen「セレンのように清貧な」
23
[語法][文化]
日本語の嫌儲より意味が広く、お金は汚いものと考える思想のこと。儲けることを悪と考え、運営や生活に最低限必要な程度に利益を出すことに正義と善を見出す態度のこと。収支ゼロどころか身銭を切ってマイナスになる啓蒙活動などはさらに高尚・善行とみなされる。rdやljのセレンがこのタイプの人間であったことから徳としてアルバザードに広まった。一般に、善なるアルバザード人ほど拝金主義を嫌う。

・現実では

子供のころからセレンは親に「金は汚い」「武士は食わねど高楊枝」と仕込まれてきた。思春期になって金持ちを見ていて、納得がいった。
例えばセレンは巨万の富があれば孤児院を建てて食えない者を助けたり、売れない学者や芸術家を保護したいと子供のころから考えてきたが、そういう考えを持った人間にほど金というのは集まらないものである。六本木の億ションを平然と買って持たざる者を搾取するような汚い人間のほうが金に愛されるという現実をこの目で見てきた。
そういう金持ちを見てきたセレンは、金持ちは汚いと思うようになった。金は汚いという考え方が既にあったので、「あ、そうか。これは類は友を呼ぶなんだ」と理解した。つまり金は汚いから、汚い人間のところに集まる。だから自分のように人助けをしたいと思っているような人間のところにこそ優先的にやってこないのだなぁと理解した。
そのままセレンは大人になり、父と同じように自分も娘に同じ考えを植えつけた。娘は従順に洗脳され、5歳の段階で既に金は汚いという考えを持つようになった。実際娘は物を欲しがらず、飽食をせず、清貧を尊ぶ。そしてその自分を5歳にして既に誇り、自尊心を持っているようで、父親としては娘が誇らしい限りである。
【成句】
serfrenen nox serfrenen a nos. 類は友を呼ぶ。paakan nox paakan a nosと同じ。

seripems
/ [化学]不乾性油
20

seripnia
/ [美容]ウェットヘアー
21

serjior
/ [生物]脾兪、脾愈
21:seren/jior

sese,f
/ sov
seel/seel

sesizhons
/ [アイテム]ブリガンディン
rd;se/siz/hons「金属の板が整然と並んだ鎧」
24

setsmiilyan
/ [芸術]伝統工芸品
rd;/
23
[文化]
rdのころはsmまでの古い道具などを指していたが、ljから見れば当然rdの時代の道具も伝統工芸品に当たる。

setto
/ [言語]セット

[語法]
est

sevaxt
/ [普通動名詞]作文
rd;/
23
[文化]
→noskren
【用例】
an axt{ar} fal sevaxt on "es an jigat tu yes?" 「なぜこのコースを選んだか」について作文を書かねばならない。

sevlem
/ [音楽]楽章
16:制

sexfo
/ [言語]両唇音
19

sia e pxantren
/ 『首吊りシア』
9:ridia訳:ユンク小説『首吊りシア』:リディアが参考にした原話は不明。古アルカ題は"sia keno povinuuo"

sia,alt
/ kad

siafont
/ [生物]輸送体。細胞膜の。
rt;/
24

siamain
/ [音楽]シェル、胴。ドラムの胴体。
21

sian,alt
/ art

siat
/ [政治]内閣
sorn

siatata
/ [政治]閣議
19

siaviro
/ [生物]膜タンパク質、膜蛋白質
rt;/
24

siayutan
/ [生物]受容体。細胞膜の。
rt;/
24

siazon
/ [音楽]ドラムスティック→zon
21

sidinsaren
/ [ユマナ][言語]漢文
24

sielnalt
/ [娯楽]天空城
21
[文化]
『天空の城ラピュタ』に相当するアニメ。

sien
/ [生物]すじ、筋。手相の筋など。
rd;sir/rein
24

siik
/ [植物]マルメロ
16:制:serikmiik

siinapas
/ [電算]ファビコン、ファヴィコン
al;/「お気に入りのアイコン」
24

siipslot
/ [名詞]角丸→lei
22

SiiZia
/ siizia
fv;e

siiziapind
/ [医療]柳葉形。撚鍼法に使う。シージアで撚鍼法が発達したのでこの名がついた。
rd;/
24

sik
/ si/ik

sikahac
/ [言語]平体
20
[文化]
hacrein

sikaho
/ [生物]扁平骨。頭蓋冠のように必ずしもまっ平らでないものもあるが、肩甲骨や胸骨など平らなものがメイン。
rd;/
24

siklet,szd
/ voz

Sikyu,f
/ laal
e

silf,ltk
/ fiine
silf

silfanfa
/ [軍事]軽火器、ライトウェポン
rd;/
24
[文化]
gel

silfanoz
/ [音楽]ハミングバード
21

silfluteakm
/ [化学]軽質ナフサ
19

silgadol
/ [地学]ギブス石
19

siliakuni
/ [天文]みなみのかんむり座にあたる星のつながり
19:ridia/seren/mel
[文化]
シリアの触覚に見えたことから。

siltkad
/ [地球の国名]ギニア共和国
19:国家が「自由」

siltratto
/ [地球の国名]リベリア
19:自由という意味。国旗がアメリカに似ている

siltxial
/ [政治]自由都市
rd;/
24

siltzav
/ [数学]自由ベクトル
21

simppant
/ [生物]消化系
rt;/
24

sipalpant
/ [生物]呼吸系
rt;/
24

siplsapm
/ [医療]無気肺
19:seren

sirkil
/ [医療]切皮、穿皮、せっぴ、せんぴ。鍼で使う技術。
rd;/
24

sirtoe
/ [医療]刺入、しにゅう。鍼の技術。
rd;/
24

sirtont
/ [医療]弾入、だんにゅう。管鍼法で使う技術。
rd;/
24

sis
/ si/es

sispar
/ [名詞]蒸留器
rd;/
24
[文化]
sisp

sit
/ si/at

sizhons
/ [アイテム][軍事]プレートメイル
rd;/
24
[文化]
aavhons

skipia,azd
/ iman

skipio
/ [被服]カズラ、チャズブル
zg;skipia,szd.k
24
[文化]
アルテ教の法衣。

sleaho
/ [生物]腸骨
19:ridia

sleaholooz
/ [生物]腸骨稜
rd;
24

sleaholoozrein
/ [生物]ヤコビー線、ヤコビ線→slearein
rd;/。「腸骨稜線」
24

sleahopis
/ [生物]腸骨棘
rd;/
24

sleakeelt
/ [化学]αグロブリン
rt;/
24

slearein
/ [生物]ヤコビー線、ヤコビ線←sleaholoozrein
rd;/。「腸骨稜線」
24

so,alt
/ sol、soi
soluu,f.k

so,f
/ soluwa
e

soaj,f
/ 3
elt;sokukaji.k

sofuto,f
/ sef
「与えさせる」

soilrein
/ [物理]作用線
19

soit
/ [言語]外項。動作主あるいは「意味上の主語」
[反意語]omie
rd;soi/et
24

soityuo
/ [言語]非能格動詞、能動詞。主語になるものが意味上の主語である動詞。
[反意語]omieyuo
rd;/
24

sojwax
/ [生物]棘突起
rd;/「椎骨突起」
24

sok
/ so/ik

sokka,fv
/ sokt
sokuka.l

soktis,szd
/ sokta

soktzon
/ [文字]クロスバー
21

sokuka,f
/ sokt
e

sokukaji,f
/ xerj
elt;薬指で数を出すときに小指に親指が乗っかって交差することから

sokulu,alt
/ sokt
<>sokuka

sokun,alt
/ soi

sola,alt
/ jan
siel.l

soluu,f
/ sool
so/al(するもの、すること)

solxeifa
/ [地球の星座][ユマナ]ヘルクレス座
24
[文化]
ifa

somakad
/ [地球の国名]モザンビーク
19:国旗にバッテン

somasomt
/ [名詞]斜子織り
rd;/。stentsomtに対し、タテ糸とヨコ糸を2本ずつ引き揃えで織ったものを罰点で表現した。
23

son,szk
/ et

sonaria
/ [人名]ソナリア
20
[文化]
(yuuma 7584:8004)
yuuma 7976 teetiaという共通の敵が去ったことで、徐々にドゥルガとヴィーネの対立の構図が戻ってくる。背景には、メテがドゥルガであることによるヴィーネの冷遇にあった。また、同じドゥルガ内でもアルシェリアや魔方各国は属国のような扱いを受けており、レスティルの専制的なやり方を疎んじていた。遂にこの年、ヴィーネからレジスタンスが現れる。ウロによってユクレシア南部に封じられていた元メティオ王家の子孫であるsonariaが立ち上がる。ソナリアは旧イクサンテの血筋で、要するにteetiaの血筋である。ユクレシアがメテの手の届きにくいヴィーネ側であることと、ソナリア自身が王家の人間であるため、迫害はどうにか免れていたものの、メティオの復興を目指して立ち上がった。これに対し、離散していたteetiaが世界中からユクレシアに集まり始める

sonikad
/ [地球の国名]ザンビア
19:国章にシマウマのものと思わしき皮

sonipabkad
/ [地球の国名]ボツワナ
19:国章にシマウマ

soolrein
/ [言語]行為連鎖、アクションチェーン、アクションチェイン
rd;/
24
[語法]
「<xが行為・活動> CAUSE <yが変化> → <yの状態>」という図式で示される、行為・変化・結果状態という一連の行為の連鎖を示すもののこと。

soonoyunk
/ [俗語][言葉遊び][感動詞]おはようお嬢さん、おは幼女
al;/
24
[語法]
soonoyun yunkを一語にしたもの。24年初頭にメルに「「おは幼女」ってアルカでなんて言うの?」と聞かれたセレンが苦肉の策で出した言葉。日本語に一致するものがない。

sor(2)
/ so/or、している
19

sora
/ [地学]藍銅鉱
19:psoora

soranda
/ [経済]大台
22
【用例】
abantia lukok soranda del 1200. アバンティア社の株価が1200ソルトの大台に登った。

soresp
/ [気象]上層雲
19

soretcat
/ [ユマナ]青の曜日→harcat
20

soretreb
/ [地学]胆礬(たんばん)
19:ブドウ状にできやすいため

soretsoni
/ [地球の国名]チャド
20:国章に青い縞模様

sorhank
/ [気象][軍事][交通]高高度
rt;/
23

sormag
/ [音楽]プラルトリラー
19

sorthank
/ [気象]中間圏
19

soryulo
/ [地学]沈水、沈水海岸
19

sos
/ so/es

sot
/ so/at

sou,fv
/ lu vik、彼
dyussou.k

sovpol
/ [地名]峡方
20
[文化]
ピッカ、トゥナスの地方。旧共産圏で、文化的にも地理的にも言語的にもソーナと隔絶している。トゥナス南部でもソーナ人との混在はほとんど見られない。

sovsevn
/ [生物]基底膜。上皮組織と結合組織の間にあることが多い。
rt;/
24

sowant
/ [生物]角孫
21:いくつかの経絡のつながり

spelark
/ [化学]共役二重結合
21:主に芳香族化合物を作る結合

spelfaanvils
/ [化学]フェニルアラニン
19

speltea
/ [化学]フェニルアジド、アジドベンゼン
19

spelviluzasl
/ [化学]テレフタル酸
19

sse,alt
/ sein
<>se

stentdol
/ [地学]十字石
19

stentsomt
/ [名詞]平織り
rd;/「十字織り」
23

stint
/ [被服]ストラ、ストール
zg;stent.k
24
[文化]
アルテ教の法衣。

su,f
/ xea, nast
faia

suiren
/ [人名]誰憐
;suilen
21
[文化]
lusianの登場人物。→renki

suup,fv
/ 10000
su/palala

ta(2),alt
/ le
<>ta

ta,alt
/ et, da
aata

ta,f
/ tant
e

tae,f
/ eek
eta.geks

tafllasl
/ [被服]ハンチングシューズ、ハンティングシューズ
rt;/
24

taflomaifa
/ [地球の星座][ユマナ]りょうけん座
24
[文化]
ifa

tail,f
/ tal
e

taka,alt
/ lyu
ta/ka

takaskad
/ [地球の国名]セントルシア
19:国旗に黒い三角と黄色い三角

takel
/ [動物]フウチョウ、風鳥、ゴクラクチョウ、極楽鳥
rd; 24

takelifa
/ [地球の星座][ユマナ]ふうちょう座
24
[文化]
ifa

takihixsien
/ [生物]腋窩横紋
rd;/
24

takijior
/ [生物]極泉
21

talant
/ [魔法]タラント。ゾンビを作る技術。
[ユマナ]ヴードゥー、ブードゥー
me;「死の外に」
24

talasl
/ [被服]ガマシャ
rd;/
24
[文化]
smでできた。2枚の革を縫い合わせた靴。貴族も平民も履いた。

taliifa
/ [地球の国名]パナマ
19:国旗に2つの星

taltis
/ [名詞]ステッキ
rd;<,lt(長い棒).axek
24

talu,alt
/ ke
<>ta

tamaget
/ [音楽]ダブルリード、複簧
21

tameli
/ [名詞]囃子、囃、おはやし、はやし
rd; 24
【用例】
xi tu, an ke sil felki im harp, yan tolx e tameli im durne. fok, an rukas fal rafel e samself lot kest. arte, an sil vokka im kest tan a... その後昼に塾に行き、夜は囃子の練習。更に現代文の宿題を明日以内に。明日も忙しいなぁ……。
an ke van tolx e tameli. お囃子の練習へ行ってくる。

tammi
/ 鉛丹
22:tan/nim

tamz
/ [植物]カルダモン
16:制:tas/kamz

tan,dm
/ keno

tan,f
/ or, es
e

tanj,szd
/ olx

tanj,szl
/ ler

tanta,f
/ tant
taが外。

tantrens
/ [芸術]書き文字
19

tantsegel
/ [軍事]管打ち銃、パーカッション
rd;/「雷管銃」
24
[文化]
gel

tanttiv
/ [運動]野試合
rd;/
24

tao,alt
/ ta/o

tapalifern
/ [天文]連星系
23

taphac
/ [言語]正体
19
[文化]
rdでセレンが作った書体。アルカの公式の書体。元はペンで作られたが、太さが均一なほうが無色透明で公式にふさわしいとして、鉛筆でデザインされ、鉛筆体となった。

tat(2)
/ [化学]ケトン
19:ta/tes。このtesは任意の有機物Rを意味するtで、電気ではない。アルデヒドの語源も同様。

tatak
/ [地球の国名]ジブチ
19:国章に2本の腕

tatala
/ [植物]ユキヤナギ
mt;alt
22

tatali,alt
/ axti
「上るところ」

tatalu,alt
/ nek

tatobezal
/ [化学]二級アミン
19

tatokobe
/ [化学]二級アルジミン
19

tatotabe
/ [化学]二級イミン
19

tattawa,alt
/ 反実仮想の助詞

tattawan,alt
/ 反実仮想の助詞。女性形。

taudirei
/ [経済]買い気配、買気配
22

tausarm
/ [経済]仕入債務
19

taxemsiarokvian
/ [魔法]加速膜斥力
21
[文化]
dolmiyu

tayelhait
/ [ユマナ][音楽]ダブルフラット
19

tayelsor
/ [ユマナ][音楽]ダブルシャープ
19

taz
/ [生物]四肢、体肢
rd;tak/zam
24

tazin
/ [化学]キシレン
19:ridia
[語法]
オルト・メタ・パラの異性体を持つ。

te,alt
/ a, al
<>ta

te,f
/ teeze。拘束形態素として使う。
teeze.xik

te,f(2)
/ tem、ter
>
tea(2)
/ [化学]アジド
19:teeze/a

teatkad
/ [地球の国名]ミクロネシア連邦
19:散り散りなので

teep,fv
/ 1000
tek/palala

teevefreadol
/ [地学]クロム鉄鉱
19

teezelof
/ [物理]風洞
rt;/「風のトンネル」
23
[文化]
人工的に小規模な流れを発生させ、実際の流れ場を再現・観測する装置ないし施設。rtで作られ、航空機の発達とともに発展してきた。

teezus
/ [人名]テーズス
20
[文化]
(yuuma 5098:)メルテナ後期のエスピール派教皇。

tefalmi
/ [アイテム]カイトシールド
rd;/
24
[文化]
smで発明された騎兵用の盾で、脚を守るために縦長になっている。雫型をしている。

tefviida
/ [生物][医療]栄穴、榮穴
rd;/「経脈のしたたる穴」
24

tein
/ [単位]10の−30乗
21:liiten

tek,f
/ tek、diia
saal;e

tekarko
/ [言語]葉ノード
rd:mel;/
23:mel

tekkilp
/ [地学]魚眼石
19:熱すと葉っぱのように剥がれる

tekra,lsl
/ diia
tekra

tekraliifa
/ [天文]サイフ
19:ridia/seren/mel
[文化]
hooraliifa

tel,f
/ telt
teは風

telahac
/ [言語]電卓体
19
[文化]
taphacから作った書体。機械っぽさや無機質さを表現。

telcam
/ [ユマナ][宗教]プロテスタント
24

teldenam
/ [言語][文字]オーバーシュート。Oなどの文字が小さく見えるためミーンラインより少し上、ベースラインより少し下にはみ出させること。
21:「抗錯覚」

telgarma
/ [企業]テルガルマ
21:「反戦企業」
[文化]
三井物産に相当する企業。元は反戦団体。

teljiiz
/ [論理]反命題、反対命題
rd;/
23

telpakkel
/ [生物]承筋
21

telvels
/ [名詞]テルヴェルス
19:tel:vels
[語法]
ミディート国のテロ組織。ルージュと出会う際に出会った。

temalu,alt
/ dolk

tematem
/ [美容]イヤーツーイヤー、イヤートゥーイヤー
21

temfeetfel
/ [言語]聴覚音声学
19

temkgio
/ [経済]税金等調整前当期純利益
19

temp,ltk
/ ervalil

temsiafaiz
/ [医療]鼓膜炎
19

ten,lsk
/ kot
tek「葉の数ほど多い」

tenekaviida
/ [生物][医療]八宗穴、八総穴、八脈交会穴
rd;/
24

tenga,fv
/ letti
e

tenlem
/ [音楽]八重奏、オクテット
rd;/
23

tesk
/ [気象]台風
16:制:teez(風)/esk
[文化]
アルバザードにはあまりないが、たまにアティア海で発生したものがやってくる。
【用例】
tesk luna in. 台風が来そうだ。
tesk lunat{vandat} wakka. 台風がワッカを襲った。

teslan naon
/ [人名]テスラン=ナオン
19:ilmus:ridia
[文化]
アルティル期の政治家。財政省貿易庁長官。メル240年の種枯れ病の際、大規模な輸入政策を実施。運輸庁長官のルノ=ファルファニアに協力を要請。これがきっかけでルノの名声が上がり、第四次選挙でアルティスの議席が増えた。メル245年、ルノ暗殺を主張したミナリスに反対し、アルミナを立てた。ミナリスとの利権争いで揉めていたテスランには好機であった。

teslem
/ [音楽]エレクトロニカ
21

teslka
/ [名詞]発電所
rt;/
24

testeel(3)
/ [企業]テステェル社
21
[文化]
vorm

tetxi,f
/ demi
txite,f.geks

tex(2)
/ [化学]ニトリル
19:teeze

texa(2)
/ [化学]ニトリル基、シアノ基
19

texfont
/ [電算]データバス
19

tezasla
/ [化学]ニトロキシ基。硝酸が水素を1つ失って開いたもので、RONO2に等しい。
19

tezasli
/ [化学]硝酸塩。ニトレート、ニトラート
19

tezhou
/ [化学]硝酸塩。tezalsiと同じ。
19

tiaalx
/ [言語]ルティア数字
21
[文化]
szdでできた12進法の数。アルミヴァが語源になっている。現代でも物を数えるときなどに用いられる。
0:myul
1:seil
2:tiil
3:pool
4:nerl
5:klevl
6:kazel
7:fanl
8:zonl
9:tikl
10:fenl
11:nebl
12:kol

13:kolseil
14:koltiil
:
:
144:sans

tiaaxa
/ ティアーシャ
sornで「全てを愛する」の意
[文化]
クミールのつけている日記だが、赤アンクノット及び通常のアンクノット並みの情報を持つ。

tidyogel
/ [医療]偽痛風
19:ridia
[文化]
rdで、痛風かと思ったらそうではないことから、貧乏な痛風と名づけられた。貧乏としたのは、痛風の語源を応用したもの。

tierlil
/ [化学]インジウム
19

tiersizl
/ [地学]海盆
19

tietren
/ [電算]マークアップ言語、マークアップ
al;/「レイアウト言語」
24

tifafoka
/ [音楽]半音階、クロマチック
21

tifapasttus
/ [医療]半米粒大
rd;/
24

tifatia
/ [ユマナ][宗教]煉獄、パーガトリー
24:tifa/latia「半分地獄」

tifavar
/ [名詞][形容詞]半透過性、半透性、選択的透過性、半透性のある
rd;/
24

tifazilo
/ [地球の国名]アンゴラ
19:国章に半歯車

tifviliifa
/ [天文]マイナス三等星
rd;/
24

tiki
/ [植物]カケス
15:制:lakta:tikv「まねるカラス」

tikkad
/ [地球の国名]セーシェル
19:国旗の線が斜め

tikliifa
/ [地球の国名]ボスニア・ヘルツェゴビナ
19:国旗に斜めの星

tiklil
/ [化学]アルゴン
18:制

tiknifa
/ [地球の星座][ユマナ]りゅう座
24
[文化]
ifa

tikpo
/ [医療]斜頸
19

tiktkad
/ [地球の国名]ドミニカ国
19:国章にオウム

tikver
/ [地球の国名]トリニダード・トバゴ共和国
19:国旗に斜めの黒い線

tilaja
/ [経済]持株比率
22

tilan
/ 所有者、持ち主
19:lein

tilf
/ [動詞]yulに間に合わない、間に合わない、乗り過ごす、取り逃がす、しくじる、ミスする、逃す
[副詞]〜に間に合わない、手遅れ
[反意語]xont
[類音]tifl、xilf
20:tifl mel(時を失う)
【用例】
an tilfat lop. 電車に遅れた。

tilme
/ [動詞]yulになつく、なつく、懐く
古:tilm←txilmel(メルを持つ)。メルがセレンに懐いたことから。元は「懐かれる」の意味だったが、この動詞は主格が省略されやすく、一方対格に来るものが省略されにくことから、能受が逆転した。
【用例】
xia tillmes mel tinel. しあはメルによく懐いている。
tu ket tilme lan. この猫は人に懐く。

tilna
/ [名詞]ボランティア
[形容詞]自発的な、有志の、ボランティアの
[反意語]altilna
20:心ある

tilxal
/ [経済]ロングポジション
22

timfibl
/ [生物]核基質
rt;/「核の網」
24

timveik
/ [生物]核質、核液、核原形質
rt;/
24

timvemlarkorkaxa
/ [地学]心射方位図法、Rectilinear、GNOMIC、tangent-plane
20
[文化]
大圏コースを探すことができる図法。航空船舶ができる以前から、障害物関係なしに空を飛んで移動することができたユーマの一族にとっては重要な地図であった。

timvemlkaxa
/ [地学]心射図法
20

tinkaa,f
/ tinka
kaはkai

tiphac
/ [言語]雑体
19
[文化]
taphacの前身となるフォントで、書体のデザイン自体はtaphacと同じ。セレンが作成した。taphacができたため、使われなくなった。

tis(2)
/ [言語]フレマゼル語の不活格を表す語
rd; 24

tis,f
/ ti(男→女)
elt;e

tisiakas
/ [生物]粗面小胞体
rt;「粒(リボソーム)が付着した小胞体」
24

tissame
/ [言語]不活格
[反意語]vansame
rd;/
24

tit
/ [ユマナ]ティット
古:ridia/ryuu:フィンランド語「少女」が語源。リュウ自作のOSで、性別が女とされている。リディアがこれにティットと名付けた。フィンランド語tyttoが語源。
[文化]
リュウ自作のOS。アンシャンテの改良を実現させる要因となった。フィンランド語由来の固有名詞なので、korinなどと同じく厳密にはアルカの単語ではない。アルカ名ではelfian。

tit,fv
/ ti(女が女を)
tis.l

titieal
/ [言語]ネガティブフェイス、ネガティブ・フェイス
[反意語]kokneal
al;「消極的面子」
23
[語法]
eal

titoklap
/ [美容]ウェーブクリップ
21

tloi,fv
/ dar
e

tloint,szd
/ dar
tloi

to(2)
/ [化学]化合物中で何級かを指す。vitoだとターシャル。
19:tonk

to,alt
/ tul
<>to

to,f
/ toa
e

to,lsk
/ 10
? 0を指すyuuと同じ文字で使われ、音だけ異なった。

toaabe
/ のど布→lei
22

toadirei
/ [生物]鼻中隔軟骨
19

toelas
/ [医療]刺手、さしで
rd;/
24
[文化]
鍼を持つ手。ふつう右。

toena
/ [名詞]ルサンチマン
rd;toen/na
制:リディアの辞書から24に輸入。

toenpio
/ [生物]能動輸送
rt;/
24

toevand
/ [普通動名詞]突刺、突き刺し
rd;/
24

tok
/ to/ik

tol,szd
/ il
to/al「何/物」 時間とともに意味が変化して「すべて」に。

toliko,alt
/ flea

tolikohada
/ [植物]グミ、茱萸
nd;var alt
22

tolkvano
/ [生物]箕門
21

tomvaik
/ [生物]腹部
rd;/
24

ton,alt
/ tuuno
tuuno.l

toneifal
/ [生物]軟体動物門
22:イカ門

tonkan
/ [地名]トンカン
20
[文化]
アルハンテ西部の都市。

tonkotan
/ [魔法]ノーム
alt;/
24

tonto,fv
/ tonk

tooki,f
/ took
kiito

tookop
/ 後注→lei
22

tool valbes
/ [人名]トール=ヴァルベス
19:ilmus:ridia
[文化]
(mel 141→173)アルティル期の軍人。デスパナの機織りの娘と売れない作家の間に生まれた。15歳で陸軍に志願。驚異的な身体能力で王国屈指の剣士となる。29歳でイグレスタに対する議員の人数制限が始まり、暴徒鎮圧の命を受ける。鎮圧の功績により、30歳でヴァルベス王の側近となり、警護を担当する。32歳でイグレスタ革命。ラティア刑務所に侵入した暴徒を斬り捨てるも数に押され撤退。王宮に侵入したイグレス勢と戦い、王を逃がし、戦死。

tooma
/ [被服]カマーバンド
rt;tom.k
24

toon beeg
/ [人名]トーン=ベーグ
20:ridia:mirok:tool/人名化のn
[文化]
アルダ時代のミロクの同級生。肉屋の息子で体格が良く、ミロクと仲が悪い。最終的にミロクの近衛兵にまで昇進する。

toonoerim
/ [天文]デネボラ
19:ridia/seren/mel
[文化]
トーノの心臓。

tooria
/ [地名]トーリア海
20:ridia:竜の海
[文化]
アクオリア東の海。

tooriatike
/ [地学]トーリア海流
23

tooto
/ [音楽]スウィング、シャッフル、バウンス
[反意語]altooto
21:「トート」というのは口で出す音のことで、「トー」が長い拍、「ト」が短い拍を指す。スウィングの拍の構成を説明するときに「トート」などといって伝えたところから

toriste
/ [人名]トリステ
20
[文化]
(yuuma 6957:7490)
yuuma 6970 イクスタン、ルクレティアとの間に娘cuukiiteを授かる。西の暴動を見ていたイクスタンはこの年、旧イクサンテ系貴族のメティオ人kalmanの娘toristeを第二夫人として娶る

tos(2)
/ to/es

tosgek
/ [生物]嗅球
19

tot
/ to/at

tote,f
/ tos
to/te「鼻に来る風」

totolu,alt
/ vad, tax

toutou
/ [地名]トウトウ
20
[文化]
アンペル西部の都市。

toxan
/ 前任者
19

tras,fv
/ mav

treakeelt
/ [化学]γグロブリン。他の血漿蛋白質と異なり肝細胞でなくBリンパ球で作られる。
rt;/
24

trenan
/ [ジョブ]刑吏
rd;/
24

triko,szd
/ xos
<> i,f/ko,f

trikol,szl
/ fleu
triko,szl/al,f

tselin
/ [地名]ツェリン
20
[文化]
マンセイ南西部の都市。
yuuma 6543 イーハル、現アリディアのtselinに侵攻

tsettaliifa
/ [天文]メンカリナン
19:ridia/seren/mel:裏切りの星
[文化]
ここが輝くときは凶兆。loone座に位置する。

tsuliso,alt
/ yan, see, son

tu,alt
/ keno, e

tu,lsd
/ tun
bu,fv.l

tu,ltf
/ tu
tut,ltk.xik

tu,ltk
/ 中性定冠詞
tu(それまで使っていた無生三人称代名詞「それ」から来ている)

tukini
/ [植物]毛茸
rd;/
24

tulasut
/ [物理]フェルミ粒子
[反意語]vianasut
vl;/
23

tulmiros
/ [哲学]物神崇拝、フェティシズム
[名詞]フェチ
rd;/
24

tun,lsd
/ これの
tuの属格

tun,lsk
/ これの、中性不定冠詞→tiaren

tun,ltd
/ ひとつの。単数形を示す。
tu keno「これの」

tuna
/ 風土
古:tuuno土から

tuna,f
/ lette
saal;tuuno

tureldfel
/ [言語]共時言語学。通時言語学と対照するときに使う用語。
19

turgartklit
/ [経済]時価評価
19

turito
/ [娯楽]現在の得点
21

tut,ltk
/ tu
tu/tu

tuul,ltk
/ le
tu/lu

tuuna,lsl
/ lette
tuna

tuutmile
/ [名詞]脱脂綿
rd;/
24

tuvanlil
/ [化学]モリブデン
18:制

twarlil
/ [化学]ハフニウム
19

twarzel disidia
/ [人名]トワーゼル=ディシディア
20
[文化]
(imul 1512:1581)rdの工学者。ルティア人で、シグナリオ校の高等部を経てラグナロクの大学部へ進学。卒業後は研究室に入り、シグナリオとラグナロクを繋いで巨額の研究費を得てアンジェルを開発。

twarzio
/ [工学]解析機関、トゥワルジオ
20:twarzelのセリジオ
[文化]
imul 1538にtwarzelが父を手伝ってともに発明した。これがきっかけで大量の計算ができるようになり、アンジェルの作成にこぎつけた。解析機関は穴を空けたパンチカードで動作する魔法のいらない機械であった。このパンチカードはnenkartという。

txelil
/ [化学]ツリウム
18:制

txet
/ [単位]マイナス36乗
21:txit

txi,f
/ tak
e

txialu,alt
/ xai

txiato,alt
/ xia
txia/to

txib
/ [生物]液胞
rt;txip.k
24

txie
/ [名詞]tulf
[生物][医療]寒熱
f;e

txiklloob
/ [被服]麦わら帽子、麦藁帽子、ストローハット
sm;/
24
[文化]
農民の帽子。現代では夏に階層関係なくかぶる人がいる。現代では都市部の女性がかぶっていると大人しく牧歌的な印象を与える。

txil,f
/ til
txi(腕)/al(物)

txite,f
/ tax
txi(スピード)/te(風のような)

txixi
/ ent
<>txite

txo,fv
/ txol、toe
faia

txogi,fv
/ frei fen
/

txokon
/ [植物]サポディラ
17:制:txokzomガムの木

txon,lsk
/ 5
txogi.k

txotxo,mdd
/ toe
txo/txo

txu,f
/ xir

txufian
/ [地学][歴史]エディアカラ紀
vl;/
23
[文化]
gaavefeme

tyu,szd
/ tun

u,frf
/ ip
?

ukad
/ [地球の国名]ナミビア
19:国名が「何もない」

ul(2)
/ [化学][接尾辞]〜化物を作る
19:tul
[語法]
開音節ではl。
oxideの−ideなどと同様。ただし、具体的な化合物中では使えない。化合する相手が分かっていない場合の総称。hanulで「塩化物」一般を指すが、塩化ナトリウム中ではtithanとなる。英語はSodium Chlorideになるが、英語とは異なるので注意。

ulua
/ [被服]ピアネッレ、高下駄、オーバーシューズ、ショピン、チョピーン
sm;hyu/luas
24

umi
/ [名前]うみ
21
[文化]
『ねこの郵便屋さん』の登場人物。「うみぃ」と鳴くので「うみ」とこよりが名付けた。

umi del alpan
/ 『ねこの郵便屋さん』
21
[文化]
セレンによる小説。セレンは自分のあらゆる作品の中で最もこれを好んだ。

カテージュに住む少女こよりは、ある日一匹の猫と出会う。こよりはその猫に「うみ」と名付ける。
こよりがブラッシングして帰してやると、別の日にうみがまたやってくる。首輪には飼い主からの手紙が下げてあった。
「きれいにブラッシングしてくれてありがとう。ウチではこの子をモモンと呼んでいます」
ひなたという少女の手紙にこよりは返事を書き、うみの首輪に取り付ける。こうして少女たちの奇妙な文通が始まった。

言語は敷居が高いが架空の世界には興味があるという読者のために、日本語でアルバザードの文化を読める小説としてメル19年に作られた。

un,ltf
/ 男性不定冠詞、vikfikvante
lun,ltk.xik

unialp
/ [企業]ウニアルプ
21
[文化]
クロネコヤマトに相当する企業。

unilei
/ [ユマナ][娯楽]ねこにっき
古:ridia:もとはかつてリディアが書こうとしていた本の名前。その後セレンによる漫画の名として採用された。この時点では紫苑の書のパロディだった。メル19年にセレンが「あずまんが」のフィンランド語版を読んでいた際、「アルカを読めない人間の目には、このように映っているのだろうな」と感じたことからできた企画。
[文化]
原作セレンによる4コマ漫画。アルナ大に通う4人の少女の日常を描いたもの。主人公はしあ、みーふぁ、ゆーれ、ふぇーるの4人。主題はなく、ストーリー性もない。ゆるい空気とまったりしたユーモアを提供するための漫画。

unlu,alt
/ mat

uria,alt
/ imel
jur,f/ia.xik

v
/ vland

vaart,f
/ fias, lfis
f:saal;vi/art「力ある魔法。偉大な魔法」 命を与えることは偉大な魔法と捉えた。

vaasa eniik
/ [人名]
ヴァーサ=エニーク
19:ilmus:ridia
[文化]
アルティル期の政治家。247年、レヴァレンから独立し、アライブ党を樹立。

vadfais
/ [化学]爆轟
rd;/
24
[文化]
gel

vador,szd
/ kad
vade(負ける)かvano(守る)が関与しているはず。

vaenzet
/ [経済]ストック科目
19

vaiken
/ [動物]オシキャット
21:vaiks/en

vaiksifa
/ [地球の星座][ユマナ]やまねこ座
24
[文化]
ifa

vait,fv
/ tafl
vaはviで「力」。tはtxilで「持つ」。

vaize,szd
/ tafl
vait,fv.l

vaksenprein
/ [植物]ダリア、ダリヤ、テンジクボタン、天竺牡丹
nd;/
23
[文化]
ヴァクセン原産。ndで流入。

valatlans
/ [宗教]堕天使
rd;/
24

valekaviida
/ [生物][医療]四総穴、四宗穴
rd;/
24

valent
/ [形容詞]理不尽な、不条理な
[名詞]理不尽なこと、不条理なこと
rd; 古sorn
【用例】
an grein valent i tu fia. この世界から理不尽を奪ってやる(seren arbazard)

valesadis
/ [法律]強姦刑
19
[語法]
死刑囚が死ぬまで強姦する刑。その間、水分食料は与えられない。強姦そのものは大して体力を奪わないため、衰弱死となる。浮気や不倫に適応されるが、夫が恩赦を与えれば減刑される。夫は強姦刑の執行者を推薦できる。

valfor
/ [音楽]十六分音符
19
[文化]
→for

valgarma
/ [建築]ヴァルガーマ宮殿
[言語][文字]モダンフェイス、モダン・フェイス
sm;wal/kama「山多き」
21
[文化]
smで作られたヒュート首都の王宮。山に囲まれた難攻不落の要塞でもあり、竜を使って入場するのが常套手段。
モダンフェイスが流行った。

valmok
/ [音楽]十六分休符
19
[文化]
→for

valnimkad
/ [地球の国名]モーリシャス
19:国旗が4色

valtkad
/ [地球の国名]モルドバ
19:国名が「多い砦」

van(2)
/ [言語]フレマゼル語の活格を表す語
[反意語]tis
rd; 24

van,alt
/ [アイテム]voz
[アイテム]和弓
[京極]弓:象形。戦場において武将が目下の敵武将を射下ろすように狙っている様子を象ったもの。この文字は射法八節(xelsikle)の会(leeve)から来ている。離れ(viine)に入れば即座に射抜くことができるため、「すぐに」や「まもなく」を意味するayumi,altの文字は弓偏に時という旁からできている。なお、この象形文字は四角の部分が人間の頭で、縦棒の部分が体を表している。二本の横棒は弓手と矢を象徴し、頭部の斜線は馬手を象徴する。老婆心ながら、この文字はあくまで象形であり、厳密に言えば実際に会の段階に入っても馬手がこのように頭の上に来ることはなく、まして会の段階で馬手側の肘が伸びることはない。
<>viine

van,szd
/ vien
< vivi,f.l

vana,alt
/ tikn

vanakemi,alt
/ [名詞]弓月
[京極]弓/月

vanaloo
/ [軍事]火竜槍、火竜鎗、マドファ
sm;alt「竜筒」。竜が火を吹くかのように見えたことから。
24
[文化]
gel

vandol,szd
/ vam
<>vand

vangard liizel
/ [人名]ヴァンガード=リーゼル
rt;vangar
22
[文化]
rtの発明王。

263
ヴァンガード=リーゼル、蓄音機を発明
267
ヴァンガード=リーゼル、白熱電球を発明
268
ヴァンガード=リーゼル、発電機を発明

vangarditaka
/ [地学][歴史]ヴァンガルディ大陸
[ユマナ]ローラシア大陸
vl;/。ordinに対して命名。
23

vani,f
/ vand

vania,fv
/ xial
vano/nia,fv

vankmue
/ [名詞]チャツネ
16:制

vanomirok
/ [宗教]守護神
rd;/
24

vanondespel
/ [名詞]ヴァノン結界。6個の結晶を使う。
18

vanren
/ [言語]活格言語
rd;/
24
[語法][文化]
活格=van,不活格=tisとすると
太郎-van コップ-tis 割った。 〈他動詞〉
コップ-tis 割れた/溶けた/温まった。 〈自動詞〉
太郎-van 走った/働いた/学校に行った。 〈自動詞)

上記のようになるものが活格言語である。
カルディアではフレマゼル語などが代表である。rdで歌魔法とともに知られるようになった。

vansame
/ [言語]活格、動格、動作格
[反意語]tissame
rd;/
24

vantaj,szl
/ osk

varksiza
/ [地学]ヴァルクプレート
23

varmilia
/ [人名]ヴァーミリア
20
[文化]
imul 14 ユリア、息子のvarmiliaを授かる

vartivn
/ [音楽]ピアニッシシモ
19

vartvien
/ [音楽]フォルティッシシモ
19

vaxa,fv
/ vai
「戦う存在」vas/xa

vaxtfelpe
/ [娯楽]攻略wiki
22

vaxvanz
/ [電算][娯楽]クイックセーブ
22

veele.fv
/ pili
<>vel

veerjent
/ [経済]引き、引け
[反意語]veerjent
22→eet

veernias
/ [経済]引け成行、引け成り行き
22:veerjent/niasgart

vefl
/ [単位]ヨクト
21:veflir

veiganloob
/ [被服]リバティキャップ
sm;/
24
[文化]
smでveiganがよく身に着けていた。

veinaplen
/ [企業]ヴェイン・アプレン
21
[文化]
日本郵船に相当する企業。

veinnek
/ [経済]一段高
22

vejifa
/ [地球の星座][ユマナ]や座
24
[文化]
ifa

vejlas
/ [弓道]馬手、めて。ふつう右手。
rd;/。「矢の手」。矢を番える手であることから。
24

vekmifa
/ [地球の星座][ユマナ]からす座
24
[文化]
ifa

vekmloho
/ [アイテム]バシネット
rd;/「カラスの顔のような兜」
24
[文化]
smで作られた。

vektarklevian
/ [言語]アポステリオリ国際補助語
22

vektlevian
/ [言語]アポステリオリ人工言語
rd
22
[文化]
・アルカがピジンからアポステリオリを経てアプリオリに至るまで

91年当初、アルカは日本語とフィンランド語のピジンだった。その後英語などが混ざっていった。メルの参入後にアプリオリな音象徴からオノマトペを経由してアプリオリの単語が生まれた。
その後も古アルカ〜前期制アルカまでアポステリオリの単語が流入していた。中期制アルカでアポステリオリの単語を全て排他し、新生に至る。

