アルカ[レベル]4の単語


(alisaxte
/ [天秤詞]不安な笑い、不安を隠すような笑い、戸惑った笑い、戸惑いのあるツッコミ
[レベル]4
22

(axtehaizen
/ [天秤詞]怒りきれない訴え、ツッコミ的な怒り、若干笑いのある弾劾
[レベル]4
22

(fhz
/ [天秤詞](fleahaizen
[レベル]4
22

(fleahaizen
/ [天秤詞]激怒、激高、激昂、弾劾
[レベル]4
22

(fleateems
/ [天秤詞]怒りや興奮の篭った驚きや恐怖
[レベル]4
22

(ftm
/ [天秤詞](fleateems
[レベル]4
22

(leeveduurga
/ [天秤詞]泣きそうなほど興奮、「あぁもう泣いちゃうくらいですよ」というハイテンション
[レベル]4
22

(ltv
/ [天秤詞](alistuvan
[レベル]4
22

(lvdr
/ [天秤詞](leeveduurga
[レベル]4
22

(selestaxte
/ [天秤詞]困ったような笑い、戸惑った笑い、ごまかし笑い、当惑笑い、困って誤魔化すようにあるいは自然と出る笑み
[レベル]4
22

(sla
/ [天秤詞](selestaxte
[レベル]4
22

(viineaxte
/ [天秤詞]呆れ笑い
[レベル]4
22

(vna
/ [天秤詞](viineaxte
[レベル]4
22

(xanteaxte
/ [天秤詞]上機嫌な笑い、爆笑、大爆笑
[レベル]4
22

(xna
/ [天秤詞](xanteaxte
[レベル]4
22

\
/ [約物]alkilp
[レベル]4

aadho
/ [生物]骨盤、寛骨。区別なし
[レベル]4

[語法]
腸骨、恥骨、坐骨から構成。上から順にアルカンスで命名。寛骨はルヴァンにおいて特に重要な骨とされる。

aak
/ [娯楽]アークパズル
[レベル]4
13←古:aak(パズル)。古アルカを使った独特なパズルを特にaakと呼んだ。これに英語のパズルを付けてaakpazlとしたが、意味はaak単体と同じ。aakだけでもアークパズルの意味に等しい。pazl自体は英語なので除外する。一度クイズという意味で制アルカで使われたが、18年にクミールがアークパズルを復古させた論文でaakと呼称したことから、アークパズルの意味で再び使うようになった。
[文化]
メルとクミールが作ったアンティス固有のパズル。古アルカの幻字を使ったパズル。メル7年ごろにメルがクミールと出会い、友人となった。それからすぐにアークパズルが生まれた。当時メルはまだ7歳だったが、クミールは対等に友人関係が築けると述べていた。12歳にもなると立場は逆転し、クミールよりもメルの方が賢くなった。
アークパズルは幻字を使ったパズルだが、種類がいくつかある。いずれもほとんどメルが考案したものである。この遊びはアルシェでもソーンでもあまりはやらず、シェルトと同じく2人の遊びという印象が強かった。だがどの使徒も一度は取り組んだことがあるし、少しマイブームになったという程度ならそれなりの人数がいた。制アルカになって幻字を使わなくなってから、アークパズルは衰退した。ディアセルの課題としてクミールが担当したのはアークパズルの復古である。制アルカの幻字でアークパズルを実現するという内容である。セレンは論文の提出をミルフの月に受け、この文書を作成した。アークパズルの復古は制アルカによる文化がある程度成熟したら行う約束であった。アークパズルの移植自体は制アルカができるころから既にあった。

aallag
/ [経済]ボーナス
[レベル]4
20

aallots
/ [電算]オルターキー
[レベル]4
20

aalsab
/ [被服]よそ行き、余所行き、他所行き、よそいき、おしゃれ、オシャレ、お洒落
[反意語]leimsab
[レベル]4
rd;/
23

aatan
/ [形容詞][ネガティブ]慇懃無礼な、馬鹿丁寧な、卑屈な
[類義語]alit
[反意語]silkkatar
[レベル]4
20:古aata/lan(丁寧語のaataばかり繰り返す人)
【用例】
namo aatan 慇懃無礼な態度

aavlokt
/ [娯楽]知恵の輪、知恵のわ、ちえのわ、ちえの輪
[レベル]4
20:鎖パズル
[文化]
夜の暇なときなどに行われる遊びで、典型的な娯楽のひとつ。

aaxal
/ [天文]waamen
[組み数字]6/8
[レベル]4
lsd;aaxa/al 「常にいる星」周極星であることから。むろん周極星はほかにもある。
21

aaxelil
/ [化学]ヨウ素
[レベル]4
18:制

abaog
/ [生物]みぞおち、鳩尾、心窩部、心窩、心下
[レベル]4
21:a/baog(殴るところ)ここを打つと敵は悶絶する

abram
/ [言語]竜字、アブラム
[レベル]4
21:arba/forma
[文化]
hac、lim

acva
/ [悪魔]アルヴァ。ヴィルテにアルマを加えた集団の総称。
[レベル]4
meltia 0:acma;acma/virte
古:ridia:acmaとvirteの混成。acveにならなかったのは母音調和によるもの

ad
/ [言語]古アルカ
[レベル]4
21

adai
/ [政治]君主
[レベル]4
zg;al/daiz
24

ademina
/ [魔物]アデミナ(花憑):第九十三天:害の幻天
[レベル]4
19:ridia/seren/mel:adel/miina(モンスターフラワー)
[文化]
人食い花。ラフレシアのように巨大で気持ちが悪い花。花が口になっていて、人を飲み込む。根が脚になり、動く。

adial
/ [被服]編み上げ靴、レースアップ、紐靴、ひも靴
[レベル]4
古:adial←al/dia/luas。alはペアを表わす。元はサンダルとのペアだった。サンダルは古でdialuas
[文化]
魔力をあげると信じられており、rdではリディアが好んだ。

adiaxant
/ [名詞]使徒週のプレゼント
[レベル]4
19:制アルカではソルシャントと呼んでいた
[文化]
何らかの記念日から1使徒週が経過する日に渡すプレゼント。恋人間に多く見られる風習。正式には身に着けている装飾品などを譲渡するが、単なるプレゼントとして与えることもある。xeltxantを兼ねることもある。

adif
/ [化学]中性、酸塩基
[レベル]4
23
adik
/ [人名]アディック
[レベル]4
古:語源不詳だが、a(否定)di(夢)k(言う)で、「叶わぬ夢を呟く者」と覚えたい。
[語法]
人間。カコの時代に生きた青年。自分で描いた絵の少女に熱愛し、現実の女に一切靡かず、理想の少女のみを愛した。少女が架空であり、懐けないことを苦悩し、体と命を与えてほしいと願い、エルフレインの試練を経てヴァエラを開け、願いを叶えた。アティーリ版のピグマリオンといえる。

adil
/ [植物]もぐさ、モグサ、艾
[レベル]4
rd;al/dilin
24

adisoz
/ [法律]死刑制度
[レベル]4
rd;/
23

adlka
/ [名詞]加工場
[レベル]4
rd;/
24

adoer
/ [料理]ミネラルウォーター、硬水。区別なし
[レベル]4
19

adul
/ [動詞]yulを迫害する、迫害する、弾圧する
[レベル]4
19:ilmus:ridia:adyu/l(古アルカの動詞語尾)
【用例】
artist di adulat yu fol lantis t'anver. ランティス・タンヴェルでは多くのアルティス教徒が迫害された。

adyus
/ [動詞]yulを犯す、犯す、陵辱する
[レベル]4
古:ケートイアのアデュで数々の陵辱が行われたことから。sは古アルカでよくみられた動詞を作る接尾辞
【用例】
varzon adyusat yuuma demel. ヴァルゾンはユーマを騙して犯した。

adyussou
/ [言語]親展、御直接。男性に
[レベル]4
21

adyut
/ [被服]インバーネス、インヴァネス、インヴァネスコート、フード付きコート
[レベル]4
sm;
[文化]
smのアデュでできた防寒着。地球より早く生まれている。
【用例】
firartan oken adyut et siin du fil. インバーネスの白魔導師は根強い人気がある。

af
/ [言語]新生アルカ、中アルカ
[レベル]4
21

afat
/ [動詞]yulをiから徴収する、徴収する、取り上げる
[レベル]4
16:制:av/fat(強く取る)
【用例】
kad afat vik i lizl lex vai. 国が男を村から徴兵した。
afat liva i yulian 子供からゲームを取り上げる

afixtakt
/ [名詞]辛党
[レベル]4
21
[語法]
酒好きという意味ではなく、辛いものが好きという意味で使う。
【用例】
les siina veld et kamil afixtakt. 酒好きはたいてい辛党だ。

afra(2)
/ [名詞]8分の1、エイス、45度
[レベル]4
rd;al/frak
24

afrein
/ [人名]アフレイン。アルマスト派の始祖
[レベル]4
古:elfreinと同根
[文化]
アフレイン(メル210年代?―290)。アルマスト派の始祖。少年〜青年期の230年、マルテの恋人であったが、神々を敬わずアルマを敬うという信仰の違いにより破局。同時にアルティス教の一派アルマスト派を立てる。260年ごろ、当時のアルシオン派の首領となっていたマルテと再会し、息子ユレット、娘アメリを設ける。290年、敵対政党であるミナレットの首領アルファウスに殺害される。

ages
/ [化学][料理]炭水化物
[レベル]4
13←古:jage(糊)
[文化]
多くのアルバザード人はデンプンの同義語だと勘違いしている。

ago
/ [化学][料理]澱粉、でんぷん、デンプン、スターチ
[レベル]4
13←古:jageから

aho
/ [地学]石膏
[レベル]4
13←古:palho(白くて固いもの)

ailen
/ [生物]アメーバ
[レベル]4
19:ridia:ailai

ainakn
/ [政治]個人主義
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt
[文化]
徹底した個人主義だが、個人主義より高次に社会通念が存在する。つまり、倫理の中では何をしてもいいという制限つきの個人主義である。ミロクの立てた倫理に背かないかぎり、つまりアルティス教に背かないかぎりは、個人の美観に沿って行動してよいということになっている。
アルバザード人は実際個人主義で、意見はあまりまとまらない。それを知っているので最初から団体行動を避ける傾向にある。アルバザード人は団結して動くのは、理に適っていると論理的に分かっている場合と、倫理に適っている場合。芸術性に関してはバラバラなので、意見はしばしば一致しない。
【用例】
arban til ainakn leimel. アルバザード人は基本的に個人主義だ。

aintex
/ [法律]個人情報
[レベル]4
20

aisol
/ [被服]スラックス、長ズボン
[レベル]4
21:ais/yolo

aito
/ [植物]キビ
[レベル]4


ajet
/ [美容]スタイル、プロポーション
[レベル]4
21:aja

ajinon amanze
/ [人名]アジノン=アマンゼ
[レベル]4

[文化]
シオン=アマンゼの伯父。アジュネの兄。ヴァルテス派の始祖。

ajne amanze
/ [人名]アジュネ=アマンゼ
[レベル]4

[文化]
シオン=アマンゼの母親。アジノンの妹。

ak(2)
/ [言語]制アルカ、遠アルカ
[レベル]4
21

akan
/ [形容詞]本命の
[名詞]本命、志望校
[反意語]altal
[レベル]4
rd;alka/lana「最大の狙い」
23

akik
/ [地学]山崩れ
[レベル]4
14:制:aki(陸)
[文化]
akik em sod. 山崩れが起きる。

akit
/ [運動]コート、運動場
[レベル]4
14:制:aki(陸)
【用例】
ans yol vil akit e diiagek man atu tur lika. テニスコートが混んでいて使えない。

akkai
/ [死神]アッカイ
[レベル]4
古:海(ア)の巨人(カイ)
[文化]
テージュ海に埋もれていた巨人。アクタカが目覚めさせ、復活させた。クリスタルのヴィードから生まれた生き物。エルトやサールの血脈ではないため、ルノなどと同じ魂科になる。死神のようなことはしていないので、死神族ではない。しかし単体なので、別の族名を作らない。
アズゲルの時代に、シフェルの民が惑星のクリスタルの力を利用せんとした。しかし魔導師の彼らは宇宙空間に滞在はできても、惑星間の長距離を短時間で移動できない。そこでまず月に行き、クリスタルを手に入れ、それを原動力として動く魔導船シェルタージュを作った。しかし失敗し、ルティア付近の海に沈没。
クリスタルが落下した衝撃で力を開放し、akkaiが生まれる。周辺のシフェルらに大打撃を与える。アッカイは世界の海を渡ったが、やがてテージュ海で封印される。
後にrdでアクタカがアッカイの封印が解く。それをアシェットが倒したことで、アッカイのヴィードがクリスタルに戻る。その結果、シェルタージュの封印も解ける。アシェットはシェルタージュを利用し、惑星間を高速移動した。

akleim
/ [植物]菜の花、なのはな、油菜、あぶらな、アブラナ
[レベル]4
lsl;klain
20:kmiir

aklkei
/ [動詞]yulを追尾する、追尾する、追跡する
[普通動名詞]追尾、追跡
[レベル]4
23:18に踏襲の意味でtijができたが新生化にともないtijが消えた。21年にaklkeiで踏襲の意味ができた。23にtijvetを検索したとき、tijがないことに気付き、tijに踏襲の意味を与えた。このときユーザーからaklkeiは追尾として使ったどうかという提案を受け、これを受け入れた。

akmab
/ [化学]原油
[レベル]4
19
【用例】
akmab em falti dotel. 原油が高騰する。

aknan
/ [名詞]主義者
[レベル]4
rd;/
24

akogana
/ [軍事]領土
[レベル]4
19
【用例】
akogana han 広大な領土

akolom
/ [普通動名詞]土下座
[動詞]yulに土下座させる、土下座する
[レベル]4
22

akom
/ [名詞]水平
[類義語]hix
[反意語]jint
[レベル]4
rd;a(古で海の音象徴)/kor(方向).l
24

akovern
/ [地学]土砂崩れ、土砂災害、土石流、地すべり、がけ崩れ
[レベル]4
rd;/「地面崩壊」
23

akskorx
/ [運動]背筋、バックエクステンション、バック・エクステンション、エビぞり、エビ反り、海老反り
[レベル]4
rd;/「床で仰け反る」
23

aksom
/ [名詞]ノウハウ
[レベル]4
rd;ak/so/om「どのようにするかの方法」
24

aksrok
/ [運動]腕立て伏せ、腕立て、プッシュアップ
[レベル]4
19:床を押す
【用例】
el aksrok ax kon 14 jin tat ko ol til lax jam vien. 胸をつけたいなら、毎回14秒かけて腕立てしな。

aksslot
/ [数学]底角
[レベル]4
20
【用例】
aksslot t'iwakas et kok a xok. 二等辺三角形の底角は互いに等しい。

akszol
/ [音楽]コントラバス
[レベル]4
21:エンドピンで床に立てる

akua(2)
/ [植物]semaim
[組み数字]2/9
[レベル]4
szl;akuoria アクオリア経由でインサールから流入したため
21

alamiti
/ [名詞]寒色のアミティ→amiti
[魔法]アルアミティ。光の高位白魔法。「熱」が原因の病気を治す。高熱など。
[レベル]4
古:ridia
【用例】
firartan keat tulf kon alamiti. 白魔導師がアルアミティで高熱を治した。

alantonk
/ [名詞]社会的身分
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

alasanxal
/ [地名]西アンシャル、西欧
[レベル]4
19
[文化]
alasanxal:西アンシャル、西欧。ファルファニア、フレディスク、イネアート、ヒュート、ケートイア、ディミニオン、アルバザード
xiaranxal:北アンシェル、北欧。アルダ、エルトア、ナオン
axtianxal:東アンシャル、東欧。エニーク、アルシェリア、エスティア、ゲノス、アルタ
fleuanxal:南アンシャル、南欧。ラズディア、ベルティア、メルディア、キルティア、アルマティア、カルテール、ガルテア
xiarinsaal:北インサール、北亜。デスパナ、フィギット
axtiinsaal:東インサール、東亜。ロロス、ヒュグノー、アルティア、ヴァルマレア
fleuinsaal:南インサール、南亜。ユロ、フィガン、ユベール、マイナ
alasinsaal:西インサール、西亜。ピッカ、トゥナス、ソーナ
seelinsaal:中央インサール、中亜。ヴェマ、リーシア、ヴォザモ

alasinsaal
/ [地名]西インサール
[レベル]4
19
[文化]
→alasanxal

alaspoit
/ [地学]西経〜度
[レベル]4
23

alaspol
/ [地名]西方
[レベル]4
20
[文化]
アルシア、ヒュート南西部、フレディスク、アルヴァノス、ガルヴェーユ、フィーリアの地方。フィーリアだけ地理的には北なので注意。いずれも西方方言を話す。エルト神とサール神の話していたアクセントに最も近いとされている。

alasrein
/ [地学]西経
[レベル]4
19

alaten
/ [生物][地学]アルアテン
[レベル]4
19:al/aten
[語法][文化]
etanとluniの総称。

alaxma
/ [形容詞]非論理的な
[反意語]axma
[レベル]4
19

albalk
/ [名詞]不成立
[経済]不成
[レベル]4
22

alblant
/ [植物]finoin
[組み数字]8/9
[レベル]4
szl;al/blenz/te 「炎のような」。alは強意。
21

aldanl
/ [形容詞]分別がない、浅はかな
[反意語]danl
[レベル]4
19

aldespa
/ [動詞]yulの封印を解く、解く
[レベル]4
19:melidia axte

aldiaz
/ [親族]内妻、内夫、内妻、内夫、内縁、内縁の妻、内縁の夫
[類義語]melmit
[反意語]diaz
[レベル]4
rd;/
24

aleifa
/ [天文]北極星
[天文]ポラリス、こぐま座アルファ星
[レベル]4
19:aleivliifa(北極の星)
[文化]
地球の自転軸と同じ方向にある北極側の星。たまたま自転軸の近くにあるだけである。歳差があるので、時代ごとに何が北極星になるかは変わる。アルカでは北極星はポラリスを意味する。リュウとナユが北極星を名付けたときの北極星がポラリスだったためである。なお、当時の自転軸からのズレは約3度。レインの時代のレイユでも北極星はポラリスだが、ズレは約1度である。なお、レイユにおいて南極星は存在しない。

aleifaka
/ [天文]北極点
[レベル]4
21

alel
/ [普通動名詞]対面
[動詞]yulをaに対面させる、対面する、対峙する
[経済]相場。買いと売りが対面する価格帯であることから。
[レベル]4
22:al/eel

alemvet
/ [言語]擬情語
[レベル]4
21
[語法]
fovet

alen
/ [名詞]操り人形、からくり人形、カラクリ人形、絡繰人形
[レベル]4
19:ridia:a/lent
【用例】
an alsabes sab it alen lana kea. メンテのため人形から服を脱がせた。

alesek
/ [動詞]yulを去勢する、去勢する
[普通動名詞]去勢、宮刑
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt
[文化]
altにはあったがアルバザードには宮刑はなかった。メジュテルのおかげで後継者の暗殺リスクが低かったため、アトラスでは大奥や宮中が栄えなかった。
しいていえば、リンチで睾丸を潰すことはあるかもしれない。ただ、宮刑としては存在しない。

alet
/ [名詞]晄泉、アレット、魔晄源
[医療]特発性、本態性。特に区別なし。anka,lakaに対し、第3の場所として選ばれた。
[類義語]eska
[レベル]4
古:アレットからは神の栄養素アレフが湧いているとされていたが、神は栄養ほしさに召喚されるということになり、犬か何かのような扱いになってしまうので不適切とされた。また、ヴィード論が確立するにしたがってアレフの存在理由がなくなったこともあり、メル19年に廃止し、アレットからはヴィードが湧いていることになった。これにともない、魔晄はヴィードに当てることとなった。
[文化]
→eska
アレットはヴィードが湧き出る場所(泉が多い)のこと。世界各国さまざまな場所にある。
ヴァステとラヴァスでは神がここを拠点にしていた。そしてアレットを中心に国をいくつか作って住み着いた。アルバザードやヴェマやヒュートがそうである。
ラヴァスの後、神々がアルフィを作った結果、アルフィとアトラスを分離させないための「次元の糸」としてアレットを利用した。世界中のアレットとアルフィは繋がっている。
また、各アレットはアルフィの特定の場所と繋がっている。神の国はアルデス王とルフェル王により、すべての土地がいずれかの神に与えられている。そのため、各アレットは特定の神の土地、言い換えれば特定の神と繋がっている。
アズゲル〜カコで人類が国を作った際、人類もまたヴィードが沸く泉であるアレットを中心に国を作った。
メルテナでは召喚士が現れたため、アレットは神と対話する場所になった。人々はアレットひいては国が神に守られていると考え、神を祀ってそこに祭壇を置くようになった。これがサリュである。そしてサリュを置く部屋をカルテンと呼んだ。
従って、この時代では「カルテン→アレット」と考えて差し支えない。ただし、「アレット→カルテン」は不可。山奥や洞窟の人知れぬところにもアレットはあるため。
革命後は「カルテン→アレット」とは限らなくなる。ミロクの円形都市サライは中央にカルテとカルテンを含む。ひとつのサライが大きくなりすぎないよう、直径10kmほどで作った。
例えばアルナも直径10kmの小さい都市である。しかしアルナ地区は元々そんなに狭くない。そこで北アルナなど、複数のサライを作る必要があった。
ここで問題なのは、北アルナのカルテンは元々アレットのないところに作ったものだから、簡単にいえば偽者だということである。アレットを含むのは中央アルナしかない。革命後にカルテンは異様に増えたが、アレットが増えたわけではないので注意。
アレットには守護神神が祀ってある。例えばアルナにはアルデスが祀ってあり、アルデスが守護神になっている。

alfalim
/ [気象]極夜
[レベル]4
19
【用例】
el til sen alfalim ka arda. アルダでは極夜が見れる。

alfaus
/ [人名]アルファウス
[レベル]4

[文化]
アルファウス(melpalt ?→310)。民主主義勢力ミナレットの三代目首領。民主主義勢力ミナレットの三代目首領。メル暦290年、ミナレット第二代首領ファウスは、アルティス教の始祖シオン=アマンゼの娘マルテ=アマンゼと戦い、相打ちとなった。よってミナレットは、息子アルファウスに引き継がれた。アルファウスはマルテと共にアルバザード侵攻を行なったマルテの夫にしてアルマスト派の始祖アフレインを殺害。しかし、マルテの子ユレットとアメリとアルファウスはいずれも強力な魔術師であり力が拮抗していたため手が出せなかった。295年、アルファウスはアルティス教弾圧停止要求を受諾。300年、ミナレットとアルティス教が停戦する。同年、アルファウスはアルバザード国王アルバ17世を退位させ王制を廃止、最高権力者である副王に就任。310年、選挙問題によりアルファウスはユレットとアメリと戦い、相打ちとなる。その後、アルティス教系政党ともに腐敗甚だしい状態となる。320年、ユレットとアメリの息子ミロク=ユティア率いるイルミロク党が選挙に勝利し独裁政権を樹立したことにより、ミナレットは滅亡した。

alferes
/ [形容詞]作為の、ランダムでない、最初から決まっている
[反意語]feres
[レベル]4
20
【用例】
tu aji et silgius fuo man vastan jigat yu alferesel. 最初から当たる人が決まっているなんて、その籤は酷いイカサマだ。

alfikl
/ [俗語]2.5次元、アルフィクル
[俗語]フィギュア、ラブドール、ドール、人形、萌えOS、ラブプラス、バーチャルリアリティ
[レベル]4
vl;/
23
[文化]
二次元の性質を持った三次元。または三次元の性質を持った二次元。前者はフィギュアなど、後者はラブプラスのようなバーチャルリアリティなどを主に指す。

alfort
/ [アイテム]魔槍アルフォート
[レベル]4
ridia:古:語源不詳fの部分は槍を意味するのか?
[文化]
ヴァストリアの1つ。ピネナのもつ魔槍。自由自在に伸びる。
【成句】
yun alfort 縦横無尽、自由自在、変幻自在

alfren
/ [数学][言語]数学語
[レベル]4
rd;/
23
[文化]
rdでセレンが提唱した概念。数学は数学語という人工言語であると唱えた。言語である以上、他の言語に翻訳することができるはずであり、他の言語に翻訳できない場合は何かしら原文の数学語に欠陥や数学世界におけるご都合主義が潜んでいると述べた。

→nafhafに見られるように、セレンは数学を数学的でなく語学的に捉える習慣があった。それゆえ文系的な物の見方で数学を捉えることが多く、彼は数学は言葉であるという言葉を残した。

algaav
/ [アトラスの国家]アルガーヴ
[レベル]4
19:ridia:al/gaavi
[文化]
面積:261417.259335 km^2

algata
/ [化学]亜鉛
[レベル]4
古:ryuu:magataを元に、alを付けたもの。almagata→algata。真鍮を作るための合金元となる金属。原義は意図を組むと「真鍮材」とでも言うべきか。
[文化]
カニに多いと考えられている。不足すると味覚異常になると知られている。

algatalil
/ [化学]亜鉛→algata
[レベル]4
19

alha
/ [名詞]側近、腹心、忠臣
[類義語]camia
[レベル]4
19:melidia axte:al/hacma
[語法]
camia

alhaik
/ [死神]アルハイク
[レベル]4
meltia 4:atwaayu o luno;e
19:ridia
[文化]
四天王(死神四貴族)の一人。男性。誘燈種。捨て子の紗枝を育てた。シューゼ勢に騙され討たれた際、紗枝を死なせないために、火の中で封印の間際に紗枝と契る。

alhanbel
/ [アイテム]フランベルジュ、アルハンベル。波打った剣や鎌。
[レベル]4
szl;al(強意)/hanbel(茶色)。敵のこびりついた血で錆びて茶色に見えるほどのという意味。
[文化]
夢喰いの詩姫の武器。

alhim
/ [生物]無性
[レベル]4
19

alia
/ [アイテム]アリア、魔晶
[レベル]4
19:ridia:ar/flia(魔法の水晶)
[文化]
魔法の力が結晶になったもの。最も身近なのは、魔法を含んだ水を蒸発させることで得る方法である。例えばナギを蒸発させると、薄い水色の結晶が残る。これがナギの魔晶であり、中世ごろはナギサの名称で販売されていた。一般に魔晶は成分が濃縮されているため、効果が高い。また、水分を飛ばすことで効果が変わるアイテムもある。

alifan
/ [名詞]社会人
[類義語]alfelan
[レベル]4
rd;/
24
[語法]
alfelanは学生でないという点に焦点がある。alifanは社会で働いているという点に焦点がある。

aliidis
/ [医療]不妊、不妊症
[レベル]4
19
【用例】
kea aliidis 不妊治療を施す

alim
/ [単位]テラ
[レベル]4
21:aklim

aliskit
/ [気象]初秋
[レベル]4
rd;/
23

alislil
/ [化学]バリウム
[レベル]4
18:制

alistook
/ [気象]晩秋
[レベル]4
rd;/
23

aljeks
/ [名詞]縁起の良い方向
[反意語]jeks
[レベル]4
19
[文化]
カーデ占いにおける概念。恒常的に幸運な方向というのはなく、カーデの結果ごとに定まっていくもの。

alkahaika
/ [法律]最高裁判所
[レベル]4
22

alkasata
/ [歴史]始祖
[レベル]4
20

alkase
/ [形容詞]洗練されていない、田舎っぽい、素人っぽい、野暮な、野暮ったい、やぼな
[反意語]kase
[レベル]4
20

alkatis
/ [名詞]救世主、アルカティス、メシア、メサイア
[類義語]arkatis
[レベル]4
古:alkatis(救世主)←alkantis(同左)←alklantis(同左)←alk(助ける)/lantis(霊人)
[文化]
例えばrdにおけるアシェットなど。
【用例】
son non laxat alkatis. だから私は救世主を望んだ。

alkilp
/ [約物]バックスラッシュ記号
[レベル]4
21

alklei
/ [名詞]参考書、解説書、虎の巻
[レベル]4
20
[文化]
学校のものに関してはixm参照。

alko
/ [動詞]yulをaに派遣する、派遣する、送る
[普通動名詞]派遣、ハケン
[レベル]4
13:制:aalkokl(特別な使者)。制では特派。
【用例】
alko labast a loit mexet 社員を別の会社へ派遣する

alkoma
/ [数学]反比例
[動詞]yulをaに反比例させる、反比例する
[副詞]反比例して
[レベル]4
19
【用例】
felpaz et alkoma a bolt. 学歴と腕力は反比例する。

allantse
/ [生物]類人猿
[レベル]4
23

allivl
/ [医療]中絶、堕胎、降ろす、中絶する、堕ろす
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt
【用例】
la nat cajik man allivlat yulian. 彼女は子供をおろしてショックを受けた。

allo
/ [形容詞]衒学的な
[類義語]leifa
[レベル]4
古:allo「知ってる知ってる」
[文化]
知性を尊ぶ民族なので、知ったかぶりよりはずっとましと思われている。ただし、品がないと思われる。

almald
/ [動詞]yulを沈静する、沈静する、鎮圧する
[レベル]4
19
【用例】
nain almaldat alvels. 警察は反政府組織を鎮圧した。

almalvas
/ [名詞][形容詞]平和ボケ、平和呆け
[類義語]alvas
[レベル]4
20:油断した平和

almam
/ [生物][丁寧]乳房、胸部
[レベル]4
21:al/mam

almat
/ [企業]アルマット社
[レベル]4
20:「開放した」のalmetのアプラウト。
[文化]
工業系大企業のひとつ。ナディアで船の管理会社として発足した後、船の部品などの工業製品にも着手。大航海時代に荒稼ぎをした資金を以ってアルティルには事業形態を変え、工業製品一般を製造。ジンティ=アルテームスなどを研究員に向かえ、プラスチック製品などを販売した。

almelton
/ [形容詞]メルの望まぬような
[反意語]melton
[レベル]4
rd:mel;/
24:mel
[文化]
yutia

almifre
/ [名詞]アルミフレ
[類義語]flandia
[反意語]zonmas
[アクセント]almIfre
[レベル]4
vl;almi/frei「私の剣と盾」
23
[語法][文化]
flandiaに対抗してできた単語。女子にとって都合の良いアイドル的存在で、二次元三次元を問わないが主に前者を指す。

almina
/ [政治]アルミナ党。ミナレットから分裂した政党の一つ。
[レベル]4

[文化]
alaiv
アルバザードにおいて民主主義勢力ミナレットから分裂した政党の一つ。250年ごろ、利害の対立により当時ミナレット党を名乗っていたレヴァレン党から分裂。

almirate
/ [名詞]骨董具屋、骨董品店、アンティーク店、アンティーク屋、アンティークショップ
[レベル]4
19

almirt
/ [形容詞][ネガティブ]節操のない、股の緩い、浮気がちな
[反意語]mirt
[レベル]4
20

almyukale
/ [政治][宗教]政教分離
[レベル]4
rt;/
24
[文化]
→kadmyukale

alnaxiris
/ [形容詞][ネガティブ]感情表現が単純な、単純な、心が鈍感な
[反意語]naxiris
[レベル]4
20
[語法][文化]
→naxiris, serna

alon
/ [政治]世論
[レベル]4
19:alan/lo
[文化]
革命後においては法律同様に重要視される概念。案件主義を採るアルバザードでは、しばしば世論が法律を曲げて判決を下すことがある。

alovak
/ [形容詞]非武装の
[軍事]非武装
[反意語]ovak
[レベル]4
rd;/
23

alprotol
/ [娯楽]同人誌
[レベル]4
22:al/protol

alsia(2)
/ [名詞]アルシアの11魔将
[シェルト]横軸、軸
[組み数字]11
[レベル]4
古:ridia:11魔将が集結した地であることから11魔将の創造主はリディア。ソーム以降に生まれた。比較的新しい登場人物。語源は全て古アルカの火などの属性を表わす言葉。見てそのまますぐ何だかわかるようにしてある。彼らは神でなく人間であることを強調されたため。大抵lantisを表わすlanやtisなどの接辞が付与された名前になっている。更にlanやtisの一部しか使わないで人を表わす名前もある。女性は比較的指小辞のnが付いたものが多い。語呂が良いので語源となった単語を変えないでそのまま名前にしたものもある。聖と邪は最後にできた。他の9将を作ってから数ヶ月以上経っているため、ネーミングが他の9名と不統一。lanが前置している。
[文化]
yusifer
<概要>
カコに現われた11人の武将。各々得意とする分野の魔法を持つので11魔将と呼ばれる。それまで散逸していた魔法を11種の区別に分け、うちソームが支配する7種を基本属性と正式に決めた。つまり、魔法学の大成者である。アルシアの性別はデームスの性別と同じ。トゥーノは無性別なので男女同数。ちなみに、デームスにない利害は共に男。尚、11種の魔法とは闇水風土火雷光聖邪利害である。
<美徳>
アルシアは11の美徳を象徴する。最初の7つはソームの悪徳と対応関係にある。
この象徴が完全に定まったのはメル19年だが、発想自体は赤アンクノットに既に見られ、形を変えながら受け継がれてきた。
veltis:正直
erin:祝辞
teezen:禁欲
tuunas:勤勉
faila:冷静
iires:謙虚
paltis:質素
lamid:敬虔(神を信じる心の強さ)
lanvem:討異(異端者・不信心を討つ心の強さ)
protis:信賞(善を称賛する心)
levin:必罰(悪を罰する心)
この中で討異はそれに当たる日本語が見つからなかったので造語したもの。
アルティス教は異端者に本来寛容だが、不信心な信者には厳しいため、不信心を主に討つことを意味する。また、不信心な人間を討つことと悪を罰することは別の美徳として捉えている。夢織のランヴェムには、アルティスでなく死神の視点で夢喰いという異端者を討伐するという意味合いが込められている。

alsiamem
/ [組み数字]アルシアサークル
[レベル]4
21
[文化]
rapalx

altal
/ [形容詞]本命でない
[名詞]本命外、滑り止め、すべり止め
[反意語]akan
[レベル]4
rd;alt/lana「他の狙い」
23

alteel
/ [形容詞]一生来ない、ずっとこない、ありえない
[反意語]teel
[レベル]4
19
[語法]
teel
【用例】
an lot tuube sel et alteel aluutel. こんな日は絶対訪れないと思ってた。
sordat alteel 来るはずのない王子様
non milx sordat xalel fien ser la et alteel. 迎えに来てくれないって分かってる。だけど、求めてしまうの。

alteezen
/ [気象]偏東風、貿易風
[レベル]4
19

altelark
/ [言語]譲歩、情報の接続詞。finなど。ただしアルカの場合は接続詞ではなく格詞。
[レベル]4
rd;/逆接の語順が変わったものであることから。
23

alteom
/ [形容詞]いつか終わりが来る、永遠でない、有限の、かぎりある、限りある
[反意語]teom
[レベル]4
19
[語法]
teel
【用例】
hatia alteom 終わりのある恋

alteomrein
/ [数学]線分→rein
[レベル]4
19

alteomsovo
/ [数学]有限小数
[レベル]4
23

altest
/ [言語]別名、異名、マージ名
[レベル]4
15:制
[語法]
マージ名とは、riidyaに対するridia、gerHamejuuに対するgilなどのこと。使徒のうち、本名をもじってできたもののこと。kliizはアルカではkliizだが、和訳は「クリス」。この場合、和訳のほうはマージ名となる。また、メティオを「バロン国」と和訳したのもゲームを元にしたマージ名。

altiant
/ [形容詞]そっけない、懐かない、なつかない
[反意語]tiant
[レベル]4
rd;altian/et
24
[文化]
tiant

altilna
/ [形容詞]自発的でない、人にさせられた、やらせくさい、ヤラセな
[反意語]tilna
[レベル]4
20
【用例】
an varae iskan faliste e vert le fit rens altilna. ニュースのいかにもやらせくさい善人な台詞が鼻につく:falisをfalisteにして「善人っぽい」という風に皮肉っている。

altip
/ [美容]蒙古斑、もうこはん
[レベル]4
21:altia/ipsen

alto
/ [建築][地学]塚
[レベル]4
13:制:古:altuuno(土・土)

alua
/ [言語]親展、御直接。女性に
[レベル]4
21

alufaer
/ [地名]アルファエル川
[レベル]4
20:古ファルファニア語「ルファア横の川」
[文化]
ファルファニアに流れる大河で、移住してきたユーマの一族が住み着いて文明を起こした場所。

alunus
/ [動詞]yulを根絶する、根絶する、絶滅させる、お家断絶させる
[普通動名詞]根絶、絶滅、お家断絶
[類義語]jio
[レベル]4
tm;/
赤?

alvano
/ [人名]アルヴァノ
[組み数字]13/14
[レベル]4
古:alvano←vano/vano
[文化]
(_6 lis din)
第4期3代第13使徒。メルの実母。

alvasakn
/ [政治]平和主義
[レベル]4
19
【用例】
eniik til alvasakn. エニークは平和主義の国だ。

alved
/ [名詞]非ヴィード、現晄、げんこう
[名詞][形容詞]ヴィードを伴わない、非魔法、非魔法の、魔法を使わない
[類義語]flam
[反意語]viid
[レベル]4
21:al/viid
[語法]
xalulの内訳がviidとalved。
狭義では「非魔法の」という意味で、flamと同じ。

alvedfel
/ [名詞]現奏、現晄学
[レベル]4
rd;/
23
[語法][文化]
alvedに関する学問で、大別すると文系と理系に分かれる。

alvels
/ [政治]反政府組織、リターナー、レジスタンス
[レベル]4
古:al/vels
【用例】
teria yut alvels レジスタンスによるテロ

alvenx
/ [形容詞]悪魔の性質を持った
[魔法]アルヴェンシュ。邪の多段黒魔法。邪属性の黒紫の光線で敵を焼く。
[反意語]axmida
[レベル]4
21:al/venx
[語法]
mida

alvesk
/ [歴史]アルヴェスク
[レベル]4
古:ridia:adel anver es ketta(悪魔の雨)から。ディアリーファ同様、文を単語にしたもので、元は「悪魔の呪が雨となりて降りきたる」の意(ただし厳密にはadelの後ろにleがないので非文
[文化]
アデルが振りやすい雨の日。

alxan
/ [名詞][形容詞]二次創作、二次
[反意語]xano
[レベル]4
21:al/xano。@simeだと発音しづらいため。

alxelm
/ [気象]白夜
[レベル]4
19

alxelt
/ [天文]月食、月蝕
[レベル]4
20

alyu
/ [地球の国名]フランス
[レベル]4
13:制:古:alyuul(フランス)。alyuulはアルカ地理からで、「共に痛む物」の意だが、詳しい語源は不明。

alyuul
/ [形容詞][ポジティブ]禁欲的な
[類義語]yulte
[レベル]4
古:ともに痛むような、耐えるような
[語法][文化]
特に聖職者に求められる性格。性欲だけでなくほかの欲に対しても使う。

alzeere
/ [天文]皆既月食、アルゼーレ
[反意語]zeere
[レベル]4
20:al/zeere

amain
/ [言語]前略
[レベル]4
21:al main(いきなり本文へ)
[語法]
andepentで閉じる。

amej
/ [名詞]ヒール、敵
[類義語]retl
[レベル]4
20:gilの古名から。ギルは傭兵という敵役として登場し、はじめはヒールとして出てきた。

amel(2)
/ [動詞]秘かに送る、送る
[類義語]xant
[レベル]4
22:amelu,alt
[語法]
あしながおじさんのように、相手にアピールせずにそっと送ること。アルティア人の美徳として持ち込まれた概念で、直情的なアルバザード人はsmまでこのような感覚をあまり持っていなかった。現在では粋なこととされる。
【成句】
amel hatia 見つめる。恋の視線を送る
【用例】
olta non osk felez enzel, tu et la reiyu le vosk elf xel tyu amel hatia e. 私がどんなに掃除を頑張っても、あなたが見ているのはさぼっているあの子なんだね(『三行ラブレター』13才の少女)

ameli
/ [人名]アメリ
[レベル]4

[文化]
(melpalt 260?→310)。マルテとアフレインの娘。ユレットの兄弟にして妻。ミロク=ユティアの母。アルティス教の派閥アルシオン派の三代目リーダー。

amelia
/ [植物]マジョラム
[レベル]4
lakta

amer
/ [電算][工学]トランジスタ
[レベル]4
vl:amelia xelt;amelia
19:lakta:amel
[文化]
amelia xelt
334 ミロクのもとでトランジスタが開発される

amidi
/ [ジョブ]聖騎士、パラディン
[レベル]4
sm;axmida.k
24

amin
/ [人名]アミン。自ら子を殺した母親
[名詞]子殺し、間引き
[レベル]4
ridia:古:名の由来はmin(女、ここでは女の子供)にソーンのaをつけたものから。自ら子を殺した母親。

amin(2)
/ [魔法][哲学]神
[レベル]4
sm;alt
21
[文化]
hinata

aminal
/ [政治]アミナル党。ミナレットから派生した政党
[レベル]4

[語法]
alaiv
アルバザードにおいて民主主義勢力ミナレットから分裂した政党の一つ。250年ごろ、利害の対立により当時ミナレット党を名乗っていたレヴァレン党から分裂。

amiso
/ [言語]子音
[反意語]vesto
[レベル]4
19:amisfo。音節を作るには原則として母音に頼らざるをえないという特徴から。母音は逆に単独で音節を成立できる。言語の話題の多いアシェットでは単純語になってしかるべき単語。

amiti
/ [名詞]暖色系の灯かりや飾り
[魔法]アミティ。光の高位白魔法。「冷」が原因の病気を治療する。ただし急性症状のみ。冷え性、肩こり、腰痛など、慢性の病気には効かない。
[レベル]4
古:ridia
[文化]
照明の類。ディアセルやメルセルになると家の周りにつける。日本だとクリスマスでよく見る。

aml
/ [人名]アムル
[組み数字]10/14
[レベル]4
古:語源不詳。古アルカでの意味は無し。
[文化]
(- 28 ful dyu_4 dia din)
第4期3代アルシェ第10使徒。男性。seet。ナルムの夫、リディアの養父。少し小柄で痩せている。
4 dia dinにサプリの村を襲った魔族バイアスの火の魔法により焼死。リディアを人質に取られ、武器を捨ててバイアスの手にかかった。

・現実では

(tif 28 ful dyu_2 zan mel?)第4期3代アルシェ第10使徒。男性。seet。ナルムの夫、リディアの養父。少し小柄で痩せている。

amogand
/ [交通][法律]カージャック
[レベル]4
rt;/
23

amoxkad
/ [名詞]隣国
[レベル]4
rd;/
23

ampal
/ [アイテム]アンパル
[レベル]4
ridia:古:語源不詳
[文化]
ヴァストリアの1つ。ジールのもつ神弓。

ampi
/ [音楽]ホイッスル
[レベル]4
21:al/piu

andamelal
/ [地学]標準時
[レベル]4
rd;/
24

anfer
/ [名詞]聖職者
[アクセント]anfEr
[レベル]4
rd; 24
[文化]
アルティス教の影響下のアルバザードでは僧侶、学者、医者、教師が聖職者とされる。聖職者は酒を常飲してはならないなど戒律が比較的厳しく、敬虔であることが要求される。

anje(3)
/ [経済]綺麗な金
[類義語]gil
[反意語]beket
[レベル]4
rd; 24
[語法][文化]
汚い金とは犯罪を犯して得た金や賤業(kuzgin)を通じて得た金やgolemな方法で得た金を指し、anjeはその反対。寄付金やkloxetなお金のこと。拝金主義を嫌うアルバザード人はanjeを尊び、beketを卑しむ。

anjela
/ [アトラスの国家]アンジェラ
[レベル]4
23:ridia
[文化]
面積:530544.745196 km^2

anket
/ [アイテム]スティレット、アンケット
[レベル]4
22:al/keet
[文化]
時魔道士の武器。smのケートイアで考案された。対アーマー用に作られた。接近戦で用いる。

anklet
/ [言語]アンクレット
[類義語]aklvet
[レベル]4
20:古byakkal/vet(跡のある語)
[語法]
合成、複合、混成(痕跡(aklvet))の総称。

anklis
/ [形容詞]小さくて可愛い
[レベル]4
21

ankliz
/ [被服]シュミーズ、スリップ
[レベル]4
rd;al/kliiz。クリスら女子が男子を誘惑する効率の良い服を考えて作った下着。非常に効果があった。
21

ankopel
/ [音楽]和音
[レベル]4
21:al/koplet

anleeva
/ アンレーヴァ、中二病、厨二病、高二病、小二病、大二病
[レベル]4
20:mel:an leva(純粋なこの私)
[語法][文化]
→verseta
根拠のない全能感を感じたり、自分には特殊な能力や運命があると信じる心の状態のことで、思春期の青少年に多い。子供のころに好きだったものを否定することで自分は子供でないと喧伝したり、覚えたばかりの難しい言葉を使ってみたり、やけにプライドが高かったり、社会を変えなければならないと思ったりするのが主な症状。しかし、できるだけイタイ中二病を経験した人間ほど、大人になって大成する可能性を秘めていると考えられている。もちろん、そのまま中二病で終了することもある。中二病にならなかった人は、比較的平凡で歯車な人生を送りがちだが、その代わり荒波もない。
日本と違うのは、そこまで馬鹿にしていないということ。場合によっては大物になるための過程くらいに捉えられている。史上最強の中二病発症者はミロク=ユティア。現実にはリディア=ルティア。rdで世界を救うほどの邪気眼の持ち主。
【用例】
til anleeva 中二病だ

anleman
/ [政治][哲学]公序良俗
[類義語]konl
[レベル]4
lj;antel/lemant
24:ridia
[語法][文化]
ljでできた語で、それまではkonlと呼ばれていた概念。
絶対の正義が定めた価値観を主軸とし、そこに生活の実態である国民の相対の正義が民主的に定めた価値観を加えて形成された良識の一種。

・表現の自由

anlemanは革命でできた単語で、濫用されていた表現の自由を制限し、混沌とした国の良識を取り戻すために制定されたものである。
セレンらは「公序良俗に反しない限り表現の自由を認める」と述べた。セレンらはalや革命前夜のljに跋扈していた一部のマスメディアをマスゴミと呼んで糾弾し、マスゴミが公序良俗を乱していると述べた。
例えばその頃のアルバザードではマスコミが雑誌やテレビなどを使ってケバいギャルのような格好をして男勝りで女らしさがないユニセックスな女を是とし、これがモテる女とかこれが可愛い女とか思わせるよう、国民を誘導していた。ネットではこのような女が一部の男たちに叩かれていたが、声の大きいマスメディアによって、「高校生にもなって処女は恥ずかしい」とか「お父さんが好きとかありえない」とか「ギャルメイクがモテカワ」とか「男女平等は当たり前。でもレディースデーがあるのは知らんぷり」とか「我慢する必要なんてない。相手が嫌になったらすぐ別れよう。離婚もどんどんして慰謝料を取ろう」とか「熟年離婚して年金分与しよう」とか「女性の社会進出は当たり前でいいこと。家庭に入って子供を産み育てるなんてキャリアウーマンのすることじゃない」などと、どんどん女を煽り、腐らせていった。
セレンはアルバザードの民度が年々下がっていっていることに激しい義憤を覚えていた。ある人々はアルバザード人の民度が下がっていったのはユティア朝の力の衰えによるものだとしていて、セレンも一部はそれに賛同していた。だがセレンは根本的な悪は民度を下げるような煽りをするマスメディアにあるとした。マスメディアは刺激的でセンセーショナルな内容を作らなければ見てもらえないし買ってもらえないため、わざと実態とかけ離れた内容を記事にして出版し続けた。読者はより刺激的な内容を好むため(というか前回と同じ程度の内容ならわざわざ買う必要がないので)、版元はその読者らの購買意欲を掻き立てるために実態とかけ離れた記事を捏造し、結果的に国民を堕落させ民度を落とした。
要するにこの頃のアルバザードでは版元が生き残るために国民を煽り、煽られた国民の民度が年々下がっていったのである。セレンは民度低下の元凶がマスゴミにあるとし、これを糾弾した。
マスメディアは本来国民を洗脳し、世論を形成させることができるだけの大きな力を持った存在である。そのマスメディアが低きに流れ、下世話になり、売れるために民度を低下させるなどあってはならない。それならば売れないほうがよろしいとセレンは判断した。が、高給取りであるマスメディアの社員が売れなくても民度を維持するほうが重要だとは判断するはずがなかった。
セレンは革命前にマスメディアが音頭を取ってむしろ民度を上げる方向性に持って行き、お固い内容を主軸にすべきだと主張した。マスメディアの洗脳能力を使い、売り上げが落ちようと民度を上げるような記事を作るべきだと主張した。ところがそのセレンの力なき声に耳を傾ける既得権益者は誰一人としておらず、セレンは激しい怒りを覚えていた。
そんな中セレンは世界を変えるだけの力を手に入れ、革命を起こすこととなった。セレンは力無き頃の自分を完全無視し冷遇し拒絶し嘲笑したマスメディアを一切許す気がなかった。セレンは民度を下げるような、すなわち「公序良俗に反するような表現」を制限し、既存のマスメディアをどんどん解体縮小し、かつて自分を冷遇し無視しあざ笑ったクズどもに復讐を果たした。
アルバザードでは表現の自由の名の下に民度を下げるような表現が平気で行われており、むしろ民度の低い表現のほうが高尚な表現よりも人気を得ていた。というのも、人は低い方安い方に流れ、高尚なものより低俗なものを選ぶからである。低俗なものばかりに金を払う国民にも責任がある。衆愚の自堕落な選択に任せていては、年々低俗なものが増え、高尚なものが切り捨てられていく。セレンはこれではいけないと思った。セレンは低俗なものも多様性の名の下に存在すべきだと考えたが、それが高尚なもの、民度の高いものよりも一般的で人気があるという事態は良くないと思っていた。民度の高いものが支配的であり、たまに下らない低俗なものが混ざる程度の多様性が一番国を腐らせないと考えた。低俗なものはあっても良いが、それが支配的になると国が滅ぶと考えた。
そこで「公序良俗に反する表現の自由は制限する」と制定した。これにより低俗なものは制限され、数が減った。完全に死滅したわけではない点がポイントで、きちんと多様性は保ってある。要するにテレビでいうなら教養系の番組がメインとなり、娯楽系の番組はサブとなり、低俗なものの本数が減らされたということである。また、それだけでは民衆は本数の減った娯楽番組に集中してしまうので、そもそも抜本的な解決策として、マスメディアの洗脳能力を使い、高尚なもの教養的なものが良いもので、低俗でくだらないものは悪という公式を雑誌やテレビなどを通じて放送しつづけることにより、国民の意識そのものを変えてしまった。
国民というのは流動性のある集団で、低俗でくだらないものは悪だというように連日マスコミが煽り続け、高尚で教育的な内容を語るほうが教養があってカッコいいとか素敵だとかいう価値観を毎日のように放送しつづければ、容易に洗脳される。
かつての日本も同じで、戦時中に「欲しがりません勝つまでは」や「もったいない」や「富国強兵」などといった現代ではとても考えられないような価値観を植え付けられていたが、それも政府やマスメディアによって上意下達的に形成された価値観であった。
日本の例を見ても分かる通り、国民というのは自我が強いようで乏しく、政府やマスコミがトレンドを作ればすぐにその価値観に飛びつく代物である。セレンはマスメディアを巧く使い、国民の価値観そのものを変え、結果的にアルバザードの民度を上げた。
それまで教材などの売り上げは低く、娯楽本などの売り上げが高かったが、新たな価値観の元では教育的な内容の本が売れるようになり、娯楽本は買うのが恥ずかしい、持っているのが恥ずかしい、読むのが恥ずかしいと思うようにさせたので、売り上げが減少した。娯楽本の売り上げが減少した分、新しいトレンドとなった民度を高めるような商品の売り上げが増加したため、全体的に見て経済が停滞したということはない。
日本もマスメディアを使って国民の価値観そのものを変えるような洗脳を行えば民度が回復するだろうが、そこまで大きく世界を動かせる革命家(魔導師)がいない以上は、亡国は避けられないことだろう。
ともあれアルバザードの公序良俗はこのようにして制定され、良識は革命によって回復されたのである。

anlfir
/ [伝統色]ウルトラマリン
[レベル]4
rd;al/lfir
23?

anmiir
/ [政治]アンミール
[レベル]4
lj:seren/mel:al/lestimiir
24
[文化]
→lestimiir, serakn, serkolm
ljでセレンらが設置した機関。それまでの立法・行政・司法にいた人間たちを基に構成された。
革命後はレスティミールが三権を支配したが、レスティミールに不具合があった際にレスティミールの代行をしたり、レスティミールの決定に意見を入れてレスティミールに再考を促すことが役割。前者は有事の際、後者は平生から行う。
セレンは革命で政治家や議員などを一見廃業に追い込んだように見えるが、実際にはアンミールの構成要素として残しておいた。機械だけでなく人間にも国を動かさせるためにである。
アンミールはレスティミールと同じく分立した三権から成り、人間が務める。構成員は選挙で行われ、ミールが管理・集計する。そのため構成員には入れ替わりがある。就任期間は革命前と同じであるため、一定の期間ないし解散・総辞職ごとに選挙を行う。
簡単に言えば、「セレンらはそれまでの人間による立法・行政・司法を二軍落ちにしてレスティミールを採用した」ということである。

annel
/ [卑語]クリトリス、陰核
[レベル]4
20:kmiir:anne←古:anne,essenip(いやらしい豆)を隠語化して次々語形を変えていった結果、メル・アルカの時点でanneに落ち着いたもの。20に純詞の兼ね合いでalが付いてannelに。

anoi
/ [形容詞]絶対的
[反意語]noid
[レベル]4
20:alnoid

ans(2)
/ [魔法]エレメント、魔法の要素
[レベル]4
szd;e
*:ans:la ans
[文化]
特に基本7属性のうちさらに基本となる水風土火雷のこと。→五行説(klevans)

ante
/ [組み数字]9/14
[レベル]4
先:語源不詳

ante lolos
/ [人名]アンテ=ロロス
[レベル]4
先:語源不詳
[文化]
第4期3代アルシェ第9使徒にして第4期4代アルシェ第8使徒ラルドゥラの実父。

antel
/ [政治]絶対の正義、公序
[反意語]lemant
[レベル]4
rd:liiza;ante.k
19:古?:ante
[文化]
リーザが始めたポストで、すべての最終決定権を持つポスト。中立で有能だったアンテを就任させた。初代アンテが就任して以降、万年空位。やがてミロクがそのポストに就く。
ミロクはあらゆる決断の最終決定者で、融資だろうが選挙だろうが法律だろうが、そのすべてを覆す権限を持つ。

その後ljでセレンら独裁者側の人間が定義した正義をantelと呼ぶようになり、セレンらはそのデータをミールに入れ、レスティミールに反映させた。
セレンらはミロクと違い司民制を取り入れており、その一環として絶対の正義であるantelの他に相対の正義であるlemantという概念を打ち立てた。
相対の正義は国民一人ひとりがミールに自分の思う正義を投票などの形で伝え、性別、世代、階層、居住地などごとにミールが形成し、最終的に国民全体の正義感としてバランスの取れた形に仕上げる。
ミールは相対の正義を作り、絶対の正義を勘案して、最終的な国の正義感を形成し、レスティミールに引き渡す。

・高尚と低俗――革命で定められた絶対の正義

セレンが定めた絶対の正義とは、「アルバザードを世界一の強国でいさせるために利することは善であり、害することは悪である」という内容であった。
セレンは学問と徳育を最重要視し、高尚なものと定めた。一方サブカルなどを低俗と定めた。低俗なものを排他はしないものの、高尚なものが低俗なものより高位に立ち、羨望され認められ、優先される。そういう世の中を是とした。なぜか。
今の日本で「高尚なものが善で低俗なものは社会の害悪だから常に高尚なものの下にいろ。せせこましくしていろ」と言おうものなら避難を浴びる。戦前や戦後、セレンの親世代はまだ「末は学者か大臣か」という言葉が残っていたのに、平成になってすっかり学者のほうはダメになってしまった。
セレンのように出版業界に詳しかったりすると、20年前の読者と今の読者を比べて読者の知的レベルが落ちていることを実感しているし、教師歴も長いので中学生の知的レベルの低下も実際に長いスパンで見聞している。今の日本人の知的水準がここまで落ちたのは、低俗なものがはびこって高尚なものを尊敬する念が薄れたからというのが理由のひとつだが、多くの愚かな国民はそのことに気付いていないし、こうして啓蒙してもすっかり低俗脳に毒されていて、間違えを悔い改めることができない。
一人ひとりがそうやって高尚なもの、学問などを軽視していくと、何年もそれが累積していくうちに他国に追い越されてしまう。だから日本は亡国の一途なのだ。
ljのセレンは低俗なものがはびこって高尚なものが蔑ろにされる世の中が続けばアルバザードはいずれルティアなどに追い抜かれると危惧していた。そこで高尚なものの地位を高め、低俗なものは余暇程度にせよと社会に命じた。この結果、アルバザードは高い知的水準を維持することができ、国力の維持に繋がった。
今の日本人はこの重要性が分かっていない。東大生や医者ですら、学問や芸術などの高尚なものが上であるということを素直に認めず、低俗なものに走る。こんな連中が世の中を牛耳っていては、国は滅ぶ一方だ。だから日本はアルバザードはおろかアメリカにすらなれないのだ。

セレンの言っていることは至極まっとうだ。高尚なものは学問などであって、娯楽は低俗に振り分けられる。ようは勉強が高尚で遊びが低俗だ。で、考えてもみろ。勉強しないで遊んでばかりの国と、勉強をしっかりしている国が競争したら、何十年後どちらの国が発展するか。当然科学技術も文芸も、学問を疎かにしなかったほうが勝つ。努力は人を裏切らない。
高尚と低俗の話は要するにそういうことなのだ。勉強と遊びと同じ関係なのだ。要するにセレンは「勉強しなさい。遊びはほどほどに」と言っているだけなのだ。これの何が分からない?小さい頃親や教師にさんざん言われたことだろう?分からないはずがなかろう。これの何が賛同できない?この絶対の正義に賛同しない人間は国力を衰退させ国を悪くする害虫だ。こういう国益に反する害獣は積極的に排他すべきである。
セレンは革命でそれを行い、低俗なものばかり、つまり遊んでばかりの人間を糾弾した。それでこそアルバザードの優位性が保たれたのである。当たり前だろう、一生懸命勉強した人間に遊んでたキリギリスが勝てるはずがないのだ。

antriko
/ [魔法]幽体離脱
[類義語]seleev
[レベル]4
22:al/triko
[文化]
背中から幽体が剥がれるとこちらでは考えられている。

anvel
/ [魔法]アンヴェル、呪術
[レベル]4
19:ridia:anver
[文化]
呪いを利用した魔法体系。ファベルのマレットが開発した。その後西洋にも伝わり、シフェルの民にも遣い手が現れた。そのため、アルマレットに含まれるものの、シフェルの民も使うことができる。

anvelan
/ [魔法]呪術師、まじないし
[レベル]4
19:ridia

anverreim
/ [魔法]怨霊
[レベル]4
22

anvert
/ [形容詞]未病な、不定愁訴を感じる、不健康な、不健全な
[医療]未病、不定愁訴
[魔法]忌憑
[魔法][形容詞]悪魔に憑り付かれた
[レベル]4
20:anver/te(呪われた)
[文化]
・lukletiaにおける過敏と不健康と健康観

過敏と不健康は異なる。過敏な人間は少しのことで胃を壊したり風邪を引いたり頭痛を感じたりする。人が平気で酒やコーラや油ものを食べて太っているのを見ると、痩せて胃腸の弱い人は信じられないとともに羨ましく妬ましく思い、ときには珈琲一杯で体調を崩す自分を「弱い」とか「情けない」と感じる。敏感な人間ほど異物に反応しやすいため、吐きやすかったり食が細かったりしがちで、その結果痩せているか水太りな傾向にある。筋力に乏しいため、まして自分を弱いと思いやすく、男性だと更に劣等感を感じやすい。
lukletiaでは過敏は不健康とは異なるとしている。一杯の珈琲や少しの油もので胃痛を起こしたり、チーズや小麦でアレルギーを起こすのは弱いことやまして不健康なこととは関係がない。単にそれは体が反応しやすいというだけのことである。
なお、そのような人は概して排他的な価値観を持ち、偏屈で神経質で内向的な確率が高い。
そのような人は結果としてタンパク質カロリー不足で華奢になるかもしれないが、それはivnではなく、せいぜいen kanviでしかない。
本当にanvertやlevnなのは毒を貯め込んでしまう人間である。いくらでも食べられ、鈍感で、体格は良く、元気で、太っている。ところが毒に体が気付いていないだけで、内面で病気が進行している。こちらのほうがむしろanvertやlevnであり、医学的には問題がある。
【成句】
vals anvert et raten. 痛みを知る医者は名医。rdで様々な不定愁訴に襲われたセレンが作った成句。リュウは西洋医学、セレンは東洋医学のプロだったが、東洋医学は特に経験医療なので、自分自身が痛い思いを経験した医者のほうが患者の気持ちや苦しみが分かって治療が巧いことからこういう言葉ができた。

anvertood
/ [名詞]死の坂、黄泉比良坂、よもつひらさか、アンヴェルトード
[メタファー]デスマーチ、デスマ、過剰労働、過労
[レベル]4
21
[文化]
スピカのほうにあるとされる坂。報われない魂が坂を彷徨い続ける。坂は騙し絵のようにいくら登っても同じところをぐるぐると回転するだけ。

anxante
/ [魔法][工学]アンシャンテ
[レベル]4
meltia 430:bert:al/xante
古:私(an)に答えてくれ(xante)
[文化]
vlまではanxanteというと現lanxanteの意味→lanxante
アンセに搭載された通信機のこと。anxanteは元々魔力で情報を通信するものだったが、魔力を失ったレイユの時代に開発された新型通信機がanxanteの名になり、今までの魔法はlanxanteと呼ばれるようになった。
現実にはリュウが改良したアルシェ・ソーン及びアシェットの通信機を指す。

meltia 430
[言語][魔法]ベルトがanxanteを開発→anxante

anxian
/ [歳時記]節気、二十四節気
[組み数字]24
[レベル]4
20:arxiel
[文化]
zgで24節気ができる。五日で一候(jina)、三候で一気(sapli)、二気ないし六候で一月(teeze)、三月で一季(xalte)、四季で一年(salt)。
日が経つにつれ空模様が変わり、空気が変わり、風の冷たさが変わり、自然の様相が変わることから来ている。
初秋・仲秋・晩秋はそれぞれ複合語で、fianalis, lazalis, manaalis。初夏なども同様のネーミング。(ただし春は立春でなく春分から始まる)
24節気から72節気を作る初候、次候、末候はそれぞれlunasapli, xalsapli, leevsapli。四季神同様、擬人化されている。
24節気はzgでは春六気(春分〜芒種)までが女神の名に頭、首、胸、腹、腿、足を足したもので表された。
例えば春分はアシュテの頭でaxteloとなり、若干殺伐としていた。
日本では立春といってもまだ寒く、春といわれてもピンと来ない。
アルバザードは緯度が高く、春も立春でなく春分から始まるため、節気と季節感が一致している。
rdでようやく文化的に成熟し、季節の花の名を用いて表現されるようになった。
この花は当時のアルバザードでその時期に見るのが良いとされたもので、それを元にアシェットが造語した。
例えば1月はwinter jasminが選ばれているが、この花は12−4月まで咲く。このうち当時のアルバザードで見ごろとされたのが1月であるため、この時期の大寒に選ばれている。
なお、rdなので既に外来種が輸入されている時代であり、その点も考慮したい。
蓮の見所は大暑前後も含むが、大暑になっているのは暑い時期なので水辺にという気遣いから。このように、このリストは単なる見ごろだけで決められていない。
また、ハイビスカスのように熱帯をイメージするという理由で立秋(8月上旬)に来ているものもある。

春は春分から始まるが、組み数字としては節気は立春(冬)から始まる。これはアシェットが節気をまとめたときに、編集者であるセレンが暫定的に自分の誕生日(=立春)を起点に計算していたため。のちに春分から始めるつもりでいたが暫定案で定着してしまい、その後もズレが残ったままになっている。
24節気はそれぞれ起点となる日付が天文学的に決定するため、毎年同じ日になるとは限らない。日本でも春分の日が一定でないことを思い出すと良い。ただおおよその目安として例えば立春は2月4日ごろというものがある。下記にそれぞれの節気の目安を記載する。xistina図鑑の歳時記の項もこの目安を用いる。

立春(anxant, primula、プリムラ)2月4日
雨水(fingen, ume、梅)2月19日
啓蟄(metian, camellia、椿)3月6日
春分(dialet, peach、桃)3月21日
清明(lidian, plum、李)4月5日
穀雨(aklim, rape blossoms、菜の花)4月20日
立夏(lakemit, clematis、クレマチス)5月6日
小満(ardianus, lily of the valley、鈴蘭)5月21日
芒種(felier, rose、薔薇)6月6日
夏至(semian, hydrangea、紫陽花)6月21日
小暑(kmiilia, lavender、ラベンダー)7月7日
大暑(mianet, lotus、蓮)7月23日
立秋(gardian, hibiscus、ハイビスカス)8月7日
処暑(falian, sunflower、向日葵)8月23日
白露(finos, cluster amaryllis、彼岸花)9月8日
秋分(alhaid, salvia、サルビア)9月23日
寒露(diahadir, cosmos、秋桜)10月8日
霜降(figyurer, solidago altissima、セイタカアワダチソウ)10月23日
立冬(jandior, zelkova、欅)11月7日
小雪(weivar, maple、楓)11月22日
大雪(sarbelia, holly、セイヨウヒイラギ)12月7日
冬至(veflir, poinsettia、ポインセチア)12月22日
小寒(elizian, narcissus、ナルキッソス、スイセンの一種)1月5日
大寒(liiten, winter jasmin、ウィンタージャスミン)1月20日

anxillem
/ [ユマナ][音楽]洋楽
[レベル]4
21

anzol
/ [音楽]ベース、ベースギター
[レベル]4
21:al/jizol
[文化]
→zol
こちらでもコントラバスから発達したため、4弦が主流。

anzolan
/ [音楽]ベーシスト
[レベル]4
21

aol
/ [動物]アシカ、あしか、海驢
[レベル]4
13:制:古

apak
/ [名詞]マーカーペン
[レベル]4
14:制:apa/kaz

apamas
/ [名詞]マークシート
[レベル]4
14:制:記号の紙
【用例】
axt al apamas マークシートを埋める(塗りつぶす)

apan
/ [交通]舗装道路、舗装された場所、ペーブメント、タールマック
[レベル]4
16:seren:lklel:avpon(強い道)から

apiaskit
/ [名詞]指定席
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt
【用例】
tau apiaskit 指定席を取る

apil
/ [数学]指数
[レベル]4
19:apia/alx

aplvalf
/ [娯楽]競艇
[レベル]4
21
[文化]
latos

aplyes
/ [交通]航路
[レベル]4
rd;/
23

apnia
/ [美容]エクステンション、エクステ
[レベル]4
21

aprein
/ [数学]補助線
[レベル]4
19
【用例】
leis aprein 補助線を引く

aras
/ [建築]ちょうつがい、蝶番
[レベル]4
13:制:sad:ara(つなぐ)から

arat
/ [建築]くさび、楔
[レベル]4
13:制:sad:ara(つなぐ)から
【用例】
ev arat 楔を打つ

arban(2)
/ [ユマナ]中東や小アジア
[レベル]4


arbaxelt
/ [ユマナ]アルバシェルト
[レベル]4
古:ridia
[文化]
リディアによる主にアルバザードの文化について述べた書物。制のころは聖書の1冊だったが、日本人向けに訳されたことから、アトラスにあるはずのない本になり、2008年の新生化では聖書から外れた。当初は新生訳が試みられたが、辞書とアルバシェルトの二度引きが面倒という理由で日本語のまま幻日辞典の文化欄に統合された。

arbileo
/ [アイテム]アルビレオ
[レベル]4
rd:ridia;lt「神の雷鎚」
24:ridia
[文化]
→gel
ヴァストリアの1つ。セレンのもつ拳銃。

arda
/ [アトラスの国家]アルダ
[レベル]4
古:arda←ardu/ka。原義は「湖の場所」。ardaは元はフィンランドだったが、それだと神のardinが地球出身になってしまう。それでardaはatolasの地名として独立させた。
[文化]
面積:426659.587807 km^2

ardazona
/ [音楽]シロフォン
[レベル]4
21

ardia
/ [名詞]アルディア、神の夢
[レベル]4

【用例】
taf ardia hot gart il. 全てを犠牲にして神の夢を手に入れる。
[語法][文化]
→oltet, seltet

ardial
/ [地名]アルディアル
meltia 95 sen via:lsd;ar(神)/dia(土地)/al(もの)。「神のもの」
[レベル]4
20:ridia:ar(神)/dia(土地)/al(もの)。「神のもの」
[文化]
古代国家のひとつ。ルカリアの東。
神が支配したという意味でなく、神懸かった土地と褒め称えたものにすぎない。不毛な土地なのでせめて名前だけよいものにしたという古代人の心理。

arei
/ [生物]DNA(通称)
[レベル]4
al;↓
19:seren:ars/lei(遺伝子の本)
[文化]
rtで発見されるも、当初はリンの貯蔵が目的と考えられており、areiという名が付くまでは有機化合物の命名法に法って冗長に呼ばれていた。
その後、アデニン、グアニン、チミン、シトシンの順番で何年もかけて塩基が発見されていったが、これらの塩基もまた同じく冗長な命名法に法って冗長に呼ばれていた。
vlに入るとRNAが発見され、後にDNAの構成糖がデオキシリボースであることが分かり、核酸にDNAとRNAの2種があることが分かった。
al初期にDNAが遺伝物質であることが分かり、初めてareiという名が冠された。その後、DNAを構成する4種の塩基についてはそれまでの冗長な命名法を捨て、アルシエルの四季神の名が冠されるようになった。例えばアデニンはareiaxteである。四季の順番は発見された塩基の順序を反映している。

arens
/ [名詞]福音
[音楽]ゴスペル
[レベル]4
21:ar/rens
[語法][文化]
神や天使によるよいお告げのこと。

arfa
/ [名詞]呪符、絵馬
[政治]政策
[文字]ディスプレイ、ディスプレイタイプ。広告や符などに用いた。
[ユマナ][娯楽]ボム、自機スペルカード
[レベル]4
古:arfa←artfu(魔法の符)
[文化]
魔導師が使う魔力の込められた符や、それに類するもの。大抵は紙製で、字が書かれている。魔導師は込められた力を開放させることによって、符に込められた魔法を発動させる。また、単に祈りの符としてお守り代わりにされることもある。
魔法の札に使う紙で政策を記したおふれを作ったことから、政策もarfaという。

arfian
/ [魔法]アルフィアン、幻術、精霊術
[レベル]4
19:ridia:art/fian(魔法遣の女の子)
[文化]
アルトの一種。精霊族の使う独特の魔法体系。幻を見せたり、迷わせたり操ったりというものが多い。また、回復系統の魔法もあり、死者を一時的に呼び戻す奥義もある。

arfiant
/ [魔法]幻術師
[レベル]4
19:ridia

arfren
/ [魔法]魔法戦士
[レベル]4
19:ridia:art/frein
[文化]
魔法遣と戦士の両方の特徴を持ったもの。長所は剣も魔法も使えること。短所はどちらの腕も中途半端になること。一人旅では魔法戦士が優位だが、パーティを組む場合はそれぞれの専門家を集めたほうが良いというのが定石。

arhaf
/ [化学]ペーハー、PH
[レベル]4
19:水素イオンの累乗の指数

aridia
/ [地名]アリディア
[名詞]aridiaetek
[レベル]4
古:ridia

aridia(2)
/ [アトラスの国家]アリディア
[レベル]4

[文化]
初代アルシェの恋人リディアの偉業を称えて建国した。メティオの内部にある小さな国。アルシェの残党が立てた国で、リディアがソーンを暗殺した場所にある。イルムスによるとメティオの真ん中にあるとのこと。

arkaenvi
/ [言語]言語能力
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt
[語法]
eldenvi

arkal
/ [動詞]yulをaに世襲する、世襲する
[普通動名詞]世襲
[類義語]olax
[レベル]4
19:ridia:arka/l(古アルカ動詞語尾)「アルカのようにする」
[語法]
erisと同じ格組で、意味もほぼ同義だが、財産でなく役職や技能を親子間で引き継ぐという意味を持つ。

arkaltrein
/ [組み数字]大元帥賞
[レベル]4
21

arkanet
/ [地学]ガーネット、ざくろ石
[組み数字]7/10
[レベル]4
古:fulmiia
[文化]
火の魔石。

arkapia
/ [言語]会意
[レベル]4
20:繋げて示す

arkar
/ [電算]インターフェイス
[レベル]4
19

arkfor
/ [音楽]連符
[レベル]4
19

arkos
/ [化学]ホルムアルデヒド、ホルマリン
[レベル]4
19:開水素+開アルデヒド(アルデヒド基)

arlil
/ [化学]水素
[レベル]4
18:制

armas
/ [天文]ビッグバン、ビックバン
[レベル]4
vl;arma/so 当時はビッグバンはアルマによるものと思われていたため
古:armas←arma/so(アルマする)はじめにアルマがあり、そこから世界ができた。

arme
/ [生物]染色体、クロムサム
[レベル]4
13:制:古:arottmeli
[語法]
一般には性染色体も含む。また、性染色体の場合、Xはomi、Yはzomという。どちらも古アルカの字形から。

arnakleev
/ [気象]西岸海洋性気候区、Cfb
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

arnavala
/ [名詞]中央アルナ病院
[レベル]4
19:melidia axte
[語法]
中央アルナ最大の病院。夢織ではアリスが入院している。所在地はフェンゼル通りリュウ通り。医師だったリュウを敬愛してミロクがリュウ通りに置いた。また、人口の多い西区寄りに配置した。フェンゼル通りのエリア内といっても、実際はネブラ通りに面したところにあるので、北区を出てすぐにある。

arnea
/ [化学]陽子
[レベル]4


aro
/ [生物]遺伝子、ジーン
[レベル]4
13:制:古:arottから。arottはarkaから。
【用例】
olax aro 遺伝子を受け継ぐ

aroz
/ [電算]プロトコル、規定、議定書、儀典
[類義語]oz
[レベル]4
rd:ryuu;ar/oz「機械の規定」
23

ars
/ [生物][普通動名詞]遺伝
[動詞]yulをiからaに遺伝させる、遺伝する
[レベル]4
13:制:古:arkaの語源「繋ぐ」から
【用例】
lantati es ars a ridia i rsiil in. 親の綺麗なところがリディアに遺伝したようだ。

ars(2)
/ [言語]アルバザード語、現アルバザード語
[レベル]4
21

artaren
/ [地学]アルタレン、アレキサンドライト、アレクサンドライト、神石
[組み数字]1/10
[レベル]4
meltia 10:ludo;art/ren
18:ridia:artasen/ren
[文化]
アルタセンと同じ材質。アルタレスに授与される象徴的な宝石。稀少で高価というのが理由だが、artalesと似ているという言葉遊びも含んである。
アルマの魔石。

artarenrein
/ [組み数字]神石賞
[レベル]4
21
[文化]
→rapalx
smで宝石商が定めた価値ある宝石トップテン。栄誉として与えられる褒美の尺度として王宮に採用されたことで実用化。rdで組み数字に採用される。この順位は当時の価値観であり、現代での価値の順序とは必ずしも一致しない。現代でも宝石の価値は生産量や人気によってまちまちであり、甲乙つけがたいのが通常である。ただこの表の上位5位と下位5位ならば通常地球でも前者のほうが一般的に価値がある。

artas(2)
/ [名詞]業、カルマ
[レベル]4
21:artasen
【成句】
til artas 業が深い
alis. non varae yu miva mil tu artas. みっつ。私はその業により、娘から忌み嫌われる。

artasen
/ [アイテム]アルタセン
[レベル]4
ridia:赤:「反省」。語源不詳。artの部分は魔法だと思われる。artasenは赤アンクノットによると反省の意味。ダルケスを失ったカルザスの反省というところからこの名が付いた。
asen:artasen
[文化]
ヴァストリアの1つ。リナのもつ魔石。ダルケスを失ったカルザスが流した涙が宝石になったもの。身に付けることにより強大な魔法力を有するようになる。魔力も上がるが、一番はヴィルそのものの最大値の上昇である。

artasen(2)
/ [名詞]懺悔
[レベル]4
赤:「反省」
asen:artasen
【用例】
artasen e mirok" かみさまの、懺悔」

artelantse
/ [生物]猿人
[レベル]4
vl;/「原始のヒト」
23

artenfel
/ [魔法]呪文学
[レベル]4
21
[文化]
dolmiyu

artesfel
/ [魔法]召喚学
[レベル]4
21
[文化]
dolmiyu

artfel
/ [魔法]魔法学
[レベル]4
19
[文化]
カコにアルシアの11魔将が興し、大成した。→eldfel

artfelan
/ [魔法]魔法学者
[レベル]4
21
[文化]
dolmiyu

artfir
/ [魔法]魔法光
[レベル]4
21
[文化]
dolmiyu

artfrei
/ [魔法]魔法剣
[レベル]4
17:制

artia
/ [形容詞]幻想を感じたような
[レベル]4
10:ridia:artis←artdia←art(魔法)/dia(夢)。リディアがメル10年に見た夢から。その夢でリディアはアティーリのリディアになっていて、魔法使いになっていた。魔法を使いたいと子供のころから考えていたリディアは魔法使いになれて喜んだ。そのときの気持ちをartdiaと呼び、すぐartiaに変わった。
[語法]
子供のころに抱いた夢をその当時或いは大人になって感じたときの気持ち。将来の実現可能な夢ではなく、実現不可能な夢。王になる、大統領になるはたとえ囚人で事実上不可能だとしても虚構ではなく現実の夢なのでartiaとはいえない。魔法が使えるようになったらとかそういった虚構に対する夢しかartiaといえない。artiaという気持ちは虚構の夢を想像したときにふと沸き起こる強いどきどきと恍惚感を指す。そして思わずそれを何らかの形にして少しでも現実化しようと強く思う瞬間や、その想像に傾倒して酔いしれる瞬間を指す。何らかの形とは、その想像を絵にしよう、小説にしよう、音楽にしよう、ゲームにしようなどという意味である。artiaは特に思春期に感じる。aldiaと意味が似ているが異なる。
aldiaは昔の現実の記憶について懐かしいと感じたときの気持ちである。artiaは虚構なので実体験ではないから懐かしいとは言いづらい。あくまで、そんな風だったら素敵だなと酔いしれたときの虚構に対する甘美な気持ちである。artiaは楽しく陽気というよりは、やや寂しく綺麗な感情である。虚構である点が寂しく、大抵内容は夢見がちな少女が想像しそうな綺麗な内容である。金や復讐などをテーマにしておらず、魔法を使って空を飛びたいといったようなものである。
また、その虚構の世界の中で特に美しいと思われる名場面を想像したときの気持ち、あるいはその場面を後から思い出したときの気持ちもartiaという。

artkami
/ [魔法]魔法科学
[レベル]4
rd
22
[文化]
魔法を使った科学で、smとrdで発達。rd末期に徐々に現代科学(flamkami)へシフトし始めた。

artklel
/ [魔法]アルトクレール、『魔法使いになるために』
[魔法]魔道書←artlei
[レベル]4
21:ridia
[文化]
rdでリディア=ルティアが記した魔法学の集大成。ヴィルについての説明が多いが、ユノやノアの説明も行っているため、ヴィード論総合と考えてよい。
nd以降は魔法の衰退により、魔法学も衰退する。
革命後はアルティス教の世の中でミロクが召喚省下に魔法研究所を設置。しかし「国民の生活の向上」「経済の発展」「軍事力の増強」のいずれにもならないため、税金の無駄遣いと批判されることもある。
そのため政府としても巨額の税金をつぎ込むわけにはいかない。また、魔導師自体がほとんどいないため、研究がなかなか進まない。
よってal以降芳しい成績は収められず、rdのアルトクレールに追記するとともに編纂しなおすという作業を研究所はしている。
したがって、現在artklelはalで魔法研究所が編纂した本ということになる。

artlei
/ [魔法]魔道書→artklel
[レベル]4
22

artmel
/ [歴史]魔法代
[レベル]4
vl;/。まだ人類が魔法を使えた時代なので。
24
[語法]
→feme

artvals
/ [魔法]魔法医
[レベル]4
21
[文化]
→dolmiyu
魔石学から始まり、lukletiaに分岐。smとrdでは錬金術とlukletiaの専門家がそれぞれおり、西洋医学と東洋医学に相当する。両方の知識を持つつわものもいた。rdでの医学の発展に伴い前者は衰退。後者の漢方は現在も残る。

artvantis
/ [魔法][軍事]魔法兵、魔道兵(正式)
[レベル]4
19:ridia

artvizen
/ [魔法]魔動回路
[レベル]4
21
[文化]
dolmiyu

artyulf
/ [魔法][政治]魔法研究庁
[レベル]4
19:ilmus:ridia
[語法]
セルメルでアルバ二世が置いた庁。以降なくなることはなく、レイユでもアルシェ=アルテームスやネブラ=ブルーナらが所属。

artyulfka
/ [魔法]魔法研究所
[レベル]4
19:xion
[語法]
アルシェやネブラが属している国の研究所。レインの父ドゥルガもここの役人。だが実態は召還省の下位機関で、タレスにとって身分を隠すための隠れ蓑。

arvail
/ [医療]エイズ
[レベル]4
19:ryuu:arvain/levn

arvant
/ [法律]アルヴァント、月法
[レベル]4
sorn:arvant(金言)。arvantは「金言」の意味だが、クミールが9年にソーンの聖典の名として用いた。当時のセレンはメルからその企画を聞くと、アルシェ側も対抗心から自らの聖典を作ろうと企画した。そして対決の意思を表わすために、その聖典の名を同じarvantにした。制まではアルティス教の「金言集」を意味し、mel 14|lis|palからセレンが編集し始めた。だが実際にほとんど収録されなかったため、死語となっていた。そのため、メル19年末にアルティス教の経典を表す語に変えられた。
[文化]
アルヴァントはアルティス教徒の過ごし方や心構えについて書かれた法である。ほかの法と比べ、「〜してはならない」でなく「〜しなければならない」の表現が多い。また、月法のみ、背いた場合はdisでなくkahiとなる。
アルヴァントは月法と訳され、アルティス教の経典であり、同時に法典である。arvantはkaxuのひとつである。
ほかのあらゆる法の中で、アルヴァントは唯一良識による法であり、アルバザード人の心を形成しているものである。憲法よりも優先され、最も重視される法律となっている。敬虔な信者や法学部の学生はたいてい内容を覚えている。

arvas
/ [アイテム]アルヴァス
[レベル]4
ridia:古:語源不詳。元はアルヴァスは銃だったが、リディアがやはり銃は嫌いだということで弓に変えたもの。
[文化]
ヴァストリアのひとつ。アッシュのもつ魔弓。

arvim
/ [生物]腱。骨と筋肉を繋ぐ筋
[レベル]4
16:制:arkvimeから

arvina
/ [魔法][名詞]アルヴィナ、ヴィード学、ヴィード論、ヴィード理論、広義の魔法理論
[類義語]dolmir
[レベル]4
古:arte/viid/na
[文化]
dolmiyu
【成句】
arvina a(len) frein 戦士に魔法理論:馬の耳に念仏、猫に小判、豚に真珠

arwant
/ [名詞]聖杯
[名詞][ユマナ]トランプのハート、ハート
[名詞]ハートマーク
[レベル]4
古:ar/want
[文化]
→xante
メルセルの水鏡を入れる器。この場合は横に広い。
また、婚礼に使うワイングラス形の杯も指す。グラスに聖水を満たし、互いに一口飲んだ後、互いの手を交差させて水を飲ませあう儀式で、これをもってアルバザード人は婚姻成立とする。

聖杯を意味する幼字が塩を意味する幼字と同形なため、アトラスでは聖杯をハートマークとしている。日本でいうラブラブやうきうきなどの意味には用いない。その場合はxanteマークを用いる。

arx
/ [経済]資本
[レベル]4
古:アルシェ側の経済が資本主義だったことから。
[文化]
ヴェレイでも日本のように資本を純資産、純資本、自己資本など、複数の言葉で混同して呼んでいたが、後にそれぞれに意味を与えた。

arxakn
/ [政治]資本主義
[レベル]4
19:ilmus:ridia
[文化]
rtで台頭。ただしその潮流自体は中世から見られる。

arxelia
/ [アトラスの国家]アルシェリア
[レベル]4
19:ridia:arxe
[文化]
面積:967105.887066 km^2

arxelian
/ [植物]ヒヤシンス、風信子、ヒアシンス
[レベル]4
sm;arxeliaの属格。
23
[文化]
アルシェリア付近に自生する。smで流入。

arxeteeze
/ [名詞]和気藹々
[レベル]4
22:「アルシェ風な」

arxidia
/ [名詞]幻奏、アルシディア、lunar fantasy
[レベル]4
21:arte/xidia「神の幻楽」。幻想と幻奏をかけている。同時に、幻楽と弦楽をかけ、奏でるを訳出している。
[語法]
levianとdiakalteの総称。具体的にはlevian t'arka(人工言語アルカ)とkaldia ca diakalte(人工世界カルディア)の総称。
[文化]
<地球での幻楽>

地球ではアルカは主にセレンが、カルディアは主にリディアが担当している。21以降はアルカができてきてセレンの手が空いてきたため、カルディアにもかなり進出しはじめた。セレンは仕事が早いため、今後比率が高くなるものと思われる。
カルディアを作る目的はふたつある。ひとつは自分たちのオリジナルなファンタジー世界を持つこと。これはrdに託されている。もうひとつは自分たちにとって理想的で、かつ実際に存在しうる社会を築くことで、これはミロク革命に託されている。

<幻楽とリアルファンタジー>

幻楽はリアルファンタジーである。ベースは学問で、そこにファンタジーの設定を加味して矛盾なく論理的に組み立てたものを、リアルファンタジーという。

地球の学問は地球の環境を背景とするので、リアルファンタジーでは修正を必要とする。そのままの形では使えない。一般の学者はそれが地球でしか通用しないことに気付いていないので、しばしば彼らの意見を修正する必要がある。
学者と専門書を疑う気持ちと、自分の世界を論理的に組み立てる学がなければならない。ただの本読み以上の能力が求められるので、学を学ぶだけでは足りない。応用力も必要になる。

例えば言語学は人工言語を対象としないので、創作に必要な知識を自分で取捨選択しなければならない。選ぶには言語学を当然分かってなければできない。
ファンタジーと付いていると子供だましの遊びに見えるが、実は学問以上に難しい。ただしリアルファンタジーに限る。通常のご都合主義がまかり通るファンタジーなら創るのはたやすい。

リアルファンタジーに必要なものをまとめる。これが揃えられない人は諦めたほうがよい。無駄に傷つくだけだ。ここまで読めば「ファンタジー」という言葉の甘さと実態がいかにかけ離れているかが理解できるはずだ。名前のわりに極めてシビアである。
また、5にあるように、能力を金や名誉に変えたい人にも向かない。

1:学問。知識、応用力だけでは足りない。学者と専門書を疑う気持ち、常識を打ち破るマインドも必要。とにかく自分で考える力が必要。
2:創作力、芸術センス。勉強だけできても物作りができないとこの分野では何にもならない。
3:何十年もコツコツ続ける精神力と根性。諦めない気持ち。使命感。しかしそれがあるなら編集やエンジニアなどになって稼いだほうが得。
4:3を支えるための仕事(=経済力)と時間(=若さ)。日本の労働環境では事実上学生から始めないとアルカやカルディア並のクオリティは無理。
5:世俗の欲に負けない高尚さ。金、名誉、地位などに傾かない聖心。
6:何を見ても「アルカだったらどうか、カルディアだったらどうか」と結び付けて考える習慣。絶対に学んだことを無駄にしないという「ただでは転ばない」根性。
7:仲間。一人で作っても実験できない。実験できなければ修正できない。少しは脳内実験でどうにかなるかもしれないが、最終的には無理。対戦ゲームのデバッグを一人でできますかという話。対COM戦しか修正できない。限界がある。それと同じ。何十年も付き合ってくれる信頼のおける味方がいるか。ただしアルカのようにネイティブの子供までこさえるのはやりすぎ。生まれた子供は仲間ではない。本人の承諾なく巻き込むべきではない。

よくある失敗パターンが、「楽しいから」だ。これは続かない。人工世界で楽しいのはほんの一部なので。あとは地道でつらい作業ばかり。その上金にも名誉にもならない。続くはずがない。使命感がなければ。イェフダー、ザメンホフなど、偉人にはこれが備わっていた。
「広めたい」もよくある失敗パターン。広まらない。ふつうは人工言語に興味など持たないし、それが正常。広めたいと期待するだけ無駄。特にリアルファンタジーは敷居が高いのでなおさら。ゲームの人工言語のように単純なものでないと商用ベースには乗らない。分かる人だけ分かればいいという釣り方式が現実的。

arxidian
/ [名詞]幻奏士、アルシディアン、lunar fantasist
[レベル]4
21:arxidia/n「幻想を奏でる者」
[語法][文化]
言語と世界を創る者。セレン=アルバザード、リディア=ルティアなど。

arxielteeze
/ [気象]季節風、モンスーン
[レベル]4
19

arzep
/ [電算]CPU、中央演算装置
[レベル]4
19:ryuu:制のloszeparを廃して

as(2)
/ [言語]アルカ、現アルカ
[レベル]4
21

asaisti
/ [言語]代名詞
[レベル]4
rd;/
24

asetadel
/ [名詞]一網打尽
[レベル]4
22

aslesk
/ [環境]酸性雨
[レベル]4
19

asmvok
/ [言語]疑問文
[レベル]4
19

asnaxlei
/ [名詞]交換日記
[レベル]4
rd;/「代わる代わる書く日記」
23

asol
/ [被服]レギンス、レギング、レギングス、スパッツ、トレンカ
[レベル]4
21:a/soluwa

asort
/ [法律]民事
[反意語]haret
[レベル]4
20:a soret(青へ)。役所で民事の案件を青い箱に入れたことから。

asterkolm
/ [政治]アステル治世
[レベル]4
19:ilmus:ridia

astertonk
/ [政治]副王(の地位)
[レベル]4
19
[文化]
表ざたに認められいない事実上の身分。地位のほうが適切。

astyuo
/ [言語]再帰動詞
[類義語]saryuo
[レベル]4
rd;/
24

atantas
/ [名詞]面接試験
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

aten
/ [生物]アテン、幻躰、げんたい
[反意語]etan
[レベル]4
19:arte/ern
lantis:
[語法]
超ドメインの1つ。神話系の存在の総称と捉えても良い。
atenに含まれるのは、arte, elt, saal, sart, ert, saar, arxa, arde, teems, deem, adel, delfia, yuuma, ern e yuumaである。
これらの中には科、属、種が含まれている。今あげたものは種とは限らない。
atenは超ドメイン(amat)の一種であるが、その下は一気に科まで降りていく。門などはない。つまり、amatの下はernである。
「ユーマの一族」のことをern e yuumaと言っているが、それを見て分かる通り、ernは科を示す。
amat(超ドメイン):arte
ern(科):sart(神科), lins(悪魔科), selest(魂科), lan(ユーマの一族), mirok(lan以外)
tats(属):ert(白幻神属), saar(黒幻神属), deem(悪魔属), adel(こけら属), avelant(死神属), lantats(ユーマの一族)
xite(種):elt, saal, tikno, ardes〜, teems, acma, meltia〜, kaila, daizailai, vemi〜, sae, lanvem, xiki〜, seren, ridia〜
なお、亜魔族のようなものは亜種ないし変種となる。

aten 神話系存在の超ドメイン
├mirok 非霊科
│├lans 天使
││├sart 神科
│││├ert 白幻神属 (elt エルト神、karzas カルザス、konoote コノーテ、lfer ルフェルなど)
│││└saar 黒幻神属(saal tikno ティクノ、poen ポエン、ardes アルデスなど)
││└selest 魂科
││○├─luno ルノ
││○├─atwaayu アトワーユ
││○└avelant 死神属
││○○├yulan 誘燈種
││○○├diaset 夢喰種
││○○└diasomt 夢織種
│└lins 悪魔科
│○├deem 悪魔属
│○└adel こけら属
└lan 霊人科、ユーマの一族
○└lantats 霊人属
○○└lanxite 霊人種



etan アルテ派生でない生物の超ドメイン。一般的な動物、植物、菌、古生物。

atesvent
/ [経済]小売業
[レベル]4
rd;/
23

atev
/ [物理]電流
[名詞]一般的な意味での電力
[レベル]4
古:atev←altev

atis
/ [エルト]アティス
[レベル]4
古:ridia
[文化]
夜の空を司るエルト。若い女性の姿をしている。ルーンを助けてティアトを産ませる。

atix
/ [名詞]展望、遠景
[レベル]4
13:制:atiixt(遠くの光景)
[語法]
「今後の展望」のような比喩的な意味はない。一望できる遠景のこと。

atolasxalt
/ [天文]天動説
[レベル]4
19:ridia:地動説と逆に考えないよう注意
[文化]
→faalxalt

atolasxezo
/ [天文]地軸
[レベル]4
21

atti
/ [サール]アッティ
[レベル]4

[文化]
海の龍。アルデスとテュアの次男。fretisと人型を使い分ける。

attivaan
/ [軍事]海軍
[レベル]4
19:ilmus:ridia:海の龍アッティの軍

atuj
/ [言語]敬具
[レベル]4
21:atu/ji(手紙を「ここまでで終わり」と指の代わりに示すための言葉)

atwaayu
/ [死神]アトワーユ、天門→ordian
[レベル]4
古:ridia:arte/twaayuか?その場合、元はアトワーユがアルデの類と同一視されていたことになる。
[文化]
トワーユの門番。銀髪に白いテーベを着ている。長い杖を持っている。アトワーユはセレス・トワーユ・ヴェーユを管理する。セレスを他人に譲渡するなど未曾有のことであったが、唯一アルデスとダルケス、ルフェルとフェルデンがそれを行ってしまった。これに憤慨したアトワーユはそれ以後、セレスの譲渡を不可能にした。

av
/ [言語]近アルカ
[レベル]4
21

avanxian
/ [軍事][アイテム]アヴァンシアン、対ボス兵器
[レベル]4
21:avangar/xian.szv
[文化]
vangar
lanserや特にvangarのような敵はヴィードが多く、しばしば倒すのに苦戦を強いられる。特にmilxeの多さはその相手を倒すのに時間がかかることを意味する。そこで複数人での同時攻撃や一回あたりのダメージを高めるといった手段が講じられてきた。
攻撃力を高めるためには強い武器が必要で、その特別な武器をアヴァンシアンという。アヴァンシアンは一般的に威力が強い代わりに当てづらかったり扱いづらかったり壊れやすかったり何度も使えなかったりといった欠点を持つ。通常兵器は雑魚を倒すために用いるので、すぐに壊れてしまっては意味がない。また、攻撃力がありすぎても意味がない。そこで通常兵器はたくさんの雑魚を倒せるため、強靭さが要求される。
例えば天馬騎士の場合、evanjelinが通常兵器であり、lanfioleがアヴァンシアンとなる。

avas
/ [政治]文民、文人、平民、民間、民間人、非戦闘要員
[反意語]vantis
[レベル]4
19:alvas
[文化]
軍人に対する概念。ナディアまでは非戦闘要員のことで、戦士と魔法遣と魔法戦士以外を指した。軍人と文民の区別はグレーで、シーフや技師のように、戦力になるが軍人とは言えないようなものがいたためである。
ナディアでは人類がヴィードを失ったため、軍人は軍隊に属する人間を指すようになった。それ以外を民間と呼ぶようになった。民間は商人と平民にさらに分けられた。技師などは商人に入る。
制服着用で、デザインは警察官と同じだが、色は暗く黒い緑。

avaskolm
/ [政治]文民統制、シビリアンコントロール
[レベル]4
19
[文化]
ヴェレイでは五民の区別がまだあり、民間(文民)は商人と平民を合わせたものであった。文民統制ができたのはヴェレイなので、五民を引きずっているから、avaskolmと名付けた。
革命後の身分制の事実上の復活においては、avasという語は使われない。平民はleimtonkであり、王族、僧侶、学者、医者以外を指す。もし革命後に初めて文民統制という単語が作られていたら、leimkolmと呼んだはずである。

avat
/ [言語]慣用句、格言、金言、イディオム
[類義語]ekin
[レベル]4
16:制:ark/vet(つなぎ言葉)

avax
/ [普通動名詞]洗脳、吹き込む、刷り込み
[動詞]yulをaの考えに洗脳する、洗脳する
[生物]すりこみ、インプリンティング
[レベル]4
16:制:av/xax(強く教える)
【用例】
la avaxat miva a la hot xir lu. 彼は自分しか必要とする人はいないと娘を洗脳した。

ave
/ [名詞]はがね、鋼、鋼鉄、鉄鋼
[レベル]4
16:制:av/fent(強い鉄)
[文化]
dolmiyu

aveiyu
/ [医療]ヴィード死
[レベル]4
20:aveltan/vatleiyu(死神を待つ)
[語法]
肉体の死ではなく、ヴィードが枯渇した死。

avel
/ [サール]アヴェル
[名詞]哲学、道
[レベル]4
古:ridia
[文化]
哲学者アヴェル。青年の姿をしたサール。美しい顔立ちだが、眼光鋭く威圧感にあふれる。

avelt
/ [娯楽]アヴェルト、将棋
[レベル]4
16:制:mel/kmiir:sornのvelt(抽象)にal(a)を付けたもの
[文化]
→nayumel
ルールは日本のものと同じ。盤は木製のものが多い。駒も木製が多い。駒は円形で、表裏に違う文字が書いてある。駒は枠内に置く。
駒の名称は異なる。取った駒を使うという性質上、チェスと異なり、両陣営の駒に同じ名を与えるため、固有名詞を避けている。
王(daiz)・飛車(hacma)・角(hyuxa)・金(benom)・銀(galte)・香車(noie)・桂馬(mool)・歩(walt)
ナユのころは軍事システムが整っていなかったため、金以下がartan, frein, tool, fretis, vaiとなっていた。表を黒、裏を赤で指して同じ文字を使っていた。
これを受けてカコ以降は裏面は赤文字をやめて古い名で呼ぶようにした。とはいえ、金には裏がないのでartanは表れない。なお、飛車と角は成るとrsiilaとkaltisになり、裏面は昔と同じく赤で書かれる。赤になるのはこの2枚だけ。
こういった複雑な歴史の中で育まれてきたものを、現在のルティアやアルバザードでも使用している。
<用語>
王手:a daiz
詰み:a veeyu
成る:axek
取る:set, sedなど

avenalx
/ [数学]最小値、最低値
[レベル]4
19

avlmaladi
/ [経済]世界恐慌→maladi
[レベル]4
19
[文化]
yuuma 1401
インフレに耐えかね、政府はデノミを敢行。国債となっていた紙幣は紙くずとなった。レスティルの紙幣は国外でも保有されていたため、初の世界恐慌が起こる。同時に金貨の価値は急激に上昇し、唯一の貨幣として見直された。

avlsool
/ [経済]経済活動
[レベル]4
19

avlvienkad
/ [経済]経済大国
[レベル]4
19

avon
/ [動詞]yul(敵など)の体に触れてユノを直接流し込む、アヴォン
[類義語]vont、volk
[レベル]4
古:avon←avont←a(〜でない)/vont(ヴォント)「vontではない」つまり「間接攻撃であるvontとは違う類のvont」の意。
【用例】
an avonat retl. 敵にアヴォンを放った。

axearein
/ [地学]海岸線
[レベル]4
19

axekaxo
/ [娯楽]コスプレ
[レベル]4
21

axekaxoan
/ [娯楽]コスプレイヤー、レイヤー→axekes
[レベル]4
21

axelet
/ [形容詞]互恵的な、互恵的、互恵
[レベル]4
rd;axel/te
24

axelfi
/ [地名]アシェルフィ、月泉市、月泉街
[レベル]4
古:axet/elfiアシェットではなく、月の意味。「月が泉に映る街」が原義。
[文化]
アルナの西、サプリの東の街。アルナの膝元で、アシェットのアルシェの暮らした街。
守護神はアスカ。

axelkreim
/ [魔法]浮遊霊
[レベル]4
22

axesvai
/ [軍事]海兵隊
[レベル]4
23?

axevav
/ [運動]団体競技、団体スポーツ
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

axiim
/ [化学]ブドウ糖、ぶどう糖、グルコース、デキストロース
[レベル]4
19:paal:a/xiim。aを付けたのは、糖類(xiim)から派生した具体的な糖のうち、最も基本的なものだからということらしい。

axmati
/ [論理]論理性、正論性
[レベル]4
rd;/
23

axnra
/ [名詞]本家、本元、家元
[反意語]ismra
[レベル]4
16:制
【用例】
fias ka axnra e milm 舞踏の家元に生まれる

axtekit
/ [気象]初春
[レベル]4
rd;/
23

axteld
/ [言語]書き言葉、文語
[レベル]4
17:制

axtesowan
/ [天文]春分点
[レベル]4
21

axtetook
/ [気象]晩春
[レベル]4
rd;/
23

axtianxal
/ [地名]東アンシャル
[レベル]4
19
[文化]
→alasanxal

axtiinsaal
/ [地名]東インサール
[レベル]4
19
[文化]
→alasanxal

axtipoit
/ [地学]東経〜度
[レベル]4
23

axtipol
/ [地名]東方
[レベル]4
20
[文化]
ディミニオン、ナオン、エニーク、アルタの地域。文化的にも政治的にもアルバザードから隔絶している。レイユでは共産圏と資本圏の間にあったものの、オリエントのように文化が混在するのではなく独自の文化を保ち、政治的にもスイスのように中立を保った。アルバザードから近くて遠い国とされる。

axtirein
/ [地学]東経
[レベル]4
19

axuut
/ [植物]アルファルファ
[レベル]4
16:制:xuut

ayua
/ [言語]形容詞
[レベル]4
20:asayuan

azl
/ [医療]結核
[レベル]4
定:抗酸素菌

bakal
/ [建築]遺産、世界遺産、文化遺産
[レベル]4
fv;byakkal.k
23

baki
/ [牧畜]酪農
[レベル]4
16:制:bak

bakkus
/ [サール]バックス。建築の神
[レベル]4
meltia 4:tikno;e
20:古byakkal
[文化]
(meltia 4→)
−建築の神バックス

 ティクノはエルトがサールのために作った最初の家から九十九神のバックス神を生んだ。バックスはティクノが最初に生んだ神であった。
 バックスは建築を司る神であり、無精髭を蓄えた筋骨隆々の赤い肌をした中年男性の姿をしていた。右手には槌を持って生まれてきた。

「父ティクノよ。あなたはなぜ儂を生んだのですか」
「息子よ、実は城と家を建築してほしいのだ。魔法を使わずともある程度寒さを凌げ、楽に暮らせるようにな」
「なるほど分かりました、お任せあれ」
 こうしてバックスは城と家を造りだした。

 一方エルトの一族はバックスの働きぶりを観察し、技術を盗むと、自分たちも城と家を築こうと真似しだした。

baldis
/ [名詞]腐れ縁
[レベル]4
20:be/altis
[語法]
hacn

bals
/ [建築]棟、校舎
[レベル]4
13:制:balkから
[語法]
部屋がいくつか横に並んでいる建物。または建物の中のそのようなひとつの階を指す。

balte
/ [名詞]克、相克
[形容詞]克な
[反意語]hazel
[レベル]4
21:balt/te
[語法]
hazel

balttik
/ [物理]反射角
[レベル]4
19

bankloa
/ [名詞]喜劇。メタファーとしての喜劇。
[類義語]bankyo
[レベル]4
rd;/
24

bansinsol
/ [娯楽]バラエティ、バラエティ番組
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt
【用例】
les an siina et bansinsol. 私が好きなのはバラエティーだ。

baon
/ [自然動名詞]発情
[動詞]yulを発情させる、発情させる
[レベル]4
fv;baona.k
23:mel

baona
/ [名詞]バオナ、狂気、異常性欲
[魔法]バオナ。害の中位黒魔法。異常性欲を起こす。対象は手当たり次第に近くの女を襲う。あるいは女なら男を誘う。アティーリではアルデスがかけられ、妹のテュアを犯し、4匹の竜の息子が生まれた。なお、かけたのはクレオーン神で、かけさせた黒幕はテュア本人。
[レベル]4
fv;baog/na
seren:古:baogna(心を打つ、鼓動する心)

baonadaig
/ [経済][法律]性欲税
[レベル]4
19:概念自体はメル13年ごろ
[語法]
sorntolisの女に課税される。異常性欲者の更生および投薬、性被害者の支援に使用される。

baonsofom
/ [俗語]発情ビッチ
[レベル]4
rd;/
23:mel

baser
/ [名詞]廃水
[レベル]4
rd;/
23

baton
/ [動物]ペリカン
[レベル]4
定:bton(袋の鳥)

bcandi
/ [軍事]散弾銃、ショットガン
[レベル]4
rd:ridia;leebenbcoi.k
24:ridia
[文化]
gel

bcanzlein
/ [運動][武道]武道着
[レベル]4
rd;/
24

bceis
/ [悪魔]ブレイス
[レベル]4
meltia 0:bceis;e
古:ridia:古アルカの原則通り、対となるkleetは長音の母音を持っている。
[文化]
ノアを使うデームス。ノアを司る。20代男性の姿。鍛えられた肉体で、軽装をしている。爪を武器に戦う。やや短気。クレートとペアをなす。常に2人で行動し、超絶的な気を操る。
天王星を司る。

bebelnad
/ [名詞]杞憂
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt
【用例】
tu et bebelnad tis. それは杞憂にすぎない。

beebsetenvi
/ [名詞]消臭力
[レベル]4
rd;/
23

beekmin
/ [卑語]肉便器
[レベル]4
rd;/
23
[語法][文化]
性処理のはけ口として使われる女性。

beel
/ [俗語]童貞
[類義語]frenbeel
[レベル]4
古:元はbeeryolで、更に意味を解釈するとbee(臭い)eria(水)yol(使う)に分かれる。「小便専用」の意味。9年ごろにできてすぐに広まった語。ryoの部分が言いにくかったため、すぐに音が切り詰められてbeelになった。
[語法][文化]
男への代表的な罵倒語。ただし、アルバザードの女は身持ちが固いので、男はたいてい童貞か素人童貞。風俗やレイプや尻軽女で童貞を捨てた場合、むしろ蔑みが増える。処女の恋人ができてセックスした場合にだけ、完全に脱beelできる。
10代のうちはみんなけん制しあっているので童貞は代表的な罵倒語だが、20後半が相手だと罵倒語として機能しなくなってくる。30を超えて童貞の場合、日本の魔法使いと同じく、達観していて女に興味がないのだろうとみなされ、逆に一目置かれるようになる。アルバザードには「性的な嗜好を一切見せない男性はいやらしくなく美しい」と考える女が一定数いるため、30超えて童貞だとある意味見直される。
なお、アルバザードでもalからljにかけて恋愛至上主義になっていたため、日本同様30才まで童貞処女なら魔法使いと呼ばれるようになっていた。童貞なら黒魔道士(魔法使い)、処女なら白魔道士(僧侶)と呼ばれる。
ちなみに童貞はたいていキモがられるが、素人童貞はなお見下される。
【用例】
leev beel im 17 ole{ok, kon, kolset} nene 17才で〜相手に童貞を卒業する。oleが一般的。okの目的語が女だと、女も処女だったイメージ。okの目的語が男だと、男友達二人でソープに行って誰かを相手に脱童貞してきたというようなイメージ。konの場合、相手を利用したイメージ。kolsetの場合、やらせてもらったイメージ。
"ag, xian et beel xanel sanna!?" "meliiis!" "el xal flen beel alkalt lisan eu!" "kyahkyah" 「えーマジ童貞!?」「キモーイ」「童貞が許されるのは小学生までだよねー」「キャハハハハハハ」(『奪!童貞。』キモーイガールズ)

beemat
/ [動物]ブルドッグ
[レベル]4
21:beema/te「垂れたババアの頬のような顔」
[文化]
不人気。

beezelat
/ [アイテム]炎剣ベーゼラット、ベーゼラット
[レベル]4
meltia 999999:tikno;beezel/te
古:ridia:beezelはベーゼルだろうが、atは不明
[文化]
ヴァストリアの1つ。ギルのもつ炎剣。ティクノがベーゼルを倒したときのもの。

beezellil
/ [化学]マンガン
[レベル]4
18:制

beezeovet
/ [化学]マンガン乾電池
[レベル]4
19
[文化]
ナディアで開発。

begrens
/ [言語]嫌いな言葉
[反意語]siinarens
[レベル]4
rd;be(卑音)/gyu(苦い)/rens(言葉)
24

beka
/ [名詞]クラブ
[レベル]4
ridia:定:元はbeebka「変なにおいがするところ」
[文化]
酒を飲み、女が相手をするところ。インプレンにある。

beket
/ [経済]汚い金
[類義語]gil
[反意語]anje
[レベル]4
rd; 24
[語法][文化]
anje

belasl
/ [化学]硫酸
[レベル]4
19

beleakant
/ [形容詞]育ちの悪い
[レベル]4
rd;/
24

beleg
/ [名詞]下ネタ、シモネタ、シモネッタ
[レベル]4
rd;belea/gaabe
23
[語法]
性的なものだけでなく排泄など下品なものも含む。

belfelil
/ [化学]硫黄
[レベル]4
18:制

belg
/ [地学]青銅、からかね、ブロンズ
[レベル]4
meltia 9:gilius;bel/gi「錫とで料理された金属」
古:gはgi(金属)
belg:belg::belk,hy
[文化]
meltia 9にギリウスが銅鉱石の中から発見した。青銅は銅と錫の合金だが、銅鉱石の多くは錫を含むため、比較的発見は速やかであった。青銅はその後ギリウスによって意図的に取り出されるようになった。
青銅は銅に比べて硬い。また、研磨や鋳造・圧延などの加工ができた。地球では武器や壷などに使われたが、青銅はユノの伝導率が悪かったため、剣や斧には加工されなかった。その一方で、壷や装飾品には用いられた。
よってアトラスの青銅器時代は内容が限られる。地球では中東、現在のアフガニスタンに錫の生産地があり、流通を維持するために各国は小競り合いをしながらも大々的な征服は行わず、ある程度安定した勢力関係を保っていた。しかしアトラスではその需要がないため、事情が異なっていた。
神を通じてユーマの一族にも青銅が伝わったが、やはり装飾品として用いられた。錫の産地は銅よりも限られるため、銅より高価なものとなった。神の実在するアトラスでは取り立てて祭祀用に使われることもなかった。
なお、青銅はsimelを短くする効果がある。日常的にはあまり使うことのない機能なので、青銅は地球ほど重要な金属にならなかった。

belgand
/ [アトラスの国家]ベルガンド
[レベル]4
zg;bel/gand
[文化]
面積:258333.168725 km^2
yuuma 3606
バルマーユから広まっていった魔族がミュールへ入る。土着の魔物は知能の低いものが多く動物社会を形成するにすぎなかった。今回入った知能の高い魔族は人類の少ないミュールを好都合と捉え、ここにbelgand共和国を築いた。最初にできた国は王国となるイメージがあるかもしれないが、人間と違って魔族の集まりは異なる種の集まりであり、その点を考慮せねばならない。belgandは多種多様な魔族の集まりで、知能の高いヴェイガン・エルヴェイグ・エリアンが主に支配階級にいた。彼らは各種族の代表からひとりの執政官を選んで共同統治をさせるという政治システムを採っていた。
belgandの領土はミュールと現カテージュで、カテージュは少数派だが個々では力の強いliant, lilm, galfrei, libeezeなどの魔族が多い。ごく少数だがverlansなども存在する。またここにもveiganは多い。カテージュでは混血が多く、魔人が多い。

belgmekia
/ [名詞]青銅器
[レベル]4
meltia 88:gilius;/
23
[文化]
belg

belzen
/ [魔法]火。五行の4番
[医療]心
[レベル]4
szl;beezel。火
21
[文化]
klevans

bem
/ [生物]膀胱
[レベル]4
13:制:bezmesl(尿の袋)から。

bente
/ [卑語]バイタ、売女
[レベル]4
古:beo/mente
[語法]
bempoと同じくよく使われるが、目の前で言うと大変なことになる。現代では売春はふつう奴隷のすることなので、奴隷程度に落ちた女という意味合いもあり、さらに意味が強烈になっている。

benzen
/ [名詞]スカトロ、スカトロジー
[類義語]diaer
[レベル]4
fv;beは卑音

[語法]
benzenとdiaerは語の古さしか違いがなく、歴史的な違いだけであり、ニュアンスや語感は変わらない。
【用例】
→benzenan

benzenan
/ [名詞]スカトロジスト
[レベル]4
rd;/
23
【用例】
xalt benzenan, filin et rakear le miyu er tio al eria fren pot main dac. スカトロジストにすれば美少女はただの水を体内で澄んだ聖水に変える濾過器である。

berilvet
/ [言語]俗語、卑語
[レベル]4
21

berji
/ [伝統色]セピア。地球の定義より淡い。
[レベル]4
22:bert/ji。最初のインクというところから。

bert
/ [悪魔]ベルト
[レベル]4
meltia 0:bert;e
17:制:古:ridia:arteのもじりが語源か。古ではertだったが悪魔っぽくするために音を付け加えた。
[文化]
世界と言語を司るデームス。言語と世界を司る。20歳前の女性の姿。白黄混血系、長髪。冷静沈着『幻想話集アティーリ』ではセレンが異世界の住人であるように、霊界とそれ以外の世界の存在を認めている。ベルトは霊界に異物が混じらないように異世界と霊界との関係を断絶し、それを監視するという仕事を担っている。従ってセレンはベルトが漏らした例外といえる。ただし実際に連れてきたのは悪魔メルティア。なお、ベルトは同時に言語を支配し、霊界の言語を常にアルカに保っていて、異言語の存在を排他している。また、異世界が霊界に対して脅威とならないように異世界の言語を混乱させるという仕事も持っている。つまり、異世界の人間たちが情報を自由に交換して力を付けることが難しくなるように、異世界の人々の間にいくつもの言語を作るという仕事を持っている。例えば人間界における英語や日本語のように。また、ベルトは戦いに力を使わないため、戦闘力は極めて低い。しかし自分に課せられた仕事をまっとうするための力は与えられているため、ベルトの仕事はテームスでも邪魔できない。それに、もし邪魔をすればたちまち霊界は異世界からの干渉によって自己組織化が崩壊してしまうからである。ベルトは異世界からの断絶を行い、メルティアは異世界からの流入を行うといわれている。見た目はmanaで、luxianである。髪は長く、性格は冷静。
水星を司る。

bertmesti
/ [名詞]高みの見物、高見の見物
[レベル]4
22:ベルトはいつも戦わずに安全なところから見ているだけなので。
【用例】
ar bertmesti 高みの見物をする

beste
/ [形容詞]付和雷同
[レベル]4
22:bes/te

betiins
/ [医療]緑内障
[レベル]4
19

betowa
/ [美容]コロン、オーデコロン
[レベル]4
21

bettan
/ [料理]田楽豆腐
[レベル]4
22:luxia:betから。新宿。豆腐は食べたがこれは嫌がった。おいしいのにね。

beza
/ [化学]アンモニア
[レベル]4
15:制:bez/to(匂い)

bezlor
/ [生物]尿道
[レベル]4
19

bezom
/ [化学]オゾン
[レベル]4
19:beez/zomlil

bezomhank
/ [化学]オゾン層
[レベル]4
19

bibil
/ [音楽]ディスコ、ディスコミュージック
[レベル]4
vl;bebel。やっている当人たちが「こんなもの無駄無駄」と自己卑下しながら狂喜してそう呼んだ。
21

bland
/ [名詞]烙印
[動詞]yulの烙印をaに押す、烙印を押す
[レベル]4
zg;blenz.k
23
【用例】
bland t'avelant 死神の烙印
la til bland e diretan. 彼は犯罪者の烙印を押されている。

blant
/ [美容]くすみ
[動詞]yulをくすませる、くすむ
[レベル]4
21:擬態語

blanz
/ [医療]コンプレックス
[類義語]hisna
[レベル]4
zf;blenz.k
22:blenz「心の中の炎」
【用例】
la til blanz on tem. 彼女は耳にコンプレックスがある。
vast blanz コンプレックスを克服する
vas blanz コンプレックスを乗り越えようとする

bleben
/ [俗語]蛮族、ブレーベン
[レベル]4
22:mel:blab/an「ベラベラ分からないことを話すもの」
【用例】
anxilan sein kalma klit liva e parm le fian o laz luna tio kax yuliwil, et beril tinka. lala tu klit et daz a kolet teu bleben l'en loki xad (axte 日本のゲームは幼い少女を出してオタクの性欲を満たす低俗なものが多いと西洋人はよく言うが、さすが我ら蛮族は物の良さが分からないと見えるw(mel keetoia)

blenzel
/ [天文]dialiifa
[組み数字]1/8
[レベル]4
lsd;blenz/al
21

bont
/ [名詞]反動
[動詞]yulをaに反動させる、反動させる
[レベル]4
fv;bon(跳ね返るオノマトペ)/te
24
bont:bont

brat
/ [動物]フナ、ふな、鮒
[レベル]4
alakta

bubins
/ [医療]飛蚊症
[レベル]4
22:「蝿が飛んでいるように見える目」
【用例】
til bubins 飛蚊症を患っている

bucilnian
/ [名詞]無為徒食
[レベル]4
22:「食べるだけの豚ニート」

bun
/ [化学]セラミックス
[レベル]4
16:制:bus

buno
/ [地学]畝、うね
[レベル]4


bus
/ [名詞]陶器、磁器、陶磁器
[レベル]4
fv;sはsuで「砂」?


byu
/ [化学][物理]質量
[レベル]4
14:制:質量:古:byu(重い)
【用例】
byu tin 質量が大きい

cafa
/ [サール]ラファ
[レベル]4
古:強調のca/faiが語源。
[文化]
炎を司る。巨躯の体に炎を纏い、頭には赤い角が2本生えている。

caifaesk
/ [天文]流星雨
[レベル]4
21

caintasnrens
/ [名詞]目撃証言
[レベル]4
rd;/
24

camkart
/ [ユマナ]クリスマスカード
[レベル]4
24

cammyukale
/ [ユマナ][宗教]キリスト教
[レベル]4
23

caspel
/ [魔法]ラスペル、魔道力、魔法攻撃力
[レベル]4
20:古ca(魔力)/ispel。具現化すると赤い透明な六角形の結晶を持つことから。
[語法]
envelen

cazio
/ [動物]ドーベルマン
[レベル]4
21:牙

ceeglot
/ [名詞]ストライクゾーン、レーグロット
[レベル]4
rd;/
24
[語法]
好みの範囲のこと。女だけでなく食べ物や音楽などあらゆる物の好みに使える。
【用例】
la xa ceeglot ant. 彼女は俺のストライクゾーンだ。
ceeglot ant et han on min de. 俺は女のストライクゾーンが広いぜ。
kmiir ul liiza xanxa xa ceeglot e seren. クミールやリーザ先生はセレンのストライクゾーンだ。

coka
/ [音楽]メタル、ヘヴィメタル、ヘヴィメタ
[レベル]4
vl;「狂った」
21

cokikuil
/ [料理]暴飲暴食
[レベル]4
22

cuut
/ [アイテム]ルート、エーテル
[組み数字]6/12
[レベル]4
19:ridia:ca(ヴィルの旧称)/cuukiite(真紅の月(魔力の回復に役立つ))
[文化]
ヴィルを回復する赤い水。魔導師がヴィルを封じ込めて作る。非常に高価。rdではアルシェの家を襲撃された際、まだ使徒が未熟だったため、リュウが大量に使徒に投与して魔物を追い払ったことがある。

daakgiit
/ [名詞]栄枯盛衰
[レベル]4
22

dadkem
/ [医療]胃もたれ
[経済]弱含み
[レベル]4
22

dadvantis
/ [軍事]重装兵
[レベル]4
19:ridia

dafin
/ [動物]ウズラ
[レベル]4
lakta

dagenia
/ [美容]ボウズ、坊主、坊主ヘッド、ボウズヘッド。スキンではなくボウズヘッド。かなり短い
[レベル]4
19

daigev
/ [経済]課税
rd;/
[レベル]4
23

daigfonl
/ [経済]脱税
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

daiglizno
/ [政治]税務庁
[レベル]4
19:ridia:ilmus
[文化]
財務省下。税金を徴収し、計算し、配分する。

daigsed
/ [経済]非課税
[レベル]4
ly;/
23
[語法]
・免税とは

例えば、商品の輸出や国際輸送、外国にある事業者に対するサービスの提供などのいわゆる輸出類似取引などのこと。
ただし、輸入取引は免税にはならない。外国貨物を受け取った際に通関で消費税の課税がされる。
また、外国への送金手数料は非課税となる。
免税の場合、原則としてその取引のための仕入の消費税を控除できるという点が特徴。例えば105万円(内消費税5万円)で仕入れた車を海外へ126万円で輸出した場合。126万円の売上は免税取引になるので、仕入にかかった5万円の消費税の控除ができる。

・非課税とは

非課税の取引は該当する取引が法律で明記されており、具体的には「土地の譲渡及び貸付け」、「有価証券等の譲渡」、「預貯金の利子及び保険料を対価とする役務の提供等」などが主なものになります。
ただし、1ヶ月未満の土地の貸付けや駐車場という施設としての貸付けなどは非課税とはならない。

非課税が免税と違うところは、原則としてその取引に対する仕入の税額が控除できないところ。
例えば、100万円の株を購入して手数料10500円(内消費税500円)を支払ったのち、その株を150万円で売ったとしても、仕入にかかった500円の消費税の控除が受けられません。

・不課税とは

例えば、国外取引、対価を得て行うことに当たらない寄付や単なる贈与、出資に対する配当などがこれに当たる。
消費税の課税の対象は、国内において事業者が事業として対価を得て行う資産の譲渡等と輸入取引。つまり、これに当たらない取引を不課税取引という。
不課税取引は免税や非課税と違い、そもそも消費税という世界に足を踏み入れていない取引である。そのため、課税売上割合の計算をする場合に分母にも分子にも含めないということになる。

daigtwaayu
/ [経済]タックスヘイブン、タックスヘブン
[レベル]4
22

daigxili
/ [経済]免税
[レベル]4
zg;/
23
[語法]
daigsed

daigxiliate
/ [経済]免税店
[レベル]4
zg;/
23

daitfas
/ [名詞]偉業、快挙
[レベル]4
rd;/「偉大な仕事」
23

daizailai
/ [魔物]ダイズアイライ(巨粘蟲):第九十九天:害の氷天
[名詞]疫病、凶悪な伝染病、疫病、プレイグ
[レベル]4
古:ridia:daizailai(王様スライム)
[文化]
疫病を振りまく異常発生したスライム。rdでセレンは一度これに殺される。このスライムが疫病の元とされる。daizというからailaiの亜種のように感じられるが、ailaiに疫病を振りまく力はないため、あくまで亜種でなく別種。酸で敵を溶かす場合、王水を放つ。

daizasl
/ [化学]王水
[レベル]4
19:「王水」の訳語では無論なく、魔族daizailaiの出す強力な酸であることから。

daizern
/ [政治]王族(広義の)、王族、王家
[レベル]4
19
【用例】
daizern t'arba アルバ王家

daizkolm
/ [政治]王制、王政、君主制
[レベル]4
19

daizlagel
/ [政治]絶対王政、絶対君主制
[レベル]4
19
[文化]
セルメルで起こった。rdでも残存したが、ランティスの即位とともに無くなる。

daizminti
/ [名詞]王妃
[レベル]4
22

daiztats
/ [政治]王族(daizernより狭い)
[レベル]4
19

daiztonk
/ [政治]王族、王位
[レベル]4
19
[文化]
カコ〜現在までの身分の1つ。アルバ王とその一族。

daizxite
/ [政治]王族、皇族
[レベル]4
19

daksnif
/ [言語]反復相
[レベル]4
20
[語法]
定動詞しかない動詞の非単位動詞が持つ非単位相。
例えば定動詞「叩く」の非単位動詞「乱打」の非単位相「乱打中」のこと。
動詞andで示される。
例:badand

dalaz
/ [普通動名詞]イヤボーン、ダラズ
[動詞]yulをイヤボーンする、イヤボーンする
fv;dalha/addzu(ダルハで破壊)
[レベル]4
23
[語法][文化]
潜在能力を秘めた弱者が窮地に追い詰められたときに力を解放して敵を倒したり吹き飛ばしたりすること。たいてい隠された力の解放とともにdalhaが浮かぶので、このようにいう。

dalf
/ [エルト]ダルフ
[政治]クーデター
[レベル]4
古:ryuu
[文化]
クーデターを起こしたエルト。

dalha
/ [名詞]ダルハ、印章、印影
[名詞]スティグマ、聖痕
[名詞]バッジなどに書き込まれている身分を示す記号のこと
[レベル]4
19:ilmus:ridia:dap(額)/paal(古:光)/hara(痣)。今まで特に名前がなく紋章としていたので命名。アシェットが特別であることを示すもの。アシェットだけが唯一テームスを倒したラシェットであることから、特別な設定が付けられている。シェルトができるまではダルハは使徒記号という別の形をしていたが、シェルト以後はダルハはシェルトで使う幻字になった。だから本来使徒の額に浮かんでいたのは使徒記号なのだが、ややこしいので始めから現在のダルハが浮かんでいたことになっている。
[文化]
神代に神々が書簡などの個人認証に作った紋章。確かにその人のものであるというのを示すための道具で、家紋という概念がなかったころに作られた。
自らの名を示す幻字ではサインとして単純すぎで、容易に捏造できた。そのため複雑なデザイン文様として作られた。家紋はこれを真似て後に作られた。植物や動物などを象ることが多い。
身体に描くとヴィードの流れをよくする。額ならvir、手ならyuno、腹ならnoaという具合に。
神々は式典などの際、額に描くことがあり、これが元でdalhaと呼ばれるようになった。普段から額に描くのではなく、神祇の一環。
額に浮かぶ紋章ということでは後述のアシェットの紋章もそうで、その紋章もdalhaと呼ばれるようになった。が、両者のdalhaはあくまで別々のものである。

dalhaは神代のうちに人類に伝わった。人類の特徴は、一生涯で複数のdalhaを使い分ける点である。
例えば14歳のセレン少年は「氷晶躯龍」をdalhaにした。氷の結晶に封じ込められた龍の躯という意味で、当時彼が格好いいと思っていたものを集めたもので、強そうなものやカッコいいものにあこがれるという少年期の幼稚さと純粋さが現れている。要は中二病である。
28歳のセレン青年は「風柳」をdalhaにした。当時青年は人間とは、男とは、強さとは、正義とは、などといったことに悩んでいた。
幼少期は強さとは硬く頑強なことだと考えていた。しかし硬く強いものはしばしば猛攻を受けると防ぎきれずにつぶれる。つまり、もろい。筋肉も硬いと一見強いが、損傷しやすくもろい。
一方、柔軟でしなやかな筋肉は丈夫で強い。植物も同じで、風の強い土地の植物はしばしば風に立ち向かうための太い幹を持つのではなく、風を受け流すススキのような構造をしている。力を受け流し、損傷を少なくする。柔軟なほうが実は強い。
では、柔軟で受け流されるだけでよいのか。それでは単に強いものに巻かれるだけで、自分というものがない。
しかしススキはどうだろう。ススキは東西南北に風の向くまま流されるが、けして根の位置だけは変わらない。根だけは動かない。
自分の根っこの部分だけゆるぎないものを持っている。そしてそれは根という場所にあるため、これ見よがしに他人に見せびらかすものでもない。それが本当の強さなのではないか、と青年は考えた。
そこで青年はdalhaに靡芒(風に靡くススキ)を選んだが、ススキは外来種で、当時のアルバザードにはまだ入っていなかった。
そのため周囲の仲間から「独りよがりにならないでほしい」といわれ、同じ外来種でも既に輸入されていたヤナギを選び、「風柳(かぜやなぎ)」をdalhaにした。

このように、人間は神と違って成長が遅く寿命が短く精神的に脆く迷いやすい。
したがって自分を表す象徴も経年変化し、dalhaを生涯に複数持つことになる。
しかし複数のdalhaを見ていくことでその人がどういう成長や人生を送ってきたかがわかるため、しばしば貴重な史料となる。

sm以降は次のような習慣ができた。dalhaは最初に親が与え、10歳まで使用する。その後自分で変更する場合は変更する。
タイミングとしては伝統的に10,14,20,28,37…という数字が一般的であり、これはおおむね人間性が変化し落ち着く時期に一致している。

ただし、一般に女子は男子より変更が少ない傾向にある。女子は10歳までに人格が出来上がり、その後は男子ほど成長しないため、少女期に作ったdalhaを使い続けることが多い。
男子は思春期を通して哲学的な問題に悩み、考え抜き、大人になっても社会的な試練が多い。また、少年期は女子より幼稚で成長が遅い。このことから、dalhaの変更が女子より多い。
女子は身の回りの人間関係や自分の容姿など、地を這うような次元では悩むが、人間とは何か、正義とは何かなど哲学的な問題を高尚に考えることは稀である。また、人に叱られても反省せず、「あたしかわいそー」の発想なので進歩がない。学問や理念よりも今日の食事と明日のスイーツなので、発展性がない。そのため、身近なものをdalhaにし、可愛いと思うものを選ぶ。哲学的な意図はなく、単に「好きだから、可愛いから」という理由でdalhaを選ぶ。dalhaを変更する場合はたいてい新しい可愛いものを見つけたときである。ただし、躾の行き届いた一部の家庭の女子はこの限りでない。

<アシェットのdalha>
アシェット28人の額に浮かぶ紋章で、ほかのラシェットにはない。人によって浮かぶ文様は異なる。いずれも意味のない幾何でなく、古アルカの幻字である。セレンはルシーラ、メルはハルマ、リディアはディアに似たリディア独自の文字というように。ダルハが浮かぶと急激にヴィードが高まり、気分が高揚し、強くなる。クミールだけはダルハが出ても高揚せず、冷徹に敵を切り刻んだため、アルシェから畏怖された。大人になるにつれダルハは出なくなっていった。

dalhamel
/ [名詞][形容詞]フルパワー、本気、全身全霊
[レベル]4
21:ダルハ顕現中

dalhas
/ [普通動名詞]覚醒
[動詞]yulを覚醒させる、覚醒する
[レベル]4
22:dalha/so

dalkomim
/ [地学]地盤沈下
[レベル]4
vl;/
23

dalmka
/ [物理]支点
[レベル]4
19

dalsdoa
/ [経済]動産
[レベル]4
21

dalsfreyu
/ [言語]遊離副詞
[レベル]4
21
[語法]
freyu

dalt
/ [政治]官僚
[レベル]4
sorn:古:lalt, dalt。アルシェではlaltだったが、クミールにこの語を教えたセレンの発音のせいで彼女はdaltと覚えた。
[文化]
→lestimiir

dalttonk
/ [政治]官僚
[レベル]4
19
[文化]
事実上の身分の1つ。地位のほうが適切。

dansol
/ [医療]妊婦→livlan
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt
[語法]
「孕まされた」という意味で、セックスを強く連想させるため、dinsan, livlanのほうが雅。

dantavom
/ [ポジティブ]私兵。勇猛果敢なイメージ→dantvai
[レベル]4
22

dantlop
/ [交通]私鉄
[レベル]4
22

dantvai
/ [軍事]私兵
[レベル]4
22

dantvent
/ [経済]私企業、民間企業
[レベル]4
19

daramo
/ [交通]オートマ車、オートマ
[レベル]4
21

darkes
/ [エルト]ダルケス
mt100'8000(vs):konoote;
[レベル]4

[文化]
コノーテとカルザスの息子。光を司る。フェルデンと駆け落ちし、アルデスに殺される。黒髪の白人美青年。ルフェルと違って長身。帯剣し、アルデスと同じようなアーマーを身につけている。実直で豪快で、敵となるアルデスに似ているが、アルデスのほうが男気がある。ルフェルよりはカルザスに似ている。

darlanta
/ [娯楽]BOT、ボット
[レベル]4
22
【用例】
reians ant emor tuus e darlanta e yolova im tuo in. 最近、私のTLが例文botのTLのように見えてきた。

dazett
/ [組み数字]4/10
[哲学]義
[医療]小腸
[歳時記]庚、かのえ
[レベル]4
rd;dazett,szl
21
::lu dazett

dazjig
/ [動詞]yulを見計らう、見計らう、見はからう、見繕う、見つくろう
[レベル]4
rd;/「適切に選ぶ」
23
[語法]
見て、適当なものを選ぶ。みつくろう。何かする時期を選ぶの「見計らう」はjig。

daztab
/ [普通動名詞]照合
[動詞]yulがaに適切か照合する
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt
[語法]
koktabと区別。アンセの本人照合はIDと本人の照合なのでkoktabでもいいし、本人が買い物に適切かの照合なのでdaztabでもいい。

defo
/ [物理]紫外線
[レベル]4
14:制:def/paa(紫の(外の)光)

deit
/ [人名]デイト
[組み数字]8/16
[レベル]4
meltia 42:ardu/esta;e
制:古ではdwei
[文化]
esta
エスタの第8子。男。

dekokap
/ [名詞]内線電話
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

dekomox
/ [数学]内接
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

delia
/ [生物]亜種
[レベル]4
20:delfia

delnon
/ [卑語]シックスナイン
[レベル]4
23:古アルカの一人称デルとノンの形から

demil
/ [地学]トパーズ、黄玉
[組み数字]9/10
[レベル]4
19:dem/il(皆を騙す)
[文化]
害の魔石。トパーズは黄色いという常識があるが、実際にはさまざまな色があるため、それを知ったアルバザード人が「騙された」と感じたことから。

denam
/ [医療]錯覚
[レベル]4
21:dem/na
【用例】
an tilat denam del la xa atu. 彼女がここにいるのかと錯覚した。

denk
/ [形容詞]暗黙、言外の
[反意語]konel
[レベル]4
13:制:古:denku(いわない)
【用例】
nask{yuta} denk 暗黙の了解

deos
/ [普通動名詞]空咳、空せき
[動詞]yulを空咳させる
[類義語]oho
[レベル]4
20:deyu/oho/so
[語法]
口を開けずに喉だけでこほんとすること。日本語だと「うん」などと表現される。

depentia
/ [言語][女性]かしこ、敬具、デペンティア
[レベル]4
21:depente「神に祈りを込めて」

depl
/ [経済]税関
[レベル]4
古:sorn

despana
/ [地名]デスパナ。ソーンの使徒ヴァルベスの支配地
[アクセント]despanA
[レベル]4
15:制:古:despa(封印)から

despana(2)
/ [アトラスの国家]デスパナ
[アクセント]despanA
[レベル]4

[文化]
面積:1290935.401114 km^2

despania
/ [名詞]デスパニア。ルシーラとハルマが14人で特定の位置に座すこと。
[レベル]4
古:despania(14人が一定の位置に座した形)
[文化]
ルシーラとハルマが14人で特定の位置に座すこと。また、その座り方やその図形。
1998年6月5日付の『赤アンクノット』の記述にメテの陣と、それを基にしたデスパニアが描かれている。
前者は細かく書いてあるが、デスパニアについては乏しい。メテの陣と同じとも読み取れるが、怪しい。
前者は六芒星なので小さな三角形を作れ、その中に使徒を置くことができる。だが後者は閉じた図形ではないただの線なので中で区切った小さい三角形に使徒を入れられない。
そこでアルシェはデスパニアをする場合は三角形ではなく線上に使徒を配置していた。かつてルージュが参加していないときはアルシェはセレンを抜かした12人の使徒でデスパニアを作っていた。

