アルカ[レベル]2の単語


--
/ [約物]mil
[レベル]2

!!
/ [約物]altempera
[レベル]2
22

!?
/ [約物]temperakuuno
[レベル]2
22

"
/ [約物]norm, kukert
[レベル]2

(alis
/ [天秤詞]不安、心配、緊張
[レベル]2


(alj
/ [天秤詞]恥、照
[レベル]2
22

(arte
/ [天秤詞]祈り、お願い、依頼、よろしく
[レベル]2
22

(axet
/ [天秤詞]感謝、ありがとう、助かったよ
[レベル]2
22

(dr
/ [天秤詞](duurga
[レベル]2


(duurga
/ [天秤詞]興奮、テンション高い、ハイテンション、元気、やる気、ハツラツ
[レベル]2


(f
/ [天秤詞](flea
[レベル]2


(flea
/ [天秤詞]怒
[レベル]2


(haizen
/ [天秤詞]弾劾、叱咤、訴求、追及、叱責
[レベル]2
22

(hz
/ [天秤詞](haizen
[レベル]2
22

(inje
/ [天秤詞]謝罪、ごめんなさい、すみません、サーセン
[レベル]2
22

(l
/ [天秤詞](alis
[レベル]2


(leeve
/ [天秤詞]泣、涙
[レベル]2
22

(lj
/ [天秤詞](alj
[レベル]2
22

(ls
/ [天秤詞](alies
[レベル]2
22

(lv
/ [天秤詞](leeve
[レベル]2
22

(mx
/ [天秤詞](myuxet
[レベル]2
22

(my
/ [天秤詞](myuxa
[レベル]2


(myuxa
/ [天秤詞]不快、つまらない、不愉快、不機嫌
[レベル]2
制:制のときは「無関心」だったが、これはsikaで表現できるので変更。

(myuxet
/ [天秤詞]愛、恋、ハート、はぁと、ハートマーク
[レベル]2
22

(nj
/ [天秤詞](inje
[レベル]2
22

(rt
/ [天秤詞](arte
[レベル]2
22

(selest
/ [天秤詞]困惑、困る、当惑
[天秤詞]混乱、困惑。?(selestの形で。
[レベル]2
22

(sl
/ [天秤詞](selest
[レベル]2
22

(teems
/ [天秤詞]恐怖、畏怖、畏敬、驚き
[レベル]2


(tm
/ [天秤詞](teems
[レベル]2


(tuvan
/ [天秤詞]汗、緊張、ぷるぷる、ふるふる、プルプル、フルフル
[レベル]2
22

(tv
/ [天秤詞](tuvan
[レベル]2
22

(viine
/ [天秤詞]沈静、鎮静、テンション低い、ローテンション、がっかり、元気ない、しょんぼり、ショボン
[レベル]2


(vn
/ [天秤詞](viine
[レベル]2


(x
/ [天秤詞](xier
[レベル]2


(xier
/ [天秤詞]悲、哀
[レベル]2


(xt
/ [天秤詞](axet
[レベル]2
22

,!
/ [約物]moztempera
[レベル]2

,!!
/ [約物]mozaltempera
[レベル]2
22

,!?
/ [約物]moztemperakuuno
[レベル]2
22

,?
/ [約物]mozkuuno
[レベル]2

,?!
/ [約物]mozkim
[レベル]2

,??
/ [約物]mozmileej
[レベル]2

,_
/ [約物]mozsika
[レベル]2

,|
/ [約物]mozkil
[レベル]2

1000
/ [名詞]kot
[レベル]2

10000
/ [名詞]sen
[レベル]2

<
/ [約物]kalt
[レベル]2

>
/ [約物]nod
[レベル]2

?!
/ [約物]kim
[レベル]2

??
/ [約物]mileej
[レベル]2


/ [約物]osnarvij
[レベル]2


/ [約物]hetarvij
[レベル]2

_
/ [約物]moren, sika
[レベル]2

a(2)
/ [数学]hantの略。数式で使う。×記号に等しい。
[レベル]2
19
【用例】
3 a 4 et 12. 3かける4は12。

aal
/ [形容詞]特別な
[副詞]特別に
[文頭純詞]特に、とりわけ、なかでも、中でも
[反意語]leim
[レベル]2
rd;aal,in 13←古:ailai(不思議な)
kel:kel:kel:aal,in
[語法]
いいこととは限らない。
【成句】
yuu aalel これといってない、これといって別に、特に何もない、特になし:論理的には「この人は他の人と違って特別に「ない」」と解釈もできるが、語用論的には「別にない」の意味。
im aalen 非常時に:このimは格詞
【用例】
sel aal 特別な日

aam
/ [名詞]ウェスト、ウエスト、くびれ、腰のくびれ、こしまわり、腰まわり、腰周り。腰周りの長さ
[言語][文字]ニック
[レベル]2
sert
14←古:aa(くびれ)
aa:aa
[文化]
女は腰の細いことが魅力のひとつ。性的な部位のひとつで、ルフィなどを着るときは見えるが、テーベを着ると見えなくなる。
【成句】
[婉曲]til aam fil 太る:太ると腰が太くなるため、ウエストが長くなる。
【用例】
aam fil 太いウエスト
&aam jax

aav
/ [名詞]鎖、チェーン
[動詞]yulをaに鎖で巻く、繋ぐ、つなぐ
[文字]リンク
[メタファー]つなぎとめておくもの
[レベル]2
rd;raavyu,lsl.xik
13:古raavyu(鎖)
raabyu:raavyu:la kolett(紐状)
[文化]
ふつう金属製。身近な鎖はネックレスの部品か、立ち入り禁止に使われる鎖。
【成句】
yun aav 芋づる式に
【用例】
aav oma a nial 犬を鎖につなぎとめる
gil at aav soven la tianal. あの2人の恋愛関係は金によるものだった。
diretan fosat yu yun aav. 犯人が芋蔓式(芋づる式、いもづる式)に捕まった。

aax
/ [感動詞]は〜い。axの間延びしたもの。
[レベル]2


aaxesel
/ [ユマナ]木曜日
[レベル]2
19

ab
/ [接尾辞]材料を意味する
[レベル]2
13:制←古:gaabe(材料)

abe
/ [被服]布、布巾
[レベル]2
13←古:asabe(布)、gaabe(布)

aca
/ [文頭純詞]alaの強勢形。alaより怒気が強い
[レベル]2
古:alaと同じ字。単に語彙的な異形態だったともいえる。

acma
/ [悪魔]アルマ
[レベル]2
meltia 0:acma;e
ridia:古:acma(アルマ)。元々エネルギーのarmaと同じ発音のキャラ名だったため、ヴィードのアルマと悪魔のアルマは区別できなかった。しかしその後リディアがr音を混同したために、armaと同じ意味でacmaという語形が生まれた。両者は暫く混同されていたが、ヴィードのアルマと悪魔のアルマが区別できないという問題があったため、自然と使い分けが起こった。後者がキャラのアルマを示し、前者がヴィードのアルマを示し続けた。
[文化]
テームスを護衛する最強の悪魔。玉の姿が正体。会話可能だが、基本的に動かないし、喋らない。総合的にはテームス本体の方が強いものの、個々の能力ではアルマの方が高い。アルマはテームスを守る最後の番人であり、最強のヴィードであるアルマを自在に操る。実質上、ユノ・ヴィル・ノアを操る4人の悪魔ヴィルテの上位にある。竜王ティクノによって魔輪アルマディオの中に封じ込められていたが、巡り巡ってサールのアーディンによって復活してしまう。しかし後の世でアシェットに再度アルマディオに封じられる。rdではテームスの死後、長として戦う。
太陽を司る。
・vaste訳
そして彼らはアルマと戦いに行った。ユルグの調査によって、彼らはアルマの居場所を知っている。そして彼らは悪魔テームスを守るアルマを見つけた。彼はフレスティアと同じく鎧を来ている。しかし鎧の色は黒い。そして彼は冠をつけている。さらに彼はフレスティアと同じく大剣を持ち、ヴァルデと同じく杖を持っている。そして鋭い鉤爪がかれの右腕と左腕と右足と左脚にある。
【成句】
acma ok(en) varde ヴァルデをもつアルマ:鬼に金棒。ヴァステでティクノから魔杖ヴァルデを奪った悪魔アルマが非常に強かったことから。

adel
/ [悪魔]アデル、魔物、魔族、悪魔、モンスター
[生物]こけら属。正しくは漢字表記だが、こけらの漢字がPDICで表示できないため。
[形容詞]魔族〜。敬称。
[類義語]veldir, velal
[レベル]2
zg:sart;e

[語法]
→apt, est
○名(前置)
×姓
○男女
○単体使用/名詞用法
[文化]
<概要>

『幻想話集アティーリ』に登場するテームスの欠片から生まれた化け物。100種あり、さらに各種に亜魔族(delfia)という下位概念がある。

yuuma 440
封印の衝撃により意識を失っていたテームスの意識が戻る。封印の檻から出ようと暴れ、蠱動を開始。この衝撃でメルティアが仮止めしていて不安定だった空間のテージュにふたたび穴が空き、同時にテームスがmaltiiaをして新たな命を生む。このアテンはテームスの体からこけらのようにこそげ落ち、テージュを通ってアトラスへ降り立つ。茶色が地色で黒と白のまだらが混じった鱗のような形で、アトラスに降り立つと、アトラスの環境に合わせて100種の身体性を形成した。あるものは人型になり、あるものは動物型になった。これがアデルである。このとき生まれたアデルは知能の低いものが主体で、動物的であった。
神はアデルがアルフィでなくアトラスに降りたため、アトラスの恐慌は対岸の火事であった。それよりもテームスの復活のほうが脅威であり、もし復活すれば今度は確実にアルフィへ侵攻してくる。そこで神々はテームスの封印を強化し、テージュも強く塞いだ。これによりアデルの産出は止まったものの、アデル自体はアトラスに残存した。
このとき流入したアデルはミュールを中心に分布した。ミュールはvsで島の集合になって以来、広大な農地もなく山も崩れやすい。また、地理的に台風も多い。そのため住み着く民族がほとんどいない状態で、容易に魔族に支配された。

<名前>

アデルの名前は地方や国や時代ごとにさまざまである。
rdでセレン、リディア、メルがリュウの調べた魔物の情報を元に全百天の名前を統一した。既存のもので知名度の高い名前を採用したり、古い名前をアルカに訳したり、新たに作ったりした。

<魔天表とアデルの色>

魔天表はカコの時代にアルシアが作った。魔族を11種の特性と9種の階級に分けた。
rdでファミイらが魔天表に色をつけた。それまでは色はなく、憑のように種族名を書いていた。
ファミイらは3度魔天表の色を作成している。3回目でxistinaを用いて落ち着かせた。

システィナには12色の色相環があり、ファミイらはこれを用いてアデルを分類した。
例えば獣が来るのは意味的に考えてポエンの位置がふさわしく、竜は当然ティクノの位置に来るのがふさわしい。こうして意味において決めていくと、以下のように定まる。
獣はポエン、竜はティクノ、鳥はヴァルゾン、憑はセイネルス、妖はティーテル。コノーテはイメージが最も近かったことから精。
カルザスは狡猾で最も人間的なアルミヴァ。一方、魔物の中で最も多い人間的なものは鬼。そこでカルザスは鬼。

すると残り5つであるが、これをどのように意味以外で振り分けるか。
まず色で魚と虫を振り分けた。魚を青にして、虫は毒々しい赤紫にした。
最後に残ったクレーヴェルとフェンゼルとネブラであるが、これには隣接性を用いた。例えばフェンゼルには爬が来る。というのも竜の隣だからである。トカゲのような生き物と翼の生えた生き物の間に竜が来るのは分かりやすい。
同じくクレーヴェルには手足のない鬼ということで魁が来る。精は生き物だが生命力に乏しく霊魂のようなイメージがあるため、精の隣に霊を置く。
こうして12種のアデルが、アルミヴァの色相環に収められた。
この色相環は魔族の特徴ごとにも分類されている。例えば上側にあるネブラからティーテルまでを見てみると、生物性の弱いものが来ている。これらは互いに似た性質を持つことがあるため、円環の中でも近い位置に存在する。同様に左側を見てみると、爬と竜と鳥が集まっている。竜は翼があるので鳥に近く、同時にトカゲのようでもあるため爬にも近い。非常にうまく並んでいる。
また精霊と鬼はどちらも人型の魔物だが、最も人間的なものが鬼で、最もそれと遠いものが精に当たる。従って、これらが対角線上にあるのは納得がいく。

アルミヴァ:色:種
セイネルス:黄:憑
ティーテル:橙:妖
ポエン:赤:獣
ネルメス:赤紫:虫
クレーヴェル:紫:魁
カルザス:青紫:鬼
ヴァルファント:青:魚
ヴァルゾン:淡い青:鳥
ティクノ:水色:竜
フェンゼル:青緑:爬
ネブラ:緑:霊
コノーテ:黄緑:精

<覚え方>

まず衛天の竜の列を覚える。属性+fretisかtoolなので楽。toolになるのは闇、土、光というソームの中央と外側。加えて利害のみ。ほかは自動でfretis。fatikのみkで終わる。
否天はli+ソーム系。liant, lilmだけ覚える。
風天と氷天は属性と絡めて2個ずつ覚える。強くて有名なので覚えやすい。
問題は雑魚。どうでもいい存在なので覚えづらい。そこで炎〜巨までニーモニックで覚える。ニーモニックなしでも巨天は大きいのが来るので覚えやすいし、炎は一番弱いなので逆に覚えやすい。
ニーモニックは地球の元素の覚え方と同じく、あえて若干下品にしてある。インパクトが強烈なほうが覚えやすいからである。

・ニーモニック

闇:闇の中から蝙蝠とカラスの不気味な声が聞こえる。ゾンビが出てきて菌を撒き散らす。
水:少女のところに醜い蛙と川童が求婚に来る。少女が断って逃げると池に落ち、ピラニアに腕を喰われ、頭を上げたところで鮫に食われる。
風:蛾が花畑を飛んでいるとカマキリに喰われ、その横でシーフェイスがメスのヴェメルトとよろしくやっているところを、ドルケルンが来て愚息を石にして、男優はシボンヌしても愚息は萎んぬしない不思議。
土:ここは爬虫類が3匹、鬼が2匹並んでいること自体がニーモニックになっている。巨天がkailaなのは名前で行ける。最初が蜥蜴で次がワニガメと覚えればいい。velvidはなぜかガングロで覚えている。
火:ボムがレジェスティになって爆発して溶けてファイエルになって鬼火になってそれが犬に宿る。
雷:豚と牛と魚と鳥は蛇がおいしくいただきました。(むろんスタッフ的な意味で)
光:シルフィの靄に顔を突っ込んだらサソリに刺されて、救急箱救急箱!と思ったらツェッテルで、人に助けを求めたらのっぺらぼうで、逃げ回ったら空からジェイルに追っかけられたという恐怖体験。
聖:マルトセシュに己のガーリシュクを突っ込もうとした猿が石造で巨人に激しいツッコミを喰らってアボーンしたというある意味性属性。
邪:人食い樹を人食い扉で防いだ骸骨の目が落ちて貝に入って真珠ゲットだZE!
利:妖精がさびしいよとランプにお願いしたらおばあちゃんがやってきてモモンをくれて、おばあちゃんは扉の向こうに去っていきましたとサ。
害:アイライとダイザイライで挟むとまず覚える。ムカデが花の上を歩いてたらクモに食われ、青虫もいたので一挙両得。

風天は最強のひとつ下なのでインパクトに欠け、覚えにくい。そこで縦のニーモニックを作った。
"LaLa Kaan Tuan Ham Lan Frei Giik, GOA!" (あら、貴方のお父さんはみすぼらしい剣を振りたがってい――う、うぼらぁ!)
どうしてこうなったw
____


21年夏にセレンはこのニーモニックを作りながら電車内の1時間強ですべて暗記したため、効果は実証済み。その後リディアとメルにやらせたところ、ニーモニックを伝授済みだったこともあってか、30分で暗記した。3人ともテストして全問確認済み。
【成句】
yun ra t'adel 神出鬼没
pax t'adel 魑魅魍魎。魔天表から。
adel silt 跳梁跋扈
reft t'adel 百鬼夜行

adem
/ [名詞]かけら、欠片、カケラ、チップ、破片、こけら(欠片同様に扱われる)
[レベル]2
19:ilmus:ridia:adel/main(アデルの体)アデルがテームスのこけらであることから
【用例】
an refat ez vol nox adem e diad l'at teat. バラバラに散ったガラスの破片を集めて部屋を掃除した。

adia
/ [名詞]アディア。アルシェ・ソーンの区別しない言い方。
[名詞]14日。使徒週のこと。
[レベル]2
古:ardia「神の創りし幻」

adin
/ [名詞]恥
[形容詞]恥ずかしい、自分に合わない
[類義語]txu
[反意語]levan
[レベル]2
19:al(強調)+dim(不適切)。そのままadimにするとdimに近いということで消されるのが目に見えたので音をずらした。
[語法]
adinは自分のキャラに合わないと思って恥じること。レインで言うと、anと思わず言ってしまった場合に感じる。一方、al karteと言い忘れて食事した場合はadinではなくhaizenが適切な語感。txuは「自分のポリシーに沿わない」以外の「恥ずかしい」に相当する。セックスのとき裸を見られて恥ずかしいのはtxu。恋人と寝るのはポリシーに合わないわけではないがそれでも裸は恥ずかしいので、txuに当たる。日本語ユーザーは訳すときに、まずadinかどうか判断し、adinでなければtxuに振り分けるのが安全である。アルバザード人はtxuはあまり恐れないが、adinは非常に恐れ、嫌がる。自分のあり方というのを強く持っているため、adinはかなりプライドが傷つく。
【用例】
fis, an nat adin tinka. 今日とても恥ずかしい思いをした。

afa
/ [料理]レンジ
[レベル]2
定:火の
【用例】
fai pof kon afa レンジでパンを焼く

afel
/ [料理][動詞]yulを茹でる、茹でる、ゆでる
[レベル]2
19:ridia:arbaxelt←制:af/el(熱湯)
【用例】
afel oga ジャガイモを茹でる

afet
/ [形容詞]意味のある、効果のある、有効な、有意味な、有意義な、価値がある
[類義語]ludix
[反意語]xif
[レベル]2
19:xion:制xafet
[語法]
意味や意義の有無がafetとxif。価値の有無がludixとxeks。宝石はludixだが、afetではない。
【用例】
pita afet 効果のある薬
tu et afet xel el ar nosfel. 自習することには価値がある。

afix
/ [形容詞]辛い
[類義語]hie
[レベル]2
rd
21 ka:ka
[語法]
香辛料の辛さ。
【用例】
bel e metio et afix leimel. メティオ料理は辛いのが多い。

afrem
/ [格詞]〜の近くに
[レベル]2
20:melidia xier

aga
/ [動詞]yulにうがいさせる、うがいする、嗽する
[普通動名詞]うがい、嗽
[レベル]2
古:オノマトペ
【用例】
re aga im koltik. 帰ったらうがいをしなさい。
re aga on lie e gag kont in siaj. 天井を向いて喉の奥をうがいしなさい。

agaat
/ [感動詞]うぎゃ、うぎゃあ、ぎゃあ
[レベル]2
19:リディアの書

age
/ [名詞]螺旋、渦巻き、渦巻、スパイラル、渦
[形容詞]グルグルな、くるくる、クルクル、ぐるぐる
[レベル]2
frf
古:age(螺旋)
geta:age
【用例】
agep alxa til hoa age. カタツムリは殻がぐるぐる巻きだ。

agep
/ [動物]カタツムリ、螺旋虫。厳密には虫ではない。
[名詞]珠に瑕、たまにきず:綺麗に咲いた紫陽花の風景を汚す汚い虫であることから、良いものが持つ残念な欠点を指す。
[レベル]2
定:agep(カタツムリ)←agekuupo「渦巻きの虫」が原義
【成句】
agep kaen semaim 玉に瑕
【用例】
la et lant tal til agep del leit. 彼女は綺麗なんだけど、馬鹿なのが玉にキズなんだよな。

ahah
/ [感動詞]あはは
[レベル]2
古:オノマトペ

ahal
/ [格詞]〜の上に
[レベル]2
19
【用例】
ev tu ahal elen. これを机の上に乗せて。

ai
/ [副詞]最終的に、結局、とうとう、いよいよ、ついには、終に、遂に、しまいに、ようやく、やっと
[類義語]halm
[レベル]2
14:制:Haima(尻尾の時間)
[語法]
elなしで任意の位置に挿入されることが多い。
待ちわびてようやく実現・到達したというニュアンス。予想より遅いというだけでなく、ようやく実現したというニュアンスが入る。
【用例】
ai, esk ik took. とうとう雨がやんだ。
ai, eskkmel ik took. ついに梅雨が明けた。
ai, tu et xelt t'oogakiwain da. ようやく大垣まつりの月だ。

ail
/ [遊離副詞][形容詞]ときどき、時々、ときおり
[レベル]2
19:赤:il
[語法]
aluut
【用例】
an ail kui du rak. 私は時々食べ過ぎる。

ails
/ [料理]プリン、プディング
[レベル]2
赤:ailai(スライム)

aj
/ [擬音]ずーっ、ずず、ぐじゅぐじゅ。鼻などをすする音
[レベル]2
19:unilei

akkontxo
/ [幼児][感動詞]よっこいちょ
[アクセント]akkontxO
[レベル]2
古:reiyu t'arxe(az lilia ovaen mel?)

akkonxo
/ [感動詞]よいしょ
[アクセント]akkonxO
[レベル]2

[語法]
何拍で動作を終えるかでいくつかに分かれる。axxoは二拍。akkonxoは三拍。aokkonxoはaで一回切れる発音で、四拍。いずれにせよ動作の起動で力を入れるためaという息の吐きやすい音を使っている。動作の途中は最初と違って爆発的な力でなく持続的な力が必要となるので力を出しやすい奥に篭った腹にたまりやすいkやoの音を使っている。最後は動作を終えて力を抜くが、この段階では息が奥歯の側面にぶつかりながら抜けていく。口が疲れて半開きなので摩擦音になりやすい。先ほどまで奥のほうで長音していたため、ひきづられてsでなくxになる。こう考えるとかけごえにもなぜそういうかという理由が見えてくる。全く適当な音で構成されているわけでもない。逆にそれでなければだめだというほどでもない。これ以外にもかけごえはありえただろう。だがだからといってなんでもいいわけではなく、多かれ少なかれこれと似た語形ではあったろう。人間の発声器官はどの国でも同じなのでこれと似たようなかけごえは他にもあるだろう。たとえば日本語のどっこいしょも多少似ているといえる。

akl
/ [名詞]跡、痕跡、爪痕、爪跡
[数学]軌跡
[類義語]kefon
[レベル]2
14:制:古:byakkal(遺跡)
【用例】
akl le ket evat{ladat} xa atu, son ket xa frem atu. ネコが通った跡があるから、この辺にいるはずだ。
an tilik akl e las man tilat ketins mesa eves zid a wav kont dalmes tu kon nast. 肘をついてうたた寝してたら、手の跡がついた:日本語は「肘をつく」でポーズが説明できるが、アルカではできないので詳しく言う必要がある。

ako
/ [地学]地面、陸地、陸、大地、地、地上
[名詞]下、道路:日本語ではエレベーターで下に降りるというが、地面に降りるとは言わない。逆にアルカだとこの場合の「下」はakoという。
[反意語]jan
[レベル]2
14:制:制ではaki(海に対する陸)、ako(地面)と別れていたが、n対でなくなったので、sの意味的な対も不要になった。
kal, kalmo:kalmo
【用例】
ke ako kon xtarez. エレベータで下に下りる。

aks
/ [建築]床、フローリング
[建築]フロア、階
[反意語]siaj
[レベル]2
19:制ako(地面)から新アルカの時代に作った。
[文化]
日本と同じで地上階を1階と数える。欧米式ではない。
【用例】
ke aks hal 上の階に行く

akt
/ [動詞]yulと会う、会う、謁見する
[生物]受精
[レベル]2
sert
14:制:古:ite(見る関係)
ite:ite:ite:mayulu,alt
[語法]
会議はata。会合はita。デートはite。単に会う場合および左記すべてを広く指すのがakt。
【成句】
akt ilia 一期一会
【用例】
tea an en ket atu, son an en akt la. そこに行ってなかっらたわたしは彼に会えなかったろう。
la kut tu lex la akt siia an. 彼は私に一度会ったことがあると言った。
an jinsat vil om nos akt ax la. 彼にいつ会えばよいか分からなかった。
an ail akt ke hacn im cuuks. 私は時々夕方に友達に会いに行く。
elt mok nos, lana akt saal vadel.
saal mok nos, lana akt elt ka dia.
エルトは眠る。早くサールに逢うために。
サールは眠る。夢でエルトに逢うために。
(rens 726) 一年に一度の逢瀬に対する男女の考え方の違いを描いている。文字数が上下段で一致している。なお、表現技法は対句。

aku
/ [俗語]yulを食う
[類義語]kui
[レベル]2
21:a kuo

al alva
/ →alva
[レベル]2

al artain
/ [感動詞]おめでとうございます、おめでとう
[レベル]2
16:制:古

al kleevel
/ [感動詞]そんな、そんな!、まさか、ひどい、不公平だ
[感動詞]天気が悪い、あした天気になあれ、明日天気になあれ
[レベル]2
tm
23
[語法]
天気が思い通りにいかなかっときに不満を言ったり、希望の天候を願ったり、裁定が不公平だと感じたときに使う。

al vian
/ [感動詞]お大事に、おだいじに、元気であれ、元気でありますように
[レベル]2
16:制:古
【用例】
"al vian... lamen yuli a" 「元気でな……始まりの仔よ」

al(5)
/ [動詞]yul(祈る相手。神など)に祈る、祈る
[レベル]2
rd;al(与格)


alako
/ [動詞]yulをiから拾う、拾う
[類義語]alvins
[レベル]2
21:al/ako
[語法]
alvinsは捨てられたものを拾う。alakoはそれ以外。例えば落ちていた葉っぱや、野良の動物など。

alamox
/ [格詞]〜の隣へ
[レベル]2
21/aamoxだと言いづらいため

alank
/ [格詞]〜の左に
[レベル]2
rd;/
24

alas
/ [名詞]西
[格詞]〜の西にある
[反意語]axti
[レベル]2
19:alis
::la mokl:yuki,alt
【用例】
faal et mim kor alas. 太陽は西に落ちる。

alben
/ [名詞]アルベン、野盗。男のエタットのうち、ガラの悪いほう。
[音楽]バス
[レベル]2
古:abenと同じ
[文化]
下層の連中だが別に犯罪者というほどではなく、abenよりは悪くない。単にガラが悪く、往々にして地位も知能も低い連中。だが中層や或いは上層がプライベートでお遊びとしてこの口調やしぐさを真似ることがある。逆にそのふるまいのおかげでコミュニケーションを取りやすくなることがある。

alem
/ [名詞]感情、心、思うところ、きもち、気持ち、想い、思い、心境、心理
[類音]arem
[レベル]2
19:nalem(詩、心の歌)
alem:alem
[語法]
心(na)のうち、喜怒哀楽など、特定の感情。kuに対するrensと同じ関係が、naとalem。
[文化]
miir
日本人は感情を抑制する傾向がある。アルバザードは感情をコントロールする傾向がある。感情をただ抑制して押し殺すのはよくない。抑圧に負けてストレスが重なるが、ストレスを感じないように無感情に進化するかのどちらかである。だからアルバザードは感情は無理に抑圧しない。感情は押さえどころと出しどころをバランスよくすることが心がけられる。
【用例】
lan alxa et kum t'alem. 人間は感情の生き物だ。
an nekt vil alem. 私は感情を隠せない。
☆an ail palm alem a kolo. 時として思慮分別よりも感情が勝つ。
til{na} alem melial 複雑な気持ちだ

alen(2)
/ [接続詞]al。〜への。
[レベル]2
20:xion
【用例】
xant alen altian 彼女へのプレゼント

alenda
/ [名詞]60歳以上の男
[反意語]enda
[レベル]2
19

alfaaram
/ [名詞]真夜中0時
[レベル]2
19:sorn
【用例】
rak alfaaram 12時を回る、0時を回る、0時をまたぐ、日をまたぐ
lala, alfaaram es rak mapel xan. やだ、もう12時を回っちゃったの。

alfi
/ [文頭純詞]つまり、すなわち、即ち、言い換えると、別の言葉で言えば、別の言葉を借りると、そういうわけで、てなわけで、というわけで、っつーことで
[名詞]要するにそういうこと
[レベル]2
古:sorn
[語法]
film
純詞として使うときはsaaと同じく平坦に発音するが、名詞の場合は最初が高く、ふつうの名詞として発音される。直接言いたくないことを避けて言及する場合に使う。例えば「つまりレイプされたってこと?」と言いたいが、valesという単語を言いたくないので「つまり……そういうこと?」とぼかすときに使う。用例は下の成句を参照。ぼかす内容はむろん話題によって異なる。
【成句】
alfi... alfi kok? つまり……そういうこと?
【用例】
saa, tu et saesk, alfi et loz t'esk o sae tisee. やぁ、これはみぞれだね。つまり、雨と雪が混ざったものさ。

alfia
/ [名詞]扉、ドア、玄関戸、玄関ドア、玄関
[類義語]omi
[レベル]2
21:al/fia「世界へ」
[語法]
主に玄関ドアがalfia。それ以外がomi。

alfian
/ [名詞]少年、6〜9歳の男
[反意語]fian
[レベル]2
19

alfiina
/ [格詞]〜の害になるように
[反意語]fiina
[レベル]2
19
【用例】
dankan ar rens alfiina diretan aaxal. 弁護人は容疑者が不利になるようなことは絶対に言わない。

alfin
/ [格詞]強譲歩、〜にもかかわらず
[レベル]2
19
【用例】
la taut fant alfin tu et falti vart. 金がものすごい値段なのに、彼は買った。

alfirt
/ [形容詞]眩しい、まぶしい
[類義語]firt
[反意語]alvelt
[レベル]2
19
【用例】
an fonl hao le font alfirt xel impel(axte ヲタとしては、あっちの明るい通りは避けるべきだなw

alfok
/ [文頭純詞]そしてそして、そのまたさらに
[レベル]2
20:melidia xier

alfou
/ [名詞]3〜5
[形容詞]3〜5の
[類義語]fou、tiu
[レベル]2
20
[語法]
fou

alge
/ [料理]ピザ
[レベル]2
sm;al/ge「丸い丸い」
23:ソーンのほうでgehが野卑な笑い声として使われており、ピザを意味する語があalgeになっていたらしいことを受けてピザを変更。geh>13:制:(円盤状の辛いもの)

ali
/ [形容詞]手前
[反意語]lie
[レベル]2
19:melidia alis:allieから。フランス語のallerの実際の発音に似ている。

alie(2)
/ [格詞]〜の奥へ
[レベル]2
20:melidia xier

aliina
/ [親族]孫息子ちゃん
[レベル]2
19:ridia:aliiz/n/a(語気揃え)
[語法]
miia

aliiz
/ [親族]孫息子
[アクセント]Aliiz
[レベル]2
18:古:liiz

alir
/ [名詞]ぬるま湯、ぬるまゆ、お湯、湯
[類義語]fler、axer、xiria、er
[アクセント]alIr
[レベル]2
20:ridia:alis/eria
[語法][文化]
fler

alis
/ [エルト]アリス。秋を司る女神。
[形容詞]色が秋めいた
[形容詞]秋の
[名詞]秋
[組み数字]3/4
[レベル]2
古:ridia:keli(秋)に関連。keliのliはlibroで、命。秋に繁殖したり来年のために栄養を蓄える動植物が多いことから。alisのaは恐らくarteの意味。ふつうはarを接頭辞として取るのだが、それだとarlisになってしまうので言いづらく、同化してalisになったと考えるのが妥当。最後のsは「する」の意味。ゆえに語源は「命をする」である。したがってalisは命を与えるという秋の女神らしい名前といえる。
::la livrer:atena,alt
[文化]
アルシエルの一人。秋を司る女神。方角では西。
【用例】
alis lunor in. 秋めいてきた。
jan t'alis alxa et farf siitel. 秋の空は気持ちよく晴れている。
an siina tu jan t'alis xanel. 私は本当にこの秋の空が好きだ。
alis et daz a fel{lei} man tu et diit. 勉強{読書}の秋。
☆kleevel tis et velt im alis es pak. 秋が深まると5時でもう暗い。
tu at farf siit t'alis. すばらしい秋晴れだった。
im alis, wal til em nim lant. 秋になると山々は美しく色づく。

aliseri
/ [医療]O型
[レベル]2
19
[文化]
O型は原始的で健康で体力があり、細やかでなく動物的で強いと思われている。
ザナを抜かしミルフまでは血液型を把握しているが、この中にはO型がいない。

alisnakea
/ [歳時記]秋休み
[レベル]2
21:ridia
[文化]
nakea

alit
/ [形容詞][ポジティブ]礼儀正しい、丁寧な、行儀の良い、品行方正、恭しい、行儀の良い、行儀が良い
[類義語]aatan
[反意語]silkkatar、xille
[レベル]2
19:lea
【用例】
la at alit tinka im xe ter. 彼は以前はとても礼儀正しい人物だったと言われている。

alite
/ [言語]アリテ、女性敬体
[レベル]2
rd;alit/te
23

alitvet
/ [言語]丁寧語
[レベル]2
21
[文化]
leavet

alj
/ [天文]三日月、繊月
[名詞]南東、東南
[形容詞][ポジティブ]目などが細い
[組み数字]2/8
[レベル]2

alj:alj:lu alje
[文化]
xelteel
【用例】
alj xat jan. 三日月だった。
alj or duurga. 三日月が満ちていく。
xelt et alj im fis xa. kils, tu et sov myuxa ont alj. 今日は三日月だ。厳密には新月と三日月の間(繊月)か。

aljpof
/ [料理]クロワッサン、クロワサン
[レベル]2
13:制:三日月のパン
[文化]
一般的に食べられる。少し油っぽい。小食の女の子はクロワッサンにミルクティーとフルーツで朝食を済ませることがある。

alk
/ [動詞]yulを助ける、助ける、手伝う、救う、貢献する
[普通動名詞]援護、手伝い、バックアップ、補助、介助、助け、ヘルプ、後押し
[反意語]dil
[レベル]2
frf
赤:daji,alk
daji:alk:daaj
[語法]
手伝うの意味もあるので注意。命乞いのとき「助けて」とは言うが、alk nonとは言わない。te set nonとなる。しかし、殺されそうなとき、近くにいる人にalk nonとは言える。その意味で「救う」の語義もある。
【用例】
non alkat mama ref hat. ママがお皿を片付けるのを手伝った。

alkaaks
/ [建築]最上階
[レベル]2
19:melidia alis
【用例】
luko alkaaks 最上階に着く

alkalt
/ [格詞]〜以下、≦、(時間を伴って)〜までに
[数学]以下
[反意語]alnod
[レベル]2
19
[語法]
alkalt fisの場合、今日も含む。今日が最終期限となる。
【用例】
re axt atu yul les ti sos alkalt fis. 今日までに君がしてきたことをここに書け。
alx alkalten 10 10以下の数

alkan
/ [名詞]救助者
[娯楽][軍事]援軍
[名詞]手伝い、助手
[名詞]医者の看護婦、看護婦、看護師、看護士、ナース:詳しく言う場合はvalsalkan。病院内などではalkan
[レベル]2
19:リディアの書

alkavien
/ [形容詞]最強
[レベル]2
22
【成句】
xia gaaxan et alkavien 泣いてるルシアは最強です:泣く子と地頭には勝てぬ

alkyunk
/ [感動詞]任せろ、平気だ、大丈夫
[アクセント]Alkyunk
[レベル]2
frf
赤:「鳥籠姫を助ける」。ユンクを助けるのは俺だという意味で、昔からこの意味
[語法]
語源からしてふつうrenteは使えない。yunkの部分を何かに変えてユーモアにすることがある。男性並みにできるとアピールしたい場合はalkyunkとすることがあるが、renteはふだんはyuus non so totoのように言うことのほうが多い。

allad
/ [動詞]yulを作ったときと逆動作する
[レベル]2
21
[語法]
作るの反対動作のこと。壊す(rig)ではない。例えば穴はrigできないが、alladはできる。穴をalladするというのは、作った穴を塞ぐことを意味する。
ladしたビルはrigできるしalladもできる。rigだと破壊で、例えば爆破や倒壊などのイメージ。alladだと作る過程を巻き戻すようにビルを解体していくことや、建設途中のビルの作業工程を前段階へ戻すことなどをイメージする。例えば2011年に東京タワーをalladしたら既にできているビルなので当時の組み立ての逆動作で解体していくことを意味するが、スカイツリーをalladしたらまだできていないので作業工程を巻き戻してツリーを低く戻していくことを意味する。

allaz
/ [名詞]少年、10〜14歳の男
[反意語]laz
[レベル]2
19
【用例】
lu et tio allaz le til 10 via tolis. まだ10歳程度のあどけない子供だ。

allein
/ [rente][動詞]yulを脱がす、脱ぐ
[レベル]2
19

alm
/ [動詞]yulに油断する、油断する
[普通動名詞]不注意
[反意語]namt
[レベル]2
19:niluumi(心がない)。制namtの語源
【成句】
alm set alem 油断大敵
【用例】
la ximat soda man almat yame. 彼は自転車に注意しておらず、事故にあった:気付かないという意味でなく、「まぁ大丈夫だろ」と油断していたことを指す。この事故の場合、法的には被害者にも過失性があることを意味する。

alma
/ [親族]夫婦、配偶者、伴侶
[類義語]falxe
[レベル]2
19:ridia:xiatは言いにくいので、almalsからalmaに。alはここでは複数を示し、2人を意味する。
【用例】
xim alma 伴侶を得る=結婚する

almals
/ [政治]離婚
[動詞]yulと離婚する、離婚する
[反意語]mals
[レベル]2
19
[文化]
離婚率は1000組に1組の割合で、ほぼ離婚しない。アルバザードでは結婚に至るまでの付き合いが長いこと、夫の家に入った妻を夫の両親が守るシステムができあがっていること、アルバザード人の女が従順で貞操観念が高いこと、男が浮気を気軽にできるインプレンが充実していること、離婚をすると夫妻子供すべてが白い目で見られることなど、様々な要因が貢献している。
ただし、別居率は離婚より遥かに高く、100組に1組ほどある。離婚をすると白い目で見られるため、妻が実家に帰ったまま籍を残しておくというパターンである。この場合妻は子供を引き取ることができず、父親が扶養することになる。別居した女はやはり白い目で見られるため、実家でこそこそと暮らす。
【用例】
min di labat em ka loit, hayu luus mals elf vik, dina almals em amir. 多くの女性がオフィスで働くようになり、結婚をしなくなったどころかむしろ離婚するようになった。

alman
/ [格詞][文頭純詞]なぜならば、〜のせいで、強原因
[レベル]2
19
pin:pin
【用例】
an en ket alman efa. 風邪で行かなかったんだ。
alman ti! お前のせいだよ!

almana
/ [名詞]少年、15〜19歳の男
[反意語]mana
[レベル]2
19

almans
/ [動詞]yulを枯らす、枯らす、萎れる、しおれる、しなびれる、枯れる、かれる、朽ちる
[反意語]mans
[レベル]2
19
【用例】
non milx miina te almans. 花がしおれなければいいのに。
non nat emt mil miina or almans. 花がしおれるのを見て悲しかった。

almelit
/ [名詞]10歳代の男
[反意語]melit
[レベル]2
rd:mel;/
23:mel

almi
/ [アイテム]盾、シールド
[名詞]五角形のもの
[音楽]ピックガード
[動詞]telに対してyulを盾で守る、守る
[レベル]2
szd
14:制:古:alkho(盾)
alkho:alko:la almi
[文化]
rdではユノでガードするのが一般的なので、鎧は着ない。盾もあまり使わない。しかしまったく使わないということもない。例えばエスバルトは魔法の盾であるが、盾を一切使わないならこのようなアイテムも始めから存在しないことになる。
【用例】
sat almi 盾を構える
almi main tel volk ユノ弾を盾でガードして体を守る

almigek
/ [運動]野球
[レベル]2
19:ridia:arbaxelt
[文化]
スポーツチャンネルで主に夏期に放送している。

almiik
/ [料理]サイダー
[レベル]2
rt;al/miikveld「酒でない林檎酒」
22
[文化]
rtで林檎酒の代わりとしてノンアルコールで作られた飲み物。

alminx
/ [形容詞]目立つようにした、目立った
[副詞]目立つように、わざとらしく、わざと、態と
[類義語]hanet
[反意語]minx
[レベル]2
19
[語法]
hanet
【用例】
la alvinsat kane alminxel ka nainan. 彼は警官が見ている前でわざとらしく空き缶を拾った。

almiv
/ [親族]いとこ、従兄弟、従姉妹、従兄妹、従姉弟
[レベル]2
18:制:miv

almom
/ [動詞]yulの根をiから抜く、根こそぎ抜く、抜く
[レベル]2
19
【用例】
zom kai e wal at almom mil cate. 嵐のせいで山の大きな木が根こそぎ抜かれていた。

almono
/ [動詞]yulを再開する、再開する、再生する
[類義語]ov
[反意語]mono
[レベル]2
21
[語法]
停止していたものを再開すること。

alna
/ [名詞]宴、パーティ、宴席、酒宴、宴会
[レベル]2
13:制:ridia:古:alnahyu(楽しい楽しいこと)
[文化]
宴会は好きなもの同士が寄り合って行う個人的なもので、接待文化はない。9時まで外出できる夏によく行われる。夕方に始まり、8時ごろに終わる。場所は誰かの家や飲食店など。
【用例】
la lunat vil alna in. 彼はパーティーに来れそうになかった。

alnaat
/ [名詞]20歳代の男
[反意語]naat
[レベル]2
19

alnamet
/ [動詞]yulの首を反らす、そらす、反らす
[レベル]2
21
[文化]
namet

alnana
/ [名詞]男の赤ん坊
[反意語]nana
[レベル]2
19

alnimi
/ [生物]白目。黒目でない部分→nimi
[レベル]2
19

alnod
/ [格詞]〜以上、≧、(時間を伴って)〜以降は、〜から
[数学]以上
[反意語]alkalt
[レベル]2
19
【用例】
fit alnod on. 10個以上ください。
an kalma xa ra alnod varzon. 私は普段8時以降は家にいる。
tu et xelt 5 alnod fis xa. 今日から五月か。

alomo
/ [形容詞]眠くない、目が冴えた
[反意語]omo
[レベル]2
19

alp
/ [普通動名詞]郵便、宅配
[名詞]郵便物、宅配便、宅廃物
[動詞]yulをaに送る、郵便する、郵送する、宅配する
[レベル]2
13:制:古:walpoheka(手紙を渡す)
【用例】
alp lunak. 宅配便が来た。

alpan
/ [名詞]郵便屋、宅配便
[レベル]2
20

alpen
/ [形容詞]態度がいい加減な、いい加減
[反意語]rana
[レベル]2
21:al/po/na「締まっていない心」

alpkov
/ [名詞]ポスト、郵便箱
[レベル]2
19:ridia:arbaxelt
[文化]
集合住宅では必ず改札の隣、守衛が見張れるところにある。全室分まとめて存在する。
配達人は事情を守衛に説明して通してもらう。そして守衛が見張る中、物を配る。ストーカーが変なものを入れるということはない。業者でなければ配れないからである。テロが爆発物を入れるのもかなり難しい。
住民が自分のポストを確認する場合も見張っている。ポストを開ける際はアンセを通さねばならない。他人のポストは開けられない。だが、アンセを偽造した可能性があるので、守衛は一応住民を見張っている。
【用例】
sain{tab} alpkov ポストをチェックする

alpons
/ [動詞]yulをaに回収する、回収する
[反意語]pons
[レベル]2
19
【用例】
tuus loit alponsat sorxexilk tilnal. これらの会社はギョーザを自主回収した。

alponz
/ [動詞]yulをa{tel, alfiina}の前に置いたままにしてどかない、通せんぼする、邪魔をする
[反意語]ponz
[レベル]2
19
【用例】
den alponz! 邪魔だ、どけ!
an stentat vil font man amo alponzes al an. 車が道路で邪魔をして渡れなかった。

alrafa
/ [文頭純詞]更に更に良いことに
[反意語]altaik
[レベル]2
rd;/
23

alrakel
/ [名詞]50歳代の男
[反意語]rakel
[レベル]2
19

alreite
/ [名詞]00歳代の男、一桁の男
[反意語]reite
[レベル]2
rd:mel;/
23:mel

als
/ [動詞]yulを放置する、放置する、放っておく、そっとしておく
[動詞]yulをそのままにする、〜しっぱなしにする、〜しはなしておく
[形容詞]〜しっぱなしの
[副詞]〜しっぱなしで
[レベル]2
19:xal/so(そのままにしておく)
[語法]
日本語と同じく「放っておく」という意味もある。
【用例】
an arat tegl alsel var vird. 一晩中ラジオを付けっぱなしだった。
passo passo, als la. いい、いい、あいつは放置で。
sab als 脱ぎっぱなし{着っぱなし}の服

alsa
/ [被服]上着、ジャケット
[レベル]2
19:sonohinoki:alsala
【用例】
sab alsa 上着をひっかける
le alsa til ana. あのジャケットいいね。

alsaaz
/ [名詞]40歳代の男
[反意語]saaz
[レベル]2
19

alsab
/ [動詞]yulをiから脱がす、脱がす、脱ぐ
[反意語]sab
[レベル]2
19
【用例】
alsab lasl pot xei mokt. ベッドでは靴を脱ぎなさい。

alsat
/ [動詞]yul(機械)をセットしたのを解除する、解除する、解く
[武道][動詞]yulの構えを解く
[反意語]sat
[レベル]2
19
【用例】
alsat netmelk 目覚ましを解除する
re alsat, tov ik took. 構えを解け。喧嘩は終わりだ。

alseere
/ [丁寧][親族]お兄様、お兄さま、おにいさま、アルセーレ
[レベル]2
21:l.alser
[文化]
laala
[語法][文化]
alser

alser
/ [親族]兄、にぃ、兄ぃ
[反意語]aruuj
[レベル]2
18:制:メルに対するセレンの関係
::lu elsi
[語法][文化]
血縁関係になくとも親しい目上の人間はalserと呼べる。ただし同じ師匠の下にいる門下生で先に入った弟子、つまり兄弟子のほうを指すときはsalanを使う。兄弟子が年下で親しければsalanと呼びながらaruujと呼ぶこともありえる。

alsesil
/ [形容詞]直前
[反意語]aldante
[レベル]2
rd;/
23

alsia
/ [地名]アルシア、銀泉京
[レベル]2
古:ridia:lsia←sia/sia。siaの本義は膜で、牛乳の油膜などもsiaという。牛乳の油膜は泉の水面に当たるため、水面もsiaという。正確にはsia keno elfeやsia keno eriaなどといった。アルシアは森と泉に富む。泉が多いことからalsiaと名付けられた。siaでelfeを指すのはメトニミーであるから、これはメトニミーによる地名である。「銀」は魔法の銀。
[文化]
アルバザード北側に位置する都市。アシェルフィの北のソエンを越え、ザミアと違う方角に飛んでいけば1日で着く距離。アルシェがフルミネアと出会った場所。アルシアの11魔将がいた場所。

alsip
/ [動詞]yul(吸ったもの)を吐く、吐く
[レベル]2
19:melidia alis
【用例】
alsip xef 息を吐く

alskol
/ [形容詞]いつもと違った、風変わりな
[反意語]skol
[レベル]2
20
【用例】
non ladat bel alskol im fis a. 今日はいつもと違う料理を作ったわ。

alsokn
/ [動詞]yulをほどく、ほどく、解く
[反意語]sokn
[レベル]2
20
【用例】
alsokn fot 紐を解く

alsonsel
/ [ユマナ]金曜日
[レベル]2
19

altaik
/ [文頭純詞]更に更に悪いことに
[反意語]alrafa
[レベル]2
rd;/
23

altav
/ [動詞]yulを剥がす、剥がす、はがす
[反意語]tav
[レベル]2
19
【用例】
altav despa シールを剥がす

alte
/ [名詞]マッチ、後一歩で勝負が付く、後少しで結果が出る、もう一歩、ラストスパート、最後の一踏ん張り、決戦前夜、止め前
[感動詞]あと一歩だ、もう少し、もう一歩、もうちょっと、がんばって、もう少し
[レベル]2
16:制:alteej

altempera
/ [約物][言語]激しい驚嘆。文末で使用。!!で示す。
[レベル]2
22

alti
/ [動詞]yulを離す、放す、離す、手放す、解放する
[反意語]til
[レベル]2
22:al/til
[語法]
tilの反対語。持つとしての反意語。一般に離すの意味であり、「〜がない」の意味ではない。
【用例】
ren alti non! 放して!
men alti elf las luut veil tifl sil seles menal as, men na. この人の手を離さない。僕の魂ごと離してしまう気がするから(『ICO』)

altia
/ [アトラスの国家]アルティア、凪国
[レベル]2
16:制:a/lutia
:::nagi,alt
[文化]
→fohac, kalan, altian, istolnim

・面積

703334.979634 km^2(本土)
世界第39位のザンビア(752,612 km^2)より小さく、世界第40位のミャンマー(676,578 km^2)より大きい。
日本:377,930 km^2
韓国:99,828 km^2
北朝鮮:120,538 km^2
日本と朝鮮を合わせると598296 km^2になるが、それよりもさらに大きい。

・経緯度

西端:東経(-90) + ((2517 / 4000) * 360) = 136.53
東端:東経(-90) + ((2622 / 4000) * 360) = 145.98
北端:北緯90 - ((473 / 2000) * 180) = 47.43
南端:北緯90 - ((622 / 2000) * 180) = 34.02