・実はアポステリオリな単語

アルカ自身は純粋性を保つためにアプリオリにしているが、凪霧などには個人的な思い入れを持たせてあり、いくぶんアポステリオリの要素が残っている。
凪霧には日本人の女性のような単語が多いが、実際セレンの人生で印象的だった女性の名である。
kozue:佐藤こずえ。セレンが小5のころ片想いしていた少女。リディアとほぼ同時期に出会っている。セレンの引越し後もしばしばセレンに手紙を送ってくれた。
yuuko:村上裕子。セレンが大4で付き合っていた元塾の生徒。後の妻、リディア、メルらとセレンを争奪し合い、史上最悪の4股を形成し、後にセレンは友人に「ヤンデレ製造機」と呼ばれるようになった。
yuki:瀬井ゆき(恐らくひらがなで良かったと思う)。セレンが小3で初めて付き合った女子。左隣りの席の子で、社会の宿題の商品に貼ってあるレッテル集めを街で行った際にペアワークをし、仲良くなって付き合うことになった。セレンは親のベッドに彼女を連れ込み、当時セックスを知らなかったので挿入まではしなかったがペッティングをした。その前にセレンに自分のことを好きかと聞いてきたのでそこそこしたたかな子である。綺麗な顔で背が高くて細くて目が細くて大人しくていじめられっ子で、後の妻とすこぶるよく似た少女だった。
ayaka:須藤あやか(漢字不明。あやこだった可能性すらあり)セレンが幼稚園の年長で二番目に好きになったひとつ年下の幼女。
kasmi:かすみ(漢字不明。苗字不明)。1998年11月19日(木)にセレンが幼馴染のヴァールと地元の航空公園を歩いていたときに発見した迷子の2歳の女の子。ヴァールが警察へ走り、セレンが抱っこして母親を探した。結局警察が来る前に母親が見つかり、引き渡した。その際に名前と年齢を聞いた。
wakana:若菜。大学時代にセレンが恋した9歳の少女。セレンを振った唯一の女の子。

vel,f
/ vel、ver、durne、vird
ve(闇)/al(もの)

vela,fv
/ pila
meltia 256:bert;vel.k(黒の)
23

veldiel
/ [軍事]ヴェルディエル、紅漿
20:veldi/eria
[文化]
アンジェリカのカルゼーレを満たす赤色の液体。ディアメル同様、セリエットを上げるためにある。酸素を多く含み、パイロットはヴェルディエル内で酸素が吸えるようになっている。

veldmagi
/ [音楽]ビバップ
vl;「酒酔いのジャズ」
21

velga
/ [アイテム]方天戟
szk;velgi.k
24

velgi
/ [アイテム]戟、げき
szd;velt/figi
24

velmare
/ [ランドマーク]ヴェルマーレ研究所
[アクセント]velmAre
20
[文化]
yuuma 6870 イヴレスはアンダントを抱き込み、指示に従わないlyusiaには研究費の援助を行わないと脅迫する。これに対し、各lyusiaが徒党を組んで反発。lyusiaはレスティル全土に11箇所あり、各研究所の所長が共同でアルシアにvelmare研究所を設立。各所長は一季節に一度ずつvelmareに集まり、各々の研究所の成果を述べ合った。このときの所長はいずれもユクレシアが初期に教えを授けた同期で、苦楽を共にした仲間であり、個人的に非常に仲が良かった。lyuuxには見せたくない内容でもお互い目の前でということなら腹を割るという間柄であった

velt,fv
/ mark
avelant.k

veltoolhet
/ [天文]ファルカド
19:ridia/seren/mel
[文化]
veltoolosn

veltoolosn
/ [天文]コカブ
19:ridia/seren/mel
[文化]
ヴェルトールの頭。封印の際、オヴィがヴェルトールの長と一騎をした。あまりの大きさで封印できなかったため、オヴィは頭と尻尾を切り落とし、残った体を粉砕した。体は木端微塵になり、周囲の小さい星となった。頭はコカブとなり、尻尾はファルカドとなった。

veml
/ [物理]射影、投影
19:vemo/lad

vemoset
/ [チェス]アンパッサン
20:影を取る

vemvlantasetan
/ [娯楽]MPK。モンスターを人がいるところまで連れてきてするPK。ログにはモンスター名しか残らない卑
怯な方法。
22

venafai
/ [天文]イザール
19:ridia/seren/mel
[文化]
リベーゼの長とギルが一騎討ちした際、炎の競り合いとなった。リベーゼは渾身の力で「嘆きの炎」を放った。その威力があまりに強く、イザールとして残った。結局ギルは炎で競り負け、炎剣ベーゼラットで斬り伏せた。

venamivkan
/ [生物][医療]陰維脈
szl;/
24

vendilf
/ [生物]プリミジン塩基
rt;ven/panddilf。秋(チミン)と冬(シトシン)なので陰。
24

venkal
/ [宗教]邪教
zg;venx/myukale
24

ventisins
/ [天文]アルゲニブ
19:ridia/seren/mel
[文化]
ヴェンティスの目。

ventraskan
/ [生物][医療]陰維脈
szl;/
24

venxiit
/ [悪魔]ヴェンシート
[生物]盲兪、盲愈
meltia 0:venxiit;e
mel:古:venはvemで、闇。
[文化]
邪の魔法を司るデームス。ソームとは同格だがグループが違い、ヴァルテの下。黄色系美少女の姿。邪を司る。大人しい。ヴァルテを慕う。ミダンと仲が良い。
そしてヴェンシートも蝶の翅のような黒い闇の翅で飛び去った。彼女の翅は黒く美しい。彼女の翅は鳥の翼と蝶の翅のようである。しかし彼女は鳥のように飛ぶ。彼女が通る道で、光る黒紫の粉が多く舞い、紫のぼやけた線が残る。
準惑星セレス(ケレス)を司る。

venxnowa
/ [生物][医療][魔法]邪気
[反意語]midanowa
szl;/
24

verblanz
/ →verblenz
22:verblenzで定着したため。

verdeperia
/ [伝統色]ヴェール・デペリア、黒きデペリア
22

verdimirok
/ [宗教]災厄神
rd;/
24

verginataka
/ [地学][歴史]ヴェルギナ大陸
[ユマナ]カザフスタン大陸
vl;/
23

verial,szs
/ koko
<>vel, ver。暗くなると大人しくなるところから。

verim
/ [芸術]HSV色空間、HSB色空間、ヴェリム
sm:kaoxist;verart/nim 「黒魔法色」黒魔法を指す文字が○の中に△で、これがカオシストの考えたHSV色空間の表現法の形と同じだったことから。実際には色空間は黒魔法とは何ら関係がない。単に文字のデザインの類似性による。
21
[文化]
kaolinと色魔法のおかげで地球より遙かに早く、smでkaoxistによって考案された。現代では円錐形、円柱形もある。3次元表現が難しいため当時は2次元のを用いており、地球と同じく彩度を高さ、明度を底辺とした三角形で、色相をその周りの円で示した。ただし色相環は12時が黄色になるので注意。
RGBやCMYKに比べて人間が色を知覚する方法に近いため、直感的に分かりやすい。
色相は0〜359、彩度と明度は0.00〜1.00の値を取る。色相を0〜100%に正規化する場合もある。例えば色相0は黄色であり、180は青紫である。ただし地球の場合、0だと赤で180だと青緑である。

verliifa
/ [地球の国名]ギニアビサウ共和国
19:国旗に黒い星

vermir
/ [地名]ヴェルミール、ヴェルミール島
[アクセント]vermIr。元はvErmirだったが、ltの影響を受けて変化。
f;e
23:以前にあった語形を再利用。
[文化]
サヴィア北東の島。ヴェルミール海流が東を走る。

vermirtike
/ [地学]ヴェルミール海流
23

vernxelt
/ [人名]ヴェルンシェルト、崩月
rd;/
23

verwal
/ [地球の国名]モンテネグロ
19:国名が黒い山

vescaf
/ [言語]自由アクセント
19

vesesa
/ [言語]自由形態素
19

veshac
/ [言語]独立体、ブロック体、〜体
19
[文化]
フォントの種類。文字が繋がっておらず、分かち書きするもの。taphacやmanahacなど。

veshank
/ [生物]単層
rt;/
24

veshankkovgote
/ [生物]単層立方上皮。腎尿細管などに見られる。
rt;/
24

veshanknialgote
/ [生物]単層円柱上皮。胃や腸に見られる。
rt;/
24

veshanksizgote
/ [生物]単層扁平上皮。血管や肺胞に見られる。
rt;/
24

vesmyukale
/ [宗教]一神教、単一神教
rd;/
24

vesnfaiz
/ [医療]舌炎
19

vexnlot
/ [生物]原形質
19

vextadis
/ [法律]氷刑
19
[語法]
砕いた氷の中に死刑囚を沈め、動けないように容器の中に立てた柱に縛っておく。首から上だけ出しておく。死刑囚は凍死する。氷に関する犯罪に適応される。

vextkoplet
/ [音楽]サスフォー
21

vexttisi
/ [気象]氷晶
19

veztetona
/ [言語]統合関係
19

vi,alt
/ vian, envi
<>vi

vi,f
/ vien
faia

vianasut
/ [物理]ボース粒子、ボゾン、ボソン
[反意語]tulasut
vl;/
23

viantis
/ [魔法][ジョブ]魔法医、ヴィアンティス
fv;vian/lantis
23
[文化]
vain

viark
/ [化学]三重結合
19

vidas
/ [医療]取穴
szd;viida/so「経穴する」
24
【用例】
oliviant vidasat flelgalt a la. 医者は彼の肩井を取穴した。

vienivn
/ [音楽]フォルテピアノ
19

vienklap
/ [美容]ダッカールピン
21

vietifa
/ [地球の星座][ユマナ]しし座
24
[文化]
ifa

vietkad
/ [地球の国名]ガンビア
19:国章にライオン

vietwal
/ [地球の国名]シエラレオネ
19:国名がライオンの山

vii,lsk
/ 3
vivo.k

viid,fv
/ durne, vird
viine/duurga

viidelxe
/ [生物]命門
21

viidemo
/ [生物]湧泉
21

viidliil,ard
/ ヴィード粒
/

viidtuka
/ [魔法]ヴィード場
lj:seren;/
23

viifalil
/ [化学]トリウム
18:制

viiman
/ [地球の国名]セントビンセントおよびグレナディーン諸島
19:国旗に3つのひし形

viinelil
/ [化学]ロジウム
18:制

viiz(2)
/ [人名]ヴィーズ
21
[文化]
dolmiyu

vijwax
/ [生物]乳様突起
rd;/。形が親指に似ていることから。
24

vijwaxmyut
/ [生物]両乳様突起間
rd;/
24

vikolu,alt
/ sen
vi/kolu

viku,f
/ vik
vi/kum「強い動物」

viliifa
/ [地球の国名]ブルンジ
19:国旗に3つの星

viliifa(2)
/ [地球の星座][ユマナ]三ツ星
24
[文化]
ifa

vilpasolnox
/ [数学]不可算集合
23:mel

vilvar
/ [名詞][形容詞]不透過性、透過性のない
rd;/
24

viman,szd
/ viem。viemの上で、元は上丹田を指す語だった。cvでは既に区別が曖昧になり、丹田に
vi/main

vimankan
/ [生物][医療]脾経
szl;/
24

vimark
/ [生物][医療]筋会
rd;/
24

vime,fv
/ vim
vi/meli

vimesevn
/ [生物]筋組織
rt;/
24

vimiir
/ [論理]トリレンマ
19:melidia axte

vimpant
/ [生物]筋系
rt;/
24

vin(2)
/ [美容]三つ編み、ブレイド
sm;vi/nia
24
[文化]
smでできた。女性用。

vinayu yumpe
/ [人名]ヴィナーユ=ユンペ
20:vinayuは「男版ナユ」の意味
[文化]
ラグナロクの卒業生で、シルマインを発明。親がどちらもラグナロクの卒業生で、生まれながらのサラブレッドであった。

vindenaj
/ [経済]安全利子率
19

vinfoon
/ [美容]ブレイデッドシニョン
sm;/
24
[文化]
smでできた。貴族の女性用。

vinimkad
/ [地球の国名]ベナン
19:国旗が3色

vinlleas
/ [生物]冠動脈
19:柵のように囲んでいる動脈

viofaanbeza
/ [化学]トリメチルアミン(基官能)
19

viorit
/ [化学]3価のアルコール
19

viot
/ [単位]ジョ(漢字が文字化けするのでカタカナ)
21:viet

vipa,f
/ vian
viは力。paは光るような。

virark
/ [生物][医療]血会
rd;/
24

virata
/ [生物]三陰交
21

virelxe
/ [生物]血海
21

virliil,ard
/ ヴィル粒
/

viroezraopand
/ [生物]rRNA、リボソームRNA
rt;/
24

visaalx
/ [数学]トリボナッチ数
rd;/「前にある3つの数の和の数」
23

visowan
/ [生物]陰交
21

vitakilifel
/ [生物]司法解剖学、法医解剖学。病理解剖学の一部門。法的に死因を判定するために行われる。
vl;/
24

vitinoolsiza
/ [地学]ヴィティノールプレート
23

vitobezal
/ [化学]三級アミン
19

vivesto
/ [言語]三重母音
19

vivi,f
/ vien
faia(vi/vi)

vivo,fv
/ vio
vi/vi

vivobatto
/ [アイテム]ウォーハンマー
sm;/「斧メイス」
24

vixal
/ [軍事]駐留
[再帰動名詞]駐在、駐屯
[動詞]yulをaに駐留させる、駐留する
zg;vi(力)/xal(存在する)
22

vizen,kt
/ menk

vland,szd
/ frem

vliz,szd
/ vext

voapit
/ [物理][化学]核種
vl;/
24

voashank
/ [生物]重層
rt;/
24

voashanknialgote
/ [生物]重層円柱上皮。結膜に見られる。
rt;/
24

voashanksizgote
/ [生物]重層扁平上皮。皮膚、口腔、食道などに見られる。
rt;/
24

vojlasl
/ [被服]パンタフル
rd;/
24
[文化]
smでできた。糞便処理の仕事をする人が足を汚さないよう履いた靴。

vol,fv
/ bolt
vi/al

volepzom
/ [言語]構文木
rd:mel;/
23:mel

volg,szd
/ yukko

volxviida
/ [生物][医療]要穴
rd;/
24
[文化]
特に重要な経穴のこと。100ほどある。

von,lsk
/ 4
vol.k

vonanluzasl
/ [化学]酪酸、ブタン酸
19

vonantat
/ [化学]ブタノン
19

vonskad
/ [地球の国名]アンドラ
19:国の標語Virtus Unita Fortior(力を合わせれば、強くなる)から

vontobezairos
/ [化学]四級アンモニウムイオン
19

vortselesom
/ [魔法]死霊術。アンデットを作る魔術。
rd;/
24

voxndalm
/ [生物]アクチンフィラメント
rt;/細胞骨格のうち、細胞膜の近くに存在し、細胞膜が凹まないためのテントのような役割をすることから。
24

voxnfont
/ [生物]微小管、チューブリン
rt;/細胞骨格の中心から放射状に伸びる道路のようなもので、細胞内の物質移動にこの道を使うことから。
24

voxnleks
/ [生物]後形質(副形質)
19

voxnnial
/ [生物]中間径フィラメント
rt;/細胞骨格内で柱の役目を果たして細胞の形をキープすることから。
24

voxnpotesi
/ [生物]細胞内液。K+やリン酸イオンが多い。
rt;/
24

voxnsov
/ [生物]細胞間質
rt;/
24

voxntantesi
/ [生物]細胞外液。ほぼ血漿のこと。Na+やCl−が多い。
rt;/
24

voxnvaresi
/ [生物]経細胞液、細胞通過液
rt;/
24

voxnveikelm
/ [生物]細胞小器官
rt;/「細胞質器官」
24

voxnveikesi
/ [生物]細胞質基質、細胞質ゾル、サイトゾル、細胞礎質
rt;/「細胞質液」
24

voxnveikho
/ [生物]細胞骨格
rt;/「細胞質の骨」
24

vozamo,fv
/ voz
vi/zamo

vozanifa
/ [地球の星座][ユマナ]いて座
24
[文化]
ifa

vozkad
/ [地球の国名]トーゴ
19:国章に弓を持った獣

vozlas
/ [弓道]弓手、ゆんで。ふつう左手。
rd;/。「弓の手」
24

vrein,ltk
/ xaxan

vu,f
/ vox

vulf,vx
/ fretis

vulma
/ [被服]ジゴ袖
nd; 24
[文化]
ltの貴婦人が着ていた袖がndで輸入された。

vuuma,fv
/ vamp
e

wa,alt
/ o

wa,f
/ las
e

waalbatto
/ [アイテム]フットマンズフレイル
sm;/
24

waalet
/ [アイテム]フレイル
fv;waal/te「振り子のような」先端の武器が振り子のように見えたことから。
24

waamen
/ [天文]カペラ
rd;waam/en ゆりかごの星。周極星であることから。
21

waamxelt
/ [地球の国名]モーリタニア
19:国旗がゆりかごの月

waho,fv
/ wano
wa/ho「手の固いもの」

waj,f
/ 5
elt;wa/ji 手を広げることから

wakanaceeglot
/ [俗語]ストライクロリゾーン
al;/
24
[語法]
ロリコン趣味における主に年齢的なストライクゾーンのこと。まぁそんなことより女の子が一番可愛いのは9歳から10歳にかけてだと思う。
【用例】
wakanaceeglot e seren et i tolis 9 al 10 da. セレンのストライクロリゾーンは小3から小4(9歳から10歳)だ。

wake,f
/ tu(それ)

walkad
/ [地球の国名]ハイチ
19:国名が山ばかりの土地

walmalil
/ [化学]フェルミウム
18:制

walpo,f
/ sef
wa(手)/l(物)

walu,alt
/ til
wa eks las

waluil
/ [経済]いってこい、行ってこい、行って来い。変化すれど結局元の状態に収まること。経済以外でも使う。
[名詞]元鞘、モトサヤ、元さや、元サヤ、元の鞘に収まる、元の鞘に納まる
22:「山谷」
【用例】
laas varat waluil ter. あいつら(カップル)、元サヤに収まったんだってさ。

waluilteeze
/ [気象]山谷風→walteeze
rd;/
24

wama,f
/ 100
elt;waj/manj

wan,alt
/ sol、potok

wanda
/ [地名]ワンダ
sm 23
[文化]
ヴェマ東南沿岸部の地名。

wanialx
/ [工学]歯数
rd;/
23

wankun,alt
/ potok

wapoko
/ [音楽]ボンゴ
zg;wapoko,askeria waは手。pokoは擬音。
22

wapzond
/ [運動]フォアハンド
14:利きショット

waset,fv
/ aset
wast.k

wasetkan
/ [生物][医療]大腸経
szl;/
24

wastan
/ [音楽]カバサ
zg;wastan,askeria> 22

wata,fv
/ atm
「外に渡す」

watta,alt
/ wis
<>wa

watu,alt
/ oken
wa/tu

wawa,f
/ ikal

waxm
/ [医療]憩室
19:wax

waxposoj
/ [生物]隆椎、第7頚椎
rd;/「突き出た頚椎」
24

wazel
/ [宗教]祓魔師、エクソシスト
zg;「振り払う人」
24

we,f
/ sols

weiv
/ [単位]アト
21:weivar

wisgino
/ [名詞]アイゼン、シュタイクアイゼン、クランポン
rd;/「足底の爪」
23

wiskim
/ [生物]掌屈、底屈
rd;/
24

wo,f
/ woom
e

wo,fv
/ ova

woltvaim
/ [名詞]ゴリマッチョ、脳筋
rd;/
24

wonsen
/ [音楽]ロカビリー
21:wons/en

wonskad
/ [地球の国名]タンザニア
19:国章が何かを踏んでいる

woomho
/ [生物]足根骨
22

woomlus
/ [被服]ショートスカート
rd;/
24
[文化]
歩くことが多い平民の女性、特に行商の女性などが着た。足首の長さなので地面を引きずらない。

woomyolo
/ [被服]長ズボン
rd;/
24

xafagesl
/ [植物]コールラビ、カブランカン
16:制

xafilmelvasanosinxliva
/ [娯楽]リアルタイム戦略シミュレーションゲーム、RTS→teelmadi
[類義語]teelmadi
al;
23

xai,fv
/ mexin
xa/i「自分の居場所から見る」

xaina(2)
/ [人名]シャイナ
rd
22
[文化]
サプリ村の住人。乳製品屋の経営者。恰幅の良い中年女性。

xaipind
/ [植物]ノゲシ、のげし
19:「甘い針」。針があるが柔らかくて痛くない
【用例】
an sin xaipind man tu et gyu fin est tuul et xaipind a. 甘い針っていうわりにノゲシは苦いんで嫌いだよ。

xak
/ xa/ik

xakal
/ [アイテム]打刀
kk;xalu/kali
24

xakipind
/ [医療]卵形。鍼尖の一種。
rd;/
24

xal,f
/ xa
xa(存在).faia/al(物)

xalart
/ [娯楽][軍事][魔法]バフ、デバフ。効果の持続する魔法。
[反意語]leevart
22
[語法]
良いか悪いか、バフかデバフかはratとyamを付けて区別する。

xaldisk
/ [音楽]テヌート・スタッカート、スラー・スタッカート、メゾ・スタッカート
19

xaleev
/ [物理]定常波
19:xalkeevからの類推

xalet,szl
/ ez
xal/teeze

xalfer
/ [経済]軟調
22

xalkemdilfai
/ [医療]ニラ灸
rd;/
24

xalmiyu
/ [化学]物理変化
19:物質を変化させないで維持する変化

xalu,alt
/ leim
xalx

xalul,f
/ siia
elt;xal/al「存在する物事」


xalul,szd
/ xa ok nene、xamp
< xal,f

xalvort
/ [医療]アポトーシス
vl;xalit/vort。体の恒常性を保ち、個体をより良い状態に保つために積極的に引き起こされる細胞の死であることから。
23

xalx,fv
/ leim
xalxa「存在する存在→ふつうのもの」

xalzekt
/ [経済]底入れ
22:「底に居座っている→下げ止まっている」

xamomeetan
/ [経済]安定株主
22

xanocam
/ [ユマナ][宗教]カトリック
24

xanokeev
/ [物理]基本振動
19

xanotaxit
/ [音楽]ア・テンポ、アテンポ
19

xanovoxn
/ [生物]幹細胞
rt;/
24

xantan
/ [魔法]仙術、仙人術、仙道、タオイズム
alt
24

xante,f
/ xante, sokta
saal;e 第一語義は満月。満月に声をかけるとエルトから言葉が返ってくるというサールの発想から返事という意味に。

xantelil
/ [化学]テクネチウム
18:制

xanteon
/ [植物]トケイソウ、とけいそう
17:制:xantezem。花の模様が時計版の文字のようにxanteに似てるから。

xantiark
/ [化学]飽和結合
21

xantiarluno
/ [化学]飽和炭化水素
19

xantin
/ [ジョブ]仙人
alt
24

xantir
/ [植物]プリムラ
20:xante。春を呼ぶという意味。アルバザードでは見ごろが立春。

xapoti
/ [形容詞]符号付き
vl;/
24

xapotipalet
/ [電算]符号付き数値
vl;/
24

xarkmag
/ [物理]強制振動
21

xarkzav
/ [数学]位置ベクトル、固定ベクトル、束縛ベクトル
21

xarkzet
/ [言語]文法範疇、文法カテゴリー
rd;/「義務項目」
24

xarl,f
/ xar
e

xarlkan
/ [生物][医療]腎経
szl;/
24

xas
/ xa/es

xat
/ xa/at

xax e lein
/ [ユマナ][言語]はじめてのアルカ、はじアル
23

xaxa
/ [名詞]はけ、刷毛
古:音から

xaxan
/ [名詞]先生、教師、指導者、講師
13:制
::vrein
[語法]
敬称としては使えない→xanxa
【用例】
an vastat arnamana mil xaxan. 先生のおかげでアルナ大に合格しました:教師本人に語りかけるときはxaxanではなくdyussou, luaないしxanxa。
an em lax xaxan rat. 良い先生になりたい。

xeakad
/ [地球の国名]アルジェリア
19:大半がサハラ砂漠にあるため

xeawalzeele
/ [論理]砂山のパラドックス、砂山のパラドクス
rd;/
23:ridia
[文化]
述語の曖昧性から生じるパラドックスの一種である。簡単に言えば、砂の山があったとき、そこから数粒の砂を取り去っても砂山のままだが、そうやって粒を取り去っていったとき、最終的に一粒だけ残った状態でも「砂山」と言えるか、という問題である。
rdでセレンは二値論を非現実的とし、現実は二値的でないとし、中庸を認め、要するにグレーゾーンの存在を認めた。例えば砂山から砂を取っていくとやがて台形の砂台になり、砂山性は少し失われる。そこから更に取ると砂の層になり、さらに砂山と言いづらくなる。この段階でもまだ蟻にとっては山といえるかもしれないので、砂山性はゼロではない。そこから更に取ると砂地になり、最終的に一粒の砂になる。こうなると砂山性はゼロになる。このように、砂山性は0か1かではなく、徐々に低減していくものである。セレンはこのように説いて、このパラドックスを思春期後半に説明した。リディアとメルもセレンと同様の考えをした。一部の者が二値論の姿勢を取り、対立した。

xeer
/ [人名]シェール。diaxerの愛称
21

xeliu,szd
/ xelt

xeliukan
/ [生物][医療]任脈
szl;/。体の正中線で陰になる側であることから「月の経」。
24

xell,szl
/ xili
xili.l

xellkan
/ [生物][医療]胃経
szl;/
24

xelsikle
/ [弓道]射法八節
rd;xeliu/siklet「月の弓」
22
[文化]
leivent
altの弓道における射法八節のこと。rdでlt経由でユベールに取り入れられたため、lt起源になっている。
myuxa:足踏み
alj:胴造り
duurga:弓構え
tuvan:打ち起こし、打起こし
xante:引き分け
leeve:会
viine:離れ
inje:残心、残身

xelt,f
/ viine
saal;e

xeltial
/ [名詞]月楼都
21;xelte/xial「衛星街」

xeltkad
/ [地球の国名]コモロ
19:アラビア語の月から

xeltloob
/ [被服]カウボーイハット
rt;「月の帽子」
24
[文化]
日光を遮る効果があることから月の帽子と言われた。

xelts,fv
/ nekt
xelt/so

xenam tiyemna
/ [人名]シェナム=ティイェムナ
語源不詳
[文化]
ギルが花屋でバイトをしていたときの常連客だった少女。親の手伝いで買いに来ていた。ギルに好意を持っており、ギルも可愛がっていた。メル11年ごろの話。準ハルマではないが、ギルを通してこちらの数人と面識がある様子。

xezl
/ [生物]脊索
19:xez

xezlifal
/ [生物]脊索動物門
22

xezo,fv
/ jol
seel/zamo

xezok
/ [政治]本国
zg;xezo/kalte
24

xi,alt
/ zon

xi,f
/ xai
faia

xia(3)
/ [人名]しあ
19?
[文化]
『ねこにっき』の登場人物。カテージュ出身。

xialkad
/ [政治]都市国家
rd;/
24

xialkamalet
/ [政治]都市参事会
rd;/
24

xialxlain
/ [政治]都市同盟
rd;/
24

xian,szv
/ vak
< san,szd.k

xiaratiatike
/ [地学]北アティア海流
23

xiarfaber
/ [名詞]北ファベル
19:ilmus:ridia

xiarhartreintike
/ [地学]北赤道海流
23

xiarinsaal
/ [地名]北インサール
19
[文化]
→alasanxal

xiarkonoote
/ [地名]北コノーテ駅
22
[文化]
幻環線の最北部の駅。

xiarstent
/ [地球の星座][ユマナ]北十字星
24
[文化]
ifa

xiarvarktike
/ [地学]北ヴァルク海流
23

xibelia
/ [音楽]オラトリオ
21:xiibel

xibina,fv
/ seron

xierhord
/ [地球の星座][ユマナ]冬のダイヤモンド
24
[文化]
ifa

xierjior
/ [生物]下ホ・ 21

xierkas
/ [地球の星座][ユマナ]冬の大三角
24
[文化]
ifa

xierloob
/ [被服]コンチネンタルハット
sm;/
24
[文化]
smのktでできた。冬場にかぶられる。

xifre
/ [アイテム]シフレ
sm;txite/frei「早抜き剣」
24
[文化]
smの傭兵が考えだした剣の差し方。剣の種類のことではない。ふつうはベルトに剣を差すが、ベルトからV字型に紐を垂らして剣の鞘に紐を巻き付ける。こうすることで手の位置に柄が近付き、より早く抜ける。町中で暴れることもあったsmの傭兵にとって速い抜剣は重要であった。凪人の刀に比べて傭兵の刀は短かったのでこの帯剣が可能であった。

xigius
/ [人名]シギウス
20
[文化]
(yuuma 6784:7002)旧アルティリア系・旧神商会系貴族。

xiiateeze
/ [交通][魔法]甘い風
rd:ridia;/
24:ridia
[文化]
kaledvulf

xiika t'anxiiz
/ →anxiiz

xiimdons
/ [化学]解糖
rt;/
24

xiina,f
/ siina
saal;xi/na

xiiz yutia
/ [人名]シーズ=ユティア
20:ridia:mirok
[文化]
ミロクの養母。ミロクが7歳のときにミナレットの焼き討ちにあって死亡する。

xiki(2)
/ [魔法]式神
alt
24

xiksnaat
/ [地学][歴史]古第三紀
vl;/
23
[文化]
gaavefeme

xilanak
/ [軍事]照門、リアサイト
rd;/
24
[文化]
gel

xilfia
/ [人名]シルフィア
20
[文化]
(yuuma 6899:7450)
yuuma 6934 アンダント、旧アルティリア系・旧神商会系貴族xigiusの娘xilfiaを娶る

xilol,f
/ raes
elt;ruxilo/lo「家の頭」

xilox
/ [生物]大腸
19

ximi
/ [形容詞]心の汚い、心が汚れた、悪心
[反意語]sana
@19
【成句】ximi vedl sana. 汚い心は綺麗な心を蝕む。心の汚い人間の近くにいると影響を受けて自分の心まで汚れてしまうので関わりを持たないのが一番という意味。どんなウイルスであれ接触しなければ感染しないのと同じ。
【用例】
an kut "an myuo lax nos i fia ximi. tuube vort ax da" a miva kont xen veld. yan lu kut pefel "non vano vil main tuan mil tyu et kanvi on main, tet vano sen alem tuan mil tyu te naav on alem anneu" ento an nak nos xiilas van lu. 酒を飲みながら「汚い世界に関わりたくない。そんなものは滅べばいい」って娘に言ったら、「パパの体は強いから守ってあげられないけど、心は弱いから守ってあげられます」って言われて、この子は大切にしようと思った(luxia arbazard)

xinialoozseel
/ [生物]後髪際中点
rd;/
24

xinta
/ [植物]タブ、タブノキ、椨の木、天竺の木
szd
*:xinta:lu xinta

xion
/ [人名]→xion amanze。シオン=アマンゼ。アルティス教の開祖。
[人名]→xion hazki。初月紫苑。『紫苑の書』の主人公。

xion hazki
/ [ユマナ][人名]初月紫苑
17:seren:アルカでなく日本語の名前
[文化]
(0 dia dia_39 dyu ful)『紫苑の書』の主人公。163cm、49kg。日本の女子高生で、17歳の誕生日に物語が始まる。悪魔メルティアによってアトラスに召喚され、少女レイン・青年アルシェらと出会い、悪魔の杖ヴァルデを巡ってアルバザードを救う。
レインやアルシェと異なり、アトラスでは架空の人物。

xion t'anjur
/ [名詞]紫苑祭、シオン・タンジュール
21
[文化]
アルナ大のメルセルの学園祭。xion amanzeに敬意を払い、この名になっている。

xiongand
/ [名詞]魔枢軸、シオンガンド
sm;velxion/belgand
24

xionxian
/ [建築]シオンシアン宮殿
[言語][文字]トランジショナル
sm;「武器庫」
21
[文化]
smで要塞だった城を改築して建てたルティア首都の宮殿。トランジショナルが流行った。

xiosn
/ [生物]後頭部
rd;/
24

xiosnwax
/ [生物]外後頭隆起
rd;/
24

xiosnwaxrein
/ [生物]上項線
rd;/
24

xipi,alt
/ noz
xi/pi

xipmaja
/ [経済]変動レート
19:ridia:arbaxelt
[語法]
個別に決まっている割合のこと。アルバザードでは消費税などがこれに当たる。

xipovaik
/ [生物]項部
rd;/
24

xirzom
/ [環境]化学的酸素要求量、酸素消費量、COD
al;/「必要な酸素」。
23
[語法]
化学的酸素要求量とは、水中の被酸化性物質を酸化するために必要とする酸素量で示したものである。代表的な水質の指標の一つであり、酸素消費量とも呼ばれる。

xisaaikxiim
/ [化学]砂糖混合異性化液糖
vl;/
23
[語法][文化]
aikxiim

xisaate
/ [名詞]砂糖屋
rd;/
23

xiva(2)
/ [人名]シヴァ
21
[文化]
『夢織』の登場人物。アルナ大11組で、アリスの恋人。髪はツンツンした茶髪。バンド「フィーナ」のドラムと男性ボーカルを担当する。

xixi,alt
/ ji
xi/xi

xonviro
/ [化学]複合タンパク
19:seren

xosvaik
/ [生物]背部。胸部と腹部の後面全体。
rd;/
24

xtamnana
/ [地学][歴史]オロシリアン
vl;/
23
[文化]
gaavefeme

xtaranoz
/ [音楽]オルタネイトピッキング
21

xtel,vx
/ esta

xu,f
/ xos
e

xuuzetaka
/ [地学][歴史]シューゼ大陸
[ユマナ]シベリア大陸
vl;/
23

xuxo,f
/ fel, mais

xuxo,fv
/ sisl

Y
/ [言語]動詞→yuo
sm
23

y,ly
/ 対格の接尾辞。読みはi。
ju.k

yaad
/ [生物][医療]阿是穴、あぜけつ、畦穴、天応穴、圧痛点、知覚過敏点、圧診点、丘診点、皮電点、良導点、トリガーポイント。畦は「あぜ」と読む。
szl;ya/viida「痛い穴」
24
[語法][文化]
viida

yaamo,f
/ yam
saal;ya/mo「痛い形→悪い形→悪い」


yaayo,fv
/ sokn
「苦しくする」

yaho,fv
/ hons
ya/ho「痛みから守る固いもの」

yaka,f
/ sof
kayaの対

yaktid
/ [地学]準長石
19

yal,szf
/ fol
hya/al

yamadil
/ [植物][医療]粗悪艾、粗悪モグサ
rd;/
24

yamer
/ [人名]ヤメール
[アクセント]yamEr
20
[文化]
(yuuma 6745:6994)
yuuma 6994 旧アルティリア高官yamer、イクスタンがウロのもとを離れたのを機に、10歳のウロを暗殺。しかしわずか10歳のウロに返り討ちにあう
翌日 ウロはヤメール派を洗い出し、城門前でヤメール派及びその家族を引き回した上虐殺。高官の拷問は法律で禁止されており、斬首か絞首刑が量刑によって選ばれたが、ウロは拷問の末に凄惨な処刑を行った
同月 ウロに対する国民の暴動が起こる。10歳のウロは主導者anzenを単身本拠地に乗り込んで捕らえ、城門前で高官らと同じように処刑。anzen一派も処刑され、少年ウロの恐怖政治に国民は静まり返った

yami,alt
/ leis

yayuaslado
/ [地学]ヒ酸塩鉱物
19

yayudol
/ [地学]鶏冠石
19:砒素の材料としたことから

yedzomp
/ [環境]省資源
19

yel,szd
/ sanl
ie,f.l

yelkan
/ [生物][医療]帯脈
szl;/。流注が体の正中線から外れて左右にあることから。
24

yengmain
/ [天文]毒グモ星雲
19:ridia/seren/mel
[文化]
yengra

yoanbeas
/ [化学]アセトアミド、エタンアミド(基官能)
19

yoanimpipaf
/ [化学]ギ酸エチル→diapaf
19

yoanmuepaf
/ [化学]酢酸エチル、エチルアセテート
19

yoanreil
/ [化学]エタンチオール、エチルメルカプタン
19

yoanvonanpaf
/ [化学]エチルブチルエステル(基官能)
19

yoanyorit
/ [化学]エチレングリコール(基官能)
19

yobeli
/ [化学]ジスルフィド
19

yofaanbelpaf
/ [化学]ジメチルスルフィド(基官能)
19

yofaanbelt
/ [化学]ジメチルスルホン(基官能)
19

yofaanbeza
/ [化学]ジメチルアミン(基官能)
19

yoldansio
/ [文字]ステンシルテンプレート
21

yolf
/ [被服]ガーター
sm;yolo/fot
24
[文化]
ホーズが落ちないための紐。

yomi,alt
/ val

yopger
/ [植物]ワサビダイコン
20:制

yorit
/ [化学]グリコール、ジオール
19

yosfont
/ [電算]コントロールバス
19

yospelyobel
/ [化学]ジフェニルジスルフィド
19

you,lsk
/ 2
fiyo.k

youf
/ [アイテム]フォーク
zg;you/fuugi「二股の槍」。農具から転じた。
24

yovitovonanilzom
/ [化学]ジタートブチルペルオキサイド
19

yoxiim
/ [化学]二糖類
19

yoyoanfip
/ [化学]ジエチルエーテル(基官能)
19

yu,alt
/ yul
<>ju

yue(2)
/ [医療]心包
[哲学]堪。「おしん」や「コゼット」のようにひたすら耐え忍ぶ美徳のこと。
rd; 24

yue,fv
/ asl

yuekan
/ [生物][医療]心包経
szl;/
24

yufa,fv
/ vixet
yu/fa「火を受けるような」

yujins
/ [娯楽]当たり判定→jins
21
【用例】
yujins han{hem} 当たり判定が大きい{小さい}

yuk
/ yu/ik

'yuk,szl
/ mod、nek
hyu,f/ke,f

yukalu,alt
/ yuka(剥ぐ)
yuka

yuki(2),alt
/ melik、苺、野いちご

yuki,alt
/ alas
「落ちるところ」

yuki,fv
/ fiina-fian
saar;現vema地方原産

yukina
/ [人名]ユキナ
20
[文化]
(yuuma 4895:5565)メルテナ後期の神商会会長。5491にペティの摂政となる。

yukke,f
/ yun
f;keは「方向」だが、ここでは特にその意味はない。yu自体に比況の意味があり、他の語と区別するためにkeを付けた。


'yukl,szl
/ axti
'yuk,szl/al,f "kor le faal em nek it"

yukulu,alt
/ met, mim

yukun,alt
/ omit

yula
/ [名詞]燈、仄かな灯り、灯籠、燈篭、灯篭、蟷螂、燈籠、とうろう
[動詞]yulをくゆらせる、くゆらせる、くゆる、くゆらす、燻らす
[形容詞]ゆらゆらした
古:ものをくゆらせるときのオノマトペ。また、水がゆっくり流れたり、羽や炎がゆっくり揺れるときのオノマトペ。幻日の余っている音リストに載っていたのにリディアが気付き、19年末に引き揚げたもの。

yula(2)
/ [言語]京字
21
[文化]
hac

yulal
/ [物理]流体
20:yula/al(くゆる物)

yulalfoaja
/ [物理]マッハ数
20:流体速度/音速/比を短くしたもの
[文化]
流体速度と流体中の音速の比の数。

yulaltaxit
/ [物理]流体速度、流体の速度
20

yulan
/ [生物][死神]誘燈
[形容詞]誘燈の〜
19:ridia:yula/an
[語法]
死神属誘燈。最も一般的な死神。通常業務をこなす種類のもの。死んだ人間を導くために燈を持っていることからこの名がついた。夢織などは燈を持っていないか使わない。
【成句】
[婉曲]sef nene a yulan 手にかける、殺す
【用例】
xier. non sef xir semaim enat a yulan, veit yuli luut, lein kahi" よっつ。私は私の友をこの手にかけ、友の子を奪い、罪を背負う」

yulat
/ [動詞]yulをaに誘導する、誘導する、いざなう、誘う、案内する
[普通動名詞]誘導、案内、いざない、誘い
20:melidia xier:yula/jet

yulem
/ [音楽]楽器
19:yuule/lem。この単語ができる前はlemkonだったが、音が綺麗でないので不採用。
[文化]
flianj
楽器が最も盛んなのはケートイア。意外にエルトアではない。フリアンジュ社などもケート発祥。

yuli jileel
/ [人名]ユリ=ジレール
20
[文化]
(imul 1369:1433)ラグナロクの研究員。gelとkaigelの発明者。オスティアの子孫。

yuli,alt
/ elo

yulia(2)
/ [人名]ユリア
20
[文化]
(yuuma 7821)
yuuma 7994 ソナリア、実の娘ユリアとの間に娘sornを授かる

yuliaifa
/ [地球の星座][ユマナ]ふたご座
24
[文化]
ifa

yulianarko
/ [言語]子ノード
rd:mel;/
23:mel

yulideltifa
/ [地球の星座][ユマナ]こぐま座
24
[文化]
ifa

yulipabifa
/ [地球の星座][ユマナ]こうま座
24
[文化]
ifa

yulis,szd
/ min

yulius
/ [地名]ユリウス。ディミニオン国の首都。
[魔法][名前]第一祠徒ユリウス
zg;yu/xili「神の恩恵を受けた土地」 | lj;第一祠徒が降臨した土地であることから。
24
【用例】
yulius del diminion fuu = diminion fuu del yulius 第一祠徒ユリウス

yulivietifa
/ [地球の星座][ユマナ]こじし座
24
[文化]
ifa

yulren
/ [言語]対格言語、対格型
[反意語]kanren
rd;/
24

yumi,alt
/ im, mel

yumpe
/ [地名]ユンペ
20:星のような
[文化]
ヴェマ中央部よりやや東南よりの都市。

yuna,alt
/ est

yundin,li
/ mava

yundinrai,li
/ ageit

yundite,szd
/ limeer
>
yunervemv
/ [娯楽]ノンアクティブモンスター
22

yunk,fv
/ [名詞]yunk、yuns、anai、鳥籠姫、犠牲、身代わり
yu<ju(される)/kum(動物)「される者→犠牲、身代わり」。現在のyunkはfvがhemしたもの。


yunkahans
/ [普通動名詞]ミウラ折り、ミウラ折
al;/「格子状に折れ目が付いている畳み方」
24

yunkarob
/ [建築]グレーチング。鋼材を格子状に組んだ溝蓋。
vl;/
23

yunko
/ [名詞]鳥かご、鳥カゴ、鳥籠
sm;yunk.k(囚われの身→鳥籠姫→鳥籠)
24

yunkot
/ [被服]パニエ、ファージンゲール
sm;yunko/te
24
[文化]
→flanjet

yunoelxe
/ [生物]廉泉
21

yunoliil,ard
/ ユノ粒
/

yunssifa
/ [地球の星座][ユマナ]アンドロメダ座
24
[文化]
ifa

yunyun
/ [被服]銘仙、めいせん、ゆんゆん
rt; 24

yuria
/ [地名]ユリア海
20:ridia:myuo/eria(離れた水)ミュオネイトは大陸的に元々繋がっていたが、神代以降既に大陸と離れていることから。エルトとサールのころは繋がっていた。
[文化]
ミュオネイトやオプクリアの西の海。

yus
/ yu/es

yut(2)
/ yu/at

yuuakl
/ [医療]無痕灸
rd;yuuakldilfai.xik
24

yuualil
/ [化学]セリウム
18:制

yuubel,cv
/ [植物]mikan
e
24

yuufest
/ [数学]ゼロ除算
rd;/
23
[文化]
・現実での造語経緯

seren arbazard  @serenarbazard
結局娘は「分かりません」と降参したので、「それはゼロ除算と言って、数学ではゼロでは割れないことになってるんだよ。日本なら中1の反比例のところでもやるよ」と教えた。
開く 返信 削除 お気に入りに登録
2分 seren arbazard  @serenarbazard
「でもそれじゃ3割る1と変わらないじゃん。ti lo yuulan xim toal,? ol el pons 3 miik a lu yuulan(3つのりんごをゼロ人に分けるとそのゼロ人は何個りんごをもらえる?)」と聞いたら、「……」としばらく考え込んだ。
開く
3分 seren arbazard  @serenarbazard
娘は「ゼロ人じゃひとつも剥ぎ取れないから3割る0は3のままですか」と言ってきた。アルカ的発想だなぁ。
開く
5分 seren arbazard  @serenarbazard
アルカで「3割る0」を直訳すると「3をゼロで剥ぎ取る」になるから、日本語で考えるより分かりやすい。何が分かりやすいかって、「0人じゃ3つのものをひとつも剥ぎ取れない」から。
開く
7分 seren arbazard  @serenarbazard
TLでゼロ除算が話題になってるが、先日娘にゼロ除算を教えたときの反応が面白かった。"ti lo el xim toal,? on 3 fest 0"(3を0で割ったらどうなると思う?)と聞いたら、脊髄反射で「ゼロ?」と答えて、そのまま「いや……待って」と悩みだした。

yuuko,fv
/ finoin
yuukから。本来は「毒消しの魔法yuukが必要となる」が原義で、徐々に前半部分だけが残ってしまったもの。

yuule alfiine
/ [人名]ゆーれ、ユーレ=アルフィーネ
19?
[文化]
『ねこにっき』の登場人物。ルティア出身。なぜか苗字まで定まっている。

yuulia
/ [地名]ユーリア
古:ridia
[文化]
アルダの県の名。

yuuna,alt
/ dia、lond

yuuteka
/ [動物]アデロバシレウス
[アクセント]yuutekA
al;yuutel/kamt「太古の鼠」
23
[文化]
中生代三畳紀後期の2億2500万年前に生息していた。alに糞化石の中から頭骨の一部が発見された。発見された頭骨は吻端などが欠損していたが、大きさは長さ1.5センチ、幅も1センチに満たない小さなものであった。推測される体長は10センチから15センチ、現在のトガリネズミのような外見であったと思われる。この頭骨には祖先となった獣弓類との類似点も多く認められるが、眼窩に視神経孔がある、蝸牛の付着点である岬角があるなど(哺乳類以外の)獣弓類にはなく、哺乳類のみに見られる特徴がある。生態についてはよく分かっていない部分もあるが、おそらくは夜行性で昆虫を食べていたのであろうと推測される。

yuuvi,fv
/ yuv
yu/vi「力を受ける」

'yuxat
/ haxt

yuxat
/ [医療][哲学]君
szdの'yuxatから
24

yuxatgram
/ [医療]君火、くんか
szl;/「君子の火」
24
[文化]
felis

yuxatil
/ [医療]君薬
szl;/
24

yuya,alt
/ onna

yuzki
/ [医療]三焦
[哲学]侠。義侠心のことでadiiyuと意味は同じ。
rd; 24

yuzkikan
/ [生物][医療]三焦経
szl;/
24

za,alt
/ zom
zamo,f.xik

zalkmop
/ [生物]鼠径靭帯、鼡径靭帯
rd;
24

zalksais
/ [生物]鼠径溝、鼡径溝
rd;
24

zamo,f
/ zom
zana/mo zanaが「立つ」。moは形。「立つ形の」

zamokoplet
/ [音楽]バレーコード、セーハ
rd;/「またがっているコード」
23
【用例】
ar zamokoplet i t a k tからkをセーハする
ar zamokoplet al il zol 全ての弦をセーハする
ar zamokoplet i twar a xart 1弦から4弦までセーハする
teeve del koplet et zamokoplet da. Fのコードはセーハが必要だ。
t et zamokoplet da. Fはバレーコードだ→koplet

zamon,fv
/ zamozamo,fv
zamo/n

zamozamo,fv
/ zon、zon e zom
/

zan,lsk
/ 7
zamon.k

zana,f
/ xtam
e

zandfont
/ [電算]アドレスバス、パス
19

zange(2)
/ [生物][医療]髄
szl
24

zange.fv
/ zange、zogl
zamo/ge

zangeark
/ [生物][医療]髄会
rd;/
24

zelk
/ [単位]マイナス32乗
21:zolk

zeloanver
/ [医療]脳症
rd;/
23
[語法]
発熱、頭痛、意識障害、麻痺などの脳炎の急性症状を示すにもかかわらず、脳実質内に炎症が認められず浮腫が認められる状態のこと。

zeloxeml
/ [生物]脳脊髄
rd;/
23
[語法]
脳と脊髄の総称。

zen,f
/ 学ぶという意味の音象徴

zepfian
/ [地学][歴史]キオゲニアン
vl;/
23
[文化]
gaavefeme

zeplarko
/ [言語]枝ノード
rd:mel;/
23:mel

zepletvaim
/ [名詞][ネガティブ]ガリマッチョ
rd;/
24

zexu,fv
/ vals
xuはkaxuのxu。zeは「学」の意味の接頭辞。

zian
/ [単位]10の−27乗
21:elizian

zideelin
/ [生物]下顎後縁
rd;/
24

zidzekt
/ [生物]オトガイ、おとがい、頤
rd;/
24

zihokad
/ [地球の国名]レソト
19:国章にワニ

zilengo
/ [地名]ズィレンゴ、ジレンゴ
f;e
[文化]
セルア山の麓にある湖。

ziliot
/ [数学]歯車式計算機
20:古:dzihoholo/te(歯車の)
[文化]
imul 1314に時の経済省からの要請を受けて、imul 1321にilmi akinasが開発したもの。歯車を用いたもので、加減法しか扱えなかった。
imul 1348に息子のastelt akinasが乗除算にも対応したものを作る。asteltは二進数の考えを導入し、多段式の歯車を用いた。しかしdilis mainの姦計により、akinas親子は国家反逆の罪を着せられ処刑。アステルトの計算機は公開されないままマイン家に隠された。
imul 1496にディリスの子孫であるhyuxa mainにより再発見され、経済省に引き渡され、ようやく実用化に至る。
この計算機の二進法が後のリュウの電動コンピュータに影響を与える。

zilogel
/ [軍事]歯輪式
rd;/
24
[文化]
gel

zippo,f
/ ret

zolapn
/ [音楽]ギターのブリッジ、ブリッジ
16:制

zololti
/ [音楽]アーム、トレモロアーム、ビブラートアーム、レバー。ギターの部品。
rd;/
23

zolosn
/ [音楽]カポタスト、カポ
rd:neene;/。弦の長さを調整するもので、ネックにつけるものであることから。
23
[文化]
地球に少し先駆け、rdでネーネが発明した。

zomado
/ [地学]酸化鉱物
19

zomkad
/ [地球の国名]赤道ギニア
19:国章に木

zomkhac
/ [名詞]鉛筆体
20
[文化]
hacrein

zomkpind
/ [医療]ノゲ形。鍼尖の一種。
rd;/
24

zomleep
/ [言語]木構造
rd:mel;/
23:mel

zondilfai
/ [医療]棒灸
rd;/
24

zonloob
/ [被服]キャスケット
rd;/
24
[文化]
smでできた。

{
/ osnmaam

|
/ hasrein, kil

}
/ hetmaam

アルディア01_08_1
/ アルディア01_08_1
【用例】
2 ral pal varzon saam

ridia xa dia.
main luut es malt ka tu lond fin lu et fian le til 6 tolis tis. tel eel lij skol, lu til fiol silf le sols lu em lant vein.
lu reiyu kant halinor xelt ka zok t'anxe ikl. see frem lu, 1 lanko skines a vinl kont inor xelt kok.
flant lunak ento nia luut le yutas xelfi and emik fo salsal. silfi atiili lantes olma luut tinel.