・制アルカ時代の幻日辞典の記述(24に再録)

ルシーラとハルマが14人で特定の位置に座すこと。また、その座り方やその図形
1998年6月5日付の『赤アンクノット』の記述にメテの陣と、それを基にしたデスパニアが描かれている
前者は細かく書いてあるが、デスパニアについては乏しい。メテの陣と同じとも読み取れるが、怪しい
前者は六芒星なので小さな三角形を作れ、その中に使徒を置ける。だが後者は閉じた図形ではないただの線なので中で区切った小さい三角形に使徒を入れられない
そこでアルシェはデスパニアをする場合は三角形ではなく線上に使徒を配置していた
かつてルージュが参加していないときはアルシェはセレンを抜かした12人の使徒でデスパニアを作っていた
デスパの文字は一番上から書き始める。一筆書きだから間違えようが無いが、まず左下に行き、右に折れ……と進んで、最後は左上の頂点に線が水平にぶつかって終わる
これを描いていくと線と線の交点ができる。この交点にそれぞれ順番をつける。まず左下へ向かう一番初めの線上で交点が5個できる
書きはじめの頂点が1で、左下の頂点が5になり、その間に必ず2,3,4の交点が生まれるはずだ
次に右に向かう水平な線を引くことになるが、この線には6,7が交点に並び、8が右下の頂点になる
次は左上に線を進める。まず9ができ、さっき作った3を飛ばして左上の頂点にたどり着き、そこを10にする
次に右下に線を進めるが、既に4,6が交点にあるのでここは飛ばすと、真下の頂点が11になる
次に右上に進む。7,9の交点を飛ばして右上が12になる
で、左向きに水平な線を引くと2,10を飛ばして線がつながり、デスパが終わる
ルージュがいないときはこれで満足してたんだが、13番が必要になったので困り、1と8を繋ぐ補助線を仮定した。こうするとデスパは六芒星に見えるようにもなる
その補助線を引くと10,2,12がある水平な線と補助線がぶつかるところがでてくる。デスパの書き順からいって12の次にあたる箇所なのでここを13とする
最後にセレンを置く場合、その位置は仮定した六芒星の中心である

・旧版アルディアによる使徒の配置(戦闘的配置であって儀式的なデスパニアの配置ではない)

<デスパニア>

 ここはアシェルフィの家。俺は自室を出ると、紅茶を飲みに居間へ向かった。
 居間に入ると大きな食卓にリディアが座っていた。
「よお、リディア」
「あ、セレン君。何か飲みにきたの?」
「紅茶を」
「あ、座って。いま淹れてあげるから」
 かたっと立ち上がるリディア。
「悪いね」
 リディアの横に座る。何か紙が置いてある。
「勉強してたのか?」
「ううん」台所から声が聞こえる「勉強じゃなくて戦略」
「珍しいな、居間でなんて」
「私もおなかすいちゃって何か食べようかなって思ってたの」
 リディアはクラッカーと紅茶を持ってきて座った。

「この紙さ、使徒の名前が書いてあるな」
「戦闘時、使徒をどのように配置すれば一番かなって思って」
「なるほどね、陣形か。んー、いまのところ全員円形に配置されてるね。14人で円を描いてるみたいだ」
「でもそれ問題なのよ。使徒の個性が出てないから、弱いところで突破されやすくて」
「これは攻めの陣形?守り?」
「オールマイティなのを1つ作っておきたいの」
「じゃあ攻めにも守りにもか。基本的に上側ってゆうか前側を攻めにすればいいよな。進行方向が攻めの方が自然だ」
「そうだね。そうすると後ろは防御だね」
「円形で組むのはよくないな。要所要所に配置しよう」
「そうだね」といってリディアは紙に何度か文字を書いては消した。

「……多分、こんな感じでどうかなぁ」
「ごちゃごちゃしてるな。中央先端部はお前なのか」
「うん、砲台だからね。黒魔法と召喚魔法で」
「なるほど。中央左翼は集まってるな。オヴィ、クリス、ギルか。古参ばかりだな」
「彼らは切り込み隊長のオヴィ君を始めとして、接近戦が得意でしょ。集まって攻撃してほしいの。砲台にはなれないから。あと、人数を固めたのは砲台の私が攻撃されたときに守りやすくするためよ」
「なるほど。それで、前の左翼はパールか。これはアルマレットの砲台か?」
「パールは魔法も武器も中くらいだからね、砲台としては不完全よ。だからオヴィ君たちに加勢もできる位置にしたの。半砲台ってところね」
「よくできてるなぁ。ところで右翼は過疎だな。ファーヴァしかいない。アゼルの砲台ってことか」
「そう」
「危なくないか?中央に持ってきたほうが」
「中央じゃ味方が魔法陣に巻き込まれちゃうよ」
「そりゃそうか。でも護衛がルージュじゃ心もとないな」
「でも彼はオヴィ君やクリスに傾倒してるから、アニキやアネゴの役回りをくれっていつもうるさいでしょう?」
「確かに。まぁ、それにあの魔法陣は強力すぎるから、人を遠ざけたほうがいいのは賛成だ。ところで中央は俺なのか?」
 と言ったところでメルが入ってきた。

「おう、メルも座れ」
「うん」といって座るメル。事情を説明する。
「お兄ちゃんは中央でしょ、立場上」
「あとは後方よねぇ」
「うーん、メルが思うに、この図はちょっと見にくいね」
 そう言ってメルはさくさくと配置を変えた。懸案事項だった後方も決め、前衛の位置もずらした。
 そして「で、ここからが面白いよ」といって使徒同士に線を引いた。
「あっ、デスパだ」リディアが声をあげる。
「そう、面白いことにデスパの形になるんだよね。しかも書き順どおりに使徒が並ぶ」
セレン「流石だな、メル」
 頭を撫でられるとメルは嬉しそうに微笑む。
メル「後方左翼はフルミネアお姉ちゃん。ユノが多いから、防御に向いてるの。回復役もできるしね。後方支援としてここに置いておきたいの」
「うん。リュウはその右か。リュウは接近戦タイプの中でもとりわけ強いから前衛の方がいいんじゃないのか」
「後方に1人接近戦に強い人を置いておかないとお姉ちゃんたちを守れないから」
「あ、そうか。それと、一番尻尾はミクちゃんか。彼女で大丈夫か」
「非力なミクお姉ちゃんには一番後ろで隠れててほしいから。回復役もできるし、お姉ちゃんにしか使えない特殊な古代魔法があるしね」
リディア「問題は防御力が弱いことよね。防衛には向かないわ」
「それでリュウお兄ちゃんを置いてるの。フルミネアお姉ちゃんが壁になって、リュウお兄ちゃんが盾になるよ」
「そりゃいいな。で、お前はリュウの右、ミクちゃんの右上か」
「うん、メルも力ないからね。魔法タイプだけど時魔法は補助魔法に近いし、後方支援の方が向いてるのよ」
「お前はミクちゃんとは違った特殊な魔法の使い手だし、彼女よりもヴィルが強くて魔法の分野も広いからな。後方に向いてる」
「あと、お兄ちゃんの近くがいいし。ほら見て、お姉ちゃんよりメルとのほうが距離が近いのよ、この布陣」
 ふふっと笑うと、リディアがむっとした顔でメルを見た。
リディア「……この布陣、きらい」
セレン「そんなこと言うなよ」リディアの腕を引っ張って耳打ちする「この布陣だとお前の背中を守ってやれるのは俺だけだぞ」
リディア「……これ、採用しよ」
メル「……」

セレン「あとは後方右翼か。ラルドゥラね……」
メル「固すぎるでしょ。だから防御として最適な布陣でもあるのよ」
「ファーヴァと変えられないんだよな」
「砲台は前じゃないと意味ないからね。ラルドゥラお兄ちゃんがいれば後方は絶対崩せないよ。ミクお姉ちゃんも安泰」
 そのとき、リュウが居間に入ってきた。事情を説明すると、リュウは立ったまま面白そうに布陣を見つめた。
リュウ「こりゃいいですね。何という布陣ですか」
リディア「デスパニアって呼ぶことにしようと思うの」
セレン「おぉ、そりゃいいな。ぴったりだ」
リュウ「ときにメル、この布陣、あなたならどうやって崩しますか」
「ルージュから」
セレン「おいおい、嫌いだからってw」
「違うよ。メルが敵ならルージュを叩く。事実あいつは弱い。そしてルージュのポイントは砲台であるお姉ちゃんとファーヴァお姉ちゃんを守らなきゃいけないポイントなの。お姉ちゃんを叩けばオヴィお兄ちゃんたちに攻撃される。だからお姉ちゃんは無理。
 となるとファーヴァお姉ちゃんかルージュなのよ。ファーヴァお姉ちゃんは魔法陣を完成させるまでは無防備だから叩きやすい。ただ、魔法陣ができた瞬間吹き飛ばされるからおいそれとは近づけない。それにルージュの邪魔も入る。じゃあまずはルージュを叩けばいい。ルージュがいなくなればファーヴァお姉ちゃんを守る人間はいない。そうなると無防備で魔法を唱えてるファーヴァお姉ちゃんを潰せる」
セレン「なるほど。すると前方右翼が潰れるわけか」
リディア「後方からはどう?」
メル「無理よ。右翼はラルドゥラお兄ちゃんがいる時点で不可能でしょ。左翼から行くしかない。だけどフルミネアお姉ちゃんの壁は鉄壁だし、ましてリュウお兄ちゃんもいる。潰すならミクお姉ちゃんだけど、リュウお兄ちゃんの接近戦闘員と、メルみたいな魔道士が守ってるから潰しにくい」
リディア「メルから潰すっていうのは?」
メル「だから横にラルドゥラお兄ちゃんを置いてるんじゃない」
リディア「なるほど。じゃあデスパニアの急所は右肩、ルージュか」
メル「そこが致命的ね。過疎のくせに弱すぎるのよ」
リュウ「かといってほかの要因と交換するほど他のポイントも余力はないですね」
メル「ま、問題はあいつがいかに成長するかよね」
セレン「うーむ……。もしくは砲台としてのリディアとファーヴァ自身が能力を高めるかか」
メル「現状だとそっちのほうがまだ望みありそうよ」
 メルはため息をついた。
セレン「あとは、まぁ、俺が中央にいるのでどこにでも出っ張れるだろ。ルージュの方をガードして、共闘するってところか」
リディア「セレン君がいれば鉄壁だけど、もったいないね」
メル「それにルージュはお兄ちゃんに懐いてないしなぁ」
セレン「だがまぁ俺が事実上リディアとファーヴァを守るルージュのポジションに付くしかないだろ」
リュウ「しかし、それが実現すればこのデスパニアは最強ですね。最も効率が良いです。それにしても流石はメル。大した図形能力です」
 するとメルはうすーく笑みを浮かべた。

「ねぇ……」リディアがひきつった笑みを浮かべた。
「どうした?」
「さっきから誰もザナ君に言及してないんだけど……」

 ひとしきり笑った後、メルが一言「まぁ弱点には違わないけど、ラルドゥラお兄ちゃんとお兄ちゃんがいるから大丈夫でしょ。それにルージュよりは全然強いし」とだけコメントした。
【画像】

despareim
/ [魔法]地縛霊
[レベル]4
22

despel
/ [名詞]デスペル。デスパ式封筒
[魔法][名詞]結界。デスパに使う結界。
[レベル]4
16:制:古の語根から造語。despa/hek/alから。
[文化]
<封筒>
六角形の封筒。紙を折ったりして作る。留めピンやテープがなくとも中身が粉でもないかぎり落ちないという利点がある。表には中身を封じていることを表わすためにデスパの字を象った線を引く。デスペルには手紙だけでなく金銭、小物なども入れられる。

<結界>
srのカルセールとメディアンでは魔法陣を巨大化した結界が作られた。大量のヴィードを長期にわたって少しずつ取り出せるため、戦闘よりも社会インフラに使われた。
cvになるとメディアン、特にカルセールは激戦地となった。もともと神々の戦いであって人間は無関係なので人間にしてみればいい迷惑である。かといって力で勝る神を追い出すこともできず、結局結界を作れるような有能な人材は次々と国外へ脱出した。神はこの便利な人間を逃がすはずもなかったが、かといって一人残さず捕まえるのもまた無理な話である。
わらわらと逃げる結界師と捕まる結界師。逃げた結界師はケヴェアを行先に選んだ。cvではアルカットはエルトとサールに、サヴィアはエルトに支配されている。アデントは未開の地で、ファベルは遠い。こうして結界師はケヴェアに渡った。アルカットに残らされた結界師は人間なので寿命がある。さらに戦禍に巻き込まれるなどして数を減らしていったこともあり、結界の花形はケヴェアに移っていくことになる。

zgのメディアンでバルマージュができるころには結界はだいぶ廃れており、さらにバルマージュ以降は魔物の飼いならしに特化していったため、魔法陣や結界はメディアンでさらに下火になっていった。
現在では魔法陣や結界というと主にケヴェア、それとcv以降にサヴィアに北上した民族の分を指す。

cv以降に結界師がサヴィアに北上したため、アルハノンは当時のシージアに流入。シージア人は幼字のほかにアルハノンも持つことになる。
シージアでは幼字、アルハノン、響字の順で流入したことになる。ただしアルハノンは外来語とともに入ったにすぎず、シージア人が幼字を捨ててアルハノンを採択したということはない。2010における日本でのハングルのようなもので、街中にありはするが日本語の表記法として採用されていないのと同じ状態である。

despelan
/ [魔法][ジョブ]結界師
[レベル]4
19:ridia
[文化]
結界を張ることに精通している専門の魔導師。

dest
/ [名詞]お布施、布施、おふせ
[動詞]yul(お布施)をaに払う、払う
[レベル]4
zg;dist.k
23

deyuerim
/ [医療]心筋梗塞
[レベル]4
19

deyus
/ [名詞]絞り、しぼり。カメラの。
[化学]絞り。顕微鏡の。
[レベル]4
rd;deyu/so
23

deyuzelo
/ [医療]脳梗塞
[レベル]4
19

diaelem
/ [名詞]勧善懲悪←diaklit
[レベル]4
22:リディアの審判

diaer
/ [名詞]スカトロ、スカトロジー
[類義語]benzen
[レベル]4
rd;dia/er。セレンがヴィード死状態になった際、死の前に誤ってリディアの採尿をジュースと間違えて飲んでしまっており、そのおかげで現世との繋がりができ、fortの魔法が効いて蘇生できたことから。
19:dia/eria
[語法]
benzen

diaf
/ [普通動名詞]編集
[動詞]yulを編集してaにする、編集する
[レベル]4
rd;↓
13:制:diafas(リディアの仕事)

diafalis
/ [形容詞][ネガティブ]独善的な、押し付けがましい
[類義語]falis
[レベル]4
20:ovi:dia/falis

diafan
/ [言語]編集者
[レベル]4
rd;/
23

diakalte
/ [名詞]人工世界、ディアカルテ
[名詞]幻想の箱庭、幻の場所
[反意語]levian
[レベル]4
21:dia/古kalte「幻想の箱庭」
[語法]
arxidia
【用例】
an lad van diakalte, man atu de fia ant. 私は世界を作る、何故ならここは僕の世界ではないから(ネットユーザー)

diakaltis
/ [娯楽][芸術]人工世界創造者、ディアカルティス
[反意語]leviant
[レベル]4
rd;diakalte/lantis
23

dialeev
/ [医療][魔法]失魔症、失晄症
[レベル]4
lj:seren
22:「夢去りぬ」
[文化]
naayu
ヴィード、とりわけヴィルを使えなくなる症状。太古よりあったが、3,2遺伝子の普及により一般化した。ljの現代魔法学でようやくこの症状の原因がヴィードあるいは魔法のクオリアの消失であることが判明した。

dialevl
/ [医療]更年期障害
[レベル]4
19:古でも同じ「夢の障害」という発想だった

dialyudia
/ [言語]ハイファンタジー
[レベル]4
rd
22
[文化]
lyudia

diam
/ [名詞]偶像、像、銅像。銅でなくてもよい。
[レベル]4
13:制:古:diamain(夢幻の体)

diamej
/ [天文]ベガ
[類義語]kalki、firia
[レベル]4
19:ridia/seren/mel:リディア殺し
[文化]
イムル1591年、ソーンの残党はアデルにサプリの村を襲わせた。この際カイラなどの軍勢を率いて組織したのがファルアモン。7歳の幼いリディアの息の根を止めようと近付いたが、ダルハを額に浮かべた少年セレンがカイラをユノで殺した。その上リーザがサプリに到着し、魔物を殺しはじめた。ファルアモンは撤退したが、プライドを傷つけられ、リディアを虎視眈々と狙った。
その後セレンに封印されたあとも、リディアの星であるアルタイルを狙い続けた。現在では天の川を挟んだリディア星を毎年毎年ディアセルごろになると襲っている。その間に入ってリディアを守ろうとする星がセレンであり、はくちょう座のアルビレオである。

diamiir
/ [名詞]机上の空論
[レベル]4
rd;/「夢幻の理論」
23

diamik
/ [名詞]大同小異
[レベル]4
22:リディアとミルフが、ミルフが中学だったころよく似ていたことから。

diamin
/ [名詞]ヤンデレ
[レベル]4
rd;/「リディアのような女」
23

diamir
/ [名詞]遠距離における実質機能していない恋人、恋人
[レベル]4
19:ridia:古:夢の中の夫
[語法]
片方が別の恋人を作っても仕方なく、しかも別の恋人ができても関係が壊れない仲。そういう意味では友人にも近い。が、あくまで会えば抱くので恋人。抱くだけでもないので、セフレとも違う。

diamit
/ [名詞]正室
[類義語]diaz
[反意語]melmit
[レベル]4
rd;ridia/minti
24

diapo
/ [名詞]頑固一徹
[レベル]4
22:リディアの首。一度駄目だといったら頷かない。

diasapia
/ [医療]誇大妄想
[レベル]4
vl;ridia/sapia
22

diaset
/ [生物][死神]夢喰種
[形容詞]夢喰いの〜
[レベル]4
18
[語法]
魂科死神属夢喰種。miina, homis, lenなど。人のセレスを喰らう怪物。夢喰が好むのは絶望に突き落とされた人間のセレス。従って、わざと獲物を絶望させるため、しばしば夢喰は獲物とラポールを築き、後で裏切る。

diasomt
/ [生物][死神]夢織種
[形容詞]夢織の〜
[レベル]4
18:制
[文化]
魂科死神属夢織種。sae satis(夢織の紗枝)など。絶望した人を言いくるめ、獲物に理想郷を見させる代わりにセレスを固化させ、廃人と化させる。やがて獲物が生物的に死亡した際、そのセレスを奪うことで生活を営んでいる。死神属の中で極めて稀少な種。

diav
/ [形容詞]嫡出の
[反意語]aldiav
[レベル]4
13:制:古diazmiva(王の子)

diavena
/ [医療]PTSD、心的外傷後ストレス障害
[レベル]4
19:ridia kalma vena im dunex fuol kont ku nos vort ris mil cajik le la ximat im fian.

diaxer
/ [歳時記]冬、幻冬(げんとう)、ディアシェール。穏やかな冬
[形容詞]冬の
[人名]ディアシェール
[類義語]islier、flanfler、livrer
[アクセント]diaxEr
[レベル]4
20:dia/xier。lt
[語法][文化]
日本語の青春、朱夏、白秋、玄冬に相当するもの。アルカのほうは穏やかな四季を示すため、意味合いは異なる。
青春などはすべて色で、五行説から来ていると思われる。
玄は黒のことで、アルカ訳の幻冬という訳語はむろんdiaの訳出であるものの、この「玄冬」にかけてもいる。

diaxer(2)
/ [美容]薄化粧
[レベル]4
21:ridia/xer

diaz
/ [親族]正妻、正夫、本妻、本夫
[類義語]diamit
[反意語]aldiaz
[レベル]4
rd;<>ridia


diergix
/ [気象]洪水警報
[レベル]4
19
【用例】
im tu faar, diergix at klak. 今朝、洪水警報が発令された。

difem
/ [電算]仮想化
[レベル]4
vl;/
23

diffia
/ [電算]サイバースペース
[レベル]4
al;dif/fia
22

difvand
/ [電算]サイバー攻撃
[レベル]4
al;/
23
【用例】
slai tur demi mil difvand. サイバー攻撃のせいでページが重い。

dihink
/ [医療]多汗症
[レベル]4
19

diiabecs
/ [経済]第三国と先進国の経済格差
[反意語]imelbecs
vl;/↓
[レベル]4
19:古の「緑のバナナ」と同じ。リディアによる概念。バナナは緑のうちに収穫して先進国に出荷する。そこの子供はバナナと言えば緑のものだというイメージを持つ。先進国の子供にはバナナは黄色いが、貧乏な国の子供にとっては緑の果物であるということから経済格差を指す代表的な言葉になった。とはいえ、実際第三国にそういう子供がいるのかは分からない。

diida
/ [地球の国名]インド
[レベル]4
古?

diidarefia
/ [ユマナ]ヨガ、ヨーガ
[レベル]4
20:インドのレフィア

diig
/ [工学]合金
[レベル]4
lss;diona,szl/gi
21
::lu diona

diino
/ [アイテム]神爪ディーノ、ディーノ
[レベル]4
ridia:古:daizgino(王の爪)
[文化]
ヴァストリアのひとつ。クリスの持つ神爪。ケットの魔力のこもった最強の爪。風を操ることができる。

diire
/ [物理]回折
[レベル]4
19:ridia:diires
[文化]
氷天の魔族ディーレスの放つヴィルは、魔法の防壁を回りこんでその後ろ側にまで侵入する。それは回折現象を利用した攻撃で、アシェットならずとも非常に苦戦した。ディーレスが語源となり、物理で回折をdiireと呼ぶようになった。

diitpol
/ [地学]冷帯
[レベル]4
19

diiyu
/ [魔法]ディーユ、虚質量
[レベル]4
lss;dia/byu
21:ridia/seren
::
[文化]
dolmiyu, yuno
虚質量は条件付で質量を得るものである。例えばユノについては体内の閉を体外に出して凸にすると質量を持つようになる。
凸は出したそばから質量を失っていく。質量を失う際、電磁波(光)を放射する。ユノの場合は青の波長である。
ヴィルとノアについては閉を体外に出した際に質量を持ち、出したそばから失っていく。ヴィルの場合は赤の波長の光を出し、ノアの場合は緑である。アルマについては3色の合成であるため、白である。
質量の減少が電磁波を生じるのはE=mc2を想起するが、何もないところにポッと質量が生まれるところが虚質量の特徴である。また、E=mc2の場合は少しの質量でとんでもないエネルギーが生まれるが、ヴィードの場合は定数cに相当する部分が微小であるため、蛍の光のように淡い光が発せられる。このことからヴィードはミンコフスキー空間と別離しながら3次元空間に存在するか、あるいはE=mc2における定数cに何らかの補正が掛かっているかのどちらかであると考えられる。
なお、虚質量が生まれるとその空間を占める空気中の分子は外に追いやられるので、中心ほど低気圧になる。すなわち風が吹く。しかしヴィードの体積、すなわち動いた空気の分子量は一般的に少ないため、実際に風を感じることはない。コップを真空にして蓋を取ったところで風は感じないのと同様である。

本来ヴィードは質量を持つかという疑問においては、「持たない」が適切である。
天文学的にはアトラスは地球とほぼ同じ環境であるため、重力加速度gはG・M/R2で計算される。この際すべてのヴィードが質量を持つとMの値が劇的に変わり、重力加速度が変わってしまう。極端な話、数値にもよるが、紫苑がレインと出会った瞬間に潰れてしまうということが起こる。レインが人間の形をしている以上、gの値も等しいはずである。
ゆえにヴィードは質量を持たない。すなわちヒッグス場からの抵抗を受けない。しかしそれならどうやってユノで飛ぶのだろうか。ユノが何らかの仕掛けで空気中の分子を加速させその反力で飛ぶ場合、空気自体が微少な宇宙空間では難しい。
そこでロケットと同じく質量を後方に噴射し、その反力で飛ぶと考える。しかしそれにはユノが質量を持たねばならない。そこで虚質量という概念が生まれた。

質量を持ったヴィードは密度によって空気より重くなったり軽くなったりする。
ユノを燃やすと気体のようにしゅわしゅわと青いオーラが出て見える。その一方で弾にすると密度が増し、重くなる。
密度次第では鉄球よりも重くなる。戦闘時にはこれを放って攻撃できるので、原理的には銃や大砲と変わらない。また、銃と同じく撃ったときには反動が来ることになる。
飛んで行ったユノの弾は外側から随時溶けて青い光になって質量を失う。つまり徐々に小さくなっていく。なくなる前に相手に当たれば、その分の質量*加速度で力をダメージとして与えられる。
従ってユノ弾は青い光の弾に見え、消えると靄のようになくなってしまうのである。
なお、実際にはtilmaでかき消されるため、そのままの質量を相手に衝突させることはかなわない。むろんtilmaもmilxeもなければ素で食らうので、nd以前の人間によるものなら、生身の人間は簡単に殺傷できる。現代においてもミロクのような能力者は強力なユノを放つことができる。

ユノを使って飛ぶ際は見かけ上青い光の飛行機雲が発生することになる。
ユノを燃やしているので体の周りも青い光が取り囲むことになる。

なお、ヴォードは基本的に低密度である。光っている中の人が見えるということは、気体化したヴィードの密度が低いということである。

歴史的にはkkでアルシアが虚質量という概念を考案したのが最初である。むろん考案と同時に実験的に観測されたわけではない。
最初は「なんだか分からないが、そのような物を仮定すると説明が付く」というものでしかなかった。やがて中世に入ってその存在が確認された。

ユノは密度を高めて弾として使えるが、これはvolkのことである。vontの場合、質量を光とともに熱に変える。すなわち熱波である。ゆえに広範囲を焼き払うことができる。avonのように直接相手にFを叩き込むこともできる。

ヴィルの場合、質量を持っても質量自体を鉄球のように使うことはない。例えば電磁波を吸収する闇の魔法、電磁波を発生させる光の魔法、分子の運動を高めて発火させる火の魔法、電流を発生させる雷の魔法など、何らかの科学的現象として利用する。

ノアの場合、筋肉や腱や関節や皮膚にまとわりついてこれらの代わりを務める。殴るや飛ぶという行為は筋肉が収縮して伸びることで実現される。人間の筋肉は実は伸びない。縮んだ状態から復元するだけである。また筋肉の素材からして、岩を割るほどの大きな力は出ない。もし出た場合、今度は反作用に体が耐えられない。
そこでノアは筋肉等にまとわりついて代理となることで、これらを強化する。つまりノアを帯びて殴れば岩を砕く筋力と、それに耐える骨と皮膚を手に入れられる。また、関節の代わりもするのでアクロバットな開脚なども可能になる。
ノアを筋肉や骨などに馴染ませるコツは普段から体を動かし、そこにノアを満たしていく以外にない。すなわち運動家や格闘家などが地道な練習とともに鍛え上げていくものであり、ユノやヴィルよりも先天性に左右されにくい。ユノの場合、生まれもって多いというだけで強大なtilma等を持つこともありえるが、ノアは比較的そういうことが起きにくい。

dilanta
/ [医療]多重人格
[レベル]4
19
[語法]
アルカでは病気というよりは症状として扱われる。

dileim
/ [卑語]オナペット
[反意語]leebel
[レベル]4
8:dileim←dialem(夢の歌)。ザナがミルフに抱いた気持ちを男子がからかったもの。

dilslas
/ [普通動名詞]後戯
[動詞]yulに後戯する
[レベル]4
22
【用例】
dilslas et volx nod porlas xalt alem. 後戯は気持ちの上では前戯より大切だ。

dimanx
/ [形容詞]セレンの望まぬような
[反意語]serest
[レベル]4
rd:dim/anx「(彼女をリディアだと)呼ぶには不似合いな」。リディアがalserestと造語した翌日にセレンが「この概念はよく使うので」と言って新たに造語したもの。
24
[文化]
yutia

dimitoria
/ [企業]ディミトリア精霊家具店
vx;dimitori/al。分かりやすく言うと、wendyだからwendy’sというようなネーミング。
[レベル]4
21
[文化]
→velxion、vernsaal
精霊族は人間とサイズが同じなので家具を共有できる。すなわち家具の輸出入が可能である。精霊族の家具はデザインが洗練されており、材質も良く、強度も高いため、人気がある。
ineaato北部で家具店を営んでいたdimitori ineaatoはvernsaalの食糧危機でアルバザードに移住。その後戦争が起こると戦災で家具が燃えたため、家具の需要が生まれた。しかし精霊の家具は高く、戦災で経済が悪化している上にいつまた焼かれるか分らない状況では売れない。そこで安くて最悪燃えても良い低価格の家具に転向した。鉄の家具なら燃えないのではと思うかもしれないが、重すぎて運べない。また原価が高すぎる。その上戦時中は鉄が高騰するので話にならない。
dimitoriはエルトアの材木を安価で大量に買い取り、デザインを画一化した。これにより作業員の覚える内容が減り、作業工程もカットされ、人件費がカットできた。また作業工程が減ったことで製造も早くなり、大量生産が可能になった。戦争時は魔族は打ちこわしにあったが、この安い家具が民衆の助けとなったことでdimitoriは打ちこわしや追放を免れた。
戦争時は家も燃えるため、次にdimitoriは大量に輸入した材木を活かして建築業を始めた。こうして経営は拡大し、財を蓄える。
rdになると時の当主asbelは建築業に力を入れていた。アシェットの前身アルシェは最初旅先の村や町を守ることで名を馳せたが、復興支援をしたことでも名を馳せていた。このときアルシェはディミトリア社の厚意を受けている。アルシェがアルバ王の寵愛を受けると復興の公共事業の委託権を得るようになる。こうすると立場が逆転するが、アルシェは少年期に受けた恩を忘れずディミトリア社に優先的に仕事を発注。こうして癒着の構造ができる。
アシェットによる貴族解体でもasbelは商人だったため、直撃は避けられた。さらに癒着があったため、厚遇を受けた。貴族が解体されたため、asbelの地位は相対的に向上。政治にも口を出すようになる。
nd以降、時代のニーズに合わせた商売を営み、rtでは紡績や食品にも手を出しコングロマリット化を果たす。vl後期で経営を縮小するも、alの革命を堅実に生き伸び、現在では原点に戻って伝統家具を中心に展開している。
イネアート家の当主は予見の力があるため、その力を利用して政治にも口を出している。革命後の当主は女性で、greiv ineaato。子供は娘ばかりで、alia ineaatoやeria ineaatoなど。greivは現在ディミトリア社のCEOを勤めている。

dinsmelis
/ [医療]妊娠悪阻、つわり
[レベル]4
20:妊婦の不快感

diolaxea
/ [地学]リアス式海岸
[レベル]4
19

dionakx
/ [動詞]yulの歯を見せて苦笑いする、苦笑いする
[再帰動名詞]苦笑い
[レベル]4
19:melidia axte
[語法]
気まずいときにごまかすように使う。
【用例】
la arat dionakx al an man na iks. 彼は気まずくて歯を見せて苦笑いした。

direipol
/ [地名]境方
[レベル]4
20
[文化]
メティオ、ソーナ、カルカヒの地方。
アルバザードとルティアは言葉が異なるものの、変異が少ないのでまったく問題なく意思疎通できる。
しかしメティオはそうではない。そこで、有史以来、常にメティオはどことなく空気の違う強国として、アルバザードやルティアから遠目に見られてきた。

diretnent
/ [法律]犯罪率
[レベル]4
20:19:ridia:arbaxelt:これは犯罪の起こる確率や頻度のことなので、普及率hanxajaとは異なる命名

diretvant
/ [法律]刑法
[レベル]4
20:19:犯罪法

dismain
/ [医療]依存、中毒、アディクション
[医療]依存症
[類義語]niak, pitl
[レベル]4
21:古ソーンdis(相手を打ち倒すこと。転じて「害する」で使われた)/main(体)「身を滅ぼす」
[語法]
pitl
【成句】
vort dismain 依存は身を滅ぼす(seren arbazard)
【用例】
☆la vortat dismain e veld. 彼は酒で身を滅ぼした。

disment
/ [名詞]ディスメント、意図的な嘘の記録、騙しの記録、秘匿の記録
[類義語]mediennu
[レベル]4
古:liiza:恣意:この語が表わす内容と同じく、いかにもアルカにありそうでなさそうな無意味の音を並べて作った語で、まったくの無語源。
[文化]
照合できないようにした記録のことで、その内容を盗み見た他人が誤って情報を得るようにした罠。アルシェ・ソーンのころは特にアディアは情報の秘匿に気を配っていた。ところが隠しても漏れるものは漏れる。そこで仮に漏れても相手を混乱させて正しい情報を隠そうとしたのがディスメントである。例えばアンクノットには正しい情報のほかにそれと矛盾するような、或いはよく似て区別ができないような情報を載せていた。ありもしなかったことを書いたり、起こったことの日付を偽ったりした。紙やペンを使って日付を偽るためにわざと古い紙を取っておいたり、加工して昔のものであるように偽装したりした。また,実際の出来事を物語風に書き換えて読み手に何のことだか分からなくさせる技法もあった。これは特に小説版アンクノットによく見られる。自然言語から間違って語意を推測させるために語源記述を偽って自然言語由来としたものもある。そういった語は実際は自然言語とは関係なく、アルカの音象徴からきているが、一見自然言語の語に似ているので騙される。しかもそれらの語は始めからある自然言語の語に似せようとして作るのではなく、既にできたアルカの語に似た音の自然言語を引っ張ってくるやり方であった。ディスメントは和平の後、急速に減っていき、メル16年現在ではあまり見られなくなった。

distel
/ [人名]ディステル
[組み数字]14/16
[レベル]4
meltia 48:ardu/esta;e

[文化]
esta
エスタの第14子。女。

distnab
/ [化学]アクリル絵の具
[レベル]4
19

dite
/ [名詞]多様性
[形容詞]多様性のある、多様な
[反意語]kote
[レベル]4
20:di/teeze

ditinik
/ [アイテム]ディティニック
[レベル]4
古:ridia
[文化]
ヴァストリアのひとつ。ファーヴァのもつ魔布。美しい模様の書いてある風呂敷のような絹で、封印された呪術を使うために必要なアイテム。

ditnian
/ [名詞]有給、有給休暇
[レベル]4
20:払われる休み

ditos
/ [生物]フェロモン
[レベル]4
19:dia/tos
【用例】
ridia et liito vit towa as man kamil la til ditos rat. 香水をつけなくてもリディアはフェロモンのせいか、良い匂いがする。

dittesoi
/ [言語]形式主語、仮主語
[レベル]4
rd;/
24
[文化]
アルカではtu et toto xel toto構文などのtuがそうである。

diva
/ [言語]レトリック、修辞
[レベル]4
15:制:divt(言葉を飾る)

divn
/ [化学]キシリトール
[名詞]キシリトールガム
[レベル]4
13:制:diovin(歯を守る)
[文化]
歯を守るガムとしてヴェレイで有名になったが、実際に守る効果はなかった。害のない甘味料としてアレイユでも多少は使われる。多用すると下痢になるのでやや避けられる。

dixend
/ [魔法]秘術師
[レベル]4
19:ridia:そのままanにしたら異国情緒が出ないとかで、通常アルカでは避けられる清濁の違いで表現。
【成句】
asm dixent a dixend 秘術のことは秘術師に聞け:蛇の道はへび

dixent
/ [魔法]ディシェント、秘術
[レベル]4
19:ridia:disment
[文化]
東洋魔法armaletの一種。アシェットでは、マレットの末裔であるパールのみが使える。魔法陣を使わず、それでいてアルトにないような特殊な魔法を使うことができる。
その不可思議さから正体不明と捉えられ、rdの時代にアシェットはdismentを元に造語してdixentと呼び直した。

dixlus
/ [被服]タイトスカート
[レベル]4
20:ridia:mirok

doal
/ [経済]資産
[レベル]4
19:doa

dolet
/ [ネガティブ][形容詞]売れない
[類義語]kloxet
[反意語]
[レベル]4
rd;dol/te「石のように無価値な」
23
[文化]
kloxet

dolfelen
/ [法律]議定書
rd;/「灰色のテーブル」
[レベル]4
23
[文化]
国家間で結ばれる国際法上の成文法(広義の条約)に対して付けられる名称のひとつ。rdでアルバザードのファルシアン宮殿の一室が会議室になっており、そこに灰色のテーブルが置かれており、そこで制定されることが多かったため、このように呼ばれるようになった。

dolfins
/ [生物]灰色の眼
[レベル]4
19

dolfmel
/ [名詞]灰色時代、暗黒時代、黒歴史
[類義語]verseta
[レベル]4
rd;/
23
[語法][文化]
duurmel

dolhanoi
/ [哲学]石の塔、ドルハノイ
[レベル]4
22
[文化]
学問は積み重ねであるという考え方。先行文献を研究し、今まで先哲が築いてきた学問の層の上に積み上げよという意味。しょせん人間一人の力などタカが知れているので、そうしないと意味が無いという意味。

dolkalx
/ [数学]係数→dolk
[レベル]4
19

dolken
/ [美容]カチューシャ
[レベル]4
21:dolk/en

dolkvet
/ [言語]修飾語←dolk
[レベル]4
?

dolte
/ [アイテム]ドルテ
[レベル]4
ridia:古dolteeze(風の石)から。
[語法]
ヴァストリアのひとつ。クノンのもつ封石。弱い敵を一斉に吸い込んだり、強い敵からヴィードを大量に吸い込む力がある。

doltrein
/ [音楽]フレット
[レベル]4
21

dons
/ [動詞]yulをaに分解する、分解する
[化学][普通動名詞]分解、化学分解
[反意語]kop
[レベル]4
20:dins:19:ridia:恣意

donx
/ [工学]鋳型、何かの型、パターン、型紙、雛型
[動詞]yulをaにあてはめる、あてはめる、当てはめる、当てはまる、あてはまる、はまる、ハマる、嵌る、はめる、嵌める、ハメる
[数学]代入する。当てはめるという意味。
[レベル]4
14:制:古:dolmain(石の形)
【成句】
rok, son el em donx. 押せば嵌る:ある程度無理強いすれば、矯正できるという意味。無理なことでも無理に通せばどうにかなるという意味。

dormages
/ [植物]アケビ、あけび、木通
[レベル]4
22:「割れた花の腐ったような」

dosmyui
/ [電算][言語]本文検索、全文検索
[レベル]4
rd;/
20

dottxa
/ [経済]特需
[レベル]4
19:「どっちゃ」という発音はアルカには珍しい。

duurmel
/ [名詞]水色時代
[レベル]4
rd;/
23
[語法][文化]
人生を色に例えた呼び方。空が白んで水色になり青になり、夕日がかり、最後は黒になる前の一瞬の灰のような銀色を見せることから来ている。
nana〜fianまではfirmelという。lazの間の短い期間をduurmelという。manaをsoretmelという。人によってはnaat前半までsoretmelとすることもある。soret以降でrakelになるまでの働き盛りをharmelという。人によってはendaまでをharmelということもある。har以降死ぬまでをerfimelという。
どの年齢においても不運や不遇であればdolfmelという。

人生の中で最も魔法体験に近付くのは水色時代と言われている。このころに人間は最も不安定な時期を迎え、感受性の強い繊細な人間はしばしば不思議な体験を経る。胸のドキドキや知らないことへの期待などが強く、何でも楽しく新鮮に感じることができるのもこの時期である。firmelでは素地となる知識が少なすぎるのでちょうど心地良いレベルのドキドキを感じることが難しい。青春時代になると知恵が付いてきて純粋性を失ってくるのでこれもまたドキドキを楽しめなくなる。
ちょうど第二次性徴を迎える時期でもあり、性的なことに関するドキドキを楽しめる唯一の貴重な時期でもある。
小さな子供扱いが終わり、徐々に大人に向けて歩み始める時期で、大人と子供のちょうど狭間にいる時期でもある。

大人でもなければ子供でもない、白でもなければ青でもない、そんな素敵な水色時代。

eba
/ [動物]水牛、スイギュウ、バッファロー
[レベル]4
13:制:古:ebak(水辺の牛)

edaslez
/ [電算]2ch型掲示板、憩いの場型掲示板、掲示板
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

edgard
/ [軍事]新兵、リクルート、エドガルド、エドガード
[レベル]4
mt;'ett/gard
22
【成句】
edgard sake melvigard. 新兵が老兵を先導する:負うた子に教えられて浅瀬を渡る

edo
/ [経済]財団
[レベル]4
rt;se/doa
23

eelit
/ [名詞]指向
[電算]指向性
[言語]指向性
[レベル]4
20
[語法]
動詞の無相が暗黙の了解で何相を指すかを示すもの。
経過・完了・継続相のみに指向性が観察される。
状態動詞は常に継続相に指向性を持つ。
行為動詞は経過・完了のいずれかに指向性を持つ。
指向性はアナログで漸次的であり、瞬間動詞のように強く完了相に指向性を持つものもあれば、「殺す」のようにやや指向性を持つものもある。
変化動詞「殺す」は不変化動詞「叩く」より完了相への指向性が強い。
心理動詞vatのような動詞は経過相への指向性が強い。

eellang
/ [法律]肖像権
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt
[語法]
当然のことながら、顔以外なら無許可で撮っていいという意味ではない。

eet
/ [経済]株、株式
[レベル]4
古:ryuu:恣意
[文化]
smで制度が作られ、vlで隆盛した。不確定な予想しか付かないことから、天気になぞらえられることが多い。

eetvent
/ [経済]株式会社
[レベル]4
19
[文化]
vlで隆盛した。

eeva
/ [物理]ヘルツ、サイクル
[レベル]4
14:制:古:eev(波)

eevfili
/ [物理]波長
[レベル]4
19

eevnen
/ [名詞]波紋
[レベル]4
15:制:波の跡ではなく模様。跡だと足跡のように既にそこにいなくなくなってないといけないが、波紋は波そのものが作るので跡にはならない。波がある場所及びその周りに波紋ができるので、まだなくなっていないから跡にはならない。
【用例】
eevnen em sod. 波紋が起こる。

eeyo
/ [遊女][文末純詞]eyo
[レベル]4
21:eyo

efaaxte
/ [気象]花冷え
[レベル]4
19:風邪を引いた女神
[語法]
春先に急に寒くなること。アシュテが風邪を引いたせいで起こる。
【用例】
efaaxte sil sod im tu soot tex porklak. 今週は花冷えが予想される。
☆tu et daz a miina em mans, tal efaaxte et dot. 花の咲く季節だが、花冷えが厳しかった。
im tu faar, non leinat sab e xier mil na efaaxte. 朝、花冷えがしたので冬の服を羽織った。

eho
/ [医療]血栓
[レベル]4
19:erihoho
[文化]
心臓病と連想される。

eilsex
/ [生物]大陰唇
[レベル]4
19

ekel
/ [経済]流通
[レベル]4
rd;eke/sool
23

ekin
/ [言語]成句、イディオム、熟語
[類義語]avat
[レベル]4
20:eki/rens(機能する言葉)

ekntiep
/ [建築]側溝、そっこう
[レベル]4
rd;/
23
[語法]
道路や鉄道敷に沿って設けられる溝であり、専ら当該道路等の滞水を防ぐための排水目的で施工される。

ekxom
/ [名詞]流れ方、展開、流れ、話の流れ、話の筋、筋、ストーリー、物語。物語の展開などの意味の展開。
[レベル]4
rd;/
24

ekxrein
/ [名詞]流れ、フロー→ekx
[レベル]4
20

elapia
/ [言語]四人称
[レベル]4
19:xion

eldenvi
/ [言語]言語能力
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt
[語法]
何カ国語喋れますといった能力がeltenviで、言葉を上手に操れますという能力がarkaenvi。

eldhons
/ [ネガティブ]言葉の鎧
[レベル]4
17:制:古:kukuliyaho(言葉の鎧)の訳
[語法]
主に難しい言葉を使って、自分がなりたいけれどなれない人格を装うこと。悪い意味で使う。消極的な人間が普段使わない積極的な言葉を使って明るく見せようとするのもこれにあたる。
【用例】
la sabes eldhons. 彼は言葉の鎧をまとっている。

eldseta
/ [言語]言語史
[レベル]4
22
[文化]
→yunis
■概要

●カルディアでは言語の起源はひとつ

カルディアの言語はすべてfに端を発する。アトラスと言わなかったのは、悪魔は太陽系の惑星で、神はアルフィで言語を使うためである。
ちなみにvsでは宇宙で悪魔が話しているシーンがある。宇宙に空気がないのに言語が伝播するのはおかしい。恐らくどこかの星の大気圏内で話していたのではないか。いずれにせよ神話なので真偽の程は定かでない。
なお、地球同様ヒトも発生したが、atenがもたらした病原菌により死滅しており、ヒトの残した言語はアトラスには存在していない。

●言語系統

<系統>

生物学に使う分類法を利用する。rumaを参照のこと。
生物学で「亜門」に当たるxeltemは比較言語学では「語派」を意味する。
カルディアにおける比較言語学的な系統は下記の通りである。

超語族>語族>亜語族>超語派>語派>語群>語>地方方言>州方言>地域方言
amat > emit > fiam > ifal > xeltem > talk > kard > ern > tats > xite

なお、同じないし近い場所で使用されるものの、系統的には異なる言語群のことを諸語という。seerensを参照のこと。

<aten超語族>

最初に言語を作ったeltとsaalはaten > mirok > lans > sart(神科)に属する。従ってfはlans語族sart超語派である。
しかしfは全てのatenの言語の起源なので、すべての言語はaten超語族に含まれる。
なお、aten超語族とだけ書いてあったらそれは自動的にfのことである。fの正確な系統はアテン超語族ランス語族サルト超語派であるが、アテン超語族とだけ書いてある場合はあらゆる言語の祖というニュアンスで使っている。

<lans語族>

aten > mirok > lansの語族。

・sart超語派

上記のとおり、代表的なものはf。
次いでfからertとsaarの一族が発展させたfvが含まれる。

cvではert語派とsaar語派に分かれたが、主な違いは語彙である。風土が異なるところに住んでいたので、語彙に差が生まれた。
ただし高速で空を飛んだり魔法で通信を行ったりといった能力があったため、差異は軽微である。
よって言語学では通常ert語派もsaar語派を分けて区別して考えるべきケースは少なく、どちらもfvとしてまとめることが多い。

cv以降はfvからrfに名が変わるが、実質的な変化はない。
rf以降、語彙については神人貿易を通じてlsやarなどの単語を借入する機会が増えた。たいていはロゼットを通じて単語を借入する。
ロゼットはともかく神は寿命がなく成員に変化がないため、統語論や意味論的な保守性は強い。

zgから人間の時代になる。人間が神々から受け継いだ言語はfvである。従ってrfは人間の言語の系図には含まれない。

・selest超語派

死神の言語。vangardiやlunoはeltやsaalより前に生まれているが、言葉は編み出さなかった。
言語はfから借りた。fがfvに発展すると、そのまま受け入れた。
死神は下位を除けば最も成員が少なく、言語の保守性はあらゆるatenの中で最も高い。

新語を取り入れる意欲はrfに比べて消極的で、造語をすることにも消極的である。
というのも死神はアトラスの各地で仕事をすることが多いので、自分たちの言語を変えていくよりは現地語を適宜覚えたほうが効率が良いためである。

中位以上の死神はfvを話すが、アトラスにいる主に下位の死神は居住地の言語を使うのがふつう。
中位以上の死神がfv以外を話せるかは、個体によって異なる。例えば夢織の紗枝はltやaを解する。

<lins語族>

・lins超語派

linsはdeemとadelに分かれる。最初のlinsであるdeemsはyuumaの対として生まれた。yuumaの親はeltとsaalで、彼らはfを使った。
従ってdeeemsの言語はfである。ただしdeemsは知性が低く、言語を喋ることができない。よって初めて言語を獲得した悪魔はmeltia, bert, acmaなどである。

meltiaらが生まれてわずか4年後にfがfvに推移しているため、事実上linsの言語はfvである。
vsで使用した言語もfvである。
deemは成員が少ないため、保守性が強い。
selestと同じく、ソームなどアトラスで暮らした経験のある悪魔たちは現地語を使うのが一般的である。

・adel超語派

adelはyuuma 440に初めてテージュを通って現ミュール大陸上に現れた。
このときのadelは知性が低い種で構成されていたため、言語の使用履歴はない。

yuuma 3529 テームスが再び蠱動を開始。アデルがmaltiiaされ、空間に穴があく。テージュは神々が強固に塞いだため、別の弱い空間だったスカルディア西南部の地方バルマーユ上空に穴が空き、アデルがふたたび降り出した。この穴はバルマージュと呼ばれるようになった。
このとき降ってきたアデルは竜族のような強力なものや精霊族のような知能の高いものの比率が多かったため、後者が社会を形成し、人類と対立した。スカルディアは人類の支配が確立しているため、魔族の村を作る程度が限界であった。
魔族はスカルディアを中心に拡散。総じて言えば分布は南北より東西のほうが速やかかつ広大であった。北への移動は気候の変化を伴い、つらい。南への移動はそもそも陸がない。これに比べて東西はアルカット大陸が東西に伸びた陸塊であることからも容易であった。
とはいえ個々の種については身体性の違いにより、それぞれ得意な気候があったため、逆に南北に早く分布したものもいる。精霊族や妖精族は寒冷地を好むため、北への移動がほかの魔物に比べて速やかであった。
ここで拡散した魔族は後にbelgandやvelxionを建国したり、anjeのような海賊になったりした。

おおむねadel超語派は北のvx語派と南のbg語派に分かれる。
バルマージュに降り立った魔族のうち知能の高いものはlinsと同じくfvを話したが、徐々にスカルディアの言葉も習得していった。
魔族は拡散するとともにfvをベースに各地の言語と融和していった。
やがて北はvx語派、南はbg語派を形成する。そこで彼らは定住をしたため、vxとbgは風土に合った独特の変化を遂げる。
従ってvxとbgはfvというベースを元に、定住までに通った各地の言語の影響を受けつつ、定住先で発展した言語といえる。

<yuuma語族>

yuumaはfを4年間だけsaalから教わった。その後fがfvになると、fvを継承した。

ユーマの息子のarduと娘のestaは16人の子供を作る。これがern e yuumaの直接の祖先となる。
この頃はまだfvを使っていた。第三世代まではガルヴェーユでfvを使っていた。
meltia 85'0000にユーマの一族はガルヴェーユから追放され、ここから人類の言語が世界へ拡散していくことになる。

追放後、アルファエル川流域でfarfania語ができ、セーレル川流域でsiizia語ができる。
同時期にホモ・サピエンスが発生しているが、atenの病原菌により絶滅している。

meltia 95'0000ごろ。メルティア95万年ごろ、ファルファニア人の一部が食料と土地を求めてファベルからアンシャルへ入る。リュディア人はハーディレイ川流域で文明を築く。一方マレット人の一部はサヴィアからインサールとケヴェアに入る。前者はzgまでにハーディアン、カルセール、メディアンを作る。後者はzgまでにフッカ、ジュヴァルノ、メルモアを作る。
シフェル人の間で内戦が起き、ファルファニア人とリュディア人が争い、前者が勝利する。これを記念してファルファニア人はリュディア中心部周辺をファルファニア(falfania)と改名。リュディア人はリュディア国辺境、すなわち現アルバザードへ追いやられる。リュディアの一部は奪われてファルファニアと改名されたため、リュディア人は残った国土をレスティルと改名した。彼らは神がいるのでフィーリア、ガルヴェーユ、ルカリアには原則として住めなかった。この後元リュディア人の一部がアルディアルとスカルディアを作る。少数ながら神の土地に入り込んで住んでいた部族もいる。

◆シフェル亜語族(単にシフェル語族とも)

fv > frf
この亜語族はリュディア超語派とファルファニア超語派に分かれる。地球で言うとヨーロッパの言語とアフリカの言語に分かれるようなものである。

・リュディア超語派

fv > frf > ly
ls, rk, sk, ardなどを含むアンシャル地方に存在する超語派。

リュディア人のうち、ルカリア地方に散った人々は、ルカリアが神に支配されていたため不毛な土地でひっそりと暮らしていた。
従ってルカリアには神ルカリア語と人ルカリア語がある。rkというと通常後者を指す。
rkは後のヒュート語やフレディスク語の前身である。

-レスティル語派

fv > frf > ly > ls
ls(後のar), kt, hyなどを含む西アンシャルの語派。
aはこのうちのarをベースに作られているため、現在世界で最も広まった語派といえる。
神との繋がりが強いため、保守性は一般に高い。特にlsやarなど神のお膝元ではなおさらである。

アルバレン:fv > frf > ly > ls > ar
ケートイア語:fv > frf > ly > ls > kt(it imul 10)
ヒュート語:fv > frf > ly > rk > hy
アルカ:fv > frf > ly > ls > ar > a(it imul 1591)

:西レスティル語群

ar, kt, hyなどの語群。
アルカの比較言語学的な分類は下記の通りである。

アルカ:アテン超語族ユーマ語族シフェル亜語族リュディア超語派レスティル語派西レスティル語群アルバザード語北方方言地竜州方言幻京方言を主な参照源とするアポステリオリ国際補助語
arka:vektarklevian emoen atenamat, yuumaemit, xiferfiam, lyudiaifal, lestilxeltem, alaslestiltalk, arbazardkard, xiarern, tooltats, arnaxite

:東レスティル語群

diminion, arxeliaなどの語群。

-スカルディア語派

現ラズディア語、メルディア語などの語派。ただしこれらの言語は境方語派の影響を強く受けている。
eniik南部などはそこまで境方語派からの影響を受けていない。

-アルディアル語派

現アルダ語などの祖。

・ファルファニア超語派

fv > frf
主にケヴェアで使われる超語派。

◆マレット亜語族(単にマレット語族とも)

現ltの直接の祖先。fvから分化した。altなども大きな分類ではここに属する。
この亜語族はサヴィア超語派、インサール超語派、ケヴェア超語派に分かれる。

・サヴィア超語派

ガルヴェーユからサヴィアへ渡った人々のうち、サヴィアに残った民族の超語派。
lzやltなどが含まれる。

-シージア語派

lzやltなど。

:ルティア語群

ltなど。
ルティア語:アテン超語族ユーマ語族マレット亜語族サヴィア超語派シージア語派ルティア語群

:リーゼル語群

lzなど。

-リディア語派

現ミディート語など。

・インサール超語派

ガルヴェーユからサヴィアへ渡った人々のうち、インサールへ渡った民族の超語派。
altが含まれる。

-ハーディアン語派

現alt周辺の地域で使われた言語。アクオリアも入る。

:ハーディアン語群

アルティア語(凪霧):アテン超語族ユーマ語族マレット亜語族インサール超語派ハーディアン語派ハーディアン語群

:アクオリア語群

-サルディーン語派

ハーディアンに渡った民族が西に移動したもので、もとはハーディアン語派と同じ。

-カルセール語派

ハーディアンに渡った民族が南西に移動したもので、もとはハーディアン語派と同じ。

-メディアン語派

カルセールに渡った民族が南西に移動した民族の言語。加えてスカルディアから東に渡ってきたシフェルの民も含む。
現meなどを含む語派。

:境方語群

メティオ語:アテン超語族ユーマ語族マレット亜語族インサール超語派メディアン語派境方語群

・ケヴェア超語派

ガルヴェーユからサヴィアへ渡った人々のうち、インサールへ渡った民族の超語派。

-ジュヴァルノ語派

現サフィール語や西エネガイア語など。

-フッカ語派

現ユタタ語など。

■舞台裏

<現実と神話のアルカ史>

・古アルカを古語にリサイクルしよう

古アルカは現実では1900年代に作られた言語である。一方アトラスではアディアがimul 1500年代に作った言語である。前者はアプリオリとアポステリオリの混じった人工言語で、後者はar(アルバレン)を元にしたアポステリオリ人工言語である。
現実の古アルカは徐々にアポステリオリ性を排他していったので、最終的に2001年の段階ではほぼアプリオリだった。現在の新生から見て古アルカはだいぶ変わっている。文法的にも語彙的にも。
古アルカは地球ではもはや使われていないが、このまま捨ておくのももったいない。そこでアトラスに出てくる古語の材料としてリサイクルしようという案が00年代後半に浮上した。とはいえ現実の古アルカが持っていたアポステリオリな面は使えない。だからそこはトリミングして、アプリオリな部分のみをアトラスの古語を作るのに使う。

・そもそもアトラスの古語って何を指すの?

アトラスの古語はf(フィーリア語)に始まりar(アルバレン)に終わる一連の言語派である。時代としてはfl(フィアル)からrd(オーディン)までである。従ってa(アルカ)は古語には含まれず、古アルカといっても古語には含まれない。

・リサイクルする際の注意点は?

古アルカを古語の材料に使うにはいくつか乗り越えなければならないハードルがある。まず前期古アルカと中期古アルカ時代に大量に含んだ自然言語の語彙を排他する必要がある。また、もともと古アルカは子供の作った言語なので、言語学的にしっかり見直さないと古語として使うに耐えない。さらに、古アルカの語彙はアトラスの歴史を反映していないので、アトラスにおける語源を一語一語作る必要がある。

・アルカのレーゾンデートル

古アルカの語彙がアトラスの歴史を反映していないのは当然だ。そもそもリアルファンタジー用の言語として開発されたものではないからである。
アルカのレーゾンデートルは時代ごとに異なる。古アルカでは「意思疎通と機密保持」。リーザ先生やリュウがお金の絡むことに古アルカを暗号として使っていたので機密保持の意味合いがあった。制アルカでは「帰属意識の向上」。これは効果があったと思う。新生アルカでは単に「意思疎通」に限定している。
これだけなら事情はまだ飲み込みやすい。だがここに神話という要素が入るとややこしくなる。古アルカの時代にリディアが構想した『幻想話集アティーリ』の中でアルカが使われた。これがすべての元凶だ。この作品がやがて人工世界カルディアに発展していく。

09年にアシェットが解体されると、使徒同士は表向きには公的な繋がりでなく個人的な繋がりになった。それから2年経つが、解体の影響はそれほど感じていない。もともと03年にセレンが日本人の女性を選んだことでリディアをはじめ使徒と疎遠になってしまい、その頃から徐々に彼らとの結びつきは弱くなっていた。06年にリディアやメルとは再度親密になるが、ほかの使徒からは距離を置かれたままになっていた。なので09年にアシェットが解体してもそんなに改めて距離感が変わった感じはしない。

11年現在セレンがアルカを使う相手は主にリディア、メル、ルシア、ユルト、それにネットユーザーに限られている。だがセレンは「日本語できるなら日本語でいいだろ」という考えなので、子供以外には積極的にアルカで話しかけようとしない。ましてセレンは子供にアルカを教えるのがあまり好きではない。少なくとも母語として教えるべきではないと考えている。なので本来子供にアルカを喋るのも好まない。ただアルカ以外ロクに通じないので仕方なく使っている。となるとセレンが自発的にアルカを使いたがる相手は誰もいないことになる。現実のアルカはほとんど滅んでいるといっていいだろう。
ただそれはセレンの視点でしかない。リディアはアルカを積極的に使いたがっており、実際日常的に彼女の家で使わせている。一番熱心なのはもはや彼女だ。なお、旧アシェットの使徒もまだ新語を作って報告してきたりするので、一応使っている分には使っているようだ。そういう意味では現実でもまだアルカは滅んでいないようである。

ただ、もはやアルカのレーゾンデートルは「アシェットが使う言葉」よりも「世界初のリアルファンタジー用のアプリオリ人工言語」にあるとセレンは考えている。後者の価値観自体はリディアも認めている。彼女くらいだろう、現実にも架空にも旺盛にアルカを使いたがるのは。
少なくともセレンはもはやアルカを「世界初のリアルファンタジー用のアプリオリ人工言語」と考えている。現実面はわりとどうでもいい。

・アトラスの語源と地球の語源

古語に古アルカを使うのはいい。だが単語の語源は地球でのものだ。90年代の地球を反映している。例えばスーツはmaikesabe(ふつうの服)というが、これは地球の90年代の感覚である。アトラスで「ふつうの服」なわけがなかろう。だからアトラス用に別の語源をでっち上げねばならない。あるいはアトラスの歴史でもスーツは普及したんですよという設定を作らねばならない。要するに語源を変えるか歴史を変えるかの二択である。

たいていの場合は語源を弄る。特に語源ができた年代を弄る。
例えばsalは長という意味である。現実には中期制アルカでできたとあるから、03〜05年頃にできた単語である。
salの語源は書いてないので分からないが、恐らくrsiilaが元だろう。というわけで神話ではrsiilaをkalmiyuしてできたということにする。
salという単語は少なくともtm(アルテム時代)で竜王ティクノがサールの長になった段階で必要だから、salは現実では制アルカであっても、神話的にはfv(フィルヴェーユ語)にしなければ辻褄が合わない。これが「語源ができた年代を弄る」というやつだ。

・長生きな神様の言語は保存性がとても良い

このように、古語は古アルカないし制アルカなどを元に作る。
だが問題がある。初代や先代を除けばアルカは91年から始まっているので、まだ20年しか経っていない。一方古語は神の時代から始まるから何千万年という期間がある。20年分の言語変化で何千万年分の言語変化をまかなえるのか。無理だろう、ふつうに考えて。はじめはそう思った。
ところが神というのは死なないので、成員が変わらなければ言語の変化もほとんどないではないかということに気付いた。神は300人程度しかいないし寿命もない。なら何年経とうと新語が人類からもたらされるくらいで、基本語は変わらないだろうなと考えた。

ところが人間は百年もせずに死んでしまう。アトラスでは人間は神の子孫なので、smまでは寿命が長い。従ってsmまでは言語の変化の速度を緩めていい。だが、sm中期以降は地球の言語と同じ速度で変化を計算しなければならない。ここが面倒くさい。
ところでアルバザードは神の国アルフィが宗主国で、神との結びつきが強い。神の言語は変化せず、その神との結びつきが強い。ということはarに限ってはltやaltなどに比べ保存性を高めても良いことになる。
どうせ神話の中ではltやaltは外国語としてしか使わないから保存性が低くてもどうでもいい。一番作業量が多いのはf_ar_a間の変遷の記述だ。arさえ保存性が強ければ自分が生きてる間に実現できる。アルフィがアルバザードの宗主国であったことが幸いした。

・案外短い時間の壁

数千万年といったが、そのほとんどはf_fvの期間である。fvはfを拡張しただけで、期間が長いわりに実質的な内容的は大差ない。これは話者が少なすぎたからである。
fvから数えると現代まで百万年程度の時間しか経っていない。しかも人類がアトラスの主人公になったzgから見ればまだ一万年ほどしか経っていない。しかもsmまでの人類は長生きだ。smから現在まではまだたった2000年だ。しかもsm中期まで人類の寿命は長かった。現在の寿命水準になってからはまだ500〜1000年程度しか時間が流れていない。
実は時間の壁は案外短い。数千万年といっても実質現代人の寿命に置き換えればもっと短い。zgから現在までの一万年も、現在の人間の寿命水準で見ればほんの2000年程度である。つまりzgで使っていたlsが古代ローマのラテン語だとすると、現在のアルカがイタリア語に当たる。要するにラテン語とイタリア語くらいの距離感を出せればOKということになる。
しかもly, ls, arはfvとの繋がりが強く、保存性が良い。ということはラテン語とイタリア語の差すらない。ぶっちゃけ古英語と現代英語くらいの差で十分である。

・面倒くさいのは実はnd_vl

寿命の長さや神との繋がりのおかげでfv_ly_arは保存性がいい。ところがアルカができて以降、nd_vlまでは神との繋がりが弱いし寿命も短い。その上魔法文明が廃れて科学文明へと移行し、新語がバンバンできている。空も飛べなくなり、異国との情報の共有も遅くなった。
となるとnd_vlのアルカの変遷は地球の自然言語並みなはずである。この期間が約300年だから、現在の日本語と江戸時代くらいの開きがある。だがせっかくrdで作ったアルカをそうやすやすと変えてほしくない。歴史小説を書く際などに面倒だからだ。

・原理主義者ミロクと方言

ミロクは敬虔なアルティス教徒としてアルカの原理主義運動を行った。rd当時のアルカを使おうという運動で、ヘブライ語を復古させたイェフダーに近い。イェフダーと違って独裁者だったのが幸いし、運動は成功した。
とはいえリアリティを考えると国内に遍くrd時代のアルカを広めるのは不可能だろう。巧く教育できたのは都市部の人間と若者だけと考えるのが妥当だ。農村部ではrdから300年経って訳の分からないくらい変化したアルカが使われているはずだ。
だが小説では主に都心部を書くし、田舎の連中も多くはテレビなどで標準語を話せるようになっているだろうから、書き手が困ることは特になかろう。むしろたまに方言を入れることでスパイスになるのではないか。

<音韻>

現実の古アルカの音韻は多かった。アシェットが28カ国の子供たちからできていたので当然だろう。
f_fvの登場人物はすべて同じarte神から生まれた兄弟のようなものだから、現実の古アルカほど音韻が豊富なわけがない。
そこでf_fvでは適宜音韻を減らす。こうすると古アルカでは使っていたのにf_fvでは使われない音が出てくる。それはltなど、アルカ系以外の言語でリサイクルすればよい。入破音などはファルファニア辺りに回せばよかろう。地球でもあの辺りの地域で見られる音だし、違和感はない。

fv_ar間の音韻は保存性がよいので概ね同じでいい。aは世界に広まった言語なので、arより音韻数が減っている。
aはアトラスではarをベースに使徒の母語を混ぜてできたアポステリオリである。こういう言語を作るときに使う音韻は最大公約数的なものである。要するに多くの使徒が聞き取れる音韻を使っていこうぜというもので、そんなことをしていれば最終的にarより音韻が減るのは当然だ。
ましてaはその後世界へ広まっていったので、なおさら音韻が少ないことは義務的だ。

<諸言語>

諸言語については各言語の文化欄を参照すること。
とりあえずf, fv, ly, ls, ar, sz, lt, altが分かっていればいい。
meの系統は歴史的にあまりアルバザードと絡みがないので、jiorなど単語レベルで知っていれば良い。
ktやhyは地理的には近いがアルバザードのほうが力が上なので、me系統と同じく単語レベルで入ってくるものだけを知っていれば良い。
rfは実質fvに人間側(主にアルバザード人)の単語を貸してあげただけなので、fvが分かっていれば特に問題ない。

そもそもrd以降神も悪魔もaを学んでいるので、古語はアトラスの語源欄を書くときにしか使わないのではないかというきらいがある。
小説の中で外国語が出てくるとするなら、ltとaltだろうと思う。稀に古風にarやfvやrfを出すくらいだろう。もっとも、こちらがそうやってしっかり作ったところで、流石に細部まで理解できる読者はいるとは思えないのだが。

elek
/ [植物][建築]たな、棚、つる棚、パーゴラ、藤棚、植物などを這わせる棚
[レベル]4
16:制:elen/kib(机、棚)

elelle
/ [遊女][代詞]lilis
[レベル]4
23

elellen
/ [遊女][代詞]lilin
[レベル]4
23

elenoi
/ [エルト]エレノイ
[レベル]4
古:lakta
[文化]
白い大鳥で、乗物や交通を司る。走るのも早く、空も飛べる。召喚士が呼び出して乗ることもできた。FFのチョコボみたいなもの。

elevi
/ [人名]エレヴィ
[組み数字]3/14
[レベル]4
古:語源不詳
[文化]
第4期3代アルシェ第3使徒。オヴィの実父。名前が多い人で、いくつか呼び名があったが、アルカで付けたとリーザが後に言うこの名を正式採用した。一時期アシェットの引率をした。

elf(2)
/ [人名]エルフ
[組み数字]11/15
[レベル]4
kako
[文化]
メテの第11使徒。

elfert
/ [魔法]古代魔術師
[レベル]4
20:ridia:elferan:19:ridia

elfi
/ [アイテム]エルフィ
[レベル]4
古:ridia:eltpafi「エルトの橋」からだそうだ
[文化]
ヴァストリアのひとつ。リディアのもつ髪飾り。リーファスも参照。エルフィは2個の美しい玉からなる髪飾りで、玉同士は美しい紐で結ばれている。2つの玉はエルトとサールを示すもので、紐は両者の橋渡しを意味する。エルフィは元はリディアの育ての親のナルムの形見となったただの綺麗な髪飾りだった。リディアがテームス殲滅を公言するころに、エルトのルフェルは何かサールと協力することに対する証を持てないかと考えた。そこでルフェルはアルデスに呼びかけ、自分たちの力を封じたものをリディアにプレゼントしようと考えた。彼らはナルムの形見に目を付け、それに力を封じ込めた。その髪飾りはエルトとサール、そして両者の橋渡しを象徴するのに相応しいアイテムだった。力を与えられた髪飾りはとても強力で、それさえあれば今までの半分以下の魔力で神を召喚できるばかりでなく、神自身をもより強力にさせた。ルフェルはそれにエルフィと名付け、リディアは喜んで身に付け、より一層召喚するようになった。
画像はaiosによるもの。
【画像】

elfrein
/ [エルト]エルフレインの姉妹
[地名]エルフレインの村。ヒュート国領。
[レベル]4
milf/ridia:古
[文化]
エルトの女王ルフェルの腹心であるフレイヤとミレットが住んでいた村の名前。エルフレインの姉妹といえばこの2人を指す。ふつうelfreinというと村の名前より彼女らを指す。エルフレインの村はヒュート南西部、フレイリア近辺にある。
【成句】
lana elfrein sa lfer 将を射んとせばまず馬を射よ。これはアルデスの言葉ではなく、神人貿易をしていた商人の言葉。

elgi
/ [名詞]水銀
[レベル]4
23再登録

elig
/ [地学]潟、干潟、ラグーン
[レベル]4
lakta

elijion
/ [アトラスの国家]エリジオン
[レベル]4
23:ridia

elik
/ [動物]鵜
[レベル]4
alakta:elikuto(魚の鳥)

elisnakea
/ [企業]エリスナケア
[レベル]4
21
[文化]
NTT、日本電信電話公社、ドコモ、KDDI、ソフトバンクに相当する企業。

elke
/ [農耕]かんがい、灌漑
[レベル]4
13:制:水の移動

elle
/ [遊女][代詞]tyu
[レベル]4
21:limel

ellen
/ [遊女][代詞]tuan
[レベル]4
21:elle

elmetpalet
/ [魔法]属性値
[レベル]4
21
[語法]
すべて〜teから来ており、すべて〜etで終わる。
弱点:ivnet
克性:baltet
異性:xoketet
相性:hazelet
半減:vienet
無効:seket
吸収:koitet
[文化]
dolmiyu

elon
/ [被服]ショール
[レベル]4
lakta
[文化]
女性服。ユンクに好まれる。薄い色が好まれる。色はピンク、紫、緑、青系が多い。香を纏わせるため、クローゼットにいれず、部屋に置いておくことが多い。
【成句】
elon tis til franse. ショールにすら魔香が宿る:あばたもえくぼ。好ましい女性のものならショールの残り香にすら魔力的な芳香が感じられるということから。

elpan
/ [動物]サギ、鷺
[レベル]4
tm;「水の白の」
23

elsen
/ [サール]エルセン
[名詞]エルセンの不平等、不平等、不公平:一見平等で不平等なことを指す。例えばライオンとウサギに同じ量のキャベツを平等に与えるというような「不平等」のこと。
[レベル]4
古:mel
[文化]
戦場の残酷な平等者。赤ん坊を背中に抱いた若く美しい母親の姿をしているサール。灰色でぼろぼろのローブをまとい、悪路を杖をついて歩く。前線の兵士を呪い、戦死を招く。
彼女は元は戦場で夫を亡くした人間だった。アズゲルの時代、戦場に夫の死体を確認しにいった彼女は無惨に殺された夫の死骸を見つけ、気が狂ってしまう。夫の死骸に泣きつくと「苦しかったね、苦しかったね」と労をねぎらった。それがエルセンの持っていた最後の心であった。それ以後エルセンは「戦場を平等にするため」に戦争に関与する全ての者に夫が受けた苦しみを味合わせようと誓い、サールに祈り続けた。類稀なエルセンの呪力を感知したメロウは面白半分でエルセンに力を与える。するとエルセンは恐ろしい力で「戦場を平等に」していった。エルセンは戦場で多くの兵士を殺したと同時に、戦地の女を兵士に犯させるよう兵士に呪いををかけた。戦場を平等にするためには男だけが苦しむのでは平等とはいえないと考えたエルセンは、女にも男と同じ苦しみを味合わせた。エルセンの呪いを受けた兵士は戦地の市民を襲うと、男を尽く殺し、女は少女は勿論、幼女に至るまで犯して回った。犯された女は惨殺され、ときには食材とされて調理された。生き残った女は自分を犯した誰だかも分からない男に作らされた子供を産むことを余儀なくされた。こうしたエルセンによる戦場の平等化によって戦死者が増え、怒ったルフェルがエルセンの討伐を行ったが、エルセンの深い恨みはとても強く、適わなかった。が、エルセンのせいで戦争がつまらなくなったと思い始めたメロウがエルセンの討伐をアルデスに進言。エルセンはメロウに裏切られ、殺された。しかしエルセンのセレスはアトラスに留まり、それ以後も戦場に呪いを与え続けた。
【用例】
resta et elsen da. 共産主義は一見平等で実は不平等だ。

elsfoona
/ [音楽]短調、マイナー
[レベル]4
21

elte
/ [被服]エルテ、巫服。
[レベル]4
古:elte,erte←eria teebe(水のテーベ)かつてフルミネアが着ていた裾の長い服を元に色々構想を加えたもの。
[文化]
巫女の服。テーベよりもさらに長く薄い服。下には何も身に付けず、必ずみそいでから着る。日常生活では着ない。

eltia
/ [アイテム]エルティア
[レベル]4
古:ridia:elttiia(エルトの愛)
[文化]
ヴァストリアの1つ。リディアのもつ神装。ルフェルから賜ったもの。

eltoazona
/ [音楽]マリンバ
[レベル]4
21

elua
/ [単位]エルア。約107.2cm
[類義語]yudis
[レベル]4
20:seren/ridia:ker lua(足まで)頭から足までの距離=身長のこと
[文化]
yudis

emel
/ [化学]触媒
[レベル]4
21:kliiz
emet
/ [電算]ソース、ソースコード、コード、原始プログラム
[レベル]4
rd:ryuu;emo/te
23

emiiria
/ [地名]エミーリア海
[レベル]4
20:ridia:妖精の水
[文化]
フィーリアの東の海。アルダ南西、エルトア西。

emilio
/ [死神]エミリオ
[レベル]4
meltia 291:luno;e
20:ridia
[文化]
死神族の少年。双子の妹ミスティと常に行動している。二人合わせて四天王と同じ程度の強さ。合わせ鏡から生まれただけあって、妹と容姿がまるで同じである。どちらも髪は黄色く、長さはセミロングで、ツンツンはねている。セーラー服を着て生まれてきた。鎌を持たず、エミリオは金の、ミスティは銀の横笛を持っている。
彼らのセーラー服は上が白のブレザーで、水色い菱形のネクタイが付いている。下はスカートで、こちらも色はネクタイと同じ水色である。

emina
/ [植物]しだ、シダ
[レベル]4
16:e/mina(al/miina)。花の咲かない植物の一種

emir
/ [魔法]エミール、妖術
[レベル]4
19:ridia:emiil
[文化]
アルトの一種。妖精族が編み出した独特な魔法体系。基本的に錯乱させたり混乱させたりといった、惑わす系の魔法が多い。操る魔法もある。人間に悪戯をする矮小な魔法から、人を騙す悪質なものまである。

emiran
/ [魔法]妖術師
[レベル]4
19:ridia

emis(2)
/ [人名]エミス
[組み数字]7/14
[レベル]4
古:emiSで、語源不詳。
[文化]
第4期3代アルシェ第7使徒。

emsleis
/ [芸術]油絵
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

emssedmas
/ [美容]油取り紙
[レベル]4
21

emtkloa
/ [名詞]悲劇。メタファーとしての悲劇。
[類義語]emtkyo、verdi
[レベル]4
rd;/
24

enadoer
/ [料理]軟水
[レベル]4
19
[文化]
アルバザードの水は軟水。軟水に向いた和食に相当する料理もあり、おひたしや蕎麦やうどんも存在する。

enaj
/ [経済]利子率、利息率、金利
[レベル]4
19:eng/aja

enalt
/ [俗語]ノーチェンジ。風俗(デリヘルなど)やネットスラングなどで使う。
[レベル]4
rd;/
23
【用例】
enalt da, beema. ノーチェンジだババア。年齢のわりに若かったり美しかったり見える女性を斜に構えて賛辞した言葉。

enaren
/ [地学]アクアマリン
[組み数字]6/10
[レベル]4
19:涙の宝石
[文化]
水の魔石。

enasia
/ [生物]角膜
[レベル]4
19:常に涙をたたえているため。

enegaiafang
/ [植物]カトレア、カトレヤ
[レベル]4
nd;/
23
[文化]
エネガイア原産でndで流入。

eng
/ [経済]利子、利息
[レベル]4
14:制:ong
[文化]
利子の授受は違法。
→gilf

engilil
/ [化学]非金属元素
[レベル]4
19

engimeli
/ [動物]深海魚
[レベル]4
vl;engimtier/eli
24

engimtier
/ [地学]深海層、深海。海の垂直区分。
[レベル]4
vl;/
24
[語法]
tier

eniik
/ [地名]エニーク
[レベル]4
15:制:enna/piik(鞘、剣)を切り詰めたもの。
[文化]
ソーンの使徒ヴァジョの支配地。

eniik(2)
/ [アトラスの国家]エニーク
[レベル]4

[文化]
面積:2072346.569348 km^2

enkapa
/ [数学]不等号
[レベル]4
19

enkesk
/ [親族]異父兄弟
[レベル]4
19:異なる雨。雨は精子の意味。種違いという意味。
[文化]
異父兄弟は相性が良く、異母兄弟は相性が悪いというのがアルバザードにおけるイメージ。神話的にはイーファとハーネなどが根拠になっている。社会的には男の浮気や一夫多妻の寛容への現れ。

enksan
/ [数学]不等式
[レベル]4
19

enktuuno
/ [親族]異母兄弟、腹違い
[レベル]4
19:ilmus:ridia:異なる土

enkui
/ [名詞]断食
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

enloitlab
/ [名詞]在宅勤務
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

enmavelos
/ [名詞]児童ポルノ、児ポ、未成年ポルノ
[レベル]4
al;/
23
[文化]
alで問題となり、主にフェミニストらによって法規制されたポルノ。語源的に未成年ポルノなので、20歳未満全てが含まれる。日本では18歳はOKだが、アルバザードでは18歳は未成年なので不可。
歴史的にアルバザードは相手が同意さえしていればポルノでも売春でも性交でもして良いという「本人の意思」を尊重する国家で、12歳未満は和姦でも強姦と言った考え方はなかった。10歳未満の子供には手を出さないという慣例はあったが、人の趣味はそれぞれということでペドフィリアも認められていた。vlのミロクもこの点は革命しなかった。本人がOKとすれば、ポルノも売春も性交も合法であった。たとえ赤ん坊であっても本人が嫌がって泣いたりしなければ合意とみなした。
しかしalになるとフェミニストらが次々とこれらを規制しだした。更に児童ポルノのアップロードはおろか単純所持も禁止となり、少女型のvormも発売禁止となった。最終的には二次元の少女も規制され、非実在青少年についても規制されるようになった。
しかしljのミロク革命で、セレンは社会をvlのミロクの価値観に戻した。セレンの目的は複数あった。ひとつは行き過ぎたフェミニズムを是正すること。だが最大の目的は性犯罪率を減らすことだった。というのも、alの歴史を見ると、フェミニストらが規制を強化するたびに性犯罪率が高まったためである。今まで犯罪でなかったものが犯罪になったので検挙率が上がったというのも無論あるが、その見かけ上の増加分を差し引いてもまだなお性犯罪率の増加率が高まっていた。つまり規制のせいでかえって犯罪が増えたのである。児童を守るどころか、むしろ犯罪者を地下に潜り込ませて手口を陰湿で凄惨なものにしてしまった。今までなら合法で児童とセックスできていたものが違法となったので、強姦し、事件が明るみに出ないように口封じで殺してしまうというような事件が相次ぎ、かえって強姦致死の件数などが増加した。だがフェミニストらは自分らに都合の悪い現実という統計データを無視しつづけた。
ljでセレンは「人の性癖はそれぞれ。法によって縛ることで、かえって児童が手を出してはいけない禁断の果実に見え、価値が高まってしまう。その結果、合法時代だったら別にそこまで執着しなかったような連中が、『やってはいけない』と言われたことで過剰に手を出したがるようになってしまった。規制したことでかえって児童とのセックスの価値が高まり、禁断の果実にすることで余計手を出したくなってしまった。それまでは合法的に金銭で買えたりしていたものが買えなくなったので、闇商売をしたり、あるいは無理に連れ去ったりレイプしたり悪戯したりといった犯罪が増えてしまった。これは規制をかけすぎたせいだ。児童ポルノを規制しても犯罪者は闇に潜るだけで、結局被害児童の数は減らなかった。それどころか被害はかえって深刻化して増えただけで、まったく児童は守られなかった。結局誰も得しないルーズルーズな規制でしかなかった」と主張。そしてvlのミロクの水準まで価値観を戻し、児童ポルノを解禁した。また、少女の売春を合法とした。するとにあえて少女をレイプしようとするような輩は減り(もはや犯罪をわざわざする必要がないので)、少女を禁断の果実とみなす輩も減り、強姦率などは減少した。
アメリカの禁酒法と同じく、規制するほど状況がひどくなるということはままある。児ポ法に関しても同様で、規制するほど悪は地下に潜り、レイプなどの犯罪件数も増えるだけで、何一つ良いことはなかった。セレンは合理主義なので、規制を緩めてもかえってそれで治安が良くなるならそうすべきだと計算づくで考え、規制を緩めた。

enovyame
/ [運動]エアロバイク
[レベル]4
vl;/
24
[文化]
lukaks

ensip
/ [医療]無呼吸
[レベル]4
19:息を吸わない。al不要。

enslang
/ [政治]拒否権
[レベル]4
19

envelen
/ [魔法]ステータス、ステイタス
[レベル]4
20:envielen(能力を書いた表)。このelenは表を置いた机のメトニミー。
[語法]
ユノやヴィルなどの戦闘力や、習得している魔法や弱点などを書いたリスト。
<ステータスリスト>
――――
ヴィードの内訳
yuno:霊力。攻撃および防御に使う。男性に豊富。一丸にユノが強いと言っても、オヴィのように攻霊力が強いものもいれば、フルミネアのように防霊力が強いものもいる。
hanon:攻霊力。相手の体力を削る力。ユノをどれだけ武器として使えるかという力。男性に豊富。
tilma:防霊力。相手の攻霊力に対する抵抗力のこと。ユノをどれだけ防具として使えるかという力。攻霊力に比べれば女性も比較的保有している。フルミネアのように先天的に多すぎる異常を持って生まれるレアケースもある。
milxe:体力。reevを守るのに使う。ユノ・ヴィル・ノアのいずれを食らってもこれが減少する。いわゆるHPのこと。これがなくなるとハノンとティルマは優先的にミルシェに変換され、それもなくなるとヴィード死になる。ミルシェがなくなった段階や、ミルシェを解いているときに攻撃を食らうとレーヴが減少する。男性に豊富。
vir:魔力。魔法に使う。女性に豊富。
caspel:魔動力。魔法の威力を決定する。黒魔法なら攻撃力、白魔法なら回復力、補助魔法なら効力を決定する。
piales:魔抗力。敵の魔法に対する防御力を示す。いかに敵の魔法を受け付けず、いかに味方の魔法を受け入れるかを決定する抗体のようなヴィード。
nalfe:魔法力。魔法をどれだけたくさん使うことができるかという力。いわゆるMP。いくら攻撃力が高くても魔法力が切れたら撃てない。
noa:気力。格闘技の威力や身体能力に関わる。
bcain:気功力。格闘技の威力を上げる。素肌ないしグローブや爪越しに直接敵に触れたときに発動する。素肌から数cm離れるだけで激減するため、これを使いたいなら爪や手の内に仕込んだナイフしか装備できない。
klenas:気動力。動きがしなやかになり、素早くなる。
arma:アルマ。ヴィードのトリニティ。白いオーラで、放射すれば最強の攻撃力となり、張れば最強のバリアとなる。攻防で単語を分けない。同じ盾を使って相手を殴るか自分を守るかの違いに似ている。
galeem:ガレーム。透晄。
――――
動物としての能力
reev:生命力。これがなくなると肉体的に死亡する。
vim:筋力。動物としての筋肉の強さで、腕力および敏捷性を示すもの。格闘ゲームでは体の細い女キャラのほうが早いことになっているが、現実には筋力のあるほうが素早い。剣道の面打ちで分かるが、細い腕だと素早く触れない。
kolo:精神力。集中力や精神力のことで、魔法の強さに関わる。
falef:敏捷性。いわゆる機敏さ。いくらヴィードが優れていても運動神経が悪いと戦力は低下する。
――――
その他特徴
avai:特性。どの属性に弱いかという弱点、どの属性に強いかという性質、どの属性を吸収するという性質など。
ern:種族。人間の場合yuuma。神はert,saarなどが表示される。
tonto:ジョブ。剣士や召喚士などのジョブ。
lenv:習得技能。覚えている魔法や技のリスト。
<補足>
攻撃力は多義語で、霊力単体の場合は攻霊力*筋力に等しいが、格闘技の場合は攻霊力*気功力*筋力で、魔法の場合は魔道力*精神力に等しい。(実際の計算式はより複雑)
防御力は多義語で、霊力単体の場合は防霊力*筋力に等しいが、格闘技の場合は防霊力*気功力*筋力で、魔法の場合は魔抗力*精神力に等しい。(実際の計算式はより複雑)
素早さは複合概念で、気動力*(筋力+敏捷性)で求める。

enxmez
/ [名詞]デマ、デマゴギー、流言、俗説、風説、流説、流言飛語、流言蜚語
[類義語]kalzaskuver、fiemez
[レベル]4
rd;/
24
[語法]
fiemez

epo
/ [植物]ニレ、楡
[レベル]4


eratan
/ [化学]溶媒、溶剤
[レベル]4
19

eratesi
/ [化学]溶液
[レベル]4
19

eratol
/ [化学]溶質
[レベル]4
19

erb
/ [名詞]血糊、血のり
[レベル]4
13:制:eri

erepof
/ [料理]ナン
[レベル]4
16:制
[文化]
魔方から伝わり、南方に定着した。北方ではそこまで有名ではないが、偶に食べられる。カテージュだと、屋台で色々なソースをつけたものが売っている。

ererio
/ [地学]水脈、地脈(地下水の通路)
[レベル]4
rd;/「水の血管」
23

eres
/ [人名]エレス
[組み数字]1/16
[レベル]4
meltia 35:ardu/esta;e
14:制:古ではerst
[文化]
esta
エスタの第1子。女。

erfan
/ [天文]impraliifa
[組み数字]5/8
[レベル]4
lsd;erfi ベテルギウスが金に見えることから、その近くにある白のリゲルが銀として呼ばれた
21

erfilil
/ [化学]銀→erfi
[レベル]4
19

erfimel
/ [名詞]銀色時代
[レベル]4
rd;/
23
[語法][文化]
duurmel

erie
/ [サール]エリエ
[名詞]吸血鬼、吸血鬼、ヴァンパイア、バンパイア
[類義語]riil
[レベル]4
mel:古:小さい頃、最低だと6歳のときに作ったと思う。eriは血。後ろのeは水だろうが、ひょっとしたら水という名詞の転用動詞で「飲む」という意味かもしれない。飲むならerieは血を飲むという意味になり、意味が通じやすい。そもそもこのキャラは吸血鬼のコスプレを写真を見てセレンと吸血鬼の話をしていたときに彼女が即興で作り出したのが馴れ初め。
[文化]
人の血を吸い、その者の能力をコピーするという特殊能力を持ったサール。ただし美少女の血しか吸わない。吸う血は少量で、彼女達は死を免れる。なお、美少女以外は単に血を吸い抜かれて殺される。顔は蝙蝠と人間のキメラで、耳は蝙蝠の羽の形をしている。
【成句】
min le setat yu erie エリエに殺された女。直訳するとそういう意味だが、要するにブスと言いたい。

erik
/ [名詞]系統、血統、品種、家系
[名詞]系図→erikpax
[言語]系統、言語系統
[レベル]4
13:制:古:erikaxu

erika
/ [形容詞]血の繋がった
[反意語]teton
[レベル]4
fv;eri/arka「血で繋がった」
24
erika:erika

erikpax
/ [名詞]系図、家系図
[レベル]4
22
【用例】
lut na erikpax et volx im xook al edat. 祖母と話していると、いつも家系図の重要性を感じる。
en lad siia erikpax mil tu et dab. olta hom ixm lana lad tu, hel vil dosm kils e kul laat au. 今までめんどくさくて作っていない。なぜなら、いざ作ろうとノートを開くと、話の細かい内容を思い出せないのだ。

eriktasm
/ [名詞]血統書
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

erimepn
/ [生物]心房
[レベル]4
19:血液は心室に入る前に心房を通るので、心房は廊下とみなされた。

erimez
/ [生物]心室
[レベル]4
19

erirob
/ [生物]血小板
[レベル]4
19:出血を止めることから

eris
/ [動詞]yulをaに相続する、相続する、後に遺す、残す、引き継がせる、後世に託す、相伝する、継承する
[名詞]遺産、遺品、形見、遺物
[レベル]4
16:制:eras:eri

erisdaig
/ [経済][法律]相続税
[レベル]4
21
[文化]
ヴェレイ末期の相続税の控除額は日本円にして700万程度(mel21)と少なかった。そのため、arktwenはより功を奏した。
革命後も控除額は維持された。ただしデノミがあるので額面上は減った。

erisfel
/ [歴史]考古学
[レベル]4
21:(人類の)遺物に関する学問

erisfelan
/ [歴史]考古学者
[レベル]4
21

erispekl
/ [名詞]一子相伝
[レベル]4
22

erisyudia
/ [名詞]遺児
[レベル]4
19:ilmus:ridia

eriviro
/ [医療][化学]ヘモグロビン
[レベル]4
19

erixiim
/ [医療]血糖
[医療]血糖値
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

erleis
/ [芸術]水彩画
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

ersel
/ [名詞]水の日
[レベル]4
21
【成句】
min aaj ersel 女が水の日を選ぶ:生理のため、カップルなどは水関連のスケジュールは女性に合わせるというマナー。団体行動では鑑みない。特に恋愛前の男女ではよく意識される。アルバザード人は恋愛に至るまでに長く友人として付き合い、若い女性の大半は処女である。そして処女はタンポンを使用しない。タンポンを使用すれば水に入れないこともないが、処女は使わないのでどうしてもerselを選ぶ必要がある。
[文化]
この単語自体に特に意味があるわけでなく、単に水にまつわる日を指す。たとえば温泉に行く日や海に行く日など。

ersiptsisp
/ [化学]水蒸気蒸留
[レベル]4
20

ertan
/ [魔法]エルト召喚士
[レベル]4
19:ilmus:ridia

ertesl
/ [名詞]水力発電
[レベル]4
rt;/
24
[文化]
水力を動力として利用したものは神代からあるが、発電に用いたのはrtになってから。

erteslka
/ [名詞]水力発電所
[レベル]4
rt;/
24

ervalil
/ [化学]チタン
[レベル]4
18:制
*:temp:temp

ervian
/ [名詞]水力
[レベル]4
rd;/
24

esbalt
/ [アイテム]エスバルト
[名詞]シェルター、核シェルター
[娯楽]壁職
[経済]セーフティネット
[レベル]4
ridia:古:baltはsornで壁の意味。となるとesは古の雨になるだろうが、恐らくいいたいところは「水の壁」といった感じか。
[文化]
ヴァストリアのひとつ。エケトネの持つ神壁。広範囲に渡って強固なバリアを張る。
【成句】
yun esbalt 難攻不落

esek
/ [普通動名詞]避妊。去勢ではない。
[動詞]yul(男女いずれか)を避妊させる、避妊する
[レベル]4
19:esse/kon(避妊具)
[語法]
水道と同じくらい古くに国のインフラとして用意されたもの。人口統制に歴史的にうるさいアルバザードならではの傾向。
【用例】
esek vik 男を避妊する(コンドームを付ける)

esekkon
/ [医療]避妊具
[レベル]4
19

esekmait
/ [医療]ピル、経口避妊薬
[レベル]4
vl;/
23
[文化]
→potleev
妊娠は避けられるが性病は避けられないため、あまり一般的ではない。

eseldiz
/ [法律]わいせつ罪、猥褻罪
[レベル]4
vl;/
23
[文化]
猥褻罪自体は神代からあったが、強姦や悪戯などといった表現で表されていた。vlになり、ようやく猥褻罪という名の罪ができた。
ljでセレンは「猥褻罪で捕まった男を男がバカだと言うのは許せるが、女が考えなしにバカだと言うのは許せない」と述べた。「女は男がどれだけ女体の誘惑に苦しめられているか、どれだけ手を出さないように我慢しているか、その苦しみを知らない。にもかかわらず、苦しみを知らない苦労知らずが手を染めた男をバカと一笑に付すのは言語道断だ」と述べた。

eselklel
/ [俗語]厨房、中坊
[類義語]lazan
[レベル]4
al;/「エロ事典」。エロい用語を辞書で引くようになる年頃というところから。
23
[語法]
mamman

eselliva
/ [娯楽]エロゲーム、エロゲ、エロゲー
[レベル]4
19
【成句】
tu et wel eselliva? それなんてエロゲ?、sneg?、ソレナンテ・エ・ロゲ。alでできた慣用句。現実の事態がまるでエロゲのように好都合であることを揶揄したもの。

esiems
/ [化学]脂肪油、油
[レベル]4
19

esiflia
/ [電算]液晶
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

esihoanem
/ [化学]凝固、固化
[レベル]4
19

esihoanka
/ [化学]凝固点
[レベル]4
19

esisapka
/ [化学]沸点
[レベル]4
19

esisaptulf
/ [化学]蒸発熱、気化熱
[レベル]4
19

esixen
/ [名詞]水分摂取
[レベル]4
rd;/
23
【用例】
el ar fal esixen tuvalel im flea. 夏は水分摂取を怠ってはならない。

eskdirei
/ [気象]梅雨前線、秋雨前線
[レベル]4
19
[文化]
アルバザードにはこれといった雨の前線がないため、どれも同じ。

eskdu
/ [気象]雨量、降水量
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

eskgel
/ [軍事]掃射
[動詞]yulを掃射する、掃射する
[レベル]4
rt;/「雨のように撃つ」
23

eskkalto
/ [地学]雨林
[レベル]4
19

eslin
/ 後宮、ハーレム、大奥
[レベル]4
kk;meの有名な後宮の名がエスリン宮殿だったことから
22

esm
/ [政治]検閲
[レベル]4
17:制:古:despa(禁止)

esmit
/ 洗剤、合成洗剤
[レベル]4
20:eex/mait(洗濯の薬)

espa
/ [物理]屈折
[レベル]4
19:espafi

espbalt
/ [気象]層積雲、うね雲、まだら雲、くもり雲
[レベル]4
sorn:eketone:曇り雲全般を「太陽を隠す雲」として、esbaltを冗談めかしてespbaltと呼んだもの。なお、ソーンには雨雲と曇り雲とそれ以外しかなかった。

espel
/ [名詞]老害
[レベル]4
rd;ltで「長く居座る官僚」を意味する単語から。
23:「エスペラント(Esperanto)」と覚えればいいよ。

esseelf
/ ヤリ逃げ→elf
[レベル]4
22

estark
/ [軍事]拳銃、けん銃、ハンドガン、ピストル、リボルバー→gel
[レベル]4
rd:ridia;vxで「雷槌」
24:ridia
[語法]
ハンドガンをピストルとリボルバーに下位分類する習慣はない。
[文化]
gel

estelsev
/ [言語]翻訳文、訳文
[レベル]4
rd;/
24

estelvet
/ [言語]翻訳語、訳語
[レベル]4
rd;/
24

estelvok
/ [言語]翻訳文、訳文
[レベル]4
rd;/
24

estfit
/ [名詞]命名
[レベル]4
rd;/
23
[文化]
estlang

estlang
/ [法律]改名権、命名権
rd;/
[レベル]4
23
[文化]
命名は通常親や親族がするものであるが、命名権については終末まで法整備がなされなかった。慣例に基づき親や親族が命名していた。
名は親が定めたある種のeesteだと考えられていたため、改名という行為は神代からなされてこなかった。少なくともレステイル〜アルバザードにおいては改名行為は一般的ではなかった。
alになりkuzestが社会問題となり、子供が大人になった際、就活で不利益を被ったり病院などで名前を呼ばれて恥をかいたりするシーンが増え、凪人を中心に改名権を主張するものが増え、alで子は成人以降一度だけ改名できる権利を得るようになった。
改名権自体は社会的に不利益を被る名前は変えて良いという法律がrtからあったが、誰もが持つ普遍的な権利ではなかった。それはDQNネームがそもそも少なかったからで、alまで改名権という権利が発生することはなかった。

estmiyu
/ [普通動名詞]改名
[動詞]yulの名をaに変える、改名する
[レベル]4
23
[文化]
estlang

estnekt
/ [形容詞]匿名の、名無しの
[反意語]estnond
[レベル]4
rd;/「名を隠した」
23

estnond
/ [形容詞]実名の、名入りの。匿名の反対。
[反意語]estnekt
[レベル]4
rd;/「名を公開した」
23

esto
/ [名詞]鼎、かなえ
[メトニミー]供物
[メタファー]代償、代価、代金、引換、引き換え、対価、現身、移し身、うつしみ、うつし身、身代わり、おとり、囮
[レベル]4
f:vangardi;eeste.k
22
[文化]
flで作られた鍋。tmの頃には目上の物に供物を捧げる際にも用いられた。zg以降は人類が神に供物を捧げるのによく用いられた。mtでは特に召喚士に使われた。
メトニミーで供物の意味が生じ、そこから更にメタファーで代償という意味になった。この比喩語義自体はtmから既に死神ヴァンガルディによって使われだしている。
ヴァンガルディとの契約を結ぶ際は、願いを叶えてもらう代わりに代償を捧げる。ヴァンガルディと契約することを和訳で「鼎を交わす」という。鼎は「代償」でもあり、同時にそれと等しい価値を持つ「望み」でもある。
この「かなえ」という和訳は非常に巧くできている。気付かないだろうか。代償を意味する「鼎」が、望みを意味する「叶え」に通じているということに。
【成句】
raven-esto 契約成立。ravenはszvだが、ヴァンガルディも現代は成句としてのraven-estoなら用いる。fvの頃にはこの言い方がなかったので、死神もそれなりにきちんと新語に対応していることが伺える。
【用例】
raven esto 鼎を交わす、契約を交わす。「供物」という意味の「鼎」と、「望み」という意味の「叶え」を、ヴァンガルディと取引することから、鼎を交わすと訳す。
dist esto 代償を引き渡す
re dist esto ker del. 我に契約の代償を捧げよ。
"dist fan esto ranel e. kaat, distes vei esto sete" 「鼎はちゃんと払うわ。それに、一部は既に支払い済みでしょう?」

eston
/ [植物]ヒース、エリカ
[レベル]4
古:雨のような

etetta
/ [遊女][代詞]lilis
[レベル]4
23

etettan
/ [遊女][代詞]lilin
[レベル]4
23

etim
/ [医療]ジェンダー、ジェンダーとしての性
[レベル]4
19:etat/him
[文化]
アルバザード人は同性愛に寛容な反面、ジェンダーとセックスの不一致には厳しい。すなわちホモやレズは受け入れるが、男なのに女として生きるというような価値観はあまり受け入れない。つまり、男同士・女同士の恋愛は寛容されても、女が過度に男のように振舞ったり、男がオカマのようなへなへなした態度を取るのは気持ち悪いとみなされる。
ホモやレズは認知されていてもやはりレアなので、笑いやジョークのネタになる。ただし、高学歴ほど笑わないで受け入れる傾向にある。
女装男装については嫌われる傾向にあり、高学歴でも笑いの対象としがちである。ただし、女装男装に関しては但し書きが必要で、非常に美しい男が女装をするのは受け入れられる。一方、女が男装をするのはいずれの場合でも気味悪がられる。ただしhimriusのようなたまのイベントは除く。
なお、これらの設定はすべて現実のアシェットを反映している。

アルバザード人の多くの男性は(恐らく日本人の多くの男性と同じだと思うが)、一緒に遊ぶなら女より男のほうが好きだが、女体と男体なら100%女体が好きで、男体が好きというのはありえないと思う。ふつうに人付き合いをするなら男のほうが圧倒的に付き合いやすいし好きで、どちらかというと女はあまり話も価値観も合わないので好きではないのだが、じゃあ男に性的魅力を感じるかと言ったらそれは髪の毛の先ほどもなく、逆に女体はふつうに好きである。おおむねふつうの日本人もこんな感じではないかなぁと思う。

etostonk
/ [政治]僧侶
[レベル]4
19
[文化]
アルティス教徒が作った身分階級。きちんと階級として認められるのは革命から。

etta(3)
/ [遊女][代詞]tyu
[レベル]4
21:etta

ettan
/ [遊女][代詞]tuan
[レベル]4
21:etta

evansil
/ [気象]冷たい雨、氷雨、ひさめ、雨、エヴァンシル
[類義語]esk
[レベル]4
szl;eva/siile 「雪のように冷たい雨」

evaz
/ [地学]湿地
[レベル]4
16:制:eva(湿った)

evipol
/ [地学]乾燥帯
[レベル]4
19

evis
/ [名詞]見立て
[動詞]yulをaだと見立てる、見立てる
[普通動名詞]見立てること、見立て
[レベル]4
rd;kev/ins「喩える目」が音変化していったもの。
24

evita
/ [名詞]トーナメント、大会、競技会
[レベル]4
rd;eiv/ita「決闘会」
24
[文化]
神代から行われていた競技会のこと。元は神々が強さを競い合うために余興として行った遊びで、勝ち残り式トーナメントで優勝者を決めるというものであった。
それが人類にも伝わり、smでは貴族の間で槍を使った馬上試合などが行われるようになった。
現在でも部活動や試合などで勝者を決める際に行われる。
【用例】
im evita t'alis, ans jig sen gekvav le fe ar, tal so velant ponsgek im tu t'axte. 秋の大会ではそれぞれどの球技をするのか選べるが、春の大会ではバレーボール一択なのである。

evitdiz
/ [法律]冤罪、えん罪
[レベル]4
rd;/
23
【用例】
til{yuv} evitdiz on set 殺人の冤罪を受ける

evitkaxu
/ [政治]違憲
[レベル]4
19

evokad
/ [政治]夜警国家、消極国家
[レベル]4
19
[文化]
アズゲルからカコまで採用されていた主義。国民一人一人が強力なヴィードを使えていたため、国家は最低限の管理しか要求されなかった。セルメルで崩壊。絶対王政に変わっていく。

exter
/ [名詞]下水
[レベル]4
rd;/
23

ezbesa
/ [医療]ハウスダスト、室内塵
[レベル]4
al;/
23

ezomrao
/ [生物]デオキシリボース。xiimはなくてもよい。分かるので。
[レベル]4
19

ezomraopand
/ [生物]デオキシリボ核酸、DNA
[レベル]4
19

faalern
/ [天文]太陽系
[レベル]4
19:ilmus:ridia
[文化]
|約46億年前|太陽系が誕生する。arteはここに位置するようになる。惑星アトラスなどができ始める|

faalpoit
/ [天文]黄経
[レベル]4
21

faalxalt
/ [天文]地動説
[レベル]4
19:ridia:「太陽の視点で」
[文化]
ユーマの一族はもともと神から派生したものであるが、神はアトラスより前は宇宙にいたので、ユーマの一族は始めから宇宙の存在も地球が丸いことも知っていた。従って、地動説のような言い回しが生まれるはずもなく、単に「太陽の視点で見た場合」や、「地球の視点で見た場合」の言い方しか生まれなかった。宇宙の存在を知っていれば天動説という概念が存在しなかったと考えるのは誤りである。天動説は星座を観察する時などの便宜上の概念として有用で、今日の地球でも実用され続けている。

faan(2)
/ [化学]メタン
[レベル]4
19:ryuu

faavanakea
/ [企業]ファーヴァナケア
[レベル]4
21
[文化]
武田薬品工業に相当する企業。

fabor
/ [ユマナ]アフリカ
[レベル]4
19:faber

facet
/ [人名]ファレット
[組み数字]6/16
[レベル]4
meltia 40:ardu/esta;e
古:fcet
[文化]
esta
エスタの第6子。女。

fado
/ [地学]マグマ、岩漿、溶岩、ラバ
[レベル]4
16:制:古:faidolから

faga
/ [音楽]アンプ
[レベル]4
16:制:fagから

fagi
/ [名詞]るつぼ、坩堝
[レベル]4
16:制:fai/gi

faidol
/ [名詞]火打石、火打ち石、フリント
[レベル]4
13:制:火の石
【成句】
na faidol カチンとくる

faier
/ [名詞]自作自演、自演
[名詞]マッチポンプ
[レベル]4
rd;fai/er「火と水」。自分で火をつけて自分で消して英雄を気取ることから。
23
【成句】
befas on faier. 自演乙。

faiet
/ [言語]関係詞
[レベル]4
20:pafi/te

faiev
/ [普通動名詞]点火
[動詞]yulに点火する、点火する
[レベル]4
rd;/
24

faig
/ [名詞]こて、鏝
[レベル]4
13:古faigil(火の金属。熱い金属か?)

faika
/ [建築]囲炉裏、いろり
[レベル]4
13:制:火の場所
[文化]
カコのルティアで作られた。ルティアは木材住宅が多いため、木の含水率を下げて材木の腐食を防いだ。また、タールが梁などに染み込むため、防虫効果もあった。
現在では見られない。

failexn
/ [名詞]のろし、狼煙、烽火、狼火、狼燧
[類義語]faplexn
rd;/
[レベル]4
23
[語法]
faplexn

fainim
/ [化学]炎色
[レベル]4
19

fainimyev
/ [化学]炎色反応
[レベル]4
19

faisolz
/ [軍事]導火線
[レベル]4
rd;/
23

faite
/ [料理]チリ
[レベル]4
古:辛い風。この風はどちらかというと風味の意味。

faitesl
/ [名詞]火力発電
[レベル]4
rt;/
24

faiteslka
/ [名詞]火力発電所
[レベル]4
rt;/
24

faivian
/ [名詞]火力
[レベル]4
rd;/
24

faixlor
/ [名詞]消火ホース、消火栓
[レベル]4
19:melidia alis

faixpxet
/ [名詞]スプリンクラー
[レベル]4
22

falakuki
/ [名詞]ナンバーロック
[レベル]4
19:xion

falfa
/ [人名]ファルファ
[組み数字]4/15
[レベル]4
kako:古での解釈は「炎」。
[文化]
メテの第4使徒。

falg
/ [音楽]ファンファーレ
[レベル]4
13:制:sad:fagaolemから。トランペットなどによる音楽であるため。

faliman
/ [名詞]朝型人間
[生物]昼行性
[レベル]4
19
【用例】
an ar van foilnet lana em faliman. 朝型人間になるために早起きするつもりだ。

falimdia
/ [名詞]白昼夢
[レベル]4
21:「昼の夢」。むろん夜に見てもfalimdia。

falman
/ [名詞]賞金稼ぎ
[ユマナ]ウォンテッド・バスターズ、ウォンティッド・バスターズ、ウォンバス
[レベル]4
20:札を追う人。→verfalm
[文化]
verfalm
ウォンバスはセレンが中学〜高校にかけて作ったファンタジーシリーズの名。リディアのアティーリと比肩する作品だったが、アポステリオリなのが敗因となってアシェットに採用されなかった。セレンは19年に『リディアの書』の中でこれを完結させる。

falon
/ [料理]じょうご、漏斗
[レベル]4
17:制

falserv
/ [生物]生存本能
[レベル]4
rd;/
23
【用例】
falserv tin 強い生存本能

falso
/ [医療]強迫、強迫観念
[レベル]4
古:「〜しなければ」

faltiatovent
/ [経済]ブランド業界
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

faltigart
/ [経済]高値
[レベル]4
22

faltis
/ [政治]高官、政府高官
[レベル]4
sorn:faltis(高い人)。faltiと同根だろう。恐らくソーンでは値段の高いと位の高いが未分化だったと思われる。tisはlantis(人)の意味で、avelant/avelantisと同じような発生だろう。
[語法][文化]
arnon, liznoの各長官の総称。

fama
/ [植物]ガーベラ
[レベル]4
16:制:famiから。二対ではない。ガーベラはキクの一種で、非常に品種が多い。

fami
/ [植物]キク、菊
[レベル]4
古:火花の花。花の形が火花に似ていることから。

famil
/ [気象]オーロラ
[レベル]4
19:kmiir:綺麗な単語なのに語頭のpが気に食わないとのこと。自分の名前に近づけるために語末をrにしたいと言われたが丁重に却下 参考:pamil:古:光って舞う

famklel
/ [言語]事典、コト典、こと典、百科事典→klel
[レベル]4
20:物事の辞書

fanap
/ [名詞]晴れ舞台、見せ場、花道
[レベル]4
rd;fanapam.k「スポットライトが当たる」
23

fanapam
/ [名詞]スポットライト
[レベル]4
22

fanktab
/ [名詞]麻薬検査
[レベル]4
19:melidia alis

fanlil
/ [化学]ヘリウム
[レベル]4
18:制

fanta
/ [天文]hooraliifa
[組み数字]7/8
[レベル]4
lsd;fantom,fv
21

fantlil
/ [化学]金→fant
[レベル]4
19

fantom
/ [植物]うこん、ウコン、ターメリック
[レベル]4
古のfantom(金)から

fanv
/ [医療]マラリア
[レベル]4
lakta

fao
/ [サール]ファオ
[魔法]召喚魔法ファオ。その場にいる馬鹿だけが攻撃される。rdではリディアが召喚したら、居合わせたザナやオヴィらがついでに攻撃され、笑い話になったとともに、封印魔法となった。
[レベル]4

[文化]
頭の良すぎた少年。抑えられない知能が見る者を全て愚かに見させてしまう。それによって彼は忌み嫌われ、知能のない暴徒に暴行を受け、恥辱を味わされる。それ以後ファオは人間に恨みを持ち、人間を滅ぼすと共にサールになることを願う。サールは彼の願いを聞きいれ、力を与えた。それ以後ファオは人を見つけては拉致し、「君は僕を愛してくれるか」と聞き、自分を受け入れなかった者を殺すようになった。更にファオは愚者を見つけては無条件で殺すようになった。愚かな知恵の無い暴徒に暴行を受けたことに対する復讐である。
【成句】
fao lenas 可愛そうなファオ:どんな雲も裏側は銀色。どんな悪いものにも良い面はある。

fapktik
/ [数学]鈍角
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

faplexn
/ [名詞]のろし、狼煙、烽火、狼火、狼燧
[類義語]failexn
[レベル]4
rd;/
23
[語法]
物を焼くことで煙を上げ、それを離れたところから確認することによって、情報を伝達する手段である。夜間など煙が見えない場合は、火そのものも使われる。

fardolk
/ [名詞]電飾、イルミネーション
[レベル]4
rd;/
24
[文化]
魔動式のものが神代から存在した。

farfania(2)
/ [アトラスの国家]ファルファニア、炎国
[アクセント]fArfania
[レベル]4
fv;e
kako
[文化]
面積:594093.243817 km^2

farfanian
/ [名詞]ファルファニア人
[レベル]4
20

farfaniaren
/ [言語]ファルファニア語
[レベル]4
22
[文化]
eldseta

●概要

名称:frf(ファルファニア語)
系統:アテン超語族ユーマ語族シフェル亜語族ファルファニア超語派(atenamat, yuumaemit, xiferfiam, farfaniaifal)
使用年代:tm
分布:北ファベル
話者:ガルヴェーユから移住してきたシフェルの民
類型:SOV、AN、Po
認知様式:主観的把握 → 客観的把握

古代ファルファニア語と現代ファルファニア語に分かれる。
ファルファニア人の一部がリュディアを建国するまではリュディア人もfrfを話した。両者が分離してから片方がリュディア語派になり、ケヴェアに残ったほうがファルファニア語派になった。

分離する前のfrfを神代frfといい、分離後から現在までのfrfを人代frfという。
frf > ly > ls > ar > aと繋がっていく系譜の祖になるのは神代frfのほうである。

神代frfに関してはユーマの一族がガルヴェーユから追放されて、当時のユーマの一族より高度な文明を持っていた神の技術や材料が得られなかったことで、記録が乏しい。さらに第三世代以降の短命化により歴史の生き証人が減ったことで、なおさら記録が乏しい。
lyで客観的把握を持つようになっているので、神代frfの間に徐々に主観から客観へ変化していったものと推定されている。

farfut
/ [化学][植物]光合成
[レベル]4
rt;/「光交換←光エネルギーを化学エネルギーに変換することから」
23

fariskoretta
/ [化学]発光ダイオード、LED、LED、エルイーディー→koretta
[レベル]4
vl;/
23

farma
/ [生物]マイコプラズマ
[レベル]4
19:sapm/faiz/man
[文化]
真正細菌。肺炎の原因のひとつとしてリュウが発見した。

farren
/ [地学]ルビー、紅玉
[魔法]ファーレン。火の低位白魔法。生理を止める魔法。女魔導師や女戦士が戦場に出る際にかけてもらっていた。
[組み数字]5/10
[レベル]4
meltia 10:ludo;fai/ren
17:ridia:fai/ren
[文化]
→dolmiyu
ヴィルの魔石。

farsalt
/ [天文][単位]光年
[レベル]4
22

farslet
/ [電算]VDT
[レベル]4
19
[文化]
パソコンやテレビの画面に使われていた。長時間の使用により精神や体調を崩す国民が増えたため、ミロクは月法において長時間の使用を禁止した。月法に入れたため、非常に驚かれた。それだけVDT作業は世の中に根付いていた。
ミロクによると、VDTは目を疲れさせ、交感神経を刺激して自律神経を乱し、相対的に運動不足を招き、成人病を招くため、有害であるとした。
アルヴァントによると、研究や仕事でVDTを使うものは一日上限が4時間である。それ以外は上限が2時間である。この法の成立により、このままだと多くの企業は仕事にならなくなってしまうため、急速に電子ペーパーの需要が増え、開発が進んだ。企業は業務を続けるために電子ペーパーを導入し、VDT制限法から逃れた。アルバザードで電子ペーパーが異常な速度で普及したのはこの法が背景にある。

fartanx
/ [電算][工学]光ファイバー、光繊維
[レベル]4
vl;/「光の麺」
23
[文化]
・歴史

ndで波動の屈折の法則が定式化され、rtでガラス板の中に光が閉じ込められる条件の定式化、反射による光の誘導の公開実験、光の全反射の条件と水流で光を曲げる実験、音声を可視光線の信号に乗せ通信を行う実験が行われた。
vlで光の閉じ込めをガラス繊維に拡張した条件が定式化され、ガラス繊維の束に光を導く実験が行われ、この際に光ファイバーという概念が生まれた。
その後電飾や通信技術に用いれることになり、alでネット回線を実現するなどし、世に広まっていった。

・構造

3重構造になっており、内側のコアをselz、中層のクラッド(英語で結局の覆いという意味)をrovlobo、外側の被覆をeilloboという。

fask
/ [動詞]yulをaに就任させる、就任する、任命する
[レベル]4
14:制:fasfit(仕事を与えるから)
【用例】
mirok at fask al artales. ミロクはアルタレスに就任した。

fatima
/ [エルト]ファティマ
[レベル]4
seren:古:futoima「時間を取る」の母音を変えたもの。
[文化]
時間を無駄遣いしている者から時間を奪い取り、時間を必要としている者に仕えるエルト。例えば自堕落に過ごしている愚者から時間を奪い、忙しい研究者などに時間を与えたりする。

fatooalna
/ [名詞]うちあげ、打ち上げ、慰労会、お疲れ様会、お疲れさん会
[レベル]4
rd;/「お疲れ様パーティ」
24
【用例】
an xa tur fatooalna e tolx e tameli. お囃子の練習の打ち上げ会をしている。

faxmono
/ [動詞]yulを羽交い絞めにする、拘束する
[普通動名詞]羽交い絞め、はがいじめ
[レベル]4
19:melidia alis

feet
/ [言語]音声。人間の言語に用いられる音。
[レベル]4
19
[語法]
音声は[]に入れて書く。

feidan
/ [ジョブ]矛手、矛使い
[レベル]4
19:ridia

feil
/ [動詞]yul(ヴィード)を燃やす、燃やす
[類義語]viik
[レベル]4

[語法]
ヴィードを急激に使用するという意味の動詞で、アルカにしか存在しない。訳しようがない単語。
日本語の「鼻をかむ」の「かむ」と同じく、コロケーションをviid(またその下位概念)しか持たない動詞。
【用例】
feil viid ヴィードを燃焼する

feilis
/ [エルト][サール]フェイリス
[レベル]4
sr;e
24
[文化]
アルデスとルフェルが王になる前、まだ友好関係があった時代に月の光から共同で生み出した女神。美を司る。エルトでもありサールでもある。二面性を持ち、エルトのときはルフェルのような白人系の顔立ちになり、サールのときはアルデスのような黄色人種の顔立ちになる。どちらも女の姿と顔をしている。美の女神として知られる。

feisesp
/ [気象]層雲、霧雲
[レベル]4
19

felanbals
/ [名詞]学生棟
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

felanfeme
/ [名詞]学生時代
[レベル]4
rd;/
23

felangart
/ [経済]学生料金
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

felantonk
/ [政治]学者
[レベル]4
19
[文化]
身分の1つ。

felbals
/ [動詞]自治棟
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt
[語法]
felanbalsと区別。
[文化]
全ての委員会が収められている棟。つまり学生会が納められている棟。また、学生会に加えて非学生会の自治会が収められている棟。全ての会に個室が設けられている数階建ての建物。委員会などを行うときはここで集まって会議を開く。個室は教室と同じ作りである。

felbelate
/ [名詞]学食
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt
[文化]
食堂が敷地内に独立している。建物の形は学校によって異なる。安価で食べることができる。昼食時と夕食時に利用できる。また、寝棟の人のために晩ご飯の時間も利用できる。

felet
/ [形容詞]先天的な、生まれもっての、アプリオリ
[反意語]vekt
[レベル]4
rd; 19:運命づけられた
[語法]
何も流用せずに作ったもののこと。流用と参考は異なる。人間は生まれた以上そこの影響を受ける。彼が何を作ろうとその影響からは逃れられないので、何を作っても何かしら参考にしたことになる。従って参考はアプリオリを取り消す要素にならない。でなければアプリオリが成立するものがひとつも存在せず、この言葉自体レーゾンデートルを失う。
[文化]
セレンはバリバリの経験主義者だったので、アルカもだいぶ影響を受けている。
ところが25を過ぎて先天性も重視するようになった。セレンは子供の頃から自分にフランスの血が入っていることを知っていたが、違うのは顔くらいで性格や体格にまで影響があるとは思っていなかった。セレンの性格は日本人と違うところがだいぶあって、それでよくそりが合わなかった。大人になるにつれてフランス人のことを知識として知っていき、「あれ?これ俺に似てるな」と思うことがよくあった。
例えば日本人はへつらうように笑うが、セレンは笑うところでは笑ってそうでないところでは無表情だ。それが日本人には偉そうに見えるらしい。顔が西洋人っぽく彫りが深いので黙っているだけで怖く見えるせいもある。こちらとしてはふつうにしているだけなのに偉そうと思われる。フランス人も妙にへらつったりしない。なるほどよく似ていると思った。
権利意識が強く我が強いところもよく似ている。そのわりに下らない労働を嫌うのもよく似ている。口だけ達者なところも似ている。細い割に同体重の日本人に比べてかなり筋力があるのも似ている。自転車好きも似ている。道にゴミを捨てるくせに妙にエコなところも似ている。女好きで精力が強いところも似ている。中でも美しさと合理性を追い求めるところが最も似ている。セレンの血がドイツ人だったら新生アルカは生まれなかったろう。
そのほか、ユーモアは好きだが下品なお笑いは嫌いというのもよく似ている。大人びていて落ち着いているところも似ている。だがそれは外見だけであって中身は子供というところも似ている。
こういう類似点が細かく無数にあったが、バリバリ日本で生活してきたのになぜ似るのかといえば血しかないということで、先天性を省みるようになった。
なお、性格だけでなく体格も類似していた。その後フランスに行って自分が浮かないことに気付いた。細い腰、細い手首、足首、なのに無駄にある胸、できやすいクマなど、すべて酷似していた。
もちろん似ていないところも多い。特に食べ物だ。パン食が嫌い。和食を好む。何より、チーズ、ワイン、コーヒーがすべて胃痛かじんましんになって食べられないところが圧倒的にフランス人でない。胃腸が弱く、ここは明らかにフランス人の血でない。どうも酵素とか消化関連はどこで過ごしてどの腸内細菌を得ているかのほうが大きいようだ。

行った国の中で好印象だったのはフランスと韓国だけだ。あぁ合理的だなとか頭が良いなと感じた国だった。
その後、28ごろになって母方が韓国から来たことを知る。そうか自分は韓国とフランスの混血児だったのかと知った。その事実を知らなかったのに好印象だったのはこの両国だけだったのはどういう奇跡か。先天性によるものとしか思えない。血のなせるわざに違いない。血のせいで考え方や発想などが似ていて、それで自然と合理的だと感じたのではないか。
ところで自分で最も日本人らしくないと子供のころから思ってきたのは怒りの強さだ。外国人の怒り方は日本人からすれば気違いレベルのものがある。で、セレンの怒り方は常軌を逸していた。キレるとすぐ相手を殺す気でかかる。格闘技をやっていたことを置いても殺気が凄まじく、傷害に至ったことも何度かあった。ただ、たいていは殴る以前に殺気に気圧されて相手が怯む。今思えば「あぁファビョンとはこのことか」と納得できる。あれは日本人には出せないエネルギーだ。
自分より強い人間はいくらでもいるが、自分より気迫のある人間というのを見たことがない。外国人から見てもそうなようだ。というのも、まさにセレンという名前自体が気迫や殺気や怒号で相手を黙らせるという悪口から来ているのだから。なお、人生中で最も気迫が出たのは24くらいで池袋のジュンク堂の前で児童虐待を見たとき。同い年くらいのロクでもない父親に怒髪天を突き、裏路地に響かんばかりの怒号で殴りかかり、あまりの勢いに相手は膠着。即座に男たちが一斉に入ってきて取り押さえたのだが、不服なことに男でなく自分が取り押さえられた。その後即警察沙汰となったが、ファビョりすぎたのか、警察を呼ばれたのはその男でなく自分だった。
どうもこのあたりは明らかに日本人の血ではない。しかし問題は自分はその血について知らなかったことだ。あるいは知っていてもフランスのように知識がなかった。なのに自然と彼らに似る。なら当然アルバザード人も固有の民族性があって血によって先天的にある程度性格が決まるのだろう、たとえその風土がどこであろうとという結論になり、カルディアでもある程度先天性を重視するようになった。

feletteel
/ [名詞]宿命、宿運、天命、天数、フェレッテール
[レベル]4
rd;/「先天的な運命」
23
[語法]
先天的に定まっており、避けることが難しいか不可能なこと。
【用例】
saia, tu tan et feletteel da. しょうがない、これも宿命だ。

felgart
/ [名詞]授業料
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt
[文化]
授業料は主に税金から出る。

felis(2)
/ [名詞]十徳、十善、フェリス
[名詞]十干
[生物][医療]五臓六腑、五臓五腑、六臓六腑
[レベル]4
zg;fenl/liste
21
[文化]
zgのシージアで発達した倫理で、五行説に組み込まれて考えられた。人間が心がけるべき十の徳を五行の陽と陰に当てはめた。順序は五行の順で、水風土火雷である。
陽は外向きの感情で、社会的なものが揃う。三・二人称的である。陰は内向きの感情で、個人ないし対個人的なものが揃う。一・二人称的である。内外というのはネガティブポジティブという意味ではない。社会に向くか自分および相手に向くかの違いである。

陽:秤・礼・慈・義・克・(侠)
陰:信・素・胆・忍・勇・(堪)

地球の東洋思想にも同じものがある場合は訳語にその漢字を用いた。義・礼・信・胆・勇・忍である。封建社会でもなく年功序列の考えも儒教ほど強くなかったため、東洋思想にある忠・孝・梯はない。また、知は心と別枠なため、智も入っていない。カルディアオリジナルは克・秤・素である。なお、慈は仁のこと。

秤(mist):天秤のように公平かつ客観的であること。水面のように水平であることから水。
礼(lean):礼儀を重んじること。風のように涼やかな心。
慈(xell):万人に対する思いやり。悪人も含む。では悪人も許してしまうのかというと「許す」のではなく、それは克で別処理する。根源的な徳として中心の土。
義(dazett):義理人情のあること、道理を弁えていること。火のように熱い義理人情の志。
克(waset):悪に屈しない、悪を受け入れない、誘惑に負けない、儲け話に乗らない、実直真面目に稼ぐ。雷のように激しく悪に打ち克つ心。

信(xarl):信じる心、信仰心。人を信じる、嘘を吐かない、嘘を許さない。水のように純粋な気持ち。裁判官は秤と信が必要で、これらは表裏一体。
素(kaloa):多くを望まず質素倹約を尊び、日常を幸福に思うこと。風のように涼やかな気持ち。流れる風のように拘らない気持ち。
胆(viman):丹田が座っていて動じないこと。胆力。土のように動かずどっしりとしており、体に芯が通っている感覚。胆力がないとほかの徳もなかなか引き出せないので中央の土に座する。
忍(hina):耐えるべきところを耐えること。陰の火はじりじりと照るように熱く、その熱のようにじっと耐える心。
勇(gants):行動力、やり遂げる心、腰を上げようとする意志の力、耐えざるべきところをきちんと耐えずに抗うこと。耐えてはならないことを耐えないのは勇気である。克の裏で、動くときは雷のようにパッと動くこと。

この十徳は非常に体系的でよくできている。五行に見事に当てはまる上に、個々の属性のイメージにも沿う。その上陰陽できちんと振り分けることができ、さらに同じ水の表と裏のようにそれぞれの徳が表裏で関連しあっている。極めて体系的な倫理であり、地球の東洋思想よりもさらに体系的である。そのため歴史を超えて愛され、smではルティアからアルバザードへ伝わり、そのままの形で現在まで変わることなく連綿と受け継がれている。rdでは組み数字にも選ばれた。序列6と異なり、それぞれが基本的には等価なので、非序列として使われる。制定したセレンは、組み数字10は数からして頻度が高いはずだから社会に貢献する何か良い概念を宛がおうと考えた。その結果これを採用した。組み数字として日用されることで国民は十徳を日々唱えることになり、これが国民の教育に良いはずだとセレンは考えた。alでミロクはこの伝記に感動し、伝統を受け継いだ。

・解説



仲間は積極的に助ける。
その他は消極的に助ける。すなわち求めに応じて助く。人それぞれの事情があるので押し付けはしない。おせっかいは焼かない。
悪人は克で処理すべきだが慈もまた与える。具体的には助けでなく慈悲を与える。例えて言えば、悪といえども残酷な仕打ちで倒さないこと。



耐えるべきことを耐えること。
自然災害、老いによる老化、改善不可能な病、体質による不定愁訴やコンプレックス、労苦、愛する人との別れ、死別、失恋等が対象である。
また、過食の我慢、間食や嗜好品の我慢、過剰な性欲の我慢などもこれに当たる。
なお、不当な契約、不当な労働環境などを耐えるのは忍ではなく、克と勇が足りない。日本人が最も勘違いしているのが忍である。



力を持つものは悪を討ち、悪を倒すべきとされる。力があるのに悪を討たないのは怠慢で、勇がないとされる。
力を持たざるものはわざわざ善行のために返り討ちに逢う犠牲を払えとまでは言われない。彼らにとっては悪を受け入れない、悪を拒絶することが十分な善行かつ貢献になるとされる。有害なテレビ、書籍、掲示板、ブログなどを避けるのも克である。
日本人が最も持っていないのは克と勇。これもまた表裏一体に持っていない。克と勇が同じ雷に配列されているのは互いに関連しあっているためである。

・詠み歌

水面のように平等で
爽やかな涼風のように礼節を重んじ
大地のような慈愛に満ち
火のような正義に燃え
激しい雷のように悪に克つ

水のように澄んだ心で信じ
かろやかな風のようにこだわらず
地面に足をどっしりと構え
照りつける炎熱のように忍び
電光石火の如く勇ましく動く

・表裏一体

秤と信:客観視できない者は秤がなく、そのような人間ほど事実と虚偽の壁が薄く、嘘を吐く。
礼と素:マナーがなっていない人間ほど質素倹約と程遠い。例えば派手な恰好をしている女はえてして素行も悪く礼儀知らず。言葉遣いも汚い。
慈と胆:中心となる胆力がなければ、外交の中心である慈も鈍る。
義と忍:こうしなければならないという正義感がない者はたいてい我慢知らず。我慢するのは誰でも嫌だが、正義がなければ「まぁいいか」と逃げてしまいがち。
克と勇:抗わない者は行動もせず逃げてばかり。腰も上げない。

・性差

男性は一般に火や雷が多く、女性は水や風が多い。男性のほうが「熱く」なりやすく、女性のほうがそうなりにくいのはそのため。
女性で火や雷が多いと扱いづらくモテないということがある。男性で水や風が多いと男らしくなく頼りがいがないと思われることがある。
女性で水や風がないと「女のくせに」と非常に嫌がられる。逆に男性で火や雷がないと「男のくせに」とか「女々しい」と言われる。どちらも理にかなっている。

・十干

十徳を暦に用いて十干とする。アルミヴァと十干の組み合わせで毎年ごとに名を付けていく。甲子のように。すると10と12の公倍数の60年で一周する。
寿命の短命化とともにsm後期から実用されるようになった。

知徳

10才のこと。十干が一回りした年。一通りの徳を知り、やっていいことといけないことの分別が付くようになったと期待される年。アティーリでは10歳から何かを始めた人が多い。現実のセレンやリーザがそうだったことから来ているが、カルディア的には知徳の年だからと説明される。

神徳

60才、還暦のこと。アルミヴァも一周して徳が神の領域になったと期待されるレベル。
「神徳その身に預かりて 魂滝に安らぐ」
これは「神徳の年になればもう徳も高めたからいつヴェーユに行って審判を受けても安心だね」という意味で、「60過ぎて死ねば大往生だ」という意味。60歳が寿命の目標になっていた。
アルバザードでは現在でも60まではとりあえず生きようと考える人が多い。平均寿命はもっと上で、「今の60は若い若い」などと言っているが現実には60を過ぎると死亡率が上がるため、人々の当座の目標値としてよく利用されている。

・二六十徳律(ニイロクジットクリツ)

二情:楽・愉(ラクとタノシイ)
六心:希望・愛情・信念・不屈・正義・誇り

これに十徳を足したものを二六十徳律という。人間はこの十八観さえ守っていれば悩まず迷わず正しい道を歩めるという考え方である。
日々の行動で「これはやろうかやるまいか」と考えるときに、この十八観に照らし合わせて行動すればよい。新書や啓蒙書の生き方本と違って200ページ以上も読む必要もなければ覚える必要もない。
十八観は多すぎず少なすぎずちょうど良い。多くても覚えられず、扱いづらい。逆に少なすぎると役に立たない。十八はちょうどよく、さらに数を2・6・10に分散させているのでなお覚えやすい。

・言葉と十徳

hakという行動は十徳が慈・信・礼の順で関与している。rensomという言葉は礼・信の順で関与している。
このように言葉を十徳で分析し、辞書の文化欄に示したものがある。

・徳は6割

高徳ならよいかというとそうでもなく、まんべんなく十徳を6割程度身に付けているのが一番ですよという教え。
克が強すぎると他人と戦ったり批難してばかりだし、礼が強すぎても杓子定規で付き合いにくい。慈がありすぎる人は好かれるかというとそうでもなく、嫌煙されたり聖人視されて付き合いづらいと思われる。陰側も同じで、忍がありすぎると損ばかりしょいこみがちになるし、勇がありすぎても疲れるし利用される。
などなど、徳がありすぎても疲れて終わってしまうし、そもそも人間はそんなに簡単に高徳にはなれないから、無理をしないで6割程度でゆるゆる暮らしなさい、そのほうが楽ですよという教え。それでいて6割程度徳があれば別段悪さもしないだろうし、克10慈0のように偏っているよりはマシですよということ。几帳面に6でなければならないというわけではない。5〜8程度であればよい。

・実践

例えば21の段階でセレンは「秤8・礼5・慈2・義9・克10・信7・素9・胆6・忍3・勇10」で、バランスが悪い。
felisを使えば自分に何が足りなくて何を抑えればいいか分かる。この場合、克・勇・義が強いわりに慈と忍が足りないので典型的な他罰傾向にあると分かる。統制のとれた厳しい社会を形成するのには向くが、人には好かれないタイプと分かる。ミロク革命に反響したわけである。多い分を少ない分に回せばこの者はもっと楽に生きられる。

同リディアは「秤7・礼9・慈9・義10・克10・信10・素8・胆7・忍9・勇10」。徳の合計値が非常に高い。意外とビビりなところがあるので胆は少し抑えられる。わりと主観的で自分の正義と世の中の正義をあまり区別しないので、秤はやや低めに。義と克が強すぎるため、一般的な嗜好性の男性にはあまりモテないようだ。

同メルは「秤8・礼6・慈5・義3・克2・信4・素10・胆8・忍9・勇3」。義・克・勇が足りない典型的な怠け者体質。素が強いので引きこもりがち。動じないという意味ではリディアより強く、忍耐強いのは間違いない。賢く客観性はあるため秤は高いが、公平性などどうでもいいと思っている様子。

・五臓六腑

十徳は上記の順序で以下の五臓六腑をも指す。

陽(五腑):膀胱・胆・胃・小腸・大腸・(三焦)
陰(五臓):腎・肝・脾・心・肺・(心包)