・略史

yuuma 3655 シフェラン、首都ロロスを陥落。ハーディアン人は北の都市フィギットへ撤退し、フィギット国を建国。これにより、ハーディアンは亡国。フィギットとなる。同時にハーディアンの都市だったアルティアは国家に単位を変える。従ってこの年にアルティア王国が建国される。翌年にはアルティアはロロスを支配地としてシフェランから任される。
yuuma 3658 京極(mana)ができる。ハーディアン文字ともいうが、既にハーディアンは滅んでいるのでアルティア文字といっていい。この時点ではロロスは独立していないので、なおのことアルティア文字でよいように思えるが、人文史上ではハーディアン文字と称されている。というのも、京極がハーディアン地方で発展してきたためである。

altian
/ [名詞]カレシ、彼氏
[反意語]tian
[レベル]2
19
【用例】
non til altian. 彼氏がいる。

altian(2)
/ アルティア人、凪人、凪紗
[レベル]2
20:xion
:::nagisa,alt
[文化]
・分布と歴史

アルティア本土のほか、ルティア西部トモエ県、アルバザード南部カレン州などに分布。
元はハーディアン人で、南北に分かれ、南部人がアルティア人となった。
smでvirをほとんど持たない代わりに強力なnoaやyunoを持った人種の遺伝子が普及した。これはアルティア人にとって魔法を捨て剣での白兵戦に特化する契機となり、刀の登場と武士の台頭を促し、やがて武家社会の成立を促した。
アルティアの武士kalanの斬撃は極めて強力で、ヴィードで防御をしているルティア人魔導師すら一刀両断にすることができた。この結果アルティアはsmでヴェマやルティアにまで版図を広げるに至った。
支配地からの徴収によりアルティア本土における農民の数は減少。軍事力としての武士の需要から武士の数が増加。日本より農民が少なく武士が多いという軍事力に特化した社会になっていた。
武士の主君への忠誠心は極めて高く、典型的な封建制度である。またアルティア兵は逃亡率が少なく、死線にも果敢に突撃することで有名である。
事実上の貴族階級になった武士らは高度な文化や倫理観を築くようになっていった。sm以降武士たちはルティアだけでなくアルバザードを含めた諸国へ侵入し、領土を確保。独自のアルティア文化を持ち込んだ。これは海外領土を失った現在でも残存している。

nd以降は資源の貧しさから工業国となり、持前の器用さと真面目さから優れた工業製品を作るようになり、様々な分野で世界一のクオリティを誇るようになり、経済大国となって返り咲いた。
またアニメやマンガやゲームなどの文化品をいち早く高め、世界中に輸出したのもアルティア人である。

・呼称

国際的にはアルティアだが、彼らは自分たちの間では通常nagiと呼ぶ。それゆえ凪国と訳すことがある。
同様にアルティア人のことはnagisaと呼ぶ(→nagisaの語法)。saは人のことである。これを凪人や凪紗などと訳すことがある。アディストのnagi, nagisaと区別すること。

・信仰

信仰は土着のhinata(丁信仰)である→hinata

・国粋主義

日本はさまざまな民族の集まりで、その後も中国やアメリカなどから大きな影響を受けてきた。大陸の端にしては外来文化の坩堝になっている。使用している文字種も世界一多い。
一方アルティアは民族の交流が少なく、二度の国粋主義の機運で外来文化に対する排外主義が確立した。独特で閉鎖的な文化が特徴で、外来文化への抵抗が大きい。
一般にアルティア人は国粋主義で、外来文化を嫌う傾向にある。カレン人がアルティア人の流儀を変えずに小アルティアを築いていることからもそれは伺える。

・性格

良くも悪くもとにかく「世界一」の付くことが多い極端な性格で、国際社会からは付き合いづらいと思われている。アルティア人は面子と体裁を何より気にするので、絶対にやってはいけないのはプライドを傷つけること。その怒りは普段の大人しさからは想像もつかない。怒りのエネルギーが持続しないのが特徴で、一瞬だけアルバザード人をも凌駕するエネルギーを出す。そして瞬時に収束する。この怒り方はsmでのカランの戦闘方法と同じである。カランはある一瞬だけ極端に集中してルティア人魔導師を一刀両断するという戦い方で版図を広げてきた。
ほとんどのアルティア人は大人しく我慢強い。そのせいでストレスをため込みやすく、怒るときは爆発してしまう。

精神構造は世界一複雑で、最も穿った物の見方をすると考えらている。あまり物事にこだわらないカテージュ人とは相性が悪い。直球を嫌い、すべてを婉曲かつ間接的に表現し、しばしば表現さえせずに腹芸で意思を伝える。また、そもそも意思を伝えなくても互いに絶妙な距離感を保つことで疎通だけ器用に行うことのできる不思議な民族とも考えられている。素直で直球勝負なアルバザード人を見下している。

例えば飲み屋で周りが馬鹿に騒いでいるとカテージュ人は「楽しそうだなぁ→俺も騒ごう」と思い、アルナ人は「うるさいなぁ。静かにするようにお願いしよう。聞かなければ店に訴え、議論しよう。議論しても平行線の場合、殴って勝てそうなら殴ろう。負けそうなら場所を変えよう。問題を解決するのに最も合理的なルートを選ぼう」と考え、アルシア人は「下品な連中がいるのでこの場所は自分に合わない。場所を移そう」と考える。一方カレン人は「俺がいるのに迷惑も考えずに騒ぎやがって→馬鹿にしてるのか→そうか、俺を馬鹿にしてるんだな→文句を言いたいが言葉で言うのは苦手→とりあえず机を叩いて威嚇→それでも相手が聞かない→喧嘩→斬殺」というパターンに発展する。この辺りがアルバザード人には理解できないが、アルティア人は一様に「そりゃそうだ」と感じる。

恋愛に関しても屈折している。意中の相手に想いを伝えず死ぬまで黙り、好きでもない相手と結婚し、その悲恋に陶酔するなど、アルバザードには価値観を理解できないことが多い。
逆に一度恋愛感情を相手に向けると、相手に対する執着は途端に物凄く膨らみ、ストーキングなどの奇行に走りがちである。特にこの傾向は日本と異なり女性から男性に対して見られる。アルティア社会では心中を伝える女性より影を追う女性のほうが清楚と肯定的に捉えられるためである。
性犯罪も特殊で、強姦が世界最低であるのに対し、衣類の窃盗や盗撮が世界一多い。こういった点からも最も倒錯の強い民族であることが分かる。

アルティア人女性は世界一従順で献身的であり、教養も高く家事も得意であるため好まれる。一方アルティア人男性は黙々と働いて給料を入れ、浮気率も世界一低いため好まれる。アルバザード人や特にカテージュ人は働かない男性が多い。
他方アルティア社会が離婚を是としないこともあり、夫に裏切られた妻が夫を刺し殺すという事件も多い。

アルティア人はジェスチャーをほとんどせず、目配せなどの小さな動きでたいていのことを伝えることができる。
スキンシップは厳禁である。ハグはもちろん握手すらしない。家族でさえ互いに触れ合うことがない。例えば父親は娘が物心付く頃には娘の体に触れることがなくなり、無論風呂にも一緒に入らなくなる。そのため父親に撫でられた記憶がないという女性が大半である。触れ合うのは恋人や配偶者同士で、それすら頻度が少ない。恋人同士だが手すら触ったことがないというケースも珍しくない。
アルバザード人は仲の良い間柄では男女問わず撫でたり摩ったり抱きしめたりすることが多い。この延長線でアルティア人女性に触れると大変なことになる。一般的なアルバザード人はアルティア人がスキンシップを嫌うことを知っているので、始めから触ろうとしない。しかしナンパな男は触ろうとする。日本人は例えばイタリア人に触られても文句を言わないことが多い。外国人だからしょうがないという風に考えるのかもしれないが、アルティア人は自分の我を黙々と通す点が違いで、日本人よりプライドが高い。
アルティア人は口では言わないものの、身をよじって全力で抵抗する。同じ避ける場合でもルティア人なら優雅さを重視して最低限の余裕を見せる。一方アルティア人は黙って呪わんばかりの怨嗟の眼差しを向け、無言の抵抗をする。それでも触ろうとすると後から女性の近親者が現れて刃傷沙汰ということになりかねないので自然とアルバザード人も自重する。

・良く評価される点
「世界一真面目」
「世界一器用」
「世界一努力家」
「極めて頭が良い」
「世界一控え目で大人しい。美を見せびらかすルティア人を下品だと考えている」
「世界一犯罪率が低い」*ただし斬殺率は世界一高い
「工業製品とサブカルのクオリティが世界一」
「アルティア製は高いが信用がおける」
「我慢強く主張をしないため、道具として使うには非常に便利」
「本土は美人が少ないが、トモエ県やカレン州には驚くほどの美人がいる。実際美少女コンテストでは周囲の人間に無理やり出されたカレン人の子が勝つことが多い」
「天パの多いアルバザードの女性からすればアルティア女性の黒髪ストレートと絹のような肌は憧れ」
「清潔で、体臭が少ない」
「アルティア食は健康に良い」

・悪く評価される点
「体格が華奢で体力に欠ける。ヴィード消失後は極端に武力が減った」
「世界一無口で何を考えているのか分からない。男女ともほとんど喋らない。喋らずともアルティア人の間では意思疎通ができるので不気味」
「世界一プライドが高い。ルティア人は世界一美意識に対してプライドが高いが、アルティア人は世界一面子に対してプライドが高い」
「世界一冗談が通じない。世界一笑わない。表情そのものがほとんど変化しない。だがアニメやゲームを一人で見てくすくす笑うので、その点でも不気味がられる」
「世界一突然キレやすく、一度キレるとすぐに刃傷沙汰になる。アルティア人は感情を表に出さず、たいていのことは耐える。この状態で面子を傷つけるようなことを言うと突然抜刀して相手を斬り捨てるなどの凶行に及ぶ。そのため凶暴残虐と各国から罵られるアルバザード人でさえアルティア人だけは怒らせないように気を付ける」
「緯度が低いわりに自殺率が異様に高い」
「極めてネガティブ」
「アルカが下手。言葉が通じない。なぜかカレン人ですら拙い人がいる。反面、アルカの文語には異様に詳しい。どうやら知識としてアルカを見ており、実用は恥ずかしいと感じているようだ」
「京極が難しすぎて理解できない」

altiaren
/ [言語]アルティア語、凪霧
[レベル]2
21
[文化]
●概要

名称:alt(アルティア語), n(凪霧)
系統:アテン超語族ユーマ語族マレット亜語族インサール超語派ハーディアン語派ハーディアン語群(atenamat, yuumaemit, maletfiam, insaalifal, hardianxeltem, hardiantalk)
使用年代:zg_lj
分布:極東インサール、ルティア(特に西部)、アルバザード(特に西南部)
話者:ハーディアン滅亡後のアルティア都市の民。後にロロスと分化したため、現在は半島南部のみ。ほかにルティア人、アルバザード人(元カレンシア人)など
類型:SOV、AN、Po
認知様式:主観的把握

zg末期のyuuma 3655にハーディアンが滅び、アルティアが国として独立。
imul 745にトモエを陥落させ、ルティア西部の支配を確立。altのルティア方言が生まれる。
imul 1102にアルバザード南部を支配し、カレンシア王国を建てる。カレンシア方言が生まれる。
現在altといえばアルティア本国ではなく、アルバザード国内でarと混じりながら発展していったカレンシア方言を指す。

凪紗は極めて保守性が高いため、arから影響を受けたのは主に語彙。しかし明治時代の日本と同じで、新たな単語は凪霧に翻訳して受け入れ、本国であるaltiaに情報を伝播するというシステムを採っていた。これは武士らによるアルティア王への忠誠の証であり、安易にarを取り入れることは不敬に当たると考えられたため。
だが歴史学者や言語学者は彼らがarを取り入れなかったのは音韻構造の違いが大きく、そのまま取り入れると語形が長くなりすぎるためと考えている。これは英語を日本語のカタカナにするとやたら長くなってしまうのに似ている。
一方、柔軟性のあるアルバザード人は凪霧を旺盛に取り入れた。対照的である。

vernsaalまではカレンシアの力が強かったため、彼らはarを覚えようとはしなかった。
カレンシアが滅んでアルバザードに吸収されて立場が弱くなってからも、彼らは現在に到るまで積極的にaを使おうとはしない。ただし北方、特にアルナに近付くほどaを使う割合が増える。
アルティア人の多くは学習によってaの読み書きはできる。むしろ知識に関しては豊富といっていい。だが南部に行くほど聴き喋りが苦手である。日本人と英語の関係によく似ている。
アルティア人は非常にプライドが高く恥を嫌うため、間違えることを極端に嫌う。そのため、aを使う機会が減り、なかなか上達しない。ただし北方、特にアルナ周辺で生まれ育った子供は自然とバイリンガルになるため、この限りでない。
なお、バイリンガルであっても凪紗としての自負心が高い者はできるだけ日常生活で凪霧を使おうとする。英語ができるのに話したがらない年配のフランス人に似ている。

●概説

アルティア人の言語。分布等はアルティア人と同じ→altian
アルティア語ではアルティア語のことをnagiliというため、凪霧と訳すことがある。
altには方言がいくつかあるが、本稿はカレンシア方言(kalensian)を取り扱う。
ちなみに、凪紗の保守性および本国とカレンシアの精神的結び付きの強さにより、アルティア方言とカレンシア方言の差は、経過時間の長さにも関わらず、イギリス英語とオーストラリア英語の差程度に留まっている。

本項では次の文が理解できるようになる程度まで解説する。
manji nanami so komilu yumi, mamma so hau ta lilu yuuan te tala hazela anmitao(でもあなたが来たとき、私はもうあの小さな神社に行っていたんですよ)

●音論

子音18。母音5。
撥音(n)、促音、長音がある。
y,w系の拗音と、ts,txの破擦音があるが、頻度は少ない。

音節はCVで、音節数は無子音入れて19*5−2=93(wuとyiを除くため)。

音節はモーラで数える。撥音などは1モーラと数える。

元はCVCを許したが、末子音は徐々に消失していった。プロソディの高いn,lが残り、撥音は2つ存在した。やがてlが消えnが残って現在に至る。

母音:a, i, o, e, u
子音:s, p, t, k, m, n, f, x, l, v, b, d, z, g, j, h, w, y

表記上はCVしかないが、実際にはVを発音しないでC単体で発音することがある。
s, l, kなどは好例で、muluとあっても文末などでは[mul]になる。

アクセントは高低で、自由アクセント。
声調はない。
抑揚はアルカより強め。
声は硬口蓋に響かせるため、アルカと比べて深みがなく高い。
上記例文の読み上げは以下。
http://cid-dd6eff55a81cbf67.photos.live.com/self.aspx/arka/alt.mp3(男性声)
http://cid-dd6eff55a81cbf67.photos.live.com/self.aspx/arka/alt2.mp3(女性声)

●文字

京極を使う→mana

●文法

<類型>

膠着。
用言(動詞・形容詞・助動詞)のみ屈折。

<語順>

SOV。
AN。
後置詞。

<品詞>

◆自立語

・活用有
  動詞
  形容詞
・活用無
  名詞(含む代名詞・数詞・助数詞)
  副詞
  接続詞
  感動詞

◆付属語

・活用有
  助動詞
・活用無
  助詞

<用言の活用(屈折)>

動詞形容詞ともに同じ活用。

◆動詞

・概要

soluu,f(sool)が動詞の後ろに膠着し、それがやがて動詞と不可分な程度に融合して屈折化したもの。
最終的にはlの音が残り、活用によってlの後の母音が変化するようになった。

活用は6種。altは子音単体で発音できないので、辞書形でもある終止のlにはaltの無標の母音であるuが付与される。
最も頻度の高い連用に最頻のaが宛がわれた。もとはaだけでなく様々な母音が使われたが、altは母音調和があるため最頻のaが連続するように自然と固まっていった。
否定は連用と否定の組み合わせでanとなる。
fの命令のreから命令はe。名詞化はiko(こと)との組み合わせでi。残る仮定がoとなる。

名詞化はkalu(切る)からkali(刀)、omulu(挟む)からomuli(鋏)など名詞を作れるため、造語力が強い。
アルカだとkilに対してklasなど、色々な言語から単語を取っているので効率が悪い。

・活用表

連用:la
否定:lan
名詞化:li
命令:le
仮定:lo
終止連体:lu
形態素:語幹のみ

・語幹

語幹は開音節と閉音節の2種。閉音節の場合lが落ちる。例えばkal/laでkallaではなく、kal/aでkala。

閉音節:kal→kala(切っ), kalan(切らない), kali(刀), kale(切れ), kalo(切れば), kalu(切る), kalu(形態素として使う場合はuを添加。ただし母音で始まる単語の前に来る場合はuを添加しない)
開音節:omu→omula, omulan, omuli(鋏), omule, omulo, omulu(挟む), omu(形態素)

形態素として動詞を使う場合、例えばkoolu(巻く)とditta(寿司)から巻き寿司を作る場合、kooluは語幹のkooのみが使用される。よってkoodittaとなる。
kilのような閉音節の場合はkiludittaのようになるが、もしanのように母音で始まる語に繋がる場合はkiluanではなくkilanになる。なお、この単語の場合のみだが、「切らない」との区別に注意。kilu/andaなどの組み合わせがあるとしたらkilandaになるので何とも誤解することはない。

◆形容詞

動詞と同じ活用。
連用は副詞として使う。否定は形容詞にも副詞にもなる。
命令は「〜になれ」という意味。
複合語の要素になる場合は語幹のみ。

・活用表

連用:la
否定:lan
名詞化:li
命令:le
仮定:lo
終止連体:lu
形態素:語幹のみ

nekola(暖かく), nekolan(暖かくない), nekoli(暖かさ、暖かいもの), nekole(暖かくなれ), nekolo(暖かければ), nekolu(暖かい), nekomimi(温かいスープ)

連用は例えばtotolu(早い、速い)とkalu(切る)で、totola kalu(早く切る)などのような使い方をする。
totolan kalu(早くなく切る)とtotola kalan(早くは切らない)は意味が異なる。

例:nekolu(暖かい), kikilu(綺麗な), totolu(早い), lilu(小さい)。

<動詞の自他>

アルカと異なり動詞ごとに定まっている。
kaluは他動詞、molu(寝る)は自動詞。

<助動詞>

動詞から発達したもの。活用は動詞と同じ。動詞に後続。
例えばvikolu(できる)はkolu(来る)にvi(力)が合わさった動詞で、「能力が来る→できる」という意味。これが助動詞化してvikoluで「〜できる」という意味になる。
助動詞は用言なので動詞は連用形になる。

kala vikolu(切れる)

形容詞に付ける場合、milu(なる)と組み合わせる。

nekola mila vikolu(暖かくなることができる。暖められる)

<副詞>

「暖かく」など形容詞の連用形は意味的には副詞だが文法的には副詞に含めない。
kaka(とても)やhau(もう既に)などが副詞となる。

kaka nekolu(とても暖かい)

<受身と使役>

受け身は接中辞のjuを使う。kojulu(来られる)。受け身は迷惑感をも表す。
使役は接中辞のsoを使う。kosolu(来させる)。

<助詞>

格は省略しない。口語ではyuのみ省略する。

主格(主語):so
主格(主題):wan
対格:yu
与格:te
奪格:mulu
具格:koko


decに当たるtaは判定詞でなく助詞の扱い。日本語の終助詞に相当。

ta(だ)
mita(だった)
anta(です)
anmita(でした)

「ね」「さ」「よ」「ぞ」などの終助詞に相当するものはさらに上記の後に付ける。

o(e, eu, tisee...) 対目上ではon
na(aa, a...) 対目上ではnya(女性のみ)
hala(kok) 対目上ではpon(女性のみ), halahalu(男性のみ)
maya(sei) 対目上ではmayen
yuya(onna) 対目上ではmasuli
ne(mia) 対目上では使わない。直接疑問を投げかけるのは無礼とされるため。

これらは複数組み合わせることもできる。
反実仮想のtattawa(女性はtattawan)と組み合わせてanmitaontattawan(〜でしたのにね)など。

<テンスとアスペクト>

・過去と完了

過去と完了はmiで示す。動詞群の最後の単語の直前にmiを入れる。
koiko so xixi ta(これは指だ)の場合、taが動詞群の最後なのでmitaにする。
kolu(来る)の場合、活用語尾の直前に入れてkomilu(来た)にする。
kola ta(来るんだ)の場合、taのほうが後ろにあるのでkola mita(来たんだ)になる。動詞が連用形になるのに注意。

・未来

推量の助動詞paseluで表現。

・経過と継続と反復

経過と継続と反復の助動詞hazeluで表現。

・将然

将然の助動詞sataluで表現。

・開始

開始の助動詞kizoluで表現。

<代名詞>

アルカと違い、代名詞の存在は希薄。
日本語同様、様々な名詞を代名詞として使う。

一般的に男性は一人称にnaを使うなどといった傾向があるが、二人称になると複雑で、そもそも二人称で呼ぶのが失礼なのでできるだけ避ける。
三人称は苗字に継承を付けるのが一般的で、lu,laに当たるlyu(彼)はあまり使わない。

altは封建制度の中で厳しい上下関係を築いたため、相手との関係によって人称を使い分ける。

◆一人称

・男性

na(私、俺):日常的、独白、対等
monoli(わたくし、僕):対目上 *mokulu(劣った)
hakuli(俺):対目下 *hakulu(優れた)

hakuli so totola kola vikola tao(俺ならすぐに来れるぞ)

・女性

nami(私):日常的、独白、対等 na/mi(女)
lili(私):対目上 *lilu(小さい)
mamma(私):対目下 *mamma(姉)

lili so lila kala vikola anmitanyatattawan(私なら小さく切れましたのに)

◆二人称

なるべく使わない。特に目上には使ってはいけない。
相手は役職や立場で呼ぶ。「お兄ちゃん」「先生」「お父さん」など。ただし目上から目下は名前で呼んでよい。

nana(君、お前):日常的、独白、対等。男性のみ。自称のnaから来ている。
nanami(あなた):日常的、独白、対等。女性のみ。自称のnamiから来ている。

monomono(お前、君):対目下。男女兼用。

◆三人称

三人称は苗字に継承を付けるのが一般的で、lu, laに当たるlyu(彼)はあまり使わない。

lyu(彼)
lyumi(彼女)

文語的に感じられる。あまり使わない。特に目上には失礼。

◆非人称代名詞

ko(この)、se(その)、ta(あの)、ne(どの)の4体系。fの形態素ko(来る)、ta(行く)、se(中)、ne(誰)から来ている。
kosa(この人)、koka(この場所、ここ)、koiko(このもの、これ)などのように名詞と組み合わせて使う。
つまりneikoで「どれ」になり、takaで「あそこ」になる。

<助数詞>

名詞が助数詞化したもので、名詞のカテゴリーによっていちいち覚える必要がある。
ただし現代はほとんどko(個)で済ませる。koは上述ikoから来ている。

<接続詞>

よく使うもの。

wa:〜と
mata:〜か
tsuliso:そして、また
manji:しかし
yumi:〜のとき、〜したら

manji nanami so komilu yumi, mamma so hau ta lilu yuuan te tala hazela anmitao(でもあなたが来たとき、私はもうあの小さな神社に行っていたんですよ)

*yumiは名詞から来ている接続詞なので動詞は連体形でよい。

<敬語>

◆尊敬語

助動詞mamaluを使う。kola mamalu(いらっしゃる)。

◆謙譲語

助動詞anjiluを使う。kola anjilu(参る)。

◆丁寧語

taなどの前にanを入れる。「です」に相当。kola anta(来ます)。

altina
/ [名詞]幼児、2〜5歳の男
[反意語]tina
[レベル]2
19

altolk
/ [生物]腿の裏側
[レベル]2
19

altona
/ [名詞]30歳代男
[反意語]tona
[レベル]2
19

altuk
/ [農耕][植物]作物、農作物
[レベル]2
19:ilmus:ridia:al/tukui
[語法]
田畑で取れる穀物以外の収穫物。
【用例】
altuk jiot yu merel mil cate. 暴風雨のせいで農作物が台無しになった。
altuk et di{kalo} 豊作だ{凶作だ}
ans kailat altuk di im tu salt. 今年は豊作だった。

alul
/ [普通動名詞]キス
[動詞]yulにキスする
[類義語]xiks、xiian、xiku
[レベル]2
f:saal;al/al「物と物と→唇と唇を」
赤:xiku, alul(甘い口)。al/alで「物と物と→唇と唇を」の意味だと思われる。
[語法]
xiks

alul(2)
/ [接続詞]さらにあるいは
[レベル]2
rd;/
23

alva
/ [感動詞]気をつけて
[レベル]2
14:ridia:klel:元はalavan。リディアが夢にアヴァンが現れないように祈った言葉がalavanである。このalは制アルカのalではなく、古アルカの反意を表わす接頭辞で、およそ「アヴァンよ来るな」ということを意味した言葉だろう。リディアが寝る前にこの言葉を言っていると伝えたことで広まった。元は寝る前だけに使われたのだが、そのうちあらゆる恐怖の前に使われるようになっていった。

alvam
/ [形容詞]大人しい、おとなしい、大人しくなった、沈静した
[動詞]yulを大人しくさせる、大人しくさせる、おとなしくさせる
[反意語]vam
[レベル]2
20
[語法]
暴れたりしないで大人しいさま。yultがalvamなら、xiaはvam。

alvana
/ [形容詞][ネガティブ]自信がない、弱気な
[経済]ベア
[反意語]vana
[レベル]2
19:melidia alis

alvart
/ [形容詞]とてつもない、途方も無い、途方もない。vartの冗語。
[レベル]2
22

alvas
/ [普通動名詞]平和、ピース、和睦
[動詞]yulと和睦する、和睦する、平和を保つ
[形容詞]平和な
[類義語]almalvas
[反意語]vas
[レベル]2
19:al/vas(戦い+反対)
【成句】
fia alvas 天下泰平
【用例】
ikn alvas 平和な日常
arbazard alvases kad frem du fil. アルバザードは長い間隣国と平和を保っている。

alve
/ [名詞]的、標的、マト、狙い、獲物
[類義語]lana
[レベル]2
20:al/vej(矢の向かう方向)

alvelt
/ [形容詞]薄暗い、ほの暗い
[類義語]velt
[反意語]alfirt
[レベル]2
19
[語法]
薄暗い自体がややポジティブと捉えられるため、「部屋が薄暗かったので灯りをつけた」というのを訳す際はalveltを使わずにveltを使うことが多い。an arat pam man tu ez et alveltだと「alveltなのになぜつけた?」と思われ、最悪isatの言い間違えではないかと考えられることもある。そのため、man tu ez et veltと訳す。
[文化]
眩しいのを嫌う民族で、薄暗いのを好む。フランス人同様、オフィスであっても薄暗い部屋を好む。アメリカ人とは逆になる。
【用例】
tu ses leika xel an sak le lei sid onen art. その古い魔法の本を見つけたのは薄暗い図書館の中だった。

alvins
/ [動詞]yul(物を地面や台などから)を拾う、拾う、拾い上げる
[動詞]yulを見殺しにしないで助ける、助ける。alkと同じだが、見殺しにせずというニュアンス。
[動詞]yul(犬や猫や孤児など)を拾う、拾う、飼う、引き取る、世話する、育てる。この場合の「飼う」などは捨てられていた動物や人間を引き取る場合に使う。
[類義語]alako
[反意語]vins
[レベル]2
19:捨てるに比べ、圧倒的に頻度の少ない日常動作であることからalをつけた。
[語法]
alako
【用例】
alvins bas ka sokl 公園でごみを拾う
vei yuli alvinsat lafin dajel e. 何人かの子供が親切にも拾ってくれたわ。
alvins ket 猫を拾う

alwik
/ [動詞]yulの首を横に振らせる、首を振る
[反意語]wik
[レベル]2
19:melidia alis
【用例】
lu fian alwikat kont ku teo. その女の子は「いや」と言って首を振った。

alxaft
/ [動詞]yulをiから欠席させる、欠席する
[類義語]kist
[反意語]xaft
[レベル]2
19:ridia:arbaxelt
【用例】
☆la at vokka aluutel man la alxaft i xax. 彼は忙しかったに違いない。そうでなくば授業に欠席するはずがない:OTHERWISEに相当するveilは使わない。

alxelf
/ [形容詞]バッドタイミングな、間の悪い、タイミングの悪い、時機でない
[反意語]xelf
[レベル]2
19
【用例】
"ou, pentant, tur et alxelf. tur vokka e" 「あぁ、ごめん。今バッドタイミング。忙しいんだ」
"ala es aria e xale fiinaen laz cain alxelfel arsen xiks raska i jixi t'omi aa" 「なんで少女マンガの主人公ってのは、男が浮気相手とキスしているときに、都合悪くドアの隙間から見ているものかなぁ」

amai
/ [植物]セロリ
[レベル]2
milf:lakta:「優しい音がする」が原義

amal
/ [料理]オートミール、ポリッジ
[レベル]2

[文化]
一般的に食べられる。献立によってはパンの代わりに主食となることもある。

amalis
/ [エルト]アマリス
[名詞]思い出
[名詞]後ろ前反対、後ろ前、後ろ前逆
[レベル]2
ridia:古
[文化]
思い出を司る神。同時に記憶も司る。すべての人間の思い出を覚えており、思い出を自由に消したり思い出させたりすることができる。女性の姿をしている。双子の妹にエルマがいる。

思い出を司るというところから、常に後ろ向きである。それを象徴するように服を後ろ前反対に着ている→sab

amel
/ [親族]妹
[反意語]eeta
[レベル]2
19:mel
isfil:isfil:la moe

ameli(2)
/ [丁寧][親族]妹君、妹殿、アメリ
[レベル]2
21:l.amel
[文化]
laala

amen
/ [生物]眉間、アメン、眉と眉の間
[レベル]2

[語法]
額の中心。クァールの少し上。
[文化]
思考や魔力や才能が宿るとされている。ダルハが浮かぶ場所としてふさわしい。
【成句】
kots amen 額をコツコツたたく。熟考する、考えをまとめる。実際に文字通りの動作を伴うことが多い。

amik(2)
/ [格詞]〜の右に
[レベル]2
rd;/
24

amir
/ [親族]夫
[類義語]lafrei
[反意語]minti
[レベル]2
19:古:ca mir(頼られるもの)
【成句】
yun vins amir 夫を捨てるように:心機一転。場合によっては悪く取られることも。
rsiila amir 夫唱婦随
【用例】
non til amir. 夫がいる。

amis
/ [動詞]yulを頼る、頼る、悪意なく依存する
[レベル]2
19:amirから。古アルカの夫自体が「頼られる」という語源
【用例】
an si rsiil l'an amis sen. 私には頼るべき親がいない。

amma
/ [名詞]アンマ。女性のエタットのうち、女らしくないほう。
[レベル]2
20:ridia/kliiz:al/mama
[文化]
典型的には男勝りで気が強く、姉御肌で情に篤く、人の世話をするのが好きで親切な女性を指す。

amol
/ [格詞]下に
[レベル]2
19
【用例】
ev tu kov amol elen. この箱を机の下に置いて。

amoxen(2)
/ [名詞]隣人、おとなり、お隣、お隣さん、おとなりさん、近所、ご近所、ご近所さん
[レベル]2
rd;/
23

amp
/ [名詞]名誉、栄誉、ほまれ、(naで)光栄な
[形容詞]誇らしい
[類義語]levan
[反意語]txu
[レベル]2
14:制:imp
【用例】
an na amp man aktik mirok. ミロクに会えて光栄だ。

amt
/ [形容詞]極端な
[レベル]2
13:制:古:almatt
[語法]
節度や中庸を逸している状態。良い意味にも悪い意味にも使う。tinの意味で使う場合、話者の驚きが篭められている。
【用例】
tood sor amt 極端に高い坂
jokom amt 極端な叱り方

analkyunk
/ [丁寧][感動詞]任せてください、お任せあれ、おまかせあれ
[レベル]2
23

analte
/ [丁寧][感動詞]がんばってください
[レベル]2
23

anam
/ [文末純詞][丁寧]na
[レベル]2
20:kmiir:an/na/m(語気弱め)
[文化]
an(7)

anatte
/ [感動詞]がんばってください、頑張ってください
[レベル]2
rd;/
24

anaxem
/ [文末純詞][丁寧]axem
[レベル]2
22

andizmal
/ [文末純詞][丁寧][arden]dizmal
[レベル]2
rd;/
23

andoova
/ [丁寧][感動詞]doova
[レベル]2
21

anekol
/ [代詞][lumir]ekol
[レベル]2
rd;/
23
[文化]
lumir

anel
/ [文末純詞][丁寧]el
[レベル]2
rd;/
23

anestol
/ [丁寧][感動詞]estol
[レベル]2
21

aneyo
/ [文末純詞][丁寧][milia]eyo
[レベル]2
rd;/
23

anfarna
/ [丁寧][感動詞]どうぞお大事に、お大事に
[レベル]2
23

anfatoo
/ [丁寧][感動詞]お疲れ様です
[レベル]2
23

anfelial
/ [代詞][lumir]felial
[レベル]2
rd;/
23
[文化]
lumir

anfelie
/ [代詞][lumir]felie
[レベル]2
rd;/
23
[文化]
lumir

anfi
/ [代詞]何か、なにか、なんか
[反意語]lenfi
[レベル]2
21:anxe同様
【用例】
see tu fia es lad kon tu "anfi". alfi fia de lad kon saaj" そして世界はその『何か』でできている。決して無ではないんだ」

anfiima
/ [丁寧][感動詞]お久しぶりでございます
[レベル]2
23

anhacka
/ [丁寧][感動詞]お誕生日おめでとうございます
[レベル]2
23

anhalka
/ [代詞][lumir][丁寧]halka
[レベル]2
rd;/
23
[文化]
lumir

anhalkan
/ [代詞][lumir][丁寧]halkan
[レベル]2
rd;/
23
[文化]
lumir

aniio
/ [感動詞][丁寧]どういたしまして
[レベル]2
rd;/
23:韓国語のアニヨ「いいえ」は「いいえいいんですよ」の意味でも使うことがあり、aniioがアニヨに聞こえるのでよく似ているが、語源を見れば分かる通り韓国語由来ではない。

anilpasso
/ [丁寧][感動詞]大丈夫です
[レベル]2
23

anin
/ [文末純詞][丁寧]in
[レベル]2
20:kmiir
[文化]
an(7)

anisfel
/ [代詞][lumir][丁寧]isfel
[レベル]2
rd;/
23
[文化]
lumir

anisfelia
/ [代詞][lumir][丁寧]isfelia
[レベル]2
rd;/
23
[文化]
lumir

anjur
/ [天文]黄色い月、アンジュール
[ユマナ]月のおもちゃ箱。アルバムのひとつ。かわいい系のポップな曲が中心。
[経済]残月期
[形容詞]上機嫌な、ノリノリな、楽しげな
[類義語]miox
[アクセント]anjUr
[レベル]2
21:lt。古ではimel。jurはf。
【成句】
xante t'anjur 黄色い満月、シャンテ・タンジュール:楽しいこと、愉快なこと→xante t'anjur
yuut anjur 愉快を遊ぶ:楽しげに微笑む、asex nos banel
ak anjur ノリノリじゃん、どんだけ上機嫌なんだよ
【用例】
ridia yuut anjur kont eves miyu al asid ka seren le novel vandes. リディアは小さな可愛らしい手を口元に当てると、当惑した面持ちのセレンに微笑みかけた。

ank
/ [形容詞]可愛い
[類義語]yuuyu、silfiiyu、yuliank、hatiank
[反意語]azin
[レベル]2
13←古:yunk(かわいい)
[語法]
その対象を守ってあげたくなる気持ちにさせる性質のことを指す。また、その物が庇護の対象として好ましく思え、自分の身近に置きたいと思う気持ちも指す。従って動物だけでなく物にも使える。
人間相手に使う場合、通常年上の男性が年下の女性に抱く感情であり、その逆は場合によっては失礼に受け取られる。男が女を守るものという考えがnd以降一般的なので、女が男を可愛いと言うと場合によっては見くびっているように感じられる。日本語や英語の感覚で「可愛い」とか「cute」と言うつもりでankと男性に言うと見くびられてると感じて不快がられるリスクがある。母性本能全開で気弱になっている男性やツッパって無理している男性を精神的に庇護するという意味でankというのはかろうじてアリである。使い所が難しいので状況を間違えると怒られる。
男が女に言う場合、同年代から目下に使うのがふつう。目上には使いづらい。男の言う可愛いはしばしば見た目重視であり、性格は二の次である。女の言う可愛いは性格重視で見た目は二の次である。男が女を可愛いという場合、ふつうは見た目のことを言っているのであり、顔が幼くて整っており、体も幼くて小柄で子供っぽいことを指す。顔が整っていて大人びていれば、またスタイルが良ければ可愛いではなくlantになる。具体的に言えばリディアはankでフルミネアはlantである。位相的に言えばmiliaはankでyunkはlantであることが多い。
なお、性別を度外視すると、一般に目上の人間が目下の人間を庇護したいと思う際にankと言える。可愛い赤ん坊や可愛い後輩というような用法が可能である。
動物は人間より目下に見られているため、男女問わずankと言える。ただしふつうは庇護の対象となるような小型の動物に限られる。虫はアルバザード人はふつう嫌うので、可愛い虫という言い方はふつうしない。言えないこともないが、変人だと思われる。
物に使う場合、可愛い人形のような分かりやすい例だけでなく、可愛い消しゴムなど無機物性の高いものにも使える。しかしこの用法は女性的で、男性はしない。男性は可愛い人形とは言っても可愛い机だの可愛い鉛筆だの可愛い消しゴムだのという言い方は男らしくないとして好まない。
タュナ茣の直訳はankでニXタ茣の直訳はlantだが、実際語法を見るとankはタュナ茣とニXタ茣の両方をカバーし、lantはニXタ茣が表す範囲の一部をカバーする。

azinはankの逆で、そういう庇護の感情が本来湧いてもおかしくない相手のことを気に食わないと思い邪険に思う気持ちのことである。
従ってankと同じく基本的に目上が目下に使う言葉である。
【成句】
ank yut min 女が言う可愛い:眉唾。信じてはいけないものの喩え。女の言う「あの子可愛いから!」ほど信用できないものはないことから。
【用例】
fian ank 可愛い女の子
tuube sergdas et ank yut min da. そんな儲け話は眉唾に決まっている。

ankekko
/ [丁寧][感動詞]ようこそいらっしゃいました
[レベル]2
23

ankok
/ [文末純詞][丁寧]kok
[レベル]2
20:kmiir
[文化]
an(7)

ankolet
/ [代詞][lumir]kolet
[レベル]2
rd;/
23
[文化]
lumir

anlain
/ [代詞][lumir]lain
[レベル]2
rd;/
23
[文化]
lumir

anlaint
/ [代詞][lumir]laint
[レベル]2
rd;/
23
[文化]
lumir

anleent
/ [代詞][lumir]leent
[レベル]2
rd;/
23
[文化]
lumir

anlele
/ [代詞][lumir]lele
[レベル]2
rd;/
23
[文化]
lumir

anlena
/ [代詞][lumir]lena
[レベル]2
rd;/
23
[文化]
lumir

anlenan
/ [代詞][lumir]lenan
[レベル]2
rd;/
23
[文化]
lumir

anlilin
/ [代詞][lumir]lilin
[レベル]2
rd;/
23
[文化]
lumir

anlilis
/ [代詞][lumir]lilis
[レベル]2
rd;/
23
[文化]
lumir

--
/ [約物]mil
[レベル]2

anlinoa
/ [文末純詞][丁寧]linoa
[レベル]2
22

anluan
/ [代詞][lumir]luan
[レベル]2
rd;/
23
[文化]
lumir

anluant
/ [代詞][lumir]luant
[レベル]2
rd;/
23
[文化]
lumir

anlunan
/ [感動詞][丁寧]おかえりなさい、お帰りなさい
[レベル]2
rd;/
23

anmeid
/ [代詞][lumir][丁寧]meid
[レベル]2
rd;/
23
[文化]
lumir

anmeiden
/ [代詞][lumir][丁寧]meiden
[レベル]2
rd;/
23
[文化]
lumir

anmia
/ [文末純詞][丁寧]mia
[レベル]2
20:kmiir
[文化]
an(7)

anmian
/ [文末純詞][rente][丁寧]mian
[レベル]2
20:kmiir
[文化]
an(7)

anmoe
/ [代詞][lumir]moe
[レベル]2
rd;/
23
[文化]
lumir

anmoen
/ [代詞][lumir]moen
[レベル]2
rd;/
23
[文化]
lumir

anna(2)
/ [文末純詞][丁寧]a
[レベル]2
20:kmiir
[文化]
an(7)

annanna
/ [文末純詞][丁寧]nanna
[言葉遊び]これ自体が回文になっている。
[レベル]2
21

annau
/ [文末純詞][rente][丁寧]au
[レベル]2
20:kmiir
[文化]
an(7)

anne
/ [文末純詞][丁寧]e
[レベル]2
20:kmiir
[文化]
an(7)

anneu
/ [文末純詞][rente][丁寧]eu
[レベル]2
20:kmiir
[文化]
an(7)

anneyo
/ [文末純詞][milia][丁寧]eyo
[レベル]2
20:kmiir
[文化]
an(7)

annoan
/ [代詞][lumir]noan
[レベル]2
rd;/
23
[文化]
lumir

annoel
/ [代詞][lumir]noel
[レベル]2
rd;/
23
[文化]
lumir

annon
/ [代詞][lumir]non
[レベル]2
rd;/
23
[文化]
lumir

annotte
/ [代詞][lumir]notte
[レベル]2
rd;/
23
[文化]
lumir

ano
/ [名詞]計画、予定、企画、計略、設計、プラン、企む、企み、企て、案
[動詞]yulを計画する、計画する、企画する、企てる
[天文]アノ座
[レベル]2
13:制:古anknot(誰々のanknot(誰々のアンクノット))
【用例】
lad ano 計画を立てる
pak ano 計画を進める
la anot nos luna atu im kest. 彼は明日ここに来るつもりだった。
an anot nos nond tu im kest. 明日発表するつもりだった。
ano ant ik rek im fis merel. 今日私の計画が台無しになった。
ai, ano ik rek. 結局計画はダメになった。
☆an lad nelt ano sa sool. 私はいつも前もって計画を立てる。
an ladik ano e fel. 勉強の計画を立てた。
an lad van ano e sil. 将来の計画を立てるつもりだ。
an ladik ano e soottook. 今週末の予定を立てた。
an miyu elf tu ano liim yet tin em sod. 大きな問題がない限り、計画を変えるつもりはない。
an ar total enzel lana hain ano. 計画を守るためにできるだけのことをする。

anonna
/ [文末純詞][丁寧]onna
[レベル]2
22

anpasso
/ [丁寧][感動詞]passo
[レベル]2
rd
23

anpent
/ [丁寧][感動詞]pent
[レベル]2
21

anpentant
/ [丁寧][感動詞]pentant
[レベル]2
21

anramma
/ [文末純詞][pikko][丁寧]ramma
[レベル]2
21:eketone
[文化]
an(7)

anrets
/ [感動詞]よろしくお願いします、よろしくお願いいたします、お願いします、おねがいします
[レベル]2
rd;/
23
[語法]
rets

ansanna
/ [文末純詞][mayu][丁寧]sanna
[レベル]2
rd;/
23

anse
/ [電算]アンセ
[レベル]2
19:ans:古:ridia:anxanteから
[文化]
leizen
携帯型万能通信機。テレビ電話もネットも使える。ほとんど腕時計型で、映像は机などに投影できるが、出先でも掌に投影するなど、至れり尽くせりの機能を備えている。機械が嫌いなアルバザード人が好んで使う機械。国民としてのIDもアンセに登録されているため、身分証明にもなる。なお、国籍のない者は持っていないので、アンセの有無で身分がすぐに分かる。

391 アリシアの主導でアンセが開発され、それまでの携帯電話に代わってスマートフォンが普及していく。この時点ではまだ電子ペーパーは普及していない。また、レイゼンに当たるタブレットPCもこの頃にはできていたが、やはり電子ペーパーではなく、四つ折り機能などもまだ実装していない

407 『紫苑の書』の時代ではまだ腕時計型の端末で、機能は制限されていた。アンセはレイゼンの親機で、IDの代わりとして利用できた。アンセに電子ペーパーは必ずしもなく、ホログラムやプロジェクターの機能はない。音楽再生機能はあるが、スピーカーは骨伝導ではなく貼り付け式でもない。2011年における地球と同様。

422 『アルディア』開始の時点では貼り付け式のイヤホンが存在し、画面も電子ペーパーになっている。また現金の使用比率も407年より減っており、アンセの電子マネーによる決済の比率が増えている。