"lee, es fia et fiana eyo"
rom, rens lunak i sex e reiyu.
xom lanko ixnik seerel.
"mirok lam lot soa lex nos na reia man netal mi lu"

"hayu fia emat lad?"
"ya. ladan kut fie, yul fie ilia l'et leiz tisee.
see lu koat fie sam a tu fie,
toim, tuubes fie sein ik hanoi le vatles siel"

"yuu gukat lu on fie mian?"
"man fia sil sedo ol fie lam em hete.
il tilat nal vol okl fie a. il xarat fie sil rul im xe ol il lad onk fie sein"

"xom tu fia et lad kokko fie teu saaj?"
"tia on "kon fie", tal evit on saaj. anfi fist o fist luna van ol fie di ik nox. see tu fia es lad kon tu "anfi". alfi fia de lad kon saaj"

"xep nonno"
"a ya. fie samp et melial tinka, ento les ladat tuus fie xiel jins vil em wel et rul.
see mirok amiret ko fie a.
lu xarat teld o fie vers sil rul ol lax onk tuus i fiona.
tu fia et lond le gaato mirok xa tisee"

"tet mirok rensat soa e" reiyu asexik. "nan xa vil em dia im tuo. lu til vilmok ter"
"son..." lanko tikik po. "to sil sod a tu fia sei"

"yan mirok oktat lond enat a selan tisse"
"es?"
"lu solsat lax selan mal kloa luut veil dia luut sil sedo"

"aa..." lanko wikik ok asex reia.
see reiyu fremik a lu, tiak lu vol bik las luut niitel.

"fie lfis sen pot xei lan e".
mirok distat ak esto lana sols tu so eyo.
tu et kloa e soa mirok reian,
artasen e mirok"

1991年6月24日午後8時

 リディアは夢の中にいた。
 6歳の幼い自分は夢の中で大人の姿になっていた。あどけない顔つきはあまり変わっていなかったけれど、手足がすらっと伸びて今より綺麗になっていた。
 成長した自分はどこかの家の屋上で、綺麗な月を見上げていた。そばの柵には一人の青年が腰掛けていた。彼も同じ月を見ている。
 そよ風が吹く。青年の髪が月の光を浴びながらさらさらと靡く。青白い仄明かりに映えた彼の容貌はとても美しいものだった。

「ねぇ、どうして世界はあるの?」
 唐突に、少女の口から言葉が紡ぎ出される。
 すると青年は静かに答えた。
「最初の神さまがこう思ったんだ。ひとりはさびしい――って」

「そうして世界はできたの?」
「そう。創造主はうそをついたんだ。たったひとつの小さな嘘を。
 そして嘘の上にもうひとつ嘘を作ったんだ。
 いつの間にか嘘は空高く積みあがって、塔になった」

「誰も嘘を咎めなかったの?」
「だって最初の嘘がばれてしまったら、世界は消えてしまうから。
 みんなは嘘を吐き合うことで安心したんだ。みんなが同じ嘘を言えば、いつかその嘘が本当になるんじゃないかって思ったんだ」

「それじゃあこの世界は嘘という無でできているの?」
「そう、嘘でできている。だけど無じゃない。嘘が集まると、ごく稀にだけど、何かが生まれることがあるんだ。そして世界はその『何か』でできている。決して無ではないんだ」

「難しいんだね」
「そうだね。たくさんの嘘はややこしいんだ。きっと、ついた本人も分からなくなってしまうほどに。
 そうして神さまはひとつの嘘にすがったんだ。
 ただの強がりも嘘さえも、願えば『ほんとう』になるんじゃないかって思ったんだ。
 これは、そんな寂しがりの神さまが見ている夢なんだ」

「だけど、カミサマ、言ってたよ」少女が微笑む。「最近は夢を見ることができなくなったって。神さまね、もうあまり眠れないんだって」
「じゃあ……」青年は首を傾げる。「世界はどうなってしまうんだろう?」

「それで、神さまは自分の夢を人に喋ったのよ」
「なぜ?」
「人の記憶に残ることが、夢を生かすことだから」

「あぁ」青年は寂しそうに微笑みながら頷いた。
 少女は青年に近付くと、慰めるようにそっと手を握った。

「誰かの中で生きることで、嘘は命を持つの。
 そのために神さまはどれだけの犠牲を払ったのかしら。
 これはそんな寂しい神さまのおはなし。
 かみさまの、懺悔」

アルディア01_08_2
/ アルディア01_08_2
【用例】
422 ral ruj nebra saam

teria niit le til fiimbix asexik ok dio ifiimel kont sont osn t'altina lij le til 5 via tolis fo pof.
"ladoova, feanol"

altina halinik ok ins nem yul vik le til gel on taki.
"ti re fals, man ti til fas"

sontand flel luut, vik xtamik entel. see lu jik fara lis le xa lie tu lixil.
"el leev sen atu ivar le siet netal xakl lu so"

tontik yu on xos, main t'altina or frem a fara yun dol l'or pix.
altina vais vik ok elet pels o xon.

sain wik seer e vik, altina lator apot fara.
lu vik ves tistik reial kont lai elen le xtames yu a lat e lixil xel vanobal.
"al vian... lamen yuli a"

2011年6月27日午後11時

 無精髭を蓄えた優しいテロリストは黄ばんだ歯を見せながら笑うと、5つばかりの幼い少年の頭をポンと撫でた。
「さよならだ、フェアノール」

 少年は虚ろな目で、銃を脇に抱えた男を見上げた。
「お前は生きろ。やることがあるからな」

 肩をポンポンと軽く叩く。男はゆっくり立ち上がると、小屋の奥にある小さな暖炉を指さした。
「あそこからなら誰にも気付かれずに逃げ出せる」

 トンと背中を押すと、少年の身体は転がる石のように暖炉の方へ近付いていった。
 少年は戸惑いを隠せない色で男を見つめる。

 男が静かに頷くと、少年は暖炉の中に入っていった。
 残った男は一人、小屋の入り口に立てかけたバリケード代わりのテーブルを見やると、寂しそうに呟いた。
「元気でな……始まりの仔よ」

アルディア01_08_3
/ アルディア01_08_3
【用例】
2 ral lax

liiza lutia axivik vangardi xien nos ok sena kax ka galt ver t'avelant.
"non lax la"
lu jik ko lanko raken galt ver.
"...komo tis bike miva laap no?"
kont eves mark a flel luut, vangardi asmik. alfi lu deskes la i la rak van tu galt xed flen da.
"im kit, tu at tas kalis le kip dajna laates.
non metat lafin di it atu. kils, non solsat nan kaen yumana so tuus a yuli di teu asiz.
vei yuli alvinsat lafin dajel e. see luus sefat tu a non kaen yumana siina. tu et dajna duen hokn lis deel. tet tu et sool le klia miyu lfis luutes tisse"
avelant teror lu xed rens.
"see non evat tas kes a lendi yuli daj sein. tabat luus alk fan dajel non teu mextan le na pels az. vei xaina vastat tu tas tan.
yan getmetat luus xalt raka, tolis, lens, xiteleep wen"
"del ker kama le miva sedod bu lo"
"xe avelant em sen jentporklakan tap ter"
ok soa, liiza haizik.

"hai, moko tis kaldaiz jigd?"
"xalt vienati t'avl, diti e lava, saaj e vainoxoz, xin e gel, vind rat, nent kal e garma, en alve lest e teria, raka teu daialpol, kad kaen alkaaxti, eu. saa diin, tu kad kaxes tuus vols im tur, tet el jins vil tu so sil az mil yuu ser sil e yumana tisse.
dina lena ev xir vei lantis a kalte flon mil fral e lena xa anxil hot. tea lena es nox a kalte ilia, lena xiel klema yu sen vand e retl. alfi, tu et kok a lamifonl e doa deel"
"haan..."
"fok, non aluut aaj fan lantist mil luus kalma si kadtiia.
xita e monkast et dim al il kalte. luus il sak vil kalte l'et daz a luus. alson el ar sen xiilastafl a luus sofel emo halas naxil a luus"
"jike de mulu tis keno xalul no?"
lu sinsik asex yun ar nosales tel sikl t'avelant.
"ai, non aajik xe lanko le non yos sen sofel. lu til lens hax, levan sor, xar nan et lan aal. see lu haas fan netal le til envi fein nod lu yun oma haasan. non yuitor lendi kom ank e"
vangardi laik lanko raken galt. lu et tio allaz le til 10 via tolis.
"loo bike de tis keno oma no?"
"ank sete? non siina erde au. la sil vilot ermes diat, non xar" smsm, sol liiza. "rafa la til sex deyu in. la sil dantavom haasan kalt la ik mav ol non evik raklel xana teu "an et lan aaj l'okl nekt lot kola hot da""
liiza asexik ok elet diit.
"kaat, la leev sil vil em lena i seles im la es kant a mav"
tel verx luut, avelant as amesik nos.

"hqm..." avelant fitlik mark a klal fir kont deyu galt. "loo, tis bike miva jigil no?"
liiza ixnik "ya" mioxel kont eelik a lu.
"tis esto ser iho?"
"dist fan esto ranel e. kaat, distes vei esto sete"
liiza pasol kit kon ji.
"axte. non vins xir lagel e letia.
flea. non vins xir miva tiia, nias lu al almiv.
alis. non varae yu miva mil tu artas.
xier. non sef xir semaim enat a yulan, veit yuli luut, lein kahi"
"...passo" avelant wikik seerel.
liiza na sen nal man vangardi ret sil meltia artes la lanko al atolas.

kea xekt e lus o pose, liiza lasinimik imelnia lant. see liito e towa emoen felin ik emik kalisel.
"doova, avelant san"
"tis den pe iho?"
"on esto? saia, mil non lapn lan xetul eu"
"tis yunk yol en pin tis de neeme iho"
tal liiza ixnik yun varines rulna t'avelant.
"sol gaato mineeme fut sen yuns a tyu mil lu et ca daiten sete?"
vangardi senak mifel.
"rat. "raven-esto" a"
"tint lan raven lenan tet milx xir tu mil tuube klal fir"
lu haizik ok sena kal.
vangardi lastik las sa eel e liiza. far ik sod i las luut ento main laat or fax apot tu far"
"komo tis al bees teems den vast?"
avelant evik asm veer a liiza l'or sedo. yan lu sinsik elet reia romel.
"lena sit xetul len klema teems tisse.
son non laxat arkatis. olta dist total yuns, netal miyu fal tu fia, non lot.
tu et sodn.
lee, tyu ser,? avelant vangardi"
im mil del leevik al atolas, liiza evik rens veer.
"el pras fal sodn kont kaax sodn lex sodn"

1991年7月7日

 死神の黒い門を前にしたリーザ=ルティアは、満足気な笑みを浮かべて背後のヴァンガルディに声を掛けた。
「あの子が欲しい」
 リーザは黒い門の向こうに映った一人の少年を指さした。
「……なにゆえ汝はかの者を選んだ」
 鎌をリーザの首に架けたままの状態で、ヴァンガルディは問う。万が一にも彼女が勝手に門を越えないよう、牽制しているのだ。
「最初はちょっとした親切心を観るためのテストだった。
 私はここからたくさんのハンカチを落とした。いえ、落とさせたと言ったほうがいいかしら。ユマナにいる自分を通して、候補となるたくさんの子供たちの前にね。
 何人かの子供が親切にも拾ってくれたわ。そしてユマナの私に手渡してくれた。それはほんの一匙の親切心。でも彼らの人生を変えるかもしれない行いだった」
 死神は黙ったまま彼女の言葉を聞く。
「そんな親切な子供たちに次のテストを行った。困っていた異民族の私を親切に手伝ってくれるかどうか。何人かのお人好しがこの試験も通過した。
 私はその中から更に居住地、年齢、知性、家族構成などを考慮して的を絞った」
「さぞや候補者が消えたことであろうな」
「おかげさまで」
 リーザは軽く腕を開いた。

「ときに、国はどう選んだのだ?」
「経済大国であること、多くの国と国交があること、徴兵制がないこと、拳銃の所持が認められていないこと、治安が良いこと、戦争勃発のリスクが低いこと、テロの主だった標的でないこと、首都圏に住んでいること、居住地が極東であること、かな。まぁ、いずれにせよユマナの未来のことは分からないから、今現在の話でしかないんだけど。
 ともあれ私たちは西洋に固まりすぎているから、ある程度人員をバラけさせる必要があるのよ。一箇所に固まっていると、敵からの攻撃を受けたときに一網打尽にされやすいからね。資産と同じよ。リスクヘッジね」
「なるほど……」
「それと、愛国心を持たれては困るから、必ず混血児を選ぶことにしたわ。
 移民の子孫はどこに行っても居場所がない。世界中のどこにも自分の居場所を見付けることができない。だからこそ居場所を与えてあげればあっさりと懐柔できる」
「それは自分の経験からか?」
 死神の皮肉に、彼女は自嘲めいた笑みを浮かべた。
「最終的に私は最も御しやすい性格の子を選んだ。知能もプライドも高く、自分を特別視している人間。それでいて自分より能力の高い人間には尻尾を振って従うような性格の子。そんな可愛いワンちゃんを探していたの」
 ヴァンガルディは門の向こうの少年を見た。まだ10歳程度のあどけない子供だ。
「そしてあれが汝の犬か」
「可愛いでしょう? 私は見た目も重視するからね。きっと良い男に育つわ」くすくすと笑うリーザ。「それに口も堅そう。『自分は選ばれた人間で、仲間とだけ秘密を共有するんだ』って思わせたら、少なくとも大人になるまでは従順な私兵になってくれるわね」
 涼し気な顔で微笑むリーザ。
「それに、大人になったころには、もう私たちから離れられない身体になっているわ」
 不敵に呟く彼女に、死神さえもたじろいだ。

「ふむ……」死神は門を閉じると、鎌を白い空間に仕舞った。「では、かの者でよいのだな」
 リーザは振り返ると、上機嫌で「えぇ」と答えた。
「代償は分かっておろうな」
「鼎はちゃんと払うわ。それに、一部は既に支払い済みでしょう?」
 リーザは指折り数えた。
「ひとつ。私は王女としての実権を手放す。
 ふたつ。私は愛娘を捨て、従姉妹に託す。
 みっつ。私はその業により、娘から忌み嫌われる。
 よっつ。私は私の友をこの手にかけ、友の子を奪い、罪を背負う」
「……よかろう」死神は静かに頷いた。
 召喚の実務はメルティアに依頼することになるが、それは死神のほうで処理してくれることになっているので安心だ。

 リーザはスカートの皺を伸ばすと襟元を正し、美しいブロンドの髪に手櫛を入れた。薔薇をベースとした香水の芳香が微かに漂う。
「じゃあ帰るわね、死神さん」
「本当に良いのだな?」
「鼎のこと? しょうがないわよ、叶えたいことがあるんだもの」
「一国の王女ともあれば、身代わりくらい立てられるであろう」
 しかしリーザは見透かしたかのように答える。
「そんなご立派な立場にいるからこそ、あなたとの大きな取引ができるんじゃなくて?」
 ヴァンガルディはふっと笑みを零した。
「よかろう、契約成立だ」
「乾杯と行きたいところだけど、こんな何もない白い空間じゃそれも望めないわね」
 くすりとしながら彼女は腕を広げた。
 ヴァンガルディはリーザの目の前に手をかざした。彼の手から光が放たれ、彼女の身体は徐々に白い光に包まれていった。
「なぜ最後まで悪魔と戦わなかった」
 消え行くリーザに死神が最後の質問を投げかける。すると彼女はつと寂しげな表情を見せた。
「私たちには悪魔テームスを殲滅するのには足りないものがあった。
 だから私は救世主を望んだ。どんな犠牲を払ってでも、世界を変えなければならないと思ったの。
 それが事実。
 ねぇ知ってる、死神ヴァンガルディ?」
 アトラスに帰る刹那、リーザは最後の言葉を遺した。
「事実は事実と認めた上で対処しなければならない」

アルディア01_09_1
/ アルディア01_09_1
【用例】
2 zan mel varfant nebra saam

"non leev, maal"
lu axivik laal l'es skin frem lu. lu et min lant o silf da. tal lu soktak yuu a ridia. xiel, lu si tem rat in.
"kor liiza xanxa, lana sef tu lei e"
tel xiv kai vein luut, la soktak "al avan mil tu tur velt" niitel.
alfia xa amox lestez. direi mi sov tuus.
hom alfia, teeze diite e fleadurne sontik nia leje luut hoomil.
ridia pok a laal, asexik ok xiv kai vein del "tu et ilpasso mil la ra frem lena. kaat yuu eviden xa tu lizl sete"

tu mols on tis fei xel el luko lanaka. kaat tu lizl et hem, fok lana ra frem.
"arte...!"
ridia halinik jan. liifasiel lika da. lu til esilkaam mil fist terk im xelm. el in sen liifasiel vein tea duurgatuvan firt mi jan.
xi luk du liset kont in jan, lu xaklik xe xa frem lu, pok a la. ya, tu et xelan raken fou melfi. ik frem a lu kont na knoos, lu serik tu et monia. lu et ko lanko xa. kamil lu et hasm vein nod ridia. lu til nia ver o main lixa. fok til freisakl on aam ok frei.
(lu et ne eyo...)
atu del lizl sapli til yuu falxen. wal xion xa alas tu lizl. taik si pont rat. tu lizl til font ran soven xial axelfi le xa axti hot. tu eks lu lunas it axelfi sei. lu vilot na pels mil si ra ka lu mok im fis. yuu mokl es hom im tuube melal.

"lee, tyu tor?"
ridia axivik lu ok vasn. lu lot la rakm sen ko vird ka ra luut az xaxka e xaxan luut.
lanko pok a xiv e ridia nikel. lu nak nik a xiv luut in. lu inik eel laat, alwikik ok elet fixan. see lu leevik atu xed rens.
"zal aa", tistik lisel sol ridia.

ridia lukok ra e liiza del xaxka. see lu oktik on lanko imen tur a la.
"lu et lanko knoos deel" liiza tikik po kont sols imelnia lant em waan. "lu yun hasm nod tyu ses sete? tu et zal xel yuli xa beke xed netal e"
"xam tyu" ridia sefik lei le nos takes. liiza mixik tu ok las kol silfel ento ridia nak main nozet tur xal lis.
"...saa, la rakm sen toal vird eyo"
ridia sinsik elet dems tel liiza le tistik.
"tu eks to,? xanxa"
"tee, tu et vers"
liiza arik smsm yun yuli le siina pilp.

1991年7月19日午後7時55分

「行ってくるね、お母さん」
 横に座っている母親に声をかける。線の細い綺麗な女性だ。しかし耳が遠いのか、リディアの言葉が聴き取れなかったようだ。
「リーザ先生のとこ。この本を届けに」
 少し大きな声で言うと、彼女は「暗いから気を付けるんだよ」と優しく言った。
 居間の目の前は玄関になっている。仕切りなどない。
 玄関を開けると、夏の心地良い夜風がリディアの亜麻色の髪を柔らかく撫でる。
 リディアは振り返ると、もう少し大きな声で「すぐそこだから大丈夫だよ。それに、この村で悪さをする人なんていないし」と言って微笑んだ。

 家から目的地は子供の足でも10分程度だ。もともと狭い村な上に相手は近くに住んでいる。
「うわぁ……」
 リディアは空を見上げた。満点の星空だ。ふだん夜外に出ることはないので、こうして綺麗な夜空を見るとうっとりする。少し太った明るい上弦の月がなかったら、もっと綺麗に星が見えたことだろう。
 空を見ながらしばらく歩いていると、ふと人の気配がして彼女は首を戻した。何メートルか向こうに人影がある。何だろうと思って近付くと、それは見知らぬ者だった。自分より年上だろうか、一人の少年だ。髪が黒く、線の細い男の子だ。腰にはソードベルトを巻いて、剣を差している。
(誰だろう……)
 ここサプリの村は特に名産品があるわけでもなく、西部はシオン山に囲まれ、交通の便も悪い。東部のアシェルフィの街くらいまでしかまともに道路が引かれていない。ということはアシェルフィからの旅人だろうか。こんな夜遅くにこんな村に来ても泊まるところもないだろう。困っているのではないか。

「ねぇ、何してるの?」
 意を決してリディアは声をかけてみた。一晩くらいなら自分の家か恩師がやっている寺子屋に泊めてもらえるだろうと思った。
 リディアの声に少年はビクっとして振り向いた。どうやら話しかけられたことに驚いたようだ。彼は彼女の顔を見たかと思うと、怪訝そうな顔をして首を振った。そしてそのまま何も言わずに振り向いて、去っていってしまった。
「……ヘンなの」ぽつりとリディアは呟いた。

 リーザの家兼寺子屋に着いたリディアは、今見た不思議な少年の話をした。
「それは変わった子ね」リーザは美しい金髪を揺らしつつ、小首を傾げる。「リディアさんより少し年上に見えたんでしょう? こんな場所に子どもが一人でなんて確かにヘンね」
「ですよね」リディアは抱えていた本を手渡す。リーザはそれを軽く片手で受け取った。自分の身体の小ささを実感するリディア。
「……さて、何日持つかしらね」
 小声で呟くリーザに、リディアはきょとんとする。
「先生、それ何の話?」
「ううん、なんでもないわ」
 リーザはいたずらっ子のようにくすくす笑った。

アルディア01_09_2
/ アルディア01_09_2
【用例】
422 zan mel varzon saam

an xarat teld o fie vers sil rul im xe ol lax onk tuus i fiona.

20 salt ik rakm i le.
vat fal al om sei?
lax fal al om sei?
an landat xelan xiita an. son an lunas atu.

son an vatat varzon xelm kont vais le melk l'es xtam lyu xalel.
an sot ka tu koxe.

tu et passo xel lu luna i far ul eria.
diin, an landat xe xiita an siina...

--tal tu et ca fiana da.
ka an, melk fanzel le sinses varzon o fia l'em miyu ati yuu xa.
an en lapnat yu.
an en lapnat yu da.




xi tu, seren arbazard filsat eryulo vert demsel ka pafi hinatahada.
kont land xetul, lu inat koxe o melk asnel. tal xetul det sod.
lan kalo tis xa atu del estakoxe e felixia leimel. fok im tur, yuu tixen lu xa atu man esta leeves.

20 salt ik rakm im fis. lu hel mifel amalis e le sel. see sel sein alkalten fis luna yun mempab.
il salt. im il salt, lu luna atu. see im il ras, lu til diver.
lu til diver vein im salt diskalx, fin lu ser alx si eks aal as.
esta leeves atu merel, mi atu. seren leevik koxe ok elet dagd.

im modor naf e zom soven koxe o deko, kap lunak lu.
see lu fatilik leizen i sama mik. feim es tav al eel man terator lem sa galti.
"tixante?"
fitlik leizen a sama, lu yutak kap.
"etto? moe xa am?"
tu et xiv e min lif xa.
"mel xa. koxe tisee"
"koxe? lala beke a..."
xiv fixan, tet tu et hao.
"passo. diin ren vat yuna ka mema halen naf. yuna luna fan moe e"

seren isik kap ok "xiyu".
xi toon tis jin, ole e kap lunak mema.
lu et aadyu az luxian le til imelnia ont ins soret. lu et lij kal ento yun fiante mil eri t'etiir fin lu tur tolis 22 as. lu lunak seren kont takes hals kon taki.
"soono, mel"
mel et felixian da. et felan t'alfxite e kamitats. tur, rsiila del felnif veer da.
"kolt xiit kokko axel e"
"a ya"
luus luk kit al alasgalt.

"ti en sabes mistis im fis kok"
asmik kont lukor.
"kaat, alfxite en xir fan mistis ati soa linoa. moe tilat xaxt im fis tan?"
wikik seerel. lu et regast e tu manaka, see et yulfan t'atu.
lu konses santdolmiyu, pin el kaax elf soa felpant. dolmiyu at siin sa 400 via salt del ordin(rd) tisee.
ern e yuuma tiflat envi t'art xi rd. see xi tu, ragna emat siin ist tu, fok tu tur soa. tel tur del feme e kami, dolmiyu et yoa gast on labtaf.
tu et mon xel tu kad del arbazard til xe moelaxe del artea. see lodast tuul xir dolmiyu lex felpant. tal tu et tio dolmiyu imen rd. tu et yun sidself luna tas e felka da.

"yulfor to im tuo?"
mel asmik ok xiv diina o niit.
seren taf dolmiyu o ragnalen sid ka manaka fin lu konses santdolmiyu, man el kaax elf tuube. milgaal gaato mesa, lu en tafat felpant ran fin lu xa kamitats. hayu xi rsiila, lu tafat vil loit ran.
lu vinsat vil ladia ento vina labtaf, xal xaxt xel yulfan. tur, lu et moa 30 da.

xalt yulo, lu konses eldfel. tu et man el kaax eldfel lex felpant kont le et frem a dolmiyu --kils, artenfel.
tal lu ar vei felpant e kamitats man tuus et frem a ragnalen. tuus tats xir molt o miska falti ento lu kalma na pels.
im el asm lu konses to, lu ixn lax tu et santdolmiyu. tal lu ixn van tu et eldfel o ladfel man lu sin el klit lu et lan zal.
dina, eldfel te on a ladfel ento el andir klit lu et soa. son lu sin el asm lu konses to.

"yulf... hqn"
tistik ok nosales. xalt selan, santdolmiyu del felpant l'el kaax elf te daz a vet del yulf. tu et axon tis xalt luus.
kaat, il vosk de tran ul beril... lu xar.
tal xalt selan, el kaax van tu lex felpant az et vols tinka olta gaato mesa et dim tinka.
selan fit ins sort a lu tet la amel del altis sid. lu kuver elf vosk e seren. lu jins elf vosk luut lex axon tis tet yulf ranel. lu et lokian tam da.

"ti ser xad e santdolmiyu... alfi xad e fas ant?"
asmik ok xiv hait. tel xiv luut, mel ixnik "ya" silfel.
"dolmiyu es felpant deyu kont kami es hom. tu et mon xel selan imen tur yol vil art. tet volsen et en hanlati tet iznati o tranati deel. dolmiyu guxat yu sa luko lanaka. tu vinsat yu fanzelel mil ern e yuuma yol vil em art.
tea selan yolat xal art, dolmiyu aaxa emat deyu. tu deyut yu rasol mil junk beril sein laxat gio enat hot. tu te xan xel dolmiyu emat deyu xi yulf ik took.
tet tu te afet xel el hom van vemel seta e dolmiyu. tu et tio sool le selan sid arat da. alfi, tu yun mesadl e nagi. xom el hom xir felpant deyu kont loz tu a kami imen tur. sol tu et santdolmiyu da.
santdolmiyu et afet xel misk yulen yulf t'ern e yuuma olta tu et yoa gast xalt kolet le yol vil art.
--axem?"

mil mel le kuk kliz fil sofel, seren nak miox tinka.
"tia. olta selan kaax elf an, an ov lax seta e fel. tu et xad e lfis ant. tu et passo olta ati et leiz. an almono lax zilo e dolmiyu l'es mono"
teeze diite e fleadurne sontik kaam e seren.
"ya, yuna ser, yul moe lut vosk tu linoa"
nia e mel and emik mil teeze. see lu lons poniaka kon ji fir o fil.
"a ya..."
ok elet kax, seren laik sanleel e mel.

lu konses eldfel man yulfan et tid tinka, fok labast yuma et vokka rak lana yulf fi.
alson lu ar mellab. see xalt mellab, labtaf et sof vein on eldfel nod ladfel tisee. labka lest et felki ul estelvent wen.
tu kad til kadeld di del tiaren, nagili, arbaren olta arka xa seel tuus. kadeld di eks txa di t'eldfel ont estel.
lu lfis sen kolset xe vik le tilat est kok on lu, ladat arka del tu eld siiyu o xet sa 400 salt, hanxat tu arklevian en sohal.

xi alasgalt, lopn felixia xa rak popa. tu et fiina daizxite ento til lopn fiinaen nos haol.
yuu felka et frem soa i lopn tix felixia. tu lopn yun limsyol man il felka ilen tinaka alen manaka xa deko kok.
lopn felixia de soktlopn, til arnaxelte hot da. pin tu et hao man tu lopn xa fiina felixia hot xalt selan.
soktlopn xa amox xel kaliz. im kit, el koa a gaavlop faimanrein it arnaxelte. see kend i lop ka arnarafil var axtikaliz o razordin. tu mols 30 via fei xel el ke arnarafil i felixia, kont lop lesp font bebel atu.

luus ta luk kit xi modik naf xed xook tis. im tu, romel seren nak tetona l'el en na iks im novel al de yam.
akisgart t'arnarafil et falti man tu xa lotdaial ento yulfan tid ra vil frem lopn. luus lukik du 15 via fei, lukok xial sid o tid le yuta luus siina.
luus ik lat a noxra giik konen dol ifi ont ifi, mod naf al aks ta fo kotkot.
xi modik naf, el ins sen bal mik nos kont so sen epn lank nos. mel ik mono ka alfia ko.
kont ku "xidia", seren lukik a ra amox.
fatilik gils i sama, bikik kozet. tu et kozet sem o sid yun tu ladat yu sa togal salt da. tu fit van yuu vindati a ran.
kaat, yuu eft van total i tuube noxra ento seren nap van eftan gastel.

tu ra et 6 myuz kont til 1 ez tis. tu til beekerx, taik til belka hem tis. xi feme e mirok yutia, kaxu del alyukka til est hot. im ses, tu noxra giik tilat 2 ez o vlend. tal direi fitat yu atu ter.
tu ez et rati tinka. zat, mokt, sai, elen, skil. tu et il da.
alsab alsa, ev tu a sabnial, lu skinik a mokt xi olx las, ar aga. evik osn a bal, temik fo lis del kon.
mel kaen ra amox da. mokt laat xa rak tu bal fef.
fo del kon lunand repal. fok el tem fo le lu lad vol sont bal fo tuut.
"x... i..."
tu et tsuuton da.
"d... i... a... xa. --hqn, il yol van tekt ist tu a"
ok sm, seren ladik lexn kok pefel fo konkontuuttuut.

2011年7月19日午後8時

 ただの強がりも嘘さえも、願えばいつか「ほんとう」になると思ったんだ。

 あれからちょうど20年。
 いつまで待てばいい?
 いつまで願えばいい?
 ここに来れば迎えに来てくれるんじゃないかって思ってた。
 
 だから最初のときからずっと変わらず立っているあの時計を見つめながら、夜の八時を待ったんだ。
 この池のほとりで。

 光の中からでも、水の底からでもいい。
 迎えに来てくれるのを期待して……。

 ――でも現実はこれだ。
 目の前には八時を指す冷酷な時計と、何一つ変わらない世界。
 報われなかった。
 自分は、報われなかった。




 それから30分ほどの間、セレン=アルバザードは朱塗りの橋の上で茫然と暗い水面を見ていた。
 何かを期待しながら、ずっと池と時計を交互に見ていた。だが、何かが起こることはなかった。
 ここフェリシア大学のほたる池は普段から人があまりいない。まして今は蛍のシーズンが終わったこともあり、一人きりだ。

 今日で20年だ。20年前のあの日が思い出される。そして現在までの日々が走馬灯のようによぎる。
 毎年だ。毎年この時間、ここに来ている。そして毎回、落胆している。
 区切りのいい年ほど大きく落胆する。数に意味などないと知っているのに。
 蛍はすっかり去って、居ない。セレンは焦燥感を顕わに池を離れた。

 池とキャンパスを繋ぐ木の階段を登っているところで電話がかかってきた。
 彼は右ポケットからレイゼンを取り出す。ちょうど先程まで音楽を聞いていたので、スピーカーは貼りついたままだ。
「もしもし」
 彼はレイゼンをポケットに戻すと、階段を登りながら応える。
「あ、お兄ちゃん? 今どこ」
 声の主は若い女の子だった。
「メルか。池だよ」
「池? なんでそんなところに……」
 怪訝そうな声だ。無理もない。
「まぁいいや。じゃあ上がったところの広場で待ってて。私もすぐ近くだから」

 セレンは「わかった」と言って電話を切った。
 階段を登って数十秒もしないうちに、電話の相手がやってきた。
 金髪に青い目をした白人ベースの綺麗で可愛らしい女性だ。22歳だが黄色人の血が混じっているため幼く見え、少女と言ってもいい見た目だ。彼女は鞄を小脇に抱えて歩み寄ってきた。
「おつかれ、メル」
 メルはフェリシア大生だ。理学部の数学科に属している。今はもう大学院の博士課程で、大学生としては最終学年に当たる。
「一緒に帰ろ」
「あぁ」
 二人は西門に向かって歩き出す。

「今日は白衣じゃないんだな」
 歩きながら問うセレン。
「本来数学科は白衣を着る必要があまりないしね。お兄ちゃんは今日もゼミ?」
 黙って頷くセレン。彼はこの大学のOBであり、現在は研究生をしている。
 専門は現代魔法学。――といっても、そんな学問は世の中から認められていない。魔法学が盛んだったのは今から400年ほど前の時代、オーディン(rd)だ。
 人類はrd以降、魔法の力を失ってしまった。それから機械文明が発達し、現在に至っている。科学全盛の時代に何の役にも立たない魔法学をやったところで、就職の役に立つはずもない。
 確かにこのアルバザードという国には召喚省という政府機関がある。そこに入る人間にとっては魔法学も必須の科目だ。だがそれはあくまで古典としての魔法学であって、要は古典文学がテストに出るのと同じような扱いでしかないのだ。

「今は何を研究してるの?」
 メルは落ち着いた優しい声で尋ねる。
 セレンは現代魔法学が専門だがそんな学問は認められていないので、大学では古典としての魔法学や魔法工学を履修したりしていた。おかげで理系だったのに真当な科目を選択せず、大学院を出てもまともな就職先にはありつけなかった。
 結局夢を捨てきれなかったこともあり、院生時代に就活を断念し、そのまま研究生としてゼミに残っている。気付けばもう30だ。

 表向きの専攻は言語学だ。魔法学――とりわけ呪文学――と近い関係にある上に、学問の一分野として認められているからだ。
 だが魔法工学などの兼ね合いから、理工系の分野にも手を出している。こちらは機材や試料に費用がかかるので、研究費にはいつも悩まされている。
 人から専攻を聞かれたときは現代魔法学と答えたいところなのだが、毎度白眼視や奇異の目に曝されるのに飽き飽きして、今では言語学と工学と答えることにしている。
 とはいえ本来言語学と工学は重なる分野ではないため、結局奇妙に思われることが多々ある。だから正直専攻を問われるのは好きでない。

「研究……ね」
 セレンは自嘲気味に呟く。世間からすれば、存在を学会に認められていない分野など研究とはいえないだろう。せいぜい「趣味」だ。
 本来、努力に貴賎はない。……はずだ。
 だが実際はその学問が世に認められているかどうかによって、社会的な扱いに雲泥の差が出る。なんとも理不尽な話だ。
 彼に対する社会の目は冷たい。しかしこの幼なじみの妹分は違う。彼女はセレンの努力を揶揄しない。「趣味」などと一刀両断せず、きちんと「研究」と認識してくれている。彼女は数少ない理解者なのだ。

「お前は現代魔法学の意義……俺のやっていることの意義が分かるか」
 厳かに問うセレン。対照的にメルはあっさり「うん」と答えた。
「魔法学は閉じた学問体系。科学は開いた体系。今は確かに魔法を使えない人達が殆どを占める。だけど問題は実用性ではない。斬新性と高尚さ。魔法学は志半ばで潰えた学問。人が魔法を使えなくなったせいで無情にも切り捨てられてしまった学問。
 もし人が魔法を使い続けることができていたら、魔法学は決して閉じなかった。下賤な世俗の人間が自己の利益を追求した結果、魔法学は無理やり閉じた体系に押し込められた。魔法学は完成して閉じたわけではないのだ。
 だが閉じた魔法学を単にこじ開けるだけでは昔と何も変わらず、車輪の再発明にすぎない。そこで閉じた体系を再び開きつつ、同時に現代科学と旧来の魔法学を融合させる。それが現代魔法学。
 たとえ魔法を使えない今の我々にとって現代魔法学の実用性が皆無であっても、人類の学問への挑戦として十分な意義がある。
 ――でしょ?」

 長い演説をスラスラと述べるメルに、セレンは大層気を良くした。
「そう。たとえ世間が認めなかろうと、俺は学問の歴史を動かしたい。そこに俺が生きている意義がある。ほんの少しでもいい、止まった魔法学の歯車を動かしたいんだ」
 夏の心地良い夜風がセレンの頬を撫でる。
「うん、知ってるよ、メルは。お兄ちゃんが頑張ってるってこと」
 メルの髪が風でなびく。彼女は白く長い指で襟足を押さえる。
「そうか……」
 セレンは満足気にメルの横顔に目をやった。

 彼が言語学を専攻しているのには訳がある。研究生では食っていけないし、どこかの正社員になっていたら研究ができなくなる。
 そこでバイト生活をしているのだが、手軽にバイトをするなら工学より語学のほうが口があるのだ。主なバイト先は塾や翻訳会社などになる。
 アルカ全盛の時代とはいえ、この国には他に公用語がルティア語、凪霧、アルバレンと豊富にある。公用語が多ければそれだけ語学や翻訳の需要も生まれるというもの。
 400年前に自分と同じ名前の青年がアルカというこのありがた迷惑な国際語を徹底的に広めようとはしなかったおかげで、どうにか今の自分は飯を食えているというわけだ。

 西門を出ると、信号を渡ってすぐのところにフェリシア駅がある。皇族御用達の学校だけあって、堂々と専門の駅が用意されている。
 キャンパスから駅までこれほど近い学校もまずないだろう。小学校から大学まで全て同じキャンパス内に存在しているので、ほぼフェリシア専用の駅といってもよい。
 フェリシア駅はジャンクションではなく、幻環線しか通っていない。もっとも、事実上フェリシア校のために存在する駅なのだから、それは当然のことだろう。
 ジャンクションはひとつ離れたカリーズ駅だ。一旦ここで地下鉄の蒔蘿線に乗り換え、東カリーズ、ラゾーディンと進んで幻京橋で降りる。フェリシアから歩いて30分程度のところだが、電車だとぐるっと廻ることになる。

 駅の階段を登ると、二人は特に言葉を交わすことなく、歩き慣れた道を進んでいく。ふとセレンは沈黙が気まずくない間柄というのも良いものだなと感じた。
 幻京橋は都内ということもあり、地価が高い。駅周りに貧乏研究生が住めるようなところはない。駅から15分ほど離れた旧市街に入ると、ようやく彼を受け入れる貧民街が出迎えてくれる。
 いつの石でできているのか分からないようなボロいアパートに入ると、こつこつと音を立てて2階へ上がる。
 階段を登った右手は壁で、左手が廊下だ。メルはひとつ目の扉の前で立ち止まる。
「おやすみ」と言いながら、セレンはそのひとつ向こうの部屋へ歩いていった。
 ポケットから財布を取り出し、鍵を取る。旧来の、それこそ何百年も前からあるような金属製の単純な鍵だ。セキュリティのセの字もない原始的なロックだ。
 まぁこんなところに誰も盗みになど入るまいから、自分としては一向に気にしないが。

 中は6畳間の1Rで、ユニットバスな上に、申し訳程度のキッチンしかない。規制が緩まってからというものの、ワンルーム廃止法などもはやあってないようなものだ。このおんぼろアパートも元は2LDKだったものを1Rに仕切ったものだそうだ。
 部屋の中はいたって簡素。タンス、ベッド、パソコン、机、椅子。それくらいしかない。
 上着を脱いでポールハンガーに掛けると、手洗いうがいを済ませてベッドに座り込む。頭を壁に預けたら、コンという小さな音がした。
 となりのメルだ。この薄い壁一枚隔てた向こうには彼女のベッドがある。
 コンという音は断続的に聞こえてくる。壁を指でなぞるツーという音も聞こえてくる。
「お……や……」
 モールス信号だ。
「す……み――か。……まったく、メール全盛の時代に何やってんだか」
 セレンはくっくと含み笑いをすると、同じようにコンコンと信号を返した。

アルディア01_09_3
/ アルディア01_09_3
【用例】
2 zan rav eram

"leev, kueli!"
fian ridia axivik uni fir le til kern. see lu ket lufak a flel laat it elen e lestez kont ovand kern silfel.
"non kor fan, maal"
axivik nalm del laal le si tem rat, ridia bikik tika t'alfia.

atu et sapli. lizl lis alasen xial axelfi le xa alas daial arna. see tu meses yu wal on il kor tixen axti. tu et tio sail le si falxen.
ra e ridia et lad kon zom tio. el ins sen lestez rak alfia. belka, fara, ez e rsiil xa lie tu ra.
tu et ra domt kaen tu lizl da. el til akis han man tu et sail tinka ento luus si aks ta. see ra e ridia xa looz e tu lizl.

reis xa rak alfia. el rak xir tu reis lana tau ke. el til pafi atu, tal lu rak tu reis vol left dol kai. lu en em met a reis man lu es not al atu. fok tu et passo xel lu em met atu man tu et gim.
tal lu klia em met a reis man xaka e dol em miyu xi esk dot. rask, lu met siia rekel gaabe e die a reis vol ik jikniks xi tau stek sein.

rak reis silfel kon dol, kor a seel e lizl. kueli le lufa sen jan xa pot taumipx seerel.
el atm pof, stek, yek, baket wen ka seel e lizl. im fis, lu lunak atu lana tau gaabe e die le lu siina.

"soono,! ridia"
koppel del pofate witik imal a ridia im lu insik la. lu et vik kai le til teln niit da.
"soono,! koppel tetten"
ridia witik pefel imal.

"ou, ridia lunak kok?"
"saa ridia ter?"
"haai, ridia!"
lizlan di ik nox a ridia im luus xaklik la lunak.
"soono,! lilis il"
ridia witik ok asex. il kaen tu lizl siina lu ati tinka in.

"lunas atu lana tau to e?"
granze del stekate asmik a lu niitel yun lu et miva laat.
"gaabe e die e. rafi, gels... fok oga eu"
"passo. vat du kal mil noel aaj fan raten"
kont granze lixa aaj rafi, xaina wolt asmik ok xiv xival yul "twa xir bakm tan soona?".
"ya"
xaina eekik aalol bakm a vael le ridia fatilat i taumixp.
"tua, bakm diil l'el tafat im tu viix de"
"sentant, xaina lanlan"

"a hel, noel fit fan diaik, ridia. tu et atx e"
granze sefik vank kaaf le til tos xai. ridia sentik ok asex kax.
"el lfis sen em fil ol xen tu sete?"
granze:naft"ya ya. xian til leik han a, ridia"
:nax"liiza xanxa xaxat tu a non siina"

ridia leev sat wata xi gak on stek o bakm. tal im tu, lu xaklik mifel koppel na pels in, tikik po.
"to es sod,? koppel tetten"
"qm?" elet lood. "ala to, ridia. tu et asm rom a"
"tet tyu na pels in, non na"
"ti nalo sen?" koppel lai lu ok elet naft.
"ya, non so sen. see non ter lan tyu e"
ridia sinisik elet nalxan. ridia et siin xalt lizlan ati tinka mil tu teln lij o leva in.

"hqm... tu de volx tal..." noz osn. "el eft pof it ate ant im tuo a"
koppel atm pof ka en wata hot tet ate tan. dina lu kalma atm pof atu.
"eftan te kueli tisse" tel ridia le lobik taumixp kon las romel, koppel gah kit kont oj bix.
"ya, an ser" see tilik elet ran. "eftan et lan, an lo, emo du le lu eft. taik lu et lexe man eft elf pof im melal kok"
"yuu eftan xa tu lizl tisse" klosik ok toasap ruuf. see koppel lai lu yun la xiilas lu.
"an ser. kamil, lu et keksan de. arte, lu keksan lenas es reiz ka tuube sail a"
ridia ugik kont lai lankhal. "es eftan san et lenas eyo?"
"lu tafat i kib hait hot. alfi, eftan et yuli da. xiel, lu es reiz i rsiil nozet az rsiil luut vinses lu a. kaat, an ser yuli kaen tu lizl eft elf total a"
"ya, non ont ovi sou aaxa so gaato e" mifel est e hacn lunak i sex.