五臓六腑というのは日本の慣習的な言い方で、ルクレティアでは基本が五臓五腑の十徳、そこに更にふたつ足して六臓六腑まである。
六臓六腑というのは火が君火と相火に分かれているため六臓六腑になっており、相火の陽は三焦(yuzki)で陰は心包(yue)である。

felisia
/ [名詞]sapre
[名詞]許嫁、許婚、いいなずけ、いいなづけ
[レベル]4
szd
23
sapre:sapre:la felisia:kotoko,alt
[文化]
ltで起こりaltに伝わり、altで流行り、smにarに流入した概念。ltでは許婚の契約を親同士が交わす際にサクラソウを用いて祝いをしたことから、サクラソウで許婚を意味するようになった。

felist
/ [普通動名詞]愛、敬愛、騎士道愛
[動詞]yulを愛する、愛する、敬愛する
[類義語]tiia
[レベル]4
zg;felis.k
24
[文化]
封建制度ができて騎士が主君に仕えるようになったsmの時代において、騎士が主君の妃に対して抱いた敬愛の念のこと。プラトニックなものであり、不倫ではなく、不倫は許されなかった。あくまで敬愛の念であるため、主君はしばしば「自分はこんなに臣下から敬愛される妻を持っている」と誇ることがあった。

felita
/ [名詞]勉強会
[レベル]4
19:melidia axte

felkeks
/ [普通動名詞]修学旅行、林間学校、臨海学校、研修旅行、お泊り会、おとまり会
[動詞]yulに修学旅行に行く、修学旅行に行く
[レベル]4
rt;/「(企業などの)学ぶ目的の旅行」ないし「学校で行う旅行」
24
【用例】
amel felkeks kyooto i fis. 今日妹が修学旅行で京都に出発した。

fellizno
/ [政治]文部庁、文科庁
[レベル]4
19:ilmus:ridia
[文化]
事務省下。学科のカリキュラムを立てたり、教材や試験を作成したりする。

felm
/ [動詞]yulをokと分業する、分業する
[普通動名詞]分業
[レベル]4
sorn

felmel
/ [名詞]学習時間
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt
[文化]
学校と会社はほぼ同じ時間に始まって同じ時間に終わる。つまり、七、八時から始まり、昼に二時間の休みを経て五時に終わる。実働は七時間である。休みは週二日である。ゆえに週三十五時間の学習時間が設けられる。詳細は通勤と同じ。

felmiva
/ [名詞]還暦、60年、フェルミヴァ
[レベル]4
rd;felis/armiva
23
[文化]
十干と十二支(干支)の最小公倍数の60で還暦となる。アルバザードでも十徳とアルミヴァの組み合わせで60が用いられる。120にならないのは、平均寿命が80才程度の人類の年を数えるのに役に立ち辛いためである。

felnoa(3)
/ [名詞]明晰夢、フェルノア←xakllond
[類義語]xakllond、lond
[アクセント]felnoA
[レベル]4
al;felnoa.k
23
[文化]
→ladia laap

felpaz
/ [名詞]学歴
[レベル]4
20
[文化]
高校(lazka)で進学校だった人間が大学に行き、それ以外は高校が最終学歴となる。進学校以外は職業能力を高校のうちに学ぶので、専門学校はない。未熟なら高校を留年させられるため、卒業できた時点で就職できる能力はあることになる。そのため、別途専門学校は必要ない。卒業後に方向転換したい場合、無給ないし薄給で企業に雇ってもらい、チュートリアルを受けるなどして現場で学ぶことになる。
【用例】
felpaz hax{tinka} 高学歴

femesain
/ [歴史]時代考証
[レベル]4
22

fenf
/ [名詞]革紐、かわひも、革ひも
[レベル]4
13:制:fenkfot

fenka
/ [文字]羊皮紙
[レベル]4
meltia 256:bert;fenk.k
23

fenlil(2)
/ [植物]alisin
[組み数字]3/9
[レベル]4
szl;fantom/liito > fanlil > fenlil
21

fenlivro
/ [名詞]短命
[レベル]4
20

fenpokt
/ [医療]風疹
[レベル]4
14:制:短いはしか

fenvlen
/ [美容]おしろい、白粉
[レベル]4
21:fenvl/en

fenzelart
/ [魔法]禁呪魔法
[レベル]4
19:残酷王フェンゼルのような魔法
[語法]
残酷なあまり使用を禁止された魔法。全身の痛覚を刺激し、ショック死させる魔法。全身の痒みの神経を刺激し、対象が自らを掻き毟って死なせるようにする魔法。苦しみもがいて死ぬ魔法。これらが禁呪魔法にあたる。神や人間が拷問目的で開発したが、神の時代から既に禁忌されていた。

fenzelet
/ [色]青がかった緑
[レベル]4
22:fenzel/te

fenzelit
/ [名詞]自己愛
[類義語]noe
[レベル]4
fv;fenzel/te
23

ferden
/ [サール]フェルデン
[レベル]4
mt100'8000(vs):poen;

[文化]
闇を司る。悲壮な最期によって恋愛の神にもなった。ティクノとポエンの娘。ダルケスと駆け落ちし、ルフェルに殺される。厳密には兄ダルケスを失ったフェルデンが、ダルケスを殺したアルデスを恨み、アルデスを倒してもらうため、自分の命をルフェルに差し出した。フェルデンはセレスティアを行い、自分のセレスをルフェルに差し出して死んだ。フェルデンは白人系の美少女で、金髪でふわふわの長髪、淡い青のドレスを着ている。髪にはヘアバンド。
【成句】
al ferden 恋する者に幸あれ

fernlil
/ [化学]白金→fern
[レベル]4
19

fert
/ [経済]輸入
[言語]借入、借用
[類義語]tau
[反意語]klenz
[レベル]4
20:sorn:pfert

fesk
/ [名詞]メディア、媒体、媒介、仲介、仲介者、なかつぎ、中継
[物理]媒質、メディアム
[レベル]4
17:制:elis

fesnseles
/ [魔法]生霊、生き霊
rd;/「解放されたセレス」
[レベル]4
23
[語法]
生きている人間の霊魂が体外に出て自由に動き回るといわれているもの。

fesxant
/ [普通動名詞]誤送、送信ミス
[レベル]4
19

fiafixt
/ [数学]実数解
[レベル]4
19

fialameer
/ [歴史]世界創世記
[レベル]4
tm;/
23

fianaalx
/ [数学]実数→fiana
[レベル]4
23

fianis
/ [植物]忘れな草、ワスレナグサ、勿忘草、フォーゲットミーノット、フィアニス
[俗語]レズビアン、レズ、ユリ、百合
[類義語]testeel
[反意語]nemp
[レベル]4
tm;fianis 23
[文化]
テステェルが愛した少女の名で、それゆえ古くからレズビアンの象徴とされる。漫画などでも背景に用いられる。

fianxiim
/ [化学]ショ糖、蔗糖
[レベル]4
19:paal:少女糖
[文化]
女の子が好んで食べると考えられている。rdでは代替糖があまりなかったので、アシェット女子が好んだ。レイユでは虫歯の原因になるので良くないとして避けられている。

fiarein
/ [名詞]世界線、パラレルワールド、並行世界、平行世界
[レベル]4
rd;/
23

fibi
/ [電算]ネットワーク、実際の網でなく抽象的な網(たとえば情報網)
[レベル]4
16:制:fibl

fiedaj
/ [名詞][形容詞]おためごかし
[レベル]4
19:偽の親切

fiemez
/ [名詞]デマ、デマゴギー、流言、俗説、風説、流説、流言飛語、流言蜚語
[類義語]kalzaskuver、enxmez
[レベル]4
rd;/
24
[語法]
嘘の噂や流言のこと。主に意図的なものである。広めた者が誤って間違いと知らずに信じて広めた事実に反した噂はenxmezで、嘘と知りつつ流した噂をfiemezという。両者の違いに注意。

fiepropaata
/ [名詞]偽善
[レベル]4
22
【成句】
fiepropaata sono nod propaata ensono やらない善よりやる偽善(seren arbazard)

figan(2)
/ [アトラスの国家]フィガン
[レベル]4

[文化]
面積:493454.497597 km^2

figia
/ [植物]竜胆、竜童、リンドウ、りんどう
[レベル]4
22:figi

figian
/ [ジョブ]槍手
[レベル]4
19:ridia

figiom
/ [運動]槍道、槍術
[レベル]4
20

figivantis
/ [軍事]槍兵
[レベル]4
19:ridia

fign
/ [植物]西洋泡立ち草、セイヨウアワダチソウ、セイタカアワダチソウ
[レベル]4
古:槍の花
[文化]
秋ごろに異様な高さに成長する雑草。

fiild
/ [動詞]solはyulの力をfiinaに資させる、資する
[レベル]4
古:fulmiia
【成句】
ren fiild! レン・フィールド(汝の契約者に資すらんことを!):召喚士が神を召喚する呪文の結び。

fiimbix
/ [生物]無精髭
[レベル]4
22:「怠惰な髭」
【用例】
vik le til fiimbix 無精髭を蓄えた男

fiina-fian
/ [植物]コデマリ、こでまり、すずかけ、スズカケ
[レベル]4
rd;「少女に捧ぐ」
22
yuki:yuki:
[文化]
yunk系の少女を象徴する花。

fiinaleimen
/ [名詞]一般受けする作品、一般人向けの作品、一般受け
[レベル]4
rd;/「普通の人のために」
23
【用例】
tu klei et tio fiinaleimen tis da. この小説は単なる一般受け狙いだ。

fiinemadet
/ [アイテム]フィーネマデット、万能薬
[組み数字]3/12
[レベル]4
20:精霊のへその緒
[文化]
精霊族の少女が生まれたときにつけていたへその緒を干して砕いて粉末状にしたもので、ラルトの効果がある。非常に貴重なアイテム。精霊が生んだ息子のへその緒では効果がない。

fikdu
/ [言語]不定量
[レベル]4
20
[語法]
不定量は時間と量に分かれる。
量はtiu(1〜2個), fou(2〜3個), alfou(3〜5個)がある。また、galtoon(百数十個)のように、任意の桁にtoを入れて不定量を表現する方法もある。
時間は時点と時量に分かれる。両者とも、askやfoniなどといった同じ単語を使う。
時点はsa, xi, imなどの格詞とともに現れ、ある時点からどの程度離れた時であるかを示す。sa askで「すぐ前に(1〜5分ほど前に)」を意味する。
時量はdu, folなどの格詞とともに現れ、どの程度の時の長さがあるかを示す。du foniで「一瞬」、fol ixtで「2、3日〜数カ月の間」という意味になる。
同じaskでも、sa askなら「さっき」、xi askなら「後で」、du askなら「ちょっと」と訳し分ける。日本語だと3語覚えることになるが、アルカだとaskという語自体が決まった時間の幅を持っているので、格詞との組み合わせだけで表現できる。外国語が得意な人でも案外不定量の表現は覚えていなかったりするが、そのわりに口語では非常によく使うので、できるだけシンプルでしかも時間の幅がきちんと決められる体系が便利だと思われる。
不定量は元々小さな時間を示すのに使うことが多い。数カ月や数週間の場合、そもそもxeltやsootという単位を使って"ta xelt via"(2カ月くらい)のように示せばよい。同様に、日ならselを使えばよい。
人間にとって長い時間あるいは現在から離れた時間になるほど、見通しが立たなくなる。見通しが立たないあやふやな状況にあやふやな不定量を持ってくると意思疎通に支障をきたす。不定量はある程度計画の立てられる見通しが立った状態において、暫定的に計画を立てる際に使われる。例えば「あとで会いに行くよ」というような場合に使われる。これが21日も後の話なら、不定量で表してもかえって分かりにくいので、ある程度具体的に3週間くらいと目安を立てる。
というわけで、アルカの不定量は細かい時間を表すようにできている。大きな時間の場合は上述の通り、「2カ月くらい」というような表現をする。時点と時量は10段階に分かれ、内訳は以下の通りである。
1:foni(一瞬。実際には1秒以内から1分程度まで、場面に応じて幅広く)
2:ask(すぐ(以下はxiと組み合わせた際の訳)。1〜5分)
3:liset(ちょっとしたら。5〜30分)
4:ezit(ややあって。15分〜1時間弱)
5:galti(少ししたら。30分〜1時間強)
6:pian(しばらくしたら。45分〜2時間)
7:sikt(あとで。1時間〜2,3時間)
8:leif(ずいぶんあとで。2,3時間〜6時間)
9:ixt(こんど。2,3日〜数カ月)
10:fema(いつか。1年以上)
20年頭までは時点と時量に別々の単語を当てていた。恐らく自然言語に引きずられたのだろう。だが、こう考えれば時点と時量を同じ単語で表す理由が分かる。sel(日)というのは24時間のことだが、これは時間の定量である。sa selなら「24時間前に」で、du selなら「24時間の間」を意味する。定量に関しては時点も時量も同じ単語を使っている。ならば、不定量だけ時点と時量が別でなければならない理由は存在しない。askは「1〜5分の間」という量なのだから、selと同じように時点にも時量にも使えるはずである。かくして時点と時量を併合し、さらにen hemなどと表していた部分を単純語にし、10段階の不定量を定めた。単純語を作る際は、sa, xiとともに使われることを考慮して、同じ音が連続しないよう、xやsで始まる語はなるべく避けた。なお、1と10、2と9はそれぞれteelvetになっている。4〜6は語源が連続したストーリーになっており、7のsiktは制の意味に復帰した。
<10段階以外の不定量>
単位となるsel, soot, adia, xelt, arxiel, saltなどと組み合わせることで、上記以外の不定量を示すことができる。
tiu sel, fou sel alfou sel, soot via, tiu soot, fou soot, alfou soot, xelt via, tiu xelt……と、細かく組み合わせることで、単純語10語でカバーできない細かい区間を表現できる。
<du filとdu fen>
du fil(fen)は決まった不定量がなく、完全に話者の主観と文脈に依存する。
例えば長い時間をかけて行うといっても、懸垂の場合は頑張ってもせいぜい1回につき10数秒の世界である。この場合、du filが10数秒を指す。一方、山登りだったら短くても数時間はかかる。この場合、du fenが数時間を指す。
するとdu fenのほうがdu filより長くなる。このように、fil(fen)は完全に文脈依存であり、特定の不定量を指さない。話者が長いと思っているかがポイントである。
<時間の単位を使った時量>
fou jin(数秒)
toon jin(数十秒)
fou fei(数分)
toon fei(数十分)
fou miv(数時間)
toon miv(数十時間)
fou sel(数日)
<不定量について理論的な補足>
日本語の不定量の時間表現を集めてみる。
いくつも出るだろうが、大体――
1:すぐ(1〜5分)
2:ちょっとしたら(5〜30分)
3:あとで(30〜2,3時間)
4:こんど(2,3日〜数カ月)
5:いつか(1年〜∞)
――の5段階で使い分けているように思われる。 括弧内の長さは目安で、ネイティブごとに一致を見ないだろう。だからといって「あとで電話するね」の「あとで」が翌日と解釈する日本人もいまい。おおむね括弧内が目安である。 むしろ重要なのは目安の正しさではなく(それは日本語論なので)、不定量が網羅的でないということだ。
例えば、2,3時間以上24時間未満という不定量がない。また、数カ月から1年という不定量もない。 網羅的でない上に、幅も広い。1〜5分ならともかく、2,3日から数カ月ではだいぶ広い。1分から30分までは3段階もあるのに、30分を超えると急に大雑把になる。これらが日本語の不定量の特徴である。なお、英語でやっても同じ結果になる。
アルカは人工言語なので、当初網羅的でないのを嫌い、mes+単位でどんな不定量も表せるようにしたが、不自然である。自然言語を分析すると、このように現在に近いほうが細分化され、未来に行くほど大雑把になる。また、網羅的でもない。現在に近いほうが細分化されるのは人間の視界に近い。目の前の瓶に書いてある文字は読めるが、遠くの山は大雑把にしか見えない。人間の不定量の感覚はこのように「時間の遠近法」を持っている。 これは過去にも言える。「いましがた」「さっき」「先日」「こないだ」「むかし」を見るとわかるとおり、現在に近いほうが細分化されている。
なぜ人間の言語には「時間の遠近法」があるのか。 未来については、現在から遠いほど、予測が付かないからである。 10分後のスケジュールはほぼ確定事項で、隕石が降ってくるような突然の事態でもないかぎり変わらない。だが1年後となると話は違う。きちんとスケジュールが決められない。 歯医者の予約みたいなもので、来週なら土曜か日曜のどちらが空いてるか受付嬢に伝えられるが、3カ月後の定期検診だとどうなるか自分でも分からない。未来になればなるほど、スケジュールが不定になる。3カ月後の定期検診など、「中旬ごろにまた来ます」などのように大雑把に言うしか約束できない。従って、そのあたりの不定量を示すときも、当然幅が広くなるというわけだ。この理屈でいくと過去はどうか。過去は確定された歴史なので、未来と違って現在から離れるほど不確定ということはない。だが不定量の表現は過去も未来も現在から遠のくほど大雑把になる。これはなぜか。
なぜなら過去は現在から遠く、記憶が褪せるからである。遠い過去のほうがいつだったか思い出せない。昨日か一昨日かという区別は重要だが、1年経てば1日の違いなどどうでもよくなる。だから過去の不定量も現在から遠くなるほど大雑把になる。歴史とか行動の履歴という客観で考えず、実際に言語を使用する人間の認知を考えれば理解できる。
なお、不定量をしっかり決めている人工言語は少ない。 代名詞を定めない人工言語はないが、不定量を決めている言語は少ない。言い換えれば、代名詞を決める前に不定量を決める人工言語は恐らく存在しない。こう見ると、不定量のほうが代名詞より作成の順序的に高レベルな内容だということが分かる。逆にいえば、不定量の表現の設定があるかないかで、人工言語の進化段階が推定できる。

fiklpamo
/ [数学]平面図形
[レベル]4
19

filf
/ [動物]雉、きじ、キジ
[レベル]4
lakta:「長い尾(翼)のもの」

filharpnian
/ [名詞]シエスタ
[レベル]4
22

fillax
/ [動詞]yulを長い間望む、追求する、追い求める、望む
[普通動名詞]追求
[類義語]dilx
[レベル]4
rd;/
24
[語法]
dilx

filloks
/ [運動]遠泳
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

finanxe
/ [アイテム]フィナンシェ、エリクサー、エリクシャー、アルイクシル、霊薬
[俗語]愛液
[組み数字]1/12
[レベル]4
21:fianse/xie
[文化]
フィアンセの涙。ヴィードを全回復する。とろっとしていて甘い蜜の味がする。
実はフィアンセの膣分泌液にも同じ効果があるが、フィアンセは上半身しかないため、得られない。フィアンセとの魔人の場合、初潮前であれば膣分泌液に同様の効果がある。これが転じて次第に俗語で愛液の意味になっていった。

finrein
/ [組み数字]白星賞
[レベル]4
21

fiolentiina
/ [アイテム]フィオレンティーナ
[レベル]4
rd:ridia;fiol/et/tiia/na「乙女の腕のように長く、神に愛された」
24:ridia
[文化]
→gel
ヴァストリアの1つ。セレンのもつライフル銃。

fiolet
/ [軍事]ライフル、ライフル銃
[アクセント]fiolEt
[レベル]4
rd:ridia;fiolentiina.k
24:ridia
[文化]
gel

fip(2)
/ [化学]エーテル
[レベル]4
@19

firem
/ [美容]美白
[レベル]4
21

firia
/ [天文]diamej
[組み数字]4/8
[レベル]4
lsd;fir 白い星
21

firmel
/ [名詞]白色時代
[レベル]4
rd;/
23
[語法][文化]
duurmel

firseta
/ [歴史]白歴史。歴史の表舞台。正義で善な良い歴史。なお、皮肉としても使え、勝てば官軍的な勝者側の作る表面的な歴史という意味にもなる。
[レベル]4
19

firter
/ [アイテム]フィルテール、目薬
[組み数字]10/12
[類義語]inspita
[アクセント]firtEr
[レベル]4
20:明るい水
[文化]
フィルトの魔法がかけてある水。目薬状の小さい容器に入っている。ラルトが使えない人間が増えたrdで、リュウが開発した。

firvantis
/ [軍事]白魔法兵、衛生兵
[レベル]4
19:ridia
[文化]
ナディア以降は魔法がないので衛生兵が適切。

firvern
/ [植物]白樺、シラカバ
[レベル]4
sm;ボロボロと皮が崩れそうに見えることから
22

fiver
/ [名詞]対比、コントラスト
[レベル]4
20:melidia xier:fir/ver

fixakn
/ [哲学]懐疑主義
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

fixtsan
/ [数学]二次方程式の解の公式。正式にはhaalsan e miyusanfixt e tahafmiyusan。
[レベル]4
19
[語法]
実際にはほとんど「フィシュチャン」か「フィッシャン」のように発音される。

flafa
/ [サール]フラファ
[音楽]賛美歌の声楽
[レベル]4
古:kmiir
[文化]
歌、声楽の女神。

flamelia
/ [音楽]オペラ
[レベル]4
21:flamel

flamkami
/ [名詞]現代科学
[レベル]4
rd
22
[文化]
artkami

flamklaiant
/ [数学]黄金比、中末比、外中比、獅法比、フラムクライアント
[反意語]lusiaklaiant
[レベル]4
szl;lusiaklaiantに対して名付けられた。
22
[文化]
zgのシージアで発見された。アトラスでは白銀比のほうが先に発見されている。
アルバザードでは黄金比が好まれ、ルティア、アルティアでは白銀比が好まれる傾向にある。

flammel
/ [歴史]獅法代
[レベル]4
vl;/。魔法が使えなくなり対義語の獅法だけが残った時代なので。
24
[語法]
→feme

flandialiva
/ [娯楽]ギャルゲー、ギャルゲ、ギャルゲーム
[レベル]4
al;/
23

flanfler
/ [歳時記]夏、風夏(ふうか)、フランフレール。涼やかな夏
[形容詞]夏の
[人名]フランフレール
[アクセント]flanflEr
[レベル]4
20:flant/flea。lt
[語法]
diaxer

flans
/ [魔法]獅晄
[反意語]vivid
[レベル]4
szl;flamから来ている。兵舎のレリーフから→dolmiyu
21
[文化]
dolmiyu

flanvel
/ [企業]フランヴェル
[レベル]4
21:創始者の名から
[文化]
ブルガリ、グッチ、エルメス、シャネル、バーバリ、コーチ、プラダなどのブランド会社に相当する企業。

flanvert
/ [名詞]義賊、怪盗、フランヴェルト
[レベル]4
;flanver/te
21

flas
/ [動詞]yulを放浪する、放浪する
[普通動名詞]放浪
[レベル]4
milf:古:flas

fleadurne
/ [歳時記]夏の夜、魔法の時間、魔法の夜、フレアドゥルネ
[レベル]4
21
[文化]
一年の季節のうち、アテンのヴィードが最も高まるのは夏の夜。とりわけ7時から10時くらいまでの間。数々の怪奇や忌憚がこの時期に起きている。最も不思議なことが起こりやすいことから、魔法の時間とされている。
【用例】
el yol sen art im esk imen xier ul fleadurne na. 冬の雨と夏の夜には魔法が使えそうな気がする(seren arbazard)

fleahac
/ [文字]幼字fleaのこと
[レベル]4
21

fleakit
/ [気象]初夏
[レベル]4
rd;/
23

flearoma
/ [医療]ヒステリー発作、ヒステリー、大激怒、かんしゃく、癇癪
[レベル]4
19:フレア発作
【用例】
la arat flearoma me. あいつ、またヒステリー起こしたよ。

fleasort
/ [医療]夏冷え
[レベル]4
vl;/
23
[文化]
→fleamelis
夏バテの正体としてvlで発見されたが、実は再発見でしかなく、古くからルクレティアでは夏の冷えとして知られていた。
現代では夏バテで消化器がやられる原因は冷房と室外の温度差による自律神経の乱れや冷たいものの摂り過ぎや薄着による冷えにあるとされる。
アルバザード人は風土的に夏バテにならないが、アルティアやカレン半島やカテージュ地方ではやや見られる。結果、夏冷えが起こり、冬に冷えで消化器を壊した状態と同じものを招くことになる。凪人はこのことをよく心得ているが、アルバザード人は知らずに旅先でダウンするなどということがある。
このタイプの夏バテで消化器の調子が悪く胸脇苦満を認める場合、ルクレティアでは胃苓湯、柴胡桂枝湯を処方し、偽性アルドステロン症に気を配りつつ頓服として芍薬甘草湯を処方するとよいとされる。

fleatook
/ [気象]晩夏
[レベル]4
rd;/
23

fleieda
/ [電算]サイトマップ
[レベル]4
21

flelho
/ [生物]鎖骨
[レベル]4
22

fleuanxal
/ [地名]南アンシャル
[レベル]4
19
[文化]
→alasanxal

fleuatolas
/ [地学]南半球
[レベル]4
19:ilmus:ridia

fleufaber
/ [名詞]南ファベル
[レベル]4
19:ilmus:ridia

fleuinsaal
/ [地名]南インサール
[レベル]4
19
[文化]
→alasanxal

fleupol
/ [名詞]南方
[名詞]イルケアの南、ファルファニア、アルシェリア、ゲノスを含んだ地域。
[レベル]4
20
[文化]
xiarpol

fleurein
/ [地学]南緯
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

fliakern
/ [魔法]飛水晶
[レベル]4
sm;flia/kern「水晶の翼」
21
[文化]
iflit

flialil
/ [化学]ケイ素、珪素
[レベル]4
18:制

fliana
/ [名詞]人の感情を汲み取って気遣うのが巧い、気配りのできる
[反意語]nazlna
[レベル]4
rd:ridia;/「水晶の心」
24:ridia
[語法]
nazlna
【用例】
til fliana 人の感情を汲み取って気遣うのが巧い

fliateik
/ [名詞]液晶テレビ
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt
【用例】
fliateik hax 液晶高画質、ハイデフ、ハイデフィニション

flis
/ [普通動名詞]申請
[動詞]yulをaに申請する、申請する
[レベル]4
20:flen/lax→flex→fles→flis
[文化]
簡潔に分かりやすく手際良く、そして嘘をつくことなく行う。

flismas
/ [名詞]申請書
[レベル]4
20

flit
/ [動詞]yulをaに放射する、放射する
[普通動名詞]放射
[レベル]4
19:flip

floa
/ [魔法]土。五行の3番
[医療]脾
[レベル]4
szl;flora。思考は脾を傷める。
21
[文化]
klevans

flomtas
/ [名詞]期末テスト、期末試験、中間試験、中間テスト、定期考査
[レベル]4
19:melidia alis
[文化]
→melsel, diasel
年2回行う。ディアセルとメルセルの5日前から2日間かけて行われる。日本のように中間と期末の違いはない。というより中間テストの習慣自体がない。

flonvas
/ [軍事]遠距離戦
[レベル]4
21

floxvian
/ [物理]揚力
[レベル]4
20:持ち上げる力

fohosi
/ [電算]音声ファイル
[レベル]4
19:melidia axte

fonsan
/ [経済]雇用者
[レベル]4
19:ilmus:ridia

foona
/ [音楽]調、キー
[レベル]4
21:fo/na

fortis
/ [アイテム]フォルティス
[レベル]4
ridia:古:ミクの造語fatisが語源らしい
[文化]
ミルフの持つヴァストリア。ヴィード死にある死者を生き返らせることができる聖杖。ファティスの中に隠されていた。rdではメル6年に、アクタカに操られたセレンが殺した使徒をミルフがこの杖で蘇らせた。

fostgel
/ [軍事]火縄銃、マッチロック
[レベル]4
rd;faifost/gel
24
[文化]
gel

fotaxit
/ [物理]音速、マッハ
[レベル]4
20:音の速さ

fotoi
/ [音楽]調律、チューニング
[動詞]yulを調律する、調律する
[レベル]4
21

fov
/ [物理]音波
[レベル]4
21:fo/eev

fovet
/ [言語]オノマトペ、擬態語、擬音語、擬声語、擬情語
[レベル]4
15:制:音の言葉
[語法]
→haalvet
オノマトペは擬音語、擬態語、擬声語、擬情語に大別される。
このうち擬声語は擬音語に、擬情語は擬態語に含められることが多い。

擬音語を欠く言語は存在しないが、擬態語を欠く言語は存在する。
例えばフランス語にはジグザグなど一部を除いて擬態語が原則存在しない。

ここでよくある誤解が「フランス語は明晰だから」や「日本語は感情表現が豊かだから」といったものである。
こういうものは民間語源と同じで信用できない。平然と出版物に載っていることもあるので注意したい。
明晰だとか感情豊かだという問題ではなく、同じ感情に対してどうアプローチするかの違いにすぎない。

フランス語は「イライラする」を表す場合、s’agacerのように擬態語以外(ここでは動詞)を使って表す。
逆に日本語も擬態語を使わず「苛立つ」のように表現することができる。

ただ、まったく両者の間に差がないかというと、そうとも思わない。
同じ人間だから「イライラ」という感情はあるが、それを「飛ぶ」や「熱い」などの普通の言葉と同列に捉えて客観的に表現したがるのがフランス語だとしたら、擬態語などの音声に委ねて感覚的に表現したがるのが日本語といえる。
この「したがる」という部分、つまりアプローチの仕方が両者の差異である。

さて、人工言語的に見ると擬態語を作らないほうが作業が楽に見える。
しかしフランス語と同じく、結局その分ほかの動詞なり形容詞なりを作ることになるので楽はできない。
ちなみに日本語のように「イライラ」も「苛立つ」も両方作ると手間がかかる。が、そういうアプローチにしたいのであればやる価値はあると思う。

人工言語に擬態語を付与するか否かは楽かどうかという観点ではなく、上で述べた感情表現をフランス式と日本式のどちらにするかという観点で考えるべきことである。
すなわち言語的設定ではなく、むしろ文化的設定である。

アルカの場合、感情が細分化され細やかであることを良しとするが、客観性を尊ぶので、その表現法は客観的である。
このため、アルカには擬態語が少ない。現実には古アルカ時代の名残を引きずっている。

・オノマトペの分類

アルカのオノマトペは擬音語と擬態語に分かれる。このうちフランス語同様、擬態語は少ない。
擬態語に相当する表現を欠くという意味でなく、補完するための表現が存在する。そのため、人工言語造りにおいて労力の削減は期待できない。

擬音語には帰納音と演繹音の2種類がある。これはアルカの術語である。

帰納音はそれひとつで完結しているものである。
猫の鳴き声のnyaや犬のwonwonなどの擬声のほか、鼻をすするajなどの擬音がある。これらは勝手にnyoやwanwanやejに変えることができない。
動物の声や物音を聞いてその音を文字に帰納させたものなので、帰納音という。
世の中にまったく同じ音はないが、何度も動物の声を聞いているとある音に帰納することができる。それゆえnyaなどを帰納音という。

一方、演繹音とは(C)CV(C)からなり、規則的にCやVを変えることによって印象を変化させる擬音語である。
例えばpxatは水が「ぱしゃっ」と撥ねる音などに用いるが、それを有声化したbjadは泥が撥ねる音に用いる。
さらに間の母音を変化させることで音の明度と重度を変えることができる。pxitは小さな飛沫が「ぴっ」と撥ねる音である。
同様にbjidは水たまりの泥などが「べっ」と撥ねて靴や服などに飛んでいくときなどに使う音である。
演繹音については後述する。

・分類表

オノマトペ
 擬音語
  帰納音
   擬音
   擬声
  演繹音
 擬態語

・幻日におけるタグ

擬音、擬声、演繹音、擬態語の4種をタグとする。

fran
/ [数学]関数、函数。プログラムの関数はkoppel。
[レベル]4
lakta:mel

franse
/ [魔法]魔香、フランセ
[アクセント]fransE
[レベル]4
21:lt >< frans
【成句】
kor franse a 〜に求愛する
[文化]
lfrans

franxier
/ [魔法]魔香士、フランシエール
[医療][美容]アロマテラピスト、アロマセラピスト
[アクセント]franxiEr
[レベル]4
21:lt
[文化]
lfrans

frataniti
/ [アイテム]フラタニティ
[レベル]4
rd:ridia;vxで「闇」
24:ridia
[文化]
→gel
ヴァストリアの1つ。セレンのもつ戦闘用ナイフ。

frealil
/ [化学]鉄→frea
[レベル]4
19

freamekia
/ [名詞]鉄器
[レベル]4
meltia 88:gilius;/
23

fredir
/ [魔法]フレディール、符術
[ユマナ]陰陽術、陰陽道
[レベル]4
19:ridia:古fu(符)/dixent
[文化]
西洋魔法アルトの一種。インサールで発達した。この場合の西洋はマレットに対する西洋であるため、インサールも含まれる。魔法の符arfaに印や言葉を書き連ね、魔力を込めておく。これにより、魔法を携帯することができ、ヴィルを戦闘中にほとんど消費することなく魔法を使える。符に封じ込められる魔法の種類は限られているので、何でも封印して持ち運べるわけではない。arfa仕様になった特殊な魔法が込められている。

fredit
/ [魔法]符術師
[ユマナ]陰陽師
[レベル]4
19:ridia:anが付かないので注意

freieli
/ [動物]カジキ、かじき、メカジキ、ソードフィッシュ、メカジキ
[俗語]男根の長い男性:18:zana:apiat ovi kon tu friskev
[レベル]4
17:制:剣の魚

freim
/ [魔法]歌魔法、フレイム
[レベル]4
19:frem(短い)の二重母音へのアプラウト。通常の歌より短い、魔法用の歌であることから。
[文化]
ミルフおよびネーネの使う特殊な魔法。呪文が歌となっており、彼女が歌っている間、効果を発揮する。味方の戦闘力をあげるなど、補助系の魔法が多い。
本場はフレマゼルであり、フレマゼル語で唱えられることもある。フレマゼル語は世界で比較的珍しい活格言語に属するが、歌魔法によってrdで知名度を得た。

freinsalas
/ [被服]タンクトップ
[レベル]4
21

freir
/ [娯楽]ギルド、傭兵所
[レベル]4
22:frein/ra
[文化]
兵士や戦士や魔導師の集うところ。現代ではゲーム内に存在する。

freivantis
/ [軍事]剣兵
[レベル]4
19:ridia

freiya
/ [エルト]フレイヤ
[レベル]4

[文化]
エルフレインの姉妹のうち、姉のほう。ルフェルの腹心を務める。

frelant
/ [ジョブ]竜騎士、龍騎士、ドラゴンナイト、ドラグーン、竜騎兵、フレラント
[レベル]4
sr;fretis/lantis,rk
23
[文化]
fretis, avaar, klianxe
飛竜に乗って戦う兵士。srのルカリア発祥。やがてレスティルなどにも伝わった。軍隊の中では花形の兵科で、ダントツの人気を誇る。
青や銀や黒の鎧を纏い、長い槍を持つ。この槍を持って竜から落下し、身一つで敵の頭上に槍ごと突っ込むことをavaarという。アヴァールをした後は飛竜が降りてくるので再びまたがる。アヴァールが外れた場合は地面に落下しないよう、直前でユノで浮き上がり、安全に着地する。
竜に乗ったまま急降下して敵を槍で突き刺す技はklianxeという。敵に槍を放つとともに竜を急上昇させ、再び急降下して攻撃する。このようにして連続攻撃を行う。クリアンシェは複数回攻撃できるが、一回あたりのダメージは小さい。アヴァールは一撃必殺で、全力をかけて敵めがけ落下していく。

fremern
/ [親族]近親、近親者
[レベル]4
rd;/
24
[語法]
親族の中でもより近い間柄、とりわけ親子や兄弟などを指す。

frestia
/ [悪魔]フレスティア
[レベル]4
meltia 0:frestia;e
mel/kmiir:klel:4色の霊力を使うデームスはリディアが創造したが、それらを司る上役がいなかったため、メルとクミールが共に作り上げた。
[文化]
ユノを司る悪魔。ユノを司る。黒い甲冑に身を包んだ長い大剣を持つ剣士。ニムラの上司。ヴァステでカルザスに倒される。このときフレスティアに刺さって曲がった剣がsertiaという大鎌になり、後にクミールに渡る。
土星を司る。

frestil
/ [アトラスの国家]フレスティル
[レベル]4
19:ridia:frestia
[文化]
面積(本土のみ):459286.020049 km^2

fretis
/ [動物]飛龍、飛竜。竜の一種。
[レベル]4
sr;rk
古:ridia
fretis:fretis::vulf,vx
【成句】
fretis kaen granbel 峠を渡るときに飛竜:渡りに舟
il fretis es sat すべての飛竜の準備ができている:順風満帆
fretis vokka 東奔西走
[文化]
tikn
srでルカリア人が翼の生えた竜のロゼットのうち、人間並みの知能を持たないものを家畜として飼いだしたのが最初。
最初は山間部の物品運搬用に用いられたが、srの間に兵科としてのfrelantが登場した→frelant

friig
/ [アイテム]双龍槍、フリーグ
[レベル]4
20:fretis/figi(飛竜の槍)
[文化]
棒の両端に勾玉形の刃が付いた武器。古スカルディアの竜騎兵が好んだ。魔方の支配が長かったカテージュでは現在も体育の時間に剣の代わりに履修することができる。
騎兵は直線方向の攻撃力が大きいため、槍と相性が良い。一方竜騎兵は360°に振り回せる武器のほうが好都合で、かつ槍のようにレンジの長いものが好まれた。

frim
/ [化学]顕微鏡
[レベル]4
@19:ilmus:ridia
[語法]
ropmepi 接眼レンズ
farlor 鏡筒
tika アーム
jit 焦点ハンドル
hogl レボルバー
tulmepi 対物レンズ
klap クリップ
deyus 絞り
ele ステージ
baltmep 反射鏡
elak 台座
satol プレパラート
miskaele スライド
miskalons カバープレート
[文化]
artfrim

frisminal
/ [政治]間接民主制、間接民主主義、代表民主主義
[レベル]4
20
[文化]
ヴェレイでミロクが滅ぼした。

fudi
/ [化学]ピペット
[レベル]4
古:futo/dia(取るガラス)

fui
/ [植物]キャッサバ
[シネクドキー]タピオカ。キャッサバの澱粉質を乾燥させたもの
[レベル]4
alakta:fui,fai(暑い)/sui(芋)。キャッサバの芋部が澱粉を多く含み、熱帯地方で主食とされることから。

fulsir
/ [美容]サメ肌、さめ肌
[レベル]4
21:fulmiia/sir

futa
/ [経済]為替
[レベル]4
16:制:fut(授受)

fuulsems
/ [魔法]占い部
[レベル]4
20:melidia xier

gaabet
/ [名詞]物資
[レベル]4
22:gaabe/te

gaavel
/ [軍事]植民地
[レベル]4
19:ilmus:mel:gaav/eel(ガーヴ船長がアルバザードに先駆けてナディア期にファベルに植民地を築いていたことから。植民地にはガーヴの像が置かれたため、この名がついた)

gaavi(2)
/ [アトラスの国家]ガーヴィ
[レベル]4
kako
[文化]
面積:1662405.999058 km^2
アティア海に浮かぶ島。元はファベル大陸に接していた。周遊する島。地下の同名の国ガーヴィに通じるが、ガーヴィからは入れず、パルラのミュシャクから行くしかない。

gaaxkov
/ [名詞]捌け口、はけ口
[レベル]4
rd;/「叫ぶ箱」。人に聞こえないように箱の中に顔を入れて不満などを大きな声で叫んでストレス発散したことから。
23
【用例】
la lut yol non lex gaaxkov onen him. 彼はいつも私を性の捌け口として使う。

gab
/ [経済]原価
[反意語]teg
[レベル]4
19:gaabe/gart

gadavix
/ [医療]モンスターペイシェント
[レベル]4
al;/
23

gadrsiil
/ [名詞]モンスターペアレント、モンスターペアレンツ、モンペ
[レベル]4
al;/
23

gadtauan
/ [名詞]クレーマー、モンスターカスタマー
[レベル]4
al;/
23

gakt
/ [生物][化学]ホルモン
[レベル]4
sorn
[語法]
内分泌の出す物質。外分泌の出すのは唾や汗。

gakxaz
/ [経済]返済期限
[レベル]4
rd;/
23
【用例】
fales gakxaz 返済期限を伸ばす

galet
/ [魔法]晄基、こうき、ガレット
[レベル]4
20:gaabe/古al/te(材料になるもののような)。晄基は塩基から取った訳。
[文化]
dolmiyu
ガレットが4種類ある以上、その内部構造が確実に存在するはずである。そのことは既に中世で分かっていたが、artfrimの分解能をもってしても内部構造は見えなかった。つまり当時はgaletが観測できる最小限の大きさであった。
その後魔法自体が廃れたことで、魔導師が微かに残る現代においてもgalet以下の素粒子は見つかっていない。現在、召還省下の魔法研究所はgalet以下の素粒子について予想を立てているが、その存在はまだ証明されていない。最小の構成要素が見つからないのは物理学と同様である。

galfern
/ [天文]銀河系
[レベル]4
21
[文化]
|約136億年前|銀河系が誕生する。arteは銀河系に位置するようになる。viidはarteに流入し続け、arteは膨張を続ける|

galis
/ [名詞]攻撃弾、弾。何らかの攻撃に使う弾→galis
[娯楽]ショット
[類義語]gek
[レベル]4
rd;↓
20:gaales/古liiz(小さな害悪)。gaalesは強欲の神だが、gaalの語源になっていることからも分かるとおり、害悪と連想される。

galveeyustas
/ [歴史]ガルヴェーユ追放
[レベル]4
rd
23

gana
/ [軍事]領地、領土、領空、領海、勢力圏、版図、勢力、領域
[名詞]領域
[名詞]幅、帯域
[レベル]4
19:ilmus:ridia:gand/ka

ganan
/ [農耕]領主、地主
[レベル]4
22

gananka
/ [農耕]荘園
[レベル]4
22

gandgalena
/ [医療]独占欲
[レベル]4
vl;/
23

ganoyolo
/ [被服]ホットパンツ
[レベル]4
21:gano/yolo

gants
/ [組み数字]10/10
[哲学]勇
[医療]肺
[歳時記]癸、みずのと
[レベル]4
rd;gants,szl
21
::la gants

gaos
/ [化学]フラスコ
[レベル]4
rd;gao/hos
24

gardi
/ [人名]ガルディ、ガウディ、ガゥディ、ガーディ
[伝統色]カーキ
[組み数字]3/5
[レベル]4
szk
21
[文化]
→rapalx

gardian(2)
/ [魔法]ガーディアン。アンジェリカのパイロット
[レベル]4
lj;gard,sz/an
21

gartdoraja
/ [経済]割引率
[レベル]4
22

gata
/ [地学]真鍮、ブラス、黄銅
[レベル]4
13:制:古:magata'(真鍮)。語源不詳

gatan
/ [音楽]ブラスバンド、ブラバン
[レベル]4
21
[文化]
金管楽器で構成される楽団。主に真鍮を使ったことからこのように呼ばれる。
【用例】
ar xiit gatan! ブラバンやるべ!

gavlans
/ [魔法]ガヴランス、ガヴランスの風洞
[レベル]4
lj;gaav/lins「地下の悪魔」。iの音がaに引っ張られて母音調和したもの。
24
[文化]
アヴァンシアンが入っている地下風洞のこと。ランヴォルトで神々が第一祠徒ユリウスを封印した際に衝撃でできた巨大な地下空洞。レスティリアのシェラザードにある。

gebyu
/ [植物]青梗菜、チンゲン菜、チンゲンサイ、パクチョイ
[レベル]4
古:byuはbyuzで、geはアブラナ科の証か

geewix
/ [人名]ゲーウィッシュ
[組み数字]4/14
[レベル]4
語源不詳:小説版アンクノット一巻p100に記載。
[文化]
第4期3代アルシェ第4使徒。ギルの実父とリーザは証言するが、誰も見たことがない。

geivolg
/ [法律]咎人、とがびと、過去に傷のあるもの
[レベル]4
rd;geivolg,szd.axek
24
[文化]
rdのセレンは自らを咎人と呼び、過去に過ちを犯した者としての咎を負うと述べ、この言葉を作った。

geiz
/ [サール]ゲイズ
[環境]スモッグ、毒の霧
[レベル]4
ovi:古
[文化]
命を持った毒の霧。

gekfink
/ [数学]球面
[レベル]4
20

geksekxom
/ [名詞]逆転、逆転劇、急、急展開、展開
[類義語]gekstoen
[レベル]4
rd;/「話をひっくり返すような展開」
24
[語法]
gekstoen

gekstoen
/ [普通動名詞]逆転、逆点、形勢逆転
[動詞]yul(相手)に逆転する
[類義語]geksekxom
[レベル]4
rd;/「形勢をひっくり返すような弱者の一撃」
24
[語法]
gektoenは試合などに用いる。geksekxomはストーリーの流れなどがそれまでと違って急展開することである。

gelkuo
/ [軍事]銃砲口、銃口、砲口、マズル
[レベル]4
rd;/「銃の口」
24
[文化]
gel

gellor
/ [軍事]銃身、砲身、銃砲身、バレル
[レベル]4
rd;/
24
[文化]
gel

gelp
/ [政治]福祉、福利、福利厚生、社会保障、社会福祉。包括的に指す。
[レベル]4
sorn

gelpkad
/ [政治]福祉国家
[レベル]4
19
[文化]
ヴェレイで起こったが、形骸的だった。アレイユでようやく実現。

gen
/ [化学]樹脂
[レベル]4
lakta

genolpe
/ [人名]ゲノルペ
[組み数字]9/15
[レベル]4
kako
[文化]
メテの第9使徒。

genos(2)
/ [アトラスの国家]ゲノス
[レベル]4
kako

geo
/ [動物]アルマジロ
[レベル]4
alakta:geo,geho,gegeho(丸/固い)

geretar
/ [美容]カーラー
[レベル]4
21

gesdio
/ [医療]歯周病、歯槽膿漏
[レベル]4
19

gesest
/ [名詞]汚名、不名誉
[レベル]4
22
【成句】
sed gesest 汚名返上、名誉挽回

geslalmavi
/ [化学]ビタミンU、キャベジン
[レベル]4
vl;/
23

gesmiina
/ [俗語]腐女子
[レベル]4
20:zana
[語法][文化]
典型的には見た目も性格も悪く、自己中で夢見がちな女。現実より空想を好む。通常いい意味では使わない。本人が自虐的に使うこともある。
人によって見た目が良かったり性格が悪くなかったりすることもあるが、確実に性格が変わっており、普通の人とは異なっていて奇妙な印象を与える人物に用いる。
日本語の腐女子と違ってBL好きという意味は必ずしもない。しかしimpelである確率は高く、nemp好きも無論いる。
【用例】
amel ant emor gesmiina im tuo navm. 最近妹が腐女子化しつつあるように感じる。

gexm
/ [交通]ヒッチハイク
[レベル]4
13:制:gexamoから

gif
/ [生物]霊長類
[レベル]4
13:制:laktaではgiift

gild
/ [名詞]鍛冶
[レベル]4
13:制:古:gida,gilda(金属を叩く)

gildan
/ [名詞]鍛冶屋
[レベル]4
21
【成句】
memir yun artan o gildan 魔導師と鍛冶屋のように仲のよい。魔導師が多くの金属を扱う仕事で、鍛冶屋としばしば密な関係を結んだことから。

gilf
/ [経済]金融
[レベル]4
14:制:gilfas

gilpetifan
/ [名詞]借金取り
[レベル]4
rd;/
23

gilx
/ [医療]トラウマ
[レベル]4
13:制:古:gilxu(ギルの背中)。ギルは誰かが後ろに立つのを嫌う。これは彼のトラウマによるものである。そこでギルの背中が「トラウマ」を意味するようになった。

gima
/ [経済]小切手
[レベル]4
rt:gil/mas
23
【用例】
ar gima du 200 a nene 〜に200ソルトの小切手を振り出す、小切手を発行する

ginoan
/ [ジョブ]爪使い
[レベル]4
19:ridia

gis
/ [名詞]はんだ、ハンダ
[レベル]4


gotemox
/ [数学]外接
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

grandia
/ [アトラスの国家]グランディア
[レベル]4
23:ridia

granmil
/ [被服]グランミル
[レベル]4
bg
21
[文化]
vante
ベルガンド式の大きなリボン。後頭部につける。カレン人が海老茶式部に取り入れ、アルティアへ逆輸入した。

grenzia
/ [植物]マロニエ、トチノキ、栃
zg
[レベル]4
22
[語法]
マロニエと栃の両方を指す。

guxmem
/ [数学]楕円、非真円→boi
[レベル]4
19
[語法]
日常的には楕球のboiで楕円を指すことが多い。厳密には間違いなのだが、boiajaなど複合語の形態素にもなるくらい浸透している。それはboiという語形が短くguxmemという語形が長いために起こるものと考えられる。

guz
/ [名詞]糸くず
[レベル]4
fv;kuz.k。「糸になっていない糸の中のクズのようなもの」であることから。
24

gwainmel
/ [歴史]近世、nd_rt
[レベル]4
21
[語法]
mirmel

gyulil
/ [化学]マグネシウム
[レベル]4
18:制

gyum
/ [生物]胆嚢
[レベル]4
13:制:gyumesl(胆汁の袋)

gyut
/ [動詞]yulをonについて問い詰める、問い詰める、といつめる、追及する、詰問する、責める
[政治]弾劾
[レベル]4
古:gyut,gyutt←gyutez(厳しい雰囲気)
[語法]
gut
【用例】
minti gyutat amir on nia fil poten amo. 妻は車の中にあった長い髪について夫を問い詰めた。

haabe
/ [死神]ハーベ
[反意語]lastia
[レベル]4
ridia:古:赤アンクノットにも記載。21にエルトから死神に
[文化]
→maltiia
生まれ生きることに初めて喜びを覚えた者。生を司る死神で、セレスクレールの登記者。

haadis
/ [サール]ハーディス
[法律][政治]異端審問、異端尋問、魔女裁判
[レベル]4
meltia 18:haadis;e
2:ridia:古
[文化]
濃い茶色の服を着た骸骨型のサール。左手の袖をまくっていて、その手に本を持っている。ハーディスは裁判官であり、必ず被告人を有罪・死刑にする。右手の人差し指は常に死刑にしてきた者たちの血で赤く染まっており、ハーディスはその指で字を書く。
クレーヴェルの服の染みから生まれた。クレーヴェルが私怨に駆られて公平な裁きをしなかったことで、クレーヴェルの邪心の集積として生まれた。その結果、相反するサールとしての性質を持って生まれた。

haalsan
/ [数学]公式、法則
[レベル]4
19:演繹して使用する数式

haalvet
/ [言語]演繹音
[レベル]4
21:直訳は演繹語
[語法]
以下はfovetの続き。

・演繹音

演繹音のおかげで、アルカは音に関して非常に細やかな表現を可能にしている。
演繹音は幻日では[演繹音]のタグで示される。

しかし上述のpxat, bjad, pxitなどをすべて見出し語に挙げると、無尽蔵に単語が増えてしまう。
水嵩を増してまで辞書の収録語数が多いことを誇示しても詮なきことであり、むしろ管理の煩雑さとユーザビリティを考慮した見出し語システムを整えるべきと考える。

そこで見出し語にはpxtのみを立てることとする。
清音が無標であるから清音を表記し、母音は無標がないので省略する。
[演繹音]のタグがあるので、ユーザーはすぐにそれが頭字語などでないことが理解できる。
そしてこれを元にユーザーは自由に音質を変えることができる。では音質はどのように変化させることができるだろうか。

1:子音の清濁

清音は弱い、綺麗、澄んだ、軽い、涼しいなどの音質を与える。
濁音は強い、汚い、濁った、重い、熱いなどの音質を与える。

pxat ぱしゃ
bjad ばしゃ、べちゃ

中国語などでは清音はないが、事実上無声音になっている有気音が無気音より勢いがあるため、pangとbangだとpangのほうが強いと考える。
これは大学時代に筆者が実際に複数の中国人に尋ねた際に得た回答である。
そのため、アルカや日本語とは感覚が逆である。

2:母音の音質

a:明度

明度はi>e>a>o>uの順序である。
iのほうがuより「明るい、前に出ている、活発、賑やか、幼稚」などの印象を持つ。

b:重度

重度はo>u>a>e>iの順序である。明度の反対ではないことに注意。
oのほうがiより「重い、大きい、深い、不活性、大人、大人しい」などの印象を持つ。

----

よって、同じ水の撥ねる音でも、pxitは最も軽く弱く明るく、雫の撥ねる音を表す。
一方、bjodは粘度の高い重い油や泥などが撥ねる音を表す。

3:母音の長短

短母音が無標。
長母音はその音が長く持続していることを示す。

pxatはぱしゃっと少しだけ水が撥ねる音だが、pxaatは例えばピペットでぴゅっとある程度の量を吹き出すときの音。

4:繰り返し

演繹音を繰り返すことで、反復を示すことができる。
pxatpxatで「ぱしゃぱしゃ」、pxaatpxaatで「ぴゅーぴゅー」。

・子音の構成

音節頭の子音は1ないし2音からなる。
これらはその演繹音の全体的な音の種類を決定する。
例えばpx-は「何らか水が動くとき」という音の種類を決定している。

一方、音節末の子音は1つからなる。
これはその演繹音の部分的な音の種類を決定する。
同じpx-でも、-nの場合は「柔らかく撥ねたり転がったりする音」であり、-tは「撥ねたり止まったりする音」である。

よってpxatとpxanでは音の種類が異なる。
px-を共有しているので全体的な音の種類は同じだが、-tか-nかという違いで部分的に音の種類が異なる。

そういった子音の構成が決まった上で、上記の子音の清濁による音質変化や、母音や繰り返しなどによる音質変化があるため、実際に演繹される演繹音の数は極めて多い。
これをもってアルカは音に対して細やかな言語と評している。

・末子音

末子音の種類と音質例は以下の通り。
元々有声音なものはこれ以上有声音になれないし、無声音にもなれない。

t:撥ねる、止まる
k:ぶつかる、転がる、回転する、固い
x:伸びる、吹く、続く、擦れる、鋭い、冷たい
s:伸びる、吹く、続く、擦れる、鋭くない、涼しい
n:撥ねる、転がる、回転する、柔らかい
f:吹く、続く、擦れる、弱い
m:まろやか、転がる、微動する、回転する
p:弾ける、止まる、破裂する、静止する
h:擦れる、鈍い
c:響く、連続する、打ち付ける、攻撃的
r:消える、去る、行く、流れる
l:現れる、来る、留まる、流れる

・演繹音の用途

演繹音の用途は小説や日常会話だけでなく、漫画に出てくる多種多様な擬音語を示すのにも役立つ。

・演繹音の文法

演繹音は基本的に名詞なので、文中ではfo格などを取る。
tef lunak kaam fo pxit(雫が頬にぴしゃっと当たった)

haane
/ [人名]ハーネ
[レベル]4
kako:語源不詳。古アルカでの意味は無し。
[文化]
(6980)
yuuma 6980 アンダント、クレプティアとの間に息子haaneを授かる。暴動が治まりを見せる。代わってレスティル宮中はイーファ派とハーネ派に分かれる
<現実>
生没年不詳。ドゥルガの抗争派の代表者。和平派により暗殺される。

haasark
/ [言語]順接
[レベル]4
rd;/「順な接続(接続詞ではないのでarkiではない)」
23

haasfar
/ [名詞]順光
[レベル]4
22

haasrein
/ [言語][論理]順説、順説的な
[反意語]telrein
[レベル]4
20:従う線→従う流れ

haasvort
/ [普通動名詞]殉死、殉教、致命、後追い、後追い自殺
[動詞]yulの様態で殉死する、殉死する、殉教する、致命する、後を追う
[レベル]4
rd;/「従って死ぬ」
23
[語法]
殉死と殉教の両方を指す。
【用例】
ridia ar haasvort im seren vort. リディアはセレンが死ぬときに殉教する。
xaran mika haasvortat fiina artis. 敬虔な信者がアルティス教に殉教した。

haasxets
/ [形容詞]倫理的な
[反意語]telxets
[レベル]4
rd;/
23

hacmat
/ [形容詞]少数精鋭の
[レベル]4
22:hacma/te

hacmataxe
/ [名詞]精鋭部隊
[レベル]4
rd;/
24

hacnolt
/ [電算]文字コード
[レベル]4
20:文字の一揃え
[文化]
imul 1603にリュウがsors用に開発した。当時作られた新生アルカの表音文字は文字数が少なく便利という理由で採用された。sorsはタイプライターのようにCRなどの制御文字を必要としていたため、地球と同じく文字コードには制御文字を含んだ。最初に含まれたのは表音幻字25種、それに古アルカの表音文字4種である。これに新生で使うテンペラなどの表意文字を追加し、:などの約物といわれる表意幻字を追加。アルバザードで使うことを見越して通貨記号なども入れておいた。その数がおおむね100前後であったため、7ビットで表すことにした。当時は魔動式のコンピュータを使っており、最小単位が4ビットであったため、8ビットで表現し、残り1ビットは空白で常にeres(16進数で1。後の2進数で0)で表記した。
1604にリュウはsorsをアルバザード国王とヒュート国王に献上。経済省から量産を依頼される。
1606に影の女王であるリーザから内々にsorsを紹介されていたルティア王であったが、この年、公にsorsを紹介され、興味を示す。
1608に量産体制を整え、経済省に組み込まれるようになる。
1609にルティアとメティオに輸出される。
1610に両国で評価を受け、量産が決定する。
1611に両国で量産体制が整う。
1612にパールがタイプライターを発明したころからこの文字コードはlotteと呼ばれるようになった。
1613にリュウは拡張機能として表意幻字を打てるように、表意幻字の文字コードを開発しはじめた。このころルティアやメティオは弾道計算にsorsを使う計画を立てており、sorsの研究は機密事項となっていたため、文字コードについてもリュウと共同歩調を歩まず、独自の文字コードを作成した。両国はsorsについてアルバザードに一歩常に遅れてきた経緯があったため、アルバザードの開発を待っているばかりの体制を打破しようとしていたというのもある。
しかしそれが結果的には各国ごとに表意文字の文字コードが異なり文字化けしてしまうという不合理を生んだ。
この現象はヴェレイまで続き、ヴェレイでようやくアルバザードの文字コードを拡張したユニコードが開発され、落ち着く。
diaklelがlemir言語庁によって電子化されだしたのはrdのことであるが、このときレミールの方針はコンピュータと異なり、なるべく各国が共同歩調を取るというものであった。当然、省庁ごとに外交方針は異なる。レミールはしばしば文化的記述や百科事典的記述において他国の情報を必要とした。そのため、各国のレミールは協調姿勢を見せた。
しかし当時は文字コードが国ごとに異なっていたため、レミールは文字化けのしない表音文字、すなわちlotteの範囲でdiaklelを電子化することにした。文字コードの変換プラグインを用いれば変換は可能だが、アルバレンに存在せずティアレンには存在する幻字などには対応しきれず、また文字コードの変換も完全なものではなかったため、レミールは作業の効率化と誤解の回避のためにlotteを選択した。さらに通貨記号など、各国に特有な文字は化けるため、これも避けることとし、最小限の文字数で辞書を記述するという方針が生まれた。
加えて、rd末期のレミールは新生アルカを作ったセレンの意向を反映していたため、表意文字をできるだけ退けたかったというのもある。セレンは当初新生を表音文字だけで作ったが、表意幻字に慣れきった国民から表音文字に変えることに不安の声が上がり、移行期間の間は使ってもよいという条件付きで表意幻字の継続的使用も認めていた。レミールはセレンの意思を踏まえ、lotteを使うことでなしくずしに表意文字を消していこうと考えた。しかしセレンやレミールの意向は国民には理解されず、結局その後も装飾や古風な書記法などに表意文字は使われ続けることになり、アレイユになった現在でもdiaklelにはその見出し語を表意文字で何と書くかという項目が残っている。

<地球での文字コード>

地球での作業には地球で普及しているキーボードを使うのが合理的であるため、地球で幻字を表示するための文字コードが別途必要になる。
全角は日本語などで用いるため汎用性が低く、ファイルも重い。フィンランドに行ったとき、日本語のフォントがインストールされておらず、インストールしようとしたらホテルのなので制限がかかっており、非常に困った。もしアルカが今後全角を採用したら、いざというとき日本語だけでなくアルカも打てないことになって困る。
その上全角にしたら第三水準などの使わない漢字を潰して幻字で埋めることになり、一部の字が使えなくなる。さらに制アルカで使っていたhacmのようなキーボードレイアウトも必要になり、煩雑である。

そこで欧文フォントでASCIIで表現できるようにしたい。これなら軽く、汎用性もある。しかしASCIIは7ビットの128文字しかなく、その上実質94文字しか宛がわれていない。これではアルカには全然足りない。そこで文字コードを表音部と表意部に分け、hacmとharmaの2つのフォントを作ることになる。
ところでWORDなどでは文字ごとにフォントを設定できるが、PDICやHTMLではそうではない。
HTMLはフォントを設定できないこともないが、ふつう閲覧者はアルファベットで閲覧する。従ってオンライン幻日で2つのフォントを併用すると、アルファベットで表示したときに2つの文字コードがごっちゃになる。
例えばaxteをaに宛がった場合、「ワラワラw」と書くとnaxnaxaと表記されることになる。naxnaxはいいとして、aは一体何だという話になる。
ゆえにWORDなど複数のフォントを設定できる環境以外ではharmaは用いないほうがよい。基本的にテキストデータはhacmだけで書いたほうがよい。反面、漫画や小説など複数のフォントを使える環境で制作する場合はharmaとの併用が望ましい。

幻日は要するに巨大なテキストデータなのでhacmだけにしたほうがよい。
ということは、例文中のイントネーションはすべてhacmで表記できる必要がある。
地球のhacmは具体的にはarkantisなどのフォントで表現され、アトラスのhacmとは内容が異なる。
地球では、幻字で表示した場合とアルファベットで表示した場合とで違和感がないようにする必要がある。
tがtesの文字になるのはいい。カンマがtsunkになるのもいい。アルファベットは幻字に転写対応しているし、カンマとツンクは見た目そのままだ。しかし#が四点リーダーになるのは違和感がある。そういう違和感を排他したのが地球のhacmである。

そしてそう考えた場合、イントネーションのsikaやkiliなどは明らかにASCIIの中に似たデザインがない。そのため排他する必要がある。
ではイントネーションはどうやって表記すれば良いだろうか。そんなもの表意部のharmaで示せばよいと思うかもしれない。だがharmaは幻日では併用できないのであったことを思い出してほしい。
naxnaxaのような変な表記がされないためにも、hacm内で組み合わせてイントネーションを表記する必要がある。

tempera, kuuno, gainについてはhacmにあるのでよい。
mileejは??だと分かりやすい。
sikaは_で表記する。_はkalte, yuuma, tuunoなどの幼字に現れるパーツで、地面を指す。見た目にも平坦なので平調を指すのに便利である。
kiliは|で表記する。|は古でmonoと同じデザインで、「壁」や「止める」という意味である。中止調を指すのに申し分ない。
kimは下がって上がる音調なので、!?で問題ない。
小音調は,との組み合わせで作る。,??で小ミレージュ。.を使わなかったのは文の数をカウントするとき面倒にならないため。
このようにしてhacmでイントネーションを示す。

一方、harmaもまた地球のものはアトラスのものと異なる。
Ser, Zotなどは意味的にhacmに入るはずだが、近い記号がASCIIにないためharmaに追いやった。
かといってこれがhacmにもharmaにもないと、古文字の表記に困る。地図なども古文字を使っている。
イントネーションについては2010年まではsikaなどを使っていたが、hacmで表記するのが一般化すればharma内に無理に作る必要はない。というのも、harmaも94文字しか作れず、スペースが貴重なためである。

さてその地球のharmaであるが、以下のように設定した。

使徒の名前:28:日付
使徒の苗字:28:著者表記、外国名、外貨(ただし使徒の数分しかないので、diminionなどは表記できない。アルバザードやルティアが表記できるのは嬉しい)
アルミヴァ:12:時刻
月相:8:天秤詞
ソーム:7:曜日
アルシエル:4:四季、天秤詞
ミュシェット・アシェット・テームス:3:カレンダー
アテン:4:種族

これでちょうど94である。
以前全角の明朝taphacで使っていた矢印は>などを使って表記。○×は割愛。
helpaiはaaaalisなどと表記すればよいので割愛。動詞媒介は廃止されたのでむろん割愛。arkaはそもそも余剰なので割愛。

惜しむらくは通貨soltが表記できない点だが、わざわざ表意にしなくても問題ない。というより国ごとに通貨があるのだから、国名の使徒記号を外貨にすれば良いだろう。主要国の通貨は表現できる。経済の話であることが分かる場面でしか地球でも$は使わないし、それならアルバザードの文字でsoltを表すことに何ら問題はない。
それより、soltを問題にするのならむしろインテグラルなどの数学記号を載せたいところである。しかしそれを入れると際限なく増えるため、この94字で幻文に使う最低限は十分に表現できるだろう。ASCIIとて数学記号などはどのみち表現できていない。

さてharmaの配置だが、実際には古幻字のほうがアルシエルより使わないだろうと考え、シフトに追いやった。
漫画や小説などを書いていると天秤詞の頻度は高いので、シフトにしたくない。
とはいえ0キーのシフトが存在しないので、アルミヴァをシフトに入れることができない。そこで天秤詞として使われる月齢がシフトに行くことになる。
()=が空くので、ここにaxet, teemsを入れれば、ひとつ空いた先の=がmyuxetになってちょうど良い。
そして余ったところにあまり使わないsoomを入れる。ここの配置はあまり綺麗でないが仕方がない。
バックスラッシュは¥になるので、xierは日本のキーボードだと2回現れる。ASCIIを使っているのでたいていの国のキーボードですべてかほとんど表示できるはずだ。

hacpit
/ [文字]字体、書体
[レベル]4
20
[文化]
hac
具体的なフォント名ではなく、字の種類のこと。平ペン体(イタリックやゴシック)、銅版体(カッパープレート)のように、書くペンの性質で分けることもあれば、イタリックやゴシックのように文字の特徴で分けることもある。また、魔女文字や少女文字のように、文字の表すイメージで分ける場合もある。具体的なフォント名以外の分類名が字体となる。セリフやサンセリフのように、特徴の有無を元に分類されることもある。
例えばaxet体はフォント名でありatomであるが、その字体は「筆記体・カッパープレート体・サンセリフ」といったいくつかの字体項目を持つ。
<線の種類による字体>
線が一定の太さを保つボールペンや鉛筆のような線による文字を鉛筆体という。rdのころはボールペンがなかったため、このようにいう。鉛筆体の代表はtapである。
先の尖ったペンで書かれた文字をペン体という。ペンの性質上、ゆっくり書く部分は太くなり、払う部分では細くなる。ボールペンではこのようなことが起きない。よってペン体は線に強弱がある。代表はhailenである。
先の平たい平ペンで書かれた文字を平体という。イタリック体などに用いる。ペン体と同じく線に強弱があるが、ペン体と異なり、運筆方向により線の強弱が決まる。また、ペン体よりも線の強弱の差が激しい。
先の細いペンで、銅版に刻むのに使っていた文字を銅版体という。カッパープレート体に用いる。元はデザイン用に作られたものでなかったが、線が細いので飾りを付けて複雑な形にする余裕があり、デザイン性に富んだ書体がセレンによって作られた。平ペン体だと線が太い部分は非常に太くなるため、装飾のヒゲを付けることが難しい。このことは市販のカリグラフィーペンでカッパープレート体のアルファベットを書いてみると実感できる。絶対にカッパープレート並みの装飾を付ける余裕はないはずだ。

hacsan
/ [数学]文字式
[レベル]4
19

hadik
/ [医療]瘢痕、あばた、痘痕
[レベル]4
22:har/ik「赤の実」
【成句】
hadik kaen kaam 目の上のこぶ、目の上のたんこぶ

haf
/ [数学]累乗、べき乗、冪乗、指数、次数
[レベル]4
16:制:ha/fok。累乗を表わす数が右上に書かれることから。
[語法]
二乗はtahaf、三乗はvihaf。
次数が高いことはsor、低いはhait。

haid
/ [植物]サルビア
[レベル]4
19:ridia:har/feid。先端が矛のようだから。

haikhoi
/ [政治][法律]司法
[レベル]4
19

haikhoika
/ [政治][法律]司法府。裁判所のこと
[レベル]4
19

haikhoilagel
/ [政治][法律]司法権
[レベル]4
19

haiklizno
/ [政治][法律]裁判庁
[レベル]4
19
[語法]
イムル20年に事務省の下に作られた庁。裁判を取り仕切る。

haizenkakx
/ [法律]違法コピー、海賊版、パイレーツ
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

haizenlevn
/ [医療]成人病
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt:罰当たり病

haizenra
/ [ユマナ]教会。アルティス以外の宗教の教会、神社、仏閣、モスクの総称
[ユマナ][音楽]ア・カペッラ、アカペラ
[レベル]4


hakdaz
/ [形容詞]賞賛に値する
[レベル]4
22

halasex
/ [動詞]yulをハルアセッシュさせる、請い笑む
[レベル]4
19:melidia axte:下唇を持ち上げてほほ笑むことから
[語法]
男性のしぐさ。女性に請うような態度を見せるときに自然とする。自分より下の立場と思っている相手にはしないので、女性には概ね好評。まず口を閉じる。閉じた接触面を維持しながら、下唇を上に持ち上げる。asidが固くなり、やや唇が突き出る。ポイントは明らかに突き出さないこと。やや持ち上げるのがコツ。このまま口の端を持ち上げてほほ笑む。ちょっと困った感じの顔。眉間は若干daptにし、少し首を傾げておく。

haleil
/ [被服]トップス
[レベル]4
21

halkool
/ [電算]上にスクロールする、バックスクロール
[レベル]4
vl;/
23

halsaplor
/ [生物]上気道。鼻腔、咽頭、喉頭の総称。
[レベル]4
19

haltbenom
/ [軍事]大佐
[レベル]4
19:ridia

halthyuxa
/ [軍事]大将
[レベル]4
19:ridia

haltikin
/ [物理]平行法。立体視の平行法。
[レベル]4
23
【用例】
in ixta kon{xalt} haltikin 平行法で画像を見る

haltimpis
/ [政治]与党、上位の党
[レベル]4
19

haltmool
/ [軍事]曹長
[レベル]4
19:ridia

haltskit
/ [名詞]上座
[レベル]4
20
[文化]
skitka

haltvei
/ [政治]衆議院、下院、庶民院
[レベル]4
19

halwalma
/ [アトラスの国家]ハルワルマ
[レベル]4
23:ridia

haneslil
/ [化学]塩素
[レベル]4
18:制

hangar
/ [名詞]アルバム、CDアルバム
[レベル]4
al;/「広い円盤」
23

hanhemgar
/ [名詞]マキシシングル、マキシ
[レベル]4
al;/「広いシングル」
23

hanlati
/ [名詞]実用性
[レベル]4
22

hanon
/ [魔法]ハノン、攻霊力
[レベル]4
20:古hyuno(ユノ)/na→hanona→hanon(母音脱落)
[語法]
envelen
【用例】
hanon envi{tin} 強いハノン

hanteet
/ [化学]展性
[レベル]4
19

hanti
/ [サール]ハンティ
[レベル]4
古:hanoitikno(塔の龍)から。
[文化]
塔の龍。アルデスとテュアの第4子。男性。toolと人型を使い分ける。

hantliva
/ [娯楽]落ちゲー、落ち物ゲー、落ち物パズル
[レベル]4
22:「積み上がるゲーム」

hanxaja
/ [名詞]普及率
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

hapsklea
/ [アイテム]ハプスクレア、金の針
[組み数字]8/12
[レベル]4
20:とかげの粉
[文化]
ドルの魔法を解除する。ドルハプスに咬まれると石化してしまう。ドルハプスは山岳部の岩場を好むため、北方ではヒュートに多く生息している。そのためヒュート国ではドルハプスによる石化被害が絶えなかった。しかしrdになるとヒュート国の王子リュウがドルハプスの尻尾にドルを解除する成分が含まれていることを発見した。リュウはドルハプスの尻尾を干してミイラ化させ、粉末状に砕いたものを小さな指輪入れのような箱に入れて民に配布したところ、被害は激減した。石化した箇所に粉末をさらさらとふりかけて使う。

harelb
/ [被服]赤ずきん、赤頭巾
[レベル]4
22

harerivoxn
/ [生物]赤血球
[レベル]4
19

harf
/ [物理]赤外線
[レベル]4
19:defoに倣ってhar/fとした。

harmel
/ [名詞]赤色時代
[レベル]4
rd;/
23
[語法][文化]
duurmel

harn
/ [植物]ベニバナ、紅花、末摘花
[レベル]4
19:ridia:harnim(花自体は黄色だが、赤の染料に使う)

harrei
/ [料理]赤ワイン
[レベル]4
21:液の色から

harteev
/ [気象]熱波
[レベル]4
19

harteskkalto
/ [地学]熱帯雨林
[レベル]4
19

hartmiir
/ [名詞]丁々発止
[レベル]4
22

hartpol
/ [地学]熱帯
[レベル]4
19

hartrein
/ [地学]赤道
[地球の国名]エクアドル
[レベル]4
19:暑い線

hartserip
/ [名詞]高温多湿
[形容詞]高温多湿な
[レベル]4
rd;/
24
【用例】
pol hartserip 高温多湿な地方

harxe
/ [天文]昼月
[言葉遊び]アルシェ、上弦の月
[類音]arxe
[レベル]4
22:harp/xelt
[文化]
昼に見える上弦側の月のこと。arxeが上弦の月であり類音であるため、掛詞に使われる。

hasenksan
/ [数学]連立不等式
[レベル]4
19

haserk
/ [親族]直系
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

hasgalisliva
/ [娯楽]縦スクロールシューティング、縦シュー
[レベル]4
22

hask
/ [音楽]ラップ
[レベル]4
16:制

hasmiyusan
/ [数学]連立方程式
[レベル]4
19

hastbad
/ [音楽]どら、ドラ、銅鑼、ゴング
[レベル]4
21:大きいので垂らして使う

hastfosi
/ [被服]キャミソール、キャミ
[レベル]4
21

haudakt
/ [交通]追突、追突事故
[レベル]4
22
【用例】
an yuvat haudakt milgaal amo xien nos. 後ろの車に追突された。オカマを掘られた。

havol
/ [医療]狂犬病
[レベル]4
19:ridia:havom
[文化]
ハヴォムに噛まれるとなる。

hazel
/ [名詞]相、相同
[形容詞]相な
[反意語]balte
[レベル]4
21:haas/eel
[語法]
多義語。hazelは互いに性質が同じ方向性を持っていること。性質同士がぶつかり合わないこと。人の性格が似ていること。仕事の目標が互いに同じ方向性であること。balteはその逆。
telと違い、balteに「逆らうような」という上下関係のニュアンスはない。互いに相反する主義主張や性格という比較的水平な対立である。とはいえ、両者の間に上下関係があるときは使えない単語という意味ではない。

heifa
/ [名詞]コンドーム、サック、浮き袋、ゴム、ラバー、ルーデサック
[レベル]4
古:クミールが作った全く語源のない造語。古アルカにはheifaという音に近い語がなかったので、「他の語と聞き間違えて恥ずかしい思いをしなくて済む」という理由でこの音形が選ばれた。だからなぜheifaでコンドームを示すのかといわれても、クミールがぱっと思いついたのが原因だとしか言いようがない。
[文化]
potleev
【用例】
ev{sab} heifa コンドームを付ける

heim
/ [宗教]修道士、修道女
zg
[レベル]4
22
[文化]
アルヴェーテやアリスカンテなどの修行に身を置く人のこと。

helm
/ [生物]膵臓、すい臓
[レベル]4
13:制:恣意

hemgar
/ [名詞]シングル、CDシングル、シングルCD
[レベル]4
al;/「狭い円盤」
23

herk
/ [地球の国名]カナダ
[レベル]4


hetetlei
/ [名詞]裏本
[レベル]4
23

hetetveiz
/ [名詞]裏動画、裏ビデオ
[レベル]4
23

hetmev
/ [言語]接尾辞
[レベル]4
19

hetreit
/ [言語]文末純詞
[レベル]4
22

hetsev
/ [言語]後付け
[レベル]4
21

hettemel
/ [歴史]近代、rt_vl
[レベル]4
21
[語法]
mirmel

hettij
/ [言語]脚韻
[レベル]4
23

hiadol
/ [地学]岩塩
[レベル]4
19

hiit
/ [名詞]引き潮
[反意語]haak
[レベル]4
@19

himalsi
/ [名詞]セクシャルハラスメント、セクハラ
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt
[語法]
会社や学校だけでなく、電車の痴漢、父親による娘への悪戯などもこれに入る。性的な嫌がらせならすべて含まれる。
[文化]
セクハラには極めて厳しい。アルバザード人は性的屈折度と性欲の強い人種だが、自尊心が上回るため、ちょっと胸を揉む程度の中途半端なエロスを嫌う。やるならやる、やらないならやらないとハッキリしているため、あまりセクハラに興味がない。中途半端にオフィスで女に触るという発想がそもそもない。やるならカップルになってオフィスラブとか、それが無理でレイプとか、濃淡がハッキリしている。

himdio
/ [生物]処女膜
[レベル]4
14:制:性器の歯
[文化]
女性器は口に譬えられる。処女膜の多くが膣口を囲む歯のような形をしていることも関与している。以前処女膜はセレンの発想で膜となっていたが、やがて歯に変わっていった。
【用例】
xiv en luna i himdio. 処女膜から声が出ていない:limeercootと呼ばれる人たちがいたころに言われた言葉。アイドルや声優果ては一般人に対し、処女でないと知るや非難めいてこのように呼んだことから。

himelm
/ [生物]性器、生殖器
[レベル]4
19:ridia

himext
/ [生物]恥垢
[レベル]4
rd;/
23

himgalena
/ [医療][ネガティブ]性欲
[類義語]himna
[レベル]4
vl;/
23

himgek
/ [生物]精巣、睾丸
[レベル]4
16:制

himini
/ [生物]陰毛
[レベル]4
19:him/ini
[文化]
男女ともに剃らないのがふつう。ただ、女性は薄いほうが一般的に好まれるため、短くしたり一部を剃ったりすることはある。特に水着を着る場合はビキニラインは必ず剃る。男性が付き合っている女性のものを好みで剃ることは日本同様ある。

himkepl
/ [名詞]色仕掛け、色じかけ、ハニートラップ、ハニトラ
[レベル]4
rd;/「性的な罠」
24
【用例】
ar himkepl a velsan 政治家にハニートラップを仕掛ける
yuv himkepl 色仕掛けを食らう

himlevn
/ [医療]性病、性感染症
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

himmaim
/ [名詞]体位→maim。性交の。
[レベル]4
rd;/
23
[文化]
アルバザード人にとって一般的な体位は正常位、バック、騎乗位の順。騎乗位はsarmixiが生じるのと、それに加えて女性が疲れるので、男性が女性にサービスしがちなアルバザードでは日本ほど行われない。
日本の四十八手に相当するのはvalonvalmaimである。44手あるにはあるが、一般の人は知らない。ふつうは正常位、バック、寝バック、立ちバック、騎乗位、駅弁などある程度限られている。
一般的なアルバザード人は一回のセックスで複数の体位を変える。あまり頻繁に変えると女性に面倒臭がられ、バリエーションが少ないと飽きられる。

himmesl
/ [生物]陰嚢
[レベル]4
19

himna
/ [医療]性欲
[類義語]himgalena
[レベル]4
rd;/
23

himnipl
/ [生物]クリトリス、陰核
[レベル]4
16:制:外性器としての見た目から

himok
/ [名詞]セックスの相手、性の対象
[レベル]4
20

himsex
/ [生物]陰唇
[レベル]4
14:制:性器の唇

himspat
/ [名詞]性差別、男女差別
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt
[文化]
himvelx, minlangakn, mindaz

himt
/ [生物]陰部
[レベル]4
rd;him/et
24

himvelx
/ [名詞]男女区別
[レベル]4
rd;/
23
[文化]
minlangakn, mindaz
男女差別は悪だが、男女区別は当然のものとして受け入れられている。一方的に女性に不利ということではなく、互いに役割を分担し、その結果として差別が発生している。
アルバザードでは女性は無条件で助けられる。自転車がパンクしたとか、荷物が重いとか、電車で席がないなど、あらゆる場面で女性は男性に守られる。美醜や年齢に関係なく、幼女であっても親切に助けられる。ただし注意したいのは、助けられるのは女性であってメスではないという点である。女性らしくしていなければ助けられない。身なりが汚いとか、素行が悪いとか、言葉が汚いなど、品のない行いをしている者は女性とみなされないので放置される。
アルバザードの少年は子供のころから女性を守ることを厳しく躾けられる。困っている人を見てみぬ振りすると、すかさず母親に引っぱたかれ、助けにいけと怒鳴られる。ふだん温厚な父親も、人を見捨てたときは嘆いて息子を叩くことになっている。
逆に女性は「パンクの直し方くらい知ってるんだけどな」と思っていても、あくまで近くの男性が助けてくれるまで困ったフリをする。さっさと自分で直す女は変人扱いされる。
また、優雅さや大人しさや従順さは男性より女性に求められるため、女性は抑圧的な生活を強いられる。最も差別が大きいのは性に関することで、男性はインプレンに通えるが、女性は夫以外の男と寝れば死刑になる。これはイスラム圏と同じだが、以下がまったく異なる。アルバザードは女性にも性欲を認めており、むしろ好ましい行為として男女ともに奨励している。その結果、女性が決まった男性にセックスを求めるのは非常に一般的で、恋人や夫婦間ではふつう女性が男性をそれとなく誘う。頻度はフランス人以上に多く、男性は拒めない。
なお、このことについてほとんどのアルバザード人男性は自分に性的な魅力があり、恋人を快楽に溺れさせていると自負しているが、ほとんどの場合それは誤解である。アルバザード人女性の本音では、恋人に言い寄るのは快楽を求めてのことではない。自分の誘惑に相手が屈服したことによる自尊心が8割で、快楽は2割程度である。この自尊心は「自分は相手に愛されている」という内容であり、優越感ではない。カレシに性的サービスをさせることで自尊心を得ることが誘惑の主目的で、愛情の確認にもなっている。しかしアルバザード人の女はしたたかなので、それを言わない。
また、アルバザードでは女性による自慰や同性愛が公然としていて、あまり恥ずかしいことではない。例えば、レインや紗枝もするし、していることを隠してごまかさない。

himwenz
/ [医療]性的倒錯、変態
[類義語]melej
[レベル]4
vl;/
23

himzon
/ [生物]陰茎
[レベル]4
19
【用例】
himzon em nek. 陰茎が勃起する。

hina
/ [組み数字]9/10
[哲学]忍
[医療]心
[歳時記]辛、かのと
[レベル]4
rd;hina,szl
21
::la hina

hina(2)
/ [植物]桐、キリ
[レベル]4
sm,;alt
22

hinkliti
/ [生物]汗腺
[レベル]4
21

hiptenvi
/ [生物]生殖能力
[レベル]4
rd
23

hirx
/ [料理]キャビア
[レベル]4
16:制:hird/xaki

hixgalisliva
/ [娯楽]横スクロールシューティング、横シュー
[レベル]4
22

hixtetona
/ [名詞]横の関係
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

hoaifal
/ [生物]節足動物
[レベル]4
22:硬い殻と関節を持つ門
[語法]
昆虫類、甲殻類、クモ類、ムカデ類など。
【用例】
以下はルシアの日記の抜粋。節足動物をhoaifanと勘違いして覚えているのが散見される。

23 fav dia

veliz lunat xalm lenan ento maal ik coki. maal setat il veliz kokko mait atu.
hoaifan et pit daak ati alka lot ruma ento 80 oksgal t'il ruma et tuus.
tu et zal xel yuu hoaifan xa xalm lenan fien hoaifan til 150 sen as pit.
tu fia et kax kokko hoaifan. tet yuu az fral yuu es lat a xalm e selan.
komo non na xalm t'ern e yuuma et despel eu.

2012年10月4日

家に虫が出て、お母さんが発狂した。お母さんは薬で虫を全滅させた。
節足動物は全生物の80%を占める、最も繁栄した種だ。
150万種もの数がありながら節足動物が家の中にいないというのは不思議なものだ。
この世界は節足動物で溢れているにもかかわらず、住居に侵入しているのはゼロかほぼゼロだ。
なんとなく人間の住居というのは結界のようなものだと感じる。

・おまけ

なんでさっきの日付の日記をアップしたのかというと、日記を付ける習慣のないユルトが珍しくこの日日記を付けていたから、息子と娘で内容比較できると思って。
ユルトはまだキーボードを打てないので、ノートに書いたものを僕が見てタイプして訳しました。まぁこれが通常の5才男児だよなぁと実感。

veliz di o di. nat melis. maal vexlat o vexlat. nat vem. beeb tinka ka ra. mama naxat tinkal. nektat a kove ok xia. nat ban.
虫、いっぱいいっぱい。キモかった。お母さんがギャーギャー。怖かった。おウチすごく臭い。ママすごく笑ってた。紫亞とクローゼットに隠れた。楽しかった。

hoan
/ [化学]固体
[レベル]4
19:hohomain(塊の体)

hoanesiem
/ [化学]融解
[レベル]4
19

hoanesika
/ [化学]融点
[レベル]4
19

hoansapem
/ [化学]昇華、気化
[レベル]4
19

hoansapka
/ [化学]昇華点
[レベル]4
19

hoikaxn
/ [名詞]監視カメラ
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

hokm
/ [地学]石炭
[レベル]4
meltia 8:gilus:ho.faia(固い)
16:制:hon/akm

holalfai
/ [料理]ケバブ、ケバフ
[レベル]4
14:ridia:回転ロースト。幻幻から輸入。トルコ語を訳したものと思われる。
[文化]
羊の肉を回転してローストしたもの。魔方で食べられる。アルバザードでは南方には流入しているが、北方では珍しい。

holsakl
/ [名詞]ベルトコンベア、ベルトコンベアー、ベルトコンベヤ、ベルトコンベヤー
[レベル]4
rt;/「回転ベルト」。輪状のベルト自身が回転することでその上に乗ったものが移動することから。
24
[文化]
回転寿司のベルトコンベアは構造がholsaktではないが、表面だけ見えている状態だといかにもベルトコンベアに見えるので、ふつうholsaktと呼んでしまう。

homi
/ [生物]軟骨
[レベル]4
19:古hoomi(やわらかい)

hompax
/ [数学]展開図
[レベル]4
19

hon
/ [軍事]装甲
[レベル]4
fv;hono.k
24

honoflel
/ [医療]肩こり、肩凝り
[レベル]4
20

honoka
/ [被服]振袖、ふりそで、振り袖
[レベル]4
21:alt。「雪を振り払うような」という原義。

honolobo
/ [名詞]ハードカバー。本。
[レベル]4
rd;/
23

honot
/ [地学]硬度
[レベル]4
19

honoxeltem
/ [生物]甲殻類
[レベル]4
22

hoomilobo
/ [名詞]ソフトカバー。本。
[レベル]4
rd;/
23

hoora
/ [悪魔]ホーラ、赤の悪魔ホーラ
[料理]トマトを煮込んだときに出てくる赤い灰汁、灰汁、あく
[レベル]4
meltia 0:hoora;e
ridia:古:hoora(赤)。赤アンクノットにも記載。
[文化]
赤い毛で覆われた怪物。攻撃的。
プスホーラとペアをなす。ホーラ・プスホーラを使った子供を怖がらせるための話がある。古アルカにおいて男がやっていけない7つのことと、女がやってはいけない14個のことをすると、7月3週目の第6曜日(この時点の暦では存在しない暦とされた)にホーラがやってきて、親の首を刎ね、子の腕脚を刎ね、眼前で食い、子を頭から串刺しにして門前に立てる。プスホーラは頼むと助けてくれるが、誤って怒らせると男子は皮を剥がれ、女子は股から縦に引き裂き、右半身をホーラ。左半身をプスホーラが食らう。
赤いもじゃもじゃした姿の悪魔。

hopl
/ [化学]絶縁体
[レベル]4
19:ridia:hop

hops
/ [医療]骨髄
[レベル]4
古:hops。hoは骨。pはやわらかいとか膨らんだという意味で、骨の空洞のクッションになっていることからだろう。sは不明。

hotalu
/ [アイテム]螢
[レベル]4
rd;altで「雨などが降るの「降る」」
24
[文化]
→gel
ヴァストリアの1つ。セレンのもつ神刀。

hwi
/ [動物]鶯、ウグイス
[レベル]4
alakta:オノマトペから

hyuuwe
/ [人名]ヒューウェ
[組み数字]6/15
[レベル]4
kako:古アルカでの意味は「自由」
[文化]
メテの第6使徒。

ibdiret
/ [法律]故意犯
[類義語]ibsool
[レベル]4
rd;/
23

ieli
/ [動物]カレイ
[レベル]4
14:制:古:ieli(右目の魚)

ifiins
/ [医療]老眼
[レベル]4
19

ifl
/ [歴史]現代
[レベル]4
vl
13:制:語源不詳

iger
/ [植物]クレソン
[レベル]4
古:iger。gerから。本当はagerのはずが、agerがあったのでigerになった。

igres
/ [人名]イグレス
[レベル]4

[文化]
イグレスタ共産圏を興した人物。

igresta
/ [政治]イグレスタ共産圏、共産主義レジスタンス、社会主義レジスタンス
[政治]共産圏、共産主義
[政治]共産党
[レベル]4


iidel
/ [人名]イーデル
[組み数字]8/14
[レベル]4
古:語源不詳。本名不明
[文化]
第4期3代アルシェ第8使徒。リュウの父親の妹といわれている。アルシェの資金調達の説明の際に必ずリュウの家柄が出てくるが、リュウの父母はアシェットに直接関係がない。そこで鎹として説明されるのがこのイーデルなのだが、リディアでさえ会ったことがない。

iidisin
/ [植物]オトギリソウ
[レベル]4
14:制:iidismina(イーディスの花)

iiluu
/ [人名]イールゥ
[組み数字]10/15
[レベル]4
kako:古アルカでの意味は「正義」。
[文化]
メテの第10使徒。

iiluuto
/ [地名]イールゥート
[人名]パールのアルカ姓
[レベル]4
kako
[文化]
メテの使徒イールゥの支配地。

iiluuto(2)
/ [アトラスの国家]イールゥート
[レベル]4
kako
[文化]
面積:717375.707937 km^2

iiva
/ [物理]アンペア
[レベル]4
14:制:古:iirevivi(電気の強さ)

ikllizno
/ [政治]建設庁
[レベル]4
19:ilmus:ridia
[語法]
開発省下の庁。建設や都市計画を担う。

iknart
/ [魔法]日常魔法
[レベル]4
19:ilmus:ridia
[語法][文化]
料理用や暖を取るためのfai、護身用の簡単な黒魔法、小さな怪我を治す白魔法など、日常的に用いる魔法のこと。rdでは学校で教えていた。リディアは7歳ごろまでは頭でっかちで、魔法の技能に関しては落ちこぼれだった。アルシェの使徒になってヴァーナらと戦う中で才能を開花させていった。

iknvant
/ [法律]民法
[レベル]4
19:生活の法

ilbalt
/ [物理]全反射
[レベル]4
19

ilestia
/ [名詞]津々浦々
[レベル]4
22

iliire
/ [エルト]イルイーレ
[魔法]召喚魔法イルイーレ(ラムウ)。雷を起こして敵を攻撃。
[レベル]4
古:すべての雷
[文化]
雷をつかさどるエルト神。白いローブをまとったひげの長い仙人のような姿をした老人。長い杖から雷を落とす。

ilkada
/ [政治]国際連合、国連、国際連盟
[レベル]4
22:「全国旗」
[文化]
第二次世界大戦後にできた機関。戦勝国が常任理事国を務めるシステムだったが、その後敗戦国からも大国が常任理事国入りした。地球同様、全国家が参加しているわけでない。

ilmart
/ [魔法]全体魔法、全体かけ
[レベル]4
22

ilmkami
/ [名詞]総合科学
[レベル]4
rd;/
23
[語法]
物理化学生物などを広くしばしば浅く学ぶ学問のこと。

ilmpalm
/ [政治]公共の福祉
[レベル]4
19:全体を優先
[文化]
歴史的にアルバザードは個人主義だが、有事のときは急激に公共の福祉を優先させる習慣がある。

ilmpase
/ [料理]全粒粉
[レベル]4
rd;/
23
[文化]
pase

ilnaxiris
/ [音楽]交響曲、交響楽、シンフォニー、シンフォニア、イルナシリス
[レベル]4
rd:milf;il/na/ixirius「皆の心を反映する」。一丸となってひとつの楽曲を演奏するというところからミルフがそのように名付けた。
23

ilsminal
/ [政治]直接民主制、直接民主主義
[レベル]4
19

iltvet
/ [言語]縁語、ゆかり語、えん語
[レベル]4
20
[語法]
onvetのひとつ。eltとsaalは対になるが、lanとlantseは対になる動物ではない。lanの場合、対応するのは神なのか悪魔なのかヒトなのか、何が反対語になるか定めづらい。しかしこれらは外見上よく似ているので連想されることが多い。反義語ではないが関連はあるという場合にゆかり語とする。

ilvalil
/ [化学]コバルト
[レベル]4
18:制

ilxi
/ [美容]オールバック
[レベル]4
21

imelgaax
/ [名詞]歓声
[レベル]4
21:黄色は賑やかで好奇心旺盛なという意味。

imelia
/ [名詞]イメリア
[ユマナ]ギネスブック、ギネス
[レベル]4
vl;imoli
22
[文化]
vlでイモリ社が車の売り上げを伸ばすために作った世界記録の本。世界記録があればそこに行って現物を見てみたいと思わせることができるため、車の売り上げに繋がる。それゆえ車メーカーがギネスブックに相当するものを創り上げた。

imelpam
/ [名詞]白熱灯、白熱球
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

impeld
/ [名詞]インペルド、童貞夢、処女夢
[レベル]4
古:impel/diaから
[語法]
→beelenvi
思春期や童貞・処女時代に異性に対して持つ幻想のこと。日本で言われてきたのは「キスはレモンの味」などだが、アルバザードでの俗説は「キスは桃の味」「女性器は蜜が出る」「女に腋毛は生えない」「イケメンは髭が生えない」「好きなもの同士のセックスは挿入するとすぐ逝く」「行為中に女が逝くと愛液で精子が殺されて妊娠しない」「女は毛深くないので陰核以下には毛が生えない」「陰唇の色が暗いと遊び人」「処女膜は歯になっていて、嫌いな相手に入れられると痙攣して陰茎を潰すようにできている」「女は逝くと漏らす」「処女は必ず血が出る」「結婚式でキスをすることで子供ができる」「精子は空気やお湯の中ですぐ全滅する」「排卵時の白い粘液は卵子」「精子を飲むとヴィルが増える(アトラスでは事実)」など。
【用例】
an en na em impeld man til em tian. カノジョを持つようになって、インペルドを感じなくなったよ。

impis
/ [政治]政党、政治政党
[レベル]4
19:impi:蜂のように群がっていることから

impra
/ [悪魔]インプラ、黄色の悪魔インプラ
[レベル]4
meltia 0:impra;imel/hoora
ridia:古:impra。im(黄色)/hooraから。
[文化]
黄色の毛で覆われた怪物。好奇心旺盛。
【成句】
impra seel(en) armiva アルミヴァ神に囲まれた悪魔インプラ。四面楚歌:ヴァステでインプラが誘導され、アルミヴァに集中砲火を食らって封印されたことから。

impren
/ [名詞]インプレン、色町、風俗、風俗街、歓楽街
[レベル]4
古:impra
[文化]
<所在地>
アルバザードにある歓楽街。日本の吉原に相当する。kkで作られた。現在はカルザス=メル通り一帯に広がる。アルバザード最大の風俗街で、中央アルナ市にはここ以外に風俗店は存在しない。たくさんのmenteezが並ぶ。赤線に最も近く、風呂に入ったりはしない。
<システム>
ショーウィンドウの中の好きな女を選び、その女のいる個室で情事を行う。使用中の個室はシャッターが下りるのですぐ分かる。買えるのはウィンドウに見えている女のみ。
代金は女の容姿や年齢によって異なり、ショーウィンドウに書いてある。中に入るときにドアにアンセをかざすと代金が落ちるシステム。するとドアが開き、シャッターが下り、情事に及ぶ。恋人とのセックスと違うので、速やかに脱がせて本番に入る。時間は15分で、発射できなければそれまで。あるいは15分単位の延長料金を払う。入室後10分で警告音が鳴り、5分以内に退出しないと延長料金が発生する。15分以内に退出すると、女は5分で部屋を片付け、衛生器具を処分し、消毒ペーパーで体を清拭し、服を整え、シャッターを開ける。こうして1時間に3本のペースで回転する。料金は姫によるが大体安価で、700〜1200ソルトの間。このうち5割が奴隷商に入り、3割が店に入り、2割が本人に入る。
<年齢>
奴隷は国民として登録されないため、国は少女の年齢に関して一切制限を設けていない。つまり、4歳の少女だろうと買おうと思えば買える。ただし、4歳の少女に15分で急いで挿入しようとすると裂けて死んでしまう可能性があるため、店側は通常幼女を展示しない。かつての日本の揚屋と同じく、幼女のうちは客を喜ばせるための修行をしたり、小間使いとして働くことが多い。
アルバザードにはロリコンが少ないので、通常客を取るのはソーンの年15〜28歳である。ただし、実際には12歳ごろから展示されるようになる。
<彼女の反応>
息抜きの場として彼女持ちの男もいくが、それは女が許した場合のみ。そしてたいていのアルバザード人の女は言えば許すが、極めて不機嫌になる。そこで男はたいてい黙っていくが、バカ正直な国民が多いため、バレる確率は高い。
風俗が破局の原因になることはアルバザードではまずないが、彼女に喚き散らされ、鉄拳制裁は必至。慣例として、女は物を投げることと武器を使うことは制限されるが、素手なら最大骨折に至るまで殴って構わない。男は反撃の権利がない。アルバザード人の女はユベールが必修科目だが、よくある用途がこれ。
男が風俗にいったことを原因に女は男を捨てることが慣例としてできない。そこで女が男を捨てたいと思った際は、しこたま男をフルボッコにし、もうこんな恐ろしい女とは付き合えないと思わせ、別れさせる。
なお、女用の風俗もあるが、一部の人間しかいかない。30〜40代の利用者が多い。女はソープよりも女用のyuyuka(ホストクラブ)にハマりやすい。この場合、男は恋人ないし妻を捨てることができる。

imul
/ [人名]イムル
[組み数字]7/15
[レベル]4
kk:im/al「時の人」
kako:古アルカでの意味は「時」。
[文化]
メテの第7使徒。イムル暦の創始者。

imulpalt
/ [歴史]イムル暦
[レベル]4
20
[文化]
→palt
歴史などの分野では年号だけメル暦でなくイムル暦を使う→melpalt

西暦400年1月1日がちょうどイムル0年1月1日に当たる暦。地球にない暦だが、天文学的な経緯を経て紀元が偶然グレゴリオ暦と同じ1月1日になっているため、rdの日付を記すのに非常に便利。
英雄アルシェのミスで、イムル0年は存在しないことになり、イムル暦は1年からスタートした。イムル1年はユーマ8080年に等しい。後にイムルは便宜上1年の元旦から366日戻した日付をイムル0年とした。イムル0年の大半はユーマ8079年であるから、ユーマ暦はイムル暦に1年食われる形で8079年間続いたことになる。
<グレゴリオ−イムル対照表>
グレゴリオ暦とイムル暦は年始の日付が同じで、年号のずれも400年であるため、イムル0〜1600年までは下記の単純な表で対照できる。
月の日数が異なるため、グレゴリオ暦と同じではない。
閏日の入る位置が異なるため、平年と閏年で表が2枚必要になる。
年始日が重なるのは天文学的な理由で、偶然である。詳しくは幻日paltを参照。
なお、メル暦は年始も異なるため、こうした単純な表にはできない。

|平年|平年||閏年|閏年|
|グレゴリオ暦|イムル暦||グレゴリオ暦|イムル暦|
|1月1日|1/1||1月1日|1/1|
|1月2日|1/2||1月2日|1/2|
|1月3日|1/3||1月3日|1/3|
|1月4日|1/4||1月4日|1/4|
|1月5日|1/5||1月5日|1/5|
|1月6日|1/6||1月6日|1/6|
|1月7日|1/7||1月7日|1/7|
|1月8日|1/8||1月8日|1/8|
|1月9日|1/9||1月9日|1/9|
|1月10日|1/10||1月10日|1/10|
|1月11日|1/11||1月11日|1/11|
|1月12日|1/12||1月12日|1/12|
|1月13日|1/13||1月13日|1/13|
|1月14日|1/14||1月14日|1/14|
|1月15日|1/15||1月15日|1/15|
|1月16日|1/16||1月16日|1/16|
|1月17日|1/17||1月17日|1/17|
|1月18日|1/18||1月18日|1/18|
|1月19日|1/19||1月19日|1/19|
|1月20日|1/20||1月20日|1/20|
|1月21日|1/21||1月21日|1/21|
|1月22日|1/22||1月22日|1/22|
|1月23日|1/23||1月23日|1/23|
|1月24日|1/24||1月24日|1/24|
|1月25日|1/25||1月25日|1/25|
|1月26日|1/26||1月26日|1/26|
|1月27日|1/27||1月27日|1/27|
|1月28日|1/28||1月28日|1/28|
|1月29日|1/29||1月29日|1/29|
|1月30日|1/30||1月30日|1/30|
|1月31日|2/1||1月31日|2/1|
|2月1日|2/2||2月1日|2/2|
|2月2日|2/3||2月2日|2/3|
|2月3日|2/4||2月3日|2/4|
|2月4日|2/5||2月4日|2/5|
|2月5日|2/6||2月5日|2/6|
|2月6日|2/7||2月6日|2/7|
|2月7日|2/8||2月7日|2/8|
|2月8日|2/9||2月8日|2/9|
|2月9日|2/10||2月9日|2/10|
|2月10日|2/11||2月10日|2/11|
|2月11日|2/12||2月11日|2/12|
|2月12日|2/13||2月12日|2/13|
|2月13日|2/14||2月13日|2/14|
|2月14日|2/15||2月14日|2/15|
|2月15日|2/16||2月15日|2/16|
|2月16日|2/17||2月16日|2/17|
|2月17日|2/18||2月17日|2/18|
|2月18日|2/19||2月18日|2/19|
|2月19日|2/20||2月19日|2/20|
|2月20日|2/21||2月20日|2/21|
|2月21日|2/22||2月21日|2/22|
|2月22日|2/23||2月22日|2/23|
|2月23日|2/24||2月23日|2/24|
|2月24日|2/25||2月24日|2/25|
|2月25日|2/26||2月25日|2/26|
|2月26日|2/27||2月26日|2/27|
|2月27日|2/28||2月27日|2/28|
|2月28日|2/29||2月28日|2/29|
|3月1日|2/30||2月29日|2/30|
|3月2日|3/1||3月1日|3/1|
|3月3日|3/2||3月2日|3/2|
|3月4日|3/3||3月3日|3/3|
|3月5日|3/4||3月4日|3/4|
|3月6日|3/5||3月5日|3/5|
|3月7日|3/6||3月6日|3/6|
|3月8日|3/7||3月7日|3/7|
|3月9日|3/8||3月8日|3/8|
|3月10日|3/9||3月9日|3/9|
|3月11日|3/10||3月10日|3/10|
|3月12日|3/11||3月11日|3/11|
|3月13日|3/12||3月12日|3/12|
|3月14日|3/13||3月13日|3/13|
|3月15日|3/14||3月14日|3/14|
|3月16日|3/15||3月15日|3/15|
|3月17日|3/16||3月16日|3/16|
|3月18日|3/17||3月17日|3/17|
|3月19日|3/18||3月18日|3/18|
|3月20日|3/19||3月19日|3/19|
|3月21日|3/20||3月20日|3/20|
|3月22日|3/21||3月21日|3/21|
|3月23日|3/22||3月22日|3/22|
|3月24日|3/23||3月23日|3/23|
|3月25日|3/24||3月24日|3/24|
|3月26日|3/25||3月25日|3/25|
|3月27日|3/26||3月26日|3/26|
|3月28日|3/27||3月27日|3/27|
|3月29日|3/28||3月28日|3/28|
|3月30日|3/29||3月29日|3/29|
|3月31日|3/30||3月30日|3/30|
|4月1日|4/1||3月31日|4/1|
|4月2日|4/2||4月1日|4/2|
|4月3日|4/3||4月2日|4/3|
|4月4日|4/4||4月3日|4/4|
|4月5日|4/5||4月4日|4/5|
|4月6日|4/6||4月5日|4/6|
|4月7日|4/7||4月6日|4/7|
|4月8日|4/8||4月7日|4/8|
|4月9日|4/9||4月8日|4/9|
|4月10日|4/10||4月9日|4/10|
|4月11日|4/11||4月10日|4/11|
|4月12日|4/12||4月11日|4/12|
|4月13日|4/13||4月12日|4/13|
|4月14日|4/14||4月13日|4/14|
|4月15日|4/15||4月14日|4/15|
|4月16日|4/16||4月15日|4/16|
|4月17日|4/17||4月16日|4/17|
|4月18日|4/18||4月17日|4/18|
|4月19日|4/19||4月18日|4/19|
|4月20日|4/20||4月19日|4/20|
|4月21日|4/21||4月20日|4/21|
|4月22日|4/22||4月21日|4/22|
|4月23日|4/23||4月22日|4/23|
|4月24日|4/24||4月23日|4/24|
|4月25日|4/25||4月24日|4/25|
|4月26日|4/26||4月25日|4/26|
|4月27日|4/27||4月26日|4/27|
|4月28日|4/28||4月27日|4/28|
|4月29日|4/29||4月28日|4/29|
|4月30日|4/30||4月29日|4/30|
|5月1日|5/1||4月30日|5/1|
|5月2日|5/2||5月1日|5/2|
|5月3日|5/3||5月2日|5/3|
|5月4日|5/4||5月3日|5/4|
|5月5日|5/5||5月4日|5/5|
|5月6日|5/6||5月5日|5/6|
|5月7日|5/7||5月6日|5/7|
|5月8日|5/8||5月7日|5/8|
|5月9日|5/9||5月8日|5/9|
|5月10日|5/10||5月9日|5/10|
|5月11日|5/11||5月10日|5/11|
|5月12日|5/12||5月11日|5/12|
|5月13日|5/13||5月12日|5/13|
|5月14日|5/14||5月13日|5/14|
|5月15日|5/15||5月14日|5/15|
|5月16日|5/16||5月15日|5/16|
|5月17日|5/17||5月16日|5/17|
|5月18日|5/18||5月17日|5/18|
|5月19日|5/19||5月18日|5/19|
|5月20日|5/20||5月19日|5/20|
|5月21日|5/21||5月20日|5/21|
|5月22日|5/22||5月21日|5/22|
|5月23日|5/23||5月22日|5/23|
|5月24日|5/24||5月23日|5/24|
|5月25日|5/25||5月24日|5/25|
|5月26日|5/26||5月25日|5/26|
|5月27日|5/27||5月26日|5/27|
|5月28日|5/28||5月27日|5/28|
|5月29日|5/29||5月28日|5/29|
|5月30日|5/30||5月29日|5/30|
|5月31日|5/31||5月30日|5/31|
|6月1日|6/1||5月31日|6/1|
|6月2日|6/2||6月1日|6/2|
|6月3日|6/3||6月2日|6/3|
|6月4日|6/4||6月3日|6/4|
|6月5日|6/5||6月4日|6/5|
|6月6日|6/6||6月5日|6/6|
|6月7日|6/7||6月6日|6/7|
|6月8日|6/8||6月7日|6/8|
|6月9日|6/9||6月8日|6/9|
|6月10日|6/10||6月9日|6/10|
|6月11日|6/11||6月10日|6/11|
|6月12日|6/12||6月11日|6/12|
|6月13日|6/13||6月12日|6/13|
|6月14日|6/14||6月13日|6/14|
|6月15日|6/15||6月14日|6/15|
|6月16日|6/16||6月15日|6/16|
|6月17日|6/17||6月16日|6/17|
|6月18日|6/18||6月17日|6/18|
|6月19日|6/19||6月18日|6/19|
|6月20日|6/20||6月19日|6/20|
|6月21日|6/21||6月20日|6/21|
|6月22日|6/22||6月21日|6/22|
|6月23日|6/23||6月22日|6/23|
|6月24日|6/24||6月23日|6/24|
|6月25日|6/25||6月24日|6/25|
|6月26日|6/26||6月25日|6/26|
|6月27日|6/27||6月26日|6/27|
|6月28日|6/28||6月27日|6/28|
|6月29日|6/29||6月28日|6/29|
|6月30日|6/30||6月29日|6/30|
|7月1日|6/31||6月30日|6/31|
|7月2日|7/1||7月1日|7/1|
|7月3日|7/2||7月2日|7/2|
|7月4日|7/3||7月3日|7/3|
|7月5日|7/4||7月4日|7/4|
|7月6日|7/5||7月5日|7/5|
|7月7日|7/6||7月6日|7/6|
|7月8日|7/7||7月7日|7/7|
|7月9日|7/8||7月8日|7/8|
|7月10日|7/9||7月9日|7/9|
|7月11日|7/10||7月10日|7/10|
|7月12日|7/11||7月11日|7/11|
|7月13日|7/12||7月12日|7/12|
|7月14日|7/13||7月13日|7/13|
|7月15日|7/14||7月14日|7/14|
|7月16日|7/15||7月15日|7/15|
|7月17日|7/16||7月16日|7/16|
|7月18日|7/17||7月17日|7/17|
|7月19日|7/18||7月18日|7/18|
|7月20日|7/19||7月19日|7/19|
|7月21日|7/20||7月20日|7/20|
|7月22日|7/21||7月21日|7/21|
|7月23日|7/22||7月22日|7/22|
|7月24日|7/23||7月23日|7/23|
|7月25日|7/24||7月24日|7/24|
|7月26日|7/25||7月25日|7/25|
|7月27日|7/26||7月26日|7/26|
|7月28日|7/27||7月27日|7/27|
|7月29日|7/28||7月28日|7/28|
|7月30日|7/29||7月29日|7/29|
|7月31日|7/30||7月30日|7/30|
|8月1日|7/31||7月31日|7/31|
|8月2日|8/1||8月1日|8/1|
|8月3日|8/2||8月2日|8/2|
|8月4日|8/3||8月3日|8/3|
|8月5日|8/4||8月4日|8/4|
|8月6日|8/5||8月5日|8/5|
|8月7日|8/6||8月6日|8/6|
|8月8日|8/7||8月7日|8/7|
|8月9日|8/8||8月8日|8/8|
|8月10日|8/9||8月9日|8/9|
|8月11日|8/10||8月10日|8/10|
|8月12日|8/11||8月11日|8/11|
|8月13日|8/12||8月12日|8/12|
|8月14日|8/13||8月13日|8/13|
|8月15日|8/14||8月14日|8/14|
|8月16日|8/15||8月15日|8/15|
|8月17日|8/16||8月16日|8/16|
|8月18日|8/17||8月17日|8/17|
|8月19日|8/18||8月18日|8/18|
|8月20日|8/19||8月19日|8/19|
|8月21日|8/20||8月20日|8/20|
|8月22日|8/21||8月21日|8/21|
|8月23日|8/22||8月22日|8/22|
|8月24日|8/23||8月23日|8/23|
|8月25日|8/24||8月24日|8/24|
|8月26日|8/25||8月25日|8/25|
|8月27日|8/26||8月26日|8/26|
|8月28日|8/27||8月27日|8/27|
|8月29日|8/28||8月28日|8/28|
|8月30日|8/29||8月29日|8/29|
|8月31日|8/30||8月30日|8/30|
|9月1日|8/31||8月31日|8/31|
|9月2日|9/1||9月1日|9/1|
|9月3日|9/2||9月2日|9/2|
|9月4日|9/3||9月3日|9/3|
|9月5日|9/4||9月4日|9/4|
|9月6日|9/5||9月5日|9/5|
|9月7日|9/6||9月6日|9/6|
|9月8日|9/7||9月7日|9/7|
|9月9日|9/8||9月8日|9/8|
|9月10日|9/9||9月9日|9/9|
|9月11日|9/10||9月10日|9/10|
|9月12日|9/11||9月11日|9/11|
|9月13日|9/12||9月12日|9/12|
|9月14日|9/13||9月13日|9/13|
|9月15日|9/14||9月14日|9/14|
|9月16日|9/15||9月15日|9/15|
|9月17日|9/16||9月16日|9/16|
|9月18日|9/17||9月17日|9/17|
|9月19日|9/18||9月18日|9/18|
|9月20日|9/19||9月19日|9/19|
|9月21日|9/20||9月20日|9/20|
|9月22日|9/21||9月21日|9/21|
|9月23日|9/22||9月22日|9/22|
|9月24日|9/23||9月23日|9/23|
|9月25日|9/24||9月24日|9/24|
|9月26日|9/25||9月25日|9/25|
|9月27日|9/26||9月26日|9/26|
|9月28日|9/27||9月27日|9/27|
|9月29日|9/28||9月28日|9/28|
|9月30日|9/29||9月29日|9/29|
|10月1日|9/30||9月30日|9/30|
|10月2日|9/31||10月1日|9/31|
|10月3日|10/1||10月2日|10/1|
|10月4日|10/2||10月3日|10/2|
|10月5日|10/3||10月4日|10/3|
|10月6日|10/4||10月5日|10/4|
|10月7日|10/5||10月6日|10/5|
|10月8日|10/6||10月7日|10/6|
|10月9日|10/7||10月8日|10/7|
|10月10日|10/8||10月9日|10/8|
|10月11日|10/9||10月10日|10/9|
|10月12日|10/10||10月11日|10/10|
|10月13日|10/11||10月12日|10/11|
|10月14日|10/12||10月13日|10/12|
|10月15日|10/13||10月14日|10/13|
|10月16日|10/14||10月15日|10/14|
|10月17日|10/15||10月16日|10/15|
|10月18日|10/16||10月17日|10/16|
|10月19日|10/17||10月18日|10/17|
|10月20日|10/18||10月19日|10/18|
|10月21日|10/19||10月20日|10/19|
|10月22日|10/20||10月21日|10/20|
|10月23日|10/21||10月22日|10/21|
|10月24日|10/22||10月23日|10/22|
|10月25日|10/23||10月24日|10/23|
|10月26日|10/24||10月25日|10/24|
|10月27日|10/25||10月26日|10/25|
|10月28日|10/26||10月27日|10/26|
|10月29日|10/27||10月28日|10/27|
|10月30日|10/28||10月29日|10/28|
|10月31日|10/29||10月30日|10/29|
|11月1日|10/30||10月31日|10/30|
|11月2日|11/1||11月1日|11/1|
|11月3日|11/2||11月2日|11/2|
|11月4日|11/3||11月3日|11/3|
|11月5日|11/4||11月4日|11/4|
|11月6日|11/5||11月5日|11/5|
|11月7日|11/6||11月6日|11/6|
|11月8日|11/7||11月7日|11/7|
|11月9日|11/8||11月8日|11/8|
|11月10日|11/9||11月9日|11/9|
|11月11日|11/10||11月10日|11/10|
|11月12日|11/11||11月11日|11/11|
|11月13日|11/12||11月12日|11/12|
|11月14日|11/13||11月13日|11/13|
|11月15日|11/14||11月14日|11/14|
|11月16日|11/15||11月15日|11/15|
|11月17日|11/16||11月16日|11/16|
|11月18日|11/17||11月17日|11/17|
|11月19日|11/18||11月18日|11/18|
|11月20日|11/19||11月19日|11/19|
|11月21日|11/20||11月20日|11/20|
|11月22日|11/21||11月21日|11/21|
|11月23日|11/22||11月22日|11/22|
|11月24日|11/23||11月23日|11/23|
|11月25日|11/24||11月24日|11/24|
|11月26日|11/25||11月25日|11/25|
|11月27日|11/26||11月26日|11/26|
|11月28日|11/27||11月27日|11/27|
|11月29日|11/28||11月28日|11/28|
|11月30日|11/29||11月29日|11/29|
|12月1日|11/30||11月30日|11/30|
|12月2日|12/1||12月1日|12/1|
|12月3日|12/2||12月2日|12/2|
|12月4日|12/3||12月3日|12/3|
|12月5日|12/4||12月4日|12/4|
|12月6日|12/5||12月5日|12/5|
|12月7日|12/6||12月6日|12/6|
|12月8日|12/7||12月7日|12/7|
|12月9日|12/8||12月8日|12/8|
|12月10日|12/9||12月9日|12/9|
|12月11日|12/10||12月10日|12/10|
|12月12日|12/11||12月11日|12/11|
|12月13日|12/12||12月12日|12/12|
|12月14日|12/13||12月13日|12/13|

imulsalt
/ [歳時記]年度
[レベル]4
rd;/
24
[文化]
イムル暦における年度のこと。グレゴリオ暦でいう1月1日ごろから始まる。日本の年度の場合4月1日から始まる。

imyubel
/ [料理]珍味
[レベル]4
21

ina
/ [建築]かなめ、要
[レベル]4
tm;i(目)/na(心)「心の目=心の中心=物事の中心」
23

inea
/ [人名]イネア
[組み数字]5/15
[レベル]4
kako:古「精霊」
[文化]
メテの第5使徒。

ininolan
/ [生物]ケジラミ
[レベル]4
19

inj
/ [生物]瞳、瞳孔
[レベル]4
14:制:in

injelwasp
/ [被服]7分袖、七分袖
[レベル]4
rd;/
24

injelyolo
/ [被服]七分丈
[レベル]4
rd;/
24

injinal
/ [名詞]転生先
[レベル]4
20:melidia xier

insa
/ [地球の国名]中国、中華人民共和国
[レベル]4
制:古:insaal

insabel
/ [ユマナ][料理]中華料理
[レベル]4
19

insaetek
/ [ユマナ]中国茶
[レベル]4
23

insahac
/ [ユマナ]漢字
[レベル]4
19:中国の字

insail
/ [ユマナ]アジア
[レベル]4
19:insaal

insani
/ [医療]眼精疲労
[レベル]4
19

insemil
/ [名詞]自己中なバカ女、主観的なバカ女、生意気な女
[レベル]4
22:「アタシの目」
[文化]
日本でいうと発言小町などで見るような馬鹿女のこと。「お前は何を言ってるんだ?」に相応しい連中のこと。転じて「なぜ一番じゃなければいけないのでしょうか?」とか「ウーマンリブ」とか「レディースデー」とか理屈に合わないことを平気でほざく生意気なスイーツも指す。どこの世界の投資家が好んで二番手の技術に投資するよ。
【成句】
den ev insemil aseel moel veil kad sil vern. 雌鳥がなくと国が傾く。バカ女を政治に絡ませると国が滅ぶ。

insi
/ [地学]瑪瑙、めのう、メノウ、アゲート
[レベル]4
16:制
[文化]
エレノイの魔石。

insmepi
/ [生物]水晶体
[レベル]4
19

insreiar
/ [美容]アイライナー
[レベル]4
21

inthac
/ [文字]点字
rd:ryuu;/
[レベル]4
23
[文化]
リュウが障害者用にrdで発明したが、社会に普及したのはvl後期になってから。

<ネットユーザーによる設定>

地球では最初にブライユが点字を発明し、
後に指点字という盲聾者向けの通信手段が開発されたが、
アトラスにおいてはその順序は逆であった。

指点字は、とある夫人が息子の為に開発した物が広まった物だ。
その夫人の息子がある日自己に遭い、視覚と聴覚を失った。
息子は事故以前、小説を読むのが大好きだったが、
資格がない為文字を読めず、聴力がない為読み聞かせることもできなかった。

そこで夫人は、以前より盲聾者が互いに会話をする為に、
右手で相手の左手に文字を一字ずつ書いて、互いに会話をしているという
手段を聞き、それをやってみた。
おかげで息子との意思疎通が可能となり、小説も書いて伝える事が出来た。

しかし困ったことが起きた。
息子が嬉しがって小説をよく催促してくるようになったが、
そのせいでやがて他の家事の時間を削るようになってしまった。
この方法では一字一字書くのに時間がかかり、
手も良く動かすので疲れてしまう、しかし息子の笑顔はくもらせたくない、
もう少し早く通信出来れば…、

そう考えていてふと手を見ると、
母音の数と指の数がちょうど同じだという事に気付いた。
そうだ!これで文字を書く代わりに早く通信出来ないだろうか!?