・充電

充電は初期の頃は有線でやっていたが、ljには非接触式の充電器に取って代わった。充電は主に寝ている間などに行う。
【用例】
ev gil al anse アンセに金を補充する
anse ar ixta アンセが画像を映す
ixta t'anse es ar アンセの画像が映っている

anseere
/ [丁寧][感動詞]seere
[レベル]2
21

anseeretis
/ [丁寧][感動詞]seeretis
[レベル]2
21

ansegil
/ [経済]アンセの電子マネー
[レベル]2
19:ridia:arbaxelt
[文化]
gil

ansei
/ [文末純詞][丁寧]sei
[レベル]2
20:kmiir
[文化]
an(7)

ansent
/ [丁寧][感動詞]sent
[レベル]2
21

ansentant
/ [丁寧][感動詞]sentant
[レベル]2
21

ansete
/ [文末純詞][rente][丁寧]sete
[レベル]2
20:kmiir
[文化]
an(7)

ansiel
/ [rente][代詞]あちらの方、あの方、あのお方、アンシエール→luapia
[レベル]2
[アクセント]ansiEl
22:kmiir;an(丁寧)/siel(空→遠くの人→距離をおくことで丁寧さを)

ansiett
/ [rente][代詞]あちらの方の、あの方の、アンシエット→luapia
[アクセント]ansiEtt
[レベル]2
22:kmiir;ansiel/te

ansiina
/ [文末純詞][丁寧]siina
[レベル]2
20:kmiir
[文化]
an(7)

ansin
/ [文末純詞][丁寧]sin
[レベル]2
20:kmiir
[文化]
an(7)

ansivan
/ [文末純詞][pikko][丁寧]sei
[レベル]2
22

ansoa
/ [感動詞]やった、やったー
[類義語]hwa
[レベル]2
tm;an/so/a「私はしたぞ」
古:tisoaと同原理。
[語法]
自分で努力したことに対して使う。「今日のごはんはハンバーグよ」「やったー」のように自分の行動と関係がない場合の「やったー」にはhwaを使う。

ansoono
/ [丁寧][感動詞]soono
[レベル]2
rd;/
23

ansoonoyun
/ [丁寧][感動詞]soonoyun
[レベル]2
21

anteere
/ [丁寧][感動詞]teere
[レベル]2
rd;/
23

antelet
/ [代詞][lumir]telet
[レベル]2
rd;/
23
[文化]
lumir

antelul
/ [代詞][lumir]telul
[レベル]2
rd;/
23
[文化]
lumir

anteo
/ [感動詞]私が悪かった
[動詞]yulに謝罪する、謝罪する、謝る、あやまる、詫びる、わびる、侘びる
[レベル]2
19:melidia alis:古:andeteo。deが肯定の繋辞だったが、今では逆意なので、deを取った。
[語法]
→vant
vantantにはI’M,SORRYのように「悪い目に合わせてすまなかったね、かわいそうに。それにしても運が悪かったね」というニュアンスがあるが、anteoは「私が悪く、責任は全て私にある。あなたは被害者だ」というニュアンスを持つ。事態の大小は問わない。よほど自分が悪いと思わなければこの謝罪は言わない。フランス人がデゾレと言うくらい頻度が低い。

anter
/ [文末純詞][丁寧]ter
[レベル]2
20:kmiir
[文化]
an(7)

antisee
/ [文末純詞][丁寧]tisee
[レベル]2
20:kmiir
[文化]
an(7)

antisoa
/ [丁寧][感動詞]おめでとうございます
[レベル]2
23

antisoono
/ [丁寧][感動詞]ご機嫌いかが、ご機嫌いかがですか
[レベル]2
23

antisse
/ [文末純詞][rente][丁寧]tisse
[レベル]2
20:kmiir
[文化]
an(7)

antissen
/ [文末純詞][yunk][丁寧]tissen
[レベル]2
21:kmiir?
[文化]
an(7)

anto
/ [生物]下腿
[反意語]tolk
[レベル]2
22:al/tolk

antua
/ [丁寧][感動詞]どうぞ、はいどうぞ
[レベル]2
rd;/
23

antuan
/ [代詞][lumir]tuan
[レベル]2
rd;/
23
[文化]
lumir

antutu
/ [代詞][lumir]tutu
[レベル]2
rd;/
23
[文化]
lumir

antutul
/ [代詞][lumir]tutul
[レベル]2
rd;/
23
[文化]
lumir

antyu
/ [代詞][lumir]tyu
[レベル]2
rd;/
23
[文化]
lumir

anv
/ [名詞]ペットボトル、プラスチックボトル
[化学]ポリエチレンテレフタレート(ボトルでなく物質として)
[レベル]2
14:制:anzvael(プラスチックのボトル)

anvant
/ [丁寧][感動詞]vant
[レベル]2
21

anvantant
/ [丁寧][感動詞]vantant
[レベル]2
21

anx
/ [動詞]yulをlexという名で呼ぶ、呼ぶ
[レベル]2
14:制:恣意 参考:古:nee
[語法]
呼びつける、来させるの意味ではない。
[文化]
apt
【用例】
anx nos lex t tと名乗る
el anx ridia lex yutia. リディアはユティアと呼ばれる。

anxa(2)
/ [文末純詞][丁寧]xa
[レベル]2
rd;/
23
【用例】
waa, xan anxa! jan et lant im tur anne. pin tant et sort tinka. わぁ、本当ですね! 今、空が綺麗でした。外すごく寒いですけど。

anxal
/ [地名]アンシャル
[レベル]2
fv;e
古:anxalは古ではanxalとanxilの区別がないので西洋も表わしていた。幼少時リディアはこの地域に住んでいたため、西洋を「an(私)/xal(存在)」という語源。即ち「私がいるところ」という原義で名付けた。対になるinsaalにはanxalの対となるようにきちんとaaという長音が含まれている。
[文化]
アルカット大陸西部。メティオ以西。アルバザードが含まれる。

anxan
/ [文末純詞][丁寧]xan
[レベル]2
rd;/
23

anxante(2)
/ [丁寧][感動詞]あのう、あの、すみません、どうもすみません、お尋ねしてもよろしいですか、ちょっとよろしいですか
[類義語]xante
[レベル]2
rd;an/xante
23

anxatta
/ [文末純詞][pikko][丁寧]kok
[レベル]2
22

anxe
/ [代詞]何か、なにか、なんか
[反意語]lenxe
[レベル]2
21:南方語からの輸入。否定のan/xe

anxelien
/ [代詞][lumir][丁寧]xelien
[レベル]2
rd;/
23
[文化]
lumir

anxelis
/ [代詞][lumir][丁寧]xelis
[レベル]2
rd;/
23
[文化]
lumir

anxenoan
/ [代詞][lumir]xenoan
[レベル]2
rd;/
23
[文化]
lumir

anxenon
/ [代詞][lumir]xenon
[レベル]2
rd;/
23
[文化]
lumir

anxian(2)
/ [代詞][lumir]xian
[レベル]2
rd;/
23
[文化]
lumir

anxiant(2)
/ [代詞][lumir]xiant
[レベル]2
rd;/
23
[文化]
lumir

anxidia
/ [丁寧][感動詞]おやすみなさい
[レベル]2
23

anxii
/ [文末純詞][丁寧][yunk]tuuyu
[類義語]tuuyu
[レベル]2
20:kmiir:an(丁寧)/xiit
[文化]
an(7)

anxiima
/ [文末純詞][丁寧][mayu]xiima
[レベル]2
rd;/
23

anxiiz
/ [建築]アンシーズ教会
[経済]50ソルト玉
[アクセント]Anxiiz、anXiiz
[レベル]2
21:ridia:an/xiit
[文化]
→anfan
rtに建てられた国内最大の教会で、所在地はarvette。

anxiyu
/ [丁寧][感動詞]xiyu、了解しました、分かりました、わかりました、了解いたしました、了解致しました、かしこまりました、承知しました、承知いたしました、承知致しました
[レベル]2
rd;/
23

anxo
/ [感動詞][rente]よいしょ、よっこいしょ
[レベル]2

[語法]
akkonxo

anyuna
/ [代詞][lumir]yuna
[レベル]2
rd;/
23
[文化]
lumir

anyunol
/ [代詞][lumir]yunol
[レベル]2
rd;/
23
[文化]
lumir

anz
/ [化学]プラスチック、合成樹脂
[レベル]2
古:語源不詳
[語法]
合成樹脂、プラスチック、ビニールの語法は日本語と同じ。ビニール袋などの軟質プラスチックのことはそのままemsという。プラスチックanzといえば、固いバケツなどのことを指す。合成樹脂kopgenはanzのことなのに、アルバザード人は何のことだかよく分かっていない。
[文化]
アルティルでジンティ=アルテームスが開発し、アルマット社が販売した。

aokkonxo
/ [感動詞]よいしょ
[レベル]2

[語法]
akkonxo

ap
/ [名詞]おまけ、付属、トッピング、アペンディクス、付け足し→galen
[料理]アイスやピザなどのトッピング、本来入れるべき調味料に加える隠し味、添加物
[名詞]追伸
[動詞]yulをaに付け加える、付け加える、加える
[形容詞]付け足しの
[副詞]ついでに、ついで
[文頭純詞]ちなみに、因みに、なお、尚
[類義語]op、galen
[レベル]2
rd;↓
13:制:sorn:apdas(余分なもの)
【用例】
xoi ap おまけの味

apa
/ [名詞]記号、印、符号、家紋、紋章、マーク、ロゴ、象徴、シンボル、合図(ジェスチャーとしての記号)、手振り、キュー、イコン、コード、符丁、符号、浮標
[言語]シーニュ
[類義語]dolt、istol
[レベル]2
13:制:api
[語法]
apaはマークや記号のこと。doltは目印のこと。

apat
/ [名詞]合図、号令
[レベル]2
16:制:apa
【用例】
fit apat 合図を出す

ape
/ [名詞]旗、フラッグ、ペナント、バナー
[運動]ゴルフのバナー
[類義語]flior
[レベル]2
13:制:apaabe(記号の布)から
::lu flior(角形は男性)

apen
/ [感動詞][形容詞]あきれた、バカバカしい、馬鹿馬鹿しい、ばかばかしい、馬鹿げた、笑止千万な
[名詞]呆れ
[副詞]呆れて
[レベル]2
古:後悔のエクスプローダーの女性形penから。自分に対する後悔から事態に対する落胆へと意味が変わっていった。後悔の意味では男子はpeといったが、事態に対する落胆という新しい意味においては男子もpenといった。
【用例】
an na apen a ti sot gaato. 君がそんなことをしたなんて呆れるよ。

apia
/ [動詞]yulをaに示す、示す、象徴する、意味する、意図する、指示する、指定する、導く
[数学]導く
[言語]人称
[レベル]2
f;e
赤:意味
【用例】
imelhara apia pitmlevn. 黄疸は肝臓病を意味する。

apl
/ [交通]船、船舶
[レベル]2
rd;apalan.xik
13:制:古:apalan(海の乗り物)
apalan:apalan:lu rekia(→pan)
[文化]
jamp
【用例】
koa al apl 船に乗る、乗船する

aples
/ [植物]杏、アプリコット、アンズ、あんず
[レベル]2
fv;↓
lakta:duurgatt(月の実)またはaples。aplesが一般的。
[文化]
果実酒の材料としてよく用いられ、直接食べることは少ない。

apopo
/ [擬音]ぷるるるる、プルルル。ブザーの音、電話の呼出音など。
[レベル]2
19:リディアの書

apot
/ [格詞]中へ
[レベル]2
19
【用例】
lat gek apot kov 箱の中にボールを入れる
sain wik seer e vik, altina lator apot fara. 男が静かに頷くと、少年は暖炉の中に入っていった。

appel
/ [名詞]ふち、へり、縁、淵、きわ、際、はじ、端、は、リム。コップのふちなど
[軍事]リム。銃弾のリム。
[類義語]looz
[レベル]2
fv;<>ap
古:apと関連性あり?
【成句】
sain er kaen appel e pap コップのふちの水を確認する:見切りをつける。もうこれ以上は無理だと見切ること。

apx
/ [名詞]グラフ、表
[レベル]2
14:制:sad:alpax(数の図)
【用例】
rans kon apx 図で説明する
leis apx グラフを描く

arak
/ [格詞]〜の向こう側へ、〜の向こうへ
[レベル]2
22

arbalei
/ [言語]アルバザード方言、アルバレイ、幻国方言
[レベル]2
20
[文化]
国際語となっている世界最大の言語。rdで作られたアルカをそのまま受け継ぐもので、あらゆる方言の中で最も純度が高い。

arban
/ [名詞]アルバザード人
[レベル]2

[文化]
・概要

トール人と世界各国の人種の混血。分布は主にアルバザード。世界一の経済力を誇るため、国外に去る人より外国から来る人のほうが多い。
混血率が高いため、免疫に優れ、容姿にも優れている。基本的にはトール人なので、華奢で腕力が弱く、細身で中背。フレティス人より小柄。混血化が進んでいるため、同じトール人でも、アルバザード人のほうが大抵ケートイア人より大きい。
アルバザードの男子平均は136lm, 50b(170cm62.5kg)。女子平均は128lm, 40b(160cm50kg)。ケートイア人より1cmわずかに大きい。
アルバザード人はしばしばフランス人に似るが、国民全体が粗食なため、現在のフランス人ほどには大きくない(数十年前のフランス人と同じ体格)。
フランス人は現在平均176cmだそうだが、それはないだろう。実際そんなに大きくなかった。黒人とゲルマン人で平均値を底上げしているからだろう。恐らくフランス人自体は今でもアルバザード人と大差ないはずだ。

・合理主義

事実上smからアルバザードが始まる。このときルティアは魔法、メティオは魔物、その後アルティアは武士という強みをそれぞれ持つようになるが、アルバザードだけはこれといったものがないのが弱みであった。
持たざる者であったアルバザードは征服されまいというハングリー精神を発揮し、何とかお家芸を持とうとした。ところが魔法の土壌はないし、魔物の飼いならしもできていない。武士のような遺伝子もない。
そこでアルバザードは学問を重視した。勉強して這い上がるしかなかった。ルティアが学問を嗜みとして行う一方、アルバザードは必死に使える学問を研究した。何よりも役に立つこと、実利に繋がることを必死で追い求めた。
その結果、魔法の素養はルティアに劣るものの、魔法学を大成するに至った。最初はほとんど成果の出なかった魔法学だったが、アルバザードは基礎研究を怠らなかった。基礎研究の先にこそ実利があると信じ、耐え続けた。
それが実ったのがグレアである。ケートイア軍を追い払ったとき、アルバザードは生まれ変わったといってよい。その後アンジェルや錬金術が発展していくと、もはや持たざる国は最強の国に変貌していた。
食うや食わざるやの民にもできるだけ教育を与え、学者を優遇し、貧しくとも学者になれば人生を逆転できる仕組みを社会が支えた。ルティア人が「学問は貴族が受けられる特権のひとつ。平民が学問をやるなど何と生意気な」という社会を構成している横で、アルバザードは万人にチャンスを与え、上から下まで一丸となって頑張り続けた。その苦渋の日々の結果がこれだ。
アルバザード人はこの歴史の過程で合理主義を体得した。体裁よりも実利を取る。芸術よりも実利を取る。まず何においても合理的であることを良しとする国民性はこうして培われた。

arbanixta
/ [企業]アルバニシュタ
[レベル]2
21
[文化]
NHKに相当する企業。

arbaren
/ [言語]古アルバザード語、アルバレン、幻国語。幻語はアルカで幻国語はアルバレン。
[レベル]2
20
[文化]
eldseta

●概要

名称:ar(アルバレン)
系統:アテン超語族ユーマ語族シフェル亜語族リュディア超語派レスティル語派西レスティル語群(atenamat, yuumaemit, xiferfiam, lyudiaifal, lestilxeltem, alaslestiltalk)
使用年代:sm_lj
分布:アルバザード、カレンシアなど
話者:アルバザード人、カレンシア在住の元アルバザード人など。rd以降はaに押され、時代を追うごとに話者が減少。al以降は地方の農村部などにひっそりと残るに留まる
類型:SVO、NA、Pr
認知様式:客観的把握→二重把握:ardの頃に凪霧の影響で変化

レスティルがアルバザードに改名されたため、言語名もそれに合わせて変化したもの。従って基本的にはlsと同じ。

●語順

SVOのみ。
arba fitat heren(アルバ王はリンゴを与えた)

tsunkを使ってイントネーションを変えることでOSVを表すことができる。tsunkの後にはポーズが入る。
heren, arba fitat(リンゴを、アルバ王は与えたのだ)

SOVやVSOなどの語順は表現できない。基本的に英語と同じ。

主格と対格の語尾は失われている。

●修飾

lsと同じNA。
viku le kai(大きな男)
baog he vivi(強く殴る)

●属格の消滅

属格がなくなり、kenoを使うようになった。
lsでできたeはrdに入ると頻度が増えていった。ただしaと違い、eは母音の前でもt'にはならない。

lestil keno daiz(レスティルの王)
non keno hacma(私の勇者様)
daiz e arbazard(アルバザードの王)

●関係詞

lsと同じ。
kaldaiz rom lestil keno daiz kululut(レスティルの王が建てた国)

関係詞節内の前置詞が残存するようになった。
kaldaiz rom mete fiasit kal(メテが生まれた国)

●前置詞

lsと同じくPr。
sou laatot kal arbazard(彼はアルバザードで死んだ)

●連体詞と代名詞

ardで「こ・あ」の二段階に戻る。
連体詞は前置のまま。単語もlsと同じ。ただしtun(これの)とLun(あれの)は属格の消滅とともに消えている。tu keno, Lu kenoとする。

「この、これ」tu
「あの、あれ」Lu
「これの」tu keno
「あれの」Lu keno
「彼」sou
「彼女」luu

男女が分かれている点でアルカと異なる。
遠近では分けないのでluとlaの違いはない。

副詞の一部、reやmiなどもls同様前置。

●数

lsと同じ。ただし10のtoはardではtooになり、23のpararaizも消滅→sidalx

●助動詞(エクスプローダー)

lsの基本語順はSVOだが、助動詞が付くとSOV語順に変わる。
一方arでは助動詞が付いてもSVOのままである。基本語順のSVO化が統語システム全体に広まったと見てよい。

ard_ark(sm_rd)までの間に爆発的に増えた。rdの最初のほうでほぼ出揃っている。副詞と違って動詞の後にheを伴わずに使う。
助動詞の数が増したことで、複数の助動詞をひとつの動詞に繋げる機会が増えた。そのため動詞と助動詞、助動詞と助動詞の間は-で繋ぐ。
an kui-mal heren(私はリンゴが食べたい)

sm後期にかけて二重把握により主観的把握が入ると位相の活発化により、助動詞に男性形と女性形が生まれ出す。たいていの場合、それまでのものが男性形で、女性形が新たにできた。音を弱めて女性形とするものもあれば、malに対するlanのようにltk(lan自体はszd。借入時期がltkという意味)などの外国語から取ることもあった。
non kui-lan heren(私はリンゴが食べたいわ)

●人称代名詞

主観的把握を獲得したものの、爆発的に増えるのはaから。

●敬語

敬語は助動詞に尊敬や謙譲や丁寧を指すものがある。助動詞で示す。
例えば丁寧は男性はVVta、女性はVVnoとなる。動詞がkuiなら直前の幹母音がuなのでuutaないしuunoになる。
non kuit-uuno heren(私はリンゴを食べました)

●疑問文

lsと同じく助動詞のnoを使うが、lsと違って語順がSVOのままになる。
tis kuit-no heren?(君はリンゴを食べたの?)

●否定文

助動詞denを前置。ハイフンなし。
den ketta(行かない)

●命令文

reやmiを使って表す。reやmiも助動詞の仲間なのだが、前置され、ハイフンはいらない。一方、命令の度合いを弱化させるmにはハイフンが必要に。
命令文の表現に関してはfv_lsまで通して変わっていない。arでは助動詞の増加に伴ってreの位置などいくつかの点で変化がある。

fv
命令:re ku(言え)
敬意命令:mi ku re(仰いなさい)
依頼:re ku m(言って)
敬意依頼:mi ku m(仰ってください)
禁止:na ku(言うな)
敬意禁止:mi ku na(仰らないで)
禁止依頼:na ku m(言わないで)
敬意禁止依頼:mi na ku m(仰らないでください)

ar
命令:re ku(言え)
敬意命令:mi re ku(仰いなさい), mi re xante(返事をしてください)
依頼:re ku-m(言って)
敬意依頼:mi ku-m(仰ってください)
禁止:na ku(言うな)
敬意禁止:mi na ku(仰らないで)
禁止依頼:na ku-m(言わないで)
敬意禁止依頼:mi na ku-m(仰らないでください)

●テンスとアスペクト

lsと同じ

●時制の一致

fから通してaと同じシステム

●tie_tun

ker_tuである。
sou kut ker luu kui heren (tu)(彼は彼女がリンゴを食べたと言った)


●舞台裏(音の変遷)

→xalit
一般に言語学的には単語と音では音のほうが変化に時間がかかる。「た」は1500年前でも「た」と発音されていた。
数百年の間に音韻が変化するかどうかは、変化することもあればしないこともあるが正しい。
全言語変化させないと面倒で作らなかっただけの印象を与えるし、全言語変化させると変化させないとサボっている感を指摘されそうで無理に変えた感がある。そこで現実的にはバランスを取って変化させる言語とさせない言語を作るのが良いだろう。
幻字、理字、アルハノン、つまりアルカ、ルティア語、メティオ語については変化させた。一方神は成員が変化しないのでfvは変化なしで、これはむしろ当然。そして変化させない言語としてアルバレンを選択。これはアルフィが実質的な宗主国で神との繋がりの強い言語であったというところから導いた。
ただし響字ができたzgからrdの間まで地球換算で1500年ほどあるのにまったく変化がないのは妙だということで、多少変えた。例えば日本語もほとんどの音が1500年前と変わっていないが、「は」がpからhになったり、母音が減ったりと一応の変化はしている。その程度にはアルバレンも変えたほうがリアルだろう。とはいえ神の問題があるため、位相を作って上方は音を保存させ、庶民は音を保存させず、位相による音の違いというある地域での英語のような造りにした。
とはいえ読者は庶民のほうと上方を個別に覚える必要はなく、日本語で文献上残っているのが貴族の言葉で庶民の言葉がよく分からないのと同じように、文献的な事情から歴史的に確認できるのは当然上方なので、読者としてはfvのつもりでarの音を捉えればよい。つまりaに古子音4を足しただけで考えればよいし、読みも素直に幻字の転写読みでよい。
ほかの言語の音の変化についてはtiaren,arkaなどを参照のこと。

ardel
/ [地名]あの世、冥界、冥府、アルデル
[反意語]lekai
[レベル]2
古:ridia:arteからか。アティーリが原型のころ、アルデは漠然とあの世にいると思われていた。ゆえにあの世をアルデの世界と捉え、arteから名付け、ardelとしたのだろう。そしてtwaayuはその中の一つの場所と捉えられていたのだろう。
[語法][文化]
→lekai
トワーユとラティアの総称。
|約137億年前|armaが爆発し、ardelとlekaiという2つの空間と、arteという存在が生まれる。物理的には初期宇宙(陽子、電子、中性子そして原子核、原子が生成され、それから恒星とクエーサー、銀河、銀河団、超銀河団が形成)。まとめ:アルマは最初のエネルギー、それが存在した無名の空間が最初の空間、最初の存在がアルテで、実体は白い球|

arden
/ [名詞]アルデン。男のエタットのうち、男らしいほう。
[音楽]バリトン
[レベル]2
16:制:ardes
[文化]
典型的には、正々堂々としていて男気にあふれ、正義感があって快活で運動神経の良い男性。

ardes
/ [サール]アルデス。サールの王
[魔法]召喚魔法アルデス。キルセレスを使った居合いの一撃、闇の魔法などを浴びせる。
[レベル]2
mt100'8000(vs):poen;
ridia:古
[文化]
ティクノとポエンの息子。闇を支配する。ダルケスのセレスを得たことによりサールの王となる。黒髪で長くも短くもない男の髪で中肉中背の美青年。剣を帯び、間接部や肩部などに軽く魔法を込めたアーマーを身に付けている。背中にはマントを付けている。白黄混血で力強い男の顔立ちであるものの、全体としては整った美しい顔立ちをしている。情に厚く真面目で、ティクノに似ている。

ardist
/ [名詞]王子、プリンス
[類義語]miler、kohaku
[反意語]letia
[レベル]2
cv;ardes.k
古:ridia:ardesのアプラウトしたものだが、それだけだと聞き間違えると思ったのでtをつけたもの。
ardist:ardist
[語法]
王の息子。通常王位継承権1位を指す。

ardu
/ [エルト]アルドゥ
[名詞]湖
[形容詞]〜湖。前置。
[レベル]2
meltia 16:yuuma;e
ridia:古
[文化]
esta
湖を司るエルト。ユーマとドゥルガの息子。妹と知らずにエスタと結婚した。
アルドゥはドゥルガを受け継いで金髪碧眼の白人系美青年。

aren
/ [名詞]助言、アドバイス、ヒント、注意、注意書き、ノーティス
[レベル]2
19:ridia:arbaxelt:alk/rens
[文化]
勧誘、勧めることと全く同じ原理。おせっかいにならないかどうかが鍵。相手におせっかいだと思われて「なんだせっかく教えてやったのに」とへそを曲げるのは日本人に多いが、アルバザードはしない。もちろん親切のつもりで言っているのを跳ね除けられたのだから嫌な気分はする。だから心中で「もうこいつは助けてやらん」と思うのは半ば当然である。だが、それを表に出して相手に絡むことはない。
【用例】
an melot tu yet man terik aren laat. 彼のアドバイスを聞いて、私は再度考えさせられた。
an haasat ax rens laat. 彼女のアドバイスに従うべきだった。

arfi
/ [地名]アルフィ。神の世界
[レベル]2
17:制:神々の世界
[文化]
カコが終わり、エルトとサールは戦乱の地であるアトラスを去り、自分たちの世界であるアルフィを作った。
作るといっても土地が必要なので、アトラスから土地を取り、それを異次元に送ってアトラスから隔離するという方法だった。
その土地として選ばれたのはセルヴァートのミナカルモ。セルハノイの北、セルアの南にある。
エルトはセルハノイの北、サールはセルアの南から、それぞれ土地を取り、異次元に送った。面積はどちらもアシェルフィ程度である。入り口はセルハノイとセルアにある。
現在ミナカルモのその部分は霧に包まれており、近づくと地面でなく湖になっているように見える。だが湖に入ろうとするとなぜか対岸に出てしまう。これは時空が歪んでいるため。
互いにミナカルモに国を作ったため、ミナカルモの中央に境界線があり、不可侵となっている。だがrdの後、境界線は外された。
アルフィはアトラスの土地であるため、あくまでアトラスの存在する次元から見て少し軸のずれた次元に存在しているだけである。
人間や動物は勝手に入れないものの、完全にアトラスと分離してはいない。あくまでアトラスの土地なので、完全に分離することはできない。
そのため、アルフィとアトラスの間には「次元の糸」というのが何本も通っており、これでかろうじて繋がっている。「次元の糸」は、ピザの一切れを持ち上げたときのチーズとか、シールを剥がしたときの糊の糸みたいなものを想像さればよい。
次元の糸はアレットの数だけある。アレットには現在カルテンがある。よってカルテンはアルフィのどこかと繋がっている。それは例えばアルデスの家に通じているかもしれない。
アルフィを作る際、裏切りを防ぐために神々は互いの国にデスパをかけることで合意した。悪魔に放ったものとは異なり、人でなく土地にかけた。
だがアルフィは次元の糸で繋ぐ必要があるため、悪魔にかけたデスパほど天網恢恢ではなかった。そのため、メルテナでは召喚士が生まれることとなる。

arit
/ [名詞]清涼飲料水、ジュース
[類義語]ane
[反意語]rit
[レベル]2
tm;al/rit「アルコールを含まない」
23

arj
/ [生物]人差し指、示指
[レベル]2
19:artji(魔法の指)。魔法使いが人に魔法をかけるときに人差し指で相手を指すことから。なお、黒魔法などは手を開いて打つことがある。指を指すのは眠らせるなど、補助魔法が多い。
jiji:

ark
/ [動詞]yulをaに繋ぐ、繋ぐ、繋げる、つなぐ、つなげる
[名詞]連結、リンク、連続、ジョイント
[化学]結合
[生物]接合
[電算]リンク
[音楽]スラー
[レベル]2
zg;arka,f.l
14:制:古:arkaから
arka:ark::arika,alt

arkaest
/ [言語]アルカ名、霊名
[レベル]2
14:制:アルカの名前
[文化]
アルカで付けられた名前のこと。セレン、リディアなどはこれに当たる。セレンのように母語での名前とまったく異なるタイプ、リディアのように母語の名前の音をアルカ風に変化させてアルカの音象徴で意味を持たせたタイプ、リーザのように母語の名前をそのままアルカの名前として用いたタイプ、ラルドゥラのようにアシェット関連の人名を継承したタイプ、ルシアのように既にあるアルカの単語をそのまま人名にしたタイプ、母語での名前を訳したタイプなど、いくつか種類がある。

arkan
/ アルカユーザー、アルカ話者、アルカ使い、幻語話者
[レベル]2
19

arkans
/ [地名]アルカンス
[名詞]じゃんけん
[形容詞]トリオの
[音楽]トリオ→vilem
[組み数字]3
[レベル]2

[文化]
<アルカンスの三人>
アルバザード北東部にあるラヴァス勃発および終結の土地。アルマが凝縮されている。ミダンとヴェンシートを失ったヴァルテが我を忘れて全力で雷の魔法を撃ったとき、そこにあったサリュが避雷針のようにヴィルを吸収し、大量のアルマに置換して蓄えたもの。ヴァルテがサリュを破壊したため、アルマはアルカンスの土地全体に染み渡り、土地そのものにアルマが大量に停滞した。
メルテナの時代、ユーマ8000年ごろにアルカンスを有力な3人の人間が奪いあった。エルト信者のslea、テームス信者のbcia、サール信者のtreaの3人である。sleaはbciaの弱点を知っていたが、treaのは知らず、bciaはtreaのは知っていたがsleaのは知らず、treaはsleaのは知っていたがbciaのは知らなかったため、三つ巴のまま決着が付かなかった。
<じゃんけん>
古アルカにもこのまま存在した遊び。掛け声、登場人物、手の種類など、何から何までメルとクミールが作ったもの。7年ごろのことで、原型はもはや不明だが、わりと早く広まった。
「じゃんけん」に当たる遊びで、物事の決着を付けるときの公平な手段として、子供の遊びを超えて広く使われる。3種類の手の形で勝敗を決める。
やり方はまず、片方の拳(ふつう右手)を差し出す。このとき甲は上を向き、親指は伸ばしておく。すると自然と親指は左に向かって伸びているはずだ。次に「ar」といって手を一度上下させる。次に「kans」といって手を動かす準備をし、最後に「ant!」といって2種類の内から1つ手を選んで出す。掛け声は"arkans ant"で、意味は「私のアルカンス(=アルカンスは私のものだ)」ある。
出した手によって勝敗が決まる。掛け声を言う時点の拳を掛け声が終わったと同時に上に向ければエルトを示す(エルトは天界に住むから)ので信者sleaを示す。逆に、手を下に向ければサールを意味する(サールは地界に住むから)ので信者treaを示す。また、伸ばしていた親指を引っ込めればテームス信者のbceaを示す。後はアルカンスの伝説通り、sleaはbceaに勝ち、bceaはtreaに勝ち、treaはsleaに勝つというルールである。
尚、掛け声が終わっても手を変えなければ、手がないということで負けとなる。また、3種の手が同時に出るか全員が同じ手のときはあいことし、もう一度同じことを繰り返す。但し、親を決めた場合はその親に勝てなければ負けであるから、あいこは親と同じ手のときしかありえない。
<便利なアルカンス>
ところでアルカンスはじゃんけんより優れていると評されている。まず、手の形がじゃんけんより覚えやすく、その上じゃんけんより後出しがしにくく公平であるためである。
それまでのアシェットは勝敗を決めるときはコイン投げが有力だったが、コインがなくてもできる上に一度に複数を相手できるという便利さからアルカンスが生まれるとすぐにそちらに変わった。コイン投げは投げた後に裏か表かを言っていたが、複数人集まると互いの声がかき消されてどちらにかけたか分からなくなるという問題があったため、勝負後も手の形が証拠として残るアルカンスは好評だった。
【用例】
☆"ar, kans, ant... molv. son me... ar, kans, ant. ya, tu et ant!"「ア〜ル・カンス・アント。あいこだからもう一回。ア〜ル・カンス・アント。よし、僕の勝ちだ」
☆"lala, tu et tuan"「あら、負けちゃった」

arma
/ [魔法]輝晄、きこう、アルマ
[レベル]2
f;e

arma:arma:lu arma
[文化]
envelen
ユノ、ヴィル、ノアの3つのトリニティとしての概念。ヴィードにおける最強のエネルギーであり、操れる者は滅多にいない。アルマはすべての点においてユノ・ヴィル・ノアより大きな能力を持っている。アルマスト派は特にアルマを万物の根源とみなし、すべてをアルマに帰結させようという思想を持っている。他の派閥はそこまでアルマに重きを置いていないが、それでもアルマを最高のエネルギーと考えている点は変わらない。アルマは強力だが、合成が難しいので絶対量は少ない。
|約137億年前|エネルギーの一種であるarmaが発生し、armaの位置する空間が生まれる。すみやかにarmas(ビッグバン)が起こる(最初期宇宙)|
【成句】
yuno, vir, noa lad arma 三位一体

armaato
/ アルマート
[レベル]2
古:「アルマの匂い」が原義
[文化]
アルマ信者が焚くお香のこと。ルヴァンをするときなどに焚く。独特の匂いがするので、鼻の良い者は服についた匂いからすぐアルマ信者だと分かる。

armast
/ アルマスト派
[レベル]2

[文化]
アルティス教の派閥の1つ。ヴィードのアルマを至上の存在とし、それを得ることによって救われようとする一派。

armatis
/ アルマスト派信者、アルマ信者
[レベル]2
20:armast/lantis

armiva
/ [エルト][サール]アルミヴァの十二神
[名詞]干支
[組み数字]12
[レベル]2
古:armiva←arte/miva。原義は「神の子」。marteと原義は同じ。但しarmivaの神はエルトとサールだけを意味する。
[文化]
エルトとサールの破片から生まれた十二人の神。六人ずつに分かれる。時間や十二方位に彼らの名か略称が使われる。十二時から順にコノーテ、セイネルス、ティーテル、ポエン、ネルメス、クレーヴェル、カルザス、ヴァルファント、ヴァルゾン、ティクノ、フェンゼル、ネブラである。
エルトとサールは互いにいがみ合いながらも数を増やしていく。こうして神の二大派閥がアトラスで形成されていく。こうして一派はエルトと呼ばれ、もう一派はサールと呼ばれ、両者の神々はまとめてアルデと呼ばれるようになった。
<誕生の経緯>
サールの死後、四散したサールの体の欠片が独立したセレスを持ちだした。サールの頭は竜王ティクノになり、右手はライオン・鷹・大蛇を混ぜたキメラのヴァルゾンになり、左手は獣王ポエンになり、右足は黒豹に姿を変える残酷王フェンゼルに、左足は駿馬ネルメスに、残った胴体は剣を帯びた幼女の姿をしたティーテルになった。
サールが大穴に身を投げた頃、エルトはサールを許し、サールを探してセルヴァートにいった。しかしそのとき既にサールは死んでいた。間に合わなかったエルトは絶望すると、セルヴァートに高い塔を建て、その頂上で死んだ。
エルトが死んで暫くすると、ヴァルゾンが塔の上でエルトの死体を食いちぎった。四散したエルトの体は独立したセレスを持つと、頭は剣士ヴァルファントになり、右手は生きた神剣セイネルス、左手は悪心カルザスに、右足は太陽神クレーヴェルに、左足は善心コノーテに、そして胴体は少年ネブラになった
二人から生まれた新たなセレスは互いに相反する力が原因で、対立しはじめるようになった。だが彼らは数が少ないため、互いに交わり子を作っていった。こうして新たなセレスが増殖していった。しかし、時を重ねるごとにサールの血が濃いものとエルトの血が濃いものとの間に目覚しい対立が起こっていった。サール側に属するものは自らをサールの一族と呼び、エルトのそれは同じくエルトの一族を称した。神々は霊界の様々なものを支配していった。植物や物質のみならず、この世に生まれた様々な動物までをも支配していった。

armivamem
/ [組み数字]アルミヴァサークル
[レベル]2
21
[文化]
rapalx

armivaregalkant
/ [音楽]アルミヴァの覚え歌
[レベル]2
22
[文化]
制アルカ時代に作られたアルミヴァと方位の覚え歌。22年に作り直された。

・歌詞

yuu konoote kon xiar
ko seinels sei axti-xiar
ta tiitel tel xiar-axti
vi poen pen axti
val nermes mes fleu-axti
lin kleevel lev axti-fleu
kis kalzas kal fleu
nol varfant fan alas-fleu
ten varzon vaz fleu-alas
los tikno tik alas
on fenzel fez xiar-alas
onko nebra neb alas-xiar

al armiva

arn
/ [被服]外套、コート、オーバーコート、ロングコート
[レベル]2
kk;↓
13:制:arxenim(アルシェの色=アルシェ風の)
*:arn
【用例】
an sedat sae it arn. コートの雪を払った。

arnafelka
/ [ランドマーク]アルナ学校
[類義語]kardinal
[レベル]2
20
[文化]
→leznant
セルメルで99imにフェリウス=クレティスによって建てられた学校。世界最古の学校である。アルバ二世の協力の下なので王立学校である。
rdで大学部・高等部・中等部・小等部に分かれる。ミロク革命で3456制に再編される。このうち6年制の大学部が現在のアルナ大学である。

arnafian
/ [ランドマーク]アルナ中学、アルナ学校中等部
[類義語]kardinal
[レベル]2
21

arnahaim
/ [地名]アルナ市
[レベル]2
22

arnalaz
/ [ランドマーク]アルナ高校、アルナ学校高等部
[類義語]kardinal
[レベル]2
21

arnamana
/ [ランドマーク]アルナ大学、アルナ学校大学部、アルナ高校、アルナ前期大学
[類義語]kardinal
[レベル]2
19:melidia alis
[文化]
→arnafelka

・概要

アルバザード国における最高峰の大学。日本でいう東大。ならびに、世界一の難関大学でもある。ミロク=ユティアなど、数々の偉人を輩出している。ユーレ=アルフィーネなど、天才留学生も多い。所在地は中央アルナ市コノーテ通りメル通り。結果的にアシェットで最も知能の高かったメルを敬愛する形となっている。西門はコノーテ通りに面している。

・制服

smで制服ができる。15歳以上が灰のローブで、それ以下が茶のローブ。
vlでセーラー服と詰襟に。
革命でアルティス教のルフィとラーサに。男子は夏が白で冬が黒。女子は通年ピンクか水色(好きなほうを選択。yunkとmiliaはたいていピンクを選ぶ)。

350年にセーラー服と詰襟が復古。詰襟はスーツに姿を変えて復古した。

女子はセーラー。夏は上が白。冬は上が黒。スカートは通年黒。
襟のラインは3本白。襟は名古屋や関西の切れ長のものでなく、関東に多い短めのもの。
スカーフは黒で、三角タイ。ネクタイ止めは有りで、ここにスカーフを通して垂らす一般的なタイプ。スカーフのほうが上着より黒の度合いが強い。
胸元には校章の四面秋桜(kardinal t'arxiel。コスモスの花が東西南北に鏡写しになって絡まっているもの。rdででき、賢者リディアを象徴する)。
スカートはプリーツ。丈は膝が隠れる程度。歩くとわずかに膝が覗くのがポイント。
ソックスは夏が白で冬が黒。

男子は青みがかったスーツ。ウェストコートはなく、下はワイシャツと肌着のみ。下半身はスラックス。スーツはシングル3つボタンで、一番下はかけない。
ネクタイは青黒がかった灰。ベルトは牛革。ベルトとネクタイに校章。

学年によって色が異なる。
小学生はルフィとラーサのみ。色相は同じで彩度が濃い。
中学生も同様だが、彩度が減る。
高校生になるとまた彩度が減り、前期大学と同じ彩度に。そして高校と前期大学のみセーラーとスーツが適用される。
高校はセーラーとスーツのタイが濃紺。前期大学は上記のとおり。

なお、後期大学と8組に制服は適応されない。

350年の導入の際、反対派は保守派で構成され、保守派は成績上位者に多く、数が少なかった。
新制服は任意だったため、1,7,14組は結束して新制服を着用しなかった。これが後に慣習となり、これのクラスの人間のみルフィとラーサを着るようになる(セーラーを自主的に着る人もいる)。レインの時代では上位クラスを示す服装がルフィとラーサであり、下位クラスは暗黙の了解で着ないことになっている。


・クラス編成

1学年1〜14組まで。dia_serの名で呼ぶ。クラスごとに特色がある。
1組が最高。7,14が次いで文理の特進。
9,13の一芸は落ちこぼれの婉曲な言い方。極端に一教科だけできるが他は何もできない人材にこそ天才の芽があるかもしれないという名目で存在するが、実際には留年予備軍が多い。
心理は日本と異なり理系。医学に入る。
教育課程はそれぞれのクラスが後期大学から取れる。それぞれの学科のプロフェッショナル教員を養うためのシステム。

1:文理総合特進
2:農学・生物・生命
3:体育
4:経済・経営
5:史学・哲学
6:工学
7:理系特進
8:異能
9:理系一芸
10:法学・政治
11:芸術・家政
12:医学・薬学・心理
13:文系一芸
14:文系特進

・王族

基本的に王族(皇族)はfelixiaへ進学するが、特に勉学に身を入れたいということであればアルナ大へ行くこともある。ただし実力が伴わないと入学できない。女子はアルナ大へ入れる学力があってもエルフィーネやフェリシアを選ぶこともままある。

arnamanan
/ [名詞]アルナ大生
[レベル]2
21

arnant
/ [言語][文字]幻京書体
[レベル]2
21:arna。アルナでできたため。
[語法]
書き順はsのみ夕月と異なる。arnantのsは上から下に下ろす。アルファベットと同じ形の字はアルファベットと同じ書き順なので安心してよい。

arnatina
/ [ランドマーク]アルナ小学、アルナ学校小等部、アルナ学校幼等部、アルナ幼稚園、アルナ保育園
[類義語]kardinal
[レベル]2
22

arnet
/ [名詞]アルネット
[レベル]2
20:arzon/te
[文化]
freint

arp
/ [名詞]ホチキス、ホッチキス
[レベル]2
16:制:ark/pind
【用例】
ark kon arp ホチキスで止める
arp lankhal e semas 書類の左隅にホチキスをかける

art
/ [魔法]西洋魔法、魔道、アルト、魔法、マジック、ソーサリー、ウィザードリィ、ウィザードリー、魔女術、魔女宗
[受動名詞]放った魔法
[動詞]yulの魔法をaに撃つ、撃つ、かける
[動詞][卑語]yul(女)を孕ませてaを産ませる、孕む、妊娠する:10:zana
[名詞][形容詞]ヴィードを伴う、魔法、魔法の、魔法を使った
[形容詞][副詞]ものすごく、とてつもなく、異常に、異様に:程度はtinkaと同じ。そこに驚きの気持ちが足されている。従ってtinka/nikの意味。
[反意語]flam
[レベル]2
rd:ridia;art,f.hem
古:aは魔法、rは魔力、tは不思議な力。
art:art:la rudis:sian,alt
[語法]
lusia
広義ではviidの持つ「ヴィードを伴った」という語義にもなる。virはdolmiyuにおいてviidの代表的な存在であったため。
[文化]
→knoosenvi、dolmiyu
西洋魔法体系のこと。厳密な魔法の総称はlusiaだが、アルバザード人は通常「魔法」というとartを使う。正しい和訳は「魔道」か「西洋魔法」で、artanは「魔導師」。

<オーディン時代における人々の魔法の力>

rdのころは日常魔法は使えても魔導師というほどのレベルでないというのが一般的な人だった。魔法の力は個人差が大きく、強い人は昔の魔導師並みに使うことができた。主に3,2遺伝子を持った人間は魔法に疎かった。
rdの場合、魔法が一切使えないというほどの人はまだ少なかった。サッカーや野球は殆どの人がやろうと思えばやることはできるが、プロの選手とは歴然とした差がある。それと当時の魔法はよく似ている。魔導師と呼べるレベルの人は要はプロの選手と同じようなもので、歴然とした力の差があった。かといってサッカー自体をすることは子供でもできるように、日常魔法程度なら大抵の人は使うことができた。

<ナディア以降>

nd以降、魔法は急激に失われていった。
rt以降、魔法は一般人の間では殆どの場合架空ではないかと考えられていた。ただし魔導師たちが歴史を動かしていた時代だったので、魔法の存在を完全に否定するのは難しく、殆どの人は魔法を架空ないし一部の限られた人間にしか使えないものと考えていた。このスタンスは現代でも変わっていない。国家自体、召喚省がありながらも魔法の存在については見解を出さないという対応をしている。一方、神の存在については実在であると主張しているが、大手を振って主張しているわけでなく、召喚省の発表の中であまり目立たないように主張されている。その裏には面倒な物議を避けたいという思惑があり、魔法や神の存在について国家側は積極的に議論をする気がないというスタンスを取っている。

【用例】
ti yol sen em art im xe aluutel ol ti tolx tu xalel. 練習を重ねれば、いつかきっと魔法が使えるようになる。
volt alem kon eld. tu et art alka l'ans yol sen lot tu fia da. 言葉で心を表現する。それが私たちが使える世界で一番強い魔法だ(seren arbazard)

artan
/ [魔法][ジョブ]魔導師(正式)、魔法使い、魔術師、魔導師、魔女
[名詞]極めて頭の良い人
[俗語]童貞、処女、魔法使い、僧侶
[名詞]アシェットにおいてメル・リュウ・リディア・ピネナを指す。これにファーヴァを加えることもある。
[シェルト]魔駒(色駒と扉駒を区別しない言い方で、ウィザードを魔法使いと訳したところから取った)
[レベル]2
tm;/

[語法][文化]
→beel

・男女比率

一般に男性が女性より筋肉が逞しいのと同じく、男性は女性より一般的にユノが強く、ヴィルが弱い。つまり女性のほうが男性よりも魔法使いに向いている。しかしその差は個人差が大きく、筋肉量の差ほど明瞭ではない。女性並みに魔力の強い弾性も大勢いる。ただその場合、えてしてその男性は女性的な人格や体格をしていることが多く、ほっそりしていて物腰が柔らかく知的で病弱で筋肉が弱く女性的であるということが多い。
魔法使いはヴィルの量の問題で、女性のほうが多い。しかし上で述べたように男性魔道士も存在する。

・黒魔道士と白魔道士

魔法使いを黒魔道士と白魔道士に分けると、顕著に男女差が現れる。黒魔道士は男性が多く、白魔道士は女性が多い。
これは元々の素質というよりも、学生時代の進学コース選択において男性が黒魔法を習得しがちで女性が白魔法を習得しがちだったためである。白魔道士は前線にも出るが陣営でメディックとして働くことも多く、出産や生理がある女性にとってはメディックは働きやすい環境であったため、白魔法を履修する女性が多かったためである。
この結果、白魔道士は女っぽいというイメージが定着し、黒魔道士に男性が偏るようになり、黒魔道士と白魔道士の間で男女差が現れた。
むろん、男性でも有能な白魔道士は存在するし、女性でも強力な黒魔道士が存在する。白魔法と黒魔法のどちらに適正があるかは個人差があり、明らかにどちらかに向いているというのが進学前に分かっている場合は、女性でも黒魔道士を目指すということがよくある。
その顕著な例がrdのリディアであろう。リディアは人類最強の魔法使いとして君臨したが、彼女は白魔法はほとんど使えず、黒魔法のプロフェッショナルであった。このように、就職先の関係で白魔法を選ぶ女性が多い中、自らの特性を活かして黒魔道士としての才能を存分に発揮したリディアのような例もあり、一概に男性が黒魔道士で女性が白魔道士ということはいえない。が、傾向として男性には黒魔道士が多く、女性には白魔道士が多いということは言える。
なお、そもそも男性は魔法使いの比率よりも戦士の比率のほうが多いので、上記の説明でいくと、男性で魔法使いで白魔道士というのが最も数が少ないことになる。212年現在でいえば、男の看護師と同じくらいレアなのではなかろうか。

・賢い人という意味のartan

古アルカからリュウ・メル・リディアがウィザードと呼ばれていた。以降ファーヴァを足したが、結局アシェットの討議によりウィザードはメルとリュウを筆頭にリディアをおまけとして追加したものになった。逆に、それまでソーンの人間は加えていなかったが、和平以後はピネナを加えた。正しい和訳は「魔導師」。
【成句】
artan em ifi sa arzon. 魔法使いは杖より先に老いる:少年老い易く学成り難し

artelas
/ [非言語]アルテのジェスチャー
[レベル]2
21
[文化]
人差し指を鉤状にする。祈るときに使う。

artis
/ [宗教]アルティス教、月教
[レベル]2
ridia:古:古:artis。artの部分はarte。月教の訳は宣教師をsorxerent(月の使者)と呼ぶことから。
[文化]
アルテやテームス崇拝を通して彼らから力を賜ろうとすることを目的とした多神教。アレイユにおける世界最大の宗教。派閥がいくつも存在する。大派閥にはアルテを重んじるアルシオン派と、テームスを重んじる悪魔崇拝のヴァルテス派と、アルマを至上の存在として重視するアルマスト派がある。中でもアルシオン派は最大規模の派閥であり、『ミールの書』のミールや『紫苑の書』のレインもアルシオン派である。

artist
/ [宗教]アルティス教徒
[レベル]2
20:artis:lantis

aruuj
/ [親族]弟
[反意語]alser
[アクセント]Aruuj
[レベル]2
18:制:オヴィらに対するルージュ
::lu moe
[語法][文化]
alser

arxe
/ [人名]アルシェ。メテの最後の使徒。第15使徒。
[名詞]団体アルシェ。アルシェという団体。
[名詞]セレンの日本での通り名(10年以降は使っていない)。リディアが英雄アルシェに因んで名付けたセレンの日本での通り名で、13 ful dia現在、セレンはもはやこの名を名乗っていない。
[シェルト]アルシェ側。必ず先手。
[名詞]先手
[組み数字]15/15
[レベル]2
kk
kako:語源不詳。古アルカでの意味は無し。生没年不詳
[文化]
(yuuma 7477:8081(8009:8081))
yuuma 7477 ハーネ、息子のarxeを授かる
メテの最後の使徒。第15使徒。入った順番でなく、単に最も活躍したことから象徴的な位置に置かれた。ウロ討伐に大いに貢献した英雄で、メテの没後、メテの代わりを務めてソーンと戦うも敗れる。
【成句】
ra t'arxe 同じ穴の狢
ra arxen 同じ穴のむじな。この場合のraは動詞。
haas arxe xi mete vort メテが死んだらアルシェに従え:長い物には巻かれろ、寄らば大樹の陰

arxiel
/ [エルト][サール]アルシエルの四季神
[名詞]四季、季節
[形容詞]カルテットの、カルテット→vallem
[組み数字]4
[レベル]2
古:ridia:xier(xiel)が最初に作られた神で、それを代表とした名。arte/xielからか。20年まで4人の神がエルトかサールか不明だった。もともと最初にできたシエルが冬の女神として作られたものでなかったことが原因か?
[文化]
<四季神>
アルシエルの四季神。axte,flea,alis,xierの四女神からなる。四季を司り、四季の変化をもたらす。
<四季>
 アルナには四季がある。だが、その変化は急ではなく緩慢である。夏は異様に暑くて冬はやたら寒いということはない。夏は大して暑くならない。ただ、冬はわりと寒い。アルナの四季は一年を通して安定していて、悪く言えばあまり変化がない。変化が緩慢なので季節の変わり目に体調を崩すことも少ない。だからアルナの人は四季の変化にあまり関心がない。それでも天気に比べると変化が大きいので、天気よりはずっと会話に出る。だが、日本人が四季について言及するほどの関心はない。
 四季の変化はまず気温の変化である。当然、服に変化が見られる。たとえば春になるとアルティス教徒の女はラーサなどを着るようになり、夏が来るとラーサを脱いでサユだけになる。秋口になるとまたラーサを着て、冬が近づくとアルセリアに着替える。雪解けになるとまたラーサを着る。
 夏はあまり暑くないので冷房は普及していない。冬はわりと寒くなるので暖房器具が普及している。暖房器具は冬を思わせる物で、暖房器具の匂いをかいだりすると自然と冬を思い出す。
 四季の中で人気がある季節というのはない。春夏秋冬それぞれに良さがあるからである。大抵の人はどの季節が一番良いかといわれると困る。どれも良い点があり、どれも美しく、そしてどれも厳しいからである。
 春は木の芽時で、暖かさが心地良い。花が咲き乱れるのも美しい。冬で寒い思いをしてきたので春が待ち遠しいという人は多い。冬は寒くて散歩に向かない。散歩が好きなアルナの住人にとって冬の散歩は辛い。ゆえに春が待ち遠しいという人も多い。春になると暖かく、太陽光も増えるので鬱状態も改善されていく。外にも自由に出れ、朝の辛い寒さもなくなる。寒さという拘束からの解放を感じる季節である。
 夏はさわやかな暑さが心地良く、抵抗力が強くなって病気にもかかりづらくなる。太陽光も強くなるので鬱にもなりづらく、心身ともに健康に過ごせる時期として好まれる。また、夏にはなによりディアセルがある。これが楽しみという人も多い。なにせ一年を通して最大の祭りであるから春ごろから予定を立てて臨む人も多い。
 秋は収穫の時期で、食べ物が美味い。また、終わりごろにメルセルが待ち受けているので、秋は一年の終わりの季節でもある。メルセルは一年の中で二番目の祭りで、これを楽しみにする人は多い。秋はこれから冬になるにつれて一年が終わっていく過程の季節である。今年一年で何をしてきたかと物思いにふける感傷的な時期である。また、木々が紅葉を迎えて美しく燃える時期でもある。そして木々が散っていく時期でもある。枯葉を集めてカルテンや集合住宅の庭では焚き火が行われ、炊き出しや焼き芋などが行われる。焼き芋だけでなく様々なものを包んで焼き、食べる。これらが食べられるのは主に夕食である。夕方前に火をつけて作り、夕食として食べる。子供たちもこの時期は学校の食堂へは寄らず、足早に家に帰ってこの軽食にありつく。
 冬は一年の始まりの季節である。寒い時期であるが、この身を切るような透き通った寒さを好む人も多い。冬は雪が降り、街を白く覆う。雪を楽しみにする子供は多い。冬は一年で一番静かな季節である。みな家に引きこもり、暖かい部屋で内職や趣味を黙々と進める。この静かな雰囲気が好きだという人も多い。暖かい食べ物が美味い季節でもあり、収穫の後ということもあり、一年の中では比較的飽食が許される時期でもある。アルバザード人の少女は少しくらい体重が増えてもいちいち気にしない。

arxiol
/ [宗教]アルシオン派信者
[レベル]2
20:arxion/lantis

arxion
/ [宗教]アルシオン派
[レベル]2
ridia:古:arte/xion
[文化]
アルティスを構成する最大の派閥。アルテを至上とする。シオン=アマンゼが教祖。サールを好むサール派と、エルトを好むエルト派に分かれるが、ほとんどの信者は両者をともに崇拝する。

asa(2)
/ [格詞]前に
[レベル]2
rd;/
24

aseel
/ [格詞]〜の中心に
[レベル]2
22

asex
/ [名詞]口を開けずにニコっとする微笑み、微笑、スマイル、笑顔
[動詞]yulを微笑ませる、声を出さずに笑う、ほほえむ、微笑む
[レベル]2
19:sonohinoki:waansex(ゆりかごのような唇)ansexにしたが頻度が高いのでasexにしたため、原形が見えない。
【成句】
toe asex 笑顔を突く:破顔一笑
【用例】
sins asex 微笑みを浮かべる
☆an asexat hanel mil nau. 嬉しくて満面の笑みを浮かべた。
liiza asexik ok elet diit. 涼し気な顔で微笑むリーザ。
asex melisel 不敵な笑みを浮かべる
il asexat mil{on, a} tu vert. 皆このニュースに微笑んだ。onでもほとんど意味は変わらないが、ニュースが笑いの原因だというニュアンスが薄まる。aだとニュースに対して微笑みかけたというな感じで、ニュースを擬人化して扱っている印象を受ける。
asexelet
/ [名詞]笑顔→asex
[レベル]2
rd;/
23

asid
/ [生物]口の下、唇の下、口元
[反意語]atok
[レベル]2
19:melidia axte:al/sex/zid
[語法]
日本語では顎と呼ばれる部分だが、アルカで顎は床面と水平になっている部分のみ。顔の一部である唇の下のエリアは日本語では顎だが、アルカではasidに当たる。従って、顎を殴るときはアッパーで、asidを殴るのはストレートになる。
ev las a zidとev las al asidでは置く場所が微妙に異なるので注意。前者は考えるときのしぐさ。
【用例】
ev las al asid 口の下に手を置く(口を半ば隠すように)

ask
/ [名詞]すぐ。1〜5分。文脈によっては1分以内のことも。
[副詞]すぐ、すぐに、ただちに、即、そく、即座に、まもなく、間もなく
[レベル]2
19:制で「すぐ」がiskだったことから。
:::ayumi,alt
[語法]
fikdu

asm
/ [動詞]yulをaに問う、問う
[名詞]問い、問われたもの、問いかけ、質問
[普通動名詞]問うこと、問い
[反意語]ixn
[レベル]2
14:制
[語法]
asm yulとasm onの違い。yulはonの代替格だが直接目的語であるため、その物についてのみ聞く。onは少しぼやかしてその物およびその周辺事項や関連事項について聞く。
[文化]
アルバザードでは質問することは良いことである。知識を増やすために、疑問を解くために質問すべきである。質問する相手は教師や家族や友人や案内係が良い。知らない人ほど答えてくれにくい。また、仕事でもなければ教えてくれにくい。説明力と同じく質問力が重視される。つまり、自分が何を分からないのか、そして何を聞きたいのかをはっきりさせる力である。簡潔に分かりやすく何を知りたいのか述べる力である。そうでなければ相手も返しようがない。悪い質問には徹底的に相手は「質問の意味がわからない。こういう部分が分からない」といってくる。アルバザード人は日本人ほど察してくれないし、察したとしても「それってこういうこと?」と確認してくる。それから答えてくれる。そういう面倒な手続きを踏まないためにも質問力を身に付けておく必要がある。答える義務のないこと、答えたくないことは答えてくれない。
【成句】
asm a nos 自問自答
【用例】
ev asm 質問を投げかける
sol an asm a ti そりゃこっちのセリフだよ
la asmat tu lex an siina ter lem az. 彼は私が音楽を聴くのを好きか尋ねた。
an asmat tu lex la kekko sen an kon amo. 彼に車で迎えに来てもらえるか尋ねた。
avelant evik asm veer a liiza l'or sedo. 消え行くリーザに死神が最後の質問を投げかける。

asp
/ [動詞]yulをしゃがませる、しゃがむ、屈ませる、屈ませる、かがませる、屈む、かがむ、膝を折る
[再帰動名詞]スクワット
[類義語]skin、kolj
[レベル]2
14:制:古:isa(砂を見る)
【用例】
asp sod mixkyai a. スクワットは膝に来るわー。

ast
/ [接尾辞]再帰分詞。開音節ではstになる。
[レベル]2
19:恣意。21まで再帰動名詞。
[文化]
→iva
【用例】
nalt ovast 動く城

astel
/ [サール]アステル
[名詞]地震
[魔法]召喚魔法アステル(クエイク、タイタン)。大地震で敵を攻撃。
[レベル]2

kalku, astel:kalku, astel
[語法]
日本語では地震は起こるものだが、アルバザードだと地震はアステルが来たから起こるものなので、地震は起こるものではなく来るもの。
[文化]
<アステル神>
大地と地震を司る巨人。怒ると大地を踏み鳴らして地震を起こす。普段は地震が起こらないよう、大地を支えている。風土の神でもあり、アトラスの風土を調節している。
<地震>
地震で家が壊れた場合も火災と同じく点数化され、保険金をもらう。火事と違って誰かの責任ということは少ない。ただ、あまりに不自然な角度でいかにも倒れそうな彫刻を隣家が建てていたらどうだろうか。もし地震のせいでそれが倒れて自分の家に入り、誰かが潰れて死んだとしたらどうか。その場合は流石に相手から慰謝料を取れる。
【用例】
astel lunak. 地震が起こった。

ata
/ [名詞]会議、集会、会談
[レベル]2
14:制:itaから
[文化]
円卓のテーブルに座って行うことが多い。アルバザードの論議の形式をきちんと守っているので、特に会社の会議だからといってふつうの論議と異なる点はない。議長が司会をし、発表者が発表をする。プレゼンも同じである。一通り発表が終わると質疑応答になる。それが終わると議長が結論を出す。結論が決まらない場合は候補をいくつか絞り、多数決で決定する。ただの発表会の場合は結論を出す必要がないので質疑応答の後、議長や発表者から簡単なまとめがある。最後に次回の会議日程や今後の活動内容などを決め、終了する。着席や退席の順は自由で、上下関係によって順番が決まることはない。
【用例】
an faktat fal al ata. 集会に参加しなければならなかった。

atam
/ [動詞]yulがいて安心する、安心する
[レベル]2
17:制:ridia:atta
【用例】
non atam tyu, xion. 紫苑がいてくれてよかったわ。

atap
/ [名詞]目印、浮標、タグ
[レベル]2
14:制:apa(印)
[語法]
doltは広い意味。atapはdoltの中に入る。付箋やタグなど、文字などを書いて貼り付けるものを意味する。また、辞書のタグなども指す。柱に刻む目印はatapにならない。
[文化]
本辞典のタグは[凡例]を参照せよ。
【用例】
ev atap 目印をつける

ate
/ [名詞]店
[レベル]2
rd;atuka (売買場所)
15:制:atuka (売買場所)
[文化]
スーパーでもゲーム店でも本屋でも同じだが、代価を払って物を得る販売店は全て日本と変わらない様式である。店に入ってカートを持つ。店を歩いてほしいものをカートに入れる。店の会計か外の中央会計を使ってアンセか現金で支払う。という流れである。
使ったカートは貯め場に置いておく。カートは会計近くにためておく。店員が後からまとめて元に戻す。自分で買い物籠を持参する。ビニール袋は有料。

ateaxo
/ [娯楽]店屋ごっこ、お店屋さんごっこ
[レベル]2
rd;/
23

ati
/ [名詞]程度、段階
[格詞]〜の程度で
[接尾辞]〜さ、〜性
[類義語]poit、ito
[レベル]2
16:seren:klel:sid:tok
[語法]
形容詞に付け、「〜さ」を作る。また、名詞に付けて「〜らしさ」を作る。さらに動詞に付けて「〜性」を作る。開音節ではti。
なお、diti(多さ)は通常du、dadati(重さ)は通常dud、kaiti(大きさ)は通常tusというように、極めて基本的なものには便宜上固有の単語を宛がう。
元となる形容詞は制でaavetやoovetだったもの。hait(低い)から「高さ」は作れない。