"yuus lu so a" xaina mozik. "diin twa til fidn im ilsel ento yuus sen lu kui vei tis e"
"ya, xam ti. pin an xar vil tu et passo xel yuli eft fi" ojand kaambix ruufel.
xaina nekik flel ok koox del "axma".
"xom non gix fan al eftan san yul te eft pof, ol sak lu e!" ladik ta miyu vienel sa jam.
granze:nakx"te sols lu na jo mil tu et lami e. hai, xian rens fan to a lu xi gix?"
"to... qm..." ridia tistik xi fron. "te eft pof. see ist tu, lena fit fan die a tyu ka ra lenan e"
terik lu, mav sein arik dionax. see granze sontik osn luut kont ku "xian et ank, ridia".


ridia koltor ra xi leev wata ok taumixp.
see lu xaklik xe xa frem lu, ik mono im lukok tuuk hem fremen reis.
tu et ko lanko xa. lu til frei on aam ok sab giik.
(hel... la et la lanko le non inat sa to sel xan)
kul e koppel lunak lu romel. xiel, sol la eftat pof i koppel sei.

"lee..."
lanko pok a xiv e ridia nikel. namo luut et enk a le durne. im tu ras, lu til elet del "teo, an sakik yu sin" da. tu eks lu et xalet ca eftan da.
"sol tyu eftat pof sete?" ik frem dyuma ko luk. "tyu et ves? na reia? kulan,? ento xen lan die ka ra lenan?"
tal lanko sinsik elet vem, fatilik frei ok vexl zal.
"hiik!"
ridia ik vern al ako mil frei fatil sin. tal tu et afet in, man lu xaklik ridia si retlna. lu lai ridia le na vem, fitlik frei ok elet naki.

"a... u... a"
lu kul sat xe, tal xiv luut em elf rens.
"tyu lunas i kad alt? yol vil arbaren e?"
tal lu til sanje alt in. lu ugand vienel lana okt xetul ento lons gag o kuo kont na hitdagd.
"tyu si xiv?" or frem a lu kont poin lu. vilot lu en erxes nos du fil ento tur beeb tinka. tal ridia nap elf tuube da.
"gua... gau..."
lu ev sen xiv ter. tal tu em elf rens.
"xiel... tyu ik kant siet mal eld?" ridia fils flonen. "klia tyu em kant vesel ka le wal xion alkalt tur?"
"u... gaa..."
tal tu loal rans vil es lu til sab o frei.

"kueli, lena to ax eyo..."
ridia homik taumixp, xook kit a ket fir. see ket xivik yun lu ixnik a la fo "nyaanyaa".
"...pio lu a liiza xanxa? a ya..."
komo ridia nalo sen les kueli okt lax. lu so sen i lu at lis vein. i mal sid alka luut, kueli xat lu. see im tu as, ridia nalot sen les lu ket min okt lax.
"passo. non pio fan tyu a liiza xanxa. lee, kor xiit kokko non"
lu bikik las laat man la loki vil rens luut. lu ik naov du mil, tal ai lu xike kit ridia man serik la pio elf lu lex eftan.

ridia sarik seel e lizl kont miyu yes, ket xaxka del ra e liiza.
xelfel liiza xa tant ra, xaklik ridia ok "lulu". tet xi foni, lu daptik mil lanko amoxen ridia.
tal rens lam luut et saak tinka del "8 sel xan... tyu et vien nod porna in" da.

ridia klesik lu lanko a liiza ka felez rati le liiza jetat a luus. liiza teror kul e ridia xed elet nik yun lu serat il i lam.
"lee xanxa, lu lunas it am eyo?"
"saa, diin i kalte flon o flon, non na" ok smsm.
"xalt omla, lu et kalensian nonno"
"--kont til eri t'arban in. lu et lantist ento til eel ank e"

el lukok vil dej olta lu hantik loal di o di. son ridia jigik lost alt.
"kaat, lu rens vil ko eld tis ter. alfi lu et lan e yuu kad in. tet lu til lein o frei..."
"hao, lu til leik o lens tet eld hot in" kuk fastel sol liiza.
"ep? tu et sen xan e?"
"xalt mesa aal, ax" repsik ok elet pilpan.

ridia niakik nos a skil yun na ani. "non rens ax to a koppel tetten eu..."
"non vant fan dyussou ist tyu e"
"sentant.... see to sil sod a lu eyo?"
"aa... tu et passo. lu si rsiil in. xom lu ra sen em tu xaxka fol en fen"
"atu?" elet nau ati kal man lu si hacn di l'et frem a nos on tolis da.
"non fit kuil o telx e"
"atta!" ridia nak nau yun tu ik sod a lunos.

"saa, kaat el xax ax eld e tu kad na. tu et ca sool lam deel" ok elet ran.
"ya" wikik. "tet lena ar ax xe sa tu, xanxa"
"to e? sols lu erx nan sa total?"
"tee..." ridia vais eel e lanko ranel. "lena fit ax est a lu eu"
"a ya" liiza pampik. "son sol tyu fit ax tu a lu e"
"ep? sol non?"
tu et lood da, ento lu til naki.

ridia fronor kont soktes tak. see xi tu, homik sex kaaf o lis getel.
"xom... seren sou. lu et seer mil si eld. son seren sou"
"seren sou xan. haan" ok elet nask.

"passo. est tuan et seren e, seren sou"
bikik las vienel kal. see ridia kund "seren, seren" ras fou kont vais ins luut. tal lu tik po man loki vil xalt nozet. lu males tu maip del tik po in, rafa tu maip xa arbazard tan.

ridia evik las a jam nozet, kuk "ridia, ridia" ras fou. see kor las a lu, kuk "seren, seren". tu sool solsik lu nalok xalte nozet ento lu anxik pefel la lex ridia kont anxik nos lex seren.
"ya, tyu et seren. non et ridia. estol,! seren sou"
ridia kuk ok asex niit.

1991年7月27日午前

「いこっ、クエリ」
 少女リディアは羽の生えた白い子猫に呼びかける。すると彼女の声に応じるように、猫はパタパタと翼を動かして居間のテーブルから彼女の肩に飛び乗った。
「行ってくるね、お母さん」
 少し耳の遠い母ナルムに一声かけると、リディアは玄関のドアに手をかける。

 ここはサプリ。王都アルナの西にあるアシェルフィという街の更に西にある山間の小さな村。これといった名産品もない、ただの片田舎。
 リディアの家は簡素な木製で、玄関を入るとすぐ眼の前が居間になっている。奥にはキッチンや暖炉、それに彼女や両親の部屋がある。
 この村の典型的な平屋だ。辺鄙なところなので土地だけはいくらでもあるから、わざわざ二階建てにする必要もない。リディアの家は村の中でもはずれのほうだ。

 玄関を出ると目の前には小川が流れている。買い物に行くにはこの川を越えなければならない。橋はあるが遠いので、大きな石を跳んで渡る。慣れているので滅多なことでは落ちないし、水深が浅いので万一落ちても大したことにはならない。
 とはいえ大雨が来ると石の配置が変わるから、慣れないうちは転ぶことがある。シチューの材料を買った帰りに滑ってひっくり返り、野菜を流してしまったこともある。

 トントンと景気よく石を渡って川向こうに行き、村の中心部へと進んでいく。羽の生えた猫のクエリは飛べばいいものを、しっかり買い物かごの中に収まっている。
 村の中心部ではパンや野菜や肉や乳製品などが売られている。今日はシチューの材料を買いにきた。リディアの好物だ。

「おはよう、リディア!」
 彼女の姿を見るなり元気に挨拶してきたのはパン屋のコッペルだった。大柄で気の優しい男だ。
「おはよう、コッペルおじさん!」
 リディアも元気に挨拶を返す。

「お、リディアが来たのか?」
「リディアだって?」
「やぁ、リディア!」
 彼女の登場に気付くやいなや、市場の村人が寄ってきた。
「みんな、おはよう!」
 笑顔で挨拶をするリディア。どうやら彼女は相当この村の人間に愛されているようだ。

「今日は何を買いにきたんだい?」
 野菜屋の女店主グランゼが娘を見るような柔和な顔で語りかけてくる。
「シチューの材料よ。ニンジンとタマネギと……それからジャガイモ」
「はいよ。いいやつを選んでやるから待っといで」
 細身のグランゼがニンジンを前に舌なめずりしている横で、恰幅の良いシャイナが「牛乳もいるだろう?」とよく響く声で尋ねた。
「うん」
 リディアが買い物かごから瓶を取り出すと、シャイナは手際よく瓶に牛乳を注いだ。
「はいよ、今朝搾りたての新鮮な牛乳だ」
「ありがとう、シャイナおばさん」

「そうだ、桃が入ったから持っておいで、リディア。おいしいよ」
 甘い香りのする赤い実を差し出すグランゼ。リディアは満面の笑みを浮かべてお礼を述べた。
「これ食べると長生きできるんだよね?」
「そうさ。よく知ってるね、リディア」感心したようなグランゼ。
「リーザ先生が教えてくれたの!」えへへと笑う。

 野菜と牛乳の代金を支払うと、リディアは市場を去ろうとした。ところがふとそのときパン屋のコッペルの顔に陰りがあるのに気付き、首を傾げた。
「どうしたの、コッペルおじさん?」
「え」意外そうな顔。「なんだい、リディア。藪から棒に」
「おじさん、何か悩んでいるみたいな顔だったよ」
「分かるのかい?」感心した素振りを見せる。
「うん、分かるよ。おはなし、聞かせてほしいな」
 心配そうな顔をするリディア。この天真爛漫で純粋な性格が村人からの愛情を集めているのだろう。

「いやちょっとなぁ……」頭を掻くコッペル。「最近店からパンがちょくちょく消えるんだよ」
 コッペルは市場だけでなく店舗でもパンを売っている。むしろ普段はそちらで営業している。
「クエリじゃないよ」とっさに買い物かごを押さえるリディア。コッペルは髭を弄りながら豪快に笑う。
「そりゃクエリじゃないさ」そしてふと真面目な顔になる。「量から見て人間だろう。盗む時間もずらしているから知恵も回るようだ」
「この村に泥棒なんていないよ」鼻息荒く主張するリディア。そんな彼女をコッペルは愛おしそうに見やる。
「わかってるさ。多分旅人だ。可哀想に、こんな何もない山村に迷い込んじまったんだろう」
 リディアは左上を見つめ、「うーん」と唸った。「どうして泥棒さんが可哀想なの?」
「低い棚からしか盗まれてないんだ。だから多分盗ったのは子供だ。親とはぐれたか捨てられたかしたんだろう。それに、この村の子供はそんなことはしないって分かってるしな」
「うん、わたしもオヴィ君も絶対そんなことしないよ」つい友達の名が出る。

「放っておきなよ」シャイナが口を挟む。「どうしたって売れ残りは毎日出るんだから、少しくらいあげたって良いじゃないか」
「そりゃそうなんだが、盗みを覚えさせるのもどうかと思うんだよ」頬髭をぐしゃぐしゃと弄る。
 シャイナは肩をすくめ、「確かにね」と肯った。
「じゃあわたし、その泥棒さんを見つけたら、盗っちゃダメって言っておくね!」両手を胸の前できゅっと握るリディア。
 グランゼは苦笑混じりに「あんまり刺激するんじゃないよ。で、注意した後はどうする気だい?」と問うた。
「どうって……」リディアはうーんと考え、ぽつりと呟いた。「ウチでシチューを食べさせてあげるから、盗るのは止めてねって言うの」
 それを聞いた大人たちはカラカラと笑った。グランゼは「可愛いねぇ、リディアは」と言い、彼女の頭を撫でた。


 買い物を済ませて市場を去ったリディアは帰路についた。
 川の近くの開けたところに来たリディアは人影があるのに気付き、ふと歩みを止めた。
 それは一人の少年だった。ボロボロな格好で剣を腰に帯びている。
(あれ……こないだ夜に見かけた子だ)
 ふと脳裏にコッペルの話がよぎる。もしかしてパンを盗んでいた子供というのは彼のことだろうか。

「ねぇ……」
 リディアが声をかけると少年はびくっとして振り返った。先日の夜に話しかけたときとは様子が異なる。今回は見つかってしまったという顔をしている。やはりパンを盗んでいたのは彼だったようだ。
「貴方がパンを盗ったの?」一歩ずつゆっくりと歩み寄る。「一人ぼっちなの? 寂しいの? お腹空いてるの? ウチにシチュー食べにくる?」
 しかし少年は顔を恐怖で歪めると、言葉にならない奇声を上げて剣を抜いた。
「きゃっ!」
 リディアは抜き身の剣に驚いて、その場に尻餅を付いてしまった。しかしそれが逆に功を奏したのか、敵愾心がないことが彼に伝わったようだ。彼は怯えたリディアを見ると、戸惑ったような顔をして剣を収めた。

「あ……う……ぁ」
 彼は何か話そうとするが、言葉が出てこない。
「外国から来たの? アルバレンが喋れないの?」
 だがどうやらそういう様子ではない。彼はもどかしそうに喉と口を押さえながら、必死に何かを伝えようと呻く。
「声が出ないの?」近づいて恐る恐る顔を覗き込むリディア。一切水を浴びていないのか、強烈な体臭が漂う。だがリディアはそんなことはいちいち気にかけなかった。
「ぐあ……がう」
 声は出るらしい。だが言葉にならないようだ。
「もしかして……言葉を知らずに育ったの?」リディアは遠方を見る。「まさかそこのシオン山でこの年まで一人で生きてきたの?」
「う……があ……」
 だがそれなら剣を持っていることや服を着ていることが説明付かない。

「クエリ……どうしよう」
 リディアは買い物かごを開けて白猫に話しかけた。すると猫は答えるかのように「にゃーにゃー」と鳴いた。
「……リーザ先生のところに連れていけって? そうだね……」
 なぜかリディアにはクエリの言いたいことが分かる。子供のころからそうだ。物心付いたときからいつの間にかクエリは一緒にいた。そしてそのときから既に彼女の言いたいことがリディアには分かっていた。
「決めた。わたし、貴方をリーザ先生のところに連れて行く。ねぇ、一緒に来て」
 言葉で言っても分からないだろうから、彼女は彼の手を取った。彼は一瞬躊躇したが、泥棒として連行されるわけではないと悟ったのか、大人しくついてきた。

 ルートを変更して村の中心部に戻り、リーザの家にもなっている寺子屋に向かった。
 リーザはちょうど外にいて、リディアを見るなり「あら」と笑顔を見せた。しかし横の少年を見ると一瞬怪訝そうな顔をした。
 だが彼女から出た最初の一言は「……8日間か。思ったより逞しいようね」という意味深な言葉だった。

 リーザに招き入れられ、誰もいない教室でリディアは事情を説明した。リーザは特に驚いた様子もなく、まるで最初からすべてを知っていたかのような様子で彼女の話を聞いていた。
「ねぇ先生、この子どこの子なんだろう」
「さあねぇ、どこか遠いところなんじゃないかしら」くすくす笑う。
「見た目的にはカレンシア人っぽいよねぇ」
「でもアルバザード人の要素も入っていそうよ。混血で、随分可愛い顔をしてるじゃないの」

 しかし推論を重ねたところで結論には至らない。リディアは話題を変えた。
「それに、言葉をひとつも話せないみたいなの。どこの国の子でもないみたい。でも服も剣も持ってるし……」
「知識も知能もあるけど、言語だけを失ってしまったようね」さらりと告げるリーザ。
「え、そんなことってあるの?」
「場合によっては――ね」悪戯気にウインクをする。

 リディアは疲れたように椅子にもたれかかった。「コッペルおじさんに何て言おう……」
「コッペルさんには私から謝っておくわ」
「はい……。それで、この子はこれからどうすればいいのかなぁ」
「あぁ、それなら心配ないわよ。親もいないようだし、この寺子屋でしばらく預かることにするわ」
「ここで?」少し嬉しそうな顔をするリディア。同年代の友達が少ないので期待しているようだ。
「ご飯も食べさせてあげるし、勉強も見てあげるわ」
「良かった!」リディアはまるで自分のことのように嬉しそうな顔をした。

「でもまず彼にはこの国の言葉を教えなきゃね。全てはそこからだわ」ふと真顔になる。
「うん」頷くリディア。「でもその前にやることがあるよ、先生」
「なぁに? 水浴びさせるとか?」
「ううん……」リディアは少年の顔をじっと見つめる。「この子の名前を決めなくちゃ」
「あぁ」とリーザは手を打った。「それならリディアさんが考えてあげなさいな」
「え、わたし?」
 いきなり振られて悩んでしまう。
 
 リディアは腕を組んでしばらく悩み、やがて小さな桃色の唇を開いた。
「じゃあ……セレン君。喋れなくて静かだから、セレン君」
「セレン君ね、なるほど」リーザも納得した顔だ。

「決めた。貴方の名前はセレンよ、セレン君」
 きゅっと手を握る。何度か彼の目を見つめて「セレン、セレン」と繰り返す。しかし彼は事情が飲み込めてないのか、首を傾げるだけだ。どうも首を傾げるというジェスチャーは記憶しているし、アルバザードのものと同じらしい。

 リディアは自分の胸に手を当て、何度か「リディア、リディア」と言った。そして彼の方に手をやり、「セレン、セレン」と言った。この仕草でようやく意図が通じたらしく、彼は反芻するように彼女をリディア、自分をセレンと繰り返した。
「そう、貴方はセレン。わたしはリディア。よろしくね、セレン君!」
 リディアは優しい笑顔で語りかけた。

アルディア01_09_4
/ アルディア01_09_4
【用例】
422 zan rav eram

seren xa alasgalt e felixia. lu til xaxt im tinl 3. tur et pask e tinl 2 da. tinl 3 luna van xi harpnian.
lu til mel kalt xaxt. tu et passo xel lu ke yulfez tal set lax mel ka kalte alt man lu lut xa yulfez.
see lu mefik naf a koxe. lu luk luka le til zom o jen. see atu, lu ik mono romel man xaklik xelan es mok ka pafi hinatahada.
lu yun yuli i flon xa. et felan e fianka sei. tee, lu en sabes leins.
lu ik frem kont ku "passo?".
lu vaisik la, serik la en es mok tet es napx. nia leje, lus duur, salas kaaf moi, lasl kaaf. lu til 6 az 7 tolis, lu na.

(...parplevn sei?)
ik frem vein, tont flel luut ok "nee, tol". see lu sarik i napx, homik ins getel. mifel, luus vais xok. lu til eel ref o lant tinka ento seren na nop du kal mifel.
"tyu... ne?"
asmik tistel sol fian ento seren na nik du kal a xiv luut le yun reiyu yunfi.
"yulfan t'atu flenzel... sol tol et ne a"
"non..." nekik halmain kont bik vinl e pafi man lu fit vil vian a main in. "non... ridia"
"ridia?"
tu et est nie da, lu lo.
"ya, ridia... lutia"
see tu et rast nie da, lu lo me.

"see... ridia liiz tot atu? tol ates niks atu in"
"...en males" ok ins nonko, lu alwikand entel.
"felan t'atu?"
"teo"
"tolis toal?"
"7 tisse. fiasat im diasel e mel 415 eu"
"haan, son ridia lutia xa" wikik. "rsiil tolte xa am?"
"...en ser. non atik net kont ser nan xa atu..."
seren fix kit lu le tist refon le xe axtat ok elet nonko. tal im kok, soc lu jinsik nos tofl fonl lu a nain.
amalis saen 20 salt lunak osn luut. ol seren aktat lu en atu, son hao, tofl van lu a nain a.

"tol mok van ka am im fis,? ridia liiz"
"non si kalte len mok e" alwik yunfil.
"a ya..."
noz osn, lai koxe.
"...tu et saia"
seren knak tak kor ridia entel.
"qm... mano tol si kalte len mok--"
see lu kuok zalen mifel.
"--tol luna van ok ami a?"
"..."
lu pefik novel. tal lu sins elf elet fixan in.
tel seren le xal seer, lu homik sex hemel.
"...to vates non rak las tuan?"
tu et asm lol da. tel elet nonko, lu til lens hax ter.
"kamil..."
ixn zal lunak osn luut im asmik yu. tal tu et alem palv o tia, lu lo, ento lu okt van tu ok diasex.
"--kamil, tu et font le tol luk ax... ami lo"
"a ya..."
lu wikik seerel.
"est tuan et to?"
"seren flenzel" nak nau minxel man lu anxik la lex en tette. "seren arbazard"
"seren etto..."
ridia bikik las e seren ivnel.
"luna van ok ami?"
"non so flen?"
"ol tol lax, ya. tizo, ami fit sil sen kalte len mok a tol, ami na"
"...sentant"
ati leiz, lu nak la asexik.

"saa..." seren xtamik kont in melk kaen koxe. "an tark ax mel on tol sa total a"
keklik mel kon leizen, luus vat kit la ka mema halen naf.
ridia filsor felan lukan ka skil fir kont waanand zam.
xi liset, mel lunar lefel i alas 1 kont tiles hals on taki.
"etto!" xef et ruuf du kal. "to es sod? tu et volx axem? yuna leevat felez sa xax em took"
"pent. tio an alvinsat xe fian ento tark van ti on lu e"
"......to?"
ok ins dok, mel vaisik ridia. lu lek il in. ya, tu et hao da.
"est luut et ridia tisee. lu ates niks a koxe. et yudia ter. males yuu tisee"
"a ya..."
soktak xed kolo mon.
"see an jot van kalyudia antes a lu"
"...xanel?"
elet fixan vart da. tet seren lok tu et hao.
"ya. an nias elf lu a nain"
"es?" piin seren ati kalis kont soktes tak. tu et asm hao da.
"nat arika sov ans tisee, man lu et kok al an saen 20 salt. im le, an tan ates niks lyu. see xanxa alvinsat an siina"
lu helik mifel las niit, fir, melt.
"tea la en alvinsat an im le, an de an imen tur. son an so van kok la sot a"
mel:lapx lis"...xom moe pio fan lu a kalyudia axem?"
"ti et daj man loki kul ant vadel siina"
"en lendi e.... kaat kalyudia et fiina lan yunen lu deel"
tel kuol luut, lu sinses elet naki xalel. tal tu et hao man seren alvinsat romel fian le lu en ser ka koxe.
"saa, ans leev van, ridia liiz", seren bik las luut, ke kit lopn.

ridia si anse, taik si fiagil tan. son seren gakik gart, luus luulik al arnarafil.
xi kend i lop, kor kit a kor koot le le noxra xa. rak rafil o tood, el sakik ko doluuya atu. tu mols 15 via fei i lopn. tu et doluuya sid o fir da.
im homik galt ver le xa mersa doluuya, tu xivik klis. miina dipit xa kaltiam.
"atu et am...?"
ridia asmik ok naver.
"kalyudia del flanje l'ami o mel at kant ka. sean tan at yudia flenzel ...kok tol"
"flanje... flanje..." daksand pot kuo.
"see tu et ra tolte i fis a"
"tu et ra lilin?"
"tee" seren var kaltiam kont bikes las e ridia, bikik tika t'alfia. "an ra alt im tur. see rsiila et liiza xanxa"

rak alfia, tu et liez le til ta naf on sanl. besa or milm flipel mil far le luna i tems kaen lie t'aks ta.
im foni del luus ik lat a pot du ko luk, tos e zom o dol sid lunak toa luutes.
"soonoyuuun" xiv e seren kekt liez kai xivalel. "sala xa atu anmia,? liiza xanxaa!"
tal yuu soktak.
"il mi atu tuuyu?" im mel knakor po lana in aks ta, xiv del "lulu" lunak i xos luutes.
"seren sou o mel liiz. lilis til xax im fis sete?"
luus pok a la, sakik ko min lant le til imelnia fenl es xtam atu. see lu til senti fiinaen miina.
"ou, ansoonoyun xanxa. xink, an tark lax sala on xelan..."
terik tu, liiza laik keyu monia, asmik ok naloenvi daj yul "on lu fian sete?"

xi tu, luus ke rsiilaez. see atu, seren klesik ridia ranel a liiza. im pask, mel leevat atu lana lad etek.
liiza terat kul e seren xed rens. xi ter seren, lu sipik etek, kuk "non lokik xalt luut e".
"see... tu et ilpasso anne?"
"ya, tu te benda mil atu et kalyudia e"
"anseeretis, dee sala flenik lu ra atu sofel soa, men na"
seren sinsik elet lood. tu et mon xel atu et kalyudia, tet el yuta flen yudia sofel soa sei. yan liiza asexik kont ins kol es hom.
"sol tyu aajat lu fian sete? son lilis til anxe arika al axel, non na"
"...men seere sala anne" lomik sol seren.
"estol, ridia liiz"
sontik osn e ridia le halinik liiza ok ins nem.
"ax... xanxa"
"passo, tyu wit sen ranel ter"

"saa, xom non jet fan flanje a lu. yan lilis sar ax a felka mil til xal xax sete?"
"ax"
seren o mel ik xtam. see ridia bikik wasp e seren ok elet naver.
"..."
ridia vais seren xed rens. lu ku lax "te mi non" in.
"passo. sean luna atu lana alk xanxa sif im niansel ento ami akt sen me tol. rafa xanxa et niit tinka"
"...ya"
ridia altik wasp e seren fin lu til xal elet naver.
"kaat sol ami aajat nos kant van tol de. tu et mon xel ami retat ra fiinaen tol a liiza xanxa, tet ami xaas van tol enzel e"
mel inand seren o ridia asnel ok alem melial fin lu en sinses tu kon eel. lu loki sen nei es seren alvinsat yuli nemi. olta seren helat nos saen 20 salt mil ridia, tu et sool zal xalt mel da. kaat, mel na zal on xanmain e ridia, alfi lu et ne ul lu lunas it am.

toflik ridia a liiza raskel, seren o mel leevik flanje.
"aa, hel"
saror al arnarafil, seren homik sex mifel.
"to?"
"qm... le at lam xa, an lot"
"to at?"
"tu at lam xel en xanxa sif meld yudia lyu"
"aa... ya, yuna xam moe" tistik sol mel.
"ak laas aajat yudia sei a"
tu et asm volx vart, lu nak. fok tu et asm teom, lu nak.

2011年7月27日午前

 セレンはフェリシア大の西門にいた。今日は三限からゼミがある。今はまだ二限をやっている時間だ。その後昼休みを挟んで三限となる。
 ゼミが始まるまでまだ時間がある。研究室に行っても良いが、普段ずっと篭っているので、できれば別のところで時間を潰したい。
 そこで、なんとはなしに池に降りてみた。草木の生い茂る土の道を進んでいくと、朱塗りの橋の上に誰かが寝込んでいるのが見え、ふと歩みを止めた。
 遠巻きに見たところ、それは子供だった。中等部の学生だろうか。いや、それにしては制服を着ていない。
「大丈夫か?」言いながら近寄る。
 よく観察すると、眠っているというよりは倒れているという感じだった。亜麻色の髪、水色のスカート、薄桃色のシャツと、ピンクの靴。年の頃は6, 7歳といったところか。

(……熱中症か?)
 さらに近寄って「おい、君」と肩を軽く叩く。すると少女は意識を取り戻したのか、薄目を開ける。思わず目が合う。かなり端正な顔立ちの子だ。セレンは無意識に身構える。
「貴方……だぁれ?」
 ささやくような声で尋ねる少女。子供とは思えぬほど儚げな表情に思わずどきっとする。
「ここの研究生だが……。君こそどこの子だ」
「わたし……」彼女はゆっくりと上半身を起こす。力が入らないのか、橋の柵に手をかける。「わたし……リディア」
「リディア?」
 よくいる名前だなと思った。
「そう、リディア……ルティア」
 そしてまたよくいる苗字だなと思った。

「それで……リディアちゃんはここで何をしてたの? 倒れてたみたいだけど」
「……覚えてない」寝ぼけ眼で首をゆっくりふるふるする。
「ここの学生?」
「ちがう」
「年齢は?」
「7歳。415年のディアセル生まれ」
「あぁ、それでリディア=ルティアか」なるほどと頷く。「お母さんとお父さんは?」
「……知らない。気付いたらここにいた……」
 呆けたような表情で予め用意されたシナリオを読み上げるかのように呟く彼女に、セレンは不信感を覚えた。だが同時にそれゆえに彼は彼女を警察に保護させるべきではないと判断した。
 20年前の記憶が彼の脳裏に蘇る。もし彼女と出会ったのがこの場所でなかったら、彼は速やかに警察に連絡していただろう。

「リディアちゃん、君、泊まるところは?」
「ないの」儚げに首を振る。
「そうか……」
 頭を掻くと、池に目を映す。
「……仕方ないな」
 セレンは彼女にそっと手を差し出す。
「その……行く宛がないのなら――」
 そして気付いたら不可解なセリフを吐いていた。
「――僕と一緒に来るか?」
「……」
 彼女は沈黙を返した。しかしその表情は用心でかたくなになっているわけではない。
 セレンが黙っていると、彼女は小さく唇を開いた。
「……その先には何があるの?」
 面白い聞き方だった。呆けた表情のわりに知性が高いようだ。
「多分――」
 問われて最初に出たのは変な言葉だったが、きっと素直な気持ちなのだろうと思い、正直に告げることにした。
「――多分、君が進むべき道……だと思う」
「そう……」
 彼女は静かに頷いた。
「お兄ちゃんの名前は?」
「セレンだよ」おじさんと呼ばれなかったことを内心喜んだ。「セレン=アルバザード」
「セレンお兄ちゃん……」
 リディアはそっとセレンの手を取った。
「来るかい?」
「いいの?」
「君が良ければ。とりあえず寝るところは用意できると思う」
「……ありがとう」
 微かにだが、彼女が微笑んだ気がした。

「さて……」セレンは池の時計を見て立ち上がる。「じゃあまずはメルに相談しないとな」
 レイゼンでメルを呼び出すと、階段を上がった広場で彼女を待った。
 リディアは広場の白い椅子で脚をぷらぷらさせながら道行く学生を見ていた。
 しばらくすると西一号館のほうからメルが走ってくるのが見えた。小脇には鞄を抱えている。
「お兄ちゃん!」軽く息が上がっている。「どうしたの、大事な話って。二限抜けだしてきちゃったよ」
「悪いな。ちょっと女の子を拾ったんで、相談しようと思って」
「…………は?」
 目を丸くしてリディアを見つめるメル。何がなんだかという顔をしている。無理もない。
「この子、リディアっていうんだ。池に倒れてた。孤児らしい。何も覚えてないそうだ」
「はぁ……」
 気の抜けた声で返事をするメル。
「それで、ウチの院で預ろうと思って」
「……本気なの?」
 思い切り怪訝な表情だ。もっともだとセレンは思った。
「うん、警察に届けるのは止めようと思う」
「どうして?」腕を組んでセレンを軽く睨みつける。当然の疑問だった。
「縁を感じたんだよ。20年前の俺と同じだったから。俺もあのときあそこで倒れていた。そして先生に拾われた」
 優しくて白くて暖かい手が彼の脳裏をよぎる。
「あのとき拾われなかったら、今の俺はない。だから俺も同じことをしようと思う」
 メルは小さくため息をつくと、「……じゃあ、院に連れてくってことね」と言った。
「話が早くて助かるよ」
「別に……。こういうときのための院だし」
 とはいうものの、やや戸惑い気味という顔だ。それはそうだろう。見も知らぬ少女を突然池で拾ったというのだから。
「じゃあ行こうか、リディアちゃん」と言ってセレンは彼女の手を駅まで引いていった。

 リディアはアンセを持っていなかった。現金も持ち合わせていなかった。運賃はセレンが支払い、幻京橋まで移動する。
 駅を降りてアパートとは逆方向に向かう。橋を越えて坂道を登ると、駅から15分弱のところに大きな館があった。古びた白さの館だ。
 正面の黒い門扉を開けると、きいっと音がする。中庭には草花が茂っている。
「ここはどこ……?」
 不安気に尋ねるリディア。
「風花院フランジェ。僕やメルが育ったところだ。僕らは孤児だったんだよ。今の君と同じ」
「風花院……風花院」口の中で何度か反芻する。
「今日から君の家になる」
「ここ、お兄ちゃんのお家なの?」
「いいや」セレンはリディアの手を引いて中庭を進み、玄関に手をかける。「もう住んでないよ。院長はリーザ先生」

 ドアを開けると正面はホールになっており、左右には階段があった。二階の階段奥の窓から明かりが差し込み、埃が輝くように舞う。
 一歩足を踏み入れた瞬間、古びた木と石の匂いが鼻腔をつく。
「こんにちは〜」セレンの声が広いホールに残響を作る。「リーザ先生、いますか〜」
 しかし返事がない。
「みんな留守かな?」メルが首を伸ばして二階を見たとき、後方から「あら」という声がした。
「セレン君にメルちゃん。今日は学校じゃなかったの?」
 振り向くとそこにはふわふわした金髪の綺麗な女性が立っていた。手には鉢植えを持っている。
「あ、先生。こんにちは。今日はちょっとご相談があって……」
 言われたリーザは見知らぬ来客に目を向けると、「その子のこと?」と察し良く尋ねた。

 それから彼らは二階の院長室に行くと、セレンはリーザに事情をひと通り説明した。途中、メルが紅茶を淹れるといって中座した。
 リーザは黙って聞いていたが、セレンの話が終わると紅茶をひと啜りし、「話は分かったわ」と言った。
「それで、大丈夫ですかね」
「別にウチは構わないわよ。孤児院ですからね」
「ありがとうございます。でも、ずいぶんあっさりですね」
 意外な表情のセレン。いくら孤児院とはいえ、ここまでトントン拍子に進むものだろうか。するとリーザは片目を開けてくすりと笑った。
「貴方が選んだ子なんでしょう? きっと何かの縁があるのよ」
「……感謝します」セレンは頭を下げた。
「よろしくね、リディアちゃん」
 頭を撫でるリーザ。リディアはぼんやりとした表情で目を上げる。
「はい、先生……」
「うん、挨拶はきちんとできるようね」

「さて、じゃあ私は彼女に院内を案内するとして、貴方たちは学校に戻りなさいな。授業があるんでしょう?」
「はい」
 立ち上がるセレンとメル。するとリディアが不安そうな顔でセレンの袖を掴む。
「……」
 無言でセレンを見つめるリディア。行かないでという顔をしている。
「大丈夫。僕らは休みの日はここに手伝いに来てるから、またすぐ会えるよ。それに先生はとても優しいから」
「……うん」
 不安な表情を残したまま、リディアはセレンの袖を離した。
「それに君を引き取ると決めたのは僕の意志だ。先生に宿は貸してもらうけど、君の世話はできるだけ僕が見る」
 メルはあまり表情を変えなかったが、複雑な心境でセレンとリディアを交互に見た。20年前の自分と記憶が被ったとはいえ、なぜセレンが突如見知らぬ子供を拾ったのか、まだその真意が掴めない。それに彼女がいったいどこの誰なのかという不信感もある。

 リディアをリーザに一旦託し、セレンとメルは風花院を後にした。
「あ、そういえば」
 幻京橋に戻る道で、ふとセレンは口を開く。
「どうしたの?」
「いや……初めてだなって思って」
「何が?」
「先生たち以外の人が孤児をあそこに連れてきたのって」
「確かに……」頷くメル。
「いつもどういう基準で孤児を選んでいたんだろうな」
 それは何だかとても大切な疑問に思えた。同時に、考えても到底分からない疑問にも思えた。

アルディア01_10_1
/ アルディア01_10_1
【用例】
2 pal lis eram

"kape e kavei dek sins on takt t'iizel alkalt tur anramma"
altona elak alitel ka ez alvelt l'et lad kon dol.
lu in sen eel t'ole en ranel mil telfar iten tems.
"fatoo, aml. see ren hoi sool e la losi onkel, ret"
"ax, letia liiza"

liiza xtamik i skil knakel.
"sala akt elf daiz lyusion o daizminti milda anxatta?"
"ya, mil non so bas. non xa lan atu minxel. rafa non na tur nal mil freinoa sif mist kolmes tu kad ranel tisse"
see lu evik las al elen.
"pin... yuu ser laas so sen onkel du toal salt. im xe, laas em ifi, sete? tet lena teu mec 3 e sest 4 t'arxe kolm vil tu kad mil tur vokka tiina on vienem despa e teems"
aml sins kit disgaiz kont eves las a zid.
"losi iizel lana van daiztonk fiinaen sala yun til ins e landi kont yol axkel tuube maladi"
mainik al aml kont lonses looz e lus, liiza arik sm.
"tet tuube et tio ene tis. non xar lan aaxal antate tsetta sil non e"
"xam sala..."

"hai, komelt xanxa tur kea?"
"sala nap la ansivan?"
"mil la jotat narxe san a non e"
"ya, la tur kea anramma"
"a ya" kaam e liiza or kaaf kal. "atta..."

aml le til main lis kalis vais tant e tems. zom e kalto and emik niitel ento lu lok nos vano fal alvas imen tur ist total.
"men tan et arxe, et lantis 10 anne. silm dyussou iizel vand van alvas e tu kad, men vast van la olta men vort"
"tyu et amidaz" smsm. "tet tyu lfis xaf... fiina ridia tan"
temik tu est, aml sinsik elet pels kal.
"la... miva salen tur kea anmia?"
"la tur miva tuan sete?"
"6 salt rakmes i sala tolfat la a men o nalm a.... ala mel rakm vadel anonna"
"non sent lilis e"
"iio iio. men na kahi a lut xa lutia ento tixa vil ridia ranel ka sapli t'arbazard anramma. men lut nias ridia a nalm anne"
liiza knakik tak kor jan.
"passa passa, non na sen nal mil sol nalm tixa ridia xant. la et almiv noan kont eriol noan e"
"men xar la na nau ol ter tu" aml asexik nilel.

"hai, sala mist kolt van mapel anmia?"
"mil non leeves xin sapli du fil e. diman e sorn xiel lana le lizl a. silm gaato, sol non hot vano sen lyu"
"soc sala kyo xaxan o vals ka le lizl, letia"
"kuim on xaxan, non alvinsat yuli lol im tuo tisse. lu et seren sou, le yol sen yuu eld t'atolas"
aml ovik tem mil tu rens.
"klia..."
"ya" smsm. "asiz alka e rsiila e mec 4 e sest 4 t'arxe deel. non kant fan la kalt la em daz a rsiila e"
"ai alkatis lunak ter"
"kils, non sakat alkatis e..."
aml tikik po. see in lu, liiza asexik knoosel.

1991年8月12日午前

「今のところ、イーゼル派に不穏な動きはありません」
 石造りの薄暗い部屋で30代の男が恭しく報告した。
 窓から差し込む光が逆光になり、相手の顔がよく見えない。
「ご苦労様、アムル。大臣の動向は経過観察を続けてちょうだい」
「はっ、リーザ姫」

 リーザはすっと席を立つ。
「リュシオン王とミルダ王妃には謁見されてゆかないのですか」
「その必要はないわ。あまり目立ちたくないしね。今のところはお父様たちがこの国をうまく治めてくださっているから安心だわ」
 テーブルに手を置くリーザ。
「ただ……それもあと何年持つかという話ね。彼らもいずれは老いる身。かといって、私たち第四期三代アルシェがテームスの封印強化に奔走している間は国の統治なんてやってられないわ」
 アムルは顎に手を当て、深刻な顔をする。
「その混乱に乗じてイーゼル大臣が虎視眈々とリーザ姫の王位継承を邪魔立てしようとしている」
 くるっと振り向きざまにスカートの端を押さえながら、リーザはくすっと笑う。
「――という可能性があるだけの話だわ。叔父様が裏切るだなんて、できれば考えたくないもの」
「ですな……」

「……そういえばコメルト先生はお元気?」
「気になりますか」
「ナルシェさんに私を紹介してくれた人だしね」
「えぇ、お元気ですよ」
「そう」リーザは頬を少し赤らめた。「よかった……」

 少し小柄で痩せたアムルは、窓の外を見つめる。森の木々が安らかにそよいでいる。この平和をなんとしても守らねばと彼は思った。
「私もアルシェ第十使徒の端くれ。何かあればイーゼル殿と刺し違えてでもこの国の平和を守りましょうぞ」
「頼もしいけど」ふふと笑う。「貴方は生きてちょうだい。リディアのためにも」
 その名を聞いてアムルはやや困った顔をする。
「彼女は……貴女の娘は元気ですか」
「今は貴方の娘でしょう?」
「私とナルムがリディア姫を預かって6年……。早いものですな」
「貴方たち夫妻には感謝してる」
「いえ、私など。こうしていつもルティアにへばりついており、アルバザードのサプリでまともに子育ても致しておりません。すべてナルムに任せきりで」
 リーザはうーんと腕を伸ばす。
「いいのよ、そんな。ナルムなら安心だわ。なにせ私の従姉妹だもの。一番の親友でもあるしね」
「彼女も喜びます」アムルは嬉しそうに微笑んだ。

「それにしても、もうお帰りに?」
「あまりサプリを離れるわけにはいかないもの。ソーンの残党に狙われる危険性があるわけだし。そうなったら武力であそこを守れるのは私くらいのものだわ」
「それで教師兼医者をなさっているわけですからな、姫は」
「……教師といえば、最近面白い子を拾ったわよ。セレン君っていう、アトラスの言葉を一切話せない子なんだけれど」
 その言葉にアムルはピクッと耳を立てた。
「もしや……」
「そう」くすくす笑う。「第四期四代ルシーラ・エ・アルシェの最有力候補。育て上げるわよ、それに見合う男に」
「ようやく見つかったのですか」
「見つけてきた……といったほうが正確かしらね」
 アムルは首を傾げる。それを見てリーザは謎めいた笑みを浮かべた。

アルディア01_10_2
/ アルディア01_10_2
【用例】
22 pal ket

"lunan, caman"
"soono, miina. see alis es net?"
alsab posa, alnaat asmik a minti ok elet paps.
"uude" miina arik smsm kont eves las a kuo. "la es mok e"
"arte" lu skinik a skil ok elet myulla tinka. "tu et livreks ant xel an in eel t'alis xi kolt i loit a"
"lala" fab kaam. "non et sej xalt tyu?"
"tee, teo. tet kaan alxa in lax eel e miva tiia sa total eu"
"sm, tu et passo. nana alxa mok repel. askel, lena sil net mil gaax fanzel e"
"gaax t'alis et kanto xant an tisee"
"ya ya" minti evik vaikl o veld al elen.

sipik pets du kuo, caman tistik kont in miina.
"le ses ral pal el"
"sol la fiasat. mel rakm vadel nanna"
"mapel 2 xelt aa"
"ank?"
"tinka"
"nil?"
"vart"
"olta xite leim, miva leim, minti leim?"
caman kooxik kont sinsik elet nil alka vol kuo "ya, an tur nil da".

im tu, gaax e nana lunak it ez amoz.
caman latik a tu ez kont sinses elet nau.
fian le til miil har enar ivnel pot mokt fiinaen nana.
"ala neeme ant, to ik sod? ti tur kulan sei?"
im caman sontik nia hoomi luut, lu komo ena daim.
"a ha, ti laxat papa kok,? neeme. arte, ak ti et ank a"
ok tu rens, caman xikuk dap t'alis sontel.

2011年8月30日午後

「おかえり、ラマン」
「ただいま、ミーナ。アリスはまだ起きてるかい?」
 ネクタイを解きながら、青年はうきうきした顔で妻に尋ねた。
「残念」口に手を当ててくすくす笑うミーナ。「もう眠ってしまったわ」
「あちゃあ」本当に残念そうな顔で椅子に座り込む。「会社から帰ってアリスを見るのが生きがいなのになぁ」
「あら」頬を膨らませる。「私じゃ不満?」
「そんなことはないさ。でも、父親というのは愛娘の顔を何よりも見たいと思うものなんだよ」
「ふふ。心配しなくてもどうせすぐ起きるわ。赤ん坊なんてそんなに長く寝ないものだもの。すぐ夜泣きで叩き起こされるから」
「アリスの夜泣きは僕にとっては歌も同然さ」
「はいはい」と言いながら妻はつまみと酒をテーブルに置いた。

 くいっと一口ウイスキーをあおると、ラマンはミーナを見て呟いた。
「6月の24日だったよなぁ」
「産まれたのがね。早いものね」
「もう2ヶ月かぁ」
「可愛い?」
「とても」
「幸せ?」
「とても」
「平凡な家庭で平凡な子供と平凡な奥さんでも?」
 ラマンはこれ以上ないくらい穏やかな表情で、「あぁ、幸せだよ」と肯った。

 とそのとき、隣室から赤ん坊の鳴き声がした。
 ラマンはむしろ嬉しそうな顔を浮かべて部屋に入った。
 ベビーベッドの中では赤いリボンを付けられた女の子がほえほえと泣いていた。
「あぁ、僕の姫君。どうしたんだい? お腹が空いたのかな?」
 ラマンがほわほわの髪の毛を撫でると、不思議なことに娘は泣くのを止めた。
「そうか。パパに来てほしかったんだね、お姫様。あぁ、君はなんて可愛いんだ」
 そう言うと、ラマンはアリスの額に軽くキスをした。

アルディア01_11_1
/ アルディア01_11_1
【用例】
422 mik ser

"ti lunas atu xa, eeta"
seren lunak xe ez e flanje, axivik min le til nia lette ok elet nau.
"fiima, seren. xian tur ak on yulf?"
lu min del miifa tan et tam on lu kaax yulf onen santdolmiyu da.
lu et hasm du 4 tolis nod seren, alk liiza ka tu kalyudia. lu at tolis 14 im lamakt.
seren siinat em miifa lex eeta, kok mel siina seren lex alser. tal tu et zal xel mel anx miifa lex en eeta tet miifa xanxa.
"ridia liiz es not al atu e?"
seren yol alitvet a liiza kont so elf a miifa. lu et dals ont ima nod liiza.
miifa in seren kon mikins diia o lankins soret, alwikik ok "ridia liiz a.... la yun lentfian xiima. la lut dems ento sek fan xenon".
"kok mel im lamakt kaen koxe ter.... la til vix on alem sei. saa, la vinsat yu rsiil"
"tu te aluut xel la vinsat yu"
"hqm?"
seren tikik po.
"...vinsa. tio, liiza xanxa rensat soa pullo knoos xiima"
"a ya..."
"dina, xalt noel, la en til vix on alem tet..."
"--?"
"la si alem tis l'el na sen vix kokko, noel na"
"alfi, la si yutakon t'alem, ti ku lax,? yun la et lent"
"la te lent, noel lo, mil la til livro. tio, kolo laat es mok xalt noel xiima"
"a ha, alson "lentfian" xa..."
seren soktik tak.