夫人はその後、母音は指一本、子音は二本以上の指の組み合わせで、
!は最後の文字を売った指を素早く手前に引いて、
?はその指を円を描くように撫でる事で表現する、という方法を開発。

これによって小説を伝える速度は飛躍的に進歩した。
息子はこの指の動きを、まるで指がタップダンスしているみたいだと
表現した。
以来この通信手段は『踊る指』と呼ばれている。

点字はその後、リュウがその『踊る指』の情報を聞き、
それを盲人の為の文字として応用できないかと考えて作られたものだ。

それ以前は文字を浮き彫りにしたり、あるいは朗読での
伝える方法はあったが、どちらも不便な点があり、
改善が求められていた。
リュウ氏はそこで、たった五本の指で通信できる『踊る指』を
五つの点に変換すれば、浮き彫りよりも簡単に、
読むことも、あるいは盲人自身が書くことも楽にできると考えた。

そこで最初は単純に五つの点を、
(親指が一番上、小指が一番下の点となる)縦に五つ並べた点字を考案した。
しかしこれでは読み間違えが多発した。

そこで考えた挙句、親指の点と小指の点を『コ』の字に曲げた
五点の点字を考案し、
その後その空いたスペースにもう一個点を加えた、
六点の点字を考案。
世界へ広がることとなった。

<『踊る指』>

指はそれぞれ、『親指=親』『人差し指=人』『中指=中』『薬指=薬』『小指=小』
と表記しますね、

母音…親指から順に一本の指で表す。

a⇒親、i⇒人、o⇒中、e⇒薬、u⇒小


子音は二本以上の指で表す。

一段目…隣り合った指を二本ずつ、
t⇒親人、k⇒中薬、x⇒薬小、s⇒人中

二段目…一指開けて二本ずつ
n⇒親中、v⇒人薬、f⇒中薬小、m⇒親小
(fが三本指なのはやってみればわかると思いますが、
中指と小指を下ろそうとすると薬指もついて来るせい、
このような薬指の為の回避策は以降も出現、)

三段目前半…連続した三本指、
三段目後半…二指開けて二本の指
d⇒親人中、g⇒人中薬、p⇒親薬、b⇒人小

四段目…その他の無理のない三本指の組み合わせ
h⇒親薬小、y⇒親人薬、c⇒人薬小、r⇒人親小

五段目…四本指の組み合わせ
z⇒親人中薬、j⇒人中薬小、w⇒親中薬小、l⇒親人薬小

数符…五本指全部を下ろしてから、
0⇒m、1⇒a、2⇒i、3⇒o、4⇒e、5⇒u、6⇒t、7⇒x、8⇒s、9⇒k

点字は上記の『踊る指』を参考に、
親指⇒1点、人差し指⇒4点、中指⇒5点、薬指⇒6点、小指⇒3点
で表す。
残った2点は他の文字との区別の為に書いたり書かなかったりする。
無くても問題はないが見た目上必要な場合は打つ。

点字は日本語の点字で同じ形の点字を指示します。


母音
a⇒『あ』、i⇒『お』、o⇒『ー』、e⇒『?』、u⇒『ゐ』

子音

一段目
t⇒『え』、k⇒『る』、x⇒該当なし、2,3,6点、s⇒『ん』

2段目
n⇒『た』(本来は『り』)、v⇒『こ』、f⇒該当なし、2,3,5,6点、m⇒『に』

3段目
d⇒『ち』(本来は『れ』)、g⇒『そ』、p⇒『か』、b⇒『や』

四段目
h⇒『は』、y⇒『く』、c⇒『ゆ』、r⇒『ぬ』

五段目
z⇒『す』、j⇒『数符』、w⇒『ま』、l⇒『ふ』

その他
数符⇒『め』
!⇒『ね』、?⇒『み』、
" , "⇒『アポストロフィ』、" . "⇒『な』
intka
/ [数学]座標
[類義語]xalka
[レベル]4
14:制:点の存在する場所

invilet
/ [丁寧]視覚障害者、盲人
[レベル]4
rd/;
23

inx
/ [サール]インシュ
[普通動名詞]近親相姦
[動詞]yulと近親相姦する、近親相姦する
[レベル]4
mel:古
[文化]
・神

右半身が兄で左半身が妹というサール。サール界にiinaという妹とnaxという兄がいた。兄弟は2人仲良く過ごしていたが、あるときイーナがナッシュを誘惑して姦淫する。ラヴァスの時代には近親相姦は神の霊力を弱めるとされていたので禁止されており、それを見咎めたエルトに2人は切り殺されてしまう。しかしイーナのかけた呪いによって切り落とされた2人の半身は1つとなる。

・近親相姦

アルバザードでも禁止されており、一般のアルバザード人も気持ち悪いと嫌悪する。

・ヴィード

近親相姦すると一般に子供のヴィードは弱まる。ユーマの一族はこれを繰り返したため、時代を経るごとに力が弱くなっていった。
原則として弱くなるが、ごく稀に逆にヴィードが強くなるケースがある。その場合の強まり方は尋常ではなく、たびたび社会を変えるような力を持った人材が生まれる。rdの使徒、ヴェレイのミロクなどがそうである。
山間の小さな村は都会に比べ遺伝子が濃いため、奇形に至らなくとも容姿の醜いものが多い。しかし逆にそのような土地にこそ稀にびっくりするほど美しい少女が生まれることがある。ヴィードに関してもこれと同じである。

iowil
/ [医療]両性愛、バイセクシャル、両刀
[レベル]4
rd;iohim/wil
23

ipka
/ [生物]会陰
[レベル]4
16:制:ipk

ipsen
/ [エルト]イプセン
[レベル]4
fv;ip
ridia:古:古ipsen(桃の花)から
[文化]
桃と寿命を支配するエルト。

ira
/ [化学]良導体
[レベル]4
13

iskmal
/ [電算]ROM
[レベル]4
19

islier
/ [歳時記]春、桃春(とうしゅん)、イスリエール。麗らかな春
[形容詞]春の
[人名]イスリエール
[アクセント]isliEr
[レベル]4
20:ipsen/axte。lt
[語法]
diaxer

ismra
/ [名詞]分家
[反意語]axnra
[レベル]4
rd;/
23

isp
/ [名詞]施設
[レベル]4
13:制:語源不詳

ispel
/ [名詞]六角形
[生物]亀の甲羅、亀甲
[レベル]4
古:語源不祥。despaあたりと関連?

ista
/ [経済]質、質草
[レベル]4
16:制:ist

istaate
/ [名詞]質屋
[レベル]4
21

istark
/ [宗教]教皇、ポープ、イスターク
[レベル]4
20:ist mirok(神の代理)
[文化]
ある宗教の中で最も偉い人物。ただしアリスカンテとアルティスでは法王がさらに上。

istfasa
/ [企業]イスト・ファサ
[レベル]4
21:もう旅路で寒空の下マントを羽織って寝ないでいいですよという意味から
[文化]
JTB、HISに相当する企業。

istir
/ [名詞]女王、女帝
[反意語]daiz
[アクセント]istIr
[レベル]4
20:kist(芝、代理)→ist(頭子音脱落)→isti(istと区別)→istir(アクセント移動のためr追加)。王位継承権は男性にあったが、適切なものがいない場合は女王が立ったため、このように呼ばれた。

istolnim
/ [名詞]象徴色、シンボルカラー
[レベル]4
22
[文化]
アルバザードは赤。ルティアは青。アルティアは緑。メティオは黄。

ita
/ [名詞]会、会合、集会
[類義語]pofok、axe
[レベル]4
13:制:古:ite(会う)
[語法]
axe

ivalfel
/ [医療]医学、医療学
[名詞]医学。教科名。
[レベル]4
rd
22
[語法]
ival
[文化]
felpant

ivalvinx
/ [医療][法律]健康保険、医療保険
[レベル]4
21
[文化]
→ival
国民皆保険制度があり、所得に応じた額で医療保険が受けられる。自己負担率は3割である。

ivneriv
/ [医療]低血圧
[レベル]4
19

ivnkad
/ [政治]小国、弱小国、第三国、発展途上国、後進国
[レベル]4
19

ivnsapn
/ [気象]低気圧
[レベル]4
19

ixtakart
/ [電算]ビデオカード、グラフィックボード、グラフィックスボード、グラフィックカード、グラフィックスカード
[レベル]4
19

ixtasia
/ [生物]網膜
[レベル]4
19

izem
/ [政治]朝廷、朝
[レベル]4
zg;izmiyu(革命).k
23

izm
/ [政治]革命、革新
[動詞]yul(旧状態)をa(新状態)に革命する、革命する
[レベル]4
13:制:古:izmiyu
izmiyu:izmiyu
【用例】
mirok izmat atolas. ミロクはアトラスを革命した。
tu et yet alka xel parman en xakles parm et moa vern taik fia sil vein kolset izm yunen mirokizm da. luus en xakl sil lamiti kalt yuv vix? 一番問題なのは日本人がこの国が既に崩壊していることに気付かず、世界がミロク革命のような革命で良くなることにすら気付いていない点だ。痛い目見るまで革命の大事さに気付かないのか?

izman
/ [政治]革命家
[レベル]4
19:リディアの書

jagi
/ [動物]クラゲ、海月
[レベル]4
15:制:古:jageszamo(どろどろした傘状のもの)が原義。

jamyai
/ [医療]胸痛
[レベル]4
22

janalp
/ [名詞]航空郵便、航空便、エアメール
[レベル]4
23:「空の郵便」

jangana
/ [軍事]領空
[レベル]4
19

jangand
/ [交通][法律]ハイジャック
[レベル]4
vl;/
23

janke
/ [名詞]航空
[レベル]4
23

jas
/ [名詞]葉巻、シガー
[レベル]4
13:制:jaxyas(太いたばこ)。葉巻は紙を使わずにタバコの葉を堅く太く巻いたものであることから。
[文化]
革命中は麻薬と同じで違法。

jaxloxfaiz
/ [医療]盲腸炎
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

jeks
/ [名詞]不吉な方向
[反意語]aljeks
[レベル]4
古:jeks。jeは恐らく「未だ」。ksの部分は不明。ただ、sで終わるので元は動詞の可能性が高い。
[語法][文化]
カーデにおいて不吉な方向を指す。

jenti
/ [地球の国名]イタリア
[レベル]4


jentporklakan
/ [気象]天気予報士
[レベル]4
22

jetkon
/ [名詞]案内板
[類義語]alzam
[レベル]4
20

jiigvier
/ [名詞]緘口令
[レベル]4
22

jikika
/ [名詞]そり場
[レベル]4
19
【用例】
var xier, axoka ev jikika. 冬は遊園地に雪ぞり場が開設される。

jilet
/ [形容詞]ファンキーな、イケイケな、ウテウテな
[レベル]4
rd;jiil/te「ジールのような」
23:mel/ridia:↑
[語法]
ノリノリでテンションが高く、飄々としていてふざけているような感じの人物に使う。正常なのかキチガイなのか境界が分かりにくい。『パイレーツ・オブ・カビリアン』のジャック=スパロウや『池袋ウエストゲートパーク』の安藤崇のようなキャラのこと。

jimn
/ [人名]ジムン
[組み数字]11/16
[レベル]4
meltia 45:ardu/esta;e

[文化]
esta
エスタの第11子。男。

jindia
/ [地名]ジンディア山脈
[レベル]4
cv;jinti/wal
21
[文化]
西アルカットをほぼ縦断する長く低い山脈。天の龍ジンティが空で寝ているように見えることからこの名が付けられた。標高は高いところでも3〜4000メルフィで、平均は1000メルフィ前後と低い。しかし高低差が大きく平坦な土地が少ない。岩山で、緑も少ない。食事を必要としないタイプの野生の魔物にとっては天敵がおらず理想的であるため、かえって魔物が多い。農耕・牧畜・定住いずれにも適さない。そのため自然の国境線として機能している。ヒュートとイネアート、ヒュートとケートイア、ファルファニアとアルバザードの国境線はおおむねこの山脈である。
基地も観測所も村も置きづらく、麓に申し訳程度にある程度である。これが仇となり、vernsaalではvelxionの飛空挺の空路として利用された。魔族からすれば、ここを通れば進軍中に襲撃される頻度が減る。人里すらろくにない辺鄙な山間にそんなにたくさんの部隊を配置できるはずもなく、街を優先的に守らざるをえないため、連合はジンディア経由で飛空挺の侵入を許してしまう。このため、velxionから離れたアルバザードでも被害を恒常的に受け続けた。

jint
/ [名詞]垂直、鉛直
[類義語]has
[反意語]akom
[レベル]4
rd;jina/tuuno「天と地」
24

jinti
/ [サール]ジンティ
[レベル]4
古:jinatikno(空の竜)から
[文化]
アルデスとテュアの長男。天の龍。fretisと人型を使い分ける。

jintivaan
/ [軍事]空軍
[レベル]4
19:天の龍ジンティの軍

jivellang
/ [政治]参政権、選挙権
[レベル]4
19
[文化]
革命で廃止。

jiveloz
/ [政治]選挙制度
[レベル]4
19

jivelpol
/ [政治]選挙区
[レベル]4
19

jizolan
/ [音楽]ギタリスト
[レベル]4
21

jons
/ [政治]封建、封建制度、封建制
[レベル]4
rd;↓
13:制:jon(恵む)から

kaambix
/ [生物]頬髭
[レベル]4
22

kaanmilx
/ [俗語]母子家庭、ボッシー
[類義語]mikaan、mikaanra
[レベル]4
rd;/
23

kadanlagel
/ [政治]国民主権
[レベル]4
19
[文化]
ランティスの即位後にできたが、絶対王政の色が強く残っているため、形骸的であった。
ミナレットの台頭から、徐々に本来の意味を得ていく。

kadanstas
/ [法律]国民解職、リコール
[レベル]4
19

kadivalvinx
/ [医療][法律]国民皆保険
[レベル]4
21
[文化]
ivalvinx

kadlagel
/ [政治]国家権力
[レベル]4
19

kadmyukale
/ [宗教]国教
[レベル]4
rd;/
24
[文化]
kkでアゼリアがアリスカンテを国教として定めたのが始まり。その後ndで人類が魔法を失ったことでアリスカンテは形骸化する。rtで政教分離の観点からアリスカンテが国教から外れ、アルティス教も国教でないままだった。しかしvlの旧革命でミロクがアルティス教を国教とする。以後アルバザードではアルティス教が国教となっているが、国民が全員アルティス教徒というわけではない。丁信仰などを信じるものもいる。

kadtiia
/ [名詞]愛国心
[レベル]4
22
【用例】
"fok, non aluut aaj fan lantist mil luus kalma si kadtiia. 「それと、愛国心を持たれては困るから、必ず混血児を選ぶことにしたわ。

kadtiian
/ [名詞]愛国者
[レベル]4
22

kadxiam
/ [経済]国債
[レベル]4
19

kaez
/ [動物]オットセイ
[レベル]4
13:制:恣意

kafiltas
/ [名詞]模試、模擬試験、模擬テスト
[レベル]4
rd;/
23

kaila
/ [魔物]カイラ(巨鬼):第三十二天:土の巨天
[レベル]4
古:kailantis(大きい人)
[文化]
人型の巨大なアデル。棍棒を振り回し、怪力を持つ。知能は低く、言語は解さない。
【成句】
fian toe kaila. 窮鼠猫をかむ。

kaimzio
/ [名詞]象牙、アイボリー
[地球の国名]コートジボワール
[レベル]4
19

kaitimoe
/ [美容]トリートメント
[レベル]4
vl;/
23にセレンが造語したがその後リディアの辞書を見たら同じ語形で既に登録済みだった。
[文化]
リンスと同じ効果があるが、毛髪の内部にまで、タンパク質成分が浸透できるので、ダメージ部分に栄養を補給する事ができる。

kaiz
/ [音楽]ディスコ。ホールのほう。
[レベル]4
21:kai/ez

kaka
/ [電算]スロット
[レベル]4
19:kaki。kakiと同形にしなかったのは、パソコンにもヒビが入るので、kakiにすると故障のヒビと区別がつかなくなるため。

kala(2)
/ [植物]ハギ、萩
[レベル]4
rd;alt
22

kalasl
/ [化学]弱酸性
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

kaldilf
/ [化学]弱アルカリ性、弱塩基
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

kaldiret
/ [法律]軽犯罪
[レベル]4
20:19:ridia:arbaxelt

kaleeze
/ [建築]東屋、休憩所、カレーゼ
[レベル]4
20:kaileeze(大傘)
[文化]
東屋のように休めるところ。屋根があって、その下にベンチがあり、日かげで休むことができる。この屋根を傘に見立てた命名。

kalenfalxe
/ [名詞]カレンの恋人
[料理]カレンファルシェ、琥珀羹、琥珀糖、琥珀菓子、錦玉
[レベル]4
21:ridia
[文化]
smのカレンに住む少女とカテージュに住む少年の悲恋の話。双方の親が仲が悪く、二人の結婚を認めなかったために、二人は駆け落ち。双方の親が相手側の子供に刺客を放ち、追われた彼らは最終的にカレンの隠れ家に自ら火をつけ自害。ここからカレンの訳語が「火憐」となっている。
また、同時にカレン県発祥のお菓子の名産品でもあり、琥珀羹のことである。smで作られた。

kalensia
/ [地名]カレンシア、カレンシア王国、幻凪国、幻凪
sm;kalen/sia「カレンの国」
[レベル]4
22
[文化]
1102 アルティアがアルバザード南部を支配。カレンシア王国が建国される。最大版図は北はワッカで東はカテージュ。アルティアを本国ないし宗主国と称し、アルティア王への忠誠を誓った。
1590 ベルガンドの猛攻によりカレンシアが弱体化。
1605 弱体化していたカレンシアにbgが猛攻をしかける。これによりカレンシアはアルバザードへ吸収される道を選択。カレンシアは亡国する。この時点でアルティア本国へ帰ったものもいれば、残ってアルバザード人となったものもいる。少数ながらベルガンド側に亡命したものもいる。

sm中期にできたアルティア人の国。アルバザード南部を征服し、最大版図は北はワッカで東はカテージュ。建国以降、凪紗はアルバザードの中央政府にも官僚を輩出し、アルバザード辺境部の領主なども務めた。もともとly, lsを継承して客観的把握をする言語だったarは主観的把握をする凪霧の影響を強く受け、主観的把握を取り入れるようになった。しかし根底には客観的把握があるため、アトラス初の二重把握という認知様式を獲得するに至る。
sm後期でarとltの勢力が強まるとカレンシアは領土を狭めていき、rdでは凪霧を解するアルバザード人は北部を中心に減っていった。
またsm後期の1473にはbgによってカテージュが陥落される。これによりカレンシアはアルバザードとの同盟を強めている。しかし結局国力の弱体化は避けられず、ついにはrd(1605)でアルバザードに吸収された。
国は滅んでも凪紗はむしろ時代を追うごとにアルバザード全土へ薄く広がっていった。現在ではアルバザード人は一般にltは学んでもaltは第二外国語でしかない。従ってaltで話されても理解できない国民が特に北部には多い。だがアルカがarから継承した二重把握はカレンシアの亡国後も失われず、現在でも生き続けている。

kalheim
/ [宗教]修道会、修道院
[レベル]4
zg
22

kalismam
/ [生物]微乳、ちっぱい、チッパイ、ちっぱいぱん、チッパイパン、ペチャパイ、ぺちゃぱい
[レベル]4
rd;/
24

kaliz
/ [地名]カリーズ、カリズ、カリーズ市、狭処市
[交通]カリーズ駅
[アクセント]kalIz
[レベル]4
22:「小さなところ」
[文化]
名前に反してカリーズ市は大きく、人口密度も高い。駅はジャンクションで、幻環線を始めとする国鉄や私鉄の線が走る。

kalkahi
/ [アトラスの国家]カルカヒ
[レベル]4
19:ridia:罪の処
[文化]
面積:734175.885734 km^2
メティオの罪人が島流しにあった島。アルティルでメティオの支配を逃れて独立。

kalkovel
/ [軍事][地学]カルコヴェル、筐堺、きょうかい
[レベル]4
20:kalte/kove/al(箱のような場所)
[文化]
1601 アシェット、トルバドールを結成。アルバザードはカレンシアと合わさり、カレンザード筐堺となる。この時点ではまだヴェルシオンとベルガンドは敗戦を宣言していない。アシェットはこれらの征服を目指すべく、予めラヴァにヴェルシオンを、クノンにベルガンドを宛てがい、ヴェルアンジェ筐堺とサントミュール筐堺を作る

rdでアシェットは悪魔と対抗するために人類をまとめようと活動した。その呼びかけに応えた連合国をtolvadorという。その意味は「全国」だが、残念ながらすべての国家が参加してはくれなかった。文明の遅れていた地域や悪魔との戦いが深刻でなかった国はわざわざ派兵する旨みがない。結果、midiit以南、farfania以南は参加していない。
アシェットはトルバドールの参加国を文化圏・経済圏の観点で28のグループに分けた。そのひとつひとつのグループをkalkovelという。そして使徒を一人ずつ宛てがい、保護責任者とした。テームスを倒した後も彼らは持ち場において要職に就いている。
ただし最初のうちは彼らはアルバザード住まいが多かったので、出張という形でkalkovelに赴くというのが実情で、遠方から権力を行使しているだにすぎなかった。セレンらがアルカディアへ去る前後には、徐々に使徒は赴任先に定住ないし長期滞在するようになっていた。
なお、vxとbgは確実に人類が征服するという強い意思を持って予めkalkovelに含まれている。そして実際その後人類が勝利し、トルバドールに編入されている。

arkantisの幼字の大文字部分が示すものは元は使徒の苗字であった。彼らは子供の頃は素性が知れないものが多く、苗字を持っていなかった。自分が王家の血筋だと知ってlutiaという苗字を得る者や、副リーダーだからという理由でvarsiilaという苗字を得る者など、パターンは様々であった。
アルシェの苗字は後に統治することになる国の名である。登場初期には付いていない場合がほとんどで、王族と発覚してから苗字を得るパターンが多い。
ソーンの苗字は個性に基づいて命名されたもので、元々苗字を持っていないか苗字を捨てさせられた子供の集まりだった。

kalkovelができると、使徒の苗字はkalkovelをも指すようになった。例えばクミールの苗字の字は、クミールの苗字という意味ではmeteと読むが、同時に国名としてはmetioであり、さらにkalkovelとしてはsonarianである。sonarianはmetioおよびその周辺国家である。
kalkovelは文化圏・経済圏ごとのまとまりでできているので、アシェットは経済の活性化のためにkalkovel内の通貨を統一し、小規模なユーロを作っていった。ユーロは国が多すぎて経済格差が激しい。28地区に分ければ文化差や経済格差はより狭まり、貿易の簡略化、労働力の流動性などが高まる。労働力の流動性が高まっても小さい面積なので、富める国の仕事が激減するリスクもユーロよりは低い。
この改革は結果的に成功し、悪魔との戦いで大きく落ち込んでいた経済活動は導入前より活性化した。さらにはこれが一部のkalkovel内で一部の商品についての関税撤廃などにも繋がった。

kalkovelは言ってみれば小規模な経済圏で、必ず1カ国以上の国からなる。lutiaのような強国はひとつでひとつのkalkovelを形成する。
幼字の苗字の部分はkalkovelという地域圏ないし国名を指すとともに、それぞれの地域の通貨を表す記号でもある。例えばlutiaの文字ならmianを指す。

幼字の苗字はアルバザードのように元々国を意味する字もあれば、valoのように使徒個人の性質によって造字されたものもある。その字自体は本来kalkovelとはなんら関係がないが、kalkovelの成立とともにそれぞれのkalkovelの名も表すようになっていった。もちろん使徒の苗字という読みも残っている。一字が複数の読みを持つ日本語と同じ原理である。

rd以降、国の増減や各国の国力の変化があったため、現代ではrd当時のkalkovelはそのままの形では残っていない。しかし国が滅んでも土地が動くわけではないため、地域圏や国名を示す字としてal以降も使われている。例えばリディアの苗字のlutiaは未だにルティア国かつルテティア筐堺を意味する。

・筐堺司

kalkovelの責任者はevanjel(筐堺司)という。白雪の槍をシンボルとして持っていたためである。

kalmam
/ [生物]貧乳、ひんぬー、ヒンヌー
[レベル]4
rd;/
24
【用例】
kalmam et ludix da! tu et tam da! 貧乳はステータスだ!希少価値だ!

kalmi
/ [名詞]レギュラーキャラ
[音楽]ドミナント
[レベル]4
19:kalma
[語法]
物語にレギュラーとして登場する人物。

kaloa
/ [組み数字]7/10
[哲学]素
[医療]肝
[歳時記]丁、ひのと
[レベル]4
rd;kaloa,szl
21
::la kaloa

kalontyua
/ [企業]カロン・テュア
[レベル]4
21
[文化]
ユニクロに相当する企業。

kalopit
/ [形容詞]種類が少ない
[反意語]dipit
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

kalxelian
/ [魔法]カルシェリアン
[レベル]4
20:kalxelieのカルミーユ
[文化]
異空間に置いたアイテムを出し入れする魔法。時魔法。時空魔法。カルシェリエは人だが、カルシェリアンは魔法。アティーリでは死神のように武器を空中から取り出すといった特殊能力を持つものがいる。これは魔法であって人間にも使うことができる。時魔法の一種で、時空を操る。

kalxelie
/ [魔法][ジョブ]刀隠、戸隠、トガクシ、とがくし、鞘、カルシェリエ
[魔法]カルシェリアン。この意味で使われることも
[レベル]4
20:kal/xelier
[文化]
自分の胎内に刀を仕舞う人のこと。神話におけるティーテルやエンナがこれに当たる。トガクシは常に女性で、女性器の想起と関連付けられる。
【成句】
[丁寧]yuut kalxelie ok nene 〜と性交する
ar kalxelie 戸隠しする

kalzaskuver
/ [名詞]流言飛語、流言蜚語
[類義語]fiemez
[レベル]4
22
[語法]
alのyumiklなどに見られる悪意のある嘘の悪口のこと。しばしば現実に沿わない嘘であり、基本的に悪口であっても本当のことならkalzaskuverとはふつう言わない。

kamitats
/ [名詞]理学部、理系
[レベル]4
22

kamitte
/ [形容詞]科学的な、科学の
[反意語]lusiatte
[レベル]4
rd;/
23

kamk
/ [名詞]寓話
[レベル]4
13:制:sad:kamku(動物話)

kamui
/ [ジョブ]神威、カムイ
[レベル]4
sm;alt→kalan
21
[文化]
kalan

kanamin
/ [魔法][哲学]邪神
[レベル]4
sm; 21
[文化]
hinata

kanata
/ [被服]袴、はかま
[類義語]nanako
[レベル]4
21:lusian:alt
【成句】
til vix poten kanata 脛に疵を持つ

kandial
/ [歴史]帝国、カンディアル
[レベル]4
20:ilkant/dia/al(皇帝の土地の物=皇帝の土地)

kankotan
/ [魔法][哲学]邪精
[レベル]4
sm; 21
[文化]
hinata

kanleizen
/ [魔法][哲学]悪霊
[レベル]4
sm; 21
[文化]
hinata

kanoi
/ [人名]カノイ
[経済]インフラストラクチャー、インフラ
[レベル]4
古:hanoiの古形
[文化]
初代開発省長官。イムル22年、カコで荒廃したアルバザードに上水道、下水道、トイレ、医療機関を設置。避妊具を無料配布。ベルフェに自然に湧く温泉にヒントを得、公衆浴場を設置した。

kantene
/ [名詞]伸びしろ
[レベル]4
22
【用例】
til kantene 伸びしろがある

kantgil
/ [政治]養育費
[レベル]4
20
[語法]
離婚した夫が妻側に払う養育費の意味と、単に子供のある家庭で父母が協力して子供を育てる場合の養育費の意味があり、どちらも同じ単語で示す。養育費という単語が出たからといって必ずしも離婚したというわけではない点に注意。
[文化]
別居をすると子供は夫の家に残る。妻は夫より稼ぎが少ないため、養育費を支払うことはない。妻の過失で別居になった場合は、養育費でなく慰謝料として妻ないし妻の親族から得る。

kanzerie
/ [ランドマーク][運動]武道館、カンゼリエ、カンゼリエ武道館
[レベル]4
kt;「神に届く山」
21:ridia
[文化]
vlでできた。vlのアルナオリンピックが契機となった。
その後ライブなどにも用いられるようになった。バンドにとって最終目標となる国内最大の会館である。

kap(2)
/ [人名]カップ
[組み数字]10/16
[レベル]4
meltia 44:ardu/esta;e

[文化]
esta
エスタの第10子。男。

kapn
/ [法律]条約
[レベル]4
13:制:kadpina(国家間の約束)

kard
/ [生物]目、類
[言語]語。特定の民族に使われる言語というレベル。lt, arなど、totorenに相当するレベル。これ以下が方言レベルとなる。
[レベル]4
rd;kad.k
22
[文化]
ruma

kardinal
/ [植物]diain
[ランドマーク]アルナ大学。校章からの異名。
[組み数字]1/9
[レベル]4
szl;kardina/al
21

kardinal(2)
/ [言語][文字]標準書体、標準幻字書体、カーディナル書体、カーディナル
[類義語]tina
[レベル]4
22:fledilans
[文化]
fledilans

karfan
/ [人名]カルファン
[組み数字]2/16
[レベル]4
meltia 36:ardu/esta;e

[文化]
esta
エスタの第2子。男。

karma
/ [エルト]不死鳥カルマ
[名詞]不死鳥、フェニックス
[レベル]4
古:ridia
[文化]
死なない鳥。エルトなのは空を飛ぶことから。

karmain
/ [植物]ハイビスカス
[レベル]4
19:「不死鳥の花」。南国で咲き、年中咲いていることから。

karmamileel
/ [アイテム]カルマミレール、不死鳥の羽、フェニックスの尾、世界樹の葉
[組み数字]2/12
[レベル]4
20:不死鳥カルマの羽
[文化]
天然物なので、開発されたものではない。不死鳥カルマが舞う際に落ちた羽。ヴィード死状態の人間を蘇生するアイテム。羽を死者の胸の上にかざすと、暖かいオレンジ色の光があふれ、羽が崩れて砂になり、死者が蘇る。レアアイテムで、通常は手に入らない。
【成句】
karmamileel iten siel 棚からぼたもち、濡手で粟
kon karmamileel 起死回生

kase
/ [形容詞]洗練された、粋な
[反意語]alkase
[レベル]4
19:kase:古kamasoたくさんした(学んだ)

kasho
/ [生物]肩甲骨
[レベル]4
16:制:形から
[文化]
ここが凝ると疲れる。膏肓があることからも、重要な部位とされる。

kaska
/ [地学]三角州
[レベル]4
19

kasvim
/ [生物]三角筋
[レベル]4
24<22

katalizno
/ [政治]貿易庁
[レベル]4
19:ridia:ilmus
[文化]
外務省下。貿易を管理する。

katar
/ [名詞]カタル
[シェルト]チェック、チェックの総称
[レベル]4

[語法]
ラシェットのメンバーのこと。第4期4代のカタルはランティス。

kavl
/ [経済]財政、財務、ファイナンシャル
[レベル]4
13:制:kadavl「国のための経済行為」の意

kavlarnon
/ [政治]財務省、大蔵省
[レベル]4
19:ilmus:ridia

kaxfillef
/ [運動]フルマラソン
[レベル]4
rd;/
23
[文化]
fillef

kaxudaizkolm
/ [政治]立憲君主制
[レベル]4
19

kaxulad
/ [政治]立法
[レベル]4
19

kaxuladka
/ [政治]立法府。国会のこと
[レベル]4
19

kaxuladlagel
/ [政治]立法権
[レベル]4
19

kaxulizno
/ [政治]法務庁
[レベル]4
19
[文化]
事務省下。法律を作り、事務省に提出する。事務省はそれを受け、副王の制定を受ける。副王は王の承認を得る。

kaxutipl
/ [政治][法律]違憲審査
[レベル]4
19

keadud
/ [生物]理想体重
[レベル]4
rd;/
23
[文化]
mainaja

keamel
/ [医療]回復期間
[レベル]4
19:ryuu

keaom
/ [医療]セラピー
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

keasorit
/ [生物]理想身長
[レベル]4
rd;/
23
[文化]
mainaja

keet
/ [格詞]〜を行き着く先として
[格詞]〜を子として
[反意語]emo
[レベル]4
21:古ke/古te
[語法]
emoの反対で、源から流れいでた先を示す。また、血脈でいえば子を指す。keet amavelで「アマヴェルを子として」という意味になる。すなわちryuu/paalを指す。
アルバザードは夫婦別姓なため、親をまとめて指す場合「田中家」のようには呼べないので、子の名にkeetを取って示す。
【用例】
elt hatiat saal keet yuuma. エルトはサールと恋に落ち、ユーマを設けた。
tu erke leev{ke} {keet} le erei. この大河はあの川へ流れている。

keete
/ [形容詞]暴君な、偉そうな、尊大な、わがままな、暴虐な、邪知暴虐な、邪智暴虐な
[名詞]暴君、タイラント、フンチュン、黄君、馬鹿王、バカ殿
[レベル]4
rd;keeto。rd時代のケート王が邪知暴虐であったことから。
24
[語法]
王だけでなく偉そうな夫など、一般人にも使える。暴君のように振る舞う人全般に使える。

keeten
/ [接続詞]keet
[レベル]4
21

keeto
/ [地名]ケート、荊京
[人名]ケートイア王
[レベル]4
tm;ker/to「森へ」。妙な語源に見えるだろうが、イスタンブールの諸説ある語源の中のeis stin poli(街へ)と同じような造語で、こういうものは自然言語にもちゃんと見られる。
古:keetoiaから
[文化]
ケートイアの首都。rdではセレンが時魔導師メルと出会った地。
【成句】
daiz keeto tis til sanje 盗人にも三分の理
lana vast daiz keeto ケート王を倒すために:大義名分を持って

keev
/ [物理]周波、周波数、振動数
[レベル]4
14:制:kakeev(同じ波)

kefon
/ [名詞]軌道
[類義語]akl
[レベル]4
21:ke/font

keindopm
/ [交通]往復切符
[レベル]4
20

keklmente
/ [名詞]出張ヘルス、デリヘル、デリ、ホテトル
[レベル]4
18
[文化]
富裕層に限られ、アルバザードにもある。アルバザードでは本番あり。

keksvent
/ [ユマナ]旅行代理店
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt
【用例】
an ket keksvent man an ke lax em alyu. フランスに行きたくなったので、旅行代理店にいってみた。

kemanver
/ [医療]FD、NUD、機能性胃腸症、機能性胃腸障害、慢性胃炎
[レベル]4
21:kem/anver
[文化]
vlでPC等の普及とともに蔓延した病気。vl初期はPCがそこまで原因だと社会が認知していなかった。自律神経失調症や鬱も併発する。
労働効率が悪すぎるとしてミロクが徹底的に作業環境を向上させた結果、電子ペーパーやアンセや音声認識などの技術がvl末期に発達した。
労働時間の短縮やワークシェアリングや格差社会の軽微な是正などにより、徐々にalに向かうに従ってFDは減少していった。

kempe
/ [天文]天文
[レベル]4
13:制:古:kenpe(星)
[文化]
ユーマの一族は神々の知識を得て、アトラスが球体であることや、星の運行がどうなっているかということを最初から知っていた。そのため天文学は地球よりも早く正確に確立された。逆に知識として始めから得ていたため、ストーンサークルのような天文関係の遺跡はかえって少ない。
学問としての天文学は神がレスティルで農耕を始めたころから社会上の運用として開始され、その後人間にも伝来した。アズゲルではレスティルを中心に各民族が高等な天文学の知識を持っていた。

ketinj
/ [地学]キャッツアイ、猫目
[レベル]4
19

ketn
/ [普通動名詞]移植
[動詞]yulをaに移植する、移植する
[電算]移植
[レベル]4
14:制:ketna

keton
/ [植物]マタタビ、またたび
[レベル]4
22:「猫の木」

ketrein
/ [数学]y軸→ink
[レベル]4
19

kevei
/ [ユマナ]南アメリカ大陸
[レベル]4


kh
/ [演繹音]クンカクンカ、クンカ、くんか、くんかくんか、くふーくふー、くふー
[類義語]sh
[レベル]4
rd:seren;haalvet
23
[語法]
物を勢い良く嗅ぐときの音。思い切り吸い込むのはsh。
【用例】
ridia! ridia! ridia! ridiaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaannnnnnnnn!!!!!!!!!!
aaaaaaaaa.......aaaa. aa...aaaggg!! ridia, ridia, ridiaaaaaaaaaaaaaaaaannnnnnnnnn!!!!!!!
aaaaa, kuh kuh! kuuh kuuh!! suh suh! suuh suuh!! aca ti et liito aa... son son.
ahaaa! an toan lax nia leje e ridia lutia liij fo kuuh kuuh aaa!!! kuuh kuuh! aaa!!!!
teo! an oj lax nia laat fo muf muf! mof mof, muuf muuf! nia, nia! muf muf! kyan kyan kyun!
ridia liij kaen ardia keno xelt e milf at ank tinka dac! aaaaaaa...aaaa...ap, aaaaaa! oooouuuuuuuugggg!
an na nau on ti sil nok a slax 5 t'avelantis, ridia liij! aaaaaa! ank, ank e! ridia liij! ank!!! ap, aaaaaa!!!
vei kalfia as at atm ento an na nau ati va--- teeeeeeeeeeeeeeeeeeee! teoooooooooooo!!! aaaaaaaaaaaaaarteeeeeeeeee!!!
haaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaizeeeeeeeeeeeeennnn! kalfia tis de fiana daaaaaaaaaa!!!!!! ap, an xaklik yul avelantis tan et........
RIDIA LIIJ et en fiana??????????????? teeeoooooooooooooooooo!!!!!! aaaaaaaaaaaaaaaaa!!!!!!
aaarteeeeeeeeeeeee! kleeeeeeeeeeeeeeveeeeeeeeeeeeeeeelllllll! aaaaaaaaaaaaaaaaaaannnn! aaaaaaaaarbazaaaaaaaaaaard!!!!
ocaaaaaaa! beo daaaaaa!!!!!! an leev! an leev van tuube fia tis-- to?? lu inor...? ridia liiz kaen olmaleis inor an xa!!!
ridia liiz kaen avelantis xookor a men da!!!! atta... tu fia des ges xa!! (xante
hwaaaaaaaaaaaaaaaa!!!!! an til ridia liiz!!!!! atta al an, mel! men so sen xed netal eu!
ou, ridia liiz kaen kalfiaaaaaaaaaaaaaaa! teooooooooooooooooooooooooo!
aaaaaaaa, aaaaaaag, ap, ap, liiza xanxaaaaaaaa! k...kmiiiiiiiirrrr! luxiaaaaaaaaaaaa!!!!!! miliaaaaaaaaa!!!!!!
u....uuuuuuuuuuuuooooooooooooo!!!!!!! der xiilas leyute fiina ti, ridia. alem ant, ti re luko sil ridia kaen arbazard!
リディア!リディア!リディア!リディアぁぁあああわぁああああああああああああああああああああああん!!!
あぁああああ…ああ…あっあっー!あぁああああああ!!!リディアリディアリディアぁああぁわぁああああ!!!
あぁクンカクンカ!クンカクンカ!スーハースーハー!スーハースーハー!いい匂いだなぁ…くんくん
んはぁっ!リディア=ルティアたんの亜麻色の髪をクンカクンカしたいお!クンカクンカ!あぁあ!!
間違えた!モフモフしたいお!モフモフ!モフモフ!髪髪モフモフ!カリカリモフモフ…きゅんきゅんきゅい!!
アルディアミルフの月のリディアたんかわいかったよぅ!!あぁぁああ…あああ…あっあぁああああ!!ふぁぁあああんんっ!!
アヴェランティス5面決まって良かったねリディアたん!あぁあああああ!かわいい!リディアたん!かわいい!あっああぁああ!
イラスト数枚も発売されて嬉し…いやぁああああああ!!!にゃああああああああん!!ぎゃああああああああ!!
ぐあああああああああああ!!!イラストなんて現実じゃない!!!!あ…アルディアもアヴェランティスもよく考えたら…
リ デ ィ ア ち ゃ ん は 現実 じ ゃ な い?にゃあああああああああああああん!!うぁああああああああああ!!
そんなぁああああああ!!いやぁぁぁあああああああああ!!はぁああああああん!!アルバザードぉおおおお!!
この!ちきしょー!やめてやる!!現実なんかやめ…て…え!?見…てる?表紙絵のリディアちゃんが僕を見てる?
表紙絵のリディアちゃんが僕を見てるぞ!リディアちゃんが僕を見てるぞ!挿絵のリディアちゃんが僕を見てるぞ!!
アヴェランティスのリディアちゃんが僕に話しかけてるぞ!!!よかった…世の中まだまだ捨てたモンじゃないんだねっ!
いやっほぉおおおおおおお!!!僕にはリディアちゃんがいる!!やったよメル!!ひとりでできるもん!!!
あ、イラストのリディアちゃああああああああああああああん!!いやぁあああああああああああああああ!!!!
あっあんああっああんあリーザ先生ぁあ!!ク、クミール!!ルシアぁああああああ!!!ミリアぁあああ!!
ううっうぅうう!!俺の想いよリディアへ届け!!アルバザードのリディアへ届け!
(『クンカクンカジェネレーター』)

kiina
/ [植物]サイプレス、糸杉
[レベル]4
sm;hy

kikx
/ [芸術]肖像画
[レベル]4
13:制:kikasxak(似た絵)
[文化]
写真よりも絵のほうが肖像画として真実を写していると考えられている。写真は一瞬の瞬間しか写さないのでたいてい変な顔をしており、顔の平均値を知るには写真よりも似顔絵のほうが適していると考えられる。なお、その理屈でいえば顔を知るには動画が一番ということになる。確かにそうだが、絵や写真と違って動くので落ち着いて鑑賞しづらいという欠点があり、絵に引けをとる。

kilkalzas
/ [アイテム]キルカルザス
[レベル]4
ridia:古
[文化]
ヴァストリアの1つ。リーネのもつ魔剣。キルセレスがカルザスに切りつけたときの刀。リーネはライバルのリュウとこの剣で居合いの勝負を行った。

kilpakn
/ [名詞]チラリズム
[レベル]4
21

kilrein
/ [武道]斬撃の線、刀剣の軌跡
[レベル]4
22

kilseles
/ [悪魔]キルセレス
[アクセント]kIlseles
[レベル]4
meltia 0:kilseles;kil/seles
古ryuu/fulmiia:フルミネアがリュウと『幻想話集アティーリ』の話が興じた際に2人で作った悪魔。kilは古のkiliで、「切る」の意味。selesはセレスのこと。即ち「魂を切り裂く者」の意。
[文化]
悪魔最強の剣士。ヴァルファントと戦って勝つが、ヴァルファントに与えられた傷が原因でカルザスに破れ、逃げ延びる。その後ティーテルの剣を狙うが、ティーテルは娘のエンナに剣を託し、エンナをアトラスに送り込んでしまう。あきらめたキルセレスはテームスの封印が解けるまで寝起きを繰り返すことにした。
非常に紳士的で、強いものをこよなく愛す。ただし、口数は少ない。低く響く声をしている。紳士的というのはフェアプレーを好むという意味。1対1での戦いを好み、勝負前には必ず傷ついた相手を回復してから勝負に挑む。
準惑星のエリスを司る。
【用例】
kilseles"saa, an kea van ti. son re vas an enzel" キルセレス「さぁ、回復してやろう。全力でかかってくるがよい」(『FF4』ルビカンテ)

kilstab
/ [動詞]yulを精査する、精査する
[普通動名詞]精査
[レベル]4
rd;/
23

kiltikno
/ [アイテム]キルティクノ
[レベル]4
ridia:古:kilitikno(ティクノを切る)
[文化]
ヴァストリアの1つ。リュウのもつ魔剣。悪魔キルセレスが竜王ティクノと戦ったとき、自慢の最速の太刀でティクノに切りつけた。ティクノは光が見えたと同時に切られていた。致命傷には至らなかったものの、負けを悟ったティクノは早々に逃げた。その剣が恐ろしいと瞬時に悟ったティクノは自分に剣が刺さったまま逃げた。そのおかげでティクノはその剣を手に入れることができた。その剣を調べてみると、どうやら居合い専用の剣のようだとわかった。しかも両刃でないので、刀と呼ぶにふさわしいものであった。ティクノはその刀を家宝にし、自らkiltiknoと呼んだ。ティクノはキルティクノを試してみたが、鞘がないので神速が発揮できない。鞘を臣下に作らせて見たが、にわか作りの鞘では到底太刀打ちできない。ティクノはキルセレスの鞘を欲した。しかし彼とはもう戦いたくない。そこで黙って家宝にしていた。rdになるとキルティクノはリュウの手に渡る。リュウはキルセレスを出し抜いて鞘を奪い、キルティクノの本領を発揮させる。リュウはライバルのリーネとこの剣で居合いの勝負を行った。

kiltoma
/ [動物]柴犬
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

kisklei
/ [名詞]伝記→kisk
[レベル]4
rd;/
24

kitnif
/ [言語]開始相
[レベル]4
20
[語法]
行為動詞の一端、事前段階の一端、外相の一端。
非単位動詞の左端点。
「〜しはじめる」という意味。

kittaxit
/ [物理]初速度
[レベル]4
19:スタート時の速度

klain
/ [植物]akleim
[組み数字]6/9
[レベル]4
f:saal;e
21

klakka
/ [名詞]放送局
[レベル]4
rt;/
23
[語法]
ラジオ局やテレビ局などのことをいう。規模は企業規模から学校の放送部まで幅広く使える。

klaksems
/ [名詞]放送部
[レベル]4
19
【用例】
klaksems fitat lem im harpnian siina. 昼休みに放送部員が音楽を流してくれた。

klandia
/ [魔法][丁寧][地学]ダイヤモンド、ダイヤモンド
[地名]クランディア。ミュールのvsまでの呼称。
[組み数字]2/10
[類義語]hord
[レベル]4
zg;klendia.k ミュールのvsまでの名から。ここで採れるものの質が良かったことから

klealiifa
/ [天文]星屑、星くず、ほしくず、スターダスト
[類義語]liifas
[レベル]4
20:粉のような星

kledia
/ [天文]太陽系外縁天体、クレディア
[レベル]4
20:kleetdia(クレートのゆりかご)海王星付近にあるため。

kleevelena
/ [気象]狐の嫁入り、天気雨、晴れなのに降る雨
[経済]押し目。上げ相場が一時的に下がることで、晴れなのに雨に喩えている。
[レベル]4
19:晴れなのに雨が降るということは、太陽神クレーヴェルが空で泣いているからに違いないという考えの元に。
【用例】
kleevelena at ar. 日が差しているのに雨が降っていた。

klej
/ [普通動名詞]創造、クリエイション
[動詞]yulを作る、作る、創る、創造する
[類義語]lad
[レベル]4
szd;kulul.l
23
kulul:kulul:klej

klement(2)
/ [アイテム]神弩クレメント、クレメント
[レベル]4
rd;klemen/te
24:ridia/seren:ルージュだけヴァストリアがないことがずっと問題視されていたが、24にカレンダー作成が契機となってルージュにもヴァストリアを設けようという話にようやくなり、セレンとリディアの協議により、弓と銃があるのに間のボウガンがないのはおかしいということになってボウガンをヴァストリアのラインナップに加えることとなった。
[文化]
ヴァストリアの1つ。ルージュのもつ神弩。

klespial
/ [音楽]効果音、サウンドエフェクト、SE
[レベル]4
20:kleslemからの類推

klevans
/ [魔法][哲学]五行説、五行、クレヴァンス
[レベル]4
szl;klevl/ans「五つのエレメント」
[文化]
zgでシージアに起こった魔法理論で、lukletiaの重要な概念。基本7属性のうちさらに基本となる水風土火雷の5属性を取り出して配列したもの。方位や季節や人体構造などと深く関わる。アルバザード(レスティル)もzgのシージア戦争を皮切りに、sm以降特に強く影響を受けている。
地球の五行説と比べると面白い。どちらも理論立ってできているものなので、かなり相同するはずである。特に内臓との関連などがそうである。また、夏が共通して南になっている点などは地理的な要因による。

  laivra : naaj : floa :belzen: saplis
   水 : 風 : 土 : 火 : 雷
方位 北   東  中央   南   西
季節 冬   春  変わり目 夏   秋
人体 体液  呼吸 肢体   脈   神経
臓器 腎   肝  脾     心   肺
器官 耳   目  口     舌   鼻
味  鹹   酸   甘    苦   辛
色  青   緑   茶   赤   黄   新緑の緑、紅葉の黄色、土色の茶

5行を男女に分け、さらに10段階に分類する。ちょうど十干に相当するのでそう訳すが、むろん十干とは別の概念である。男女は分類の一側面にすぎない。別の分類も示しておく。

男:女
陽:陰
動:静
黒魔法:白魔法
交感神経:副交感神経

この時代、むろん交感神経やリンパ液の医学的な存在など知らない。しかし経験的に知っていたのは地球と同じ。
人体で十干を作ると以下のようになる。

体液=リンパ液・津液:血  血が女になるのは分かりやすい。
呼吸=吸息:吐息  吐くと副交感神経が優先的になるため。
肢体=四肢:体幹  母体が幹になる。
脈=動脈:静脈   動脈のほうが陽なため。
神経=交換:副交感  副交感のほうが陰なため。

klevia
/ [植物]ゼラニウム
[レベル]4
20:ファベル語で「鶴の首」
[文化]
ファベル原産。インセンスとして好んで用いられる。rdではファーヴァのお気に入りで、ファーヴァを通じてリディアも好んだ。

klevlans
/ [名詞]使命、クレブランス、クレヴランス
[類義語]fas
[レベル]4
f;e
23:以前にあった語形を再利用。

klianxe
/ [アビリティ]クリアンシェ、ジャンプ、落下、急降下
[レベル]4
sr;rkで「雹」。雹がバラバラ落ちてくるように相手に向かって何度も落下していくことから。
23
[文化]
frelant

klim
/ [医療]臨床
[レベル]4
13:制:古:kliizima(クリスのとき)。クリスが5年に交通事故で車に撥ね飛ばされたとき及びその事件がkliimaで、そこから紆余曲折を経て臨床となった。この語は「クリスのときのように病院に運ばれて集中治療を受ける」という文で使われていた。その後、リュウが好意で助けた見ず知らずの少女を彼が親身に看病したときに「クリスのときのようにリュウはその少女を看病した」と言い表した。このとき、少女の容態を観察し治療するという実地的なところからkliizimaが臨床の意味を持つようになった。

kliv
/ [生物]生態
[レベル]4
13:制:古:kulivro

klivseim
/ [生物]生態系
[レベル]4
19

kliz
/ [普通動名詞]スピーチ、演説、講演
[動詞]yulを演説する、演説する、講演する
[レベル]4
13:制:alakta:kuliiz(小さく喋る)

klizka
/ [名詞]演説場、公演場、壇上
[レベル]4
rd;/
23

kloaka
/ [名詞]物語の舞台
[レベル]4
20

klotom
/ [牧畜]屠殺法
[レベル]4
22

knakparm
/ [ユマナ]カタカナ
[レベル]4
19:日本の字で、カクカクしている

koblin
/ [物理]立体視
[レベル]4
23
[語法]
平行法と交差法がある。

koblpamo
/ [数学]空間図形
[レベル]4
19

kog
/ [名詞]錫、スズ
[レベル]4
meltia 9:gilius;kokko/gi
古:ryuu:kokkogiから。kokko(ともに)、gi(金属)で、「くっついていく金属」の意。ほかの金属との合金に使われたことから。制では4対の中に消え去った。

koglil
/ [化学]錫→kog
[レベル]4
19

kohaffran
/ [数学]一次関数
[レベル]4
19

koi
/ [動詞]yulをiからlex{a}だと同定する、同定する
[普通動名詞]同定、アイデンティファイ
[反意語]tai
[レベル]4
21:古ko(内、同じ)/i(見る)

koj
/ [被服]ミトン
[レベル]4
13:制:kojisab(親指の服)
【用例】
non leinat koj. ミトンを手に嵌めた。

kokapa
/ [数学]等号
[レベル]4
19

kokfo
/ [言語]同音異義語
[レベル]4
19

kokhars
/ [言語]同字異語、同字異義語、同綴異義語
[レベル]4
19

kokmyut
/ [名詞]等間隔
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

koksan
/ [数学]等式
[レベル]4
19

koksems
/ [名詞]同じ部活やサークルの仲間
[レベル]4
19:melidia axte

koksoritrein
/ [地学]等高線
[レベル]4
19

koktab
/ [普通動名詞]照合、同一照合、アイデンティフィケーション
[動詞]yulがlex{a}と同一かどうか照合する、照合する
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt
[語法]
daztab

koktaxitov
/ [物理]等速度運動
[レベル]4
19

kokwil
/ [医療]同性愛、ホモ、ホモセクシャル、レズ、ゲイ
[類義語]test、testeel
[反意語]kootwil
[レベル]4
rd;kokhim/wil
23

kolfpial
/ [言語]擬音
[レベル]4
21:帰納音がkolfpialだとこれがpialpialになってしまうのでkolfvetだった。
[語法]
fovet

kolfvet
/ [言語]帰納音
[レベル]4
21:直訳は帰納語
[語法]
fovet

kolfxiv
/ [言語]擬声
[レベル]4
21
[語法]
fovet

koliifa
/ [天文]一等星
[レベル]4
rd;/
24
[文化]
等級を数値で表すのは神代からの習慣だが、6等星より暗い星を観測できるようになったのはrdで魔動望遠鏡ができてから。魔動望遠鏡が契機となり、より細かい等級が作られるようになった。数値は小さいほど明るく、0を超えるとマイナスになる。マイナスのほうが明るい。例えば火星はtifviliifa(マイナス三等星)になる。

kolmgalena
/ [医療]支配欲
[レベル]4
vl;/
23

kolmlang
/ [政治]統治権
[レベル]4
19

koln
/ [釣り]リール
[レベル]4
13:制:kool

koltova
/ [アトラスの国家]コルトヴァ
[アクセント]koltovA
[レベル]4
23:ridia

koma
/ [数学]比例、正比例
[動詞]yulをaに比例させる、比例する
[副詞]比例して
[レベル]4
古:komaないしkooma(比例)。koomaが本来的だが、犬のコーマと間違えるのでkomaが多かった。kokkoとkamaからきている。つまり「共に増える」の意。

komintikoamir
/ [法律]一夫一妻、一夫一婦、一夫一妻制、一夫一婦制
[レベル]4
rd;/
24
[文化]
アルバザードでは神代においては女性は魔導師としての地位が高く、男尊女卑の傾向はなかった。このころは一夫一婦制が一般的であった。しかし有力なものが複数の妻や夫と結婚することはあった。smになり魔力の衰退とともに貴族社会が発達して女性が家の奥に閉じ込められると、有力な男性が複数の女性を妻とすることがあり、一夫多妻制になったが、それは一部の話であった。なお、smでは通常一妻多夫制は社会通念上はしたないとして見られなかった。この傾向はrtまで続いたが、vlになるにつれて男女平等の名の下に一夫一婦制が明文化され、ljに至る。

komintivoasamir
/ [法律]一妻多夫、一妻多夫制
[レベル]4
rd;/
24
[文化]
komintikoamir

komok
/ [音楽]二分休符
[レベル]4
19
[文化]
→for

konim
/ [名詞][形容詞]モノカラー、単色
[名詞]白黒、モノクロ、1C
[レベル]4
rd;/
24
[語法]
通常単色だと墨を使うのでモノクロの意味として使う。白黒でない場合例えば白緑などの場合は「単色で色は緑」のような言い方をする。無標が黒というだけである。

konk
/ [動詞]yul(内容)をa(相手)に啓発する、啓発する
[普通動名詞]啓発
[レベル]4
13:制:konsanku(専門家が言う)
[語法]
kuと同じ格組。

konlil
/ [化学]ラドン
[レベル]4
18:制

konsame
/ [言語]具格、道具格
[類義語]oksame
[レベル]4
20

konsvet
/ [言語]術語、専門用語、業界用語、ジャーゴン
[レベル]4
rd;/
23

koolel
/ [人名]コーレル
[組み数字]13/16
[レベル]4
meltia 47:ardu/esta;e

[文化]
esta
エスタの第13子。男。テステェルの父。

koolet
/ [名詞]アーカイブ、書庫、文庫、資料保存室
[名詞]@ウィキ、アットウィキ、@wiki
[レベル]4
sorn:koolet←kool
[語法]
「学級文庫」、「子ども文庫」などというように、ある集団に対して開かれた蔵書群の比較的小規模なものを文庫というが、これはkooletではない。子ども文庫などはyulileiのようにleiという。

koolpolka
/ [電算]プルダウン
[レベル]4
20

koolslez
/ [電算]巻物型掲示板、ティーカップ型掲示板、ふつうのネット掲示板、個々のスレッド、スレッド、スレ
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

koomate
/ [名詞]姉妹店
[レベル]4
22

koomfelka
/ [名詞]姉妹校
[レベル]4
22

koos
/ [名詞]たすき、襷、たすき状のもの
[娯楽](スロットの)リール、スロットマシン
[レベル]4
14:制:koolsab
[文化]
kuzgin、latos

kootjals
/ [数学]逆数
[レベル]4
19

kootvet
/ [言語]反意語、反義語、対義語、反対語、アントニム
[レベル]4
19

kootwil
/ [医療]異性愛、ヘテロセクシャル、ストレート、ノンケ、のんけ
[反意語]kokwil
[レベル]4
rd;koothim/wil
23

koretta
/ [化学]ダイオード
[化学]半導体ダイオード←orpkoretta
[化学]発光ダイオード、LED、LED、エルイーディー←fariskoretta
[レベル]4
rt;koret。電流を一定方向にしか流さないことから。
【用例】
an evat koretta lex fag ka ra miskanel. 家の電球をLEDに変えてみた。

kotanisti
/ [言語]精霊代名詞
[レベル]4
22
[文化]
精霊に関わらず命を持たないものが九十九など意志を持って言語を操る場合に使う代名詞。九十九によってはこの代名詞を使わないこともある。無生物にも使う。こういう代名詞がある言語は地球ではアルカだけではないか。言語的にはアルティア人が持ち込んだものである。
solferjに伴いクミールがユルトをあやしながらリディアの家で相談しながら作ったもの。アルティア語の代名詞そのものとは異なるので混同しないように。特にnanaなど。

kotanklan
/ [農耕]農奴
[レベル]4
22

kotl
/ [農耕]小作
[レベル]4
13:制:kotnlif(田畑を借りる)

kotton(2)
/ [音楽]太鼓、たいこ
[レベル]4
alt;擬音
21

kovas
/ [運動]サバイバルゲーム
[レベル]4
20:kyo/vas
[文化]
団体競技の中で最も人気のあるスポーツ。おもちゃの銃を使った日本と同じタイプのゲームもあるが、銃撃戦は歴史上あまり出てこなかったため、そこまでメジャーではない。最も人気のあるのは戦場を模した白兵戦で、剣や槍を持って戦うという内容。弓兵もいる。武器や防具は安全設計になっており、一定の箇所に一定のダメージを与えられると死亡とみなし、倒した陣営にポイントが加算される。倒した敵の階級により、ポイントは異なる。女子も参加でき、授業で習った薙刀などをここぞとばかりに振るう。

koyulots
/ [電算]無変換キー
[レベル]4
20

kuf
/ [動詞]yulをaに申告する、申告する
[普通動名詞]申告
[レベル]4
古:kuf←kufuto(口を取る)らしい。

kuilvent
/ [料理]外食産業
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

kuka
/ [動物]鱸、スズキ、バス
[レベル]4
14:制:alakta:kukai(大きな口)

kukert
/ [言語]喋り括弧
[反意語]osnkert
[レベル]4
21

kulalaaja
/ [経済]エンゲル係数
[レベル]4
rt;/「家計における飲食物の占める割合」
23

kulalavent
/ [名詞]食品会社
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt
[語法]
kuilventと区別。

kulama
/ [被服]胴着
[レベル]4
21:lusian:alt
[文化]
アルティアからルティアに伝わった服で、剣道やなぎなたやなどで袴とともに着られる。日本の弓道着のような袖の長い、剣道着より柔らかい素材のものである。日本と異なり、普段着にもなる。vl以降、アルバザードでは日本のような体育会系を象徴する服ではなく、むしろ古風な人柄を想起させる。

kuloe
/ [アイテム]クロエ、命水晶、クリスタル
[類義語]flia
[レベル]4
古:fulmiia:元は小説版アンクノットの喋るクリスタルの名前。すなわちku/lo/e(話して考える透明なもの)。
[語法]
ヴィードを蓄えた特殊な水晶がkuloe。
[文化]
flia
単なる水晶のクリスタルではなく、アティーリに登場する大量のヴィードを秘めたクリスタル。意思を持ち、会話することができる。

kululkalil
/ [名詞]独裁者、革命家、殺し屋、アサシン、暗殺者、ギャンブルのディーラー、ディーラー、クルルカリル
[レベル]4
fv;「墓を作る者」


kumesse
/ [名詞]獣姦
[レベル]4
rd;/
23

kumfiam
/ [生物]動物界
[レベル]4
22

kumtuk
/ [動物][植物]動植物
[レベル]4
rd;/
23

kunim
/ [色]えんじ、エンジ、臙脂
[レベル]4
20:ridia:mirok:kupo/nim

kuodespa
/ [名詞]猿轡、猿ぐつわ
[レベル]4

[語法]
さるぐつわなどの口を封じるものなら何でも良く、ハンカチやギャグボールでも良い。

kuojim
/ [生物]口腔
[レベル]4
17:制:口の腔

kuoka
/ [音楽]マウスピース(楽器の口を当てる部分)
[レベル]4
17:制:口の場所

kup
/ [俗語]フェラチオ、フェラ、オーラルセックス
[レベル]4
古:kup(フェラチオ)←ku(口)/ponno(ちんこ)

kupnan
/ [生物]寄生虫、寄生動物、寄生植物
[レベル]4
19
[語法]
寄生の語源には虫が入っているが、この虫はアルカ独特の「気持ち悪いもの全般」の用法。実際に寄生虫という虫がいるわけではない。kupnanは寄生生物全体を指す。

kuzest
/ [俗語]DQNネーム、ドキュンネーム、キラキラネーム
[類義語]luliest
al;/「クズの名前」
[レベル]4
23
[語法][文化]
→est, estlang, luliest
発展した先進国で少子化が進むにつれ、主に低学歴層から徐々に増加する性質を持った個性豊かな名前のこと。
2012年の日本でいうところの光宙(ぴかちゅう)や美妃(みっふぃー)などのことを指す。
alごろからアルバザードでも徐々に増え、社会問題となった。例えばlulu-rap-rat-teezemenなど。これは現実でもクリスが子供の名に付けようとしてリディアから猛反対にあった。

kuzgin
/ [経済]クズ商売、ドキュン商売、DQN商売、賤業、虚業
[レベル]4
21
[文化]
→alkakad

馬鹿相手の商売。ギャンブル、たばこ、ブランドバッグ、スイーツなど、ドキュンの好む低俗なものを餌にした商売のこと。
ミロクは革命で排他しようとしたが、ミルギらの強い説得で維持することとなった。
ミルギ曰く、「馬鹿は殺さず絞るべし」。現実には90年代のリーザの言葉で、最も早く呼応したのはメル。最後まで呼応しなかったのはセレンとリディア。2010にセレンが折れた。

<案外変わらない世界>

かつてアルバザードを理想の国として作ろうとしたが、リアルに作りこんでいった結果、理想とリアルが相反することがあった。例えば交通。かつてアルバザードは車のない社会を目指したことがあった。しかしそれでは経済が成り立たないため、歩行者と自動車を完全に分離して、地下道路を発達させた。ところが現実にはスーパーマーケット等は地上にあるため、商品を搬入するためには、トラックを店までつける必要がある。従って店舗は車道沿いに存在することとした。そういった配慮のもとで人と車を分離してきたが、アルバザードが世界一の経済力を誇るという事を実現するためには、例えばこの交通においてもこのような社会システムをとっていること自体が経済の発展の妨げとなる。交通だけでなくこういった諸般の事情からリアルに考えていくと、経済的な問題でアルバザードが一番であることを維持するためには、どうしても現在の地球でいうところのアメリカや日本といった先進国の姿がある意味一つの答えと言わざるをえない。
それでは歩行者の安全をどう守るかだが、あらゆる道を広くして必ず歩道と自転車道路と車道を作る。さらに、信号はすべて歩車分離式にする。――といったことを実現するためには予算が掛かりすぎる。それにこれだと渋滞もひどい。また、作るだけならまだしもそれを毎年毎年維持していくとなると莫大な予算がかかり、税金を上げざるを得ない。税金をむやみに上げると国民の消費は冷え込み、経済全体の流れは悪くなる。限りある税金を効率的に使うために、ある程度の社会的な不便さは仕方ないといえる。もちろんそうした社会的インフラを作ることで雇用を生み出すことはできるが、むやみに公共事業をふやすとかえって経済に深刻なダメージを与えかねない。
社会インフラの不備により交通事故に遭って怪我をするものや死亡する者も出てくるだろう。そのような社会がとても理想の社会とは思えないが、リアルに考えるとそのようになる。理想を言えば誰もが働かずに安心して食べていける犯罪のない世界が理想である。しかしそれは架空の世界の中でもさらに架空のことであり、リアリティーを考えていくと、どうしてもそのようにせざるを得ない。結局のところ突き詰めて考えていくと、色々な細かいところで先進諸国の姿に似ていくこととなる。
ギャンブルについても同様で、ギャンブル自体がすごくくだらないことだと分かっていても、ではそんなくだらない商売は廃業してしまえばいいかというとそうでもなく、それで経済が回っているというプラスの面もある。ミロクのような人間は、そんなくだらない商売で回る経済などいらないと考えるが、それではアルバザードが世界一を貫くことができない。
例えばミロクはこう考える。ブランドのバックやギャンブルやたばこといったくだらないものに金を出すならその金で勉強したり本を買ったりした方が良いと。ところが実際それを国民が行った場合どうなるか考えてみよう。書籍というのは日本でもそうだが値段はたかがしれている。ギャンブルやブランド品等と比べると、非常に安い。日本でも高いと思われる本はせいぜい1冊5000円ぐらいの学書だが、そういった学書でも、逆に言えばせいぜい5000円くらいで買えてしまう。またそういった学書を読むのに何週間や何ヶ月もかかるものだから、月の出費などたかが知れている。もし国民が全員真面目になって学者のように本を読めば国民の学力は上がるかもしれないが、それだけでは当然経済は回らない。そう考えていくと、わざわざくだらないことに金をばらまいてくれる知能の低い層というのは逆にありがたい存在であり、マーケットを活性化させているといえる。学者からしても、そういったくだらない人間がくだらないものに沢山の金を使ってくれることで経済が回り、国が維持され、巡り巡って自分が研究をする環境が整えられる。そのように考えれば、まあ要するにバカも使いようということである。

<lj以降>

alkakadにもある通り、革命家たちは賤業を規制してきた。ミロクも規制した時期があったし、ljのセレンは完全に殲滅した。

kwarho
/ [生物]前頭骨
[レベル]4
19

kwarselot
/ [電算][ユマナ]qwertyキーボード
[レベル]4
22:qwertyだとアルカにならないので、クワールの音の部分だけを切り取った。

kyos
/ [医療]インシュリン、インスリン
[レベル]4
lakta

kyuk
/ [人名]キュク
[組み数字]7/16
[レベル]4
meltia 41:ardu/esta;e

[文化]
esta
エスタの第7子。男。

l(2)
/ [数学]自然数または整数の略語。数式で使う。
[レベル]4
19:melidia axte

laalvega
/ [名詞]内弁慶、母弁慶
[レベル]4
rd;/
23
[語法]
vega

laam
/ [名詞]喪
[レベル]4
fv;↓
alakta:laam←laaima(死の時)

laamlein
/ [被服]喪服
[レベル]4
zg;/
24
【用例】
an ont amel si laamlein ento xaft a leps ok fels im fis istel. 私と妹は喪服を持っていないので、代わりに制服で葬儀に参列する。

laav
/ [医療][普通動名詞]母親が死んで子を産むこと。流産や死産ではなく。
[動詞]yul(子)を産んでsolは死ぬ、死ぬ
[レベル]4
古:laa/livro

lablang
/ [政治]労働基本権
[レベル]4
19
[文化]
ナディアで確立。

labmel
/ [名詞]労働時間
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt
[文化]
朝七、八時から仕事を始め、夕方五時すぎに仕事を終える。途中で長い昼休みが二時間は入るため、実働は七時間である。週休は二日である。休みは曜日を予め決めておき、そこが年間を通じて休日となる。祭日と重なった場合、社員は固定給なので振り替えて連休とするが、バイトは時給なので振り替えない。よって週に働く時間は三十五時間である。日本より遥かに少ない。日本は04年で週五十時間以上働く人間が28パーセントであり、世界最悪である。ましてこれにはサービス残業を含めていない。アルバザードは労働時間が日本のおよそ半分ほどではなかろうか。その代わり大抵の人間が働く。また、大抵は大家族なので、何人もが働いていれば暮らすには少しも困らない。アルバザードはたくさんで固まって暮らし、皆が分業して支えあい、一人に圧迫がいかないようにする家庭を基本とした社会である。日本は核家族が多く、父親が家族を養う金を一人で稼ぐことが多い。最近ではそれでは金が足りず、母親がパートをすることが多い。その金で子供を塾や学校に行かせ、子供はバイトの一つもしないという家がある。これでは両親、特に父親だけに圧迫が集中してしまう。母親は早くに帰るが、父親は十二時過ぎまで帰らないという家もある。当然育児など参加できるはずもない。育児にも参加できず、夫婦の会話も減り、心が離れていく。家庭で話し合うことは少なくなり、思春期を迎えた子供は教育が行き届いていないせいで非行に走る。それでも苦労して働いてた結果、成人病になって急逝してしまう人がいる。それだとまだ良い方で、病気が長引いて入院費で貯蓄を全て散財してしまうといったケースもある。アルバザードでは決してこのような悲劇を生まないようにこのような制度を採っている。つまり、圧迫の分散である。大勢が少しずつ働くので一人当たりの賃金は減るが世帯あたりの収入は減らず、失業者も少ない。
<特別な労働時間>
ルージュの月、ディアセルを含んだ前後14日(計57日間)は終日労働を認める。ディアセルとメルセルの期間はいくらでも働いて良い。今までに溜まった仕事や研究や勉強などをここで一気に解決する特殊な期間である。この期間は会社や学校などに寝泊りすることもできる。アルバザードの人間は普段あまり働かない。アルティス教の教えに従っているからである。ところが彼らは決して怠けているわけではない。仕事に緩急を付けているのである。集中するときは集中し、休むときは休む。アルバザードの人間の集中力は凄まじい。一年のうち、約二ヶ月間が異常に働く時期である。一日に数時間しか寝ず、物もろくに食べずにひたすら仕事に集中する。酷いと一日二十時間ほど働くこともある。仮に毎日十五時間を一ヶ月間働けば、四百二十時間働くことになる。普段は週三十五時間を四週間なので、月に百四十時間である。実に四百二十時間というのは三ヶ月分に当たる時間である。これがディアセルとメルセルにそれぞれあるのだから、一年十三ヶ月ある中で、実際には十七ヶ月分働いていることになる。十七ヶ月だと二千三百八十時間になる。三百六十五日で割ると、一日当たり約六時間半である。また、五十二週で割ると一週間当たり四十五時間になる。ディアセルとメルセルがなければ週三十五時間の計算だが、これらを入れると四十五時間になる。ここまで来ると日本との差が大分縮まってくる。実際にはこの期間には十五時間以上働く日もあるため、週三十五時間を越える結果になるだろう。こうして見ると意外とアルバザードの人間も働いているといえる。
当日の祝い方も実にエネルギッシュである。とにかく溜まっていた物を全て出し切るかのように放蕩して遊び倒す。そしてそれが終わると皆一斉に張り詰めていた気が途切れ、死んだように倒れこむ。実際に毎年何人か死ぬ。それでも誰も止めない。毎年人が爆発事故で死ぬのに花火をあげるのと同じである。そういう慣習なので誰もわざわざ疑問には思わない。倒れこんだ人は暫くは何もする気になれず、とにかく寝て過ごす。回復に数日はかかるため、皆四日ほど休みを取るわけである。二日三日もすれば治ってくるので、残りの休日は生活リズムを元に戻すのに使う。とにかくこの時期の集中力は凄い。体が全身全霊仕事に集中するので気が張り詰めて風邪を引くこともまずない。仮に引いても根性と気合で無理やり治す。このときばかりは平然と薬漬けにしてでも働く。

labtaf
/ [名詞]就職活動、就業、就活、あるいは単に「就職する」
[レベル]4
19

labtifl
/ [経済]失業
[レベル]4
19

labtiflan
/ [経済]失業者
[レベル]4
23

labvatai
/ [名詞]労災
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt
[文化]
労災はバイトでも社員でも必ず入る。怪我をすれば労災が降りる。通勤時間中の怪我も労災に入る。但し、通勤途中であっても寄り道での事故の場合、降りない。まっすぐに行き帰りする際、及び出張や外回りの経路での事故の場合だけに労災が降りる。

labvols
/ [経済]労働条件
[レベル]4
19

ladet
/ [工学]工業
[レベル]4
rd;lad/te
23

ladfel
/ [工学]工学
[名詞]工学、理学、エンジニアリング。教科名。
[レベル]4
rd
22
[文化]
felpant

ladgart
/ [経済]生産費、コスト
[レベル]4
19

ladljen
/ [植物]野草、雑草
[レベル]4
21
[語法]
野草(人の管理のないところに生える)と雑草(人に管理された場所に生える)の区別はない。

ladlkaxu
/ [法律]自然法
[レベル]4
19

laftkant
/ [形容詞]育ちの良い
[レベル]4
rd;/
24

lagaldaig
/ [経済]関税
[レベル]4
19:rdでは輸入品の関税を関所で取っていたことから。
[文化]
最初に関税を作ったのはルフェル。
1030192
ルフェルはルカリア交易の要所、ヒュート東南部に位置するケートに、自分の息のかかったロゼット軍を送り込み、制圧させる。表向きロゼットの侵略と見せかけ、ケート人を追い出す。ロゼットにルカリア交易を管理させ、エルトに有利な条件で貿易を進めた。ケートのロゼットは輸入元であるアルディアルやレスティルに重い関税(貨幣がまだないので物資やコモディディの交換レートを操作して事実上の関税とした)をかけ、その利鞘の一部を着服しながら残りの利鞘をルフェルに渡した。ルフェルはロゼットを手厚く擁護し、ルカリア交易を手中に収め、エルト内での地位を高めていく

laid
/ [単位]マイクロ
[レベル]4
21:alhaid

laivra
/ [魔法]水。五行の1番
[医療]腎
[レベル]4
szl;livro。腎は生命力を司る。
21
[文化]
klevans

lakem
/ [植物]クレマチス
[レベル]4
20:agemiz

lamen
/ [経済]財閥
[レベル]4
rt:lament.k
23

lament
/ [企業]ラメント、左京
[ユマナ][企業]三菱財閥、三井財閥、住友財閥、安田財閥
[レベル]4
rt;lameer/te
23

lamgil
/ [経済]元本、元金
[レベル]4
20

lanalxyet
/ [環境]人口問題
[レベル]4
19

landxad
/ [名詞]甲斐、かい、やり甲斐、やりがい
[レベル]4
rd;/「期待される値打ち」
24
[語法]
「期待できるだけの値うち」としての甲斐。生きがいややりがいなどの甲斐。ただし生きがいはlivreks。
【用例】
tu fas til landxad tuval. この仕事は十分やり甲斐がある。

lanet
/ [名詞]人間性、人間らしさ
[類義語]tans
[レベル]4
rd;lan/et
24
[語法]
tansは人徳としての人間性。lanetは機械や動物と人間を区別するための人間らしさのこと。
[文化]
telx
【用例】
la til lanet ran. 彼はしっかりした人間性を持っている。機械的な人間や動物的な人間でないという意味。アルバザードでは重要→telx

langakn
/ [政治]人権思想
[レベル]4
19

langart
/ [経済]人件費
[レベル]4
19
[文化]
PLでは販売費及び一般管理費に含まれる。

langbyui
/ [政治]基本的人権の尊重
[レベル]4
19
[文化]
ナディアで確立。

langvask
/ [政治]人権侵害
[レベル]4
19

lanka
/ [数学]整数
[レベル]4
19:lank/alx(小数点の左に来る数)

lanlang
/ [政治]人権→lang
[レベル]4
19

lanmel
/ [歴史]人代。アズゲル以降の総称
[レベル]4
rd;/
19
[語法]
→feme
artmelとflammelに分かれる。

lanskern
/ [ランドマーク][芸術]ランスケルン美術館、天翼美術館
[レベル]4
19:milf:天使の羽
[文化]
アシェットがミルフの出産祝いでアルナに建てた美術館。世界最大の美術館で、レイユにも残った。住所は中央アルナ市コノーテ=ミルフ通り。ミルフ通りの敷地を完全に占有する。
フランスのルーブル美術館とオルセー美術館を足したような美術館。入場料は終日券のみで、一般100ソルト、学生子供老人50ソルト。ルーブルが8.5ユーロで約1000円であることを考えると、一般が400円程度なので、かなり安いといえる。税金から賄われるのと、そもそもフランス人がルーブルに行く数倍の頻度でランスケルンに行くというのが理由。ルーブル同様、外国人観光客も多数。
中が広いため、足湯が設置されている。自由に浸かって休める。

lansxant
/ [俗語]パンチラ
[類義語]xispkilp
[レベル]4
21

lantats
/ [生物]霊人属
[レベル]4
19

lanti
/ [名詞]人事
[レベル]4
16:制:lantis

lantis t'anver
/ [歴史]ランティス・タンヴェル。
[レベル]4
22にanverの成句欄から独立
[文化]
メル262年から295年までのファウスによるアルティス教徒迫害のこと。信者狩りが各地で行われ、信者だと分かったものは収容所送りとなり、処刑された。拷問による自供も行われ、拷問により無理やり自供させられ処刑台送りになるケースも多く、社会全体が混沌とした。

lantiska
/ [名詞]大学院
[レベル]4
19

lantisrein
/ [交通]ランティス線、使徒線
[レベル]4
22
[文化]
アルナ市を走る地下鉄。28本の環状線から成る。
7番目までは全長が短すぎるため、単線となっている。同時に、止まる駅もポエン、カルザス、ティクノ、コノーテのみである。

lantse
/ [生物]ヒト
[レベル]4

霊長目ヒト科の動物。アトラスにもほかの動物同様存在したが、病原菌などが原因で滅んだ。当時のファルファニア人は「ユーマの一族に似ているが、低能で非倫理的で自制心がなく、野蛮で汚く脆弱な存在」と酷評した。その文献が残されているため、現代でもヒト科の存在が知られている。
一方、アトラス人は異世界ユマナの存在を知っているが、そこにいる人の姿が分からないため、滅んだヒト科の動物を指すlantseで以って、ユマナ人を名付けた。
|約600万年前|ヒトとチンパンジーが分化。猿人の出現。直立二足歩行を始める|
|約250万年前|ヒトが石器を使い始める。セルトは年に1度北極近辺のフィーリア島で逢っていただけなので猿人との関わりはない|

lanvatai
/ [経済]公害
[レベル]4
19:「人為的な害」
[文化]
「公害」などと呼ぶと人間が引き起こしたものだという認識が薄れてしまいかねない。責任の重さと所在を明確にするために、「公害」などと呼ばずに「人害」と呼んでいる。

laples
/ [音楽]器楽
[レベル]4
21:laplem

lapleslem
/ [音楽]器楽曲、インストゥルメンタル、インスト、BGM
[レベル]4
21

laptsel
/ [植物]サンダルウッド、白檀、ビャクダン
[レベル]4
zg;;me
22

lasfoj
/ [普通動名詞]手コキ、手こき
[レベル]4
rd;/
23

lasllevn
/ [医療]外反母趾、内反小趾
[レベル]4
19:靴病
[語法]
語源どおり、アルカでは通例外反母趾と内反小趾の両方を指す。

lasmempo
/ [卑語][親族]娘
[レベル]4
19:手乗りまんこ
[語法]
懐いてじゃれてくる手乗り文鳥のような小さい娘のこと。

lasolxaz
/ [名詞]しめきり、締め切り、締切、締切り、〆切、〆切り、納期、提出期限
[レベル]4
rd;/
23
【用例】
an daim van rafel t'alf im fis. lasolxaz tuul de kest ento an ar sen tu xi kolt ra im kest. 今日は数学の宿題を止めよう。提出期限は明日でないので、明日家に帰ってからやればいい。
tal xink, tu de yet man lasolxaz tuul de kest. だが実際、提出期限は明日ではないので問題ない。

laspom
/ [生物]手のくるぶし。手首の外側にある突起した骨。
[レベル]4
19

latiamileej
/ [経済]スタグフレーション
[レベル]4
22

latis
/ [名詞]ラティス
[反意語]valen
[レベル]4

[語法]
敬虔な信者。エトスとの違いはプロかアマかというもの。ラティスはアマ。

latyur
/ [再帰動名詞]自殺、ラテュール
[動詞]yulを自殺させる、自殺する
[類義語]nosset
[アクセント]latyUr
[レベル]4
rd; 24

lavaarnon
/ [政治]外務省
[レベル]4
19:ilmus:ridia

lavan
/ [政治]外交官
[レベル]4
20

lavand
/ [植物]diaik
[組み数字]4/9
[レベル]4
szl
21

lavset
/ [名詞]防音
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

laxet
/ [名詞]ラシェット、ソーンとアルシェ
[レベル]4
sorn:ソーンとアルシェを区別せず1つの団体としてみた場合の呼び方=axett。アルシェにはない語。元は『カコ』の言葉で、イーファとルーキーテを指した。同様に上限の月と下弦の月を意味するので、合わせて単に月の意味にもなる。アルシェは包括的な月という語がないことを不便ではないかと指摘されたこともあるし、とりわけソーンとの和平の象徴として加えた。そこでアシェットは月の意味も持つ。一方、ラシェットは元はca axetだった。更に、造語者がlとcの発音の区別が下手な者だったようで、cがlに変化した。アシェットはソーンの言葉なので、誰が造語者か不明である。また、実は語源的にはアシェットとラシェットは全く互いに逆の意味だった。古アルカの過程で意味が入れ替わったそうで、アシェットが第期4代を指すようになった
[文化]
ラシェット。ソーン及びアルシェのこと。第4期4代ラシェットは特にアシェットと呼ばれる。

lazdaiman
/ [名詞]高校中退
[レベル]4
19

lazl
/ [名詞]丸木舟、カヌー
[レベル]4
13:制:lazoapl(一本の木を丸々使って、それをくりぬいてできた舟)

lazomok
/ [動詞]yulを雑魚寝させる
[普通動名詞]ざこ寝、ザコ寝、雑魚寝
[レベル]4
22:丸太のようにそこらに寝る

lazregast
/ [名詞]高卒
[レベル]4
19

lean(2)
/ [組み数字]2/10
[哲学]礼
[医療]胆
[歳時記]丙、ひのえ
[レベル]4
rd;lean,szl
21
::lu lean

leas
/ [生物]動脈
[レベル]4
19:leevpals(心臓から血が出ていく脈)

lebex
/ [動詞]yulを看取る、看取る、看とる、みとる、見とる、見取る
[レベル]4
rd;leebenxtel.k。レーベンシュテルが亡骸を分解する様が故人を看取るかのように見えたことから。
24
【用例】
an lebexat kaan ka vala. 病院で父の死を看取った。

leebenbcoi
/ [アイテム]レーベンブロイ
[レベル]4
rd:ridia;vx「冬の粉雪からなる吹雪」
24:ridia
[文化]
→gel
ヴァストリアの1つ。セレンのもつ散弾銃。

leem
/ [政治]自由市民、市民、平民
[反意語]klan、milan
[レベル]4
rd;leim.k
19:ridia:leim
[語法]
奴隷に対する平民のこと。アルバザードでは奴隷は国民に登録されないので、kadanとleemは同じ集合を指す。

leemizm
/ [政治]市民革命
[レベル]4
rd;/
24

leemlang
/ [政治]社会権
[レベル]4
19
[文化]
その名のとおり、奴隷には与えられない。

leevvian
/ [物理]遠心力
[レベル]4
20:去る力

leex
/ [動詞]yulを自慰させる、自慰する
[普通動名詞]自慰、オナニー。女のオナニー。
[反意語]foxt
[レベル]4
古:leetxun(レズビアン)→中古クリスleetx, leetxi(オナニー)→中古リディアleex(オナニー)
[文化]
女子の性欲はきちんと存在が認められており、貞操を守るためにむしろ寛容されている。とはいえ恥ずかしいことには変わりないので積極的に話題にはしない。

lefaks
/ [運動]ランニングマシン
[レベル]4
vl;/「走る床」
24
[文化]
lukaks

legal
/ [天文]天体
[レベル]4
20:e,fl

legalmesti
/ [天文]天体観測
[レベル]4
22
[文化]
午前二時踏切に望遠鏡を担いでった……りしたら、アルバザードでもロマンチックなんだろうなと思う。
あれがデネブ、アルタイル、ベガ、君が指差す夏の大三角ってシチュエーションで星合い(diayui)したいなぁ。

legolis
/ [人名]レゴリス
[組み数字]5/5
[レベル]4
szk
21
[文化]
→rapalx

leifa
/ [天文]南極星
[名詞][形容詞]知ったかぶり
[類義語]allo
[レベル]4
20:leiva/liifa
[文化]
ヴァステの時代、カルザスが野営地で十二神と夜空を見上げて話をしていた。南半球に疎い神々は、南の北極星は何かと話し合った。そこで天高く飛べるヴァルゾンは、南極の中心に南極星があると知ったかぶった。が、後から南極の中心にはそんなものがないということが分かり、南極星と呼べるものはずいぶん北極星と比べて中心から遠いところにあることが分かった。それから南極星で知ったかぶりを示すようになった。

leifel
/ [普通動名詞]座学
[反意語]maisfel
[レベル]4
23

leig
/ [名詞]印税
[レベル]4
13:制:leigil(本の金)

leikit
/ [名詞]巻頭
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

leilei
/ [言語]玲方語、上方ルティア語
[レベル]4
21 [文化]
上方ルティア語。rdでルティア城内の王立図書館に仕えていたユンクの女官たちが、クミールを崇めて言葉を雅にしていこうとした結果生まれたもの。やがて宮中に広まり、身分の高いものに広まり、上方となった。ナディアでは庶民も背伸びして真似、下記のような諺を生んだ。
現実にはクミールではなくセレンが北方語をもっと雅にしたルティア語像を考え、このようにしたら美しいのではないかと主観的に作り上げたものである。夢織の朗読で紗枝にルティア語を喋らせるためにセレンがこしらえ、自分だけでなくクミールも気に入るだろう造りにしておいた。実際彼女らに喋ってもらえばもうけものである。
【成句】
rsiil tid tis lein leield a miva. 貧しくとも娘に言葉は着せんとす:武士は食わねど高楊枝。ぼろは着てても心は錦。leinとしているのは雅語で、leieldとの頭韻でもある。

leilizno
/ [政治]図書庁
[レベル]4
19
[文化]
事務省下。出版物を管理している。全国の図書館および図書の管理をしている。電子データの出版物の管理もしている。本だけでなく、動画や音声などのデータも取り扱う。時代によって検閲を行ったこともある。現代でも出版物の検閲をし、ネットの書き込みも検閲している。社会秩序を乱す出版物や投稿や他人の誹謗中傷を探し、潰すとともに警察庁へデータを提供している。ちなみに、学生時代のレイン=ユティアの就職希望先第二位。

leimalx
/ [数学]自然数
[レベル]4
19

leimfont
/ [交通]一般道
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

leimfreyu
/ [言語]一般副詞
[レベル]4
21
[語法]
freyu

leimhaika
/ [法律]地方裁判所
[レベル]4
22

leimtonk
/ [政治]平民
[レベル]4
19
[文化]
ナディア〜シルク・アルミまでの身分の1つ。農民や牧民など。
革命後には再び身分として事実上復活したが、このときは王族、僧侶、学者、医者以外のすべてを含む概念として使われた。軍人との対比でもなければ、商人との対比でもない。

leimvok
/ [言語]平叙文
[レベル]4
19

leimyuoasa
/ [言語]普通動名詞
[レベル]4
21
[文化]
iva

leina
/ [名詞]レイナ。結婚を前にして相手が死んでしまうこと、またその儀式leinapelt。
[被服]leinalein。leinapeltで着る服leinaleinの略。
[レベル]4
19:melidia alis:古lena:lo/ena 低く(悲しんでの意味)泣く

leinapelt
/ [名詞]レイナ、結婚と葬式を合わせた儀式
[レベル]4
19
[文化]
女は自動的に未亡人になる、亡夫への貞操を誓う儀式。

leinasab
/ [被服]レイナのときに着る服
[レベル]4
19
[文化]
葬式と結婚式を合わせた儀式で、喪服を着て、頭には結婚式に使うはずだったベールをかぶる。アルバザードの喪服は黒衣のドレスであるため、デザイン的にベールと調和するところから一般化した。

leionk
/ [名詞]叢書、そうしょ、ぎょうしょ
[レベル]4
rd;/
23
[語法]
本のシリーズのこと。

leisen
/ [言語]文献
[レベル]4
22:古leist

leisiil
/ [名詞]レイシール
[レベル]4
古:seren
[語法]
夢見る才能のこと。空想を楽しめる才能のこと。中学ぐらいには容易にできるのに、大人になると急激にできなくなる。大人は現実と異なりすぎる空想を素直に抱けない。抱いても馬鹿馬鹿しいと思って素直に楽しめない。だが、大人になるほど健康や体力や将来性などにおいて現実が辛くなるので、本来は大人が持つべき能力である。だが大人になるほどもてないのが現状である。どうもレイシールは自分に無限の可能性を感じている状態のほうが持ちやすいようである。非常に天邪鬼な才能である。
科学的には、空想によりドーパミンなどの神経伝達物質が放出される状態である。原理的には脳トレやイメトレと同じである。散歩など、セロトニンを促すリズム運動をするときになりやすい。ドラム演奏のように手足に意識が集中して思考ができない状態では、かえってなりにくい。従って最も適するのは散歩である。時間は30分以内である。レイシールは高揚感があり、すべてが楽しく感じられ、芸術センスが刺激され、アイディアが沸き、鬱が消える。現実感がなくなり、いやなことを忘れる。どうも効果を見ていると、麻薬を使用したときに近いようだ。ただし、麻薬と違って常習性がない点で決定的に優れている。欠点は、麻薬と違って強制的に発生できないこと。

leislei
/ [名詞]画集、イラスト集、イラストブック
[レベル]4
rd;/
24

leistia
/ [魔法]司書、レイスティア。逢魔宮の管理人。
[レベル]4
kk;ltd [文化]
eska

leix
/ [動詞]yulをaに登録する、登録する、載せる、採録する、収録する
[普通動名詞]登録、収録、採録、記載
[レベル]4
13:制:古:leiixa
【用例】
an leix flen vok le ti axtat atu a klel? 貴方が書いた文を辞書に載せてもいいですか?
diafan e klel alxa aaj xin nos leix ax wel vet a klel. 辞書の編集者は辞書にどの単語を載せるか決めてはならない(seren arbazard)→klel

leizmam
/ [生物]無乳、つるぺた、ツルペタ、つるぺったん、ツルペッタン、ぺったん、ペッタン、ぺったんぺったんつるぺったん、ペッタンペッタンツルペッタン、まな板、まないた、ペチャパイ、ぺちゃぱい
[類義語]yagaa
[レベル]4
rd;/
24

leje
/ [植物]亜麻
[色]亜麻色
[形容詞]亜麻色の
[レベル]4
古:sorn:leje。ソーンのlejemme(紫)からきている。なお、亜麻は紫でない。

lejen
/ [被服]リネン、リンネル、布製品
[レベル]4
16:制:leje

lektia
/ [名詞]レクティア、生き地獄
[レベル]4
20:ridia:lekai/latia(この世の地獄)
[文化]
→lekai
地獄ラティアはネガティブに考えたり人を呪ったりする人間が集まった場所であり、地獄の業火で苦しめられる場所ではない。永遠に不幸と不快を感じ続ける負の連鎖の場所である。しかしそれならば現実に見ることもできる。むしろ善人すら悪人に巻き込まれてしまう現実にこそ本当の地獄は存在する。そのような、現実であるにも関わらずまるで地獄のような場所をレクティアという。
例えばこのような場所があるとする。一人の馬鹿ギャルは「まじでー?ありえねー。キモくね?」程度の語彙しか持っていない。一人の小姑は「あの髪型ありえないよね」、「あそこでまず謝れよこいつとか思ってさー。ちょっとあいつ何様?」などと言っている。一人の男は鬱々パソコンに向かって「どうして僕は具合が悪いんだろう」と考え込んでいる。こういう亡者どもの集まった場所、負のオーラが渦巻いている場所をレクティアという。

lektian
/ [名詞]レクティアン、生き死人、亡者、地獄の亡者
[レベル]4
20:ridia
[文化]
生きながらにして既に地獄に落ちている亡者ども。自分を恥じ、悩み、人を呪い、罵倒し、足を引っ張る連中。

lelis
/ [言語]拝啓、親愛なる
[レベル]4
21:al elis(エリス神に祈りて)
[語法]
atuj,depentiaで閉じる。

lemant
/ [名詞]相対の正義、良俗
[反意語]antel
[レベル]4
lj:seren;leim/antel「一般人が持つ絶対の正義→民衆の正義→独裁者が持つ絶対の正義に対する相対の正義」
24
[文化]
antel

lemesl
/ [生物][婉曲]陰嚢
[レベル]4
19:ridia:le mesl

lemex
/ [音楽]オーケストラ、管弦楽団
[レベル]4
21:lemaxe

lemir
/ [政治][言語]レミール言語庁、レミール、言語庁
[アクセント]lemIr
[レベル]4
20:lens/miir(智恵と論理)
[文化]
アルバ二世が召喚省の下に立てた庁。魔導師が操る呪文を管理監督することが当初の目的であった。セルメル中期では社会の安定に伴い、呪文としてだけでなく言語として言葉を見るようになる。rdでは国際語として機能していたアルバレンの隆盛を背景に、国定辞書が作られる。rdが終わって魔法が世の中から消えると、ちょうど入れ替わるようにアルカができていたことから、呪文の管理という側面は失われ、言語の研究、とりわけ国語審議会として機能するようになる。国定辞書は作られ続け、アレイユやランジュでも作られた。日本では辞書は民間が作るものだが、アルバザードでは国定辞書があり、その規範データを基に各出版社が使いやすくしたヴァリアントを出す。
国定辞書diaklelを作成するのは言語庁lemirである。lemirはそのほかにも言語の揺れや変化を観測したりといった仕事をしている。国定辞書を作るのは文学部言語学科出身の選りすぐりのエリートで、文系の頂点に立つ人間である。よって事実上アルナ大学の学生で占められ、文学部の学生にとってlemirへの入庁は名誉の頂点に相当する。
個人主義のアルバザード人は単なる権力の強さより、自分が価値を認める地位に就きたがる傾向があり、この傾向は特にインテリ層に多い。よって、ほかの省の長官になるよりは、自分の望む庁の長官になることを望むことが多く、自然と適材適所がなされている。
なお、『紫苑の書』に登場するレイン=ユティアはアルバザードでは実在の人物で、アルナ大学を首席で卒業した後、大学院も首席で卒業し、ストレートでlemirに入庁し、辞書科の編集者となり、生涯を過ごした。働きぶりは真面目の一言につき、楽しむのが苦手で、結婚も恋愛もすることなく勤め上げた。アルバザード人としてはやや珍しい人種である。

lemita
/ [音楽]音楽会、演奏会、ライブ
[レベル]4
19:melidia alis
[文化]
バンドや演奏家によるライブのことで、通常は北区のフラメル音楽堂で行われる。ディアセルやメルセルの際は非常に混雑する。

lemmilm
/ [名詞]ミュージカル
[レベル]4
rd;/「歌と踊りと」
24
[文化]
smで隆盛し、vl以降は徐々に廃れていった。

lemra
/ [音楽]ライブハウス
[レベル]4
21

lenskozet
/ [言語][言葉遊び]訳せないもの、レンスコゼット
[レベル]4
21:「智慧に鍵をかけられた」
[文化]
renskozetとかけた言葉遊び。いくつもの意味のある掛詞。
訳をすると意味やニュアンスが通じなくなったり、興が削がれたり、原文の意味が複数に解釈できるので特定の訳を持たない――そのようなものをestel(エステル)泣かせのlenskozetという。

----

もしね、アルカのことを、仮にだけど、ちょっとなしにして考えたとしても、セレンはいるんだよ。私がいるから。

・BUMP OF CHICKENの『K』

その言語でしかその言葉の良さや妙技が伝わらないものもlenskozetという。
BUMP OF CHICKENの『K』の歌詞の最後はセレンが最も優れていると思う詩である。あれは最後が英語だが、英語以外の言語に訳したら絶対に意味がなくなってしまう。ああいうのをlenskozetというのだ。

lenslevl
/ [医療]知的障害、精神遅滞
[レベル]4
19

lensliifa
/ [名詞]レンス・リーファ、智恵の星
[レベル]4
20:xion
[文化]
アルナ大学で、各学年のトップ5および首席を合わせた計6名のこと。ミロクとその親衛隊に準えている。後期大学受験を控えたnarteの学年が最も注目を浴びる。
慣例として、中心は1組。7,14,8からシードで一人ずつ。残り2名を他クラスの傑出した人物で奪い合う。

lenvtas
/ [名詞]技能テスト
[レベル]4
rd;/
23

lestasra
/ [軍事]本拠地、本山
[レベル]4
20

lestate
/ [名詞]本店
[レベル]4
rd;/
23

lestil
/ [地名]レスティル、レスティル国
[レベル]4
meltia 95 sen via:ly;「知者の支配する」
20:ridia:第二アルカで「知者の支配する」という意味。
[文化]
アルバザードの旧称。メルティア95万年ごろにシフェルが現アルナ地方に建国した。国というより集落レベルのもの。当時の人類は高速で空を飛べたため、範囲は広大。アルバザード、ケートイア、アルシェリア、ディミニオン南部を含んだ大きな国。
yuuma 56
アルカンスでケートと友好的な交易関係を結んでいたレスティル人のヴェルディア族が、ギルケートと同盟を締結。アルカンス貿易の経済力とギルケートの軍事力を背景に、ヴェルディア族の長シフェランがレスティルの王となり、アルカンスに王都レスティリアを建てる
【成句】
vins lestilia fiina lestil 大事の前の小事

lestilian
/ [名詞]レスティリア人
[レベル]4
21

lestilren
/ [言語]レスティル語
[レベル]4
22
[文化]
eldseta

●概要

名称:ls(レスティル語)
系統:アテン超語族ユーマ語族シフェル亜語族リュディア超語派レスティル語派(atenamat, yuumaemit, xiferfiam, lyudiaifal, lestilxeltem)
使用年代:tm_kk
分布:南西アンシャル:リュディアがファルファニアに滅ぼされ、東へ散ったリュディア人が建てたレスティル国周辺で使われた言語
話者:ファルファニアとの戦争に敗れ、東へ移住してきたリュディア人の末裔
類型:SVO、NA、Pr:SOVの際は対格に、VSOの際は主格と対格に格表示をする。助動詞文はSOVに
認知様式:客観的把握

●語順

SVOが自然となっていった。その結果、SVOのときは主格と対格の語尾を省略するようになった。
lestilin daiz fitat heren(レスティルの王がリンゴを与えた)

SOVのときはリュディア語のように格が表示される。
ただしこの場合Oだけ。VSOになったらSOともに格を表示する。
lestilin daiz hereney fitat.
fitat lestilin daizas hereney.

●助動詞

助動詞は動詞の直後に来る。arに比べて数は少ない。
助動詞文の場合は語順がSOVになる。この場合、SにもOにも格表示はいらない。
daiz heren kui mal(王はリンゴが食べたい)

lsにおけるSVOとSOVの混在はドイツ語やオランダ語を彷彿とさせる。

●修飾

SVOが標準になった結果、後置修飾に。kaile daizだったものがdaiz le kaiに。類型論的に見ても、SVOの場合はANよりNAの方が優勢。
後置になったことでleが形容詞(kai)の前に回りこむ。その結果接尾辞として膠着していたleは単語として独立する。よってle kaiのように、間にスペースを入れる。
同じ理屈で、baog he viviで「強く殴る」となる。

●関係詞

関係詞も後置になった。
kaldaiz rom lestilin daiz kululut(レスティルの王が建てた国)

関係詞節内の前置詞が残存するようになった。

●前置詞

SVOが標準になったことで後置詞が前置詞となる。

●連体詞と代名詞

連体詞は変わらず前置された。
「この、これ」はafからtuになった。「あの、あれ」はLu。
「これの」がtunで、「あれの」がLun。
「彼」はsouで、「彼女」はluu。

男女が分かれている点でアルカと異なる。
遠近では分けないのでluとlaの違いはない。

ls以降は三人称のluが連体詞として使われるようになり、日本語と同じ「こ・そ・あ」の三段階になる。
「こ・そ・あ」はlsのみ。ar以降は「こ・あ」の二段階に戻る。従ってlu heren(そのリンゴ)という言い方ができる。

副詞の一部、reやmiなども前置されたままであった。

●e

kenoは「〜の」と同じ語順で使われ、残存した。
kenoの代わりにkenoを短縮してできたeが使われだした。eは"of"と同じ語順である。

SVOが基本語順になったにも関わらず、レスティル語ではkenoのほうが優勢で、eの頻度は低かった。
これはarにも継承される。eがよく使われ出したのはrd以降。

●数

→sidalx
民間人はfvの数詞体系を用いていたが、軍隊の中では別の数詞体系が用いられた。zgの話なので、すべてlskである。
レスティル軍が武器の長さを元に暗号として数の名前を付けた。この暗号はやがて敵方に知られ、暗号としての意味を失う。しかしその後も軍隊用語として残存した。
日本語の軍隊用語でも12時をイチニィマルマルと呼ぶように、軍隊などは特別な用語を使うことがある。

軍隊以外にも当然こういう隠語はあるし、軍隊には数以外の用語もあるが、数の数え方に関して特殊だったのは、これがやがて民間人にも広まったという点である。
レスティル軍は武器を例に取り、その長さが長い順に1から並べた。
例えば1を表すfuuは槍のfigiから来ている。

なお、0はfvと同じくyuuである。
to(十), gal(百), ten(千), sen(万)は武器からではない。

数え方は10進法で、5-10進法とは異なる。
発音のリズムをよくするため、4以降はnで終わる軽快なものになっている。

1:fuu
2:you
3:vii
4:von
5:txon
6:an
7:zan
8:hen
9:lon
10:to

ただし、23のみpararaizという。

この数え方はアルバレンにまで引き継がれる。
制では採用されなかったが、新生で継承された。
ただしardではtoはtooになった。23も特殊な言い方がなくなった。

レスティルはルカリアから神人貿易の中心的地位を奪ってからというもの、経済大国として世界を牽引してきた。
そのため、このレスティル式の数え方はレスティル軍人からレスティル商人を経て世界中へ広まっていった。
また、軍人は任務上外国に行き、遠征先を占領することがあったので、彼らも数を広める要因になった。

ただ、エルト式の数え方も依然として世界中に残っている。
レスティル式はsmになってardになると学校教育に採用されたことで急速に広まった。

●疑問文

fv, lyと違って疑問のnoは助動詞になった。助動詞文はSOVなので以下のように使う。
sou heren kuit no?(彼はリンゴを食べたの?)

lestimiir(2)
/ [工学]レスティミール、人工知能レスティミール、三賢分立
[レベル]4
lj:mel;lei e miirに登場するlestimiirから。
24
[文化]
→miir, serakn, serkolm, anmiir
メルが作った人工知能。ミールと同時に着想し開発しているので、まず先にmiirを読むこと。
ridia, mel, kmiirという3つの人工知能から成り、それぞれが立法・行政・司法を担当する。英雄リディアは決まりに厳格だったので、それにあやかって立法を。英雄クミールは裁判官クミールの異名を持っていたので司法を。知能が高く処理能力が高かった英雄メルには行政を――というシステムである。
レスティミールはrdで書かれた『ミールの書』に出てくる3賢女が由来である。恋人としてのリディア、妹としてのメル、片想いの相手としてのクミールという、rdのセレンが関わった3人の女性がそれぞれ互いにせめぎあって協議しているのが人工知能レスティミールである。
革命後はセレンらによって直接民主制と独裁制のハイブリッドである「司民制」が採用され、間接民主制は消え、政治家などもアンミールの分を除いて消えた。直接民主制だけを採用しなかったのは衆愚政治を防ぐためで、独裁制だけを採用しなかったのは個人に権力が集まりすぎるのを防ぐためで、後者は旧革命の反省を反映している。
なお司民制の採用と同時に革命では経済面において資本主義に代わって修正資本主義が採用された。

レスティミールは議員や裁判官に代わって三権を持つ。ただし三権はridia, mel, kmiirに分与されている。三権は互いに牽制しあい、三権分立が保たれ、独裁が防がれている。
レスティミールは過去の事例や判例だけでなくミールによって集計された現況のデータに基づいて立法・行政・司法を行う。
直接民主制は間接民主制に比べより民意を反映できるというメリットがあるが、人口が多く規模の大きい国では実現が難しい。あまりに多い人口のせいで、そもそも民意を集計して世論を形成することが難しいためである。従来のような電話などを用いたアンケートを一つひとつの法案に適応していては、いくら時間があっても足りない。
そこでメルらはネットを使い、素早く民意を集計した。ネットでの集計は個々人にIDがついているアルバザードでは容易で、二重投票もできない。
徹底した秘密投票で、組織票が形成されづらいのもメリットである。会社が社員に無理にある法案を支持するように言っても、機密性が高いので社員は自分の思った通りに行動できる。上の人間の言うことを無視しても一向にお咎めがない。
この制度は自分の民意を反映させたいと思う個人が自分の意思で意見をミールに伝えるため、政治に参加したくない個人を強制的に狩り出すことはない。あくまで政治に参加したい者だけがすればいい。国民全員の意見を政治に反映できるが、「できる」と「する」は別物である。棄権者が一定数いるので、国民全員の意見を反映できるシステムではあっても、実際には棄権者の分は反映されない。ただし、見方を変えれば白票を投じた層として政治的アパシーを持っているという意思がその国民の意見として反映されているので、結果として国民全員の意見が反映されているといえるかもしれない。
ミールはネット経由で集められた膨大なデータを整理し、世論を地方・国家単位でそれぞれ形成する。
レスティミールはそうして形成された世論をオフラインで受け取り、民意を踏まえた上でまつりごとを行う。ミールで形成された世論はレスティミールに入れられる前に厳重なウイルスチェックがされるため、レスティミールに危害を与えることは事実上不可能である。
例えばレスティミールのリディア(立法)はミールから受け取った世論などを考慮して、国家単位では法律を定めたり、地方単位では条例の改廃などを行う。

ミールとレスティミールによって政治家や議員などはアンミールを除いて不要になったが、官僚は法案や政策案を提案するプロフェッショナルとして国民にアドバイスをするのが業務になった。業務内容が変更されただけで滅んではいない。国民を導く啓蒙家であると同時にマスコミのような位置づけに変わった。
一部の金持ちにだけ有利で多くの国民に不都合な法案や政策案を提案する官僚もいれば、大衆に迎合する官僚もいる。官僚はご意見番であり、各層の民意を反映して法案や政策案を提案する。衆愚政治や一握りの上層部による腐敗政治を防ぐため、様々な意見を持った官僚が必要とされ、必ずしも大衆に迎合した者や上流階級に尻尾を振る者だけが生き残るわけではない。

レスティミールはミールが形成した民意を踏まえて国を動かすが、直接民主制のデメリットについてもきちんと考慮されている。人間社会のピラミッドは下の人間のほうが上の人間より数が多い。直接民主制をそのまま採用すると教養のない人間の意見が通りやすくなる。
アルバザードは徳育を重視しているため、上の人間ほど人徳がある。そうでなければ上の学校や会社に入れないためである。ということは相対的に見て下の人間のほうが無教養な上に非道徳的ということになる。
このような階層の意見が優先的に通ると、それは衆愚政治を招きやすくなる。これが直接民主制のデメリットである。
このデメリットを防ぐため、ミールは予めIDから各意見がどの階層に支持されているのかを判断し、そのデータも含めてレスティミールに世論を提出している。
レスティミールは階層ごとの世論を受け、下流の意見ばかりが数の暴力で無理に通らないよう国を動かす。

また、ここまでは司民制の直接民主制の面を説明してきたが、実際にはこれに独裁制の側面が加わる。
レスティミールはミールが形成した世論を反映して国を動かすが、民意のほかにセレンら支配層の独断が加わる。重要事項であるほどセレンらの決定は民意より優先され、ここに独裁制の側面が伺える。逆に瑣末なことに関しては独裁者の意見よりも民意のほうが優先される。

レスティミールの原理は「4つの石を1人に持たせる政治よりも、4つの石を4人で持つ政治」であり、皆に負担を強いる代わりに一人ひとりの負担を軽くするというのが原則である。
開発者のメルは「石をなくすことはできない」と述べ、どのような政治思想を以ってしても全員に負担をかけない政治は不可能であるとしている。

なお、レスティミールに不具合があった場合はアンミールが代理として働くことになっている。また、アンミールは普段レスティミールに対して意見を言い、レスティミールに再考を促す権利を有する。

lestloit
/ [名詞]本社
[レベル]4
rd;/
23

lestsiz
/ [電算]マザーボード、ロジックボード
[レベル]4
19

lestvona
/ [名詞]主旨
[レベル]4
rd;/
23

lestyav
/ [言語]主節
[レベル]4
20

letos
/ [天文]milfliifa
[組み数字]3/8
[レベル]4
lsd;leta 麦の熟れるころに見える星
21

letpa
/ [料理]セモリナ
[レベル]4
16:制:letppast

lettilil
/ [化学]銅→letti
[レベル]4
19

letvian
/ [文化]引力
[類義語]atoe
[反意語]rokvian
[レベル]4
20

leval
/ [魔法]本態性アディスト、レヴァル
[レベル]4
20:古leva/al「純粋なもの」
[文化]
adist

levalen
/ [政治]レヴァレン党
[レベル]4

[文化]
アルバザードにおいて民主主義勢力ミナレットの中心政党。201年ミナリスが提唱した民主主義を実現するために組織されたレジスタンス組織ミナレット党を前身とする。ミナレット党は230年ごろ選挙制度を認めさせた。メル暦250年ごろ、利害の対立によりアルミナ党、アミナル党が分離独立。これに伴い党名をレヴァレン党に変更。その後アライヴ党も分離独立した。長らくレヴァレン党、アルミナ党、アミナル党、アライヴ党の4つのミナレットの政党がアルバザードを統治した。315年、政治腐敗甚だしいレヴァレン党が抜け、3党連立になった。320年、ミロク=ユティア率いるイルミロク党が独裁政権を握ったため、ミナレット系政党は壊滅した。

levanim
/ [芸術]純色
[レベル]4
21
[語法]
色相の中で最も彩度の高い色のこと。

leve
/ [動詞]yulを派生する、派生する
[普通動名詞]派生
[レベル]4
19:leev

lever
/ [名詞][形容詞]純血の
[反意語]lantist
[アクセント]levEr
[レベル]4
20:leva/eri

levevet
/ [言語]派生語
[レベル]4
19

levian
/ [言語]人工言語
[類義語]lideld
[反意語]diakalte
[レベル]4
21:lt(神の遊戯)
[語法]
arxidia
【用例】
levian til sen nian tet took. 人工言語に一段落はあっても終わりはない。

levian t'arka
/ [言語]人工言語アルカ、アルカ→arka
[レベル]4
21:直訳すると「アルカの人工言語」となり、違和感がある。levian t'arkaのeについては、古アルカで「人工言語アルカ」に相当する句を作る際、今のeに当たるkenoという接続詞を用いていたことに起因する。

lexneki
/ [名詞]通信機能
[レベル]4
19:melidia alis

leyualx
/ [数学]分裂数。7のこと。忌み数。
[レベル]4
14:制:別れる数

leyute
/ [名詞]恋焦がれ、恋焦がれること、岡惚れ、レユテ
[レベル]4
22:leyu/te
[語法]
xiilas leyute fiinaの形で使う。恋心があるのに伝えられないもやもやした状態であることを意味する。この気持ちが相手に届けばいいのにと切望することを意味する。厳密には岡惚れとは違う。
xiit leyuteの場合は、その想いを遂げた状態を指し、通常現在形のアスペクト無しで使う。想いは成就しているが、恋焦がれていた頃の純粋な気持ちがまだ残っていることを指す。
【用例】
non xiilas leyute fiina tyu. この想い、君に届け。

lfir
/ [地学]瑠璃、るり、ルリ、ラピスラズリ、ルフィール
[レベル]4
19:lfer。ルフェルのアプラウト
[文化]
ルフェルの宝石とされ、価値が高い。ルフェルが好んだとも、その目に似ているとも言われる。この魔石ルフィアはエルトを召喚しやすくする効果がある。

lfislang
/ [政治]生存権
[レベル]4
19

liaka
/ [地球の国名]オーストラリア
[レベル]4
古:小さい大地

liam
/ [経済][動詞]yulをaに繰上げる、繰上げる、繰り上げる、前倒す
[普通動名詞]繰り上げ、繰上、くりあげ、前倒し
[反意語]rain
[レベル]4
@19

lias
/ [化学]分子
[レベル]4
13:制:liis。「原子の集まり」が原義。

lida
/ [植物]ザクロ、ざくろ、石榴、柘榴
[レベル]4
16:制:lidから

lidel(2)
/ [音楽]シンセサイザー、シンセ
[レベル]4
21:lid「人工の」

lidi
/ [植物]バンザクロ、蕃石榴、グァバ、ガバ、グアバ
[レベル]4
16:制:石榴と似た実をつけることから。分類上は別種。フトモモ科。

lidlivro
/ [生物]人工生命
[レベル]4
22

liez
/ [建築]講堂、ホール
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt:lie/ez
[語法]
典型的には体育館のように広くて深く、屋根の高い、音響のいい場所。
[文化]
学校では、入学式などの集会を行うために独立して存在する。形は特に決まっていない。
【用例】
liez kai{*han} 広いホール

liflens
/ [名詞]口香、リフレンス
[反意語]lifrans
[レベル]4
21:liito/flens
[文化]
lozet, velfiire以上が持つ香り。liflensは息で、lifransは体から発せられるもの。異性を魅了する力が多少ある。
個人や年齢等によって香りは変化するが、生涯を通じて根本的な香りの種類は変化しない。
例えばrdだとリディアは桃、ライチ、薔薇をこの順で混ぜた香りになっている。メルはマルベリーで、クリスはオレンジで、クミールはラベンダーとすみれといった具合に、人によって異なる。
紫苑の書に登場するエリアも外見以外はロゼットの血が濃く、すみれのリフレンスを持つ。
性別によって大まかな違いがあり、女性はたいがい花や果実などの甘い香りが中心で、男性はミントなど清涼感の強いものが多い。
lifransはリフレンスと同じ場合もあれば、異なる香りのこともある。たいていはリフレンスを弱くした香りである。例えばメルの場合は異なるタイプで、メルのlifransはローズマリーである。

lifrans
/ [名詞]体香、リフランス
[反意語]liflens
[レベル]4
21:liito/frans
[文化]
liflens

lifre
/ [アイテム][軍事]ナイフ、戦闘用ナイフ、コンバットナイフ
[類義語]tips
[レベル]4
szd;liiz/frei
24

liib
/ [化学]香料
fv;liito/gaabe
[レベル]4
23

liifa(2)
/ [名詞]リーファ、リーファ隊、ミロク親衛隊
[組み数字]5
[レベル]4
古:liifaの名は星から来ている。星(liifa)の古アルカの字がペンタゴンの形であり、リーファ隊が5人でできているため。
[文化]
ミロクの参謀を務めた5人の執政官。ミロクの絶対的な信望者で、敬虔なアルティス教徒。ミロクの改革の主だった内容を実行した。5人はミロクを囲むように立ってミロクを守っていた。その立ち方が星型をしていたため、リーファと名付けられた。リーファは女が3人で、男が2人。全員本名は別にある。例えばalsonの本名はveldrne freigild(朔夜)。彼らはそれぞれ自分の得意分野を持っていた。財政を担当するのはmirgi(神の金)で、几帳面な女性。布教や広報や外交等を担当するのはカリスマがあり雄弁なhanes(広めるもの)という男性。法と異端者の取り締まりを担当するのはkasan(al/kasaから来ていて法の重ねを意味する)という男性で、徹底派で強硬であったために人々に恐れられた。事務を始め書類の処理や政策の調整など、多岐に渡る範囲を担当するのはaaxeという女性で、大人しく真面目。改革の実行全般を担当するのはalson(so/soから来ている)という女性で、特に多忙であった。例えば街を作りかえるという改革がでれば建物を壊したり移したりし、土地を整備して建設する。ミロクがどこそこに水道を引くといえば水道も引く。山が邪魔だといえば切り崩す。鉄道をといえば鉄道を作る。そういった指揮を全て行ったのがalsonであった。alsonは精力的で男勝り。
リーファ隊は軍事を担当するものがいない。ミロクが代表で担当し、ハネスとカサンとアルソンがそれを主に支えていた。軍部の財政や事務についてはミルギとアーシェが担当した。ゆえに軍事は全員で行ったといっても過言ではない。

liifaern
/ [天文]星系
[レベル]4
23

liifas
/ [アイテム]リーファス
[天文]星屑→klealiifa
[レベル]4
ridia:古:セレンがリディアの髪飾りに名付けたliifas(星の砂)を流用したもの。liifasはliif/s(星/砂)
[文化]
ヴァストリアの1つ。リディアのもつ髪飾り。最強の黒魔法ライファを使えるようになる。

liiret
/ [単位]ボルト、リーレット、人間イレット
[レベル]4
14:制:人間イレット

liirma
/ [単位]ヘンリー、リールマ、人間イルマ
[レベル]4
14:制:人間イルマ

liisia(2)
/ [アトラスの国家]リーシア
[レベル]4
kako
[文化]
面積:680447.780897 km^2

liitonetek
/ [料理]ジャスミンティー、ジャスミン茶、茉莉花茶
[レベル]4
rd;/
23

liitos
/ [名詞]健康年齢
[類義語]livles
[レベル]4
22:livles/tolis
[語法]
livles

liiz
/ [人名]リーズ
[組み数字]3/15
[レベル]4
kako:古アルカでの意味は「小さい」
[文化]
メテの第3使徒。

liiza lutia(2)
/ [人名]リーザ=ルティア
[レベル]4
lj
22
[文化]
(380_)
風花院flanjeの女主人。

liize(2)
/ [人名]リーゼ姫
[レベル]4
22
【成句】
haas vant e liize 綱紀粛正

liizeixta
/ [電算]サムネイル、サムネイル画像→liizen
[レベル]4
al;/
24

liizen
/ [名詞]縮小されたもの
[電算]サムネイル、サムネイル画像←liizeixta
[レベル]4
rd;/ | al
24

liizepax
/ [地学]縮図
[レベル]4
21
【用例】
leiate et liizepax e fia da. 本屋は世界の縮図である(seren arbazard)

lijkalka
/ [法律]少年院
[レベル]4
20:ridia:mirok
[文化]
未成年用の刑務所。革命で廃止され、年齢による区別はなくなった。

likad
/ [地学]地球の国名、地球の国
[レベル]4
19
[語法]
地球の国名は、古アルカからあるものを除き、すべてセレンが独自に命名した。セレンにとってのその国の見方を反映している。アトラスにない概念の命名なので、恐らくアンティスはほとんど関係ないといっていい。本辞書では[地球の国名]のタグをつけた。

likho
/ [医療]骨粗しょう症、骨粗鬆症
[レベル]4
19

liks
/ [植物]モミ、樅
[レベル]4
lakta

lil
/ [化学]元素
[レベル]4
rd;liil,lss.k
13:制:古:liil(元素)
[語法]
水素からローレンシウムまでは固有名がある。ローレンシウム以降は原子番号を使ってメルの読み方で命名する。文脈で分かる場合。lilは省略する。
本辞典ではlilで見出し語検索をすれば元素が引ける。

lileda
/ [化学]周期表
[レベル]4
18

lilunaf
/ [単位]ジュール、リルナッフ、人間ルナッフ
[レベル]4
14:制:人間ルナッフ

liluuv
/ [単位]ワット、人間ルーヴ、リルーヴ
[レベル]4
14:制:人間ルーヴ

limas
/ [ユマナ]Aサイズの紙
[レベル]4
19
[語法]
A1はkolimas。PC用紙としてよく使うA4がvallimas、書籍の一般的なサイズであるA5がlinlimas。

limeer
/ [名詞]処女、乙女
[反意語]yolda
[レベル]4
rd;limeer,f.hem

limeer:limeer:la yundite
[文化]
アルバザードは処女を尊ぶ文化で、処女が軽々しく捨てられたのは歴史的にヴェレイのみ。アレイユでは処女でなければまともな結婚は難しい。処女を判定する方法はないため、女子は悪い噂を立てられぬように生活するのが智恵。

limela
/ [ユマナ][単位]リットル
[レベル]4
16:制

limelba
/ [ユマナ][単位]キログラム
[レベル]4
14:制:人間メルバ

limelfi
/ [ユマナ][単位]メートル
[レベル]4
14:制:人間メルフィ

limelia
/ [植物]リナリア、リメリア
[象徴][花言葉]初恋
[レベル]4
22:liimel
[文化]
黄色はfianまでの初恋。白は純粋な初恋。ピンクはreiyu期の初恋。紫はそれ以降の遅咲きの初恋。

limelka
/ [ユマナ]謹賀新年、あけましておめでとう、あけましておめでとうございます、あけおめ、ハッピーニューイヤー、HAPPY NEW YEAR
[レベル]4
23:li/melka

limelsel
/ [ユマナ]正月、お正月
[レベル]4
23:li/melsel

liml
/ [化学][被服]繊維、ファイバー
[レベル]4
13:制:語源不詳

lineej
/ [天文]GPS
[レベル]4
21:linnel/ji「リンネルの指」

linnel
/ [サール]リンネル
[レベル]4
ridia:古
[文化]
遺失物を司る神。小人の妖精のような姿をしている。気まぐれで、この小人が物をなくしたり、逆になくしたものをひょんなところから出したりする。

lint
/ [名詞]悪魔の取引、tを失ってkを得る等価交換
[レベル]4
19:mel:lins/fut
[語法]
何かを得る代わりに何かを失うことを指す。

lion
/ [単位]ギガ
[レベル]4
21:lidian

lipaklas
/ [名詞]ニッパー
[レベル]4
rd;/「ペンチのようなハサミ」
23

lisivis
/ [電算]マイクロコンピュータ、マイクロプロセッサ、マイコン、LSI
[レベル]4
19

listifrens
/ [名詞]万華鏡
[アイテム]リスティフレンス
[組み数字]4/12
[レベル]4
21:魔族リスティの羽根→listi
[文化]
リスティの羽根を逢わせたインヴァネスコート。光の魔法を屈折させ、跳ね返す効果がある。非常に高価。smで錬金術師がこのアイテムを作った際、羽根の余りを筒状にして万華鏡としてlistilooloの名で販売した。近代になりようやく地球と同じタイプの偏光を用いた万華鏡が発明されたときにはlistifrensが既になくなっており、listifrensで万華鏡を指すようになった。

listov
/ [名詞]痴話げんか、痴話喧嘩
[レベル]4
19:クリスの喧嘩。クリスとオヴィのケンカが一番10代のころ派手だったことから。小さい喧嘩ではない。

listvet
/ [言語]謙譲語
[反意語]soksvet
[レベル]4
20
[文化]
leavet

lisvala
/ [医療]個人病院
[反意語]kaivala
[レベル]4
21
[文化]
ival

lite
/ [植物]セリ、芹
[レベル]4
16:制:古のliitoから

litmem
/ [数学]内接円
[レベル]4
19

lito
/ [動物]鮎、アユ、あゆ
[レベル]4
alakta:lito,liito(良い匂いがする)

livasr
/ [単位]オーム
[レベル]4
14:制:人間ヴァスル

livavent
/ [経済]ゲーム会社
[レベル]4
22

livet
/ [ユマナ][言語]人間界の単語
[レベル]4
19
[語法]
mexkvetではない、人間界にしかない単語のこと。アシェットやネット上にしか存在せず、神話や小説には現れない単語。本辞書では[ユマナ]のタグで指示。

livivi
/ [単位]ニュートン
[レベル]4
14:制:人間ヴィヴィ

livlaja
/ [環境]出生率
[レベル]4
19

livlnian
/ [名詞]産休
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

livlpit
/ [医療]産科
[レベル]4
19

livlyai
/ [医療]陣痛
[レベル]4
19

livrer
/ [歳時記]秋、聲秋(せいしゅう)、リヴレール。実りの秋
[形容詞]秋の
[人名]リヴレール
[アクセント]livrEr
[レベル]4
20:liiver/alis。lt
[語法]
diaxer

livroon
/ [植物]ぺんぺんぐさ、なずな、ナズナ
[レベル]4
19:生命の草。極めて生命力が強いことから
[文化]
煎じたり煮詰めて肝臓病などの治療に使う。
【用例】
an xenat lax lemi e livroon. ナズナ粥が飲みたかった。

liwemsel
/ [ユマナ]バレンタインデー
[レベル]4
23

lixadelk
/ [地学]フィヨルド
[レベル]4
19
[語法]
delkとあっても分類上は海岸。

lizm
/ [生物]微生物
[レベル]4
19:古:liiz

loint
/ [アイテム]弩、クロスボウ
[レベル]4
szd;tloint.k
22:sorn:tloint(自動ドア)
*:loint:lu loint

loisruan
/ [名詞]濃縮還元
[レベル]4
vl;/「濃縮して還元する」。一旦水分を飛ばしてからあとで水分を加える。運搬を容易にするために行う。
23

loitflei
/ [名詞]奥付→lei
[レベル]4
22

lokas
/ [被服]ロカス、角帽
[ユマナ]ナースキャップ
[レベル]4
rd;/「頭の三角」
23
[文化]
学位が与えられた人間に与えられる帽子。形は地球のナースキャップと同じ。

lolos
/ [地名]メテの使徒ラルドゥラの支配地
[人名]ラルドゥラのアルカ姓
[レベル]4
kako
[文化]
lolosan

lolosan
/ [名詞]ロロス人
[レベル]4
21
[文化]
ロロスというと忍者のイメージがあるが、どうしてそうなっているのだろうか。
yuuma 3655にシフェランがハーディアンの首都ロロスを陥落し、翌年に同盟都市のアルティアに見返りとしてロロスの支配権を渡す。このことが決定的な原因となり、アルティアとロロスの間に格差が生じた。
smで武家社会がアルティアで台頭するとアルティアは力を付け、再びロロスを支配する。結果ロロスはアルティア人にとって辺境となり、落ちぶれたアルティア武士の逃げ場になっていった。
落ち武者はロロスで集落を作ったが、武士だけあって魔導師の防御をも打ち破って敵を一刀両断にする力を有している。言いかえればメジュテルを破って相手を暗殺できるということである。食うに困った落ち武者らが暗殺を稼業にするまでそう長い時間はかからなかった。暗殺集団と化した落ち武者は暗殺者の村を築き、暗殺を請け負うことを生業とした。これが忍者(reldast)の発祥である。

lolots
/ [電算]ホームキー
[レベル]4
20

londmixi
/ [医療]夢精
[レベル]4
rd;/
23
【用例】
an arat londmixi im tu faar. 今朝夢精をした。

lontmel
/ [歴史]上代、zg_kk
[レベル]4
21
[語法]
mirmel

loodan
/ [名詞][形容詞]番狂わせ、ジャイアントキリング、大金星、予想外のことをする人
[レベル]4
rd;/
24

loolo
/ [名詞]サイフォン
[レベル]4
rd;loolo,f.axek
24
[文化]
→ermelk

loot
/ [名詞]パイプ
[レベル]4
14:制:looから

lootxiba
/ [音楽]パイプオルガン
[レベル]4
19:milf
[文化]
xiika

lopvent
/ [名詞]鉄道会社
[レベル]4
21

lort
/ [魔法]ロルト、忍術
[レベル]4
19:ridia:lolos/art
[文化]
アルトの一種で、忍者が使う。アシェットではルビィが使用する。術の種類は少ないものの、眼力で相手の動きを止める魔法など、ひとつひとつに特徴がある。

lotspretan
/ [名詞]タイピスト
[レベル]4
20

loxfaiz
/ [医療]腸炎
[レベル]4
19

loxliik
/ [生物]腸内細菌
[レベル]4
21

loyot
/ [名詞]万字、まんじ、マンジ、卍、卍型、鉤十字、カギ十字
[レベル]4
20:loyo/te(手裏剣のような)

lozikl
/ [建築]雑居ビル
[レベル]4
14:制:雑居な建物

loztuns
/ [地学]混合農業
[レベル]4
19

lozveld
/ [名詞]ちゃんぽん
[メタファー]何かの混合、ごちゃまぜ、ごちゃ混ぜ
[レベル]4
21

ls
/ [言語]レスティル語、レスティル人
[レベル]4
22

lsaj
/ [生物]意図的な突然変異、ミューテーション、変身、ルサージュ
[類義語]pak
[レベル]4
20:古milsaaj(刹那の虚無)から。一瞬にしてセルトが変態したことから。
[文化]
ルサージュとは意図的な突然変異のことである。神などが変身して日常的な姿を形成することであり、単なる一時的な変身ではなく、その姿で日常を送る場合にのみ適用される。
 代表的なものはセルトによる。セルト元年(約6400万年前)に白い球だったエルトと黒い球だったサールが人型に変身した。
 セルトは自らが住処として選んだアトラスに適応するため、動物の姿にルサージュすることにした。最も知能の高い動物を目指したところ、ちょうどこのころ霊長類が出現していたため、彼らは霊長類を元に自らをルサージュした。
 ただし、プルガトリウスは現生人類と比べると遥かに知能が低いことからも分かるように、セルトの希望には叶わなかった。そこで彼らは霊長類の姿を元に改良を加え、知能が高くなるようにまず脳の容積を大きく設計した。脳を支えるために背骨を立たせる必要があり、二足歩行を選んだ。
 また、暑さ寒さを魔法で凌ぐため、余分な体毛をそぎ落とした。彼らが訪れるフィーリアには動物よりも植物のほうが豊富なため、歯は他の霊長類同様、草食用に設計した。
 このような細かい設計をしてルサージュをした結果、彼らは奇しくも後に伝染病で死滅するヒト属をさらに進化させた――すなわち現生人類に相当する――形質を取るようになった。

ルサージュは後にアルミヴァや悪魔たちも行う。ユーマはルサージュを行った親から生まれているので、始めから人間の姿で生まれている。
なお、セルトのルサージュは地球ないしアトラスで滅んだヒト属とまったく異なる変態であるため、セルトの血を受け継ぐユーマの一族もまたヒト属とは異なる変態をしたことになる。
ガルヴェーユ追放の後はアトラス各地の環境に適応したため、地球の現生人類とだんだん似てきたが、それでも根本的に異なる。例えば地球のヒトに比べ、ユーマの一族は全体的に骨格が華奢で手足が細長く、目がくりっとしていて、背が少しだけ小さい。また、飢餓の経験がなかったガルヴェーユ人までは太る遺伝子も持っていなかった。ユーマの一族の現代人はそのほかにも生殖能力が弱く妊娠率がヒトより少ないなど、外見上はよく似ていてもあくまで別の生き物だという点を残している。

luapia
/ [言語]三人称
[レベル]4
19:xion:luを代表としている。
[語法]
三人称には好感形と悪感形がある。作り方は次のとおり。
1:三人称の母音を伸ばす。lu→luu
2:丁寧ならmi、野卑ならbeを付ける。luu→luube
3:所有格(属格)ならnを付ける。luube→luuben
4:複数形ならsを付ける。luube→luubes、luuben→luubens
*nは属格の-enから来ている。sは複数のseから来ている。

文法的な使い方は普通の三人称と同じ。
luube(こいつ)
luube lutta(この野郎)
tu et luuben da.(これはこいつのだ)
bend luubens(こいつらのエサ)
baz aku lax tuube a?(おめぇ、こんなの食いてぇんか?)
tuumi leeze et laami tauanen anne.(こちらのお傘はあちらのお客様のものでございます)

*tauan laaminだと「こちらのお傘はあちらの方のお客様であります」という意味不明な文になる。なお、laamin tauanは文法的にありえない。laat tauanと言えないのと同じ。la tauanenが正しいことを考えれば分かる。
「tauanを修飾しておりそれに属格のenが付いている」と考えるのでlaamiになる。leemiは不可。これはla tauanenやlaabe tauanenにもいえる。[{(あの)(客)}{のもの}]という構造をしているためである。属格を止めて「あの客の傘」に戻した場合、esn e la tauanになることからもlaが正しいと確認できる。

好感形は好意、丁寧、親近感、価格の安さ、偉大さ、量の多さなど、自分にとって高評価のものや好都合なものを意味する。
悪感形は嫌悪、野卑、疎遠さ、価格の高さ、矮小さ、量の少なさなど、自分にとって低評価のものや不都合なものを意味する。
ひとえに丁寧や野卑と捉えると、レインのような大人しい女性が使うことに違和感を感じてしまう。好意や矮小さなど色々な用法があることを念頭に置くこと。

misentant mil sala halasat tuumi renal a men.(このようなお言葉をちょうだいして、誠にありがとうございます)
an aaxa laxat leebe lfis!(あんな人生なんて少しも望んじゃいなかった!)
leemi gart(あんな大金) tuube gart(こんなちっぽけな額)

三人称が細分化されていると、ti(あなた)やtiil(あなたの)にも丁寧や野卑があるのかと思うかもしれない。
tiなどには位相というものがあり、三人称よりさらに細分化されている。
例えばti(あなた)に対して、halka(貴方様)やbaz(てめえ)などが10種類以上もある。
位相は丁寧感や野卑感のみならず、話し手の性格や話し手と相手との関係まで示している。

女性語は下記の通り変化する。有生にしかない。単複同形。
laami, laamis→ansiel
luumi, luumis→lusiel
laamin, laamins→ansiett
luumin, luumins→lusiett

ansiel te velnaren mil mist xiilasat yuna lij siina. xom yuta vil klos lusiett aano(あのお方は幼いころの私を可愛がってくださったのよ。この方が仰るような悪いお方じゃありませんわ)

[文化]
新生になって二人称までは位相で細分化されたのに三人称は表現力が乏しく、「こんな人生」や「あんな漫画」や「こちらの女性」や「あちらの方々」といった表現ができなかった。この不満は数年来のものであったが、22についに噴出して細分化することとなった。提案者はセレンで、リディアと相談して作成した。
rdではセレンがアルカディアへ去る直前の春先に作っている。

lufaa
/ [地名]ルファア、炎京
[地名]ルファア砂漠
[レベル]4

[文化]
ファルファニア国の首都。大部分をルファア砂漠に覆われている。ルファア砂漠は代表的なファベルの砂漠。ここの砂が風に乗り、カテージュなどに降り注ぐため、黄砂に相当する現象が見られる。ただし日本ほどではない。

lufaaxea
/ [気象]黄砂
[レベル]4
19
[文化]
lufaa
【用例】
lufaaxea ar milm ka jan. 黄砂が舞っていた。

lufaazelofaiz
/ [医療]日本脳炎
[レベル]4
19:seren/ridia
[文化]
ファベルのルファアで起こった。

lui
/ [地球の国名]イギリス、英国、グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国
[レベル]4
17:制:古:lua。luaは古アルカで「足」の意味(但し、アルカ・エ・ソーンでは足はluas)。イギリスは足の形に似ているとセレンが言ったことから。

lukaks
/ [運動]ウォーキングマシン
[レベル]4
vl;/「歩く床」
24
[文化]
enovyameとlukaksとlefaksはvlで開発され、alで一般的なスポーツジムに普及し、ljで映像が取り入れられた。地球でいえば例えば日本にいながらランニングマシンで走ることでパリのシャンゼリゼ通りの映像が映し出され、まるで日本にいながらパリを走っているかのような旅行感覚を味わうことができる。この技術はyuim社が実現させた。地球でいえばグーグルのストリートビューを進化させてなめらかにしたようなもので、リアルタイムで歩いたり走ったりした速度や方向に合わせて日本にいながらパリを散歩したりできる擬似旅行装置としても使える。それでいて健康器具としても使えるのでよく売れた。
アトラスでいえばアルバザードにいながらルティアのテューレンスを旅行できるようなもので、しかも自宅内で旅行できるようなもので、このサービスは非常に歓迎された。創案者はセレンで、革命でyuim社に打診し、yuim社が即座に実行に移し、国民の圧倒的な人気を博した。このサービスを使えば家にいながら世界のどこでも旅行した気分になれる。旅行会社ははじめこのサービスを拒絶したが、このサービスでは空気感や匂いや名産品までは再現できない。そこで旅行の下見としてこのサービスが使われたり、このサービス事態が観光地の広告となり、バーチャルで歩いてみたので本物も歩いてみたいと思う人口が出てきた。そのため旅行会社は手のひらを返してこのサービスとの共存を図るようになった。
映像は眼前のディスプレイに映す方式のものと、電脳メガネに映すもの、網膜に直接映像を送るものなどがある。

lukko
/ [植物]コリアンダー
[レベル]4
alakta

luliamo
/ [交通]痛車、イタ車
[レベル]4
al;/
23
[文化]
サブカル風味の装飾を施した車のことで、alに興った。その後痛バイクや痛ハウスなど、様々なものに発展していった。

luliest
/ [俗語]虹ネーム、二次キャラネーム、キャラネーム、ルリ名、ルリエスト
[類義語]kuzest
[レベル]4
vl;/。ルリの街で消費されている商品に登場するような名前であることから。
23
[文化]
→kuzest
もとは小説やラノベやアニメなどで使われていた名前のこと。小説などは奇抜な内容が多いので、実在の人物の名前とかぶってしまうと問題になることがあった。そこで苦情が来ないようにあえて現実にいなそうな名前を付けることが多かった。
ところがvl後期からalにかけてファンが子供に自分が好きだった作品の登場人物の名前を付けるようになり、それがluliestと呼ばれ社会問題となった。
kuzestに比べ、luliestは比較的評判が良い。kuzestの親に比べてluliestの親の社会的地位が高いことが原因である。日本でもそれは同じで、オタクは無職から社会人まで幅広くいるが、結婚して子供を残している以上無職はまずないので、子供を持ったオタクはその時点である程度の社会性があるということが推測される。kuzestの親よりしばしば社会的地位が高いため、受ける批判も少ないというわけである。
2012年の日本でいうと、涼宮ハルヒ、月野うさぎ、孫悟空などがluliestに当たる。

・心暖まる名前

あるところにオタクな青年と腐女子な少女がいました。彼らはルリの街で出会い、共通の趣味から恋に落ちました。
やがて彼らは結婚し、子供が生まれ、付き合うきっかけとなった漫画のキャラの名前を付けました。

――このような命名はDQNネームとは真逆で、むしろ美談として受け入れられる。

lulilem
/ [音楽]オタ曲、アニソン、オタソン、ヲタソン、アニメソング、ゲーソン、ゲームミュージック、ゲーム音楽
[レベル]4
vl;/
23
[文化]
vlで始まり、alで最盛期を迎えた。一般人が聞くPOPSなどに比べマーケットが苛烈であったため、POPSよりも技巧の凝らした曲が多いのが特徴。vlのころはアニソンというと子供っぽい印象だったが、al最盛期ではPOPSより遥かに複雑なメロディと伴奏を持った世界で最も進んだ音楽となった。

lulira
/ [建築]痛ハウス、痛家
[レベル]4
al;/
23
[文化]
luliamo

lulitimo
/ [交通]痛バイク
[レベル]4
al;/
23
[文化]
luliamo

lulixook
/ [俗語]オタトーク
[レベル]4
23

luls
/ [生物]静脈
[レベル]4
19:lunapals

lunaf
/ [単位]ルナッフ
[レベル]4
14:制:古:lunafai(走る熱)
[語法]
1ヴィヴィが物体を1メルフィ動かす時のエネルギーを表わす。ジュールと比較。

luni
/ [生物]無生物
[形容詞]無生の
[反意語]ruma
[レベル]4
sert;luuno,f
17:制:luna:luno
luuno:luuno

lunolil
/ [化学]炭素
[レベル]4
18:制

lusiatte
/ [形容詞]魔術的な、魔法的な、魔術の
[反意語]kamitte
[レベル]4
rd;/
23

lusifel
/ [魔法]ルシフェル魔法学校
[レベル]4
20:lusia/fel
[文化]
→artsel
アルバ二世がフェリウスの学校ブームの際にアルシアに建てた魔法の専門学校。専門学校としては最古のものである。
アルシアの11魔将が立てた最新の魔法学を学ばせ、優秀な魔導師の育成を目指した。アルシア自体は鄙びた都市だったため、ほとんどの学生は首都アルナの出身であった。そのためルシフェルは全寮制を取っていた。ルシフェルは全寮制を取った最古の学校であり、この特徴はミスティア錬金術舎にも受け継がれる。
魔法がなくなったナディアでは改装され、学校として使い続けられた。アレイユでもそのままの名前で残っている。

luteband
/ [運動]エアーホッケー、エアホッケー
[レベル]4
vl;lute/bandels
21
[文化]
アルバザードがホッケーを改良して編み出したスポーツ。体力に自信のない者でも気軽に楽しめるため、競技人口が多い。
草食系男子が運動部に入らなくてはならない状況に追い込まれたときに、たいてい卓球かこれを選ぶ。
日本と違って背丈によって等級が決められており、台は総じて日本より高い。台が低いと腰に来て、高いと肘に来るため。

lutetia
/ [筐堺]ルテティア
[アクセント]lutetiA
[レベル]4
rd;lutiaの間にteemsのteを挟んだもの。星座にいる魔族を監視する役目を負った筐堺。ルティアを見守る合間に魔族を見張るという意味を込めて、悪魔を意味するteをlutiaの間に埋め込んだ。lutiateだとteが「〜のような」に見えてしまうので避けたという理由もある。ただし、アトラスの地理上の筐堺国はlutiaのみ。
22
[文化]
筐堺司:ridia lutia
筐堺国:lutia

lutiatike
/ [地学]ルティア海流
[レベル]4
23

luupet
/ [ネガティブ][形容詞]一方的な、ワンサイドゲームな
[レベル]4
22:luup/te
【用例】
an sin gaato tiv luupet. こういう一方的な試合は好きじゃない。

luuv
/ [単位]ルーヴ、電力、仕事率
[レベル]4
古:元はluuvivi(動く力)
[語法]
1秒間に1ルナッフのエネルギーが消費されるときの仕事率を表わす。ワットと比較。

luuvyol
/ [物理]電力消費、消費電力。電力を消費した量も表す
[レベル]4
19

luwamilx
/ [卑語]ちんば、跛。片ちんばも含む。
[レベル]4
21
[文化]
使わないこと。

luxifer
/ [医療]善なる人格
[人名]ルシフェル、アルシフェル、紫月
[レベル]4
古:ridia:al/xifer。人名が先にできた。
[文化]
kamelia
人名のルシフェルはリディアとメルが作り上げた理想の男性像。日本語名もリディアの命名で、紫月(しづく)という。「息吹」→「息吹く」の発想で、「しづき」→「しづく」も可能だろうと誤解したところに由来する。同時に高校3年時のセレンを指す。xiferに接頭辞alをつけてできたが、aが落ちてlxiferとなった。ところがlxの発音がいいにくいので、luxiferとなった。ルシア誕生後はluxiの部分が同じということで、luxiferが正式と定められた。
ルシフェルは血気盛んだが冷徹で仁義にあつく、弱い人間に親切で悪を嫌う。心身ともに強く、仲間を守り、敵を潰す。人とつるむのが嫌いで孤高な性格で、格闘技に長けている。一見女に冷たいが実はやさしい。細身の筋肉質で、ルヴァル体質。指が細く長い。身長は172cm。

lya
/ [遊女][代詞]la
[レベル]4
21:la

lyalya
/ [遊女][感動詞]lala
[レベル]4
21:

lye
/ [遊女][代詞]le
[レベル]4
21:le

lyudiaren
/ [言語]リュディア語
[レベル]4
22
[文化]
eldseta

●概要

名称:ly(リュディア語)
系統:アテン超語族ユーマ語族シフェル亜語族リュディア超語派(atenamat, yuumaemit, xiferfiam, lyudiaifal)
使用年代:tm
分布:南西アンシャル
話者:ファルファニアから移住してきたシフェルの民
類型:SOV、AN、Po:語順は格のおかげで比較的自由。SVOも可能
認知様式:客観的把握

リュディアで話されていた言語。ファルファニア語から発達した。

●格

・主格と対格

主格が-s、対格が-yで示されるようになった。

-sはso(する)から来ており、-yは-jから来ており、-jは-ju(受ける)から来ている。
jがyに弱化するのはアルテ語族によく見られる体系で、それゆえ-iでなく-yとしている。
ただし読みは-iと同じ。

-sも-yも閉音節の場合、直前に母音を入れる。
この母音は直前の母音と同じもので、母音調和する。
kal(場所)→kalas(場所が)
heren(リンゴ)→hereney(リンゴを)

ただし直前が二重母音の場合、強い母音にあわせる。
daiz→daizas

・属格

属格は同じように-nで示す。閉音節の場合は直前の母音を付ける。daiz→daizan。
これを後にrdでクミールが指小辞と取り違えて、アルカに指小辞式の属格が流入する。

lyudia→lyudian(リュディアの)

ただし所有はkenoで示すまま。

●連体詞

af(これ)と Lu(あれ)の2段階。

連体詞は属格に変化すると、「これの」「あれの」という意味になる。どれも前置。
af この
Lu あの
afan これの
Lun あれの

●形容詞と副詞

膠着して示されるようになった。

開音節の場合は-le,- heが付く。
kaile, kaihe。

閉音節の場合は-eが付く。
liize, liize(小さい、小さく)
limeere, limeere(初めての、初めて)

●テンスとアスペクト

影響相ができ、継続相と切り離された。
警告のsuが消えて、sに吸収された。
開音節の場合、下記の通り。通時ができた。

過去 t
現在 r
未来 s
前が有声音なら同化してzでも同化しないでsでもよい
通時 ra ※古アルカでは現在形だった
無時制 なし 相も付かない。相を使うときは現在形を使用

ただし閉音節に付く場合、主格と同じく直前の母音ないし直前の二重母音の強い母音が付く。
kulul(作る)→kululut(作った)

開音節の場合そのままtが付くが、母音と同化するのでdになる。sはzになる。
i→id, i→iz

将然相 etta i/r/etta 見そうだ。ketta(行く)から。
開始相 er baog/d/er 殴り始めた。向かうというところからkerが使われている。
経過相 tan lufa/d/tan 飛んでいた
完了相 il fai/z/il 燃やし終えているだろう。
継続相 anis kui/anis 食べてある

時制/相の順序で動詞に後続させる。
時制と相の間の場合は子音連続でも母音を挟まない。
lufadtan(飛びそうだった)

●関係詞

関係詞の無音の字がromと読まれるようになった。

lyudian daizas futod rom kaldaiz(リュディアの王が獲得した国)