21までは接尾辞としてはitだったが、xinaはxinatになるなど短すぎる弊害がこれまでに報告されていた。そんな折saritのitとかぶることが原因で廃止された。
【用例】
tu sil kant al ak ati. どこまで成長するのか。

atka
/ [料理]シリアル
[レベル]2
13:制:adltka(加工穀物?)
【用例】
☆an tafat atka o bakm. 牛乳とシリアルを食べた:kuiを使うとbakmにかかれず、xenを使うとatkaにかかれないので、taf。

atm
/ [動詞]yulをaに売る、売る、輸出する
[経済][普通動名詞]輸出←kataatm
[レベル]2
14:制
wata:wata
【用例】
ans atm xiit tuus ka kacte lana xim gil? それ、カルテで売ってお金にしない?
an tauk leislei e haluhi l'at atm kit im fis. 今日発売のハルヒの画集を買った。

atmar
/ [名詞]自動販売機、自販機
[レベル]2
19:ridia:arbaxelt
[文化]
無人サービスを嫌うので、有人窓口の補助として置いてあるくらいである。

atmtau
/ [経済]売買
[レベル]2
19

atoi
/ [経済]コンビニ、コンビニエンスストア
[レベル]2
古:sorn:ridia:アルシェではjantoi, dentoi(コンビニ)で、「終わらない」が原義。ソーンではatoi。ソーンを採用した。
[文化]
日本よりは数が少ない。

atok
/ [生物]唇の上、口の上、鼻の下
[反意語]asid
[レベル]2
20:al/toa/kuo(口でも鼻でもなく(その間))

atolas
/ [地学][天文]アトラス、幻天
[形容詞]地球規模の、国際的な、インターナショナルな
[組み数字]3/9
[レベル]2
f
古:星そのもの。海(a)と森(to)を人(la)が砂(s)に変えてしまったの意。
[文化]
カルディアにおける地球に相当する惑星。
異世界カルディアは現実世界のyumanaと双子宇宙の関係にあるため、アトラスと地球は酷似している。

・外観

宇宙規模で見るとアトラスの環境は地球と同じである。
アトラスは太陽系の惑星である。衛星は月が一つある。
大きさは地球と同じである。アトラスは地球同様、酸素や水に富み、生物が存在する。基本的には地球と同じである。

・内観

アトラスの内観は地球と違う。大陸の形や位置が異なる。しかし、太平洋に当たる大きな海洋があることや、北半球に大陸が集中している点は同じである。
大陸は6つある。アルカット・ファベル・ケヴェア・レイヴァ・サヴィア・アデントである。これらはそれぞれ地球で当てはめるとユーラシア大陸・アフリカ大陸・南アメリカ大陸・南極大陸・北アメリカ大陸・オーストラリア大陸に当たる。とはいえ、アルカットとユーラシア大陸の位置が同じというわけではない。およそ似たようなところに位置するという意味である。
アルカットは最大の大陸で、更に東と西に分かれる。順にインサールとアンシャルである。尚、世界最大の国家アルバザードはアンシャルにある。

・世界地図

以下の面積関係の話を理解するためにfiakを参照すること。

・面積

モルワイデ図法を利用して海洋面積と陸地面積を算出し、面積比も算出した。

表面積:509949000 km^2
海洋面積:365808613.385643 km^2
陸地面積:144140387 km^2
面積比:0.717343525(海):0.282656475(陸)

・陸と海の面積比

上記のとおり、地球と同じく海と陸の比率が約7:3である。地球より1%ほど海洋面積が広い。
leivaは南極よりだいぶ小さく、ほとんどの大陸も地球の大陸より少しずつ狭い。
しかし地球に比べて巨大な島が多いため、結果的に陸と海の面積比はほぼ同じである。

陸と海の面積比が7:3であるのは人間型の生物が生きる上で必然の設定である。
もし陸と海の面積比が反対の3:7であれば、その星の気候は人間型の生物の住めるものではなくなってしまう。

・各国の面積や各大陸の面積

alkatやarbazardなど、それぞれの固有名詞を参照すること。
【成句】
[婉曲]luna atolas 生まれる、産声を上げる、生を享ける
[婉曲]leev atolas 死ぬ、この世を去る

atte
/ [感動詞]がんばって、頑張って
[動詞]yulを励ます、励ます、はげます、鼓舞する
[レベル]2
古:ridia:語源不詳
【用例】
an attet la. 彼を励ました。

atx
/ [形容詞]おいしい
[類義語]lant
[反意語]yaamo
[レベル]2
14:制:atxoi(良い味)
【用例】
tu xipl et atx. このケーキはおいしい。

aven
/ [形容詞]最悪の、最低の、最も〜でない
[名詞]最小、最低、最悪
[反意語]alka
[レベル]2
19:alven。venの繰り返しから
【用例】
xalt aven 最低で、最小で
olta aven 少なくとも、最低でも、さすがに、流石に、せめて
an lo tu et dels aven lot (les) an inat. それは今までに見た映画の中で最悪だったと思う。
an tis ser tu tis olta aven. それくらい流石に俺でも知ってる。

avom
/ [動物]オオカミ、狼、ウルフ
[名詞]統率の取れ訓練度の高い兵士
[組み数字]2/5
[レベル]2
13:制:avoma(強い犬)
[文化]
軍隊と兵士の象徴。獰猛、残忍というマイナスイメージより勇猛果敢というイメージ。
[擬声]
hoon(遠吠え) aon(鳴き) gccc(唸り)
【成句】
avom e mirok ミロクの狼。警察や軍隊のこと。
yun vai t'avom 狼の兵のように:勇猛果敢
【用例】
myan te lislis avom poten reiyu yanna. I’m a little wolf inside a girl(『リンゴ日和』)

avort
/ [形容詞]全然可愛そうではない、自業自得な、ひどい目にあって当然な、かわいそくない、同情に値しない、身から出た錆
[反意語]lenas
[レベル]2
19:fulmiia:a vort(死に向かう)
【用例】
fixt avort 自業自得な結末
vik avort 同情に値しない男

axe
/ [名詞]団体、組織、機構、機関、会、会合、部隊
[類義語]ita
[レベル]2
古:sorn:axet
[語法]
団体としての会がaxeで、イベントとしての会合がita。
【用例】
lad axe 団体を組織する

axel
/ [rente]xok
[レベル]2
19:melidia alis:taxelt(ふたつの月)ここで対となっているのはドゥルガ神とヴィーネ神。カコを月戦争と呼んで人類を2つに分かれたことから、「互いに」の語源として適切となった。

axer
/ [名詞]お湯、白湯、さゆ
[類義語]fler、alir、xiria、er
[アクセント]axEr
[レベル]2
20:ridia:axte/eria
[語法][文化]
fler

axetsel
/ [歳時記]アシェットの日、大晦日
[レベル]2
16:制
[文化]
メル暦における、ルージュの月クミールの日の次の日。ミュシェットの月の第一日目。

axi
/ [格詞]後ろに
[レベル]2
rd;/
24

axiv
/ [動詞]yulに声をかける、呼びつける、呼ぶ
[言語]頓呼、とんこ
[レベル]2
19:melidia axte:anx/xiv
[語法][文化]
注意を喚起するために声をかける行為
今話している相手にはneeをはじめとしてたくさんの呼びかけの語がある。今話していない相手とこれから会話を始めようとする場合、特に相手が赤の他人の場合はxanteを使う場合が多い。xanteは見知らぬ通りがかりに使うことが多い。クラスメートが廊下を歩いていて話しかける場合はneeというのがふつうで、xanteというと他クラスの知らない学生だと思われる。見知らぬ同級生にいきなりneeと言われることはあるにはあるが、ちょっと馴れ馴れしいなという感じがする。日本人は呼びかけで「すみません」と謝りの言葉を使うが、pentとはいえない。また、アルバザードは誰でも呼びかけることができる。上下関係は関係ない、xanteは敬度を表わすものでなく、相手を知っているかどうかで使い分ける。知りもしない相手にいきなりneeといったら不気味がられる。また、いきなり他人にweiと呼びかけるのは非常に野蛮である。不良がカツアゲするときに相手に話しかけるときに「すみません」というわけがなく、「おいちょっと待てよ」が妥当である。アルカでも同じで、不良はxanteでなくいきなりweiという。また、軍隊などで目上が知らない目下に呼びかけるときもいきなりweiという。社長が知らない部下にweiということもあるが、こういう口調はパワハラに当たる。仲の良い部下にならweiということは許され、パワハラにはならない。ただ、仲が良くても目下はふつう目上にweiとはいえない。また、親や兄が目下にweiということもある。そもそも親兄弟が自分のことを知らないということはないから、xanteを使うほうがおかしい。恋人や夫婦もxanteということはありえない。weiといいあえる。ただ、口汚いと嫌ってneeという人もいる。

呼ぶジェスチャーは手のひらを上にして指をくいくいとする。行けのジェスチャーは手のひらを下にして手ではなく肘を支点に上腕を90度曲げた状態からまっすぐ伸ばす。
【用例】
liiza lutia axivik vangardi xien nos ok sena kax ka galt ver t'avelant. 死神の黒い門を前にしたリーザ=ルティアは、満足気な笑みを浮かべて背後のヴァンガルディに声を掛けた。


axk
/ [形容詞]上手な、巧い、得意、うまい、物事に詳しい、知識が明るい、得意な
[反意語]looa
[レベル]2
定:axk、axka「良いところ」から。
[語法]
日本語では「紅茶に詳しいね」というが、アルカでは「紅茶がうまいね」のようにいう。
【成句】
el et axk a les lu siina 好きこそ物の上手なれ
【用例】
miku et axk a miks. ミクは歌がうまい。
an nod hacn sein et axk a kaar. 友人より流行には敏感な方だ。
an et axk a saezon. 私はスキーが得意だ。

axlei
/ [名詞]日記
[レベル]2
古:sorn:axlei←axleist(正しい本)
【成句】
axlei alkalten nalnia ナルニア(dia lis)までで終わっている日記:三日坊主
【用例】
non xidia fan xi axt axlei. 日記を書いたら寝よう。
an axt nelt axlei sa mok. 私は寝る前に日記を付ける。

axo
/ [普通動名詞]遊び、遊戯、児戯、ちょっとした悪戯
[動詞]okとyul(内容)をkonで遊ぶ、遊ぶ。yulに人を取るとその人で遊ぶというニュアンスに。
[類義語]yuut
[レベル]2
古:axo(遊ぶ):語源不詳。メルは幼いころ、日本語の「遊ぶ」を「あしょぶ」と発音していた。そこからaxoを遊ぶにしたのではないかと思われるが、メル以前に遊ぶをaxoと言っていたとするクリスの発言もあるため、自然言語由来ではなかろうとして採用。
【用例】
an axot eev e tier. 海の波で遊んだ。
axo kokko non e. 私と遊んで。
axo xiit kon liva. ゲームで遊びましょう。

axok
/ [娯楽]おもちゃ、玩具、遊具
[レベル]2
19:axokon

axoka
/ [娯楽]遊園地
[レベル]2


axokkov
/ [娯楽]おもちゃ箱、おもちゃかご
[レベル]2
19

axote
/ [動詞]yulをふざけさせる、ふざける
[形容詞]ふざけた、お遊びの、遊び半分の、お遊び半分の。被修飾語が人ならaxotenで使い、物ならaxoteで使う。動副詞はそれぞれaxotenelとaxotel。
[レベル]2
19:ridia:axo/teeze
[語法]
pilpは相手をからかって反応を楽しむこと。axoteは自分がアホになってふざけることで、必ずしも相手を必要としない。従ってaxoteの格組は姿勢動詞と同じ。
【用例】
zana axotetes vol winz eel. ザナがふざけて顔をゆがませていた。

axoz
/ [娯楽]積み木、つみき、ブロック
[レベル]2
13:制:axozom
【用例】
hant{ev} axoz 積み木を組む

axt
/ [動詞]yulをaに書く、書く、板書する、記す
[動詞]yulをaに打つ、打つ、書き込む、タイプする、タイピングする。キーボードなどを使って書くこと。
[普通動名詞]書き、タイピング
[反意語]isk
[レベル]2
meltia 100:bert;e
14:古:ixu(読む)。n対にするためにaが入り、閉音節にするためにtがついた。複雑な変化をした語。
axt:axt:
[語法]
yulには字(対象)、小説(完成物)、言葉(内容)などを取ることができる。

axtan
/ [名詞]著者、作者、筆者、著作者
[レベル]2
19:ridia:arbaxelt

axte
/ [エルト]アシュテ。春を司る女神
[形容詞]色が春めいた
[形容詞]春の
[名詞]春
[組み数字]1/4
[レベル]2
古:ridia:kete(春)に関連。keteのteは風、axは正しいもので、神を暗示。即ち神の風が語源。
::la islier:pali,alt
[文化]
アルシエルの一人。春の女神。方角は東。
【成句】
axte siina mok fil 春眠暁を覚えず
【用例】
toim, axte lunar ans. 知らぬ間に春が近付いている。
☆tur, an na xalte t'axte. いまや春の気配を感じる。
axte lunak. 春になった。
tur et axte merel. 春たけなわだ。
axte et arxiel ban alka. 春は一年のうちで一番楽しい季節だ。
an siina axte alkal lot arxiel. 一年のうちで春が一番好きだ。
fis yun axte. 今日は春のようだ。
teeze es melt mil axte. 春が来て風が暖かくなった。
fis at sel diina t'axte. のどかな春の日だった。
fis at sel esil t'axte. 気持ちの良い春の気候だった。
axte et moa took. 春はもう終わった。

axteeri
/ [医療]A型
[レベル]2
19
[文化]
A型は神経質で繊細と思われている。

axtenakea
/ [歳時記]春休み
[レベル]2
21:ridia
[文化]
nakea
【用例】
an rukasik il rafel t'axtenakea onen alf. 春休みの数学の宿題が全部終わった。

axti
/ [名詞]東
[格詞]〜の東にある
[反意語]alas
[レベル]2
19:axte
::la 'yukl:tatali,alt

axtkon
/ [名詞]文房具、文具→kaza
[レベル]2
16:制

axtsiz
/ [名詞]ホワイトボード
[レベル]2
19:ridia:arbaxelt

axtzep
/ [数学]筆算
[レベル]2
14

axx
/ [組み数字]23/28
[交通]アッシュ通り
[レベル]2
22

axx valina
/ [人名]アッシュ=ヴァリナ
[組み数字]23/28
[レベル]2
古:valinaは「あの美しい」
[文化]
(tif 8→)第4期4代ソーン第9使徒。女性。amma。178cm、65kg。金色の髪。青の目。肌は白:黄=8:2。

・『ミールの書』より

 髪にゆったりとしたウェーブをかけた女性はメルを視認すると途端に優しい声色になった。
「アッシュお姉さん、お邪魔してます。それに、リナお姉ちゃんにクノンお姉ちゃんも」
 メルは3人にまとめて挨拶をした。しかし、お邪魔してますとは一体どういう意味なのだろうか。メルはセルフィッシュガーデンの住人ではないのだろうか。しかしそんなことを聞いた所で彼女が答える筈もない。ミールは何も問わずに3人の女性を見た。
 アッシュという女性はこの中では一番大人びているようで、年も少し上に見えかねないが、クミールとそう大差はないようだ。彼女は長身でかなり魅力的な身体をしている。化粧を施しているようで、真紅の口紅が彼女の魅力をひきたてている。服装も夏だから特になのだろうが、同性のミールが見てもセクシーだと思う格好をしている。具体的には、下は黒のタイトスカートで、丈は膝までしかない。また、上は薄紫色のスーツを着ている。
(うわぁ、大人な女の人だー! 胸おっきくて背が高くて髪綺麗でお化粧綺麗でかっこいーなーっ!)

axxo
/ [感動詞]よいしょ、よっこいしょ
[レベル]2

[語法]
akkonxo

azin
/ [形容詞]なまいきな、可愛くない、憎たらしい、生意気な
[反意語]ank
[レベル]2
20:daz/sin
[語法]
ank
【用例】
namo azin 生意気な態度

b
/ [単位]メルバ
[レベル]2
20
【用例】
10b 10メルバ

baa
/ [俗語]ばか、馬鹿、バカ
[レベル]2
古:be(卑音)から

baak
/ [動詞]yulにくしゃみをさせる、くしゃみする
[普通動名詞]くしゃみ
[レベル]2
古:オノマトペ
【用例】
an baakat mil sort. 寒くてくしゃみをした。

baan
/ [俗語]バカ!
[レベル]2
古:be(卑音)から
[語法]
意味は大して強くないが、teoloと違って確実に悪意がある。

baat
/ [動物]カバ、かば、ヒポポタマス、河馬
[レベル]2

[擬声]
obuu

baaze
/ [形容詞]うざい、ウザイ、ウザい、うざったい、ウザったい、じゃまくさい、邪魔臭い、うぜえ、うぜぇ、うっとうしい、鬱陶しい
[類義語]hart
rg
[レベル]2
rd;卑音ba/blenz.k「火のように暑苦しい」
23
[語法]
日本語のウザイより意味が広く嫌悪感も弱い。邪魔臭い程度の意味に使うこともある。
かといって罵倒語のひとつには違いないので、多用しないこと。
【用例】
hart baaze クソ暑い

bad
/ [動詞]yulを叩く、叩く、ぶつ
[音楽]打楽器
[レベル]2
f;fovet
16:制
bad:bad
【成句】
bad alem さぁ、さあ、さあな、さぁな。制ごろにbad-al naとしてteolonが使い出した慣用句。直訳すると「心を殴れ」。新生からbad alemに変わった。しらばっくれたり濁したりするときに使う。
【用例】
xe badat osn ant. 誰かが私の頭を叩いた。
den ku bad alem! 知らばっくれるんな、シラばっくれんな、しらばっくれるな、しらばっくれんな

badwons
/ [動詞]yulを踏みつける、踏みつける、踏む、どんと踏む、ぐしゃっと踏む
[レベル]2
9:melidia axte
【用例】
la setat lue vol badwons. 彼は蛙をぐしゃっと踏みつけて殺した。

baf
/ [料理]バター
[レベル]2

【用例】
nab baf a pof パンにバターを塗る

bak
/ [動物]牛
[レベル]2
fv;e

bak:bak::muu,alt
【成句】
koa bak 牛を乗せる:つけあがる、付け上がる、調子にのる、調子に乗る、いい気になる、利用する、つけこむ。zgの時代のシージアに牛を連れて荷物を持って歩く者がいた。そこに荷馬車を引く人が通りかかり、善意で荷物を積んでやると言った。男は荷物だけでなく牛まで積もうとしたら荷馬車の主人が怒り、荷物を降ろされて去られてしまった。転じて人の好意などにつけこんで過剰な要求をして付け上がることを指すようになった。
[文化]
もともとアルバザード人は牛をそこそこ食べていたが、現代はミロクの指導の下、牛肉の消費量が減り、鶏を食べる割合が増えた。牛乳やチーズなどの乳製品は継続して消費されたため、牛は乳牛がメインとなり、食肉牛の需要は減った。

baka
/ [料理]ハンバーガー
[レベル]2
15:制:bak
[文化]
パンに肉や野菜を挟んだ料理で、一般的に食べられる。ハンバーガーというと日本では「健康に悪い食べ物」というイメージが定着しているが、アルバザードにあるのはもともとドイツやヨーロッパであったような、パンと肉と野菜を同時に食べられるようにしただけのものである。素材も調味料も油も悪いものを使わないので、アルバザードではハンバーガーと聞いても「あ、健康に悪い食べ物だ」とか「カロリーが高い」という意識がない。日本でサンドイッチと聞いても健康に悪いと思わないのと同じ。アルバザードの感覚としてはサンドイッチに近い。

bake
/ [料理]クリーム、生クリーム
[レベル]2
13:制:bakems(牛乳の脂肪)
[語法]
食べられるほうのクリーム。bakoは食べられない。bakeはとりわけ生クリームを指すことが多い。

bakm
/ [料理]牛乳、ミルク
[レベル]2
13:制:bakmae(牛の乳)から
【用例】
an xenat bakm ist faax. 朝食の代わりに牛乳を飲んだ:厳密に言えばist kui faaxだが、流石にそこまで神経質にならなくてよい。xenatをtafatにすると誤解はなくなる。
el xen ax bakm im mok vil. 眠れないときは牛乳を飲むのがいい。

bakmpile
/ [料理]コーヒー牛乳、カフェオレ、ミルクコーヒー、コーヒーミルク
[レベル]2
rd;/
23

bakyek
/ [料理]牛肉
[レベル]2
22

bal
/ [建築]壁、ついたて
[レベル]2
?:制:古:sorn:balt(壁)「跳ね返すもの」が原義
【用例】
niak a bal 壁に立てかける

balba
/ [料理]グラタン
[レベル]2

[文化]
一般的に食べられる。なぜか子供に人気があると考えられている。

baldi
/ [感動詞]ざまぁみろ、ざまあみろ、ざまーみろ、ザマぁ、ザマあ、ざまぁw、ザマアミロ、ザマーミロ、メシウマ、めしうま、今日も人の不幸で飯がうまい
[レベル]2
古:baldi←bald ti(お前に跳ね返る)。baldはbaltの過去形baltdの実際の形。

baliz
/ [親族]どら孫息子
[レベル]2
21:barjと似るため<19:ridia:be/aliiz

balon
/ [アイテム]防具
[反意語]vak
[レベル]2
20:balt/kon(攻撃を跳ね返す道具)

balse
/ [親族]アニキ、兄貴、あにき、あんちゃん、アンちゃん、にぃ、兄ぃ
[レベル]2
19:be/alser
[語法][文化]
alser

ban
/ [形容詞]楽しい、愉快
[反意語]buuna
[レベル]2
13:制
natxo:natxo:naax:nasilu,alt
【用例】
ans nat ban vol in ixta l'et yun leis. 私たちは絵のような景色を愉しんだ。

bana
/ [親族]どら孫娘
[レベル]2
19:ridia:be/hana

baog
/ [名詞]拳
[動詞]yulをkonで殴る、殴る
[物理]運動量
[類義語]miyu
[反意語]vied
[レベル]2
f;e

baog:baog::miyu,alt
【用例】
lad baog 拳を握る
ev baog al asid 口の下に拳を置く:女の仕草のひとつ。笑った口を隠そうとするのが本来の役割だが、実際に大口を開けていない場合は、上げた手がつい余ってしまう。そこで口でなく口の下に何となく置いておくという、あまり大きな意味を持たない日常的な動作。ただ、だからこそ男が可愛いと思うしぐさ。
baog van dis a! ぶん殴るぞ!

barj
/ [親族]どら弟
[レベル]2
19:ridia:be/aruuj
[語法][文化]
alser

bas
/ [名詞]ゴミ
[形容詞]不要な、いらない
[動詞]yulを不要とする、yulはいらない、yulはゴミだ
[法副詞]〜する必要がない、〜しなくてよい
[副詞]不要にも、不必要にも、いらないのに
[反意語]xir
[レベル]2
rd
19:赤:byats(ゴミの)
byats:byats
[語法]
副詞と純副詞で意味が異なるので注意。
[文化]
ごみ収集は夜に行われる。渋滞が緩和され、カラスの害が減少するため。
【用例】
im leiyu, el vinsat bas a font, hayu xial at ext. レイユでは人々が道にゴミを捨てたので、街が汚れていた。
in, lan yun bas e. 見ろ、人がゴミのようだ(『天空の城ラピュタ』)

baska
/ [名詞]ゴミ捨て場、ゴミ置き場、ゴミ集積所
[レベル]2
rd;bas/ka
23

bax
/ [料理]漬物、つけもの、漬け物
[レベル]2
ridia:定:古アルカでbaxという名の食べ物から
[文化]
漬物というと、通例ピクルスを思い出す。酢漬けと塩漬けが多い。また梅酒のように砂糖漬けにしたものもある。酢、塩、砂糖でアルバザードの漬物は大体をカバーする。ただし、baxと聞いたときにはふつう甘いものを思い出さない。砂糖漬けの比率が少ないため。よってbaxと聞くとパンなどに挟むピクルスのようなすっぱいものというイメージがある。なお、ピクルスで最もありふれたものはキュウリ。

bcea
/ [人名]ブレア
[名詞]アルカンスにおけるブレアの手
[名詞]中巻
[組み数字]2/3
[レベル]2
古:元はbciaだったが、slea, treaに合わせてbceaという語形が生まれた。
[文化]
arkans
テームス信者で、アルカンスを巡ってスレア・トレアと争った。

bcio
/ [植物]にんにく、大蒜、葫、ガーリック
[レベル]2
定:「臭い」が原義
[文化]
一般的に食べられるが、臭いが強いので食べると臭がられる。疲労回復に良い。

be
/ [接頭辞]〜しやがる。動詞につき、miの反対で、悪い意味を作る。
[接頭辞]拙者、小生。代詞につき、謙譲語化させる。
[レベル]2
21:古の卑音から

bea
/ [名詞]雑巾、ぞうきん
[レベル]2
13:制:bee(古の卑音)/abe(古アルカで布)

beac
/ [卑語]クソ、うんこ
[レベル]2

[語法]
bealを更に悪くした語。

beal
/ [卑語]クソ、うんこ
[レベル]2
古:be(くさい)/al(もの)

bebeal
/ [名詞]うんち、うんこ
[レベル]2
古:be(くさい)/be(くさい)/al(もの)
[語法]
大便を意味する日常的な言い方。といっても人前ではあまり言わないほうがいい。

bebel
/ [形容詞]無駄な、非合理的な、非効率な、効率の悪い、もったいない
[反意語]fref
[レベル]2
19:melidia alis:be(悪い)be(悪い)l(ものごと)
【用例】
an lo tu et bebel xel tuus vok xa atu hot. これらの文がここにしか載っていないのはもったいないと思います。
an yolat sel bebelel kont so yuu. 一日中何もしないで時間を無駄に過ごした。

bebet
/ [名詞]がらくた、ガラクタ
[レベル]2
rd:bebel/te「無駄なもの」
23

bec
/ [卑語]バカ、馬鹿、ばか
[alben][代詞]二人称bazの強調形。てめぇに相当。
[類義語]teolo
[レベル]2
古:bec←belo
[語法]
teoloは親しみがある感じがするが、becは口汚い。知性のなさを罵る語。

becs
/ [植物]バナナ
[メタファー][婉曲]大便、うんち、うんこ
[レベル]2

[文化]
リンゴについで人気のある食べ物。エネルギー効率がよく、健康にも良いとされて常食される。アレルギーがあるので注意。
【成句】
[婉曲]ar becs 大便をする

bect
/ [動物]えび、海老、エビ、ロブスター
[レベル]2
定:バナナと同じで湾曲したもの
[文化]
一般的に食べられる。やや高級。

bedat
/ [親族]ばーさん
[レベル]2
19:ridia:be/enda

beeb
/ [形容詞]臭い
[類義語]bob
[反意語]liito
[レベル]2
f;e

【用例】
xef beeb 臭い息

beekskil
/ [名詞]便器
[メトニミー]便座←skinal e beekskil
[レベル]2
20
【用例】
sank{garnet} beekskil 便座を下げる{上げる}
ren sank beekskil xi yol. トイレを使ったら便座を下げておいてね。

beelo
/ [感動詞][alben][gano]ばーか、バーカ
[レベル]2
21:teoloの卑音化
[語法]
おどけて使う。

beema
/ [俗語]ババア
[レベル]2
fv
古:元はbeemin「汚い女」。beは糞尿などを示す汚いものを指す音で、minは女。中期ごろにbeemaになったはずだが、その過程は不明。恐らく何かがbeeminに後続した後に、inなどの部分が消失したものと思われるが、何が後続したかは不明。オヴィとザナの説によると、語尾がinでは迫力に欠けて罵倒語にならないので音を強いanに変えたが、指小辞のnが付いていてはまだ迫力に欠けるということでこれさえ除去してaにした結果、今のbeemaになったということである。
[語法]
自分より年上なら年寄り以外にも使える。アニメなどでは20代後半のキャラに使われることもしばしば。
【用例】
den raso, beema. ババァ無理すんな。ネットスラング。年齢に似つかわしくない女性の言動への感想・ツッコミ。主に心配ではなく失笑の意味で用いられる。
beema t'ozakira et farenfitan. sa flonixt, im an iter tian, laabe hamat i kalte flon kon xiv kai yul gaato del "hujimaki rau, xian terk am kokko buc?". 尾崎ん家のババアは嫌みなババア。こないだなんか彼女とデートしていたら、遠くの方からでっかい声で言いやがった。「藤巻さんブタ連れてどこ行くの?」(『尾崎ん家のババア1』まりちゃんズ)

been
/ [俗語]ブス、ブサイク、不細工、ぶす、ぶさいく
[類義語]bonbe、booze、vemv
[レベル]2
古:been
[語法]
男女ともに使える。ただ女性のほうが美醜が問題になることが多いので、女性に使うことのほうが相対的に多い。
[文化]
アルバザードは混血の割合が高く、遺伝子がよく混ざっているため、美人が多い。そしてブスが少ない。アルバザードでも美人のほうが何かとちやほやされるが、別にブスだからといって扱いを悪くするような風潮はない。特に学歴の高い人間ほど、ブスであろうと美人と扱いを変えない。柄の悪い人間は平気で人をブスと罵る傾向にある。
【成句】
veilan mals been. ブスを娶る者もある:蓼食う虫も好き好き

beev
/ [卑語]ジジイ
[レベル]2
古:beev←beeb/viku

beeze
/ [動物]ヤギ、山羊
[レベル]2
tm;beezel.k
19:beezel
[文化]
現代ではあまり食肉にも乳にもしないため、アルバザードでは徐々に数が減ってきている。
【成句】
beeze a(len) pab 馬に山羊を=大人しくさせる、火に油を注ぐの逆:山羊を馬の群れに入れると馬が大人しくなることから

beezel
/ [悪魔]ベーゼル
[歳時記]火曜日。週の第5日目。
[音楽]ソ
[名詞]火事、大火←faivatai
[組み数字]5/7
[レベル]2
meltia 0:beezel;e
古:ridia
[文化]
ソームの5番目。炎を身にまとった全裸の男。体格が大きく筋肉質。短気。気の短い大柄な男性。炎をまとっているのでほぼ全裸。火を操る。黒灰色で硬い皮膚で覆われた筋肉質な青年の姿をしているが、顔はヤギの顔をしており、角が2本生えている。灼熱の炎で敵を焼き尽くし、長い爪で敵を引き裂く。爪には炎がともっていて、敵を引き裂くと同時に燃やし尽くすことができる。世界中の休火山を転々としては活火山へと変える厄介者。
【成句】
em beezel on{a} onに関して{aに対して}ムキになる、怒る、憤慨する、苛立つ、イライラする
eria a beezel ベーゼルに水:青菜に塩
beezel tifl seles 短気は損気
nias main a beezel 体をベーゼルに任せる:火葬する、だびにふす、荼毘に付す、荼毘にふす
【用例】
beezel (lunak)! 火事だ!

beim
/ [形容詞]醜い、美しくない、みにくい
[反意語]lant
[レベル]2
19:been/mo(ブスな形)

beja
/ [卑語]デブ、クソデブ
[類義語]jax、jaxa、bonbe
[レベル]2
古:be/jaxaから

bekam
/ [形容詞]気持ち悪い、肉体的に気持ち悪い、吐き気がする、ふらふらする
[類義語]melis
[反意語]esil
[レベル]2
20:bekem(胃が悪い)→bekem→bekam(胃を意識しすぎてしまうため、bekamに)
[語法]
esil
【用例】
an til bekam fuo mil rij. 二日酔いでひどく気持ちが悪い。

bekka
/ [親族]親父、オヤジ、おやじ
[レベル]2
19:ridia:be/kakka

belate
/ [料理]レストラン、食堂、大衆食堂、料理店、リストランテ
[レベル]2
19:ridia:arbaxelt
[文化]
→ret
昼食と夕食に軽く用いることが多い。夕食はカフェになる店舗が多い。晩御飯の場合は豪華なものが多い。ルージュの月は遅くまで営業を延長することが多い。
仕組みは基本的に日本と変わらない。店に入ると席に案内される。タバコはないので禁煙席などはない。席に着くとウェイターがメニューを持ってくる。おしぼりは資源節約のため出ない。水でなくぬるま湯が出てくる。
メニューから好きなものを食べる。日本人のように「あ、私もそれ」で済ますことは少ない。メニューを選ぶと店員を呼ぶ。ウェイターは目下ではないので、丁重に呼ぶように注意。日本はテーブルに押しボタンがあるが、犬ではあるまいし、アルバザードにはそんなものはない。
メニューについての細かい注文はその場で行う。辛めとか良く焼くとか、そういった注文はその場でする。日本人はただ料理名だけを頼んで詳細はお任せにするが、アルバザードでは焼きかげんや味を指定する。でないとかえって相手がどうしていいかわからず困る。これは紅茶を頼む時も同様。茶葉の種類はもちろん、添え物も指定する。
メニューを言いつけると、立って手を洗いに行く。これは無料である。固形でない石鹸もついている。暫くすると料理が来る。料理の種類にしたがって食器が出てくる。出た食器は全て使う。料理は残さないのがマナーである。食べ終わると会計を済ませる。テーブルの番号札がテーブルにおいてあるので支払う人が入り口の会計所に持っていく。店員は番号を端末に入力すると会計額が出る。客はアンセ等で払い、出る。チップの習慣はない。味を一々会計で評価することもない。よほど美味ければ言うが、ふつうは黙っている。
【用例】
an yuit belate le xa frem ati alka. = an yuit belate frem alka. 一番近いレストランを探した。

belk
/ [料理]ソース
[レベル]2
13:制:古:sorn:kyuuli, kyubelii(料理)

belka
/ [建築]台所、キッチン、調理場
[レベル]2
14:制:料理の場所
[文化]
日本と構造も同じだが、アルバザードの台所は広い。大家族なので数人で料理する。そのためには広いスペースが必要だからである。台所用品で日本と違うのは電気釜であろう。これは普及していない。また、食器洗い機は普及している。お湯は電気ポットで沸かすことが多い。薬缶で沸かしてポットに溜めておくこともある。

belkasoz
/ [料理]換気扇
[レベル]2
16:制
【用例】
ar belkasoz 換気扇を回す

belkil
/ [料理]包丁
[レベル]2
13:制:料理の刃。参考:古:liizpiiki(小さい剣)

belkon
/ [料理]調理道具
[レベル]2
19

bella
/ [名詞]オバン、おばん、おばさん、おばはん、オバサン
[類義語]lanla
[反意語]bette
[レベル]2
20:be/lanla

bellei
/ [料理]ベルレイ
[レベル]2
19:ridia
[語法]
料理本という意味だが、アルバザードにはこれしか料理本がないので、固有名詞扱いで構わない。
[文化]
政府発行の料理本。あらゆるアルバザード料理が載っている。
メル324年、国民の栄養と健康を配慮して、ミロクがアーシェに作らせたのが始まり。ミロクはこれをアルソンに普及させ、「アルバザード人はこの本に載る料理のみを食べるべし」と命じた。同年、ベルレイのルティア版とメテ版が完成。世界中に各国のものが作られることになる。
ミロクはグルメを悪とした上、ベルレイは健康と栄養に主眼を置いているので、精進料理や病院食に似ている。品目は少な目である。
索引は便利で、「食材別」「調理法別」「季節別」「病気・栄養別」に検索することができる。日本のタウンページと同じようにタダで配布されていたが、アルテナの時代ではアンセを使うことが多い。また、アルテナになってから遊びが増え、品目も微増した。
ベルレイに載らないコーラなどはなるべく自重する。ガムは歯によいものは問題ない。

belme
/ [親族]どら妹
[レベル]2
19:ridia:be/amel
[語法][文化]
alser

belt
/ [名詞]鍋、ナベ
[料理][メトニミー]鍋料理
[レベル]2
13:制:古:belk。belkの語形はソースに取られたため。
【成句】
belt t'arba アルバザードの鍋:文化の坩堝、和洋折衷

beltloob
/ [被服]ベレー帽
[レベル]2
rd;/
21:鍋状帽子
[文化]
芸術家が着けるという印象はない。アルバザードだと女子校に通うliliaまでの少女の制服というイメージ。

bemi
/ [卑語][名詞][形容詞]〜のクソ野郎
[レベル]2
古:bemi。卑音のbとemiがくっついたもの。
[語法]
emiより酷い卑称。

bemma
/ [親族]お袋、おふくろ、オフクロ
[レベル]2
19:ridia:be/maal

ben
/ [俗語][感動詞][名詞]クソ、バカ、だめ、ダメ、駄目、マズイ、まずい、マズい、ヤバイ、やばい、ヤバい
[類義語]beo、kuz
[レベル]2


benas
/ [形容詞]笑える、ワロス、バロス、ワロタ、ワラタ、クッソワロタ、クソワロタ
[レベル]2
al;beo/nax/sols.mv(クソ笑わせる)
23
【用例】
tu veiz et benas fuo a! (aaa この動画クッソワロタwww
banas fuo (da) (aaa テラバロスwww
benas fuo mil{on} palntxut (aaa 笛なめとか、テラバロスwww(mel keetoia)

bend
/ [名詞]エサ、餌
[俗語]kuil
[俗語]アルティア化された食事以外の食事。alでアーシェが名付けた。
[レベル]2
22:古beid(餌)

bens
/ [動詞]yulを軽蔑する、軽蔑する、見下す
[反意語]soks
[類音]bes, ben, venx
[レベル]2
20:be/ins

beo
/ [卑語][感動詞][名詞]クソ、バカ、、だめ、ダメ、駄目、マズイ、まずい、マズい、ヤバイ、やばい、ヤバい
[類義語]ben、kuz
[レベル]2
fv;beは卑音。