"vei fitat rens a la. tet la soktat yuu e. xom il en fit em rens a la ter"
"la et meruj al illan, tu eks?"
"saa, en meruj eu"
miifa ik frem a seren. lu fremik flel nozet a serenen.
"xian tan at yuli dint im lam e, seren. taik xian at emis, sit hinoenvi ento xenon na pels"
"an at miyu kolset eeta o xanxa de. aal kolset eeta..."
lu ku sat "aal kolset eeta le faxat an niitel o bultel, an en emat winz". tal lu okt vil tu mil na txu.
see im kok, lu lok nos kant xaf ridia ok namo e miifa.

"lee, xian et sor soa el?"
"m?"
"hel? xian at hait ati soa im xe"
"tu et ses tinka, eeta" seren nakxik. "an tak sen ti tis sofel o sofel"
"en rul eu"
"xar soa?"
ok asex, seren evik las a taki ont almixk e miifa, floxik lu siltel. im tu, seren toak tos hoomi o xai luut.
"arte! xian et kanvi loodel tant yulfan hanot e"
alflox miifa al ako, lu tistik "an tan et vik tisee, eeta". miifa terik tu, soktak "tant yuli ibet tis e!" ok ahah. see seren vais lu niitel.


im tu durne, seren fatilik ixm it elen ka ez nozet, axt kit axlei kon kaz. solb alpa l'et femekel tinka da.
"mik ser. aktat eeta fiimal siina.
la ses lant kok total mel. la ses liito. la til xiv niit ses.
tal la yonat an lex aruuj ibet xalel, an nat.
...ya, tu et passo. fok la sot fal.
an at emis, sit hinoenvi, at kuz. tal eeta miyut an siina. tu et mon xel an tur kuz en yam tis man an es ges i seles. tal an te kuz xan kolset eeta da.
an sent eeta. tio an so. tu et il da. see tu et fal il da. kaat, la yon elf an lex....
eeta et lant.
eeta et niit kont et bult.
eeta... eeta... an... yul ti..."

2011年9月20日

「ねえさん、来てたんだ」
 風花院の一室に足を踏み入れたセレンは嬉しそうな顔で茶色い髪の女性に声をかけた。
「久しぶりね、セレン。研究は順調?」
 このミーファという女性もまたメル同様、数少ない現代魔法学の理解者だった。
 もともとリーザと一緒に孤児院の手伝いをしており、セレンより4つ年上だ。出会ったときはまだ14歳という若さだった。
 セレンはミーファを姉として慕うようになった。メルがセレンを兄として慕うように。しかし不思議なことにメルはミーファのことをねえさんとは呼ばず、ミーファ先生としか呼ばない。
「リディアちゃんはもうここに慣れたかい?」
 セレンはリーザには丁寧語で話すが、ミーファには姉相手のように話す。彼女はリーザよりも活発でハキハキしている。
 ミーファは緑の右目と青の左目でセレンを見つめると、「リディアちゃんか……まるで眠り姫のようね」と首を振った。「一日中ぼーっとしてる。話しかけても心ここにあらずって感じよ」
「池で初めて会ったときと同じか……心に傷でも負ってるのかな、やっぱそこは親に捨てられたわけだし」
「捨てられたとは限らないわ」
「え?」
 セレンは首を傾げる。
「……なんでもない。リーザ先生がそんな風に謎めいた言葉を言っていただけ」
「そっか……」
「あと、私の印象としては傷ついているというよりも……」
「――?」
「傷つくための心さえ失ってしまっているように見えるのよね」
「つまり感情の受容体がないってこと? まるで人形のように」
「人形とは少し違う。命は宿っているもの。でも精神が眠ってしまっているように見える」
「それで眠り姫か……」
 セレンは腕を組んだ。

「他の子たちも話しかけてみたんだけど、反応がないから最近はそっとしておいているみたい」
「皆とうまくいってないってことか」
「まぁ悪い関係ってほどではないわ」
 ミーファはセレンに近寄った。肩を寄せる。
「セレンだって最初の頃は暗い子だったよ。それどころか自己中で我慢知らずで手の付けられない子だった」
「ねえさんと先生のおかげで変われたんだ。特にねえさんが……」
 ねえさんが僕を厳しく優しく包み込んでくれたから歪まないで済んだんだ――そう言おうと思ったが、恥ずかしくて言えなかった。
 と同時に、今度は自分がリディアにそう接してやらなければなと思った。

「ねぇ、セレンってこんなに背高かったっけ?」
「ん?」
「ほら、昔は私より小っちゃくて」
「ねえさん、いつの話だよ」セレンは苦笑した。「ねえさんなんか簡単に抱っこできる」
「うそ」
「嘘なもんか」
 セレンはふっと笑うとミーファの脇と膕に手を当て、軽々とお姫様抱っこした。ミーファの柔らかで甘い香りがする。
「わぉ! 細身の学者のくせにずいぶんな腕力じゃない」
 ミーファを床に降ろすと、「僕だって男なんだぜ」と囁いた。しかしミーファはあははと笑うと、「なっまいきー!」と返した。セレンはそんな彼女を愛おしそうに見つめた。


 その夜、自宅に帰ったセレンは机からノートを取り出すと、ペンで日記を書いた。時代遅れも甚だしいアナログ作業だ。
「9月20日。久々にねえさんに会えた。
 相変わらず綺麗だった。良い匂いがした。優しい声だった。
 でも俺のことはまだまだ小さい弟みたいに思っているようだ。
 ……うん、それでいい。それに、そうでなければならない。
 ねえさんが我慢知らずで根性なしで自己中なクズの俺を変えてくれた。生来クズだからまだマシなクズにしかなれなかったけど、それでも大きく道を踏み外さなかったのはねえさんのおかげだ。
 ねえさんは感謝の対象だ。それ以外であってはならないし、俺なんか見てもくれないだろう。
 ねえさんは綺麗だ。
 ねえさんは優しい。そして厳しい。
 ねえさん、ねえさん……俺はねえさんのことが……」

アルディア01_11_2
/ アルディア01_11_2
【用例】
2 mik tan

"wei, seren"
lanko kai fitik rens ka xaxka e liiza.
lanko molinik seren sa elen luut fixanel.
seren l'axivat yu halinsik lanko.
"ala es baz fit elf total rens a. tu de senxan xel el yol vil total eld a"
seren sinsik elet pels man lu loki vil rens laat.
"wei, ku total a"
lanko bikik apos e seren ento xtamik lu vienel.

"wein, ren daim, ovi sou!"
ridia temik xiv luut, daim van tov laates.
"re em seer, ridia. luube et adel, dai lo"
"lu te gaato e! tio, lu si tur mal tisse!"
"ala es dis jins sen tuube tis a"
"non..." elet naver. "jins vil tu... tet lu et vil adel tis e"
"el jins vil tu a. xiel, lu et zain lana vand tu lizl a. ak??"
rokik jam vienel ento seren ik rel kor xos.

"hqm, baz sokta sen yuu olta pilpik yu xa. ala venam a"
ovi naxik yun alesik lu.
im seren insik elet t'ovi, lu gaaxik romel.
mon lu loki vil rens t'ovi. tal lu nalo sen nos alesat yu in. see sool t'ovi vixat levan luut in.

"gaaaaaaa!"
seren gaaxik romel ok ins oken piia fin lu at dint o yukl, ento illan kaen saim nagik xef.
ovi ik rel kor xos du ko luk man nak nik a harga le lanko lis.
see im tu foni, seren leftik al ovi, niksik lu al ako, baogik kaam luut.
ovi et kanvi nod seren. tal ruufyuno e seren et tinka nod ovin.
"we--wei, daim! passo! der et xafnan!"
tal seren baogand xal.

im tu mil, liiza sarik a felez.
"uwa, lilis ta!"
liiza del mav myuok luus ta sofel.
"to at sod,? ridia san"
"ovi sou pilpat seren sou ento lu tilik naaze"
ridia sinses elet vem mil ruufyuno e seren.
"xom tu et koltfrei au. te pilp seren sou, ovi sou"
"...hqt"

xi liiza leev, ovi xtamik ka seren ravel.
"ovi sou, daim!"
ridia mozik rens. tal ovi alwikik.
"teo. lu et vik lam le vastat der. son der kaax van lu lex vik-- alfi, kola orfant"
ok soa rens, ovi tuak las a seren.
"der et ovi da. dis loki sen tu tis kok,? monkast"
im ovi sinsik asex, seren bikik las luut ok asex.

1991年9月22日

「おいセレン」
 体の大きな少年がリーザの寺子屋で声を上げた。
 少年はセレンの机の前に立つと、じろっと彼を見下ろした。
 呼ばれたセレンはふっと目を上げる。
「お前、なんで喋んねーんだよ。どこの言葉も喋れねーって、ありえねーだろ」
 セレンは相手の言葉が分からず戸惑った顔をする。
「なんか言えよ、おい」
 少年はセレンの胸ぐらを掴むと、無理に立たせる。

「ちょっと止めなよ、オヴィ君!」
 騒ぎを聞きつけたリディアが間に割って入る。
「お前は黙ってろ、リディア。こいつ、正体魔物なんじゃねえ?」
「そんなわけないでしょ! セレン君は記憶を失っちゃってるだけだよ!」
「なんでお前にそんなことが分かるんだよ」
「わ……」不安げな表情。「分からないけど……。でも魔物なわけないもん」
「どうだか。この村を襲うためにスパイしてるかもしれねーだろ。なぁ?」
 ドンと胸を押すと、セレンはよろめいて後ろに下がる。

「ふん。ちょっかい出されてもシカトかよ。ビビリだな」
 オヴィは嘲るような笑いを浮かべた。
 その顔を見た瞬間、セレンが突如雄叫びを上げた。
 言葉は分からずとも馬鹿にされたことは伝わったようだ。そしてそれは彼のプライドを著しく傷つけたようだ。

「がああああぁ!」
 今まで大人しかったのに突如殺気立った目で怒鳴り声を上げるセレンにクラスの全員が息を飲んだ。
 自分より体の小さな少年の怒号にビクっとした瞬間、オヴィは「な……なんだよ」と一歩下がった。
 だがその瞬間、セレンがオヴィ目掛けて跳びかかり、掴みかかって地面に打ち倒し、頬を殴った。
 純粋な腕力ではオヴィが勝るものの、セレンの気迫は凄まじかった。
「お、おい! 止めろよ! 分かった! 俺が悪かったから!」
 しかしセレンは攻撃の手を止めない。

 その刹那、リーザが教室に戻ってきた。
「こら二人とも、何やってるの!」
 リーザは大人の力であっさりと二人を引き剥がした。
「リディアさん、何があったの?」
「オヴィ君がセレン君をからかったら、セレン君が怒ったの」
 セレンの気迫に圧倒されてか、リディアは怯えた表情をしている。
「じゃあ自業自得ね。オヴィ君、あまりセレン君をからかわないように」
「……へっ」

 リーザが一旦その場を去ると、オヴィはセレンの前に再び立ちはだかった。
「オヴィ君、もう止めなよ!」
 止めようとするリディア。しかしオヴィは首を振る。
「ちげぇよ。このクラスで俺を負かした奴ぁ初めてだったからな。こいつのことを認めてやってもいいって思ったんだ」
 そう言うとオヴィはセレンに手を差し出す。
「俺はオヴィだ。それくらいもう分かるだろ、転校生?」
 オヴィが笑顔を見せると、セレンはニッとしてその手を取った。

アルディア01_12_1
/ アルディア01_12_1
【用例】
2 fav lax

owira xa amox xaxka e liiza, see fou owi xa atu. liiza retat ridia kant ko e luus.
lu owi fiasat im salt tox. ridia estat lu yuluowi lif lex puukuu, xiilasat lu. ridia estat lu lex soa emo xiv luut.
ridia xaasat puukuu im il sel ento puukuu tilme lu ranel. ridia xiilasat en kueli del ket fir oken kern hot tet puukuu tan ranel.

"nee seren sou, puukuu et ank sete?"
ridia axivik seren l'or not al arbaren kont fitor bend.
"ya. puukuu, ank" soktak otexel sol seren.
"xanxa retat non meld puukuu a le tuuk tisse"
ridia jik tuuk. atu et kalte han saen xaxka da.

sontand puukuu le kuir bend, ridia fils lu xiilasel.
"leev, puukuu. xanxa kekles tyu e"
hom vinl, ridia rikik yuliowi i lixil. seren meldor puukuu xed rens kont sontand xos luut a tuuk. ikn nil da.

en liiza hot tet il felan tan es nox a tuuk. komo ovi le lut ima inor mol ok elet dint.
"seere, ridia san" mixik puukuu, liiza solsik ridia skinik al ako. "saa il, tur es sort ento lena na kin a xa tant ra, sete"
yuli sein wikik.
"alis leevor im tuo. see ist lu, xier luna sil" knakik arj. "leev, hayu non xax fan livro a lilis"
ridia tikik po ok "hqm?", mil tu et vetrap zal.

"lena teu arban xen to lana lfis,? ovi sou"
"pof, yek, stek wen..." xiv ani da. lu tur levn sei,? man lu tur en ima alskolel.
"ya. lena xen poot wen lana lfis. hai owi alxa xen to lana lfis. saa... seren sou?"
"qm... owi... kui les lan kui"

"ax" asex kax. "hai lan as em sen kulan fol xier. tet lena fit xaf bend al owi sein"
tontand xos e puukuu.
"xom lena to ax,? ridia san"
"ep?" see from kit. "lena kork ax du e kulala hinol kont sols puukuu tan xen kalol. ol lena frefyol kulala kont okl tu, lena sil passo on xier e"

"haan" wikand. "tal tu lizl teu sapli et tid ento okl vil kulala ok puukuu. son ovi sou, lena to ax?"
"..." lu sokta van yuu kont inor ako, ok elet gyu.
"tu et ak,? xel lan alxa xen owi lana luus em deik. rafa luus bas em bend fiinaen owi"
ridia loki vil les liiza kuk.

"--hayu lena klot fan puukuu im fis"

"...ep" xiv evi lunak.
liiza fatilik tips i txil. kil frea ik kilp veltel.
"ne ser klotom t'owi?"
il in mol alvanal. see liiza evik kil a po.
"leim, el kil poleas kokko tips az kil po kokko vio tisse. lana kum na elf garv tiina, el so fal fastel anne"

"we--!!" xtamik sol ridia. "teo, xanxa! ol tyu so gaato tis, son puukuu vort sin!"
"lala" pok a ridia silfel. "tu et hao xel lu vort sil, mil lena xen fan lu"
"lena xen vil puukuu e!"
"ridia san en xen siia owi alxa?"
bikik lusp e lus. "...so siia"

"xom lala es lena xen xin puukuu hot?"
"man... puukuu et xiil sete. xaxka lenan kantor lu e. lu et kok kueli"
"kueli et ket kont arban xen elf ket. tet owi et kulala eu. lena kantat lu lex vakn. ax,? ovi sou"
ovi soktak novel. lu xal elet gyu kont walskines. ridia molin ovi. "tyu serat,? ovi sou. ...tyu serat lu sols lena so gaato?"
"...saia da"
"lala..." ena lunak. "fanzel e..."

"sol tyu kant puukuu, ridia san" fremik lukel a ridia, solsik lu bikik tips. "see tu et xaas veer e"
flel luut ik mag romel. lu halin liiza, alwikand entel ok eel fir. lu fit vil total rens in. liiza letik las e ridia, meldik lu al owi.
"leev, tyu kil fal poleas"
"no...non so...so vil" and mag lisel, flonik tips it owi. liiza bikik las luut, evik tu a po e yuliowi. puukuu xivand kon toa ok elet nal man lu xar ridia merel.

"tal... lu fiasat im salt tox tis e. lu lfis sen du toon salt e. lu et ima. tal tyu sols non set lu? tu et fuo eu!"
"son om et passo?"
"im xe sel, puukuu vort ifi. xom lena xen sen lu e!" tips ik met i las e ridia.
liiza alvinsik tips, kuk "puukuu lenas e", toek takkit vienel kon tu kil. xi mil, yuliowi vexlik ok xiv kai. hayu lu ik vam ka ako mil garv. im kok, vexl e ridia ik xiik.

"uude, ridia san. lizl sapli te kag ento yuus sen puukuu vort ifi" solsik ridia bikik tips oken eri diil. "in. puukuu tur lenas tiina. tyu sols ax lu en na em garv askel"
"te...teo... puukuu, puukuu! xanxa! ren kea lu vadel kokko art!"
"tur, non toet lu vit viid. tu te vidis, son el kea vil lu"
"puukuu, tyu na yai sete!? vantant!" evik las a tak t'owi ok ena. lons las a vix vienel. tal eri or ekx xalel. ridia ref vil puukuu man lu tur vam mil garv.

"ren dio po, ridia san. veil lu vort sil ok garv fuo eu"
"teo... teo... non so vil a..." arik egeg.
im tu foni,
seren l'es skin xtamik romel. see lu fatilik frei kilpel, metik po e puukuu kon foni.
tu et ixta duen mil da. po ik met yun tu leev selm. ya, yun miina em met.
osn e puukuu ik met al ako xed vortvexl. xi tu foni, eri diil ik pxan i selm ento tu ik esk alen seren o ridia.

liiza ik frem a seren ok asex. "lala es,? seren sou"
"ridia... so vil. ridia, puukuu et lenas. son... an... so van"
"a ya. tyu et niit e"
sinsik asex yunen miina, liiza markbadik kaam e seren vienel ento seren ik kape al ako yun lu lufabadik yu fonx.
"ne yuusat tyu set lu ist la?"
seren xtamik relel kont eves las a kaam. see lu vaisik liiza, lomik xed rens.

"puukuu... puukuu.... vantant, vantant..." ridia enar ok xiv kont faxes osn e yuliowi l'at met.
liiza laik felan sein, kuk ok asex "leev, lena bel fan puukuu e".

luus fait owi im tu harx. divaik e yek em kar lana el rakm sen xier.
felan di kui vil les at puukuu. vei felan ena kit kont vei felan goand.
ovi kuik puukuu ok elet naes kont seren so yun lu nask vil tuube mesa.

liiza vierat il felan kolt ra xi kui harx.
see lu veeren et ca ridia da. seren in ridia o liiza ka skit nozet xed rens. kaat lu xalm atu, son lu leev elf atu. tal lu xal felez ok ridia siet mok van ka mokt nozet. tu et vox luut in.
ridia enand onkel. el xar van lu yolx ena ento eel ank luut tur avix.

durne lunak. tal ridia kui elf. nalm del laal lunak man lu nalx la, tal liiza solsik lu kolt ra xi rans mesa.
vird lunak. owiyek es malis sort o hono.
"tyu es kulan sete,? ridia san"
"puukuu te kulala eu..."
tu xook ik daks lot fou miv.

seren vais luus onkel. xi fou miv xien alfaaram, sa fou miv saen netfaal. im soa, seren xtamik entel. lu xtames xi ridia, skinik alamox la ok lapx lis.
"ridia.... an setat puukuu. na jo mia?"
"tee, non en so tisse" alwik. "seren sou sot ist non siina, sete? xom sol non na pent"

"qm... ridia. tal re kui puukuu"
terik tu, ridia piinik seren kont na lu et ca tsetta.
"tyu tan rens fan gaato, seren sou. tyu et kok al il, a xanxa...!"
see seren alwikik.
"ridia kui puukuu. puukuu lfis pot ridia"
"--to?" ridia inik seren ok hap.

"puukuu... em ridia keno main. puukuu lfis ok ridia"
liiza sinsik asex fenl, kont eves zid a las kont eves nast al elen.
"seren sou..." las e ridia and mag lisel kont lu ena kit. "ya... axma" see lu kuik puukuu ok ena.
im seren sontik osn e ridia l'enar, lu pefik asex a la.
"eheh... im tu, non lfis sen em kokko puukuu sete...?"
"ya" seren kooxik rens e ridia.


nalm wasplet liiza le lunat ok ridia. see liiza xenor bakm melt ka lestez. seren mokes ka xaxka.
"neeme, moe xaxat livro ranel anmian?"
"tu at ilpasso, haas ano noan. non pornates seren sou adiiyu kil fan puukuu ist ridia"
"a ya" wikik nalel sol nalm.
"pin seren sou at lenas mil bad yu haas ano noan. dina non nat nik tiina a frei laat. la sinsat lenv alskol mer im fis a"

"hai il felan kuit owi anmian?"
"varsat e"
"xax kin anaxem"
"il yuli e tu lizl siia fal le pelt e"
"moe solsat ridia xaas yuliowi kont ser felie set fal lu anaxem"
evik teks seerel. "la et niit rak. leva, sana, fok lij ento lena til naver a la"
"la tur 7 tis"
"teel tiina es koa a flel laat. el vars la em naav var soa siia"

"saa la et velante kok moe, yuna na. yuna en xarat la xen elf kuil a vandol halis. la en xenat harx o dunex tan anna"
"taik la yuki fan faax kes o harx kes tea seren sou en alkat la. xalt olf aven, la tilat vox teu nan vort fan alap"
"lala" evik las a kuo. "len la et lantia e neeme, ento la et myul tiina a moe imen lis" smsm.
"arte, daim" kaam ik kaaf. "la et dollo nod porna tisse. laal o kaan tan et soa. hqm, lena hantat dollo a dollo na"
"xam moe, sm"

"tu at lood xel seren sou sosok ridia. tex porlo noan, ridia vina fan im vird, xen harx nov mil la es kulan tintin"
"tel porlo moen, la et velante anaxem"
"ya. tal rens e seren sou sosok la sofel o sofel. la lokit es nanna xen vakn. rafa la xaklat tu xamir xed netal. lan alxa lfis fal kont xos livro e yuns--la xaklat tu xamir xed netal e"
"yuli lol anna..."
"yuli namir a. la loki sil sen ridia, non land. len non at tia on nan aajik la"
lutel liiza ku entel o monel fiina nalm le si tem rat.
"moe et aluut tia, neeme" nalm lanx liiza merel ter.

"pin la en xaklat xamir fiina nan, non lo. la ladat le rens lana soso ridia na"
sip bakm melt sol nalm. "yuli niit anne"
"pin la til teln ruuf e. teln niit o teln ruuf xalm la yuli lozel. see la sins sen teln io romel"
"on tu teln, el opn sen la en sofel anaxem"
"tee, el so sen sofel ol el sols elf la na jo. non lax ridia opn sil la axkel" smsm.

nalm xtamik i skit, faxik liiza kont ku "neeme...".
"to ik sod a tyu?"
"...tu et mel len moe ena flen. yuu in moe im tur"
"..."
"puukuu at ank anaxem. moe tan kantat la i la fiasat.
neeme liiza, mav tan ena flen anlinoa"
"......ya" valtik tak e nalm. see lu ena kit ok xiv lis o rep.
"titta titta.... moe na kin mil moe kyo fal daimen anaxem. moe sins xin ena ka il"
"...ug, ug.... puukuu... puukuu..."
liiza enar ka jam e nalm kont set xiv. lu yuus xin ridia kaen ez amox ter enaxiv luut.

1991年10月27日


 リーザの寺子屋の脇には家畜小屋があり、その中には数匹の豚がいた。リディアはそのうち一匹を世話するようリーザに命じられていた。
 その豚が産まれたのは去年のこと。産まれたばかりの小さな子豚をリディアは「プークー」と名付け、可愛がった。プークーと名付けたのは鳴き声がそのように聞こえたからだ。
 リディアは毎日プークーの世話をし、プークーも彼女によく懐いた。翼の生えた白猫クエリも可愛がったが、プークーもまたよく可愛がった。

「ねぇセレン君、プークー可愛いでしょう?」
 リディアは餌をやりながら、徐々にアルバレンを使えるようになってきたセレンに声をかけた。
「うん。プークー、可愛い」セレンはたどたどしく答えた。
「これからプークーをそこの広場に連れていくよう先生に言われてるの」
 広場を指さすリディア。寺子屋の前にあるの開けた場所だった。

 餌を食べるプークーを撫でながら、リディアは愛おしそうな目をする。
「さ、プークーおいで。先生が呼んでるよ」
 柵を開けると、リディアは子豚を外に出した。セレンは黙ってプークーの背をさすりながら広場に誘導していく。幸せな日常だった。

 広場にはリーザだけでなく他の生徒も集まっていた。いつも元気なオヴィがなぜか気落ちしたような顔で下を向いている。
「ご苦労様、リディアさん」リーザはプークーを受け取ると、リディアを地面に座らせた。「さて、皆さん。そろそろ外にいるのも辛いくらい寒くなってきましたね」
 頷く子供たち。
「そろそろ秋の終わりです。もう少ししたら冬が来ます」ぴっと人差し指を伸ばす。「さて、それでは今から命の授業をします」
 リディアは「ん?」と首を傾げた。聞き慣れない言葉だった。

「私たちアルバザード人は何を食べて生きていますか、オヴィ君」
「パンとか肉とか野菜とか……」おずおずと答える。具合でも悪いのか、いつもの元気がない。
「そうですね。小麦などを食べて生きています。さて、豚は何を食べているでしょう。えーと、じゃあセレン君?」
「あ……豚……人間が食べるもの……食べる、です」

「えぇ」満足そうな笑顔。「ところで冬場は人間が食べる分も不足します。でも豚に餌をあげなければいけません」
 ぽんぽんとプークーの背を叩く。
「では、どうすればよいでしょう。リディアさん?」
「え?」うーんと考えこむ。「私たちが食べる分を我慢して減らして、プークーにも我慢してもらう。ちょっとずつ食べれば冬も乗り越えられるよ」

「なるほど」うんうんと頷く。「だけどこのサプリの村にはそんな余裕がありません。さぁ、オヴィ君、どうしましょう?」
「……」何も答えず地面を見ている。苦々しい顔で。
「こうは思いませんか? 人間が豚を食べれば、おなかがいっぱいになる。その上、豚にあげる餌もいらない」
 リディアはリーザが何を言っているのか理解できなかった。

「――そこで今日はこのプークーを潰します」

「……え」乾いた声が洩れる。
 懐からナイフを取り出すリーザ。鉄の刃がギラリと鈍く光る。
「豚の屠殺方法を知っている人はいますか?」
 皆が自信なさげに下を向くと、リーザは首に刃を当てる。
「一般的な方法は頸動脈をナイフで切る、首を斧で切るなどです。動物の苦痛を和らげるためにも、速やかにやってあげましょう」

「ちょっ!」立ち上がるリディア。「ダメだよ、先生! そんなことしたらプークーが死んじゃう!」
「あら?」くるっと振り向く。「食べるんだから、死ぬのは当然でしょう?」
「プークーを食べるなんてできないよ!」
「リディアさんは豚を食べたことがないの?」
 スカートの裾をぎゅっと握る。「……あるけど」

「じゃあどうしてプークーだけは食べちゃいけないの?」
「だって……プークーはペットでしょ。ウチの教室で飼ってたんだよ。クエリと同じだよ」
「クエリは猫で、アルバザード人は猫を食べないわ。でも豚は食べ物よ。家畜として飼っていたの。そうでしょ、オヴィ君?」
 沈黙を保つオヴィ。体育座りのまま苦い顔をしている。リディアはオヴィを見下ろす。「知ってたの、オヴィ君? こうなるって……知ってたの?」
「……仕方ねぇだろ」
「そんな……」涙を浮かべる。「ひどいよ……」

「プークーの世話係はリディアさんだったわね」すたすたと歩み寄ると、ナイフを彼女の手に握らせる。「はい、最後のお世話よ」
 ビクッとリディアの肩が震える。リーザを見上げ、蒼白な顔でゆっくり首を振る。言葉が出ないようだ。リーザはリディアの手を引っ張り、子豚の前に連れてくる。
「はい。頸動脈を狙ってね」
「で、でき……できない」小刻みに震え、ナイフを遠ざける。その手をリーザは子豚の首に押し付ける。プークーはリディアを信頼しきっているのか、安らいだ顔で鼻を鳴らしている。

「だって……産まれてまだそんなに経ってないんだよ? まだ何年も何年も元気で生きられるんだよ? 元気なのを殺すなんて……ひどい!」
「じゃあ、いつならいいの?」
「いつかプークーが年を取って死んじゃったら、そのとき食べればいいじゃない!」ナイフを手から落とす。
 リーザはナイフを拾うと「可哀想なプークー」と言って腕の付け根にズンと刃を突き刺した。一瞬の間を置いて、子豚が張り裂けんばかりの悲鳴を上げ、のた打ち回る。それと同時にリディアの悲鳴がこだました。

「残念ながらリディアさん、サプリの村にはプークーを老衰させるまで養う余裕はありません」鮮血の着いたナイフをリディアに握らせる。「ほら、このままじゃプークーが可哀想でしょ。早く楽にしてあげようね」
「い、いや……。プークー、プークー! 先生、早く魔法で回復してあげて!」
「今私はヴィードを使わずに刺したわ。純粋に物理的な傷だから、修復しようがないわよ」
「プークー、痛かったでしょ!? ごめんね!」泣きじゃくって豚の腕に手を当てる。傷口を手で塞ごうと必死に押さえる。だが血は止まらない。プークーも暴れてしまい、手が付けられない。

「リディアさん、早くとどめを刺してあげなさいな。このままじゃ苦しんで死なせるだけよ」
「いや……いやだよ……できないよ」ひっくひっくと嗚咽を洩らす。
 そのときだった。
 座っていたセレンがすっと立ち上がったかと思うと閃光のように剣を抜き、一瞬にしてプークーの首を落とした。
 それは刹那の光景だった。首が胴体から離れるように、すっと落ちた。花が散るかのようだった。
 プークーの頭は断末魔の声をあげることもなく地に落ちた。ついで残された胴体から鮮血が吹き出し、セレンやリディアに雨となって降り注いだ。

 リーザはにこやかな表情を浮かべ、セレンに近寄った。「セレン君、どうして?」
「リディア……できない。リディア、プークー、可哀想。なら、俺が……やる」
「そう。友達思いなのね」
 花のように微笑むと、リーザはセレンの頬を勢いよく横薙ぎに打った。セレンは突風に吹き飛ばされたかのように地面に倒れこむ。
「誰が余計な手を出していいって言ったのかしら」
 セレンは頬を押さえながらよろよろと立ち上がる。そしてリーザをじっと見た後、無言で一礼した。

「プークー、プークー……ごめんね、ごめんね……」リディアは落ちた子豚の頭部を抱きながら声をあげて哭いた。
 リーザは生徒に向き直ると、「さて、それではプークーを料理しましょう」と笑顔で言った。

 その日の昼食は焼き豚だった。肉の大部分は越冬のための保存食となる。
 生徒の多くはプークーだったものに手を付けることができず、ある者は泣き、ある者は吐いていた。
 オヴィは不機嫌な顔のまま豚を食べ、セレンは釈然としない表情で食べていた。

 リーザの指示で生徒は給食を食べるまで帰れなくなった。
 一番最後まで残っていたのはリディアだった。セレンは黙って自分の席でリディアとリーザを見ていた。どのみちセレンはここに住んでいるので移動する理由がないが、自分のベッドに戻らずリディアの傍にいたのは意思をもってのことであろう。
 リディアはいつまでも泣いていた。よく涙が枯れないなというほど泣きはらしていた。可愛い顔が台無しだ。

 夜になった。それでもリディアは食べない。母親のナルムが途中心配になってやってきたが、リーザが事情を説明して帰した。
 深夜になった。すっかり豚肉は冷えて硬くなっていた。
「お腹が空いたでしょう、リディアさん?」
「プークーは食べ物じゃない……」
 このやり取りが数時間に及んだ。

 セレンはずっとその様子を見ていた。日付が変わって数時間が過ぎ、もうあと数時間で夜が明けるというころ、セレンはそっと立ち上がった。リディアの背中に立ち、ふぅとため息をついてから横の席に座った。
「リディア……。俺、プークー殺した。怒ってるか?」
「ううん、怒ってないよ」首を振る。「セレン君は私の代わりに動いてくれたんだよね。私こそ、ごめんね」

「あむ……リディア。それでも、プークー、食べろ」
 その言葉を聞くや、リディアは裏切られたような顔になってセレンを睨んだ。
「セレン君もそう言うんだね。貴方も皆や先生と同じなんだ……!」
 するとセレンは首を振る。
「リディア、プークー、食べる。プークー、リディアの中で、生きる」
「――え!?」彼女はハッとした顔になった。

「プークー、リディアの身体になる。プークー、リディアと一緒に生きる」
 肘をついて手に顎を乗せていたリーザがふわっと笑顔を浮かべた。
「セレン君……」リディアはふるふると手を震わせ、涙を流した。「そう……だね」そして泣きながらプークーを食べた。
 泣きじゃくるリディアの頭をぽんぽんと撫でると、彼女はセレンに向かって微笑んだ。
「えへ……これで私、プークーと一緒だね……?」
「うん」静かにセレンは肯った。


 リディアを家に送ったリーザはナルムに引き止められ、居間で冷えた身体をホットミルクで温めていた。セレンは寺子屋で寝かせてある。
「どうでした、姫。命の授業は?」
「うまくいったわよ。計画通り。義侠心の篤いセレン君がリディアの代わりにプークーを斬る点も含めてね」
「そうですか」ナルムは安心した顔で呟いた。
「シナリオ通りのとばっちりで殴られた彼は不憫だったけどね。それにしてもあの剣技には驚かされたわ。普段の動きとまるで違ってた」

「ところで、全員が食べたんですか」
「食べさせたわよ」
「辛い授業ですね」
「でもこの村の子供たちは必ず通過しなければならない儀式だから」
「今日のことを知っていてあえてリディアに子豚の世話をさせていたんですね」
 コトンとカップを置く。「あの子は優しすぎる。純粋で純情で、頼りないくらい天真爛漫なのよ」
「まだ7つですから」
「彼女の肩には大きな運命が乗っかっている。こういうところから鍛えていかなければならないわ」

「でも頑固さは姫に似たと思いますよ? まさかこんな夜更けまで食べるのを拒絶するなんて。昼食も夕食も抜いたんですね」
「あのままじゃ朝食も次の昼食もあのままだったと思うわよ。最悪餓死する気でいたかもしれない」
「まぁ」手を口に当てる。「流石姫のお嬢様。姫のお小さいころによく似てらっしゃる」くすくす笑う。
「止めてよ、もう」頬を染める。「あの子、思ったより頑固よ。母親の私も父親の彼も頑固だから、掛け算になっちゃったのかもね」
「ですね。ふふ」

「意外だったのはセレン君ね。彼が説得するとは予想外だった。私の予想ではリディアが深夜には空腹で音を上げると思っていたのだけど」
「想像に反してリディアは頑固だったんですね」
「それがセレン君の一言でころりよ。でも彼、教わらなくても自分で家畜を食べることの意味を理解していたわ。人は生かされ、犠牲になった者の命を背負って生きる――その真理に自分で辿り着いた」
「面白い子ですねぇ」
「感受性の強い子なんだわ。リディアの気持ちを分かってあげられるんじゃないかしら。やっぱり彼を選んで正解だったようね」
 難聴のナルムのためにリーザはゆっくりはっきりと喋る。
「姫の目に狂いなどありませんよ」と全幅の信頼である。

「けど私が思うに、彼は自分のために真理を見出したんじゃないわね。リディアを説得するために言葉を編み出したんだと思う」
 ホットミルクを啜るナルム。「優しい子ですねぇ」
「その代わり気性が激しいのよ。優しいところと荒ぶるところが混在していて、どっちにも一瞬にして針が振れる」
「そういう意味では扱いにくいですね」
「怒らせないよう操縦すればむしろ扱いやすい部類だけどね。リディアがうまく操縦してくれるといいけど」くすりと笑った。

 ナルムは席を立つと、「姫……」と言ってリーザを胸に抱いた。
「どうしたの?」
「……そろそろ泣いてもいいですよ。もう誰も見ていません」
「……」
「プークー、可愛かったですね。産まれたときから貴女も世話をしてらっしゃいましたものね。
 リーザ姫、大人も泣いていいんですよ?」
「…………うん」ぎゅっとナルムの腕にしがみつく。そしてすんすんと声をあげた。
「よしよし……。嫌われ役は辛いですね。皆の前で涙の一つも見せられない」
「……うっ、うっ。プークー、プークー……」
 リーザはナルムの胸の中で声を押し殺して泣いた。間違っても隣室のリディアに聞こえないように。

アルディア01_12_2
/ アルディア01_12_2
【用例】
422 fav mir

flanje del kalyudia til 4 yudia tix ridia. luus si rast tis, malates est hot enzel. il et yudia le liiza o miifa alvinsat.

axte et ixtal. tolis yun 14 az 15. tal el en ser lu et tolis to. lu lut sabes lein verleej. see til teln lex yukl.
liiza alvinsat ixtal le xtames pot esk sa fou salt. komo lu ail yol filveeyu. malt knoos da.

flea et milha. tolis 11. yulian t'adel diires o fiine da. lu itsat yu man fiasat ok kettem.
lu et titi, til ketena ont erim t'eketone fin adel.
tal milha til viid tinka mobetel ento lu teatl total kaen nos kon viid mifel im na vem vart.
lut sabes loob man til blanz on tem. na vem ol el oj sat osn. lu sin el sont osn luut.

alis et konoha. xalt olma, lu yun 16 via. et lozet fin til est e nagisa, alfi yulian e mirok o lan.
konoha stasat yu arfi fin et lozet. tu et man lu et rsiila e xetul.
lu siina nos nilem selan. et meltfatil, leva, lij. tal lu lut nilem vil selan mil eri verleej.

xier et fealis. yudia o lan, tolis 17 da. kama e yuvel. xiilas milha yun lu et amel.
loodel lu et ail yunfi, alfi en naav. lu na vem al el yuki lu man lu til gilx del rsiil vinsat lu.

luus kekkot ridia del kola sam, axivat lu ras di. tal ridia pefat elet nem yunen lentfian hot ento xook ik koret.
son luus vinat nosse xook van a ridia. ist tu, luus in kit ridia xiilasel yun luus in miina i kalte flon.

im tu sel, seren refik paz ont avai onen luus reiyu pot osn kont alk liiza.
seren en ser ridia til ak paz. tal lu lok tu et ilpasso man laas til siia gyu vein on paz.
luus reiyu tur ima o firte. son lu lok ridia sins sil asex im xe.

"tur or sort a" kuk a mel l'es skin amox seren. see lu soktak "ya, tur or sort a".
seren nak melt mil tu rens.

2011年11月1日

 孤児院フランジェにはリディアのほかに4人の孤児がいる。彼らは苗字も分からず、かろうじて名前を覚えているだけだった。皆、リーザやミーファが拾ってきた孤児だ。

 一人目はixtal。年のころは14, 5に見える。が、実際いくつなのかは分からない。いつも黒紫の服を着ている。性格は大人しい。
 イシュタルは数年前に雨に濡れていたところをリーザに拾われた。なぜかたまに古語が出てしまう。不思議な子だ。

 二人目はmilha。11歳。魔族ディーレスと精霊のハーフだ。猫耳を持って生まれたせいで虐められてきた。魔族なのに気弱で泣き虫で怖がりな子だ。
 しかしミルハのポテンシャルは強力なので、過度の恐怖を感じると無意識に周りのものを魔力で粉砕してしまう癖がある。
 耳に極度のコンプレックスがあるため、常に帽子をかぶっている。頭に手が触れそうになると恐がる。撫でようとしても嫌がる。

 三人目はkonoha。見た目は16歳程度。凪人の名を持つが、れっきとしたロゼットで、神と人の混血児だ。
 コノハはロゼットにも関わらず、あるものを司って生まれてきてしまったため、天界から追放されてしまった。
 人を幸せにすることに生き甲斐を感じる。けなげで純粋で天真爛漫。しかし呪われた血のせいで、親切心がいつも裏目に出てしまう。

 四人目はfealis。17歳で、人間の捨て子だ。ユベールの達人で、ミルハを妹のように可愛がっている。
 フェアリスは芯の脆いところがある。親に捨てられたトラウマが消えず、拒絶されることを異常に恐れている。

 彼女たちは新顔のリディアを仲間の輪に入れようと声をかけた。だがリディアは眠り姫のようなぼーっとした表情を返すだけで、会話にならなかった。
 少女らは残念そうにリディアと話すのを諦め、花を愛でるかのように遠巻きに見るようになった。

 この日セレンは孤児院の手伝いをしながら少女たちの経歴や特徴を改めて頭の中で整理した。
 リディアがどんな過去を持っているのかは分からない。だが経歴の暗さで言えば彼女たちは引けを取らないはずだ。
 そんな彼女たちが明るく元気に振舞っているのだから、いつしかリディアにも笑顔が取り戻せるのではないかとセレンは考えた。

「少し寒くなってきたな」横に座っているメルに言うと、彼女は「寒くなってきたね」と答えた。
 その言葉が暖かく感じられた。

メリディア(夢織)_01
/ メリディア(夢織)_01
【用例】
407 y y

tu et durne e 5 sel iten lamsae bezet l'at alagel im xelt e ruuj, xel nainan sein mix lexn t'alklax i seelarna t'arbazard le landor melsel, ke atu taxel.
luus ke atu kont lo tio vei felan tovat xok maldel. son luus na vem, ku vil em fi ka xe felez.
omi e felez es rig vamel. yan elen sein es lufabad al aks. fok tu aks til eri hanel. taik xe felan vortes ka lat e felez kont eri es ekx i jam. yan frem tu, xa sol vortmain alt le tan sabes fels.
im tu durne, nainan sein alkik 1 felan del falsan ilia. tal lu allfis, ku yuu pefel a nainan. taik lu ov vil minj tis. mon lu lfis, tal si kolo mon yun leeves atolas.
3 felan xa pot felez, xel felan le vortes ka lat, les allfis, fok les vortes frem falsan ilia.
ala to at sod a luus 3 felan sei....

メリディア(夢織)_02
/ メリディア(夢織)_02
【用例】
y w cuuks velt

sae milmor seerel ka deko l'alis lukor mioxel.
xelt e ruuj, adia t'arxe. sae vaj arbazard im tu salt in. tu salt sil sort sei.
"waa, non et xina mil ar sen xelk im lamsae"
lu evand luwaakl a sae sam o gax. hasl luut et lant ont aalo yun lem. tet el nask sen tu im ser lu et mei e xe naxet.
lu mana kaax nos et tio yuuma lutia emo sorit en sor ul hait, sir en fir soa, pidl lette del nia nie, yuu siia e menif o nifzams, noxra veigl kaen alas, tolis 16 del feme mimom o yunfi, fok pels ont els dazen malt.
tal gaato reiyu leim et vana on yulem --aal lets-- xel selotan le vator nosse ar lem ka xion t'anjur xi toon sel. see soa mesa mioxes lu kont tu lamsae yunen xant e fiine fandes xalte. alson lu nap elf mile iten siel firem osn kont lukor fia l'or erfi.
kleevel lunat xi 3 xax e saam. kleevel tis et velt mer im tuo t'alis ka tu kad.
im felxi, alis tolxat selot ka arxetsems e felka. mei alt leevat sa lu, tet lu tolxat onkel vesel. yan venat tur et map rak varfant xed dunex man lu fanas a selot sin.
"tee, non viz dunex xan. haizen, haizen"
yan xi tu, lukor deko xed koksems. sae alxa sedo total fo --aal bia palmel dajel. klal seer da. yuu felan xa frem lu fin tu et ruuj. im tur, atu et velt mer.

im tu, lu xaklik fo lis, xalt tap vein, kler silfi.
"tu et... lets eyo?"
alis eelik a tu pial.
"hqm? tu te felez sete?"
fo lis lunand i les alis xat sa liset.
"tu et zal a. yuu tix non xat lyu nya"
lu leevor deko, tal xi tu, jigik sar van a felikl man ser lax ne aror tuumi kler. xiel, lu et ruuf mil xeltluk fiima.
latik a lestlat, luk epn, mod naf.
"hqr? tespam t'epn es is xan"
tespam fremen felez le lets xa es is fin tu lut ar im tuo. xe ises tu sei. olta aven, soan de alis.
"atu et alvelt sin..."
lu tem fo e lets i lie t'epn. aluutel sol xe xa ter.
alis lukor en minxel tal xaklik xe zal im tu.
"m? lala es lu aror lets ka felez tatta pam eyo? non xar lu in vil selot ranel"
monok, tik po.
"hqmm... lu et ne eyo? knoos nyaa"

xi ask, lu lukok sa felez. felez til rokomi on tu felka. el let tika im leev atu. leim, omi e felez til tems e diad zaim l'em tems enzaim im deyu yu. ol soa, son el in vil em pot e felez.
alis homik omi entel o hemel kont sedo bia enzel. lu in vil pot e felez var tems man el hom xir omi veinel lana miyu tems a zaim. alson lu in kit var jixi.
yan lu insik mana kaen lets. lu et xiel felan t'arnamana tex fels l'alis tan sabes, fin lu jins sen tu en merel man atu et alvelt.
lu et wel vanon sei. lu aluut til melx l'apia felnif ka haltak. tal lu sain vil tu it atu. lu insik eel laat ati kalis. lu lo nos en in siia la.
"arte, lu et axk a lets"
im alis alsip xef ok fo, mana xtamik romel. kler e lets ik is.
"ag! lu xaklik non sin"
alis ik rommag. lu lo la yuki van kles fast tis. son lu lad kit kles axk. tal lu mana eelik al en alis tet xi nozet.
alis jins sen tex vemo luut hot tis yul lu na vem. lu mana eves las a lets, na nik ento tifl sat seles.
"te...teo!"
lu tem xiv e mana, daptik. xe alt xa atu xa?
"te luna yuna!"
mana vexlik tal ov vil man na vem in.
alis daptik kont til naver.
"wein... to or sod??"
im tu, vemo kai yunen arvekt ik nok a bal. vemo e las lukor manan.
"...!"
lamel, alis insik tu del xe le sabes teebe ver lukor mana entel, ya, entel.
teebe tiles mark kon las. yan tu mark lades vemo kai yunen inje alvelt xa.
mana vexlik xed xiv. see lu bik meljien, badik teebe pipel. meljien ik dakt a tak e teebe, ik met al aks, ik rig.
teebe evik mark a flel e mana seerel.
alis in tu, na vem, vexlik lisel, metik mesk rekel sin. im tu, teebe xaklik tu, eelik al alis.