やはり関係詞節内の前置詞は残存しない。

●後置詞

hyul(上に、〜で)など、後置詞が増えた。

●語順

格がついたことで、語順は比較的自由に。
lyudian daizas fitat hereney(リュディアの王がリンゴを与えた)も可能。

●認知様式の変化

神代frfの間に客観的把握を獲得したものと推定されている。下記のようにスル言語で、行為連鎖(action chain)に英語同様「原因」が来ている。aでは不自然な表現で、完全に客観的把握をしている。
daizan herenes fitat niluuy(王のリンゴが喜びを与えた)

lyusiel
/ [軍事]天馬騎士、ペガサスナイト、リュシエール
[娯楽]バイキング、リュシエール。ぐるんと一回転する大きな筐体の乗り物で、ペガサスがかたどられている。日本でいうとバイキングに相当する。
[レベル]4
21:lt
[文化]
lyusie
天馬に乗った騎士。主にリーゼルの戦乙女からなる。
yunditeという五人一組の部隊で編成され、V字型に飛空する。
先頭に立つのがリーダーのelyundite。
二列目に立つのがsavanje。サヴァンジェはエリュンディテの指揮を受け、エリュンディテの左右からスッと前に出て槍を突き出す。この際、陣形が一時的にX字になる。
三列目に立つのがtrikomelor。トリコメロールは魔法の使える者が乗り、後方支援や後方の安全確認を担当する。
従って、エリュンディテはバランスの取れた者が、サヴァンジェは攻撃力に長けた者が、トリコメロールは魔法に長けた者が選出される。
弱点は後方からの物理攻撃だが、V字型の陣形はそれを克服するためにもある。V字の場合、陣形の前後を入れ替える際、y軸(ink)移動をしなくとも良いという利点がある。エリュンディテが静止し、サヴァンジェがエリュンディテを越え、トリコメロールがサヴァンジェをさらに越えた段階まで前進し、あとは後ろに向けば即座に陣形を反転できる。y軸移動がないため、最短経路で反転できる。
また、後ろに向くやり方はxtarholとsanlholを組み合わせたインメルマンターンである。これはリュシエールの装備が槍であることから生まれた。槍の場合、inkhol(振り向き)をすると味方を突き刺してしまう。この際、sanlholは時計回りに行う。ループとロールを同時に行うので、ロール開始の時点で右(心臓と逆)の方向に回転しだすことになる。これは右手に槍を持っており、右側に重量が偏っているため。右回転から始めた方が素早く回転できる。
人間の場合は振り向きが最短経路だが、空中にいる天馬は軸足を踏めない上にそもそも四つ足なのでくるっと振り向くことができない。
すると振り向くためにはブーメランのような大きな孤を部隊全体で描かねばならない。これは経路が長い上、狭い崖の間などでは反転ができない。天馬騎士団は歩兵や騎兵が入りづらい谷間などを縫っていく任務が多いため、このような反転方式になった。
なお、下方からの攻撃に弱いのは飛空ユニットには当然のことで、下部に矢を防ぐための胸当てなどが装備される。
一方、上方はおおむね騎手の視界であるため、苦手としない。
また、地上からの敵弾を避ける際、xtarhol(ループ)をすることがある。ループは敵弾をよけつつ結局元の姿勢に戻るため、全体の陣形を崩さなくてすむ。diakacte(遊園地)にあるlyusiel(バイキング)の名はここから来ている。

maat
/ [名詞]お香、インセンス、線香、アロマオイル
[レベル]4
19:armaato
[文化]
つけるものが香水で、たくものがインセンス。線香だけでなくオイルも含む。アルバザードで一般的なのはオイル。
【用例】
ar maat お香を焚く

maaya
/ [名詞]悲しみ、苦しみ、苦い過去、苦い思い、苦い過去、苦い記憶、胸痛、心の痛み、胸が締め付けられる感情
[類義語]nayu
[レベル]4
rd;ma(胸)/ya(痛み)
24
[文化]
取り返しの付かない苦い過去を思い出したときに右の輙筋あたりが痛むこととrdでセレンが定めた。

madm
/ [生物]虫垂
[レベル]4
13:制:madmai(へその身体語彙)。骨盤の右上前腸骨棘突起から臍に引いた線上にあることから。

madmfaiz
/ [医療]虫垂炎
[レベル]4
14:制:虫垂の炎症

maeliti
/ [生物]乳腺
[レベル]4
19:seren

maem
/ [料理]コレステロール、コレステリン
[レベル]4
13:制:古:mainemyu(体の脂肪)

maemars
/ [化学]ラクターゼ
[レベル]4
19:maexiim/mars

maexiim
/ [化学]乳糖、ラクトース
[レベル]4
19:bakmなど、maeに含まれている

maga
/ [名詞]振幅
[レベル]4
14:制:mag

maget
/ [音楽]リード
[レベル]4
21:mag/te

magi
/ [音楽]ジャズ
[レベル]4
16:制:magから

magili
/ [植物]クコ、枸杞
[レベル]4
sm;<>makili. var altia, i vema
22

magla
/ [サール]マグラ
[レベル]4
meltia 6:magla;maglan.k

[文化]
esta
ヴィーネに恋する少女。淫を司る。tiitelの性欲がチョウマメに単離し、そこから生まれた化身。チョウマメが熱帯インサール原産であることから、yultanな形質をしている。
ユーマに嫉妬し、ユーマとユーマの娘のエスタを呪った。髪は黒く、背中まで届く。ちりちりの毛で、ソバージュを長くしたような髪をしている。ところどころ三つ編みにしている。見た目はyultanで、背は少し高い。眼が釣り目で、唇が赤い。

maik
/ [植物]麻
[レベル]4
meltia 389:varte;e
13:制:恣意

maika
/ [植物]大麻、マリファナ
[レベル]4
13:制:maik

mail
/ [化学]化学
[レベル]4
lakta
[文化]
化学用語は古・制の時代にリュウが中心となって作り、幻幻辞典に記載された。
その後メル19年の新生化に伴い、改訂作業をした。
制になる際に、リディアの要望でアンティスを反映したアプリオリなネーミングに変わった。新生でも変わらない。
19年末の専門用語強化に伴い、幻日に輸入される形となった。
ところが、作業をしていてあまりにIUPACが地球の事情に基づいたものなのではないかと考えた。
そこで、これだとアプリオリと言えないのではという不安に襲われ、仕方なしにゼロからオリジナルの命名法を考えだした。

mailyev
/ [化学]化学反応
[レベル]4
19

mainvav
/ [運動]全身運動
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

mait
/ [化学]化学薬品、化学物質
[レベル]4
13:制:mailpitu

mako
/ [化学]化合する、親和する
[普通動名詞]化合、親和
[レベル]4
19:ryuu:mail/kop

malea
/ [エルト]マレア
[レベル]4

[文化]
芸術、美術の女神。

maletis
/ [人名]マレティス。マレットの長
[レベル]4


maletren
/ [言語]マレット語
[レベル]4
20

malka
/ [人名]マルカ
[組み数字]11/14
[レベル]4
古:語源不詳
[文化]
第4期3代アルシェ第11使徒ファーヴァの実母。メルtif 29年生まれ。ヨルダンのアンマンに疎開。その後エジプトに入る。そこでイスラム教徒と結婚し、ファーヴァを設ける。後に夫が事故死し、アフリカを南下し、村落のようなところで暮らしていた。その後病床に臥し、死を待つ体となった。ファーヴァを養ってもらおうとメル8年ギルの月にリーザに連絡を取り、使徒として献上することを告げる。リーザはそれを受けて同年フルミネアの月エンナの日、即ちファーヴァの誕生日にセレンに連絡し、使徒候補としてファーヴァの存在を告げる。ただ、実際にファーヴァが使徒になるのはマルカの死亡後なのでそれから随分後になる。病床に臥したマルカを見てファーヴァは薬学を勉強し、できるだけ延命を施した。それゆえ予想より長く生きることができたが遂に果てたため、ファーヴァはアルシェの軍門に下った。ファーヴァの村落には血の繋がっていない祖父と呼ばれる老人がいるそうだが、これはアシェットには無縁で、リディアしか会ったことがない。

malkaka
/ [電算]メモリスロット、メモリースロット
[レベル]4
19

malkaxu
/ [法律]不文法、不文律
[反意語]sevkaxu
[レベル]4
19

malt
/ [名詞]思春期
[名詞]思春期の人間
[名詞]中級、ミドル
[類義語]solomon
[レベル]4
古:malt
[文化]
mav

maltiia
/ [魔法]マルティーア
[レベル]4
tm;myul/tiia。このmyulは「向き合う」つまり「和合」の意味。
[文化]
→seles
セレス体が別のセレス体を形成すること。主にアテンが別のアテンを作ること。人間の場合は生殖による。神の場合はそのほかにエタンを使って作ることもできる。例えば本から生まれたユルグのように。
生殖を例にとると、受精した段階で2つのinselが結びつき、ioselとなる。haabeはこのioselを感知する能力があり、ioselができると重複しないようにselesとinselをselesklelに登記する。inselが同じでもselesが違えば別の個体として識別できる。
登記が済むとveeyuのセレスをioselを持った個体に飛ばす。これをlyufelという。セレスは目印になっているスピカにワープした後、光よりも速い速度でioselに向かう。selesとinselがioselにぶつかるとioselは消滅する。haabeができる前は登記がなく、セレスクレールもなく、管理が行き届いていなかった。管理をしたことで魂の帳尻が合うようになり、効率よくアルデルへ回収することができるようになった。
selestiaを死神が嫌うのはこの管理システムを破壊するためである。アテンが好き勝手にセレスティアをしあったら、セレスクレールの内容は確かでなくなり、魂の収支が合わなくなる。
アテンが死ぬと死神がセレスを運ぶが、veeyuでlastiaがセレスクレールと照合し、回収した旨と日付をセレスクレールに登記する。また、魂の形状や状態、行き先がトワーユかラティアのいずれであるかなども登記する。アトラスから来るアテンが多いため、日付は便宜上アトラスの歴、具体的には現在ではメル暦を用いる。

malvel
/ [医療]人間の悪い部分、悪い人格
[人名]マルヴェル。セレンの悪の人格。
[アクセント]malvEl
[レベル]4
古:ridia:「闇を望む」。古の希望のエクスプローダーの男性形mal/vel(闇)。エーステはvelなので、後ろにアクセント。人名の用法のほうが古い。
[文化]
luxifer, kamelia

mametmel
/ [歴史]中世、sm_rd
[レベル]4
21
[語法]
mirmel

maml
/ [生物]乳輪
[レベル]4
13:制:mamholo(乳の輪)

mamman
/ [俗語]消防、小坊
[類義語]fianan
[レベル]4
al;mamma/an「おっぱいをまだ欲しがっている人」
23
[語法]
学年制が日本と異なるので注意。mammanでおよそ日本の小学生に当たる。

mampig
/ [医療]乳がん
[レベル]4
19

mamskilp
/ [普通動名詞]ブラチラ
[レベル]4
22

manadaiman
/ [名詞]大学中退
[レベル]4
19

manda
/ [名詞]経産婦、出産経験のあるメス
[反意語]meer
[レベル]4
20:falfania語

mane
/ [生物][医療]分泌、ぶんぴ、ぶんぴつ
[動詞]yulを分泌する、分泌する
[レベル]4
rd;↓
15:制:古:maine←main(分泌)/ e(水)「体が水をだす」

manet
/ [医療]体質
[レベル]4
22:main/te

manj
/ [魔法]チャクラム、ドーナツ型ユノ、マンジュ
[レベル]4
[類義語]yuno
23

mank
/ [動物]イタチ
[レベル]4
13:制:manzから

manl
/ [動詞]yul(二つ以上のもの)をa(結果物)に折衷する、折衷する、織り交ぜる、織り混ぜる
[普通動名詞]折衷
[レベル]4
13:制:古:mant「合わさった形にする」が原義

mapxsodn
/ [名詞]既成事実
[レベル]4
22

maron
/ [普通動名詞]分析
[動詞]yulをa(結果状態や結果データ)に分析する、分析する、解析する
[レベル]4
20:mat/rans(分けて解説する)。ransと離すためにoに。

mars
/ [生物]酵素
[レベル]4
13:制:古:mainarka体と(化学反応を)繋ぐ

maset
/ [植物]パピルス
[レベル]4
20:紙のような
[文化]
アルテムでファルファニア人がアルファエル川流域で発見し、これをもとに紙を作った。既にこのとき麻製の紙を神から分けてもらっていたが、製紙技術は人間になく、このときのパピルス製が初めての製紙技術。紙のほうが単語として先に存在していたので、紙のような植物という語源になっている。

masklap
/ [名詞]ゼムクリップ
[レベル]4
14:制:紙のクリップ

masopnan
/ [交通]ペーパードライバー
[レベル]4
22
【用例】
laal rante et masopnan tis. ウチの母はペーパードライバーにすぎない。

massa
/ [植物]橘、タチバナ
[レベル]4
sm;massu,alt
22

matka
/ [名詞]分岐点
[レベル]4
22

matta
/ [被服]股引、ももひき
[レベル]4
sm; 21

maz
/ [動詞]yulを刳る、刳る、くる、刳り抜く、くりぬく
[レベル]4
16:制:max
iHi:iHi

mec
/ [名詞]代、世代
[反意語]sest
[レベル]4
13:制
[語法]
sest

median
/ [地名]メディアン
[レベル]4
meltia 95 sen via;「回帰する土地」
20:ridia:「回帰する土地」
[文化]
古代国家のひとつ。後のメティオになる広大な国。
約7000万年前、セルトが生まれる500万年前にメティオがアルカット南岸に衝突。アルテ時代の記憶を連綿と受け継ぐアルミヴァが歴史を人類に伝え、その歴史を元に人類が命名したもの。「回帰」とはパンゲア時代のように「ほかの大陸にまとまるようにぶつかった」というところから来ている。

mediennu
/ [名詞]メディエンヌ、不親切な真実、親切でない本当
[類義語]disment
[レベル]4
古:liiza:dismentと同じく、あえてそれっぽいだけの語形を恣意的に作ったもの。
[語法]
嘘ではないが誤解を招くもの。本当はAではないがAだと思わせたいとき、Aだと嘘をつくことはないものの、Aだとわざと相手に誤解させるような言い方をすること。逆に、Bだと思われたくないときに、そのように誘導することも指す。
嘘は苦手だが何かと隠す必要のあるリディアやセレンがよくやる。さらっと素で嘘がつけるメルなどはaaloといえる。
【用例】
ku(ar) mediennu メディエンヌを言う

meer
/ [名詞]出産未経験の女性やメス
[反意語]manda
[レベル]4
20:falfania語で、limeerと同根。

mefteeze
/ [気象]下降気流
[レベル]4
19

megand
/ [軍事]再征服、レコンキスタ
[レベル]4
20

meifhat
/ [化学]シャーレ、ペトリ皿
[レベル]4
rd;/「培養皿」
24

mejtel
/ [魔法]メジュテル
[レベル]4
19:「抗暗殺」
[語法]
leinと共起すること。男でも。
[文化]
ミロクやメテに限らず、偉大な魔導師は常に暗殺の危険に晒されながらも暗殺を防いできた。実は魔導師の暗殺は難しい。毒殺は白魔法で治るのでしばしば無意味であり、攻撃でダメージを与えても白魔法で回復してしまう。しかし睡眠中は無防備であるため、暗殺する隙ができる。
そこで暗殺を防ぐために、魔導師側は魔力でメジュテルというバリアを張って寝る。もしメジュテルが破壊されれば物音で気付くため、結局暗殺者はしばしば対象より武力で勝っている必要がある。このため、偉大な魔導師が王を務めた古い時代での暗殺は特に難しかった。
なお、戦士は霊力でメジュテルを張る。性質は異なるが機能は同じ。
【成句】
lein mejtel ぐっすり寝る、熟睡する、快眠、枕を高くして寝る、安心して寝る、安眠する
lein mejtel メジュテルの魔法を張る
【用例】
lad mejtel 魔導師がパーティのためにメジュテルの結界を作る。
an lein lax mejtel. ぐっすり眠りたい。
el lein xir mejtel ol xal lax valn. 熟眠は健康の基本だ。

melanver
/ [名詞]時差ボケ、時差ぼけ、時差呆け
[レベル]4
rd;melendi/anver
24

melata
/ [歳時記]新年会議、メラタ
[レベル]4
14:制:melの日の会議
[文化]
diaata
アシェットが毎年メルの誕生日の後、即ち年始に行う中程度の会議。元は大会議から次の大会議まで1年もあり、その間に大きな会議がないために行われたのが始めで、それから慣例としてメルの誕生日ごろにほぼ毎年行われた。制アルカではこれを新年の会議と具体的に定めるので、以降は年末に行うことを避ける。
補足:実際22年ごろの実情は、特に年末を避けるということはなく、年末ごろの都合の良い日に行うことが多く、少なくとも何年もこの状態が続いている。

meldia
/ [アイテム]秩序メルディア、メルディア
[レベル]4
17:制:ridia:古:悪魔メルティア
[文化]
ヴァストリアの1つ。メルのもつ腕輪。細く綺麗な腕輪で、ビーズのように透き通っている。悪魔メルティアの力を得た腕輪で、これを付けると時空間を自由に操れるようになる。但し時空間の秩序を破壊するようなことは不可能という制約が付いていて、制約以上の力は出ないようになっている。メルの父である悪魔メルティアが娘のメルに託したもの。

meldias
/ [動詞]yulをiから寝取る、寝取る、寝とる、NTR
[レベル]4
rd;mel/dia/so「メルがリディアにすること」
23:zana
【用例】
laabe meldiasat altian i non sin! あの女にカレを寝どられたのよ!

meldis
/ [魔法]時魔法、時魔術(正式)、時空魔法、時空魔道
[レベル]4
19:ridia:mel/rudis
[文化]
rudisの一種。時や空間を操る。メルが遣い手。

meldit
/ [魔法][ジョブ]時魔導師、時魔術師(正式)
[レベル]4
19:ridia:meldis
【成句】
mel a meldit メルを時魔導師として配置する:適材適所

meldixiv
/ 嬌声、喘ぎ声
[レベル]4
21
[文化]
叫ぶような感じの演技がかったものは馴染みなく、自然な嬌声。どうも女性によると膣内を突かれた際にお腹が押し上げられるような感じになるそうで、結果的に「うっ」と息が漏れるそうだ。ただしそれは全女性がそうかどうか分からないし、男性側の長さにもよるだろう。
いずれにせよこれは物理的には気持ちいいから声が出るのではなくて、お腹を押されて息が漏れるということではないか。それを男側が勝手に気持ちいいと判断し、女もそれに迎合する形で誇張されていって最終的に地球のポルノの嬌声になったのではないか。
アルバザードでは演技がかった嬌声はなく、自然と発せられる声となる。突かれて漏れる声だけでなく、前戯などで漏れる気持ちよさそうな、あるいは若干くすぐったいような声なども含む。
素人の女性、特にポルノを見たことがないという女性は特にだと思うが、幻日の作者がそういう控えめなタイプが好きなこともあって、自然な声を出す女しか知らないし、そちらのほうが違和感がないということで、アルバザードでもこうなった。
アルバザードでもポルノや風俗街では演技がかった嬌声が聞けるかもしれない。ただ素人はしないと思う。素人の女性は十数人しか知らないが、あそこまでうるさい嬌声はまず聞かないので、恐らくアルバザード人もそうだろう。
彼女たちを観察して分かったことは、どうやら気持ちよくて声が出ること自体はあるようだ。これは日本人外国人を問わず。ただし、ポルノのような声になることは自然にはありえないと思う。
たまにAVか何かに明らかに影響を受けている人もいるが、AVなど見たこともないという層の子で、そういう喘ぎ声は聞いたことがないことも傍証だ。
房事は隠れているのでどうしても手に入りやすいポルノなどを参考にしてしまいがちだが、それでは現実的ではなく、アルバザードの房事を作る上で参考にならない。こちらのポルノをアルバザードの素人の房事に引っ張るわけにはいかないだろう。こちらの素人と比較せねばなるまい。
なお、嬌声の表現はa...とかu...とか篭った音が多い気がする。a...aa...unとか。あまり声になっていない感じがする。

melendi
/ [名詞]時差
[レベル]4
rd;/
21:24に登録

meliktoa
/ [生物]苺鼻。苺のようにぶつぶつの多い鼻。毛穴パックとかを使ってとる人のような鼻
[レベル]4
19

melil
/ [俗語]キモオタ、キモヲタ、ギーク、メリル
[レベル]4
al;melis/lulian
23
[語法]
たいていの場合、無知な一般人によるオタクへの非難か、オタクがオタクを罵るための自己紹介に使われる言葉。
【用例】
vort,! melil! 死ね、キモヲタ!

meliml
/ [化学]再生繊維
[レベル]4
rt;/
23

melleft
/ [普通動名詞]タイムリープ、時間跳躍、タイムトラベル、時間旅行
[レベル]4
rd;/
24
【用例】
non hatia tyu i nan at lif ento nan lut aaj axon o lein le tyu siina. tyu oktat hatia a non nekkul, see lu hatia et min lant o hasm xan. son non koltat lemel im tyu in non siina, kokko melleft. non koltat daksel ses tat le sel lunak lana rakm lfis nil, ento na noan em gins ont almans. 小さい頃から君が好きで、好かれるよう趣味や服を合わせてきた。そんな君がこっそり教えてくれた好きな人は、年上の素敵なひと。だから私は過去へと跳んで、君がまだ私を見てくれていたあの頃に帰った。あの日が来るたび私は過去へ跳んで、幸せな時代を繰り返した。心が擦り切れ、枯れてしまうまで(seren arbazard)

melmit
/ [名詞]側室、愛人、二号さん、二号、三号さん、三号。以下何号でも。
[類義語]aldaiz
[反意語]diamit
[レベル]4
rd;mel/minti
24

melmoslot
/ [数学]円周角
[レベル]4
20

melpoit
/ [地学]経度
[レベル]4
20

melrein
/ [地学]経線
[レベル]4
19:時の線。これが15度横にずれるごとに、1時間アルバザードからずれるため。北極と南極をつなぐ縦線

melso
/ [動詞]yulを紡ぐ、紡ぐ、紬ぐ、つむぐ
[普通動名詞]紡績
[レベル]4
21:miilya:meli/so

meltem
/ [環境]地球温暖化、温暖化
[レベル]4
19

meltian
/ [企業]メルティアン
[レベル]4
21
[文化]
セイコーに相当する企業。

melton
/ [形容詞]メルの望むような
[反意語]almelton
[レベル]4
rd:mel;mel/te/on「メル風なものに関するような→メルの好みに沿うような」
24:mel
[文化]
yutia

meltpol
/ [地学]温帯
[レベル]4
19

melvet
/ [言語]時制、テンス
[レベル]4
19:melidia alis
[語法]
テンス:http://constructed-language.org/arka/study_yuli_11.html
従属節の時制:http://constructed-language.org/arka/study_mav_7.html
時制の一致:http://constructed-language.org/arka/study_yulf_27.html
「アルカの認知言語学的考察」の物語中の時制:http://leviantarka.web.fc2.com/study_yulf_147.html

melxeltan
/ [名詞]月燈師
[レベル]4
19
[文化]
月燈祭に使うランタンを製造する職人。日本の花火職人のようなポジションにいる。

memirfo
/ [音楽]協和音
[レベル]4
22:「仲の良い音」

memnial
/ [数学]円柱
[レベル]4
19

memov
/ [普通動名詞]円運動
[レベル]4
19

memp
/ [卑語]セックス
[レベル]4
古:mempoから

mempes
/ [植物]フリージア
[レベル]4
nd;fleabel語で「女性器」。花の形が膣口に似ているため。mempoと同根だがこちらは卑語ではない。
23
[文化]
フレアベル原産。ndで流入。

mempim
/ [数学]円錐
[レベル]4
19

mempo
/ [卑語]まんこ
[レベル]4
f;mem/ponno
古:元はmemponno。memは「包み込む」で、ponnoは元は単独で女性器を指したが、後に男性器の隠語となった。ponnoは女性器の隠語だったのだが、意味が逆になり、男性器を指すようになった。女性器の隠語がなくなったため、memponnoが新たに女性器の隠語として造語された。しかし意味があまりに直接的なので煙たがられ、略されてmempoになった。しかしそれさえもやがて煙たがられて卑語と化した。

memtik
/ [数学]360度
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

menk
/ [動詞]yulにa{on}の周りを周らせる、周る、回る
[天文]公転
[類義語]hol、mes、mem
[レベル]4
20:mem/ke(円を描いて行く)
::sai:vizen,kt
[語法]
hol

menktat
/ [天文]公転周期
[レベル]4
20

menkui
/ [卑語]クンニリングス、クンニ、まんなめ
[類義語]xiiasex
[レベル]4
21:mempo/kui
【用例】
"caca to et kuni a. re ar menkui a noel, ocaaaaaaa(ffff" 「何がクニだよ!クンニしろオラァァ!!」(エデンの檻)

menlo
/ [卑語]膣
[レベル]4
19:mempo/lo
[語法]
mivlは医療用語で、子供が出てくるイメージ。menloはセックスに使う淫らなイメージ。

menni
/ [卑語]まんげ、まん毛
[レベル]4
19:mempo/ini

menot
/ [医療]リハビリ、リハビリテーション
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

mensa
/ [アイテム]メンサ
[レベル]4
ridia:古:melsabe「メルの服」或いは「時間の服」が語源。
[文化]
ヴァストリアの1つ。メルのもつ魔装。時空を歪めた際の反動から身を守り、かつ時空を歪める能力を増してくれる服。

mente
/ [名詞]売春婦
[レベル]4
tm;mempo/teeze(まんこ風な、まんこ女っぽい)


mentes
/ [動詞]yul(体を売る人)をa(買う側)に売春する、売春する
[普通動名詞][再帰動名詞]売春、援助交際、援交、エンコー、ウリ、売り
[レベル]4
tm;mente/so
23

mepmo
/ [名詞]鏡像
[動詞]yulを鏡像にする
[類義語]ixlem
[レベル]4
20

mepn
/ [交通]運河
[レベル]4
13:制:mobepon(掘った水路)

meps
/ [普通動名詞]セックス
[動詞]yulとセックスする、セックスする
[類義語]esse
[反意語]tias
[レベル]4
rd:ridia;mempo/esse
23:ridia:→tias
[語法][文化]
tias

meria
/ [ジョブ]メリア、巫女
[名詞]預言者
[レベル]4
20:ridia:min/eria(水の女。エルテを着る前にみそぎをすることから)
[文化]
召喚士と対をなすジョブ。神の力を得るのではなく、神との対話をするのが仕事。悪魔との対話も可能。神や悪魔には言語能力のないものもいるので、これらと意思疎通をすることができる点で特に重宝される。また、試練を終えて契約を結ばないと神を呼び出せない召喚士に比べ、簡単に神と対話できる点でも優れている。その代わり召喚して力を得ることはできない。巫女は対話の際、みそぎをしてエルテを着る。対話はサリュで行う。
宗教的には預言者を指す。教祖はしばしば預言者も兼ねる。

mert
/ [言語]メルト、言葉遊び
[レベル]4
16:制:milm/ert(踊る言葉)。古のluuteになぞらえて造語した。
[語法]
kokonと違ってそれ単体がユーモアになっているのではない。mertはふつうの言葉が周りの状況や言い方などによって初めてユーモアになるものである。kokonと違ってネタを用意していればいつでも言えるものでないため、mertのほうが高等テクニック。
【用例】
mert melt 心温まる言葉遊び

merujfo
/ [音楽]不協和音
[レベル]4
22:「不和な音」

mesadl
/ [普通動名詞]再発見、再発明
[レベル]4
22
【成句】
mesadl e nagi ナギの再発明:車輪の再発見。同じ発明を自分が最初だと思い込んで無駄な舞い上がりをすること。それが何度繰り返されようと、歴史は前に進まない。

mesalia
/ [化学]再結晶
[レベル]4
19

mesaxe
/ [政治]地方公共団体、自治体、地方自治体。通常自治体というと日本語では地方公共団体を指すため、訳語欄に挙げておく。
[レベル]4
rt;/「地方団体」。地方公共団体をそのまま訳すと冗長なため。
23

mesayet
/ [環境]環境問題
[レベル]4
19

meskad
/ [政治]周辺国家
[レベル]4
20

meslagel
/ [政治]地方分権
[レベル]4
19

mesnoskolm
/ [政治]地方自治
[レベル]4
19

mestfut
/ [普通動名詞]等価交換
[レベル]4
22:天秤交換

mestia
/ [物理]プリズム
[レベル]4
21:光魔法mestから→dolmiyu

mesvas
/ [政治][軍事]地域紛争
[レベル]4
19

metdok
/ [植物]落葉広葉樹林
[レベル]4
19:ridia

metexisa
/ [料理]和三盆
[レベル]4
19:ridia
[文化]
セルメルではメテで作られ輸入されており、現在でも輸入に頼っている。黒砂糖に似ている。

metget
/ [植物]落葉針葉樹林
[レベル]4
19:ridia

metin
/ [植物]ツバキ、つばき、椿
[レベル]4
18:ridia:落ちる花

metioetek
/ [料理]メティオ茶
[レベル]4
rd;/
23
[文化]
紅茶を主とする。

metis
/ [名詞]愛人、二号さん
[レベル]4
rd;mel/lantis「メルのような人」
24

mevolt
/ [普通動名詞]再現、再来、再起
[普通動名詞]リプレイ→mesolet
[普通動名詞]復元→melad, fort
[動詞]yulを再現する、再現する
[レベル]4
20:再び具象化する
【用例】
sart fonl van mevolt e cavas. 神々はラヴァスの再現を避けようとしている。
[語法]
ビデオなどの再生はkekl。

mexfink
/ [娯楽][軍事]敵陣
[レベル]4
22

mexia
/ [名詞]郊外、近郊、町外れ、街外れ
[レベル]4
rd;mes/xial「街の周り」
23
[語法]
都市の外縁部に位置する人口の多い地域のこと。
【用例】
rapol kaen{e} mexia 郊外の住宅地

mextkais
/ [経済]外貨
[レベル]4
19:ilmus:ridia

mezo
/ [名詞]からざお、殻竿、さお、竿
[レベル]4
lakta:meは回る。zは木だろう。

miaja
/ [数学]無理数、無比数
[レベル]4
19

mian(2)
/ [遊女][代詞]non
[レベル]4
21:mya
【用例】
mian an loki tyu tix ranqtta yanna. わっちゃにゃよう分かりんせん。
xol mian? miia est te holo tixxe. わっちかや?わっちの名はホロじゃ(『狼と香辛料』賢狼ホロ)

miavix
/ [名詞][形容詞]異常なし、異状なし
[レベル]4
rd;/
23
【成句】
miavix et xaavix alka. 異状なしが一番異状あり:機能性胃腸症など、症状があるのに「異状なし」と医者に言われると患者は極めて不安になる。「痛いから来てるのに異状なしとかふざけてろ。痛いから来てんだよこっちは」と考える。要するに医者が分類できず対処できずお手上げというわけだ。それを異状なしと嘯いてごまかしている。結果、患者は「異状なし」と言われることが一番異状ありに聞こえる――という意味の諺。現代医療の無力さと不勉強さを揶揄した、医療の限界を意味する諺。

miax
/ [料理]デリ、デリカテッセン、調整食品
[レベル]4
16:制:mia/xon(珍しい食べ物)

midafrei
/ [アイテム]聖剣、聖なる剣
[レベル]4
17:制

midan
/ [悪魔]ミダン
[生物]天枢
[レベル]4
meltia 0:midan;mida/n
ridia:古:デームスに指小辞を付けるのは不適切としてネーミングセンスを非難されたリディアがその場で泣き出してしまい、自分の評価を下げたことで問題となった。
[文化]
聖の魔法を司る。ソームとは同格だがグループが違い、ヴァルテの下。悪魔ヴェンシートと対立する立場にあるが、友好的。ヴァルテの部下。白人系美少女の姿。聖を司る。明るい。ヴァルテを慕う。ヴェンシートと仲が良い。
ミダンは鳥の翼のような白い光の翼で飛び去った。彼女の翼は白く美しい。これは白鳥の翼のようである。彼女が通る道で、白い羽が多く舞い、白くぼやけた線が残る。
準惑星セレス(ケレス)を司る。

midiit
/ [地名]ミディート
[レベル]4
古(kakoでは?)
[文化]
メテの使徒オキニスの支配地。

midil
/ [建築]バリアフリー
[レベル]4
vl;mi/dolkon.xik
23

mifnam
/ [生物]自律神経
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt:自分で制御できない神経
【用例】
mifnam es avix. 自律神経が参っている。

mig
/ [植物]穂
[レベル]4


migartsinsol
/ [名詞]無料番組
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

migl
/ [植物]タデ、たで、蓼
[レベル]4
高:mig(実が穂のように見える)
[文化]
migltren

mihim
/ [生物]無性、無性体、無生物
[レベル]4
23
[語法]
luniは生物でないという意味。mihimは性別がないという意味。

miia(3)
/ [遊女][代詞]noan
[レベル]4
21:miia

miikmue
/ [料理]リンゴ酢
[レベル]4
16:制

miilposa
/ [被服]リボンタイ、リボンネクタイ
[レベル]4
23

miilya
/ [人名]ミリア=ルティア
[芸術]工芸、手芸、手工芸
[レベル]4
古:語源不詳。手芸のほうは彼女の得意分野であることから。
[文化]
(tif 4 fav mel→)第4期4代アルシェ準ハルマ。リディアの実妹。
【成句】
miilya tis til vei avai 平凡なミリアも何かしら特徴がある:無くて七癖
miiilya as na jo im ras val 仏の顔も三度まで

miinamiina
/ [俗語]キス、ミーナミーナ
[レベル]4
tm;「花合わせ」。花と花をくっつけるという意味から。女性を花に見立てている。
23:kliiz
[語法]
女同士のキスのこと。百合(fianis)などと関連付けられることもある。一般にいやらしいイメージより綺麗なイメージを持たれる。
広義にはペッティングも含まれる。
【用例】
laas arat miinamiina on main. 彼女たちは互いを愛撫しあった:on mainとあるので広義で使われている。

miinarens
/ [言語]花言葉
[類義語]yunatemali
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt
[文化]
木にもある。木の場合は枝を贈る。本辞典では[花言葉]で検索可能。

miinayunk
/ [婉曲]売春、売春婦
[類義語]mente、mentes
[レベル]4
rd;/「花売り少女」
23
[語法]
menteやmentesの婉曲語。

miir(3)
/ [工学]ミール、人工知能ミール
[レベル]4
lj:mel;rdで書かれたlei e miirの主人公miirから。
24
[文化]
メルが作った人工知能。人口の多い国で直接民主制を可能にする目的で作られた。直接民主制のメリットは国民全員の意見を直接反映できる点である。ミロク亡き後の脆弱なユティア朝で事実上採用されていた間接民主制では政治家が民意をしばしば無視することがあり、セレンは民意をどうにか反映させられないかと考えた。
2012年現在の日本でも同じ問題があり、例えば消費税増税反対が世論調査で過半数を超えていようと、与野党のほとんどが賛成している状態で、民意を無視して消費税増税が可決されてしまった。また、民主党政権によるマニフェスト破りが横行したのも、できもしない都合の良い事を並べ立てて国民を騙し、選挙で政権を獲得したためで、これもまた間接民主制の弊害である。国民一人ひとりが政治に参加できる直接民主制なら今述べたような問題は起きなかった。

ljのメルは小学生の頃に人工知能ミールを着想し、高校時代から開発を始めた。ミールはインターネット経由で民意を集計し、世論を形成する人工知能である。国民は官僚(革命後は官僚はアドバイサーとして機能している)やマスコミやネットなどの情報源を基にネットを通じて法案を作成したり法案賛成の署名活動をしたりする。そのデータをミールは集計・処理し、市・県・州の地方自治体単位ないし国家単位でそれぞれ世論を形成する。
ミールは形成した世論をレスティミールに提出する。ミールが運用されたとき、メルはアヴァンシアン所属だったため、ミールとレスティミールはアヴァンシアン内にある。ハッキングを防ぐためレスティミールは外部と接触させていないため、ミールで形成したデータは外部記憶容量に記録され、アヴァンシアンの技術部による人的作業でレスティミールに提供される。
以下の作業はlestimirを参照すること。

miirwast
/ [形容詞][ネガティブ](miirwastanで)理屈っぽい
[動詞][ネガティブ]yulという内容の論理を振りかざす、論理を振りかざす
[レベル]4
rd;/
23
[文化]
もともとアルバザード人は論理的に喋るのが良いこととされているため、日本ほど「理屈っぽい=悪い」というイメージはない。miirwastanはあまりに非常識的なほど過論理な場合や、逆に自分が論理的でなく相手に負け惜しみで言う場合に使う。
一般的に女のほうが感情の生き物なので、論理で整然と押し通してくる男は生理的に受け付けないことがあり、「あの人は理屈っぽいから嫌だ」などということがあるが、たいていそういう女は頭の弱い馬鹿女であることが多い。よってこの言葉は底辺や女ほどよく使うイメージがあり、使えば相手を罵ることができる反面、自分が馬鹿でございますと自己紹介するようなもので、諸刃の剣である。

mikalem
/ [音楽]ソナタ、ミカレム
[レベル]4
rd;/「ミクの気持ち」。ミルフが心境を曲にして作った楽曲の形式がソナタだったことから。
23

mike
/ [動詞]yulを遊牧する
[普通動名詞]遊牧
[レベル]4
13:制:古:myuke(引越し、移住)「いなくなるように行く」

mikserg
/ [経済]投資
[レベル]4
22:「おっとりした投資」→serg

milankolm
/ [政治]貴族制
[レベル]4
19

milas
/ [歴史]オーパーツ
[レベル]4
19:mirok/las(神の手)

mileeyu
/ [植物]seron
[組み数字]5/9
[レベル]4
szl;milee,f.k
21
【成句】
mileeyu til nim enk a kozue ルティアの桜と凪の桜は色が違う:所変われば品変わる
【用例】
mileeyu xelie 夜桜
len mileeyu xelie et lant a. やはり夜桜は美しいな。

mileni
/ [名詞]綿毛
[レベル]4
21:mile/ini

milfa
/ [地球の国名]ドイツ
[レベル]4
14:制:古:「ミクのものmilfal」が語源。即ち「ミクの国」という意味。

mimian
/ [遊女][代詞]lena
[レベル]4
23

mimibeema
/ [言語]ザマスババア
[レベル]4
rd;/
23
[文化]
mimikuom

mimiia
/ [遊女][代詞]lenan
[レベル]4
23

mimikuom
/ [言語]ザマス口調、ざます口調
[レベル]4
rd;/
23
[文化]
やたら名詞や動詞にmiを節操なく付ける人間の口調。上流階級を揶揄したものであるが、アニメやマンガの表現として定着しているだけで、実際の上流階級の人間でそのような喋り方をする者はほとんどいない。
小説などにおいてはmimikuomを使うキャラは大抵嫌味な上流階級の人間で、mimibeema(ザマスババア)などと卑下されることがある。

minakalmo
/ [地名]ミナカルモ
[レベル]4
f:elt;miina/kalmo
古:ridia:「花畑」
[文化]
エルトとサールが逢瀬をした花畑。セルヴァートにある。セルハノイの北、セルアの南。ラヴァス後はアルフィがある。→arfi
この緯度にもかかわらず、あらゆる花が咲き乱れる。とはいえ、神話で具体的に登場するのは紫苑しかない。ラフレシアや薄気味悪い原色の花はないと思うので、アルバザード辺りに咲くあらゆる背の小さな花だと思われる。例えばかすみそうのような。
【成句】
mans yun minakalmo 百花繚乱

minal
/ [政治]民主、民主主義、民主制
[レベル]4
19

minalet
/ [政治]ミナレット
[レベル]4

[文化]
アルバザードにおける民主主義政党。メル暦201年、ミナリスという女性が提唱した民主主義を実現するために作られたレジスタンス組織としてつくられた。230年ごろ立憲君主制下の選挙制度を認めさせ、各国に民主主義を伝えた。しかし規模の拡大のため内部対立が生じ、almina, aminal, alaivなどの多数の政党が分離独立した。本体はlevalenに党名を変更。アトラスの宗教禁止の風習に従い、205年ごろより活動を開始したアルティス教に度々弾圧を加えた。250年、minalisはアルティス教の始祖シオン=アマンゼと一騎打ちの末相打ちとなる。そしてミナリスの息子ファウスが党首となる。260年、アデュの大虐殺を決行。多数のアルティス教徒が獄死する。290年、ミナリスの息子ファウスとシオンの娘マルテが一騎打ちの末相打ち。ファウスの息子アルファウスが後を継ぎ、アルマスト派の首領アフレインを殺害。その後アルティス教との力関係が拮抗したため、295年アルティス教徒への虐殺停止要求を受諾。同時に選挙によりアルティス教に議席を与える。300年、アルティス教と停戦。同年、アルファウスがアルバ17世を廃位し王政廃止して副王に就任する。310年、政治闘争によりアルファウスは、マルテとアフレインの子ユレット。アメリと戦い相討ちとなり死亡。320年、著しい政治腐敗によりユレットとアメリの息子ミロク=ユティア率いるアルティス教の政党の一派イルミロク党に座を奪われる。同政党が選挙制度を廃止し、独裁政権を作ったため、ミレナットは滅亡した。

minalis abentis
/ [人名]ミナリス=アベンティス
[政治]民主主義者
;miina/lis「小さな花」
[レベル]4

[文化]
(melpalt 180年代?→250)民主主義勢力ミナレットの初代首領。メル暦201年ごろ、アルバザードで民主主義を提唱し、レジスタンス組織ミナレットを組織した。205年、カンシオン=アマンゼとアジュネ=アマンゼの召喚省登用を選挙で選出されていないということを理由に妨害。これがきっかけとなりカンシオンとアジュネは娘シオン=アマンゼと共にアルティス教を組織することになる。ミナリスはこれを危険分子と見なし弾圧。230年、全国労働者のストライキを決行することで国に選挙制度を認めさせ、ミナレット党は第一党となる。同時に興味を抱かなかった召喚省はアルティス教が支配することになる。アルバザードの選挙制度開始をきっかけに全世界に民主主義が伝播し、250年までにはイグレスタ共産圏をのぞくアトラス全土に広まった。250年、アルティス教の勢力拡大に危惧を抱いたミナリスは宗教禁止を名目に開始。召喚省長官アジュネを殺害し、さらにアルカンスへ逃亡した始祖シオン=アマンゼとその娘マルテ=アマンゼに軍勢を差し向けるが、彼らは強力な魔術師であったため軍は壊滅。よって自身も強力な魔術師であるミナリスが始祖シオンと直接戦いを挑み、相打ちとなる。死後、ミナレットの首領の座は息子ファウスに引き継がれた。

minalvels
/ [政治]民主政治
[レベル]4
19

minasa
/ [言語]女性名詞
[レベル]4
20
[語法][文化]
vikasa

mindor
/ [経済]女性割引、レディースデー、レディース価格
[レベル]4
rd;/
24
[文化]
smに始まった文化で、現在まで続いている。男性客が女性を連れて行くと女性の分は割引になるというサービス。女性だけで入店した場合は割り引かれない。女性の費用を男性が負担するようになったのは男尊女卑傾向の強まったsmからで、このころ女性は男性の所有物として扱われていた。特に上流階級になるほどその傾向が強かった。
vlとalでは行き過ぎた女尊男卑のせいで男性には割引をしないが女性だけ割引をする13年現在の日本のような状況になっていた。このころは女性は自分で支払うか、そうでなくば男性におごってもらうという状況で、ただ単に女に都合がいいだけの世の中だった。ただ、育ちの良い子はsmのシステムを守っていた。
旧革命でsmのシステムに戻されたが、影響が弱まると現代日本のように戻った。その後革命でsmのシステムに戻し、現在に至る。

minet
/ [哲学]実体
[電算]実体(エクセルなどの)
[反意語]elmet
[レベル]4
20:main/te

minif
/ [言語]無相
[レベル]4
20
[語法]
相のない相。行為無相と状態無相がある。

minlang
/ [政治]女権
[レベル]4
20

minlangakn
/ [政治]フェミニズム
[レベル]4
20
[文化]
mindaz, himvelx
ヴェレイで台頭し、行き過ぎた男女平等を推進し、社会を女尊男卑に陥れた。ミロクの命を受けたアルソンにより公開処刑され、革命後は滅んだ。その後ミロクは男女の違いを認めた上で男女区別をし、男女差別を撤廃した。
レイユでフェミニズムというと、ミロクが女に認めた権利を侵害する行為に対する抵抗を意味する。例えば女は一般に買い物で荷物を持つ必要がなく、奴隷ですら重労働に就かされないことが多い。これを破る男に対し、フェミニズムが動く。また、レイプや痴漢などに対しても抵抗する。

<アトラスの女性観>
魔導師は大半が女性である。女性のほうが魔力が高いためである。

地球の人類はメスがオスに依存し、食糧を得てきた。
そのせいでメスはエサを取ってくる能力の高いオスに群がるようになった。
そのほうが生き残れるからである。

一方、アトラスでは6500万年間の間、男性はユノや剣技を、女性は魔法を使っていた。
女性は完全に戦闘要員で、男性との間に上下関係はなかった。
この世界で女性が魔力に特化していた理由は出産である。
特にユーマの一族についてはここに生理が加わる。

生理中の女性は剣士のように激しい立ち回りをするのが苦手である。
そこで体をあまり動かさずに戦えるよう、魔法を進化させた。
極端な話、魔導師というのは椅子に座ったままでも戦うことができる。
これは子育てや出産や生理のあるメスにとっては好都合だった。
その合理性により、神々を含めて女性は魔法に特化していた。

神々から農耕を授かるまでは人類は狩猟採取生活をしていた。
魔法があっても果実を生やせるわけではないので、メスが子供を産む以上、オスが食料を取ってくるという構図は地球と変わらなかった。
しかしアトラスの女性は筋力がなくても森に入って動物を魔法でしとめ、風の魔法で浮かせながら家に持って帰ることができたため、自活できた。

そのため女性が男性を必要とするのは主に子作りにおいてであった。
女性は自分で生活していく力があったため、結婚に依存する必要はなかった。
また、生活力のある男性に依存することもなかった。
それゆえ、純粋に自分の好みで男性を選ぶことができた。

だいたい地球でも学生を見れば分かるが、金だの生活だのが絡まない年代の恋愛というのは、社会的地位のある男より運動神経の良い男やイケメンがモテるものである。
アトラスの場合、女性は早くから地位でなく男性自身に魅力を感じていた。自分で稼げる以上、男性に求めるのは美しく強い遺伝子である。
自分の子供には美しい容姿や強い運動能力がほしいため、要領よくエサを持ってくるとか商売が巧いといったことはあまり魅力にならなかった。

従って、アトラスでは男性自身の能力や容姿や性格などがモテる要素になり、そういった遺伝子が残っていった。
当然そういう男性は少ないので、女性が群がる。群がるということは女性も選ばれようとして努力をする。
その結果、男性に都合のいい振る舞いをする女が選ばれるようになり、その遺伝子が残っていく。

この世界の女性は自立的で強いが、男性は女性を囲って守ることで他の男性に対して優越感を抱くので、やや弱い女性を好んだ。
女性はその気持ちを利用して、わざとしおらしく振舞うようになり、そういうことができる女性が生き残った。
この結果、現在のアルバザードにまで繋がる「芯は強いが、表向きには男性を立てておしとやか」という価値観ができた。
女性は男性に守られることで「私は選ばれた価値のあるメス」と自覚し、男性は女性を守ることで「俺は有能なオス」と自覚でき、共生が成り立っていた。

セルメルになると魔力の弱まりとともに女性の地位は低められ、籠の鳥のように扱われた。
rdでは魔力が戻ったため、女性の地位は元に戻った。
ナディア〜アルティルでは魔法の衰退とともに徐々に地球と同じように女性が貶められた。
ヴェレイでは現在の地球と同じようにフェミニズムが起こり、女尊男卑にまで逆転していった。
ミロク革命で男女区別を徹底させ、男女平等が実現された。

minlangan
/ [政治]フェミニスト、フェミ
[レベル]4
20

minlisan
/ [ユマナ]女子小学生、JS
[レベル]4
23

minlistvet
/ [言語]女性敬体
[レベル]4
21
[文化]
21にセレンがpikkoがyuulから分離したのを契機にリディアが設けたもの。

minmain
/ [名詞]女体
[レベル]4
[反意語]vikmain
rd;/
23
【成句】
el siina minmain tet min. 女体は好きだが女は嫌い。

minnodvik
/ [名詞]女尊男卑
[レベル]4
22:女>男
[文化]
mindaz

minpit
/ [医療]婦人科
[レベル]4
19

minse
/ [生物]おりもの、下り物、こしけ、帯下
[レベル]4
fv;min/sae「女性の雪」。女性の体から出るもので、膣口から降りてくるものということを婉曲的に示したもの。
23:mel。14にメルが造語していたものを23に幻日に輸入。
【用例】
yuna til minse di im fis. 今日はおりものの量が多い。
fosi ik ext milgaal minse. おりもののせいで下着が汚れてしまった。
moe klia dans yuna mil yuna til minse di im fis linoa, ol moe fax yuna im tur, etto. お兄ちゃん、わたし今日はおりものが多いから、今抱いたらできちゃうかもよ?(mel keetoia)

minseelan
/ [ユマナ]女子中学生、JC
[レベル]4
23

minsehamas
/ [名詞]おりものシート、オリモノシート、オリシー
[レベル]4
rd;/
23:mel。14にメルが造語していたものを23に幻日に輸入。
【用例】
mixi lunat fosi ento rak minsehamas xi sikt iten etto leevat pot yuna. see yuna nat nik tiina im fosi yunol ik beeb mil mixi aan. お兄ちゃんに中出しされた後、しばらくして精子が降りてきておりものシートじゃ抑えきれなくなって、下着が精子臭くなったときは驚いたなぁ(mel keetoia)

minsel
/ [名詞]レディースデー
[レベル]4
vl;/
23
[文化]
mindaz

minsin
/ [普通動名詞]女嫌い、女ぎらい、ミソジニー、女性蔑視
[反意語]viksin
[レベル]4
rd;/
23
[語法]
女体も含めて嫌いな場合もあれば、女体は好きだが女は嫌いという場合もある。いずれにせよ女の人格が嫌いなことを指す。

minsoran
/ [ユマナ]女子高生、JK
[レベル]4
23

mintia
/ [アトラスの国家]ミンティア
[レベル]4
23:ridia

mintier
/ [名詞]酒池肉林
[レベル]4
22:「女体の海」

mintsaaze
/ [名詞]花吹雪、桜吹雪
[類義語]teksaaze
[レベル]4
rd;/
21
[語法]
日本語は「桜吹雪」と木を限定するが、アルバザードでは桜のもほかの木のも同様にmintsaazeで示す。従って桜吹雪は厳密にはmintsaaze e seron。

miort
/ [医療]無月経
[レベル]4
19

miragalt
/ [ユマナ]鳥居
[レベル]4
19

mireirein
/ [音楽]メロディーライン
[レベル]4
21

mires
/ [名詞]言論
[レベル]4
rd;mirs/rens
24

mireslang
/ [政治][哲学]言論の自由
[レベル]4
vl;「言論の権利」
24

mirgilia
/ [経済]中央銀行
[ユマナ]日本銀行、日銀
[レベル]4
21:mirgil

mirgilil
/ [化学]フッ素
[レベル]4
18:制

mirmel
/ [歴史]神代。創世記からラヴァスまでの神の時代の総称。
[レベル]4
rd;/
19:mirok/mel
[語法]
feme

mirok t'arka
/ [名前]アルカの神、ミロク・タルカ
[レベル]4
rd

[文化]
カルディアとユマナにおいてアルカに関わった人間の運命を決定し左右する神。主にセレン=アルバザードとその周囲の人間の人生と運命を采配する。ユマナとrdのセレンが制ごろに自らの思念で創り出した神。災厄ばかりに見舞われた彼らはしかして自分の人生がアルカの視点で立つと合理的に運んでいることに気付いた。自分や周りの人生が犠牲になってでもアルカにとっては常に好都合な状況が起きていた。そこで彼らは世界にはアルカの神がいて、自分及び周囲の人間はこの神によって采配されているのではないかと考えた。この念慮によって具現化したのがアルカの神であるが、この神は固有の名前を持たない。単にアルカの神と呼ばれる。
アルカの神は複数の世界線におけるセレンらを支配する。例えばこの辞書を書いている今のこのセレン=アルバザードの人生が失敗してアルカ発展の途上で自殺したとしても、それはその世界線において失敗したにすぎない。2012年現在ではアルカの神視点において、この世界線は正常に進んでいる。しかし今後もこの世界線がアルカの神にとって理想の結果を弾き出すとは限らない。この世界線は失敗に終わり、志半ばでセレンは死ぬかもしれない。だが別の世界線ではセレンはアルカを大成させ、アルカの神は彼を操りアルカを育て上げさせている。

離婚をしたことも身体を壊して仕事を変えたこともセレンの人生で見ればマイナスで不幸なことだが、アルカにとっては好都合な結果になっている。
明らかにアルカの神がセレンの人生を犠牲にして、その代わりにアルカを進めさせた結果である。セレンは無神論者だが、アルカの神の存在だけは信じている。あることが起こればそれはアルカにとって必要なことであり、あることが起こらなかったらそれはアルカにとって必要でなかったことである。自分の人生がどう進むかはアルカの神が決めている。たとえ事故でも不幸でも失敗でも賭けの外れでも、アルカにとって必要なら起こり、必要でないなら起こらない。
だがそれに絶望してセレンが途中で投げ出して自殺すれば、それはその世界線のセレンがトゥルーエンドまで行けなかっただけのことであり、アルカの神の采配が間違ったわけではない。ただ単にその世界線のセレンが根性が足りず、人生が詰んだと諦めるのが早かっただにすぎない。
別の世界線ではいずれかのセレンがトゥルーエンドを迎えている。ただ、恐らくそのセレンは相変わらずアルカに支配され、不幸な人生を歩んでいるわけだが。

なお、この神については制のころからこのように呼んで自覚していたが、文書化したのは31歳の誕生日である。

mirokdaiz
/ [政治]神聖なる王、王権神授、王権神授説
[レベル]4
19
[文化]
アルカでは、神から授かったという意味合いでは使わない。王がいまだ神の血が濃く残っており、偉大であるため、王としてふさわしいという意味合いで使う。絶対王政のころ使われた。

mirokkern
/ [企業]ミロクケルン
[レベル]4
21
[文化]
ANA、JALに相当する企業。

mirokxant
/ [被服]絶対領域
[レベル]4
21

mirs
/ [動詞]yul(議題など)を論議する、論議する、論戦する、討論する、討議する、論争する、議論する
[論理]議論、論議、討議、討論、論戦、舌戦
[レベル]4
14:制:miir
[文化]
tal
アルバザード人にとって論議は非常に重要な概念であると同時に、その様式は地球のどの国にも似ない特殊なものであるため、理解は極めて難しい。
まず、彼らは議論することを好む。小さなことであっても、急いでいても、戦いの寸前であっても、議論することを好む。
次に、議論は常に相手の考えを認める方向性で進める。この点でアメリカや中国やフランスと似ていない。相手の意見の良い部分を見つけ、自分の意見を修正していくというのが大前提で、この流れは『夢織』などの小説にも見られる。つまり、アルバザード人は始めから自分の意見が完全に正しいと思っておらず、自分の意見をよりよくしようという観点で話をする。
一方、自分の意見を間違えだと認めることもフランス人と逆で遥かに多く、同時に相手の意見を正しいと認めることも極めて多い。ところがここで勘違いしていけないのは、正しいことと信念とはまったく異なるということである。アルバザード人は「なるほど。君が正しいようだ。しかし僕はそう思わない。じゃあ戦闘開始といこうか」ということを平気で言い、戦いを開始する。アメリカ人から最も離れた様式であろう。「客観的にそうである。それは納得した。しかし主観的にはそう思わない。だから僕は僕のために戦おう」という倫理観の持ち主で、主観が重視される社会である。そのわりに社会を構成するときは公共の福祉を最優先するなど、日本人には理解しがたい面を持っている。
なお、お互いの立場を議論しあわずにいきなり戦うことは極めてエレガントでないとして嫌われる。どんな場合でも相手と自分の事情を確認し、客観的に理解しあった上で、「でも主観的には僕らは敵だよね?」ということで喧嘩を始める。客観上の理解を省略して戦うと、蛮行とみなされる点に注意。
<相手の発言をつなぐ>
また、議論をしているときに、欧米人は相手の言うことを最後まで聞き、日本人や中国人は勝手に喋りだす傾向があるが、アルバザード人はどちらでもない。静かに頷きながら最後まで聞くか、そうでなくば相手の言葉を予想して、その言葉を相手に投げる。特にオチの部分でそれをする。要するに相手の話を奪ってオチを言う行為である。話の結論を相手が言おうというそのときに、聞き手がオチを言う行為で、これはイギリスなどでは非常に無礼な行為とされるが、アルバザードでは「相手の話をよく聞いて理解したからこそ結論を自分で導けた」ことをアピールする行為としてむしろ歓迎される。
<タブー>
絶対にやってはいけないのは、「相手の話をさえぎって自分の主張を通す(言った者勝ちという姿勢)」「大声で威嚇する」「やじる」である。日本の国会答弁が悪の見本で、蛮行とみなされ、相手にされなくなる。
夢織で詩姫とギメル(厳密にはこれらはアルバザード人ではないが)の交渉を見てもわかるが、さっきまで戦っていた相手であっても礼を尽くし、相手の意見を遮らず、やじらずに聞き、相手の意見を正しいと認める。その上で利害が一致しなければ交渉決裂というだけのことであり、議論そのものは友好的に行われる。

mirsab
/ [論理]議題、論点、問題点
[レベル]4
20

mirt
/ [形容詞][ポジティブ]貞操の固い、身持ちの固い、おかたい
[反意語]almirt
[レベル]4
19:xion:kmiirteeze(クミール風な)
[語法]
アルバザード人は貞操をよしとするので、貞操が固いはポジティブになる。ネガティブな意味で「お堅い」を特に示す語はない。逆に反意語になると必ずネガティブになる。

miskaele
/ [化学]スライド。顕微鏡の。
[レベル]4
rd;/「試料台」
23

miskalons
/ [化学]カバープレート
[レベル]4
rd;/「試料押さえ」
23

misklada
/ [名詞]試作品、プロトタイプ
[レベル]4
rd;/
23

miskras
/ [名詞]挑戦回数
[レベル]4
21

misoluwa
/ [医療]偏平足
[レベル]4
19

mist(2)
/ [組み数字]1/10
[哲学]秤
[医療]膀胱
[歳時記]甲、きのえ
[レベル]4
rd;mist,szl
21
::lu mist(徳は男性側5つがlu、女性側5つがla)

miste
/ [化学]中和
[動詞]yulを中和する、中和する
[レベル]4
21:ridia
misti
/ [死神]ミスティ
[レベル]4
meltia 291:luno;e
20:ridia
[文化]
→emilio

mistia
/ [魔法][ランドマーク]ミスティア錬金術舎
[レベル]4
[アクセント]mistiA
20:mistiet
[文化]
→yuliant, yuliantsel
1575年に時のアルバ王が出資者となり、ルティア・アルシア自治区の共同出資を受けて建てた錬金術士養成学校。錬金術舎としては最も古く、かつパイオニアでもある。
1596年、リディア=ルティアはアシェルフィ校を卒業し、ミスティアに編入。国を守りながらの研究だったため、寮生活ができず、毎日は通えなかった。しかし超人的な努力家だったリディアは2年で単位をすべて取り、1598年に卒業。その後アルナ大へ編入。
一方、アリス=アンシャルは1599年に編入し、生涯をミスティアで過ごした。
【成句】
mistia nod(en) isfilia 一日の長。ミスティアのほうが先にでき、何かとイスフィリアの先を行ったことから

mistis
/ [被服]白衣
[レベル]4
20:mistiaflos(ミスティアローブ)
[文化]
1575年のミスティア錬金術舎創設の際に実験服として政府から提供されたものが始まり。当時は色のついた試薬や材料が多かったため、白だと実験中に服についてもよく見えることから、白が選ばれた。
後に科学が発達して白い薬品が増えると、薄く色をつけた白衣が着られるようになった。
ヴェレイでは外科医を中心に血の色のコントラストを抑えるために薄い緑色の白衣が着られた。
現在では理系学生の一般的な制服となっており、キャンパス内では実験中でなくても白衣の姿が見られる。

misto
/ [名詞]化身
[レベル]4
20:main/ist→mist→misto(中和と重複するため)
【用例】
lan alxa et misto e sae tisee.
sae le fiasat ka jan or alagel kor ako kont sabor sae.
lu or ext pen, see ik bet im veer a.
人間はね、雪の化身なんだ。
空で生まれた幼い雪は、大地に舞い降りながら埃を纏っていく。
どんどん汚れて、最後は泥になってしまうんだ。
(rens 723) veltrensは泥。ここでの泥は大人を指す。laenrensでは汚れた大人を批判しているが、その泥に真理を語らせることで、「純粋さの代わりに大人は知恵を得て成長する」ということをveltrensとして指している。

mivas
/ [天文]mirser
[組み数字]8/8
[レベル]4
lsd;miva "faimiva" 「火の子」。ミニシリウスという意味。
21

mivat
/ [交通]大通り、幹線道路、アルミヴァ通り
[レベル]4
19:armiva/font(アルミヴァ通りのような道)
::le kan
[文化]
アルミヴァ通りのような大きな道。日本にはアルミヴァ通りほどの大きさのものはないが、日本でいうなら例えば国道1号や京都10条、岡山ブルーラインや国道2号、名古屋駅周辺の4車線道路などを指す。アルナはカルテを中心とした円形都市である。カルテを中心としてそこから十二本の道が出ている。カルテの同心円上には建物が並び、十二本の道路とほぼ直角に接している。上空から見るとフロッピーディスクやレコードのような模様を描いている。アルナは住民が住む住宅街側と、企業や学校などがある側に分かれる。上記の通り、これらは十二本の道と横に接している。住宅街は更に一戸建てと集合住宅に分かれる。一戸建ては一戸建同士で集まる。集合住宅もそうである。

mivetyuoasa
/ [言語]自然動名詞
[レベル]4
21
[文化]
iva

mivetyuoayua
/ [言語]自然分詞
[レベル]4
21
[文化]
iva

mivlag
/ [経済]時給
[レベル]4
20
【用例】
mellab le fit mivlag falti 時給が高いバイト

mixar
/ [電算]入力装置、入力デバイス
[レベル]4
19

mixez
/ [生物]無脊椎動物
[レベル]4
19

miyualx
/ [数学]変数。プログラム上の変数はkofel。
[レベル]4
19

miyuka
/ [名詞]転換点、ターニングポイント、変化点
[レベル]4
19
【用例】
tu emat miyuka e lfis ant. それが私の人生の転換点になった。

miyuna
/ [形容詞]革新的な
[レベル]4
19
[語法]
革命を起こすような強い変化を望む場合はizna。

miyusafkam
/ [生物]変温動物
[レベル]4
19

miyusan
/ [数学]方程式
[レベル]4
19
[語法]
変数を含む等式のこと。
【用例】
tamiyukohafmiyusan 二元一次方程式

miyusanfixt
/ [数学]解→fixt
[レベル]4
19

mizo
/ [地学][動物]サンゴ、珊瑚
[レベル]4
lakta

moamals
/ [名詞][形容詞]既婚
[レベル]4
19

moapia
/ [言語]象形
[レベル]4
20:形を指す

mobet
/ [形容詞]潜在的な
[名詞]伏線←mobetgaabe
[レベル]4
rd;mob/te「埋められている」
22

mobetgaabe
/ [名詞]伏線→mobet
[レベル]4
rd;/
23

modo
/ [地学]礁
[レベル]4
15:制:古:modol(下の石)

modteeze
/ [気象]上昇気流
[レベル]4
19

moelaxe
/ [政治]政府機関
[レベル]4
22

moglmavi
/ [化学]ビタミンA
[レベル]4
nd;/
23
[文化]
mavi

moglwain
/ [ユマナ]ハロウィーン、万聖祭
[レベル]4
16:制:万聖節の前夜祭であるが、魔女の変装やかぼちゃのランタンが目を引くことから。

mokim
/ [名詞]就寝時間
[レベル]4
19:ridia

mokna
/ [医療]睡眠欲
[レベル]4
rd;/
23

moksort
/ [名詞]寝冷え、ね冷え、寝びえ、ねびえ
[レベル]4
rd;/
23
【用例】
til moksort 寝冷えする
an til efa man tilat moksort im fis. 今日は寝冷えしたせいで風邪を引いている。

mokvals
/ [名詞]寝棟
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt
[文化]
学校に備え付けられた泊まるための施設。ディアセル前やメルセル前の繁忙期には学校に泊りがけで勉強する人が多い。そのような場合は寝棟という場所に泊まり込みをする。寝棟は校舎とは独立している。寝棟は個室で、同じ構造のフロアが何階にも聳え立っている。個室の広さは一畳程度。たくさんの生徒が寝泊りするため、狭くなければスペースを確保できない。風邪を引かせないよう、廊下の空調設備は整っているが、部屋に空調設備はない。ドアに換気のための通気口がある程度である。無人の状態の部屋は全て開放されているので空調が整った廊下と同じ温度になっている。一度人が入ってドアを閉めれば、外との換気が行われるのはドアの通気口からだけである。そうすると廊下の暖気が入ってくるので寒くならない。個室には窓がなく、外の風は入らないので安心である。火気厳禁。スプレー式の消火器が各部屋に設置されている。部屋のスペースを効率良く使うため、個室のドアは引いて入るドアになっている。廊下側に開くドアであり、教室とは逆である。この絶妙な狭さには他にも理由がある。一畳程度の部屋にはどうやっても一人しか入れないので、カップルなどによる不正利用はできなくなっている。個室は中から鍵がかけられる。また、深夜になる前の廊下には見回りがいる。更に深夜の廊下には監視カメラが作動している。夜に具合が悪くなれば廊下の内線電話で保健棟に連絡できる。

moleil
/ [被服]ボトムス
[レベル]4
21

molkbenom
/ [軍事]少佐
[レベル]4
19:ridia

molkhyuxa
/ [軍事]少将
[レベル]4
19:ridia

molkimpis
/ [政治]野党、下級の党
[レベル]4
19

molkmool
/ [軍事]伍長
[レベル]4
19:ridia

molknoie
/ [軍事]兵曹長→noie
[レベル]4
19:ridia

molkool
/ [電算]下にスクロールする
[レベル]4
vl;/
23

molkskit
/ [名詞]下座
[レベル]4
20
[文化]
skitka

molkvei
/ [政治]参議院、上院、貴族院
[レベル]4
19

molkwalt
/ [軍事]下級兵
[レベル]4
19:ridia
[文化]
軍隊の階級における最低の地位。

molrein
/ [約物]下線、アンダーバー
[レベル]4
21
[語法]
morenは_記号のこと。molreinは語句に直接かかる下線のこと。HTMLなどで強調のために文字に装飾するアンダーバーがmolrein。

moltak
/ [生物]下腕、前腕
[レベル]4
19

momon
/ [魔物]モモン(猫熊):第八十五天:利の空天
[レベル]4
19:ridia/seren/mel:鳴き声から
[文化]
妖族。ずんぐりむっくりな猫のような熊のような姿をしている。大きさは大きめの兎程度。愛らしい格好で、ブリードしてペット化されている。「ももん」という変な鳴き声をする。飼い主に忠実で、よく懐く。
【成句】
momon kaen savel 掃溜に鶴。空天に悪魔が並ぶ中、モモンだけ癒し系でほっとできることから。

moms
/ [名詞]起源、オリジン、発端、由来
[レベル]4
13:制:mom(根っこ)

momvant
/ [法律]憲法
[レベル]4
19:根となる法

monati
/ [芸術]彩度、純度、サチュレーション、クローマ、saturaion、chroma
[反意語]firtati
[レベル]4
21
[文化]
→xistina、verim
色がいかに原色に近いか。より厳密にいえばいかに色相環の色(純色)に近いか。

monkfelan
/ [名詞]留学生
[レベル]4
20:xion

monnim
/ [色]原色
[レベル]4
14:制:ハッキリした色

monsanje
/ [名詞]根拠
[レベル]4
23:luxia
montvian
/ [物理]浮力
[レベル]4
20

mootlent
/ [名詞]蝋人形
[レベル]4
22

mop
/ [生物]靭帯、靱帯
[レベル]4
lakta「体のゴム」

moxhok
/ [動物]アワビ
[レベル]4
14:制:くっ付いた貝

moxp
/ [被服]レオタード
[レベル]4
14:制:moxsab「密着服」

moxrein
/ [数学]接線
[レベル]4
19

mozlots
/ [電算]インサートキー
[レベル]4
20

mozol
/ [名詞]折り込み、折込、折りこみ、おりこみ、折り込みチラシ→lei
[レベル]4
22:moz/ol

mueasl
/ [化学]酢酸(通用名)
[レベル]4
19

myoatev
/ [物理]誘導電流
[レベル]4
19:myoevetと同じネーミング

myoi
/ [物理]磁気
[レベル]4
sm;myoは磁気


myoka
/ [物理]磁場
[レベル]4
19:riuskaと同様のネーミング

myotes
/ [物理]電磁誘導。tesといっても具体的な電気のことでなく、現象名。
[レベル]4
19

mail
/ [化学]化学
[レベル]4
lakta
[文化]
化学用語は古・制の時代にリュウが中心となって作り、幻幻辞典に記載された。
その後メル19年の新生化に伴い、改訂作業をした。
制になる際に、リディアの要望でアンティスを反映したアプリオリなネーミングに変わった。新生でも変わらない。
19年末の専門用語強化に伴い、幻日に輸入される形となった。
ところが、作業をしていてあまりにIUPACが地球の事情に基づいたものなのではないかと考えた。
そこで、これだとアプリオリと言えないのではという不安に襲われ、仕方なしにゼロからオリジナルの命名法を考えだした。

mailyev
/ [化学]化学反応
[レベル]4
19

mainvav
/ [運動]全身運動
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

mait
/ [化学]化学薬品、化学物質
[レベル]4
13:制:mailpitu

mako
/ [化学]化合する、親和する
[普通動名詞]化合、親和
[レベル]4
19:ryuu:mail/kop

malea
/ [エルト]マレア
[レベル]4

[文化]
芸術、美術の女神。

maletis
/ [人名]マレティス。マレットの長
[レベル]4


maletren
/ [言語]マレット語
[レベル]4
20

malka
/ [人名]マルカ
[組み数字]11/14
[レベル]4
古:語源不詳
[文化]
第4期3代アルシェ第11使徒ファーヴァの実母。メルtif 29年生まれ。ヨルダンのアンマンに疎開。その後エジプトに入る。そこでイスラム教徒と結婚し、ファーヴァを設ける。後に夫が事故死し、アフリカを南下し、村落のようなところで暮らしていた。その後病床に臥し、死を待つ体となった。ファーヴァを養ってもらおうとメル8年ギルの月にリーザに連絡を取り、使徒として献上することを告げる。リーザはそれを受けて同年フルミネアの月エンナの日、即ちファーヴァの誕生日にセレンに連絡し、使徒候補としてファーヴァの存在を告げる。ただ、実際にファーヴァが使徒になるのはマルカの死亡後なのでそれから随分後になる。病床に臥したマルカを見てファーヴァは薬学を勉強し、できるだけ延命を施した。それゆえ予想より長く生きることができたが遂に果てたため、ファーヴァはアルシェの軍門に下った。ファーヴァの村落には血の繋がっていない祖父と呼ばれる老人がいるそうだが、これはアシェットには無縁で、リディアしか会ったことがない。

malkaka
/ [電算]メモリスロット、メモリースロット
[レベル]4
19

malkaxu
/ [法律]不文法、不文律
[反意語]sevkaxu
[レベル]4
19

malt
/ [名詞]思春期
[名詞]思春期の人間
[名詞]中級、ミドル
[類義語]solomon
[レベル]4
古:malt
[文化]
mav

maltiia
/ [魔法]マルティーア
[レベル]4
tm;myul/tiia。このmyulは「向き合う」つまり「和合」の意味。
[文化]
→seles
セレス体が別のセレス体を形成すること。主にアテンが別のアテンを作ること。人間の場合は生殖による。神の場合はそのほかにエタンを使って作ることもできる。例えば本から生まれたユルグのように。
生殖を例にとると、受精した段階で2つのinselが結びつき、ioselとなる。haabeはこのioselを感知する能力があり、ioselができると重複しないようにselesとinselをselesklelに登記する。inselが同じでもselesが違えば別の個体として識別できる。
登記が済むとveeyuのセレスをioselを持った個体に飛ばす。これをlyufelという。セレスは目印になっているスピカにワープした後、光よりも速い速度でioselに向かう。selesとinselがioselにぶつかるとioselは消滅する。haabeができる前は登記がなく、セレスクレールもなく、管理が行き届いていなかった。管理をしたことで魂の帳尻が合うようになり、効率よくアルデルへ回収することができるようになった。
selestiaを死神が嫌うのはこの管理システムを破壊するためである。アテンが好き勝手にセレスティアをしあったら、セレスクレールの内容は確かでなくなり、魂の収支が合わなくなる。
アテンが死ぬと死神がセレスを運ぶが、veeyuでlastiaがセレスクレールと照合し、回収した旨と日付をセレスクレールに登記する。また、魂の形状や状態、行き先がトワーユかラティアのいずれであるかなども登記する。アトラスから来るアテンが多いため、日付は便宜上アトラスの歴、具体的には現在ではメル暦を用いる。

malvel
/ [医療]人間の悪い部分、悪い人格
[人名]マルヴェル。セレンの悪の人格。
[アクセント]malvEl
[レベル]4
古:ridia:「闇を望む」。古の希望のエクスプローダーの男性形mal/vel(闇)。エーステはvelなので、後ろにアクセント。人名の用法のほうが古い。
[文化]
luxifer, kamelia

mametmel
/ [歴史]中世、sm_rd
[レベル]4
21
[語法]
mirmel

maml
/ [生物]乳輪
[レベル]4
13:制:mamholo(乳の輪)

mamman
/ [俗語]消防、小坊
[類義語]fianan
[レベル]4
al;mamma/an「おっぱいをまだ欲しがっている人」
23
[語法]
学年制が日本と異なるので注意。mammanでおよそ日本の小学生に当たる。

mampig
/ [医療]乳がん
[レベル]4
19

mamskilp
/ [普通動名詞]ブラチラ
[レベル]4
22

manadaiman
/ [名詞]大学中退
[レベル]4
19

manda
/ [名詞]経産婦、出産経験のあるメス
[反意語]meer
[レベル]4
20:falfania語

mane
/ [生物][医療]分泌、ぶんぴ、ぶんぴつ
[動詞]yulを分泌する、分泌する
[レベル]4
rd;↓
15:制:古:maine←main(分泌)/ e(水)「体が水をだす」

manet
/ [医療]体質
[レベル]4
22:main/te

manj
/ [魔法]チャクラム、ドーナツ型ユノ、マンジュ
[レベル]4
[類義語]yuno
23

mank
/ [動物]イタチ
[レベル]4
13:制:manzから

manl
/ [動詞]yul(二つ以上のもの)をa(結果物)に折衷する、折衷する、織り交ぜる、織り混ぜる
[普通動名詞]折衷
[レベル]4
13:制:古:mant「合わさった形にする」が原義

mapxsodn
/ [名詞]既成事実
[レベル]4
22

maron
/ [普通動名詞]分析
[動詞]yulをa(結果状態や結果データ)に分析する、分析する、解析する
[レベル]4
20:mat/rans(分けて解説する)。ransと離すためにoに。

mars
/ [生物]酵素
[レベル]4
13:制:古:mainarka体と(化学反応を)繋ぐ

maset
/ [植物]パピルス
[レベル]4
20:紙のような
[文化]
アルテムでファルファニア人がアルファエル川流域で発見し、これをもとに紙を作った。既にこのとき麻製の紙を神から分けてもらっていたが、製紙技術は人間になく、このときのパピルス製が初めての製紙技術。紙のほうが単語として先に存在していたので、紙のような植物という語源になっている。

masklap
/ [名詞]ゼムクリップ
[レベル]4
14:制:紙のクリップ

masopnan
/ [交通]ペーパードライバー
[レベル]4
22
【用例】
laal rante et masopnan tis. ウチの母はペーパードライバーにすぎない。

massa
/ [植物]橘、タチバナ
[レベル]4
sm;massu,alt
22

matka
/ [名詞]分岐点
[レベル]4
22

matta
/ [被服]股引、ももひき
[レベル]4
sm; 21

maz
/ [動詞]yulを刳る、刳る、くる、刳り抜く、くりぬく
[レベル]4
16:制:max
iHi:iHi

mec
/ [名詞]代、世代
[反意語]sest
[レベル]4
13:制
[語法]
sest

median
/ [地名]メディアン
[レベル]4
meltia 95 sen via;「回帰する土地」
20:ridia:「回帰する土地」
[文化]
古代国家のひとつ。後のメティオになる広大な国。
約7000万年前、セルトが生まれる500万年前にメティオがアルカット南岸に衝突。アルテ時代の記憶を連綿と受け継ぐアルミヴァが歴史を人類に伝え、その歴史を元に人類が命名したもの。「回帰」とはパンゲア時代のように「ほかの大陸にまとまるようにぶつかった」というところから来ている。

mediennu
/ [名詞]メディエンヌ、不親切な真実、親切でない本当
[類義語]disment
[レベル]4
古:liiza:dismentと同じく、あえてそれっぽいだけの語形を恣意的に作ったもの。
[語法]
嘘ではないが誤解を招くもの。本当はAではないがAだと思わせたいとき、Aだと嘘をつくことはないものの、Aだとわざと相手に誤解させるような言い方をすること。逆に、Bだと思われたくないときに、そのように誘導することも指す。
嘘は苦手だが何かと隠す必要のあるリディアやセレンがよくやる。さらっと素で嘘がつけるメルなどはaaloといえる。
【用例】
ku(ar) mediennu メディエンヌを言う

meer
/ [名詞]出産未経験の女性やメス
[反意語]manda
[レベル]4
20:falfania語で、limeerと同根。

mefteeze
/ [気象]下降気流
[レベル]4
19

megand
/ [軍事]再征服、レコンキスタ
[レベル]4
20

meifhat
/ [化学]シャーレ、ペトリ皿
[レベル]4
rd;/「培養皿」
24

mejtel
/ [魔法]メジュテル
[レベル]4
19:「抗暗殺」
[語法]
leinと共起すること。男でも。
[文化]
ミロクやメテに限らず、偉大な魔導師は常に暗殺の危険に晒されながらも暗殺を防いできた。実は魔導師の暗殺は難しい。毒殺は白魔法で治るのでしばしば無意味であり、攻撃でダメージを与えても白魔法で回復してしまう。しかし睡眠中は無防備であるため、暗殺する隙ができる。
そこで暗殺を防ぐために、魔導師側は魔力でメジュテルというバリアを張って寝る。もしメジュテルが破壊されれば物音で気付くため、結局暗殺者はしばしば対象より武力で勝っている必要がある。このため、偉大な魔導師が王を務めた古い時代での暗殺は特に難しかった。
なお、戦士は霊力でメジュテルを張る。性質は異なるが機能は同じ。
【成句】
lein mejtel ぐっすり寝る、熟睡する、快眠、枕を高くして寝る、安心して寝る、安眠する
lein mejtel メジュテルの魔法を張る
【用例】
lad mejtel 魔導師がパーティのためにメジュテルの結界を作る。
an lein lax mejtel. ぐっすり眠りたい。
el lein xir mejtel ol xal lax valn. 熟眠は健康の基本だ。

melanver
/ [名詞]時差ボケ、時差ぼけ、時差呆け
[レベル]4
rd;melendi/anver
24

melata
/ [歳時記]新年会議、メラタ
[レベル]4
14:制:melの日の会議
[文化]
diaata
アシェットが毎年メルの誕生日の後、即ち年始に行う中程度の会議。元は大会議から次の大会議まで1年もあり、その間に大きな会議がないために行われたのが始めで、それから慣例としてメルの誕生日ごろにほぼ毎年行われた。制アルカではこれを新年の会議と具体的に定めるので、以降は年末に行うことを避ける。
補足:実際22年ごろの実情は、特に年末を避けるということはなく、年末ごろの都合の良い日に行うことが多く、少なくとも何年もこの状態が続いている。

meldia
/ [アイテム]秩序メルディア、メルディア
[レベル]4
17:制:ridia:古:悪魔メルティア
[文化]
ヴァストリアの1つ。メルのもつ腕輪。細く綺麗な腕輪で、ビーズのように透き通っている。悪魔メルティアの力を得た腕輪で、これを付けると時空間を自由に操れるようになる。但し時空間の秩序を破壊するようなことは不可能という制約が付いていて、制約以上の力は出ないようになっている。メルの父である悪魔メルティアが娘のメルに託したもの。

meldias
/ [動詞]yulをiから寝取る、寝取る、寝とる、NTR
[レベル]4
rd;mel/dia/so「メルがリディアにすること」
23:zana
【用例】
laabe meldiasat altian i non sin! あの女にカレを寝どられたのよ!

meldis
/ [魔法]時魔法、時魔術(正式)、時空魔法、時空魔道
[レベル]4
19:ridia:mel/rudis
[文化]
rudisの一種。時や空間を操る。メルが遣い手。

meldit
/ [魔法][ジョブ]時魔導師、時魔術師(正式)
[レベル]4
19:ridia:meldis
【成句】
mel a meldit メルを時魔導師として配置する:適材適所

meldixiv
/ 嬌声、喘ぎ声
[レベル]4
21
[文化]
叫ぶような感じの演技がかったものは馴染みなく、自然な嬌声。どうも女性によると膣内を突かれた際にお腹が押し上げられるような感じになるそうで、結果的に「うっ」と息が漏れるそうだ。ただしそれは全女性がそうかどうか分からないし、男性側の長さにもよるだろう。
いずれにせよこれは物理的には気持ちいいから声が出るのではなくて、お腹を押されて息が漏れるということではないか。それを男側が勝手に気持ちいいと判断し、女もそれに迎合する形で誇張されていって最終的に地球のポルノの嬌声になったのではないか。
アルバザードでは演技がかった嬌声はなく、自然と発せられる声となる。突かれて漏れる声だけでなく、前戯などで漏れる気持ちよさそうな、あるいは若干くすぐったいような声なども含む。
素人の女性、特にポルノを見たことがないという女性は特にだと思うが、幻日の作者がそういう控えめなタイプが好きなこともあって、自然な声を出す女しか知らないし、そちらのほうが違和感がないということで、アルバザードでもこうなった。
アルバザードでもポルノや風俗街では演技がかった嬌声が聞けるかもしれない。ただ素人はしないと思う。素人の女性は十数人しか知らないが、あそこまでうるさい嬌声はまず聞かないので、恐らくアルバザード人もそうだろう。
彼女たちを観察して分かったことは、どうやら気持ちよくて声が出ること自体はあるようだ。これは日本人外国人を問わず。ただし、ポルノのような声になることは自然にはありえないと思う。
たまにAVか何かに明らかに影響を受けている人もいるが、AVなど見たこともないという層の子で、そういう喘ぎ声は聞いたことがないことも傍証だ。
房事は隠れているのでどうしても手に入りやすいポルノなどを参考にしてしまいがちだが、それでは現実的ではなく、アルバザードの房事を作る上で参考にならない。こちらのポルノをアルバザードの素人の房事に引っ張るわけにはいかないだろう。こちらの素人と比較せねばなるまい。
なお、嬌声の表現はa...とかu...とか篭った音が多い気がする。a...aa...unとか。あまり声になっていない感じがする。

melendi
/ [名詞]時差
[レベル]4
rd;/
21:24に登録

meliktoa
/ [生物]苺鼻。苺のようにぶつぶつの多い鼻。毛穴パックとかを使ってとる人のような鼻
[レベル]4
19

melil
/ [俗語]キモオタ、キモヲタ、ギーク、メリル
[レベル]4
al;melis/lulian
23
[語法]
たいていの場合、無知な一般人によるオタクへの非難か、オタクがオタクを罵るための自己紹介に使われる言葉。
【用例】
vort,! melil! 死ね、キモヲタ!

meliml
/ [化学]再生繊維
[レベル]4
rt;/
23

melleft
/ [普通動名詞]タイムリープ、時間跳躍、タイムトラベル、時間旅行
[レベル]4
rd;/
24
【用例】
non hatia tyu i nan at lif ento nan lut aaj axon o lein le tyu siina. tyu oktat hatia a non nekkul, see lu hatia et min lant o hasm xan. son non koltat lemel im tyu in non siina, kokko melleft. non koltat daksel ses tat le sel lunak lana rakm lfis nil, ento na noan em gins ont almans. 小さい頃から君が好きで、好かれるよう趣味や服を合わせてきた。そんな君がこっそり教えてくれた好きな人は、年上の素敵なひと。だから私は過去へと跳んで、君がまだ私を見てくれていたあの頃に帰った。あの日が来るたび私は過去へ跳んで、幸せな時代を繰り返した。心が擦り切れ、枯れてしまうまで(seren arbazard)

melmit
/ [名詞]側室、愛人、二号さん、二号、三号さん、三号。以下何号でも。
[類義語]aldaiz
[反意語]diamit
[レベル]4
rd;mel/minti
24

melmoslot
/ [数学]円周角
[レベル]4
20

melpoit
/ [地学]経度
[レベル]4
20

melrein
/ [地学]経線
[レベル]4
19:時の線。これが15度横にずれるごとに、1時間アルバザードからずれるため。北極と南極をつなぐ縦線

melso
/ [動詞]yulを紡ぐ、紡ぐ、紬ぐ、つむぐ
[普通動名詞]紡績
[レベル]4
21:miilya:meli/so

meltem
/ [環境]地球温暖化、温暖化
[レベル]4
19

meltian
/ [企業]メルティアン
[レベル]4
21
[文化]
セイコーに相当する企業。

melton
/ [形容詞]メルの望むような
[反意語]almelton
[レベル]4
rd:mel;mel/te/on「メル風なものに関するような→メルの好みに沿うような」
24:mel
[文化]
yutia

meltpol
/ [地学]温帯
[レベル]4
19

melvet
/ [言語]時制、テンス
[レベル]4
19:melidia alis
[語法]
テンス:http://constructed-language.org/arka/study_yuli_11.html
従属節の時制:http://constructed-language.org/arka/study_mav_7.html
時制の一致:http://constructed-language.org/arka/study_yulf_27.html
「アルカの認知言語学的考察」の物語中の時制:http://leviantarka.web.fc2.com/study_yulf_147.html

melxeltan
/ [名詞]月燈師
[レベル]4
19
[文化]
月燈祭に使うランタンを製造する職人。日本の花火職人のようなポジションにいる。

memirfo
/ [音楽]協和音
[レベル]4
22:「仲の良い音」

memnial
/ [数学]円柱
[レベル]4
19

memov
/ [普通動名詞]円運動
[レベル]4
19

memp
/ [卑語]セックス
[レベル]4
古:mempoから

mempes
/ [植物]フリージア
[レベル]4
nd;fleabel語で「女性器」。花の形が膣口に似ているため。mempoと同根だがこちらは卑語ではない。
23
[文化]
フレアベル原産。ndで流入。

mempim
/ [数学]円錐
[レベル]4
19

mempo
/ [卑語]まんこ
[レベル]4
f;mem/ponno
古:元はmemponno。memは「包み込む」で、ponnoは元は単独で女性器を指したが、後に男性器の隠語となった。ponnoは女性器の隠語だったのだが、意味が逆になり、男性器を指すようになった。女性器の隠語がなくなったため、memponnoが新たに女性器の隠語として造語された。しかし意味があまりに直接的なので煙たがられ、略されてmempoになった。しかしそれさえもやがて煙たがられて卑語と化した。

memtik
/ [数学]360度
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

menk
/ [動詞]yulにa{on}の周りを周らせる、周る、回る
[天文]公転
[類義語]hol、mes、mem
[レベル]4
20:mem/ke(円を描いて行く)
::sai:vizen,kt
[語法]
hol

menktat
/ [天文]公転周期
[レベル]4
20

menkui
/ [卑語]クンニリングス、クンニ、まんなめ
[類義語]xiiasex
[レベル]4
21:mempo/kui
【用例】
"caca to et kuni a. re ar menkui a noel, ocaaaaaaa(ffff" 「何がクニだよ!クンニしろオラァァ!!」(エデンの檻)

menlo
/ [卑語]膣
[レベル]4
19:mempo/lo
[語法]
mivlは医療用語で、子供が出てくるイメージ。menloはセックスに使う淫らなイメージ。

menni
/ [卑語]まんげ、まん毛
[レベル]4
19:mempo/ini

menot
/ [医療]リハビリ、リハビリテーション
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

mensa
/ [アイテム]メンサ
[レベル]4
ridia:古:melsabe「メルの服」或いは「時間の服」が語源。
[文化]
ヴァストリアの1つ。メルのもつ魔装。時空を歪めた際の反動から身を守り、かつ時空を歪める能力を増してくれる服。

mente
/ [名詞]売春婦
[レベル]4
tm;mempo/teeze(まんこ風な、まんこ女っぽい)


mentes
/ [動詞]yul(体を売る人)をa(買う側)に売春する、売春する
[普通動名詞][再帰動名詞]売春、援助交際、援交、エンコー、ウリ、売り
[レベル]4
tm;mente/so
23

mepmo
/ [名詞]鏡像
[動詞]yulを鏡像にする
[類義語]ixlem
[レベル]4
20

mepn
/ [交通]運河
[レベル]4
13:制:mobepon(掘った水路)

meps
/ [普通動名詞]セックス
[動詞]yulとセックスする、セックスする
[類義語]esse
[反意語]tias
[レベル]4
rd:ridia;mempo/esse
23:ridia:→tias
[語法][文化]
tias

meria
/ [ジョブ]メリア、巫女
[名詞]預言者
[レベル]4
20:ridia:min/eria(水の女。エルテを着る前にみそぎをすることから)
[文化]
召喚士と対をなすジョブ。神の力を得るのではなく、神との対話をするのが仕事。悪魔との対話も可能。神や悪魔には言語能力のないものもいるので、これらと意思疎通をすることができる点で特に重宝される。また、試練を終えて契約を結ばないと神を呼び出せない召喚士に比べ、簡単に神と対話できる点でも優れている。その代わり召喚して力を得ることはできない。巫女は対話の際、みそぎをしてエルテを着る。対話はサリュで行う。
宗教的には預言者を指す。教祖はしばしば預言者も兼ねる。

mert
/ [言語]メルト、言葉遊び
[レベル]4
16:制:milm/ert(踊る言葉)。古のluuteになぞらえて造語した。
[語法]
kokonと違ってそれ単体がユーモアになっているのではない。mertはふつうの言葉が周りの状況や言い方などによって初めてユーモアになるものである。kokonと違ってネタを用意していればいつでも言えるものでないため、mertのほうが高等テクニック。
【用例】
mert melt 心温まる言葉遊び

merujfo
/ [音楽]不協和音
[レベル]4
22:「不和な音」

mesadl
/ [普通動名詞]再発見、再発明
[レベル]4
22
【成句】
mesadl e nagi ナギの再発明:車輪の再発見。同じ発明を自分が最初だと思い込んで無駄な舞い上がりをすること。それが何度繰り返されようと、歴史は前に進まない。

mesalia
/ [化学]再結晶
[レベル]4
19

mesaxe
/ [政治]地方公共団体、自治体、地方自治体。通常自治体というと日本語では地方公共団体を指すため、訳語欄に挙げておく。
[レベル]4
rt;/「地方団体」。地方公共団体をそのまま訳すと冗長なため。
23

mesayet
/ [環境]環境問題
[レベル]4
19

meskad
/ [政治]周辺国家
[レベル]4
20

meslagel
/ [政治]地方分権
[レベル]4
19

mesnoskolm
/ [政治]地方自治
[レベル]4
19

mestfut
/ [普通動名詞]等価交換
[レベル]4
22:天秤交換

mestia
/ [物理]プリズム
[レベル]4
21:光魔法mestから→dolmiyu

mesvas
/ [政治][軍事]地域紛争
[レベル]4
19

metdok
/ [植物]落葉広葉樹林
[レベル]4
19:ridia

metexisa
/ [料理]和三盆
[レベル]4
19:ridia
[文化]
セルメルではメテで作られ輸入されており、現在でも輸入に頼っている。黒砂糖に似ている。

metget
/ [植物]落葉針葉樹林
[レベル]4
19:ridia

metin
/ [植物]ツバキ、つばき、椿
[レベル]4
18:ridia:落ちる花

metioetek
/ [料理]メティオ茶
[レベル]4
rd;/
23
[文化]
紅茶を主とする。

metis
/ [名詞]愛人、二号さん
[レベル]4
rd;mel/lantis「メルのような人」
24

mevolt
/ [普通動名詞]再現、再来、再起
[普通動名詞]リプレイ→mesolet
[普通動名詞]復元→melad, fort
[動詞]yulを再現する、再現する
[レベル]4
20:再び具象化する
【用例】
sart fonl van mevolt e cavas. 神々はラヴァスの再現を避けようとしている。
[語法]
ビデオなどの再生はkekl。

mexfink
/ [娯楽][軍事]敵陣
[レベル]4
22

mexia
/ [名詞]郊外、近郊、町外れ、街外れ
[レベル]4
rd;mes/xial「街の周り」
23
[語法]
都市の外縁部に位置する人口の多い地域のこと。
【用例】
rapol kaen{e} mexia 郊外の住宅地

mextkais
/ [経済]外貨
[レベル]4
19:ilmus:ridia

mezo
/ [名詞]からざお、殻竿、さお、竿
[レベル]4
lakta:meは回る。zは木だろう。

miaja
/ [数学]無理数、無比数
[レベル]4
19

mian(2)
/ [遊女][代詞]non
[レベル]4
21:mya
【用例】
mian an loki tyu tix ranqtta yanna. わっちゃにゃよう分かりんせん。
xol mian? miia est te holo tixxe. わっちかや?わっちの名はホロじゃ(『狼と香辛料』賢狼ホロ)

miavix
/ [名詞][形容詞]異常なし、異状なし
[レベル]4
rd;/
23
【成句】
miavix et xaavix alka. 異状なしが一番異状あり:機能性胃腸症など、症状があるのに「異状なし」と医者に言われると患者は極めて不安になる。「痛いから来てるのに異状なしとかふざけてろ。痛いから来てんだよこっちは」と考える。要するに医者が分類できず対処できずお手上げというわけだ。それを異状なしと嘯いてごまかしている。結果、患者は「異状なし」と言われることが一番異状ありに聞こえる――という意味の諺。現代医療の無力さと不勉強さを揶揄した、医療の限界を意味する諺。

miax
/ [料理]デリ、デリカテッセン、調整食品
[レベル]4
16:制:mia/xon(珍しい食べ物)

midafrei
/ [アイテム]聖剣、聖なる剣
[レベル]4
17:制

midan
/ [悪魔]ミダン
[生物]天枢
[レベル]4
meltia 0:midan;mida/n
ridia:古:デームスに指小辞を付けるのは不適切としてネーミングセンスを非難されたリディアがその場で泣き出してしまい、自分の評価を下げたことで問題となった。
[文化]
聖の魔法を司る。ソームとは同格だがグループが違い、ヴァルテの下。悪魔ヴェンシートと対立する立場にあるが、友好的。ヴァルテの部下。白人系美少女の姿。聖を司る。明るい。ヴァルテを慕う。ヴェンシートと仲が良い。
ミダンは鳥の翼のような白い光の翼で飛び去った。彼女の翼は白く美しい。これは白鳥の翼のようである。彼女が通る道で、白い羽が多く舞い、白くぼやけた線が残る。
準惑星セレス(ケレス)を司る。

midiit
/ [地名]ミディート
[レベル]4
古(kakoでは?)
[文化]
メテの使徒オキニスの支配地。

midil
/ [建築]バリアフリー
[レベル]4
vl;mi/dolkon.xik
23

mifnam
/ [生物]自律神経
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt:自分で制御できない神経
【用例】
mifnam es avix. 自律神経が参っている。

mig
/ [植物]穂
[レベル]4


migartsinsol
/ [名詞]無料番組
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

migl
/ [植物]タデ、たで、蓼
[レベル]4
高:mig(実が穂のように見える)
[文化]
migltren

mihim
/ [生物]無性、無性体、無生物
[レベル]4
23
[語法]
luniは生物でないという意味。mihimは性別がないという意味。

miia(3)
/ [遊女][代詞]noan
[レベル]4
21:miia

miikmue
/ [料理]リンゴ酢
[レベル]4
16:制

miilposa
/ [被服]リボンタイ、リボンネクタイ
[レベル]4
23

miilya
/ [人名]ミリア=ルティア
[芸術]工芸、手芸、手工芸
[レベル]4
古:語源不詳。手芸のほうは彼女の得意分野であることから。
[文化]
(tif 4 fav mel→)第4期4代アルシェ準ハルマ。リディアの実妹。
【成句】
miilya tis til vei avai 平凡なミリアも何かしら特徴がある:無くて七癖
miiilya as na jo im ras val 仏の顔も三度まで

miinamiina
/ [俗語]キス、ミーナミーナ
[レベル]4
tm;「花合わせ」。花と花をくっつけるという意味から。女性を花に見立てている。
23:kliiz
[語法]
女同士のキスのこと。百合(fianis)などと関連付けられることもある。一般にいやらしいイメージより綺麗なイメージを持たれる。
広義にはペッティングも含まれる。
【用例】
laas arat miinamiina on main. 彼女たちは互いを愛撫しあった:on mainとあるので広義で使われている。

miinarens
/ [言語]花言葉
[類義語]yunatemali
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt
[文化]
木にもある。木の場合は枝を贈る。本辞典では[花言葉]で検索可能。

miinayunk
/ [婉曲]売春、売春婦
[類義語]mente、mentes
[レベル]4
rd;/「花売り少女」
23
[語法]
menteやmentesの婉曲語。

miir(3)
/ [工学]ミール、人工知能ミール
[レベル]4
lj:mel;rdで書かれたlei e miirの主人公miirから。
24
[文化]
メルが作った人工知能。人口の多い国で直接民主制を可能にする目的で作られた。直接民主制のメリットは国民全員の意見を直接反映できる点である。ミロク亡き後の脆弱なユティア朝で事実上採用されていた間接民主制では政治家が民意をしばしば無視することがあり、セレンは民意をどうにか反映させられないかと考えた。
2012年現在の日本でも同じ問題があり、例えば消費税増税反対が世論調査で過半数を超えていようと、与野党のほとんどが賛成している状態で、民意を無視して消費税増税が可決されてしまった。また、民主党政権によるマニフェスト破りが横行したのも、できもしない都合の良い事を並べ立てて国民を騙し、選挙で政権を獲得したためで、これもまた間接民主制の弊害である。国民一人ひとりが政治に参加できる直接民主制なら今述べたような問題は起きなかった。

ljのメルは小学生の頃に人工知能ミールを着想し、高校時代から開発を始めた。ミールはインターネット経由で民意を集計し、世論を形成する人工知能である。国民は官僚(革命後は官僚はアドバイサーとして機能している)やマスコミやネットなどの情報源を基にネットを通じて法案を作成したり法案賛成の署名活動をしたりする。そのデータをミールは集計・処理し、市・県・州の地方自治体単位ないし国家単位でそれぞれ世論を形成する。
ミールは形成した世論をレスティミールに提出する。ミールが運用されたとき、メルはアヴァンシアン所属だったため、ミールとレスティミールはアヴァンシアン内にある。ハッキングを防ぐためレスティミールは外部と接触させていないため、ミールで形成したデータは外部記憶容量に記録され、アヴァンシアンの技術部による人的作業でレスティミールに提供される。
以下の作業はlestimirを参照すること。

miirwast
/ [形容詞][ネガティブ](miirwastanで)理屈っぽい
[動詞][ネガティブ]yulという内容の論理を振りかざす、論理を振りかざす
[レベル]4
rd;/
23
[文化]
もともとアルバザード人は論理的に喋るのが良いこととされているため、日本ほど「理屈っぽい=悪い」というイメージはない。miirwastanはあまりに非常識的なほど過論理な場合や、逆に自分が論理的でなく相手に負け惜しみで言う場合に使う。
一般的に女のほうが感情の生き物なので、論理で整然と押し通してくる男は生理的に受け付けないことがあり、「あの人は理屈っぽいから嫌だ」などということがあるが、たいていそういう女は頭の弱い馬鹿女であることが多い。よってこの言葉は底辺や女ほどよく使うイメージがあり、使えば相手を罵ることができる反面、自分が馬鹿でございますと自己紹介するようなもので、諸刃の剣である。

mikalem
/ [音楽]ソナタ、ミカレム
[レベル]4
rd;/「ミクの気持ち」。ミルフが心境を曲にして作った楽曲の形式がソナタだったことから。
23

mike
/ [動詞]yulを遊牧する
[普通動名詞]遊牧
[レベル]4
13:制:古:myuke(引越し、移住)「いなくなるように行く」

mikserg
/ [経済]投資
[レベル]4
22:「おっとりした投資」→serg

milankolm
/ [政治]貴族制
[レベル]4
19

milas
/ [歴史]オーパーツ
[レベル]4
19:mirok/las(神の手)

mileeyu
/ [植物]seron
[組み数字]5/9
[レベル]4
szl;milee,f.k
21
【成句】
mileeyu til nim enk a kozue ルティアの桜と凪の桜は色が違う:所変われば品変わる
【用例】
mileeyu xelie 夜桜
len mileeyu xelie et lant a. やはり夜桜は美しいな。

mileni
/ [名詞]綿毛
[レベル]4
21:mile/ini

milfa
/ [地球の国名]ドイツ
[レベル]4
14:制:古:「ミクのものmilfal」が語源。即ち「ミクの国」という意味。

mimian
/ [遊女][代詞]lena
[レベル]4
23

mimibeema
/ [言語]ザマスババア
[レベル]4
rd;/
23
[文化]
mimikuom

mimiia
/ [遊女][代詞]lenan
[レベル]4
23

mimikuom
/ [言語]ザマス口調、ざます口調
[レベル]4
rd;/
23
[文化]
やたら名詞や動詞にmiを節操なく付ける人間の口調。上流階級を揶揄したものであるが、アニメやマンガの表現として定着しているだけで、実際の上流階級の人間でそのような喋り方をする者はほとんどいない。
小説などにおいてはmimikuomを使うキャラは大抵嫌味な上流階級の人間で、mimibeema(ザマスババア)などと卑下されることがある。

minakalmo
/ [地名]ミナカルモ
[レベル]4
f:elt;miina/kalmo
古:ridia:「花畑」
[文化]
エルトとサールが逢瀬をした花畑。セルヴァートにある。セルハノイの北、セルアの南。ラヴァス後はアルフィがある。→arfi
この緯度にもかかわらず、あらゆる花が咲き乱れる。とはいえ、神話で具体的に登場するのは紫苑しかない。ラフレシアや薄気味悪い原色の花はないと思うので、アルバザード辺りに咲くあらゆる背の小さな花だと思われる。例えばかすみそうのような。
【成句】
mans yun minakalmo 百花繚乱

minal
/ [政治]民主、民主主義、民主制
[レベル]4
19

minalet
/ [政治]ミナレット
[レベル]4

[文化]
アルバザードにおける民主主義政党。メル暦201年、ミナリスという女性が提唱した民主主義を実現するために作られたレジスタンス組織としてつくられた。230年ごろ立憲君主制下の選挙制度を認めさせ、各国に民主主義を伝えた。しかし規模の拡大のため内部対立が生じ、almina, aminal, alaivなどの多数の政党が分離独立した。本体はlevalenに党名を変更。アトラスの宗教禁止の風習に従い、205年ごろより活動を開始したアルティス教に度々弾圧を加えた。250年、minalisはアルティス教の始祖シオン=アマンゼと一騎打ちの末相打ちとなる。そしてミナリスの息子ファウスが党首となる。260年、アデュの大虐殺を決行。多数のアルティス教徒が獄死する。290年、ミナリスの息子ファウスとシオンの娘マルテが一騎打ちの末相打ち。ファウスの息子アルファウスが後を継ぎ、アルマスト派の首領アフレインを殺害。その後アルティス教との力関係が拮抗したため、295年アルティス教徒への虐殺停止要求を受諾。同時に選挙によりアルティス教に議席を与える。300年、アルティス教と停戦。同年、アルファウスがアルバ17世を廃位し王政廃止して副王に就任する。310年、政治闘争によりアルファウスは、マルテとアフレインの子ユレット。アメリと戦い相討ちとなり死亡。320年、著しい政治腐敗によりユレットとアメリの息子ミロク=ユティア率いるアルティス教の政党の一派イルミロク党に座を奪われる。同政党が選挙制度を廃止し、独裁政権を作ったため、ミレナットは滅亡した。

minalis abentis
/ [人名]ミナリス=アベンティス
[政治]民主主義者
;miina/lis「小さな花」
[レベル]4

[文化]
(melpalt 180年代?→250)民主主義勢力ミナレットの初代首領。メル暦201年ごろ、アルバザードで民主主義を提唱し、レジスタンス組織ミナレットを組織した。205年、カンシオン=アマンゼとアジュネ=アマンゼの召喚省登用を選挙で選出されていないということを理由に妨害。これがきっかけとなりカンシオンとアジュネは娘シオン=アマンゼと共にアルティス教を組織することになる。ミナリスはこれを危険分子と見なし弾圧。230年、全国労働者のストライキを決行することで国に選挙制度を認めさせ、ミナレット党は第一党となる。同時に興味を抱かなかった召喚省はアルティス教が支配することになる。アルバザードの選挙制度開始をきっかけに全世界に民主主義が伝播し、250年までにはイグレスタ共産圏をのぞくアトラス全土に広まった。250年、アルティス教の勢力拡大に危惧を抱いたミナリスは宗教禁止を名目に開始。召喚省長官アジュネを殺害し、さらにアルカンスへ逃亡した始祖シオン=アマンゼとその娘マルテ=アマンゼに軍勢を差し向けるが、彼らは強力な魔術師であったため軍は壊滅。よって自身も強力な魔術師であるミナリスが始祖シオンと直接戦いを挑み、相打ちとなる。死後、ミナレットの首領の座は息子ファウスに引き継がれた。

minalvels
/ [政治]民主政治
[レベル]4
19

minasa
/ [言語]女性名詞
[レベル]4
20
[語法][文化]
vikasa

mindor
/ [経済]女性割引、レディースデー、レディース価格
[レベル]4
rd;/
24
[文化]
smに始まった文化で、現在まで続いている。男性客が女性を連れて行くと女性の分は割引になるというサービス。女性だけで入店した場合は割り引かれない。女性の費用を男性が負担するようになったのは男尊女卑傾向の強まったsmからで、このころ女性は男性の所有物として扱われていた。特に上流階級になるほどその傾向が強かった。
vlとalでは行き過ぎた女尊男卑のせいで男性には割引をしないが女性だけ割引をする13年現在の日本のような状況になっていた。このころは女性は自分で支払うか、そうでなくば男性におごってもらうという状況で、ただ単に女に都合がいいだけの世の中だった。ただ、育ちの良い子はsmのシステムを守っていた。
旧革命でsmのシステムに戻されたが、影響が弱まると現代日本のように戻った。その後革命でsmのシステムに戻し、現在に至る。

minet
/ [哲学]実体
[電算]実体(エクセルなどの)
[反意語]elmet
[レベル]4
20:main/te

minif
/ [言語]無相
[レベル]4
20
[語法]
相のない相。行為無相と状態無相がある。

minlang
/ [政治]女権
[レベル]4
20

minlangakn
/ [政治]フェミニズム
[レベル]4
20
[文化]
mindaz, himvelx
ヴェレイで台頭し、行き過ぎた男女平等を推進し、社会を女尊男卑に陥れた。ミロクの命を受けたアルソンにより公開処刑され、革命後は滅んだ。その後ミロクは男女の違いを認めた上で男女区別をし、男女差別を撤廃した。
レイユでフェミニズムというと、ミロクが女に認めた権利を侵害する行為に対する抵抗を意味する。例えば女は一般に買い物で荷物を持つ必要がなく、奴隷ですら重労働に就かされないことが多い。これを破る男に対し、フェミニズムが動く。また、レイプや痴漢などに対しても抵抗する。

<アトラスの女性観>
魔導師は大半が女性である。女性のほうが魔力が高いためである。

地球の人類はメスがオスに依存し、食糧を得てきた。
そのせいでメスはエサを取ってくる能力の高いオスに群がるようになった。
そのほうが生き残れるからである。

一方、アトラスでは6500万年間の間、男性はユノや剣技を、女性は魔法を使っていた。
女性は完全に戦闘要員で、男性との間に上下関係はなかった。
この世界で女性が魔力に特化していた理由は出産である。
特にユーマの一族についてはここに生理が加わる。

生理中の女性は剣士のように激しい立ち回りをするのが苦手である。
そこで体をあまり動かさずに戦えるよう、魔法を進化させた。
極端な話、魔導師というのは椅子に座ったままでも戦うことができる。
これは子育てや出産や生理のあるメスにとっては好都合だった。
その合理性により、神々を含めて女性は魔法に特化していた。

神々から農耕を授かるまでは人類は狩猟採取生活をしていた。
魔法があっても果実を生やせるわけではないので、メスが子供を産む以上、オスが食料を取ってくるという構図は地球と変わらなかった。
しかしアトラスの女性は筋力がなくても森に入って動物を魔法でしとめ、風の魔法で浮かせながら家に持って帰ることができたため、自活できた。

そのため女性が男性を必要とするのは主に子作りにおいてであった。
女性は自分で生活していく力があったため、結婚に依存する必要はなかった。
また、生活力のある男性に依存することもなかった。
それゆえ、純粋に自分の好みで男性を選ぶことができた。

だいたい地球でも学生を見れば分かるが、金だの生活だのが絡まない年代の恋愛というのは、社会的地位のある男より運動神経の良い男やイケメンがモテるものである。
アトラスの場合、女性は早くから地位でなく男性自身に魅力を感じていた。自分で稼げる以上、男性に求めるのは美しく強い遺伝子である。
自分の子供には美しい容姿や強い運動能力がほしいため、要領よくエサを持ってくるとか商売が巧いといったことはあまり魅力にならなかった。

従って、アトラスでは男性自身の能力や容姿や性格などがモテる要素になり、そういった遺伝子が残っていった。
当然そういう男性は少ないので、女性が群がる。群がるということは女性も選ばれようとして努力をする。
その結果、男性に都合のいい振る舞いをする女が選ばれるようになり、その遺伝子が残っていく。

この世界の女性は自立的で強いが、男性は女性を囲って守ることで他の男性に対して優越感を抱くので、やや弱い女性を好んだ。
女性はその気持ちを利用して、わざとしおらしく振舞うようになり、そういうことができる女性が生き残った。
この結果、現在のアルバザードにまで繋がる「芯は強いが、表向きには男性を立てておしとやか」という価値観ができた。
女性は男性に守られることで「私は選ばれた価値のあるメス」と自覚し、男性は女性を守ることで「俺は有能なオス」と自覚でき、共生が成り立っていた。

セルメルになると魔力の弱まりとともに女性の地位は低められ、籠の鳥のように扱われた。
rdでは魔力が戻ったため、女性の地位は元に戻った。
ナディア〜アルティルでは魔法の衰退とともに徐々に地球と同じように女性が貶められた。
ヴェレイでは現在の地球と同じようにフェミニズムが起こり、女尊男卑にまで逆転していった。
ミロク革命で男女区別を徹底させ、男女平等が実現された。

minlangan
/ [政治]フェミニスト、フェミ
[レベル]4
20

minlisan
/ [ユマナ]女子小学生、JS
[レベル]4
23

minlistvet
/ [言語]女性敬体
[レベル]4
21
[文化]
21にセレンがpikkoがyuulから分離したのを契機にリディアが設けたもの。

minmain
/ [名詞]女体
[レベル]4
[反意語]vikmain
rd;/
23
【成句】
el siina minmain tet min. 女体は好きだが女は嫌い。

minnodvik
/ [名詞]女尊男卑
[レベル]4
22:女>男
[文化]
mindaz

minpit
/ [医療]婦人科
[レベル]4
19

minse
/ [生物]おりもの、下り物、こしけ、帯下
[レベル]4
fv;min/sae「女性の雪」。女性の体から出るもので、膣口から降りてくるものということを婉曲的に示したもの。
23:mel。14にメルが造語していたものを23に幻日に輸入。
【用例】
yuna til minse di im fis. 今日はおりものの量が多い。
fosi ik ext milgaal minse. おりもののせいで下着が汚れてしまった。
moe klia dans yuna mil yuna til minse di im fis linoa, ol moe fax yuna im tur, etto. お兄ちゃん、わたし今日はおりものが多いから、今抱いたらできちゃうかもよ?(mel keetoia)

minseelan
/ [ユマナ]女子中学生、JC
[レベル]4
23

minsehamas
/ [名詞]おりものシート、オリモノシート、オリシー
[レベル]4
rd;/
23:mel。14にメルが造語していたものを23に幻日に輸入。
【用例】
mixi lunat fosi ento rak minsehamas xi sikt iten etto leevat pot yuna. see yuna nat nik tiina im fosi yunol ik beeb mil mixi aan. お兄ちゃんに中出しされた後、しばらくして精子が降りてきておりものシートじゃ抑えきれなくなって、下着が精子臭くなったときは驚いたなぁ(mel keetoia)

minsel
/ [名詞]レディースデー
[レベル]4
vl;/
23
[文化]
mindaz

minsin
/ [普通動名詞]女嫌い、女ぎらい、ミソジニー、女性蔑視
[反意語]viksin
[レベル]4
rd;/
23
[語法]
女体も含めて嫌いな場合もあれば、女体は好きだが女は嫌いという場合もある。いずれにせよ女の人格が嫌いなことを指す。

minsoran
/ [ユマナ]女子高生、JK
[レベル]4
23

mintia
/ [アトラスの国家]ミンティア
[レベル]4
23:ridia

mintier
/ [名詞]酒池肉林
[レベル]4
22:「女体の海」

mintsaaze
/ [名詞]花吹雪、桜吹雪
[類義語]teksaaze
[レベル]4
rd;/
21
[語法]
日本語は「桜吹雪」と木を限定するが、アルバザードでは桜のもほかの木のも同様にmintsaazeで示す。従って桜吹雪は厳密にはmintsaaze e seron。

miort
/ [医療]無月経
[レベル]4
19

miragalt
/ [ユマナ]鳥居
[レベル]4
19

mireirein
/ [音楽]メロディーライン
[レベル]4
21

mires
/ [名詞]言論
[レベル]4
rd;mirs/rens
24

mireslang
/ [政治][哲学]言論の自由
[レベル]4
vl;「言論の権利」
24

mirgilia
/ [経済]中央銀行
[ユマナ]日本銀行、日銀
[レベル]4
21:mirgil

mirgilil
/ [化学]フッ素
[レベル]4
18:制

mirmel
/ [歴史]神代。創世記からラヴァスまでの神の時代の総称。
[レベル]4
rd;/
19:mirok/mel
[語法]
feme

mirok t'arka
/ [名前]アルカの神、ミロク・タルカ
[レベル]4
rd

[文化]
カルディアとユマナにおいてアルカに関わった人間の運命を決定し左右する神。主にセレン=アルバザードとその周囲の人間の人生と運命を采配する。ユマナとrdのセレンが制ごろに自らの思念で創り出した神。災厄ばかりに見舞われた彼らはしかして自分の人生がアルカの視点で立つと合理的に運んでいることに気付いた。自分や周りの人生が犠牲になってでもアルカにとっては常に好都合な状況が起きていた。そこで彼らは世界にはアルカの神がいて、自分及び周囲の人間はこの神によって采配されているのではないかと考えた。この念慮によって具現化したのがアルカの神であるが、この神は固有の名前を持たない。単にアルカの神と呼ばれる。
アルカの神は複数の世界線におけるセレンらを支配する。例えばこの辞書を書いている今のこのセレン=アルバザードの人生が失敗してアルカ発展の途上で自殺したとしても、それはその世界線において失敗したにすぎない。2012年現在ではアルカの神視点において、この世界線は正常に進んでいる。しかし今後もこの世界線がアルカの神にとって理想の結果を弾き出すとは限らない。この世界線は失敗に終わり、志半ばでセレンは死ぬかもしれない。だが別の世界線ではセレンはアルカを大成させ、アルカの神は彼を操りアルカを育て上げさせている。

離婚をしたことも身体を壊して仕事を変えたこともセレンの人生で見ればマイナスで不幸なことだが、アルカにとっては好都合な結果になっている。
明らかにアルカの神がセレンの人生を犠牲にして、その代わりにアルカを進めさせた結果である。セレンは無神論者だが、アルカの神の存在だけは信じている。あることが起こればそれはアルカにとって必要なことであり、あることが起こらなかったらそれはアルカにとって必要でなかったことである。自分の人生がどう進むかはアルカの神が決めている。たとえ事故でも不幸でも失敗でも賭けの外れでも、アルカにとって必要なら起こり、必要でないなら起こらない。
だがそれに絶望してセレンが途中で投げ出して自殺すれば、それはその世界線のセレンがトゥルーエンドまで行けなかっただけのことであり、アルカの神の采配が間違ったわけではない。ただ単にその世界線のセレンが根性が足りず、人生が詰んだと諦めるのが早かっただにすぎない。
別の世界線ではいずれかのセレンがトゥルーエンドを迎えている。ただ、恐らくそのセレンは相変わらずアルカに支配され、不幸な人生を歩んでいるわけだが。

なお、この神については制のころからこのように呼んで自覚していたが、文書化したのは31歳の誕生日である。

mirokdaiz
/ [政治]神聖なる王、王権神授、王権神授説
[レベル]4
19
[文化]
アルカでは、神から授かったという意味合いでは使わない。王がいまだ神の血が濃く残っており、偉大であるため、王としてふさわしいという意味合いで使う。絶対王政のころ使われた。

mirokkern
/ [企業]ミロクケルン
[レベル]4
21
[文化]
ANA、JALに相当する企業。

mirokxant
/ [被服]絶対領域
[レベル]4
21

mirs
/ [動詞]yul(議題など)を論議する、論議する、論戦する、討論する、討議する、論争する、議論する
[論理]議論、論議、討議、討論、論戦、舌戦
[レベル]4
14:制:miir
[文化]
tal
アルバザード人にとって論議は非常に重要な概念であると同時に、その様式は地球のどの国にも似ない特殊なものであるため、理解は極めて難しい。
まず、彼らは議論することを好む。小さなことであっても、急いでいても、戦いの寸前であっても、議論することを好む。
次に、議論は常に相手の考えを認める方向性で進める。この点でアメリカや中国やフランスと似ていない。相手の意見の良い部分を見つけ、自分の意見を修正していくというのが大前提で、この流れは『夢織』などの小説にも見られる。つまり、アルバザード人は始めから自分の意見が完全に正しいと思っておらず、自分の意見をよりよくしようという観点で話をする。
一方、自分の意見を間違えだと認めることもフランス人と逆で遥かに多く、同時に相手の意見を正しいと認めることも極めて多い。ところがここで勘違いしていけないのは、正しいことと信念とはまったく異なるということである。アルバザード人は「なるほど。君が正しいようだ。しかし僕はそう思わない。じゃあ戦闘開始といこうか」ということを平気で言い、戦いを開始する。アメリカ人から最も離れた様式であろう。「客観的にそうである。それは納得した。しかし主観的にはそう思わない。だから僕は僕のために戦おう」という倫理観の持ち主で、主観が重視される社会である。そのわりに社会を構成するときは公共の福祉を最優先するなど、日本人には理解しがたい面を持っている。
なお、お互いの立場を議論しあわずにいきなり戦うことは極めてエレガントでないとして嫌われる。どんな場合でも相手と自分の事情を確認し、客観的に理解しあった上で、「でも主観的には僕らは敵だよね?」ということで喧嘩を始める。客観上の理解を省略して戦うと、蛮行とみなされる点に注意。
<相手の発言をつなぐ>
また、議論をしているときに、欧米人は相手の言うことを最後まで聞き、日本人や中国人は勝手に喋りだす傾向があるが、アルバザード人はどちらでもない。静かに頷きながら最後まで聞くか、そうでなくば相手の言葉を予想して、その言葉を相手に投げる。特にオチの部分でそれをする。要するに相手の話を奪ってオチを言う行為である。話の結論を相手が言おうというそのときに、聞き手がオチを言う行為で、これはイギリスなどでは非常に無礼な行為とされるが、アルバザードでは「相手の話をよく聞いて理解したからこそ結論を自分で導けた」ことをアピールする行為としてむしろ歓迎される。
<タブー>
絶対にやってはいけないのは、「相手の話をさえぎって自分の主張を通す(言った者勝ちという姿勢)」「大声で威嚇する」「やじる」である。日本の国会答弁が悪の見本で、蛮行とみなされ、相手にされなくなる。
夢織で詩姫とギメル(厳密にはこれらはアルバザード人ではないが)の交渉を見てもわかるが、さっきまで戦っていた相手であっても礼を尽くし、相手の意見を遮らず、やじらずに聞き、相手の意見を正しいと認める。その上で利害が一致しなければ交渉決裂というだけのことであり、議論そのものは友好的に行われる。

mirsab
/ [論理]議題、論点、問題点
[レベル]4
20

mirt
/ [形容詞][ポジティブ]貞操の固い、身持ちの固い、おかたい
[反意語]almirt
[レベル]4
19:xion:kmiirteeze(クミール風な)
[語法]
アルバザード人は貞操をよしとするので、貞操が固いはポジティブになる。ネガティブな意味で「お堅い」を特に示す語はない。逆に反意語になると必ずネガティブになる。

miskaele
/ [化学]スライド。顕微鏡の。
[レベル]4
rd;/「試料台」
23

miskalons
/ [化学]カバープレート
[レベル]4
rd;/「試料押さえ」
23

misklada
/ [名詞]試作品、プロトタイプ
[レベル]4
rd;/
23

miskras
/ [名詞]挑戦回数
[レベル]4
21

misoluwa
/ [医療]偏平足
[レベル]4
19

mist(2)
/ [組み数字]1/10
[哲学]秤
[医療]膀胱
[歳時記]甲、きのえ
[レベル]4
rd;mist,szl
21
::lu mist(徳は男性側5つがlu、女性側5つがla)

miste
/ [化学]中和
[動詞]yulを中和する、中和する
[レベル]4
21:ridia
misti
/ [死神]ミスティ
[レベル]4
meltia 291:luno;e
20:ridia
[文化]
→emilio

mistia
/ [魔法][ランドマーク]ミスティア錬金術舎
[レベル]4
[アクセント]mistiA
20:mistiet
[文化]
→yuliant, yuliantsel
1575年に時のアルバ王が出資者となり、ルティア・アルシア自治区の共同出資を受けて建てた錬金術士養成学校。錬金術舎としては最も古く、かつパイオニアでもある。
1596年、リディア=ルティアはアシェルフィ校を卒業し、ミスティアに編入。国を守りながらの研究だったため、寮生活ができず、毎日は通えなかった。しかし超人的な努力家だったリディアは2年で単位をすべて取り、1598年に卒業。その後アルナ大へ編入。
一方、アリス=アンシャルは1599年に編入し、生涯をミスティアで過ごした。
【成句】
mistia nod(en) isfilia 一日の長。ミスティアのほうが先にでき、何かとイスフィリアの先を行ったことから

mistis
/ [被服]白衣
[レベル]4
20:mistiaflos(ミスティアローブ)
[文化]
1575年のミスティア錬金術舎創設の際に実験服として政府から提供されたものが始まり。当時は色のついた試薬や材料が多かったため、白だと実験中に服についてもよく見えることから、白が選ばれた。
後に科学が発達して白い薬品が増えると、薄く色をつけた白衣が着られるようになった。
ヴェレイでは外科医を中心に血の色のコントラストを抑えるために薄い緑色の白衣が着られた。
現在では理系学生の一般的な制服となっており、キャンパス内では実験中でなくても白衣の姿が見られる。

misto
/ [名詞]化身
[レベル]4
20:main/ist→mist→misto(中和と重複するため)
【用例】
lan alxa et misto e sae tisee.
sae le fiasat ka jan or alagel kor ako kont sabor sae.
lu or ext pen, see ik bet im veer a.
人間はね、雪の化身なんだ。
空で生まれた幼い雪は、大地に舞い降りながら埃を纏っていく。
どんどん汚れて、最後は泥になってしまうんだ。
(rens 723) veltrensは泥。ここでの泥は大人を指す。laenrensでは汚れた大人を批判しているが、その泥に真理を語らせることで、「純粋さの代わりに大人は知恵を得て成長する」ということをveltrensとして指している。

mivas
/ [天文]mirser
[組み数字]8/8
[レベル]4
lsd;miva "faimiva" 「火の子」。ミニシリウスという意味。
21

mivat
/ [交通]大通り、幹線道路、アルミヴァ通り
[レベル]4
19:armiva/font(アルミヴァ通りのような道)
::le kan
[文化]
アルミヴァ通りのような大きな道。日本にはアルミヴァ通りほどの大きさのものはないが、日本でいうなら例えば国道1号や京都10条、岡山ブルーラインや国道2号、名古屋駅周辺の4車線道路などを指す。アルナはカルテを中心とした円形都市である。カルテを中心としてそこから十二本の道が出ている。カルテの同心円上には建物が並び、十二本の道路とほぼ直角に接している。上空から見るとフロッピーディスクやレコードのような模様を描いている。アルナは住民が住む住宅街側と、企業や学校などがある側に分かれる。上記の通り、これらは十二本の道と横に接している。住宅街は更に一戸建てと集合住宅に分かれる。一戸建ては一戸建同士で集まる。集合住宅もそうである。

mivetyuoasa
/ [言語]自然動名詞
[レベル]4
21
[文化]
iva

mivetyuoayua
/ [言語]自然分詞
[レベル]4
21
[文化]
iva

mivlag
/ [経済]時給
[レベル]4
20
【用例】
mellab le fit mivlag falti 時給が高いバイト

mixar
/ [電算]入力装置、入力デバイス
[レベル]4
19

mixez
/ [生物]無脊椎動物
[レベル]4
19

miyualx
/ [数学]変数。プログラム上の変数はkofel。
[レベル]4
19

miyuka
/ [名詞]転換点、ターニングポイント、変化点
[レベル]4
19
【用例】
tu emat miyuka e lfis ant. それが私の人生の転換点になった。

miyuna
/ [形容詞]革新的な
[レベル]4
19
[語法]
革命を起こすような強い変化を望む場合はizna。

miyusafkam
/ [生物]変温動物
[レベル]4
19

miyusan
/ [数学]方程式
[レベル]4
19
[語法]
変数を含む等式のこと。
【用例】
tamiyukohafmiyusan 二元一次方程式

miyusanfixt
/ [数学]解→fixt
[レベル]4
19

mizo
/ [地学][動物]サンゴ、珊瑚
[レベル]4
lakta

moamals
/ [名詞][形容詞]既婚
[レベル]4
19

moapia
/ [言語]象形
[レベル]4
20:形を指す

mobet
/ [形容詞]潜在的な
[名詞]伏線←mobetgaabe
[レベル]4
rd;mob/te「埋められている」
22

mobetgaabe
/ [名詞]伏線→mobet
[レベル]4
rd;/
23

modo
/ [地学]礁
[レベル]4
15:制:古:modol(下の石)

modteeze
/ [気象]上昇気流
[レベル]4
19

moelaxe
/ [政治]政府機関
[レベル]4
22

moglmavi
/ [化学]ビタミンA
[レベル]4
nd;/
23
[文化]
mavi

moglwain
/ [ユマナ]ハロウィーン、万聖祭
[レベル]4
16:制:万聖節の前夜祭であるが、魔女の変装やかぼちゃのランタンが目を引くことから。

mokim
/ [名詞]就寝時間
[レベル]4
19:ridia

mokna
/ [医療]睡眠欲
[レベル]4
rd;/
23

moksort
/ [名詞]寝冷え、ね冷え、寝びえ、ねびえ
[レベル]4
rd;/
23
【用例】
til moksort 寝冷えする
an til efa man tilat moksort im fis. 今日は寝冷えしたせいで風邪を引いている。

mokvals
/ [名詞]寝棟
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt
[文化]
学校に備え付けられた泊まるための施設。ディアセル前やメルセル前の繁忙期には学校に泊りがけで勉強する人が多い。そのような場合は寝棟という場所に泊まり込みをする。寝棟は校舎とは独立している。寝棟は個室で、同じ構造のフロアが何階にも聳え立っている。個室の広さは一畳程度。たくさんの生徒が寝泊りするため、狭くなければスペースを確保できない。風邪を引かせないよう、廊下の空調設備は整っているが、部屋に空調設備はない。ドアに換気のための通気口がある程度である。無人の状態の部屋は全て開放されているので空調が整った廊下と同じ温度になっている。一度人が入ってドアを閉めれば、外との換気が行われるのはドアの通気口からだけである。そうすると廊下の暖気が入ってくるので寒くならない。個室には窓がなく、外の風は入らないので安心である。火気厳禁。スプレー式の消火器が各部屋に設置されている。部屋のスペースを効率良く使うため、個室のドアは引いて入るドアになっている。廊下側に開くドアであり、教室とは逆である。この絶妙な狭さには他にも理由がある。一畳程度の部屋にはどうやっても一人しか入れないので、カップルなどによる不正利用はできなくなっている。個室は中から鍵がかけられる。また、深夜になる前の廊下には見回りがいる。更に深夜の廊下には監視カメラが作動している。夜に具合が悪くなれば廊下の内線電話で保健棟に連絡できる。

moleil
/ [被服]ボトムス
[レベル]4
21

molkbenom
/ [軍事]少佐
[レベル]4
19:ridia

molkhyuxa
/ [軍事]少将
[レベル]4
19:ridia

molkimpis
/ [政治]野党、下級の党
[レベル]4
19

molkmool
/ [軍事]伍長
[レベル]4
19:ridia

molknoie
/ [軍事]兵曹長→noie
[レベル]4
19:ridia

molkool
/ [電算]下にスクロールする
[レベル]4
vl;/
23

molkskit
/ [名詞]下座
[レベル]4
20
[文化]
skitka

molkvei
/ [政治]参議院、上院、貴族院
[レベル]4
19

molkwalt
/ [軍事]下級兵
[レベル]4
19:ridia
[文化]
軍隊の階級における最低の地位。

molrein
/ [約物]下線、アンダーバー
[レベル]4
21
[語法]
morenは_記号のこと。molreinは語句に直接かかる下線のこと。HTMLなどで強調のために文字に装飾するアンダーバーがmolrein。

moltak
/ [生物]下腕、前腕
[レベル]4
19

momon
/ [魔物]モモン(猫熊):第八十五天:利の空天
[レベル]4
19:ridia/seren/mel:鳴き声から
[文化]
妖族。ずんぐりむっくりな猫のような熊のような姿をしている。大きさは大きめの兎程度。愛らしい格好で、ブリードしてペット化されている。「ももん」という変な鳴き声をする。飼い主に忠実で、よく懐く。
【成句】
momon kaen savel 掃溜に鶴。空天に悪魔が並ぶ中、モモンだけ癒し系でほっとできることから。

moms
/ [名詞]起源、オリジン、発端、由来
[レベル]4
13:制:mom(根っこ)

momvant
/ [法律]憲法
[レベル]4
19:根となる法

monati
/ [芸術]彩度、純度、サチュレーション、クローマ、saturaion、chroma
[反意語]firtati
[レベル]4
21
[文化]
→xistina、verim
色がいかに原色に近いか。より厳密にいえばいかに色相環の色(純色)に近いか。

monkfelan
/ [名詞]留学生
[レベル]4
20:xion

monnim
/ [色]原色
[レベル]4
14:制:ハッキリした色

monsanje
/ [名詞]根拠
[レベル]4
23:luxia
montvian
/ [物理]浮力
[レベル]4
20

mootlent
/ [名詞]蝋人形
[レベル]4
22

mop
/ [生物]靭帯、靱帯
[レベル]4
lakta「体のゴム」

moxhok
/ [動物]アワビ
[レベル]4
14:制:くっ付いた貝

moxp
/ [被服]レオタード
[レベル]4
14:制:moxsab「密着服」

moxrein
/ [数学]接線
[レベル]4
19

mozlots
/ [電算]インサートキー
[レベル]4
20

mozol
/ [名詞]折り込み、折込、折りこみ、おりこみ、折り込みチラシ→lei
[レベル]4
22:moz/ol

mueasl
/ [化学]酢酸(通用名)
[レベル]4
19

myoatev
/ [物理]誘導電流
[レベル]4
19:myoevetと同じネーミング

myoi
/ [物理]磁気
[レベル]4
sm;myoは磁気


myoka
/ [物理]磁場
[レベル]4
19:riuskaと同様のネーミング

myotes
/ [物理]電磁誘導。tesといっても具体的な電気のことでなく、現象名。
[レベル]4
19

myue
/ [ユマナ]イスラム教
[ユマナ]アラー、アッラー
[レベル]4
古:myue(アラー)。元はmyueeste(名前の無い)

myuemyukale
/ [ユマナ][宗教]イスラム教
[レベル]4
23

myukar
/ [宗教]教祖
[レベル]4
古:fulmiia:myukale/rsiila
[文化]
ある宗教を興した人物。シオン=アマンゼなど。

myulaja
/ [数学]相似比
[レベル]4
19

myulkotta
/ [美容]鏡台、化粧台、化粧鏡
[レベル]4
21:古myulkota(魔法鏡)

myulo
/ [動詞]yulをiから類推する、類推する
[論理]類推、アナロジー
[レベル]4
19:myullo

myulreif
/ [言語]類音
[レベル]4
20

myulvet
/ [言語]類義語、シノニム
[レベル]4
19

myuoneit
/ [アトラスの国家]ミュオネイト
[レベル]4
19:ridia:myuoは「離れた」

myuora
/ [建設]一戸建て、一軒家
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt
[文化]
東区の金持ちが住む家。

myutalx
/ [数学]絶対値
[レベル]4
19

myute
/ [物理]スペクトル
[レベル]4
古?myute(分ける)。myu/teで「関係がなくなる」

myutna
/ [芸術]遠近感
[レベル]4
22

myutom
/ [芸術]遠近法
[レベル]4
22

myuxat
/ [名詞]死角
[レベル]4
fv;myuxa/te「穴のような」
24

naaj
/ [魔法]風。五行の2番
[医療]肝
[レベル]4
szl;na/jo。怒りは肝を傷める。
21
[文化]
klevans

naf t'arka
/ [ユマナ]アルカの階段
[レベル]4
23
[文化]
セレンがアルカに関わりだしたのは91年のことだが、93年の10月に初めて自分の意思で人工言語を作ろうとした。それが神無アルカである。後に94年になると、2年になり、恐らく秋ごろだと思うが、クラスメートがオリーブ色の水性ペンを持っており、それがカッコいいと思い、近所の文房具屋で買った。赤アンクノットや小説版アンクノットのノートを買った店でもある。そのペンを何に使おうか考え、「そうだ自分だけの言葉で自分たちの仲間と話せたり、休み時間人気のない廊下で一人で謎言語で呟けて、仮に通りすがりに聞かれたとしても何言っても解読されないのは凄いぞ」と思い、アルカをもとにというかアルカを改定して自言語を作ろうと考えた。そこで後の赤アンクノットとなるコクヨの100ページノートを買い、オリーブペンも買い、94年にアルカの改定案を作った。これが自分で初めてアルカを作ろうと思った最初の出来事である。
それで、その「自言語で話せたらカッコいい」という考えは、当時中学がいくつかの棟に分かれており、自分の教室から一番離れた棟の3階前後を下っているときに思いついたものである。当時から人嫌いで休み時間は遠くの人気のないトイレに行っていた。自分の行動パターンからするに4階奥のトイレだろう。そこで用を足して戻る最中にアルカを思いついたのではないか。2年のときは2,3階が自分の教室だったので、下っているということは、トイレから出て教室へ戻るときではないか。あるいは音楽室辺りから戻る際に思いついたかもしれないが、記憶では一人で人気のない階段を降りていたので、恐らく休み時間の散歩中だろう。トイレは確証ないが、休み時間の散歩については確証がある。
そこでその階段というのが下記の画像である。ちなみにこの写真は卒業後に文化祭で撮影したものである。アルカをやろうと思いついたのは赤ずきんチャチャというアニメが一旦放送終了になると新聞に書かれていたころであり、クールの境目で、大魔王を倒した50話あたりかその前のクールかのどちらかだと思うが、判然としない。チャチャが終わるかもというころにオリーブペンを見たような記憶が残っているだけだ。体感的には中2の秋ごろではないかと思うが、赤アンクノットにも記載がなく、98年に中2ではあるがいつかは分からないと推測が書かれているので、12年から見たらなおさら分かるわけがない。
追加検証してみたのだが、赤ずきんチャチャの1クール目が終わったのは23話で6月10日放送の「戦え!卒業試験」だそうだ。これだと記憶よりだいぶ遠いし、まだ大魔王を倒していないので終わりというイメージがない。大魔王を倒して最終回という誤情報を新聞で読んだ記憶があったのだが、大魔王を倒したのが50話で12月16日放送の「愛と勇気と希望の大決戦」だそうだ。当時はコボちゃんを読んでいたので図書館でこの日かこの前後の週の読売新聞を調べれば赤ずきんチャチャに「終」のような文字が書いてあるのを確認できるかもしれない。「終」が仮になくともちょうど学校でチャチャが終わるの?という話をしていた前後にオリーブペンを購入した記憶がある。いずれにせよ12月16日前後ならアルカの階段が秋ごろだという記憶にも合致するし、学校もまだ冬休みに入っていない。赤ずきんチャチャの最終回という誤情報が入った前後にオリーブペンを買った記憶がある。そしてそのペンとともに、あるいはほぼ同時期に後の赤アンクノットとなるノートを買っている。それらを買って最初のアルカの改定案を作った。だから間違いなく中2なのだが、やはり時期は11,12月ごろの晩秋となろう。やはり記憶は正しかったのだ。
更に追記。図書館で94年の読売新聞を調べてきた。6/10には「終」の文字はなく、12/16にも意外なことになかった。12/9と12/30も調べたがなかった。30日は年末なのでチャチャ自体がなかった。その翌週も調べようかと思ったが、もうとっくに冬休みに入っているので学校に行っていないので記憶と合致しない。あの最終回マークがついていてチャチャが終わると勘違いしたという記憶はなんだったのであろうか。
【画像】

nafart
/ [魔法]多段魔法
[反意語]sikaart
[レベル]4
19
[語法]
dolmiyu
威力を段階ごとに調節できる魔法。火、水、風など、基本属性の魔法はすべてこれにあたる。例えば火を出す黒魔法のファイがそうである。魔法はふつう低位・中位・高位に分かれるが、多段魔法はこのうちのどれにでもなれる。呪文を何行目まで読むかで低位から高位までに発展する。ファイの場合、faiだけだと低位になり、1・3行目が入ると中位になり、そこにさらに2行目が入ると高位になる。分かりやすくいえば、ファイア・ファイラ・ファイガである。あるいは、メラ・メラミ・メラゾーマのことである。
中位のファイと高位のファイは魔法の撃ち方や効果が異なる。単に威力の差ではない。世界最高の魔道士リディアの低位のファイとクミールの中位のファイでは前者の方が強い。分かりやすくいえば、「今のはメラゾーマではない。メラだ」である。
むろん、同じ術者によるものなら、高位のほうが強い。

nafel
/ [名詞]心理学
[レベル]4
rd;/
23

nafmiv
/ [名詞]としご、年子
[レベル]4
22:「階段状の子供」

nagialx
/ [名詞]アルティア数字
[レベル]4
22
[文化]
十進法。0から10まで順にnan, pi, lupu, san, yomi, kaji, anmi, ansa, anlu, anpi, an。6以降は10からの引き算になっているのが特徴。五進数の名残を有する。

nagina
/ [名詞]腹芸
[レベル]4
sm;nagi/na「凪人の心」。凪紗が腹芸を行うところからアルバザード人がそのように命名した。
23
【用例】
okt fiona kon nagina 腹芸で本音を伝える
nagisa et axk a nagina. 凪紗は腹芸に長けている。

nagisa
/ [アイテム]ナギサ、霊粉、ナギの粉、癒しの粉、ハイポーション
[組み数字]9/12
[レベル]4
19:ridia:古nagi(ナギ)/sa(絹、粉)
[文化]
ナギを散剤にして持ち運びやすくしたもの。ナギの水分を蒸発させ、残った魔晶をナギサとして得る。

nainlizno
/ [政治]警察庁
[レベル]4
19:ilmus:ridia
[文化]
軍務省下。治安を維持する。

naisk
/ [普通動名詞]読心
[レベル]4
rd;/。sexiskからの類推で。
24

naiskom
/ [普通動名詞]読心術
[レベル]4
rd;/。sexiskomからの類推で。
24

naklol
/ [言語]事態
[レベル]4
rd
22
[文化]
nakleldfel

naldol
/ [名詞]里程標、一里塚、マイルストーン
[レベル]4
20:nalta/dol
[文化]
山道や林道などに1ナルタごとに置かれた石のこと。

nalfe
/ [魔法]ナルフェ、魔法力
[レベル]4
20:na/elfe(心の泉)。この心は精神力で、魔力に通じる。
[語法]
envelen

nalm
/ [人名]ナルム
[組み数字]2/14
[レベル]4
先:語源不詳。古アルカでの意味はなし。
[文化]
(- 22 dyu lin_4 dia din)
第4期3代アルシェ第2使徒。女性。yunk。リーザの従姉妹であり親友。リディアの養母。少し耳が遠い。
4 dia dinにサプリの村を襲った魔族バイアスの火の魔法により焼死。リディアを人質に取られ、武器を捨ててバイアスの手にかかった。