[語法]
悪い意味を表わす語。単独でも複合語要素としても用いられる。benと意味は同じだが、beoの方が嫌悪感が強い。気の荒い男性は日常的に使うが、女性は人によっては生涯使わない。

beobeema
/ [卑語]クソババア、くそばばあ
[レベル]2
fv;/
23

beolo
/ [卑語]ドアホ、クソバカ、どあほ、馬鹿野郎、バカ野朗
[類義語]teolo
[レベル]2
tm;beo/lo

[語法]
teoloよりもきつい。

beom
/ [動物]バカ犬、クソ犬
[名詞]だだっこ、だだっ子、駄々っ子、ダダっ子
[動詞]yulという内容のダダをこねる
[レベル]2
22:be/oma

besa
/ [環境]埃、ほこり、ホコリ、ダスト、ちり、チリ、塵
[レベル]2
定:汚い砂
【用例】
sed besa ほこりを払う

besabelt
/ [名詞]ちりとり、塵取り
[レベル]2
14:制

bet
/ [名詞]泥、マッド
[レベル]2
fv;be/tuuno「汚い土」
定:汚い土
bet:bet:la beket

beti
/ [形容詞]濁った、濁る、濁す
[反意語]fren
[レベル]2
19:ridia:bet
【用例】
sap e felez at beti ento an na yai on ins ont osn. 教室の空気が濁っていて、目と頭が痛かった。

betta
/ [親族]アネキ、姉貴
[類音]bette
[レベル]2
19:ridia:be/eeta
[語法][文化]
alser

bette
/ [名詞]オッサン、おっさん、おじん、オヤジ、オジン
[類義語]tette
[反意語]bella
[類音]betta
[レベル]2
20:be/tette

bex
/ [動物]くじら、鯨、クジラ
[レベル]2
13:制:buxl。よく分からないがpxetなどの古い形に関連があるだろう。

bezet
/ [形容詞]せっかちな、短気な、気が短い、気が早い
[形容詞]雪や台風など天気が通年よりも早い
[形容詞]ドラムなどが走りがちな
[反意語]mikt
[レベル]2
19:ベーゼルのような

bezn
/ [名詞]モップ
[動詞]yulをモップがけする
[レベル]2
13:制:定:beab/zon

bia
/ [名詞]雑音、うるさい音、ノイズ
[類義語]fo
[レベル]2
20:古byats(いらない)

bik
/ [動詞]yulをkonで握る、握る、掴む、つかむ
[レベル]2
13:古:baog(拳)
【用例】
la bikat wasp luut. 彼女は彼の袖を掴んだ。
la bikat las ant. 彼は私の手を掴んだ。

bika
/ [電算]パソコンのマウス、マウス
[レベル]2
al;↓
16:制:bik

bikpast
/ [料理]おにぎり、おむすび、握り飯
[レベル]2
22
[文化]
→sortpast
smにアルティアから流入した料理。
携帯食としては冷や飯でも我慢するが、学食など設備のあるところでは温かいごはんを握るか、レンジでチンするなどして温める。形は手で握って自然な形で、三角や丸など。

bikt
/ [建築]ノブ、ドアノブ
[レベル]2
13:制:bigka(握る部分)
【用例】
hol bikt ノブを回す

bio
/ [親族]じーさん
[レベル]2
19:ridia:be/fio

bix
/ [生物]髪以外の毛、毛、髭、髯、鬚、ひげ、ヒゲ
[レベル]2
17:制:恣意

blab
/ [擬音]ベラベラ、べらべら、べちゃくちゃ、ぺちゃくちゃ、ペラペラ
[言語][俗語]言語、言葉、蛮族語:主に外国語や方言を卑下していう。
[レベル]2
22:オノマトペ
【用例】
insaren o rattoren et blab tis. 中国語と英語は蛮族の言語にすぎない。

blem
/ [料理][動詞]yul(材料や衣など)をkonであげる、あげる、揚げる
[レベル]2
21:blenzel/ems
【用例】
blem sabi kon ems tuutel. 油で衣をカラッと揚げる。

blenz
/ [名詞]炎、火、火炎、大火、焔、火柱
[類義語]fai
[レベル]2
szd;<>beezel
[語法]
燃え盛る炎、火炎のこと。

blize
/ [文頭純詞]所詮、しょせん、そうはいっても、どうせ、なんといえども、なんであれ、何であれ
[レベル]2
22:blis「指の先のように瑣末なこと」

bob
/ [形容詞]匂いが強い
[類義語]beeb
[反意語]vev
[レベル]2

[語法]
臭くはないがキツイ匂い。つけすぎの香水など。
【用例】
☆ti tur liito, tal bob on tu towa. 良い匂いの香水だけど、つけすぎで臭いよ:日本語では「臭い」と訳すのが自然。

boh
/ [動詞]yulをむせばせる、咽ぶ、むせる、むせぶ
[レベル]2
古:オノマトペ
【用例】
an bohat. 咽た。
an bohat la vol bad xos laat. 彼の背中を叩いたら咽だした。

boi
/ [名詞]ラグビーボールのような楕円形の球、楕球
[数学]楕円、非真円←guxmem
[卑語]金玉、キンタマ
[レベル]2
faava:古
[語法]
guxmem

bolk
/ [動詞]yulを這ってaに行く、這う
[レベル]2
13:制:bolke(床を行く)
【用例】
xia bolkor lestez a tant. 紫亞が居間を這って出て行く。

bols
/ [名詞]カーペット、絨毯、じゅうたん、敷物
[レベル]2
14:制:bolni(床の毛織物),bolsab(床の毛織物)
[文化]
dosmdolk
【用例】
ev bols al aks 床にカーペットを敷く

bon
/ [動詞]yulを弾んでaに行く、弾む、バウンド
[レベル]2
13:制:古:bong(ゴムボールが弾むオノマトペ)
【用例】
gek bonand tood a font. ボールが坂を弾んで道路に出る。

bona
/ [形容詞]ぐにゃぐにゃな
[レベル]2
古:bnan

boni
/ [植物]ブロッコリー
[メタファー]ねぐせ、寝ぐせ、寝癖
[レベル]2
lakta:「寝癖の頭」が原義。
【用例】
lala, tyu til boni e. わー、寝癖すごいよ。

boog
/ [医療]たんこぶ、タンコブ
[レベル]2
22:オノマトペ

boppo
/ [卑語]ハゲ、はげ、禿げ。禿、スキンヘッド、ツルピカ
[メタファー]スポット、空いた空間、広い空間で少しだけ違った部分
[レベル]2

[文化]
卑語としては使わないこと。メタファー語義は使って構わない。

bowa
/ [擬音]どかーん、ドカーン
[レベル]2
19:リディアの書

bren
/ [俗語]男のガキ、クソガキ
[レベル]2
19:ridia:branから

bub
/ [動物]ハエ、蝿
[名詞]うるさいやつ、邪魔な奴
[レベル]2


buc
/ [俗語]豚
[卑語]ブタみたいなやつ
[レベル]2
20:ridia:mirok:「ブヒブヒ言う奴」という意味のオノマトペ

bult
/ [形容詞]厳しい、優しくない、辛く当たる
[反意語]niit
[レベル]2
rd
19:赤:bulta
bulta:bulta
【用例】
"kakka et bult kont maal et niit, tix xite noan", yul soa, luxia na sil kamilel. 「父さんは厳しい。母さんは優しい。ウチ以外はねぇ」――とルシアが思いそうだな。

bup
/ [形容詞][擬態語][ネガティブ]ぶつぶつ、ぷつぷつ。ブツブツ、プツプツ
[レベル]2
20:ぶつぶつ小さく気泡が弾けるような音から
[語法]
アルバザード人が最も嫌う物ないし音のひとつ。鳥肌や病気になったときの肌などにできるぶつぶつのことで、無数の気泡ができたもの。気持ち悪いものの代表で、身の毛がよだつ。ほかにも、皮を一気にはぐと血管が気泡状に傷つくため、ぷつぷつと出血する。これを魔法で起こしたものが禁呪魔法erix。

bupsir
/ [生物][ネガティブ]鳥肌
[レベル]2
20:ぶつぶつした肌
[語法]
bupsirは恐怖や嫌悪によって生じた鳥肌のことで、気持ち悪く不快とされる。同じ鳥肌でも感動によって起こったものは歓迎され、その場合はyusirという。
【用例】
an tilat bupsir man insik veliz. 虫を見て鳥肌が立った。

buuna
/ [形容詞]つまらない、楽しくない、退屈、不愉快
[反意語]ban
[レベル]2
f;naは心。
赤:つまらなくてぶすっと頬を膨らませてるときの心と覚えると楽
buuna:buuna
【用例】
an nat buuna im fis. 今日は退屈だった。
yuu et buuna vein nod el in mex tau fi. 人が買い物しているのを見るほどつまらないものはない。

byuz
/ [植物]白菜
[レベル]2
seren:mel:byuz(白菜)。「重い野菜」が原義。

caca
/ [感動詞]lalaの強め
[レベル]2
21

caiz
/ [卑語][俗語]チビ、ちび
[レベル]2
19:古:caliiz
caliiz:caliiz

cam
/ [ユマナ]キリスト
[レベル]2
古:ca emyu(その油)。油はanointed(油を塗られた)を指し、caはそのような特定の人間を指す。
【用例】
miva"el guk fan les demat selan ansete?" an"a ya" miva"xom es el soks les demat lan di du alka lot tu fia?" an"hqm? tu eks ne?" miva"cam, mil mirok mi tu fia" 娘「詐欺を働いたら責められますよね?」俺「そうだね」娘「じゃあどうして世界一多くの人を騙した人が尊敬されてるんですか?」俺「ん……誰のことを言ってるの?」娘「キリスト。神なんていないのに」(luxia arbazard)

camsel
/ [ユマナ]クリスマス
[レベル]2
23

camselsa
/ [ユマナ]クリスマスイブ
[レベル]2
23

camxant
/ [ユマナ]クリスマスプレゼント
[レベル]2
24

camxipl
/ [ユマナ]クリスマスケーキ
[レベル]2
23

cas
/ [動詞]yulをa(場所など)に強調する、強調する、目立たせる、際立たせる
[形容詞]際立った、きわだった、目立った
[普通動名詞]強調
[言語]強調。強調、倒置などの強調。
[類義語]hanet
[レベル]2
17:制:古:ca(強調を意味する形容詞あるいは冠詞的形容詞)
[語法]
hanet

cat
/ [歳時記]曜日
[レベル]2
古:ca teems(曜日)
[文化]
soot
メル暦は7曜日。それぞれの日にはヴェルムからパルトまでのソームの名が冠してある。
公官庁などはパルトが休日。事実上日曜に当たる。
学校は後期大学未満はパルトとヴェルムが休日。

cate
/ [気象]嵐、暴風雨
[レベル]2
16:制:ca/teez
【用例】
cate tin lunat. ものすごい嵐があった。

catis
/ [形容詞]たった、ほんの、わずかに。tisの強意。
[レベル]2
21:ca/tis

coki
/ [形容詞]狂った、発狂した、ファビョった、火病な、文章などが意味不明な、イミフな
[反意語]saav
[レベル]2
f;loki「頭が動く」の音を強めたもの。


cuuf
/ [気象]夕日、日没、日暮れ、夕焼け
[レベル]2
19:cuukfaal

cuuk
/ [天文][気象]真紅の月、深紅の月、紅月
[レベル]2
17:古:keno cuukiite(真紅の月)、(ルーキーテの(月))が原義。『カコ』の一節が語源。皇女ルーキーテがむなしく散り、ドゥルガとヴィーネの和解が破局を迎えた日、暗い空に現れた真紅の月が現れた。そのシーンに出てくるような月という比喩から。
::la luuvet

daat
/ [形容詞]かっこいい、カッコいい、カッコイイ、格好いい、格好良い、格好イイ、かっこイイ、素敵、素敵な、すてき、ステキ
[類義語]farm、varma、adiiyu、erde
[反意語]giik
[レベル]2
14:制
[語法]
顔ではなく見た目全体がいいこと。見栄えが良い、身なりが良い、体型がいい。男女ともに。

dab
/ [形容詞]面倒な、面倒くさい、面倒臭い、面倒、わずらわしい、煩わしい、厄介な
[レベル]2
14:制:dalab(仕事が多い)
【用例】
tu et dab kinel xel an pia nelt harx tat sel. 毎日お弁当を持って行くのは煩わしい。
an tilat mesa{xalt} dab sin. 厄介な立場に立たされた:mesaだと環境、xaltだと立場。例えば死体片付け役のような「ポスト」の場合、立場なのでxalt。
☆rom, yet dab tin lunak flel ant. 突然厄介な出来事が私に降りかかった。

dacma
/ [感動詞]はじめまして、初めまして→hadhacma
[類義語]hadhacma
[レベル]2
古:a'dacma←はhad'hacma(使徒になった)
[語法]
→hadhacma
dacmaのほうがhachacmaよりくだけている。
×andacma

dain
/ [名詞]共性の敬称、〜さま、〜様
[形容詞]〜様。前置。
[レベル]2
古:dain←daizlanから。元は偉いということを表わす敬称。
[語法]
→apt, est
×名
○姓
○前置
×後置
○男女

dait
/ [形容詞]偉大な、偉い、えらい、立派な、壮大な
[反意語]veigl
[レベル]2
20:dai:古
[語法]
地位が高い、功績が大きい、能力が高い、徳が高いなどを指す。子供に「よくできたね、えらいね」というときに使えないこともないが、日本語でいうところの「あなたは偉大だね」に相当する大げさな言い方。子供を褒めるときは"fian rat"などがふつう。
【用例】
freman et dait. sil firt, taik eket art.
soa vik kut a der yul atte ter.
hqn? dis at fiim xalt misala? ol dis asm, son bewik van a?
隣人は立派 将来有望 才能人
そんな奴がさぁ 頑張れってさぁ
怠けて見えたかい そう聞いたら頷くかい
(BUMP of CHICKEN『才悩人応援歌』)

daiz
/ [政治]王、君主、キング
[形容詞]〜王。敬称。
[類義語]ilkant
[反意語]istir
fv;daiz < kaiz < kaizamo(大木)
[レベル]2

daiz:daiz
[語法]
→apt, est
○名(後置)
○姓(前置)
○男女
○単体使用/名詞用法

daj
/ [形容詞]親切な
[反意語]vanda
[レベル]2

[語法]
daj(+干渉),aldaj(+不干渉),vanda(−干渉),alvanda(−不干渉)の4点セットで覚えるとよい。

daks
/ [普通動名詞]繰り返し、反復、リフレイン
[動詞]yulをras回aになるまで繰り返す、繰り返す
[形容詞]繰り返した、繰り返された、何度も、何度も何度も
[音楽]レープリカ、レプリカ、ビス、テル、クォーター。頭にtaを付けるとビス、ヴィだとテル、valを付けるとクォーター。
[反意語]prie
[レベル]2
14:制:daso(多くする)
iz:iz
[文化]
アルカは日本語や英語に比べて同じ内容が短くいえることが多い。日英では随分長くいうところを短く伝えられることが多い。そのため、聞き漏らしたら何がなんだか分からない。それに短すぎて印象に残りにくいゆえに、アルカでは短い文であるほど二度同じものを繰り返す傾向が強い。一語文は最も繰り返しやすい。ax, axやkekko, kekkoなどがそうである。日本語では「はいはい」は無礼とされるが、ax, axはむしろ丁寧である。
また、短い文も繰り返しやすい。長くなって文が複雑になると、全文を覚えづらいということと時間と労力がかかるということがあって繰り返しは少なくなる。アルカの場合、繰り返しは強調で使われる。賛成や賛辞などは繰り返すことによって強調され、敬度も高まる。非難や愚弄は逆に強調することによって敬度がより下がる。公的私的の違いはないが、論文のようにあまり強調する必要がないものは繰り返しが少ない。ただ、論文にも強調される箇所は当然あるわけで、そういう部分は繰り返されることがある。だが、論文の強調される部分はえてしてそれなりに長い文なので、繰り返されないことも多い。

dakt
/ [動詞]yulをaにぶつける、ぶつける、ぶつかる、衝突
[動詞]yul(車)をa(人や物)に当てる、aを轢く、轢く、引く、ぶつかる、追突する
[レベル]2
14:制
【用例】
an at dakt a jiki mexet. ほかのそりにぶつかってしまった。

daktji
/ [医療]突き指、つき指
[レベル]2
19:seren

daktvix
/ [医療]打ち身、打撲。衝撃でできた傷やあざ
[レベル]2
19
【用例】
tilat daktvix on nast 肘を打撲した

dalm
/ [動詞]yulを支える、支える、支持する
[普通動名詞]支持
[名詞]〜立て、立てるもの、立て、支えるもの
[反意語]dips
[レベル]2
14:制:dalmain(体を助ける)

damb
/ [形容詞]時間が多くかかる、時間がかかる、長ったらしい、時間がかかって面倒な、冗長な
[類義語]fixk
[反意語]aldamb
[レベル]2
15:制:dab。damb(面倒な)とfist(冗長な)を統合し、dimb(時間が早くてすむ)とfast(簡潔な)を統合した。

dame
/ [形容詞]都合の悪い、不都合な、景気の悪い、調子の悪い、(儲け話が)しょっぱい話、自分のスケジュールの予定にあってない、採算の取れない、予算に合ってない、不利な、適切でない、だめ、ダメ、駄目、マズイ、まずい、マズい、ヤバイ、やばい、ヤバい
[反意語]xilf
[レベル]2
16:制:dam(適切)

dar
/ [形容詞]自動の、機械仕掛けの、オート
[反意語]lal
[レベル]2
14:制:sorn:tloint(自動ドア)
tloi:tloi:tloint

dartjal
/ [名詞]多数決
[レベル]2
19
【成句】
haas dartjal 多数決により、多数決で決める、多数決に従う

dask
/ [動詞]yulを砕く、砕く
[魔法]ダスク。土の低位白魔法。岩などの障害物を砕いてトンネルを掘り進んだり、道を進めるようにする
[レベル]2
14:制:sorn:dao
[語法]
daskはいくつかの破片にすること。dorはそれが別物である程度に破壊すること。daskは物を変えないが、dorは変える。砂糖をdaskしてもまだそれは砂糖だが、窓をdorしたらもはやそれは窓ではなくガラスの集まりである。窓をdaskしたといったら、窓を丁寧に後からでも使えるように切り分けたといった意味になる。

daxm
/ [名詞]タオル
[レベル]2
13:制:dixmele(ザラザラな綿織物)
【用例】
an sedat er kon daxm. タオルで水気を取った。
an fipat main kon daxm. タオルで体を拭いた。

daz
/ [形容詞]〜に当然あたる、〜に値する、〜する価値がある、ふさわしい、相応しい、相応な、似合う、にあう、〜が所有する物としてふさわしい、当然な、フェアな、納得がいく、仕方ない、しかたのない、しようのない、しょうがない、もっともな、尤もな、適応する、適切な、しっくりくる、サイズが合う、フィットする、ぴったりな、タイトな、適合する、適応する
[格詞]〜に当然あたる、〜にふさわしい、〜にふさわしく
[動詞]yulをaに適応させる、適応する、適応させる、適する、合す、合わす、合わせる
[反意語]dim
[接尾辞]〜にふさわしい。trustworthyなどのworthyに相当:setdaz(死に値する)、hakdaz(称賛に値する)
[レベル]2
tm;dazet,f.l
13:制:ridia:英語のdeserveから来たdizaavというのがあったが、dazはこれからではなく、古アルカの「相当」を意味するdazettから。
dazet:daz:dazett
【成句】
de daz a 柄じゃない、柄ではない、ガラじゃない、ガラではない、がらじゃない、がらではない
【用例】
lan daz 適任者
[メタファー]daz yun lasl skol 履き慣れた靴のようにしっくりくる
[メタファー][卑語]daz yun minti 嫁のようにしっくりくる:元々嫁の性器のように使い慣れたという意味から来ているので、[卑語]タグ。
fis at daz a tolx. 今日はトレーニング日和だった。

deem
/ [名詞]デーム、悪魔
[生物]悪魔属
[形容詞]悪魔〜。敬称。
[レベル]2
meltia 0:acma;teems.k
20:deems:16:制:悪魔テームスとの区別が付かないので区別した。一般の悪魔たちをこう呼ぶ。古アルカでの意味は「永遠」。その後deemsから、teemsと区別するためにsを落とした。
[語法]
→apt, est
○名(前置)
×姓
○男女
○単体使用/名詞用法
[文化]
アティーリに出てくる悪魔たちのこと。

defa
/ [料理]バーベキュー、焼肉
[レベル]2
13:制:desfai(外で焼く)

deik
/ [形容詞]おなかいっぱいの、満腹な
[類義語]rakkui
[反意語]kulan
[レベル]2
20:deyu kuo(口を閉じる)

deko
/ [名詞]内側、内
[建築]構内、内部、校庭、キャンパス
[反意語]gote
[レベル]2
13:制:古:despakekko(来てはならない)
[語法]
マンションの内部や家の中など、敷地の中であることを示す。建物の中というより、敷地の中という意味で使われる。ka deko e raとpot raでは、敷地を意識しているか空間を意識しているかの違いがある。ここはウチの家だからよそものが勝手に入るなという場合、前者を使う。家の中は暑いねという場合は後者を使う。
[文化]
芝生などが植えられ、憩いの場となる。軒のあるところもある。遊具はない。昼休みには生徒が校庭に出て、遊んだり寝たりする。

dels
/ [名詞]映画
[レベル]2
rt
lakta
[文化]
映画は比較的人気のある娯楽で、恋人候補が親交を深めたり話題を作るために利用することが多い。日本と違って席が広く、高低もあり、前の人の頭が気にならない。映画館ではケータイなど、音のするものは切っておく。私語は禁止である。映画に向かって喋りかけることもない。これは日本と同じである。日本以外の国では映画を見て騒ぐところもあるが、アルバザードでは騒がない。また、飲食もできない。音がうるさいからである。これは日本とは違う。尚、席と席の間には高いついたてがある。これをあげると隣の席と自席を隔離できる。隣が赤の他人のときは、ついたてを上げるのが礼儀。どちらともなく気付いた方が上げる。また、日本の席は狭く、爪先が前席の後部に当たるということが良くある。途中でトイレにいく場合、横の人に足をどけてもらうことになる。だがこれは迷惑である。だからアルバザードの場合、席の前に通路が必ずある。トイレを行くときはそこを通る。通路は一段低くなっているので、身を屈めながらいけば前の人の視界を横切ることなく移動できる。
映画館ではチケットを買って中に入る。チケットは資源の無駄なので紙ではない。使いまわしの硬質カードを入場券として使うか、アンセに登録する。大抵は指定席なので所定の位置に座る。映画の料金は日本より安い。レディースデイなどという差別的なものはないが、子供料金や学生料金はある。映画は一本立てで、長くても二時間以内に終わる。初めに予告が入る点は日本と同じである。尚、館内は当然暗い。
日本と違って、映画は劇場公開とダウンロード配信が同日である。つまり、映画館で公開される日と自宅で鑑賞できる日が同じである。映画館の利点は大画面かつ高音質な点である。欠点は自由に一時停止や巻き戻しできない点と、開始時刻が決められない点である。尚、ダウンロードする方が映画館より値段が高い。無料のデータと違ってセキュリティが固く、映画公開中は大抵コピーガードを破れない。素直に映画館に行くかダウンロードした方が早い。更に有料情報のコピーは罪が重く、警察もすぐ動くので割が合わない。日本はP2Pに海賊版が流れていても検挙される確率が異常に低い。だが、アルバザードでは海賊版が出回ればコピー者を徹底的に追及する。そのため、コピーしても人に配るのは難しい。知人に手渡しで渡すくらいである。だがその頃には映画の話題性も薄れているのであまりありがたくない。だから馬鹿馬鹿しいので素直にダウンロードするか映画を見に行く。
【用例】
an inat ke lax dels. 映画を見に行きたかった。
an inat ke lax dels kinel. どうしても映画を見に行きたかった。

delska
/ [娯楽]映画館
[レベル]2
rt;/
23

delt
/ [動物]熊、くま、クマ、ベアー
[組み数字]5/5
[レベル]2
13:制:lakta:del
[擬声]
guoa
[文化]
→vietrein
ティーテルと仲が良く、蜂蜜が好きというイメージがある。

dem
/ [動詞]yulを騙す、騙す、だます
[普通動名詞]騙し、詐欺、サギ、フェイント
[レベル]2
13:制
myae:myae

demo
/ [名詞][形容詞][ネガティブ]馬鹿、ばか、バカ、頭のぼーっとしたバカ、ぽーっとしていて頭が回っていないかのような愚か者、どんくさい、ドン臭い、どん臭い
[反意語]falef
[レベル]2
fv
13:制:古:denmelmolo(回らない頭)。頭が働くの意味で回ると比喩したのは日本語の感覚と同じ
demo:demo:demo
[語法]
ぼーっとしているものや、どんくさいものに使われる。普段早くても一時的にとろとろしている相手に怒って言うこともある。
【用例】
"wein, demo{teolo}! ren lo, etto!" 「お兄ちゃん、バカ、考えなよ!」(mel keetoia)

depente
/ [名詞]デペンテ、アルテに対する礼拝、祈り、呪文、デペンテの詠唱、呪い
[医療]自己催眠
[レベル]2
f;e。dertの意。
古アルカで祈るはdepenteだが、depenteの元の意味がそもそも祈りの呪文。
depente:depente:depente

depi
/ [植物]ナス、茄子、なすび、ナスビ、エッグプラント
[レベル]2
14:制:defpin(紫の棘)

dert
/ [宗教][動詞]on(試験など)についてyul(相手)のことをa(神など)に祈る、yulに幸あれ、祈る、お願い事をする
[普通動名詞]祈り、礼拝
[魔法]デルト。白魔法のうち、直接回復系を除いたもの。
[非言語]祈る→文化欄
[レベル]2
14←古:depente
[文化]
祈るときのジェスチャーは、arteに祈る場合は右手の人差指を鉤状に曲げる。このとき、ほかの指は丸めてグーのようにしておく。その手を胸の前10cmほどの場所に置く。胸に手を当ててもよい。
一方、aliesに祈る場合は手を合わせた状態にし、合わさりあった両手の指を互いの指の間に滑り込ませて交差させる。要するに手を組んだ地球でも一般的に見られる祈りのポーズである。ただし地球と異なるのは、交差した指を伸ばしたままにしておくという点である。西洋人が祈るときに作るグーっぽい交差した手と、日本人がやる手を合わせるタイプのお祈りの、ちょうど中間的な身振りである。『ねこにっき』teexの回の3コマ目でみーふぁがこのポーズをしているので参照のこと。ちなみに伸ばした指を曲げて西洋人がやるようにしてもよい。ただし日本人がやるような手のひらを合わせるやり方はアルバザードにはない。このジェスチャーは主にaliesに対する祈りだが、広義にはarteも含む。
【用例】
an dert esk sil vadel. 雨が早く降ることを祈る。
an dert ano em rakl. 計画通りうまくいくことを願う。
non dert la. 彼に幸あれ。

dertka
/ [宗教]祈り場
[レベル]2
19:melidia axte

detes
/ [動詞]なっていなかった。過去継続相の否定の繋辞。
[レベル]2
rd;/
23

dex
/ [動詞]yulを許さない、許さない
[反意語]xilhi
[レベル]2
14:seren:klel:dox
[文化]
許さないからといって復讐するという意味では必ずしもない。日本語にはこれに当たる単語がない。

dexal
/ [感動詞]うそーっ!
[アクセント]dexAl
[レベル]2
古:dexal。元はdenxal(存在しない(存在し得ない))。5年ごろかあるいはそれ以降にはリディアが使い出していたと思われる古アルカの感動詞。

deyom
/ [名詞]シャッター。ドアの。
[名詞]シャッター。カメラの。
[レベル]2
rd;deyu/homyu | rt
23
【用例】
ar deyom シャッターを下ろす。語源的に考えて、arがシャッターを上げるではない。
ar deyom e secar カメラのシャッターを切る

deyu
/ [動詞]yulを閉める、閉める、閉じる、服を閉じる
[形容詞]閉まっている、閉じている、店がしまっている
[反意語]hom
[医療]梗塞、閉塞した状態
[レベル]2
19:古:despayu(封印される)

dia veer
/ [娯楽]ディア=ヴェール
[レベル]2
19:unilei
[文化]
アルティアが4年に1回発売するRPGゲーム。世界中で発売され、アルバザードでも売られる。最も人気の高いゲームで、国民的RPGかつ世界的RPG。オタクでなくともディア=ヴェールはたいていやったことがある。要するにFFとドラクエっぽいもの。
シリーズは連続物ではなく、基本的に1話完結。世界観は原則アティーリ。タイトルによってメインとなる時代が違うので、新作はどの時代だというのが頻繁に話題に上る。一番人気が出るのはkk_rdの時代。

diad
/ [名詞]ガラス、硝子
[レベル]2
15:制←2, 3:ridia:dialudo(夢の宝石)
[文化]
アルテムで神が作った。当時は陶磁器と混ぜて使っていた。
【用例】
diad e tems at rig mil cate. 窓ガラスが嵐で壊れた。

diaik
/ [植物]桃、ピーチ、もも
[レベル]2
14:制:diavank(リディアの香りの果物)
ipsen:ipsen:la lavand:pupu,alt
[文化]
ディアセルに食べる果物。rdで定められたアルバザードの国花。

diain
/ [植物]コスモス
[花言葉]あいしています。
[レベル]2
rd
19:リディアの花。リディアのように綺麗で可愛い花であることから。
salmin:salmin:la kardinal:ankozue,alt
[文化]
秋に咲く美しい花で、アルバザードでは非常に人気が高く、いたるところに植えられている。ルティアの国花。

diaka
/ [感動詞]ディアカ
[レベル]2
ovi:melkaに対応する言葉。やはりオヴィが作った。
[語法]
ディアセルを祝う言葉。

diakacte
/ [ランドマーク]ディアカルテ
[名詞]理想郷、ユートピア、桃源郷、楽園、パラダイス
[ユマナ]ディズニーランド
[レベル]2
21
[文化]
北ルークス市北部にある市。市全体がディアカルテという同名のテーマパークになっている。面積は山手線の内側より広く、アメリカのウォルトディズニーに匹敵する。つまりアトラス版ディズニーランド。rdでimul 1594(1595?)にアルバ王が建てた遊園地がその始まり。遊園地の周りが自然公園になっていた。現在ではこの庭園エリアもすべてテーマパークとなっている。開園時にアルシェがメルを連れて遊びに行き、そこで異性魔王ジールとの戦闘になったことがある。このときジールはメルのhaifで撃退された。
【用例】
diin ans xar fia milen mirokizm et diakacte. sol an siil van fia le ridia landi aata. いずれにせよ僕たちはミロク革命による世の中を理想郷と信じますし、僕自身はリディアの望む世界を守りたいのです。

diakart
/ [名詞]ディアセルカード
[レベル]2
rd;/
34
[文化]
→melkart
melkartのディアセル版。

dial
/ [被服]アクセサリー
[レベル]2
古:「リディアのもの」

dialemi
/ [料理]ミネストローネ
[レベル]2
19

dian
/ [動詞]yulを演じる、演じる、yulのふりをする
[普通動名詞]演技
[レベル]2
19:dia/na(虚構の心)
[語法]
kyoは演技として、周りも自分もそれが虚構と分かっている状態。dianは相手に気付かれないよう、装うさま。demと違って金をだまし取ったりといった犯罪目的ではない。従って例えば自分を可愛く見せたりといった実際とは違う自分を演じることである。
【用例】
dian en ser とぼける、しらばっくれる、白を切る、トボける、シラばっくれる

diana
/ [形容詞]虚構の、架空の、非現実な、非現実的な
[名詞]虚構、架空、フィクション、非現実、非現実的
[数学]虚数←dianaalx
[類義語]dif
[反意語]fiana(発音混同注意):逆に、音が似ているのでよく韻に使われる。
[類音]fiana
[レベル]2
rd;dia/na
19:夢心地
【用例】
fiana l'el in elf et diana kont diana l'el in fan et fiana. 見えないほんとうはつくりもの。見えるうそはそこにある(ridia lutia)

dianian
/ [歳時記]ディアセル休み
[類義語]dianiansel
[レベル]2
21
[語法][文化]
dianianはzan dyu_zan favまでの期間。dianianselはzan mikとzan favの休日。

dianiansel
/ [歳時記]ディアセル休み
[類義語]dianian
[レベル]2
21
[語法][文化]
dianian

diar
/ [エルト]ディアル
[レベル]2
古:diar←dia/arte
[語法]
夢を司る。転じて睡眠、眠り、覚醒を司る。眠りから転じて更には休息、休暇、休養、休みも司る。

dias
/ [動詞]yulをはしゃがせる、はしゃぐ、楽しそうに声を上げる
[レベル]2
13:制:古:diaso
【用例】
an en nat nos dias van. はしゃぐ気になれなかった。

diasel
/ [歳時記]ディアセル
[レベル]2
16:制:リディアの日
[文化]
リディアの誕生日。メル暦でザナの月ラルドゥラの日のこと。グレゴリオ暦でいうと7月19日ごろを指す。アシェットでは慣例として毎年ディアセル付近になると大会議を催している。ディアセルには一年で最大の祝いを行う。メルセルと同じく飲食店が休業なので自宅で祝い、diaxantと呼ばれるプレゼントを交換する。ディアシャントはmelxantと同じである。即ち、親から子以外は相互的で、現金は無礼でない。メルシャントと違うのはディアセルが年で一番の祝いであることから、高価なものも取り扱うということである。ディアセルには透明な水の入った器を月の下に晒しておくという習慣がある。尚、器にはその日の月相(8組数字のいずれか)を書いた鏡を沈めておく。これは天候に関わらず行われる。また、ディアセルには桃を食べる習慣がある。この桃は生で食べても良いし、調理に使っても良い。この習慣は、ディアセルの語源であるリディアを象徴する果物が桃であるということと、この時期辺りから実際に桃の身が成熟することから生まれたものである。また、桃はipsenというエルトが司るものだが、イプセンは桃と共に長寿も司る。そしてこの日に桃を食べるのは非常に縁起が良いと考えられている。ディアセルには皆でdiakaと言って祝いあう。melkaと同じく当日にしか使えない。
尚、メルセルとディアセルには前夜祭がある。luumelとluviaである。前夜祭といってもその日の朝から終日行われる。だからふつうはこの日は休みにして働かずに遊ぶ。前夜祭は深夜でも自由に外に出れる。街は祭りで大騒ぎとなり、パレードや花火が行われ、出店も多く出る。店で働く人も警備員も医者も軽犯罪の囚人も一日中は働かず、何交代かで店番する。空いた時間は遊んで回り、楽しむ。この日に終日働かされる人はまずいない。そして深夜十二時前に前夜祭は終わる。十二時を迎える直前にカウントダウンが始まり、十二時になって当日を迎えたらmelka, diakaと言い合う。そして祭りは完全にお開きになってそぞろに皆帰っていく。まったく一人で何事もなく年を越していたレイン=ユティアは極めてレアな引きこもり。当日は好きなもの同士や家族で過ごす時間である。誰も働かないので祭りすらできない。病気や怪我で倒れても病院も殆どやっていない。救急や消防や警察も殆ど機能しない。だから体調を崩さないよう、気を張り詰める。タクシーや電車も動かないのでひたすら街は静かである。当日は仲間内や家族で宴会を開く。タクシーなどがないので車や自転車などで仲間の元へ向かうことになる。ただ、一般に、当日の宴会は家族と祝う。交通の不便さも原因の一つだが、恋人や仲間より家族の方が結び付きが強い。だから仲間や恋人との宴会は前夜祭に済ませておくことが多い。同時に、プレゼントを渡す場合、当日会わない仲間や恋人には十二時を回った時点で渡しておくことが多い。
<ディアセルごろのスケジュール>
学生を例に取る。社会人はテストの部分が決算処理になるだけで、後は同じ。なお、ほとんどのサラリーマンにとって決算処理よりも前の作業のほうがメインになるので、忙しいのはむしろラルドゥラの月。
zan lis:中間試験1日目(最終学年の場合、卒業試験)
zan gil:中間試験2日目
zan ful:結果発表(最終学年は卒業式。落ちると参加できない)
zan dyu:文化祭前夜祭(文化祭スタート。まだ不燃焼気味)
zan mel:文化祭後夜祭(街の祭りが始まり、文化祭と合同して大騒ぎに。最後は徹夜してディアセルを待つ)
zan ral:ディアセル(一気にしめやかな空気に)
zan zan:休日1日目(無理が祟って寝込む)
zan pal:休日2日目(動けない)
zan mik:休日3日目(ゆったり回復)
zan fav:休日4日目(明日から学校だ)

diasex
/ [名詞](til)正直な
[反意語]fiesex
[レベル]2
19:melidia axte:リディアの唇
【用例】
la til diasex. 彼は正直だ。

diaxant
/ [歳時記]ディアシャント
[レベル]2
rd;/
24:登録漏れ
[文化]
ディアセルにあげるプレゼント。現金だったり物だったりサービスだったりする。

die
/ [料理]シチュー
[レベル]2
14:制:古:diaeリディアの水。リディアはシチューが好物で、そこから取った。

diiaetek
/ [料理]緑茶
[レベル]2
19:lein
:::lansa,alt, sa,alt

diiamiik
/ [植物]青りんご
[メタファー]性的に未熟な年頃の少女
[レベル]2
19

diiateeze
/ [気象]そよかぜ、そよ風
[レベル]2
19:古:kliiz:tekteeze(そよかぜ。直訳は緑風)
【用例】
tu at faar esil mil diiateeze. そよ風が吹いて気持ちの良い朝だった。
diiateeze t'axte et fiiyu. 春のそよ風は最高だ。
an laap diiateeze t'axea. 浜辺のそよ風が恋しい。
an siina diiateeze le lef sov zepl. 木々の間を吹き抜けるそよ風が好きだ。

diil
/ [形容詞]新鮮な
[反意語]gaar
[レベル]2
19:diia/tul(緑色のもの(まだ青い果実))
【用例】
[メタファー][ポジティブ]diil yun diiamiik 青リンゴのように新鮮な、みずみずしい:韻を踏んでいる
×sap diil → sap siit 新鮮な空気

diina
/ [名詞][形容詞]平和的な、穏やかな、落ち着いた、心地よい、リラックスした。名詞の場合はtilとともに。
[レベル]2
19:diia/na
【用例】
jent at diina. 穏やかな天気だった:例えばカテージュの海辺で風もなく暑くも寒くもなく日差しも強くないような天気。

diitar
/ [名詞]冷房、クーラー
[レベル]2
19:ridia:arbaxel
[文化]
寒くするのは教義に反するので、sortarは存在しない。

diite
/ [形容詞]心地よい、精神的に気持ち良い
[副詞]すっきりと
[類義語]esil
[反意語]melis、gaiz
[レベル]2
20:diiateeze(緑風)
[語法]
esil

diittemk
/ [名詞]冷蔵庫
[レベル]2
19:xion

dil
/ [動詞]yulの邪魔をする、邪魔をする、邪魔する、妨害する、立ちふさがる、立ち塞がる、横槍を入れる、とめる、止める、くいとめる、食い止める、くい止める、食いとめる
[反意語]alk
[レベル]2
rd
13:制
【用例】
den dil an! 邪魔するな!

dilan
/ [名詞]たくさんの人、多くの人
[レベル]2
22

dilk
/ [動詞]yulをふさぐ、ふさぐ、塞ぐ、塞がる
[レベル]2
19:ridia:arbaxelt:dilkon
【用例】
dilk kuo kon las 手で口を塞ぐ

dilkon
/ [名詞]障害物、堤防
[レベル]2
19:melidia alis

dils
/ [形容詞]事後の、アフターの
[反意語]por
[レベル]2
19:ridia恣意

dilsfel
/ [名詞]復習
[レベル]2
19:ridia:arbaxelt

dilt
/ [植物]ホウレンソウ、ほうれんそう、ほうれん草
[レベル]2
lakta:(緑の?)

dilx
/ [動詞]yulを切望する、切望する、懇請する、請願する、〜しますように、追求する、追い求める
[類義語]fillax
[レベル]2
19:ilmus:ridia:dialax(夢を願う)
[語法]
dilxは強く願うこと。fillaxは長い間願うこと。

dim
/ [形容詞]不適切な、似合わない、不適当、不当な、理不尽な、不条理な、不適合な、不適応な、不合理な、だめ、ダメ、駄目、マズイ、まずい、マズい、ヤバイ、やばい、ヤバい
[副詞]べつに、別に、べつにいいよ。dimelの形でtu et dim sent(礼には及ばない)の意味。
[類義語]valent
[反意語]daz
[格詞]〜に似合わず
[レベル]2
13:制
【用例】
son xiki tilik esilkaam dim main luut del fian. すると詩姫は少女の体には似つかわしくない恍惚とした表情を浮かべた。

dimo
/ [植物]ライム
[レベル]2
lakta:緑のレモン

dinim
/ [形容詞]カラフルな
[形容詞]さまざまな、様々な、色々な、多種多様な→dipit
[レベル]2
14:制:多い色

dint
/ [形容詞]陰気な、根暗な、暗い
[反意語]belfa
[レベル]2
14:制
[語法]
嫌われる性格だが、アルバザード人全体にある程度いえること。belfaに比べると無害なのでそれほど嫌われない。扱いに困るだけ。夢織の紗枝などが例。

dioexl
/ [名詞]歯ブラシ
[類音]dioext
[レベル]2
19
[文化]
歯磨きは朝起きたとき、寝る前、食事の後に行う。最高六回だが、磨きすぎは歯に毒なので実際はそんなに磨かない。電動は普及していない。
【用例】
an evat er a dioexl du kal. 歯ブラシに水を少しかけた。

diol
/ [名詞]のこぎり、鋸
[動詞]yulを鋸で切る、切る
[レベル]2
13:制

diom
/ [生物]こめかみ
[レベル]2
14:制:古:dzihomain(物をかむと動く部分)の意
【用例】
diom em ov im el dio fi. 物をかむとこめかみが動く。

diomeli
/ [名詞]デンタルフロス、糸ようじ、糸楊枝←meli
[レベル]2
vl;/
23
【用例】
an nat em dioexl de tuval man es not a diomeli. フロスに慣れると歯磨きだけでは気持ち悪くなってしまった。

dion
/ [形容詞]ギザギザな
[反意語]aldion
[レベル]2
13:制:古:dzihona(歯)
diol le til kil dion 刃がギザギザな鋸

diopit
/ [医療]歯科
[レベル]2
19

diot
/ [植物]シソ、紫蘇
[レベル]2
13:制:古:dzihoto(歯、匂い)。歯は紫蘇の葉の形をいい、匂いは紫蘇が強い匂いを持つところから付けられたもの。

diovala
/ [医療]歯医者
[レベル]2
22
【用例】
an ket diovala im fis lana kea dio. 今日は歯の矯正に行った。

diovals
/ [医療]歯科医
[レベル]2
22

dipit
/ [形容詞]様々な、あれこれ
[反意語]kalopit
[レベル]2
14:制:多い種の
【用例】
stek dipit 様々な野菜

dips
/ [動詞]yulを支持しない、不賛同の、反対票を投じるような
[反意語]dalm
[レベル]2
20:dapt/so(顔をしかめる)→daps→dips(dalmのdaと離した)

dipt
/ [名詞]歯磨き粉、洗口液
[レベル]2
13:制:diopita
【用例】
an evat dipt a dioexl. 歯ブラシに歯磨き粉をかけた。
xe kut al an yul el bik xin vaik hal e lor e dipt. 歯磨き粉の上の部分を握ってはいけないと言われた。

dire
/ [気象]露、ツユ、デュー
[レベル]2
13:制:古:dialudoe(ガラスの水)
:::ama,alt
【用例】
sed dire 露を払う

direi
/ [名詞]境界、境界線、境界点、しきり、仕切り
[経済]気配
[レベル]2
19:despa/rein。despaと音を離すため、最初の母音をiに
【成句】
ev direi a vant emisel 自分勝手に法に線を引く:我田引水
leis direi a{sov} on onについてaとの間を区切る、境界線を引く、制限する
【用例】
leis direi sov ta kad 2つの国の間に境界線を引く
el lufa sen jan tea alan leis elf direi on tolis a. 社会が線引きなんかしなければ、人はいくつになったって空も飛べるんだ(seren arbazard)社会が年齢に応じた役割を押し付けなければ、人は年齢ほどには年を取らない。年を取らせているのは社会の制約だという意味。

diret
/ [法律]犯罪、クライム
[類音]dire
rd;↓
[レベル]2
20:daz tre(刑に値する)→datre→daret(trが言いにくいので位置を交換)→diret(後続のeに押されて母音が前寄りに) 参考:kaxe:16:制:kaxo:古:kaxu(法)。犯罪がkaxeだと法のkaxuと近すぎるため。
【用例】
ar diret 罪を犯す

diretan
/ [法律]犯罪者、罪人、犯人
[レベル]2
20

disto
/ [娯楽]グッズ、商品、作品、コンテンツ。コンテンツの場合、有形コンテンツ。
[レベル]2
sm;adist.k。もとはadistの副産物という意味だが、rtごろからグッズの意味で使われだした。
23

dit
/ [普通動名詞]収入、所得
[動詞]yulの金を受け取る、yulを稼ぐ、受け取る、稼ぐ
[経済]収益。財務諸表上の収益。
[反意語]gak
[レベル]2
@19
[文化]
収入は多くなく、支出も多くない。たくさん収入してたくさん支出するには時間を労働力に変えて金を得るしかないが、アルバザードはそのような生き方を嫌う。ゆえに収支は総じて少ない。大家族が多いため、一人当たりの収入が少なくても食うには困らない。収入は働き手が稼いで家に入れる。夫婦がどちらも外で働くことは少ない。特に子供がいればどちらかは家にいて子供を育てる。仮に外で働いても短時間である。たとえば夫が働く場合、妻は家で家事や育児をしたりする。

dit(2)
/ [名詞]多さ→du
[レベル]2
19

diti
/ [名詞]多さ→du
[レベル]2
22
[語法]
通常この語は使わず、duを使う。

ditmas
/ [経済]領収書、レシート
[レベル]2
19:ridia:arbaxelt
[文化]
アンセに自動登録されるので、紙ベースでは出てこない。ヴェレイでは出てきた。
【用例】
an bas ditmas. レシートはいいです:en xirのほうが丁寧。

divaik
/ [名詞]大部分
[レベル]2
19:ilmus:ridia
【用例】
ti et xafal ati divaik. 責任の大部分は君にある。

diver
/ [動詞]yulに失望する、失望する、絶望する、見損なう、がっかりする、事態に絶望する、夢が崩れる、夢を失って
[普通動名詞]失望、絶望、落胆
[経済]嫌気
[反意語]land
[レベル]2
19:dia/vern(夢が崩れる)
【用例】
til diver 落胆する、絶望する
diver dan 激しい絶望
an diver ti. 君には失望したよ。
an diverat tu vert. そのニュースに失望した。
an diverat hacn man la veig an. 友達が約束を破ったので失望した。

dix
/ [形容詞]なめらかな、円滑な、ぎこちなくない、すべらかな
[形容詞]つるつるの、つやつやの、なめらかな、滑らかな。平面上に凹凸がないということを意味する
[形容詞]自然な、まともな、すらすら、スラスラ
[反意語]iks
[音楽]レガート
[レベル]2
lakta

diz
/ [法律]罪、咎、とが
[類義語]kahi
[反意語]tren
[レベル]2
20:dis:19:古:despa(禁じられた)
[語法]
kahi
【成句】
lein diz 罪をかぶる、罪を背負う
【用例】
til diz 罪を犯す
×na diz 罪を感じる→kahi

dog
/ [動詞]yulをかじる、かじる、齧る
[レベル]2
13:制:古dzihogas
【成句】
dog toa 鼻をかじる:甘える、じゃれる:ルシアが0歳のころ、同じ籠に寝る兄ユルトの鼻をかじっていて、どうもそれが本人としては歯がかゆいのか知らないがじゃれているように大人たちに見えたことから。
【用例】
le de tov. tio, laas dog toa e xok. あれはケンカじゃないよ。単にお互いじゃれてるだけ。

dok
/ [形容詞]幅広い
[反意語]get
[レベル]2
13:制:daka(場所が多い)

dolf
/ [色]灰色、ドルフ
[形容詞]灰色の、灰色い、はいろい
[レベル]2
19:制:dof
::lu la diizel(luは濃い灰。laは明るい灰)

dolk
/ [名詞]飾り、かざり、飾り物、飾りつけ、粉飾,装飾品、置物、つま(けんつまなど)、付け合せ、観賞用、鑑賞用、形骸
[動詞]yulをaに飾る、飾る
[建築]内装、外装
[副詞]形式的には
[言語]修飾する、修飾語
[数学]係数←dolkalx
[レベル]2
13:制:dol(石),ludo(宝石)から
:::temalu,alt aholu,alt
[文化]
ミロクは装飾には寛大であった。服で規制をした分、装飾には甘かった。だが実際はアルティスが装飾品にはヴィードが宿ると考えていることが甘かった理由である。装飾品には身に付けた人のヴィードが宿る。服にはあまり宿らないとされている。これはなぜか。服はサイズによって着回しが利く利かないが、装飾品は誰のものでも着けられる。この汎用性の無さが原因で服にはヴィードが宿らないと考えられた。特に神話に登場するキャラクターと同じ名前やそれに関連する名前を持つ者にとってエーステというアクセサリーは意味が大きい。エーステは古アルカの幻字を象ったアクセサリーである。たとえばミールやクミールといった名前の人間には古アルカの「Ъ」の字を象ったアクセサリーが生まれたときに与えられ、生涯大事にされる。学校や職場でも装飾は許される。全く注意されることはない。首飾りを着けようと指輪を嵌めようと全く問題ない。但し、食品関係は衛生上問題があれば外すことが義務付けられる場合がある。ところで、装飾の中でピアスなど体に穴を空ける類の物は特別な意味合いを持つ。本来、穴を空けることは痛みを伴う。一種の自傷行為である。自傷行為はアルティスによって禁止されている。ゆえにピアス類は反アルティスの表われと取られることがある。ところがこれと全く逆で、ピアス類がアルティスの敬虔な証とされることもある。神を表わすものや神の力が宿るピアス類を付ける場合、体に穴を空けることが神との強い交信を表わすことになる。これは敬虔な信者の証である。ただしピアスを開ける場所は耳のみ。神の声を感知しやすくするために耳に着けるからである。
【用例】
im kest, an dolk ke xaf waim antes ka temk alnod tikno. 明日は9時からユ資へユ誌・閧しに行かねばならない。

dolpip
/ [娯楽]水切り、水きり、石投げ、ストーンスキッピング
rd;/
[レベル]2
23
[文化]
水面に向かって回転をかけた石を投げて、水面で石を跳ねさせる遊び。

dols
/ [普通動名詞]しつけ、躾
[動詞]yulをonに関してしつける、しつける、躾ける
[レベル]2
20:daz/tolx→dolx→dols(tolxと似るため)
[文化]
子供の躾は厳しい。奔放に育てて才能の芽を伸ばそうというアメリカ的な発想ではなく、規範的で大人しく思慮に富んだ人間にしようというフランス式に近い。じっとしている訓練を子供のころからさせ、騒いだりすることを抑制させる。下らないことを言えば無視して受け入れられないことを示し、人と話しているときに割り込めば無視してこれを制す。
子供が言うことを聞かない場合はなぜいけないかの理屈を提示し、「いいからやるな」という態度を取らない。この点では日本と異なる。また、なぜいけないかだけでなく、それをやった場合にどういう報いが訪れるかを提示して警告する。子供は理屈を介さない動物と考えているため、罰則で縛ることを良しとする。理由を言っておくのは、今やめさせるためでなく、後になって分かるようにするため。従って、理由+罰則の二段構えで叱る。
体罰は日本やフランス同様公然と行われ、人前でもはたかれる。日本の場合、人前だと避ける傾向にあるが、アルバザードは正義を貫くことを優先するため、むしろ自分の家がしっかり躾をしていることを示す機会になると考え、あえて人前でも叩く。なお、体罰といっても虐待するわけではなく、絶妙な加減で叩く。虐待は即座に民衆によって止められる。
なお、体罰は原則的に母親によって行われ、父親はいくつかの例を除いて子供を叩かない。ただし、格闘訓練を息子に行う場合は当然のことながら打突する。
<典型的な躾の例>
母「ニンジンを食べなさい(←アルバザードのニンジンは栄養重視で品種改良されてきたため、味にクセがあるから子供はたいていニンジンが嫌い。しかしニンジンは体を温める効果があり、アルティス教で最も重要とされる野菜のひとつなので、親は食べさせようとする)」
娘「いや!」
母「ニンジンは体にいいの。体を温め、栄養も多いのよ。食べないとお尻叩くわよ」
娘「いや!」
母、娘のパンツを引きずりおろし、尻を叩く。娘、激しく泣く。母、力ずくで食べさせる。娘、吐く。母、頭を殴る。見かねた父親が来て止める。父親は食べたらおやつをあげるという「プラスの条件」を提示し、母は「食べるまでテーブルを去らせない」と「マイナスの条件」を提示する。娘、我慢して食べる。
<女子の年齢と躾>
女子は10歳までに人格が固まり、それ以降男子と違って矯正することがほとんどできないと考えられている。女子は叱られても反省せず、怒られた私可哀想という発想をする。また、客観的に物事を見ることができず、論理的であることはむしろ拒む。それゆえ反省しない生き物と考えられ、猫のような生き物と見なされている。
男子は上下関係を重んじ、力関係を意識する。典型的な犬型の生き物なので、矯正が効く。むしろ男子は少年期はやんちゃくらいなほうが後から大成する。一方女子は10歳までにギャルだった子がマザーテレサのようになることはなく、水商売、ソープへとどんどん落ちていく。
そのため、アルバザードの親は女子の幼児教育を重要視し、特に躾を厳しくする。また、伝統的に魔導師が女だったことから、学問も男子より積極的に教える。よって、特に上流階級の女子は躾が行き届き、知能も高いという構図が生まれる。

dolt
/ [名詞]印、紋章、マーク、目印、マーカー
[音楽]セーニョ
[類義語]apa
[レベル]2
古:dol(石)から。セレンとリディアが2年ごろ遊んでいて石を目印に使ったことから。この時点では「石」と「目印」は同形で、共にkibi。kibiは4年にdolができると消えた。dolには目印の意味もあったが、やがて目印はdoltという語形で分離した。その後、18年にatapと分別が難しいため、紋章や腕章などの印という意味に変えられた。
[語法]
apa

doluuya
/ [建築]館、屋敷、お屋敷
[レベル]2
f;e
古:doluuya
[語法]
大きな個人宅のこと。アルシェの家は集合住宅に近い造りなので、doluuyaではない。

dom
/ [動詞]yulをa(完成品、二つ折りなど)に折る、折る、折れる
[動詞]yul(再帰)をかがませる、屈む、前かがみになる→kolj
[レベル]2
14:制:sorn:doi
【用例】
dom mas a jamp 紙を折って飛行機を作る
lu domik nos. 彼女は前かがみになった:kor xiとあれば反り返った。

dong
/ [擬音]ドン、どん、ゴン、ごん、ガン、がん、がっ、ガッ
[レベル]2
19
[語法]
物が乗り上げたり、ぶつかったり、衝撃が加わったときの音。
【用例】
nee lua, saa dong luna van ti antisee. はいお客さん、ドンッてなりますよ:人力車の運転手が境界を乗り上げるときに言う文句。

doo
/ [感動詞]じゃあね
[レベル]2
14:制:a'doovaの略形
[語法]
doovaよりくだけている。

doolat
/ [建築]昇降口
[レベル]2
20:「バイバイする入り口」
[語法]
外部にキャンパスを持っている建物の出入り口。学校にはあるが、オフィスには通常ない。dekoを持っていないと成立しない。マンションの出入り口はlestlat。

dooma
/ [俗語]まぬけ、間抜け、マヌケ、どじ、ドジ、うすのろ、ウスノロ、あんぽんたん、ばか、バカ、あほ、アホ、阿呆
[レベル]2
古:doovaの言い誤りからか。
[語法]
罵倒語にしては好意を込めた言い方で、ユンクでも時と場合によっては使う。

dooman
/ [俗語]アホの子
[レベル]2
20:melidia xier

doova
/ [感動詞]さようなら、バイバイ、ばいばい
[レベル]2
f:saal;doova.e(次)「また次に(会おう)」の意でサールガ使った。
14:制:古:a'doova(また次に、また今度、また今度会おう)が原義。
doova:doova:

doovaxook
/ [名詞]別れの挨拶
[レベル]2
19:lein
[語法]
日本人よりアルバザード人は会話好きなので、別れは挨拶でなく会話。日本人は別れのときに皆まで言うな状態になるのを良しとするが、アルバザード人は悔いがないようにすべて話していく。

dopm
/ [名詞]チケット、切符、切手、入場券、乗車券、許可証、券、1枚のクーポン券、クーポン券、クーポン
[レベル]2
14:制:dopmas(許可の紙)

dor
/ [動詞]yulをa(状態)に割る、割る
[動詞]yulを割り引く、割り引く←gartdor
[魔法]ドル。土の高位黒魔法。対象を石にしたのち、粉砕する。
[レベル]2
古:sorn
[語法]
dask
【用例】
ren dor tu feim du 1000 solt. このスピーカー、1000ソルト負けてくれないか。

dorm
/ [芸術]折り紙、折紙、おりがみ
[レベル]2
rd;dor/mas.k
24登録だが造語年は21ごろ
[文化]
smで凪人がもたらした。

dosm
/ [名詞]中身、内容、内面、精神
[名詞]内容、本文、辞書の本文
[電算][名詞]本文
[反意語]olma
[レベル]2
14:制:制アルカ由来なのでdos,desがpot,petの代わりになっている。中の体dosmai(「内容」を体(身)と捉える点が日本語と同じ発想法)
【用例】
la til dosm rat. 彼は中身が良い=性格が良い、徳が高い。

dot
/ [形容詞]激しい
[反意語]liv
[音楽]スフォルツァンド、フォルツァンド、リンフォルツァンド
[レベル]2
13:制:古:dod(水流の激しい音)から。以前は神無アルカのdetoloidoからdetを作っていたが、detoloidoを消したため、古のdodから改めてdotを作り直した。

dud
/ [名詞]重さ、重量
[生物]体重
[文字]セット、字幅
[レベル]2

[文化]
mainaja

duur
/ [色]水色
[レベル]2
19:赤:duurga(上弦の月、水色)
::lu olivie

duurga
/ [エルト]ドゥルガ
[人名]団体アルシェの異名
[天文][気象]上弦の月、上弦
[名詞][形容詞]五分咲き、5分咲き
[名詞]東
[音楽]クレッシェンド
[組み数字]3/8
[レベル]2
meltia 5:duurga;e

axett:duurga
[文化]
xelteel
(meltia 5)上弦の月を司るエルト。ユーマの最初の夫。カルザスが上弦の月の光から出産した。同月下弦からtiknoがviineを生むため、duurgaのほうが年上。

duurgatuvan
/ [天文]上弦と凸月の間。
[レベル]2
22

dyuet
/ [物理][化学][生物]理科。教科名。
[レベル]2
rd;dyu/te
22:
[文化][語法]
物理(tulo)、化学(mail)、生物(ruma)の総称。smの錬金術師がdolmiyuの研究の過程で隆盛させていったが、特にrdのリュウが隆盛させた。しかも彼は魔法抜きでの理科を始めた最初の人物でもある。rdは魔法科学から魔法を使わない現代科学への移行がゆっくりと開始された時代でもある。

dyuma
/ [格詞]〜ずつ、ずつ
[レベル]2
21:kliiz:emoと衝突、amma位相と衝突。よってdu/emaに [語法]
「3個ずつ食べる」のように、1回における量を示す。「彼はいろんなことが少しずつできる」という場合は、1件ごとのできる量を示す。このように、回数だけでなく場合やケースも表せる。
【用例】
kui dyuma vi 3個ずつ食べる

dyunamis
/ [魔法]デュナミス
[レベル]2
lj;dyunamis < dinamiz,eniik < diminaz < diminion/liiz dinamizをエニーク語読みするとデュナミスになるところから。
22
[文化]
ディミニオンの雑魚版。

dyussou
/ [名詞]〜様。男性の敬称。dyussou単体で名前を付けなくても使える。
[形容詞]〜様。前置すると「〜様」。後置すると「〜どの、〜さん」程度。
[婉曲]男性器
[名詞]だんな様、旦那様、ご主人様(hacmaとも)
[類義語]san、sou
saal;e
[レベル]2
古:古アルカで女が男を指すときに使う2人称がdyussou。デュッソウには前期アルカの時代から敬称としての用法があったが、長いのでsouという略形になった。souが現われてもdyussouが絶えることはなく、むしろsouはdyussouより軽い意味で、dyussouはsouより敬度が高いのだという風に分化していった。
dyussou:dyussou
[語法]
→apt, est
○名
×姓
○前置(丁寧)
○後置(並)
○男
○単体使用/名詞用法
【成句】
dyussou m ter ti. M氏が聞いてるぞ:厳格で地獄耳なミロクが聞いているかもしれないので口を慎めという意味。壁に耳あり障子に目あり(fax mel ka dia)と類似。
et dyussou ne? 何様?、何さまのつもり?。言葉通り「どちらさま?」という意味もある。

e(2)
/ [数学]festの略。数式で使う。÷記号に等しい。
[レベル]2
19

ealis
/ [地名]エアリス湖
[経済]5000ソルト札
[レベル]2
21:ridia:<>eria
[文化]
→anfan
alhadirにある国内最大の湖。
面積2759.449493 km^2。
高度243.1m。
深度151.2m。

ebe
/ [形容詞]そのままの、未加工の
[形容詞]無修正の
[料理][形容詞]生の、生
[料理]漠然と刺身料理←ebeeli, ebeyek
[レベル]2
20:制:ebel(未調理)

ebi
/ [名詞]バケツ、桶、おけ
[レベル]2
15:制:古:ebuusa(桶)

eda
/ [名詞]リスト、表、メニュー、名簿、目録
[料理]献立
[類義語]elen
[反意語]zet
[レベル]2


edan
/ [親族]おばあちゃん
[レベル]2
19:ridia:edat

edat
/ [親族]祖母、おばあさん、おばあちゃん
[レベル]2
19:enda/eeta

eek
/ [動詞]yul(水など)をa(容器、場所など)に注ぐ、注ぐ、酌をする
[普通動名詞]酌
[レベル]2
古:eek(水を川のように)
tae:tae
[文化]
・酒を注ぐ