"to--"
alis fixik ins nozet.
lu del les sabes teebe de lan. mon lu de lan, olta aven, lu de kum tis. lu yun seho... haadis.
lu seho til vime nok o yek fef on eel. yan til ing gek l'or met yun, fok eel l'es ges yun vortmain. tu et xanmain e teebe tisee.
"te, teeeeeeeeeeeeo!"
alis lef kit ok vexl kai.
"lala leebe et to?? lef, alis, re lef!"
lu lef ok mesk kont em sat niks ras di. lu mib nos em dakt a lason e naf daksel.
lef enzel, rikik i felikl. tal jikniksik ka naf, ik kape al ako le sae es hant al.
lu xtamik enzel, lef kit me yun bolk. yan rikik lefel i deko xi niks di.

xi felka, alis lukok konoote le di xa ok bant, monok lamel.
tu et ai xel alis na ani tinka romel. lu hah kit lana sip xef. hel vil om nos lefat enzel ati soa. na melis man lefes filel. til melsir ento niak a vinl e lanfont.
"leebe at to.... leebe at to eyo..."
le de lan. le ses vemv.
xalet... adel? ova... melhadis. ya, adel l'axet jiot im ordin?
"vinsa! lam, non kekl xaf nain! teebe evat mark a flel e la mana!"
alis fitik yuno a zam. tal xi foni, lu monok me man lok soa.
"hai, non rens ax to a nain eyo? "ter, nainan! non inat adel yunen haadis vandor xe mana"? wein alis, ti lo ne xar gaato??"
alsip xef filel kont from.
"vat.... kaat senxan e? on vemv imen tu feme. wein... re rafis, alis. tu et ruuj, xelt e wain. xe sems ul saim vilot anos vendol sete"
sipik sap im tu mil.
"ya, vendol! teolo, alis! lala es xian en xaklat gaato tis a. haa, non klos sen tu hot olta aven lex tu saim ul sems rakl sil xamel au"
nak ani romel ento lapx lunak mifel.
"haa, apen apen. leev, non kolt fan"

ra luut xa varzon liine. son lu yol lop sov felka o noxra. i konoote, koa a lop. nod xelt leim, len pot xal lika fien varfant.
kend i lop. mols 15 fei via i lopn a ra kon zam. na sort on tu zam mil teeze bult e jandior.
"uuua, sort sort. arte, lena teu minfelan leines lus fiina en tette eu. aa, dyussou mirok et latis xanel,? on vars lena lein soa adyut fef t'arnamana"
lukok noxra l'el klit vil lex doluuya siiyu merel. kon xtarez le ladand bia, kor al aks 8. tu lut bob mil lozveld e towa dipit. ova faar le na dad on kem im, beke ik latia katu vadel.

"soonooo"
"lunan, etta"
hom omi, xiv sor ont ank kekkok alis.
"hei, felnoa"
amel da. til nia imel l'et fil o knak, fok eel lant. mon tuube et adin, tet alis nos as jivel van lu fian nod nos on lantati.
"tyu koltik novel nanna? vilot na kulan e. leev, nekomimi im fis tisse"
tu et zet axk luut da. see alis xaklik lu sabes sasab kaaf le fiinya xa.
"alfi tyu ladat dunex im fis,? artfian"
kont lat a lestez, lu kuok.

"lunan, alis"
poen del laal axivik imal. lu et myul a miva saal kalt elt, tal til yuno vein nod selt io, fien et moa saaz.
"papa et nei?"
kaan lab ka lopvent. son aaxa kolt sen vadel im tuo. tet alis asmik naanel.
"ya, mil ruuj. saia, xenon xen xiit sa la e"
im alis skinik, poen asmik kont ov dapini kor hal.
"xian te serip? hink?"
see en teosel mer, poen latik las a xos t'alis.
"hik!"
"haizen, xian te serip tet eves! lala es fien tu kmel"
"myun mist gad a vendolan yuulia!"

メリディア(夢織)_03
/ メリディア(夢織)_03
【用例】
y e

im sel kes, felmei lunas felka skolel.
"heisoo, alis"
felmei le witik al alis sas lam et xiva del sian t'arxet le sols nia lette kor a jan yun pindkamt. see el jins vil tu et rat az yam xel lu kamt et ca altian t'alis.
im alis skinik, pind ik frem a lu yun oma nau --pin lu de lettebezn nod cazio fien sian. alis toak lozveld e towa fer im cazio lunak, xaklik samel lu ikn lut nif kok onen avl, na kit nal.
"qp, soono, alis"
mana le lasmagik al alis kont or frem et miina del altis. sol lu jotat xiva al alis.
"yoo, miinan. beg til sir yun firxist im fis tan. fok nagat lu asie kon ins a?"
tem tu, miina gotik dap t'alis ok nax.
"beelo, firxist et zaim a, liif"
alis en hak siia sir luut yunen bakm man na txu. tal lu lut nom tu. kils, en sir hot tet ins o sorit ont ajet tan.
"hqn? lala es tyu ser gaato"
"ka begel, sa fou xelt weeze"
begel et lemra le luus yol lestel.
"haan"
miina lasnek nia imel del liizet. lu et reiyu lant kont alis et mana ank olta alka ento lu kalma na pels on tu. taik teln tan. miina yunen parte faal telen alis yunen xelt. valet xalt alis, tu et saia sanje si vasn tis len em mayu mer.

"kuim, twa xalat semsez xi le?"
im alis pefik "ya" fenel, miina ladik elet gyu kont ins xiva le wikik pefel.
"nee, ren in tu"
ku soa, sinsik 1 arm del tilm e fis.
"xe felan vortat ka lemez ter. twa en ines vert?"
"ep??"
na nik tinka ento flel ik nek.
"nask sen dis na nik soa. sol dis xat tu lemez kaak"
arm sinses vert e soda l'at sod ka lemez in. vortan et twar, alfi hixn al alis du 1 felnif. tils oktes est luut del xier ok sec t'eel. lu et aluut la. sec e vortan et myul tinka a vemo e la mana.
lonkvortim et durne e toxel. vortan sit vix in. yuu xaklat vortmain kalt faar. les sakat vortmain lamel et evoan. im lu sakat mana, la vort moa.
hai vortman et saak. vals as jins vil vortman in. mana sit vix, fok fixt e fanktab tan at tif. op, lu vortat mil en cajik. vortmain luut et myul tinka a vortan le vort ifi in. tal mana e 15 vort sen romel yul ifi kon 1 sel tis sei? main luut en emat enda romel, hao. vortmain xalat lif daz mana. tal... lu vortat ifi.... tu eks to sei.

"lu mana at mei e lemsems in a"
lemsems yol lut lemez 2 kont arxet so 1.
"tu et knoos xel lu yolat lemez lenan e"
"polton til kovlets kont laint et raeslets. tu et rexir yundi?"
"hqm, senxan eu"
vortan del xier at fulmiia kont luus et milf. see lu et monia mer xalt alis sif olta lu yolat lemez amox.
fin alis fiok elf sod e toxel, lu na hao nik o vem a tu. ya, tu et alman sol lunos inat ca soan --le de soda tet veim da.
(arte, non okt ax to a luan eyo.... aa, le tet vendol xan.... alfi, le vemv at kaks sete. re fas, axet)
"lu en arates tespam ter. naa, om dis leevat lemez im toxel?"
"xi varfant via"
"novel soa ok yuu?"
"tu at saia mil tyu korat begel kont miina arat ke mellab"
"--fok kasmi felat lana flomtas ka ra ter. haan, diin na nal man dis de on a soda zal"
alis sinsik asex kont flora gyul.
(tee, xiva, tuube te soda tio tet veim. non inat laabe le leines teebe, tiles mark)

im tu, rendi del xafnan e tu saim lunak. halis e faarata. tur et lit varzon. see tu et skol.
rendi et alnaat o xaxan. lu axon lem, et kiltan t'arxet. kokim, lu tan et mei e "fiina" del naxet luutes im hot ar lem ka gote.
(atta, lu tan et passo in. tal il tix non ser yuu, son il lo le et tio soda a)
"saa, ami na flent il ser moa soda kaen lemez. yan ami ku on tu im tur. im toxel, minfelan e twar leevat atolas ka lemez. tex nain, lu sot romel, yan tu de veim tet soda ter. son na nal, flent il. yan ami fit a flent vei yul mel len dert o ladoova fiinaen leevan"
alis ar ladoova.
(mano leebe te dia, son non sot fal fi na....)
vienik minj e ladoova.
(vantant mil non elfat lyu, en alkat tyu. xilhi non)


harpnian duen 2 miv xike xax t'eram. tu et mel len harx o xook, fok lomo. leim, alis sif kui ka deko. tal luus kui pot felez im fis man font e deko es eves tin mil sae e toxel.
im alis dog pof, xiva tist kit tu helel.
"le at soda xanel sei a"
"le et to?"
"hel, soda imen faar. ifivort et senxan sei"
"jins vil aa..."
alis ixnik a lu kont til eel fir kal.
"tu et sen xan xalt der xel soan et adel etta"
tal alis ixn sen yuu man na nik.
"wein, xiva, te vem lu a. lu na moa vem mil xat lemez im toxel"
"vant, vant. tal tuube et zal yam xalt miir kaak? lo to on tu, miina?"
"on tu? alfi soan et adel xanel az? mon ser vert apiat ene onen tu. tal fix adel as imen tu feme"
"yuu jins sen tu. mon orfen del ern e yuuma tifles vir im tur, fok axet setat divaik t'adel. tal laas setat en il. axma kaak?"
"adel le fals.... hqn, xalt ema, tu as et zal xel lan lufat sen jan sa togal salt"
"son ak dis rans van alteej halen orfen a ,"
"qm..."
miina daimik rens kont sins elet pels. tal lu na lux in. son lu fab kaam kont dog pof.
"saa, ema tan lo ifivort et alaxma. passo, sinl xiit soan et adel"
xiva eletik lex hax.
"weei, alson twa sil dia tales, fel dia adel ka artea--"
"aa, tu et rat. son alis sil maas e tales a K"
xiva asex al alis.
"no...non sil maas `P"
kaam t'alis ik diaik.
"ou ou, lulu rap rat teezemen"
miina ar pilpasex. lu na kax xel les jotat xiva al alis in.
"xiva, son twa lod fal ximana sa tu"
"ya ya, tizo men vosk van flomtas kes anramma, eetel"
"ahah ,"

"lad terk etek e"
im tu, alis xokinsik xe mana.
"qp..."
lu et mana del sae le xa saim kok. lu kuir harx seerel ok yuu. el jins sen lu de mei e fi noxe ol vais lu. hel, alis en in siia sae oken fi.
"nee miina, xen xiit etek ok sae tan?"
tal miina pefik tist nem hot.
"qm..."
"hqm? tyu sin la?"
"hao teo. tet polte et monia a la"
"xom iton xiit a la im tur nonno?"
"ya, passo. saa pin la et dint ont en ikar... soona? alfi, ema na polte sil yufi al axel kont yol noa /"
xiva wikand haas rens e miina kont in mol.
"haan. passo, non vars elf lilis"
alis luk rak sae seerel, lad terk etek. sae kuir pof xed rens siet in tis alis.

メリディア(夢織)_04
/ メリディア(夢織)_04
【用例】
alis kek lemez xi xax e saam. on xiva o miina, laas luna van xi fel ka leika lana flomtas ter.
sa alis, 1 mana lunas semsez. filnia ver o sir imel kalis ont ins lette dadal, fok main fiollixa le vei klit sen lex zeplet. nagisa domt da.
"kasmi, tyu lunas vadel e"
"...ya"
xel altian domt, lu nagisa pefik rens fenel. tee, altian alt yol arka veinel. lu reiyu lut ku kalol aalel.
selotan alis, xivan o sian xiva, anzolan o rsiila miina, xivan o lestjizolan kasmi, fok kiltan o roxkjizolan rendi --tu et ca fiina da. on 3 mei del minfelan, xinal, sab leins kok --pin en xinal on nife-- ento luus xim sen xaml kop ka sizet.
"kuim, tyu at passo on le ve--soda?"
lent seer wikik xed rens kont fotoi hacna sante. tal tu et skol. tu namo en eks lu et naes. valet alis ser lu til liiver siiyu ranel emo farmati kaen lemra. im miks hot, xe mirok luna van lu lamia.
alis nap teel kovlets le xier xav vortat ka. nag kue mifel.
"en na... vem?"
"...kalis"
"olta aven, ren sed "is" i tu e `/ passo, tolx xiit e"
"xiyu. toi xiit hastel"
fol pian, luus 2 tolxik vesel.

"aror?"
tontand flel kon lemmas, rendi ik luna lat.
"na yai on flel,? xanxa"
"tuube et teel t'altona flenzel, alis liiz"
"xar tuube et teel e lan le xir vav e"
"arban si vime vien nod faberan a. tu et alman sean emat daak kon viid o dolmiyu o kami. sisles ka felka ranxel?"
"xanel, et axk a pikt ter, dyussou >,"
rendi fatilik xe mas i zomvark e semas poten mesk, waxik tu a luus xed rens.
"to anmian?"
"re na nau kon ins nozet"
tex mas, arxet vastat flen len ar lem ka xion t'anjur, rafa ka sanjelika.
"enxa..."
las and mag. kel sat le veim as.
"sizet e lavandia tox klitat yu ratel in a"
"xiva sif ser nei tuumi anmian?"
"tee, mil xokket sa ezit"
"kasmin! tuumi et siiyu e!"
kont paps, alis tontand flel luut. im tu as, nagisa sortliv as sins elet ruuf mil nau.

"hei hei, tex tu xiv sol xiia o kasmin tan serat vert e mirok aaa?"
ok verx, xiva lunak ez. miina tan xa ok anzol. im mil del alis insik laas, lu waxik nos a laas ruufel.
"xi--xixixian t'onjur!!"
"ref nan, limel , see arkas >,"
"saa orfen lad van miks sam daana?"
flox faga fiina kola, xiva kuok alminxel.
"sern raaattt!"
alis o miina waxik memlas im kok.
"tet... mel"
im tu, kasmi kuok lisel. see rendi estel luut kont fotoi.
"sean si 1 xelt tis kalt xion t'anjur. kelk sam xont sil a?"
"tu et axma. kaat polte lad xir tu i yuu"
"a, sol non! non sates vei kelk ento toi sen xe im kest"
"xanna?? son der axt van rens kont ter tu"
"passa passa. son nias van kelk a tol, alis"

xi ares vei kelk leim, alis xaklik fo nossel haas elf hastel, monok ji daimel. see lu fils kit kola sein. mon luus in alis pefel, tal yuu asm van sanje a lu.
"hasan... noa tur mimom nanna"
il heles le soda in. xed rens, kola sein wikik entel.
"...kor xiit begel yundi?"
il kaven alis wikik a rens e miina. see luus tilik lep, leevik lemez. tal var mef naf, alis xaklik si mesk kelel.
"pent, lilis ren kor sa non"
"aaa yaa"

mon alis til naver on sar a lemez vesel mil veim e toxel, tet tu mols foni lana mesk tis. alson alis nak nik vart im sakik xe xa pot lemez. ya, xe mana es xtam frem le lets xa, im alis homik omi.
"--!"
tal tu de monia --sae del yunk e koksaim xa. sanje et knoos mer, tet komo lu ojes lets kon las fef o fir.
sae eelik a fo, insik alis kon ins ver. alis ik hono mil en xal luut hot tet olma o xalte tan. wel et rans tap, lu et lant rak da. sir dazen est luut, fiol le vik sein siina, eel ank o laft.... il vaik klos nos et mana lant. tal el ser tu sei, lex fiine lant rak sols el na vem. see tu cuuf iten tems vienes xalte luut.
"tyu... tor atu? tu et arxeten tisse"
"qm..."
loodel, sae na kit pels in. see xed sokta, lu rak alis, leevik atu sin.
"...at semaim e xier liiz eyo?"

im lu rikik al epn, sae mi em mapel xa. alis luk kit taxel, keilukok miina sif.
"...lala xille. ansiel et lua ne?"
tu et yev lam e miina im alis elak sod imen tur. xiva tan tikes po kont eves las a zid.
"ala es la xat orfant a. on a xier xav daana"
"te xiis. dina on a soda e"
tem tu, kasmi ovik tem kalisel.
"son te soda tet--"
"--veim flenzel, pin vaden. diin miina, ar fonl veltloal e"
"tet halka tan fix la malia?"
miina vana tel rendi pels. xel klitan t'arxet, lu sin hao gaato ene. tal xalt alis le ser tu et yul veim, xal e sae et saak tinka da.

i konoote mel, luus kor a kalzas milf le begel xa kon lop. pot xal lika xa. im soa melal, lop iten xiar lut lika da. taik tur et ruuj, hayu yuu skit et senyol. alis xtam kont niak al omi. lu nap teel selot nod nos.
"passo? niak a der"
"myu? passa passa, tuube et xet"
"re nau der a"
see xiva letfaxik flel t'alis ento lu ik rae on kaam.
"lo-- pot lop! pot lop tisseeee!"
vexlik tistel. tal xiva sek lu merel.
"aaaa, kasmin kasmin, xenon na reia nannaaa? xed altian e, xed altian eee. hayu xenon fax xiit axel nonno!"
"ol toe lan yu kokko anoz, silfkekko"
"twa >, namo >,"
"uwa uwa, te em xet on selan xel arnamanan"
xafnan gonik felan battel.
"puppu, soa klit et daz a laasa kaaf yuulia"

lop lukok milf. it atu, begel mols 10 fei via. jan or velt mer. var langekka le yun vokka, luus lunak lemra del begel. ikl ifi ont ext et liefil daz est. mef naf l'ims di or met i bal ka, alfia kai o pop ik nok sa luus. see rak tu, liez han xa.
"rsiila rensat tu et xelf mil polte ar flen 2 kelk xi liset ter"
xi wit rsiila, miina elak soa.
"xina a"
or lat a vaton skol. see sa omi, xiv ank o sor axivik alis xel "etta!".
"felnoa? tyu lunas xan"
"ya, lana ter kelk lilin e"
amel le tur tolis 9 tis sabes melte kaaf oken mels le nos aaxa sab ka ra. see lu repin altona oken titonia ver naverel.
"haan...", alis aspik, tistik a tem lis. "lana ter kelk e RENDI XANXA, kilsel sete? gpppp"
"te---!!"
romel, kaam e felnoa ik seron.
"teolo, tyu selfian!", letik wasp t'alis ras alfou.

xi liset, sast nossel lunak. see felnoa leevik a liez kont alis sif xtam ke a sizet. pam vien ik lat al ins, tet tu et diite --rulna sen nos lfis tur. teran pipand xiv kai i liez ento erim luut nand palsa esil.
(ya, sol tuumi et ca lfis. tur, non lfis!)
ok asex, alis vaisik miina del rsiila e "fiina" l'aror soven. see im soven ik took, xiva soktbad zon lana fit apat ras 3 kont palet "ko ta vi"--.

var kelk, alis xaklik xe lan l'et dim atu. lu xa looz e liez ok xelan. monel lu en na ban a xalte t'atu.
"--sae xan??"
fol mil, alis kel sat koplet kes. i looz, sae vais lu seerel. see xe alnaat sor o lant xa amox. kok sae, lu vik tan et dim atu. mifel, alis elfik insrein luut, fana kit me a selot.
"lala es beke.... len la et on a le veim haas miina...?"
xi sast, il tix alis sifetxen xiria ok elet diite.
"alis, on twa?", sef anv.
"teere... passo"
"hqm? to at sod?"
"mm?? a, tee, teo. yuu aalel e"
"dina orfen at rat a. hastel alka ses!", teex jam kon las.
"xam sen, tix sia bezet moen"
"tea soa, son ak cuud toit hastel a,? kasmi, baz >,", xaklik alis dint. "naa, ilpasso a? tomyai?"
"te, teo. ilpasso e"
im tu, felnoa luna me, axiv alis. tal alis kuk "a ya" tis pefel. kont nis sex, felnoa ik frem a rendi, xook kit ok asex ank. yul lu, alis fils xed seles.

メリディア(夢織)_05
/ メリディア(夢織)_05
【用例】
ka zok e mileeyu le vel faxes, sae satis xtames ok xe alnaat lant le sabes arn ver.
"liize an lumiinel xalulet nan. pafet, nee la lumiine son?"
"e lemez? alis teu koksaim yunol e. dina kolet pinas nanna yol fan arbalei, en tiaren atu lana em not a tu kad linoa,? lanvem"
see frexxe pefik "aa, hel" kont yuus nia fil ont erfi waan nos, kont saen et artnia ver baltel.
"hai, es ti ket okel a. la et on a le veim?"
"vatin teu xier vortat ka ez t'arxetsems fien lu at mei e lemsems. yuna xar arxet et kamil on"
"alfi, xe et ca avelant?"
sae wikik seerel.
"felan di mezand al axel yul le te soda tet veim. ax, tu et tia. tet vei tis et tap on soan et en adel tet avelant e"
ter tu, lanvem haizik.
"saia, man lan kalo tis ser teln t'avelant enk ordin"
"xam moe. il na tio avelant pio seles e vortan al ardel e", lapx fil o dad. "diin, kolet fix ax fiina in"
"son an tab ax on la vortan, xier na"

"ya... tet..."
elet dint vein. see lu melfik lanvem.
"to?"
"tuube et myulla fuo e, xel alis sif et on a le veim"
"hqr? tal... en semaim kok?"
sae alwikand entel.
"yuna siina fiina teu naxet laint linoa, i terat lem im lavandia tox"
"soa xa.... son ala es ti en nat ban sa sikt?"
ok elet lood, sae ik myuo it arn e lanvem.
"mi? yuna nat ban ranel linoa?"
"so...soa xa"
"lanvem...? moe--"
"oho oho.... saa, an tab ke tex onen veim"
kuk soa, lanvem axekik nos a vekm versoret, leevik atu lufal.

メリディア(夢織)_06
/ メリディア(夢織)_06
【用例】
y r

alis lukor font e dol i leika a mileeyu im felxi. see lu densik sae le lunar i kor koot kont sontand las sort.
"sae..."
sae xaklik alis, monok sa lu.
"dens a. non aktat lu im toxel tan. ka semsez... fok begel.... kuim, lu xa tatta fi skolel in. lu si hacn eyo? xiel, la sin xook, non na"
alis ku soono im xokke. son sae kuk soono titil.
"qm... lee"
alis kuk a lu entel.
"ep?"
sae eelik al alis. eel luut et fir ento el jins lu et anvert. see valnbals et frem leika.
"aa, tyu na melis mian? ilpasso?"
"tee.... tio, xelk"
xiv lis ont ent e sae.
"ya... xelk.... aa... xelk. hqm... son non na nan tan xelk tur"
"?"
sae tik po. lu na yuu on toxel sei. il klit van sool luut e toxel at zal da. xalt alis tan, hao, vox luut et saak tar.
"saa, lena xelk xiit kokko axel nonno?"
"ep...?"
fatil lax fi tex i lu, silm lu et on a le veim.
"alfi, qm... tyu rensat nan xelkor. see non rensat nan xelkor. xom lena xelk xiit kokko axel nonno...?"
lu das tu entel. yan sae eletik lex nik --eletik ati leiz tet mon na nik xalt la--, kuk pefel "kokko yuna...?".
"ya, xelk en fil mes atu. tet tu et tuval lana lena xook al axel lamel sete?"
son sae wikik xed xiv. yan luus luk mak.

"nee, tyu lunas it am,? sae liiz. tyu at felan e lazka alt sete?"
"ya, mil yuna at mextan"
"len. yan it am?"
"lutia..."
"a len? non nat soa tex olma tuan e. tet tyu et axk tin al arbalei ter. hai, non na nom a tyu. lutia... teu fiaska e ridia lutia. non kor lan flej..."
"soa? el rens yuna til ilt e tialei xalel. see le kad byui oz oz oz linoa. xom moe na sil buuna a"
luus lukok font e dol eknen reis. yan luus luk ekn reis. manaka l'et han myul arnamana til reis ul erei.
alis hixinik sae man en vais siia lu. sae til sir fir. xalt klit yam, lu et levn kal in. lu kalma si elet, dina lut til elet reia. lu til main lij, et lixa. ya, lu et lij xalt tolis in.
lu epis sania, hastes tu. see lu soknes xinia. artnia domt da. sabom e leins et leek daz min yukl. sabes adyut t'arnamana. tu et lol xel lu aajes en tankanse leim tet poanse imyu da.
hai, klit onen eel e sae, el ku sen lu et lant tin. saa, miina et lant yun parte, et alin kokn o firte. ol klit yam, lu et gank kal. alt, el ku sen sae et alin yun testeel. lu et ank o lant xel yunk domt. xiel, tuumi elet yunfi yunkem sae veinel.
(tuube et asik xel non enk lu te lant soa...)
alis lapxik.
(lu nad bas altian enat jig fan min alt. fok lu xiel en nad nan sil jax kont xen sen total. nom nom...)

hai, sae ku yuu ol alis ku yuu. im tur, alis maisik les miina kut. lu xam sen em la. mon tu et kin xel el xal xook alen sae. tal komo, alis en na melis a tu.
"nee, tyu lo to on veim e lemez, sae liiz?"
alis toek tim romel lana fatil elet e sae. tal lu xalik elet yunen nagisa.
"en soda tet veim axem?"
"a... ya mil, tyu ser, ifivort tis et... zal sete? lan di rensat le et xiel veim yut adel an"
"adel... yuna fix e...", getik ins.
"son", alis jigik yuka van tim le nos toe moa. "es tyu xat lemez im toxel?"
see sae lobik kuo kon las.
"tu te zal,? xel en mei lunat lyu, taik yul lemra as"
sae hixinik alis ok kaam kaaf.
"mon tu et zal xalt en mei tet... rufet...?"
"...ep?"
reiyu evik las io a kaam kont in mol.
"lemita e lavandia ses siiyu nya..."
"a...alfi, tyu siina lenan?"
"le kelk teu "fenlil" le felie arat ses rat tiina linoa".
"aa...!", noa seex leevik diitel im tu foni. "haan, non naskik e. alson tyu xat lemez o begel sete!"
"ar sil naxet im xion t'anjur?"
"ya! rafa ka sanjelika tisse"
"siiyu!", mox wis io sa jam. "yuna ter ke aluutel e"
ter tu, alis matik yuno merel man serik lu de on a le veim. lu ser est e kelk as. olta aven, lu et rufet xanel ter.
"see luna xiit kokko non, sae. jot fan tyu al il e"
"qmm", fonl insrein. "tet... non em xet nya"
alis bikik las, let lu a mileeyu kont ku "ilpasso. to naxet ris rufet lean?".

miina nekik dapini im alis meldik sae a semsez ento is anzol mifel. see lu ik frem al alis, tist kit.
"wein, lala es laabe xa atu e"
"lena arat evitloki tisse. tio la et rufet lenan de"
"rufet?"
tem tu, xiva sinsik asex a sae.
"son orfen kekko van ti a, sae san. ketta, ren ter lem orfant. xiyu,? kasmin"
see kasmi wikik ok "wel kelk?".
"lu siinat em "fenlil" im lavandia ter"
"hayu", arik koplet lam tuul. "xant xiit fenlil a, flent il"
see rendi piok skil a sae.

xi kelk, sae xtamik ok elet firte kalis, kuk "tu ses siiyu e" ok pamp.
"felie lut daj a rufet ento yuus luan ter kelk?"
"en lut a. tal ti et koksaim orfant"
"xom lena na nau fein e"
"rafa sean lador kelk sam flenzel"
"moe tan ses daat, xanxa"
"kamelia lood e xafnan ranxel?"
ter tu, sae arik smsm ok "vaikel". alis sif en fix em sae --tix miina in. lu sins elf elet niit a lu xalel. xe xal saak xalt lu in.
"nee, es xian siinat em naxet polton? on to vaik?"
lu asmik yun misk la. tal sae pefik sokta askel.
"hastel e. hao, fe mei et axk a yulem. tet tu te il. yuna siina xalte kop felial"
tu et lood xel en miina tet ca kasmi sinsik elet nau a tu sokta.
"ya, yuna kaax rata ekol et memirati"
"sooono, kasmiiin! dis tur ank a!"
kont verx, xiva bagland kit flel luut. tet kasmi toek las luut kon anoz ok "tuube et himalsi xalt nagisa linoa".
"ag! kasmi, baz >,"
"manji nami so komeli nasilu halan watu yumi kaka diala tao"
"den fonf kon nagili le der loki vil mesa soa hot `, aa, yai yai, ento der flox vil em zon a. see il, kui ke xiit cuux ok keyu a"
rendi haizik ok lapx. "wei wei felan, ti xakles flomtas lunar?"
"felan ail xir asip anramma, xanxa. see ti tan ke van kok,? rendi"
"a, pent. ami til vend a"
"nask, xanxa. xom liia leev van sa sala e. andoova"
"ya, ketta"

im leev mileeyu, fian oken fels axivik al alis sif.
"ettaaa!"
tu et felnoa xa. fels t'elfiine tur lis kal a felnoa del xier.
"lilis kor am?", xaklik sae. "wa! monia xan"
"xxx, tuube et xille e. lu et sae satis teu koksaim lenan. see lena axo ke fan ka kalzas via"
"non tan kor flen??" ok ins flip.
"ol tyu em sen alit e"
"xiiiyu!" ok memlas ima.
"hai etta, qm... sol rendi xanxa?"
"uude, la tur vokka"
"tee, en uude tisse. tio non napat es xe mei mi atu aan"
"ya ya", sontand nia luut niitel.
miina fit verx minxel a felnoa lank alis.
"a hel, xiva, non fit fan kelk sam a tyu im tu durne e"
"mm, soa mapel? tinka a. ya, xiyu"

leev felka, alis sif luulat a fleu, kalzas milf. see luus axot ka livaate fol 1 miv via. see xi tu, luus ket xe ate del mar lant kon lop. atu et siin vart sov felan sein im tuo.
ok sizl oken mar dipit, alis sarik skit le sae sares al. lu vator alis sif vesel in, siet kui mar yun oma le til rubie.
"ahah, tyu xen kit flen sa lena e, sae"
"ep? soa e? pentant.... yuna si konl mil si semaim e..."
ter tu, alis lapxik seerel, skinik alamox lu.
"yuna lo, tio sol tyu stas fan asiz e. mon non serat yuu on tyu kalt fis, tet tur, non ser tyu et xink ikar nod nams"
"yuna fix nya..., mil non et titi... dina dint"
"ren xar non. mon tyu rens kalol lutel, tet on gaato tis, kasmi tan et kok sete"
alis fatilik hastol del uni fir i mesk.
"ap, tu et les moe tafat kokko byarliva axem?"
"sae, tyu eves dial a mesk?"
"teeeo", alwikand entel.
"non tafat 2 eu. kok al axel tisse", waxik 1 a sae. "see ren mix tu, ev a mesk az myul, ret"
"...moe fit tuumi a yuna xant?"
"mano tyu xar vil rens noan im tur, son lena em xiit ark it axok e"
ter tu, sae arik smsm ok kaam kaaf. "lala es hastol nyaa".
"tu et hao... qm axok et sofen. sof nod alem e lan a"
"sentant, alis", evik ket fir a mesk ok smsm xal.

"vais..."
im tu, xiv lunak romel rot xos ento alis ik xtam nikel.
"waaa! ka...kasmi xan. lala xian te nik non e!"
tu et kasmi xa, l'in hastol ranel ok sizl. zekka sizl luut et lika mil mar dipit. lala ak lu til kem kai sei, fien tu main lixa.
"kaat te volt yuo kokko xiv a >,"
"...rufet", fit rens tistel kont tont flel e sae. "moe em sen mei. krak et senyol"
"so...soa yuna lax en vartel nya... _,", ok nakx.
"solvaaatt", felnoa ok sizl nozet"--dina, halka xen gaato du,? kasmi eeta"
laftel skinik mik sae. "yuna hatia xain e"
xiva sif tan lunak skit, op rens fiina felnoa. "komo lu ail kui xain ati di a"
sae kuk ok elet nad. "qm... tu et klia kaad teu floa or avix linoa, mil xain di et gaal a kem nya"
ter tu, xiva sif ik mono du foni, see im mil kes, luus il ik faisnax kont badand xos e sae imal le sins elet pels.
"aaaaahahah K,, ti... ti et alka, sae. til ana rak a. kekko a fiina samel!", ok xiv rep ont erka t'ena.

"hai, lilis sates lana flomtas?"
alis asmik al il naverel yun lu ev ax alishac ist kuuno.
"re na atta! der sates yuu da!"
"ema til vana hot le si honosanje!", memlas.
"atta atta eee LP", ok enaxiv.
ter tu, sae pefik nakx kont kasmi arik lapx fil.
"see felie il amis fan yuna me, axem?", dog mar apenel.
"alkalis, lua kasmiii!", ok artelas kai.
"nee etta, kasmi eeta et lexe soa mi?", felnoa fils kasmi yun soks kit lu.
"hao, mil lusiel xa mel, fien sin laasa wen"
"xom eeta et lensliifa mian?"
sae fils jina. ya, ter siia est del kasmi on eda tuul.
"qm... kasmi san, moe et ca kasmi sarbelia?"
"tee, tu et kasmi enk", alwik.

"kuim on lensliifa, ne xa eda el?", xiva kuok.
"hqr? saa ova hinoto yuuan, kasmi sarbelia weeze. see mirok teu seel et..."
"a tee tee, der eksat alkan. der tis ser tuube tis olta aven mil koknif"
"xom lein yutia e narte, non na", mozik sol alis.
"aa, hel hel. tal la en lades kisk na, enk liifa e regast. xar la de dait soa a"
"lala rensik to ee. en ser ansiel en leev siia lensliifa it ik lat a tu?"
"alfi la xalat lensliifa e ridia aluutel? arte, tee, axet, setyu klema nei adel anrammaaa!"
"teeeeolo +,"
"tet lein salan et yukl o titi vart sete? yukit kliz kaen lodpelt tis xel lensliifa ter, mil na txu e"
"rafa la et kolte gastel, yuna ter siia. til teln rat art, il mez"
"hqn, fok leemi olma teu eel yunen liifa o main anklis eu. taik ra axti ter. lala atolas et ifa t'asikati. on to vaik, ema et hax a la yundi!", nag xipi dagdel.
see xiva vais kit main e miina, kuk "mam... aluutel, olta ole et netal", ento toek yu pilel kon txulo t'ane. yan xiva yuvik toen 2 man galen "pent, an kut ax en mam tet almam alitel".
sae in luus banel, tet im tu, xaklik felnoa vais lu. see sae pefik insrein --fien naverel.
"qmm... sae eeta yun lexe in"
"mm? tyu rensik to,? felnoa. emo to?"
"emo olma. ser,? il vaik klos lusiel et faan ont alit. lexenia, lexeeel, lexefels"
"gaato vet xa tu fia xa _, tet non tan xam sen on lu et lexe. arte, non et xina. kokko lu, non vast sen tas!!", alsip toasap vienel.
"fel dia, eeta... /,"

メリディア(夢織)_07
/ メリディア(夢織)_07
【用例】
xi cuux halm kaen mar lant, sae leevik alis sif ka lopn. see lu sarik a manaka le lanvem vator ka. jan et malis velt, fok sort yue. xed bia, sae latik a mileeyu le pam kalo tis es ar ka. var naf alvelt, lu lukok zok, sakik lanvem. tal tu et lood xalt lu xel sordat til tur xe keyu oken titonia fant.
"ou, MIlantia e dyussou alhaik xa. misoonoyun?"
almana le sabes teebe ver arik naaxa danel ento sae nak dagd a tu wit aatan oken sikl. lala to et milantia del rakleavet da.
"HADHACMA, dyussou"
sae tan pefik sikl a lu frexxel del diaset gimel, camia e vergina l'et 1 e milan t'avelant.
"tuube et fuo art anne, lumir. liia akt siia axel xatta?"
sae fonlik insrein. sin tuube vik da.
"ser? ka lizl lis del satis e lutia. im tol xalat en avelant tet lan leim. hel, halis del men ok alser del lu lanvem vandat kaan salen del tsetta t'avelant"
"tsetta??", piinik gimel. "papa kantat yuna le vinsat yu a font sort xant...!"
"anvantant, men at xille. men rensat ax "deman" de, mil lu vik kantat tol kont nektes nos et xink avelant, taik miyut lumir volx al avelant le vort vil tis"
"la fitat fal eri e milan, veil yuna vortat!", ok vexl lis.
"kax!", lanvem fatilik mark i jina, korik tu a gimel. "olta kola ses, der kilmet fal dis ol dis piyond versen onkel..."
mark e lanvem ik far versoretel ento gimel nag kue mifel.
"tu et asik...! ala es ti nap van tuube luuko fin ti tan et diaset le tel diasomt. ans del verginan et ra e diaset le veit seles ima it ern e yuuma vol set luus kok,?? alser"
ok lapx, lanvem fitlik mark.
"ans et enk a diasomt le fit dia niit ist seles. hao, enk a yulan del avelant leim tan. ala es ti xtam van mox alhaiken del ra e yulan"
"tu et meil a ti, aruuj"
ter tu, gimel arik txon ok elet gyu.
"...lua vergina vand sat xuuzen ramma"
"to...?"
"tisa, giot antes lut tel laabens, hqt, man lan le til seles atx et tam de. alfi io et xet a xok a, ento yui kilm len grein ra t'ole"
"..."
"vas sil sod, alser. vei fialent del camia e xuuze tan xakles tu ter"
lanvem in mol ok elet pels. tu et mon da, xel gimel klos vergina xir lanvem lex camia fort. see gimel as lax tu in, fien lu tur ca camia. tu eks gimel de vana on vas yulen xuuzen xel camia e vergina na.
"loki sen luube mana et volx xalt sala, alser. tal...", gimel lutek kor jina"...aaxa sala tsetta sen lua vergina... xatta?"
kuk soa, lu leevik a vel siet sain sokta e lanvem.

メリディア(夢織)_08
/ メリディア(夢織)_08
【用例】
y t

im harpnian e sel kes, sae lunas lemez ok lanvem.
"ti na viid venx a?"
"ya, frem atu... frem atu... sak, atu"
sae ji lets.
"ti isk sen mal tuul?"
"en ser. so fan enzel fien alvana. mm... viid leiz tis xal atu"
sae rens kit xe arten. yan lankins luut ik har.
"viid, re sins mal enat vol em volt"
lu last las a lets. yan klal soven las o lets ik far diial.
"...haan. len le at veim yut diaset in. mm... lu et... la mana. ya, vatin teu xier lunak atu. hmhm... lu fiansik a tu skil. yan ar kit lets... lets... fo lant e lets... nia milman... elet emt. qm... lu kuk xe. es moe vinsat.... tee, ter vil fein"
"kamil, lu ku altian nozet vinsat lu kok"
"ya, kamil. qp, avelant lunar lu! see..."
reiyu e diasomt nis sex, ku em yuu. see sordat sont osn luut.
"kax, sae. kax"
sae myuok las i lets.
"tex tu, la mana vinsat yu altian ter sin"
"altian... vinsat... mana emt--", oj zid kon las.
"--ont avelant. ser tu eks to axem"
"seles til em xoi rat milt lan alxa til nalnias tinka. see tu ik atx alka im tilan tiflik ladia nozet"
"ya, tu et atx alka kok elp l'em sat ges. see diaset veit soa seles vol set lan. land tinka lad sen diver tinka. lan alxa til diver milt nalnias at vart"
"hayu kok an imen ses, diaset alxa frem nos a yuns lana ratem lfis luut --alfi vienem nalnias, dina seles"
"tu ses mon xel les yuna inik et en yulan tet diaset linoa. emo teln laabens, aluutel--"
lanvem wikik danel"--soan et on, et iton a vatin, olta aven"
yan lanvem fatilik 1 ixm i jam, sinsik tu a letia.
"axlei e vatin de. tafat i ra luut"
"fatoo. see tu okt fan to?"
see lu jik xe flei xed sokta. atu, hatia e xier koren xelan es axt kon hac lis o siip dazen yunk. sainik tu est, neeme e diasomt lapxik dadel o reial.

メリディア(夢織)_09
/ メリディア(夢織)_09
【用例】
"--olta soa, ema fix sae xalel"
soa rensik sol miina ka arxetsems im felxi. mei alt em dint.
"hei, il. ren lo a. mon la et rufet polton, tet ak rans le xelfal teu la xat atu. silm la et tio rufet, son lala es sel kes e le veim"
kont noz osn, "naa miina, der tan lo dis et axma. tal nain nondes yuu it erva. tilm tan sos. alfi le de veim ses?"
"hmm..."
miina pefik elet fixan.
"kasmin, twa lo to on la?"
monok las l'aror fotoi, eelik a miina. "la ses...", tal lu monok rens atu.
"ses??"
"...yuu aalel"
"miina!", alis ik xtam romel. "lala es tyu fix la xalel e? lena et moa semaim sete!"
mil xiv jo t'alis, miina na nik, ik seer kont in mol ento alis na nos rensik rakel.
"...pentant"
"te pent ema. tio ema na reia mil twa teu altis basor ema"
ter tu, alis alwikik vienel.
"tu et evit! non lut xir tyu. yuu es miyu i le. hel, tolf le non at reiz im? non so sen yuu tatta tyu, miina"
"hqn? rans tu soda a der"
kasmi tan evik jizol lana ter kul luut.
fonfnax"im hanes, polte korat tolfka kokko xite t'io. yan ema ont alis latat a kalto. polte nat ban ento latik a lie e kalto tel gix e rsiil. son polte emat reiz pot kalto. taik xitat axel sin"
"waa, see sedis at passo?"
"ya.... alis at xina ento rikik i kalto a tolfka. tet ema xalat reiz. im tu vird, alis leevat tolfka me lana alk ema. tet im tu, ema sakates sarfont e"
"hqn... see to at sod al alis? tee, kaat ak dis sakat sarfont?"
tal miina haizik tis. son alis soktak ist lu.
"komo, lu til envi knoos le fios xan alxa kokko tisse. ai non tan alkat yu miina lie kalto myu"
"smsm, alxe a. alis enat onkel. el jinsat vil ne at reiz var xelm lamel"
"wein, tyu rensik rakel, miina ."
"saa, xi tu soda, ema lut etta luut weeze"
"haan, sedis et altis fil a"

"jolk, sol lu "fian" le til envi zal as fix la mana weeze"
"hqmm... alfi dis na xetul a sae kaak?"
"xiva, twa rafis to on la?"
"xalt der... la et rufet ank tio a... onna,? alis"
"xam tyu. fok xalt non, la et moa semaim tisse. non xar vil sae til fiesex on leebe veim eu"
kasmi tan wikand entel. yuv xalte teesan, miina soktik tak ok elet dolna.
"el rens honoka til diasex. fien la fenvlen nekt tuuno enfrex, twa klos xal lain til diasex i fiona yundi"
novel lunak semsez. tu yun frei e rens da, le til hanon vien nod sikl yumil. luus felan hax loki sen tu eks to atu xel felan e milf t'arnamana. tet tu novel eks soa tan lex il fix sae xalel ati kalis.
im alis fit sat teesmiir a miina, osn tiflik eri xi mil. tu et hao da, man lu sae satis es xtam ka lat xa.
"sae----!"
tem tu, miina eelik kor xos taxel ok eel fir mer --yun po luut em avix. mix insrein, sae ladik baog, leev kit atu lefel sin.
"sae, vat!!!"
yun avom, alis kei kit sae taxel.