・現実では

(tif 22 dyu lin_2 zan mel?)第4期3代アルシェ第2使徒。女性。yunk。リーザの従姉妹であり親友。リディアの養母。少し耳が遠い。小学校低学年のころ耳のことで上級生にからかわれ、当時ケンカ早かった小学校中学年のリーザが高学年男子を殴って泣かせてナルムを守った。それ以来ナルムはリーザを慕うようになった。

nalnia
/ [植物]kmin
[組み数字]7/9
[レベル]4
szl;na/al/nia 「心安らぐ」
21

naloenvi
/ [名詞]察知力
[レベル]4
22

nalpita
/ [医療]安定剤、抗不安薬
[レベル]4
21

naltkaya
/ [人名]ナルトカヤ
[組み数字]5/14
[レベル]4
語源不詳
[文化]
(→-9 pal vio?)第4期3代アルシェ第5使徒。男性。

naltvas
/ [軍事]攻城戦、籠城戦、籠城
[レベル]4
22

nalumi
/ [植物]ハナミズキ、はなみずき
[レベル]4
sm;alt
22

nalxe
/ [アトラスの国家]ナルシェ
[レベル]4
23:ridia
[文化]
面積:589304.787344 km^2

nalxef
/ [名詞]安堵の溜息をつく
[動詞]yulに安堵の溜息をつかせる、ため息をつく
[レベル]4
19:melidia axte

nalxet
/ [言語]安否の挨拶。手紙。
[レベル]4
21:nalx/te

nam
/ [生物]神経
[レベル]4
13:制:古:nameli(感じる糸)
【用例】
nam pil 神経が鋭い、神経質な
nam fim 神経が細い

name
/ [法律]猶予、モラトリアム
[レベル]4
13:制:古:namel「〜しない時間」。

namelk
/ [名詞]時間の感覚、時間感覚
[レベル]4
20:ridia:mirok:心の時計

nanako
/ [被服]女袴、ななこ
[類義語]kanata
[レベル]4
sm; 24
[文化]
日本の大正時代の女学生の袴のような服。凪人女性の一般的な衣装。kanataと違って股が分かれておらず、スカートに近い。amagatali用の戦闘服・作業服だったのが一般女性にまで広まったもの。

nanlaetek
/ [料理]プーアル茶、普1m茶
[レベル]4
rd;/
23

nano
/ [医療]ナノ、陰気な性格
[レベル]4
21:vern/na
[文化]
kamelia

nante
/ [名詞]主体
[反意語]olet
[レベル]4
rd;nan/te「自分のような」
23

nao
/ [音楽]ハープ、竪琴、琴
[レベル]4
fv
赤:古アルカではリュートとなっているが、これはセレンがリュートとハープを逆に覚えていたための誤り。

naol
/ [名詞]吟遊詩人、バード
[レベル]4
13:制:古:naoal

napx
/ [動詞]yulを昏睡させる、昏睡する、昏倒する、意識を失う
[医療]昏睡
[類義語]
[レベル]4
13:制:napxi(意識をなくす)
[語法]
napxは昏睡すること。病気や事故などで長く昏睡すること。nelfは一時的な気絶。

narem
/ [魔法]霊気
[レベル]4
22:na/reim
[文化]
幽霊を知覚するための感覚。reimernが現実の存在だったrdまではreimだろうと犬だろうと等しく誰にも見えていたが、reimが滅ぼされたnd以降はreimが存在しないので、reimが見えるなどという特殊能力は嘘とされている。単にそこにreimが生き残っていれば見えるし、そうでなければ見えないだけの話である。ただしこれはadelに即した価値観であって、kotanなどアルティアの概念については当時のアシェットは何も見解を示していないため、見えないものがいるかもしれず、霊感という特殊能力を持った人物はいるかもしれない。

naren
/ [言語]母語、マザータン
[類義語]noskren
[レベル]4
22:nana/ren

natiesev
/ [名詞]感想文、読書感想文
[レベル]4
20
[文化]
学校で読書感想文という宿題はない。それに似たものはある。PR文といって、本や商品など、自分の好きなものをひとつ他人に紹介する文を書く。自分がなぜそれを良いと思うかを述べ、長所を主張し、他人に共感させることで、人を惹きつける説得力ある主張ができるように訓練するためのものである。感想文と異なり、より社会に出た後に役立つ技能を身に付けられるようになっている。
【用例】
tu de fast tet natiesev xa. これ要約じゃなくて読書感想文だわ。

naxet
/ [音楽]楽団、バンド、楽隊
[レベル]4
21:nox/axet

naxil
/ [名詞]魂の故郷、心のふるさと、心の居場所、精神的よすが、居場所、精神的居場所、心のよりどころ、よりどころ
[類義語]ruxilo
[レベル]4
20:na/ruxilo(心の故郷)
[文化]
子供のころずっと住んでいたところがruxiloであり、これは肉体的なものである。対してnaxilは精神的なもので、子供のころに慣れ親しんだ作品や考え方を指す。作品とは主に絵、文、ゲームなど、芸術的な内容である。これらのうち、特に自分に色濃く影響を与えたものをnaxilという。
【用例】
diaveer xart et naxil e seren. セレンにとってFF4がナシルだ:xartを使っている点でもうひとつの主張をしている。

nazl
/ [名詞]鉛
[レベル]4
sorn

nazllil
/ [化学]鉛→nazl
[レベル]4
19

nazlna
/ [名詞]無神経な、KY、空気が読めない
[反意語]fliana
[レベル]4
rd:ridia;/「鉛の心」
24:ridia
[語法]
flianaは人の感情を汲み取って気遣うのが巧いこと。nazlnaはその反対で、そういう気遣いができないこと。
【用例】
til nazlna 無神経だ

neat
/ [化学][料理]濃度
[レベル]4
20

neimals
/ [形容詞]未婚
[レベル]4
19

neki
/ [軍事]ゲリラ、遊撃
[レベル]4
16:制:nek(隠れる)

nektar
/ [美容]コンシーラー
[レベル]4
21

nektfont
/ [名詞]隠し通路
[レベル]4
19:xion

nektfut
/ [動詞]yul(新しいもの)をi(古いもの)からa(場所)に挿げ替える、yul(古いもの)をa(新しいもの)に挿げ替える、挿げ替える、すげかえる、すりかえる
[レベル]4
20:xion

nekthac
/ [文字][言語]伏字、ふせじ、伏せ字、ふせ字
[レベル]4
rd;/
24
[文化]
例えば日本語で「クミール」を伏せるときは「クミ○ル」のようにするが、アルカではkmiirを伏せるときはkm**rのようにする。*の数はいくつでもよい。

nektkon
/ [名詞]隠れ蓑
[レベル]4
19:lein

nektpina
/ [名詞]密約
[動詞]yulをaに密約する
[レベル]4
rd;/
23

nektra
/ [名詞]隠れ家
[レベル]4
20:xion

nektxan
/ [名詞]真実、真相、隠された真相
[レベル]4
rd;/
24

nektxook
/ [名詞]密談
[動詞]yulについてaと密談する、密談する
[レベル]4
rd;/
23

nemfeis
/ [名詞]曖昧模糊
[レベル]4
22

nemtast
/ [名詞]定住者
[レベル]4
21

nent
/ [数学]確率、頻度
[レベル]4
13:制:古:nente
nente:nente
【用例】
nent tin 高確率
nent kal 低確率

niafape
/ [美容]ヘアスプレー
[レベル]4
21

niafeis
/ [美容]ヘアミスト
[レベル]4
21

niamait
/ [美容]整髪料
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt
[文化]
アルバザード人は化学薬品を塗り込むのを嫌うので、13〜25才以外はあまり使わない。くせ毛でぼわぼわになりがちな人種なので、朝シャワーを浴びる。

niamom
/ [美容]毛根
[レベル]4
21

niamoot
/ [美容]ヘアワックス
[レベル]4
21

nias
/ [普通動名詞]委任
[動詞]yulをaに任せる、任せる、託す
[経済]信託、投資信託、投信
[レベル]4
古:nias(休む)

niazail
/ [美容]ヘアジェル
[レベル]4
21

nifzams
/ [普通動名詞]飛び級
[レベル]4
19:melidia

niiz
/ [地学][天文]クレーター
[レベル]4
vl;nis.k
23

nimab
/ [化学]着色料
[レベル]4
19

nimel
/ [動物]カメレオン
[レベル]4
sm;<>nim
24

nimi
/ [生物]虹彩、アイリス
[名詞]黒目白目の黒目。眼の色は人それぞれなので、verinsでは黒目を指せない。この語義の場合、瞳孔も含んで白目と対象させる。
[レベル]4
lakta:目の色

nimkov
/ [娯楽]ピンボール
[類義語]aninko
[レベル]4
21
[文化]
vlでできた。色の付いた箱で行ったことからこのように呼ばれる。後にパチンコに発展した。

nimlil
/ [化学]リン、燐
[レベル]4
18:制

nimra
/ [悪魔]ニムラ、4色の悪魔
[レベル]4
meltia 0:frestia;nim/hoora
古:色のnimにhoora、psooraなどの共通語尾raをつけたもの。
[語法]
フレスティアの護衛をする4色の悪魔。ホーラ、プスホーラ、テクラ、インプラからなる。人間より若干大きい。

nimsed
/ [美容]脱色、ブリーチ
[レベル]4
21

nislots
/ [電算]タブキー、TAB、タブ
[レベル]4
20

noba
/ [アイテム]ノバ
[レベル]4
[類音]nova
ridia:古:nowabaog「ノアの拳」
[文化]
ヴァストリアの1つ。ンムトのもつ神拳。

noe
/ [名詞]ナルシズム
[類義語]fenzelit
[レベル]4
13:制:古:nonexo(自分を綺麗にする)

noean
/ [名詞]ナルシスト
[レベル]4
20

noidklit
/ [普通動名詞]相対評価
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

nopek
/ [物理]慣性
[レベル]4
20:nopk:13:制:nopke(進まない)。語源からもはや意味が全然変わっている。

nosales
/ [動詞]yulを自嘲する、自嘲する、自虐する
[再帰動名詞]自嘲、自虐
[レベル]4
22
【用例】
lu sinsik asex yun ar nosales tel sikl t'avelant. 死神の皮肉に、彼女は自嘲めいた笑みを浮かべた。

nosfink
/ [娯楽][軍事]自陣
[レベル]4
22

nosfrom
/ [動詞]yulのことについて内省する、内省する
[普通動名詞]内省
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

nosgil
/ [経済]私費、自費
[レベル]4
rd;/
23

noskolm
/ [政治]自治
[レベル]4
19

noskolmlang
/ [政治]自治権
[レベル]4
20

nosrist
/ [普通動名詞]自重、自制
[類義語]rist
[レベル]4
rd;/
23
【用例】
re ar nosrist, seren. セレン自重しろ。

noste
/ [哲学]自我、エゴ、自己意識
[反意語]mexte
[レベル]4
rd:ryuu;/「自分らしさ」
23
[文化]
自我はある程度発達して個性というものに人々が意識を向けて初めて認識される概念であるが、rdの時代は地球の中世と異なり社会が発達していたため、自我という概念が生まれた。ただその後暗黒期を迎えることになるため、自我が再発見されるのはrtを待たなければならない。

nosvent
/ [経済]自営企業、自営業
[レベル]4
19
[文化]
→vent

nosvix
/ [普通動名詞]自傷行為
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

noxdifi
/ [植物]カスミソウ、かすみそう、霞草
[レベル]4
16:制:群生する撫子

noxmiks
/ [音楽]斉唱
[レベル]4
21

O
/ [言語]目的語→omit
[レベル]4
sm
23

oat
/ [動物]ガチョウ、がちょう、鵞鳥、がん、ガン、雁、グース。ガチョウはガンを家禽にしたものなので同じ。
[レベル]4
lakta:鳴き声のオノマトペ

obelisk
/ [医療]オベリスク、懐古、懐古厨、回顧、絶望、過去への憧憬、憧憬、想い出、思い出、郷愁
[レベル]4
rd; 23
[文化]
中年以降の人間が少年期や青年期とりわけ学生時代を思い出し、もう二度とあの頃には帰れないと思う絶望のこと。rdでセレンが提唱した。特に中年期で人並みの地位や家庭などを築けなかった者ほど感じやすいとされる。
実は振り返れば過去には過去なりの悩みがあり、想い出が勝手に美化されているだけで、実際の過去はそんなに甘美でもなく、退屈だったり先行き不安だったり苦痛だったり子供ゆえの束縛や無力感があったりする。
しかし何より若い頃には今にはない「未来への希望」があり、そして「世の中に対する無知」という幸福がある。恐れを知らず未来への可能性のある人間はそれだけで幸せであり、中年がオベリスクを感じることはあってもその逆はない。
社会的地位がなければ女に見向きもされず、セックスもできず、子供も作れない。社会的地位があったらあったでそのステータスに女が群がり、自分自身ではなく自分のステータスが求愛されるようになる。地位も職歴も何もなかった素の自分を愛してくれた学生時代の彼女のような女はもう二度と現れない。ステータスにたかる女が出るか、ステータスがなく一人も女ができないかの二択しかない。この現実に中年は苛まれ、打算なく付き合ってくれ自分を受け入れ愛してくれてセックスしてくれていた学生時代の彼女を思い出し、もう二度とそんな女が現れない現実に絶望する。そうしてわずか30代にして死にかけの80代くらいの老人と自分の間に本質的な違いがないこと、すなわち既に自分は終わった人間、あとは坂を下るだけの人間であるということを思い知らされ、絶望する。そして自分の人生には意味がないと嘆くようになる。
オベリスクは中年期以降の人間が持ちがちな絶望の一種であり、罹患すると自分の人生は無価値だ、もう黄金期は取り戻せないと悲観にくれるようになり、犯罪率や自殺リスクが高まるとされる。
セレンの先見の明はalで再評価され、心理学や精神医療で見直されることとなった。

ojnakl
/ [生物]触覚
[類義語]kuni
[レベル]4
21

okakulala
/ [料理]宇宙食
[レベル]4
22

okinis
/ [組み数字]13/15
[レベル]4
古:語源不詳。『カコ』から。小説アンクノットに記載。verjはルージュの名から後付けたもので、現実の『カコ』に出てくる名ではない。

okke
/ [動詞]yulにokと随伴する、随伴する
[シェルト]随伴
[レベル]4
rd;/
23

okkolm
/ [政治]共和、共和制、共和政治、共和国
[レベル]4
14:制:共に統治する

oklarkmal
/ [電算]USBメモリ
[レベル]4
al;/
23
【用例】
ev oklarkmal a sai. パソコンにUSBメモリをさす。
an ke van ragnaate fremen ra lana tab gart t'olkarkmal im kest. 明日近居の家電量販店へUSBメモリの値段を調べに行く。

okra
/ [普通動名詞]同居
[動詞]yulにokと同居する、同居する。動詞をraにしてもokraにしても意味は同じ。
[反意語]xedra
[レベル]4
rd;/
19:melidia axte

oktfesk
/ [名詞]マスメディア、伝達媒体
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt
[語法]
新聞、テレビ、雑誌などの総称。これらはいずれも何らかの媒体(紙だったり電気だったり)だが、いずれも情報の伝達のため使われる。そのためoktfeskという。

okyulf
/ [名詞]同僚の研究員、同僚、研究員
[レベル]4
19:xion

okyulia
/ [アトラスの国家]オキュリア
[レベル]4
23:ridia

olfalx
/ [数学]場合の数
[レベル]4
19

olivia
/ [植物]felin
[言語][文字]セリフ、セリフ書体。セリフのとげをバラの棘を見立てたもの。
[組み数字]9/9
[レベル]4
szd;
21

olivia(2)
/ [言語][文字]標準ゴシック書体、標準ブラックレター、オリヴィア書体、オリヴィア
[レベル]4
22:fledilans
[文化]
fledilans

olivian
/ [医療]鍼
[類義語]pind
[レベル]4
szd;olivia
[文化]
鍼の元祖はカルセールの草原地帯。薬草が取れず、金属の加工技術があり、馬が多い地方であった。(つまり薬草が採れないので鍼でどうにかするしかなかったわけだ)。この地域では瀉血療法などが現在でも盛んで、鍼もここから生まれた。
地球で鍼灸は中国起源と思われているが実は誤りで、体系化したのが中国に過ぎない。鍼はモンゴルで起こり、薬草は東南アジアの植生が豊かな地域で起こった。当時大国だった中国に人材や技術が流れ、体系化されたにすぎない。
それと同じで当時大国だったのがルティアだったため、鍼灸はルティアで体系化され、lukletiaに組み込まれた。
アルバザードにはsmに伝わり、一度vlで陰ったものの、現在でも鍼灸は有効な治療法として残っている。
ちなみに漢方はメディアンが起源で、やはりルティアで体系化された。
【用例】
ev olivian a flelgalt gimel 肩井に鍼を浅く打つ

olmasolk
/ [建築]外装
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

olte
/ [名詞]ループ、繰り返し
[形容詞]ループする、繰り返す
[レベル]4
rd;olt.k
24

olti
/ [名詞]梃子、梃、テコ、レバー、てこ
[レベル]4
15:制:古:olt

omit
/ [言語]目的語←yul
[反意語]soi
[レベル]4
sm;o/myu/te「距離がありここに無い物との関係」
23
*:omit:omit:yukun,alt
[文化]
soi

omka
/ [電算]ハードウェア
[レベル]4
@19

onbel
/ [植物]榎、えのき、エノキ
[電算]スパム、スパムメール
[レベル]4
kk;fgn | al;スパムは大量に受信者の意向を無視して送られるメールなどのことで、それらの大量のメールが幹からたくさんの枝が生える榎に喩えられ、榎でスパムを指すようになった。
22

onkart
/ [魔法]連続魔
[レベル]4
21
[文化]
dolmiyu

onknif
/ [言語]継続相
[レベル]4
20
[語法]
行為動詞の・状態動詞の一端、実行段階・事後段階の一端、内相の一端。
「〜してある、〜している」という意味。

onkyuo
/ [言語]継続動詞
[レベル]4
20
[語法]
例外動詞の別称。意味を重視したネーミングである。

ontyuo
/ [言語]自然動詞、脱使役化動詞
[レベル]4
rd;/
24

onvet
/ [言語]関連語
[レベル]4
20
[語法]
類義語、反意語、ねじれ語、縁語の総称。

oova
/ [アイテム]オーヴァ
[レベル]4
ridia:古:ovivivo(オヴィの斧)を適当に変えたもの。
[文化]
ヴァストリアの1つ。オヴィのもつ神斧。

opdap
/ [美容]マスカラ
[レベル]4
21

opi
/ [電算]周辺機器
[レベル]4
19:op

opofo
/ [音楽]安物イヤホンや安物スピーカーからの音。乾パンみたいに味気ないことから。
[レベル]4
18:seren

ordian
/ [死神]オーディアン
[アクセント]Ordian
[レベル]4
21:eeste
[文化]
アトワーユの本名。アトワーユは「トワーユの者」という役職名。

org
/ [植物]藻類
[レベル]4
13:制:語源不詳

orp
/ [化学]半導体
[レベル]4
19:ridia:hopl/ira

ortzon
/ [名詞]タンポン
[レベル]4
21
[文化]
→ersel
処女はタンポンを使用しないという常識があるため、ナプキンを使う。なお非処女においてもナプキンのほうが一般的である。運動時やどうしても水に入らなければならないときなどには比較的用いられる。

osker
/ [名詞]上水
[レベル]4
rd;/
23

osklor
/ [名詞]上水道
[レベル]4
19:ilmus:ridia

osnmev
/ [言語]接頭辞
[レベル]4
19

osnreit
/ [言語]文頭純詞
[レベル]4
22
[語法]
一部の形容詞は副詞や文頭純詞の用法を持つ。
例えばaalは形容詞としては「特別な」、文頭純詞としては「特に、とりわけ、中でも」、副詞としては「特別に」 という意味を持ち、それぞれ文法的な使い方やニュアンスが異なる。

sel aal 特別な日
aal, la et hax. 特に彼は優秀だ。
an ket axoka aalel{alskolel} im fis. 今日は特別に(普段と違って)遊園地へ行った。

aalのような例は他にもkils, koot, ap, leim, len, monなどがある。いずれも文頭純詞と形容詞で少し意味が異なる。

osnsev
/ [言語]前文
[レベル]4
21

osntij
/ [言語]頭韻
[レベル]4
23

ovak
/ [形容詞]武装した
[軍事]武装
[反意語]alovak
[レベル]4
rd;ok/vak「武器を持った」
23

ovik
/ [普通動名詞]討伐、成敗
[動詞]yulを討伐する、討伐する、成敗する
[レベル]4
14:制:古:ovi(遠くへ力をもっていく)

ovit
/ [建築]アース
[レベル]4
制:古:oviから。アースと避雷針は同じだった。

oviz
/ [建築]避雷針
[レベル]4
19:ovit/zon

ovlaba
/ [物理]運動エネルギー
[レベル]4
19

ovzelo
/ [生物]小脳
[レベル]4
19:運動の脳

owiluwa
/ [名詞]豚足、トン足
[レベル]4
rd;/
23

owimavi
/ [化学]ビタミンB
[レベル]4
nd;/
23
[文化]
mavi

owira
/ [牧畜]豚小屋
[レベル]4
22

oxti
/ [医療]リンパ
[レベル]4
16:制:oxtから。リンパ液が栄養を運んだり老廃物を運び去ることから。

ozaxe
/ [名詞]風紀委員会
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

oznal
/ [政治]国会
[レベル]4
rt;↓
19:oz/nalt(規則の城)
[語法]
イムル20年にkaxualizno(法務庁)ができ、法律の作成を担当した。従ってこれが最初の国会である。
現代の国会はrtでできた。

oznalfol
/ [政治]会期
[レベル]4
20

padl
/ [植物]マカダミアナッツ
[レベル]4
16:制:pidl

pafadil
/ [名詞]日焼け止め
[レベル]4
19
【用例】
an nabat pafadil. 日焼け止めを塗った。

pakkel
/ [医療]こむら返り
[レベル]4
sdz
21

pala
/ [名詞]伏線、複線
[レベル]4
15:制:古:pal(未来、後で)

palif
/ [天文]恒星
[レベル]4
20:pa(光る)/liifa

palko
/ [名詞]車両、車輌、車体、乗り物→kov
[レベル]4
rd;palan/kov
24

palntxut
/ [俗語]笛なめ、笛舐め、ふえなめ
[類義語]exltxut
[レベル]4
23:mel/seren:久々におジャ魔女どれみナイショの8話の英語字幕版をメルが娘に翻訳しながら見て、セレンとメルが2人で爆笑して、やっぱりアルバザードだったら凪人もいるし、ありそうだなという決議になったため。このとき5人で見ていて、リディアは呆れ、ユルトは「ごはんくれ」と言っていた。
[文化]
主に小中学生のころに一部の天才が童貞力によって発明する妙技。車輪の再発明以上に頻繁に再発見されている。エロスはインスピレーションの根源であるというのがよく分かる。凪人>アルバザード人>ルティア人の順序でしがち。

地球では欧米圏ではあまりやられないので、メルはセレンが19年ごろにアニメの動画で紹介するまで知らなかった。セレンは小中学校のころに知識として知っていたが、「好きな子の笛を舐めて臭かったら幻滅するだろう?そんなリスキーな挑戦できるか」というタイプだったので縁遠かったが、「男子アホやなぁ」と思って面白がってはいた。アルバザード人の倒錯度ならやるだろうということで23に造語となった。

palp
/ [植物]ポプラ
[レベル]4
lakta 参考:sorn:alpas

palta
/ [動物]セイウチ
[レベル]4
alakta:palは白

pame
/ [交通]馬車
[レベル]4
13:制:pabame(馬の手動車)

pamofel
/ [数学]幾何学
[レベル]4
19

pan(2)
/ [悪魔]パン、数の悪魔パン
[レベル]4
meltia 0:pan;e
21:mel:palala,fv.l
[文化]
数の悪魔。
火星を司る。

paniponi
/ [娯楽]ぱにぽに
[レベル]4
21
[文化]
『ぷよぷよ』や『テトリス』に相当するゲーム。

panl
/ [動詞]yulを開拓する、開拓する、開発する、切り開く
[普通動名詞]開拓、開発
[レベル]4
13:制:ponlad(道を作る)

panlarnon
/ [政治]開発省
[レベル]4
19:ilmus:ridia

pansean
/ [生物]生産者。生態学における。
[レベル]4
nd;/
23

pante
/ [音楽]拍
[レベル]4
21

pantehasl
/ [音楽]拍子
[レベル]4
21

papamelfan
/ [卑語]パパファッカー
[レベル]4
19:概念自体は古
[語法]
女に対する罵倒語。mivakuiにならって通常papamelfになると思われる。ファザコンな甘えた娘をなじった言葉で、アルシェを離脱したクミールを非難して使われた。クミールが激怒したので面と向かって言った者はなくなったが、以降甘えた女や世間知らずのお嬢様を罵倒するときに一般的に使われるようになった。

parman
/ [ユマナ]日本人
[レベル]4


parmbel
/ [ユマナ][料理]和食
[レベル]4
19
【用例】
an kui nelt parmbel im faax. 朝食はふつう和食を食べる。

parmren
/ [ユマナ]日本語
[レベル]4
22

parmsolt
/ [経済][ユマナ]円
[レベル]4
19

parte
/ [人名]パルテ
[組み数字]4/16
[レベル]4
meltia 38:ardu/esta;e

[文化]
esta
エスタの第4子。女。

paskal
/ [動物]あんこう、アンコウ、鮟鱇
[レベル]4
古:paal/sikalが原義。

paskkant
/ [経済][生物]発展途上、発達途上、発育途上
[形容詞]発展途上の、発達途上の、発育途上の
[レベル]4
rd;/
23
【用例】
mam paskkant e laz 少女の発育途上の胸

pasknif
/ [言語]経過相
[レベル]4
20
[語法]
行為動詞・状態動詞の一端、事前段階・実行段階の一端、内相の一端。
「〜している」という意味。

pasko
/ [電算]ストリーミング
[レベル]4
al;pask.k
23

pata
/ [経済]口座
[電算]アカウント
[レベル]4
14:制:patpat
【用例】
lad{allad} pata 口座を開く{閉じる}

pats
/ [動詞]yul(除去物)をi(大元)からふるってa(残存物)を取り出す、ふるう、篩う
[料理]ふるい、篩
[レベル]4
13:制:sorn:pat(見分ける)

pav
/ [軍事][ジョブ]重騎士、重装騎士、重騎兵、重装騎兵
[類義語]ermes
[レベル]4
sm;pab.k
13:制:pabvasan。制では「騎士」はpavしかなかった。
[文化]
→ermes
セルメルのころ、ermesと違いこちらは鎧で暑苦しく、むさいわ臭いわ怖いわで、女に人気がなかった。

paxn
/ [物理]ビーム、粒子線
[レベル]4
18:pax/ant

paxrans
/ [名詞]図説、図解、図説による解説
[レベル]4
20

paxzep
/ [電算]表計算
[レベル]4
19

paz
/ [名詞]経歴、履歴
[法律]判例
[レベル]4
14:制:古:palme後ろの時間(過去の時間)

pegl
/ [化学]めっき、メッキ、鍍金
[レベル]4
16:制:pep/gi

peklizm
/ [経済]技術革新、技術革命、イノベーション
[レベル]4
19

peklvantis
/ [軍事]工兵
[レベル]4
19:ridia

pekosyuta
/ [動詞]yulを迎合する、迎合する
[レベル]4
rd;/「へつらい受け入れる」
23

pelet
/ [名詞]備考、注記、補釈、補注、補遺
[レベル]4
22:ap/al/te

penlil
/ [化学]カリウム
[レベル]4
18:制

pepi
/ [名詞]箔
[レベル]4
14:制:pepgi(薄く伸ばした金属)

peret
/ [植物]大麦、オオムギ
[レベル]4
19:petr:19:ridia:arbaxelt:pesr/tuk

pert
/ [植物]ローリエ、月桂樹、ペイリーフ、ローレル
[レベル]4
? 参考:古:gelkというのがあって、これも月桂樹を意味したが、「これを使って花輪にする」が原義で、ギリシャ文化から来ているので排他した。

piadoflhos
/ [名詞]携帯灰皿
[レベル]4
rd;/
24

pialvet
/ [言語]擬音語
[レベル]4
21
[語法]
fovet

piaoltab
/ [普通動名詞]持ち物検査
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

pidi
/ [植物]山椒、サンショ、サンショウ、ハジカミ
[レベル]4
sm;alt。食べたとき「ぴりっ」とするが、そのオノマトペのpidiから。
22

pikkomin
/ [俗語]僕っ娘、ボクっ娘
[レベル]4
rd:/
[文化]
自分をmenと呼ぶような女子のこと。

pildio
/ [医療]知覚過敏
[レベル]4
20

piltik
/ [数学]鋭角
[レベル]4
20

pilz
/ [料理]mulからyulを煎じる、煎じる、せんじる
[レベル]4
19:pita/lez
[語法]
「煮る」は野菜などを柔らかくして食べられるようにすること,煮られるものが主体,「煎じる」は薬草などを煮て,エキスを抽出し,似た野菜の屑は捨て,液体を利用する,液体が主体,なので行為として別のもの,主体が煮られるものではないので,pilzはyulに煮られるもの(薬草)は取らず,結果的にほしい薬の方を取る

pindkamt
/ [動物]ハリネズミ
[美容]スパイキー
[レベル]4
21

pindnikkel
/ [動物]ハリセンボン
[レベル]4
21:針河豚

pino
/ [地学]地理
[レベル]4
13:制:sorn:pinenalei(ピネナの学問)。ここでのleiは本でなく学問を表わす。

pipi
/ [婉曲]セックス
[動詞]yulとセックスする、セックスする
[レベル]4
古:pipi(刺す)

pisketoia
/ [アトラスの国家]ピスケトイア
[レベル]4
23:ridia

pitalad
/ [医療]製薬
[レベル]4
rd;/
23

pitl
/ [医療]中毒
[類義語]dismain
[レベル]4
13:制:piti
[語法]
依存という意味の中毒ではないので、dismainと区別すること。

pitmfaiz
/ [医療]肝炎
[レベル]4
19

pits
/ [環境]汚染
[レベル]4
13:制:sad:pitis「毒にする」

pitte
/ [形容詞]こっけいな、滑稽な、おかしな、笑いを誘うような、ばかげた、馬鹿げた
[レベル]4
20:melidia xier:piet/te

piyonmel
/ [歴史]現代、al_lj
[レベル]4
21
[語法]
mirmel

plant
/ [人名]プラント
[組み数字]4/5
[レベル]4
szk
21
[文化]
→rapalx

poa
/ [医療]腫瘍
[レベル]4


pofi
/ [料理]イースト
[レベル]4
15:制:pof

pofok
/ [名詞]コミュニティ、コミュニティー、集まり、会、会合
[類義語]ita
[レベル]4
rd;pof/ok「パンを〜とともに→パンをともに食べる者」
23

poft
/ [名詞]パフ、化粧道具のパフ
[レベル]4
13:制:古:pofp

pogaluwa
/ [生物]首腹手足、ポガルワ
[レベル]4
szd;/
21
【成句】
melt pogaluwa 頭寒足熱
[文化]
ルクレティアの概念で、人体の暖めるべき重要な部分をまとめたもの。fの身体語彙を集めたもので、szdを使っていないのは語形が長くなるのを嫌ったため。例えばszを使うとpoだけでplieになって長たらしい。このうちpoはkolonのこと。
melt pogaluwaは頭寒足熱の意味で使われる。
pogaluwaだと細かく暖めるべき部位が分かる。この概念を知っている人間から見れば頭寒足熱は大雑把でいい加減だと感じる。ルクレティアで暖めるべき部位はまず首で、次に腹、そして手足と続く。ここを暖めると筋肉が弛み、血流が改善し、凝りも取れ、自律神経も安定する。
「頭寒足熱」は実はあまり正確でない言葉である。頭寒足熱と聞いて首まで冷やしてしまう者がいる。ところが首は冷やしてはならない。健康グッズには頭寒足熱をうたうものが多い。ところがたいてい上から下にかけて徐々に暖かくなっていくだけの仕組みが多く、非常に不正確である。こういう商品では頭部の温度が低く設定されているので、付随して首の温度も低い。正しくは頭部が涼しく、首が暖かくあるべきである。
なお、冷やして良い部分は額。ただルクレティアでは基本的に人体は冷やさないほうがよいとされるため、冷やして良い部位自体が少ない。

pohadis
/ [法律]絞首刑
[レベル]4
19
[文化]
特に付加罪がない場合に適応される軽い死刑。

pok
/ [数学][名詞][形容詞]正号、プラス
[数学]正の数、正数←pokalx
[名詞][形容詞]陽性。検査などで使われる陽性。
[化学]正極
[反意語]tif
[レベル]4
古:語源不詳。多数が造語に部分的に関与していると見られる。語源は首か?
[語法]
tif

pokalx
/ [数学]正数、正の数
[反意語]tifalx
[レベル]4
rd;/
23

poks
/ [医療]てんかん、癲癇
[レベル]4
古:語源不詳

poleas
/ [生物]頸動脈、頚動脈
[レベル]4
22

pom
/ [名詞]ずた袋
[レベル]4
13:制:僧などが首にさげる袋。pomesl(首の袋)
[文化]
rdまでは首から提げて使った。

pon
/ [医療]肺気腫の腫など、異様に膨らんだ部分を指す。腫瘍とは異なる。
[レベル]4
古:オノマトペ。乳房などと同じ語源。

poniaka
/ [美容]襟足、えりあし
[レベル]4
21

ponkrop
/ [医療]ものもらい
[レベル]4
19:seren

ponni
/ [卑語]ちんげ、ちん毛
[レベル]4
19:ponno/ini

pontkalka
/ [法律]交通刑務所
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt
[文化]
一般の刑務所とは異なる。ややまったりムード。意図的に轢いた場合や飲酒などの悪質な違反があった場合は入れない。

pontlizno
/ [政治]交通庁
[レベル]4
19:ridia:ilmus
[文化]
開発省下。国土交通省に相当。

popflel
/ [音楽]ヴィオラ、ビオラ
[レベル]4
21

popli
/ [亜魔]ポプリ
[レベル]4
bg;pepl,bg
21
[文化]
ヴェイガンの亜魔族。ぱっと見人間と外見の区別がつかないが、成人しても小学生程度の大きさにしかならない。いわゆる小人族。人間との見分けは頭の角。小さい角が生えている。

porkart
/ [経済]プリペイドカード
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt
[文化]
アンセしか持ち歩かないのでアルバザードではプレゼントの商品券としてしか存在しない。

pornif
/ [言語]事前段階
[レベル]4
20
[語法]
単位動詞の3分割のうち、中間の区間。将然〜経過の区間のこと。

potgel
/ [卑語]中出し、膣内射精
[類義語]potleev
[レベル]4
15:seren:seren(15)linslop:中に射精
[文化]
sarmixi

poti
/ [数学]プラスマイナス、正負、符号
[化学]極
[レベル]4
19:pok/tif

potleev
/ [普通動名詞]中出し、膣内射精
[類義語]potgel
[反意語]tantleev
[レベル]4
rd;/
23:mel。10年代にメルが造語していたものを23に幻日に輸入。
[文化]
→sarmixi
・避妊と性病と膣内射精

rdまではxivarenの使い手がいたため、膣内射精が一般的であった。が、性病のリスクがあったため、徐々にコンドームが進化していった。
vl以降では避妊と性病予防のためにコンドームを着けることが一般的である。ピルは避妊にはなるが性病は防げない。
学歴の低い層ほど性交年齢が早く、避妊の割合も少なく、膣内射精をしがちである。
夫婦でも家族計画のために避妊を行うのが一般的である。

・女性の感覚

この辞書の作者が男性なので膣内射精された感じはした相手の女の子に聞くしかないのだが、彼女らの反応をまとめると、こちらの思っているものとはだいぶ違った。
日本のAVやエロ漫画では女の子が「出されてるのが分かる」とか「あったかい」などと発言しているが、少なくともセレンがじかに聞いた素人の恋仲の女性によると、「よく分からない」という回答が一番多かった。この質問は覚えている限り4人以上にしているが、どれもAVや漫画のような回答ではなかった。「言われてみればなんとなく奥に当たるような」とか「少し暖かいような」といった曖昧な回答で、「正直出されたのがよく分からなかった」というのが一番多かった。

potok
/ [言語]主題
[類義語]soi
[レベル]4
sm;poto/ku「口の中(にあるテーマ)」
23
*:*:*:wankun,alt
[文化]
soi

potom
/ [生物]胎児
[レベル]4
rd;pot/tom「腹の中」
23
[語法]
胎生の動物の母体の中で胚が器官原基の分化が完了してから出産までの成長中の子を指す。

pots
/ [名詞][形容詞]まだら、ぶち、ブチ、斑、霜降り、斑点
[レベル]4
lakta

povn
/ [動物]ナマズ、鯰、キャットフィッシュ
[レベル]4
lakta
[文化]
地震を予知するような認識は持たれていない。食用もされず、身近でない魚。

poxet
/ [経済]供給
[動詞]yulをaに供給する、供給する、サプライ
[電算]サーバー
[レベル]4
メル・アルカ:ソーン由来の様子。

prasom
/ [名詞]対処法
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

prestsel
/ [名詞]厄日
[レベル]4
20

pretavirde
/ [アイテム]プレタヴィルデ
[名詞]表裏一体、紙一重
[レベル]4
ridia:古:propaata「善」とevide「悪」を組み合わせたもの。protavirdeなど多くの異形態があったが、セレンがその中からpretavirdeと記憶したことにより定着。
[文化]
ヴァストリアの1つ。パールのもつ神杖。善悪を計る杖。上下どちらを上にしてもちゃんとした杖に見えるようにデザインされていて、同じことでも場合次第では善は悪になるし悪も善になるという真理を示している。
【用例】
sool propaata o xet et pretavirde im lenxe yun. 善意の行いと迷惑は時として紙一重。

pretlots
/ [電算]プリントスクリーン
[レベル]4
20

prins
/ [形容詞]メモリアル版の
[レベル]4
22:zana

prot
/ [普通動名詞]出版
[動詞]yulを出版する、出版する
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt:pret

protol
/ [名詞]出版物、商業出版、商業出版物
[レベル]4
22

pseltekt
/ [電算]メルマガ、メールマガジン
[レベル]4
al;/
23

psor
/ [植物]藍
[色]藍色、インディゴ、インジゴ
[レベル]4
19:psoora

puluut
/ [サール]プルート
[レベル]4
meltia 99 sen via:puluut;fovet
20:犬の「くるくる」という鳴き声のオノマトペ
[文化]
(meltia 98'0000ごろ→)家畜の神。羊の毛、牛の尻尾、豚の鼻、犬の体をしている。
|同|獣王ポエン、犬を家畜化し、この犬からpuluut神を生む|
|同|プルートは牛、羊、豚を集め、家畜化した。すると彼の姿はそれらが混じった姿になった|

pxat
/ [俗語][普通動名詞]オナニー。男の。
[俗語][動詞]yulをオナニーさせる、オナニーする、抜く
[類義語]foxt、foj
[レベル]4
fv;fovet(精子の出る音)
23

pxetpaib
/ [名詞]シャワーカーテン
[レベル]4
19
【用例】
er at makl kor dipit man an en deyus pxetpaib. シャワーカーテンを閉めなかったので、水があちこちに飛び散った。

ra t'arxe
/ [ランドマーク]アルシェの家
[レベル]4
rd
24
[文化]
部屋のドアが乳白色と『ミールの書』に書いてある。

raav
/ [名詞]碇、錨、いかり
[レベル]4
13:制:古:raabyu(碇)
raabyu:raabyu

raeslets
/ [音楽]グランドピアノ
[レベル]4
21

ragnafel
/ [工学]機械、機械学。理科の一分野。科目名。
[レベル]4
rd
22
[文化]
felpant

rain
/ [普通動名詞]繰延、延期、繰り下げ、繰下、繰り延べ
[経済][動詞]yulを繰り延べる、繰り延べる、延期する、繰り下げる、繰り越す
[反意語]liam
[レベル]4
19:rak
[語法]
繰延と繰越の区別はない。

raix
/ [化学]原子
[レベル]4
@19
liil:liil, raix:la liil

raixfaik
/ [軍事]原子爆弾、原爆
[レベル]4
19

raixfala
/ [化学]原子番号
[レベル]4
19

raixtesl
/ [環境]原子力発電
[レベル]4
vl;/
19
[文化]
アルバザードは原子力発電が最も多い。

raixteslka
/ [環境]原子力発電所、原発
[レベル]4
vl;/
19
【用例】
lamiti e raixteslka 原発の危険性

rajevitdiz
/ [法律]痴漢冤罪
[レベル]4
vl;/
23
[文化]
痴漢冤罪やDV冤罪はvl後期からalの行き過ぎたフェミニズムの結果起こった。証拠が必要なく、女の証言やでっち上げた偽の証拠が裁判で採用された。あまりに酷い男性差別だったため、男性側からはもちろん善意の女性側からも糾弾を受け、現代版魔女狩りとして両者ともに撤廃するよう働きかけられた。結果、確固たる証拠がなければこれらの罪は確定しないこととなった。

rake
/ [化学]濾過、ろ過、ろか
[動詞]yulをaに濾過する、濾過する、ろかする、ろ過する
[レベル]4
19:rak/ke

rakear
/ [化学]濾過器、ろ過器
[レベル]4
rd;/
23

rakelflel
/ [医療]五十肩
[レベル]4
20:seren

rakgelp
/ [経済][政治]福祉病、過剰福祉
[レベル]4
al;/
23:ridia:セレンがgelplevnとしたが、アルカディアを聞いたリディアがrakgelpのほうがいいだろうとしたもの。
[語法]
福祉を篤くしすぎた結果、国家経済が破綻したり国家経済に不具合が生じてしまうことを指す。

rakkemasl
/ [医療]胃酸過多症
[レベル]4
19

rakkui
/ [料理]飽食
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

raklabvort
/ [経済]過労死
[レベル]4
19
[文化]
アルバザードにはルージュの月とディアセル前後以外には起こらない。ルージュの月は毎年過労死が出る。

rakllada
/ [名詞]成功品
[レベル]4
21

rakmem
/ [数学]外接円
[レベル]4
19

rakuil
/ [名詞]家飯
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

rakyuuf
/ [名詞]路地裏
[レベル]4
rd;/「路地を越えたところ」
24
[語法]
路地をはいり込んだ、表通りに面していない場所。路地を越えた先に広がっている、路地より広い空間のこと。

ralabes
/ [名詞]家事手伝い
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

rald
/ [人名]ラルド、ラルドゥラ
[組み数字]8/15
[レベル]4
kako
[文化]
メテの第8使徒。

rald(2)
/ [組み数字]8/15
[レベル]4
19?

ralk
/ [名詞]家庭教師、カテキョ
[類義語]leznant
[レベル]4
20:ra/felki(家庭の塾)
[語法]
家庭教師という概念をralkといい、実際の教師をralkanという。日本語だとどちらも家庭教師というので、訳し分けに注意。
[文化]
アルバザードでは学校→塾→家庭教師の順にできた。このうち塾は革命後に廃止され、かわって家庭教師が一般化した。しかし家庭教師の派遣業者というものは存在しない。知らない人に教えてもらうより、友達の兄や姉に教わったほうがやりやすいとアルバザード人は考えるため。この結果、家庭教師は学生のアルバイトとしてかなりメジャーとなっている。また、子供が小さいうちはベビーシッターを兼ねることもあり、むしろベビーシッターとしての役割が大きい。
ただし、アメリカなどのベビーシッターとは意味が異なる。たいていアルバザード人は大家族で過ごすため、家に誰もいないということはない。従ってアルバザードのベビーシッターは子供の遊び相手や話し相手になる程度であり、二人っきりになってあれこれ世話をするということは通常ない。
なお、賃金は各家庭で決められ、たいてい高くない。喫茶店のウェイトレスより少し安い程度。

ralkan
/ [名詞]家庭教師
[レベル]4
20
[語法][文化]
ralk

ralna
/ [名詞]明鏡止水
[レベル]4
22:raldura/na

raluup
/ [普通動名詞]家庭内暴力、DV、ドメスティックバイオレンス
[レベル]4
19
[文化]
・誰がやるか

この単語でアルバザード人が最も連想するのは夫→妻ではなく、母→子供。アルバザード人の母親は躾が厳しく、頻繁に子供を殴る。そのため、行き過ぎが往々にしてあり、DVとなる。
アルバザード人の女は夫にはしとやかで表立って反抗をしないため、夫→妻のDVは少ない。妻が不貞だったり従順でないなど、妻として品格に欠ける場合、夫は妻を殴っても社会的に白い目で見られない。逆に、そのような妻をのさばらせておくと白い目で見られる。それ以外の理由で妻を殴った場合は夫の過失となる。

・DVについて思うこと

『カバチタレ』という深津絵里の出ているドラマでDV離婚の話があった。女にばかり都合のいいシナリオで、案の定脚本が女で、見ていて不快になったので所感を書きたくなった。
好きで付き合った男に守ってもらうどころか殴られた女の気持ちを考えると、さぞ絶望だろうなと思う。好きな相手に拒絶され殴られたらさぞつらいだろう。そういう意味で夫から妻のDVはすべきでないと思う。
ただそういう当たり前のことを言って加害者を特別な欠陥品呼ばわりするだけでは、物事の本質が見えなくなってしまう。その男が今まで付き合ってきた女にすべてDVを働いてきたならその男の欠陥だと思うが、特定の女にだけ暴力を振るうのであれば、その女に暴力を振るわせる原因があるわけで、女側は「やられたアタシ可哀想」とか「こんな男を選んだ自分は愚か」といった言葉で片付けるべきではない。「自分の何が好きな男を暴力に駆り立てたのか」を考え、自分も反省しなければ根本的な解決にならない。殴らせる原因を解決しなければいつまでも殴られるだろうし、仮に離婚して再婚しても同じことの繰り返しかもしれない。男を悪者にするのは簡単である。しかし自分が被害者ヅラするだけでは根本的な解決にはならない。現在の男のこともそうだし、今後の男選びに関しても支障をきたしうる。
正直、DVがある夫婦は別れたほうが良いと思う。妻だけでなく夫にとっても。殴られる側はもちろん、殴る側もストレスを感じているから殴るわけで、どちらにとってもその生活にメリットがない。殴る時点で夫は妻を愛してもいないし、人として尊敬もしていない。愛してもいないし尊敬もしていないのに男が女をキープするのは、ただ道具として便利だからである。その時点で所有物扱いされているので、女にとってその恋愛はメリットがない。男からしてみれば道具として使える人間がいる代わりにイライラさせられるのでプラマイゼロである。
往々にして女にとってDV生活はマイナスで男にとってはプラマイゼロなので、いざ離婚となると夫が渋る。それはそうだ。離婚によって女はメリットがあるが男にはないからだ。
しかも女というのは一度愛想を尽かすと男に一切の情を抱かない冷たい生き物である。男はどんなに見下げ果てても過去の女には情をかける。基本的に女のほうが冷たい。離婚は夫にとって妻の反乱で、自分にメリットがなく、かつてあんなに好いてきた妻が自分を障害としてしか見ていないことに苛立たされる。しかし女はその苛立ちが理解できない。離婚を決めたらただひたすら夫から逃げようと必死になる。その態度が余計に夫を苛立たせるが、女は自分が相手の神経を逆撫でていることが分からない。なのでこのとき別の男が客観視していると、「この奥さん、殴られるべくして殴られてるなぁ」と心の奥でこっそり思ったりする。
恐らくDV離婚で夫が妻に復讐する場合、離婚を切り出してからの妻の悪態にプライドが痛く傷つけられ、それで怒っているのだろう。妻自身に対する未練はなく、プライドが傷つけられたことに対する怒りと、親権などを奪われた怒りと、便利な道具を失った未練があるだけだと思う。

raluupevitdiz
/ [法律]DV冤罪
[レベル]4
vl;/
23
[文化]
rajevitdiz

rankisfink
/ [数学]正六面体。サイコロの形
[レベル]4
19

rankovo
/ [数学]立方体
[レベル]4
19

ranslot
/ [魔法]ランスロット
[レベル]4
20:rens/lusia/lo/te(言葉と魔法の考えに関した)
[文化]
「魔法はことば、言葉はまほう」という考え方。ファンタジーにおける言語の地位を最大限高めることができる。

<ランスロット>

幻楽はアルカを作ることだけではない。
世界アトラスを作ることも含まれる。そしてそれを分担している。

通常、世界のほうが言語より大きいのだが、この世界においては世界は言語と等しい重要性を持つ。
というのも、このプロジェクト自体がセレンとリディアの遠距離恋愛を埋めるためのものだったからである。
両者は双璧を成しつつ作業をしているため、言語は必然的に世界の双璧となった。

では、ファンタジーの世界において言語を最も重要なものにするにはどうすればいいだろうか。
結論のひとつが呪文だった。魔法の世界なのだから、そこに言語を食い込ませるのがもっともであろう。
そこで「魔法はことば、言葉はまほう」という考え方ができた。
この「魔法はことば、言葉はまほう」という考え方のことをアルカでranslotという。

<ドルミーユとエーステ>

・ドルミーユ

この世界にはドルミーユという魔法理論がある。
ここにはヴィードという4つのエネルギーがあり、それぞれのヴィードはさらに4つのガレットという材料からできている。
→dolmiyu

・エーステ

個々の概念にはそれを指すべき音声が存在する。つまり概念は本質的な自己の名前を持っている。
その音性を最も近い音素に置き換えたものをエーステという。例えば、diltという語はホウレンソウを表す言葉となっている。
つまり、ある概念が持っている本来的な名前のことをエーステというわけである。
神々は古来よりこのエーステを喋ることにより、概念に直接働きかけ、魔法を発動しやすくしていた。

なお、これはアトラスと地球の言語学を分断するものである。
ドルミーユがある分アトラスでは、恣意性が減少することがある。イヌはヌイと呼んでもよいわけではないということである。
とはいえ、様々な外国語がアトラスに存在するのを見れば、あくまでエーステは、魔法を発動しやすくするためのものに過ぎないという事がわかる。言語の恣意性は多少抑制されるも、絶対的な価値感ではないという点に注意。

ransxax
/ [普通動名詞]講義
[レベル]4
20
【用例】
ap an fakt a tu ransxax xalt axon im saalsel tat lisoom. an siina xaxan o ransxax luut. なお、毎週日曜趣味でこの講義に出ている。先生と彼の講義が好きだ。

ranvalfink
/ [数学]正四面体
[レベル]4
19

ranx
/ [形容詞]非限定、全体的、汎用性のある
[反意語]lims
[レベル]4
@19:ridia:arbaxelt

ranxyol
/ [動詞]yulを汎用する、汎用する
[言語]非限定用法
[普通動名詞]汎用
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

raok
/ [名詞]同居人
[反意語]raxed
[レベル]4
rd;okra/ok.xik
24

raokl
/ [普通動名詞]ルームシェア
[動詞]yul(住居)をa{ok}とルームシェアする、ルームシェアする
[レベル]4
rd;/
24

raoklal
/ [名詞]ルームメイト
[レベル]4
rd;/
24

raos
/ [名詞]ほろ、幌、フード
[レベル]4
16:制:raes

rapin
/ [植物]カーネーション
[レベル]4
lakta:赤い薔薇

rapis
/ [サール]ラピス
[普通動名詞]乱交
[動詞]yulと乱交する、乱交する
[レベル]4
mel:古
[文化]
乱交パーティを開いて人間を堕落させるサール。19歳くらいの見た目をした可愛い顔の女で、明るく優しく、一見処女っぽく見える。

rapol
/ [名詞]住宅地
[レベル]4
rd;/「住宅の地帯」
23

raslzon
/ [音楽]指揮棒
[レベル]4
22

rasopons
/ [普通動名詞]むちゃぶり、ムチャぶり、無茶ぶり、ムチャ振り、無茶振り→pons
[レベル]4
21

rataloz
/ [名詞][形容詞]ハイブリッド、いいとこ取り
[レベル]4
rd;/
23

ratalx
/ [言語]聖数
[反意語]yamalx
[レベル]4
21
[文化]
tmで聖数が4に定まる。神、悪魔、死神、人すべてが共存した数を指すため。
同時期に忌数が7に定まる。指を使って数えられる10までの間に7だけペアがなく、孤立している。ペアというのは倍数や約数のことで、10までに素数は3,5,7だが、3は9、5は10がある。7だけペアが存在しない(むろん約数1はカウントしない)。このように7は扱いづらく、扱いづらいという感情からからやがて忌数となった。
ちなみにフィーリア語は5−10−20進数で、フィルヴェーユ語は5−10と5−12進数。どちらも10進数を含むので、10までの数で忌数を考えること自体は歴史的に見て妥当。ただしtmなので、もし12進数で考えていたらというケースも考えうる。その場合は11が忌数になっていた可能性がある。だがそれだと7が忌数でない理由が出てこないため、忌数をひとつに特定できなくなり、混乱が生じたと思われる。
rdで忌数に別解釈が生まれる。14人の使徒が分裂すると7になるため、アルシェの分裂すなわち崩壊を指すとして嫌われた。

ratavin
/ [経済]好況、好景気
[レベル]4
20

rate
/ [名詞]カリスマ
[レベル]4
14:制:古:rusiilateeze

ratova
/ [名詞]好例
[レベル]4
rd;/
23

ratto
/ [地球の国名]アメリカ合衆国
[レベル]4
19:制:rat(「家の支配者」:セレンの造語で、ピネナではない。古アルカでもない)

rattoren
/ [言語][ユマナ]英語、米語
[レベル]4
22

raxed
/ [名詞]別居人、別居相手
[反意語]raok
[レベル]4
rd;xedra/xed.xik
24

raxite
/ [名詞]世帯
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt
[語法][文化]
同じ家にいる家族のこと。単身赴任の場合、家族が東京で暮らし、夫が大阪で暮らしてるとすると、家族であっても世帯は別々になる。家にいる家族ではなくなるので、raciteでなくなる。逆に他人でもいっしょに住めばraxiteである。集合住宅は同じマンションに複数の世帯がいるものの、部屋ごとに世帯が分かれているので、住人全体が多世帯住宅というわけではない。

rebagi
/ [名詞]出所の分からないものや情報、親の分からない子供
[レベル]4
19:ブドウのつるはこんがらがって、どれがどの房のものだか分からないことから。アルバザードはワインが盛んなので、ブドウは慣用句になりやすい。

rees
/ [地学]オパール
[レベル]4
19:ren/es(雨の宝石)。〜renが増えすぎたため前置。esは古で雨の意。実際はespafiren(虹の宝石)が短くなったもの
[文化]
利の魔石。現代では幸運の宝石。

reete
/ [名詞]脳内彼女、理想の彼女
[男性][形容詞]理想的な
[類義語]fiiyu
[レベル]4
メル・アルカ:ridia:2000年にリディアが起こした「レーテ事件」から
【用例】
jent at reete. 理想的な天気だった。

refan
/ [医療]鎮静剤
[レベル]4
rd;/
23

refati
/ [名詞]穏やかさ、整然さ
[軍事]統率、統制
[レベル]4
21

refnam
/ [生物]副交感神経
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

reftlem
/ [音楽]行進曲
[レベル]4
21

regast
/ [再帰動名詞]卒業生、OB
[レベル]4
21

reggil
/ [経済]退職金
[レベル]4
19

reiaalx
/ [数学]7、七。数字の7の異名
[メタファー]メル。メルの隠喩。
[レベル]4
19:何年だか忘れたが、10歳前後かせいぜい13歳くらいあたりのメルが言っていた「7は寂しい数」という概念を、新生に訳したもの→vesalx
[語法]
7はアルカで寂しい数とされる。1ケタの後半台なのに約数が少なく、ほかの大きな数の約数にもなりづらいことから、孤独な数とメルが名付けた。メルが7をそう呼んだのはほかにも理由があって、その性格のキツさからアシェットで倦厭されていたことを気に病んで、第七使徒である自分と7という孤独な素数を関連付けたのだと思われる。

reiavild
/ [名詞]自家撞着、自己矛盾
[レベル]4
22:「孤独な矛盾」

reifnams
/ [言語]音印象、音感
[レベル]4
23
[文化]
seren arbazard  @serenarbazard ・ 開く
@axtevak [悪魔]と[死神]で検索して出てくる中で、韓国人の耳にカッコよく聞こえる固有名詞はどれか教えていただけませんでしょうか。
tias estel  @axtevak 閉じる
@serenarbazard bceis beezel delfia frestia kilseles psoora tekra xeltes alhaik avelant fialent fremelte lastia ordian vangardi vergina
会話を非表示
2012年4月27日 - 16:05 webから ・ 詳細

reik
/ [物理]一次元
[俗語]一次元、一次、テキスト、文章、文学、ラノベ。主にゲームやラノベやエロゲなどヲタ物の文章を意味するテキストのことを指す。二次、三次に対して使われる。
[レベル]4
19:rein/kalb
【用例】
tu et tinka xel failklei et yuuyu xalt reik tis. ラノベは絵無しでも文字だけで萌えられるところが凄い。

reimern
/ [魔物]アンデッド系モンスター
[レベル]4
19:melidia alis

reimmain
/ [魔法]霊体、幽体
[レベル]4
22

reiniwa
/ [数学]線対称
[レベル]4
19

reinoyuo
/ [言語]自動詞
[反意語]kokkolyuo
[レベル]4
21
[語法]
em fremは自然と近付く。frem aは意志を持って近付く。
es xtamは自然と立っている。xtamesは自分の意志で意欲的に立っている。気分の違いで両方とも使いうる。

reiyusir
/ [植物]百日紅、サルスベリ、さるすべり
[レベル]4
nd:「乙女の肌のような」
22

reld
/ [動詞]yulを隠遁させる
[再帰動名詞]隠遁
[レベル]4
19:ridia:rald
lestar:lestar

reldast
/ [名詞]ハーミット、隠者
[魔法]忍者、レルダスト
[レベル]4
19:ridia
[文化]
→lolosan
rdでは、山村などにひっそりと暮らし、暗殺術を極める集団。ロロスの国が有名。特殊な西洋魔法体系である忍術を使う。

renar
/ [魔法]レナール、魔石召喚
[メタファー][言語]言語センス。言語センスは魔石のように貴重で、かつ召喚のように高等技術であるという喩えから。
[類音]renal。意味も似ているので注意。
[アクセント]renAr(召喚)、rEnar(言語センス)
[レベル]4
19:ridia:ren/artes
[文化]
魔石の力を用いて召喚する方法。術者が神を召喚するのに不十分な力の場合、魔石を消費する(魔石は砕ける)ことで、召喚を可能にする。一方、術者の能力が十分であれば、魔石は召喚の力を押し上げるのに役立つ。
【用例】
la til renar on kut lendi lyu. あそこでああ言えるとは、彼は言語センスがある。

rendi
/ [人名]レンディ
[組み数字]1/5
[レベル]4
szk
21
[文化]
→rapalx

rensetanvet
/ [言語]殺し文句、鬱になる言葉、レン・セット・アン・ヴェット
rd:teolon;/「俺を殺してくれ言葉」
[レベル]4
23
[語法]
現実と理想のギャップや他者と自己のギャップで思わず死にたくなる言葉のこと。単語を見るだけでダメージを受ける。
たとえ元リア充でも現在リア充でなければ過去と現在のギャップでダメージを受ける。
「制服デート」、「自転車二人乗り」、「初々しいエッチ」、「二人で勉強」、「純粋な恋愛」など。死にたい。

renskozet
/ [言語]印象的な言葉、レンスコゼット、キャッチ、キャッチコピー
[レベル]4
21
[語法]
rens saakと同義。

renslad
/ [音楽]作詞
[レベル]4
21

rensxeo
/ [医療][言語]言葉に聞こえる病、空耳
[レベル]4
19
[語法]
音楽などが何らかのセリフに聞こえてしまう性質。

resta
/ [政治]共産主義、社会主義。区別なし。
[レベル]4
19
[文化]
イグレスタ共産圏が歴史上存在したが、共産と社会の区別はなかった。

restant
/ [政治]レスタント
[レベル]4
20
[文化]
yuuma 7608 メテが私兵団restantを作る。レスタントは超人集団の集まりで、小国のものなら軍隊すら殲滅できるほどの戦闘力があった

retlna
/ [名詞]敵意、害意、敵愾心
[レベル]4
19:melidia axte
【用例】
sins retl 敵意を表す

riax
/ [化学]無機、無機物
[反意語]lais
[レベル]4
@19

ribmaat
/ [名詞]蚊取り線香
[レベル]4
19
[文化]
セルメルに作られた。ただし、あのような螺旋形のものではなく、ピレスロイドなどを含む植物を焚いていた。
【用例】
an arat ribmaat lana stas rib. 蚊を落とすために蚊取り線香を焚いた。

ridia(2)
/ [天文]アルタイル、牽牛、彦星、ひこぼし
[類義語]fialis
[レベル]4
19:seren:ridia。中学のときに新星の発見者は名前を自由に付けられると聞き、見つけてリディアと名付けたいと考えた。その道には進まなかったが、こうして機会が得られたので星にこの名を付けて夢を叶えた。

ridia(5)
/ [人名]少女リディア
[レベル]4
古:語源不詳。『カコ』からだが、『カコ』ではriidyaという音で表わされている。
[文化]
(yuuma 8070:8083)
imul 4 リディアが寝室でソーンを果物ナイフで刺し殺す。ソーンはリディアを愛しており、何かあれば彼女に起こすように頼んであり、この日はmejtelをつけていなかった。リディアは逃走するも捕縛され、拷問死する。メティオは王を失い、混乱。適切な後継者がおらず、混乱は激化
yuuma 8080 アルシェがイムル暦を採択する。アルシェのミスにより、yuuma 8080がimul 1に等しい。アルシェ、みなしごリディアと出会い、10歳の少女を自分の恋人として密かに育てだす

riet
/ [経済]経営、運営、営業
[名詞]経営→felpant
[類義語]gin
[レベル]4
rd;rsiila/te
22
[語法]
gin

riglang
/ [政治]解散権
[レベル]4
19

riif
/ [経済]負債
[レベル]4
19:rip

rij
/ [再帰動名詞]二日酔い、ふつか酔い
[動詞]yulに二日酔いをさせる
[レベル]4
13:制:sad:riesej(酒が残る)
【用例】
an es rij. 二日酔いだ。

rinsna
/ [医療]排泄欲
[レベル]4
rd;/
23

rist
/ [動詞]yulを抑える、抑える、おさえる、制御する、抑制する、抑圧する、自制する、コントロールする、押さえる、押える、自重する
[類義語]nosrist
[反意語]letl
[レベル]4
19:rsiila
【用例】
el ser xir ristom t'alem. 感情をコントロールする方法を知る必要がある。
an ristat vil nos em ruuf. 興奮を抑えることができなかった。

robitul
/ [化学]混合物、不純物→robi
[レベル]4
19

rokvian
/ [物理]斥力
[反意語]letvian
[レベル]4
20

romaadyai
/ [医療]急性腰痛、ぎっくり腰、ギックリ腰。区別なし
[レベル]4
19

ron
/ [化学][物理]圧力、圧
[レベル]4
19:ryuu:rok/envi
【用例】
ron vien 高圧

ropmepi
/ [化学]接眼レンズ
[レベル]4
rd;/
23

rovsex
/ [生物]小陰唇
[レベル]4
19

rovsir
/ [生物]真皮
[レベル]4
21

rovtem
/ [生物]内耳
[レベル]4
19

rovyolo
/ [被服]ズボン下、すててこ、ステテコ
[レベル]4
21

roxkate
/ [名詞]支店
[レベル]4
rd;/
23

roxkloit
/ [名詞]支社
[レベル]4
rd;/
23

roxkyav
/ [言語]従属節
[レベル]4
20

rsiilra
/ [名詞]実家、親元、親の家、生家
[レベル]4
rd;/
24

rubie
/ [名詞]忠誠、忠義、忠誠心
[レベル]4
19:古:rubiiteeze(ルビィのような)rdで最も高い忠誠心を示した人物。
[語法]
アルバザード人はこれと決めた相手に忠誠を尽くすことがある。例えばそれは恋人かもしれないし上司かもしれない。忠義は篤く、期間も長く、しばしば一生の付き合いになる。夢織のランヴェムなど。
【成句】
rubie e kalan 犬馬の労
【用例】
rubii til rubie. ルビィは忠誠心が高い(忠実である)
la si rubie. 彼は不忠義だ。
[メタファー]til rubie yun rubii ルビィのように忠実な

rubii lolos
/ [人名]ルビィ=ロロス
[レベル]4
古:語源不詳
[文化]
→kohaku
(tif 6 lis fav→)第4期4代アルシェ準ハルマ。ラルドゥラの実妹。こちらは実在。

rudia
/ [人名]ルディア
[組み数字]1/15
[レベル]4
kako:古アルカでの意味はルディが「氷の魔法」。
[文化]
メテの第1使徒。『幻想話集アティーリ』では人間で最強の魔法使いとされる。

rukalia
/ [地名]ルカリア
[レベル]4
fv;rukke/kal/al
20:ridia:rukke/kal/al(越えた土地のもの)フィーリアから見て海を越えたところという意味。
[文化]
meltia 85'0000に現イネアート、ヒュート、フレディスク、ディミニオン北部に神が建てた国。レスティルの北。

rukalie
/ [アトラスの国家]ルカリエ
[レベル]4
23:ridia

rukasnif
/ [言語]完了相
[レベル]4
20
[語法]
行為動詞・状態動詞の一端、実行段階の一端、内相の一端。単位動詞の中心。
「〜した」という意味。

rumafel
/ [生物]生物学、生物。科目名→felpant
[レベル]4
19
[語法]
[生物]タグは生物学、人体などの器官、動物界植物界以外の生物に付けた。[動物]は動物界、[植物]は植物界および植物学に付けた。
[文化]
アズゲルから存在したが、リュウが体系化した。一方、生物分類はカコでアルシアが大成した。

ruufaifoona
/ [音楽]長調、メジャー
[レベル]4
21

ruufan
/ [医療]覚醒剤、覚せい剤
[反意語]refan
[レベル]4
rd;/
23

ruufkist
/ [形容詞]場末の、閑古鳥がなくような
[レベル]4
22:「荒れ果てた芝生」。アルバザードは放っておくと芝生が生える土壌だが、手入れをしていない芝生なのでruufな状態で生える。そこから場末や閑古鳥を示すようになった。

ruufnam
/ [生物]交感神経
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

ruufsir
/ [美容]肌荒れ、肌あれ
[レベル]4
21

ruufyuno
/ [動詞]気迫
[レベル]4
22:「興奮した霊力」
【用例】
ruufyuno tinka 凄まじい気迫
ik rel mil ruufyuno 気迫に圧倒される

ruvai
/ [軍事]傭兵、ルーヴァイ、マースナリー、マーセナリー、ゼルドナー、ランツクネヒト、コンドッティエーレ
[形容詞]日和見、日和見な
[レベル]4
zg;rukke/vaxa
20:rukke/vai(柵の外の兵士←よその兵士)
*:ruvai
[文化]
金銭で雇われ、直接的な利害関係のない戦争に与する兵のこと。古代から存在した。地球の中世のフィレンツェやカルディアの中世のイルケアのように商業中心で栄えたところは兵役がなく金銭で傭兵に頼ることがあり、傭兵団が栄えた。忠誠心が低く、日和見で逃走しやすいことから、国民兵や市民兵に置き換えられることも歴史上あった。

ruvailiik
/ [生物]日和見菌、常在菌
[レベル]4
22:ridia
【用例】
fet le til kokka on ruvailiik 常在菌のバランスを保つ働き

ryusian
/ [地名]リュシアン市
[レベル]4
22
[文化]
ile
ウォール街に当たる小さな市。

S
/ [言語]主語→soi
[レベル]4
sm
20:sol

saaj
/ [名詞]虚無、無、ないこと、なさ、無さ
[反意語]xal
[レベル]4
古:saaj(虚無)。milsaajなどに散見。
【用例】
"xom tu fia et lad kokko fie teu saaj?" 「それじゃあこの世界は嘘という無でできているの?」

saalin
/ [植物]紫苑、シオン、アスター
[レベル]4
rd;saal/in
13:制:saalmina。サールの花
saalmina:saalmina

saalmilx
/ [天文]天文台
[レベル]4
21:「サールの叶わぬ願い」 エルトに捨てられたサールが空を見上げてエルトが来てくれるのを待っていたことから。

saaran
/ [魔法]サール召喚士
[レベル]4
19:ilmus:ridia

saaxa
/ [被服]サーシャ、羽衣、肩掛け、ショール、レースのスカーフ
[レベル]4
古:saaxa←saxa←sasa。sasaはsa/saで、意味は絹/絹。絹のように薄いものより更に薄いという強調の意味で二度重ねている。sasaがsaxaになったのが先かは実は不確定。saasaになってからsaaxaになった可能性もある。いずれにせよ、sasaという単純な同一音節の連続が苦手だった少なからずの使徒によってsaxaとなり、その後アクセントがsaにあることから母音が伸びたというのが有力な見解。
[文化]
アルティス教の女性服。薄い布で、洋服の上に着る。薄く透けていて防寒の役目は殆どない。サメルと合わせられる。naat以上のyunkが着けることが多い。manaでも着ることはできる。

sabl
/ [被服][動詞]yulを仕立てる、仕立てる
[レベル]4
13:制:sablad(服を作る)

sabnial
/ [被服]ポールハンガー
[レベル]4
22

sabrez
/ [被服]スーツコード、ドレスコード
[レベル]4
19:melidia axte
[語法]
学校では制服、会社ではスーツや作業服など、パーティ以外にも適応される概念。

saesedamo
/ [名詞]除雪車
[レベル]4
19
【用例】
saesedamo sedat sae e font. 除雪車が道路の雪を除去した。

saesiz
/ [運動]スノーボード、スノボ
[レベル]4
19
[文化]
スキーは女性に人気で、スノボは男性に人気。ただし、怪我しやすい競技とされる。
【用例】
im tu xier, an mais lax saesiz. 今年の冬はスノボを習いたい。

saev
/ [言語]前置
[レベル]4
20

saewali
/ [ジョブ]裾持ち
alt
[レベル]4
20
[文化]
kalan

safendi
/ [気象]気温差、温度差
[レベル]4
19:ridia
【用例】
el na kin man safendi soven flea o xier fok falim o xelm et tinka on karx gihu a. 岐阜県は夏冬と昼夜の温度差が激しいのでつらい。

safo
/ [動物]トナカイ
[レベル]4
17:制:lakta:safk雪の動物

safpoit
/ [地学]緯度
[レベル]4
20

safrein
/ [地学]緯線
[レベル]4
19:温度の線。緯度によって一番体感的に変わるのは温度の差であるため

saftik
/ [地学]緯度
[レベル]4
19

saftoi
/ [名詞]温度調節、温度調整
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

sag
/ [被服]バックル、尾錠
[レベル]4
13:制:sab/gi

sagag
/ [言語][生物]咽頭
[レベル]4
13

sagitamagika
/ [アトラスの国家]サギタマギカ
[レベル]4
23:ridia

sah
/ [交通]ヨット、小型帆船、帆掛け舟
[レベル]4
lakta

sahol
/ [名詞]空中前回り、前転
[類義語]sapix
[反意語]xihol
[レベル]4
20

saixta
/ [名詞]前景
[言語]図、フィギュア
[反意語]xiixta
[レベル]4
20

sakaza
/ [植物]くぬぎ、クヌギ、つるばみ、櫟、椚、橡
[アクセント]sakazA
kk [レベル]4
23
[文化]
altで材木として里に植えられた。それがkkでアルバザードに流入した。

saktlab
/ [政治][経済]公共事業
[レベル]4
23

saktlop
/ [交通]国鉄。幻環線など。
[レベル]4
22

sakula
/ [魔法]お守り、タリスマン
[レベル]4
sm;alt
22
[文化]
freditやyuuaに念力を篭めてもらった小さなarfaをvirを示す赤の布の袋に入れてタリスマンにしたもの。日本のお守りのような形をしている。表面には「交通安全」や「学業成就」など、願い事が言葉になって書かれている。

salaipol
/ [名詞]広義の都心。アルナ9市とその周辺まで。南だとカテージュ9市とその周囲。
[レベル]4
22

salantis
/ [シェルト]前衛、前衛の駒、歩
[レベル]4
rd;/
23

salia
/ [名詞]結晶
[ポジティブ]アルナ式円形都市
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt:sae/flia(雪水晶)

salo
/ [被服]ベール、ヴェール
[レベル]4
fv;↓
古:salo(絹)。sa(絹そのものだけではなく絹のように薄く綺麗な布をも示す)/lo(頭)
salo:salo

saloant
/ [政治]関白、サロアント
[レベル]4
20:salo/lantis(ヴェールをまとった人=影で操る人)
[文化]
yuuma 5565 ユキナ死亡。メリウセルが神商会の新たな代表となる。メリウセルは力でのし上がった人物で、強力な魔力を持っていた。その力を活かして神と次々に契約を結んでいった人物である。このときペティがまだわずか100歳にも達していなかったため、メリウセルが関白という地位を築いて政治を見た

salox
/ [生物]小腸
[レベル]4
13:制:前の方の腸

salsa
/ [人名]サルサ
[組み数字]6/14
[レベル]4
語源不詳
[文化]
第4期3代アルシェ第6使徒。女性。

saltdit
/ [経済]年収
[レベル]4
19

saltesk
/ [気象]年間降水量
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

salx
/ [普通動名詞]公認
[動詞]yulを公認する、公認する
[レベル]4
13:制:古:rsiilaax「ルシーラが良いと言う」
【用例】
moel salx impren on arbazard. アルバザードでは政府が風俗街を公認している。

same
/ [名詞]ソケット
[言語]格、ケース
[レベル]4
rd;↓
19:制:sami

sampekl
/ [経済]先端技術、新技術
[レベル]4
19

samrai
/ [植物]新芽
[レベル]4
19
【用例】
im axte, samrai et nok. 春になると新芽が吹き出す。

samtek
/ [植物]若葉
[レベル]4
19
【用例】
im axte, samtek et nok. 春になると若葉が出る。

san
/ [数学]式、数式
[化学]化学式
[レベル]4
19:恣意

sandan
/ [植物]桑、くわ、クワ
[レベル]4
21:kl

sandik
/ [植物]マルベリー、桑の実、クワノミ
[レベル]4
21:sandan/ik

sanjel
/ [名詞]文化
[類義語]antis
[レベル]4
21:lt < savanje,szd.l
[語法]
antisは絵画や音楽や文学などの文化に加え、その民族がどのように振舞うかという行動様式も含む。sanjelはこのうち前者のみを指す言葉。

sanjeldaig
/ [経済][法律]文化税
[レベル]4
21
[文化]
音楽や書籍は無料でアンセにダウンロードできる。アンセをパソコンや電子ブックに差してダウンロードすれば、直接端末にダウンロードすることもできる。
ダウンロードは何度でも可能だが、ひとつの国民IDごとにひとつのダウンロード回数がカウントされる。
元が無料であるため、わざわざリスクを冒してまで違法コピーする者はいない。
では版元はどのように収益をあげているのだろうか。音楽と芸術の国アルバザードでは音楽、写真、図画、絵画、文章などに文化税というものがかかっている。文化税として集めたお金をダウンロード数に応じて版元に分配し、版元は著作権者に印税を支払う。
また、書籍は分配比が高く、専門書はなお高く、娯楽関係は比率が低い。従って専門書の出版も安心して行え、国益を損ねない。また、衆愚的なコンテンツに莫大な利益が集まることもなく、日本と異なり文化レベルが落ちていくこともない。
学問を志しても食っていけるかすら怪しい一方で衆愚に迎合した小説や音楽を作る人間が億単位の金を稼いでいたヴェレイでは到底国民の教養は下がる一方で、それを革命したのがミロクである。
文化税は国税なので文化的教養のない者ほど損をするシステムであり、これもアルバザードの教養レベルを底上げしている。
団体が法の裏をかいて収益をあげられぬよう、何度ダウンロードしても同一人物はワンカウントにしかならない。
むろん団体ぐるみで構成員が全員ダウンロードすれば収益はあがるが、それについては紙での書籍販売でもそもそも防げていない。
しかし紙の場合は構成員の自腹だが、ダウンロードの場合は文化税なので公共の利益に反する。
国民IDには職業や所属団体などの個人情報が書き込まれているため、団体の構成員によるあからさまな集中ダウンロードがあった場合はカウントの対象とされない。

sanjelik
/ [普通動名詞]粛清、粛正
[動詞]yulを粛清する、粛清する、粛正する
[レベル]4
rd;sanjelika.k
23

sanjelika
/ [軍事]サンジェリカ、槍の牢獄
[メタファー]身動きの取れない状態
[植物]オベリスク。筒状だけでなく、柵状のものも含む。
[レベル]4
zg;san,szd/jelin,szk/kain,szk
21
[語法]
記念碑(モニュメント)としてのオベリスクはlontis。
[文化]
lanfiole
【用例】
an xat sanjelika pot jamo man teria gand jamp. テロが飛行機を占拠したため、空港で足止めを食らった。
an xa sanjelika e ripgil. 借金で首が回らない。

sanjes
/ [動詞]yulをaにちなませる、ちなむ、因む、ちなんで、因んで
[レベル]4
22:sanje/so
【用例】
rsiil noan estat non lex luxia kont sanjes tu{non} a xe kook e lvan. ウチの親は瞑想の一状態にちなんで私をルシアと名付けた。

sankev
/ [普通動名詞]平積み→lei
[レベル]4
22

sankup
/ [生物]蚕、かいこ、カイコ
[レベル]4
21:sandan。kupはkuupo.fvと同根。

sanla
/ [言語]極字
[レベル]4
21
[文化]
→hac
あらゆる文字の中で最も難しいことから、文字の極みとして極字と訳す。

sanleel
/ [生物]横顔
[レベル]4
20

sanlhol
/ [名詞]ロール、y軸周りの回転、側転
[類義語]sanlpix
[レベル]4
20
[語法]
人が立っている場合、左右はx軸(sanl)とされる。x軸方向への回転は人の場合は側転で、飛行機の場合はロールとなる。例えば飛行機が時計回りにロールする場合はxが正になり、やがて0に戻ってから負になり、また0へ戻る。人が心臓側に側転する場合はxが負になり、0になり、正になり、0になる。あるいは、側転全体で見れば左側への移動なので単にxが負になると見てもよい。
sanlholは両手を床につけて側転することで、頂点に達したときの四肢の形がX字になる。sanlpixは体全体で横に転がることで、軍人が戦闘時に行うようなも動作。武器などを持っているとsanlholはできないため、sanlpixを使うことになる。

sanlmat
/ [美容]横分け、サイドパート
[レベル]4
21

santanj
/ [植物]rapin
[言語][文字]サンセリフ。バラに似ているが棘のないことから。
[レベル]4
rd;ltk 21

santdolmiyu
/ [魔法]現代魔法学
[アクセント]santdolmIyu
[レベル]4
22

santmisk
/ [名詞]試供品、サンプル
[レベル]4
rd;sant misk「どうぞお試しください」が語彙化したもの。
23

sao
/ [経済]特許、パテント、パット
[レベル]4
rd;↓
13:制:sadltla(新しい権利)
[文化]
特許に関する意識はtmの頃からあったが、明文化されたのは著作権より遅く、魔法学が発達して錬金術や魔法工学が発達してきたsmになる。
以降alに至るまで年数が伸びたり分野によって年数が異なったりと細かな変化はあったものの、基本的なシステムは地球の特許法と変わらない。
ljのミロク革命でセレンは著作権のみならず特許にもメスを入れた。セレンは特許権による既得権益が大きすぎると人類の進歩に害をなし、特許権がゼロだと発明家がモチベーションを失うという現実を踏まえ、改革をした。
特許についてはその年ごとに使用された商品数を計測し、使用回数が多いほど世の中に対する貢献度が高いとし、政府が特許権者に税金から配当金を支払う。この配当金は全国民から徴収された国税で賄われ、企業は負担しなくてよい。これにより体力のない企業も事業に参入しやすくなり、大企業も特許に支払う費用を気にして機能制限をしたり値段を無駄に嵩上げしたり新技術を新製品に取り入れるのを後回しにしたりしないで済み、新技術が市場に出回り浸透しやすくなり、人類の技術の進歩が促進されるようになった。
なお、特許権は分野ごとに守られる年数が異なり、長いものでも20年しか守られない。これは「古い特許で長い間食っていける→新しい技術の開発を急がなくてよい」という淀みを作らせないようにするためである。
【用例】
vast{taf, xim} sao 特許を取得する

sapea
/ [言語]前置詞
[レベル]4
rd;/
23

sapla
/ [名詞]シュノーケル
[レベル]4
13:制:古:sapli(空気)

saplen
/ [名詞]空虚、虚無、虚空
[形容詞]虚しい、空しい
[レベル]4
21:sapli

saplis
/ [魔法]雷。五行の5番
[医療]肺
[レベル]4
szl;sapli。空気。
21
[文化]
klevans

sapmazl
/ [医療]肺結核
[レベル]4
19

sapmenvi
/ [名詞]心肺能力
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

sapn
/ [気象]気圧、大気圧
[レベル]4
13:制:saplot

sapndirei
/ [気象]前線
[経済]気配→direi。低気圧と高気圧がぶつかるように、売りと買いの価格がぶつかるところから。
[レベル]4
19

sapnhoho
/ [気象]気団
[レベル]4
19

sapo
/ [名詞]スポイト
[レベル]4
16:制:sapk/loo
【用例】
taf er kon sapo スポイトで水を吸う

saposk
/ [普通動名詞]空気清浄
[レベル]4
al;/
23

saposkar
/ [名詞]空気清浄機、空清
[レベル]4
al;/
23

sappits
/ [環境]大気汚染
[レベル]4
19

sapre
/ [植物]サクラソウ、プリムローズ
[レベル]4
f:saal;e
16:制
sapre:sapre:la felisia:kotoko,alt

sara
/ [人名]サラ
[組み数字]2/5
[レベル]4
szk
21
[文化]
→rapalx
【成句】
sara e hanival 紅一点

saran
/ [名詞]先住民
[反意語]xiran
[レベル]4
rd;/
23

sarbel
/ [植物]ひいらぎ、ヒイラギ、柊、セイヨウヒイラギ
[レベル]4
20:sabe。服をさらに着るころに見ごろを迎える。アルバザードだと見ごろとされるのは少し遅く12月の頭ごろ
[文化]
むしろセイヨウヒイラギを指す。
アルバ王室の家紋は六角柊。

sarein
/ [軍事]前衛
[レベル]4
21

saren
/ [被服]ワークシャツ、カジュアルシャツ
[類義語]salas
[レベル]4
21:saren.lt(sala)

sarenjan
/ [被服]サレンジャン、腰巻シャツ
[アクセント]sarenjAn
[レベル]4
21:空のサレン
[文化]
サレンを腰に巻く男性のファッション。夏など、暑い時期に行う。特にリア充系の若い男性が好む。ひらひらとスカートのようになるところがアルバザード人に好まれる。ヴェレイに一度起こり、廃れた。その後アレイユで再びトレンドとなった。

sarens
/ [名詞]プロローグ、前口上、序章、序幕
[反意語]xirens
[レベル]4
rd;/
24

sark
/ [地学]オアシス
[レベル]4
14:制:古:saeria(砂の水)

sarpota
/ [法律]遡及
[動詞]yulについて遡及する、遡及する
[レベル]4
20:遡って言及する

sartkata
/ [経済][歴史]神人貿易
[レベル]4
20
[文化]
メルティア104万年、膠着したラヴァスを終戦させるため、神々は和平に向けて協定を結んだ。
協定の内容は攻撃の停止と、互いの領土を侵犯しないことであった。しかしこれには2点問題があった。
1つは前線付近の領土がどちらに属するかという議論で再び揉めてしまうだろうこと。
1つはラヴァスの激しい戦いで、エルトの一族の領土アンシャルも、サールの一族の領土インサールも荒廃していたことである。
これらの問題を解決するため、神々は戦禍を免れた土地を新しい領土とすることに決めた。
その候補地はいくつかあったが、元々神々が生まれたフィーリアが最終的に選ばれた。

神は神の世界アルフィを作って新領土として半分ずつ分割し、移り住むことにした。
神の造形術は剣などの小さいものを作る能力であり、世界は創世できない。
そこで彼らはフィーリアのミナカルモに行き、ミナカルモを切り取って異次元に送った。
異次元に送るという魔法も相当強力なものなので、ミナカルモを送るだけでも精一杯だった。

ミナカルモは外側から見ると霧がかった湖に見えるようになった。
その湖はミナルドゥといい、湖に入ろうとするといつの間にか反対側に抜けてしまう。

アルフィの西側をエルトが、東側をサールが占有した。
こうして神々はアトラスから去った。
神々は互いに抜け駆けを防ぐため、「アトラスの領土を侵犯しないこと」という協定を結び、原則としてアルフィから出ないことを互いに約束した。
こうしてアルフィに住み着いた神々だが、フィーリアには古レスティルほどの植生がないことに悩んだ。
つまり食べ物の種類が少なく、資源の種類も少ないのである。

そこで神々は人間界の資源に注目した。しかし協定により神々は人間界を侵略できない。
神々は人類に供物を捧げさせればよいと考えた。だが単に供物を捧げるだけでは人類側に利益がなく、従う理由がない。
もし供物を捧げないことでエルトがアルバザード人に神罰を与えれば、それはサールから見てエルトがアルバザードを侵略して資源を奪ったとしか見えず、協定違反となる。むろんこれはサールにもいえる。
人類はこの事情を知っているので、いくら神が脅したところで人類は従わない。

そう考えた神々は人類に貿易を持ちかけた。
こちらからは有事の際の神の加護という名目の軍事力とフィーリアの資源を提供する。
その代わり、人類からは資源をもらうという内容である。例えばメティオ産の香辛料や、アルバザード産の銀細工を得るなどといったものである。
アルバザード人に神罰を与えるのは侵略行為になるが、契約を結んだ相手に加護を与えるのは侵略ではないため、協定違反にならない。
知恵を捻ったユルグはこれを女王ルフェルに進言。ルフェルはこれを受け入れ、人類に話を持ちかけた。これを知ったアルデスは即座に真似しはじめる。
こうして神と人類の貿易が始まり、アルフィから出てはならないという協定に「召喚時を除き」というルールが加えられた(そのため、上で「原則として」と述べた)

貿易が始まると、貿易を担当する人間が現れた。これが召喚士の起こりである。
初期の召喚士は魔法使いというよりは、商社や通関士に近い存在であった。
神人貿易は大きな市場となり、召喚士はめきめきと頭角を現していった。

これに慌てたのが王たちである。王は召喚士の権限を弱めようと尽力するも、かえって召喚士の反発を受け、逆に滅ぼされていった。
召喚士は貿易利益によって地球のメディチ家以上の経済力を付けていった。
神は金払いがよく、各土地のサリュを通じて納品するため、輸送費もほとんどかからない。輸送にかかる旅費や人件費も大幅に節約できる。その分の利益はまるまる召喚士が得られる。
通常の貿易のように長い行路がかかると腐ってしまうものでも、神人貿易なら捌くことができる。商品のロスが少ない効率のいい貿易だった。
さらに神の加護という名目で強大な軍事力も付けたため、王位はどんどん召喚士によって奪われていった。
こうして召喚士国家が成立していった。

さて、神々は互いに反目しているため、召喚士は常にエルトにパイプを持つかサールにパイプを持つかで二分された。
エルトにパイプを持つ者はエルトのみから加護を受け、エルト召喚士となった。サールのほうはサール召喚士である。
こうして召喚士は二分された。では、複数できた召喚士国家をエルト・サールで分類すると、どのような分布になるだろうか。

もともとラヴァスにおいてエルトの領土は主にアンシャルで、本拠地はルカリア、現ヒュートにあった。
一方、サールはインサールを領土とし、本拠地はカルセール、現ヴェマにあった。
エルトはアンシャルの資源に慣れているので移住後もアンシャルの資源を欲しがった。サールはインサールの資源を欲しがった。
従って、アンシャルにはエルト召喚士国家が、インサールにはサール召喚士国家が分布し、世界を二分していた。

なお、ルティアは召喚士的にはアンシャルと同じエルト側に属し、アルバザードと親和性の高い国であった。
また、貿易はあくまで神々と親交のあったシフェルの一族とのみ行われたため、マレットの一族は貿易に参加しなかった。
マレットの資源に対する神からの需要がなかったことも理由のひとつである。
神人貿易は経済と技術の発展を促したため、このときの出来事が決定的にシフェルの優勢を導いた。

西のエルト召喚士国家は自らを上弦の月ドゥルガと呼び、東のサール召喚士国家は自らを下弦の月ヴィーネと呼んだ。
神人貿易によって国家が潤い、新しい王が出て政治が安定すると、人間の暮らしも豊かになった。
国民のGNP(このころはまだGDPではなく)が上がったことで、国民の経済力も付き、購買力がついてきた。
商品売上が増加したものの、まだこの時代は産業革命からほぼ遠いため、大量生産はできなかった。
工場の就職は売り手市場になり、人口も増加した。そして資源が足りなくなった。

そのため、限られた資源を奪い合う状況ができ、ドゥルガとヴィーネの対立が起こった。
エルトは原則としてアンシャルのものを欲しがるが、国民はインサールの米でも食べる。
また、エルトであってもインサールで取れた綿から作った服を着ることに抵抗はない。
資源の奪い合いは熾烈を極め、これが月戦争カコへと発展していく。

saryuo
/ [言語]再帰動詞
[類義語]astyuo
[レベル]4
rd;/
24

saryuoasa
/ [言語]再帰動名詞
[レベル]4
21
[文化]
iva

saryuoayua
/ [言語]再帰分詞
[レベル]4
21
[文化]
iva

sasa
/ [被服]レース
[レベル]4
古:saaxaと同語源。但しレースは絹ではなく布。

sasin
/ [動詞]yulを回覧する、回覧する
[普通動名詞]回覧
[レベル]4
14:制:順に見ること

sataerk
/ [親族]尊属
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

satia
/ [アイテム]サティア
[レベル]4
ridia:古:satii
[文化]
ヴァストリアの1つ。クリスのもつ魔杖。風を自由に操る力を持つ。

satia(2)
/ [政治]穏健派、ハト派、鳩派
[反意語]bezia
[レベル]4
20:satii/lia

satnif
/ [言語]将然相
[レベル]4
20
[語法]
行為動詞の一端、事前段階の一端、外相の一端。
非単位動詞の左端線。
「〜しそうだ」という意味。

satol
/ [化学]プレパラート
[レベル]4
rd;/「準備せられた」
23
[語法]
顕微鏡観察を行うにあたり観察対象(試料)を検鏡可能な状態に処理したもの。

satxili
/ [気象]小春日和
[レベル]4
19:「準備の恵み」
[文化]
秋の終わりごろにふと暖かくなる期間のこと。メルセルの準備で忙しいのに季節の変わり目で体調を崩している人にとって、秋の神アリスが「メルセルの準備をきちんとできるように」と配慮してくれているように感じることから。

saveer
/ [アイテム]サヴェール
[レベル]4
ridia:古
[文化]
ヴァストリアの1つ。ウムトナのもつ神矛。

sazelo
/ [生物]前頭葉
[レベル]4
19

seckov
/ [娯楽]プリクラ、プリントクラブ、プリ
[レベル]4
21

secol
/ [名詞]被写体
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

secsems
/ [名詞]写真部
[レベル]4
19:melidia axte

sedem
/ [芸術]モザイク
[レベル]4
rd;se/adem
23
[文化]
モザイク自体はzgから存在した。技術が華やいだのは特にsmから。

sediad
/ [芸術]ステンドグラス
[レベル]4
21:se/diad。着色したガラスを複数組み合わせて絵にすることから。
[文化]
アルバザードではsmに始まり、宮殿に光と色彩を取り入れるために作られた。豪華絢爛なsmに栄え、戦火の及びにくい宮殿に優先的に設置された。城砦はうかつに光を取り込める設計にしておくと堅牢さが低くなってしまうためである。
遅れてsmで教会にも取り入れられた。地球と順序が逆なので注意。mtのころなら地球と同じ順序であったろう。→xiika

seelaks
/ [建築]中二階
[レベル]4
19
[語法]
アルカでは一階と二階の間の部屋を指す。

seelal
/ [地名]中洋、メティオおよびスカルディア
[レベル]4
20:seel/anxal/insaal

seelandamelal
/ [地学]世界標準時
[レベル]4
rd;/「中央標準時」
24
[文化]
rdでアルバザードのアシェルフィを通ると制定された。

seelarna
/ [地名]中央アルナ、中央アルナ市、中央幻京市
[名詞]アルナ大。文脈によって
[レベル]4
19:melidia alis

seelaxti
/ [地学]中東
[レベル]4
22

seelbenom
/ [軍事]中佐
[レベル]4
19:ridia

seelel
/ [地名]セーレル川
[レベル]4
20:古シージア語「間にある川」
[文化]
サヴィア東岸部、リディアとシージアの国境付近にある大河。海とこの川の間にシージア人が住み着き、文明を築いた。

seelfeme
/ [生物]中年期
[レベル]4
19

seelinsaal
/ [地名]中央インサール
[レベル]4
19
[文化]
→alasanxal

seellagel
/ [政治]中央集権
[レベル]4
19

seelpase
/ [料理]中力粉
[レベル]4
rd;/
23
[文化]
pase

seelslot
/ [数学]中心角
[レベル]4
20

seeltem
/ [生物]中耳
[レベル]4
19

seeltemfaiz
/ [医療]中耳炎
[レベル]4
19

seeltuuk
/ [名詞]中央広場
[レベル]4
rd;/
24

seexal
/ [医療]欝血、うっ血、鬱血、うっ滞、鬱滞
[地名]セーシャル。アルバザード西南部の地名。
[レベル]4
20:Seexal.fv(淀み)から。Seere/xal(静かにいる)

sefrom
/ [普通動名詞]推敲
[動詞]yulを推敲する、推敲する
[レベル]4
22:se/from

sehaudakt
/ [交通]玉突き事故
[レベル]4
22

seilil
/ [化学]リチウム
[レベル]4
18:制

seimpis
/ [政治]連立政党
[レベル]4
19:ilmus:ridia

sekad
/ [政治]連合国
[レベル]4
13:制:複数の国

seleena
/ [アトラスの国家]セレーナ
[レベル]4
19:ridia:seel(中心)。東西の分かれ目の目安となるため
[文化]
面積:226680.659834 km^2

seleev
/ [魔法]幽体離脱
[魔法]セレーヴ(サイトロ)。利の中位白魔法。セレスを一時的に分離する魔法。セレスのまま移動できる。セレスはふつう目に見えないので、スパイ活動をしたり、高く舞い上がって上から地形を見たりするのに使う。
[類義語]antriko
[レベル]4
20:seles/leev

selel
/ [魔法]セレス体、セレール
[レベル]4
21:seles/古al
[文化]
→dolmiyu
セレスを持つもののこと。アテンのほか、九十九としてのエタンなど。ヴィードを帯びるものではない。それだとレニウム等以外のすべてになってしまう。あくまでセレスがあるかどうかで決まる。厳密にはinselを持つもののことであり、切断された腕はselelと見なさないこともある。

selem
/ [言語]韻文
[レベル]4
19:古:senalem

selem(2)
/ [音楽]合奏
[レベル]4
21

seleskant
/ [名詞]慰霊旅歌、イレイリョカ、ヒレァイ・リオゥカ、ヒレアイリォゥカ、ヒレアイリョゥカ
[娯楽]聖地巡礼
[ユマナ][名詞]ソノヒノキ参り
[名詞]聖地巡礼。アルティス教の。
[動詞]yul(場所)を聖地巡礼する、聖地巡礼する
[レベル]4
rd;milf
22;milf
[文化]
死者の魂を慰めるために各地を歌って巡礼すること。rdでミルフが始めた。
rtでアルティス教の聖地巡礼の意味を獲得。
vlで転じてオタクが聖地巡礼をすることも意味するようになった。
ソノヒノキ参りはディアセルにセレンがゆかりのある土地を訪れること。

・舞台裏

元は00年にミルフが作った日本語の単語。日本語が話せないので、リディアに単語を習って造語した。
セレンが当時友人に送っていたメールによると、日付は定かでないが、セレンが大学に受かった4カ月後と書いてあるので00年に間違いない。ヒレアイ〜などの妙な訳語は彼女が当時発音した「イレイリョカ」がセレンにそう聞こえたことから。どう「慰」の字をhiだと思ったのか、過程はよく分からない。「機関連絡」は「帰還連絡」の誤変換。以下、メールからの抜粋。

 慰霊旅歌というのはミクちゃんの伝言にあった言葉。本当に日本語での伝言。聞く
と、俺に許しを請い易くするためにリディアにわざわざ日本語の意味の有る言葉を覚
えて造語したんだと。

 で、慰霊旅歌。良く分からんが、『全世界の中で私が涙をこぼした歴史を持つ場へ
行き、アンセスタの霊に歌を捧げる行為』とかいう。まあ、要するにあの娘なりに郷
愁って言うのかな、まあ思い入れが有る所へ実際に足を運んでみて、歌うたって帰
るってことなんだろうが。

(中略)

 生活リズム狂うから暫くは話せなくなるな、あの娘とは。ああ、そうだ。最後に一
つ。慰霊旅歌なんだけど俺にはどうも『ヒレァイ・リオゥカ』としか聞こえなかっ
た。ラッハメンの再来か……!?

(↓日付不明かと思ったが、最後ので同年12月頭のことだと判明した。セレンが大学受かってから4カ月経ったのが6月ごろだろうから、それと12月の間が6カ月で、計23日間の旅程だったようなので、やりますと言ってから実際に行くまでに準備が半年ほどあったものと伺える。下記の会話は当時だと英語かメル・アルカか何かで行っているはず。それにしても古アルカ時代って40曲もアルカであるいはアルカに訳した歌があったのか。すっかり忘れていたので新鮮な気持ちで驚けた。「俺でも20曲も知らない」うちのほんの数曲しか、その11年後の自分は覚えていないわけだが)

慰霊旅歌 "
 慰霊旅歌が終わって帰ってきてちょっと経つが、漸く本人から話しが聞けた。

「リーダーさん、都市がなくて、不便な所に行く場合にはですね、何が必要かって言
うと、健康な自分の体です。それがなんていったって必要です。

(中略)

 ヨーロッパめぐりは中国より綺麗だったが、意外に安全でなく、金もかかったから
短期間しか行けなかったそうだ。ただ、歌う歌はかなり沢山用意されていたそうで、
慰霊旅歌自体としては今回の方が良かったが、旅としては前回の方が初めてと言う事
もあって思い出深かったそうだ。

 歌った曲の回数は、23日で丁度200回。重複してる歌があるので曲自体はそれ
でも73曲だと。其の内アルカで歌った歌が40曲強で、歌詞を訳したものでなくア
ルカオリジナルのがその内20強。凄いな。俺でも20曲も知らんぞ。昔作曲したや
つと、自分で作曲した奴で合わせて20強だと。

「声枯れた?」と聞いたら「そりゃあ、もう。でも、枯れた声じゃ慰霊にはなりませ
んから、薬飲んで歌ったりしました」という。そりゃあ、凄い光景だろうな……。あ
れか?ノドヌールスプレーみたいなやつ使ってか?う〜ん、ハッカの匂いのする歌声
かあ……。

 でも、あれだろ?枯れたっていっても帰りに寄った彼氏の所じゃ喘いだんでしょ?
といったら「久しぶりに会った早々セクハラだぁー……!」といって呆れられた。
「そういう事いってるからクリスさんとかから信用無くすんですよ」と留めをさされ
た。「クリスだって、下ネタいうじゃん」と主張するが「リーダーさんのは笑えない
んですよ、灰汁が強すぎて」みたいにいわれた。さうかー。さうですかー。

 ま、「取り敢えず、スポンサーに連絡して、礼と機関連絡と無事の報告をしときな
よ。多分、機嫌悪いだろうけど」といったら「なんで機嫌悪いんですか?」という。
語調からしてレーテの事は知らないみたいだな。一般の使徒にはばれてないみたいだ
な。という事で一安心した。

 なんかおとといメルの誕生日だから俺に話しにきたのに通信できなかったからどう
したんですかと聞かれた。そうなんだよ、今年は皆で通信しつつ祝うって事しなかっ
たんだよな。多分、連絡してきた奴多いと思う。下手すりゃクミールさんに問いかけ
たりしてるかもしれない。そんな事されるとまた俺の仕事が増えるんだけどなあ。メ
ルにいうようにいっときゃ良かった。

selesmelt
/ [普通動名詞]慰霊、鎮魂
[レベル]4
rd;milf
22
[文化]
seleskant

selesmeltkant
/ [音楽]鎮魂歌、レクイエム
[レベル]4
rd;milf
22

selest
/ [生物]セレスト、魂科
[形容詞]死神〜。敬称。
[レベル]4
f;seles/te 幼字は腕に下げたkardilansを象ったもの。
19:ridia:seles
[語法]
→apt, est
○名(前置)
×姓
○男女
○単体使用/名詞用法
[文化]
atenの一種で、魂科のこと。ルノ、アトワーユ、アヴェラントなどを含む。魂科の下には死神属しかない。ただし、アッカイは死神族に含まれない単体の生物である。ルノとアトワーユは固有名詞であり、属を作れない。かといってどこにも分類しないというわけにはいかない。強いていうなら種であるから、彼らは属を飛ばして種に行く。彼らは種名と固有名が同一である。

selestia
/ [普通動名詞]セレスティア
[レベル]4
古:selestia, selestiia「(他人の)セレスを愛する」
[語法]
→maltiia
殺した相手のセレスを奪うこと。強大な力を手に入れることができる。アルデスとダルケス、ルフェルとフェルデンの二組が行い、アトワーユによって禁じ手となった。

selet
/ '、[名詞]渡り記号、セレット
[レベル]4
21:古seel/et

selevn
/ [医療]症候群
[レベル]4
19
[語法]
アルカでは、原因の良く分からない複数にわたる症状を持つ病気を指す。

self
/ [言語]文学、文芸
[レベル]4
19:melidia axte:sev/milf(文の芸術)

selfidiz
/ [法律]挑発罪
[レベル]4
lj;/
24
[文化]
・煽りは犯罪

13年現在の日本では主にインターネットで著名人などが匿名から挑発を受けてまともに怒りを返すと「煽り耐性なさすぎプゲラw」などと言われ、結局匿名の悪意が罰せられることなく著名人が一方的に不利な立場に立たされる。
アルバザード人は日本人より遥かに直情的で素直な性格なので、馬鹿にされれば怒るのがふつう。日本人のように弱腰を大人と勘違いして、怒った人間を「子供、幼稚」などと言うことはない。むしろ馬鹿にされて怒らなければ「臆病者、チキン」と罵られる。
そういう国民性ではあるが、alでyumiklなどができると匿名の悪意が幅を利かせるようになっていった。日本と同じように匿名の悪意が罰せられない状態だったが、革命ではそれが異常と考えられ、「煽りは犯罪」という概念が生まれ、法整備がなされた。革命では挑発罪が成立し、煽りは犯罪で警察が即座に動くようになった。

selftats
/ [名詞]文学部
[レベル]4
22

selhanoi
/ [ランドマーク]セルハノイ
[レベル]4
古:sel(中心の)/hanoi(塔)
[文化]
エルトが建てた塔。エルトはこの頂上で死んだ。後にエルトの一族が立て直し、エルト界の入り口とした。

seliet
/ [軍事]セリエット、同期
[レベル]4
20:salyu/teの音変化。
[文化]
アンジェリカとパイロットの同期のこと。同期率が高いほどアンジェリカの性能を引き出せる。

seliit
/ [植物]ライラック、ムラサキハシドイ。ハシドイもseliitに含まれる。
[伝統色]ライラック:大切なもの:#DAB6FF:dia dia
[レベル]4
19:se/liiton。ジャスミンと同じモクセイ科で、しかも芳香を持つ。ライラックはハシドイ属なので、同じなのは科だけだが花はトウモロコシやブドウのようにまとまって咲く。そこで群れて香りのある花ということでseliiton→seliitとなった。

selis
/ [音楽]ロック
[レベル]4
21:seles「魂に響く音楽」

selkalma
/ [アトラスの国家]セルカルマ
[レベル]4
23:ridia
[文化]
面積:115978.038991 km^2

selnim
/ [芸術]日々の色、デイカラー、こよみ色、暦色
[レベル]4
21
[文化]
xistinaで示された各日付固有の色。
【用例】
ou, alfi fiassel tiil et paal fulmiia ankok. ap ant et paal mel ento endi soven tuus et 2 sel tis anxa! わぁ、ということは誕生日はpal fulなんですね。僕はpal melなので2日しか違わないみたいです!

selo
/ [名詞]いかだ、筏、ラフト、筏舟
[レベル]4
13:制:selazo(複数の丸太)

selotan
/ [音楽]キーボディスト、キーボ、キーボ担当
[レベル]4
21

selrein
/ [地学]日付変更線
[レベル]4
19:「日の線」
[文化]
東経180度の位置にあるが、陸上を走るとユピトールをはじめいくつかの国家内を通過してしまって支障が生じるため、下図のようにギザギザになっており、海上を走っている。なお、画像はネットユーザーにより制作されたものである。
【画像】

sels
/ [名詞]フィルム
[レベル]4
rt;sec/sia.l(写真の膜)
13:制:selsia(写真の膜)

seltemam
/ [生物]並乳
[レベル]4
rd;/
24

selua
/ [地名]セルア
[レベル]4
古:sel(中心の)/ua(山。kalwaの中からwaだけ抽出され、それがselの後でuaになったもの)
[文化]
セルヴァートにある高山。サールが身を投げた山。その底はサール界の入り口でもある。サールが落ちた底のことをsalgalemといい、そこが入り口となっている。

selvas
/ [名詞]逢瀬
[類義語]ite
[レベル]4
f;selvart/so
23

semiks
/ [音楽]合唱、クワイア、コーラス
[レベル]4
21

semosaf
/ [気象]平均気温
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt
【用例】
☆fis at hart man saf rak semosaf. 今日は平均気温を超えて暑かった。

semp
/ [植物]エンドウ、豌豆
[レベル]4
lakta

senab
/ [美容]重ね塗り
[レベル]4
21

senaveiz
/ [ユマナ]ニコニコ動画、ニコ動
[レベル]4
19

senib
/ [化学]ポリフェノール
[レベル]4
19
[文化]
paxil

seninfar
/ [物理]可視光、可視光線
[レベル]4
19

senlas
/ [形容詞]魅力的な、可愛い、性的刺激を引き起こすような、あいばぶる、アイバブル、愛撫able
[形容詞](女が)モテる
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

senpasol
/ [数学][言語]可算
[レベル]4
23:mel

sensvext
/ [地学]流氷
[レベル]4
rd;/
23:ridia
[文化]
流氷は極地に見られ、極地の気温を下げ、アトラスの極地と赤道付近の温度差を高めるのに一役買っている。流氷は白いため、太陽光を反射する。また流氷下の海水に太陽熱を伝えないため、冷たい海水を維持する。流氷のおかげで冷えたままの海水は重く、海深くまで沈み、ゆっくり赤道付近に近づいていき、何千年もかけて徐々に温かい赤道付近の海で浮上する。これにより海流の循環が促進され、結果的にアトラスの気温も日較差や年較差が小さくなり、人類にとって適した環境を提供する。

sentrens
/ [名詞]謝辞
[名詞]謝辞→lei
[レベル]4
22

seplate
/ [経済]サービス店
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt
[文化]
ゲームセンターやマッサージやカラオケや風俗など、代価を払ってサービスを得る場所。日本とそう変わらない。場所によって前払いか後払いか変わる。ゲームセンターは従量制で、やった回数分だけ金がかかる。ゲームマシンにアンセのリーダーがあるので、そこに読み取らせて支払うとゲームができる。マッサージなどの人が会計を応対するサービスでは、前払いか後払いかは店次第。

seplvent
/ [経済]サービス業
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

serakn
/ [政治][経済][哲学]修正資本主義
[レベル]4
lj:seren;seren/akn
24
[文化]
→lestimiir, serkolm
経済思想のひとつ。ljでセレンが提唱し実現させた主義。考え方自体はalから存在したが、このように造語し実践したのはセレンが最初である。
セレンは腐敗していくユティア朝の中で広がる格差社会を是正せねばならないと考えていた。共産主義の破綻は既にイグレスタ圏の歴史が証明していたことと、セレンは努力は報われるべきだと考えていたため、共産主義や社会主義には傾倒しなかった。
かといって売れた芸能人や作家やスポーツ選手などが億万長者になる横で売れない芸人や物書きらが食うにも困って道を閉ざすはめになる社会ではマイナーでニッチな分野が生きていけず、多様性が失われてしまう。
生物の進化同様、多様性の消失は異変が起こった際に対応できる可能性を減らすことに繋がる。もし潰されてしまったものの中に突如起こった異変に対応できるものがあったらどうする。
多様性を殺すことは長期的に見れば国を殺すことになりかねない。他国に出し抜かれるかもしれない。
その場では役に立たず人に理解もされないものが、もしかして未来に役立つかもしれない。それは単独でかもしれないし、別の分野と組み合わさってのことかもしれない。
アルバザードという国は伝統的に多様性を殺さず研究に助力をしてきたからこそ、いざという難所をいくども越えて最強の国家であり続けてきたのだ。だが腐敗したユティア朝ではその伝統が崩れていた。
セレンはその現状を憂い、売れない者が食えずに活動を停止して多様性すなわち未来への可能性が消えてしまうことのない社会を目指した。長期的に見ればその下地がやがてアルバザードを救うと考えていたからだ。朝三暮四に考えてはならないとセレンは子供のころから強く考えてきた。
その結果、爆発的に売れた人間の稼ぎを売れない人間に回して生活を支えてやればいいという考えにたどり着き、セレンは革命の独裁政権でそれを実施した。
修正資本主義とは行き過ぎた資本主義が生み出す巨大な格差を狭めたもので、「一部の人間が裕福でも、皆が苦しくなければ誰も彼らを恨まない」と唱えた。下流をなくして総中流にした上で、一部の上流を作った。それが修正資本主義である。

セレンはこの社会の実現のために、軍事力を使って全世界的に同じ制度を同時に実施させた。そうでなければ富裕層がタックスヘイブンに逃げてしまうためである。
アルバザードだけがこの政策を実施すれば、富裕層が他国へ逃げてしまい、アルバザードが傾いてしまう。そのため強大な武力を背景に、同時に世界規模で修正資本主義を実施させたのである。
結果的にセレンの狙い通り、革命後のアルバザードでは格差が縮み、下流が底上げされて中流になり、超上流が消えて上流ができた。
努力した人間は上流になれるので、努力がきちんと報われる社会である。派手な下流は存在しないが、そこそこの下流なら存在する。それは努力をしない人間であり、怠け者はきちんと下流として沈んでいく。
要するに修正資本主義が実現させたのは、中流の増加と超上流・超下流の撤廃である。皆が無条件に平等ではなく、努力は報われ、怠け者は罰を受けるも、殆どの人間は中流で、比較的公平な社会。それが修正資本主義の作った社会である。
セレンは修正資本主義をあらゆる経済思想の中で最もバランスが取れた優れた思想と評した。努力家は報われ、怠け者は報いを受ける。
一方で、売れている人間は売れない人間の支持をするため、創作や研究の多様性が保たれる。売れない人間は活動を続けるだけの最低限の暮らしが保証され、創作や研究の多様性は保たれ、アルバザードはどのような潮流の変化や突然変異にも対応できる柔軟性を取り戻した。

serdia
/ [名詞]相思相愛
[レベル]4
22:seren/ridia

serena
/ [名詞]強迫観念
[レベル]4
22:seren/na

serenet
/ [形容詞]破天荒な、革新的な、前衛的な、アヴァンギャルドな、奇想天外な、新進気鋭な、パイオニアな、(人以外をを修飾すると)人跡未踏な
[レベル]4
22:seren/te

serest
/ [形容詞]セレンの望むような
[反意語]dimanx
[レベル]4
rd:ridia;ser/est「セレンの名(に恥じぬような)」「セレンの名(を貶めないような)」「セレンの名(に対して恥ずかしくない自分であるために)」
24:ridia
[文化]
yutia

seret
/ [形容詞]精力的な
[反意語]alseret
[レベル]4
20:ovi:seren/teeze
[語法]
好奇心が強くチャレンジ精神が旺盛であるさま。

serfal
/ [普通動名詞]啓蒙
[動詞]yulを啓蒙する、啓蒙する
[レベル]4
rd;seren/pa/al「セレンの光の物→セレンが光を照らすように」
23

serfi
/ [名詞]セルフィ
[レベル]4
古:seren:seren/fiima(長い間)
[語法]
実体を持たない存在。空想上の人物だが、自分の頭の中では確実に存在しているもの。存在は実感できるのに実体だけを持たず、触ったり抱いたりすることが適わない。ピグマリオンのように偶像化させることはできるが、偶像でしかなく実体はない。

serg
/ [経済]投資
[動詞]yulをaに投資する、投資する、出資する、投機する、融資する
[レベル]4
13:制:古:serengil
[語法]
細分化すると投資のmiksergと投機のzansergに分かれる。投資は長期的にすることが多く、企業に肩入れする形で行うことが多い。対して投機は株の上下を利用して利鞘を得ようとする行為で、短期的なことが多く、ギャンブル性も強い。そこでおっとりとしたミルフとギャンブル好きのザナに分けているが、くしくも彼らが夫婦であることが造語的に面白い。

sergan
/ [経済]投資家
[レベル]4
19

serhaik
/ [法律]情状酌量、大岡裁き
[動詞]yulをonについてdu(酌量する懲役)年ati(酌量する内容)だけ酌量する、情状酌量する
[レベル]4
rd;/「セレンの裁き」。情にもろいセレンが犯した罪に値する罰を受けるべきというリディアの判断を覆して甘く裁いたことから。
23

seripar
/ [名詞]加湿器
[レベル]4
al;/
23

seripati
/ [気象]湿度
[レベル]4
rd;/
23

seripfip
/ [名詞]ウエットティッシュ、ウェットタオル
[レベル]4
al;/
24

seripsap
/ [気象]湿気
[レベル]4
rd;/
23

seripsils
/ [名詞]ウエットティッシュ
[レベル]4
al;/
24

serit
/ [名詞]等身大、1:1、実寸代、実寸
[形容詞]等身大の、1:1の、実寸大の、実寸の
[レベル]4
rd:ridia;seren/sorit「セレンの身の丈の」
24
[文化]
アルバザード人は誇張を嫌う。同時に主張すべきところをしっかり主張しない謙遜もやりすぎとして嫌う。アルバザード人は等身大のありのままの表現や評価や自己主張を好む。それはアルバザード人が写実主義を好む点と類似している。アルバザード人はありのままの等身大が好きなのだ。
他国、特に日本では謙虚が美徳とされ、自分の業績を主張しないことが良しとされるが、アルバザードでは自分の業績は誇大せず謙遜もせず等身大に主張すべきと考えられている。誇大はもちろん嫌われるが、謙遜も卑屈に見えて女々しいと思われる。ただし「女々しい」なので、renteがやる分には唯一美徳的に映る。
rdでセレンが自分のアルカに関する業績を自己主張したところ、下層民及び凪人から非難を受け、セレンは深く傷ついた。それを見たリディアは「貴方は等身大に自分の業績を主張しただけだよ。矮小な人間は自分との比較で貴方が大きすぎて、とても等身大に思えず、誇大したかのように見えて非難しただけよ」と言い、それを説明する際にseritという言葉を作った。

・現実には

2012年現在、セレンは自分はもっと評価されるべきだと強く考え、自分の業績を評価しない世の中に対して強い恨みを抱いている。特に下層民や愚民に対する強い怒りがある。これはセレンが高校生になった頃から抱いている思いであり、大学以降アルカという作品のクオリティが高まっていくにつれて高まっていった。
セレンは体を痛め人生を犠牲にしてまでアルカを作り上げた。そのクオリティは人類70億人がいても誰も成し遂げなかったレベルであった。にもかかわらずアルカやカルディアを理解するのには高度な知性が要求されるため、下層民を中心にアルカはきちんと評価されなかった。アルカを評価するのは東大生や医者といった上流階級ばかりであったことから、セレンはやはりアルカのような難しい学問的で高尚なものは愚民には理解できないのだと考え、愚民のくせに自分を愚弄し拒絶する連中を憎んだ。
結果、セレンは世の中には要る人間(アルカを理解・支持できる)と要らない人間(それ以外)の二種類がいるという考えにたどり着いた。表向きにはそれを言わないことにしたが、セレンは世の中の殆どの人間をくだらない生きている意味のないゴミだと考えている。実際の生活にはインフラを支える人間たちが必要なのは分かっているから、強いて言えばアルカをセレンが継続するのに必要な人間は道具として必要だと考えてある程度妥協した。つまり、「アルカをやる人間>アルカをやる環境を整える道具>その他の要らない、むしろ害悪になるクズども」という図式が生まれた。

セレンの望みは等身大の自分をありのまま評価してもらうことだった。セレンは子供の頃から誇張を嫌う。中国の白髪三千丈のような表現は大嫌いであった。一方、周りの嫉妬や反感を恐れて過度に謙遜する卑屈な態度も嫌いだった。それにアシェットのような外人集団の中で仕事と納期のある作業を何十年とさせられてきたから、自分の業績はきちんと自己主張しないと生きていけない環境だった。
その結果、セレンは等身大の自分を主張した。やった努力はやった分評価されるべきだと考え、この当たり前の信賞必罰を理解しない人間を苦労知らずのクソガキだと断じた。
セレンは著書などで自分の業績を等身大に主張したが、しばしば心ない人間から誇大だと揶揄されることがあった。セレンは誇大ではなく等身大だと考え、クズどもの非難を却下した。セレンはむしろ自分は全然褒められ足りないと考えた。
セレンの人工言語界における業績は凄まじい。にもかかわらず、それを褒め認める人間はあまりに少ない。やった業績を100とすると、数十程度しか認められていないのではないか。世間がセレンを理解し認める程度は数十程度でしかない。例えばそれが30であれば、等身大の100から70認識がかけ離れていることになる。その70の分は世間から見れば誇大に映るのだ。山の高みが分からない人間には70の差が等身大のセレンの大きさではなく、誇大による誇張や妄想に映るのだ。クズどもには自分が相手の大きさを理解できないという発想がないのだ。それがセレンには許せなかった。そしてセレンは身内以外は全て敵だと強く考えるようになっていった。

この考えはアルディアにまで影響を与え、もともと無償で博愛的に民衆を助けるはずだったrdとljの英雄は、「自分を理解しない愚民のことはどうでもいい。身内にとっての理想郷さえ作れればいい」と考えるようになっていった。

恐らく今後いくら活動を続けてもセレンの死後になってもセレンの等身大の業績を評価する人間はリディアなど身内以外には現れないだろう。それが非常に悔しい。そしてそれが厭世を生み、世の中に対する怨嗟を生んでいる。
なお、掲示板などで異様なレベルでアルカをほめられたことが何度かあった。アルカのおかげで大学に受かっただの一生に一度でいいからセレンさんに会ってみたいだの、いくつか過剰なまでの賞賛を浴びることが何度かあった。だがセレンはそういう評価をされても過小評価と同じく嬉しくないのだ。過大評価は居心地が悪い。過小評価は気分が悪い。どちらにせよ嬉しくないのだ。セレンは等身大の自分をありのままの大きさで認められたいし、世の中は努力に応じた分努力が報われるべきだと思っている。
セレンのことを誇大や誇張と結びつけるのは誤りだ。それはあまりにセレンの業績を理解できていない。セレンは等身大にしか自己主張をしない。特に今は周りの一般人がセレンを認めないので、躍起になって自分で自分を褒めてあげているくらいだ。周りが褒めない分、声高に自分の業績を主張している。周りがきちんとセレンを評価すればセレンは等身大の評価に満足して自分では声高に業績を主張しなくなるかもしれない。

いずれにせよセレンのこの等身大へのこだわりは強く、アルバザード人の価値観にも強い影響を与えている。というより、セレンの正義をそのまま反映している。
当然アルバザードにもクズ層にはセレンの考えを理解できない嫉妬厨もいるのだろうが、上流階級、社会の上の人間はセレンのような考えをするのが一般的だ。

ただ、セレンが内心等身大の自分をありのまま評価してほしいと考えていることは、表には出さないことにしている。主な活動拠点の日本が謙遜を美徳とする文化だからだ。だから本音は、アルカに造詣が深くないと見ないだろうこういう単語の文化欄に静かに書いておくことにした。プログラマーがコードに書く埋め込まれたコメントのような本音だと思ってみればいい。

serj
/ [非言語]セルジュ
[レベル]4
13:制:古:seereji(感謝する指)
[文化]
男が男に感謝を示すジェスチャー。友好の示しとしても行われる。左手首の表を右手首の表に重ねる。手は拳にしておく。手の高さは胸の前。肘は胸に近付くように曲げておく。仮に手が平手だったら手のひらが相手に向くような位置に手をもっていく。平手が地面を向くようではいけない。最終的に左手の脈が自分を向き、右手の脈が相手を向くようにする。重ねるときは力強く重ねると良い。親しい間柄では拳をバンバンと2度この形で打つ。ちょうど手の甲で手の甲を打ち合う感じである。

serklit
/ [動詞]照れ隠ししてyulを悪く評価する
[普通動名詞]照れ隠し、てれかくし
[レベル]4
19:kliiz:seren/klit

serklos
/ [普通動名詞]針小棒大
[レベル]4
22:seren/klos

serkolm
/ [政治][哲学]司民制、しみんせい
[レベル]4
lj:seren;seren/kolm。司とは民のルシーラであるセレンで、民とは国民のこと。セレンが革命で副王や王族を廃止せずに権力の座に就いたので、daiz(王)やaster(副王)に代わるrsiila(司)の字を用いた。
24
[文化]
→lestimiir, serakn, beril
政治思想のひとつ。ljでセレンが提唱し実施した政治制度。直接民主制と独裁制を合わせたハイブリッドな政治思想・制度のこと。直接民主制の持つ「民意を直接反映できる」「一人による独裁を防ぐことができる」というメリットと、独裁制の持つ「衆愚政治を防ぐことができる」「有事の際に迅速な判断が下せる」「意見がバラバラになりすぎてまとまらないときに話をまとめることができる」というメリットを組み合わせたシステムである。
ljでは人工知能ミール・レスティミールの補助で実現しているが、ミールに当たる人工知能さえあればレスティミールの部分はこれまでどおり人間にやらせても機能するとセレンは考えていた。実際、革命後のアルバザードでは何かのトラブルが生じてレスティミールが機能しなくなった場合はアンミールに国を動かさせるようにしているので、レスティミールがなくとも司民制は実現可能である。
セレンは司民制を最も優れた政治制度と評した。

司民制とは日常で例えて言えば、家族一人ひとりの意見を家長が聞いて、それを基に時折自分の独裁を交えるというような家庭の国家版のようなものである。ふだんは家族の多数決で決めるが、いざというときは家長がある程度独裁を振るうというやり方で、一般家庭に見られる制度である。
一般家庭ではたいていどの家庭でもこのように多数決と家のトップの独裁とが混ざり合っている。示し合わせたわけでもないのにどの家庭でもたいていこのシステムを取るということは、人間集団が物事を決めようとしていくと自然と行き着くシステムがこのやり方なのだろう。ただ何億人という人口がいる国単位で同じ事をやろうとすると意見がバラバラになりすぎる以前に数が多すぎて集計が追いつかずに実施できない。だがそれを可能にしてしまうミールというシステムさえあれば、司民制は実現可能なのである。

司民制における国家元首は国王であるが、これは象徴であり、最高権力者は司月(しづく)rsiilaと呼ばれる。正確にはrsiila t'arbazardだが、通常rsiilaと呼ばれる。
セレンは転生しても結局ルシーラになるという、生粋のルシーラなのだろう。王にはならず、副王にもならず、やはりまた彼はルシーラの道を選んだのである。

・司民制と衆愚政治

司民制は独裁制と直接民主制のハイブリッドであるため、直接民主制の要素を持つ。直接民主制は地球では18世紀まで旺盛で、しばしば衆愚政治になる恐れを指摘されてきた。
直接民主制の問題点はいくつかある。マイノリティの意見が反映されないこと。皆の意見を集めると意見が多すぎて収集がつかないこと。衆愚政治に陥ることなどである。また現役世代は引退世代より忙しく時間がないため政治に参加する時間がなく、シルバーマジョリティが間接民主制より更に強くなってしまうのも少子高齢化社会では問題である。
これらについて司民制はどう対応しているか。
まず人工知能ミールはマイノリティの意見を強調し、マジョリティの意見を低める機能があり、マイノリティの意見を殺さないような機能が付加されている。そのため、司民制においては完全に一人が一票を持っているわけでないと言える。自分が投じた政策や法案に応じて自分の一票が1を切ることもあれば1を上回ることもあるというわけである。シルバーマジョリティの問題についても同様の処理で、あまりひとつの世代の意見が強すぎるとその民意は抑えられるようにできているので、この問題もクリアできる。
次に、ミールはインターネットを使いコンピュータで意見の収集・処理を行うため、アルバザード人全員が投票をしても処理が可能であり、収集がつかなくなることはない。これは地球でも十分再現しうるレベルである。
最後に衆愚政治であるが、これは国民一人ひとりの民度を底上げすることが重要であり、これについてはberilの項を読めばいかに革命が民度を重要視しているか分かる。アルバザードは衆愚をできるだけ作らせない。そして衆愚枠と判定された者の意見はミールによって一票が与えられず、小数点の意見に抑えられる。このため、衆愚政治に陥るリスクも低く抑えられている。

serlad
/ [動詞]yulを作り込む、作り込む、作りこむ
[普通動名詞]作り込み、作りこみ
[レベル]4
rd;/「セレンのように作る」。異常なほど物事を細かく作り込んだことから。
23

serlas
/ [名詞]器用貧乏
[レベル]4
22:seren/las

serlo
/ [動詞]yulを思いつめる、思いつめる、思い詰める
[レベル]4
rd;/「セレンが考えるように考える」
23

serm
/ [医療]ストレス、プレッシャー
[レベル]4
古:sermain
【用例】
set serm ストレスを解消する
an nat serm tin onen lab im fis. 今日は仕事のプレッシャーが多い日だった。

sernaaze
/ [名詞][ポジティブ]正義の怒り、義憤、私憤、セルナーゼ
[レベル]4
rd;/「セレンの怒り」
23
[語法][文化]
アルバザード人が考える美徳のひとつ。唯一怒りという負の感情の中で好意的に捉えられるもの。
rdの時代にできた美徳で、セレンとリディア、特にセレンが義憤に富んだ人間であったことから生まれた言葉。セレンは子供のころから自分とは関係のない理不尽なことに対して非常に攻撃的な態度を取っていた。
セレンは一部の層の女性から献身的にモテるタイプの男性で、女性遍歴も多く、モテるかモテないかで言えばモテる側の人間であった。広く浅くモテず、深く狭くモテるタイプといったところか。ただ、見た目が良かったこともあり、若い頃は特に大勢の少女からキャーキャーと騒がれることがたびたびあった。ではなぜ広く浅くモテなかったのかというと、性格に難があって付き合いづらかったためである。
モテるかモテないかでいえばモテる側なわけだから、どちらかといえば女に好意的なはずだが、セレンはブサイクや運動音痴や勉強のできないダメな男子を馬鹿にする女をひどく嫌悪して攻撃してきた。自分はその3点に関して真逆であったにもかかわらず、自分に一切害がないどころかむしろ自分は逆の待遇を受けていたにもかかわらず、そういった女子に強大な義憤を抱いていた。そしてそういった男を値踏みするような差別をしない優しい少女リディアに好意を抱いた。
また、青年期になると自分たちは救世主やフロンティアとして崇められ、人々から厚遇を受けることとなった。にもかかわらずセレンは格差社会に不満を抱き、底辺で生きる人間や虐げられる人間がいること、また、権威を振りかざし高給を貪る貴族どもがはびこっていることに強烈な怒りを覚えた。
このように、セレンは自分の境遇とは全く関係ないにもかかわらず、自分の正義感に忠実で、悪だとみなしたものには徹底的に敵対心をあらわにした。「持つものであるにもかかわらず、持つものを忌み、持たざるものを憂う」という彼の性格が当時のアトラスの人々の心を打ち、救世主の地位を不動のものにした。
しかしセレン自身は自分が義憤を抱いて気疲れすることを厭っていた。もう少し楽に生きられればなと考えて悩むこともあった。だが強い正義感から生じる義憤は抑えることができなかった。
セレンの特徴は自分に関係あることとないこと、これら両方に対し、同じ程度に悪であれば同じ程度に怒りを覚えることができる点であった。民衆はセレンのこの性格を尊敬し、セレンは自分のこの種の怒りにsernaazeという語を与えた。
なお、義憤は女性より男性が持つべき感情とされ、アルバザードでは義憤を持ち合わせる男性はしばしばモテる。女性であまり義憤が強いと女子としての愛嬌は薄く可愛げがないとみられることがある。むしろ女性は義憤に溢れる男性に惚れ、その彼を支えるような者が好ましいと考えれている。

・現実では

上の話は現実のセレンの性格をそのまま反映したものである。セレンは義憤を抱く人間を本当に正義感の強い人間だと考えた。自分に関係あることしか怒れないのはただのクズ。自分の利益にならないことでも正義感に照らし合わせて怒ることができて初めて義憤と言える。
自分に火の粉が降りかかったときだけ怒り出すとかマジ小者。それならまだ常に怒りを見せないほうがいっそ潔い。自分にとって不利なときだけ怒るとか醜すぎる。価値としては、義憤を持つ人間が一番上等。人の為に怒ったり泣いたりできる人間が一番上等。次に、一切怒らない代わりに正義感も持ち合わせない人間がまずまず。そして自分に関係あることにだけ怒る者はゲスだ。
セレンやリディアはこの考え方で生きてきた。セレンの正義感の強さはアシェットでも有名だが、同時にセレンは祖母譲りの偽悪的な要素も強く持っていたため、アシェットでさえ彼を深く理解する者は少なく、彼の真の理解者はほぼリディアしかいなかった。なお、リディアやメルはセレンのそういう部分に強く惹かれ、特にその要素が強かった上福時代を最高にカッコいいと感じていたそうだ。
セレンの経験では、日本人には義憤を抱く人間が少ない気がする。特に最近の若い世代ほど、あるいは精神が幼いほどその傾向にある。
今までに酷い手のひら返しを幾度となく見てきた。例えば他人が病気のときには「別にこれくらい大丈夫でしょ」と平然な顔をしているくせに、自分の場合は風邪程度で大騒ぎするとか。ほかに、前にこんなこともあった。セレンが児童虐待で子供を殺した母親の手口が酷く、それにより憤っていたところ、「そんなことよくあるし、いちいち怒っても仕方ない」と言い放った男がいた。自分には子供もおらず、一切関係ない話だからだろう。その証拠に、自分に関係ある話――あるとき漢方が保険の対象外になりかけたとき――などには、自分が漢方を重用しているものだから途端に大騒ぎして政府批判をしだし、周りに署名運動まで求めていた。セレンはこの手のひら返しを見て彼には義憤がないと大いに呆れた。普段から彼が自分に関係ないことでもきちんと悪いものは悪いと怒りをあらわにしていたら彼には正義があると思えたのだが、まったくそう思えないほどの手のひら返しだった。しかも彼が社会的には高い立場にいて民衆を支配する側にいるという事実が更にセレンを苛立たせた。
そんなことがよくあり、セレンは上に立つ人間ほど人徳を備えていなければならないと改めて強く思い、リディアと話し合った。アルバザードで上の学校に入るには人徳も兼ね揃えてなければならないという設定はこの経験から来ている。徳育の施されていないお勉強ばかりできる秀才君が支配者層としてはびこる国は早晩滅ぶ。セレンは常々リディアとそのように話し、アルバザードを正しい方向に導こうとしている。