日本のようになくなりそうになるのを見計らって酌をするのはNG。そもそもアルバザード人は頼まれない限り他人に酌をしない。相手の飲みたいペースを相手の好きなように保ってあげるのがアルバザードにおける親切。

eelpasso
/ [運動]顔面セーフ
[レベル]2
22:mel:「顔は大丈夫」。紫亞とユルトがボール遊びをしていた際、顔面を狙うことを避けさせようとしてメルら大人が作ったルールが「顔面セーフ」。顔に当たった場合は得点にならないという救済措置のこと。
【用例】
"lu vadek!"
"tee, tu et eelpasso da"
「アウトだろ」
「いや、顔面セーフだよ」

im kit, an lot tu et benda tal el jinsat tu et eelpasso. 最初アウトかと思ったが、顔面セーフということになった。

eem
/ [名詞]ダンボール
[レベル]2
14:制:eev(波)

eeste
/ [言語]エーステ。主要な幻字。
[言語]エーステ。ある概念が持つ本来的な名前のこと。名前の意味と区別がつかないので、こちらのsの音はserの音とする→ranslot
[被服]エーステ。アクセサリー。
[魔法]エーステ
[芸術]絵画に入れるサイン
[アクセント]eestE
[レベル]2
f;e
古:eeste(名前)
[文化]
→fiaswain, jip
[言語]
複数の幻字からなる概念において、最も主要な働きをする幻字のことをエーステという。古では名前そのものを意味した。制以降は名前の中核を指す。古では中核を共有することを「エーステが呼応する」といった。ミールとクミールはどちらもエーステがミールであり、エーステが呼応している。ミールのようにひとつのエーステからなる概念は、その字がエーステになる。
また、自分の名前のエーステを象った銀などのアクセサリーのことをエーステといい、アルティス教徒はfiaswainの日に与えられる。神聖な金属である銀で作られていたが、銀はよく錆びるので、手入れが必要。なくすと非常にショックを受けるので、携帯しないものもいる。
現実的には、20年現在リーザはユルト、ルシア、アマヴェル、ハイレンに手作りの銀製のエーステを贈っている。

[魔法]
→ranslot
万物にはそれが指し示されるべき音声がある。すなわち概念は固有の音を持つ。
その音声をfやfvの音韻で表したものがエーステであり、エルトやサールなど高位の神々がその音声を知ることができた。

エーステはその概念そのものを指し示すため、呪文学においては概念を直接指示するものとして重宝された。
古語ほどエーステを含む割合が高いため、呪文学ではエーステとともに古語が珍重された。

呪文学再考後はアルカなどの言語で唱えることに違和感が覚えられなくなった。

地球と比した際、エーステの存在はこの世界の言語から恣意性を一定の割合で奪うという意味において重要である。
この一意性により、アテンの間に変えがたい存在としてのfやfv観を生じ、結果として言語の変化の速度を緩めた。
アトラスでも地球同様言語は変化するが、時代によりその速度は異なる。また、エーステは特に維持されるケースが多かった。
エーステは古語を遡る際に重要な目安となっている。具体的に言えば、エーステを辿ると語源不詳になりにくく、遡りやすい。

・重複エーステ(youeeste)

no,f(noz)とno,f(mia)のように、同じ音韻で異なるエーステを示すことがある。これはエーステが音声の近似値でしかないために起こる現象である。

【成句】
ev eeste a leis 画竜点睛

eeta
/ [親族]姉
[反意語]amel
[レベル]2
古:eeta、etta(姉)。語源不詳。リディアはメルによる日本語の「お姉ちゃん」の発音が語源とするが、oneetxanからetta、eetaは考えづらいため、非アポステリオリと断定。採用に至る。
::la elsi:mamma,alt

eetel
/ [丁寧][親族]お姉さま、お姉様、おねえさま、エーテル
[レベル]2
21:l.eeta
[文化]
laala
[語法][文化]
alser

eev
/ [名詞]波、寄せ波
[物理]波、波動
[レベル]2
古:sorn:eev(波)
【用例】
eev ik sod. 波立つ、波だった

eex
/ [動詞]yulを洗濯する、洗って濯ぐ。濯ぐが含まれている。
[動詞]yulをゆすぐ、ゆすぐ、すすぐ、漱ぐ、濯ぐ
[受動名詞]洗濯物
[レベル]2
13:制:古:eexo。e/exo(水洗い)
[文化]
日本と同じ。ある程度溜めておいて家族全員分をまとめて洗う。風呂と違って誰が誰のを洗っても良い。裸はともかく下着はそこらで見てしまうものなので誰も意識しない。洗濯機は全自動の優れたものが備わっている。洗い、濯ぎ、脱水までを行い、更に乾燥機で乾燥をかける。ふつう服をどこかで乾かすことはない。美観を損ねるので、ベランダには干さない。集合住宅の場合、地下に干し場があるのでそこを利用できる。また、家の中に干す場合、部屋干しをする。総じて乾燥機にかけることが多いので干すことは滅多にないが、干さざるを得ないものもある。乾燥機にかけられない布団類やカーペットなどである。これらは地下の干し場や部屋で干すことがある。
【用例】
☆an eexat kuo kon er kal. 水を少し口に含んで中をゆすいだ。
fitl eexol 洗濯物を取り込む、とりこむ

eexar
/ [名詞]洗濯機
[レベル]2
19:ridia:arbaxelt
[文化]
洗濯機は縦型とドラム式がある。軟水が多い土地では洗剤の泡立ちが良いため、こすり洗いをする縦型が適している。硬水が多い土地では洗剤の泡立ちが良くないため、叩き洗いをするドラム式が適している。
洗濯機はrtのアルバザードで開発された。アルバザードはフランスと異なり軟水が多いため、縦型であった。その後硬水の土地に適したドラム型が作られた。
アルバザードでは縦型が普及している。12年ごろの日本ではドラム式も普及してきたが、これはデザイン上の理由が主である。アルバザードではそのような理由でドラム式は普及していない。
なお、フランスは温度を調節してぬるま湯やお湯で洗う洗濯機が一般的だが、アルバザードでは軟水が多く汚れも洗剤で十分に落ちるため、お湯は使わない。

eexi
/ [料理]アイスクリーム
[レベル]2
13:制:古:eehoxi(甘い氷、アイスクリーム)
【用例】
den kui eexi rakel veil ti til tomyai. アイスを食べ過ぎるな、おなかを壊すぞ。

eexka
/ [建築]洗面所(洗濯の場としての)
[レベル]2
19:melidia axte

efa
/ [医療]風邪、かぜ、カゼ、感冒
[レベル]2
13:制:ef(寒い)
【成句】
efa e ryuu 医者の不養生
【用例】
aa, an til em efa aluutel man ar oho. 咳が出るので風邪を引いたに違いない。
an tilat sat efa. 風邪を引きそうだった。

efe
/ [名詞]スポンジ
[レベル]2
13:制:efo

efop
/ [動詞]yulを凍らせる、凍る
[普通動名詞]冷凍
[レベル]2
16:制:ef/sop(固体)
【用例】
an efopat melik ka sorttemk lana kui tu im xier. 冬にイチゴを食べようと思って冷凍庫で凍らせておいた。
tu at sort efopel. 凍てつく寒さだった。
an vortat sat man tu et sort yun an efop yu. あまりに寒くて凍え死にそうだった。
tu at xep o kin xel an sed sae man sae es efop. 雪が凍ってしまって、雪かきが大変だった。

efopbel
/ [料理]冷凍食品
[レベル]2
19:ridia:arbaxelt
[文化]
アルバザード人は好まない。

eft
/ [動詞]yul(物)をi(人)から盗む、yul(人)からon(物)を盗む、盗む、盗る
[普通動名詞]盗み、物取り、物盗り、窃盗、盗難
[レベル]2
15:制:oft(奪う)
[語法]
壁塗り構文と同じく、yulの種類によってyul以下の格が変化する。
【成句】
kalma eft 手癖が悪い
【用例】
☆an eftat yu on gils sin = gils eftat yu it an = xe eftat an on gils = xe eftat gils ant = xe eftat gils it an 財布を盗まれた:内容的に迷惑なのは明らかなのでsinはあってもなくてもよい。ただアルカに間接受身はないので、yuの有無によって迷惑感の有無は変わらない。迷惑感はsinで示す。とはいえ、この文の場合はsinがなくても文意から明らかに迷惑なのでsinを省いても構わない。なお、一番自然なのはan eftat yu on gils sinかxe eftat gils ant sinである。前者の場合、盗まれた自分の惨状に目が行っている。後者の場合、盗んだ犯人めコノヤローという視点になっている。

eftan
/ [法律]泥棒、空き巣
[レベル]2
19:ridia:arbaxelt
[文化]
セキュリティがしっかりしていることと、大家族なので常に誰かが家にいることと、そもそもアルバザードに貧困者が少ないことから、泥棒はまず入らない。泥棒が入れば警察に通報し、捜査してもらう。盗まれたものの代金は犯人が見つかれば犯人に払わせる。もし見つからなければ保険会社に払わせる。だから当然警察は自作自演の泥棒でないかの疑いを家族にかけ、慎重に捜査する。レインは一人暮らしの少女だったため、あっさりネブラに侵入された。ネブラが侵入できたのは彼も特殊な地位にいたからである。さらにレインは紫苑のことを隠していたので警察に連絡できなかった。

eg
/ [感動詞]しくしく、えぐえぐ、えぐっ、うぐっ
[レベル]2
古:agの仲間で、嗚咽に使われた

eheh
/ [感動詞]えへへ
[レベル]2
21

eil
/ [形容詞]軸から遠い、外側の
[名詞]道路や道の端側、サイド、外側、ガイソク、がいほう
[反意語]rov
[レベル]2
19:制:ie
[語法]
rov

ej
/ [名詞]感触、触り心地、タッチ
[レベル]2
19:ridia:arbaxelt:oj:舌での知覚は「味」で単純語になっている。肌での知覚の触覚が単純語でないと平行的でない。

ejan
/ [名詞]ラップ、サランラップ
[レベル]2
alakta

eka
/ [地学]水たまり、水溜り、水溜まり
[レベル]2
13:制:『すなおな気持ちになれる風』
【用例】
an lukator amox ti kont nametes nos man okt vil alem mil txu. yan ti kaen eka vaisator an tiial. 恥ずかしくて気持ちを伝えられずに、うつむいて君の隣を歩いてた。そしたら水たまりに映った君が僕を愛おしそうに見てた。

eketone
/ [組み数字]21/28
[交通]エケトネ通り
[レベル]2
22

eki
/ [名詞]機能
[レベル]2
13:制:古:elki(顔が変わる)。7年にメルの持っていたヘッドを回すと顔が変わって色が変わるボールペンをセレンは見せてもらった。顔が変わるごとに機能が変わるというそのボールペンが由来となり、elki「顔を変える」が「機能」という意味になった。elkiといっても他の使徒には通じず、"elki MEANS FUNCTION."とメタ言語に英語を使ってセレンは使徒に広めた。

ekn
/ [名詞]平行
[格詞]平行な、〜に沿って
[メタファー][格詞][形容詞]方向性が一緒な、馬が合う、反りが合う
[反意語]sokt
[レベル]2
14:制:okn:古:sokuka
[語法]
2012年12月19日にセレンは南雅彦(2009 p57)『言語と文化』を参考に、意見や企画などが互いに平行しているというメタファーはアルカで反りが合うのか合わないのかどちら、つまり日本式なのか欧米式なのかを判断するため、リディアに質問を投げかけた。ano antes et ekn a xokはどういう意味だと思うと質問したところ、リディアは「私たちの計画は互いに同じ方向性である」のことだと思うと答えた。
日本語で平行といえば平行線のことだから、反りが合わないということだが、英語のパラレルの場合意味が逆で、同じ方向性で似ているという意味になる。この言語現象をセレンは言語相対論的に解釈した。つまり、アメリカ人は個人主義が発達しているため、俺は俺の道を行き、君は君の道を行く。その道が平行ということは、方向性が一緒ということであり、似ているということになる。一方、村社会の日本では、和を以て貴しと為すという精神が浸透していているため、交わって和を成してこそ互いに馬が合うということになる。同じ平行という概念でも日米で真逆の解釈になるのは、恐らく集団主義か個人主義かという文化の違いが言語の違いに反映されたものではないかとセレンは言語相対論的に解釈した。
そこでセレンはリディアを使って実験し、先の例文の意義を尋ねた。するとリディアは平行しているということは意見が似ていて馬が合うということではないかと答えた。これはアルバザード人が個人主義を重んじていることを考えると、先の言語相対論的な説明に沿う。
次にセレンはネイティブである5歳のルシアにも同じ実験をし、彼女もまたリディアと同じ解釈を示した。ネイティブがそのような判断をしたということで、やはりアルバザード人の個人主義という文化的価値観が、平行の比喩的な語義に影響を与えた結果ではないかと考えた。
続けて逆の意味のsoktでも同じような例文で文意の調査をしたが、soktの場合は意見や企画が衝突してしまってぶつかり合ってかち合う、つまり反りが合わないという意味で解釈された。交わることを日本人は恐らく和を以て貴しと為すの精神で和合と捉えるが、個人主義のアルバザード人の間では同じ表現が和合ではなく個と個の衝突からのいさかいという風に受け取れたのが非常に言語学にも文化人類学的にも興味深かった。
結局セレンはeknやsoktの比喩的な語義を定める際、個人的にワンマンで定めることができなかった。というのも、セレンが勝手に語義を定義しても、それがネイティブらの語感に沿わない場合は遠からず棄却されるからである。このようにして、セレンはネイティブの語感に頼って語義を設定していった。
ちなみにこのような言語設計はネイティブがおらずセレンがワンマンで作っていた制アルカの時代が終わってからとみに見られるようになった新生アルカの傾向である。
【用例】
an lukat ekn erei. 川に沿って歩いた。
☆ano antes et ekn a xol. 私たちの計画は互いに似ていて方向性が一緒だ。

ekos
/ [形容詞]流暢な、饒舌な
[反意語]otex
[レベル]2
13:制:古eke(川)
【成句】
ekos yun ridia 立て板に水

eks
/ [言語]意味
[動詞]solはyulを意味する、意味する。定義動詞。
[レベル]2
古:eks(意味)リュウの無意味からの造語。一般に使われていたapiaとは違い、意味論の成分分析における意味素性の1つ1つを指した言葉だった。
【用例】
til eks tinka 意味が大きい
eks han 意味が広い

ekt
/ [動詞]yulをaにこぼす、こぼす、零す、溢す、こぼれる、溢れる、零れる、毀れる
[レベル]2
13:制:古:eketta(水が行く)
【用例】
ekt er e{i} pap コップの水をこぼす

ekx
/ [名詞]流れ、フロー
[動詞]yulをaに流す、流す、流れる
[類義語]ekxrein
[レベル]2
14:制:eke(川)
eke:eke:la eke
[語法]
水が流れ出したらkit。流れている最中がorで、ストップしたらikで、水がわだかまっている状態がesで、そのわだかまりが染みこんで消えたらtookで、染みてぬかるんだ地面がilt。

川を流れる葉のこともekxといえるし、川を流れる水そのものもekxといえる。後者の場合、明言したいならekxreinとする。

solには液体と気体のみを取る。血が流れるはOKだが、桃が流れるとは言えない。固体の場合、副詞にしてdiaik lunas ekxとするとOK。液体と気体は動詞、固体は別の動詞+副詞で。
固体だけ別扱いなのは、桃の場合、流れているのは桃でなくて川の水だから。水が流れることで桃が移動する。だから動詞はekxでなくlenaになる。そしてその移動の様態としてekxが副詞になる。桃の果肉が桃の中でどろどろに溶けて桃内で流れ出すなら、diaik erxと言える。
【用例】
exk dot{tin} 激しい流れ、激流
eri or ekx. 血が今どくどくと流れている。
eri es ekx. 血が流れた跡があり、乾いている。

ela
/ [普通動名詞]報告、通報
[動詞]yulをaに報告する、報告する、通報する
[レベル]2
13:制
[文化]
rans
報告は発表と違って相手にその行為が求められていることを前提とする。報告は求められた調査結果の説明ともいえる。ゆえに説明の一種である。
【用例】
ela kils 詳細な報告
「子供ってなんでも口に入れるよな。ひらめいたんだが」
「通報した」
"yuli alxa ev total a kuo kok? see an meplik--"
"elak a nain a"

elb
/ [被服]顔を覆う頭巾、フード、ずきん、頭巾
[レベル]2
13:制:恣意
[文化]
冬には帽子代わりによく使う。ヒュート以北ではフードの端にファーがついており、汗による凍傷を防ぐものが多い。アルバザードのフードにつくファーは飾りが多く、質が良くない。エルトア産が高品質。

eld
/ [言語]言葉、ことば、言語
[類義語]renal、kokko
sert
[レベル]2
17:制:ertから。古アルカで言葉がkukuliで、言語コミュニケーションはalkute。alkuは「ku,ku(口と口)/te(関係)」から来ている。アルカ・エ・ソーンではalが意味を失うため変遷が起こり、alkuteでkukuliの意味を指した。
kukuli:kukuli:kuluwa
[語法]
「〜語」はren。「〜方言」はlei。具体的な言語名や方言名以外はeld。
arbaren(アルバザード語)、tiaren(ルティア語)
arbalei(アルバザード方言のアルカ)
xifereld(シフェル語)、lideld(人工言語)
[文化]
→yunis
<言葉の歴史>

・セルト

セルト0年、アルテがエルトとサールに分裂。エルトは白い球、サールは黒い球。
彼らは自らの住処としてアトラスを選んだ。アトラスの環境に合わせるため、彼らはルサージュを行い、人の形を選んだ。詳しくはlsaj参照。
エルトがフィーリアを選択し、サールを連れて草原に降り立つ。エルトはサールを指差して「サール」と言い、サールはエルトを指差して「エルト」と言った(最初の命名)。

彼らはある物質や概念が持つ本来的な名前を聞く能力を持っていた。エルトはエルトという名を定められるべく生まれた存在で、サールも然りである。ゆえに彼らは相手に自分の名を言われた際、それが確からしいと感じた。
エルトは次に空を指してjinaと言った。サールはそれを確からしいと感じた。
サールは地を指してkalと言った。エルトはそれを確からしいと感じた。
彼らは同様にして身の回りの概念の名前を確認していった(最初の語彙の獲得)。

彼らは物だけでなく概念や行為や状態の名前も知っていた。
例えば愛するという行為はtiiaという名前を持っていることを知っていた。
上下のような概念や、大きいのような状態も適切な名前を知っていた。
概念の名前を彼らはeesteと呼んだ。(名詞以外の獲得)。

また、彼らは高等な知能を基に、自らの認知に基づいた命名も行った。
サールは草原にkalmo(下の場所)と名を付けた(人間の認知に基づく造語)。

エルトはサールを抱こうとした。しかしサールは浮かない顔をしている。エルトは戸惑う。サールは悲しげな顔で近くにあったaspil(チョウノスケソウ)を手に取ると、エルトは彼女は花がほしいのだと察し、アルカットまで飛んでいき、花を観察してフィーリアに戻り、造形術(→kulul)を用いて花畑を作った。そしてこの地にminakalmoと名付けた。
サールは喜んで花畑に寝転び、紫苑を取った。エルトはそれを見てsaalminaと名付けた。

エルトがサールを寝せ、覆いかぶさろうとすると、サールはおなかを押さえて泣き出した。空腹である。
エルトは辺りを散策し、木の実、魚、動物の肉を持ってきて、サールに与え、自分も食べた(食事の提供)。

エルトがサールを見ると、サールはとたんに恥ずかしそうな顔をして、体を隠した。
裸を見られるのを恥ずかしいと感じたためである(恥の獲得)。
エルトはミナカルモに咲くコットンを手に取ると、中から綿を取り出した。
これは使えると考えたエルトは造形術で服を作り、サールに着せ、自分も纏った。
上下を覆う筒状の服で、手足のところに穴が開いており、首からかぶるように着る粗末な服だったが、白くて清潔で上質だった(衣服の提供)。

サールが喜ぶと、エルトはふたたびサールを寝かせた。
性交に集中するために温度調節の魔法を切ったところ、サールが寒さで震えた。
エルトは石を切り出し、造形術でイグルーを建てた(住居の提供)。
サールを入れると、エルトは中で火をたいて暖めた(火の使用)。

満足したサールはまず自分を指差し、次にエルトを指差し、"non dyussou tiia"と言った(最初の文)。
指差しの順番で文が構成され、SOV語順ができた。
こうして神々は結ばれた。

コミュニケーションの手段に肺臓気流を利用する姿にルサージュしたため、サールはエルトを誘惑しようとして、自らの息に芳香を乗せた。芳香は桃の香り(主成分蟻酸エチル)であった。
エルトは感銘を受け、サールに共感して自らの息に薄荷の香りを乗せた(言葉で求愛することの重要性を強調)。

エルトはkalを動詞「場所を占める」として使った。
"del ruxilo kal kulala kui"は重文で「私は家を場所として食べ物を食べる」の意味。
このkalが文法化し、「〜で」を意味する後置詞になった(格明示法の獲得)。
与格はalとkerで示され、着点含意は前者、方向性は後者が担った。
また、状態を指す言葉は前置された(形容詞の獲得)。

彼らは1年後に再会することを約束した。来年から神の逢瀬が始まることとなる。


ここで彼らが作った言語がfで、最初の言語である。

・アルテムとユーマの一族

ユーマが生まれると、彼女は生まれながらにしてfを習得していた。
同時に、歪みから生まれたテームスもfを習得していた。
ただしテームス自体は喋るのが得意ではなく、知能は高くなく、言語運用能力は貧弱だった。
テームスから生まれた悪魔メルティアやベルトらもfを習得していた。
アルミヴァもまたfを習得して生まれた。
この時代はほぼ分裂に等しい産み方なので、知識を共有している。
最初にアルカを学んだのはアトワーユとルノである。

神々も人類もひとつの言語を使っていたが、離れて住みだしたため、言語が長い時間を経て分裂する可能性が出てきた。
そこで悪魔ベルトが世界各地にアンシャンテという魔法装置を作った。
泉の湖面に魔法をかけ、これをテレビのようにして使う通信装置である。
泉はエルシェルトというルナパネルを用いている(→elxelt)

各大陸に分裂した人類もアンシャンテのおかげで同一の言語を使うことができた。
また、アズゲルまでは人間も長生きだったため、言語変化自体が地球のヒトと比べて遥かに緩慢だった。
しかし音韻変化やその地域にしかない名詞の獲得などは、アンシャンテをもってしても防げなかった。
ゆえにアズゲル開戦までに音韻レベルおよび語彙レベルでの変化はあった。
しかしそれはイギリス英語とアメリカ英語程度の距離でしかなかったため、この時代はまだfが通じていた。

なお、音韻変化したものはfではなく「リュディア語」のようにその人種の名前を取って命名する。
ただ、上述のとおり、リュディア語とfの差はほとんどない。

・ラヴァスとバベルの塔

ヴァステでの言語状況はアルテムと変わらない。
一方、ラヴァス後期になると、神々が情報漏洩を防ぐために各地のアンシャンテを破壊して周った。
破壊されたアンシャンテは修理されることのないままラヴァスが終わり、神々はアルフィへ去った。
残された人類はアンシャンテを失い、寿命も短くなっていたため、ここから地球のヒト同様、言語の変化が起こることになる。
いわばラヴァス後期がバベルの塔の崩壊であり、ユーマの一族はそれから1万年ほどかけてアルカを変化させていく。

ただ、同じアルカ語族である点が地球と異なる。
言ってみれば地球上すべてが印欧語でできているようなものなので、語彙の根本的な部分などはこの世に一通りしかないことになる。

アズゲルの時代には北半球はすべて、南半球も大部分は人類が到達していた。
この時点でほぼ同じfvを話していたため、その後の言語の変化といってもタカが知れている。
【成句】
eld et lein laft alka. 言葉は最も上品な衣服である。どんなに身なりが良くても言葉遣いが悪い人間は下品に見えるという意味のことわざ。

ele
/ [名詞]台、踏み台、パレット
[数学]台形
[シェルト]盤
[化学]ステージ。顕微鏡の。
[レベル]2
lakta: 参考:sorn:eha,daha(乗る、登る)
[語法]
一般に何かを載せるもの。燭台なども含む。

elef
/ [形容詞][ポジティブ]慎重な、用心深い、注意深い
[反意語]ovel
[レベル]2
20:entlef(ゆっくり走るような)

elen
/ [名詞]テーブル、卓、机、デスク、卓上、作業台、食卓、何かをするための作業台
[名詞]表→eda
[類義語]eda
[レベル]2
13:制:恣意
【用例】
zam t'elen 机の脚

elet
/ [生物]表情、顔つき、顔色
[レベル]2
13:制:古el(顔)から
[語法]
表情だけでなく顔色も入る。ただし、顔色の場合はeel harのようにeelを使うのも可。赤は怒りは恥、白は恐怖や病気、青は真剣な怒り。
【用例】
isk elet{eel} 顔を読む、表情を読む
la tilat em elet{eel} fir mil tu vert. 彼はその知らせを聞いて顔面蒼白になった(顔が青くなった)。
yan lu sinsik elet reia romel. すると彼女はつと寂しげな表情を見せた。
ok elet rana 神妙な面持ちで
sins elet nik romel 血相を変える

elfe
/ [地学]泉
f;e(水)
[レベル]2
13:制:『すなおな気持ちになれる風』
elfe:elfe::owen,alt

elk
/ [動詞]yul(狙った魚)について釣りをする、yulを釣る、釣る
[普通動名詞]釣り
[レベル]2
14:制:eli
[文化]
釣りは日本ほど盛んではない。アルナには海がないからである。釣るなら川や湖で釣るしかない。ただ、釣り自体は良い趣味とされている。自然の良い環境の中に入って行うからである。空気は綺麗だし、食べる分しか捕らないので、環境にも優しい。川の流れを見ながらぼーっと思慮にふけるのはリフレッシュにはもってこいである。尚、好きな人は海までわざわざ出向いて釣りにいく。

elma
/ [エルト]エルマ
[名詞]記念、記念品、みやげ、土産、おみやげ、お土産、モニュメント、モニュマン、記念碑
[動詞]yulを記念とする、yul(数字)周年である。
[レベル]2
古:ridia
[文化]
アマリスの双子の妹。姉のアマリスが思い出を司るのに対しエルマは記念を司る。

elp
/ [植物]メロン
[レベル]2
lakta:膨らんだ水
[文化]
マスクメロンをメインで指すが、実際に出回っているのは模様の薄いもの。線の濃いマスクメロンはあの独特の線を綺麗に出すのに極めて手間がかかるため、高価。そのため、メロンはアルバザードでは高価な果物という印象がある。

elt
/ [エルト]エルト
[音楽]表拍
[名詞]上巻
[組み数字]1/2、前者
[レベル]2
selt 0:saal;e

[文化]
→selt
世界の均衡を保っていた最初の神の1人。サールを妻とするが、サールが子を作らないという約束を破ってユーマを設けたために悲嘆し、サールを捨てる。だがその後サールを許すようになる。しかし時すでに遅く、サールは死んでいた。エルトは悲しむと天空までそびえ立つ塔を築き、その上で死んだ。
エルトは白い肌に白人系の彫りの深い顔をしていた。金髪碧眼で体格は華奢。

eltdio
/ [生物]乳歯、子供の歯
[レベル]2
19:一番目の歯
[文化]
抜けた乳歯は取っておき、死後は死体と一緒に棺桶に入れる。子供のころの純粋さを死神やアトワーユにアピールし、なるべくトワーユに連れて行ってもらうための慣わし。

eltsel
/ [ユマナ]土曜日
[レベル]2
19
【用例】
im faar t'eltsel 土曜の朝に

elttifa
/ [名詞]前半
[反意語]saaltifa
[レベル]2
20:前半分

elx
/ [料理]流し、流し台、シンク、台所の洗い場
[医療]歯医者のうがい台
[レベル]2
lakta

em(2)
/ [接尾辞]行為無相を示す。開音節にはm。
[レベル]2
19
[語法]
yuonif

emf
/ [料理][動詞]yulを炒める
[レベル]2
14:制:古:emyufai(油で焼く)

emik
/ [動詞]yulをaにたなびかせる、たなびかせる、翻る、たなびく、漂う、なびく、靡く、なびかせる、靡かせる、そよぐ
[レベル]2
16:制:emiir/ke
【用例】
la lefat kont nia laat and emik. 彼女は髪の毛をなびかせながら走った。
nia emik なびく髪

emiko
/ [料理]豆乳
[レベル]2
rd;henmiko,alt.xik「大豆の水」
22
[文化]
rdで伝わった。南部ほどよく飲まれる。vlでlinxen yuuanが広め、現在では北部でも飲まれる。

emisnia
/ [美容]おだんご頭
[レベル]2
19

emisvand
/ [普通動名詞]八つ当たり、やつあたり
[レベル]2
19:エミスのようにわがままに人を攻撃する
【用例】
an emisvandat lax fi. 誰かに八つ当たりしたかった。

emk
/ [動詞]yulをaに洩らす、洩らす、洩れる、もれる、漏れる
[動詞]yulをaにバラす、バラす、暴露する、バレる、秘密を漏らす、情報を漏らす、秘密を洩らす、洩らす、漏らす
[レベル]2
13:制:古:emok
[語法]
こぼれるではなく、もれる。塞いでいたものが出て行くことを指す。穴が開いて水が漏れるなど。
【用例】
er es emk i siaj. 天井から水がもれている。
emk rens{vet} 言葉を漏らす、無意識に言う
esk and emk apot yameka fremen lopn ati di fuo. 駅の駐輪場の雨漏りが酷い。

emn
/ [化学]ビニール。日常的にはポリ塩化ビニルおよび軟質プラスチックを指す。
[レベル]2
lakta:「色のない油」
[語法]
英語はビニールをプラスチックと称することが多いが,アルカはビニールはビニールなので日本語に近い

emnesn
/ [名詞]ビニール傘、ビニ傘
[レベル]2
vl;/
23
[文化]
ビニ傘は日本では一般的だが、世界的にはそうではない。アルバザードでは公共傘として道端に設置されているものがビニール傘になっている。

emo
/ [名詞]源、ソース、元、もと、元凶、源泉
[数学]根、ルート
[格詞]〜のおごりで、〜のソースを利用して、〜にちなんで、因んで、ちなむ、〜することによって、〜を根拠として、〜の結果
[格詞]〜を親として
[反意語]keet
[レベル]2
古:emo(低いところにある水)
[語法]
<〜することによって>
「〜することによって」はmanとvolの間のような語義。volと違って動詞句とvol句がイコールではないが、emo格がman格の成立要件であることは確か。逆にmanと違ってemo格は動詞句の原因ではない。
el vaxt sen yuu emo na pesにおいて、まず、volでは意味が通らない。manにしてしまうと「悩めばゼロを解決できる」=「悩むから何も解決できない」という意味になり、悩むことが確定条件になってしまう。olだと条件ぽくなってしまう。そこでemo。
<ルート>
ルート2の三乗根はviemo ta。3ルート2はvi emo ta。発音に注意。

ems
/ [名詞]油、脂肪、オイル
[名詞][形容詞]余計な、邪魔な、余分な:ems alen fapxの略
[レベル]2
13:制:古:emyu(油)
emyu:emyu
【成句】
ems a(len) fai 火に油
ems ont eria 油に水。日本語の成句と同じ意味。
【用例】
fit{ev} ems 給油する、油を差す

emt
/ [形容詞]悲しい
[反意語]nau
[レベル]2
14:制
namo:namo
[文化]
悲しみの表現は日本人から見ればやや大げさである。泣いたり声を出したりする。手で顔を覆ってうなだれたりする。アルバザードでは悲しいことが起こると一人で引きこもる。少し自分一人で気持ちの整理をつける必要があるからである。そのうち家族や友人や恋人が見舞いにいき、愚痴を聞いてやる。日本では引きこもる人をすぐ追いかけることがあるが、アルバザードではとりあえず一人にすることが多い。但し、このままどこかへ消えてしまいそうな神経の細い人の場合、恋人などは決して一人にさせないで付いていくことが多い。
一通り嘆き悲しんだらぱっと気持ちを切り替えて客観的な反省を始める。負の感情をエネルギッシュに出し切ったら今度は冷静に何がまずかったのかを考える。こうして反省して次回の教訓にすることで、悲しみを利益にリサイクルする。アルバザードはこうしたただでは転ばぬ精神を培っている。
【成句】
emt e leyu 愛別離苦
【用例】
im fis, an nat emt alka lot lfis ant. 今日が人生で一番悲しい日だ。
☆an sit mel len na emt. 悲しみに暮れている場合ではなかった。
la et emt yun. 彼は悲しそうだ。
☆la nektates nos na emt in. 彼は人知れず悲しみを抱えているようだった。
non nat emt ento ena kit. あまりに悲しくて泣きだしてしまった。
an nat emt kont na nau im kok. 喜びと悲しみが入り混じった気持だった。

enaelet
/ [生物]泣き顔
[レベル]2
19:melidia alis

enaerka
/ [名詞]眼に浮かべた涙、半泣き、半なき、半べそ、半ベソ、半ベ
[レベル]2
21

enaxiv
/ [名詞]泣き声
[レベル]2
21

enda
/ [名詞]60歳以上の女
[反意語]alenda
[レベル]2
14:制

endal
/ [生物]老人
rd;enda/al
[レベル]2
19:ilmus:ridia

endi
/ [名詞]差、違い、異なり、差異、落差
[レベル]2
21:end.l:19:ridia:arbaxelt:enk/du(異なり量)
[語法]
asikは不公平という心情が入る。spatは区別の意味が入る。両者の間の違いを純粋に指す語がendi。
【用例】
endi tin 差が大きい
ti loki sen endi soven loki o yuta anmia? 理解と受容の違いが分かりますか。

ene
/ [名詞]可能性
[反意語]alene
[レベル]2
15:制:eno(能力可能)

enj
/ [動詞]yulを弄る、弄る、いじる、弄ぶ、もてあそぶ、凌辱する、せめる、責める
[レベル]2
19:melidia axte:esse/ji

enna
/ [組み数字]22/28
[交通]エンナ通り
[レベル]2
22

eno
/ [形容詞]不便な、役に立たない
[反意語]yoa
[名詞]役立たず
[レベル]2
19:制:enyol(使えない)
【用例】
baz et eno merel! お前ほんと使えねー!

ens
/ [名詞]拒否
[動詞]yulを断る、断る
[レベル]2
13:制:enso(できない)
[文化]
xiyu

ensa
/ [名詞]芸能人、芸人、コメディアン、タレント、アイドル、スター、有名人
[類義語]liifa、dialiifa、kyoan
[レベル]2
14:制:恣意
[語法]
アイドルからお笑い芸人まで広く指す。

ent
/ [形容詞]ゆっくり、緩慢、のんびり
[反意語]vax
[レベル]2
rd
14:制
txixi:txixi:ent
【用例】
an sit mel len xal ent. のんびりしている時間はなかった:miktは良い意味に使うのでここでは不可。

entkekl
/ [名詞]スロー再生、スロー
[レベル]2
21

envi
/ [名詞]能力、アビリティ、力
[類義語]vian
[レベル]2
f:elt;en/vi「可能な力」
古:envi(能力)。en(可能)/vi(力)。「可能な力」が原義。
envi:envi::vi,alt
[語法]
vian
【用例】
envi vien{tin} 高い能力
til envi on dolme 囲碁がうまい
an lot nos vano sen il ok xei tu envi. その力があれば、すべてを守れると思った。

enx
/ [名詞]間違い、間違え、まちがい、まちがえ、虚偽、偽り、間違っていること
[形容詞]間違った、間違いの、偽りの、虚偽の、誤った、あやまった
[反意語]xan
[レベル]2
19:制:enxan(ありえない)
myu:
[語法]
嘘という意味ではなく、客観的に真実でないこと。
【用例】
tu et enx xel faal mes atolas. 太陽が地球の周りを回るというのは間違っている。

enxa
/ [感動詞][俗語]ねーよw、ありえねーw
[レベル]2
21:mel:enxan

enxan
/ [感動詞]ありえない、ありえねー、バカな
[反意語]senxan
[レベル]2
13:制:en(不可能)/xan(真実)。かなり日常的に使い、感動詞化していたので、制アルカ由来の感動詞として残した。新アルカでもen xan(真実でない)という意味なので、たまたま意味が通る。

enz
/ [形容詞][副詞]できる限り、できるだけ、できうる限り、可能な限り、精一杯、せいいっぱい、全力で、ひたすら、只管、出来る限りのことをして、できる全てのことをして、最善をつくして、努力して、一生懸命、一所懸命、はりきって、張り切って、必死に、真摯に、切実、痛切な、切に、最大限
[名詞]誠心誠意、最善、ベストエフォート
[レベル]2
14:制:古:so enso(できることをする)
[語法]
実際にはほとんど副詞で使われる。
【用例】
an lefat enzel. 必死で走った。精一杯走った。
lan di enz 一人でも多くの人

eo
/ [感動詞]え?、えぅー?
[レベル]2
19:melidia alis

eos
/ [気象]霜
[レベル]2
13:制:古:eehosa(氷の粉)
【用例】
eos at sod. = eos lunat. 霜が降りた。
font at fir merel mil eos e toxel. 昨日降りた霜で地面が真っ白だった。

epi
/ [被服]ピン、留めピン、留め具、留め金、止めピン、割りピン、画鋲
[電算]フラグ。チェックする必要がある場合は作業工程表に目印としてピンを刺しておいたことから、それが電算の世界に転じて使われるようになった。
[レベル]2
14:制:sad:evpin(留める針)
[文化]
日本に見られる金色で扁平な画鋲は存在しない。100均で売っているようなピン。ただし針は丸でなく、L字型をしている。これは刺した後にグラグラしないためと、壁に開いてしまう穴の面積を狭くするための工夫。取ったときに壁が汚くならないように配慮されている。
【用例】
ev epi フラグを立てる
epi es ev danel = (tu) epi et dan フラグピンコ立ち、フラグ立ちまくり

epn
/ [建築]廊下
[レベル]2
14:制:ezpon(部屋と部屋を繋ぐ道)
[文化]
部屋と部屋を繋ぐ床で、日本と変わらない。フローリングが基本である。学校の廊下は幅広く、ぶつかる心配がない。かといって走るのは禁止である。廊下には各地に消火栓がある。また、廊下と教室の境には上方にプレートがあり、何番の教室か分かる仕組みになっている。日本と同じである。つまり、教室のドアの上のところに何年何組と書いてあるのと同じである。教室のドアはスライドドアではなく、押して入るドアである。出るときは引く。生徒の往来が激しい休み時間中はドアを開放しておく。開閉があると廊下から入ってきた人によって出ようとした人がドアに吹き飛ばされて怪我をするからである。それでも冬などの寒い時期はドアを閉めておきたい。そのほうが寒くないし暖房代もかからないからである。そこで大抵のドアは透明で、中が透けて見える。しかし、外から見えるということはドア側の生徒がいつも誰かに見られるような不快感を覚えることにも繋がる。教室内のプライバシー保護の点もあり、教室のドアは休み時間は透明だが、授業中になると自動で曇りガラスに変化するようになっている。

eram
/ [名詞]午前
[形容詞]午前の
[反意語]saam
[レベル]2
19:melidia alis:eltfaaram(エルト神の正午)このエルトは組み数字
【用例】
var eram 午前中ずっと
fenzel eram 午前10時

erat
/ [化学]溶ける、融かす、溶解、とける、溶かす、解ける、とかす
[レベル]2
19:ridia:er/lat
[語法]
esiは日常的ないい加減な言い方。砂糖を溶かす場合、液体に溶かすならeratが正しい。本来砂糖をesiするというのは、熱してどろっとした砂糖の液体にすることであって、水に溶かすことではない。

erde
/ [名詞]イケメン、ハンサム、かっこいい男性
[類義語]varma、farm
[レベル]2

[語法][文化]
顔が重視される言葉だが、顔だけよくて体型が惨めだとややerdeとは言いがたくなる。純粋な黄色人や白人よりも、luxianやyultanのほうが人気が高く、イケメンになりやすい。体型は典型的にはやせマッチョが期待され、あまり大柄で筋肉質でもerdeから外れてしまう。アルバザード人の女は美しい物好きなので、イケメンに弱い。ルティア人のほうが、頭ではイケメンだと思っていても、あまり態度に出さない。
【用例】
les siina erde 面食い、メンクイ、めんくい、面くい、めん食い、イケメン好き

ereej
/ [丁寧][親族]弟君、弟殿、エレージュ
[レベル]2
21:l.aruuj
[文化]
laala

erei
/ [地学]川、河
[形容詞]〜川。前置。
[類義語]reis、erke
[レベル]2
19:eria
eke:eke:la eke
[語法]
一般的な川。

<なぜ「太い川」と言えないのか>

認知言語学的な話になるが、日本語で「細い川」、「小さい川」、「細川」、「小川」はあっても、太い川とは言わない。大きな川か広い川になる。これは川を線と見なすかどうかで決まる。
広い川の岸に立つと視界の奥のほうまで水がある。そして左右の視野にも水が見える。この視界の映像だけでは水が流れていない限り川には見えずむしろ池や湖に近い形状をしている。人間の目はこの視界に対し、川を線では捉えず面で捉える。となれば当然太いは使えない。
一方、細い川の前に立つと奥行きが少なくそれでいて左右にも水があるため、線と認識できる。そのため細い川とは言える。
このように、語法は人間の認知に大きく影響を受けるので、どの国の言語でもある程度同じになることがある。
どの言語でも川を細いと表現する場合はあっても、太いとは表現しないことが多い。