"arte..."
oj zid kon las, xiva lapxik danel. miina xal eel fir le vort sat.
"qm... noel... to fan... haizen... haizen..."
"aa, tu et saia, miina. tu de xan xel dis et xafal, sanje orfen il xamat les dis kuk ati xe a"
"...xivanyan" kasmi asm kit kont flox jizol. "na emt,? mil tiflik rufet"
alwikand anil"mon der na pent. tal na emt man orfen vixat alem laat da"
ter tu, kasmi eelik a tems kont sins asex minxel ok "adiiyu daz fiina".
"hqn? kuk fi?"
"tee. ...hel, kuim on sae, yuna rensat sat "la ses liito""
"liito?", eelik a kasmi sol xiva o miina.
"im toxel, yuna skinat alamox la. xef o main laat ses liito rak yun uwe az myul tant ern e yuuma le til seles e 3,2"
"hqr? seles...? lala twa..."
"yuna et mel axem? xom es not a soa tos zal. ser? ekol et amox raldura"
see kasmi arik koplet lam e kelk sam l'alis xantat a mei sein im toxel.

メリディア(夢織)_10
/ メリディア(夢織)_10
【用例】
"vat, sae!", keilukok lu, alis bikik tank luut ka epn tanten semsez.
"...ren fesn yuna", sae letik tak, tal lu et ivn rak ento alis yunfi tis fos sen xalel.
"ret! ren ter rans noan"
"en pikt axem??", ok ins har kal mil ena.
"non vant tyu ist miina. olta aven, non xar tyu. mon non nat tyu et on a xier pouk mil le ses xelf rak xel tyu lunak lemez. tet im toxel, non serat tyu te lan le set sen koknif"
alis klosik rulna dotel kon xiv kai ento sae yuta em tu, vinsik vian i tak nozet.
"olta aven... moe xar le te soda tet veim axem?"
"non tees elf tu e", ok eel xep.
"veim xir soan. tet nain en ser yuna xat lyu alxelfel im le. tu et saia xel felie fix yuna..."
"sae... haas non renses, non en lo tyu et ca soan tisse"
ter tu, sae tikik po ati kal man na xe et zal on alis, asmik pefel.
"saa... lala es moe hot xar yuna lot naxet siina?"
sont hastol le xa mesk e sae, alis kuk ok asex "hao, mil non lo tyu et moa semaim noan"
tu rens kaafik kaam e sae ento sols lu fonlik insrein niit t'alis.
"semaim..."
"mano tyu sin em fiina, xom tu et saia, mil xafal et lena. tet ren xar tu hot lex non lo elf tyu et on a vort e xier eu"
tel xiv vien rak t'alis, sae nak zal ravel. komo, namo luut til dimna da.
"nee alis... asm flen xe? sol moe ser xe on le so...veim?"
im kit, alis fonlik ins e sae, tal xi foni, lu wikik entel --tet danel.
"non ser tuube et sen zal vart, tet... qm... non inat soan... tisse"
xiv luut l'et dad o gyu nikik sae del neeme e diasomt tuvalel.
"yul soan...?"
"non te axk a dialas, xom jins vil le et to. diin xe le leines teebe ver kokkoen mark vandat xier im le sel. non at sami ento cain tu veimslak e"
"moe...", kuo luut ik hom yun demo. "xat ca veimslak...?"
"tapel, tant lemez. non inat tuube i lat e. le ses to eyo.... le vemv.... aa zelgi az melhadis...?"
sae pefik yuu atu.
"diin, le vemv ses kai nod tyu. kaat le en ses lan tis a. tyu et aaxa leebe eu. tu et honosanje alt onen non fix elf tyu"
"adel... xan. soa moe inat..."
sae evik las a zid entel. tu et lood xalt alis xel sae na elf vem o fix elf lu.
"tyu xar kul noan siina,? sae"
"ya.... hai, tu vemv xaklat moe?"
"uude non..."
"tuube et yet xel soan xakles iton cainat leebe veim e", ok xiv mag.
"iton? lala es tyu jins sen tuube"
ok elet rana, sae homik sex.
"pentant, alis. tet tu et lood xalt yuna as xel moe inat kuil t'avelant eu"
"ave...? to?"
"soan te adel tet avelant deel. alis, moe ses tia on yuna te on a leebe veim. tio yuna tabat on le xel dia--"
sae monok rens romel kont sipik sap lisel.
"dia... to?"
"qm... diin, ol moe xar yuna siina, xom namt xe mei e fiina"
"ep...? alfi, tyu rens lan soan xa naxet lenan?"
"fien tu et vilot tis e"
"haa... arte, meid xar rin tuube anne", lapx dad. "olta soan xa naxet az, non to fan eyo, sae. diin leebe vemv xaklat non sin e. lam, non lot le et vendol az myul a"
"ya, tu et saia. tu et konl e"
"tet le det dia xan. xom leebe vemv tan ses fiana. see hao, laabe set lan non lex cainan nya..."
"tarkes miina san sif on tu axem?"
alwikand"rens vil e! non sols rin laas nalx non"
"hqmm... haan, okna sen a. xom moe ser ax vastom telen avelant na. moe ser on avelant ati ak? ova on tinl?"
"ser tu tis e. avelant alxa sin pial e tinl sete?"
sae wikik fenel.
"lee alis..., silm tyu akt sil avelant..."
"son...?"
"ar tinl"
"tu tan et luute kok tul imen toxel? hel,? aa, floa az myul"
alis pefik rens ok verx, tal sae nax elf im tur.
"yuna et rana. te kel tu, alis"
"ya... ya, xiyu. tinl sete"
xi sokta luut, sae korik xos al alis, leev kit atu.
"va, vat, sae! lala es tyu jinsat sen leebe et avelant? see es tyu klosat soan xa lena e...??"
"...moe na yuna et semaim i rulna?"
"ya, xalt non, olta aven, tyu et"
"soc yuna rans sen en il e. tet gix sen 1 xel semaim lana vano moe"
sae luk kit.
"...namt rendi xanxa"

メリディア(夢織)_11
/ メリディア(夢織)_11
【用例】
sae lukok zok e mileeyu xi ask. jan at firt sa liset tet tur. xelm lunak arna vadel. yan fontpam ik ar.
im tu, xiv e vekm rigik novel. vekm versoret lukok atu fremen sae, ik far, ik almana xi foni.
"lanvem..."
sae ku est luut, melfik lu seerel. yan lanvem faxik sae niitel kon adyut.
"ti ximes tex sam on sool e diaset pouk?"
sae eletik lex buuna, myuok i lanvem. yan lu niakik a vinl.
"...yuu alkalt tur. yuna na pes on leebe veim mil diaset vandat felan t'arnamana le yuna teu diasomt lodes al"
"la mana vortates diver im erva a. kamil, diaset na kax im tur. son lu vand elf fi fol ixt"
lanvem ku tu kont xtam. tal sae tistik yun tees rens luut.
"yuna tan lax lendi tet luube vand fan xe... mil semaim yunol teu alis ines diaset xenat la felan ter. la til naver mil diaset vand fan la im kes nya"
lob kuo kon las"qm... an xar sen tu en sofel, man tu eks... diaset inat lu mana kok. son ala es diaset en vandat lu lana klef im tu?"
"qmm..."
sae knak tak lana oj zok e vinl.
"xiel, diaset en vand fan la tet xen fan... /"
"an xam ti. son ans hoi ax la fixol, rendi xav"
"tu et ano alka xalt mesa tur e. kolet si tasnab len jins xanxa et diaset"
"xalt olf aven, la mana del alis sil klia anai da"
"tee, yuna ris gaato refon. yuna vand fan xanxa del foni le la sinsik xanmain linoa"
"mano ti dilx soa fixt, ans lut fit fal ins a la xaxan na"
see lanvem ik me vekm, leevik atu lufal.

メリディア(夢織)_12
/ メリディア(夢織)_12
【用例】
im tu durne, alis xa filskil e sokl fremen ra nozet ok xiva. luus lunas atu i begel le terat naxet e hacn im cuuks ka. hao luus io nat hart im leevik lemra mil ruuf, tet teeze sort e durne veitat tulf i luus askel ento xiva del altian lobik las t'alis kon nozet meltel.
"ses siiyu nanna?"
"ya, tinka ses"
"vast sen eyo?"
"...tio orfen ar lem nosse da"
lad asex, alis vienik baog nozet.
"hai, pias xilemrens e le kelk haas pina e"
i sama e jam, lu fatilik mas. saks lam oktes est tuul lex "nalnias" xa. xiva vator tian iskik rens ok elet nop kal. see rens et soa xa.


----
"nalnias"

ser tu e,? es el til erim on lank e main.
mil ak sanje, elt o saal aajat olma e lan le til erim ilia l'et volx art sei.
tu et man el tem sen kler t'alem e kitte lamel im fax axel.

mirok list kont yuuma gaales.

ser tu e,? es el til kuo du 1 tis on main.
mil ak sanje, falxe lam aajat olma e lan le til tem duen 2 ok 1 kuo hot sei.
tu et man el ter sen rens t'ole du folk ranel nod lad rens.

mirok list kont yuuma gaales.

liia del ern e yuuma l'es mob kon galena xakles dajna e mirok du toal sei.

lelis mirok, liia yol vil art anne.
amis teel rsiel frea lana lufa tis.
saplen hot lunand max l'at sod im liia lapn ladia dipit anramma.

lelis mirok, liia yol vil art anne.
amis teel pita dinim lana kea levn.
gaales hot vedland max l'at sod im liia tifl ladia dipit anramma.

fas mols 1 sel catis xalt setyu kont 100 salt as xalt liia.
tet liia l'et gaales ont ibet na sen sa font fil o fil le yuno asp sat on sin.

arte, en ser tu alem anmia?
sant mist fatil est e xilem liian, depentia.

----

im xiva nagik kue muo, alis fitik ins ruuf ok elet farf.
"xiva.... klia, non hatiak tuumi rens e..."
tal xiv luut klosik en klia tis tet aluut folk ter, ento xiva alsipik xef nalel.
"atta. der tois kokka soven for o vet"
"rafa tyu fites hastel a saks myul sein on alx e lim xan. ova saks 1 haas 5 e. ol soa, xom lena ar sen askel in. hai, mel ses passo?"
"hqn? eks to?"
"alfi, filati e kelk. nod fenlil, tu et fen a. taik lenan et selis alxa le til taxit tar"
"yuu yet de. dina et daz a fiina. orfant lut 3 fei via kaak,? man selis sofkil et saak o diit. olta tu et 2 fei tis --az 3 fei klial--, et tuval e. fok orfen ar sen tu im sovmel tan"
"xam xam, hasan lena xirat tul len sovmel tan e. tet non na pent on jap tu a "lana sovmel", mil tu et varma deeln. hai, xavan et wel?"
"ol kasmi lax, der lo la et daz"
"haan, alson tyu yolat depentia tel pikko xan"
"ya, lana io em sen xivan a. diin tu et xina xalt fiina xel xivlot orfant et enk du soof a. miyu bas foona haas xivan"
laik alis, xaklik lu vais rens xalel ok esilkaam. mon lu volt elf rulna palv mil txu, tet siina tu ati tinka in.
"naa alis, dis males ladia orfant ranel a?"
ter tu, alis evik osn a flel e xiva ok pilpasex.
"hao. "lana kanzerie!"--sete?"
see xiva arik oho txul, asmik kon xiv lis.
"qm... dis lotil sen sil i tu a,? ...alfi, sil oken der..."
tu yun rens tio kont tu yun fion tan ento alis nisik sex nopel. tel sap sort e ruuj, sir luut lad kit hink.
"e...en nanan im tu ras?"
"ya, en nanan da"
ter tu, alis deyuk ins vienel, ixnik tistel.
"...ol kanzerie"
see xiva xtamik entel kont galen yun ivl.
"xiyu, mano kanzerie a"
see lu leevik sokl siet in eel t'alis.

メリディア(夢織)_13
/ メリディア(夢織)_13
【用例】
y y

im kleevel via, alis tolxor mireirein e nalnias vesel kon selot. minna, xiva, kasmi felat ke lana flomtas --tapel, kasmi del felan hax, tio, xax a miina o xiva da. on alis, mil nalx sae, lu retat a sae lana til elis a lu. pinamel et kleevel ka felez, hayu alis ref kit molt, leev sat lemez.
im tu, anse foset em mag o far. alis fatilik leizen. ole et xiva xa. miina o kasmi tan xa ter.
"kolt xiit im tur, alis. ke xiit ok xok man tur et velt"
"aa pent, tet non til pina alen sae im fis tisse"
"saia. hai dis xa tur am? semsez?"
"ya"
"son xelf a. miina eves anoz atu kelel, son orfen sar van a lemez tizol dizmal"
see xiv e miina lunak rot xos e xiva.
"peeent alis, ema sent twa ol twa yui tu porel!"
"der tan in lax eel din haas kilm a"
ter tu, kasmi mozik ok smsm.
"mesa soa, xivanyan elf vil nalpita teu alisyan linoa"
"den pilp a, kasmin"
"saa? tio yuna baltik rens fiina miinyan eu"
"te yol ema lex anai `,"
"ahah, diin non vat non keno hacma K"
alis asex niitel, isik anse.

"yqp, non yui fan anoz"
im tu, lu insik ixta kaen ixirius yut lets ver. lu eelik a tu nikel, insik rendi le xtames.
"ou... nak nik. sol halka, xanxa"
komo lu lunak atu xed jizol.
"aa, tio sintik atu, sakik tol a. vesel?"
"ax"
"tol et faan, alis. mil xion t'anjur?"
"hao anne"
rendi ik frem al alis entel. tu et skol ont en zal merel. tal alis hel teel gix e sae imen toxel, til sat naver. lu loki vil es sae kut vandol da.
"okna sen tol em faan. tal olta sean et milfsems, flomtas et volx"
"ax, xom meid retat sae xax lana tu e"
"haan. hai, tol tor im tur?"
"yuir anoz e miina yuulia"
"a ya? son ami alk van tol e"
alis yui kit frem lets.
"kuim xanxa", kont yuir. "halka koltat vadel im erva malia?"
"erva... a, sel le leebe soda at sod xa. ya. dina ami terat sol tol xalat atu. es tol asmik tuube a?"
"aa... yuu aalel nya"
"wei wei, vaden tol lo elf leebe et veim, taik ami et on a tuube a?", ok verx.
"aaxa! aaxa e. tio..."
"tio?"
"...vinsa"
tio lu nap teel rens e sae.
sed lemmas kaen lets, yui mol. tet tu mi atu. yan lu sed meljien im kes, tet fixt et kok xa.
"kuim, halka meldes meljien alt malia"
"ya, fin tu et sid"
"saia, mil tox at rig. lood, meljien et fim annanna?"
"tu et hao xel meljien em rig ol pip yu naa"
"nax nax"
alis hansik fip, ev tu a looz e lets. yan lu tikik po ok zalna.
naverel"hai, es halka ser meljien at rig man pip yu,? xanxa"
"to?"
"le at rig im erva, alfi le la vortik, meid lo. son es halka ser tu pipat yu?"
"le eksat en pip tet met. arkas, ami"
"tal... meid lo soa et vilxan..."
"senxan. re xar ami. meljien de rig ol met yu tis ranxel? son ami tio lot le at rig pipel. alis, tol tur nava ont ani. hayu kolt ax ra, ketta"
rendi tont sat flel t'alis. tal lu fonlik las luut rommagel.
"alis...?"
ok elet pels, rendi pakik al alis du 1 luk hanel, bikik tank luut ento alis ik hono ok "hik".
"hei--"
"a...ax, meid kolt fan yuulia! xom myun fesn meid, ret..."
tal im tu ras, rendi myuo elf las i tank ento alis bikik tak luut kon las alt vienel.
"--yai!"
im tu foni, rendi vexlik lisel, daptik. xi mil kes, lu eletik lex "ag". tal sol alis nak nik ati toon hant xa, ento eel ik fir romel, em kit asp kor aks.
tu et mon xel rendi til hara on tak xa. alis inat tu lex... xier, ca vatin vandat vemv oken teebe atu im vort vol pip meljien. meljien at dakt a lu, at met al aks, fok ai, at rig. alis inat eel e teebe. yan lu teebe inat... alis.

zam t'alis and mag mil vem. baltel, rendi lapxik refel.
"teo, alis, teo. ti aajik teel evit"
rendi letik tank t'alis le na vem kon erv.
"an tifl bas ti im tur tis... tea ti en xaklik gaato xan vers"
"x...xanxa?"
"sol ti et xafal, alis"
"e...es..."
"an ku tu a ti lex les ti inat de adel tet... yul avelant dec"
"teo..."
"naa, alis, eel e vemv le ti inat et..."
eel e rendi or vern romel yun yek luut or esi. yek luut or met yun lu et yuns e daizailai. yan ho em kit nok. alis ugik, lobik kuo kon las.
"...et soa kok?"

メリディア(夢織)_14
/ メリディア(夢織)_14
【用例】
"nov..."
kuok vesel ka felez sol sae. melk rakes kleevel.
"fi es sod tuuyu..."
navi presten, sae xtamik i skil, leev felez. var naf alen lemez, sae xaklik vekm kai lufa taxel rak tems.
"--lanvem??"
ala es la xa atu sei, fien hoi ax rendi im tur. sa foni del sae daptik, vekm leevik inlot taxel kor zok ento sae lef kit atu.
ok bia lav, sae homik omi e zok, sakik lanvem l'es main e lan xtames al aks ok mark versoret. yan sa lu, 1 avelant del la gimel xa jina.
"lanvem!"
lefik a lu, melfik.
"sae xa.... pent, an vandat yu laabe fol hoitor rendi tisee"
"meakt, neeme e diasomt", lukok ako i jan, fatilik mark i jina.
"moe ses kola e lanvem axem.... lala es vandat lu e...?"
ist sokta, gimel waxik las kor sae, volkik vienel. melxe soret leevik las luut, lef kit a sae taxel. sa lu nakl tu gek, main luut ik ov mifel vol lu soktik tank somal, gotik volk sofel.
"txon, daz miva t'alhaik del milan t'avelant xa"
im sae fatil sat kardilans del vak nozet i jina, lanvem lastik las al eel luut. "tee sae, leev atu. lana luut de ans da"
enk sae le lek lanvem, gimel kukl kit yun yuli le siina ilis.
"len alser et lexe a"
"lanvem..., tu eks to...?"
satik mark tel gimel, lanvem kuok "tuube bren serat rendi et xink avelant tisee. yan vandat an le hoir rendi lana sed evoan a. see sol an asm lax xe a ti, letia. la mana del alis xav xa tur am?"
tu asm badik erim e sae ento solsik lu lef kit yun kuto. hao gimel vontik sae lana dil lu, tal lanvem sedik tu kon mark.
"lef,! sae. an kei van ti xi vast luube"
gaax luut yulevik sae a felikl.

メリディア(夢織)_15
/ メリディア(夢織)_15
【用例】
"teeeeeeeeeeeeeeo!"
alis vexlik enzel. sol lu et la vemv l'alis inat im durne t'erva monel xa. sae ses tia. soan de adel tis. setan et avelant xa!
"an na pent. kuit lax ti xi ladia tiil em xante. tiil et alj im tur. son an kui ris tuube. tal an set fal ti man ti serat nekt ant sin"
rendi fatilik mark i jina. lu et aluut la. tuube eel, yan tuube mark. alis kel vil tuus.
"te luna non!"
alis pipik meljien al eel e rendi ento lu ugik, korxik. tu et kilm da. hayu alis lef kit kor rik. tal rendi lef taxel vein ento alponzik alis.
"aaxa yuus ti elf!"
rendi markik alis hanel. alis vanok kon mesk taxel. tal mesk ik kil. hayu dosm ik met matel.
"hik!"
lu ik vern man na vem.
"leev, alis, leev! tee, non lef vil..."
zid t'alis and mag mil vem.
"ladoova da, alis..."
rendi evik mark a flel t'alis.

im tu foni, omi ik hom.
alis halinik atu romel. xiva lukok lemez ok miina o kasmi xa. hel, luus xiitator luna alis a.
"il!"
"alis?? aca to et sod im tur!"
xiva vais rendi kon ins dok.
"to?? aca tuube et to a!"
"...adel... yundi?"
enk luus, kasmi hot ku sen yuu ok elet nik tinka.
rendi monok du foni mil xal luutes. alis sedik mark i flel kon tu kilm, lefik a rik.
"xanxa! xanxa! la, xanxa! la, rendi xanxa tisseeeee!"
"aca dis kuk to??"
"lala tu eks to??"
dim kasmi le lut ref, lu vais tu vemv l'alis anxik lex kiltan t'arxet ok kuo hom ont ins dok. see lu emkik vet diverel o diverel lex "enxan...".
"xan a,! kasmi. laabe et xanxa, non rens tu a lilis! son lef, leeef!"
alis na took vem man luus lunak. son lu elf kit al epn kont bik tank laates.

zal, yuu xa epn in. luus 4 lefor enzel. yan rendi keir luus ok mark.
"re ixn, alis, re ixn! aca laabe et ne??"
"twa rensat la et rendi xanxa soona??"
alis gaaxik pefel kont refor enzel erim l'em sat fais.
"soda e lemez te soda tisse! la mana setat yu xanxa!"
"xanxa setat la, dis kuk kaak??"
"xink, la et avelant! soan te adel tis! taik non inat la set lu mana im le sel sin a"
"son lu set fan polte lana klef soona?? teo, polte et dim a gaato!"
miina mainik a rendi taxel, fatil faixlor kaen bal t'epn.
"xiva, ar tu!"
"y, ya!"
xiva nalok miina, arik faxlor. hayu pxet tinka badik rendi lufal.
"rat P"
miina vinsik faixlor fepel, lef kit me kont bik tank t'alis.
luus mefor naf taxel yun jikniks. im tu, alis temik fo del tems ik teat.
"fo toot a? tems kaen halaks ik dor ya?"
alis in tems le vemo ver ik met rak. lu ser lax le et to tal so sen tu en xaflel. son lu mef naf xalel.
"teo!"
tu et miina xel les vexlik lamel. alis laik kor tu, insik xelan del rendi.
"e...es"
"lu lukot ako vol metik i tems dor, yuna na"
"sar xiit, klans!"
"den biiz an!"
xiv hait le yun i latis fosik na luutes vienel ento main luutes ik rommag du foni. rendi lefik al alis, nekik mark wastel.
"dert a lastia"
"--hik!"
"alisyan!", ok vexl yunen iire, kasmi mozik nos sa alis, yuvik gelx e mark on xos.

"k--"
du mil, klal ik fir o seer mer yun fia l'es lob kon sae. tal vexl t'alis rigik tu novel.
"kasmii!!"
alis lufak a lu xed flora. tal kasmi lufarokik alis kor sa vienel.
"...rak porna yunol... xan.... xivanyan..., yuna amis fan 2 e.... aaxa took fiina, ret..."
see lu ik vern al aks.
"lala twa..."
"kasmi, teo!"
alis em sat frem a kasmi me, tal xiva faxmonok lu kanvil, letik tank luut, lef mak ok miina.
"teo,! xiva. lena aaxa vins sen kasmi e!"
"teolo! dis loki vil alem laat teal??", ok gaax, xiva vars alis lef.

sanje rendi alponzes kor e rik, son luus jig teel kor e zok hot. see luus lukok alkaaks, lef kit epn. tal luus lukok fontdil sin. son luus homik vienel omi e felez kaen fontdil, kukik omi.
"kasmi... aa... kasmi.... arte, arte la reiyu tot yamel nyannya?"
and mag, alis aldert mirok ka aks.
"la...lala lena to ax eyo..."
zid t'alis and mag mil vem.
"polte til kilm im tur, alfi til mel lana kekl nainan kokko anse!"
"sa total, kekl levnamo fiina kasmi, xiva!"
"tee, sas lam, orfen tau fal mel da. son rig xiit kuki t'omi badel! fok lad xiit dilkon kon elen! ketta, sedis!"
taxel, luus ov kit. xiva rigik kuki kon zon. yan luus 3 ladik dilkon kon elen.
"ilpasso. son der kekl van nai--"
im tu foni da. kil pil yunen noz e ket ik toe al omi ok fo kai tinka, yun tu ales milx luutes. tu et mark xa.
"al arte, al arte. myun mist vano xelis il"
luus lax tu omi et fan. tal tu omi tsetta luus, ik hom rigel mil mark t'avelant.
rendi latik a felez kont bad elen sein lufal. luus aspik mil vem.

"xisk, tu et xisk merel..."
fils tian, xiva xtamik entel ok elet rana.
"alis..."
see xiva skinik kon mazam kol.
"pentant, der hain vil pina in"
"to...?"
"der aluut xar ris leebe vemv et rendi del kola ses orfant, taik sol lu mei kilat kola alt volx. tal mesa total, tuube de dia tis --fiana da. see mano tu et fiana, son fas e sordat es jal. ya, tu es jal i feme e mirok da"
"wein, tu eks to e..."
xiva halik zid t'alis kon las.
"re fit vasn a der, alis"
"to--?"
yun dil rens t'alis, xiva xiksik lu.
"--!"
yan xiva myuok eel nozet it alis entel.
"den vort. den sab leina tis"
"x...xiva? teo, lala tyu to fan nonno .)"
alis bikik tak e xiva hartel. tal xiva asetik alisen sortel.
"xanxa... tee, rendi. aca ti til lens len xook mia?"
"ggg... xiva xa", tu et mon xel lu tifles lens hax dazen ern e yuuma, tal ikl sen miir ok vosk alka in.
"re ixn a der. ti anot nos vand sil orfen i lam?"
"kukkul, tia tifal kont evit tifal de.... vei kamelia del mei e fiina o kiltan t'arxet monel yukit ano ant. tal sol kamelia ont eri t'avelant vedl kolo kea da"
"hqn, sol tu et erv t'avelant xa. kaf van ti, rendi. tal im kok, der beins dis, avelant le xalat vil nos a"
xiva bikik zon le xa aks, lefik al avelant lenas.
"re vant kasmi a!"
ok gaax, xiva badik tak e rendi vienel ento lu aspik ok oun garv.
"agg! beo... tuube lutta!"
"kilm, miina! re pio alis!"
"xiyu! alis, leev!"
miina lef kit kont let tank t'alis.
"teo! xiva!"
temik vexl emt e tian, xiva eelik al alis ok nax firte.
"passo, alis. won der kamil hain sen pina dizmal, man der til nife rat on vav a. hel miina, ren okt tu a kasmin lex "re sank nos xel fian haset kalt vix e xos ik kea da!""
miina nak emt mil tu et mon xel lu kyo vien. tal miina wikik vienel, lef kit ok alis.

メリディア(夢織)_16
/ メリディア(夢織)_16
【用例】
"alis, te til naver", kont mefor naf. "tu sil passo! sas lam, polte alpons fan kasmi ka rik. see pio fan lu a kalte vind. see kekl nain o levnamo"
"tet... tet..."
"ilpasso e. xar xiit xiva"
"tal non yol vil la lex yuns e!"
alis vexlik enzel, sar kit a xiva. im tu, miina wistik kaam t'alis kon vian alka.
"alis! re rant miina! tuube et bebel merel xel twa sar okel! twa yolx sat vasn e xiva!"
"mi...miina..."
alis lef kit me kont let yu miina on tank.
"ben! diin polte vast fal az elf fal laabe lana lfis!"
vast? alis halinik jina mifel. ya, lu et tia. ziko t'alis lut elfels hot. tal vastels tan et ziko xa.
im tu, alis sernik xe romel, mod kit naf lefel kont let tank e miina.
"we-- alis, tu et bebel xel polte kor halaks weeze!"
"alnas merel e!"
im alis lukok alkaaks, rendi oken mark ik rik i le ez.
"xanxa.... alfi..."
inlot t'alis em sat vel velt. tal lu fitik yuno a zam, lef mak. rendi kei mak luus ok gul. alis lef epn enzel. yan rom, lu monok ka xe.
"alis, ala twa so fan to??"
xed ixn, alis homik tems. rendi fremik a fou melfi iten alis ok mark.
"alis, ema lo el met ax it aks sor vist im kei yu!"
"re lob tem, miina!"
"to??"
sa miina nalok lu, alis rikik halmain i tems, letik "tu" enzel.
im tu, rom, bia kai yunen gelx t'ires ik ar.
"we!! to aa??"
tu et tinl e felka tisee. tu bals til tinl ka raes. yan tu tinl til fot im tuo kok il salt lana arno ar sen tinl im xir ipot bals.
"aaaaaaaaaaaaag!"
tem tu, rendi vexlik kail.

"lee alis..., silm moe akt sil avelant..."
"son...?"
"ar tinl"
"yul tinl... mil avelant na vem a tinl sete?"
"--yuna et rana. te kel tu, alis"

alis helik rens e sae.
rendi pixand nos ka aks garvel.
"ema alnak im tur. haas atiili hqn?"
miina ar kit tinl vienel ras di ok alis. hayu rendi vexland garvel. see xi ask, lu ik mono. im tu, vemo e rendi em kit moi. yan main luut ik xea farel, ai, lu ik sedo.
"ik sedo.... ah, vastik ya? polte vastik avelant soona??"
"ya, tur, lena ik vind in"
"atta..."
miina matik yuno, tal vexlik romel ok eel fir.
"en atta! polte re alk xiva o kasmi!"
rom, lef kit sol miina. tal alis lef kit taxel vein. tu et alkaaks, son alk ax xiva sas lam da.

"xiia!"
latik ok xiv kai, alis sakik xiva l'es sank frem lat. tal alis nak nik sa sok emt, man sol 1 lan lood xtames amox lu xa.
"fel...noa?"
alis kuok mifel est t'amel le til nia fil ont imel. axivik yu, felnoa eelik al alis entel. eel luut et fir tar, tal tu et saia man lu cainat main vix e xiva.
"etta..., sol xiva etto..."
felnoa alwikand entel ento alis fonx amel a lank, melfik xiva.
"xiva! net! ren neeeett!"
tal lu xal sank yun sek xiv e tian da. lu til vix kai on jam l'eri or ekx it. --lu vortes.
"u......uuuu...!"
tu de eld xa. tu et xiv iten erv da.
felnoa molin eeta ok elet dolna. komo miina nak zal a lu, asmik.
"hei fel, kaat lala es twa xa beke e"
"aktat luna rendi xanxa tisse. kuim on xanxa, la xa am eyo?"
ter tu, miina soktak vil em fi ok eel gyu. aaxa okt vil xan a lu, miina lok.

メリディア(夢織)_17
/ メリディア(夢織)_17
【用例】
"smsm"

im tu, kukl ik sod ka tu klal dad. tu mols fou jin xel miina xaklik tu luna i lu fian lis.
"fel--"
"lala es etta sokta elf rendi xanxa xa am mian? a, alnaa. tu et mil lilis setat la xan K"
erim e miina ont alis em sat jis mil rens pil luut.
"fel..., lala"
im kuor, miina xaklik fian bikes tips erfi kon miklas. tal tu et foni kok xa, xel felnoa lef kit kor alis ok tu tips.
"lami!"
mifel miina faxik alis rot xos leftel. --see kil e fian ik lat a triko lant e reiyu danel.
"ug!!"
ok vexl lis, miina ik vern al aks.
"miina?? qp... qp...? fe...felnoa...?? lala tyu tok..."
tel alis le lek il, felnoa xtames ok elet pels. komo ins luut es imel i soret.
"lala es... tyu mozik nan sa alis etta.... tio non veitat sat seles luut e"
tips ik met i las e felnoa. see lu ik frem a miina.
"fel..., twa..."
"te rens total, etta. lena set bas aten im veit seles. lena tafl sen seles siet toe yuns a vort. xom tyu mozat bas nan sa lu e"
"lena? hei fel..., lala tu eks..."
eri di lunand i xos luut kont sipal luut or ivn.
"saia..., mil tuube mesa, non tafl teel tyu sa tyu vort"
xi rens, felnoa fatilik alhanbel verleej i jina, kilik miina hanel. see far soret del seles ik rik i main luut. seles lute jan, ai, ik lat a kuo e felnoa.
"uu... mon lana noan et alis etta, tet ladia tuan tan et lant e"
ok esilkaam, felnoa getik ins.
"felnoa..."
alis as le xar ris xan del amel nozet et xink SOA kaaxik teel sod kaen ins.
"avelant... sete"
"ax, fien tu et uude xalt lilis. non ar fan nosjot samel e. non et xiki teu fialent 7, camia e xuuze teu milan t'avelant tisse"
"felnoa..."
"--sol non te, etta. non et axk al arfian le non yol lana dem yuns xar non et amel xan"
"enx--... u...uu, gggguuuuuu...!"
guna yunen fai vandik alis. lu enak ento tifl ena.

"pentant etta. i lam, alve noan lut tyu e, mil tyu et leva alka lot fiina deeln. hai, tyu ser ne at alve e rendi xanxa? xink, la lanat xiva etto e"
ter tu est, alis ik rommag yun ket lis.
"tea tyu tiflat etto mil xanxa, seles tuan ik xante ento non tafl lan em tu"
tal rens luut luko elf alis l'es maladi.
"tyu xiel lo xanxa lana fan tyu xi etto, tet diaset alxa tafl elf selan fol ixt e. tu et kok ern e yuuma tisse. saa, lilis tan xen rin kulala im es deik sete?"
"tee..., non ter rin gaato kul i tyu, felnoa...!"
i sex yunen difi, felnoa --xiki alsipik xef filel o lixal.
"haas non rensat, fian teu felnoa et diana tisse..."
"enxan! tyu et amel noan e! non males amalis onen tyu! il amalis iten tyu at nana e!"
tal vexl luut ov elf alem e xiki. lu et lent le si alem t'ern e yuuma. lent t'avelant xuuze haas teel konl e diaset hot da. pafet xalt konl luutes, tu et sool faan o haset xel fit diver dan a lan le til ladia siiyu.
alis alvinsik tips le xiki toet miina kon. tal lu korik tu al en xiki tet nos.
"...lala es tyu sins elf anver a non. sol non et ca deman le veitat volxen i tyu sete. son tyu kor hao naaze a non e"
"rexir et sof. tio tyu et amel noan eu...!"
ter tu, lent e xuuze alwikand ok eel pels.
"non lek lan alxa...", evik alhanbel venx a flel t'alis.
"nee, etta. lala es tyu tel elf non. po te volx xalt tyu lean?"
"...mon noel pov lan fiol xiant a vort, mil xian setat miina teu altis volx. tet... amalis le xa osn notte sols elf noel so xian mesa total, olta noel ser tuube amalis et dia yut arfian.... ggg... soc... non na guna... uu ento... jam or jis... au"
enaxiv lukok tem, xiki deyuk ins vienel ok elet lekan.
"re... re varae non, ern e yuuma! ol tyu so elf, non xen vil tyu a"
"felnoa... non at eeta yam mian? mon tetona lenan at dia tis, tet tyu en nat ban var ikn kokkoen non e...?"
"no...n", lent rokik dap kon las kanvil kont rel. "den rens onkel, junk. non alna vil gaato kul de", fian venx or vern al aks. "papa ladat non lex soa.... la sot non lex soa da.... non et lent haset, non et lent haset le papa xiilas a...!"
ins luut or soret it imel.
"felnoa... tyu na garv...?"
alis knak tak kor xiki. tal im tu, xiki ik rommag yun na vem ok eel pels.
"te oj non, junk!"
see xiki nekik alhanbel kor jan.

メリディア(夢織)_18
/ メリディア(夢織)_18
【用例】
"--on moe si alem ran, yuna kaf sen moe"
xiv sort lunak i vel ento xiki monok romel.
"...liiver le non ter siia na"
xiki eelik a tu xiv, sakik 1 reiyu xtames ka lat.
"len tyu, sae satis teu miva esti t'alhaik"
im sakik diasomt, xiki petifik elet dazen diaset fanzel, kukl kit. see ins luut ik imel ravel.
"tu et xelf eu. non le xenes miina etta knakor las kor alis etta teu six e K"
"tuube elet.... moe tiflik alem e felnoa merel in, diaset"
im fatilik kardilans i jina, sab e sae ik miyu. sasa fir len malswai al osn, fava ver len leps. tu et leina xa. leina et pelt yut ardin le tifles caman milgaal vas wen. ardin ar tu pelt lana sins tiia o rubie fiina caman le vortat. yan sae l'et tolis 16 tis sabes leina le sab yu lana tu pelt. yan lankins luut es far harel.
"s...sae...? tyu et sae eyo...?"
alis evitin sat sae mil en vel hot tet sab tan.
"pentant alis. yuna vizes moe in"
sae tistik. enk sab, kuom et daz a lu skol.
"s...sae.... ins tuan... et. dina, lala tyu to luna beke. elf! ren elf vaxel!"
tal im tu, xiki nax kit al alis.
"tyu xakl nei,? etta. sol lu tan et yul avelant tisse"
tel rens luut, sae daptik emtel. alis et lan lam l'anxat lu lex semaim da. see sae enzel nektat lax nos et avelant.
"enxan.... sol sae tan...?"
"pin lu et diasomt kont non et diaset e. on rans sof, etta sein et kola t'ern e yuuma kont lena et retl luant tisse"
"re piyo daim, diaset", korik vak a xiki. "yuna aaxa xilhi xian...!"
"xom...", xiki korik alhanbel a sae. "vaxt xiit kokko TU P"

xiki knak tak, volk sae. yuno luut leis 2 mem verdiia yun mar. tal sae kilik tuus mem kon kardilans.
"lala... tyu gotik volk noan in. miva t'alhaik et vien nod porna in a. tet, tyu hino sen tu as eyo?"
xiki volk me sae kont suun. tur, mar me. tal tu et kai vein. sae markik tu mar hanel. tal im tu, mar ik fost, soknik sae vispel.
"aag!"
sae sedor enzel fost e far, tal lu sok vil. taik, tu fost ik fil vein, ik kool a po luut. yan xiki fremik a sae, let fost kaen po yun lebadis.
"ahah, tyu til ak kahi dazen adis eyo,? etta. axo xiit kokko non e!"
"axo dia vesel, diaset!"
taxel vontik las e xiki, sae sedik fost i main. tilik faid mil yuno, xiki sontand las ok elet buuna.
"hqn, non vas ax ranel in"
xiki satik alhanbel, vand sae leftel.
sae fonlik mark luut, tal im tu foni, xiki holik las, samtilik vak, badik tom e sae kon tika. sae ugik, tal vied jam e xiki dotel ento lu ik lufa kor xos kont vexlik yun kom. xiki hinok niksont sa lat, markik sae pefel. tal alhabnel luut markik jina saplenel xa.
"tuube diasomt...!"
im tu foni, sae kapek leftel a lu, gotik alhanbel kon kardilans. fo gliim, vak e fialent ik agel kor siel. yan sae rokevik mark a fiol e diaset vaxel.

"ov dia silm moe bas po e"
"vilxan...! non vadek les at junk tis"
ok verx guna, xiki piin sae le xal insrein soret.
"sa total, re vant alis i rulna, felnoa"
"hqn, vant? lilis rens soa vet im kuil lean? "al karte" et daz e"
"tuube lent...", tistik dagdel.
"hai sae, tyu til ins frem,? az xir yulm xanel?"
"te avol lost..."
im sae pefik xiv jokan, main e xiki ik far romel. see xi foni, frens e 1 fiolimpi ladand kit bia lav ka felez. tu molsik tiu jin xel sae xaklik tu veliz et ca xanmain e xiki.
"ag, teo!"
tal samil, lu yuusik kuupo elfik atu tilfel.
"lala yuusik laabe elf sin..."
sae fitl sat vak a jina, tal im tu, lu navik zalen.
"xanel la elfat tuuyu..."
im foni del sae laik alis kaen aks, osn luut tiflik eri romel ento kuo ik hom yun demo.
"a...alis, kasmi san xa am...?"
tem est fremna, alis nekik osn kor sae.
"ka lat e tu bals, mileeyu..., la kilat yu xanxa mil vanok non tis.... aluut la til vix fuo, tet kamil vort nei e. sae, la kor xir vala e. lena alk xaf la...!"
alis fitik yuno a zam enzel, xtam sat. tal sae evik las a flel luut.
"alis..., moe xal atu, ret"
porlo prest ik fiana. len xiki en elfat atu xa. la korat falsan alt del kasmi lana kui seles luut, xim viid vein da.
"diaset alxa em vien milt veit seles i lan le tilat ladia tiina. alson alve tur et--. haizen, yuna xaklat ax vadel fein...!"
hink sort luna kit dap e sae. sedik tu fipel kon arj o hanoj, sae fremik a tems kaen tu felez, rom, dorik tems kon tika e kardilans.
"sae...??"
sa alis asmik xe, lu leftmet var klal lad.

sa mil del lu lukok ako, sae lutek jina a tuuno. tu et font frem alka i le felez al atu, ento xiki del le impi hinkluko nei atu. see frem naf, kasmi es sank al aks.
"kasmi san!"
sae lefik a lu, flox halmain luut. im tu, impi lukok atu var naf, ik miyu al olma e fian.
"xian tilfik kolet in, xiki"
molin sae, xiki asmik sortel.
"lala es tyu lunas atu e"
"yuli ibet, xian lot nan dem sen hasmen xanel mian?"
"uuu...", ok oun, kasmi homik ins. "qm... atu..."
"kasmi san, ilpasso e? yuna kekl fan levnamo askel"
xi alsip xef filel, kasmi fils sae o xiki asnel.
"baltel, tu te lood, yuna lo"
tistik soa, kasmi xtam kit i tak e sae.
"xal alvam, kasmi san!"
ok gix rana, sae letik lanktak luut. see im tu, ji e sae ik samp a niaini luut. yan im tu foni, nia luut ik myuo it osn ento nia erfi ik nok rov tu.
"ep...?"
les sae bikes et opnia xa. lu vais tu xed rens yun keles arka.
"pentant, saenyan"
ok xiv le sins pes, kasmi fatilik hoho frea i jam nozet a diom e sae.
--gel xa.

メリディア(夢織)_19
/ メリディア(夢織)_19
【用例】
"ka...kasmi san?",
kon liiver evi, sae kuok. yan sab e kasmi or miyu a fava verdiia oken mels, fok ins or diia i lette dadal. in tu slax, xiki ladik asex kaxel.
"lunan, yuuki teu fialent veer K"
tel tu sodn, ins e sae ik dok yun xante. yun sek alem luut, yuuki kuok tistel o seerel daz kuom e kasmi.
"tu et durne vokka. soda lood o soda len"
"moe... kola e xiki xan...?"
"xalt ami, tu ses lood xel rendi xanxa tan et avelant. see tu ses len xel xiki lana alisyan flenzel"
"alfi, moe serat ano luuben i lam axem? son moe tan lanat xe mei a!"
sae piin yuuki ok insrein kaxen varae. tal xiki alesik asm luut.
"teeo. lot "toto-ki", sol non hot et miia haset tisse. eeta renki et tio reklada le siina junk tis, kont yuuki--"
"teo, xiki. ami te reklada. tio ami et tokokuian le siina xain ist seles"
ter tu, xiki kukl kit.
"rul e? xom xilhi non le fixat tyu sin a. tet tu et saia sete,? mil tyu emat memir al etta sif tant diaset. aa, alna. tio tyu kyot nan et soa lana dem alve sete?"
kont sek xiki, yuuki fitik rens a sae.
"mon ami serat ano luut. alson ami miyut lan alve luut a xelan alt leksen sems. tuube et sern emis, tet olta total yuns, ami xalat lan fiina..."
"kasmi san..."
"hqm, lent dolna tis kokkoen alem e junk? vers e. leev, yuuki. gel dia lu "saenyan" ka non eu, az tyu tsetta fan xuuze?"
"...ami"
sae nak lu ziror sool im tur. tu et kilm da. see sae fonxik lu kon tak io a bal, flonik i luus leftel.
"saenyan..."
"yuuki, tee kasmi san! vas daim yuna. vand rin moe a!"
tal yuuki alwikik ok elet dolna dazen kasmi.
"ami et fialent 13 teu lent e papa. olta total mesa, ami vins vil xuuze. sol tu et yul lent flenzel"
xi rens, yuuki gelik sae le sat nei kardilans tilfel.
"hik!"
im tu foni, bia pil ik sod atu, kil e mark gotik gelgek. homik ins, sae sakik 1 diize xtames sa lu.

"--lanvem!"
"ai an sakik ti, neeme. nod vas kes, re xook kon xiv kai vein lana an xakl sen xaka tiil vadel"
yuuki geland luus dotel, tal lanvem vanosik tuus, sedik sofel, fien tuus gek til yuno e yuuki.
"hqm, non lo lena vand ax la erde vonsel, yuuki?"
"ami xam sen la et farm, tet siina vil vaik teu "vonsel" e"
"xom mir mist lad sern rat fein anne >,"
xi lons dap kon las, yuuki left kit a lanvem ok xiki kont kuo "saia".
"te biiz an!"
lanvem markik yuuki, tal im tu, lu ik jast romel, fonlik vand luut. see lukok txil luut, yuuki sarik a reiyu, badik viem kon nast ento lanvem em sat niks al aks. yan im foni kok, xiki leftik a lanvem, kilik hanel kon alhanbel le veit yek t'alve frefel.
"gg!!"
"lanvem!"
ok vexl sor, sae knakik kardilans a yuuki. raklel vand e diasomt toek miktak e yuuki ento lu metik gel mifel mil vixet yunen fai. see sordat e diasomt en tiflik tu kilm del xant e neeme vol markik jam e xiki hanel.
"kyaa!"
ok vexl, xiki ik lufabad a bal. tea lu si yunobal, jam luut pxanat van eri har a jina na.