・正義がぶつかるとき

セレンは強く信念を抱いていたが、同時に他人には他人の正義があるということも理解していた。rdではアシェット、現実ではアシェットやヴァールといった幼馴染と喧々諤々の議論を繰り返してきた過程で、自分の思う以外の正義があることも知った。
だからセレンは正義が正義とぶつかったときは、相手には相手の正義があると尊重することにしている。リディアは自分の正義を絶対の正義として押し付けるきらいがあるのでどうにもアシェットからすら嫌われる部分があるのだが、セレンは正義と正義がぶつかった場合は「お前はお前の信じた道をゆけ。俺は俺の信じた道をゆく。それでいいだろう」と言うので、基本的に衝突しない。むしろ自分とは違う考えであろうと、きちんと自分なりの正義を持っている人間のことは心の底で軽く尊敬すらしている節がある。敵ながらあっぱれといった感覚であろうか。
むしろセレンが許せないのは正義感のないふにゃふにゃした野郎だ。まして正義感もないくせに無駄に正義感のある人間に反抗するような頑固な態度を見せると、「ロクに普段物事も考えてないくせに生意気な」と思う。自分の確固たる正義も持ち合わせていないくせに生意気に他人の正義にだけはケチを付けるような小者は男気がないと考えている。そういう輩には苦労をさせて人生経験を積ませるべきだと思うのだが、えてして現代日本では苦労知らずに育った人間はそのまま楽なレールの上を歩けることが多いので、きっとこいつは成長しないんだろうなぁと思って残念に思う。
面白いことに、この手の軟弱男はほぼ必ず女にモテない。それはアルバザードだけでなく日本でもだ。すべての女がそうというわけではないが、おしなべて女というのはどうも無機質な理系気質のオタクより、やや血の気の荒い熱血漢のほうに付いていく習性が本能的にあるようだ。

sernaxl
/ [名詞]創意工夫
[レベル]4
22

serondirei
/ [気象]桜前線
[レベル]4
19

serp
/ [被服]デニム
[レベル]4
13:制:ridia:古:serpan

serpant
/ [名詞]文系、文系科目、文系人間
[反意語]melpant
[レベル]4
rd;seren/pant。アルナ大の文系クラス特進がseren組であることから、文系の代表とされた。
22
[文化]
felpant
語源上セレンは文系ということいなっているが、実際には彼は文理両道の人間であった。文系、特に語学が強かっただけで文系に振り分けられているだけである。

sersapia
/ [医療]被害妄想
[類義語]vatinsapia
[レベル]4
rd;seren/sapia
22

sert
/ [動詞]yulを制定する、制定する
[普通動名詞]制定
[言語]制定言語アルカ、制アルカ←sertarka
[レベル]4
19:seren/lad

sertarka
/ [言語]制アルカ、制定言語アルカ
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

sertia
/ [アイテム]セルティア
[レベル]4
ridia:古:「沈黙を愛する」
[文化]
ヴァストリアの1つ。クミールのもつ大鎌。カルザスは悪魔フレスティアを倒したときにフレスティアを剣で刺した。しかしフレスティアの霊力に負けた剣は耐え切れずに湾曲してしまう。それでも何とかフレスティアを倒したその剣はカルザスの家宝として大切にされた。ただ、剣はもう曲がってしまっているのでカルザスはそれを大鎌として扱い、セルティアと名付けた。セルティアはrdになるとクミールの手に渡る。セルティアはヴァルマと並ぶクミールの武器で、彼女は両者を同時に振るう。

sertid
/ [形容詞]清貧な
[名詞]清貧
[レベル]4
rd;/「セレンのようにつつましやかな」
23
[語法]
金はあるが普段無駄遣いはせず、研究関連などここぞというときに大枚を叩くタイプの清貧。

sertwen
/ [普通動名詞]ノブレスオブリージュ、ノブレスオブリッジ
[レベル]4
rd;/「セレンの恵み」
23
[文化]
→ditdaig
rdでセレンが提唱した概念。持つ者は持たざる者に恵みを与えるべきだという考え方で、rd、旧革命、革命の過去3回アルバザードで熱烈に歓迎された。
セレンは救世主として巨万の富を得ていたにもかかわらず、私財をほとんど投げ打って治世に用い、自身はリディアと慎ましやかな生活を送った。この点で民衆からの尊敬を集めた。
アルバザードは偉大な指導者がいる時代ほどモラルに基づいた治世が行われてきたことから、地球に比べて比較的独裁政権(この場合は哲人政治といってもいいだろう)に対して良いイメージを持っている。むろんアトラスにも悪い独裁政権があるため、実際のところは諸刃の剣と考えられている。
革命時でなくとも、上の人間でモラリストであれば、いつの時代もノブレスオブリージュを実践する者はいた。日本と違って売名売名と叩くことがない国民性で、アルバザード人――特にトール人――はノブレスオブリージュを行う人間は素直に賞賛し、しない人間は非難するという者が多い。

・リディアがノブレスオブリージュをしない理由

セレンは寄付やボランティアなどノブレスオブリージュを実施する。それは小5の劇団の頃から始まり、2012年現在に至る。リディアに会う少し前からしていた。
一方リディアはセレンが寄付するたびにセレンを叱った。例えばアフリカの子供に予防接種を受けさせて生かしたとすると、「その後のその子供の食料は誰が出す。そいつらが成長してネズミみたいに子供を増やしたら誰が面倒を見る」と言って怒った。
リディアはカルディア内ではノブレスオブリージュを修正資本主義などの中で絶賛し、正義としたが、地球では自分は絶対にノブレスオブリージュをしない。10代のころセレンはなぜかと聞いたことがある。
リディアの母はエストニア人だが純血でなく、父もアジアとヨーロッパの混血児で、リディアには数え切れないほどの血が流れていた。その上エストニアで過ごさずフィンランド、フランス、トルコなど様々な国を転々としていった。
結果、どこの国に行っても外人扱いされ、居場所を見つけられなかった。セレンも日仏韓の血が入っていて子供のころは外人呼ばわりされて迫害されたので、リディアの辛さや悔しさがよく分かった。フィンランドのリディアがいたところはヘルシンキより北部で移民が少なく、からかわれたそうだ。セレンもフィンランドでご当地の子供に指差されて外人呼ばわりされたので、「あぁリディアがされた仕打ちはこれか」と理解したことがある。移民の多いフランスですら純血の白人のほうが暗黙の了解で上で、日本だともてはやされるハーフちゃんもあっちではただの雑種でしかなかった。
セレンは白人の混血児なので白人コンプレックスの強い日本では若いころモテたが、リディアは雑種扱いを受け続けて、ただでさえ引っ込み思案な性格が強調され、日本でいう中卒が最終学歴となった。
リディアは自分を拒絶した世界を恨み、自分がいていい世界を望み、その希望と空想と怨嗟がカルディアを産むまでに至った。セレンもまたリディアを理解し、リディアはセレンを最大の理解者として依存し、恋愛に至った。
世界から拒絶されたリディアは世界を恨み、誰がこの世界の人間など助けるものかと考えた。だから彼女は理想郷カルディアの人間は助けても、地球の人間は助ける気がないのだ。それを聞いた10代のセレンは納得し、その後時折同じ質問を20代で繰り返し、同じ答えを受け、そのたびごとにリディアの気持ちを理解していった。
リディアは矛盾した行動をしているわけではない。彼女は「世界から拒絶された人間は世界を拒絶していい」と述べ、地球は助けずカルディアは助けた。
セレンらは紫亞がお嬢様であることを鼻にかけないようウチは貧乏だと騙してきたが、2012年になると5歳の紫亞は自分の家が裕福であることにいい加減気付いた。リディアが隠すのが苦手な性格で、言葉の端々から自分の家が裕福であることに気付けたからだ。
セレンらは紫亞に修正資本主義などの正義を植え付けていたが、紫亞はセレンに「じゃあお父様とお母さんはノブレスオブリージュをしているの?」と聞かれ、返答に困った。結局1週間ほどかけてゆっくりとセレンがノブレスオブリージュをしていること、リディアは上記の理由でしないことなどを説明していった。リディアは矛盾しているわけでないということを一生懸命説明した。紫亞はどうやら理解してくれたようだ。

servan
/ [言語]カリグラフィー、書道
[レベル]4
20:seer/lvan(静かなる瞑想)
[文化]
rdでセレンが興した。

servel
/ [形容詞]偽悪的な
[名詞]偽悪
[レベル]4
rd;seren/velnar「セレンのような悪」
23
[語法][文化]
→serna
口では普段悪党のようなことを言っているが、有事の際にはついつい人助けをしてしまう甘い人間のことで、絵に描いたようにセレンにドストライクで当てはまる人間のこと。セレンは子供の頃からこのタイプで、この性格のせいでだいぶ損をしてきた。セレンは悪だと思われることも善だと思われることも面白がって好むが、自分が偽悪的な人間であることを見抜かれると相手を畏怖するとともに好意を抱く。今までセレンが悪でなく偽悪だと見抜いたのは母親とリディアとリーザとメルと学生時代の嫁だけであり、不思議と全員女性である。

sesmel
/ [言語]過去時制、過去形
[名詞]過去
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

sest
/ [名詞]期
[反意語]mec
[レベル]4
古:semocst(期)から
[語法]
ラシェットにおける期のこと。どちらかのルシーラが殺害されれば期が改まる。死なずに次のルシーラへバトンを繋げられれば、期はそのままで次の代へ行く。

setaklei
/ [芸術][歴史]歴史小説
[レベル]4
rd;/
23

setdaz
/ [形容詞]死に値する
[レベル]4
22

seton
/ [名詞]相関
[形容詞]相関的な
[レベル]4
19:sev/tetona

sets
/ [名詞]伝統
[形容詞]伝統的な
[副詞]伝統的に
[レベル]4
19:ses,seta
【用例】
oogakiwain til sets alnoden 360 salt. 大垣まつりは360年余りの伝統を誇る。

setul
/ [化学]化合物
[レベル]4
19

sevaan
/ [政治]連合
[軍事]連合軍
[レベル]4
19:ilmus:ridia

sever
/ [人名]セヴェル
[組み数字]9/16
[レベル]4
meltia 43:ardu/esta;e

[文化]
esta
エスタの第9子。男。

sevet
/ [言語]句、フレーズ
[音楽]フレーズ
[レベル]4
19

sevhet
/ [言語]文末、文書末
[レベル]4
22

sevhosi
/ [電算]テキストファイル
[レベル]4
19

sevilm
/ [言語]全文、文書全体
[レベル]4
rd;/
24

sevkaxu
/ [法律]成文法、制定法
[反意語]malkaxu
[レベル]4
19

sevmilf
/ [言語]文芸
[レベル]4
13:制:文章の芸術

sevosn
/ [言語]文頭、文書頭
[レベル]4
22

sewal
/ [地学]山脈
[レベル]4
19

sexenk
/ [美容]編み込み
[レベル]4
21

sexfaiz
/ [医療]唇の口内炎
[レベル]4

sexisk
/ [普通動名詞]読唇
[動詞]yul(内容)を読唇する、唇の動きでyulを理解する
[レベル]4
rd;/。唇の動きが読むべき文書の代わりとなっていることから、iskを使う。
24
【用例】
an sexiskat la xir eria. 私は彼が水を欲しがっていることを唇の動きで理解した。

sexiskom
/ [名詞]読唇術
[レベル]4
rd;/
24

sexrein
/ [美容]リップライン
[レベル]4
21

sezetsan
/ [数学]多項式
[レベル]4
19

sezon(2)
/ [俗語]ヤリチン、ウテウテ、イケイケ
[反意語]sofom
[レベル]4
rd;se/zon「複数の陰茎を持った」
23:mel
[文化]
男性は複数の女性と交わることは女性ほど忌避されないため、sofomに比べると罵倒度は弱い。人によっては名誉に捉えることすらある可能性がある。

sian
/ [名詞]持たざるもの
[レベル]4
19

sidmel
/ [歴史]古代
[レベル]4
24
[語法]
→feme
fl_rdまでの時代。古代は神代と魔法代を合わせ、獅法代と対立する概念。

sidren
/ [言語]古語
[レベル]4
rd;/
23
[語法]
ある言語より古い言語を指す。一般的にはアルカより古い言語群を指す。


sidself
/ [言語]古典
[レベル]4
rd
22
[文化]
felpant
【用例】
ap an rukasat im fis yul rafel e senian onen sidself o sidinsaren. ちなみにゴールデンウィ―クの古典と漢文の宿題は今日終わらせた。

sie
/ [動詞]yulをaに提言する、提言する
[普通動名詞]提言
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt:恣意
[文化]
提言は勧誘と違って積極的に行う。こうしたほうが良いのではないかというのは勧誘とも提言とも取れるが、アルバザードでは勧誘と提言は違う。勧誘はおせっかいにならないように勧めるだけである。提言はこうするべきであるとはっきり述べることである。前者は消極的で食い下がらないが、後者は積極的でしばしば食い下がり、議論に発展する。提言は勧誘と違ってしっかり吟味して議論すべきものである。すぐに取り下げるものではない。また、勧誘より強い主張であるため、一つひとつの発言にかかる責任も勧誘より大きい。

sielet
/ [形容詞]チャラい、ちゃらい、チャラチャラした、ちゃらちゃらした
[レベル]4
rd;siellein/te
23

sieleten
/ [名詞]チャラ男、チャラ夫
[レベル]4
rd;/
23

siellein
/ [被服]着流し、着ながし
[レベル]4
rd;/「空に舞う服」
23
[文化]
上着などを着流しにすることで、アルバザードだとカッコいい男性のファッションのひとつ。基本的にアルバザード人はひらひらしたものを好むため、どの時代でも着流しはカッコいいイメージがある。ただ、真面目な印象はあまり持たれないのでビジネス向けではない。

sifetanx
/ [普通動名詞]総称
[動詞]yulをlexと総称する、総称する
[レベル]4
20:「まとめて呼ぶ」

siiasev
/ [名詞]随筆、随想、エッセイ、エッセー
[レベル]4
rd;/「経験の文章」
24
siinarens
/ [言語]好きな言葉
[反意語]begrens
[レベル]4
rd;/
24

siinlei
/ [名詞]人気の本、人気作
[レベル]4
rd;/
23

siinleionk
/ [名詞]文庫本、文庫
[レベル]4
vl;/
23
[語法]
多数の読者が見込まれる書籍を収めた小型の叢書。

siinonk
/ [名詞]人気連載
[レベル]4
rd;/
23

siizia
/ [地名]シージア
sert;SiiZia
[レベル]4
20:ridia:SiiZia。Seere(静かな)/dia(土地)の音変化。
[文化]
古代国家のひとつ。現ルティアを含んだ広大な国。

siiziaren
/ [言語]シージア語
[レベル]4
22
[文化]
eldseta

●概要

名称:sz(シージア語)
系統:アテン超語族ユーマ語族マレット亜語族サヴィア超語派シージア語派(atenamat, yuumaemit, maletfiam, saviaifal, siiziaxeltem)
使用年代:tm_zg:tm_cv(szd), zg(szk, szv, szs)
分布:北サヴィア
話者:ガルヴェーユから移住してきたマレットの民
類型:SOV、AN、Po
認知様式:主観的把握 → 客観的把握:zgには客観的把握になっていたのでszdの間に変化したと思われる。

tmからzgまで約20万年弱続いた言語。lt, lz, altなどの直接の祖。
そのうち19万年はszdで、まだユーマの一族が十分に神性を保っていた頃である。とはいえ文明レベルはfrfと同じく神より低く、寿命も有限だったため、szdに関しては記録が乏しい。
一方zgに入ると急激に文明が発達するが、シージア戦争で多くの書物が焼失してしまっている。

●文法

・概説

アルカと共通している箇所についてはわざわざ説明しない。

神々がサヴィアを本拠地としなかったことから神との結びつきはアルカットより弱く、その結果、語彙に関してはfrf_lyより保守性が弱い。ltの基本語彙はszdに由来するものが多い。
zgになると東西戦争により急激に国際化し、シージアは人種の坩堝になり、それとともにszの語彙も豊富になった。特にシージア戦争ではシフェル文化圏から新たな語彙や概念がもたらされている。
語彙に反し、文法に関しては保守性が強く、fv同様SOVである。
形容詞と副詞は前置される。kai le, vivi heのように。

fvの関係詞の黙字romはszではlyuと読まれる。
ker〜buがker〜tyuに。

与格のkerとalがilに統一。alをlimletしたものが元になっている。
kerは語彙化して「行く」に。

・アクセント

アクセントが無アクセント言語になり、デフォルトで音節末が強く読まれるようになった。

・音韻

hが消失し、hのあった部分は'と書かれる。
hはltdで戻るため、'はszのマーカーにもなっている。

・格

主格と対格ができた。
語の末尾に付く。

主格:母音調和した母音+r:falan→falanar(ファラナール。貴方が)
対格:(s)aj:'orettaj(オレッタージュ。リンゴを)

それ以外の格は後置詞を膠着させる。
アクセントが後置詞の部分に来てひとつの単語として発音されるため、後置詞との間にスペースを入れない。
lizrokal(リズロカール。家で)

falanzar lizrokal 'orettaj futa sot.(貴方達は家でリンゴを与えた)
ファランザール リズロカール オレッタージュ フターソット

・テンスとアスペクト

連動詞で示し、後続動詞がテンスとアスペクトを担う。

futa(与える。辞書形だが、単体では使えない。futasのようになる)
futa sot(与えた←与えるした)
futa so(今与える。現在および近未来)
futas(与える。通時。これだけ膠着)

未来形はなく、意思の助動詞で示す。
アスペクトはtanも失い、すべて助動詞で示す。

助動詞は後続動詞の後に続く。
futas lan(与えたい)

sikaart
/ [魔法]非多段魔法
[反意語]nafart
[レベル]4
21
[文化]
dolmiyu

sikal
/ [動物]エイ
[レベル]4
古:sikaeliが原義

sikatetona
/ [名詞]対等な関係
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

sikl
/ [ネガティブ]皮肉
[動詞]yul(相手や内容)を皮肉る、皮肉る、ひにくる
[類義語]vernax
[レベル]4
sorn
[語法]
事実と反対のことを言って批判するさま。意地悪な感じ。vernaxは事実と反対のことを言って笑うさま。ジョーク目的で、楽しむためのもの。日本語の皮肉はsiklに当たる。
【用例】
"vant, an vizik ti"
"soono, altian axme"
"weei, den sikl a!"
「ごめん、遅くなった!」
「あら、随分時間に正確だこと」
「おーい、勘弁してくれよ」

sikm
/ [名詞]仮説、仮定
[レベル]4
13:制:sinkmiir(一時的な論理)

silfennim
/ [芸術]パステルカラー
[レベル]4
21

silfifan
/ [天文]太陽系小天体
[レベル]4
20:質量が惑星などより軽いため。

silfikern
/ [生物]クリオネ
[レベル]4
21:「淡い光の翼」

silfvantis
/ [軍事]軽装兵
[レベル]4
19:ridia

silgi
/ [名詞]アルミニウム、アルミ
[レベル]4
古:ryuu:silfgi(軽い金属)から。

silgilil
/ [化学]アルミニウム→silgi
[レベル]4
19

silkalmi
/ [政治]シルク・アルミ、シルクアルミ。五民平等。四民平等にあたるもの
[レベル]4
19:平等な五角形
[文化]
ナディアにおいて、王族、貴族、軍人、商人、平民の5つの平等を訴えたもの。ヴェレイにおいてようやく可決され、貴族は再び廃止。同時に表面上の平等を勝ち取った。結局、労使間で貧富の差が生まれ、事実上の身分は残った。

silkkatar
/ [形容詞][ポジティブ]無礼講な、ざっくばらんな、遠慮のいらない
[類義語]xille
[反意語]alit
[レベル]4
20
[文化]
rdで、先代と一緒に宴会をしたときに、普段より先代に対してざっくばらんに接したことから、その態度を「平等なカタル」と呼ぶようになった。

silklang
/ [政治]平等権
[レベル]4
19

silmel
/ [言語]未来時制、未来形
[名詞]未来
[レベル]4
21

siltakn
/ [政治]自由主義
[レベル]4
19

simp
/ [動詞]yulを消化する、消化する
[普通動名詞]消化
[レベル]4
13:制:語源不詳

simpelm
/ [生物]消化器
[レベル]4
19

sinalevl
/ [医療]気分障害、躁うつ病
[レベル]4
19:seren

sinkest
/ [名詞]仮名、偽名
[類義語]enxest
[レベル]4
19:xion

sinkfel
/ [普通動名詞]一夜漬け、付け焼刃
[レベル]4
14:制:一時的な勉強
【用例】
an sesil sinkfel van a! そろそろ一夜漬けするか!

sinkmal
/ [電算]キャッシュメモリ
[レベル]4
19

sinsita
/ [名詞]展覧会、展示会
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

sinstems
/ [名詞]ショーウィンドウ
[レベル]4
21:lusian

sinxliva
/ [娯楽]シュミレーションゲーム、シミュレーションゲーム
[レベル]4
21

sio
/ [名詞]テンプレート、テンプレ
[名詞]型板、型版
[レベル]4
13:制:古:sikazamo。sizと同根。

sipalelm
/ [生物]呼吸器
[レベル]4
19

sipm
/ [名詞] ボイラー、給油器
[レベル]4
13:制:sipttpm

sirems
/ [生物]皮脂
[レベル]4
21

sirpat
/ [美容]スキンケア
[レベル]4
tm;/
23
【用例】
ar sirpat on kaam 頬のスキンケアをする

sisp
/ [化学]蒸留
[動詞]yulを蒸留する、蒸留する
[レベル]4
rd;↓
13:制:sad:sipsapsip(液体の空気の液体)
saplesaple
[文化]
蒸留器はsmの魔方で開発され、蒸留酒ができるようになった。蒸留器によりワインからブランデーが、ビール製造過程の麦汁からウイスキーが作られるようになった。

sitat
/ [形容詞]不定期の、非周期的な、不規則な
[反意語]jala
[レベル]4
20:si tat(周期を失う)

skai
/ [普通動名詞]放牧
[レベル]4
alakta

skaldia
/ [地名]スカルディア
[レベル]4
meltia 95 sen via:lsd;s 20:ridia:s [文化]
古代国家のひとつ。レスティルの東。現在の魔方。

skolet
/ [言語]結びの言葉。手紙。
[レベル]4
21:skol/te

skolkos
/ [名詞]常套手段
[レベル]4
22

skolom
/ [名詞]定石、定石手、お決まりのパターン
[レベル]4
23

skoltulate
/ [名詞]雑貨屋、雑貨店
[レベル]4
21:lusian

slenan
/ [言語]視点人物、視点者
[レベル]4
20

slotnial
/ [数学]角注
[レベル]4
20

slotpim
/ [数学]角錐
[レベル]4
20

sodia
/ [天文]小惑星
[レベル]4
20:soomdia(ソームのゆりかご)木星付近にたくさんあるため。

sodik
/ [名詞]頻度、出番の多さ
[レベル]4
19:sod/tik(起きる傾き)

soflivl
/ [普通動名詞]安産
[レベル]4
rd;/
23

sofom
/ [俗語]ヤリマン、ビッチ、スイーツ、売女、バイタ、ばいた
[類義語]daimen
[反意語]sezon
[レベル]4
rd;sof/hom「容易に(股を)開く」
23:mel
[文化]
貞操を重んじるアルバザードにおいては古くから婚前交渉や複数の男と交わることは忌避されてきた。そのためsofomは蔑まれる。vlとalの一部で性が奔放化したが、統制が厳しくなるたびに処女性が重んじられた。

soi
/ [言語]主語←sol
[類義語]potok
[反意語]omit
[レベル]4
sm;so/i「行動を見る者」
23
*:soi:soi:sokun,alt
[文化]
・主語と主題

f, fv, sz, lt, frf, ly, ls, arは主語と主題の区別を持たないが、altは持つ。
smになり、altがltに入ると主語と主題を区別する必要性がltの間で起こった。そのときsoiとpotokという概念が作られた。
その後カレン半島が侵略され、altがarにも入ると、両概念はarにも流入した。
soi(主語)とpotok(主題)の対立はaltでsoとwanであり、日本語の「が」と「は」、韓国語の「ガ」と「ヌン」の違いにほぼ相当する。

・アルカでの主語と主題

アルカは主語と主題を格レベルで区別しない。アルカにはsoi(主語)しかなく、アルカのsoiはsol(〜が、〜は)であり、solは動作主格か経験者しか示さない。
日本語における「は」と「が」の違いはアルカでは後置詞以外の方法で表現される。
例えば「象は大きい」はkaim et kaiだが、「象は鼻が長い」はkaim til toa filないしkaim et fil on toaと表現される。
「僕は太郎だ」と「僕が太郎だ」の違いはan et talooとsol an et taloo daの違いで表現される。
「明日は雨だ」の「明日は」は主語solには来ず、esk sil im kest daないしesk luna (sil) im kestとなる。
このように、主語と主題の区別は日本語のような後置詞を使った表現以外のものになる。

・主語と目的語

smまで漠然と主語と目的語は格の形で存在していたが、その存在が浮き彫りになったのはsmで主語と主題が区別されてからである。主語という大きな枠組ができたことで、その対となる目的語の概念が浮き彫りになり、新たにomitという語形がltで与えられ、arに流入した。それまでは与格などと対等な、単なるふたつの格でしかなかった。

アルカの目的語はyul格目的語で示され、対象を示す。yulは純然と対象を取るが、動詞がxaなどの場合はその対象が場所を取ることなどもある。

soil
/ [物理]作用
[レベル]4
19:so,lは行為。iは繋ぎの恣意的な母音。

soilka
/ [物理]作用点
[レベル]4
19

soj
/ [生物]椎、椎骨。xezの対だが、頚椎なども含む。
[レベル]4
@19

soksapt
/ [名詞]尊称、敬称
[反意語]bensapt
[レベル]4
20

soksati
/ [名詞]敬意、敬度
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

soksvet
/ [言語]尊敬語、敬語
[反意語]listvet
[レベル]4
20
[文化]
leavet

soktbad
/ [動詞]yulを交差させて打ち鳴らす
[レベル]4
21

soktint
/ [数学]交点
[レベル]4
19

soktjamo
/ [交通]ハブ空港、国際空港、ハブ
[レベル]4
22

soktlopn
/ [交通]ジャンクション駅、ジャンクション、ハブ、ハブ駅
[レベル]4
22

sola
/ [名詞]未亡人、寡婦、ウィドー、妻に先立たれた男
[レベル]4
13:制:sorn:soojlan「残った人」。性別に関係なく伴侶に先立たれた者を指した。

solamakili
/ [ジョブ]天薙ぎ
[レベル]4
alt
20
[文化]
kalan

solbe
/ [名詞]作業力、体力、耐久力、腰力、目力、胃力、尻力
[レベル]4
rd;solb/envi
24
[文化]
健康に作業をすることのできる体力のこと。加齢とともに減る。10代のうちはほとんど意識しない。主にデスクワークに使うが、肉体労働にも使える。
rdでセレンはアルカの作業のしすぎで胃痛腰痛肩こり近眼坐骨神経痛など様々な症状に侵された。セレンは「時間はあっても腰力がないから作業ができない。時間より大事なのは腰力」と述べ、時間があることより作業を健康にできる体力があることを重視した。そう、勉強でも仕事でも、いくら時間があっても腰痛などで作業が困難になれば、時間などあっても何の意味もない。時間より重要なのは健康に作業ができる体力である。それを彼はソルベと名付けた。
その体力は電車で移動するだけの座った時間でも減る。というのも座っているだけで腰や尻に来るからだ。映画を見るにもテレビを見るにもソルベを使う。現実のセレンが娯楽を避けて作業を優先していたのは、限られたソルベをアルカの作業に回したかったからである。座って作業できる時間はソルベの都合上限られている。だからその貴重なソルベを無駄に使いたくない。それでセレンは娯楽より学業を優先した。セレンにとって時間はさほど貴重でなく、ソルベは非常に重要だった。なので立ったり座ったりしたまま、つまりソルベを消費する状態で無駄に待たされることを彼は非常に嫌った。

solut
/ [普通動名詞]ソルット
[レベル]4
20:sols/lulut
[文化]
主に父親や夫が娘や妻の腹を割くこと。不貞を働いた女に対し、ルルットを行うこと。娘が不貞した場合、父親はその娘を奴隷として売るかソルットをして処分するなどした時期があった。

solvet
/ [言語]主語
[レベル]4
20

solyuoayua
/ [言語]主格分詞
[レベル]4
21
[文化]
iva

somtan
/ [名詞]はたおり、機織り
[レベル]4
19

somtar
/ [名詞]織り機、はた
[レベル]4
19

sonet
/ [形容詞]実践的な
[反意語]miret
[レベル]4
21:sono/te

sononif
/ [言語]実行段階
[レベル]4
20
[語法]
単位動詞の3分割のうち、中間の区間。経過〜継続の区間のこと。

sons
/ [名詞]寄宿、下宿、寄宿生、居候、食客、いそうろう
[レベル]4
19:古:sols。クミールの家に寄宿している使徒たちを指した語

soolyuo
/ [言語]行為動詞
[レベル]4
20
[語法]
単位動詞の将然〜継続相までの5相からなる区間のこと。
状態動詞に比べ、動作主の意思が表れやすく、動きも動的。
skin(座る)が行為動詞で、skin xa(座っている)が状態動詞。

sooma(3)
/ [アトラスの国家]ソーマ
[レベル]4
23:ridia

sordian
/ [名詞]ソーディアン、守護神
[アクセント]sOrdian
[レベル]4
22:ordin。ordinが時代名に使われるようになったため、古形に戻った<20:古:fulmiia:sordian。sordian→(oで始まる単語を増やすために)ordian→(アクセントをorにつけるために)ordin
[文化]
カコ以降、各アレットに対応している神。中央アルナはアルデス。

sordo
/ [地学]火成岩
[レベル]4
19:sort/fado

soretfelin
/ [名詞]人工的な美しさ
[婉曲]整形した顔
[植物]青いバラ
[レベル]4
20

soritlaba
/ [物理]位置エネルギー
[レベル]4
19

sorna(2)
/ [アトラスの国家]ソーナ
[レベル]4

[文化]
面積:1861573.324240 km^2
yuuma 7988 ソナリア、ユクレシアからの独立を宣言。ユクレシア南部をsornaと称し、自身はソーナの暫定的な王を名乗る。これによりユクレシア北部はtunasに改名

sornet
/ [音楽]クラシック、伝統音楽、伝統芸能
[反意語]arxet
[レベル]4
nd;sorn/te。クミールらが好んだことから。
21

sorntolis
/ [名詞]性の適正対象
[レベル]4
22:sornsalt < 19:ridia:ソーンの年
[語法]
15歳から28歳までの女のこと。組み数字では15からソーンの手番になり、28までそれが続く。そしてちょうど女が性の対象として売り手市場になるのが15歳から28歳であるため、このころの年をsorntolisという。15歳未満を対象とするとロリコンと呼ばれ、28より上を狙うとオバサン趣味と揶揄される。男にとって正常な性欲の対象はsorntolisの範囲内というのが常識になっている。なお、アルバザードではsorntolisを越えて独り身だと負け犬になる。一方、男側に適正対象の年齢は存在しない。

sorpamp
/ [普通動名詞]ハイタッチ
[動詞]yulをaとハイタッチさせる、ハイタッチする
[レベル]4
rd;/
[文化]
スポーツなどで点を稼いだときに主に男子がする動作で、それ以外ではあまり見られない。

sorsren
/ [言語][電算]コンピュータ言語、プログラム言語、プログラミング言語
[レベル]4
rd;/
24

sortdirei
/ [気象]寒冷前線
[レベル]4
19

sorti
/ [気象]ラニーニャ
[レベル]4
19:sort/tier

sortlevl
/ [医療]冷え性
[レベル]4
19

sortpol
/ [地学]寒帯
[レベル]4
19

sorttak
/ [形容詞][ネガティブ]男性が性的にお堅い
[類義語]yulte
[反意語]visplufi
[レベル]4
20:冷たい腕←抱いてくれない

sorxient
/ [娯楽]ソルシエント
[レベル]4
21
[文化]
『スレイヤーズ』に相当するアニメ。

sote
/ [言語]能動、能動態
[反意語]yute
[レベル]4
20:「するような」

sova
/ [数学]絶対値
[レベル]4
16:制:sov/alx(数直線上でプラスの値とマイナスの値の間に数を取るような数であることから。間を取る数。数直線上に間を作る数といってよい)

sovpals
/ [生物]門脈
[レベル]4
19:二つの毛細血管網にはさまれた血管

sovsokta
/ [名詞]あいづち、相槌
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt
[文化]
相手が話している合間に相槌を打つ。打たないと聞いていないとみなされる。アメリカ人のように終わるまでわりと押し黙って相槌が少ないことはない。逆に日本人は相槌を打ちすぎてうるさい。日本人は少し相槌を減らせばちょうど良くなる。相槌はya,axなどがあり肯定の言葉を使う。日本語と同じである。英語のようにアハーアハーということはない。アハーはイェスという肯定の言葉そのものではないので、単に会話を促す専用の言葉である。アルカはya,axなど、肯定を表わす言葉で促しを代用する。したがってアルカで会話中にya,axなどを使われても別に肯定とは限らないので注意が必要である。最後までyaと聞いておきながら総合的には否定することもある。なぜなら相槌のyaには肯定の意味はないからである。
相槌は他にもmmがある。これは口を開けずに鼻だけで「んん」と言うときの音である。ya,ax,mmの違いは敬度の違いである。ax,ya,mmの順で下がる。ところが実際、この三種は同じ相手に対して全て使いうる。同じ相手でも公の場面ではaxを使いやすい。私的なほどmmを使いやすい。更に同じ場面で同じ相手なのにこれらを混ぜて使うということがある。相槌は会話の区切れに入れるのが正しいタイミングである。だが、区切れは意味の上で大したことないものと大したことある区切れに分かれる。文法的にいえばツンクよりガコンのほうが大したことある区切れである。また、場面的にはシリアスな内容の文での区切れのほうがシリアスでないそれよりも大したことある区切れである。大したことある区切れでは敬度の高い相槌を使いやすい。大したことない区切れでは敬度が低くなりやすい。たとえば「でさ〜」の後に起こる区切れは大したことないのでmmを使いやすい。軍隊など、厳しい場所では目上には全てaxで相槌を打たせる。そして目下にはmmやyaとしか言わない。厳しい使い分けがある。だが、日常的にはこれらはTPOで使い分ける。
また、相槌は他にも頷きで代用されることもある。但し、これは電話などでは使えない。この頷きも肯定を意味しない。頷きは本来肯定を意味するが、ここでは相槌にしかならない。また、相槌には新しいことを知ったときの反応がある。会話の途中はyaなどといって相手を促すが、会話が終わったときや新たなことを聞いたときや驚いたときは何と言うか。会話が終われば評価をしたり自分の話をしたりする。「へぇ」「ふーん」では話した甲斐がないと思われるので、感想を述べるとよい。どうにも反応に困った場合はhaizなどで返すこともある。何も返さないくらいなら否定したほうが丁寧。夢織の紗枝は2話でアシュテの話に「そう」だけで返したため、第一印象を悪く捉えられた。
また、新たなことに対してはaa,hmなどという。驚いたことに対してはouという。
言葉の区切れで一々相槌を入れるのはうるさい。区切れが長いときや、区切れが大したものであるときにだけ相槌をすることが多い。後は頷いていれば良い。電話は見えないので頷きが届かないが、聞き手は電話越しで勝手に頷いて自己満足している。喋り手は相槌が足りないなと思いながらも、電話だからそんなものかと思う。また、実際のところ喋り手は多少相槌を面と向かっての会話より増やす。
【用例】
ar sovsokta 相槌を打つ

soxgand
/ [交通][法律]バスジャック
[レベル]4
rt;/
23

SOY
/ [言語]SOV
[レベル]4
23

stat
/ [経済]卸売り、卸売、おろしうり
[レベル]4
13:制:alsatm(直接売る)。製造者から直接買って小売業者に売ることであることから。

statvent
/ [経済]卸売業、問屋
[レベル]4
rd;/
23

steil
/ [名詞][形容詞]必然、運命、必然性
[反意語]xoel
[レベル]4
20:se teel(運命的に)→steel→steil(teelと区別するために)
【用例】
ans aktat steilel tisee. 俺たちが出会ったのは運命だったんだよ。

stekan
/ [名詞]ベジタリアン、菜食主義者
[レベル]4
19

stenteeste
/ [名詞]十字架→stent
[レベル]4
rd;/
23

stin
/ [農耕]肥料
[レベル]4
14:制:sad:tno/kait「土の栄養」

sua
/ [植物]トリフ、トリュフ
[レベル]4
16:制:じゃがいもから

subek
/ [人名]スベック
[組み数字]12/16
[レベル]4
meltia 46:ardu/esta;e
14:制:古:sbek
[文化]
esta
エスタの第12子。男。

suit
/ [料理]片栗粉
[レベル]4
ridia:alakta

sut
/ [物理]粒子
[レベル]4
fv;su/te「砂のような」
23
[文化]
世界を構成する物質としてfvで既に考えだされたが、それが物理学的に明らかになってきたのはvl以降である。

sutte
/ [被服]チュチュ
[レベル]4
22:su/te「砂のようにさらさら舞うような」

swamp
/ [動詞]yulをもみくちゃにする、もみくちゃにする
[普通動名詞]もみくちゃ、揉みくちゃ
[レベル]4
rd:mel;紫亞がぬいぐるみを揉みくちゃにするときのオノマトペ。
23

SYO
/ [言語]SVO
[レベル]4
23

T
/ [言語]述語、動詞
[レベル]4
20:tim

taba
/ [法律]審理、公判
[動詞]yulを審理する、審理する
[レベル]4
16:制:tab

taemo
/ [数学]平方根
[レベル]4
19

taez
/ [名詞]相部屋(二人まで)、二人部屋、ツインルーム
[レベル]4
16:制
[語法]
taezにダブルルームとツインルームの区別はない。

taflgel
/ [名詞]猟銃
[レベル]4
rd;/
24
[文化]
gel

tafor
/ [音楽]四分音符
[レベル]4
19
[文化]
→for

tahaffran
/ [数学]二次関数
[レベル]4
19

tahafmiyusan
/ [数学]二次方程式
[レベル]4
19

tai
/ [動詞]yulをiから識別する、識別する
[普通動名詞]識別
[反意語]koi
[レベル]4
21:古ta(外、異なる)/i(見る)

taila
/ [植物]丁字、クローブ
[レベル]4
16:制:古:tail

tailyame
/ [交通]Tチャリ
[レベル]4
21

taix
/ [名詞]原稿、マニュスクリプト
[レベル]4

【用例】
rukas taix 原稿を仕上げる

taixmas
/ [名詞]原稿用紙
[レベル]4
rd;/
23

taka
/ [地学]大陸
[形容詞]〜大陸。前置。
[レベル]4
15:制:恣意
[文化]
alkat, savia, faber, kevea, adento, leivaの6大陸。vsまではklendiaも含まれた。
地球の大陸と比べると、日本では6大陸だから同じで、欧米では7と教えることが多いので1つ少ないことになる。

taklonz
/ [名詞]腕枕
[レベル]4
19
[文化]
彼女に対して彼氏、子に対して母、娘に対して父の組み合わせしかない。後者は娘が5才になる程度でやめる。
【用例】
fit taklonz a nene 〜に腕枕してやる
non en na esil a xidia kokko taklonz. 誰かの腕枕で寝るのは快適ではない。

taladi
/ [経済]第二次産業
[レベル]4
19

talt
/ [政治]大使、特命全権大使
[レベル]4
13:制:talavt

tamagl
/ [音楽]オーボエ
[レベル]4
21:tamaget/lor

tamelu
/ [動詞]yulの気分を高揚させる、高揚させる、ハイテンションにする、囃し立てる、囃す、はやす
[レベル]4
rd; 24
【用例】
les et on al oogakiwain i yuli em tamelu ento em teolo sa tu wain. 小さい頃から大垣まつりに関わってきた人は祭の前になるとテンションが上がって馬鹿になる。

tamok
/ [音楽]四分休符
[レベル]4
19
[文化]
→for

tamxad
/ [名詞]希少価値
[レベル]4
22

tanart
/ [魔法]開式魔法
[レベル]4
21
[文化]
dolmiyu

tanasa
/ [医療]二卵性
[レベル]4
19

tankkil
/ [普通動名詞]リストカット、リスカ
[レベル]4
al;/
23
【用例】
ar tankkil リスカする

tankolt
/ [名詞]手枷、手かせ
[レベル]4
19:リディアの書
【用例】
ev tankolt a klan 奴隷に手枷を嵌める

tankvint
/ [被服]腕につけるお守り、タリスマン
[レベル]4
13:制:手首のお守り
[語法]
ミサンガなどはその例

tanpo
/ [植物]デュラム小麦
[レベル]4
21:tanx/poot
[文化]
パスタなどの原料になる小麦。

tanpoklea
/ [植物][料理]デュラムセモリナ粉
[レベル]4
21

tans
/ [哲学]徳、人徳、美徳、高徳、人間性(人徳という意味の人間性)
[類義語]lanet
[レベル]4

::la liste(正義はlu liste)
[語法]
美徳、高徳、人徳、悪徳などの徳。道徳の面から見て良いこと。
[文化]
telx
【用例】
lu til tans. 彼女は徳が高い。

tantaxo
/ [名詞]アウトドア、野外活動
[レベル]4
19
【用例】
an siina flea man tu et daz vein a tantaxo. 野外活動により適しているという点で夏が好きだ。

tanthim
/ [生物]外性器
[レベル]4
19

tantifan
/ [天文]太陽系外惑星
[レベル]4
20:太陽系の外の惑星であることから

tantleev
/ [普通動名詞]外出し、膣外射精
[反意語]potleev
[レベル]4
rd;/
23
[文化]
→potleev
あまり効果のない避妊法として用いられる。

tantom
/ [生物]嬰児、赤ちゃん、赤ん坊、赤子
[レベル]4
rd;tant/tom「腹の外」
23
[語法]
産まれたばかりの子供のこと。

tanttau
/ [経済]通販、通信販売
[レベル]4
19:店の外で買う
【用例】
☆el tau sen dipit ferel tinka var xei tanttau e tof nod jotlei. オンライン通販のほうがカタログ通販より値段がずっと安い。

tanxar
/ [名詞]シュレッダー
[レベル]4
22:麺状にする機械

taot
/ [動物]アザラシ
[レベル]4
13:制:aolから。音が似ないように変えた。

tarak
/ [名詞]歩合、ぶあい、成功報酬
[レベル]4
rd;tat/rakl(成功につき)
24

tarmam
/ [生物]豊乳
[レベル]4
rd;/
24

tartia
/ [アイテム]タルティア
[レベル]4
ridia:古:matalotia「死を愛する」で、lastiaと発想が同じ。mataloはlaaより古い言葉。リディアが古風さを出すためにわざと古い語を用いた。
[文化]
ヴァストリアの1つ。ザナのもつ魔剣。切ったものを即死させる力がある。ザナ本人はその剣の力を持て余して厭っている。
【成句】
tartia veman 両刃の剣。誤って自分を切ると死んでしまうことから。

tashoian
/ [名詞]試験監督、試験官
[レベル]4
20

tasm
/ [名詞]証明書、証書
[レベル]4
13:制:tasmas

tasn
/ [動詞]yulを証明する、証明する、実証する
[普通動名詞]証明、実証
[レベル]4
13:制:古:asen(反省、証明)←artasen
【成句】
tasn est 名を証明する:面目躍如

tasnrens
/ [名詞]証言
[動詞]yulという証言を言う、証言する
[レベル]4
rd;/
24

tassano
/ [名詞]試験日程
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt
[文化]
diasel, melsel

tatees
/ [言語]二重否定
[レベル]4
20
[語法][文化]
an en inat en la(彼女でない人を見なかった)のように、否定を二度行っているもの。tu de xan xel an en inat laも二重否定。
en以外にも二重否定は起こる。an okt vil tu aaxalは論理的には「絶対それを伝えられないことはない」で、この意味で使うこともあるが、単に否定の強調で「絶対それを伝えられない」の意味で使うほうが多い。ただしインテリ層はこの非論理的な用法を嫌うことがある。

tatxelt
/ [名詞]月極
[形容詞]月極の
[レベル]4
22

tatxeltamoka
/ [名詞]月極駐車場
[レベル]4
22
【用例】
stit tatxeltamoka 月極駐車場を借りる

tauelf
/ [経済]不買、不買運動
[動詞]yulを不買する、不買する
[レベル]4
rd;/「買うもんか」
23
【用例】
ar tauelf a{tel} vienvent = tauelf vienventen 大企業に対する不買運動をする

tavaik
/ [被服]ツーピース
[レベル]4
21

taves
/ [名詞]二人きり、二人ぼっち、ふたりぼっち
[形容詞]二人きりの、二人ぼっちな、ふたりぼっちな、二人だけの
[レベル]4
rd;/
24
【用例】
an aaxa kel van sel l'ans kut nosse tur taves onna,? im ka felez imen cuuks. 「ふたりぼっちだね」と言った夕方の教室を、僕は決して忘れない。
ans et ermes, yan retl et tu fia. ans vano fal hatiana, son ans et vaan taves. 私たちは騎士、敵はこの世界。守るべきは恋心。私たちは、二人だけの軍隊。

tavesto
/ [言語]二重母音
[レベル]4
19

taxem
/ [普通動名詞]加速
[動詞]yulを加速する、加速する
[レベル]4
19
[語法]
論理的に言えば「速くすること」なので、加速ではない。加速は時速1kmから2kmにしても加速といえるが、時速2km自体は遅い。従って正しくはtamimeifというべきであるが、単に長くて面倒くさいので避けている。

taxemati
/ [物理]加速度
[レベル]4
19

taxemov
/ [物理]加速度運動
[レベル]4
19

tayulots
/ [電算]変換キー
[レベル]4
20

taziko
/ [名詞]二者択一
[レベル]4
22

teatria
/ [地名]テアトリア海
[レベル]4
20:ridia:大破壊された海
[文化]
アルシェリア南〜フレスティル西の海。ヴァステでミュールやアルカット大陸南岸が破壊されたことでできた。

teejkleev
/ [地学][気象]西岸海洋性気候区、Cfc区
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

teesmiir
/ [論理]反論
[レベル]4
20

teesvok
/ [言語]否定文
[レベル]4
19

teevelil
/ [化学]クロム
[レベル]4
18:制

teexka
/ [地学]扇状地
[レベル]4
19

teezelil
/ [化学]窒素
[レベル]4
19

teezetesl
/ [名詞]風力発電
[レベル]4
rt;/
24

teezeteslka
/ [名詞]風力発電所
[レベル]4
rt;/
24

teezevian
/ [名詞]風力
[レベル]4
rd;/
24

teg
/ [経済]定価
[反意語]gab
[レベル]4
rd;ate/gart「店での値段」
23:ridia

teglka
/ [名詞]ラジオ局
[レベル]4
rt;/
23

teksaaze
/ [名詞]木の葉吹雪
[類義語]mintsaaze
[レベル]4
rd:ridia;/
24

tektzand
/ [電算]Eメールアドレス
[レベル]4
20

telark
/ [言語]逆接
[レベル]4
rd;/「逆な接続(接続詞ではないのでarkiではない)」
23

telestia
/ [歴史][軍事]連合国、テレスティア
[レベル]4
vl;tel/est/dia「その名に抗う土地」 ミロクに抗う国々の意。
22

telrein
/ [言語][論理]逆説、逆説的な
[文頭純詞]逆説的に、しかしながら、そうとはいうものの、とはいえ
[反意語]haasrein
[レベル]4
20:逆らう線→逆らう流れ
【用例】
rafel e tu senian et kalo ento an na nau, tal tu et telrein xel an ar elf tu. ゴールデンウィークの課題が少ないのは嬉しいが、逆にやる気が起きない。

telslexe
/ [形容詞]ずる賢い、狡猾な
[レベル]4
19:melidia axte

telte
/ [アイテム]テルテ
[レベル]4
古:seren:teは風。lはalで「物」。teが二度来て強調になっている。セレンのデザインした服。たなびくような羽衣がないかと色々探した結果、見つかった絵を参考に考えたもの。リディアに伝えたが理解されず、絵を描いたが下手で分からないといわれた。
[文化]
ヴァストリアの1つ。リディアの持つ羽衣。エルフレインからプレゼントされたもの。薄絹でできていて、腕に絡めてマントのように羽織る。マントのように垂れ下がっているが、先っぽがずっと長い。肩の部分では留めず、もっと長い。左右の上腕部でくるっと何度か先っぽを巻き、そこを支点にして更に腕の下へ先っぽを持って行き、肘の上のところにある腕輪についている収納部で抑えて留める。残った長い先っぽは更に地面に垂らしておく。テルテを纏うと空を自由に飛べるようになる。宇宙空間でも推進力なく行きたい方向へ飛んでいける。

telvas
/ [普通動名詞]迎撃、応戦、抗戦
[動詞]yulを迎撃する、迎撃する
[レベル]4
rd;/
24

telxets
/ [形容詞]背徳的な
[名詞]背徳感
[反意語]haasxets
[レベル]4
rd;/
23

telxlens
/ [名詞]知的教養、教養
[レベル]4
20:melidia xier

telzam
/ [俗語]レズビアン
[レベル]4
20:mel:telmepを登録した際、セレンの「telmepは婉曲じゃなく俗だと思った」という言葉を受け、「俗っぽくするならtelzamだと思うよ。脚と脚を交差させるという感じでしょ」という生々しい説明とともに造語されたもの。

temil
/ [経済]見積もり、見つもり
[動詞]yulを見積もる、見積もる
[レベル]4
sorn
【用例】
ren temil gart. 値段を見積もって。

temtia
/ [アイテム]テムティア
[レベル]4
21:teems/tiia「永遠の愛」
[文化]
ヴァストリアのひとつ。ルノから世界を救った褒美としてリディアがmel21にもらったピアス。任意に7〜25才の姿になれる。セレンの浮気防止策としてリディアが欲した。

teol
/ [名詞]ウィット、機知
[レベル]4
13:制:非teel「無用な争いを避ける」
[語法]
気まずさや相手の無神経な言動、攻撃的な態度などをやんわりとかわして、その場の空気を和らげたり自分に有利な情勢をもたらしたりする、気のきいた言葉やしゃれがとっさに出せる才知。
【用例】
til teol 機知に富む、ウィットがある

teomsovo
/ [数学]無限小数
[レベル]4
23
[文化]
diaalx

teria
/ [政治]テロ、テロリスト
[レベル]4
古:ridia:teria←teeze/eria(冷たい風)
【用例】
teria niit le til fiimbix asexik ok dio ifiimel kont sont osn t'altina lij le til 5 via tolis fo pof. 無精髭を蓄えた優しいテロリストは黄ばんだ歯を見せながら笑うと、5つばかりの幼い少年の頭をポンと撫でた。

tervilet
/ [丁寧]聴覚障害者、聾唖、ろうあ
[レベル]4
rd/;
23

tesa
/ [物理]プラズマ
[レベル]4
13:制:古:tessapli(電気の空気)

tesaxlei
/ [電算]ブログ、ウェブログ、インターネット日記
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

tesjizol
/ [音楽]エレキギター
[レベル]4
21

tesl
/ [普通動名詞]発電
[動詞]yul(主に何ワットなどの量)を発電する、発電する
[レベル]4
13:制:teslad

tesnial
/ [建築]電柱
[レベル]4
23
[文化]
アルバザードは一部地域を除いて地震がほとんどないので電力は地下ケーブルを使用する。従って電柱を街中に見ることはない。

tesra
/ [工学]発電機
[レベル]4
rt:vangard liizel;tes/ra「電気の家」
22

tesrein
/ [数学]x軸→sanl
[レベル]4
19

tesren
/ [地学]トルマリン、電気石
[組み数字]10/10
[レベル]4
19
[文化]
ノアの流れをよくし、結果的にノアを強化する魔石。

tessa
/ [料理]抹茶
[レベル]4
22:alt

tessiz
/ [芸術]電子画板
[レベル]4
19:ねこの郵便屋さん
[文化]
フルカラー&筆圧感知の電子ペーパー。画面に直接描くペンタブレットが電子ペーパーになったもの。

tessolz
/ [建築]電線
[レベル]4
rt;/
23

test
/ [心理]ゲイ、ホモ、同性愛、ボーイズラブ、BL
[類義語]nemp
[反意語]testeel
[レベル]4
13:制:testeel
[文化]
→etim
アルバザードでは同性愛は比較的受け入れられる。アルバザードの性生活は圧倒的に男優位なため、女は閉塞感が強い。恋人が処女であることはほぼ絶対であり、女が風俗に行くこともまずない(中年以降は一部ありえる)。その結果、アルバザードではレズ率がホモ率より圧倒的に高い。女同士の場合、セックスをしても処女のままとみなされることも関与している。
tu evem lunas it axet. yul axet, test mi kont testeel xa ova kliiz. kliiz esset ridia fin dia es tian e seren.

testeel
/ [ユマナ][人名]テステェル
[レベル]4
古:生年その他不詳。神話テステェルのモデルとなった人。
[文化]
レズビアンの女性。おしとやかで、すこぶる美しかったらしい。女性を魅了する不思議な魅力を持っており、魅了された女性は彼女と関係を持ったそうだ。

testeel(2)
/ [人名]テステェル
[心理]レズビアン、レズ、同性愛
[類義語]fianis
[反意語]test
[レベル]4
meltia 61:eres/koolel;e
古:testeel
[文化]
esta
エレスとコーレルの娘。レズビアンだが、自分から襲うことはなく、相手を誘惑して襲わせる。そうやって自分の家系を含む多くの少女をたぶらかしていったが、男には見向きもしなかったために嫉妬され、残酷王フェンゼルによって永久出産の拷問を受ける。

tesxiit
/ [物理]静電誘導
[レベル]4
19

teton
/ [形容詞]義理の、血の繋がっていない
[反意語]erika
[レベル]4
fv;tetona.k「関係性による関係」
24
teton:teton

tev
/ [物理]電圧、電位差
[レベル]4
ryuu:lakta

tevet
/ [魔法]ゴーレム
[レベル]4
zg;teeve/te
24

texa
/ [名詞]便覧、資料集、データベース
[類義語]texra
[レベル]4
16:制:tex

texan
/ [法律]参考人、情報人
[レベル]4
20:melidia xier

texaxk
/ [形容詞][名詞]情強、情報強者
[反意語]texlooa
[レベル]4
al;/「情報に明るい」
23

texdaig
/ [経済]情報税
[レベル]4
lj:seren;/
19:ridia:arbaxelt
[文化]
書籍や音楽などの電子コンテンツを無料でDLするために一年に一度支払う税金のこと。ljのミロク革命で導入された。
コンテンツのデータはアルバザードでは無料で手に入るが、それは情報税を納めているため。情報税の税率や額はコンテンツの内容によって異なる。例えば書籍は国民の民度を上げる重要なものなので、内容がアカデミックであるほど納税額は安く済む。
情報税については著作権が関与することなので、ladanlangを参照すること。

texlooa
/ [形容詞][名詞]情弱、情報弱者
[反意語]texaxk
[レベル]4
al;/「情報に暗い」
23
【用例】
pie xalel (aaa ak texlooa a (aaa yol anser a. 未だにIMEとかwww どんだけ情弱だよwww グーグルIME使えって。

texra
/ [電算]データベース、DB
[類義語]texa
[レベル]4
13:制:データの家

teyo
/ [動詞]yulを盗用する、盗用する、盗作する、パクる
[普通動名詞]盗用、盗作、パクリ、パクり、オマージュ
[レベル]4
古:teyo←teoyolで(悪く使う)

tez
/ [化学]窒素の通称、窒素
[レベル]4
19

tezasl
/ [化学]硝酸
[レベル]4
19

tezm
/ [植物]柳
[レベル]4
lakta:風に揺れるもの

tezmnia
/ [美容]柳髪
[レベル]4
19
[文化]
長髪の前髪が顔を隠している髪。リングの貞子とか、ネギまの宮崎のどかのような髪。女の子が風呂で髪を洗うと多かれ少なかれこうなるので、入浴中の髪の表現としても使われる。

tiaevitpax
/ [名詞]正誤表
[レベル]4
rd;/
23

tialei
/ [言語]ルティア方言
[レベル]4
20

tiani
/ [動物]アメリカンショートヘア、アメショ
[レベル]4
21:ルティア猫
[文化]
人気。

tiant
/ [形容詞]ぐいぐいくる、グイグイくる、ぐいぐい来る、グイグイ来る、よくなつく、よく懐く、熱烈な
[反意語]altiant
[レベル]4
rd;tian/et「カノジョのような」
24
[文化]
rdでセレンが作った語。女は付き合っているときは相手のことを熱心に思うが、別れた途端歯牙にもかけず思い出もうっちゃり捨てて手のひらを返す心ない生き物だということを揶揄して造語した。逆に男は付き合っているときはそっけないが、別れた後もずっと引きずる生き物で、altiantが造語された。つまり女はtianの間はtiantだがtianでなくなるとaltiantになり、男は常にずっとほどほどにaltiantであるということである。

tiapia
/ [言語]二人称
[レベル]4
19:xion

tidado
/ [地学]長石
[レベル]4
19:貧しい石。恐らくほしいものが入っていないという意味。

tierfeme
/ [歴史]大航海時代
[レベル]4
22
[文化]
65 アッティ=メテ、世界一周。大航海時代の幕開け→kepi

tiergana
/ [軍事]領海
[レベル]4
19

tierteeze
/ [気象]海風
[レベル]4
rd;/
23

tiervas
/ [軍事]海戦
[レベル]4
22

tieryulo
/ [地学]海面
[レベル]4
19

tiet
/ [名詞]レイアウト
[レベル]4
14:制:恣意

tifaarn
/ [被服]ハーフコート
[レベル]4
21

tifalx
/ [数学]負数、負の数
[反意語]pokalx
[レベル]4
rd;/
23

tifna
/ [名詞]否定的な、マイナスの気持ち
[反意語]pokna
[レベル]4
20

tih
/ [植物]仁、ケーネル、穀粒、実
[形容詞]肝心の、肝心要の、要の、主要な
[レベル]4
16:制:tishoa

tiina
/ [アイテム]ティーナ
[レベル]4
ridia:古:tiitelからだろう
[文化]
ヴァストリアの1つ。エンナのもつ剣。エンナの母ティーテルから譲り受けたもので、エンナはクミールが振るうにふさわしいと思っている。

tiiren
/ [地学]ムーンストーン
[レベル]4
19:atiililudを嫌ってリディアに付け直されたもの
[文化]
白魔法ハティアの効果がある魔石。tiiarensに似ていることから来ている。アルタレスとアレキサンドライト、軍曹とジルコンといい、しばしば魔石と言葉は関連が深い。アルカは神の言葉であるため、言葉自体が呪文となり効果を持つため。
無色透明のものはヴィルを大量に重合できる。

tij
/ [動詞]yulを踏襲する、踏襲する、踏まえる
[言語]yul(韻を踏まれる元となる単語や文)の韻を踏んでhaas(韻を踏む先である単語や文)に音を合わせる、韻を踏む、押韻する
[普通動名詞]踏襲
[レベル]4
18:tikl
【用例】
re so tu kont tij ant. 私のやったのを踏まえてやってみなさい:antで「私がしたこと」。
lem del "ridia yudia" tijes ridia haas yudia. 「みなしごリディア」という曲はリディアとユディアで韻を踏んでいる。

tijvet
/ [言語]韻、押韻、韻を踏んだ言葉
[レベル]4
18:seren:melidia

tikna
/ [アイテム]ティクナ
[レベル]4
ridia:古:tiknoena「龍の涙」を変えたもの
[文化]
ヴァストリアの1つ。フルミネアのもつ神石。娘のフェルデンを失ったときに竜王ティクノが流した涙が水晶になったもの。

tilma
/ [魔法]ティルマ、防霊力
[レベル]4
20:古txilmain(抱く←体を持つ)。体を抱くように包み込む光であることから。
[語法]
envelen

tilnavaan
/ [軍事]義勇軍
[レベル]4
20

tilsame
/ [言語]属格、所有格
[レベル]4
20
[語法]
属格の表現は2種ある。ひとつはeで、lei e miir(ミールの書)のように使う。ひとつはkenoで、miir keno lei(ミールの書)のように使う。eと語順が逆なだけである。
また、屈折による属格もある。

dia veerのような2語でひとつの単語の属格はdia veerenないしdia-veerenとなる。

<まいった、参った>

所有格を使って「参った、あなたの勝ちだ」という意味の用法がある。これはアルカンスに端を発するものである。
tuan tuan まいった、まいった!、ギブギブ、ギブアップ

timvet
/ [言語]述語
[レベル]4
20:核となる語

tina(2)
/ [遊女][文頭純詞]dina
[レベル]4
21:dina
【用例】
tina mian lyax tyu xa totyal txa. しかし何はともあれこっちじゃ(『狼と香辛料』賢狼ホロ)

tina(3)
/ [言語][文字]標準書体、ティナ書体、ティナ、幼女書体
[類義語]fledilans
[レベル]4
21:milf:luxia→hacm
[文化]
fledilans
・概要

幻京書体 サンセリフ ミディアム スタンダード ローマン
字案(小文字) arxe
字案(大文字) seren arbazard
フォント制作 seren arbazard
21年企画立案、同完成

・特徴

幻字の形を伝えるために使われる最もプレーンな書体。
これを中心に様々な書体が生まれる。
用途が文字の原型を伝えることなので、これ自体をデザイン上で使うことはあまりない。
文字見本、初学者・幼児向け書籍などに用いる。

地球の欧文サンセリフにおける実質的な出版業界の標準であるヘルベチカと比べると、やや正方形寄りになっている。ティナのレギュラーがヘルベチカのファットかブロードに相当する。
アルバザード人は幼字や京極など、正方形の文字に見慣れている。そこで幻字も見本書体はやや正方形に近づけてある。lantiaもtinaに準ずる。
tinaやlantiaの文字幅を用いると、幼字や京極と合わせたときに幻字が浮きづらいという特徴がある。
なお、見本書体以外のフォントのスタンダードは、ヘルベチカのようにtinaと比べてやや狭くなる傾向にある。

・名称

fledilans中ではkardinalと呼ばれる。

tinasl
/ [化学]強酸性
[レベル]4
19:ridia

tindilf
/ [化学]強アルカリ性、強塩基
[レベル]4
19:ridia

tineetan
/ [経済]大株主
[レベル]4
22

tinfen
/ [美容]ベリショ、ベリーショート
[レベル]4
21

tinik
/ [名詞]風呂敷、ふろしき
[レベル]4
22:ditinik

tinivn
/ [音楽]ピアニッシモ
[レベル]4
19

tinkamam
/ [生物]巨乳
[レベル]4
rd;/
24

tinl t'axet
/ [ユマナ]除夜の鐘
[レベル]4
21:年末の鐘

tinmam
/ [生物]豊乳
[レベル]4
rd;/
24

tinpase
/ [料理]強力粉
[レベル]4
rd;/
23
[文化]
pase

tinvien
/ [音楽]フォルティッシモ
[レベル]4
19

tipl
/ [動詞]yulを検討する、検討する、見直しする、見直す、審議する、審査する
[普通動名詞]検討、審議、見直し、審査
[政治]審議
[レベル]4
14:制:lakta/古:taplo→taplだが、taplは既に使われていたため。

tisl
/ [名詞]マスコミ、マスコミュニケーション、マスコミ機関
[レベル]4
13:制:古:tislo(あなたは知っているかの意味。tisaと同根)
[文化]
→beril
・革命とマスコミ

セレンは革命前、マスコミが国民の民度を下げていると糾弾した。berilの文化欄に見られるように、革命で権力者になると、セレンはマスコミを潰さず殺さず、逆に国民の洗脳道具として利用した。マスコミの洗脳能力を買って、国民の民度を底上げするように利用した。統制されたマスコミは司民制においても重要なポジションを取った。

titlil
/ [化学]ナトリウム
[レベル]4
18:制

titonia
/ [美容]ソバージュ、ウェーブヘア
[レベル]4
19

tixxe
/ [遊女][代詞]tisse
[レベル]4
23

toamax
/ [生物]鼻孔
[レベル]4
16:制
[語法]
toajim

toannakl
/ [生物]嗅覚
[レベル]4
21

toarako
/ [医療]鼻炎
[レベル]4
19

toezon
/ [運動][娯楽] ビリヤード、撞球、スヌーカー
[レベル]4
13
[語法]
zon キュー
aoz チョーク
max ポケット
balt クッション
hol ひねり、スピン

tofan
/ [電算]プロバイダー、インターネットサービスプロバイダ
[レベル]4
19

toflgil
/ [経済]預金
[レベル]4
19

tofliva
/ [娯楽]オンラインゲーム、オンゲー
[レベル]4
22

tofvet
/ [電算]ネット用語
[レベル]4
al;/
23

toialfons
/ [普通動名詞]リストラ、リストラクチャー、リストラクチャリング、人員削減
[動詞]yulをリストラする、リストラする、人員削減する、削減する
[類義語]toikork
[レベル]4
al;/
23
[語法]
toialfonsは人のリストラ。toikorkは部門などの削減や撤退。

toiimoe
/ [美容]コンディショナー
[レベル]4
vl;/
23にセレンが造語したがその後リディアの辞書を見たら同じ語形で既に登録済みだった。
[文化]
コンディショナーは、髪の表面をカバーするという点では、リンスに近いけど、リンスよりも髪の表面のコンディションを整える力が強いもの。

toikork
/ [普通動名詞]リストラ、リストラクチャー、リストラクチャリング、部門削減、削減、部門撤退、撤退
[動詞]yulをリストラする、リストラする、削減する
[類義語]toialfons
[レベル]4
al;/
23
[語法]
toialfons

tokokui
/ [名詞]偏食
[レベル]4
21

tokokuian
/ [名詞]偏食家
[レベル]4
21

tolftulf
/ [医療]プール熱
[レベル]4
19:ridia
[文化]
レイユ前期において、学校の合宿の時期に増える病気であることから名づけられた。子供がかかりやすい。何気に韻を踏んでいる。

tolkho
/ [生物]大腿骨
[レベル]4
22

tolvador
/ [軍事]トルヴァドール、トルバドール、抗魔筐、こうまきょう
[アクセント]tolvadOr
[レベル]4
rd;tol/vador「全国」
[文化]
kalkovel

toma
/ [名詞]身分証明書
[レベル]4
14:制:tonmas
[文化]
アンセに内臓されている。

tomoe
/ [地名]トモエ、ともえ、巴、巴市
[弓道]武射系
[アクセント]tomoE
[レベル]4
21:alt
[文化]
ルティア西部の都市。かつてアルティアと戦争をしたときの要所で、トモエ陥落がルティアの敗因となった。支配される前の名はflandirで、現在では街の名として残っている。行政区分は県。県庁はトモエ県トモエ区トモエ市所在。

tomokali
/ [名詞]切腹、腹切り、トモカリ
[アクセント]tomokalI
[類義語]nakili
[レベル]4
sm;alt
21
[語法]
nakiliはアルバレンでtomokaliの訳語。tomokaliが正統な凪霧。
[文化]
アルティアの奇習。不徳を働いた武士が腹を割いて自害する風習。

tomvim
/ [生物]腹筋
[レベル]4
24<22

tonto
/ [名詞]ジョブ
[名詞]職業
[レベル]4
古:官位
[語法][文化]
envelen
ジョブの場合、仕事の意味ではない。ファイナルファンタジーのジョブといえば分かりやすいだろう。戦士や魔導師などがある。
rdまでは実在したが、ナディア以降は人類の衰退とともに消えた。アティーリはジョブチェンジやダーマの神殿に当たるものはない。生まれ持っての素質に後天的な訓練の結果、ジョブが決まっていく。リディアのように思春期以降急激に召喚士の能力を開花させたのはレアケース。
【用例】
miyu tonto i frein al artan 魔法使いから戦士に転職する

tontomiyu
/ [娯楽]転職、ジョブチェンジ、クラスチェンジ、ジョブチェン
[レベル]4
22

tooklox
/ [生物]直腸
[レベル]4
19

tooknif
/ [言語]終了相
[レベル]4
20
[語法]
状態動詞の一端、事後段階の一端、外相の一端。
非単位動詞の右端点。
「〜しおわった、〜な状態からの脱却」という意味。

tool
/ [生物]竜、ドラゴン
[レベル]4
古:tuunoからか
[文化]
歩くタイプのドラゴン。

toolden
/ [名詞]トールデン、トール人、地竜人
[レベル]4
20:ridia
[文化]
アルバザードとケートイアに住む民族。アルバザードは混血が進んでいるので、現在ではケートイア人のほうが純度が高い。骨格が華奢で色白で、背は飛竜人より低い。体格が全体的に飛竜人に劣る。飛竜人より小柄な民族で、牧畜より農耕を営んできた。髪は茶色で目も茶色が多い。

toolpol
/ [地名]地竜方
[レベル]4
20:ridia
[文化]
北方のうち、アルバザード・ケートイアを指す。地竜人が住む。

toozegalf
/ [天文]天の川、ミルキーウェイ
[軍事]侵攻ルート、攻撃ルート
[レベル]4
20:トーゼ川の銀河
[文化]
ファルアモンのヴェガがリディアのアルタイルを襲うために通る川状の銀河であることからこの名が付いた。リディアで川というところからサプリ村のトーゼ川が選ばれた。

topl
/ [料理]マドレーヌ
[レベル]4
20:melidia xier:古:xitoxipl(バニラケーキ)を短くしたもの。
[文化]
rdでリディアが作ったのが最初。貝型のものはなく、円形の型を使う。

torte
/ [丁寧]吐息、息、トルテ
[類義語]xef
[レベル]4
21:tor/teeze
[文化]
主に美少女に用いる。

totalvaxtan
/ [名詞]何でも屋、問題処理屋、問題解決屋
[レベル]4
rd;/
23

totti
/ [料理]タルト
[レベル]4
lakta

toxarka
/ [言語]先代アルカ
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt
[文化]
■現実では

リーザが作った使徒用暗号。アティーリではソーンとの戦闘のためにリーザが第二アルカを改変したもの。ユマナでは同じ目的でリーザが作った人工言語。語彙は少なかったが、古アルカに影響を与えている。

リーザがユーアの助けを借りて作った使徒用暗号。制作完了の年月日が明瞭で、彼女の日記によると、メル−9年メルの月ジールの日(1980年6月4日)にできている。この暗号には名がなかったのでセレンが先代アルカと名付けた。初代アルカと同じくこれもアルカの一種ではない。
先代アルカの語彙は10数程度だとかつて思われていたが、派生する語や未知の語があったため、実際の語彙数は100 を超える。ジェスチャーでも口頭でも筆記でも同様の命題が伝わるようになっているという点で特徴的である。
先代アルカから制アルカに流入した語はem、dad、sor、xivのような基本語が多く、jamのような身体語彙にも見られる。またhacma(厳密には初代アルカ)やrsiilaなど、アシェットに関する語彙にも流入している。

tran
/ [形容詞]高尚な、崇高な、高貴な
[反意語]beril
[レベル]4
fv;e
alakta
tran:tran:tran
[文化]
→antel
高尚、知的、美麗、敬虔など、アルバザードの代表的な価値観のうちのひとつ。
【成句】
sentant mil durne tran. 高尚な夜をありがとう(seren arbazard『NAD』)
【用例】
la et tran. 彼は高尚だ。

tranati
/ [名詞]高尚さ
[レベル]4
22

trenlizno
/ [政治]刑罰庁
[レベル]4
20
[文化]
事務省下。刑務所の管理、刑罰の実行などを担当する。公開処刑制度なので、死刑の実行も行う。
日本やヨーロッパと違い、死刑執行人は奴隷や身分の低い者でなく、むしろ高徳な役人が行う。刑罰庁には死刑専門の担当官がおり、どれも位が高い。→adisant

trenoz
/ [法律]罰則、ペナルティ
[レベル]4
rd;/
24
[語法]
法令の中で違反行為に対する刑罰または過料を科する旨を定めている規定のこと。

trenvant
/ [法律]罰法
[レベル]4
20:罪でなく罰の法。disvantだと、ほとんどの法がdisvantに当てはまるため。
[語法]
刑法と民法の総称。

trest
/ [名詞]試練
[レベル]4
古sorn
[語法]
何かのために乗り越える苦難のこと。rdでリーザがルティアの王位継承権を巡って行った洞窟巡りのようなものを指す。

trim
/ [化学]電子
[レベル]4
alakta

tromekia
/ [人名]トロメキア
[組み数字]3/16
[レベル]4
meltia 37:ardu/esta;e

[文化]
esta
エスタの第3子。女。

tselt
/ [被服]ブレザー、ツェルト
[レベル]4
meltia 291:luno;e
23

tsul
/ [名詞]双方向
[形容詞]双方向の、可逆な
[交通]一歩通行でない道
[化学]可逆
[反意語]koret
[レベル]4
f;lは「物」
赤:相互の

tukka
/ [名詞]植物園
[レベル]4
rd;/
23

tuksap
/ [名詞]二酸化炭素の日常表現、二酸化炭素
[レベル]4
19:ilmus:ridia:植物が(昼に使う)空気

tukui
/ [農耕][植物]穀物
[レベル]4
古:har:tukui(食用植物)。tu(土の)/kui(食べ物)。「土が作った食べ物」
[文化]
アルバザードでは主に小麦、大麦、ライ麦、米などを指す。

tulfbal
/ [物理]比熱
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt:熱の壁。この値が高いほど熱すのに大きな熱が必要になることから。

tulfdu
/ [物理]熱量
[レベル]4
19:tulfalxにしようと思ったが、「熱を比較したり数値で測ることのできるものとして捉えたもの」という定義に従うと、duがふさわしい。

tulfpol
/ [地名]灼方
[レベル]4
20
[文化]
ファルファニア(ファベルの)、アメルテ、アステルト、ディシリウス、ガーヴィ、アルガーヴ、ミディートの地域。広範囲に渡っている。元々ガーヴィやアルガーヴはアステルトの横に接していたため。
ミディートが含まれるのは、ファルファニアやガーヴからの移住者が多く、ルティアとは別の王国を築いたため。

tulftaf
/ [普通動名詞]除熱
[レベル]4
19

tulgart
/ [経済]物価
[レベル]4
21
[文化]
アルバザードは日本に比べ、食料品の物価が高い。その代わり質が高い。
主食となる穀物は安く、利食も多くは生産量が多いため比較的安い。嗜好品は高くなり、酒類はワインなど一部を除いて極めて税金が高いため、価格が高い。例えばケーキは高いがパンは安く、焼酎は高い。
日本と比べて明らかに値段の差があるものはチーズ。チーズは非常に安価である。
意外なところだと、蕎麦、醤油、味噌、大豆製品はアルバザードでも生産されているため安価。フルーツも全体的に安価だが、アルバザードで取れないマンゴーなどは高価である。
魚は西洋と比べて安価。逆に肉は西洋より高価。ただし鶏肉は除く。牛肉の消費量は少ないものの、乳製品は安価。
逆にチョコレートなど、菓子類は非常に高価。ただしガムは安価。

家賃は安価。水道電気光熱費などのインフラも安価。通信費も安価。
タクシーは日本並みで、高価。人力車は安価。
衣料品は高価だが、医療費は安価。交通費はやや高価。
ヤマダ電機のような大型チェーン店がないため、機械類は高価。
外食は高価。反面、喫茶店は安価。
美術館等文化施設は安価。映画は日本並みだが、演劇やサーカスは日本より極めて安価。
性産業はインプレンの発達により安価だが、いわゆるキャバクラなどの酒が入るところでは高価。
学費は条件にもよるが、原則無料。

tulmepi
/ [化学]対物レンズ
[レベル]4
rd;/
23

tulmiyu
/ [化学]化学変化、物質変化
[レベル]4
19

tulo
/ [物理]物理
[レベル]4
19:seren:tul/oz(物に働く法則。神話では最初に運動から研究され出したため)

tulofel
/ [物理]物理学
[レベル]4
19
[文化]
カコから研究されていた。物体の運動から最初に研究されだした。化学ほどリュウは貢献していない。
現実にはセレンがほとんど名付けた。制で作った単語もかなり残っている。

turfelan
/ [名詞]在校生
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

turgart
/ [経済]時価
[レベル]4
19

turmel
/ [言語]現在時制
[名詞]現在
[レベル]4
21

tusvakl
/ [農耕]半農半牧、混合農業
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

tuttivaan
/ [軍事]陸軍
[レベル]4
19:地の龍トゥッティの軍

twak
/ [名詞]リゾート地、リゾート
[レベル]4
19:twaayu/ka
【用例】
an ket twak e saezon ok xite. 家族でスキーリゾートに行った。

twarzel
/ [人名]トワーゼル
[組み数字]16/16
[レベル]4
meltia 50:ardu/esta;e

[文化]
esta
エスタの第16子。女。

twenlizno
/ [政治]慈恵庁
[レベル]4
19
[文化]
召還省下。低所得者への生活保護、炊き出し、税務庁との協同で高所得者からの喜捨の拝受などを行う。かつてカルテ神の恵みを受けたものを配給していたことから、召還省下に置かれる。

twennakea
/ [企業]トゥウェンナケア
[レベル]4
21
[文化]
日清に相当する企業。戦災時・騒乱時・災害時に配給係りとなったことで名を馳せた。

txa
/ [経済]需要、デマンド、ニーズ
[レベル]4
13:制:古:txu(必要)
【用例】
esn til txa im tuo. 最近、傘の需要がある。

txa(2)
/ [遊女][文末純詞]a, e
[レベル]4
21:xa

txalkolm
/ [政治]大統領制
[レベル]4
19

txapoxet
/ [経済]需給
[レベル]4
19

txe lukka
/ [人名]チェ=ルッカ
[組み数字]12/14
[レベル]4
語源不詳
[文化]
(→-9 pal vio)第4期3代アルシェ第12使徒。男性。

txe(2)
/ [組み数字]12/14
[レベル]4
語源不詳

txia
/ [遊女][代詞]tyu
[レベル]4
21:xiia
【用例】
txia jinx xen tyu emo in tyu temtem/hethet xete? この耳と尻尾を見ればわかろ?(『狼と香辛料』賢狼ホロ)

txian
/ [遊女][代詞]tuan
[レベル]4
21:txia

txika
/ [植物]パパイヤ
[レベル]4
seren?:lakta
[文化]
珍しい果物で、あまり食べられない。

txikl
/ [名詞]藁、わら、ワラ
[レベル]4
fv;fovet。チクチクするオノマトペから。
13:制:チクチクするもの
txikl:txikl

txil
/ [生物]ふところ、懐
[レベル]4
19:古txil(持つ)
[語法][文化]
セリアのような服の場合、横から手を差し入れる形で懐ができる。アルセリアの場合、差し入れる隙はない。ボタン式の服の場合、ボタンを外して横から差し入れる部分が懐となる。
【用例】
txil kai 広い懐

txin
/ [名詞]鈴、ベル
[類義語]milei
[レベル]4
fv;fovet


txinkaki
/ [生物]男性の尿道口、鈴口
[レベル]4
19

txipavl
/ [経済]バブル経済
[レベル]4
19

txippile
/ [料理]カプチーノ
[レベル]4
16:制

txol
/ [動詞]yulを研ぐ、砥ぐ、とぐ
[レベル]4
13:制:txe
txo:
[語法]
鉛筆などは研げない。先を尖らす(pil zomk)という。

tyu(2)
/ [遊女][代詞]tu
[レベル]4
21:tu

tyuain
/ [植物]アネモネ
[レベル]4
15:制:tyuamina(テュアの花)

tyur
/ [普通動名詞]決断、決意、決心
[動詞]yulを決断する、決意する、決心する
[レベル]4
rd; 24

u ralral
/ [地名]ウ・ラルラル
[レベル]4

[文化]
アルティアの南側にある自治区。オタク産業の中心地。神なる二次元の国。ここのアルティア人はlとrの区別をするため、lalでなくralという。
古では日本のようなIT技術国を指した。

uilov
/ [文化]上向きの放物運動
[レベル]4
19

uilrein
/ [数学]上向きの放物線
[レベル]4
19

uilteeze
/ [気象]谷風
[レベル]4
fv;/
23

uudegil
/ [名詞]慰謝料、見舞金
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt
[文化]
犯罪被害者はそれが自作自演の場合を除いて、加害者から慰謝料をもらえる。また、加害者に財産がない場合、税金から賄われる。無駄な道路に金は使うくせに、被害者の慰謝料を払ってやる気などない日本とは根本的に違う。
離婚や別居の場合、過失があるほうが支払う。

vaanarnon
/ [政治]軍務省、軍部省
[軍事]軍部
[レベル]4
19:ilmus:ridia

vaanlem
/ [音楽]軍歌
[レベル]4
21

vaanlizno
/ [政治]軍務庁
[レベル]4
19
[文化]
軍務省下。軍隊を直接取り仕切る。

vaasa
/ [サール]ヴァーサ
[レベル]4
古:vaasa←vas。テームス戦を除いて天で行われた戦いは殆どなく、大抵星の上で行われたことからサールになった。
[文化]
争い、戦い、戦争、勝敗、勝利、敗北、勝負を司る。

vadezim
/ [政治]死票
[レベル]4
19:敗者に投じた票

vadgel
/ [軍事]マシンガン、機関銃、機銃
[レベル]4
rt;/「早撃ち銃」
16:制
[文化]
rdから魔法式の機関銃ができ、nd以降もそれに似せたものを作ろうと試作が練られ続け、やがてrtで空気圧機関銃が開発されたのが始まり。

vadger
/ [植物]二十日大根、ハツカダイコン、はつかだいこん、ラディッシュ
[レベル]4
16:制

vadklel
/ [ユマナ]ウィキペディア、ウィキ、wikipedia
[レベル]4
20:語源が「早い事典」であることから

vadl
/ [動詞]yul(敵国)を殖民する
[普通動名詞]植民
[レベル]4
13:制:sad:vadokal「勝利の土地」が原義。

vadnipl
/ [植物]インゲン、インゲン豆
[レベル]4
16:制
[文化]
単体で食べられることはないが、煮物など、料理に入れられる。

vaes
/ [経済]在庫、在庫品、ストック
[レベル]4
13:制:vae

vaf
/ [動詞]yulをiから搾取する、搾取する
[普通動名詞]搾取
[レベル]4
13:制:古:vifuto
【成句】
el vaf ax i kuz siet set luus. 馬鹿は殺さず絞るべし(liiza lutia)

vaifal
/ [軍事]兵役、服役
[レベル]4
rd;/
23

vaikart
/ [魔法]個別魔法。個別に向けて撃つ。
[レベル]4
22

vaim
/ [名詞]マッチョ
[レベル]4
fv;vivi/main
24

vainox
/ [政治][軍事]徴兵
[動詞]yulを徴兵する、徴兵する
[レベル]4
19
[文化]
アルバザードに徴兵制はない。

vakl
/ [普通動名詞]牧畜
[動詞]yulを牧畜する、牧畜する
[レベル]4
19:vakn/lab

vaklan
/ [名詞]牧畜者
[レベル]4
19:ilmus:ridia

valat
/ [形容詞]堕落した
[動詞]yulを堕落させる、堕落する
[再帰動名詞]堕落、腐敗
[反意語]falset
[レベル]4
20:ridia:vat latia(地獄を待つような)。 参考:fire:@19
【用例】
lans valat 堕天使

valfink
/ [数学]四面体
[レベル]4
19

valma
/ [アイテム]ヴァルマ
[レベル]4
ridia:古:語源不詳:→sertia
[文化]
ヴァストリアの1つ。クミールのもつ大鎌。セルティアと並ぶ。クミールはセルティアとヴァルマの二刀流で戦う。

valnim
/ [名詞][形容詞]フルカラー、カラー、4C
[レベル]4
rd;/
24

valwalil
/ [名詞]四椏、よつまた、四また
[交通]四叉路
[俗語]四股
[レベル]4
rd;/
23
【用例】
seren tilat valwali im kaian xalt alka. セレンは大学時代に最大四人の女性と同時に付き合っていた。

vamp
/ [名詞]統計
[レベル]4
13:制:古:vuuma(統計)
vuuma:vuuma

vampet
/ [動物]ハヤブサ、隼、ファルコン、はやぶさ
[レベル]4
20:lakta:vamp。以前はvamtで、vemtと似すぎたため。
vamp:vampet:la vangard
【成句】
knak yun vampet ハヤブサのようにまっすぐな:猪突猛進

vamsool
/ [名詞]蛮行、暴行、乱暴
[レベル]4
19:ilmus:ridia

vamyu
/ [名詞]暴徒
[名詞]大がかりなストライキ、大々的なデモ
[レベル]4
f;vaはviで力。
赤:暴れた

vandit
/ [形容詞]リディアの望まむような
[反意語]yutia
[レベル]4
rd;val/dia/te「リディアに背くような」。ソーンの反意の接頭辞val-の音が変化したものに、リディアのdiaと「ような」のteがくっついたもの。
24
[文化]
yutia

vandom
/ [名詞]攻撃方法
[レベル]4
21

vangard
/ [交通]クロスバイク、トレッキングバイク、フィットネスバイク、スピードバイク、アーバンバイク、コンフォートクロス、ヴァンガード
[類義語]yame
[レベル]4
al;szkの「隼」から。
24
[文化]
アルバザードで最も普及しているタイプの自転車。舗装道も山道も行けるというハイブリッド型で、場所を選ばず自分の力でどこまでも行けるというコンセプトが受け入れられた。
現実のリディアが最もカッコいいと思う乗り物で、現実のセレンが最も乗りこなしている乗り物でもある。セレンはこれを使って埼玉から京都まで行ったことがある。ちなみにリディアが最もカッコいいと思う乗り物は厳密に言えば飛竜艇なのだが、それは現実にはないので、現実の範囲内ならクロスバイクが一番ということになる。リディアの価値観では、車やバイクのように機械の力に頼って自分は楽して走るというのは情けなくカッコ悪いらしく、クロスバイクのように自分の力でどこまでも自由に進んでいくのは男らしくて憧れるとのこと。

vanoarba
/ [軍事]ヴァノアルバ、国家特殊防衛部隊ヴァノアルバ
[レベル]4
古?
[文化]
アルバ3世が集めた私兵団。rdの時代が全盛で、その強さは国軍をも凌いだ。rdではテームスの封印を強めに出向いており、国内にほとんどいる機会がない。

vanodia
/ [アイテム]守護剣ヴァノディア、ヴァノディア
[レベル]4
ridia:古:vanoは守るで、diaは「夢」の意味。diaは『幻想話集アティーリ』が昔「リディアの話」と呼ばれていたことからとったもので、ridiaからriをとったもの。そしてdiaは古で「夢」なので「夢を守る」という意味。ここの夢は『幻想話集アティーリ』の世界を指すから、vanodiaはテームスから守るという意味。だが、これには裏の意味がある。diaは掛詞としてリディア本人をも指す。従ってこの剣は「リディアを守る剣」という意味にも取れる。そして実はその裏の意味を読み取らねばなぜリディアがこの剣をセレンの剣にしたのかが分からなくなる。
[文化]
ヴァストリアの1つ。セレンのもつ守護剣。『幻想話集アティーリ』でセレンがヴァルファントと一騎打ちをして勝利した際に褒美として貰った剣が元。セレンはその剣でデームス最強の剣士キルセレスと戦い、打ち破る。キルセレスが滅んだとき、セレンの剣にキルセレスの力が流れ込んできた。そうしてキルセレスの力を得たその剣は紛れもなく最強の剣となった。セレンは剣に「大召喚士リディアを守る」ということと「霊界を守る」ということを掛けてvanodiaと名付けた。

vanoerivoxn
/ [生物]白血球
[レベル]4
19:体を感染から守る

vanolang
/ [政治][軍事]自衛権
[レベル]4
19

vanolizno
/ [政治]保護庁
[レベル]4
19
[文化]
軍務省下。救急車はこの管轄。また、遭難者をヘリなどで救うのもこの管轄。

vanomiir
/ [アイテム]ヴァノミール
[レベル]4
ridia:古:vanokmiir「クミールを守る」
[文化]
ヴァストリアの1つ。ラヴァもつ大鎌。

vanoms
/ [悪魔]ヴァノムス
[レベル]4
meltia 0:acma;vano/teems
古:vanoms←vanoteemsから。「テームスを守る」。
[語法][文化]
アルマにヴォテムを加えた五匹の悪魔の総称。

vanon
/ [名詞]ヴァノン、ヴァノン特殊部隊、シオン親衛隊、シオンの幹部
[組み数字]6
[レベル]4
古:vanon←vanoxion
[文化]
アルティス教の始祖、とりわけアルシオン派の始祖であるシオンの親衛隊。それぞれアルシオン派を構成する上で重要な役割を持っていた。人数は男女3人ずつで、全員本名は別。twarは女で財政を担当した。arhanは男で外交を担当した。narteは男でアルティス教の戒律を担当した。xartは女で事務を担当した。lusonは女で派の決定内容の実行担当者。そしてmiroxは男でアルテとの交信を担当した。

vanort
/ [政治]摂政、ヴァノールト
[レベル]4
20:vano/古hart(陛下をお守りする)
[文化]
yuuma 5491 ミハリルが崩御。10歳のペティが即位する。アトラス史上ありえないことで、物議をかもすこととなった。結果、ユキナが政治を見る摂政という地位についた

vanos
/ [動詞]yulにユノを全放射する
[普通動名詞]ユノ全開放射
[レベル]4
古:vanoは守るように或いは囲むように全放射するユノ。sはsoから。
[語法]
消費量は多いが、雑魚敵を一掃できる。

vanoseren
/ [アイテム]守護剣ヴァノセレン、ヴァノセレン
[レベル]4
ridia:古:vanoserenは「セレンを守る」の意味。
[文化]
最強のヴァストリア。ラルドゥラのもつ守護剣。霊界で最も強い力を秘めた剣。その力を解放するとアルデのみならずテームスさえも破壊してしまいかねないため、テームスが強力な封印をかけて暴走を食い止めた。だがその後その剣は行方をくらませてしまう。以降はずっと歴史上から消え去っていたものだが、rdでアンテの手に渡った。アンテは一度だけその剣を抜いてテームスを切りつけたところ、途端にテームスは大打撃を受けた。あまりの威力に恐れたアンテはすぐさま剣を鞘に収めたが、それでも剣は暴走してしまう。剣が鞘を離れていた時間はたった1秒にも満たなかったが、その剣の暴走で周辺の空間にあったものを全て破壊してしまった。アンテはその剣を恐れ、2度と抜かないと決めた。悪魔キルセレスでさえその剣には近づこうとしなかった。アンテはやがて息子のラルドゥラに剣を託すと、ラルドゥラは剣にヴァノセレンと名付けた。

vante
/ [言語]冠詞
[レベル]4
21:lt >< vat
[文化]
ルティア語などに存在する。

vantispit
/ [軍事]兵科
[レベル]4
19:ridia

varde
/ [アイテム]ヴァルデ、魔杖ヴァルデ、魔杖(まじょう)ヴァルデ
[レベル]4
17:制:古
[文化]
ヴァストリアの1つ。リディアのもつ魔杖。ティクノが悪魔ヴァルテに投げて致命傷を負わせた杖。最強の魔力を秘めている。ティクノからアルデスへ渡り、アルデスからリディアに渡った。リディアはこれを使って復活した悪魔ヴァルテを倒した。
【成句】
varde ik sord. ヴァルデは掲げられた:賽は投げられた。リディアがrdでテームスを殲滅すると宣言した際、セレンに介助されつつヴァルデを高らかに民衆の前で掲げたことから。

vardopm
/ [名詞]通行証
[レベル]4
rd;/
24

varet
/ [名詞]忌むべきもの
[形容詞]忌々しい、いまいましい、憎々しい、憎ましい
[レベル]4
rd;varae/et「憎むような」
24
【用例】
na varet 忌々しく思う、忌々しげに
&ok elet varet 忌々しく。これだと本人の表情が他人から見て忌々しいの意味になる。本人が変な顔をしているという意味になるのでアウト。ok elet varetanでも他人を忌々しくさせるようなイラつく顔という意味なのでダメ。忌々しげに思っているならna varet一択。
mal varet 忌々しい記憶
an na varet on xante e fis yun alfaal. 満月が日食のように忌々しい。

varfont
/ [名詞]経路
[レベル]4
rd;/
23

vartina
/ [アイテム]ヴァルティナ
[レベル]4
ridia:古:「強いあなたの心」の意味だそうだ。
[文化]
ヴァストリアの1つ。リュウのもつ神槍。

vartmam
/ [生物]爆乳
[レベル]4
rd;/
24

varzonapa
/ [ユマナ][音楽]ト音記号
[レベル]4
19

vasano
/ [軍事]戦略
[類義語]vasom
[レベル]4
20

vasapl
/ [軍事]戦艦
[レベル]4
23

vasenvi
/ [名詞]戦闘能力、戦闘力
[類義語]vasvian
[レベル]4
rd;/
24

vask
/ [軍事][動詞]yulに軍事的に侵攻する、侵攻する、侵略する
[法律][動詞]yulの権利などを侵害する、侵害する
[普通動名詞]侵攻、侵略、侵害
[レベル]4
19:ilmus:ridia?:vas/ke

vaskles
/ [軍事]戦況
[レベル]4
19:リディアの書

vaslang
/ [政治][軍事]交戦権
[レベル]4
19

vasna
/ [アイテム]ヴァスナ
[レベル]4
ridia:古:vasnao(戦いの琴)
[文化]
ヴァストリアの1つ。ネーネのもつ神琴。これを弾く間、敵にかかっている魔法が解け(lartの効果)、同時に味方のヴィルが上昇する。また、歌魔法の効果を高める。

vasom
/ [軍事]戦法、戦術
[類義語]vasano
[レベル]4
20:melidia xier

vaspaz
/ [軍事]戦歴
[レベル]4
21

vaspran
/ [軍事][娯楽]宣戦
[動詞]yulに宣戦布告する
[普通動名詞]宣戦布告
[レベル]4
22

vasr
/ [物理]ヴァスル、電気抵抗
[レベル]4
古:元はvasiire「戦う(抵抗する)電気」
[語法]
1イーヴァの電流を流すためにその両端に1イレットの電圧をかけねばならない時の電気抵抗。オームと比較。

vastom
/ [名詞]戦い方、戦闘法、戦術、戦略
[レベル]4
21

vasvian
/ [名詞]戦力
[類義語]vasenvi
[レベル]4
rd;/
24

vate
/ [動詞]yulをaに籠城させる、篭城する、引き篭もる、閉じこもる、引きこもる、閉じ篭もる
[再帰動名詞]籠城、篭城、ひきこもり、引きこもり、引き篭もり、閉じこもり、閉じ籠り、ヒッキー
[レベル]4
f;vaは戦う

vate:vate:vate
【用例】
an vate van nos a fia nil olta tu et kloa olte l'el rik vil nos it. 幸せな世界に閉じこもる。たとえそれが抜け出せない輪廻の物語であろうと。

vatie
/ [名詞]大洋、大海原、大きな海、大海
[レベル]4
19:vark/tier
[語法]
ヴァルク海のような大洋のこと。

vatiktuumi
/ [俗語]キタコレ、キタコレ、ktkr
[レベル]4
al;/「これを待っていた」
23
【用例】
"hqm, see ti siina wel lanta lot haluhi suzumiya?"
「ふーん、で、君は涼宮ハルヒのキャラで誰が好きなの?」
"ouf (aaa kuyu tu et asm palv del vatiktuumi aata (aaa
wat wat wat (aaa beami kuk mifel tofvet del vatiktuumi tis (aaa
saa mon beami siina haluhi, tal yon elf tu lex failklei
tet manamikamidia ento na nos et zal ont imyu anflenzel (aaa beami mixes ilt iten dan simonz (aaa
dopufo (aaa mifel leik konset lunak i kuo beamit sin (aaa arte, anpent, anpent (aaa
diin hak sen axtan lades axkel nagato lex yuuyu xalt friskev (aaa
ol el vais tu i kalte flon kal kok beami, (aaa son friskev e yuubelt xita fok
kamalan e ginakl iltes lu lanta (aaa
selfati e mikulu asahina et (aaa
fokanupou (aaa tu mesa fit xalte del beami yun lulian (aaa
beami de lulian tis anflenzel (aaa kopoo"
「オウフwwwいわゆるストレートな質問キタコレですねwww
おっとっとwww拙者『キタコレ』などとついネット用語がwww
まあ拙者の場合ハルヒ好きとは言っても、いわゆるラノベとしてのハルヒでなく
メタSF作品として見ているちょっと変わり者ですのでwwwダン・シモンズの影響がですねwwww
ドプフォwwwついマニアックな知識が出てしまいましたwwwいや失敬失敬www
まあ萌えのメタファーとしての長門は純粋によく書けてるなと賞賛できますがwww
私みたいに一歩引いた見方をするとですねwwwポストエヴァのメタファーと
商業主義のキッチュさを引き継いだキャラとしてのですねwww
朝比奈みくるの文学性はですねwwww
フォカヌポウwww拙者これではまるでオタクみたいwww
拙者はオタクではござらんのでwwwコポォ」
(83 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[]2008/04/23(水) 00:15:50.87 ID:d61TZKea0)

vatinsapia
/ [医療]被害妄想
[類義語]sersapia
[レベル]4
rt;/
23

vaton
/ [音楽]楽屋
[レベル]4
21:vat

vavate
/ [運動]ジム、スポーツジム、フィットネス
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

ved
/ [形容詞]非合法、不法、違法
[反意語]haix
[レベル]4
14:制:語源不詳

vedl
/ [普通動名詞]不法侵入、侵略、侵入、侵攻、侵食
[動詞]yulをaに侵入させる、侵入する、侵食する、浸食する、精神などを食う、食い滅ぼす、蝕む、むしばむ
[レベル]4
19:melidia alis:vedlat
【用例】
arbazard vedlat a keetoia. アルバザードはケートイアに侵攻した。

veel
/ [言語]音節、シラブル
[レベル]4
19:恣意

veerakt
/ [名詞]最後の会談、別れ
[レベル]4
19:xion
[文化]
単なる別れはdoovaであるが、もう二度と会わない場合はladoovaという。もう会わないことが前提である。遠くに引越したり死別したりしたときに使う。相手もladoovaと返す。ladoovaはこのように物理的な距離が遠のく永遠の別れを指すが、精神的な別れも表わせる。職場恋愛の恋人同士が別れるときもladoovaといえるが、これは恋人という関係にある相手との永遠の別れを指す。職場でまた明日顔を合わせるが、そのときはもはや恋人ではない。少なくとも恋人としてのその人とは永遠にさようならをしたわけである。このように精神的な意味でもladoovaが使える。また、死別した相手に冥福を祈る場合は特にxilmaという。相手は無論何も返せない。死んだ人の家族はsentantと返す。また、相手と別れるときに「奥様によろしくお伝えください」と日本語では言うが、この習慣はアルバザードにない。相手の妻に配慮する際は、「奥さんはお元気ですか」などと聞く。

veervand
/ [名詞]ファイナルアタック
[法律]暴徒の命がけの暴発
[レベル]4
20
[語法]
どうせ自分はもうこれで終わりだと思った人間が取る行動は主に自殺か暴発である。日本人は性格的に自殺が多いが、自己主張の強いアルバザード人はこんな風になったのは世の中が悪いと思って暴れることが多く、自殺よりも他人を巻き込んだ暴発を行いがちである。これをファイナルアタックという。死刑覚悟、ないし犯行後に自殺することを前提とする。
良い意味では、仲間を助けるために敵に最後に決死の一撃を加えることも同じくファイナルアタックという。

veid
/ [地学]ベリル、緑柱石。これに色が付いたものがアクアマリンやエメラルドなどと呼ばれる。
[レベル]4
19:veiren/dol。意味的な逆成。

veilil
/ [化学]ベリリウム
[レベル]4
18:制

veina
/ [地球の国名]ロシア
[レベル]4


veinaple
/ [政治][軍事]ヴェイン・アプレ、富国強兵
[レベル]4
19:「より多くの帆を」
[文化]
ナディアに行われた植民地拡大政策で、日本における富国強兵に相当。

veinkad
/ [経済]強国
[レベル]4
19
[語法]
vienkad

veiren
/ [魔法][地学]ヴェイレン、エメラルド、緑柱石(エメラルドとしての)
[組み数字]4/10
[レベル]4
meltia 10:ludo;veeyu/ren
17:ridia:ヴェーユの宝石
[文化]
→dolmiyu
ノアの魔石。

veis
/ [政治]議会、議院
[レベル]4
20:ridia:vei:13:制:語源不詳

veisan
/ [政治]議員、国会議員
[レベル]4
20:ridia

veisiat
/ [政治]議院内閣制
[レベル]4
19

veisvels
/ [政治]議会政治
[レベル]4
20

veizel
/ [言語]動画辞書、動画辞典、ヴェイゼル
[レベル]4
21:veiz/klel

veke
/ [動詞]yulをiから引退させる、引退する、隠居する
[再帰動名詞]引退、隠居
[レベル]4
13:制:古:vemketta(闇に行く)

veldi
/ [色]紅、くれない、クリムゾン
[レベル]4
20:filveeyu「暗みがかった」

veldian
/ [歴史][地名]ヴェルディアン帝国
[レベル]4
20:ヴェルディア人の。nについてはtilsame参照
[文化]
yuuma 2120にシフェランが建てた帝国。yuuma 2107から東西で冷戦が開始。これに合わせてシフェランは内政を強化。シフェランはレスティル国のヴェルディア族出身で、まずはレスティルを平定し、その後周辺国家を属国としていった。占領地には自分の配下を王(daiz)として置き、属国としていた。
2120年に内政を強化するために属国への支配を強めようと、シフェランは王の上に皇帝(ilkant)という地位を作り、自分を初代皇帝と呼び、ヴェルディアン帝国を作った。この帝国はレスティルを宗主国とし、それ以外を属国とする形でできており、上下関係の明瞭な連合国と言い換えることができた。帝国の初期の版図はアルカット西岸からスカルディアまでであったが、最大版図はyuuma 4000の第十次シージア戦争直後である。アルカット西岸からルティアまでを含んだ史上最大の帝国であった。
しかし同年シフェランが戦死すると、帝国は分裂。属国が次々と独立し、帝国は崩壊。レスティルは宗主国でなくなる。

veldir
/ [魔法]魔母、ヴェルディール
[アクセント]veldIr
[類義語]adel
[レベル]4
21:<>vel
[文化]
アデルの母。アデルと魔人の違いは繁殖の仕方にある。魔人は性生殖によって人間と同じように生まれるが、アデルはアデルの母がいなければ繁殖できない。ちょうどヴェルディール女王アリのような存在である。
アデルの繁殖方法は種によって様々であるが、どのような繁殖であろうとハーベはioselを持ったアデルにlyufelをしようとしても、アデル(およびデルフィア)の遺伝子は投げられたセレスを受け入れることができない。一方、魔母はセレスを受け入れることのできる個体で、いったんセレスを魔母が受け取りそれをアデルへlyufelすることでmaltiiaが成立する。
言い換えればアデルの祖となる100匹の魔母を倒してしまえばアデルは再生産がされないということになる。デルフィア(亜魔族)の場合、元のアデル(魔族)の祖が魔母となる。混血のアデルの場合、血の濃いほうの魔母がlyufelを担当する。
この祖はアデルというよりデームに近い存在で、殺すことができず、殺しても復活する。厄介なことにテームスなしで自己再生できる。この点でテームスにもある程度近いといえる。
従ってrdではアシェットはこの祖を見つけて星座に封印することで魔族の再生産を阻害したことになる。魔人は性生殖によって再生産できるため、魔人はその後も生き続けることになる。残ったアデルは人類による地道な討伐によりその数を減らしていった。
問題は飼いならされた竜族のような有用な種も滅んでしまったことである。ペガサスのようなエタンとアデルの混血の場合、魔人と違ってアテンとアデルの混血でないため、魔人のような再生産はできない。やはり再生産には魔母が必要であり、これがペガサスらが滅んでしまった原因である。

veldka
/ [名詞]居酒屋、バー
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt
[文化]
アルバザードは知らない人と外で飲むのは嫌う。酒屋で買って自宅や公園で一人、或いは気の合う数人と飲むのが好きである。ゆえに飲み屋は発達しない。居酒屋のようなところは少ないし、キャバクラのような店も少ない。ピンサロのように飲み屋と風俗が合体したものは存在しない。飲むときは飲み、セックスするときはセックスするからである。飲み屋はふつう料理店と同じである。アルバザードに飲み屋単体で存在することはない。

veldurne
/ [気象]朔夜、さくや
[レベル]4
20:ridia:mirok:暗い夜
[文化]
月のない晩のこと。

veldurne freigild
/ [人名]ヴェルドゥルネ=フレイギルド、朔夜(さくや)
[レベル]4
20:ridia:mirok
[文化]
リーファ隊のアルソンの本名。

veldvael
/ [名詞]酒瓶
[レベル]4
rd;/
24

velet
/ [名詞]バトン
[レベル]4
rd;avelet.k
24:luxia/ridia。24にバトンを始めた紫亞はバトンをzonと呼んでいたが、バトンをやるようになってリディアとともにaveletから造語した。
[文化]
アトラスでは魔法のロッドを女魔導師がくるくる器用に演舞して回したところからバトンは来ていて、その関係で女子のスポーツである。rtに確立した。バトン自体はrdでロッドから派生して作られ、芸や余興や演舞として始まったが、スポーツ化したのはrt。rdではバトンでなくロッドでバトン演舞をやることもあった。

velgalt
/ [魔法]色魔法、ヴェルガルト
[レベル]4
20:「黒門」。rdでの命名当時まだ古アルカなので、このvelは闇ないし黒。
[文化]
→xistina
rdで、アルシェの準使徒の少女ファミイ=アマンゼ(旧姓ファミイ=クルノース)はセレンと共に色魔法の研究をした。元々色は魔法の効果を持っていたが、アルシアも体系化していなかった。色彩感覚と魔法の才能があったファミイはアシェルフィの学校で色魔法部を設立し、セレンを引き込んだ。当時は色で魔法を体系化するという発想は馬鹿げているとされ、人は誰も集まらず、たった2人の部活となった。セレンは無理やり引き込まれる形になったが、ファミイに片思いされていることを知っていたので、黙って付き合った。
その後ファミイは色魔法学を大成し、366種の伝統色を定め、メル暦に合わせて1日ずつ色を配色した。色魔法部が低予算で、黒い門の横にある寂れた小屋しか宛がわれなかったため、ここで開発された色魔法のことを「黒門」と呼ぶようになった。

velgar
/ [魔法][ジョブ]色魔導師、ヴェルガール
[アクセント]velgAr
[レベル]4
20:velgalt
[文化]
velgalt

velizgaal
/ [農耕]虫害
[レベル]4
rd
22

velk
/ [経済]会計、経理
[レベル]4
sorn

velkozet
/ [名詞]封邑、ほうゆう、ヴェルコゼット
[レベル]4
lj;vel,f/kozet「黒の鍵」。封邑という訳語は元々ウォンバスのもので、結界に相当する単語。黄色いファイルの98年1月6日午前の記述が初出。
22

velsakn
/ [政治]政治思想
[レベル]4
19

velsarj
/ [交通]飛空挺、飛行船、飛空艇、ヴェルサージュ
[レベル]4
古:ridia:velは暗い。jはjinaで空。sar部分は不明。s/arで切れてarの部分は神かもしれない。下から見上げたときに空を隠すので暗くなるというような意味だと思われる。
[文化]
→iflit、velxion、xeltarj、vernsaal、jindia
vernsaalでヴェルシオン国が開発。その後、西アンシャルへ南下しつつ侵略と略奪を開始。その過程で技術が流出し、侵略された側の国家も次々と飛空挺の開発に乗り出す。1506年にはヒュート・ケートイア・アルバザードが協同で飛空挺の開発に成功。軍事的重要性から火急的に製造が行われ、1518に国軍への配備が完了。

構造は一言でいえば大きな船である。中心部に飛水晶が安置された部屋があり、動力室を兼ねる。飛水晶は上下の移動は容易でも前後の移動を苦手とするため、艦隊側面部にプロペラを付けたり、甲板に柱を建てプロペラを回す。あるいは帆を張ることもある。このプロペラを回すには別の動力クリスタルが、帆を張るには強い風を起こすためのクリスタルが別途必要となる。
甲板や側面部・前面部には砲台があり、火器の砲台のほか、霊水晶から巨大なvolk砲を撃つための砲台がある。

飛水晶の慢性的な枯渇から、アルバザードでは飛空挺の数がどうしても足りなかった。
飛空挺自体は造船技術があれば比較的簡単に作れる。実際ヴェルシオンは悲劇の翌年に飛空挺を完成させている。一方連合は10年以上も開発に時間をかけている。この理由は造船技術にはない。連合はクリスタルが圧倒的に乏しいため、少ないクリスタルを効率よく使って飛空挺を作るシステムの構築に時間がかかったのである。また、連合は略奪の必要性がないため、対空戦用の小型で小回りの利く飛空挺の開発をする必要があり、これが船のデザインを適応できないため、開発に時間がかかった。実験には当然クリスタルが必要だから、クリスタルが少なければ実験の頻度も減り、結果的に時間がかかるというわけである。

なお、rdで飛水晶を掘りつくしてしまい、飛空挺もほとんど破壊されてしまったため、nd以降は飛んでいる姿を見ることができない。
また、rdでアシェットはxeltarjを使っているが、これも飛空挺の一種である。ただしxeltarjのほうが古い。

飛空挺の空路についてはjindia参照。
当初は食料の略奪に使われたが、戦争が激化するごとに兵士を大量に輸送することが主な役割となった。
【成句】
velsarj rom 青天の霹靂、晴天の霹靂、寝耳に水、やぶから棒
velsarj ravel 「また飛空挺かよ」:捲土重来

velsef
/ [普通動名詞]横流し
[動詞]yulを横流しする
[レベル]4
21

velsfel
/ [政治]政治学
[レベル]4
19

velsfonl
/ [政治]政治的無関心、政治的アパシー
[レベル]4
19

velslagel
/ [政治]政治権力(政治的な権力)
[政治]政権(政権交代や独裁政権などの政権)
[レベル]4
19

velsoz
/ [政治]政治制度
[レベル]4
19

velspina
/ [政治]公約
[レベル]4
19
[文化]
ヴェレイでは日本同様、公約を破っても何のペナルティもなかたっため、無意味な美辞麗句ばかりが並んだ。公約を守らねばペナルティを科すという制度を一度取り入れたところ、失脚を狙った敵対勢力が公約の実現阻止を激しく行うようになり、かえって国民のためにならなかった。そのため、ペナルティ制は廃止。革命では選挙制そのものが消えたため、公約はミロクの口にする約束事になった。ミロクは驚異的な能力と精神力で多くの公約を守り通した。

velssono
/ [政治]行政。三権のひとつとしての行政。
[レベル]4
19

velssonoka
/ [政治]政府のこと。
[レベル]4
19

velssonolagel
/ [政治]行政権
[レベル]4
19

veltloal
/ [動詞]yulを邪推する、邪推する
[普通動名詞]邪推
[レベル]4
21

velto
/ [天文]暗い月、昏い月、ヴェルト、影のかかった月
[レベル]4
古:velm/xelto(闇の月)

veltrens
/ [言語]陰なる言葉、隠された意味、ヴェルトレンス
[レベル]4
20:暗い言葉
[文化]
文学や芸術における表現技法のひとつ。特に革命後の高コンテクスト化に伴って発達した技法で、隠された意味のことを指す。作品はパッと見て分かる前景化されたメッセージのほかに、隠されたメッセージを持つ。その隠されたものをveltrensという。前景化されたメッセージはlaenrensという。
laenrensは常に分かりやすく、目立っている。veltrensは目立たず、解釈に知識やウィットを要する。veltrensは素顔とみなすこともできるが、むしろlaenrensを補完するものである。
アルバザードにおいて巧い作品というのは、いかにlaenrensを目立たせ、そちらに目を引かせることでveltrensを隠すかにかかっている。なお、隠せばいいというものではない。アハ体験のように、一度veltrensに気付いてしまえば、「どうしてlaenrensとの関連に気付かなかったのか」と自分でも不思議に思うようなものが上質とされる。
veltrensにはアルバザード人の気質がよく現れている。衒学を嫌うものの、智に敬意を払う姿勢がよく現れている。つまり、真意や真理を前面に打ち出すのは下品であり、真理はさりげなく気付かないところに置けばいいという考えである。また、この技法は彼らの優しさも示している。作品の半分は知識やウィットがなくても理解できる前景にあるため、分からない人も楽しめるようにと考えられている。

veltul
/ [物理]ダークマター、暗黒物質
[レベル]4
19

veltvaik
/ [名詞]暗い部分
[芸術]トーン
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt
[語法]
キャラクタの影になる部分がveltvaik。トーン貼りをするのもここ。キャラクタの作る影法師はvemo。陰になる部分と影そのものの違いに注意。

velvid
/ [魔物]ベルヴィド(黒肌鬼):第三十一天:土の空天
[俗語]ガングロギャル、メイクの激しいギャル、ギャルメイク、大柄な黒人
[レベル]4
古:黒ゴリラ
[文化]
大型で黒い肌をしたアデル。目の周りに大きなクマがある。

velxe
/ [天文]夜月、夜の月。通常の月
[レベル]4
22:vel/xelt
[文化]
cuuxeなどと対比される夜に見える通常の月のこと。

velxionren
/ [言語]ヴェルシオン語
[レベル]4
21
[文化]
belgandren

vemd
/ [地学]花崗岩、御影石
[レベル]4
lakta:黒い石

veme
/ [化学]アスファルト
[レベル]4
13:制:古:vememyu(黒い油)

vena e kleevel
/ [気象]ゲリラ豪雨、スコール
[レベル]4
22

venakalka
/ [法律][地名]ヴェナ刑務所
[レベル]4
sm
19:ilmus:ridia:「嘆きの牢獄」
[文化]
アルバザードの刑務所。smに建設。ミナリスが投獄された。

vendan
/ [天文]セレス、ケレス。準惑星。
[レベル]4
meltia 0:midan/venxiit;midan/venxiit
23

vendarnon
/ [政治]事務省
[レベル]4
19:ilmus:ridia

vendiil
/ [地学]アメシスト、アメジスト、紫水晶
[レベル]4
19:venxiit/dol
[文化]
邪の魔石

vendlab
/ [名詞]事務仕事、事務作業
[レベル]4
19:melidia alis

vendolan
/ [名詞]お化け屋敷の主催者
[レベル]4
21

ventan
/ [名詞]業者
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt
[語法]
「業者に頼む」の場合はventanでなくdaxl。

verano
/ [名詞]陰謀
[レベル]4
22

verblenz
/ [名詞]隠れたコンプレックス
[レベル]4
22:「黒い炎」
[語法]
自分で自覚していて他人から隠しているコンプレックス、あるいは自分は気づいておらず他人には見えているコンプレックスのこと。
【成句】
kuver et nosjot e verblenz. 悪口は自己紹介。人は自分のコンプレックスについて他人を嘲る。他人に投げた悪口は自分が密かに気にしていることである。特にネットの掲示板など、相手が見えない場所での悪口は自己紹介に過ぎない。

veren
/ [地学]黒曜石、黒耀石
[レベル]4
21:lusian:ver/ren

verfix
/ [普通動名詞]疑心暗鬼
[レベル]4
22:「黒い疑い」

verfrei
/ [名詞]刺客
[レベル]4
22:「黒い剣」

verfuul
/ [経済]インサイダー、インサイダー取引
[レベル]4
22:「黒の占い師」
[文化]
一部の占い師は株価などを予見できるため、占い師は株やギャンブルなどに手を出してはいけないという決まりがある。占い師のギャンブル禁止はzgからの決まりで、法律として制定されたのはkkから。現在でも占い師は株などに関わることができない。発覚した場合、資格の剥奪、懲役、罰金などが課せられる。資格のない占い師であっても、株等に関する占いの能力が認められれば有罪となる。自身が買うのはもちろん、人に教えてもならない。
smにおいて裏で暗躍する占い師をverfuulと呼んだことが転じて、rd以降ではインサイダーをもこのように呼ぶようになった。占い師が激減したnd以降は主にインサイダーの意味で使われるようになった。
現在においても地球同様インサイダー取引は違法。

vergarv
/ [名詞]青息吐息
[レベル]4
22:「黒い苦しみ」

vergina
/ [死神]ヴェルギナ
[レベル]4
meltia 4:atwaayu o luno;e
19:ridia
[文化]
四天王(死神四貴族)の一人。女性。夢喰種。美少年好きの死神で、艶やかで豊満な肉体の女性。人間でいうなら三十半ば。傍に一人の死神しか寄せ付けず、ずっとランヴェムを愛でていた。ランヴェムが去った後は、ギメルに寵愛を注いだ。

vergsin
/ [経済]貸し渋り、貸し渋る
[レベル]4
19

vergveit
/ [経済]貸し剥がし、貸しはがし
[レベル]4
19

veriv
/ [物理]超音波
[レベル]4
19:ridia:verit/eev
[文化]
魔族ヴェリットは獲物を捕獲するときに超音波を利用し、暗闇でも身動きが取れる。アシェットはヴェリットとの戦闘を経て、超音波の存在に気付いた。

verleej
/ [色]黒紫
[形容詞]悪魔に魅入られた、悪魔に呪われた
[レベル]4
20:ridia:ver/lejemme。黒紫は悪魔を象徴する色。
[語法]
この場合の悪魔は悪魔属だけとは限らない。アクタカやメロウなど、害を成すものを含むし、人間の悪人も含む。
rdでアクタカに操られたセレンがこのverleejの状態にあたる。
[文化]
xante es verleej mil xeltes, ca deem. 満月は月の悪魔シェルテスに呪われている。

vernakn
/ [名詞]終末思想
[レベル]4
19:ilmus:ridia

vernatolas
/ [名詞]天変地異
[レベル]4
22:vernsaalからの類推

vernsaal
/ [歴史]ヴェルンサールの悲劇
im1498(rd);「崩れ逝くサール」
[レベル]4
21:ridia
[文化]
→velsarj
1498に起こったセルアの大噴火で、rdの引き金となった。

1498
セルアが大噴火し、火山灰がフィーリア上空を中心に西アンシャル全域を広く覆う。灰が上空に留まりつづけた結果、気温が低下。これにより農作物が軒並み凶作となり、食糧が高騰。主な被害はヴェルシオン、イネアート、フレディスク、ヒュート、ディミニオン、ケートイア、アルバザード北部に及んだ。
土地柄自給率の低いヴェルシオンは輸入に頼っていたが、アンシャルは国内の食糧確保で精一杯だったため、特にヴェルシオンで食糧が高騰。この時代はまだ飛行機がなく、また航路も開拓されておらず、さらに西アンシャル以外のほとんどの地域と貿易が行われてこなかったため、食糧供給がおぼつかなくなる。
食糧が高騰し、低所得者を中心に餓死者が現れ、民衆の間に不満が生じる。このままでは飢えて死を待つばかりで、奪う以外の選択肢はないというところまで追い込まれたヴェルシオンは飛水晶を利用した飛空挺の開発に着手。これは略奪のための開発であった。しかし国家としては大義名分がなければ戦争はしかけられない。そこで貿易における条約違反を細かくあげつらい、厳しくフレディスクを非難。因縁をつける形で戦争をしかけ、飛空挺を投入。
むろん実際の目的は街を襲って食料を収奪することにあった。それゆえ始めから飛空挺は多くの積載量を見込んで船の形をしていた。造船技術は既にあったため、船型にすれば飛水晶の動力室を設けるなどをするだけですぐに実戦投入できるという利点もあった。船型は一度に多くの兵士を送ることができる点でも効率的であった。略奪後は当然船の重さが増す。そもそもの目的が収奪なので、重量は相当増す。帰りはその分だけクリスタルに負荷をかけることになってしまう。そこで帰りは海路を使うことでクリスタルの消耗を減らした。つまり一度海上に出て着水し、あとは船として帰港する。これだともっとも無駄が少ない。しかも行きは全工程が空路なので、沿岸部以外の街からも直接収奪できる。
このころ飛行機はまだないが、火山灰は飛行機にとって不都合な高さを維持していた。このため飛空挺はその下を飛んだ。飛水晶があればこそ低い高度が維持できた。また飛空挺は上空から攻撃をしたので、ある程度地上に近い必要性もあった。
この年に起きた噴火は農作物の被害から飛空挺を生み、飛空挺は戦争を生み、戦争はrd(悪魔と人の戦い)に発展してアシェットを生み、歴史をセルメルからrdに変えた。この出来事をヴェルンサールの悲劇といい、これをもってセルメルの終わり、rdの始まりとする。
火山灰ごときでまさかこんなおおごとになるはずがないと思うかもしれないが、地球でもフランス革命期に同じような現象が見られる。


食料を求めてヴェルシオンから逃げ出す国民が増える。特に女性の比率が高かった。原因は複数ある。1つは筋力が弱いため働き手として不十分で、口減らしのために追い出されたケース。1つは身売りで、これは若い女性や少女に多い。また自らの意思で南の国へ逃げて娼婦になる女性も後を絶たなかった。
精霊族は綺麗だが気位が高く性格もきつく愛想が悪い。そのため扱いづらく高根の花であった。しかし恐慌のせいで身売りをするしかなく、アルナのインプレンにもこの時期精霊が入った。後に戦争が始まると精霊の取扱いが禁じられたが、かえって裏風俗で高値で取引されるようになり、金持ちの奴隷として買われることもあった。
一方同じ精霊族でもdimitori ineaatoのように成功した例もある。

1499
飛空挺が完成。最初に狙われたのは沿岸部にあるフレディスクで、海岸から少し離れた地域が狙われた。
続いてイネアート西部、ヒュート西部も襲撃された。

1500
西アンシャルが連合を作り、対velxion戦を宣言。belgandはこれに便乗してvelxionにつき、連合は挟撃される形となった。ここに悪魔と人間の戦いが始まる。

1501
ヴェルシオンがjindia山脈上に飛空挺の航路を見出す。→jindia

vero
/ [名詞]ジャーナル
[レベル]4
16:制:vertから

verseta
/ [歴史]黒歴史。闇に葬られた歴史や、邪悪な暗黒の歴史。
[俗語]黒歴史。主に厨二病を患っていたころの消し去りたい記憶のこと。一般に消し去りたい記憶全般を指すこともできる。
[類義語]dolfmel
[レベル]4
19
【用例】
tu at verseta xel non altian laabe au. あんな男と付き合ってたなんて黒歴史だわ。
an til verseta fuo lex nos tilat est del "veltavelant vangardi" var anleeva. 厨二病を患ってたころ、「昏き死神ヴァンガルデイ」とか名乗ってたっていうひどい黒歴史がある。

vesalx
/ [数学]素数
[レベル]4
19:孤独な数。もともと古アルカでメルが「7は素数の中でも孤独な数」と言い出したことで素数や7を孤独な数という考え方があった→reiaalx
[文化]
avenoklhant

vesamavi
/ [化学]ビタミンE
[レベル]4
nd;/
23
[文化]
mavi

vesat
/ [植物]ルッコラ、キバナスズシロ
[レベル]4
16:制:vesa/tek

vesfol
/ [名詞]彼女いない歴、彼氏いない歴、独身歴
[レベル]4
rd;/
23
【用例】
ansoono, an le til vesfol del tolis lunak antisee. 彼女いない歴イコール年齢の俺が来ましたよ。

vesgand
/ [経済]独占
[レベル]4
19

veskax
/ [名詞]自己満足
[レベル]4
rd;/
23
【用例】
na veskax on{mil} fas 仕事で自己満足する

veskolm
/ [政治]独裁、独裁政治、ワンマンな、独断専行な
[レベル]4
rd;/
19:ridia:arbaxelt

veskolman
/ [政治]独裁者
[レベル]4
rd;/
23

vesl
/ [動詞]solはyulに降伏する、降伏する、降服する、負けを認める、負けの宣言をする、降参する、敗北を宣言する
[普通動名詞]降伏、降服、降参
[反意語]woog
[レベル]4
sorn

veslagel
/ [政治]主権
[レベル]4
19

veslagelan
/ [政治]主権者
[レベル]4
19

veslagelkad
/ [政治]主権国家
[レベル]4
19

veslo
/ [名詞]一存
[レベル]4
rd;/
23
[語法]
自分一人だけの考えのこと。

veslois
/ [数学]素因数分解
[類義語]vesxanoem
[レベル]4
rd;/
23

vesmiks
/ [音楽]独唱、ソロ
[レベル]4
21

vespelia
/ [地名]ヴェスペリア山脈
[アクセント]vespeliA
[レベル]4
21:ridia:vespel/nia。貨幣の名前を決めるためにvespelができ、ではその山がある山脈はとセレンに聞かれてその場で作ったもの。
[文化]
カレンとカテージュ・イマンゼルを区切る山脈。アルバザード一の高さを誇る。最高峰はヴェスペル山で、標高は4991m(3992.8m)。

vestlang
/ [政治]独立権
[レベル]4
19

vestul
/ [化学]単体
[名詞]個体、個物
[レベル]4
19

vesvels
/ [政治]独裁政治、独裁政権、独裁制
[レベル]4
rd;veskolm/vels.l
19:ridia:arbaxelt

vesvelslagel
/ [政治]独裁政権
[レベル]4
rd;/
23

vesvet
/ [言語]自立語
[レベル]4
19

vesvok
/ [言語]単文
[レベル]4
19

vesvort
/ [普通動名詞]孤独死
[動詞]yulの様態で孤独死する、孤独死する
[レベル]4
al;/
23

vesvoxn
/ [生物]単細胞生物
[レベル]4
19

vesxano
/ [数学]素因数
[レベル]4
19

vesxanoem
/ [数学]素因数分解
[類義語]veslois
[レベル]4
19

veszetsan
/ [数学]単項式
[レベル]4
19

vetalx
/ [言語]語数
[レベル]4
20

veteda
/ [言語]単語リスト、単語表
[レベル]4
22

vethet
/ [言語]語尾
[レベル]4
20

vetklel
/ [言語]辞書、ことば典→klel
[レベル]4
20:単語の辞書

vetlei
/ [名詞]単語帳
[レベル]4
rd;/
23

vetlokt
/ [娯楽]クロスワードパズル
[レベル]4
20:言葉パズル
[文化]
ジグソーパズルなどに並んでよく行われる暇つぶし。子供が語彙を増やすときの手助けにもなる。仕組みは地球にあるものと同じ。

vetmoms
/ [言語]語源
[レベル]4
15:制

vetnif
/ [言語]単語レベル、語彙レベル
[レベル]4
20
[文化]
アルバザードでは一般的に単語レベルは1〜7まである。
英和辞典と英英辞典では単語レベルの付け方が異なる。diaklelは二言語辞典だが、レベル付けは英英式を採用している。例えば黒板やチョークは大抵英和だと重要語になっているが、これは学校英語の影響による。実際アメリカ人はそれほどこれらの単語を使わない。英和式は現実の使用頻度に則していないことがよくある。そこで英英式を採用している。

・旧案

便宜上、アルバザードのネイティブの語彙レベルを併記する。ただしアルバザードの学齢でいうと分かりづらいだろうから、日本での学齢で記した。
併記したのは理解語彙でなく使用語彙の目安。語彙数は個人によってかなり異なるのであくまで目安のひとつとされたい。なお一般に理解語彙は使用語彙の3倍程度と言われている。
使用語彙といっても細則まで知っているかまでは問わない。例えば冬至やアデミナを知っていても、その順番までは知らないのがアルバザード人でもふつうである。

1:1000語:幼稚園レベル。機能語や挨拶語や最低限の名詞・動詞・形容詞。英検4級(中学2年レベル)の1300語にほぼ相等。
2:3000語:小学校低学年レベル。日常的な単語。家庭で使うことが多い。レベル2まで覚えると英検準2級(高校2年レベル)の3600語にほぼ相等。
3:5000語:小学校高学年レベル。やや難しい日常語。会社や屋外で使うことが多い。
4:8000語:中学校レベル。難しい日常語。ふつうの人にとっては口語で使う語彙のうち最も難しいレベル。学校やニュースで使うことが多い。英検準1(大学2年レベル)の7500〜8000にほぼ相等。
5:12000語:高校レベル。やや専門的な言葉。小難しい本を読むのに必要な単語。英検準1と1級の間程度。大学や新聞で使うことが多い。新聞が5でニュースが4なのは、新聞のほうが専門性が高くニュースのほうが一般に向けたものという大まかな枠組みのほか、耳で聞くニュースは一般に語彙レベルを下げる傾向にあるため。
6:16000語:大学レベル。かなり専門的な言葉。各専門分野の概説レベル。英検1級の15000語レベル以上に相等。ふつうに生きていれば生涯知らない単語も散見される。
7:16000語以上:専門家レベル。専門的な言葉。主に学術用語や業界のジャーゴンや符牒度の高い隠語からなる。口頭で使われる機会は少ない。ふつうに生きていれば生涯知らない単語のほうが多い。

レベル4まで覚えれば日常生活に支障はないため、ノンネイティブの最大努力目標はここに設定される。レベル5まで覚えれば新聞やニュースや教科書でよく使われるレベルの語彙が獲得できる。

・新案

実際にレベル付けは何度も挫折したりデータが消失したりした作業である。制アルカのときに一度PDICのレベル機能でレベルを付けをしたことがあったが、データをPDIC一行形式に変えたときに消失する設定にしかできない仕様だったのでデータが消失してしまったことがある。
そこで今回は機能に頼らずじかに辞書の本文にレベルデータを書くことにした。実施年度は2012年で、同完了である。

旧案をもとに作業をしようとしたが、問題があるので止めた。例えば5000語でレベル3を区切るとする。その後新語ができてレベル3の単語ができたとする。すると5001語になってしまうので3の中からひとつ4に繰り上げないといけない。すると将棋倒しで4の中から5,5から6,6から7というように修正が連鎖する。これが不便で、覚えた単語のレベルが変わってしまう恐れがあるので非現実的だった。
しかもこの方法ではいったんレベル3を5000語集めるのに偉い手間がかかる。とりあえず最初は任意にレベルを付ける。結果、2012年11月20日の辞典でレベル1が848語であり、200近く足りない。レベル2は3000語レベルなのでレベル1が1000語ということを合わせて考えるとその間の語数は2000語となるが、同日付での統計ではレベル2は2754語もあり、700以上足が出ている。このうち200近くを足りない1に回して残りを3に繰り上げるなどという作業を延々レベル7まで繰り返さなければならない。これは大変労力がかかる。その上、上記で述べた新語登録の際の繰り上げ問題があり、旧案は実用的ではないと知った。

そこで新案では日本人で言う赤ちゃんから幼稚園レベル、小学校低学年レベル、高学年レベル、中学校レベル、高校レベル、大学レベル、専門用語の7段階に分けた。
ネイティブのルシアがまだ5才だったことと、彼女の語彙の獲得が平均的な子どもと異なっていたこと、例えば数学などをかなり先に覚えていたこと、などが原因で、ルシアはインフォーマントとしては利用できなかった。
そこでまず訳語の日本語を読んでセレンがその単語をいつ覚えたかでレベルを付けた。例えば議院内閣制なら中学の公民でやるので4になる。
ただしセレンもルシア同様プログラムや言語学などはかなり子供のころから知識があり、逆に美容や被服などには疎かった。そこでセレンの主観にならないよう、周りの日本人の語彙獲得を参考にした。
これだけだと日本語の辞書になってしまうので、アルバザードの文化と照らしあわせた。つまり、日本では一般的だがアルバザードではそうでないという場合、レベルを高くした。逆に日本ではそんなでもないがアルバザードでは一般的という場合はレベルを低くした。
こうしてアルカのレベル付けとしてふさわしい辞書ができた。

旧案であった語数については気にしないことにした。
語数などどうでもよく、むしろ重要なのはどの学齢までにおおよそどの単語を履修してあるべきかということであった。
レベル2を何語レベルとするのは荒唐無稽である。それよりも小学校低学年までに何を覚えているべきかというレベルの付け方のほうが有意義だし実用的である。そこで新案はこのようになった。以下に日本人の学齢に訳したレベル付けを記す。アルバザードの学齢で書いても分かりにくいので、このようにした。何年生までに覚えているべき単語かということがすぐに分かる。

1:赤ちゃんから幼稚園まで
2:小学校低学年
3:小学校高学年
4:中学校
5:高校
6:大学
7:専門用語

意外と多いのがレベル2と3だが、よく考えれば子供の語彙力と照らし合わせるとそんなものかなと納得できる語数である。2012年11月20日の段階で、17000強あり、そのうち1が848で2が2754で3が4509である。合わせて8000。現在、17000語のうち半数近くの8000語が小学校レベルといえる。そして小学生の語彙数は理解語彙か使用語彙か、あるいは計測方法に変わりもするが、あるサイトでは5千〜2万語と書かれているので、おおよそ当てはまる。

とりあえずアルカのユーザーがやっておきたいのは2までである。2までやれば現在のルシア程度には喋れることになる。
アシェットの関係者は4までできればおよそ日常生活には困らないのではないだろうか。というのも、日本でいう義務教育レベルに達しているからである。
ちなみに現在4が3414なので、大体17000のうち4までで11500程度になる。これは存外多い。英検でいうと1級が12000語レベルと言われているので、ほぼそれに匹敵する。存外多い。というか12000だと母語だとかなり少ないレベルで、英検が逆に敷居が低いのかもしれない。
なお、今は全体が17000しかないので4までで12000ほどとなっているが、今後全体が増えれば当然4までの総数も増えていくと思われる。

vetosn
/ [言語]語頭
[レベル]4
20

vetsas
/ [言語]語順
[レベル]4
20

vettom
/ [言語]語中
[レベル]4
20

vetyolom
/ [言語]語法
[レベル]4
17
[語法]
erei

vexet
/ [気象][天文]幻の月、幻月、月影、地球照
[芸術][医療]主観的輪郭線
[類音]vixet
[レベル]4
古:vexet←vel(闇)/axet(月)。vexetはソーンが良く使い、myuxetと区別していた。アルシェはvexetをmyuxetに吸収させ、vexetとは言わなかった。myuxetはアルシェでは多義語であった。

vextwal
/ [地学]氷山
[レベル]4
19

veyutifl
/ [言語]語幹
[レベル]4
19:活用を失った
[語法]
語から屈折部位を取り除いたもの。

vezfel
/ [言語]文法学、文法論
[レベル]4
19
[語法]
形態論と統語論の総称。

vianfel
/ [物理]力学
[レベル]4
21

vianka
/ [物理]力点
[レベル]4
20

vias
/ [名詞]デモ、デモンストレーション。要求を通そうとして集団で威勢を示すこと。
[レベル]4
13:制:sorn:via元は「進軍する」の意。おおよそを意味するviaと区別が付かなかったので今回は区別する。
【用例】
ar vias on 〜のデモをする

vidi
/ [植物]クローバー、シロツメクサ、白詰草、白爪草
[レベル]4
tm
lakta:3枚の緑
vidi:vidi
[文化]
→valkotan
rtのvalkotanで急速に広まった植物。窒素固定ができるため、天然の窒素肥料を生成し、土地を肥やすことができる。またハチミツも採れる。加えて家畜の飼料にもなる。

vidis
/ [医療][魔法]ヴィード傷→kea
[レベル]4
20:viidvix
[文化]
ヴィードを帯びた攻撃を食らってできた傷。詳しくはkea。ヴィードによる攻撃は、ヴィードによるバリアを貫ける反面、それによってできた傷はケアの魔法で容易に治すことができる。

vidisk
/ [普通動名詞]三等分
[レベル]4
19

viek
/ [名詞]重心
[レベル]4
19:viem/ka
【用例】
xal viek 重心を保つ
kokka viek 重心を取る

viem
/ [生物]丹田
[レベル]4
f:elt;vi/main
古:viid/emo
::viman
[文化]
へその下にあるが、丹田という臓器があるわけではない。体の中心で、運動をするときも瞑想をするときも重視される。
【成句】
bad viem 丹田を打つ。キレて相手に殴りかかる直前などにアルバザード人が行う動作。しばしばフッと息を短く吐く。強制的に腹に力を込めることで気合を入れ、恐怖心などを一瞬にして消すことができ、戦闘モードに入ることができる。格闘技でいうところの強制的に瞬間的な息吹をするようなものである。
【用例】
viem fan しっかりした丹田、強い腹
feil noa ka viem 気合を入れる

vienvent
/ [経済]大企業、大業界
[レベル]4
19

viermas
/ [法律]令状、逮捕令状など
[レベル]4
19

viervok
/ [言語]命令文
[レベル]4
19

vifor
/ [音楽]八分音符
[レベル]4
19
[文化]
→for

viida
/ [生物][医療]g′梶Aしゅけつ
[生物][医療]つぼ、ツボ、経穴←alvid
[レベル]4
fv;viid.k
16:制:viid
viida:viida: lu viida
[語法][文化]
鍼灸などのつぼ。人間の体表にあり、そこを刺激することでヴィードを高めたり流れをよくしたりできる点。
骨と肉の間にあり、たいていは窪んでいる。痩せ型のほうがツボを見つけやすい傾向にある。
rdまではシージア語で分かりにくかったため、セレンらがアルカに訳した。現在アルバザードで知られている名はアルカのもの。
地球には2013年現在WHOが定めた361穴があるが、アトラスではアルバザードが定めた366穴がある。代表的なもの、つまり要穴は70〜100程度と多くない。