一方、英語やアルカのように幅広いや幅狭いという形容詞を持つ場合は、互いに反対語であるこれらを川に適応することができることが多い。riverはbroadやwideとも共起するし、narrowとも共起する。アルカも同様で、get, dokともに使える。
このように、語法は人間の認知能力に端を発するものもあり、その辺りは文化以前に人類全体にある程度共通する部分があるので、アプリオリの場合はそういった事案を根掘り葉掘り探さねばならない。
【成句】
eria t'erei 諸行無常、有為転変

erfi
/ [地学]銀
[形容詞]銀の
[組み数字]2/4
[レベル]2
meltia 28:gilius;eria/frei
19:eriafrei。銀は鉄を聖水で清めたものと考えられたことから。神話では古からある。
::la anje:kaled,vx
[文化]
神聖な金属で、魔法の伝導率が最も高い。zgで銀の精製技術が一般化するまで金より高価だった。というのも自然界にそのままの形で存在するのは金のほうが多かったため。

eria
/ [名詞]聖水
[名詞]飲み水、飲水、真水、飲料水←xener
[名詞]水→er
[アイテム]エリア、エーテルドライ、エーテルターボ:ヴィルを大きく回復する水。アルフィの泉から得るため、巫女のみが得られる。アルドゥ神を通じて巫女の両掌に落つ。
[類義語]er
[レベル]2
f;e
赤:単に水
eria:eria:la reila(火の対):miko,alt maim,md

eril
/ [料理]ケチャップ
[レベル]2
lakta:「血の色の水」。制アルカではケチャップは即トマトケチャップを指した

erim
/ [生物]心臓
[音楽]ユーロビート
[レベル]2
13:制:erimai(血/体内器官)
[語法]
約束することを示すジェスチャーをすることも表わす。約束は古アルカからpinaと言い、心臓(命)を貫くという意味だった。これは約束を破れば命を奪われてもかまわないという意味。「約束したぞ」とか「ゆびきりげんまん」を意味するジェスチャーとして、心臓(勿論実際は胸の部分)に主に右手の手のひらをパーの形で当てるというものがある。欧米では女性が自分を指す場合に良く行われるジェスチャー。そしてerimはそのジェスチャーをすることを示す。
【成句】
goa sat erim 心臓を吐き出すほど急激に強く驚く
til erim t'eketone エケトネの心臓を持つ:怖がりだ、恐がりだ

erke
/ [地学]大河
[形容詞]〜河。前置。
[類義語]erei、reis
[レベル]2
19:erke(水が行く)

erkotan
/ [農耕]たんぼ、田圃、田んぼ、圃
[レベル]2
19
[語法]
水を張って稲を作る畑のこと。アルバザードだと稲は主要な作物でないため、たんぼは単純語にならない。

ern e yuuma
/ [歴史]ユーマの一族
[レベル]2

[語法]
わざわざアルバザード人がlanでなくern e yuumaというときは、ユーマの一族そのものを歴史的な意味で指す場合と、「われわれ人類は」という排他的なニュアンスで述べている場合とがある。
[文化]
ユーマ→アルドゥ・エスタ→16人の子供……と続く一族で、人類のこと。神から徐々に神性を失いつつ分派した一族で、厳密には16人の子供からが人類である。世代を重ねるごとに短命で無力になっていくが、その代わり一族全体の数は増えるという特徴がある。
しかしその数に物を言わせて、非常に低確率ながらも突然変異の能力者を輩出することがある。神々や悪魔を凌駕する救世主リディア=ルティアもユーマの一族であるし、世界中を革命の嵐に巻き込んだ英雄ミロク=ユティアもまたユーマの一族である。
<ユーマの一族の寿命・生殖・人口>
・第一世代
ユーマのみ。不老不死。meltia 18にテームスに吸収される。
・第二世代
アルドゥ(エルト)とエスタ(サール)のみ。不老不死。ヴァステでヴァルテに襲われる。アルドゥが必死にエスタを守るのに心を打たれたヴァルテは命を取らず、彼らをガルヴェーユの泉に封印した。
その後も気付かれず、ラヴァスの終わりにユルグが見つけ、封印を解く。しかし同時に彼らは別々のアルフィに引き裂かれてしまう。
rdの終わりに神々が和解するとようやく再会できた。
・第三世代
エスタの16人の子供たち。meltia 35〜50の間に生まれた。寿命がある。寿命はおよそ85万年で短命。
第三世代は男女が8人ずつで、兄弟全員が互いに交わってそれぞれ子を作った。従って女一人が8人ずつ子供を産んだので、第四世代は計64人となる。
・第四世代
第三世代同士の子供たち。ただしtesteelは除く(彼女だけ第三世代に性質が近いため)。このころになると不老ですらなくなる。寿命は僅かに2万年で、性的に成熟するまで1万年かかった。1万年で人間でいう15歳ほどで、1.6万年ほどの間20代の青年の姿で、1.8万年ほど中年の姿で、残りの2千年で急激に老いて死ぬ。このため、1万年ごとに新世代が生まれることになる。
64人の第四世代は男女が32人ずつで、やはり親と同じくすべての兄弟と関係を持って子を成した。32人の女が32人ずつ子供を産んだので、1024人となる。
第五世代は第四世代がメルティア二桁代に生まれたとすると、1万年後のmeltia 1'0000ごろに生まれたことになる。もう1万年後には第四世代が死に、第六世代が生まれる。
なお、valesのようにtesteelの子でもサルトの血が入った者は不老不死になることがある。
・第五世代
寿命等は親世代と同じ。やはり512人ずつ男女がおり、それぞれに子供を作って26万2144人の子ができる。しかしあまりに子供の数が多いため、親の持つ神性さが分散され、第六世代からは生殖能力が激減する。
・第六世代
寿命は同じく2万年だが、女は生涯に2人しか子供を産めず、逆に不妊や流産もない。まだ半分神なので、自然環境や動物に襲われるといった小さなことでは死なない。子供の男女比はきっかり1:1である。
ここからは人口が増えずに一定なので、ユーマの一族の人口はおよそ26万人のまま何十万年も世代交代を繰り返していく。
・meltia 85'0000
ユーマの一族(人類)は世代を重ねるごとにviidが弱くなっており、神性が失われていった。このため神々からより蔑まれるようになった。
一方神々はこのころフィーリアで暮らしていたが、寒いフィーリアには食材が乏しいため、フィーリアよりも温暖なガルヴェーユやアルヴァノスやルカリアに食材を求めてくるようになった。
meltia 85'0000を記念して神々はフィーリアを離れた。ガルヴェーユには主にサールが、ルカリアには主にエルトが向かった。しかしガルヴェーユに着いたサールは人類があまりに多いことに驚き、これでは自分たちの食料を確保できないと考え、彼らを追い出すことにした。
当時人類は2つの魔法体系を使うようになっていた。ひとつは魔法陣を描き、そこから強力な魔法を放つ集団で、ひとつは言葉を呪文として用いて素早く魔法を放つ集団である。言い換えれば文字に依存した魔法と言葉に依存した魔法であり、いずれにせよ言語に依存している。
彼らは魔法を狩りや生活に使っていたため、魔法の違いは決定的な生活様式の違いを生んだ。生活様式の似たもの同士が同じ場所に住むため、集落が形成されていった。神々に追い立てられた際、前者はサヴィアに移り住み、後者はファベルに移り住み、完全に袂を分かった。そして彼らは自らをマレット、シフェルと呼び出した。
・第八十九世代
当時人類が抵抗もなく追い出されたのは、ちょうどこのころ大きな力を持った第三世代が寿命を迎えたためである。彼らは神に近いので、神といえど争いたい相手ではなかった。しかし彼らが天寿を全うしたため、神々は区切りのいい年号を以って侵略に向かったというわけである。
なお、第三世代の恩恵を失った人類は急激に衰えた。その影響は次の世代に現れた。meltia 85'0000といえば、第八十九世代が生まれたころである。同時に第八十七世代が死ぬころでもある。
そしてこの八十九世代は寿命が極めて短くなり、わずか2000年であった。viidは圧倒的に弱くなり、北極などの土地では到底暮らせないほど軟弱になった。
寿命が短くなったのは実は進化ともいえる。マレットにせよシフェルにせよ、今までとまったく違う風土で生きることになった上、自然環境を制圧するだけの強力なviidを持たない。そこで環境の変化に対応するよう、遺伝子のサイクルを早め、進化を早めたのである。
ただ、このころはまだ神性が残っており、生まれてくる子供の中には前世代と同じような強力なviidを持ったものや、寿命の極めて長いものもいた。その比率はおよそ4:6だから、人間離れしたものが6割もいた計算になる。なお、力の差は漸次的なもので、非常に力のあるものは数人しかおらず、その次は1割程度、そこそこの戦士が2割、やや強い人が3割、残り4割が脆弱といったものであった。脆弱になるほど寿命が短いが、遺伝サイクルが早いため、いち早く環境に適応した。
こうして強いものと弱いものを分け、そこに遺伝サイクルの遅早を設けたことで、人類は分業を利用した効率のよい発展を遂げたことになる。
・ホモ・サピエンスとの出会い
meltia 85'0000ごろにはファベルでホモ・サピエンスが出現していた。ユーマの一族は自分たちに比較的似た知能の高い動物がいることに驚いたが、彼らは空も飛べず魔法も使えない無力な存在だった。また、生活レベルも低く、容姿は醜かった。彼らは言語を操る能力があったが、その能力は地球の現代人と比類ないものである。当然ユーマの一族から見ても劣悪なもので、ユーマの一族は彼らの言語を複雑な鳴き声程度にしか解していなかった。ユーマの一族とヒト(ホモ・サピエンス)は交配できないが、姿かたちはよく似ていて、遺伝子もよく似ている。免疫システムも類似しており、ユーマの一族がかかるものはたいていヒトもかかる。メルティア85万年ごろに両者が接触し、ユーマの一族からヒトへ天然痘などの病原菌が次々と感染。免疫も魔法も持たないヒトからヒトに飛び火し、絶滅。ネアンデルタールも既にホモ・サピエンスの手にかかっていたため、人型の生き物はアテンのみとなった。
・meltia 86'0000ごろ
第八十八世代が死亡。2万年生きる長寿の人類がアトラス上から消える。
・meltia 95'0000ごろ
シフェルの民が食料と土地を求め、ファベルからアンシャル、サヴィアからインサールに入る。神がいるので西勢はフィーリア、ガルヴェーユ、ルカリアには住まず、この後9万年ほどかけてファルファニア、レスティル、魔方、東方、メティオに徐々に広がっていく。
東勢のマレットは同じ時間をかけて西はメティオ以北と以東まで、南はケヴェアに散布していく。
・meltia 999,872
神々がさらに食料を求めてガルヴェーユとアルヴァノスとルカリアを捨てる。世界中を飛び回ってどの土地がいいか品定めしつつ、大陸に名前を付けていく。しかし結局近場に引っ越すのが環境の変化も少なくて気楽だということで、ルカリア南部にレスティルを建国。
神がレスティルに入ったため、レスティルにいた人類は追い出された。ファルファニアなどにいた人類は何もされずそのまま残った。レスティル人は故郷を離れ、周辺に住むようになる。しかしシフェルの一族は神の周囲に住むことで文化的に大きな影響を受けるようになり、強大な力を持つ神への畏敬を深めていく。
・meltia 100'0000
ヴァステ開戦。人類は神と悪魔の戦いの煽りを受けて次々と死んでいった。ところが数が多いので、巻き添えで大勢が死んでも絶滅はしなかった。
悪魔だけでなく不定期でアデルも降ってくるため、これの応戦もしなければならなかった。このころは主にシフェルが被害者となった。マレットはアデルの応戦をしていただけである。シフェルは疎開するようにレスティルやミュールの周りを避けて生活した。
・アデル
ヴァステでテームスは封印されたが、封印を解こうとするテームスの体からこけらが落ち、アデルとなってアトラスを襲い続けた。
・ラヴァス
ラヴァスが開戦したときも人類はまったく同じスタンスを取った。戦乱に巻き込まれたおかげでかえってシフェルは鍛えられ、魔法も戦闘にも長けるようになっていった。このころの経験が後のazgerでの勝利を決定したといってもよいだろう。
・アズゲル(meltia 104'0000:yuuma 0)
神々がアルフィへ去り、人類の時代が到来。シフェルはレスティルを中心に我が物顔をするように。
マレットも神が去ったことを知るや、勢力拡大のためメティオを襲撃。メティオでの領地争いがきっかけで、東西戦争アズゲルが始まる。
このときのリーダーは西がシフェランで、東がマレティス。彼らは神性を残しており、この時代の人間としては極めて長寿であった。
・メルテナ
メルテナになると、シフェランないしマレティスの祝福を受けた人間だけが長寿で、あとは現代人と同じで100歳程度の寿命しかなかった。力あるものとそうでないものの格差が広がり、中間層が激減した。
力あるものは神と結託し、さらに力を蓄え、結果的に召喚士が生まれた。力の有無が明白になり、力あるものが力なき者を支配する政治の形ができあがった。こうして力を持った召喚士たちが次々と王になり、各地に国を建国していった。
とはいえ、このころの「弱き者」はrdの時代の民間人よりもまだずっと強く、アデルでいうなら否天程度は倒せる使い手であった。
・カコ
力の格差社会はより深刻になり、民はどんどん力を失っていった。このころの民は衛天を倒せる程度に弱くなっていた。
召喚士は上弦と下弦で派閥を分け、月戦争カコが始まる。寿命が長いものは王族など、ほんの一握りである。
・セルメル
カコでラシェットがテームスの封印を強めたことで、アデルが降ってこないようになった。人々は魔物との戦いを失ったことで急激に弱くなっていった。また、人類同士の戦いも激減して太平の世の中になったため、人類の力はますます弱くなった。
このころの実力を仮に測るならば、陽天を倒せたくらいである。魔法をまったく使えず空すら飛べないという人間も数割見られた。
女は家の中に押し込められ、綺麗で賢くあるものと位置づけられ、魔導師が急激に衰退した。
寿命は王族のみが長く、一般人は100歳程度。しかし実際には50〜80歳で死んだ。
王族についてはilmus参照。
・rd
rdでテームスの封印が解けだし、アデルがふたたび降ってくるようになると、人類は一時力を取り戻した。とはいえ、寿命についてはセルメルと同じ。
このころは民でも空天が倒せる程度に持ち直した。
・ナディア〜アレイユ
テームスが死んだことで、太平の世の中が訪れ、人類は急速に力を失った。
魔法を失い、空も飛べなくなった。仮にアデルがいたら、武器を使って炎天を倒すのが精一杯だろう。
ただし、シオン=アマンゼやミロク=ユティアのような魔導師が存在するように、隔世遺伝的に能力を持って生まれるものも存在する。

ersenti
/ [料理]ざる、ザル、笊
[レベル]2
19

ert
/ [名詞]エルトの一族、白幻神
[生物]エルト属、白幻神属
[形容詞]エルトの〜。敬称。
[レベル]2
fv;elt.k
17:制:古
elt:elt:lu alies→alies,szd
[語法]
→apt, est
○名(前置)
×姓
○男女
○単体使用/名詞用法

erva
/ [悪魔]エルヴァ
[歳時記]水曜日。週の第2日目。
[名詞]水害
[音楽]レ
[組み数字]2/7
[レベル]2
meltia 0:erva;e
sorn:アルシェ形はerias。erは水。
[文化]
ソームの2番目。プライドの高い美人。水と氷を操る。水の羽衣を着ているので実質ほぼ全裸。水の羽衣を纏った女。裸に見える。冷たい。我侭。自信過剰。自己中心的。だが美しい。

erx
/ [建築]風呂、バス、バスタブ、風呂釜、浴槽、浴そう、浴室
[動詞]yulを風呂に入れる、風呂に入れる、風呂にはいる、風呂に入る
[レベル]2
13:制:古:eruxilo(水の家)
[文化]
アルバザードは大家族が多く、長風呂を好むため、一緒に入ることが多い。風呂は浅く、広い。温めで半身浴をする。シャワーはあまり好まない。大家族が多いので水がもったいない。また歴史的にもカノイがイムル22年に公衆浴場を作った名残があるため、風呂が人気。一緒に入れるのは血族のみ。婚族は不可。つまり父が娘と入るのはOKだが、弟の嫁とは入れない。ただし、娘と入るのもせいぜい10才まで。さらに言えば父親は娘に男女の体の違いを指摘されるのを嫌うため、息子と入ることを好む。兄と妹など、兄弟もOK。だがやはり10才くらいまで。逆に7歳未満の子供を一人で入らせるのはとても危険。これは嫌だろうが面倒だろうが親兄弟が責任を以って入れるべきとされる。
【用例】
ol el ev er a main ka erx, son den ev tu i lank, man tu vand sen erim. お風呂で水をかけるときには左からかけてはいけない。心臓によくないから。
an ket erx askel xi net. 起きてすぐ浴室へ行った。
xe xat erx. 浴室に誰かいた。
an gonat omi t'erx kont vier lu leev atu vadel. 彼に浴室から早く出るよう言いながらドアを叩いた。
an tilat diina ka erx oken er di kax miktel man an et ani tinka. とても疲れていたのでお湯をいっぱいはった風呂でゆっくりした。
an erxat ok er hart. 熱いお風呂に入った。

erxhia
/ [名詞]バスソルト
[レベル]2
19

erxmait
/ [名詞]バスクリン、バスソルト
[レベル]2
19
[文化]
入れる人と入れない人が半々程度に分かれている。塩で済ませる人もいる。化学物質を嫌う人は入れない。

erxrob
/ [名詞]風呂の蓋
[レベル]2
22

eryulo
/ [名詞]水面
[レベル]2
19

esil
/ [形容詞]気持ちよい、心地よい、肉体的に気持ちいい
[類義語]diite
[反意語]bekam
[名詞]快楽
[レベル]2
19:古:esse(えっちな)
[語法]
気持ちが良いのはesilとdiite。esilは肉体的な気持ち良さで、diiteは精神的な気持ち良さ。
気持ちが悪いのはbekamとmelis。bekamは肉体的な気持ち悪さで、melisは精神的な気持ち悪さ。
esilは風が心地よいとき、風呂で気持ちが良いとき、セックスで気持ちが良いときなどに使う。風の場合はdiiteでも可。語源は性的なものだが、現在では風呂で気持ちが良いというような意味でも使うので、気まずい単語ではない。
diiteは子猫を見たとき、空が晴れ渡っているとき、風が気持ちいとき、美人を見たとき、善行をしたときなどに感じる。
bekamは胃が気持ち悪かったり、吐き気がしたり、ふらふらしたりするときに感じる。
melisは虫を見たとき、悪人を見たとき、不美人を見たときなどに感じる。
esil/diite、bekam/melisのように合わせた表現も可能。
【用例】
an nat esil tin im fis. 今日はとても良い気分だった。

esip
/ [医療]飲み薬
[レベル]2
19:esi/pita

esk
/ [気象]雨
[動詞]yul(場所、人)に雨が降る 、降る
[名詞][婉曲]精子、父親
[類義語]siile
lsl;es,f.l
[レベル]2
13←古es雨
es:esk:la siile(水は女):mikoli,alt ov,me
[文化]
雨が降ってきたか確認するときは手の平を上に向けて差し出す。日本と同じ動作。ただし指は閉じ、開かない。つまり指同士がくっついている。簡単にいえば、パーではなくチョップの手。
アルバザードは年中雨が定期的に降る。比較的冬のほうが降る。クリスの月の雨は冷たくよく降るとされる。梅雨はない。雨の季節というとクリスの月を連想する。
雨が土に降って苺が育ち、その苺を食べた女の腹にイーディス神が入って妊娠するという言い伝えがある。
【用例】
esk dot{vien} 激しい雨
△an eskat yu→eskat (an) sin = esk lunat (an) sin. 雨に降られた。
esk lunand. 雨が降っている。自然な言い方。
esk and met. 雨が降っている。落下に焦点。
esk luna ilt arna. アルナに雨が降ってある(地面などが湿っていて降った痕跡がある)
kleevel esk atolas. クレーヴェル神はこの星に雨を降らせる。
esk askel in. 今にも雨が降りそうだ。
eskat kit im foni del an koltik. 私が帰った途端、雨が降り出した。
jent emat farf xi esk. 雨が上がった後はよい天気になった。
eskat sil askel in man esp luna kit jan. 雲が出てきたところを見ると、すぐにも雨が降り出しそうだった。
esk at ar ont is repel im faar. 朝のうち、雨が降ったりやんだりした。
esk kit. 雨が降り始めた。
eskat. 雨が降った。
eskat ati kal. 小雨だった。
an eskat yu. 雨に濡れた。
eskat (an) sin. 雨に降られた。
el en pornat esk sil ati soa. そんなに雨が降るはずではなかった。
☆ket eskat yu on erim as. 猫がずぶ濡れになった、ぐっしょり濡れた:on erim asで「心臓までも」。心臓は最も熱い箇所とされ、そこまで雨に濡れる=ずぶ濡れになるというメタファーになっている。
eskatand dotel. 雨が激しく降っていた。
eskat yun moe. 滝のように雨が降った。鉄砲雨が降った。
tu et lam xel eskat dotel soa. こんなに雨が降ったことは今までにない。
eskat onkel. 雨が降り続いていた。
esk emat vien. 雨が強くなった。
eskat var sel. 雨がやむことなく一日中降り続いた。
an en porlot esk xal ati soa. 雨がこんなに降り続くとは思わなかった。
an lax esk em took. 雨がこれ以上降らなければいいのに。
en esk xalel fol fou xelt. 何ヶ月も雨が降ってない。
on tu flea, eskat du leiz. 今年の夏は雨がほとんど降らなかった。
esk lunand. esk et lant ento an siina tu. aal, tu et alka xel esk l'el ins ipot amo o l'el fils frem tems. 雨が降っている。雨は綺麗で好きだ。特に車の中から見る雨や窓際から眺める雨は最高だ。
[言葉遊び]"esk " eks "er t'esk" o "tef t'esk" tan sei? 「esk」には「雨水」や「雨滴」という意味もあるのだろうか。

esn
/ [気象]傘
[類義語]leeze
[レベル]2
13:制:eszamon(雨の杖、雨の棒)
【用例】
hom{ar} esn 傘をさす
deyu{is} esn 傘をたたむ
an pias esn man eskat sat. 雨が降りそうだったので傘を持ってきた:piarだと、携帯しようとして家の中で折りたたみを探している段階のこと。
an en piat xir esn. 傘を持ってくる必要はなかった。
☆an eskat yu on erim as kav sab man en pias esn. 傘を持ってこなかったので、服の下までぐっしょり濡れた。
an sit esn fin esk. 雨が降っていたのに傘がなかった。
an at xina ento nos pias esn. 幸いなことに傘を持っていた。
an nat atta man nos pias esn. 傘があって良かったと思った。
an sakat esn ant es rig im an homik tu. 傘を開いたところ、壊れていた。
☆fiol t'esn es dom. 傘の骨が折れていた。
esn tilat max han. 傘に大きな穴が開いていた。
non milx xe meld esn noan. 誰か私の傘持ってきてくれないかな。
el deyu esn im lukok mol fi e. 何かの下に来たら傘は閉じるのよ。

2月の晴れた日に、水色のかさ、持ってきた。
隣を歩く彼は、きづいてない。あと1メルフィ近付きたくて、持ってきたってこと。
空のかみさまもきづいてない。あと1メルフィ近付きたくて、雨を降らせてほしいってこと。
non pias esn duur im sel farf e kliiz.
lu le luk mik non en xakles, yul non sos soa mil frem lan nan a lu du 1 fein melfi.
see kleevel tan en xakles, yul non lax la esk fan lena lana non frem sen nan a lu du 1 fein melfi.
ためいきを、ついた。そんなとき――
「しょうがないから入ってやるよ」
こんな晴れた冬の日に、両手いっぱい広げる水色のかさ。
――恋に落ちる、音がした。 (前半seren。後半一部初音ミク『メルト』)
non lapx. im tu,
"an xa van mol esn tiil alxelfel a"
esn duur le han nos enzel du jien im soa sel farf.
komo, temik hatia.

eso
/ [被服]合羽、レインコート、雨の服
[レベル]2
15:制:esk
【用例】
an piat esn ont eso fiina ket. 万一に備えて傘とレインコートを持って行った。

esp
/ [気象]雲
[芸術]マンガの吹き出し
[レベル]2
古:水の気体の意
【用例】
esp mit jan. 空が澄んでいた。
jan en tilat ko esp tis. 雲一つ無い天気だった。
esp luna kit jan. 雲が出てきた。

espafi
/ [気象]虹
[メタファー]架け橋、架橋、かけはし
[名詞]寝バック、カサブランカ
[魔法]エスパフィ。光の中位白魔法。虹の橋を架け、一時的に谷などを通行することができる。rdまでは空が飛べたのであまり使われなかったが、下からの風の強い谷や、集団での移動にはこの魔法をかけたほうが楽であるため、利用価値があった。効果が低いわりには架橋の建設という大掛かりな魔法であるため、ランクは中位である。
[レベル]2
fv;es/pafi
赤:雨の橋
[文化]
・虹の色

アルバザードで虹は4色。赤、黄、緑、青。

・性交の体位

女性が下でうつ伏せになって足を閉じて伸ばし、男性が上に乗り、同じ姿勢で挿入する体位のこと。折り重なる様が虹のように見えることから。
カサブランカという訳語はセレンが03年当時の恋人と池袋北口のカサブランカというラブホテルでやってみて相手が非常に気に入ってこの体位をそのように呼んだことがきっかけで、アシェット内でもその名前で通じるようになったことから。
【用例】
espafi lunat xi esk. 雨の後に虹が出た。

espte
/ [気象]くもり、曇り
[レベル]2
19
【用例】
tu at espte im fis. = fis at espte. 今日は曇っていた。
jent at espte. 曇っていた。
jan at espte elsel. 空がどんより曇っていた。
jan at espte var faar. 朝のうちはずっと曇っていた:ずっと感を出すためにimでなくvar。
im kit tu at farf, tal xi tu, tu emat espte. 最初は晴れていたが、後から曇ってきた。

esta
/ [サール]エスタ
[動物]ほたる、蛍
[類義語]palsaa
[組み数字]16
[レベル]2
meltia 18:yuuma;esto.k「うつし身→自分の子」
古:ridia
esta:esta:la esta:xtel,vx
[文化]
ユーマとヴィーネの娘。ヴィーネに惚れるサールの少女マグラは、ヴィーネの娘を産んだユーマに嫉妬し、エスタを奪って逃げる。マグラはエスタに淫の呪いをかけた。エスタは幼女の姿をしていて、マグラに抵抗できる力をまだ持っていなかった。マグラはエスタを殺そうとしたが、もし殺せばそのことはいずれヴィーネの耳に入ると思い、止めた。そこで泉に投げ捨てた。
呪われたエスタは成長とともに欲望が抑えられなくなっていったが、夫がいないので苦しんだ。少女に成長したエスタは自慰を編み出し、それによってマグラの呪いを解いた。呪いを解くとエスタの体内から蜘蛛が現われた。エスタは蜘蛛を壁に投げつけると蜘蛛は死んだ。こうして呪いは解けたが、幼女のころから刻み込まれた淫乱な性質は体に染み付いて取れなかった。ある晩、エスタは湖でユーマを探しにきていたアルドゥと出会う。そして兄妹と知らぬまま二人は契る。エスタの淫乱さに誘惑されたアルドゥはエスタを娶り、ユーマを探すことを忘れて二人で暮らした。快楽を好むエスタは、アルドゥを誘惑し続け、次々と子を生んでいった。初めの子はエレスという娘とカルファンという息子の双子であった。次はトロメキア、パルテ、シンケという三つ子だった。三つ子は全て女だった。結局、エスタは計16人の子を生んだが、子供は何故かサールでもエルトでもなかった。
エスタの子供はヴィードが乏しく、姿を変えることも強大な魔法を使うこともできなかった。それはサールでもエルトでもないユーマの血が濃すぎたためである。それで生まれてくる子供はサールやエルトの力を失った弱い子供たちばかりであった。そんなエスタの子供たちは無力とされ、伴侶を得ることができず、近親婚を繰り返した。それによって更にその子孫は神性を失った。
トロメキアはネルメスに口説かれたが、遊びと知って断り、ネルメスを怒らせる。後に兄のカルファンと契る。パルテは水をほしがるオルトに水を与え、その代わりに女らしくするように頼んだ。オルトはパルテに初潮を与えたがパルテはそれが何であるか知らず、オルトを罵った。怒ったオルトはパルテに不妊の呪いをかけた。パルテは兄のカルファンと契ったが、呪いのせいで妊娠しなかった。
パルテはオルトに許しを請いに森を彷徨う途中、毒蛇のサールであるプティンを踏んでしまい、怒ったプティンに噛まれる。泣くパルテを見つけたカルファンはパルテの足を切り落としたが、パルテはその痛みに喘いで気を失った。後にこの脚はエレスの魔法で治してもらう。さてパルテの血は黄色い花に飛び、斑点を作った。オトギリソウである。そのときオルトが現われ、オトギリソウの根に妊娠を司るエルトのイーディスを作り、イーディスを連れて去った。
三つ子の末女シンケは貧相な体で、背も小さく、顔も別段美しいわけではなかった。だから兄カルファンは彼女に対してはあまり優しくなかった。あるとき、兄のカルファンは妹に鏡を与えた。1枚は額が金で、華やかなパルテに与えられた。次の1枚は銀で、しとやかなトロメキアに与えられた。そして最後の1枚は銅で、これがシンケに与えられた。シンケが不当というとカルファンは、美しい者ほど美しい鏡が必要だと答えた。これに腹を立てたシンケはパルテとトロメキアの鏡を割った。その夜、カルファンはバオナに襲われ、近くにいたシンケを犯した。シンケは子を産んだが、それでも愛されなかった。シンケはその原因を自分の容貌にあると考え、銅の鏡を割り、破片を顔に刺してより醜くなった。それ以後、彼女は顔に布を巻いて暮らした。彼女も後に兄弟全員の子を産むが、いずれも容姿はよくなかった。現代、人類に容姿の悪いものがいるのは、彼女の血脈が少しずつ皆に混じっておりそれが強く遺伝的に現れたものだとされる。
エレスはカルファンに犯されることがなかったが、エスタの13人目の子供のコーレルによって犯される。エレスは兄弟の仲で一番美しい少女だったが、寡黙な性格で、あまり兄弟とも付き合いを持たなかった。しかし生まれてきた幼い弟コーレルの美しさに魅了されると部屋に閉じこもり、彼と会うことなく過ごすようになっていった。そうしてコーレルが十分成長した頃まで待ち、初めて姿を現した。コーレルは始めてみる美しい少女を姉だとは思えず、誘惑に負けて犯してしまう。
エレスとコーレルの間にはテステェルという娘が生まれた。テステェルはエレス以上に美しく成長していった。テステェルは女しか愛さず、数々の少女と関係を持った。テステェルは大人しく従順だったため、少女たちは自分からテステェルと関係を持った。しかしテステェルは残酷王フェンゼルの求愛を断り、怒ったフェンゼルによって無限に子を生むという罰を被った。生まれてきた子の中にはフェンゼルとテステェルの息子もいた。フェンゼルはそのエルトにヴァレスと名付けて育てた。
アルドゥとエスタの子は近親婚を繰り返したため、次第にアルテとしての力を失っていった。そしてユーマに始まる彼らの一族をアルテはユーマの一族と呼んで自分たちと区別するようになった。ユーマの一族は後に起こるラヴァスが終わるとアトラスに取り残され、独自の発展を遂げていく。これが人類である。
<エスタとアルドゥの16人の子供(人類の祖先)>
1:eres:女
2:karfan:男
3:tromekia:女
4:parte:女
5:xinke:女
6:facet:女
7:kyuk:男
8:deit:男
9:sever:男
10:kap:男
11:jimn:男
12:subek:男
13:koolel:男
14:distel:女
15:yeevel:女
16:twarzel:女
<人数について>
古・制では28人となっていたが、面倒くさかったのか、幻日には13までしか登録されなかった。
新生で登録しようとしたら「書いた紙がどこかにいってしまった」とのことで分からなくなり、幻幻で調べたら、向こうは向こうで16までしか登録していなかった。仕方ないということで神話上は最初から16人の子供だったということに設定を変えた。
<見た目>
エスタはヴィーネを受け継いで黒髪茶目の東洋系美少女。
第三世代はいずれも彼らを混ぜたもので、諸特徴が混ざり合った。
【成句】
esta seer til fai hart 鳴かぬ蛍が身をこがす。日本語の表現に近い。
【用例】
an inat sen esta im durne. 夜は蛍を見ることができた。

esti
/ [形容詞]有名な、高名な、名高い
[類義語]harfalm、hanoiest
[反意語]oxka
[レベル]2
19:melidia alis:esttil(名のある)
[語法]
日本語の有名より弱い。famousよりさらに弱い。

estol
/ [感動詞]よろしく、よろしくお願いします
[レベル]2
古:元はeesteloで、「名前を知る」の意。初対面の相手に自分の名を覚えてもらうことは今後の人間関係を築くための第一歩で、「名前を知る」という意味のeesteloが「よろしく」の意味を表わした。これは元々オヴィやクリスなどが言い出した言葉で、一番初めに使われたのはフルミネアが仲間になったときである。オヴィかクリスのどちらかが名を名乗った後にしきりに「名前を覚えてくれ」という意味で使っていたのを覚えている。それが次第にestloになり、次に恐らく言いにくいという理由でestolになって現在に至ると考えられている。
[語法]
今年もよろしくお願いしますのように既知の間柄では使えない。その場合はans xal xiit memit a xok im tu salt tanのように言う。

estrast
/ [言語]氏名、姓名
[レベル]2
19:ridia:arbaxelt

etat
/ [名詞]エタット、積極的で外交的な人、男役、タチ、立ち、兄役、兄貴、兄分、姉分、姉御、姉貴、兄者、姉者、姉役
[レベル]2
古:etat(エタット)←etta,eeta(姉)
[文化]
性格二分法における、陽のほう。陰のほうはliisという。ardenやmayuはetatに含まれる。

etek
/ [料理]茶、紅茶
[レベル]2
tm;eria/tek
古:etek(茶、葉の水)
etek:etek:etek:lette,fgn
[文化]
『ミールの書』で茶といえば紅茶を指すように、無標は昔からずっと紅茶である。紅茶はアルカで最も普通に飲まれる嗜好品。砂糖などを入れて飲むが、ストレートも多い。『紫苑の書』などでも頻出する。
お茶文化はもともとヴェマやアルティアやメティオなどで盛んだった。各地でそれぞれ分類様式化されていたが、rdでクミールによってアルバザード流の様式が確立し、黒茶、白茶、紅茶、青茶、緑茶、黄茶の6分類ができた。
ルティアは早くからヴェマの影響を受けて6分類を持っていた。
【用例】
lad etek 紅茶を淹れる

etin
/ [動詞]on(金や仕事や勉強など)についてyul(人や境遇)に甘える、甘える
[普通動名詞]甘え
[反意語]hino
[レベル]2
19:制:etn
[語法]
アルバザードはフランスと似ていて個人主義でもあるため、甘えの文化は日本と違ってないだろうと想像されるだろうが、実際にはアシェットがほとんど同年代で構成される中、メルだけが初期のメンバーで年少者で、セレンがこれを猫可愛がりしたため、甘えの文化があった。
アルバザードは個人主義なのでsmまでは甘えの文化がなかったが、smで村社会の凪人が甘えの文化や長幼の文化を持ち込んだ。その上rdでセレンがメルを甘やかして甘えの文化を発達させ、それがアルカに反映されたため、sm_rd以降は甘えの文化や長幼の文化がアルバザードにも存在するようになった。

ただし、日本語の甘えと一対一の対応をする概念ではなく、アルカにおいてetinはhinoすなわち我慢の反意語である。
我慢しないで誰かに依存して助けてもらうとか、我慢しないでストレスを吐き出すとか、そういう意味でetinという言葉を使う。従って、日本語で甘えといえるシーンで全てetinと訳せるわけではない。
【用例】
mel etinat seren on total. メルは何から何までセレンにおんぶに抱っこだった。

etta(2)
/ [親族]お姉ちゃん。eetaより子供っぽい響き。
[レベル]2

[語法][文化]
alser

etto
/ [親族]お兄ちゃん、えっと
[レベル]2
古:mel:古アルカのeetaの対。aletta, alettoと同じ。アプラウトした制アルカのeta, etoの対比から来ているのではない。アシェットではメルがセレンを呼ぶときにetto単体で使われる。
[語法][文化]
alser
血の繋がってない年長の男子に対して主に女が親愛の情を込めて使う。

eves
/ [形容詞]濡れた
[類義語]giikket、serip
[反意語]evi
[レベル]2

[語法]
evesは濡れている。seripは湿気を帯びているだけで、ぐちょっという感じではない。
【用例】
an emat eves ati kal man keklat hacn amol esn ant. 友達と傘を一緒に使っていたら少し濡れてしまった。

evi
/ [形容詞]乾いた、乾燥した
[動詞]yulを乾かす、乾かす、乾く、乾燥させる、除湿する
[反意語]eves
[レベル]2
15:制:eva:古:eves(湿った)
【用例】
an evi lax sab kon parp. 服を日光で乾かしたい。
jent evi at onk fol fil. 長い間、乾燥した天気が続いた。
tu molsat 10 fei xel an evi nia. 髪を乾かすのに10分かかった。
an arat eviar a nia. ドライヤーで髪を乾かした。
?eexol es evi ka janl. ベランダの洗濯物が乾いている。アルバザードはベランダに干さないので不自然。

eviar
/ [名詞]乾燥機、除湿機、ドライヤー
[レベル]2
19:xion

evide
/ [名詞]悪、悪事
[形容詞]悪の
[形容詞]からかい半分で「悪いお人」などというときの「悪い」
[反意語]propaata
[レベル]2
f;viの部分はvel(闇)?

evide:evide
[語法]
propaata
【用例】
t...til naki txa. こ、困りんす。
myun xinx tyu ken mian tyan txa? __ dyuxxou, txia te evide vik yanna.
わっちにも見せてくれんかや?――ヌシさまは悪いお人。
(『狼と香辛料』賢狼ホロ)

evrens
/ [名詞]メッセージ、伝言
[レベル]2
20:xion:置かれた言葉

exk
/ [建築]洗面所、手洗い、手洗い場、洗面台、洗面器
[レベル]2
13:制:eexka
[文化]
トイレの近くにある。鏡があって水道がある。上下にタオル入れがある。日本と同じ。水で顔を洗ってタオルで拭く。これも同じ。洗面所は大抵トイレの数だけある。
【用例】
an alsipat er al exk. 洗面台に水を吐き出した。

exl
/ [名詞]ブラシ、筆、たわし
[類義語]henji
[レベル]2
lakta:exx(ブラシ掛けするときのこする音のオノマトペ)
【用例】
an exlat nia. 髪にブラシをかけた。

exm
/ [名詞]たらい、盥、タライ
[レベル]2
lakta:洗うもの

exp
/ [擬音]ごしごし
[レベル]2
14:制:物を磨くオノマトペexx

ext
/ [形容詞]汚い、不衛生な、汚れた、不潔な
[類義語]begoa、telas
[反意語]osk
[形容詞][婉曲]男に手をつけられた
sert
[レベル]2
14:制:oxt
eeya:eeya:eeya
[語法]
醜いという意味はない。不衛生を指す。

eyon
/ [文末純詞][rente]eyo
[レベル]2
18

eyoo
/ [文末純詞][rente]eyo
[レベル]2
18

eyunte
/ [名詞]エユンテ。ユンテ以外の位相を指す
[レベル]2
20

ez
/ [建築]部屋
[交通]個室。電車などの個室のこと。
[レベル]2
古:sorn
ez:ez:lu xalet:koko.alt
[文化]
日本と同じく、四角い部屋である。部屋には出入り口がある。日本と違って必ず鍵がある。一人ひとりに部屋が割り当てられるのがふつうである。部屋の広さは日本より広い。何をどう配置するかは決まりがない。効率を考えて自分の好きなように置く。

・部屋の広さの測り方

sm以降、alt経由で畳が入ってからは、部屋の広さを畳数で示すようになった。rd後も縦横何メルフィという言い方より分かりやすいため、部屋の広さは畳数で表現する。
【用例】
ez han{kai} 広い部屋。kaiの場合、空間的な大きさを指す。少なくとも天井が低くないことを含意する。ez hanだと天井が低くても床が広ければ言える。だからez han ont en kai(広いけど大きくない部屋)ということも可能。
non rikat vil it ez mil na adin tinka. 私はあまりに恥ずかしくて部屋から出ることができなかった。
ez le til 6 myuz 6畳間

ezit
/ [名詞]ややあって。15分〜1時間弱。
[副詞]ややあって
[レベル]2
20:ez/skin/te(部屋で座って待つような)
[語法]
fikdu

ezon
/ [名詞]水筒
[レベル]2
16:制

faag
/ [名詞]アイロン
[レベル]2
16:制:faig(火の金属)
[文化]
乾燥機にかけた服や干してから取り込んだ服はアイロンにかける。アイロンにかけた後は畳んでタンスなどにしまう。もちろん、アイロンの必要のない服にはかけない。
【用例】
an arat faag vaxel. 急いでアイロンをかけた。

faan
/ [形容詞][ポジティブ]勤勉な、真面目な
[反意語]fiim
[副詞]勤勉に、まじめに
[レベル]2
13:seren:klel:fas(仕事)
【用例】
an lut fel voskel o faanel. 私はいつも頑張って一生懸命勉強している。

faar
/ [名詞]朝、昼前。8〜12時
[レベル]2
rd;fgn
19:sorn:faal(太陽)から。一日の時間を区切る単語を決めるのはリディアも参加していたが、おおむねソーンが作ったことで固まった。
mopa:mopa:la flavie
[文化]
在宅勤務にせよ主婦にせよ会社勤務にせよ学生にせよ、午前中の時間が仕事の勝負どきである。昼食は正午ごろに食べるので、八時から仕事を始めるとすると、この四時間の間に仕事を片付ける。人間にとってここでの一時間は昼や夜の数時間にも値する。ゆえにこの時点、特に十時ごろの時点は最も貴重な時間である。アルバザードの人間は総じて集中力が高い。そのように徹底して教育されているからである。緩急をつけるのが上手い国民なので、とにかく午前は必死に働く。学校の授業も脳力を使う科目は午前に密集させている。学生は五十分間の間に熱心に知識を詰め込んだら十分間休む。休むときは誰かと会話したりストレッチしたりトイレにいったりする。座りっぱなしは良くない。腰にも良くないし頭にも良くない。一度立って深呼吸し、体を動かすことが奨励される。
【用例】
tu faar 今朝
tat faar 毎朝
im faar e xe sel ある日の朝
☆im xe faar e flea ある夏の朝:上例とxeの位置の違いに注意。

faaram
/ [名詞]正午
[レベル]2
19:sorn:faarim(昼の時点)が母音調和したもの
【用例】
ans til harpnian duen 1 miv im faaram. 正午に昼休みが一時間ある。

faarata
/ [名詞]朝会、朝礼、朝の会
[レベル]2
19:melidia alis

faav
/ [形容詞][ポジティブ]華やか、華麗な、ハデな、派手な
[反意語]gank、leek
[レベル]2
20:fav:13:制
[語法]
良い意味:faav(華やか)・leek(落ち着いた)
悪い意味:gank(けばい)・tuut(地味)

faava
/ [組み数字]12/28
[交通]ファーヴァ通り
[名詞]ファーヴァ組。アルナ大のクラス。
[レベル]2
22

fab
/ [動詞]yulを膨らませる、膨らませる、膨らます、膨らむ
[形容詞]膨れた、膨らんだ
[物理][自然動名詞]膨張
[反意語]fiv
[レベル]2

【用例】
an fabat jangek. 風船を膨らませた。

faid
/ [医療]やけど、火傷、ヤケド
[レベル]2
14:制:faiから
【用例】
an tilat faid on las. 手をやけどした。

faif
/ [名詞]消防
[レベル]2
13:制:faixfas

faifamo
/ [名詞]消防車
[レベル]2
19:ridia:arbaxelt
[文化]
levnamo

fail
/ [形容詞]ゆるい、緩い
[反意語]visp
[レベル]2
13:制:古:faal(きつい)。failでは怠けるという意味になってしまう。

faip
/ [料理]トースト
[レベル]2
13:制:faipof

faiv
/ [動詞]yulをa(結果状態)になるまで焦がす、焦がす、焦げる、こげる
[レベル]2
13:制:古:faivel(焼いて黒くする)
【用例】
pof ik faiv sin. パンが焦げてしまった。

faivatai
/ [名詞]火事、火災→beezel
[レベル]2
19:ridia:arbaxelt
[文化]
火事が起これば保険から金を受け取れる。全焼半焼という中途半端な区分ではなく、家具の何が燃えたとか、何の部屋が燃えたなどによって詳しく点数化される。その点数に応じた保険金が払われる。火事が他人のせいならその人から慰謝料を取れる。自分のせいならもらえない。まして自分のせいで他人の家まで焼けば慰謝料を払う。

faix
/ [動詞]yul(建物や燃えているものなど)を消火する、消火する
[普通動名詞]消火
[レベル]2
13:制:faixiから 参考:古:sedfai

faiz
/ [医療]炎症
[レベル]2
13:制:fai
【用例】
tak til faiz. 腕に炎症がある。

faizyai
/ [医療]ひりひりする痛み、ヒリヒリ
[レベル]2
19

fakt
/ [動詞]yulをaに参加させる、参加する
[普通動名詞]参加
[レベル]2
14:制:fikt
【用例】
ala es an fakt xaf a tuube ata tis. なんでこんな会議に出なきゃいけないんだよ。
im fis tan, an ke fal felki kaen nagoya. tu et ist xax l'ar sil yu ka gihu im tu saalsel. an fakt al oogakiwain ento ke vil felki im tu sel. 今日も名古屋の塾に行かねばならない。今日はこの日曜日に岐阜で行われるはずの授業の振替分だ。私はその日大垣まつりに出るので塾に行けないのである。

fala
/ [名詞]番号、ナンバー、コード
[名詞]号、巻、ナンバー→lei
[経済]コード、銘柄コード
[格詞]〜番目の
[類義語]fan
[反意語]alx
[レベル]2
19:古のpalala(数字)から。語頭をfにしたのは、恐らくpalaで提案したらクミールに拒絶されだろうからあらかじめ。
【用例】
fala sor 大きい番号、番号が後(例えば3に対する5や6に対する9など)

falim
/ [名詞]昼間。朝、昼、夕の総称。太陽が出ている間の時間。
[形容詞]昼の
[反意語]xelm
[レベル]2
19:faalim(太陽の時間)
【用例】
falim et fil{fen} 日が長い{短い}
falim or fil frelel. 日がだんだん長くなってきている。

falis
/ [名詞]正義
[形容詞]正義の
[組み数字]5/6
[反意語]velnar
[レベル]2
20:far/lis「心の中の小さな光」 参考:palx:13:制:古:paalax(パールの正義)。古では善はpropaata、悪はevide。rd以前に正義がないと困るので、パールからの造語は避けた。
::lu liste(徳はla tans)
[語法]
propaata
[文化]
・公人・私人としての正義

rdでリディアは「公人としては、悪人以外の幸せを願う>愛する人々の幸せを願う>悪人の破滅を願う――の順で重視するのが正義だ」と述べ、「私人としては、愛する人々の幸せを願う>悪人以外の幸せを願う>悪人の破滅を願う――の順で重視するのが正義だ」と述べた。
公人としては癒着や贔屓を防ぐために、悪人を除く全員に博愛的であるべきだと述べた。そして悪人については助けないではなくむしろ積極的に破滅に導くことが正義だと述べた。
【成句】
el fales xin falis 善は急げ

falti
/ [形容詞]高い、高価な
[類義語]artmileel、xeakeria、fielmep
[反意語]fer
[レベル]2
sorn
【用例】
le mesk at falti loodel ati vart. そのバックは私が思っていたよりも遙かに高かった。

falxian
/ [建築]ファルシアン宮殿、ファルシアン宮、ファルシアン王宮、アルバザード宮殿、アルバザード王宮、アルバ城、アルバザード城、アルナ城、アルナ宮、アルナ宮殿
[経済]100ソルト玉
[レベル]2
ard;falxion.l
21:ridia:falxion
[文化]
→anfan
smに建てられたアルバザード王宮のこと。中央アルナ市カルテに存在。革命で王族は北区のjelion宮に移り住んだため現在は無人で、一般公開されている。宮殿の中にカルテンがあったため、革命時に一部を改築してカルテンを宮殿から切り離し、シーカを作ってカルテからアクセスしやすいようにした。
ファルシアン宮は王の住む宮殿であると同時に城のひとつでもあった。smで何度か改修され、rdで全面改築した。改築後の姿は地球でいうとウェストミンスター宮殿に近く、時計台も存在する。

fam
/ [名詞]物事、ものごと
[類義語]tul、vis
[レベル]2
20:恣意
al:al:
[語法]
tulとvisの上位概念。

fan
/ [形容詞]丈夫な、堅牢な、頑丈な、強固な、強靭な
[形容詞]耐久性がある
[形容詞]日持ちの良い
[反意語]fim
[レベル]2
@19
【用例】
[メタファー][俗語]fan yun klan 奴隷のように丈夫な

fana
/ [動詞]yulをaに集中させる、集中する、ハマる、ハマらせる、はまる
[副詞]集中して
[レベル]2
13:制:恣意
【成句】
fana sed sen yai as 集中すれば痛みも消える:心頭を滅却すれば火もまた涼し
【用例】
re fana a fel = re fel fanal. 勉強に集中しろ。
an es fana a liva im tuo. 最近ゲームにハマっている。

fanater
/ [動詞]yulを聞き取る、聞き取る、聴取する、聴き取る
[普通動名詞]聞き取り、聴取、事情聴取、聴き取り、ヒアリング、リスニング
[レベル]2
22:集中して聞く

fant
/ [地学]金、ゴールド
[形容詞]金の
[組み数字]1/4
[レベル]2
lsl;fantom,fv.xik
13:制:sorn:fantom
fantom:fant
[文化]
erfi

fanzel
/ [形容詞]残酷な、凄惨な、冷酷な、冷徹な、ひどい、酷い、非道い。残酷なだけでなく怜悧なイメージがある
[類義語]fuo
[レベル]2
22:fenzel

fap
/ [名詞]煙、スモーク
[メタファー]砂煙→xeafap
[レベル]2
13:制:古:faisapli(火の空気)
【用例】
fap em nek. 煙が立ち昇る

fapx
/ [料理]ベーコン
[レベル]2
13:制:sad:fapxu(燻製された豚肉の背中)
【成句】
ems a(len) fapx 余計なこと:アルバザード人は肉の脂を使って料理をするので、そこに油を足すと余計なことになることから。

fara
/ [名詞]暖炉
[レベル]2
20:fai/ra(火の家)
[文化]
カコで定住化が進み、それとともに徐々に普及していった。とはいえ、このころは家屋内にはなく、屋外に共用施設として置かれた。セルメルで煙突が発明され、各家庭に設置されるようになった。
現在でも一戸建てには暖炉が置かれる。

farf
/ [気象]晴れ、晴天、照る、照り、雲のない
[形容詞]晴れやかな
[レベル]2
19:sorn:farfaal(光る太陽)
[語法]
朝昼だけでなく夜にも使える。雲がないか少ないことを指す。
【用例】
elet farf 晴れやかな表情
fis et farf. 今日はいい天気だ。farfは「いい天気」と訳していいが、「いい天気」はfarfだけとはかぎらないので注意。雨が好都合な場合もあるし、アルバザード人は色んな天気に良さを見出す民族。
im xe sel farf, les nod art et ban luna non yun esk amt. ya, non xar tu et senxan! ある晴れた日のこと、魔法以上のユカイが、限りなく、降り注ぐ。不可能じゃないわ!(涼宮ハルヒ)
jan at farf hanel. 空は晴れ渡っていた。
jan at farf soretel. 明るく晴れていた。
jan emik farf merel. 晴れ上がった。
an lot jan em farf frelel. だんだん晴れてくるだろうと思った。
kest sil farf tex jentporklak. 天気予報によると明日は晴れだ。

faria
/ [動詞]yulを諭す、諭す、正す、説教する
[普通動名詞]説教
[レベル]2
20:far/apia(光を示す)
[語法]
こうあるべきだと教え諭すこと。叱り飛ばすことではない。
【成句】
tu et xif xel el faria ketto ul min. 猫と女に説教しても意味がない:どちらも反省しない生き物なので諭しても効果がないという意味。女は何か言われるとすぐ自分が被害者だという面をする生き物である。自分を被害者と思っている以上、人間は自分が悪いと思っていないので反省しようとはしない。そのため、諭しても意味がない。道を横一列に並んで歩いている邪魔な女に注意しても陰口を叩かれるだけである。彼女らはけっして反省せず、「うざいことを言われた私かわいそう」としか考えられない。猫並み。アルバザード人の男はそれをよく知っているので注意をせず、「通らせてくれたらありがたい」とか「通れなくて困っている」という態度を取るよう幼いころから経験的に学んでいる。