"ggg... len camia ses e vergina et avain xan..."
"dert a lastia, fialent"
"hqm, tuube kuol et map tiina. lena vas sen xalel"
"xed vak tis a?", laik yuuki.
"ilpasso, hao gel te il le lu til"
tal im tu, yuuki teesik xiki kont fonl insrein luut.
"ami sin mark tis mil leebe et dad o giik"
"lala tyu si ziko sete /, haas non, leev!"
tel xiv dagd e xiki, yuuki mainik kor bal, kuok tistel.
"...atmes"
"...hq?"
"al istaate.... lua luno, jizol alxa et falti aata"
"te--teoloooooooooooo .>"
"qm...", lapxik apenel. "hai, an vand mak flen tiis?"
"we-- va--!!"
tel xiki le sinsik elet maladi, yuuki fatilik vadgel i jina.
"on vas, tu et passo. ami til tuumi tan e"
"wein, lala es tyu en aajat atm tuube ist mark lenan, koom >,"
kont fils luus demol, sae kuok mifel.
"fitlates en kil tet gel fien KALxelie xan..."
"sae..."
"ax?"
"ti mens bas atu"
"...ax"
sat vadgel a lanvem, yuuki lanak lu kont gad "dad nya..." a saplen.
"tet sean et 2 kont luus tan et 2. sean vas sil teomel in"

"--fin men fix e"
ok xiv firt, 1 lanko oken mark lunak tu mileeyu lufal.
"gimel xa..., fin an lot ti koltat lua"
ter est luut, xiki nekik dapini.
"camia tur e vergina xan. a, tee, tapel reklada e milan l'emat alha mil kaaden hot. pent, lena en xir mark fein atu e. myun luna me kokko frei az myul a"
"hei hei, fialent xav et xille tar on eld ter"
"kilsel, sol fialent mel hot flenzel"
"wein, lala es tyu anx elf lex "fialent vekton" eu /, leep lenan et 13 axem"
"isk dialas kalt sak lanta myulen nan e"
"fuo da, fuo `,"
gimel mainik a lanvem ok elet farf.
"diin, tu ik jal xel liia vast xuuzen, alser"
"liia da? les vandat an sa liset ku gaato kok?"
"men vandat sala lana vars sala hoi daim rendi, haas sala xakles. see men vatator kilm len vast 2 fialent, sanje serat moa xanmain e felnoa o kasmi a"
"haan, alson ti lunak atu im tu xelfal xa"
tel rens nozet, lanvem korik mark a gimel.
"alser...?"
"xiki l'anot veim e tu ras vettel kont gimel le yolat ano luuben as. el hak teel lens tiiles. tal ti lokit vil alem ant, aruuj"
lanvem lufak a gimel taxel ento el nakl vil ov luut. enzel gimel gotik mark kon nozet, tal xi foni, lanvem avonik gimel dotel ento lu ik asp ok gul.
"ggg... ala es..."
"ol ans vas fialent ok ti, son tu eks ans vas van xuuzen xel verginan. an nap elf total on nos tet neeme nozet"
"be...o.... ala tuube min mest to... aa", kont rel.
"an et vanoan e sae. tio, an et soa da"
hixinik gimel, xiki letik tank e yuuki, lufa kit. tu et kilm len elf xa.
"vat!"
sae fitik xiv a luus, tet lanvem bikik las luut. "passo, sae. yuus xiit"
"fesn yuna! xilhi sen kasmi olta aven tet leebe xiki a!"
"okna sen guna tiil le tiflat semaim. tal im tur, ans vastik laabes da. tu et tuval kok!"
haas aren luut, sae ik alvam frelel. tal gimel kaen aks piin lu ok ins kaxen anver.
"alman dis... alman dis miba... alser vinsat men da..."
"re kolt, gimel", evik mark a flel e gimel. "veil an met fal osn t'aruuj"
"...son sala tsetta van lua vergina xatta,? alser"
ok xiv hait o kin, lanvem soktak.
"re kolt lana okt anteo a lua fiina an, gimel"
sins enaerka kaen ins har, gimel piin me sae pilel, ai, leevik atu lufal xed rens.

メリディア(夢織)_20
/ メリディア(夢織)_20
【用例】
xi gimel leev, lanvem kei kit lu minxel lana hoi lu. see sae sarik al alkaask, lukik a felez lie vesel.
amox vortmain e xiva, alis enar xal.
"alis..."
sae fremor al alis, faxik flel luut.
"sa...sae... kasmi et ilpasso sete...?"
tal lu sokta vil fi. tu et aaxa xel okt sen sodn del kasmi et xink avelant da. see alis nalok vort e kasmi it elet luut, ena kit veinel.
"miina... xiva... kasmi.... yan felnoa.... arte, haizen, non tot tel isfel.... tuube et fuo, fuo rak anna. lala es xelis yuv xaf gaato teel anmian..."
"alis... uude"
tal kolo luut es avix mil cajik in.
"tu ses veim tinka nanna. tal moe tur ilpasso. tur, yuu vem fan moe, alis"
"haizen, arte, myun mist pef ladia xelien. xelis et dim a tren isfelia yuulia...!"
"alis..."
"sae... non tifles xiva.... non tifles miina.... non... non... aaaaaaaaaa!"
"alis... alis... yuna alna ak moe na emt. tal te na diver, ret. moe en setat yu man il vanot moe. te yol vasn e xiva sou sif bebelel"
tal tu et xif in. kolo t'alis yuta vil moa total. alis ik maladi vol vexlik kon xiv zal yunen xiv t'ena o boh. yan lu nozlet nia.
"alis..."
sae vais alis ok elet emt. alis bik tak e sae, rom, ena kit, melf lu. coki o saav and rep pot alis tat fou jin. kolo le yuta vil sodn saavem alis. yan kolo le yuta sodn cokiem alis. 2 kolo sols lu na garv.

"non to ax eyo, sae. non to ax eyo!"
sae inim alis kon las. kont in ins luut, sae ku al alis seerel.
"pentant, alis.... yuna kea vil ladia rig. pentant alis, yuna em vil alkatis tuan..."
"saeee..."
"alis..., kaax rin tuube xan l'ik sod a moe? ris gaato fia?
yuna em vil arte moen. yuna sar vil ladia moen.
tet... yuna somt sen dia fiina moe"
"somt... dia?"
"ol moe lax dia, xom yuna fit tu. tu et fia haasen ladia. lotil, xiva sou xal altian moen. miina liiz xal altis memir. rendi xanxa kilt arxet. yan kasmi san miks kokko leemi liiver lant"
alis wik hemel ras di.
"tal... tu et fia e dia.
--fie niit
hao, moe fonl sen fia e dia vol en aaj tu.
alfi, moe lfis sen seerel ka tuube fia viit"
"diana niit l'et fie... az... fiana viit l'et rul...?"
sae wikik al alis le tistor.
"lee alis, moe lax wel,? --fie niit az fia viit"

alis tistik ivnel ento yuu tix sae ter sen lu.
sae fremik tem a kuo t'alis, terik arka luut.
hayu xi tu, sae evik sex nozet entel al alisen.

メリディア(夢織)_21
/ メリディア(夢織)_21
【用例】
nainan sein le mixat lexn t'alklax it arnamana nak vem, ku vil em fi ka xe felez.
omi e tu felez es rig vamel. yan elen sein es lufabad al aks. tu aks til eri on divaik. taik xiva del felan t'atu vortes ka lat e felez kont eri es ekx i jam.
pot tu felez, xa sol vortmain e reiyu del arhan e milf, miina. fok xea knoos xa epn le tinl xa.
akl e vas ont eri e soan xa felez. tal luwaakl e soan l'elfat mi atu. taik nainan sak vil setkon tis. diin, soan ket am sei. az, soan xa lot tuus vortmain sei. nain jins sen yuu da.

im tu durne, nainan sein alkik 1 felan l'et falsan ilia. est luut et alis. tex tab, lu et tian e xiva.
tal lu allfis, ku yuu pefel a nainan. taik lu ov vil minj tis. lu en vortes tal til kolo nem yun leeves a fia alt. nainan yulev alis a vala ok lapx ani.
xiva o miina del felan le vortes, fok alis del falsan ilia l'allfis sin.... ala to at sod a luus 3 felan aa....
fok nain serik rendi aleves. nain elat sat tu veim a rendi del xafnan, tal lu mi ra. son nain serik lu alev moa. hayu nain fix kit rendi, tab tu veim onkel.
nain jalik nosse nekt van tu veim i felan. tal felan vilot mez van tu naul alnod kest....

メリディア(夢織)_22
/ メリディア(夢織)_22
【用例】
y m

imelgaax kai ik sod ka sanjelika le kekkos xion t'anjur.
sae satis xtames frem lat e tu liez kont ter lem t'arxetsems t'arnalaz. see amox lu, lanvem xa seerel.
"..."
"..."
"...lua vergina vinat nos vand xuuzen man laami si an ter"
"a ya? atta"
"xi le veim, xiki o yuuki keit gimel ter. saa leebe impi xitat xe volx ter"
"soa xan..."
sae pefik yev ivn.
"...ti nap la xalel? la ximat dia man lanos lax tu. tio, ti lapnat la kok"
"ya..., non xam tyu"
"ti et ilpasso a?"
ter tu, sae sinsik asex kal --el xiel volt van tu lex kalis az leiz, tet soa xalt lu-- a lanvem. tal lanvem onk rens.
"tu et saak mia,? xel alis serat ti tan et avelant. ti nad la sinat em ti man ti--"
"waa, moe rens du tiina im fis sete,? lanvem. moe xir yuna ar despa a kuo moen kokko yunol tuuyu?"
lanvem fax sae kon adyut, sont lu.
"hqm, an en xir tuube na. ti en fit xir dia al an a, neeme e diasomt"
sae asex. yan xi tu, lu myuo kit i lanvem. tal lu en yuus sae so.
"...lanvem?"
"an kus tu a ti kok, lex an in ris enaelet tiil. hayu ti re nekt eel ka jam ant fol ena"
wik ok enaxiv"ya..., sentant.... lee..."
"ya?"
"yuna nat nau mil tilik semaim sam. yuna siinat alis linoa..."
sae bikik wasp e lanvem.
"ya ya..."
"alis, yuna pio fan seles moen a veeyu xi moe leev dia vol vort"
see lanvem sontand nia luut.

im kelk tur ik took, naxet ar kit sovmel. see lanvem xaklik xelan lood atu, oktik tu a sae kon xiv lis.
lai tu kor, sae sakik alis kaen ovskil. lanvem tontik xos luut, xantik lu kor alis seerel.
"alis..."
fremik al alis, xelan xien lu eelik a sae.
"soonoyun. semaim e miva notte?"
poen del laal t'alis xa.
"ax. sae satis yuulia, lua", ok lom alit dazen haxfelan.
sae lastin alis. mon lu homes ins, tet ins luut tifles far.
"noel meldik lu atu. noel ser tu et vaden, tet milx lu ik net"
"...ax"
"klia lu em net ol in le sizet. tal hasan lu xir xiva sou o miina liiz sif na..."
"xam halka.... taik lu tifles amel e..."
tel kuol dint e sae, poen tikik po ok elet seernik.
"qm... sae san, fien lu et miva ilia xiima...?"
"a...a, ax! tu et aluut! anvantant on evitloki meiden, lua"
"hai, xian tan at mei e naxet yundi?"
"tee", alwik kont molin alis oken ins nem. "meid at tio rufet e fiina aano"
"a ya.... xom noel pent xian ist alis, mil xian terat vil lem luant atu im fis"
tal sae wastand osn lisel ont entel, kuok minxel a saplen.
"alis, tu et xion t'anjur le felie vatat e.
yuna ser ranel linoa, alis.
im tu sovmel, felie xantor kelk sam teu nalnias fiina il rufet ka le sizet axem?
lee, alis. ka dia moen, yuna xa am mian? ka wel skit, yuna xant asex a fiina?"

----took

凡例
/ 本辞典の凡例

<書式>

見出し語
[品詞タグ]語義1。補足
[品詞タグ]語義2。補足
 :
[類義語]似た意味の語、語2…
[反意語]反対の意味の語、語2…
[類音]似た音の単語に注意
[アクセント]本則どおりでない場合に付す。アクセントを大文字で示す
アトラスでの語源1 | アトラスでの語源2
成立年:造語者:初出文献:語源注記
f_rf:frf_ar:sz_lt:その他の言語 訳語欄
[語法]
単語の使い方の説明。格詞aは母音の前でalになるといったような、文化と関係ない説明。
[文化]
その語の文化的な説明。
【成句】
en t hot tet k tanのような、ことわざなどではないものの、それひとつでまとまって特定の意味になるものは前方に載せる。反対に、ことわざは後方に載せる。従って、成句→慣用句の順番で掲載される。慣用句の独立タグを設けなかったのは、fit bakflelのように成句だか慣用句だか判断の難しいものが散見されるため。
【用例】
語義のほか、格組やコロケーションを具体的に示した使用例。dio ivnのようなコロケーション的なものを前方に載せ、文例のような重いものほど後方に載せる。☆が付いている用例はアルカ独特の言い回しになっているものを指す。用例の書式は次のとおり。

幻文 和訳(『出典単行本』or「出典雑誌論文」キャラ名等:書き手)

出典がなく書き手しか示されない場合、それがその人の語録であることを指す。
例えば(ridia lutia)で検索すれば、その人個人の語録が検索される。


訳語欄について

アルカは「フィーリア=アルフィ語」と「ファルファニア=アルバザード語」のふたつから派生したアポステリオリ人工言語であるため、これらの古語を合わせて知っておくことで語源や語形成を理解しやすくなる。
例えば「重い」はdadだが、古語ではbyuである。byuの名残はmelbaやraavyuなどに現れている。dadだけ知っていてもこれらの単語の語源は理解できない。そこでdadの項に訳語として古語を設けておく。
最後にシージア=ルティア語が来ている。これは厳密にはアルカとは血縁関係がない(f_rfまで遡らない前提で)が、レスティル(アルバザード)は文化的にzgの時代から延々と影響を受け続けてきているため、ルティア語由来の単語も多い。そのため、直系でなくとも訳語欄を設けている。日本語における漢字や英語などと理解されたし。
sm以降はカレンにアルティア人が入ったことから、ルティア欄の右にアルティア語を記すこともある。

語形成や語源の理解・製作の能率化がレーゾンデートルであるため、訳語欄を設けるのは主に基本語とする。すべてに設けることも可能であるが、例えばほとんどの科学の用語は時代的に見てfvやarなどに存在しないため、欄を設けても空白にしかならない。こういった空白にならざるをえない単語はどのみち欄を設けることができないし意味がない。従ってそういったものを捨象していった結果得られる基本語を中心に採録する。

その言語に対応する訳語が存在しない場合は*を記す。訳語欄が見出し語と変わらない場合は.を置く。見出し語と同じでかつ名詞の場合は名詞の性lu, laのみを置いてピリは置かない。


sz_lt欄の名詞の場合、名詞の性をlu,laで示す。aavの項のsz,lt欄にはla kolettと書いてあり、女性名詞とわかる。さらにそれに続いて括弧書きで名詞の性が定まった理由が付加されることがあり、理解を助ける。性はセルメルでは中性があったが、現代では男女いずれかに振り分けられている。ある時振り分けられたものではなく、順次振り分けられてきたもので、99%以上本来は中性だった。それがシフトしていったものなので、現代では男女のみ記す。ひとつひとつに中性名詞から男性名詞というように示すのはバカバカしい。というのも、もともとほとんどが中性名詞なのでほぼすべてに中性から何々と付けることになる。ならば中性からという部分は無標にするのがよい。

____


valn
[形容詞]健康な、ヘルシーな、病気のない
[名詞]健康
[類義語]vivian
[反意語]levn
19:制:val(健康)
[語法]
健康は5段階に分類される。
vivian:痛みも苦しみもない完全に健康な状態。
valn:健康な状態。少し胃がもたれるとか、少し肩がこるとか、生理で気が散るといった程度だとここに分類される。
anvert:不定愁訴を抱えている未病の状態だが、医者や薬には頼らない状態。
levn:病気の状態。かぜのような軽いものから、癌のような重いものまで幅広く含む。
allfis:植物状態。この次は死(vort)。
vivian〜valnでいられる長さのことをlivlesといい、アルバザード人の生活習慣に大きく関与している。→livles
[文化]
アルバザード人は健康第一の人種で、食生活や生活リズムや運動に気を配る。医食同源が一般化しており、料理に気を使う。食事と同じくらい重要なのが生活リズムで、一定の生活リズムで暮らすことにこだわる。遊びや労働よりリズムを優先する。
【用例】
tu et volx alkal xalt an xel el xal valn. 健康が一番大切だと思っている。

<外国語見出し>

見出し語,言語名
アルカの訳語.補足
語源


----


kolett,szl
aav
kool,fv.k


<タグ>

・辞書の書式用

出現順に記す。

[類音] 上記
[アクセント] 上記
[語法] 上記
[文化] 上記
【成句】 上記
【用例】 上記

・品詞類

[名詞] 訳語から名詞用法の存在が明らかな場合は[名詞]を省略することがある
[代詞] tu, lu, leなど
[属格] 属格名詞の訳語。sorで「背の高い人」、kagで「金持ち」など。属格名詞なので、sorの項に載っていてもsorenという属格にして初めて「背の高い人」という意味を持つ
[動詞] 「yulを〜する」のように訳語に格組を伴なうことがある
[形容詞] 形容詞は通常副詞としても使える。この場合、いちいち[形容詞][副詞]と併記せず、[形容詞]のみとする。例えばvienelは形容詞の副詞的用法と捉える
[副詞]  形容詞由来だが、副詞化すると独特の語義や訳語を持つ場合に記す。形容詞にelをつけて表す
[法副詞] 助動詞に相当するもの。senなど
[遊離副詞]elなしで動詞の前後に来るか、動詞から離れてelを付ける副詞。aluutなど
[文頭純詞] 純詞は文全体を修飾する語。「しかし」など日本語では接続詞に分類されるものも入るので注意。hai(ところで)など
[文末純詞] sei(〜かなぁ)など
[格詞] 前置詞に相当するもの
[接続詞] 「〜と」「〜か」など。「しかし」などは文頭純詞
[感動詞] soonoyunなどの挨拶語も含む
[接頭辞] alなど
[接尾辞] anなど
[接辞] 拘束形態素のうち、wilのように頭にも尻尾にも来るもの。
[天秤詞] (axte, (fleaなど、モダリティを示す。(笑)などに相当。
[擬音] ガチャンなどの音を表す。帰納音の一種。
[擬声] ワンワンなどの鳴き声を表す。帰納音の一種。
[演繹音]規則的に音質を変化させる擬音語。
[擬態語]ジグザグなど、擬音語と対をなすオノマトペの一種。

・固有名詞の下位分類

名詞が固有名詞の場合、[名詞]の代わりに次のいずれかを記載する。

[人名] ユーマの一族
[エルト] ert
[サール] saar
[悪魔] deem
[魔物] adel
[亜魔] delfia
[死神] 正確には魂科だが、そう書くと分かりにくいため
[名前] 固有名詞だが、人でも神でも悪魔でもないようなもの。犬のkooma、生きるOSのelfianなど。
[ランドマーク] 建造物や寺社仏閣やテーマパークなど
[企業] 企業名、社名
[商標] 商品名
[地名] 場所名。東京ドームはランドマークで、文京区は地名
[アトラスの国家] すべて収録。国以外は[地名]。19年にリディアが作ったものが多いが、それ以前にあったものや、20年にセレンが世界地図を作ったときに加えたものもある
[筐堺]rdに作られたkalkovelという地域圏のこと。22年制作
[地球の国名] 造語当時の全国を収録

・シソーラス


[類義語] ふくよかとデブのように、評価による対も含む
[反意語] 明るいに対する暗いなど。ぱっと見たときに見間違えないよう、類義語に対して反義語でなく反意語としている

・ポライトネス

4段階。標準は無標で、俗語と丁寧の間。

[丁寧] 丁寧語や雅語
[俗語]
[卑語]

・位相

単純位相

無標 セート位相(中立位相)
[arden] アルデン位相
[alben] アルベン位相
[yuul] ユール位相
[pikko] ピッコ位相
[amma] アンマ位相
[mayu] マユ位相
[gano] ガノ位相
[yunk] ユンク位相
[milia] ミリア位相
[男性]
[女性]
[遊女]

複合位相

[freint] 男性エタット
[aklet] 男性リース
[arnet] 女性エタット
[rente] 女性リース
[liite] ユンク・ミリア
[yunte] ユンク・ミリア・マユ
[folte] ミリア・マユ

年齢

[幼児]
[老人]

婉曲性

[婉曲] 直接的な表現を避けているのでユンクなどでも使いやすい

方言・外国語

[南方]
[lutia]
[metio]
[altia]

・語形成

語源欄以外の語形成。語義のタグに語形成の説明を委ねる。

[メタファー] 隠喩
[メトニミー] 換喩
[シネクドキー] 提喩
[見立て] その単語を何に見立てているかを表す。例えばkul(話)は「液体」に見立てられているため、ekxom(流れ)など液体に関するコロケーションを利用できることが分かる。

・評価

[ポジティブ] 良い意味
[ネガティブ] 悪い意味

・分野

[アイテム] 武器や防具や道具
[アビリティ]必殺技など
[シェルト] チェスのようなゲーム
[ジョブ] 武士や剣士や魔導師など、rdなどで使われる各ユニットの性質のこと
[武道] アルバザードの格闘技のこと
[ユマナ] 惑星アトラスに存在しない語。地球版アルカにしかない。
[医療] 病気や薬、医者など
[地球の国家]
[地球の星座]
[色] アルバザードの伝統色など
[音楽] 楽器だけでなく音楽関連すべて
[化学] 元素、化合物、その他化学用語
[花言葉] 木にもある。木の場合は枝を贈る
[気象] 天気や天気に関する現象など
[経済] お金に関するもの
[芸術] 絵画や漫画も含む
[言語] 言語、言語学、言葉、文学
[文字] 文字やフォントに関するもの
[京極] 京極についての説明→mana(2)の[文化]の<[京極]タグ>参照
[建築] 家の中のものも。家具は含まない
[言葉遊び] ジョークや駄洒落など
[娯楽] ゲームなど
[交通] 乗り物や道など
[歳時記] 年中行事など
[宗教] 宗教関連
[象徴] メタファーとまではいかないが、その語が何をイメージさせるか
[植物] 植物、野菜、園芸
[親族] 家族や親戚など
[数学] 算数も含む
[生物] 動物は[動物]、植物は[植物]で別タグ。身体語彙もここに入る
[組み数字] 1/4とあれば、4番中の1番の意味
[単位] 長さのメルフィなど
[地学] 地形、地理など
[釣り] 釣り
[電算] IT用語など
[動物] 虫や魚も含む
[被服] 身に付けるものは何でも
[美容] 髪型などにも適用
[牧畜] 牧畜に関連する用語
[魔法] 魔法の名や魔法学。ファイナルファンタジーやドラゴンクエストの魔法に相当するものがある場合は、分かりやすさのため括弧内に併記。
[料理] 器具や料理名も
[歴史] 時代の名前や歴史的事件の名前
[論理] 論理学関連

<記号類>

●フォント

フォントはarkantisを用いる。
arkantisのコードはPDICやWordでは幻字を表記でき、オンラインではそのままのデータでアルファベットを表記でき、互換性がある。

●約物総則

! tempera。エクスクラメーションとして使う。
" 1)norm。引用符。引用した言葉や書名などを括る。
2)kukert。喋り括弧。セリフを括る。
% oksgal。パーセントとして使う。アルカでも同じ文字として21年から採用する。
' selet。
  1)tやsといった一文字の単語とほかの単語ををつなぐ。t'aveltantのように。書名などは括らない。"〜"のような文中にセリフが入れ子になっても'は使わない。
  2)単語を形態素や音節ごとに区切る。gil'kov'ezやar'ma'letのように。同音異義語などで形態素の区切りを明瞭にしたいときなどにも使う。
() kert。パーレン。補足、省略可能、出典を示す。 なしの場合は補足。ありの場合は省略可。xion(yumanan)は補足で、tu et (sen) xanは省略可。kertは地球同様数式にも使う。
() osnkert。思う括弧。頭の中で考えている言葉を括る。
* ca記号。強調記号。注釈記号。否定。非文。数式ではnot equal。
+ pok。正号。プラス。足すという意味では使わない。
, tsunk。カンマ。
- tif。負号。マイナス。引くという意味では使わない。ハイフンとしても使わない。
. gain。ピリオド。「〜の」やofを意味することもある。miyu.kでmiyuのカルミーユを意味する。
... viint
  1)3点リーダ。余韻を示す。日本語の「あ、そう……」などと同じ。4点リーダは下記ダッシュに対して文字幅が広すぎるため、3点とする。3点だとオンラインでアルファベットになったときも違和感がない。
  2)以下省略を示す。"tu et..."で「これは〜」や「これはほにゃらら」の意味。
,,, vitsunk。toto、〜、何々の意味。
/ kilp。接続詞oの代わりに使う。miik/lisikで「りんごとみかん」。数式では足し算という意味にはならない。3/4は「3と4」だが、「3足す4」という意味ではなく、「3と4(の比)」という意味で、分数になる。3/4で日本語と同じく四分の三。このときの/の読みはoでなくun。
// 音韻を示す。
: alot。コロン。区切り文字。語源欄などで頻出。
; galon。セミコロン。下記参照。
< = > kalt, kok, nod。不等号。数式では日本語と同じ。語源欄では下記参照。
? kuuno。クエスチョンマーク。
[] arvij。タグを示す。音声を示す。
\ alkilp。円マークでなくバックスラッシュとして扱う。
_ moren。アンダーバー。
  1)ハイフンとして使う
  2)PCのファイル名などでeやkenoを意味する文字として使う。leis_xion.jpgで「紫苑の絵.jpg」の意味。
  3)sov(en)の意味。人の生年などに用いる。(mel 320_380)のように。320 a 380だと与格でなく掛け算に見えるため、sovを使って320年から380年の間生きたという風に捉える。
-- mil。
  1)ダッシュとして使う。素早い沈黙や息を止めるような静止を示す。日本語の「――え?」と同じように。
  2)平調や中止調の代わりに使う。
-  serei。これもsov(en)になる。
{} maam。言い換え可能を示す。
| hasrein。:より大きい区分を作る。語義と語源欄を区切る。
$ & ^ ~ アルカでは使わない。用例訳や語法欄など、和文欧文中で使う可能性がある。


●約物細則

*   用例中で非文を示す。語源欄では廃語・廃用を示す。
?   用例中で、やや不自然を意味する。非文と違って誤用ではない。
??   用例中で、かなり不自然を意味する。ほぼ非文に近い。
/   連言のoの代わりとして使う。
    1)単語同士の連結の場合、"miik/lisik"のように、スペースを入れない。
    2)句同士の連結の場合、"mem l'eks 5 / hasrein l'eks 1."のようにスペースを入れる。tsunkに合わせるとmem l'eks 5/ hasrein l'eks 1だが、/と,ではデザインが異なり、/の場合は前後にスペースがないと不格好で見づらい。
     これは、"mem l'eks 5/hasrein"(5と縦線を表す丸)という解釈を防ぐため。
,   重文を作る場合はooと発音し、単に節を区切る場合はポーズを置く。
    1)an iskat, tautの場合は重文を作るので、ooと発音する。
    2)im an aktat la, la ku soaの場合は従属節と主節の区切りを示すので、ポーズを置く。
    3)名詞を並列する場合はuと読む。miik,aplesでmiik ul aplesと読む。
    この際、1),2)と異なり、スペースを入れない。/と同じ要領で、視覚的にひとつのまとまりを作るためである。手書きの際もスペースを入れない。
    miik,aples,lisikのように複数個,がある場合は、最後だけuと読み、ほかはポーズを置く。これは/と同じ。
    動詞を並列するケースは少ないが、もしする場合は重文のooと読み間違えないように文をよく読む。
    なお、動詞を並列するケースは少なく、かつooと誤解しやすいため、本辞典では動詞の並列の場合はuと書き、,は使わない。
    4)リストとして名詞を列挙する場合はuと読まず、ポーズを置く。
    ridia, ovi, kliizのように名詞を単に並べるだけの場合はuと読まない。
    また、区切りを示すためにスペースを入れる。そうでないと句がリスト化されたときに見づらいため。
    日本語にしたときに「AやB」と訳す場合はuと読む。「A, B」と列挙するだけの場合は読まない。文意によって変わる。
    複雑そうに見えるが実際はそうでもない。:でuと読ませる案もあったが、文が区切れて見えるので避けた。
    ,,案もあったが、,だけで十分弁別できるため、このようにした。
:   区切りを示す。辞書を見やすくするために使う。
;   アルバレンなどのker, tuの代用として使う文字。アルカでも同様だが、;と書いた場合は黙字として扱い、文の区切りを示すために用いる。
    lu et mec 89 t'ern e yuuma; emat daiz xi luko anxal, lad lyudia. の場合、
    「彼はユーマの一族の89代目で、アンシャルに来てリュディアを建国した後に王となった」の意味。
    もし;でなく,だったら、「アンシャルに来た後に王になり、それからリュディアを建国した」となり、意味が異なる。
→  1)〜を参照せよ。
   2)右のほうが左より一般的である。
←  左のほうが右より一般的である。例)vik ← vikhim(vikhimと意味は似ているが、vikのほうが一般的)
<   右は左になる
>   左は右になる。〇〇.fv>××.lt = fvの〇〇はltの××になった

●言語名

f   フィーリア語
fv   フィルヴェーユ語
ly   リュディア語
rk   ルカリア語
ard  アルディアル語
ls   レスティル語
rf   アルフィ語(フィルヴェーユ語と同じだが、時代が異なる)
sz   シージア語
lt   ルティア語
lz   リーゼル語
alt  アルティア語、凪語、凪霧
hy   ヒュート語
kt   ケートイア語
in   イネアート語
sk   スカルディア語
md   メディアン語
me   メティオ語
ar   アルバザード語(アルバレン)
a    アルカ
sorn  アルカ・エ・ソーン
pr   プレディス語
fgn   フィガン語
frf  ファルファニア語
vx   ヴェルシオン語
bg   ベルガンド語
dm  ディミニオン語
vm ヴェマ語
lls   ロロス語
無標  現アルカ

●年代

言語名の後に付ける。ltdで古ルティア語。
現代まで続いていれば現。それ以外は新。szsは新シージア語。ltsは現ルティア語。
制アルカはakで、新生はaf。

d   古
k   遠
f   中
v   近
s   現(新)

l   上代(zg_kk):上代はユーマの一族による残存している記録が乏しいため、詳細不明なことが多く、しばしばひとつの年代としてまとめられる。

●時代

fl   フィアル
tm   アルテム
vs   ヴァステ
sr   サリア
cv   ラヴァス
zg   アズゲル
mt   メルテナ
kk   カコ
sm   セルメル
rd   オーディン
nd   ナディア
rt   アルティル
vl   ヴェレイ
al   アレイユ
lj   ランジュ

●暦

sl   セルト暦
ml   メルティア暦
ym   ユーマ暦
im   イムル暦
m   メル暦

8800ymでユーマ8800年。

●人名

無標  seren
r   ridia
m   mel
l   luxia
y   yult
ry  ryuu
km   kmiir
lz   liiza
 :

●語源と語形成

アトラスの語源は地球の語源よりも詳細で、略号を使わないと非常に長くなってしまうため、略号を用いる。

<    「←」の意味。左のものが右のものになるという意味。
>    「→」の意味。右のものが左のものになるという意味。
><    右と同根。franse.lt >< fransで「ルティア語のfranseはアルカのfransと同根」の意。
<>    関連形態素。主に古語について「語源が定かでないものの、〇〇の形態素が関係している」と分かっている場合に使う。
.    「〜」を示す。miyu.kでmiyuのカルミーユ。
,    言語名を記す。kaldaiz,lyで「リュディア語のkaldaiz」の意味。
?    推定形。主に古語などの記録の少ない単語に用いる。また、単に語源説が定かでない場合にも用いる。
数字  「.数字」の形で、「第何義から」を意味する。 /     1) and。本文でも同様。
     2) アンクレット。複合、合成、混成など。
()    補足。本文でも。
{}    原義。本文では言い換え。
>>    右に継承。継承というのは、その語義がアルカではこの単語に相当するという意味。
<<    右から継承。>>の逆。
e    エーステ。その語が本来的に持つ語形を魔法理論ランスロットに基づいて示したもの。
l    リムレット。音的発達など、音が変化したもの。
k    カルミーユ。音を変え、元の語と違う意味の単語に変化。
xik   省略、短縮、脱落。
hem   狭義化。意味が狭くなる。外延が減る。
han   広義化。意味が広くなる。外延が増える。
axek   転義。元の語義になかった語義を持つようになり、しかも元の語義を破棄する。hemの場合は元の語義にないものは増えないし、元の語義の一部が残る。
monk   転移。元の語義のままだが、外延のみが変わる場合。例えばan.fvから派生したanはan.fvと同じ意味だが、アルデン位相ではなくセート位相を外延に取る。
estel  訳語。借用語を当該言語に訳したもの。vaialmiu.lt→vikarenなど。
vvt   文法化。vezvetem。名詞などの内容語が格詞などの機能語になる現象。
alvez  語彙化。alvezem。文法化の逆。
leimem  一般化。固有名詞yuumaを指すliizが、「小さい女の子」総称を指すようになった例など。
aalem  特殊化。一般化の逆。
kelt   婉曲化。男→カレシとするように、遠まわしに語義を指すように変化したもの。男→カレシのようにシネクドキーの例もあれば、桜田門→警察のようにメトニミーもある。比喩表現を個別に表記する場合もあるが、語形成の理由が「話者が婉曲的な表現を望んだため」というものであれば、kelt表記を優先する。
verk   抽象化。物事を指す「これ」が時間を指す「これ」を意味するようになるなど。
volt   具体化。抽象化の逆。
fovet  オノマトペ。音がそのまま語源となっているもの。
haalvet  演繹音。
kookvet 擬態語。
faia   音象徴。例えばeは水を表す音象徴で、eが付くものは水に関係するものが多い。eri(血)、eria(水)、erei(川)など。同じくpa(アルカではたいていリムレットしてfa)は光に関係するものを表す。faal(太陽)、far(光)など。
yolek  アフォーダンス。転換動詞などに用いる。baog(拳)から動詞「叩く」が生ずるなど。
rsiila  feel(フェール神)の能力から「一目ぼれ」という意味を生じるようなケース。
fris   メタファー。
amox   メトニミー。
ilm   シネクドキー。部分から全体への提喩。zam lunar(足が来る)は「人が来る」の意味なので、全体を部分で比喩している。この逆がvaikkev。
vaik   シネクドキー。全体から部分への提喩。
teel   メルテーブルでできた語。地球の語源欄ではしばしば@で表記。
mv    母音調和。memirvesto。
rapvet  n対語。
fort   復活。一度廃語になったものが戻る。変更点がある場合もある。
ist   異形態。ioとieなど。
geks 反転語。komoとmokoのように音節をひっくり返して主に対語を作る造語法。現実の古アルカに見られ、神話ではfなどに見られる。
lumim  恣意
nemi   語源不詳
selan   民衆たちの間で自然発生したもので、記録がないため語源が不明なもの。

<語源>

アルカの単語には2種類の語源がある。地球の語源とアトラスの語源である。
アルカは実際には地球上でも使われる言語なので、地球で何年にどのような経緯で誰が作ったか記される。
本来幻日辞典にはこちらの語源しかなかったが、異世界アトラスで使われる言語である以上、アトラス上での語源も設定せねばならないとして、アトラスの語源が生まれた。

●地球の語源

訳語欄の一つ上に付与。記述は主に日本語。書式は次のとおり。

成立年代:造語者:初出文献:語源および解説


aav
[名詞]鎖、チェーン
[動詞]yulを鎖で巻く、繋ぐ
[メタファー]つなぎとめておくもの
rd;raavyu,lsl.xik
13:古raavyu(鎖)
raabyu:raavyu:kolett
[文化]
ふつう金属製。身近な鎖はネックレスの部品か、立ち入り禁止に使われる鎖。
【成句】
yun aav 芋づる式に
【用例】
aav oma a nial 犬を鎖につなぎとめる
gil at aav soven la tianal. あの2人の恋愛関係は金によるものだった。
diretan fosat yu yun aav 犯人が芋蔓式(芋づる式、いもづる式)に捕まった。

「13:古raavyu(鎖)」の部分が地球の語源。
省略せずに書くと「13:seren:klel:古raavyu(鎖)」。読み方は――
「メル13年(=2002年)にセレンが制アルカの辞書に記載したもので、古アルカのraavyuから来ている。raavyuの意味は鎖」
――である。

・造語者について詳細は→vetladan

・幻英からの転記と成立年

kofel(変数)やlop(配列)のように、幻英から転記したものは、成立年の箇所は造語年ではなく転記年を意味する。
lopの場合、古でリュウがpalanとした。制でlopになって以降変わらず、22で幻日の新版を作る際にメルがきっかけとなり幻日に転記された。そのような過程が明瞭かつ重要であれば、第二義以降であっても注記を各項に設ける。

●アトラスの語源

地球の語源よりも詳しく複雑である。
地球の語源の上に付与される。主にアルカで記述される。書式は次のとおり。

成立年代ないし継承元言語名ないし借入先言語名:造語者:初出文献;項(補足).語形成 解説

これを各語義ごとに | を挟んで繰り返す。ただし左側の語義やタグから判断できるものについては重複を避ける。

/はanklet(アンクレット)を示す。したがってアンクレットは語形成欄に現れない。
語源は語義ごとに付与。単なる品詞の転用のような自明のもの、他の語義と同様のものには付与しない。少なくとも中心語義と比喩語義には必須。
廃用語義の前には*が付与される。
語形成が複数の項にかかるときはパーレンで分配法則。(t/k)xikで「tとkをankletした後に省略」を意味。t/k.xikだと「kを省略した後tとanklet」を意味。
造語者の無標はrdならseren、それ以外の時代は民衆。
初出の無標はrdならstの辞書ないしdiaklel。それ以外はaの辞書。
語形成の前はセミコロン。成立、語形成、造語者、初出の順にしなかったのは地球の語源と書式を合わせるため。順番を崩さず語形成のみ機械処理で拾えるようにセミコロンを用いた。


aav
[名詞]鎖、チェーン
[動詞]yulを鎖で巻く、繋ぐ
[メタファー][名詞]つなぎとめておくもの
rd;raavyu,lsl.xik
13:古raavyu(鎖)

省略せずに書くと以下のようになる。
したがって、実際には上の記述で下の記述と同じ量の情報が含まれていることになる。

aav
:
:
rd:seren:klel;raavyu,lsl(aav).xik | rd:seren:klel;aav1.yolek | rd:seren:diaklel;aav1.fris
13:古raavyu(鎖)

rd:seren:klel;raavyu,lsl(aav).xik の読み方は――
「rdでセレンが制アルカのklelに記載したのが始まり。
 語形成は省略で、上代レスティル語のraavyuを詰めたもの。raavyuの意味は本項aavと同じ」
――である。
(aav)などは本項の見出し語と同じであれば無標で書く必要がないので、通常は省略している。

rd:seren:klel;aav1.yolek の「aav1.yolek」の読み方は――
「aav(本項)の第一義のアフォーダンスを用いて転換動詞にしたもの」
――である。

rd:seren:diaklel;aav1.frisの読み方は――
「rdでセレンがディアクレールに記した語(=制でなく新生なので、さらに細かい年代が分かる)
 aav(本項)の第一義のメタファーからできた語義」
――である。
タグに[メタファー]とあり、意味的にもメタファーであることは明らかなので通常は省略する。
通常はklelとdiaklelが無標で省略されるので、制か新生かは判断できないかのように思える。
しかし地球の語源欄を見れば13:制とあるので年代は自明であり、これによりklelとdiaklelをともに無標化することに成功した。

●継承

fvやarなどの古語はアルカの主な構成要素になっている。
アルカの単語はsaiのようにアルカ独自のもの以外に、古語からできたものがある。
その内訳は大きく分けて二つ。ひとつはrd以降に古語の形態素を使って新たに作られたもので、地球でいえばルネサンスにラテン語の形態素を用いて作られた学術用語などに相当する。
たとえばandeはLANを意味するが、当然rd以降に作られた単語である。この語源はanxantekaade.lで、anxante/kaadeはともに古語の形態素である。つまりsmなどの時代にanxantekaadeという語があったわけではなく、古語を使って命名しているにすぎない。そういう意味でルネサンスを引き合いに出した。
一方アルカがそのまま古語から継承したものもある。これは借入ともいえよう。しかし借入としないのは、単純にルティア語などの外国語から入ったものと区別するためである。アルカというのはアポステリオリ人工言語であるとともに、fv, frf, ly, ls, arと続く言語の系譜の支流であるから、ルティア語からの借入とfvなどからの借入を同一視することはできない。そこでfvなどからそのままアルカに取り入れられたものを「継承」と呼ぶ。継承には例えばfloraなどがある。

語源欄の「;」の左は成立年代などが来る。例えばaavの場合はrd;raavyu,lsl.xikとなる。
しかしこれだけではraavyu,lslの語源を遡れないため、人工言語製作的には恣意になる。しかし歴史的に見て記録が残っているはずの語源は作るべきなので、raavyu,lslという見出しを別途設ける。
また、raavyu,lslが形態素となる単語はaav以外にもありえるので、aavの語源欄に毎回raavyu,lslの語源を書くのは非合理的であり、その意味でも別項を立てるほうがよい。

一方継承の場合、語源欄の書き方が異なる。floraの場合はfv;lo/ratとなる。成立年代でなく継承先の言語名を示している。
もしaavと同じにするとこうなるだろう。fvはここではtm時代だとすると。

flora
[動詞]思う
[類義語]lo
[反意語]rafis
tm;flora,fv
21:ridia
[語法]
lo

その上で別途flora,fvという見出しを立て、

flora,fv
flora
lo/rat

という記述をする。ところがaav:raavyuと違ってflora:floraは綴字が同一であり、根本的な語義も保持されている。
この場合は別項を立てる合理性がない。そのため成立年代でなく言語名を書いて一項にまとめている。
これをしないとのべつ幕なしに継承由来の古語見出しが増える。継承は実に多いので、幻日辞典は古語見出しだらけになってしまう。
原則として古語見出しは語源屋を惹きつけ、また作者の製作能率を上げるものである。一般的な使用者にとっては検索結果が増えるということはそれだけ目視に時間がかかることを意味し、必ずしも合理的でない。
古語見出しは中身を見れば分かるとおり、行数が少ない。つまり簡単に一語を稼げる。それで幻日にはこんなに多くの単語があるんですよという喧伝には役立つ。が、それで利便性が損なわれるのでは意味がない。それゆえ、古語見出しはあくまで必要最小限に抑える。

●語義の変遷

例えばlantisを引くと――
f;e 個体,f>個々のアテン,fv>人間,frf>lan(人間),lsl>使徒,lss
――こう出ている。まず、フィアルでエーステでできた。そのときの意味は「個体」である。次にfvでは個々のアテンという意味になり、frfで人間の意味になった。次にlslでは人間はlantisでなくlanという語形になり、lantisは意味的に空白地帯になる。そこでlssに人間に代わって使徒という意味が入った、というわけである。

<音調・イントネーション>

・文末音調

急上昇調:mileej:??
上昇調:kuuno,kuunosteira:?
平調:sika:_
下降調:gain:.
急下降調:tempera:!
中止調:kili:|
昇降調:kim:!?

・語音調

急上昇調:lismileej:'??
上昇調:liskuuno:'?
平調:lissika:'_
急下降調:listempera:'!
中止調:liskili:'|
昇降調:liskim:'!?

<音韻>

古アルカの4子音は語源欄に用いる。
順にSer, Zot, Han, Likのように大文字で示す。
例:seren←Seren←Seere(静か)/n(指小辞)

<天秤詞>

(axte):(a  
(flea):(f
(alis):(l  
(xier):(x
(xante):(xn
(duurga):(dr
(viine):(vn
(teems):(t
(myuxa:(my


<数式>

arkantisでも互換性がない。
もともと変数もxでなくtを使う時点で互換性がなく、それなら無理にほかの約物も互換性を持たせる必要がないと判断。

・数字

半角数字のまま使う。

・変数

tkxs順に使う。

・定数

lwjz順に子音の後ろから使っていく。
母音は四則記号に使う。
定数は変数の前に書く。

・符号

+ プラス。
- マイナス。
+- プラスマイナス、プラマイ。
-+ マイナスプラス。

・不等号

< > =を地球と同じく使う。
<=, >=などの組み合わせもそのまま。

・四則

+ 加算
- 減算
* 乗算
/ 除算

読みは順にo, i, a, e。fok, fid, hant, festでも可。

・分数

分数も/で示す。3/4で四分の三。3+4ではない。
読みはvi un val。
帯分数はqwertyでは使えない。仮分数にする。

・小数

gainを使う。0.4のように。
読みはyuu int val。

・カッコ

地球と同じ。(), {}など。

・単位

m メルフィ。m
b メルバ。kg
 :

数式中では[]内に入れる。
[m/m]で時速メルフィ。
[]は混乱ない場合は省略できる。あるいは下記同様大文字にしてもよい。

・特別な定数

重力加速度gや摩擦係数μのように特定の名称が定まっている係数については幼字を使う。これは幼字を使う文化圏の強みである。もし漢字圏が科学を発達させたら特別な定数は漢字一文字で示されただろう。なおarkantisでは幼字を表示できないため、その字の読みを用いる。

・その他

絶対値は||で示すが、これはqwerty用の表記で、実際にはoという幼字を使う。
指数は^で示すが、これも本来は幼字を用いる。


Kauli
トップに戻る