一般にツボは経穴と言われることが多いが、経穴は経脈上のツボを指しているのでツボより意味が狭い。ツボを専門的に言うと経穴ではなくg′鰍ナある。g′鰍フ中に経穴と奇穴と阿是穴があり、東洋医はそれらを使い分けている。ただアルバザードでも民間人は経穴が有名なためg′鰍ニ経穴の区別ができておらず、alvidのこともviidaと言ってしまう。言い換えればviidaはg′鰍ネのに実際はより狭い経穴の意味で使われることが多く、経穴を専門に指すalvidという語が使われることは知識人以外の間ではあまりない。
なお、奇穴とは臨床で用いられる鍼灸理論体系とは別のg′鰍ナあり、地球では新穴ともいう。奇穴と新穴の違いは、1901年以降に定められたものが新穴でそれ以外が奇穴というだけなので実質同じもので、だからアルカでは奇穴も新穴も区別がない。
阿是穴は圧痛部や硬結がある場所や陥凹している場所や敏感になっている点のことで、人によっても日時によっても場所が変化する。日本では昨今トリガーポイントと呼ばれているものと事実上同じである。

viidfel
/ [魔法]ヴィード学→dolmiyu
[レベル]4
rd;/
23


viidren
/ [地学]コランダム
[レベル]4
meltia 10:ludo;viid/ren
19:ユノ・ヴィル・ノアの宝石がそれぞれサファイア・ルビー・エメラルドであることから。ちなみにアルマの宝石はアレキサンドライト。

viifa
/ [人名]ヴィーファ
[組み数字]2/15
[レベル]4
kako:古:(雷)
[文化]
メテの第2使徒。

viik
/ [動詞]yul(ヴィード)を燃焼する、燃焼する
[生物][医療]代謝
[類義語]feil
[レベル]4
19:ridia:viid/keks
[文化]
燃焼することでヴィードは一時的に減るが、魔法を撃つなど様々な効果を発揮する。また、古いヴィードを循環させることで、ヴィードの新陳代謝もできる。

viine(2)
/ [地名]ヴィーネ圏
[レベル]4
20
[文化]
duurga

viiz
/ [アイテム]ヴィーズ
[レベル]4
ridia:古:viidzamon(ヴィードの杖)
[文化]
ヴァストリアの1つ。レレゾナのもつ神杖。

vijmel
/ [名詞]ラグ、タイムラグ、遅延時間
[レベル]4
rd;/
23

vikasa
/ [言語]男性名詞
[レベル]4
20
[語法][文化]
アルカには文法性がない。文法性を持つ最も有名な言語はルティア語。ルティア語は名詞に性を持つ。地球の西洋語の文法性と異なり、ルティア語の場合はsmで詩歌の中で生まれたもので、対句法上の表現として生まれた。最初は太陽や男性が男性名詞、月や女性が女性名詞に選ばれた。それ以外はすべて中性名詞であった。現代に至るまでにすべての名詞に性が付与された。
第ゼロ世代ではすべてが中性名詞(=事実上すべてが性無し)、第一世代では太陽などのみ以外が中性名詞というように、中性名詞が100%から0%になるまで低減していっていることになる。性が付与されたのは徐々にであり、最初はすべて中性で、最終的には中性が滅んでいる。つまりあらゆる名詞は「中→男」か「中→女」という変遷を取る。起点が中しかないため、「中→」の部分は共通しており、省略可能である。というかそうしないとかえって見づらい。そこで幻日では最も合理的な方法として訳語欄のsz_lt欄においてlu〜やla〜というように男女定冠詞のみ示している。

・性の見分け方

ドイツ語のMadchen(アクサン略)は中性だが、これは少女がまだ女になっていないからという理由ではなく、単に接尾辞chenが中性名詞を作るからにすぎない。ルティア語は西洋語と異なり、文法的な理由で性が付与されていない。意味に基づいて分類されているため、ルティア人の物の見方がクリアに伝わってくる。
作者としては西洋語に比べて性に意味があるのが面白い。というのも、フランス語をやっていて「どうしてこれは女性なんだろう」などと青年の頃から不思議に思うことが何度もあったからだ。意味的な理由やエピソードがあれば面白いのになぁとよく思っていた。例えば同じ胸という単語でも男性名詞にすれば胸部で、女性名詞にすれば乳房というようにしたら面白いしそれなりに合理的なのになというように夢想してきた。それがルティア語に現れている。性が変わると意味が変わるのは独仏にもあるが、これをもっと有効活用したかった。

設定が楽しいのはいいとして、現実問題すべての名詞の性を覚えるのは大変だ。見分け方があれば重宝する。ではいったいどのように見分ければよいのだろうか。
vikやminの性別はすぐ分かるが、例えば腕などは男性か女性か。これを楽に判断するために一定のルールを設ける。例えば棒状のものは男性(これは分かりやすいだろう)とし、その対として紐状のものは女性にする――などというような。こうすると腕や脚は男性になる。
ルティア語は分析的な言語で、単語ひとつの意味が広い。腕と手は同じ単語だ。が、これを性別で区別する。腕は棒状なので男性。手はその対なので女性。脚と足も同じ関係。こうすると単語数が減る。ルティア語はアルカと違って地球で実用する必要がないが、アルカの文章を書いていてたびたび出てくるのである程度覚えねばならない。そこで記憶に優しいシステムを取った。もちろん性そのものがないほうが楽なのだが、あまりアルカと同じでも外国語の意味がない。

基本的に判断はlukletiaやklevansなど、ルティア人の物の見方に合わせる。例えばクレヴァンスでは血は女性となっているので、eriはla sanとなる。
十徳はクレヴァンスの五行を男女に分けて2回使っているので、男性側5徳は男性名詞になり、女性側5徳は女性名詞になる。
このようにして法則を定めていくと、下記のようになる。これがあるおかげで西洋語より実は性を覚えやすかったりする。春はクレヴァンスで考えると性別が設定できないが、固有名詞を使えばアシュテにより女性と定められる。
なお、法則同士が互いにぶつかることもあるので注意。

・法則

対の物:片方が男性になると片方は女性。kleevelが男性なので太陽は男性。すると月は自動で女性。また、魔導師的にもそのほうが正しい。
lukletia:血は女性
klevans:義は男性で、忍は女性
固有名詞の性:四季はarxielに基づき女性。数の性はアルミヴァに合わせる。例えば2は女性、5は男性。

男:女
外:中(内) klevansでもそうだが、中心や体幹は母体で女性。
攻:防 例えば武器が男性になるのは攻が男性だから。
棒:紐
獅法:魔法
角:丸
天:地
動:静
陽:陰
火:水
青:赤 暖色は女。寒色は男。黒は男。白は女。ただし火や動は男になるので注意。赤が女なのは血から来ている。

vikfikvante
/ [言語]男性不定冠詞
[レベル]4
21

vikhimelm
/ [生物]男性器
[レベル]4
20

viklistvet
/ [言語]男性敬体
[レベル]4
21
[文化]
pikko位相のこと。

viknodmin
/ [名詞]男尊女卑
[レベル]4
22:男>女
[文化]
mindaz

viksin
/ [普通動名詞]男嫌い、男ぎらい、男性蔑視
[反意語]viksin
[レベル]4
rd;/
23

vikxekvante
/ [言語]男性定冠詞
[レベル]4
21

vila
/ [生物]抗体、免疫、免疫体、アンチボディ
[レベル]4
13:制:次に来る同じ病気を殺す
【用例】
an til vila e tu kofa. この型のインフルエンザの抗体なら持っている。

vilagelmat
/ [政治]三権分立
[レベル]4
rt;vi/lagel/mat
19
[文化]
rtで提唱され、vlから本格的に導入され、ljでレスティミールによる実施がなされた制度。

vild
/ [論理]矛盾
[動詞]yulをa{tel}に対して矛盾させる、矛盾する
[類音]vird
[レベル]4
13:制:古:viid。viineliduurgaが短くなったもので、viineliduurgaは「下弦の月か上弦の月か(=ソーンかアルシェか)」という意味。どちらの月も同時に出れないことを示し、ソーンとアルシェの共存不可能性を示した。フルミネアが中心となって言い出した語で、アルシェを先に持ってくるduurgaliviineという語も同義だったが、結局はこちらが残った。忘れてはいけない過去なのでこの言葉は残した。始めはアシェットの共存不可能性を示したが、やがて文中で直喩として矛盾を意味するようになった。例えば「その問題はアルシェとソーンのように共存不可能だ」のように。そうして矛盾の意を得るようになっていった。
[文化]
<vildと「矛盾」の語源について思うこと>

矛盾というのはよく考えると矛の勝ちだ。矛は貫いた時点で目的達成なのだから、あとは自分が壊れても問題ない。一方、盾は貫かれた時点で負け。
ときにアルカで矛盾はvild。語源欄を見るとこっちは言い返しようのない矛盾になっている。
【用例】
miir tiil til vild. 君の理論は矛盾がある。
miir ant et vild a tiil. 僕の案は君と矛盾する。

vilinfar
/ [物理]不可視光、不可視光線。赤外線や紫外線などの総称。
[レベル]4
19

vilkip
/ [名詞]測定不能
[形容詞]測定不能な
[レベル]4
23

vilmok
/ [医療]不眠症
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt
【用例】
an na garv mil vilmok. 不眠症で苦しんでいる。
"tet mirok rensat soa e" reiyu asexik. "nan xa vil em dia im tuo. lu til vilmok ter" 「だけど、カミサマ、言ってたよ」少女が微笑む。「最近は夢を見ることができなくなったって。神さまね、もうあまり眠れないんだって」

viman
/ [組み数字]8/10
[哲学]胆
[医療]脾
[歳時記]己、つちのと
[レベル]4
rd;viman,szl
21
::la viman

vimok
/ [音楽]八分休符
[レベル]4
19
[文化]
→for

vinjliifa
/ [魔法]五芒指星、ごぼうしせい、ヴィンジュリーファ
[レベル]4
rd;/
24
[文化]
5人集めてブイサインを作り、互いの指先同士を合わせて作る五芒星のこと。これは簡易の結界であり、指を合わせただけで魔力や霊力を溜めて放つことができる。この力で封印を作ったり魔法を放ったりユノを撃ったりすることができる。またvinjは「切る」を象徴するため、逆にこの力を使って空間を切り裂き、異世界や異次元に行くことができる。『コープスパーティー』の「幸せのサチコさん」というおまじないがあるが、それと似たような感覚で次元を切り裂くことができる。また、封印を破ることにも使える。
画像はセレンの知り合いの少女らによる五芒指星の結界。
【画像】

vinzamo
/ [被服]ハイレグ
[レベル]4
21

vioan(2)
/ [ジョブ]斧使い
[レベル]4
19:ridia

viorens
/ [名詞]単刀直入
[レベル]4
22:「オヴィの言葉」

virius
/ [名詞]運命の人、運命の相手
[レベル]4
20:vird/ixirius(夜の鏡)
[文化]
いつか結ばれる運命の相手のこと。処女信仰の強いアレイユではふたたび一般的な考えになっている。夜中に水鏡に月を映すと現れるという言い伝えがある。virius同士をつなぐのはyumi。

virk
/ [ユマナ]太平洋
[レベル]4


virk(2)
/ [物理]入射
[レベル]4
@19

virktik
/ [物理]入射角
[レベル]4
19

virte
/ [悪魔]ヴィルテ
[レベル]4
meltia 0:acma;viid/teems
古:ridia:viidteemsをvirtesの音を参考に変えたもの。
[語法][文化]
フレスティアとヴァルテとブレイス・クレート、及びそれらの部下であるミダン、ヴェンシート、ソーム、ニムラを加えた総称。

virtes
/ [天文]白い月
[経済]第三四半期→velkxelt
[ユマナ]「音の降る月」。アルバムのひとつ。インストゥルメンタル。
[レベル]4

[語法]
『幻想話集アティーリ』ではルーキーテ皇女の美しさを称えた言葉であるように、白い月は美しいものや神秘的なものを意味する。

visk
/ [動詞]yulを暗唱する、暗唱する。暗記とは別物。
[普通動名詞]暗唱
[レベル]4
14:制:vilsku(暗記した内容を言う)

visplufi
/ [形容詞][ネガティブ]女性が性的にお堅い
[類義語]yulte
[反意語]sorttak
[レベル]4
20:ルフィの紐がかたい
【用例】
la til visplufi. 彼女は堅すぎる。

viste
/ [哲学]形而上の、観念的な、概念上の、抽象的な、形のない
[反意語]tulte
[レベル]4
20:コト的な

vita
/ [法律]検察、検察官
[レベル]4
15:制:vit(探す)

vitahaf
/ [数学]三平方
[レベル]4
19:式の中に二乗が3つあることから。

vitek
/ [動物]三葉虫
[レベル]4
vl;/三枚の葉が重なったようであることから。
23

vitpotgel
/ [卑語]生中出し、膣内射精
[レベル]4
rd;/
23

vivi
/ [単位]ヴィヴィ
[レベル]4
古:vivi(力強い)
[語法]
1メルバの質量を持つ物体に作用して1秒間に秒速1メルフィの速度変化を与える力。ニュートンに近い概念。

viwalil
/ [名詞]三椏、みつまた、三また
[交通]三叉路
[俗語]三股
[レベル]4
rd;/
23

vizen
/ [電算][工学]回路、サーキット
[レベル]4
rd;vizen,kt
21:ivis.k
[文化]
dolmiyu

vizo
/ [植物]アシ、葦、芦、蘆
[レベル]4
lakta:強い草

voafaik
/ [軍事]核爆弾
[レベル]4
19

voasmintikoamir
/ [法律]一夫多妻、一夫多妻制
[レベル]4
rd;/
24
[文化]
komintikoamir

voavak
/ [軍事]核兵器
[レベル]4
19

voavas
/ [軍事]核戦争
[レベル]4
19

voaxil
/ [軍事]核実験
[レベル]4
19

vogset
/ [名詞]錆取り
[レベル]4
19
[語法]
vogfonlは錆ないようにするもの。vogsetは錆を取るためのもの。

vokhet
/ [言語]文末
[レベル]4
22

vokm
/ [単位]虚空
[レベル]4
21:vekm

vokosn
/ [言語]文頭
[レベル]4
22

vokselm
/ [言語]文中
[レベル]4
22

volep
/ [言語]構文
[レベル]4
rd;/↓
23:mel:vok/leep

volk
/ [魔法]ユノ弾
[動詞]yulにユノを撃ち出す、撃つ
[レベル]4
古:voは魔法を打つの意味。lkは「動いて行く」
[語法]
vont
【成句】
ta adel kon ko volk 一石二鳥

voln
/ [サール]ヴォルン
[名詞]混沌、カオス、無秩序
[反意語]kleej
[レベル]4
古:kmiir
[文化]
混沌を起こすサール。

volxhaika
/ [法律]高等裁判所
[レベル]4
22

volxka
/ [名詞]要所、要点
[レベル]4
rd;/
24

vonavant
/ [法律]趣旨法
[レベル]4
vl:mirok;/
23
[文化]
旧革命で法を簡素化するために制定された法。法の記述を短くし、国民の理解を助け、なおかつ法の抜け道を潰すためのもの。
ミロクはそれまでの法が読みづらく分かりづらく抜け道があることを嘆いていた。日本で例えるとこうだ。とある麻薬が禁止されると、それの法の網をかいくぐって合法ドラッグができる。すると今度はそのドラッグを取り締まる。するとさらに新しいドラッグが生まれる。同じく、ダウンロードサイトを潰しても匿名掲示板を潰しても別のサイトができるだけで、すぐ新しい悪の芽が出てしまう。
そこでミロクは趣旨法というのを作った。条文にその法律の趣旨を書いておく。例えば「要するに勝手に人の作ったものをタダでダウンロードしたら商売が成り立たなくなるから、そういうのは禁止な」というように、分かりやすく趣旨を書いておく。すると抜け道もクソもなく、禁止されたサイトはもちろんそれに準ずるものであれば自動で取り締まれる。ドラッグについても同様で、「要するに麻薬的なのをやめろっつってんだよ。それっぽいもんは全部しょっぴくからな」と条文に書いておけば良い。脱法ドラッグのようなふざけたものはこれで潰せる。「言葉尻捉えて脱法ドラッグとか作ってんじゃねーぞ。実質同じ麻薬類だったら捕まえるからな。お前こっちの趣旨分かってんのか? 麻薬的なものを取り締まろうとしてるんだから、今回禁止したものと少し成分が違うくらいなら同じなんだよ。趣旨分かってんのかてめぇ」と言って違反者を捕まえることができる。
要するに大事なのは条文の言葉尻ではなく、何を制限したいのかという趣旨である。その趣旨を意図的に曖昧にしておくことで法の解釈を広げ、準じた犯罪を捕まえることができる。逆に言えば準じた犯罪は捕まるのでそもそもそんなふざけたことができなくなる。
これが趣旨法である。ミロクは趣旨法を定め、各法律の趣旨に反することであれば逮捕できるとした。このデメリットは警察の拡大解釈により悪戯に犯罪者を増やすことで、ミロクの死後徐々に警察による恣意的な拡大解釈が行われたため、alで事実上廃案となった。
しかし革命で再度採用され、脚光を浴びるようになった。革命後は警察の拡大解釈に気をつけつつ運用することとなった。vlと比べて社会が複雑化していたため、趣旨法がないと脱法が簡単に行え、趣旨を無視した法の網をかいくぐる行為が簡単に行えた。そこでセレンは怒り、趣旨分かってんのかてめぇと言って趣旨法を復権させた。
【用例】
fosat yu man telat vonavant onen fank 麻薬の趣旨法違反で逮捕された

vonsmiks
/ [音楽]重唱
[レベル]4
21

vont
/ [魔法]ユノ波
[動詞]yulにユノを撃つ、撃つ
[レベル]4
古:voは魔法を打つの意味。
[語法]
光線のように連続した形でユノを撃つ場合はvont。弾丸のように単発の形でユノを撃つ場合はvolk。

vorm
/ [名詞]ヴォルム人形、精巧なダッチワイフ
[名詞]若い女性の死体
[レベル]4
15:mel:vortmai(死体)
[語法]
よくできたダッチワイフのこと。レイユの時代にテステェル社によって作られた商標の1つ。感触が女の死体にそっくりで、人間のようであることから名付けられた。動かない点を除けばほぼ人間と同じ精巧さを持つ。テステェル社の開発部が精巧なダッチワイフを作るため、少女らを監禁し、死体をも研究対象とした。同研究によりヴォルム人形は完成したが、事件の発覚とともにテステェル社の開発部は粛清された。だが商品価値が高かったため技術は継承され、ヴォルム人形は流布された。
【用例】
lana vorm l'es koa al alponsamo, an lef enzel kont axiv est luut. 回収車に積まれたダッチワイフを、名前叫んで追いかけて(伊集院光)

vortepi
/ [名詞]死亡フラグ
[レベル]4
22

vortfeme
/ [医療]死亡期
[レベル]4
22
[文化]
アルバザードでは性器期の後に体全体の死について笑う時期が来ると考えられている。
アルバザードでは人間は年代によって笑うツボがあるとされている。子供のころは排泄物のネタ、大人になると下ネタで笑うようになるのはこのため。本来人間にとって避けたく不快なことであるが、傷口を弄りたくなったり、傷口がかゆくて掻くと心地良いのと同じで、傷口を抉るようなネタだと不快に感じるが、掻くようなネタだと心がくすぐったくて笑えるとアルバザード人は感じる。
アルカで「いたいねー」と言ったら「かたはらいたし」の意味ではなく、ネタが直接的で下品という意味。「かゆいわー」だとネタが中途半端ですっきりしないという意味。esiletだとちょうど気持ち良いネタという意味。

vortixm
/ [娯楽]デスノート
[レベル]4
21
[文化]
『デスノート』に相当するアニメ。

vortseles
/ [魔法]死霊
[レベル]4
rd;/
23
[語法]
死者の霊魂。

vortvales
/ [普通動名詞]死姦、屍姦
[動詞]yulを死姦する、死姦する
[レベル]4
rd;/「死を犯す」
23

vortvelx
/ [名詞]断末魔
[レベル]4
22

vorxe
/ [娯楽]ヴォルシェ。4人用の賭けゲーム。
[レベル]4
古:vooxe,vonxelt「4シェルト」が語源。
[文化]
4人でやるシェルトのようなゲーム。実際は麻雀のようなゲーム。9〜10年にテオロンによって製作された。ザナとオヴィが主幹で、セレンとギルが手伝ったという経緯で、リュウは誘ったが参加しなかった。頭の良いメルとしっかり者のリディアがセレンに呼ばれて手伝ったため、いい加減なルールが整然なものにされた。

votem
/ [悪魔]ヴォテム
[レベル]4
meltia 0:acma;vo(viから来ており、力の意)/teems「力のある悪魔」
古:vo(4)/tem(テームス)
[語法][文化]
アルマの下位にある4匹の悪魔。ユノ・ヴィル・ノアをそれぞれ司る。具体的にはフレスティア・ヴァルテ・ブレイス・クレートの総称。

voxnbal
/ [生物]細胞壁
[レベル]4
19

voxnsia
/ [生物]細胞膜
[レベル]4
19

voxntim
/ [生物]細胞核
[レベル]4
20

voxnveik
/ [生物]細胞質
[レベル]4
19

vozamo(2)
/ [アトラスの国家]ヴォザモ
[レベル]4

[文化]
面積:639461.839896 km^2

vozom
/ [運動]弓道
[類義語]leivent
[レベル]4
20

vrevalt
/ [ランドマーク]ヴレヴァルト、勇王郭、勇郭、勇王の城壁
[レベル]4
rd;vrevlant/balt「勇王の壁」
22
[文化]
arna
アルナ市を囲う円形の城壁。rdでアシェットによって築かれた。石造りである。
rd当時は防壁の意味合いが強かったため、門の数は現在より少なかった。現在は交通の利便性を考え、門の数が増やされている。
アルバザードの観光名所のひとつである。

vrevrein
/ [交通]勇郭線
[レベル]4
22:vrevalt/rein
[文化]
アルミヴァ線と幻環線を繋ぐ12本の路線。地下鉄。例えば幻環線北コノーテ駅からは勇郭コノーテ口まで繋がっている。アルミヴァ線とは直通で乗り入れることができるため、実質幻環線からアルミヴァ線は一度の乗り換えで済む。

vuul
/ [形容詞]人為的な、意図的な、作為的な
[反意語]mivet
[レベル]4
21:古vu(意思)/古al(物)
【用例】
vatai vuul 人災

waigil
/ [名詞]祝い金
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt
[文化]
アンセに金銭が登録されているため、金券が一般的。

waim
/ [名詞]山車、山、ユ氏A地車、曳山、山鉾、祭車、屋台、パレードカー、フロート、パレードフロート、フロート車
[レベル]4
rd;wain/amo
23
【用例】
tal ans tiflat waim di mil astel o garma. しかし、震災や戦火により多くのユ獅失った。
ans dolk sil waim nossel im kest. 明日はユ誌・閧セ。

wakka
/ [地名]ワッカ
[レベル]4
古:手の形をした丘が並ぶことから。
[文化]
カテージュの北、イルケアの南にある丘陵地帯。

wakx
/ [化学]うまみ、うま味、旨味
[レベル]4
19:wak/xoi

wakxab
/ [料理][化学]調味料。旨味を出すためのもの。
[レベル]4
19

walma
/ [組み数字]12/15
[レベル]4
kako:mejは後付けで、本当の『カコ』には出てこない名。

walma mej
/ [人名]ワルマ=メジュ
[組み数字]12/15
[レベル]4
kako:mejは後付けで、本当の『カコ』には出てこない名。
[文化]
メテの第12使徒。

walmod
/ [普通動名詞]山登り、ハイキング
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt
[文化]
アルバザードには山がそんなにないので大して登山は盛んではない。森林浴などと同じく、ウォーキングの一環として行われる。ただ、登山でのウォーキングには当然街を歩くウォーキングの格好ではいかない。ちゃんと登山用の道具を揃える。これは日本のものとそう変わらない。服も枝などに触れて切ったり毒を浴びたりしないような格好をする。しかもこの格好は同時に動きやすくばてないものでもある。枝に当たらない云々は森林浴でもいえることであるから、森林浴でも服装は登山と変わらない。登山用の道具を持っていかない程度の違いである。アルバザードでは森林浴のほうが多い。森が多いからである。休日に家族と行くことが多い。尚、日本では初日の出を見に山に行くことがあるが、アルバザードではしない。

walov
/ [物理]下向きの放物運動
[レベル]4
19

walrein
/ [数学]下向きの放物線
[レベル]4
19

walteeze
/ [気象]山風
[気象]山谷風←waluilteeze
[気象]颪、おろし←mimteeze
[レベル]4
fv;/
23

war
/ [名詞]ベニヤ板
[レベル]4
lakta

waset
/ [哲学]克己
[組み数字]5/10
[哲学]克
[医療]大腸
[歳時記]壬、みずのえ
[レベル]4
rd;waset,fv
21
::lu waset

wasplet
/ [動詞]yulを引き止める、引き止める、引き留める、慰留する
[普通動名詞]慰留
[レベル]4
22:女が男の袖を引っ張って捨てないでと哀願することから。

wattan
/ [植物]カシワ、柏
[レベル]4
zg;;watta
22

wenz
/ [医療]倒錯
[レベル]4
vl;winz.k
23

wisfia
/ [名詞]箱庭
[レベル]4
21:「手の平の世界」

wison
/ [植物]ヤシ、椰子、ココナッツ、パーム、ココヤシ
[レベル]4
17:制:wiszom「手の平の木」。葉の形が手の平に似ていることから。

wol
/ [政治][法律]訴訟、訴え
[動詞]yulをon{mil}について訴える、訴える、提訴する、告訴する、訴訟する、訴訟を起こす
[レベル]4
13:制:語源不詳
[文化]
アメリカほど裁判社会ではない。個人間のトラブルは個人とその周りの間で内々に解決することが多い。一方個人と企業の間は裁判が起きやすい。個人は力が弱いので泣き寝入りしやすい。アルバザード人は泣き寝入りしない人種なので、相手が自分より強い場合は毅然と戦う。強いものと戦うのを粋とし、そうでない相手とは穏便に済ませるという価値観が出ている。

wonbas
/ [経済]クーリングオフ
[動詞]yulをクーリング・オフする
[レベル]4
vl
20:"won (an) bas (tu tis)"「やっぱりこんなのいらない」
[文化]
vlでできた。可能な期間はadiaまで。

wonbasmel
/ [俗語]賢者タイム
[レベル]4
al
22:「クーリングオフ時間」
[語法]
主に男性の自慰・性交後に訪れる魂の平安。人によって長さや程度が異なる。

woog
/ [名詞]勝利宣言、勝鬨、勝どき、勝ち鬨、かちどき
[動詞]yulにaに対して勝ち名乗りを上げさせる
[反意語]vesl
[レベル]4
20:wool gaax(兵士の雄叫び)。勝った際に前線の兵士(現場で最も数が多い)がおたけぶことから。
[語法]
元は叫ぶところから来ているが、シェルトの勝利宣言にも使う語で、この場合はもちろん叫んだりしない。
【用例】
vai sein woogat a retl. 兵士たちは敵に勝どきをあげた。

xaaja
/ [数学]有理数、有比数
[レベル]4
19

xaavix
/ [名詞][形容詞]異常あり、異状あり
[レベル]4
rd;/
23

xafil
/ [形容詞]実存の、実在の
[類義語]fia、fiana
[反意語]dif
[レベル]4
vl;xa/fia/al「世界に存在する物」。difに対応して作られた。
22

xafilmel
/ [名詞]リアルタイム
[形容詞]リアルタイムで進行する
[レベル]4
vl;xafil/mel「実存する時間上の」
22

xaiab
/ [化学]甘味料
[レベル]4
19:seren

xaitakt
/ [名詞]甘党
[レベル]4
19

xakka
/ [芸術]画廊、ギャラリー
[レベル]4
13:制:絵の場所

xakkap
/ [名詞]ファックス、FAX、ファクシミリ
[レベル]4
13:制:絵を送る電話。電話回線を用いたことから。
[文化]
レイユでは既に廃れている。スキャナで取り込んだ画像を端末で送る方が一般的である。

xakllond
/ [名詞]明晰夢→felnoa
[類義語]felnoa、lond
[レベル]4
rd;/
23

xalab
/ [化学]保存料
[レベル]4
19:seren

xalab(2)
/ [名詞]有職
[反意語]milab
[レベル]4
rd;/
23

xalalx
/ [数学]定数
[レベル]4
19

xalfels
/ [俗語]工房、高坊
[類義語]samanan
[レベル]4
al;/「まだ制服着てんのかよ」
23
[語法]
mamman

xalit
/ [魔法][生物]恒常性、ホメオスタシス
[言語][名詞]保守性
[レベル]4
20:xal/ati
[文化]
→dolmiyu, yunis

<言語の変化と保守性>

言語には保守性がある。アラビア語は最も保守性が高い部類である。これには宗教的な理由がある。宗教的な理由がなく保守性が高い言語は例えばドイツ語である。このように言語の保守性は言語ごとに異なり、その背景に理由があるものがある。
アトラスで最も保守性が高いのはfv_rfである。成員が変わらないため、統語論と音韻論はほとんど変化しない。厳密にはrfにいるロゼットは寿命があるので成員は変化するが、ここにいるロゼットはcvで戦功のあったものなのでヴィード量が多く、何万年単位で生きる。そのためzg_ljまでで終わってしまう世界からすれば実質寿命がないと考えてよい。
人間の言語で最も保守性が高いのはly_arである。cvまで神はlsに住んでいたため、神との繋がりが強い。cv後も宗主国として実質rfが存在していたため、特に神との繋がりの深い上流階級の間ではly_arはfv_rfにペグされていた。彼らにとっては生活上でもビジネスでもfv_rfにペグしているほうが効率的だからである。そしてfv_rfが変化のない神の言葉であるため、それにペグしたly_arも同様に保守性が高いというわけである。このように、歴史的な理由があってly_arの保守性は世界一強い。
一方下流についてはペグする理由がないため、その他の自然言語同様語彙的にも音的にも変化していた。しかし紙が貴重な時代なので残っている文献は上流のもので、下流の言語は歴史的に不明な点が多い。これは日本の平安時代と同様である。sm以降は教育水準が高まり、教師側は学者などの上流である場合が多かったため、上流のrf様の発音や語彙が中流に浸透した。これにより上中流はほぼfv_rfにペグし、マス層がペグすることとなった。
このころになると多少下流がどう話していたかの記録も残っており、二重母音aiなどがeeと発音されていたなどの事実を知ることができる。

rdになってアルカができる。人工言語であるため保守性が強い。ところがアシェットが死んでしまえば国民は手にしたアルカを好き勝手に遠慮なく変える。ただし地球と同じく上流ほど保守性が強く、古風で原理主義的な言い方を好む。下流や若者ほど勝手に言語を変える傾向がある。
nd,rt,vlで変化が随時起こるが、alで原理主義者のミロクがrdの統語や音韻に戻し、教育とメディアを使って広めなおす。ljの終末までレインの時代から50年程度しか経っていないので、流石に語彙以外での変化はない。

xalk
/ [名詞]価値観
[レベル]4
rd;xal/ka「自分の居場所。自分が物事を見ている視点のこと」
24
[文化]
アルバザード人は価値観が合う人を老若男女関係なく好む傾向にある。人を好きになったり付き合ったりする際の尺度として、価値観が占める割合は大きい。要するに価値観が合うということは気が合うということで、気が合うことは人間関係の構築と継続に大きな役割を果たすと考えられている。

・2012年12月29日のセレンの呟き

自分の芸術や音楽や正義などの価値観が両親特に父親由来であると気付いた。周囲に自分の価値観を認められると嬉しく思う。植え付けられた価値観なのに嬉しく思うのだ。ということは恐らく娘も今植え付けている価値観を自分のものとし、その価値観を肯定してくれる人間に好意を持つようになるのだろう。
不思議なものだ。父親のことは嫌っていたのに、自分は嫌になるくらい父に似ている。彼が達成できなかった物書きの夢を叶え、彼の価値観を是としている。幼児期の教育はそれほど重要ということだ。自分の価値観と思いきや、嫌いな父親の価値観だったのだから。
【用例】
ans til xalk myul a xok. 私たちは価値観が合う。

xalkagand
/ [普通動名詞]場所取り
[レベル]4
cv;/
23

xalmhaika
/ [法律]家庭裁判所
[レベル]4
22

xalmiina
/ [企業]シャルミーナ
[レベル]4
21
[文化]
資生堂、花王に相当する企業。

xalsafkam
/ [生物]恒温動物
[レベル]4
19

xaltkyo
/ [名詞]ロールプレイ、ロールプレイング
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

xalul
/ [名詞]万物
[レベル]4
21:xal/古al「存在するもの」
[語法]
alved

xamelen
/ [歳時記]歳時記、シャムエレン
[レベル]4
21:xamel/elen
[文化]
アルバザードのイベントをまとめたもの。歳時記に相当。時代によって増減する。

xamir
/ [論理]真理
[レベル]4
rd;xan/miir
22

xamlan
/ [芸術]デザイナー
[レベル]4
21

xamom
/ [形容詞]安定した
[反意語]mimom
[レベル]4
21:根有り

xamtfonz
/ [普通動名詞]本採用
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

xanadiret
/ [法律]確信犯
[類義語]xanasool
[レベル]4
rd;/
23
[語法]
xanasool

xanasool
/ [名詞]確信犯
[類義語]xanadiret
[レベル]4
rd;/
23
[語法]
xanadiretは「知っていてあえてやる」という意味の確信犯ではなく、「信念を持ってやる」という本来の意味の確信犯。xanasoolは「信念を持って行う行為全般」を指し、犯罪に限らない。一方、ibsoolは「知っていてあえてやる(故意犯)」という慣用として使われている意味のほうの確信犯を指す。日本語話者はこれらの単語の使い分けに注意すること。

xanfia
/ [名詞]現実世界
[レベル]4
23
[文化]
diaalx

xano
/ [名詞]原型、原作、本来、元々、大本、原始の形、一次、一次創作
[形容詞]原型の、大元の、本来的な、本質的な
[反意語]alxan
[レベル]4
16:制:xan

xanoalx
/ [数学]因数
[レベル]4
19

xantar
/ [名詞]発信機
[レベル]4
21

xanti
/ [化学]飽和
[レベル]4
19:ridia:xante

xarakn
/ [名詞]懐疑主義の反対。まず信じてみようという主義。アルバザード人に多い。
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

xarl
/ [組み数字]6/10
[哲学]信
[医療]腎
[歳時記]乙、きのと
[レベル]4
rd;xarl,f
21
::la xarl

xatim
/ [生物]真核生物
[レベル]4
20

xaxez
/ [生物]脊椎動物
[レベル]4
19
[語法]
脊椎動物と無脊椎動物の区別はアルカにもある。人間にとって身近な動物とそうでない動物を分けるために、この分類は自然。しかし生物学上は、脊椎動物は脊索動物の亜門に過ぎない。

xaxt
/ [名詞]研修会、ゼミ、ゼミナール
[レベル]4
sorn:「クミールがソーンにアルカを教えるときの集まり」
【用例】
fakt a xaxt ゼミに出る

xeafap
/ [名詞]砂煙
[レベル]4
19:ridia/seren/mel

xeakem
/ [環境]砂漠化
[レベル]4
19

xear
/ [物理]反作用
[レベル]4
@19

xedra
/ [普通動名詞]別居
[動詞]yulにxedと別居する、別居する。動詞をraにしてもxedraにしても意味は同じ。
[反意語]okra
[レベル]4
rd;/
24
[文化]
・現実では

セレンはリディアやメルらとの関係について、「恋愛を長続きさせる方法は距離感だ」と述べ、「別居は意外と良い」と述べた。

xek
/ [形容詞]特定の、定まった
[反意語]fik
[言語]定性
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt:xe

xektaon
/ [植物]肉桂、ネッケイ、シナモンの木
[レベル]4
17:制:xektazom

xekvante
/ [言語]定冠詞
[反意語]fikvante
[レベル]4
21

xelazard
/ [地名]シェラザード、シェラザード市
[レベル]4
rd;xelt/arbazard「月の見えるアルバザード。月見台」
24
[文化]
レスティル県の市。アヴァンシアンの所在地。

xelier
/ [天文]月の影、月のカーテン、シェリエール
[動詞]yulをaに隠す、隠す
[動詞]yul(人)を食う(他人より目立つという意味で)、食う
[名詞][娯楽]本命。競馬など賭け事などの本命のこと。本命チョコの本命はhatiaxivel。本命志望校などの本命はakan。
[類義語]nekt、xeltliifa
[アクセント]xeliEr
[レベル]4
szd;xelts,fv.l
20:ルティア語。xeltから
[語法]
シェルテスは月自体のクレーターによる影。シェリエールは月の見えていない部分。たとえば上弦が出ているときは下弦の部分が見えないので、下弦の部分がシェリエールとなる。
隠すという意味では、自分の中に隠すという意味。服の中でも体内でもよい。団体が自分たちのアジトに隠すという意味でも良いし、ある語義が別の語義を含んで隠してしまうというような抽象的な意味でもよい。
役者が別の役者を食ってしまう場合もこれを使う。

xelii alteems
/ [人名]シェリー=アルテームス
[レベル]4
19:ilmus:ridia
[文化]
(mel 63→121)ナディア期、アルバザード出身の機械技師および科学者。男性。メル98年、産業革命をアルバザードにもたらした。その功績を称え、開発省長官となる。後のアルテナ治世におけるハイン=アルテームスはこの子孫。魔導師の生き残りだが、本人は魔法の時代は終わったとし、魔導師でない人間にも使える機械の制作に尽力した。

xeliibolt
/ [経済]シェリーボルト、産業革命
[レベル]4
19:ilmus:ridia:「シェリー=アルテームスの槌」

xell
/ [組み数字]3/10
[哲学]慈
[医療]胃
[歳時記]戊、つちのえ
[レベル]4
rd;xell,szl
21
::lu xell

xelman
/ [名詞]夜型人間
[生物]夜行性
[レベル]4
19

xelte
/ [天文]衛星
[レベル]4
14:制:古:xelt(月)から,月が地球の衛星であることからの結びつき

xelteel
/ [天文]月相
[類義語]xeltalx
[レベル]4
22:「月の顔」
[文化]
月の満ち欠け360度を28で割った数値。360/28は循環小数なので、1月相当たりの角度は綺麗な整数にならない。
広義の月相は8段階あり、8段階で月相28なので、1段階ごとに月相3.5ずつ進む。
月齢と概ね重なるが一致しない。組み数字の8は月相を使う。アルバザードでは太陰暦は滅んでいるため、月齢より月相を日常的に使う。

月の名:角度
myuxa: 0
alj: 3.5
duurga: 7.0
tuvan: 10.5
xante: 14.0
leeve: 17.5
viine: 21.0
inje: 24.5

なお、狭義の月相、より細かい月相は下記の通りである。
【画像】

xeltes
/ [悪魔]シェルテス
[天文]月の影
[レベル]4
meltia 0:xeltes;axelt/teems「月の悪魔」
ridia:古:axettteems(月の悪魔)
[文化]
月の悪魔。ウズと同じように狼の姿をした獰猛な悪魔。霊界を荒らして回る。月を支配するドゥルガとヴィーネによって月に封じられたが、その封印の効果は両者が協力できる満月の夜に限る。シェルテスは封印の解かれた夜は霊界を荒らしまわり、満月時に再び月に封じ込められると、今度は自分の姿を見る者に破壊の衝動を与え、破壊欲を満たす。このようにして人は満月の夜に凶暴になるのである。
シェルテスは満月前後の夜は封印されており、アルカでは月にはこの悪魔シェルテスが住んでいると考えられている。日本では兎、西洋では蟹などということが多いが、アルカでは悪魔が封印されている。
月を司る。

xeltis
/ [天文]mirliifa
[組み数字]2/8
[レベル]4
lsd;xelts,fv レスティルから見て隠れたように見える星
21

xeltius
/ [アイテム]シェルティウス、乙女のキッス、うちでのこづち、ダイエットフード
[組み数字]7/12
[レベル]4
20:xelt/ixirius(月の鏡)
[文化]
アシェックを解除する銀の鏡。rdでリディアとリュウが開発した。アシェックが中位であるのに対し解除のラルトが高位であったため、アシェックによる被害が絶えなかった。どうにか解除するアイテムが作れないものかと少女時代のリディアは研究した。リディアは文献を読み漁り、満月の夜に湖のほとりに立っていたらアシェックが解けたという症例に目をつけた。これはヴィルを大量に含んだ月の光を湖が反射したことによるものではないかと考えたリディアは、これをアイテム化できないかと考え、リュウに話をもちかけた。結果、月の光を蓄えた鏡があれば湖の症例と同じ効果を持つのではないかということになった。そこでリディアはアルシアで魔力を帯びた水を採取した。リュウは硝酸銀をリディアの持ってきた月光水に溶解させ、アンモニア水を加えて銀をアンモニア錯体とした。この液体を銀液とする。次にホルマリンを月光水に溶解させ、水酸化ナトリウムを加えて還元液を作った。この銀液と還元液によって銀鏡反応が得られる。リュウはこれを用いて丸くカットしたガラスの片面に銀メッキを施し、月の光を帯びた鏡を作った。アシェックのかかった相手をこの鏡で照らすことにより、アシェックが解ける。実験室ではパールが銅やアルミニウムでも試した。アルミニウムでも鏡が作れたが、アルミニウムは魔力の伝導率が悪いため、月の魔力を内部に留保できなかった。銀を使うことで月の魔力を鏡に封じ込めることができた。そこでリディアらはこの銀鏡をxeltiusとし、民に配布した。これにより、アシェックによる被害は激減した。ちなみに、使うと魔力が放出され、その衝撃で鏡にヒビが入る。
【成句】
xeltius kaks 正真正銘→silgius

xeltoele
/ [シェルト]シェルト盤
[レベル]4
rd;/
23

xeltxant
/ [名詞]記念日から1月経ったプレゼント
[レベル]4
19

xeml
/ [生物]脊髄
[レベル]4
19:xezo/meli

xemlzelo
/ [生物]延髄
[レベル]4
19:脊髄の上にある脳の一部。日本語にすると「脊髄脳」のような感じで、違和感を覚える。

xemp
/ [植物]サフラン
[レベル]4
alakta:味のあるアヤメ

xenlorfaiz
/ [医療]食道炎
[レベル]4
19

xenlorpig
/ [医療]食道がん
[レベル]4
19

xeria
/ [魔法]シェリア。水の高位白魔法。アミティ系の効果を持った水をエリアといい、その水を作る魔法をシェリアという。水に魔法を乗せるため効果は薄くなるが、保存が利く。セルメルまで飲み薬として使った。rdでは使い手がいなくなり、まがい物だけが残った。
[組み数字]5/12
[レベル]4
21:eria

xerzekt
/ [美容]ファンデーション
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

xete
/ [遊女][文末純詞]sete
[レベル]4
21:sete

xeton
/ [植物]楠、楠木、樟、くすのき
[レベル]4
20:lakta:xekt。xekt/on

xetsfel
/ [哲学]倫理学
[レベル]4
21
[文化]
dolmiyu

xez
/ [生物]脊柱、脊椎、背骨
[文字]スパイン
[レベル]4
13:制:xezosehoから

xianim
/ [色]ルシア色、ルシアン人種の肌の色、薄卵色、うすたまごいろ、肌色、#fde8d0
[レベル]4
19

xiaranxal
/ [地名]北アンシャル
[レベル]4
19
[文化]
→alasanxal

xiarlei
/ [言語]北方語
[レベル]4
21

xiarpol
/ [名詞]北方
[名詞]イルケアより北で、ケートイア、ヒュート、イネアートまでの地域。
[レベル]4
20
[文化]
アティーリにおいてアルシェは使徒を探す際、ザミアやケートイアなどを探していった。そのまま北上してヒュート・イネアートと進んでいる。近いはずの国内のカテージュなどには赴いていない。これは偶然ではなく、アンシャルは歴史的に北方と南方に文化的に分かれているため。アルシェにとって北方の遠い国のほうが、南方の国内よりも身近に感じられる。これは現代でも残っており、文化的な境界線はイルケアに引かれる。イルケアより上は別の国でも同じような言葉を喋り、下は下で同じような言葉を喋る。カテージュの南方方言はゲノスまで地続きで、一方アルナの方言はアルシアなど多少のバリエーションの違いはあれど、共通している。

xiarrein
/ [地学]北緯
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt
【用例】
xiarrein e 45 tik 北緯45度

xiarteeze
/ [気象]北風
[レベル]4
20

xiasait
/ [名詞]右往左往、戦々恐々
[レベル]4
22:「あせってるルシアが慌てたパンダのよう」

xiasir
/ [美容]もち肌
[レベル]4
21:luxia/sir

xidia(2)
/ [名詞]幻楽、げんがく、シディア
[レベル]4
21:xi/dia(甘い夢)
[語法]
夢幻のように楽で楽しいこと。楽は「ラクで楽しい」こと。 幻は「理想」「虚ろで現実的でない」「現実的でなくシリアスでない」こと。 すなわち「夢見がちで非現実的で肩肘張らない取り組みのうち、ラクで楽しいこと」。アルカのコンセプトでもある。
【用例】
la til xidia. 彼は幻楽主義だ。

xien(2)
/ [植物]つつじ、ツツジ、アザレア
[レベル]4
19:xiein(密の花)
[文化]
歩道によく咲いている。子供たちはおやつ代わりに花をもいで蜜を吸う。ちなみに有毒だが、少量しか摂取しないため、アルバザード人はあまり気にしていない。
【用例】
☆"miva noan sip xien siinal, tet tu et rak xel non nox tuus a vael eyo?" 「娘がツツジを吸ってるんだけど、瓶詰めにするのはやりすぎかしら?」
[言葉遊び]xi en xien xien xien ツツジの後ろにあるツツジでないものの後ろに

xierkit
/ [気象]初冬
[レベル]4
rd;/
23

xiertook
/ [気象]晩冬
[レベル]4
rd;/
23

xiervav
/ [運動]ウィンタースポーツ
[レベル]4
19
【用例】
an siina xiervav yun saezon. スキーみたいな冬のスポーツが好きだ。
an siina xier nod flea man an ar sen vav dipit im tu arxiel. 色んなスポーツができるので夏より冬のほうが好きだ。

xietta
/ [名詞]ツンデレ、シエッタ
[レベル]4
 20:mel:xiia/etta(甘いお姉ちゃん)
[語法]
語法を書くより「ツンデレ」と言ったほうが早いだろう。

xiettavet
/ [言語]ツンデレ語、照れ隠し語
[レベル]4
20:mel
[文化]
ツンデレ語は2種類の作り方がある。
1:アクセントの位置を変える。sentantをsentant'と発音することで、照れ隠しをするなど。
2:単語の一部を変える。tiatiと言うのが恥ずかしいので、tiatyuとしておどけるなど。
ツンデレがよく使うが、エタットは照れ隠しをする際にツンデレ語を使うことがある。

xiev
/ [言語]後置
[レベル]4
20

xifa
/ [植物]ビート、甜菜
[レベル]4
lakta:xifa。xiは甘い。

xiferan
/ [人名]シフェラン
[レベル]4

[文化]
シフェルの指導者。

xifereld
/ [言語]シフェル語→arka。kukuli参照。
[レベル]4
19

xifia
/ [名詞][形容詞]リア充、モテ
[反意語]guia
[レベル]4
21:xi/fia(甘い世界)
[語法]
典型的には仕事にも恋愛にも人間関係にも金にも健康にも恵まれた人間のこと。
【成句】
re xifia tifl fia! リア充爆発しろ!

xigag
/ [言語][生物]喉頭
[レベル]4
19

xiiadurne
/ [普通動名詞]夜這い
[動詞]yulを夜這いする、夜這う
[レベル]4
22:「甘い夜」

xiialas
/ [婉曲][動詞][rente]yulを愛撫する、愛撫する、ペッティングする
[普通動名詞]愛撫、ペッティング
[類音]xiilas
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt:甘い手

xiiamokl
/ [名詞]ラブホテル、ラブホ
[レベル]4
22
[語法]
ご休憩はdurne、ご宿泊はvirdと言い習わす。
[文化]
南区などにまとまって存在する。個人の売春婦などが立ちんぼをしていることもある。

xiian
/ [普通動名詞]ディープキス、フレンチキス、舌キス、舌を絡ませるキス
[動詞]yulにディープキスする、キスする
[類義語]xiks、alul、xiku
[レベル]4
21:kliiz [語法]
xiks

xiiasex
/ [婉曲][rente]クンニリングス、クンニ
[動詞]yulにクンニリングスする
[類義語]menkui
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt:甘い唇
[文化]
前戯として行う。古代ローマと違って屈辱的な行為ではなく愛情の表れとされた。愛情の表れであるため、売春婦などにはあまりしない。

xiie
/ [名詞]優しい嘘、人のためを思っての嘘
[レベル]4
19:xi(古の甘い)/fie(嘘)
[語法]
夢織の優しい嘘とは意味が違う。幻覚のことではない。本当のことを言うと傷つくときに、あえて嘘を言うこと。罪にはならない。本当のことを言うと自分が困るときはやさしい嘘ではなく、ごまかし。あくまで人を思っての行為。

xiilastafl
/ [動詞]yulを懐柔する、懐柔する、手懐ける、手なづける、てなづける
[普通動名詞]懐柔、手懐け
[レベル]4
22
【用例】
alson el ar sen xiilastafl a luus sofel emo halas naxil a luus" だからこそ居場所を与えてあげればあっさりと懐柔できる」

xiilate
/ [名詞]ペットショップ
[レベル]4
19

xiimbez
/ [医療]糖尿病
[レベル]4


xiis
/ [動詞]yulを妥協する、妥協する、譲歩する、甘くする
[普通動名詞]妥協、譲歩
[副詞]甘い、ぬるい、生ぬるい
[レベル]4
古のxi(甘い)/so(する)
[語法]
徹底せず、人や物事に対してある一定のラインや完成度などで留めることを指すので、日本語と違って妥協と譲歩は区別しない。
【成句】
te xiis 甘い、ぬるいわ
daj a daj, xils a xils 親切には親切を、妥協には妥協を:魚心あれば水心
【用例】
[言葉遊び]tu nots de xis tet xiis tisse. 会計は黒字どころか生ぬるいですよ。
an aaxa xiis sen klos nozet man an siil lax les ridia landi i fiona. an tiia la ento vano lax falis laat, kils, antes. 僕はリディアが心から望むものを守りたいから、自分の主張を妥協できないのです。彼女のことを愛しているので、彼女の、もっと言えば僕らの正義を守りたいのです。

xiiska
/ [名詞]妥協点、落としどころ、落とし所
[レベル]4
19
【用例】
saa, soa et xiiska na. まぁ、この辺が落としどころかな。

xiitdas
/ [動詞]yulをaに奨励する、奨励する
[普通動名詞]奨励
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

xilan
/ [名詞]後輩、弟弟子、若手
[反意語]salan
[レベル]4
19:melidia axte
[語法][文化]
alser
salanに対して使う。蔑称ではない。愛着を持って使う。日本語と違って敬称と呼格にもなる。

xilantis
/ [シェルト]後衛、後衛の駒
[レベル]4
rd;/
23

xild
/ [形容詞]飼いならされた
[反意語]vag
[レベル]4
20:xiil/古d(過去形)「飼いならした」
【用例】
labast xild 飼い慣らされた労働者、社畜

xilg
/ [経済]資金
[レベル]4
19:xir/gil
【用例】
xilg kag 豊富な資金

xiligil
/ [名詞]奨学金、奨励金、補助金
[レベル]4
19:melidia axte
[文化]
犯罪被害者に対し国から補助金が出るが、それもxiligilという。補助金は「肉体的な損失の大きさ」と「精神的な苦痛の大きさ」に基づき支払われる。後者は人によって受け取り方が異なるため、定量的ではない。例えば腕が一本なくなるのは定量的な損失ではかりやすいが、痴漢がどれくらい苦痛かは女によって異なる。そこで精神的な苦痛は社会生活を営む上でどれだけ定量的な損失が出るかに置換される。
これによると、レイプの補助金は大きいが、痴漢の補助金は少ないことになる。というのも、レイプされた女はアルバザードではまともな結婚ができないが、痴漢は男からノーカウントと見なされるためである。痴漢されても結婚の道は絶えないため、社会的な損失は軽いとされる。

xiling
/ [経済][法律]税寄付、喜捨金、寄付金
[類義語]daig
[レベル]4
lj;xili/daig
23
[文化]
2012年の日本円にしておよそ1000万以上の年収がある者が革命後に払うことになった金のこと。1000万までの収入に対しては通常の税金が取られる。1000万を越えた分に関してはその納税者が寄付金という形で任意の単数ないし複数の団体に納税代わりに納めなければならない。この金のことを税寄付という。税金と実質同じな寄付だからである。

xilmagil
/ [名詞]弔問金、ご霊前、ご仏前
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

xiln
/ [経済]債権
[レベル]4
19:xim/lang(受け取る権利)

xilnan
/ [経済]債権者
[レベル]4
19

xiloxliik
/ [生物]大腸菌
[レベル]4
21

xiloxpig
/ [医療]大腸がん
[レベル]4
19

xilue
/ [アイテム]シルエ、やまびこ草
[組み数字]11/12
[レベル]4
20:xiv/lutie
[文化]
シヴの効果のある蜜。アズゲルでルティア人がメープルシロップから作った。小瓶に入っている。

ximras
/ [名詞]取得回数
[レベル]4
21

xinke
/ [人名]シンケ
[動詞]yulをa(整形後の状態や整形したいモデル名)のように整形する、整形する
[美容]美容整形、整形
[組み数字]5/16
[レベル]4
meltia 39:ardu/esta;e

[文化]
esta
エスタの第5子。女。3姉妹の中で一番美しくなく、兄から銅鏡を与えられた少女。銅鏡から生まれたリシリウスにより顔を整形され、兄に受け入れられる。醜いとは書いてないが勝手に醜いとアシェットに解釈され、整形するの転換動詞になった。実際は姉のパルテたちが美人なだけ。
<整形について>
整形は嘘の姿を作るので嫌われる。整形美人は人気がない。但し、ブスで生きるのは社会的に事実上不利であるため、ブスが整形するのは抵抗がない。ただ、そういった人間が恋人を作ったり結婚するときには必ず整形したことを申告しなければならない。

xinlei
/ [名詞]禁書
[レベル]4
rd;/「禁じられた本」
23

xinvasn
/ [政治]不可侵
[レベル]4
19

xio
/ [電算]ハッカー
[レベル]4
ryuu:恣意

xipa
/ [料理]メレンゲ
[レベル]4
16:制:xip(卵白)

xipea
/ [言語]後置詞
[レベル]4
rd;/
23

xiran
/ [名詞]移民、開拓民、入植者
[反意語]saran
[レベル]4
rd;/
23

xirein
/ [軍事]後衛
[レベル]4
21

xirens
/ [名詞]エピローグ、納口上
[反意語]sarens
[レベル]4
rd;/
24

xirit
/ [形容詞]噛み合う、かみ合う、一致する、合致する
[反意語]xoket
[レベル]4
21:ixirius/te

xisev
/ [名詞]あとがき、後書き、跋文
[レベル]4
20

xispkilp
/ [普通動名詞]パンチラ
[類義語]lansxant
[レベル]4
22

xist
/ [料理]ラム、ラム酒
[レベル]4
lakta

xistina
/ [色][芸術]伝統色、システィナ
[アクセント]xistinA
[レベル]4
1610(21):famii;kaoxist/na
21
[文化]
→verim

・日々の色

アルバザードでは日付によって固有の色(selnim)が存在する。rdでファミイとセレンが制定した色で、366色存在する。
letteのように特定の伝統色ではなく色グループ全体を指すものもある。kaafなどもそうである。
mediaのように伝統色にありながらも同時に黄緑という色グループ全体を指す語もある。
bakmのように伝統色にない単色ないし色グループも存在する。

クルノース家門外不出のkaolinにより実現したもので、色魔法の下地となる概念である。kaolinができたsmより前の段階では、人類の持つ色は鉱物や植物や動物などの自然物から得られるものに限られ、ここで述べる伝統色のような理論的な色の体系を求めるのは不可能であった。というのも、ある特定の色を出すための材料がそもそも存在しないということがあるためである。

・暦と色

地球では色相環は10色を使うことが多いが、アルバザードでは12色である(円環状のものはたいていアルミヴァを使うため、オリジナルの文化としてカルディア独特の色相環を作る必要がある)。
これに無彩色を足すと13になり、ちょうどメル暦の月の数と一致する。月は28段階に分析されるので、13カ月で364色になる。これにaxetとteemsを足すと都合366色になる。
これにより誕生日固有の色、その人のパーソナルカラー、色占いといった文化の創出が可能になる。

・四季週

ひと月の内訳である28日は週ごとに分かれ、axte, flea, alis, xierの7色ずつに分かれる。各四季週の彩度と明度は以下のとおり。春は麗らかなので、春週は明度が強く彩度の弱いパステルカラーを採用している。夏週は明度彩度ともに高く、原色や純色が現れる。これは夏の強い日差しをイメージしている。秋週はややどんよりした色で、これから暗い冬週へ向かっていくイメージ。そして冬週が彩度明度ともに弱い暗く落ち着いた色である。これは月の4週を四季で表現することから生まれた考え方で、真夏の月にも冬の週があるし、真冬の月にも夏の週があることからできた発想である。
月の前半をアルシェの週といい、後半をソーンの週という。総じてアルシェは明るい色で、ソーンは暗い色である。ソーンは秋冬の担当で、落ち着いたシックな感じや渋いイメージを醸し出している。アルシェは原色や明るい色を担当している。音楽の長調がアルシェだとすると、短調がソーンであり、どちらにもそれぞれ価値や使いどころがある。

季:明度:彩度
春:強い:弱い
夏:強い:強い
秋:弱い:強い
冬:弱い:弱い

・アルミヴァ色相環→adel

色相環は一番上が黄緑(RGB=128・255・0=80FF00)になるように配置する。黄緑を12時(0時)の方向にしたら、次は3時のポエンが赤(RGB=255・0・0=FF0000)になるように色相環を配列する。
なぜこうする必要があるかというと、赤(暖色)が女性で青(寒色)が男性を象徴するためである。アルミヴァは里程標となる0時と3時が女性で、同じく里程標となる6時と9時が男性である。従って黄緑を0時にして時計回りの色相環を作るとちょうど良くなる。
色相は0〜359までの角度で示す。地球は赤は0だがアトラスでは90なのでずれがある。このまま計算に用いないこと。本項ではRGBなどの数値は読者もフォトショップなどで確認できるよう、地球の角度で示している。

以下アルミヴァと色の対応表。参考にした資料がどうもフォトショップで実際の色と比べた時に正しくないように感じられたため、色名はセレンが目で確認して付けたもの。ただそれではきちんと伝わらないだろうから、括弧内にRGB値を入れておいた。
向かい合う角度は足すと白(255・255・255)になる。例えば角度30(幻天では60)は255・127・0で、向かい合う210(幻天では240)は0・128・255で、足すと255・255・255になる。

アルミヴァ:色(RGB):色相角度(幻天):色相角度(地球)
セイネルス:黄(255・255・0:FFFF00):30:60
ティーテル:橙(255・127・0:FF7F00):60:30
ポエン:赤(255・0・0:FF0000):90:0
ネルメス:赤紫(255・0・127:FF007F):120:330 (数値的に赤紫なのは異論ない。しかしセレンには濃いピンクに見える。どうも紫系統の認識がずれているようだ)
クレーヴェル:紫(255・0・255:FF00FF):150:300 (青と赤が255なのでまごうことなき紫なのだが、セレンの目には赤紫に見えた。というかこの色のことを赤紫というのだとずっと思っていた)
カルザス:青紫(128・0・255:8000FF):180:270 (赤が青の半分なので青紫なのは間違いない。だがセレンはこれが真紫だと思っていた。数値を見て驚いた)
ヴァルファント:青(0・0・255:0000FF):210:240
ヴァルゾン:淡い青(0・128・255:0080FF):240:210
ティクノ:水色(0・255・255:00FFFF):270:180
フェンゼル:青緑(0・255・128:00FF80):300:150
ネブラ:緑(0・255・0:00FF00):330:120
コノーテ:黄緑(128・255・0:80FF00):0:90

この配置だと女性であるティーテル、ポエン、コノーテがちょうど暖色になる。なんとも奇跡的な話である。
例外はセイネルスだが、そもそもこれは生きている剣なので性別が判断しがたい(どちらかというと男性だと思うが)。

さてこれをメル暦にどう対応させるかだが、アルバザードの四季に合わせて配置したほうが季節感がある。真夏の8月に青というのはイメージに合わなかろう。そこで暖色が夏になるように配置したい。アルカでは夏は夏至から始まる。6・21ごろなので、ral melごろである。夏の終わりは秋分の前日。秋分が9・23ごろで、mik linごろ。つまりral_mikがおおむね夏ということになる。4カ月間である。そして黄緑〜赤までで4色である。そこでralを黄緑にするとmikが赤になり、暖色が夏に収まる。6月はまだ春と夏の間なので新緑の緑の終わりから黄への過渡期であり、ちょうど黄緑でよい。すると夏真っ盛りのpalが炎の色の橙になるのでちょうどよい。赤と橙だとより暑く感じるのは炎の色の橙なので、mikが赤というのは異論ない。
8のralが黄緑でkonooteということは、11のmikが赤でpoenということになる。13のrujは無彩色なのでスキップ。すると翌年のdiaは紫でkleevelとなる。すなわちメル暦起点のdiaは紫のクレーヴェルからスタートすることになる。秋の終わりの肌寒い季節で、これから寒い青に向っていくのでちょうどぴったりである。
こうしていくと年始は紫になり、最も寒い月が青になるのでイメージに合い、さらに春から初夏にかけて新緑の緑となる。総じて巧い配置になっていると言える。

・明度と彩度

色相については分かったが、明度と彩度はどのように定めるか。明度と彩度についてはHSV色空間(verim)で捉え、ともに0〜100%(ないし0〜1.00)の変域を持つとする。
しかし彩度20%以下はふつうの人間の目にはグレーすなわち13月の領域に見える。また明度20%以下はどんな色相や彩度であってもどのみちふつうは黒に見える。しかもこれは色を並べたときの話で、単体で色を見たときではない。彩度20%明度20%の程度の赤はグラデーションの中では周りの灰色との比較で有彩色に見える。しかしこの色単体を取り出すと黒か灰色に感じられる。せいぜい凝視して「赤味がかった灰色」に感じる程度で、これを見てとっさに赤だと思う人はまずいない。
となるとこの色はコノーテの月に入れるのはおかしいということになり、伝統色からは排他される。日常的な視点で人間が有彩色だと感じない色を伝統色として採用するのは不自然である。
むろん現代アルバザードのアートでは366のような少ない色数で満足することはないのでこれらの色も使用するが、少なくとも伝統色には採用されない。

単体で見た場合、ぱっと見有彩色に感じられるのはどの程度からであろうか。色相tiknoの水色(地球だと180°)で、彩度明度22%とすると、地球ではH(色相)=180、S(彩度)=56、V(明度)=56になる。彩度と明度は16進数である。これをRGBにすると2C3838で、10進数では445656である。この色はIphoneなどの端末で見ると(端末の設定によっても異なるだろうが)ほとんど黒に見える。しかしPC上でフォトショップなどで確認すると深い青に見える。
ここでもしSVを9%にするとほぼ完全に人間の目には黒に見え、有彩色とは認識されない。もちろん9%分あるので分類上は有彩色なのだが、人間の目にはそのように感知されない。というわけで9%だと有彩色と認識にするには下げすぎで、22%だとまずまずということがいえる。ただ22%でも実際はだいぶ灰色に見えるので、現実的には28%くらいがぎりぎり単体でもぱっと見て有彩色に感じられる下限ではないか。

ところで先ほどから22%だ9%だ28%だといっているが、この区切れの悪い数値はどこから来たのか。
ひと月は28日あるので28色ある。28色はリディアの月なら紫だが、同じ紫でもこれを28種に細分化せねばならない。細分化するには明度と彩度を弄るしかない。そこで日にちによって明度と彩度が変わるようにしたいわけだ。
明度と彩度の最大値を100%とし、これを14段階にそれぞれ区切る。1段階目である最大値は彩度明度ともに100%なので、残り13段階についていくつずつ数値を減らしていけばよいかという話になる。もし10%ずつ刻んでいったら数値がマイナスに突っ込んでしまうので不可。逆に1%刻みではほとんど色の違いを感じられないので無意味。
そこで色の違いを保たせつつ、かつ人間の目にも有彩色と感じられる値を下限としたい。目視の結果、28.5%に当たりを付けた。下限を28.5%にすると、刻み幅は5.5%になる。もし幅を5%にすると下限は35%になる。しかし人間の目には22%でもどうにか有彩色と感じられるので、下限を35%で区切ってしまうと全体の色域が狭くなってしまってもったいない。逆にもし刻み幅を7%にすると下限は9%になるが、これでは黒にしか見えず、有彩色に含めるのは無理がある。
そこで5.5%で刻んで下限を28.5%にするのが妥当と思われる。これは感覚に基づく判断だが、rdの技術力ではまさに感覚に基づいて伝統色を設定するしかなかったので、文化的にも歴史的にもそのほうがかえって整合性がある。

まとめよう。明度彩度ともに100%を最高値とし5.5%刻みで下限が28.5%になるような14段階のスケールを求める。
このうち前半7段階を強とし、後半7段階を弱とする。すると以下のようなスケールが得られる。
なお、強列は降順で、弱列は昇順とする。これは後で分かるが、100/100という強い組み合わせだけでなく28.5/28.5という弱い組み合わせや、あるいは100/28.5のような片方だけが強い組み合わせを作ることができるようにである。

明度強:100, 94.5, 89, 83.5, 78, 72.5, 67
明度弱:28.5, 34, 39.5, 45, 50.5, 56, 61.5
彩度強:100, 94.5, 89, 83.5, 78, 72.5, 67
彩度弱:28.5, 34, 39.5, 45, 50.5, 56, 61.5

これで28段階揃う。そしてこれらを上述の四季週のイメージに合わせて組み合わせる。
あくまでこの春夏秋冬は月の中の週であって、真夏に冬の週もあるし、真冬に夏の週もあるので混乱しないよう注意。

季:明度:彩度
春:強い:弱い 白く淡い色。パステル。春の柔らかいイメージ
夏:強い:強い 白く濃い色。純色や原色。夏の強いイメージ。夏野菜の色でもあり、色の少ないrdごろの生活では植物は色をもたらす主な物質だったため、このイメージは受け入れやすかった
秋:弱い:強い 黒く淡い色。くすんだ感じの色。冬へ向けて寒くなっていく秋のどんよりしたイメージ
冬:弱い:弱い 黒く濃い色。抹茶色やワインレッドのような深い色で、渋い色。暗く寒い冬のイメージ。冬野菜や根菜の色とも一致する

リディアの日は春週の最初なので、明度は強い系列を使い、彩度は弱い系列を使う。すなわち明度は100%で、彩度は28.5%となる。同様にオヴィの日は94.5%と34%である。次週になりラルドゥラの日になると彩度は強くなり、明度はふたたび強い系列を使うので、明度が100%で彩度が100%となる。すなわち純色や原色はラルドゥラに現れる。

・5度刻みの色相

ふたたび色相について。彩度と明度は28.5〜100%の値を取る。すなわち人間の目が有彩色と認識しやすい変域を取る。
一方色相は上記のままでは12色しか取れない。彩度明度と比べてパターン数が少なく、色の無駄遣いともいえる。しょせん彩度と明度を5.5%ずつ落としていっても人間の目にはそんなに大きな違いは感じない。さらに色相も少ないともなれば、伝統色は似たり寄ったりの色ばかりに感じられる。
そこで色相をより多く使うようにしたい。例えばコノーテの黄緑を0°とすると、セイネルスは30°である。すると10°や20°の色味は使われないことになる。ここに無駄がある。そこでリディアの日は0°、オヴィの日は5°、クリスの日は10°と5度ずつ刻む。
メルの日で30°になるので次月のリディアの日と同じ色相になってしまうが、両日は互いに明度と彩度が異なるので色が重複することはない。
ラルドゥラの日になったらまた0°に戻す。つまり曜日ごとに基準となるその月の角度に何度プラスするかが決まっている。velmの曜日ならプラス0°で、ervaならプラス5°である。
こうすることで色相を360°中72段階も使えるようになる。また、同じ色相がふたたび出るまで7ターンかかるため、色の見分けがしやすくなり、似たような色が減る。これだけ数値が離れれば人間の目にも区別しやすい。

・明度の入れ替え

さて、上記の容量で配置していくと、夏冬週の明度と彩度が100/100、94.5/94.5、89/89のようにゾロ目ばかりになってしまう。
これでは色に変化が少ない。なるべく色をバラけさせないと、「伝統色が扱う色の範囲は狭くて使えない」ということになってしまう。そこで下記の日付の間で明度を入れ替える。こうすることでゾロ目が減り、色がバラけ、色域が広くなる。

ovi:ruuj
ryuu:zana
gil:mik
umtona:kunon
lina:axx
relezona:pinena

ところでgil:mikとrelezona:pinenaは入れ替えても一見意味がないように見える。ところが一カ月分のカラーチャートを作ると意味が見えてくる。
明度を入れ替える前の状態でカラーチャートを作ると、綺麗にグラデーションする。綺麗なのは良いが、色に日々の変化が感じられない。日々の色といっているのに「今日は群青色。明日は微かに今日より薄い群青色……って結局群青色じゃん!」ということになってしまっては、今日のラッキーカラーとかテーマカラーといった文化も育たない。そして何よりつまらない。ということはrdでも民衆にも広まらず、未来に残らない。

そこで、なるべくカラーチャートが市松模様になるように、色をバラけさせる。同じ青系統の月の中でも「今日は群青色、明日はペールブルー、昨日は紺色」というような変化があるほうが受け入れやすい。
また、こうすることで毎日の変化を感じながら、しかして「今月のテーマカラーは青」というような使い方ができる。つまり月単位で色を使い分けたい人にも、毎日使い分けたい人にも資する。また、春夏秋冬週の違いがあるので、週ごとに使い分けたい人にも資する。さらに半月ごとにアルシェとソーンでテーマが変化するので、半月ごとに使い分けたい人にも資する。
そういうわけでチャートを市松模様にしたいのだが、それにはここで述べた明度の入れ替えが必要である。

・色相の昇降

実はこれだけではまだ綺麗な市松模様にならない。そこで色相のプラス補正についても昇降を与える。
今のところリディアの日がプラス0°でメルの日がプラス30°であった。補正値は昇順である。
これを春秋週に関しては逆転させる。つまりメルの日がプラス0°で、リディアの日がプラス30°である。
一方、夏冬週はそのままとする。これは夏がラルドゥラの日を含み、ここに原色や純色が現れるためである。この日に色相補正をしてしまったら、例えば黄色の月に黄色の純色が出ないというおかしなことになってしまう。

・色の演繹

以上を踏まえ、melselの色を求める。dia diaなので、色相は紫。色相の補正はリディアの日なのでプラス30°。明度は100%、彩度は28.5%である。このようにして論理的に個々の日付の伝統色を求めることができる。
地球ではH=270°、S=28.5、V=100で計算する。このときのRGBは#DAB6FFで、10進数では218・182・255である。具体的にはピンクがかった紫となる。
またdiaselはzan ralなので、色相はセイネルスの黄。ラルドゥラの日なので純色が現れる。HSVはH=60°、S=100%、V=100%。RGBは#FFFF00であり、10進数では255・255・0である。これは純色の黄色に等しい。つまりディアセルは真正の黄色ということになる。記念日としては分かりやすい。

・明度/彩度

dia:100/28.5
vio:94.5/72.5
lis:89/39.5
gil:83.5/83.5
ful:78/50.5
dyu:72.5/94.5
mel:67/61.5

ral:100/100
zan:94.5/56
pal:89/89
mik:83.5/45
fav:78/78
ruj:72.5/34
ser:67/67

rav:28.5/100
tan:34/56
lin:39.5/89
rez:45/45
jil:50.5/78
din:56/34
ket:61.5/67

len:28.5/28.5
lax:34/72.5
nen:39.5/39.5
pin:45/83.5
mat:50.5/50.5
kun:56/94.5
mir:61.5/61.5

・色相補正(四季週\曜日)

velm erva satii teeve beezel ilva part
axte 30 25 20 15 10 5 0
flea 0 5 10 15 20 25 30
alis 30 25 20 15 10 5 0
xier 0 5 10 15 20 25 30

・ルージュの月

ルージュの月は本来無彩色のために用意された月だが、実は白から黒まで28段階に分けると細かすぎて隣同士の色をふつうの人間が識別できないという問題がある。色の本を見ても無彩色のページは28以上あるので、一見すべて命名できそうに見える。だがそのほとんどはグレイに赤や青などの色味が入った色で、厳密には無彩色でない。そして色のついた灰色なら毎月エンナの日辺りに出現している。
純粋な無彩色だけで28段階というのは現実的でなく、せいぜい半分の14段階だろう。これだと人間の目にも区別がつく。さらにいえば、5°などの有彩色は各色相ごとに4色しか存在しないのに、無彩色だけその7倍の高分解をするというのはアンバランスである。
そこでルージュの月のソーンの週だけ使って無彩色を示す。ruj ravが純白で、ruj mirが真黒となる。

するとアルシェの週が余るが、ここに45°の倍角色を納める。
アルミヴァの12色相は方位に例えるなら12方位に相当する。12方位というのはよく考えると東南や北西といった45°の倍角が表現できないという欠点がある。
ということは色相環にも同じことが言える。赤と黄緑という起点となる色のちょうど間の色が表現できないという事態に陥る。赤と黄緑の間は45°なので、実はセイネルスの月のテーヴェの曜日に出ている。しかし明度と彩度の組み合わせ上、純色は出ない。そこで下記のように45°倍角色を配置する。なおこの角度は幻天での値なので注意すること。例えば幻天で135°は地球では315°になる。

dia h=45, s=100, v=100
vio h=45, s=64.25, v=64.25
lis h=45, s=28.5, v=28.5

ful h=135, s=100, v=100
dyu h=135, s=64.25, v=64.25
mel h=135, s=28.5, v=28.5

ral h=225, s=100, v=100
zan h=225, s=64.25, v=64.25
pal h=225, s=28.5, v=28.5

fav h=315, s=100, v=100
ruj h=315, s=64.25, v=64.25
ser h=315, s=28.5, v=28.5

さて、こうするとgilとmikが残る。
その前にrezとpinを名付けよう。rezは銀色で、pinは鉄色である。となるとここに金と銅を足して、アルバザードで重要な4つの金属を縦軸で揃えたい。日本の折り紙でよく金銀が入っているが、アルバザードでもやはり金銀銅鉄のような色は特殊な色として扱われるため、こうしてルージュの月に特別な色として加わる。
gilを#B87333の銅色とし、mikを#FFD700の金色とする。もっとも金などは光沢ありきの色なので、ここではあくまで黄色の一種に見える。このように並べていくと、巧い具合にアトラスの歴史の中で発見された順序に上から並ぶ。しかも縦軸はテーヴェの曜日であり、テーヴェは土の属性で、鉱物はここに入る。非常に興味深い配列である。

残ったaxetとteemsについて。
axetには彼らが使用していた公式色のxisを宛がう。#002200である。
そして最後のteemsには、rdで伝統色を作ったファミイの定めた恋色で、#F8DAD2である。rdで共同研究者のセレンは最初この色は悪魔の日の色としてピンと来ないと考えたが、ファミイが研究の最後に自分の気持ちを託した色のことだと気付く。これが最終的に未来のミロク=ユティアに繋がる。

・伝統色成立の経緯

smでkaoxist kulnorsがkaolinを開発。染料や画材の色を安く提供し、財を築く。
rdになるとsmで発達した錬金術のおかげで、自然物を使った顔料がkaoxistのころより豊富に採れるようになる。種類も豊富で値段も下がってきたため、相対的にクルノース家の売り上げが落ちる。
問題はkaolinが扱いづらいことにあった。アナログで色を作るので、匙加減ひとつで色が微妙に変わってしまう。従ってひとつの色で糸や粉に色をつけるのは難しく、クライアントの注文した色にならなかったり、色がまだら目になってしまうことがあった。そのため自然顔料も需要が残っていた。この頃は自然顔料によるものを獅法色、kaolinによるものを魔法色と呼んでいた。

1593年、時の当主mimoza kulnorsは経営不振に悩んでいた。当時は折しも貴族批判がなされていた時代で、ミモザは自分たちが庶民派であることをアピールするため、長女ファミイをアシェルフィ校へ編入させる。リディアやセレンと同級生になる。
1594年、ファミイは席替えでセレンの隣になり、話すようになる。同年ファミイが学校帰りに誘拐される。クルノース門外不出のカオリンの使い方を吐かせるためである(どのみちまだ伝承していなかったの無駄だったが)。居合わせたセレンがこれを助ける。このことでファミイはセレンに好意を持つようになる。
1595年、ファミイはセレンを誘って部活を始める。色と魔法の関係について研究する色魔法部を設立。部員は2人のみ。
1596年、ファミイはアシェルフィ高等部へ進学。同セレン。
1598年、ファミイは高等部を卒業。ミモザからアマンゼ家へ嫁ぐことを命じられるがこれを拒絶し、大学進学を望む。進学と引き換えに、ミモザの命令で一年花嫁修業を行う。
1599年、ファミイ、アルナ大へ進学。セレンと連絡を取って色魔法部を存続。
1603年、ファミイはカオリンをミモザから伝授される。
1605年、ミモザからふたたびアマンゼ家へ嫁ぐことを命じられるが再度拒絶。色魔法部の成果を出すことに注力しはじめる。
1607年、色魔法部がsaikanを開発。実用に向けて調整に入る。
1610年、サイカンが実用ベースに乗る。kaoxistの提唱したverimとサイカンを用い、xistinaを制定。verimを使って色相と明度と彩度を定め、それを規則的にメル暦に配置。各日付の色はHSVで定められたが、実際使うのはサイカンであるため、当時リュウが作っていたコンピュータを使ってHSVをRGBに変換した。本には伝統色をHSVとRGBの両方の値で登録し、それぞれにアルカで色名を付けた。伝統色は3種ある。1つはこれまでアトラスが用いてきた獅法色。1つはそれに近い魔法色。最後は魔法色オリジナル。1番目のものはxisのように元の名を残した。2番目のものは元の名前を残しつつ、元の色を魔法色に合わせた。例えばerfiはこのころ完全に「これはこの色だ」と決められていたわけでなく、「おおむねこういう感じの色だな」という風に決まっているだにすぎなかった。その見本色はクルノースが書籍にして保有していたが、魔法色がそれと少し異なる色の場合、色の値が数値的に分かる魔法色を優先したほうが後々合理的である。そのためこちらを正しい色とした。従ってerfiなどはそれまで考えられていた色と少し異なることになる。この辺りは地球でも似たようなことがあった。3番目はもともと自然物では出せない色なので、色魔法部が新たに命名した。従ってxistinaには3つの命名パターンがある。
同、ミモザが結婚への最後通告を出す。ファミイは覚悟を決めるが、xistinaの最後の色に想いを託してセレンに送った。もともとteemsの色は候補がなく、決めあぐねていた。セレンはファミイのシステムなので最後は自分の好きな色を当てればいいと言った。ファミイはそれにhatiaと名付け、結婚前日にセレンに送った。
これを見たセレンはファミイの気持ちを知って諭しに行く。これ以前にもファミイは彼を初めて意識した日(fav vio)にlatyuul e velgarと名付けるなどしてささやかにアピールしていたが、セレンが気付くことはなかった。
hatiaによってようやくファミイの気持ちを知ったセレンはこのときファミイにカモミールの花を渡している。結局セレンは断り切れずに事が起こる。
リディアはこのことに気付いたが、ファミイの気持ちを中学のころから知っていたので耐えた。
同、ファミイはevel amanzeと結婚。
1611年、サイカンによってまだら目もなければ失敗もない色で糸や粉を塗ることができるようになった。この年には色を付けた繊維や衣服や画材や顔料の生産が完了。366ものカラフルな色を確実なクオリティで安価に提供ともなれば、当時のアルバザード人が食いつかないはずがなかった。さらに366日に固有の色を設けたおかげで「今日のテーマカラーを!」「あなたのパーソナルカラーを!」という売り文句ができ、これも売り上げに貢献した。また、これによってメル暦の国民の間での認知度が上昇した。イムル暦でも使えるのだが、xistinaはもともとメル暦に合わせてあるのでこちらのほうが圧倒的に使いやすい。むろんメル暦が認知されたのはアシェットの知名度も大きい。こうしてクルノース家は建て直された。
同、ファミイが娘のxionを出産。

・伝統色の訳語

伝統色は色魔法部がverimを使って色相と明度と彩度を定めたものがもとになっている。最終的にはサイカンを使うのでRGB値も定める。
それまでの獅法色と重なるか近ければそれまでの色名をそのまま使うかアルカに訳せば良い。しかし1677万色から366色しかピックアップしていないので、既存の色とかぶる確率は圧倒的に少ない。そこでかぶる色ないし近い色がなければ新たに単語を作ることになる。
さてそうなると幻日辞典のほうにも同じ問題が起こる。地球の色と近いものがない場合は名前の付けようがなく、セレンが日本語で適当に訳語を付けねばならない。例えばdia diaは#DAB6FFで218・182・255だが、『色の名前507』という書籍でこれに近い色を探しても見当たらない。これより色数の多い本はあるのだが、RGB値が載っていなくて参照しようがなかったり、値があっても肝心の色名がなかったりして使い物にならなかった。
むろん#DAB6FFをグーグルで調べれば何かしらはヒットする。しかしこれは特に名前が定まってない色で、訳語の設定には役立たない。さらに#DAB6FFに近い色でかつ名前が付いている色も見当たらない。
こういう例が多いので、日本語の色の名前を幻日の訳語欄に設けるのは無理がある。近い色がなくあっても無名だったりするからだ。だがこれは考えてみれば当然で、1677万色の中から他方は366色で他方は507色しか選んでいないのだから、そもそも原色などを除いてかぶるはずがないのだ。
#DAB6FFに無理に近い色を当てることもできる。例えばフレッシュピンクは上掲によると228・198・200でまだ近い。しかし10・16・−55も違っているのに「はいこれはフレッシュピンクですよ」で良いわけがないだろう。そんないい加減なことではユーザーを混乱させるだけだ。
なお、色詞についてはvelgaren参照。

seliit
[伝統色]ライラック:大切なもの:#DAB6FF:dia dia

このように、日本語の色名はあくまで捨象する。ところで捨象すると逆に良いこともある。
地球だろうとアトラスだろうと命名のセンスはそんなに変わらない。植物などを語源とすることが多い。
このライラックという色名だが、実は地球にもあるのだ。しかしそれは191・171・200であり、seliitの色ではない。アトラスにも同じライラックという名前の色があるが、別々の世界なのだからその色が地球の色と同じなはずがない。かといって地球に遠慮してライラックという色名を避ける理由もない。
もし日本語の色名も併記した場合、seliit以外のどこかの箇所でまたライラックという言葉が現れる可能性が高い。これでは非常に混乱を招く。そういう意味では日本語の色名は捨象してアルカの色名の訳語のみに限定することには理がある。

・システィナ表

別途pdfを参照のこと。

・色の命名

rdまでの歴史を反映して作られる。
まず、meldiaなど、色の名前そのものを指すタイプがある。
次に、diltやdepiのように物そのものを指すタイプがある。
地名やアイテムなども含まれる。ヴァストリアの場合は刃や棒の部分の色を取ることが多い。
ほかにも校章や象徴色など様々である。
名前はルティア語のもの(la fon j'eliizel
)やディミニオン語のもの(mazel tan heist)なども含まれる。

・色の違い

tessa(抹茶色)といっても、すべての抹茶がその色ではない。光源や部屋の明かりによっても違うし、茶葉の量によっても異なる色が出る。なのでtessaは必ずこの色になるというわけではない。adisantも同様で、まったくあの色でなければならないというわけではない。
また、imelのように、固有の伝統色で限定する語義がある一方で黄色系の色を漠然と指す単語もある。
xistinaは色を限定する能力があるが、現実に存在する抹茶なり栗なりといった色は当然千変万化である。アルバザードの栗はすべてこの色なのだというように杓子定規に考えないこと。

・拡張

nimの項の語法にあるような形容詞を使ってxistinaを拡張することができる。例えばfarrenより明るいがfortisより暗い色などを表す場合にfarren firtなどということができる。
同様にla san j l'almi(ラ サン ジュ ラルミ)を暗くするとbeezelatに近づく。
【成句】
xistina isfelia あなただけのカラーを:十人十色、千差万別。システィナを売り出したときのキャッチコピーから。

xiteata
/ [名詞]家族会議
[レベル]4
rd;/
24
【用例】
xite antes en siias xiteata. うちの家族は家族会議をしたことがない。

xiteleep
/ [名詞]家族構成
[レベル]4
22
【用例】
xiteleep xon 複雑な家族構成

xival
/ [形容詞]音が良く響く、残響のある
[反意語]sabir
[レベル]4
19:xiva

xivan
/ [音楽]ボーカル
[レベル]4
21

xivaren
/ [地学](ブルー)サファイア、サファイア、青玉。リディアがシヴァ神を召喚するときに用いた。
[魔法]シヴァレン。水の中位白魔法。排卵を抑制する。
[組み数字]3/10
[レベル]4
zg;xiva/ren
17:ridia
eeren:xivaren
[文化]
<魔法>
日常魔法のひとつ。避妊具なしでもセックスを楽しむための魔法として使われた。ルビーのファーレンからの応用で作られた。セルメルまで、インプレンのお抱え白魔導師に就職するための必須技能のひとつ。結果、性病が増えたため、アミティ系の魔法を使える医者がますます潤った。
カコでは、サファイアにシヴァレンの魔法を籠める方法が確立した。だが1回当たりが高価になるため、裕福な人間しか利用できなかった。魔法のサファイアを軽く握りつぶすと、かき氷のように宝石が割れる。割れることで中の魔法が解けだし、手などを伝って体内に魔法が吸収される。
<魔石>
ユノの魔石。ならびに、シヴァ神を召喚する際の魔石。
無色透明のものはユノを大量に重合できる。
【成句】
tau{xant} xivaren a nene. 〜と避妊具なしでセックスする:文字通りの意味もあるので注意。

xivi
/ [言語]感動詞
[レベル]4
16:制:xiv

xivlent
/ [電算][音楽]ボーカロイド。初音ミクなどの技術で、人間の代わりに機械が歌うもの。ものによっては人が歌うより巧い。
[レベル]4
19

xivvet
/ [言語]擬声語
[レベル]4
21
[語法]
fovet

xix
/ [形容詞]横並びな、並行する、パラレルな
[反意語]sas
[レベル]4
@19

xizelo
/ [生物]後頭葉
[レベル]4
19

xlain
/ [軍事]同盟
[レベル]4
20:txilmain

xoitnakl
/ [生物]味覚
[レベル]4
21

xokati
/ [電算]互換性
[名詞](til)対応している、互換性がある
[レベル]4
19:xok/ati(相互性)
【用例】
tu sai til xokati a bika. このパソコンはマウスに対応している。

xoket
/ [形容詞]食い違った、食い違う、行き違う、不一致な、ずれている、ズレている
[反意語]xirit
[レベル]4
21:xokke「すれ違う」

xokl
/ [動詞]yulをaに向き合わせる、向き合う、対立する、対峙する
[普通動名詞]対立、対峙
[レベル]4
19:xokeel

xokltik
/ [数学]対頂角
[レベル]4
19

xokxet
/ [名詞]おたがいさま、お互い様
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

xone
/ [数学]偏差
[レベル]4
@19
[語法]
母集団の平均値との差。偏差は母集団内の個々の要素に対して定まるもの。平均の対。

xonealx
/ [数学]偏差値
[レベル]4
19:seren

xookdaim
/ [名詞]話の切り上げ
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt
[文化]
誰かが話しているときは切り上げるのは話し手である。聞き手から切り上げるのは失礼である。もし時間がなくて切り上げる場合はpentと謝ってから切り上げればよい。話し手が自分の話題を切り上げる分には問題ないが、会話そのものを切り上げるのは問題がありうる。相手が次の話題を用意しているかもしれないので、勝手に会話を打ち切るのは良くない。状況を見て判断する。相手が話したいようなら切り上げずに相手が喋るかどうか見てから切り上げる。時間がなければ事情を話して切り上げる。お互いがタイムリミットを知っていればより好都合である。タイムリミットが迫っていることを知らせて切り上げればよい。
エレベーターの中で会って話している場合、目的の階に着いた時点がタイムリミットである。そのタイムリミットがいつかは大体分かっているので、その階に着けばどちらともなくdooなどといって切り上げて別れる。エレベーターで切り上げるときは目的の階に着いたらlukok, atuなどといって切り上げる。「着いた」「ここです」という意味である。降りる人がa, atuなどといえば相手はson, dooという。降りる人もdooといって別れる。また、友達や恋人と会っているときはan kolt fal ra(もう帰らなくちゃ)といって切り上げることがある。

xookkit
/ [名詞]話の切り出し
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt
[文化]
用や言いたいことがある人が切り出す。今は自分が話してよい場面であるという状態なら良いが、人が話している途中など、話してよい場面でないときは嫌がられる。切り出すときはaltoo,xink,neeなどといって切り出す。一対一の会話でも多数との会話でも使える。いずれにせよそう言い出した人のほうを聞き手は見る。目上に向かって切り出してはいけないということはない。言いたいことがあれば言う。勿論、相手の機嫌が悪いときは黙っていることが良いときもある。
【用例】
☆an nat pels man jins vil ak nos fit xookkit. どう話を切り出せばいいか分からず困った。

xooksinsol
/ [名詞]トークショー
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

xossoj
/ [生物]脊椎
[レベル]4
19

xuuze
/ [死神]シューゼ
[レベル]4
meltia 4:atwaayu o luno;e
19:ridia
[文化]
四天王(死神四貴族)の一人。男性。夢喰種。美少女好きで、十三人の死神少女からなる「雛人形」を侍らせている。詩姫は一番のお気に入りで、雛号は七。

yagaa
/ [俗語]ペチャパイ、ぺちゃぱい、まな板、まないた、ちっぱい、ちっぱいぱんのちっぱい
[類義語]leizmam
[レベル]4
fv
赤:男の胸。リディアの悪口で、オヴィがもっぱら使っていた。(確かにアシェット内ではそうだし本人も気にしているが、ふつうの日本人と変わらないと思う)

yakamiso
/ [言語]半子音、半母音、わたり音。w,yのこと
[レベル]4
19

yakdar
/ [名詞][形容詞]セミオート、半自動。銃や自動ドアなどに用いる。
[レベル]4
rd;/
24

yakhacma
/ [名詞]準ハルマ
[レベル]4
17:制:準ハルマ

yakifan
/ [天文]準惑星
[レベル]4
20

yakka vland
/ [人名]ヤッカ=ヴランド
[レベル]4
21
[文化]
リーファ隊ハネスの本名。

yakvort
/ [医療]仮死
[レベル]4
20

yamaatmol
/ [経済]欠陥商品
[レベル]4
19

yamalx
/ [言語]忌数、忌み数
[反意語]ratalx
[レベル]4
21
[文化]
ratalx

yamavin
/ [経済]不況、不景気
[レベル]4
20

yamerim
/ [医療]心不全
[レベル]4
19

yamins
/ [医療]弱視
[レベル]4
19

yamliik
/ [生物]悪玉菌
[レベル]4
22:ridia

yampins
/ [医療]乱視
[レベル]4
19

yamtook
/ [娯楽]バッドエンド、バッドエンディング、BE、BED、BAD
[レベル]4
vl;/
23

yamyol
/ [動詞]yulを乱用する、乱用する
[普通動名詞]乱用
[レベル]4
19

yanna
/ [遊女][文末純詞]da, de, aano
[レベル]4
21:ya/nonno

yaselp
/ [化学]ニコチン
[レベル]4
19:煙草のピリジン

yasesta
/ [名詞]ホタル族、ほたる族、蛍族
[レベル]4
al;/「タバコ蛍」
23
[文化]
屋外でタバコを吸う人のこと。alごろから喫煙者の肩身が狭くなるにつれて出現した。

yasfidn
/ [名詞]吸殻→fidn
[レベル]4
rd;/
24

yav
/ [言語]節、クローズ
[レベル]4
19:yak/vok

yayulil
/ [化学]ヒ素、砒素
[レベル]4
19

yedlaba
/ [環境]省エネルギー、省エネ
[レベル]4
19

yeevel
/ [人名]イェーヴェル
[組み数字]15/16
[レベル]4
meltia 49:ardu/esta;e

[文化]
esta
エスタの第15子。女。

yelhait
/ [音楽]フラット
[レベル]4
19

yelsar
/ [音楽]ナチュラル
[レベル]4
19

yelsor
/ [音楽]シャープ
[レベル]4
19

yem
/ [動詞]yulをonについて参考にする、参考する、参考にする、参照する
[普通動名詞]参考、参照
[レベル]4


yetman
/ [名詞]トラブルメーカー
[レベル]4
19:トラブルの原因
【用例】
la et yetman ter. 彼はトラブルメーカーだと言われている。

yetrsiil
/ [名詞]問題親、モンスターペアレント、モンペア、モンペ
[レベル]4
rd;/
24

yetyuli
/ [名詞]問題児
[レベル]4
rd;/
19
【用例】
fosik, baz, yetyuli! このやろう、てこずらせやがって!:てこずる、手こずる。この場合、子供とは限らない

yevsan
/ [化学]化学反応式
[レベル]4
19

yez
/ [植物]ツタ、つた、蔦
[レベル]4


yoalots
/ [電算]WINキー
[レベル]4
20

yoanluzasl
/ [化学]酢酸、エタン酸(基官能)→mueasl
[レベル]4
19
[文化]
酢の化学名として知られる。長いのでふつうはmueasl。

yogel
/ [医療]痛風
[レベル]4
19:yog/levn(贅沢病)

yolda
/ [名詞]非処女
[反意語]limeer
[レベル]4
古:yold(使われた)/lantis(人)
[語法]
俗語ではない。

yollang
/ [名詞]使用権
[レベル]4
20

yosar
/ [電算]制御装置
[レベル]4
19

yuan
/ [言語]形副詞
[レベル]4
16:制:yue(形副詞)

yuan(3)
/ [電算]クライアント
[俗語]受け、右側、右、猫、ネコ
[レベル]4
22:「受けるもの」

yuat
/ [電算]バイト
[レベル]4
17:制:古:yufu(ビット)「0と1」が原義から,バイトは8ビットであることから2対にした

yudolk
/ [言語]被修飾語
[レベル]4
20:飾られる

yuemam
/ [生物]貧乳、ひんぬー、ヒンヌー
[レベル]4
rd;/
24

yufu
/ [電算]ビット
[レベル]4
古:yufu(ビット)「0と1」が原義から

yui(2)
/ [魔法]忌み
[レベル]4
sm 22
[文化]
adelがkanleizenになったもの。

yuiar
/ [名詞]探知機、レーダー
[レベル]4
21

yuipam
/ [名詞]サーチライト
[レベル]4
22

yukas
/ [法律]拘留、拘置、強制収容
[レベル]4
13:制:yuka(檻)

yuki(2)
/ [言語][文字]標準京極書体、ユキ、漿京極、漿果京極、苺京極
[レベル]4
22:yuki(2),alt
[文化]
サンセリフの京極書体。ロゴやPCでの文字表示などに用いる。

yukin
/ [魔法]不導体
[レベル]4
21
[文化]
dolmiyu

yukkofal
/ [法律]懲役、服役
[レベル]4
rd;/
23

yuklesia
/ [人名]ユクレシア
[レベル]4
20:yuklesika
[文化]
(yuuma 6423)カコ中期のルティアの大魔導師。アルシアの11魔将の師匠。
yuuma 6817 ルティアから大魔導師yuklesiaがアゼリアに招聘される。引き換えにレスティルはルカリアに経済的援助を行う
yuuma 6822 ユクレシア、lyuux研究所をレスティリア城郊外に置き、宮廷魔導師の養成を行う
yuuma 6839 ユクレシアがダイズアイライの二次感染が魔族aldilikやarvainによる疫病と類似していることに気付き、dizia(病原菌)の存在を仮説として立てる。diziaの駆除は清潔にすることであると説き、実証のため、比較的人口が少なくかつ症状の出ていた地方都市アルシアに出張する
yuuma 6841 ユクレシア、アルシアでのダイズアイライの駆除に成功。同時に病気の感染も減らし、dizia理論が正しいことを証明する。ここから、実験をさらに実証するため、ユクレシアは地方都市へ次々と行き、ダイズアイライの駆除を行う
yuuma 6844 ユクレシア、地方都市のダイズアイライを駆除しおえる。首都レスティリアはなまじ人口が多いため、駆除が困難であった

yuklesika
/ [地名]ユクレシカ
[レベル]4
20:古スカルディア語「北の山間の」
[文化]
yuuma 3620にシフェラン率いる竜騎兵隊がカルセール西部を制圧し、その土地に建国したもの。その後sornaとtunasに分かれることとなる。この国ができたことでカルセール内の首都名だったヴェマは国名になる。

yuks
/ [農耕][普通動名詞]脱穀
[動詞]yul(穀物)をa(脱穀された穀物)に脱穀する、脱穀する
[レベル]4
rm;yuuka/so「皮する」
22

yulet
/ [人名]ユレット
[レベル]4

[文化]
(mel 260?→310?)マルテとアフレインの息子。ameliの兄弟にして夫。ミロク=ユティアの父。アルティス教の派閥アルマスト派の2代目リーダー。

yulet(2)
/ [アトラスの国家]ユレット諸島
[レベル]4
19:ridia:マレットの

yulfan
/ [名詞]研究者、学者
[レベル]4
19
[文化]
frenxen

yulfaxe
/ [名詞]研究会、学会
[レベル]4
rd;/
23

yulfez
/ [名詞]研究室
[レベル]4
22

yulfka
/ [名詞]研究所、設備、ラボ
[レベル]4
22

yulfsev
/ [名詞]論文→sev
[レベル]4
23:ridia

yulgxalet
/ [企業]ユルグシャレット
[レベル]4
21:「ユルグの部屋」
[文化]
ジュンク堂書店や紀伊國屋書店やリブロや三省堂書店に相当する企業。

yuliant
/ [魔法]錬金術、ユリアント
[レベル]4
20:古yulg/lantis。avel/lantisがavelantになるのと同じ形成過程。ただし錬金術師はほかの魔法体系の命名同様、強変化してyuliantisとなる。
[文化]
rdの時代に民衆の魔力が弱まったことで魔法のアイテムに頼るようになり、アディストの需要が高まった。このアディストを作る研究が錬金術ユリアントである。錬金術というのはあくまで訳語であり、アトラスにおいては金を作るものではない。
アディストの研究には巨額の資金のほかに若い才能ある魔女が必要だった。そこで各国はユリアンティス育成所を普通教育を行う学校以外に設けた。しかしほとんどの施設は人員と資金の不足で、パイオニアの論文を研究するしかなかった。ちょうど今の日本の言語学研究がアメリカの先行研究を追いかけるのに似ている。
そのパイオニアになっていたのがアルバザードがメインとなりルティア・アルシア自治区と共同出資をしてできたミスティア錬金術舎である。ルティアには姉妹校のイスフィリア錬金術舎があり、世界初の単位交換制度を開始していた。アルバザードは伝統的に西洋魔法に特化しており、一方ルティアは土地柄東洋魔法にも西洋魔法にも通じる。深く狭くのアルバザードと浅く広くのルティアでは魔法の研究も異なる。そこで学生が広く学べるよう、交換留学を可能にした。
ミスティアは1575年にアルシアに、イスフィリアは遅れて1579年にエリーゼルに建てられた。
錬金術師が隆盛したのは上記のとおりrdだが、必要に応じてある日突然錬金術が生まれるわけではないので、錬金術に当たるものはsmやそれ以前に萌芽があり、錬金術師もいた。ただそれが国家的プロジェクトになったのがrdである。

yuliantis
/ [魔法]錬金術師、錬金術士、ユリアンティス
[レベル]4
20:yulg/lantis
[文化]
yuliant
代表的なのはアリス=アンシャルなど。
【成句】
asm adist a yuliantis 餅は餅屋

yulianvent
/ [経済]子会社
[レベル]4
19

yuliha
/ [魔法][工学][交通]滑走路
[レベル]4
sm 23

yuliwil
/ [医療]ペドフィリア、ロリコン、ロリータコンプレックス
[類義語]wakana
[レベル]4
19
[文化]
アルバザードにはロリコンが少ないため、社会問題として取り上げられない。アルバザードにおけるロリコンの定義はソーンの年未満すなわち15歳未満の少女を相手にする場合に限られる。日本だと女子高生は児童なので援助交際をすると条例違反になるが、アルバザードだと16歳はとっくに性的対象とみなされる。
なお、伝統的にアルバザードは12歳からセックスの対象としてきたため、12,13,14歳を対象にした場合はロリコンと定義されないこともある。
さて、アルバザードには11歳までの少女に性欲を感じる男性が少ないため、ロリコンが少ないということになる。ロリコンが少ないのはいくつか原因がある。もともとロリコンは「セックスをしたいが彼女がいないしレイプする度胸もないので、逆らいそうもない子供で我慢しよう」というタイプと、「子供に性欲を感じる」というタイプがいる。前者に関してはアルバザードは風俗が発達していて女性に困らないので、存在しない。後者に関して、なぜ大人が子供に魅力を感じるかだが、それは恐らく成人女性に相手にされないとか馬鹿にされるという恐怖心が元になっている。ところがアルバザードの女性は表面上大人しくたおやかで男性を立てるため、男性は女性を恐れない。その結果、子供に走ることがない。アルバザードのロリコンは従って、純粋に少女の肉体に性欲を感じるタイプである。
【用例】
an nar nos et zal a nos de yuliwil var ines senaleiz(axte
ala es yuliwil di xa tu kad.
xink, an wil siia fian im manan. tal an sot man koksaim genom van an ol an kui fian. alfi, fian et ampkon xalt an ses.
mon an wilat fian tal hao an en kuit fian tix mel. la et aal. la de ampkon.
xan, an wil lut alnaat ova fukatsu eli i malt. yuli o malt de tor merel xalt an tea luus de ampkon.

yulmslet
/ [電算]HMD、ヘッドマウントディスプレイ
[レベル]4
21:眼鏡ディスプレイ

yulofotvian
/ [物理]表面張力
[レベル]4
20
[文化]
界面張力koreifotvianの一種。コップの水と周りの空気の接する境界などが典型例。液体は表面をできるだけ小さくしようとするため、コップに水を満杯以上に注いでも、少しくらいなら水が零れない。それはこの力が働くため。

yulotakvim
/ [生物]上腕二頭筋
[レベル]4
24<22

yulsame
/ [言語]対格、目的格
[レベル]4
rd;/
20

yulvet
/ [言語]目的語
[類義語]yupea
[レベル]4
20

yulyuoayua
/ [言語]対格分詞
[レベル]4
21
[文化]
iva

yumikl
/ [電算]ユミクル、2ch、2ちゃん、2ちゃんねる
[レベル]4
al;yumi.k
20:赤い糸
[文化]
alで作られたインターネット上の巨大匿名掲示板。匿名性から犯罪の温床にもなっていたが、ljのミロク革命でセレンにより匿名での誹謗中傷の取り締まりが強化され、健全化した。

yumiklan
/ [電算]ユミクラン、2chねら、2ちゃんねら、ねらー
[レベル]4
20
[文化]
独特のユミクル用語を使う人種。metio ik net(aaa(メティオ始まったwww)など。

yumpexilk
/ [料理]シュウマイ、シューマイ
[レベル]4
20:ユンペ産饅頭

yunaameli
/ [普通動名詞]名隠し
[レベル]4
22
[文化]
アルティア人が想い人の名を書いて忍ばせておくことで恋のまじないとすること。

yunasokuli
/ [普通動名詞]名交わし
[レベル]4
22
[文化]
アルティア人の男女が互いに互いの名を書くことで愛を伝え合う習慣のこと。

yunatemali
/ [言語]ゆなてまり、花言葉
[類義語]miinarens
[レベル]4
22:alt「名飾り」

yundira
/ [地名]ユンディラ
[料理]ユンディラ油。オリーブオイルの品種名。
[アクセント]yundirA
[レベル]4
21:yundinrai.slli
[語法]
yundiranはオリーブオイルの等級で、yundiraはオリーブオイルの種名。yundiraの中にyundiranな等級もあれば、pestonな等級もある。yundira e yundiranが最高品質。
[文化]
アゲイト島中央部北寄りにある丘陵地帯で、オリーブの産地。高品質なオリーブオイルであるユンディラ油の産地。

yunerdoa
/ [経済]不動産
[レベル]4
21

yunerfreyu
/ [言語]法副詞、助動詞
[レベル]4
21
[語法]
freyu

yunergarma
/ [政治][軍事]冷戦
[レベル]4
20

yunis
/ [動詞]yulを神睡させる、神睡する
[魔法][普通動名詞][再帰動名詞]神睡、しんすい、ユニス、半寝、ぼんやり、うたたね、うたた寝、転寝、午睡、神のうたたね、神々のうたたね、神々の午睡
[レベル]4
fv;uni/so「猫のようにする」
23
[文化]
・神睡とは

アテンというのは神性が高ければ高いほど一日のうち活動期間が短い。活動をしていない不活性の状態は半分寝たような状態であり、これを神睡という。
flのarteは最も活動期間が短く、atwaayuやlunoは次に短く、eltやsaalはその次に短い。力が強いほど活動期間は短く、神睡は長く、総じて気も長い。力を失うごとに神睡の長さは減っていく。

神睡中は朦朧とした意識があり、周りの状態はおぼろげに把握している。ただし明晰な思考はできず、危険回避等、生命に関わるとっさの動作以外は抑制された状態にあり、エネルギーセーブの状態にある。エタンでいう冬眠状態にやや近い。ただし四季は関係ない。
日常生活でいえば猫がぼーっとしている状態に近い。猫は一日の大半を寝ているが、そのうちほとんどは熟睡でなく浅い半寝の状態であり、怪しい物音などがするとすぐに活動を再開する。神睡はその状態に似ている。実際、yunisの語源もそこから来ている。

ユーマの一族も神睡をする。世代が遡るほど神睡の時間が長い。神睡の時間は世代が下るごとに短くなっていった。同世代のユーマの一族であっても、ヴィードの強いほうが長い神睡を取っていた。
神睡はsmごろにヴィードの弱い庶民から徐々に喪失しかけていった。rdでは大半の庶民が神睡を喪失しつつあった。nd以降は3,2遺伝子の普及とともに、ヴィードを大量に持った一部の魔導師の生き残りを除き、人々は神睡を喪失した。

・神睡と進化の歴史

地球に比べてアトラスはアテンという高度な知能を持った者が長く存在した。にもかかわらず、両世界の技術や言語における変化や進歩の歴史はそんなに大差ない。この背景に神睡が関与している。
確かにflやtmなど神代は非常に長い期間があるが、神々は魔法を使って暖を取ったり物を作ったりしていたため、技術の進歩が遅れた。技術を進歩させる必要性がなかったためである。
また、成員も少なく寿命も事実上ないため成員の入れ替わりもなく、しかも神睡のせいで活動期間が異様に短いため、言語の変化もほとんどなかった。何百万年という期間があっても、現代の言語変化とは速度がまるで異なる。現代人はたった数十年で世代交代し、数億人が一つの言語をせわしなく毎日長時間使う。この現象は現代にしかないものである。

言語が地球並みの速度で変化するようになったのは、神睡の喪失と寿命の短化が原因である。よって言語変化はsmまでは超緩慢で、smごろから徐々に加速し、nd以降は地球のそれと変わりない。特にvl以降における言語の変化は地球同様、めまぐるしいものがある。
神睡と長い寿命を失いはじめたsmから、それらを失いきったnd以降、人類の進化は早くなり、社会の変化も早くなり、ユーマの一族の気も短くなった。
気が短いと言われている悪魔ベーゼルなど現代人から見れば信じられないほど気長である。彼は何年という時間をまるで数分か数時間のように捉えているためである。それでも悪魔の中ではベーゼルは気が短いほうであるため、bezet(せっかちな)などの語源となっている。だが実際にはよほど人類のほうが気が短い。そしてそれは神睡や寿命の違いに起因している。

yunl
/ [動詞]yulをaに監禁する、監禁する、閉じ込める
[普通動名詞]監禁、閉じ込め
[類義語]despa
[レベル]4
13:制:yunk(鳥籠姫)

yuo
/ [言語]動詞
[レベル]4
16:yuon
[語法]
動詞自体に意思の有無を示す効果はない。一般的に意思を伴う場合は他動詞か再帰型自動詞を、伴わない場合は繋辞型自動詞を使うことが多い。つまり文法的に意志の有無を示す。
また、voxelやsinなどで意思の有無を表すこともできる。

an metat hat. 皿を落とした。有意思。
an metat hat sin. 皿を落としてしまった。無意思。人為的。
hat at met. 皿が落ちた。無意思。自然。

yuoapian
/ [言語]動詞を指す形態素、動詞語尾等
[レベル]4
20

yuoasa
/ [言語]動名詞
[レベル]4
21
[文化]
iva

yuoayua
/ [言語]分詞、動形容詞
[レベル]4
21
[文化]
iva

yuofreyu
/ [言語]動副詞
[レベル]4
rd;/
23
[文化]
freyu

yupea
/ [言語]格詞の目的語、前置詞の目的語、目的語
[類義語]yulvet
[レベル]4
rd;/「格詞を受ける」。語源的にはpeaには動詞用法がないのでpeayuでもよいのだが、yudolkからの類推でこの語順となった。
23
[語法]
solやyulも含めて格詞の目的語といえるので、通常単に目的語と呼んでいるyul格の目的語も広義的にはyupeaに含まれる。

yupitol
/ [アトラスの国家]ユピトール、ユピトル
[アクセント]yupitOl
[レベル]4
19:ridia:針で刺された地竜
[文化]
面積:988126.399382 km^2

yurens
/ [名詞]使い魔、遣い魔、ユーレンス、召使、召使い、召し使い
[レベル]4
20:yu/rens(言葉を受ける→命を受ける)レスティル語で、それ以前は使い魔はhacma(使徒)と呼ばれた。jurensのjuが弱化したもの。
[文化]
黒魔導師の使い魔は鴉、黒猫、梟、蛇。
白魔導師の使い魔は白猫、兎、小鳥。
召喚士の使い魔は狐、山猫、狼。
呪術士の使い魔は鼠、虫。

yute
/ [言語]受動、受動態
[反意語]sote
[レベル]4
20:「されるような」

yutia(2)
/ [形容詞]リディアの望むような
[反意語]vandit
[レベル]4
rd;「(リディアに)愛される」
24
[語法][文化]
セレンの唯一にして最大の価値観。セレンは物事を行うとき、常に「これをやっている自分をリディアは望むだろうか」と考える。「今の自分はリディアから見て好きなタイプの男か」と考える。この考え方は中学生くらいのころからあり、特に2013年1月29日なりたての深夜4時ごろに唯一絶対の価値観として昇華したものである。
元はリディアが子供のころから「セレン君が見てなくても、もしセレン君が見ていたらセレン君は今のわたしをどう思うかと考えて生きている。だから誰も見ていなくてもわたしはセレン君に恥じないような生き方をしている」と言って実践してきたのが先で、それをセレンが真似したのが事の始まりである。セレンがリディアの真似をしてこの概念に価値を見出したことでこの概念を指す単語が必要になり、yutiaが生まれた。そしてその反意語のvanditが生まれた。同時に、yutiaができたことで逆にセレンから見た理想のリディア像に適うようなという意味のserestとalserest(翌日dimanxに変わる)が生まれ、話を聞いていたメルが「じゃあ私も」と言ってmeltonとalmeltonを作った。
yutiaの価値観を正式に採用してからのセレンは、リディアが見ていなくても誰も見ていなくても居住まいを正している。家の中でもだらしない格好をせずにパジャマなどでうろつかず、小奇麗な格好でいる。外に出るときも身なりを正し、素行も他人に対して丁寧で優しい。性格は優しく、怒らない。これは他人のためにしているわけでも自分のためにしているわけでもなく、ただひたすらリディアが望むセレン像を維持するために行なっていることである。セレンはしばしば持たざる者に施し弱きを助けて強きを挫くが、これもまたリディアが持つ理想像に適合するために行なっていることで、そこにリディアの目があろうとなかろうと関係ない。リディアが心の中の神となり、いつでも自分を見ているという気で生きている。リディアの基本的な男の好みは「強くて優しくて頭良くてカッコいい」なので、とりあえずセレンはこれを満たさねばならない。その上で細々としたリディアの要求に応じなければならない。ただしリディア本人は自分の理想は高くないと思っている。リディアにとってそれくらいのことは当たり前で、逆に言えば自分も高いレベルのハードルを自分に課していることを示唆している。
リディアも同様で、常にセレンという心の中の神に見られているように意識し、絶対に下品な行動を取ったりせず、清楚で女の子らしくいる。身奇麗でつましやかで知的で清純でいる。人がいようがいなかろうがリディアはそうしている。常にセレンに見られている気で生きている。
セレンもリディアもお互いが自分をどう見ているかしか気にせず生きている。だからそこに他人がいようがいまいが関係ない。言い換えれば他人の目を気にしない。相手の理想像が世間の理想像に合わず物笑いにされたとしても一切気にしない。
この相互理想像維持の生活が成り立つのは、ひとつにはふたりの異性に対する理想像が幼少期から変化しないことが原因として挙げられる。セレンもリディアも一度気に入ったものはまず生涯変えないし、子供のころから好みや善悪などの価値観が殆ど変わらないタイプの人間である。そのことが互いの理想像を一定に保ち、互いにとって理想の自分を維持しやすい理由になっていると思われる。
セレンもリディアも自分を根幹とした信念がなく、自分を信じていない。自分を拠り所にしない。お互いに相手を想い、相手のために良い理想の自分を作り維持しようと考える。ふたりとも自分で自分の理想像を持っていないし、自分のためだと頑張れない。自分で自分の理想像がなく、愛する人の理想像に理想の自分を見つける。愛する人のためだと思うから面倒でも辛くても頑張れる。これは遠距離恋愛が可能にした、愛情を越えた一種の信仰ではないかと思われる。

<リディアの理想像>

以下は24(2013年2月15日)にリディアにインタビューして出たリディアの理想像であり、その時点のセレンはほぼ要件を満たしていた。
まず大原則として強くて優しくて頭が良くてカッコいいことが前提。その上で様々な要件がある。義憤を感じ、他人のために怒るが、しかして感情は爆発させない。正義感があり、悪を許さない。自分の正義を確固として持っている。人が決めた法律に唯々諾々と従わず、自分の正義感に忠実である。理不尽なことをしない人。相手によって態度を変えない人。髪は長めで肩近くまで来る。酒は飲み過ぎないが下戸もカッコ悪いので、たしなむ程度には飲む。酒は飲んでも飲まれない。飲む酒はラム酒、ワイン、ビールならギネスか瓶ビール、日本酒なら夢幻(これはセレンにとって旧友の思い入れがあるから)。特にラム酒のカッコよく似合う人がいい。ただし聖職者を好む彼女からすると聖職者らしく酒を常飲することは許されない。身だしなみが清潔で身奇麗にしており、だらしない格好をしていない。素直になれないくせにいやに利他的でついつい人を助けてしまう心の優しさを持っている。素行は丁寧で優しいが、実は強く、幼い頃にやんちゃをしていて更生しているため、怒らせると半端無く怖いが普段はそうとは分からないほど優しく人に接している。元不良だが更生して過去の罪を償っている。戦闘術に長けていて強い。クロスバイクを乗りこなして自分の足でどこまでも行ける。身長は172cm前後で体重は65kg前後。それより大きいとかえって気持ち悪いし、小さいのは論外。細マッチョ必須で、腹が出ているのはアウト。他人にはほどほどに優しいが、リディアには特に優しい。たまにリディアをからかうような悪戯っぽい素振りを見せる。女の子に言い寄られるといい年して恥ずかしがって初々しい。でもたまに女の子をからかうような発言をすることもある。ただ決してリディア以外には愛情を注がず、心の底からは靡かない。清貧で身綺麗で贅沢を嫌う。集団に属することを嫌い、孤高に生きる。売れない学者や芸術家や医者であるとなお高潔で良い。人に施し自分は質素に暮らし、金満を嫌って地位や名誉には靡かない。性格は穏やかで怒らず、でも芯は強い。他人のためには怒るが自分のためには怒らないし、怒っても感情を爆発させない。静かで綺麗な音楽を好む。暴飲暴食をしない。ジャンクフードなどに手を出さない。健康に気を使う。年の割に若々しい。静謐な雰囲気を好み、そのような文芸や音楽を嗜む。人の悲しみに共感できる。泣き上戸で感情豊か。感受性が強く綺麗な心を持っている。高尚なものを好み俗物で低俗なものを避ける傾向にある。深く狭く人と付き合うタイプである。友達は少ないが親友は多い人。生真面目で誠実である。タバコは吸わない。運動習慣があり、健康である。知的で、色んなことを知っていて、頭の回転が早い。下ネタが苦手で、そういうことは言わない。でも性的なことを一切遮断はせず、リディアが望むのに応じて持ち前の精力の強さを見せる。子供を可愛がり愛するが、リディア以上には愛さない。猫を好み、小動物や弱い者に優しい。逆に悪しき強きを挫く。身銭を切ってでも他者を助ける。平生から学術書を読んでいて理知的。だがそれを人に自慢はしない。他人に対しては過度にオープンでもなくクローズドでもなく付かず離れずを保つ。黒のトレンチコートがトレードマークである。それ以外は灰色系の服を着ていることが多い。

・武力について

格闘技や戦闘術や武道に長けているとよい。ただし柔道はデブで汗臭いイメージなので男としてはアウトで、合気道は弱すぎるので男としてはアウトで、ボクシングみたいにボコスカあほみたいに殴り殴られ続けるのはグローブなしの実戦では考えられないし防御もグローブ頼りだし優雅でなくがさつで泥臭くかっこ良くないという。
スマートな打撃や制圧するための柔法の護身術系がティアベールとしては一番という。ユベールとしてはナイフや銃を使った戦闘術が最も実戦的でかつスマートでカッコいいと言う。銃火器の扱いを知っていると良いが、小銃は個人的にカッコよく思えないという。拳銃が最もカッコよく感じるというが、リディアは銃そのものが好きではないので、拳銃を所持していることがカッコいいとは感じないようだ。

・乗り物について

車はセダンで、痛いスポーツカーや軽ではない。バイクに乗れ、kernにまたがって颯爽としているとカッコいい。ただしリディアはファルディアス>自転車>バイク>車の順でカッコいいと思っているとのこと。自分の力で進む自立した男らしさが好きなので、バイクや車のように機械の力に頼りきって自分はアクセルを踏むだけというのは依存していてカッコ悪いし体力のない女でもできることなので全くカッコよく感じないらしい。「セレン君がバイクに乗ればそりゃカッコいいけど、クロスバイクで自分の力で走ってたらもっとカッコいいよね」と言っていた。車は暑さ寒さもないし女でも簡単に運転できるのでフェラーリだろうとベンツだろうとトヨタだろうとカッコいいと思わないらしい。バイクは環境が厳しいので車よりはカッコいいが、「自分で走ってるわけじゃないじゃん。ガソリン頼りで、ガソリン切れたら何もできないし」と言っていた。
自転車はママチャリはリディアは見慣れてないし日本のおばちゃんというイメージがあるので却下だそうだ。ロードレーサーは舗装道に頼りきっているので敷かれたレールの上しか走れないのがアウトローさがなくてカッコよくないらしい。マウンテンは逆に舗装道で劣るので、結局クロスバイクが一番カッコよく映るとのこと。
ちなみにファルディアスが乗り物の中では最もカッコいいと思っているようだが、架空の魔法の乗り物なので現実のセレンには求めないし求められないとのこと。なので事実上クロスバイクが一番らしい。

・スポーツについて

意外にも格闘技をカッコいいと思っているわけではないらしい。基本的に殴る蹴るは見苦しいと思っているし、かといって柔道みたいな取っ組み合いもむさ苦しいと思っているそうだ。柔法で軽やかに相手をいなすのが一番スマートでカッコいいと思っている様子。
それを除けばパルクールがカッコいいと思っているようだが、パルクールの技がカッコいいわけであって、やっている人間には憧れないとのこと。というのも、基本リディアは落ち着きのある人が好きなので、ぴょんぴょん飛び回ってるのはダサいと思うそうだ。
結局リディアの中でスポーツは学問や芸術ほど評価が高くないらしい。
【用例】
an so elf man tu de yutia. リディアが望まないからしない。

yutiaizem
/ [政治]ユティア朝
[レベル]4
vl;/
23

yuubelt
/ [娯楽]ユーベルト
[レベル]4
21
[文化]
『新世紀エヴァンゲリオン』に相当するアニメ。

yuuesk
/ [気象]日照り
[レベル]4
20
【用例】
tuo, saf es sor mil yuuesk fil. 最近、長引く日照りのため気温が上がっている。
☆yuuesk lunat tu flea. 今年の夏は日照りだった。

yuuf
/ [交通]横道、アレイ、わき道、脇道、露地、路地、露路
[ユマナ][娯楽]エクストラステージ
[レベル]4
19:yuutfont(遊びの道)
::la sen
[語法]
小さな横道。メインの道路に対する小さな脇道のこと。道路からマンションへ入る小さな道もyuuf。アルバザードの道路は整備されているのでyuufはマンションの入り口へ向かう道が多い。日本には小道が入り組み、小道の先に家屋があるという構造が多いため、yuufだらけである。

yuufor
/ [音楽]全音符
[レベル]4
20
[文化]
→for

yuufteeze
/ [気象]ビル風
[レベル]4
19
[文化]
モールや西区などの小さい横道に入ると急激に強い風が吹く。スカートが舞い上がって萌えイベントが起こる定位置。

yuuhek
/ [名詞]音信不通
[レベル]4
22

yuuji
/ [名詞]清教徒、ユージ
[反意語]myukalia
[レベル]4
20:juuji(指を指された者)のjがyになったもの。古レスティル語ではまだ受身はju。
[文化]
myukaliaに対してリデルが作った言葉。

yuuliifa
/ [天文]零等星
[レベル]4
rd;/
24
[文化]
koliifa

yuumapalt
/ [歴史]ユーマ暦
[レベル]4
19:ilmus:ridia
[文化]
palt
アズゲルからカコまで8080年間続いた暦。太陰太陽暦で、幻史上、最も複雑な暦だった。実際の期間は8079年で、これについてはimulpaltを参照のこと。

yuumok
/ [音楽]全休符
[レベル]4
20
[文化]
→for

yuunalesk
/ [魔法][医療]ユウナレスク、感幻性
[類義語]juuna
[レベル]4
22:yuunaleska:クミールが設定したユウナレスカの語源を元に、セレンが感受性になぞらえて感幻性という概念を提唱した。
[語法]
ワクワクできる気持ちのこと。感受性と似て非なるもの。まったく同じゲームやアニメでも、子供のころはあんなに楽しめたのに大人になったらつまらなく感じてしまうのは、心が感幻性を失ったためである。感幻性は子供のころほど強く、魔法の素質とも関わっているとされる。感幻性を失うと何をやっても面白く感じなくなってしまう。そのため医療における鬱病とも関連性がある。
現実の22年にセレンとクミールが話した際、なぜ子供のころにわくわくしたものが今わくわくしないのだろうという話になった。結果、感幻性という概念が提唱され、大人になってすべてがつまらなく思えるのはこれを失ったからであり、単なるうつ病や燃え尽き症候群による落ち込みではないということが分かった。
感幻性は幼稚で難しく物事を考えない楽天家のほうが大人になっても保持しがちである。なければならない思考の人間は「この年にもなってマンガなんて……」などと考えてしまうため、感幻性を失いやすい。人生を楽しめるのは感幻性を失わないうちである。感幻性さえあれば多少の病気があっても人生は十分楽しい。その意味で生きがいにも通じる概念であり、この喪失は自殺リスクにも関与している。
【用例】
til yuunalesk namir 感幻性が強い、感受性が豊富だ、感受性が強い

yuunaleska
/ [歴史]ユウナレスカ、夕撫戦記、弓月戦記
[レベル]4
rd;kmiir
22:kmiir:juuna/l'eska(感受性によって開く霧泉)。l'eskaのlはルティア語風に見せるための定冠詞。夕撫はユウナの音訳。弓月は弦月のことで、アルシェとソーン――ドゥルガとヴィーネのこと。
[文化]
imul 1591_1611まで続いたアシェットの物語のこと。rdの中でアシェットの面々が悪魔を倒していく物語のこと。クミールが日記の中で自分たちの戦いをこのように名付けたことから。曰く、「自分たちの物語は感受性を持った若い気持ちと、それを具現化して見せてくれる魔法の霧泉によって紡がれたものなのだ」というところから来ている。

yuusiinelan
/ [名詞]健啖家、好き嫌いのない人、博愛的な人、博愛、博愛主義
[レベル]4
rd;/
24

yuuttul
/ [名詞]娯楽品、嗜好品
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt
[語法]
ゲームなどのこと。

yuuxion
/ [アイテム]ユーシオン、毒消し
[組み数字]12/12
[レベル]4
20:yuuk/xiona
[文化]
カモミールにユークの魔法をかけた後に茶葉にし、小さなティーパックに入れたもの。お湯をかけるだけで飲める。お湯がない場合はパックに唾をつけて湿らせ、患部に当てると効く。最悪の場合、中身を出して飲んでも良い。ただし、むせる。カモミールが選ばれたのはアルバザードで最古の薬草であることから。セルメルでナユがラルトの使えない子供たちのために作った。

yuuyubuc
/ [俗語]萌豚、萌え豚、萌えブタ
[レベル]4
al;/
23
[擬声]
buc
[文化]
alのころできた単語で、オタクがパソコンやテレビの前にばかり座ってアニメなどを見続けた結果太ったことを豚に喩えたもの。とりわけ萌えアニメなどを見てbucbuc(ブヒブヒ)言っていると揶揄された。元は「萌え豚が萌えアニメ見てブヒブヒ言ってんじゃねーぞ」的な罵倒で使われたが、後にオタク本人も自虐的に用いるようになった。また、太っていない人に対しても使えるようになっていった。
鳴き声はbuuuuuc!(ブヒィーー!)。uは好きなだけ付けて良い。
【用例】
tuube yuuyubuc! この萌え豚が!

yuvalt
/ [軍事]前線
[レベル]4
21:yuv/古balt(攻撃を食らう壁)

yuvelan
/ [名詞]格闘家
[類義語]ebcand
[レベル]4
21

zaleg
/ [動詞]yulを冒涜する、冒涜する
[普通動名詞]冒涜
[レベル]4
22:ales/ku
[語法]
神、非常に位の高い人物、神聖なもの、処女の貞操などを貶め汚す場合に用いる。例えばzaleg yoldaとは言えない。

zaljent
/ [気象]異常気象
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

zalk
/ [生物]鼠径部、鼠蹊部、鼠頸部、鼠頚部、鼠経部、鼡径部、ソケイ部
[レベル]4
21:zamo/tolk

zama
/ [ユマナ]釈迦、仏、仏教
[レベル]4
古:zama,zamoyuuma「木の人間」

zamamyukale
/ [ユマナ][宗教]仏教
[レベル]4
23

zamen
/ [被服]ビキニライン
[レベル]4
21:zamo/rein

zamp
/ [名詞]案山子、カカシ、かかし、スケアクロウ、スケアクロー
[レベル]4
13:制:lakta:zanazamo(立っている木)

zamt
/ [動物]キツツキ、啄木鳥、ウッドペッカー
[レベル]4
lakta:zamt←zamokuto(木の鳥)から。

zanal
/ [名詞]不屈
[組み数字]4/6
[レベル]4
21:古zana/xal「立ち続ける」=「負けない、屈しない」
[文化]
負けるものか、くじけるものかという不屈の精神のこと。
(立ち続けるが語源だが、日本語の「屈しない」もおおむね同じ語源ではないか?字からして膝を折らないとか座り込まないということであろう。よく人の心が現れた良い表現だ)

zapl
/ [生物]気管支
[レベル]4
19:seren:zepl/sapl

zeeren
/ [地学]ペリドート、ペリドット、かんらん石
[組み数字]8/10
[レベル]4
19:zom/ren→zooren→zeeren(母音調和)
[文化]
風を操る魔石。クリスのディーノには甲にペリドートが埋め込まれている。

zektan
/ [名詞]負け組
[レベル]4
22

zektvant
/ [法律]基本七法、七法全書
[レベル]4
19
[文化]
日本の六法、六法全書に当たるもの。月法、憲法、刑法、民法、商法、刑事訴訟法、民事訴訟法からなり、この順序で収録されている。
七法はリーファ隊のカサンが320年に作り始め、321年に制定した。アルソンがこれを広め、実施させた。
革命前の法改正は常に微々たる変化であったが、ミロクはヴェレイの法律を大々的に変え、七法として広めた。
革命前は六法で、文章は難解で、国民は理解できなかった。革命前に比べ、文章量が少なく、言葉も平易で、国民の誰もが読める。

ミロクは言葉尻を捉えた都合の良い曲解が横行するヴェレイの法典を斬り捨て、あえて条文を減らし、文章も簡素化した。条文そのものを広義的にすることで、卑怯な曲解をする必要性を遮断し、裁判官の裁量を強めた。
例えば日本では政教分離がきちんと書かれているのに創価学会が公明党と繋がっているが、ミロクなら「公明党を潰す」か「政教分離を潰す」かのどちらかを取り、公明正大な政治をする。
精悍な革命家ミロクが嫌ったのは本音と建前の不一致や言動不一致といった卑怯な行いである。物事は論理的かつクリアにしなければならないと考えた。ゆえに、法律もきちんと書いてあるとおりに解釈されねばならないと考えた。
しかし書いてあるとおりに解釈すると、際限なく細かく書く必要が出てくる。すると国民は法典を読めなくなる。そこで逆転の発想で、かえって簡素に書くことで解釈を広げた。
これによって、苦しい曲解をせずともきちんと書いてあるとおりに解釈できるとともに、国民の誰もが読めるようになった。
その代わり、裁判官の裁量によるところが大きくなった。裁判官も人の子なので、判例に頼らざるをえなくなった。
また、条文が細かくないということは、同じような刑法でも案件によって刑罰がまるで異なってくるということになる。
解釈が広いのだから、いろいろな犯罪が同じ条文で裁かれてしまうが、それは問題である。そこで案件主義が生まれた。
ひとつひとつの案件は互いに異なるものなので、個別に考慮すべきという主義である。
判例主義のおかげで条文が細かくなくとも犯罪は裁け、案件主義のおかげで判例主義の行き過ぎを押さえ込めるというシステムである。
最初の範とされる判例はアレイユの時代にはいくらでも判例があるため、判例主義を実施するのはたやすかった。
ミロクとカサンがヴェレイまでの判例を見て、「これは新時代には重過ぎる(軽すぎる)」と最初の目安を作った。

七法はそれぞれ、章・項・条の3段階でできている。1章1項1条のように。順にnae, zepl, reinという。

zeplpax
/ [名詞]樹形図
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

zeplslez
/ [電算]ツリー掲示板、ツリー型掲示板
[レベル]4
19:ridia:arbaxelt

zetov
/ [数学]移項
[レベル]4
19

zetsan
/ [数学]整式
[レベル]4
19

ziinmax
/ [名詞]覗き穴、覗きあな、のぞき穴、のぞきあな
[工学]ファインダー。カメラの。
[レベル]4
rd;/「覗き穴」 | rt
24
[文化]
カメラのファインダーはその後alで穴だけでなく液晶画面にもなったが、下駄を入れずに下駄箱というのと同じ理屈で、言葉だけは穴でなくともziinmaxと呼び続けている。

zik
/ [形容詞]次期、後釜の
[反意語]jat
[レベル]4
@19

ziol
/ [動詞]yulを解析する、解析する
[普通動名詞]解析
[レベル]4
21:古dziho。ここでは歯車。

zokan
/ [名詞]勝ち組
[レベル]4
22

zokvant
/ [法律]応用法
[レベル]4
19
[文化]
基本七法以外のすべての法。基本七法に続いてカサンが主体となって作成した。ヴェレイの法を参考に、新時代に合うように組み替えたもの。ヴェレイの時点で法は2000本ほどあったため、応用法のほうが遥かに多かった。

zol
/ [名詞]弦
[音楽]弦楽器
[数学]弦
[レベル]4
13:制:古:vozamomeli(弓の糸)
[文化]
通常ギターは6弦で、ベースは4弦。5弦ベースなどもむろんある。
弦の呼称は音の高いほうから非序列系組み数字を使って表す。例えばギターならtwar, arhan, narte, xart, luson, mirxのように。

zolet
/ [名詞]グロ、グロテスク
[形容詞]グロい、グロテスクな
[レベル]4
rd:seren;zolは背中を物が這うような感触の擬態語。etはte。
23

zoletixta
/ [電算]グロ画像
[レベル]4
vl;/
23

zolge
/ [動詞]yulを応用する、応用する
[普通動名詞]応用
[類義語]zok
[レベル]4
20:zok/古hyuge

zolgelots
/ [電算]コントロールキー
[レベル]4
20

zomlad
/ [名詞]木工
[レベル]4
20

zomlil
/ [化学]酸素
[類義語]sap、kumsap
[レベル]4
18:制

zomlor
/ [音楽]木管、木管楽器
[レベル]4
21

zomp
/ [環境]資源
[レベル]4
13:制:古:zompal(zamo(木)から)
【用例】
zomp tam 貴重な資源

zomvark
/ [名詞]樹海
[レベル]4
21

zonlil
/ [化学]ネオン
[レベル]4
18:制

zonmas
/ [名詞]ゾンマス
[類義語]belma
[反意語]almifre
[レベル]4
vl;zon/mas。剣と盾に対し、棒きれと紙。
23
[文化]
現実のどうしようもない男どものこと。

zonmook
/ [芸術]パステル
[レベル]4
16:制
[語法]
パステルカラーのという意味ではsilfen。こちらはあくまでmook。

zontsed
/ [経済]デノミネーション、デノミ
[レベル]4
21:「桁切り」

zopa
/ [名詞]たいまつ、松明、トーチ
[レベル]4
13:制:zompaa(木の光)


Kauli
トップに戻る