farm
/ [名詞][形容詞]かっこいい、イケメンな
[類義語]varma、erde
[レベル]2
19:sorn:制:paam
[語法]
varma

farna
/ [感動詞]お大事に
[レベル]2
古:farna,farsna,faana。いずれも「働くな」の意。

fart
/ [形容詞]熱心な
[反意語]filk
[レベル]2
rd;cuufai{ruufai?}
14:制:古:cuufaiから
【用例】
felan fart 熱心な学生

fas
/ [名詞]仕事、使命
[動詞]yulをonについて働かせる、働かせる、働く
[類義語]lab、klevlans
[レベル]2
中期制
[語法]
lab
【成句】
fas rat いい仕事、よくできました、グッジョブ、GJ、よくやった、でかした、でかしたぞ

fasp
/ [料理]蒸す
[レベル]2
13:制:古:fasaplから。faは火の意味で、ここでは熱い。saplはsapli空気から。

fast
/ [形容詞]簡潔な、手っ取り早い、時間のかからない
[副詞]簡潔に、手っ取り早く、あっさりと、あっさり、しれっと
[名詞]概要、概略、概説、あらすじ、粗筋、荒筋、要旨、要約、まとめ、ポイント
[類義語]aldamb
[反意語]fixk
[名詞]簡潔な届け
[レベル]2
13:制

fatil
/ [動詞]yulをiから取り出す、取り出す
[動詞]yulを挙げる、挙げる、あげる、取り上げる、列挙する、思い出す、思いつく、思い出す、出る、出す
[武道]yul(剣など)を抜刀する
[反意語]fitl
[レベル]2
19:古fut/txil
[語法]
「挙げる」の用法が案外高頻度なので注意。脳から情報を取り出すところから来ている。アルミヴァの名前を順に挙げていて、「ティクノと、フェンゼルと……えぇと、あと次が出ないんだけど」の「出る」などに使う。この場合はhelでも可。
【用例】
"xom ren fatil rata noan e" 「じゃあ私の好きなところ言ってってよ」

fatoo
/ [感動詞]ごくろうさま、ご苦労さま、お疲れ様、おつかれさま、おつかれさまです、乙、乙です
[類義語]befas
[レベル]2
古:「仕事は終わった」
[語法]
仕事が終わったときにしか使えない。日本語だと仕事をしている途中で「おつかれさまです」などということがしばしばあり、社員同士ですれ違うときの挨拶にすらなっているが、このときfatooは使えない。aror?やsoonoやheiなどが使われる。

fax
/ [動詞]yulを抱く、抱く、包む
[婉曲]yulとセックスする、セックスする
[反意語]melf
[レベル]2
古:sorn:抱く。アルシェではtxilmain(体を持つ)
[語法]
melf
【用例】
vel faxik fia. 闇が世界を覆った。

febit
/ [動詞]yulをaにやる、やる、くれてやる、与える
[類義語]fit
[レベル]2
20:ridia:ルシアが物を投げて渡すのを行儀悪いと怒り、その行為を「放り投げる」のfepと「与える」のfitから痕跡語にしたもの。fepitになった後、母音に同化して有声音になっている。
[語法]
fitのぞんざいな言い方。また、ぞんざいな与え方のfitという意味もある。従ってユンクも使うが、その場合は「誰それがfebitしてきて嫌だった」というように、自分以外の誰かがfebitすることになる。

fef
/ [形容詞]薄い。厚いの反対の薄い
[反意語]pop
[レベル]2
@19
【用例】
☆an sabat sab fef. 涼しい格好をした。

feg
/ [植物]ネギ、葱
[レベル]2
14:制:恣意
【用例】
"te rens dooma, te rens dooma, a non a. non rens nan te dooma tisse, fien mon non siina feg ati tin tin" ♪アホの子アホの子言わないで〜。私そんなアホじゃないよ。ちょっとネギは好きだけど(初音ミク)

fei
/ [名詞]分、一分、60秒
[レベル]2
13:制

feijien
/ [名詞]長針、分針、時計の長針
[レベル]2
19

feis
/ [気象]霧、ミスト、フォッグ
[レベル]2
f;faia
19:ridia:音象徴
feis:feis:savle
【用例】
im tu faar, feis at sod. 今朝は霧が出ていた。
feis nea 濃い霧
an inat vil ranel mil feis nea. 霧が濃くて見通しが悪かった。
an inat vil amo tis le xa sa an mil feis nea. 霧が濃くてすぐ前の車さえも見えなかった。
feis em kit nox. 霧が立ちこめてきた。
feis emat nea romel. 急に霧が濃くなった。
feis emator sedo. 霧が晴れていった。
feis atik sedo mil parp. 日が差して霧が晴れた。
im tu faar, feis nea ates sod tal tur. 朝は霧が立ちこめていたが、今は晴れている。
☆feis e faar apia farf e saam ter. 朝霧が出ていると午後は晴れるという。

fel
/ [普通動名詞]勉強、勉学
[動詞]yulを勉強する、勉強する、学ぶ、習う、倣う、まねぶ、真似ぶ
[名詞]学問
[名詞]学業
[類義語]yulf
[レベル]2
fv;fe/al「手近な」。xuxoに対して独学で学ぶことを最初は指した。やがてxuxoに取って代わり、学ぶこと全般を指すようになった。
13:制:fol。制からだが、フィルヴェーユで既にfel。
xuxo,f fel,fv:fel
[文化]
→armetia
学問はviidfel, alvedfel, milffelの3種に大別される。
【用例】
an fel alf. 私は数学を学ぶ。
an felor alf. 私は今数学の勉強をしているところだ。
an felat alkalt nov im toxel, son an netat vil vadel im fis. 昨日は夜遅くまで勉強していたので、今朝は早く起きられなかった。

felan
/ [名詞]学生、生徒
[形容詞]〜君、〜さん、〜ちゃん、〜学生→apt
[レベル]2
20
[語法]
この呼称を学生間で使うことはない。教師から学生に使うことはあるが、ふつうはsouやliizやsanや呼び捨てを用いる。非学生、主に社会人が学生に対してこの呼称を使うことがある。
【用例】
atte a, felan miir. がんばって、ミールさん。

felanfala
/ [名詞]出席番号
[レベル]2
22
[文化]
ファーストネームをtkxsという幻字順で並べるのが通常。学齢が低い場合は誕生日順に並べることもある。その場合はメルセル生まれが一番となる。

felanita
/ [名詞]全校集会
[レベル]2
19:ridia:arbaxelt
[文化]
アルナ大では全校集会はない。全校朝礼のようなものは行わない。学校で事件が起きたときに緊急で集会を開くことがあるが、その場合は大抵昼休みの一部を削って行う

felez
/ [名詞]教室
[レベル]2
19
[文化]
講義よりも演習中心の授業なので、教室は全て円卓である。完全な円でなく、教師席側が開いた扇状になっている。学生席は一重の扇でなく、同心円状の扇になっている。席順は慣例により決まる。学期の初めに座ったところが何となく自分の席になる。但し、教師は席が決まっている。ホワイトボードの前である
 一クラスの人口は二、三十人である。教師の席の後ろにはホワイトボードがある。教師に向かって生徒が座ったとしよう。生徒から見て教師は前である。生徒の後ろにはロッカーがある。ここで左側に窓があるとすると、入り口は右になる。右側にはふつう、日本と同じく二つ入り口がある。窓にはカーテンがある。サッシのところもある。教師の背面には大きな電子ペーパーがあり、ここに各種メディアを再生する。スピーカーから音声も出力できる。ロッカーは人数分あり、セキュリティ度が高い。

felikl
/ [名詞]校舎
[レベル]2
19:melidia alis
[文化]
ビルのような形をしており、機能的な反面、芸術性には乏しい。キリスト教の教会のような華麗な造りはしていない。

felin
/ [植物]フェリン、バラ、薔薇
[花言葉]ひとめぼれ
[婉曲]膣口
[レベル]2
20:フェール神の花。 参考:pindin:15:制:pindmina(棘の花)

felka
/ [名詞]学校
[電算]ハッシュ。例えばレインは「アルナ大のリディア組」と考えると、アルナ大がハッシュで、リディア組がキーとなる。このように考えるとハッシュを理解しやすいことから付けられた。
[類義語]xaxka
[反意語]felki
[レベル]2
13:制
[語法]
kofel
[文化]
→felnif, leznant, ralk
小学校、中学校、高校、大学、大学院がある。2歳から小学校がスタートするので、日本語に比べ、年が若くなる。例えば中1は5〜6歳が通う。学年は3・4・5・6制。1年の違いが大きい若い子供ほど、細かい年数で区切られている。大学は前期と後期に分かれる。
小中までは学業よりも家庭での躾を補強することに注力される。学業優先になるのは高校以降。
教師の権限は高く、生徒は極めて従順である。生徒の個性を引き出したり可能性を発見することはせず、秩序と知識を与えることに徹する。ただ、フランスの教師ほど徹底しておらず、多少は甘いことを言ったりフランクに生徒と話したりする。
体罰は認められているが、高校になると生徒側がもう大人しく座って聞くことに慣れているため、高校以降は体罰はほとんど見られない。日本と違って、学校が荒れるという現象は見られない。小学校のころから厳しく教師に従い理性的に振舞うように教育され、不適格とされた子供は放校になるためである。
男女は共学で、休み時間などは仲良く混ざって話す。男女別のグループになることはない。ただし履修科目は男女ごとに異なることがあり、例えば男子はふつう剣術を修めるが、女子はふつう薙刀を修める。
教師と生徒の淫行はまず見られない。アルバザードの教師は権限が強い分、その気になればいくらでも少女を弄べるが、非常に倫理観が強く優秀な人間が教師に選ばれるため、そのような事件は起きない。教師自身が子供時代に徹底した徳育を受けているため、立場の弱い少女に手を出すようなことがない。その辺りは国民性もあるかもしれない。インプレンに行けば合法かつ安価に少女を買えるので、日本と違ってフラストレーションが溜まらないことも一因だろう。
また、教師と生徒が恋愛をすることも稀である。教師と生徒は完全に上下関係であり、アルバザード人にとって恋愛は水平関係であるため、原則として教師は生徒に恋愛感情を抱かない。同様に、生徒も教師を尊敬するが、恋愛感情は抱かない。
部活動はあるが、参加は義務でない。部活はrdの名残で中学から始まる。ただし現在の中学は当時の中学と年齢が異なる点に注意。
アルバザードの学校は徳育を何よりも重んじ、知育をその次とする。進学校になると流石に知育の割合が大きいものの、進学校にいく生徒はその前段階で厳しい躾を乗り越えてきている。
【用例】
felka es hom im fis. 今日は学校がある。
felka es deyu mil esk dot. 豪雨で学校がお休みだ。
ke felka 学校に通う。学校に行く
tal laal ant luna elf felka ant, man felka t'amel tan ar sil tu im kest o felka ant xa flon ra. だが明日は妹の学校もそれ(授業参観)をするし、ウチの学校は家から遠いので、母はウチの学校には来ない。

fellei
/ [名詞]教科書
[レベル]2
20
[文化]
ixm

felmei
/ [名詞]クラスメート
[類義語]koksaim
[レベル]2
19:melidia alis

feln
/ [交通]タクシー
[レベル]2
zg;元の意味は辻馬車で、rtでタクシーになった。
lakta
*:feln
【用例】
an ket felka vaxel kon feln. タクシーに乗って急いで学校に行った。

felnif
/ [名詞]学年、学齢
[レベル]2
19:melidia alis
[文化]
|就学中に必ずこの年齢を迎える|教育年数|学校|学年名|日本での呼称|
|3歳|1年目|tinaka|slea|なし|
|4歳|2年目|tinaka|bcea|年少|
|5歳|3年目|tinaka|trea|年中|
|6歳|4年目|fianka|axte|年長|
|7歳|5年目|fianka|flea|小一|
|8歳|6年目|fianka|alis|小二|
|9歳|7年目|fianka|xier|小三|
|10歳|8年目|lazka|mirgi|小四|
|11歳|9年目|lazka|hanes|小五|
|12歳|10年目|lazka|kasan|小六|
|13歳|11年目|lazka|aaxe|中一|
|14歳|12年目|lazka|alson|中二|
|15歳|13年目|manaka|twar|中三|
|16歳|14年目|manaka|arhan|高一|
|17歳|15年目|manaka|narte|高二|
|18歳|16年目|manaka|xart|高三|
|19歳|17年目|manaka|luson|大一|
|20歳|18年目|manaka|mirx|大二|
|21歳|19年目|lantiska|hacma|大三|
|22歳|20年目|lantiska|rsiila|大四|

注意点

●学年の切り替わりはメル暦の年始。従って日本でいう11/30ごろ。4月に切り替わる日本とはズレがある。
●日本では同級生でもアルバザードだと学年が異なるというパターンがある。逆も然り。
●教育年数は最大20年。
●日本の院生を言いたいときは、parmlantis、parmhacma、parmrsiilaなどとする。修士1年はsalt 1 e parmhacma。

<ミロク革命前>
革命前は日本と同じ6・3・3・4制で、学齢開始年齢も日本と同じ。ただし4月でなく12月ごろからのスタートとなる。大学はkaifelで、学年の呼称もnif 4(四年生)のように数字で呼ぶ。

felpant
/ [名詞]教科、科目、学科
[レベル]2
20
[文化]
教養科目(kolopant)と実技科目(mainpant)に分かれる。tinakaでは実技科目しか行わない。
教養科目は国語(noskren)、社会(fia)、算数(alf)、理科(dyuet)の4科目に分かれる。これを基本科目(zektpant)といい、以下の「歴史」などの下位概念を応用科目(zokpant)という。
国語は文学(self)と言語(eld)に分かれる。文学は現代文(samself)と古典(sidself)に分かれ、言語は文法(vez)と表現(volt)に分かれる。fiankaまでは(実際にはlazkaも)文学と言語という科目名で大雑把に学習する。
社会は歴史(seta)、法律(kaxu)、政治(vels)、経済(avl)の4科目に分かれる。fiankaまでは社会の科目でそれぞれ少しずつ学習する。政治や法律で戸籍の登録の仕方、税金のシステムなど、役所に行ったときに後々役立つ知識も学ぶ。
算数と数学は区別しない。lazkaから数学論(alfmiir)、算術(zepom)、経営(riet)に分かれる。数学論は代数学(sanfel)、幾何学(pamofel)、数論(lankafel)に分かれるが、分けて教えても分かりにくいので、適宜混ぜて教えられる。算術はインド式計算ドリルや公文のようなもので、機械に頼らず人間が計算力を維持し、脳を健全に保つための訓練。算術は特にtina〜fianで重視される(このころは科目名こそ算数だが)。経営では簿記や家計のやりくりなどを習う。
理科は法則(ozfel)、自然(ladlfel)、機械(ragnafel)の3科目に分かれる。lazkaから法則は物理(tulo)と化学(mail)、自然は生物(rumafel))と医学(ivalfel)、機械は電算(durak)と工学(ladfel)の計6科目に分かれる。

実技科目は芸術(milf)、図工(ladels)、体育(vav)、音楽(lem)に分かれる。
芸術は絵画(leis)や彫刻(kilb)といったものを行う。図工は草笛の作り方、紙飛行機の折り方、椅子の作り方、壊れた服の繕い方、鍋の直し方など、生活に役立つ知識を学ぶ。体育はユベールとスポーツに分かれる。音楽は声楽と器楽に分かれる。

fiankaを卒業する際、成績の良いものは試験を受けて進学校としてのlazkaに進む。それ以外は職業訓練校としてのlazkaに入る。
訓練校の場合、教養科目は基本科目しか行わず、実技科目に職業別の選択授業が入る。例えば服飾関係なら被服の授業を取る。
進学校の場合、基本科目がなくなり、応用科目が出てくる。文理の区別がないため、最も広く学習する時期である。その代わり、それぞれの科目は浅い。とはいえ大学より科目が多いのでは大変すぎるので、実際は現代文と古典のような細かい区別をせず、まとめて文学として教える。
lazkaを卒業する際、再度試験をして進学校に行くかどうか決める。また、この際に文理を決定する。
manakaに入ると文理によって取る科目と取らない科目が出るため、科目数が減る。その代わり、文学だったものが現代文と古典に分かれたりする。
前期大学のうちは、文系(serpant)でも理系(melpant)の授業を履修する。ただし、文系が理系を取る場合、理系の科目名は高校時代と同じで、細分化されない。逆も然りで、理系が文系を取る場合、現代文と古典は分かれず、文学として大雑把に履修する。
後期大学では完全に文理に分かれ、互いの科目は履修しない。また、同じ文系でも文学部や法学部などに分かれるため、文学部の学生は社会科目を選択的にしか履修しない。
大学院に入ると、完全に専門分野しか研究しない。

さて、中央アルナ大学首席のレイン=ユティアは文学部に所属しているが、高校時代は「文学、言語、歴史、政経(政治・経済・法律)、数学論、計算(算術・経営)、物理、化学、自然、機械」の10科目で首席を取っていたことになる。
理系科目のほうが多いが、授業のコマ数は文系のほうが多い。文理が分かれるまでは文系のほうが元々コマ数が多い。これはアルバザードが人文科目を人間にとって必要な教養として重視し、理系科目を社会発展のための剰余的な技術と考えているため。
また、前期大学では「現代文、古典、文法、表現、歴史、法律、政治、経済、数学論、計算(算術・経営)、物理、化学、自然、機械」の14科目で首席を取っていたことになるから恐ろしい。
レインは後期大学では「現代文、古典、文法、表現、社会」しか履修しないが、現代文や文法などの内訳がさらに細かくなるので、結局科目数は多い。
なお、首席というとき、実技科目は評価に含まれない。教養だけで判断する。実技も入れると真の首席なのだが、レインは体育が駄目すぎるので値しない。アルナ大学の歴史で真の首席になった人物はミロク=ユティアとリディア=ルティアのみ。このうちリディアはアシェルフィから大学時代に転入し、ミロクは極方からfiankaに転入してきた。なお、三人とも真面目で努力家というのが共通している。
【用例】
an siina noskren lex felpant, tal an en siina rafel tuul man tu mols fil, fok, el axt fal ati di ento na dab. 国語という教科は好きだが、国語の宿題は嫌いだ。というのも、時間が掛かるし、その上書くことが多いので面倒に感じるからだ。

fels
/ [被服]制服、学生服
[レベル]2
19:melidia alis:felsab

felsal
/ [名詞]校長
[レベル]2
19

felsano
/ [名詞]時間割
[レベル]2
19:ridia:arbaxelt

felte
/ [遊離副詞][形容詞]たいてい、ほぼ、頻繁に、大抵
[類音]felet
[レベル]2
20:feel/te(運命のように)
[語法]
aluut

felxi
/ [名詞]放課後
[レベル]2
19:melidia alis

fem
/ [動物]鶏、ニワトリ
[美容]モヒカン
[レベル]2
lakta

fema
/ [名詞]いつか。1年以上。
[副詞]いつか
[レベル]2
@19
[語法]
fikdu

feme
/ [名詞]時代、年代
[レベル]2
13:制:古:ifemel(年老いたメル)
[語法]
●15時代

創成期から転生期まで、fial, artem, vaste, cavas, azger, mertena, kako, selmel, ardia, nadia, artil, velei, aleiyu, lanjの時代に分かれる。
veleiとaleiyuはまとめてleiyuという。

時代にはそれぞれ副題がある。
fial(創世の詩、そうせいのうた)
artem(黎明の燈灯、れいめいのともしび)
vaste(悪魔の愁訴、あくまのうったえ)
saria(幻神の午睡、かみがみのうたたね)
cavas(黄昏の御子、たそがれのみこ)
azger(邑咲の幽茉、むらさきのゆうま)
mertena(夕月の嚆矢、ゆづきのかぶらや)
kako(紅姫の憂鬱、こうきのゆううつ)
selmel(朔夜の架橋、さくやのかけはし)
ordin(守護の御使、しゅごのみつかい)
nadia(悠久の凪砂、ゆうきゅうのなぎさ)
artil(邂逅の再演、かいこうのさいえん)
velei(梟首の大獄、きょうしゅのたいごく)
aleiyu(聖刻の歓待、せいこくのかんたい)
lanj(転生の詠、てんせいのうた)

略号
fl   フィアル
tm   アルテム
vs   ヴァステ
sr   サリア
cv   ラヴァス
zg   アズゲル
mt   メルテナ
kk   カコ
sm   セルメル
rd   オーディン
nd   ナディア
rt   アルティル
vl   ヴェレイ
al   アレイユ
lj   ランジュ

●時代区分

二分法と三分法と細分化の三種類がある。

・二分法(rdの時代に作られた区分)

fl_cv:mirmel:神代
zg_lj:lanmel:人代

・三分法(vlの時代に作られた区分。日常的には三分法が一番よく用いられる。後にljの時代に三分法は15時代を3*5に綺麗に分けられる区分法だと評され、再評価された)

fl_cv:mirmel:神代
zg_rd:artmel:魔法代
nd_lj:flammel:獅法代

fl_rd:sidmel:古代。古代は神代と魔法代を合わせ、獅法代と対立する概念。

・細分化(alの時代に作られた区分)

fl_cv:mirmel:神代
zg_kk:lontmel:上代
sm_rd:mametmel:中世
nd_rt:gwainmel:近世
rt_vl:hettemel:近代
al_lj:piyonmel:現代

femmive
/ [動物]ひよこ、雛、ヒヨコ→mive
[レベル]2
rd;/
23

femyek
/ 鶏肉、鳥肉
[レベル]2
22

feng
/ [動物]クモ、蜘蛛
[レベル]2
lakta:「8本足の」が原義。
[語法]
脚と腕の区別は一般人にはなく、どれもzam。
【用例】
ra e feng 蜘蛛の巣
meli e feng 蜘蛛の糸

fengra
/ [名詞]蜘蛛の巣
[ネガティブ]アルナなどの円形都市
[レベル]2
19:ridia:arbaxelt

fenyolo
/ [被服]短パン、半ズボン
[レベル]2
21

fenzel
/ [サール]フェンゼル、残酷王フェンゼル
[名詞]10時
[名詞]西北西
[交通]フェンゼル通り
[音楽]ラ
[象徴]残酷
[組み数字]10/12
[類義語]fez
[レベル]2
meltia 4:fenzel;e
mel:古
[文化]
アルミヴァの10番。サールの右足から生まれた。ネルメスの兄。黒豹に姿を変える。残酷王として名高い。

fep
/ [動詞]yulをaに放り投げる、放り投げる
[レベル]2
tm;fovet
lakta
【成句】
den fep ふざけるな:物を投げるなというのがリーザの決めた男子の7禁のひとつ。赤アンクノットにも書いてあるので相当古い。そこから転じて「危ないのでふざけるな」→「ふざけるな」の意味になった。日本語と同じく、「きゃっきゃ騒ぐな」の意味だけでなく、「おい調子のんなゴルァ」の意味にもなる。a mest参照。

fer
/ [形容詞]安い、安価な
[類義語]xiligart、moiveld
[反意語]falti
[レベル]2
14:seren:klel:for:sorn:falti
【用例】
an laxat feren vein. もっと安いのがほしかった。

feria
/ [料理][動詞]yulを煮る、煮る、にる、煮込む、煮こむ
[レベル]2
fv;↓
19:ridia:arbaxelt←古fai/eria(熱い水)

fes
/ [動詞]yulを間違える、間違える、ミスる、しくじる、しくる、まちがう、間違う
[普通動名詞]失敗、あやまち、過ち、ミス、エラー
[レベル]2
19:恣意
[文化]
ミスを見つけたらはなるべく早く報告せよというのが常識になっている。それを実践するために、アルバザードではミスをした人を不必要に咎めない。
人のミスを指摘するときは直接言わず、やんわりと仄めかす。ただしハッキリ言ってくれと言われた場合は言う。しかしこの場合でも目をそらして言いづらそうな顔で言うのがマナー。
また、ミスをした人間は速やかに認めて謝罪するのが礼儀。フランスと逆で、アルバザード人はミスを認めることを潔いとする。
【用例】
an jinsat fesel. 判断を誤った。
le at fes ant. 私の過ちだった。
komo an fes arka ati di im fis. 今日は何故かアルカをよく間違える。

fesn
/ [動詞]yulをaに解放する、解放する、逃がす、放す、放つ、手放す、レリース、リリース、放出する、明け渡す、あけわたす
[普通動名詞]解放、リリース
[レベル]2
17:制l:fos(捕まえる)
fots:fots
【用例】
ren fesn non. 放して、離して

fest
/ [動詞]yulをiから剥ぎ取る、剥ぎ取る、はぎとる
[数学][接続詞]割る、÷
[数学][動詞]yul(数)を割る、割る
[数学]除法、割り算、除算
[類義語]tifa
[反意語]hant
[レベル]2
14:制:古:futosabe(服を取る)
[語法]
tif

festan
/ [数学]割る数
[レベル]2
19

festen
/ [数学]商
[レベル]2
21:fest属格
[語法]
foken

festol
/ [数学]割られる数
[レベル]2
19

festzep
/ [数学]割り算
[レベル]2
21

ff
/ [演繹音]ぱたぱた、パタパタ、ばたばた、バタバタ、ふぁさふぁさ、ファサファサ
[レベル]2
22
[語法]
羽ばたくときの風の音など。翼や扇などの音。
【用例】
faaf ふぁさーっ
vafvaf パタパタ、バタバタ

fia
/ [名詞]世界、世の中
[名詞]業界
[名詞]社会。教科名。
[形容詞]有形の、実在の、実際の
[類義語]fiana、xafil
[反意語]dia
[類音]fie。対句で使うとおいしい。
[レベル]2
f

fia:fia
[語法]
<世界を表す言葉の上下関係>
alkalte
 kaldia
  lekai
   atolas
    arfi
    arkadia
  ardel
   twaayu
   latia
 yumana
そしてfiaはこれらのうちのどれか任意のものを指す言葉である。また、○○業界のような業界という狭い意味での世界を指すこともある。
【成句】
kolt fia 我に返る、われにかえる
on tu fia 一体全体:文頭で使う。ないし挿入句として使う。
fia reia 天涯孤独
【用例】
fia lis 狭い世界
an nat fia ik vern im tu. そのときは世界の終りのような気分だった。
ans ins fia enk fin ans in fia kok. 見てる世界は同じなのに、見えてる世界は違う(seren arbazard):rdのセレンの言葉。サピアの見方に相当する。言語によって世界の見え方が異なるということ。

fian
/ [名詞]少女、女の子、6〜9歳の女
[名詞]女の子。漠然と子供の女の子を指す。広義には3才程度から思春期程度までを広く指す。より広義には赤ん坊から若い成人女性を指す。
[形容詞]少女〜。前置。
[反意語]alfian
[レベル]2
ly;fians,fv.l
13←古:fians(花嫁衣裳)。fiansの語源は不詳。クリスの知っている花嫁衣裳を着たがっていたアシェットとは無関係の少女のエピソードが由来。そこから少女と花嫁衣裳が連想された。
fians:fian:la filia

fiana
/ [名詞]現実、リアリティ、リアル
[名詞]ノンフィクション、ドキュメント、ドキュメンタリー
[数学]実数←fianaalx
[形容詞]現実の、リアルな、現実的な、実在の
[類義語]xafil
[反意語]diana
[類音]diana
[レベル]2
rd;fia/na
19:世界を感じる
【成句】
an et fiana man ti tiia an kont non et fiana mil tyu tiia non. 我愛する故に汝あり。汝愛する故に我あり(seren arbazard)
【用例】
"lee, es fia et fiana eyo" 「ねぇ、どうして世界はあるの?」

fianal
/ [生物]小児、児童
[レベル]2
rd;fian/al
23

fianan
/ [名詞]中学生
[類義語]mamman
[レベル]2
19

fianka
/ [名詞]中学校、中学、小学、小学校
[レベル]2
19:melidia axte

fians
/ [動詞]yulをくらっとさせる。めまいほどではないがちょっとクラっとすること、よろっとすること
[rente][動詞]座る。特にクミールが弱くてふらふら貧血で座り込むことから来ているのでユンクがメイン
[類義語]skin
[レベル]2
19:fianso(少女がするように)
[語法]
アルバザードでは女らしいしぐさとして好ましく見られる。逆に男は恥ずかしがって、しないようにする。
【用例】
wei, ti ik fians kok! やーい、お前、今、女の子みたいによろめいたろ!:いじめっこのセリフ。

fiant
/ [動詞]yulをもじもじさせる、もじもじする
[レベル]2
19:melidia axte:fian/txu(恥ずかしがる少女)

fias
/ [動詞]solはyulの様態で生まれる、生まれる、誕生する
[普通動名詞]誕生、発生
zg;fia/so
[レベル]2
19:fiaso(世界をする)
vaart:fias
【用例】
tea non fias me, xom non em lan non me. もしも生まれ変わっても、また私に生まれたい(千秋):injinも可。

fiassel
/ [名詞]誕生日、バースデー、生年月日、開始日
[レベル]2
19
[語法]
人の場合は誕生日。機械や建物など無生物の場合は成立日や開始日など。
[文化]
誕生日にはパーティをする習慣がある。家族>恋人>友達の順序でスケジュールを優先する。日本と違って恋人>家族でないところがポイント。恋人がいる場合、家族とのパーティの後か後日に会うか、家族に混ざって一緒に祝うのがふつう。
誕生日ケーキの習慣はない。
kkで凪人が砂糖で味付けした菱形の餅を誕生日に食べていたのがsmでアルバザードに流入し、今では甘い餅を食べるのが習慣。ただしvl以降は餅に代わって豪華なケーキを食べる場合も増えてきたため、事実上誕生日ケーキの存在自体はある。ただしこのケーキにローソクの習慣はない。
ローソクの代わりに、手拍子を年齢の回数だけ皆で叩き合う習慣がある。20歳を超えると大きな拍手が10歳分で、小さな拍手が1歳分を意味する。
パーティでは誕生日の人はプレゼントをもらう。誕生日の人が出席者に奢る習慣はない。

・1歳の誕生日

子供の前に金、人形、本を置く。子供がどれを選ぶかでその子の将来を占う。金を取れば金持ちに、人形を取れば厄災が人形に移り健康に、本を取れば学者になるとされる。

・3歳と5歳の誕生日

kkの凪では赤い着物を着せた人形を子供に抱かせ、厄災を吸収させてから神社で焼く習慣ができた。これがsmでアルバザードに伝わり、ndごろに定着した。
女子は3歳で、男子は5歳でこれを行う。

・7歳の誕生日

3歳と同じ儀式を女子だけ行う。

・10歳の誕生日

親や周囲の人間が子供に使命を与え、将来の自分へ当てたタイムカプセルを作る。この習慣はalごろにできたもので、歴史上の偉人が10歳を契機に人生の使命を背負ってきたケースが多かったため。

・20歳の誕生日

成人の祝いとして大酒を親と飲み交わす。アルバザードでは子供のころから飲酒ができるが、少量とされる。大人になった契機に親と大酒を酌み交わし、大いに酔う。

・30歳の誕生日

10歳のときに作ったタイムカプセルを開ける。
60歳の自分に向けてタイムカプセルを作る。

・60歳の誕生日

30歳のときに作ったタイムカプセルを開ける。

【用例】
fiassel e ridia et zan ral. リディアの誕生日はザナの月ラルドゥラの日だ。

fiaswain
/ [名詞]誕生パーティ、誕生祝い
[レベル]2
19:ridia:arbaxelt
[文化]
誕生祝は子供が生まれると行う。といっても生まれてすぐだと母親と子供の負担になるので、母親の回復を待ってから日取りを決めて行う。大抵は二週間か一ヶ月してから行う。祝いには親族と仲間を招く。ふつう子供がこれから暮らす家で行う。ホストは料理等を用意する。その代わり参加者は祝い金を持参する。祝いは夕方から始まり、夜に終わる。帰れない人は泊める。それは面倒という場合、そもそも昼ごろから初めて夕方に終わらせることもある。祝いでは赤ん坊を参加者にお披露目する。赤ん坊は白い布などに包んでおく。皆に正式に名前を告知する。エーステをあげる親は、この時点で子供にあげることが多い。

fiasxant
/ [名詞]誕生日プレゼント、バースデープレゼント
[レベル]2
rd;/
23
[文化]
fiassel

fiasxipl
/ [名詞]誕生日ケーキ、バースデーケーキ
[レベル]2
vl;/
23
[文化]
fiassel

fid
/ [動詞]yulをiから取り去る、取り去る、引く
[数学][接続詞]引く、−
[数学]引き算、減法、減算。fokの反対
[接続詞]t−k
[レベル]2
19:制ではfak(加える)、fik(引く)、fad(増やす)、fid(減らす)。だが、これらの区別が必要ないと判断し、音の離れたfakとfidだけ残し、統合した。
[語法]
fok

fiden
/ [数学]差
[レベル]2
21:fid属格
[語法]
foken

fidn
/ [名詞]残り、引いていった結果
[形容詞]残りの、残り、残った、余った、あまりの、余りの
[名詞]食べ残し、残飯
[名詞]売れ残り
[経済]差額、サヤ、鞘
[名詞]吸殻←yasfidn
[娯楽]残機。自機の残り。あと何機かのこと。
[数学]差←fiden
[レベル]2
19:fid。nをつけたのは、この語にあたるものが制でfiknだったため
::dilze
[語法]
→sooj, foken

fidzep
/ [数学]引き算
[レベル]2
21

fie
/ [名詞]嘘、虚言
[反意語]rul
[類音]fia。対句で使うとおいしい。
[レベル]2

myu:myu
[文化]
嘘はアルティス教における最大の悪徳であり、英語のlieよりもさらに意味が重い。衝撃度でいえば窃盗など、犯罪と同じレベルの罪悪感を生じさせる行為である。
とはいえ、人間は嘘をつく。そのため、アルバザード人は絶対に嘘を認めようとしない。認めざるをえない場合は、fieという言葉は極力避け、「ごまかした」「人工事実」「意図的に虚偽を語った」など、必ずといっていいほど言い換えを行う。とにかくfieという単語を極力避けようとする。もしアルバザード人がこうしても、嘘を認めていないわけではないので寛容に捉えたいところである。アルバザード人同士はそれを心得ているので、「いや、嘘だろ?」と追求はしない。喧嘩になることが目に見えるため。
どれくらい「嘘ついた」と言いにくいかというと、日本人が明らかに返すあてがない場合でも「金くれ」の代わりに「金貸して」と表現を和らげるのに近いものがある。
【成句】
xant fie niit 嘘も方便
hanoi e fie ikl xan. 積み重ねた嘘はやがて真実になる:嘘から出た真
【用例】
ku{lad, klos, rens} fie del toto on onに関してdelという嘘をつく
☆hete fie 嘘をあばく
☆fie at hete 嘘がバレる
man fia sil sedo ol fie em hete. だって最初の嘘がばれてしまったら、世界は消えてしまうから。
el ku xin fie. 嘘を吐いてはいけない。
see lu koat fie sam a tu fie, そして嘘の上にもうひとつ嘘を作ったんだ。
tu et envi kalis ant da. el kamil na sen amp a vienkyo tio o fie tis ol lu dert lana ladia. lu kamil miyu sen tuus a vasn tan ol lax. atu et vaska l'an xa ax. atu et kalte len an klit xad e looto. fie yut an l'amire ko fie tis ik miyu a trans. それが僕のわずかな力。ただの強がりもウソさえも願いを込めれば誇れるだろう。望めば勇気にもなるだろう。ここが僕のいるべき戦場。覚悟の価値を決める場所。ひとつのウソにさえすがる僕のそのウソが誓いに変わる(BUMP of CHICKEN『バトルクライ』)
an nat total fie sil rul ok xei ti. 君がいればどんな嘘だって すべて本当になる気がした(『囚人』)

fiesex
/ [名詞](til)嘘吐きな
[反意語]diasex
[レベル]2
19

figi
/ [アイテム]槍、やり、スピア、ランス
[経済]ヒゲ
[レベル]2
fv
赤:figi(長い金属)
figi:figi:lu jelin(棒状)

fiilia
/ [アトラスの国家][地名]フィーリア、フィーリア島、悲離島
[レベル]2
f;e
19:ridia:fiine。「悲離」音とともにセルトの別れの意。
[文化]
面積:182367.147385 km^2
厳密には国でなく島の名前。神の国アルフィのある島で、人間が支配してはいない。

fiim
/ [形容詞]怠けた、怠惰な、なまけた
[反意語]faan
[副詞]怠けて、なまける、怠ける、サボる
[レベル]2
rd
@19:sonohinoki
fail:fail:fail
【用例】
an at fiim pot mokt. ベッドの中でだらだら(ぐずぐず)していた。
an rakmat sel fiimel. 一日中ゴロゴロ(ごろごろ)していた。

fiima
/ [感動詞]久しぶり
[形容詞]久しぶりの、久々の、ご無沙汰の
[レベル]2
古:fi(長い)/ima(時間)。「長い時間が経った」が原義。

fiinya
/ [娯楽]「魔法少女フィーニャ」
[レベル]2
19:unilei
[文化]
『おジャ魔女どれみ』、『プリキュアシリーズ』に相当するアニメ。アルバザードで放送している幼児向けのアニメ。精霊族の少女フィーニャが魔法の杖で困った人を助け、悪の組織と戦う。

・現実では

23 dyu ravにトイザらスでスマイルプリキュアの衣装を紫亞に買ってあげた。6000円弱したが、割引で5500円ほどだった。105〜115cmとあるので、概ね合った。紫亞は5歳にしては小さい。

↓ツイッター
娘、トイザらスにてプリキュアに変身なう。「お父様の好きなのがいい」と言う。「じゃあ青で」と言ったら、後から母親にあの子はピンクが好きなのに。。。と言われてしまった。。。orz でも可愛いからいいのだ

↓その後、dyu nenのツイッター
こないだ買ってあげたプリキュアの衣装を息子が着てた。身体が大きいのでパッツン。その上、「パパ、僕かわいいですか?」と聞いてくる。以前このパターンで硬直したら後で母親に「パパは僕のことが可愛くないんだ」とメソメソしだしたそうなので、傷つけてはいけないと思いながらも、全力で「脱げよ」

fiiyu
/ [形容詞]素晴らしい、美しい、すばらしい、おいしい、優れている、素敵、素敵な、すてき、ステキ
[類義語]rat
[レベル]2
古:fiiyuの古形がfiijuなので、fiiyuのyuは確実に「受ける」の意味。
[語法]
ratやtinka単体よりも意味が強い。rat tinka程度の意味。
【用例】
jent at fiiyu. 天気がすばらしかった。
an na fiiyu im tur. 今は素晴らしい気分だ。

filan
/ [代詞]任意の誰か
[レベル]2
19

filant
/ [代詞]任意の誰かの
[レベル]2
19

filati
/ [名詞]長さ
[レベル]2
21

filia
/ [動詞]yulを願う、願う、希望する、yulしますように
[類義語]filiam
[レベル]2
20:fulmiia:fiina liiz
[語法]
祈願文を作る動詞。lax同様希望の意味だが、dert同様祈りの意味が含まれている。dertは特定の神や悪魔に祈るが、filiaは自然とそうなることを願う。しいて願う相手といえば、自然に対してそうしてくれるように頼むことになる。
訳は「〜しますように、〜すればいいのに」が妥当。通常主語を省く。女性形はfiliam
【用例】
filia ti vast tas. 君が試験に受かりますように。
filia kest em farf. 明日晴れますように。
filia le aben vort. DQN死ねばいいのに。
an ser tu lex la lfisat voskel enz. filia la nian entel. xilma. 彼が一生懸命生きたことは分かっているので、どうかゆっくりお休みください。安らかに。

filiam
/ [yunte][動詞]filia
[類義語]filia
[レベル]2
20:fulmiia:filia/m(語気の弱め)
【用例】
filiam tyu em nil. あなたに幸せが訪れますように。

filin
/ [名詞]美少女
[類義語]alin
[レベル]2
22:fian/alin

fillasl
/ [被服]長靴、深靴
[レベル]2
19:16:制

fillef
/ [運動]マラソン、持久走
[レベル]2
rd;/「長距離走」
23
[文化]
フルマラソン(kaxfillef)はrdでアシェットによって40 meinmelfi(=50km)に制定された。
【用例】
an arat fillef im tu faar du 10 meinmelfi. 今朝は12.5kmのマラソンをした。
tal ans en na soa man el em ani tinka mil fillef. だが我々はそうは感じない。というのも、マラソンは非常に疲れるからだ。

fillens
/ [丁寧][親族]おじいさま、フィルレンス
[レベル]2
21:長い智慧
[文化]
laala

film
/ [文頭純詞]要するに、要は、簡単にいうと、結局、つまるところ、つまり
[副詞]単刀直入に、要点だけいうと
[レベル]2
sorn
[語法]
alfiはsaaとfilmを合わせた感じだが、filmは本当に要約して簡素に説明するイメージ。alfiは間を持たせたり単に言い換えたりするイメージ。

filnia
/ [美容]長髪、ロンゲ
[レベル]2
19

filnian
/ [名詞]バカンス、長期休暇
[類義語]nakea
[レベル]2
22

filo
/ [名詞]ポット、魔法瓶
[レベル]2
古:「長い筒」

fils
/ [動詞]yulを眺める、眺める、ボーっと見る、ぼーっとみる、見やる、ながめる
[経済]手控え
[レベル]2
19:filins
【用例】
non siina fils esk frem tems. 窓辺に立って雨を眺めるのが好きだ。
an siina xelt ento fils tu im fral sel. 月が好きでほぼ毎日のように眺めている。

filskil
/ [名詞]ベンチ
[レベル]2
20
【用例】
an skinates a filskil kont tiles lei. 本を手にしたまま、ベンチに座っていた:このtilは動作動詞なのでesがつく。

fim
/ [形容詞]脆い、もろい、華奢な
[形容詞]耐久性のない
[形容詞]日持ちの悪い
[反意語]fan
[レベル]2
13:制:fam:古

fimel
/ [名詞]時間
[類義語]mel
[アクセント]fiMel、fImel(fv)
fv;fi/mel「長い時」
[レベル]2
22
fimel:fimel:lu fimel:yumi,alt

fin(2)
/ [名詞]白丸、勝星、白星
[医療]陽
[組み数字]1/2
[反意語]ven
[レベル]2
sm;fir/en「白いの」
21:mel
[文化]
勝利や良を意味する記号。venはその反対。
zgでカルセール人が筆で○と●を描き、勝利と敗北などの意味に用いたのが始まり。筆はペンと異なり黒丸を作りやすい。○は筆先でくるっと円を描けばよく、●はべたっと押しつければすぐ描ける。ペンだとこうはいかないので塗る系の文字は生まれにくく、×記号などが生まれやすい。
その後この記号はアルティアに入り、ルティアへ。smでアルバザードに筆とともに入り、現代まで同じ意味で使われる。この記号を指す単語は序列組み数字2にも使われているため、ペンが主流のアルバザードも日常的に頻度が高い。ただしfin, venという語ほど、○●記号は頻度が高くない。というのも、アルバザード人は記号においては○×を使うことが多いためである。ゆえに●自体はあまり出ず、venという文字のほうが多用される。
【成句】
vas lana fin 雌雄を決す

fing
/ [料理]フォーク
[シェルト]フォーク。王手飛車取りなどの手法。
[レベル]2
13:制:古:fingil(三椏の槍)。fin,fiinaの幻字が三椏の槍のようであったことから。gilは金属。
[文化]
kuikon
金属製で三椏か四またのものが一般的。子供用には木製のものが好まれる。

fink
/ [名詞]側、面、サイド、陣地、陣
[数学]面
[数学]〜面体
[レベル]2
13:制:古:fina(側)。fiina(〜のために)と同根。
【成句】
tu fink et hal 天地無用

fio
/ [親族]祖父、おじいちゃん、おじいさん
[レベル]2
19:古

fiol
/ [生物]女の細い綺麗な首、手首、足首、腕、脚
[レベル]2
fv
古:fiol←filoolo(長い管、塔)
fiol:fiol:la fiole
【用例】
tel eel lij skol, lu til fiol silf le sols lu em lant vein. あどけない顔つきはあまり変わっていなかったけれど、手足がすらっと伸びて今より綺麗になっていた。

fiona
/ [親族]おじいちゃん
[レベル]2
19:ridia:fio/n/a(語気揃え)

fiona(2)
/ [名詞]本音、本心
[類義語]rulna
[レベル]2
制:fio(真実の)/na(心)。新生以降rulnaに変わったが、すっかり定着してしまっていたため、22年に正式に再登録。
【成句】
i fiona 本当に、心の底から、心底。i selesの類似表現。
xalt fiona 正直、本当のところは

fip
/ [名詞]手ぬぐい、手拭、布巾、ふきん、台拭き
[動詞]yulを拭く、拭く、拭う
[レベル]2
13:制:恣意
【用例】
an fipat hink e dap kon lafin. ハンカチで額の汗を拭いた。

firtati
/ [芸術]明度、ブライトネス、ライトネス、バリュー、brightness、lightness、value
[反意語]monati
[レベル]2
21
[文化]
→xistina、verim
色がいかに明るいか。

fist
/ [遊離副詞][形容詞]まれに、稀に、まずしない
[レベル]2
20:fix/te(疑わしい)→fist
[語法]
aluut

fite
/ [動物]ウサギ、うさぎ、兎、ヘアー、ラビット、野うさぎ
[レベル]2
lakta:fite(ウサギ)。長い耳の意。
[文化]
アルバザードでは犬猫に次いで人気のあるペットで、最も好まれる品種はネザーランド。繁殖の結果、白い毛で赤い目をしたウサギが生まれた。印象深いため、パーセンテージから言えばレアなのに、ウサギの目は赤いというイメージが定着した。
また、うさぎは幼女を好み、幼女と仲が良いというイメージがある。従って、デザインや絵の中ではしばしば幼女とともに登場する。
【成句】
fite eftan ses aluut kai. 逃げたウサギは常に大きいものだった:釣り逃がした魚は大きい

fiteins
/ [名詞]泣きはらした目、赤い目、(tilとともに)充血した目、目が腫れあがるほど泣いた目
[医療]充血
[レベル]2
19:うさぎの目
【用例】
☆non tilat fiteins mil emt. 悲しくて泣きはらした。

fitl
/ [動詞]yulをaに仕舞う、仕舞う、取り込む、とりこむ、しまう、しまいこむ、片付ける、仕舞いこむ、取り出すの反対の動作
[経済]手仕舞い、手仕舞う
[反意語]fatil
[レベル]2
13:制:fatl:fatlit(取って出す)
【用例】
fitl sab a zat 服をタンスにしまう
avelant fitlik mark a klal fir kont deyu galt. 死神は門を閉じると、鎌を白い空間に仕舞った。

fitul
/ [代詞]任意の何か
[レベル]2
19

fitulet
/ [代詞]任意の何かの
[レベル]2
19

fiv
/ [動詞]yulを萎ませる、膨らむの反対としての萎れる、しぼむ、萎む、縮小する、収縮する
[形容詞]萎んだ、しぼんだ、へこんだ、凹んだ、縮小した、収縮した
[反意語]fab
[レベル]2
@19

fix
/ [動詞]yulを疑う、疑う、不信感を抱く
[動詞]強くyulでないと思う、思う
[形容詞](fixanで)疑うような、懐疑的な、怪訝そうな、怪訝な
[普通動名詞]疑念、懐疑
[反意語]xar
[レベル]2
19:melidia alis:fiexar(嘘だと信じる)
manom:manom
【成句】
fix tem 耳を疑う。相手の言っていることを自分は聞き間違えたのかなと思うことはevitterであってfix temではない。fix temは相手の言ったことがありえなさすぎて自分の耳を疑ってドン引きしているという意味である。evitterと区別。同じくfix insは相手のしたことがありえなさすぎて引いているという意味。fix temと似ているがfix kuoは相手の言ったことが信じられず相手にドン引きしているという場合ではfix temと同じだが、自分が思わず言ってしまったことがありえなさすぎて自分で自分に引いているという意味で主に使い、この場合はfix temと意味が異なる。基本的にfix toto nozet(自分の〜を疑う)の意味で使うことが多く、このnozetは省略されることが多い。自分に呆れるという意味のfix kuoの場合、evitkuと区別すること。
fix ins 目を疑う
fix kuo 口を疑う
【用例】
an fixat la on la ku rul. 彼女は真実を言わないのではないかと思った。

fixt
/ [名詞]過程に対する結果、でき、出来高、結果、できばえ、出来栄え、結末、末路、甲斐、かい
[数学]方程式の解←miyusanfixt
[文頭純詞]その結果、結果
[経済]経営成績、業績
[格詞]〜の結果として
[反意語]pask
[レベル]2
@19
[語法]
甲斐とは「行動の結果として現れるしるし。努力した効果」なのでfixt。
【成句】
fixt rat i hot vosk kin 痛みなくして得るものなし
【用例】
tu et fixt iten el yuus yuli yol tof. これが子供に好きにネットをさせた末路だ。

flai
/ [動物]鹿、シカ
[レベル]2
15:制:sorn:vlai(鹿、まだら馬)
[擬声]
uhii(鳴き声)

flam
/ [魔法]獅法
[名詞][形容詞]ヴィードを伴わない、非魔法、非魔法の、魔法を使わない
[反意語]lusia、art
[レベル]2
zg;flam,szl
21
[語法]
魔法以外のユノやノアの使い方のこと。
広義ではalvedを意味する。特にrd末期からnd以降はこの広義で使うケースが増えていった。flamkamiは本来はalvedkamiとなるはずだが、flamkamiになっているのが好例。
artは広義ではlusiaを意味するため、artもflamの反対語となる。artkami, flamkamiなどに対が見られる。
[文化]
dolmiyu

flan dist
/ [人名]フラン=ディスト
[ユマナ]サンタクロース、サンタ、サンタさん
[レベル]2
22:ridia
[文化]
→liizliiz
rtの偉人。男性。アルシアで孤児院長をしており、身寄りのない子供たちの世話をしていた。liiz liizの日に子供の成長を祝ってやれない貧しい家庭に施しをした逸話があり、やがてその話が拡大解釈されてアルバザード全土に広まっていった。
死後に神格化され、rt末期にはこどもの日にプレゼントをくれるという伝説が生まれた。すなわちサンタクロースに相当する人物である。
アルシアが寒い地域であったことから、メルの月にしては厚着。細身で柔和な顔つきで、銀縁メガネをかけた糸目の30代後半の男性の姿をしている。常にニコニコしていて性格は穏やか。背が高い。rtでは既に滅んでいたはずのヒュート産の白銀の小型ドラゴンに乗り、よれよれの灰黒マントを羽織っている。左腰には魔法の杖を差している。子どもが寝静まると空を飛んでやってきて、窓や煙突から入って枕元にプレゼントを置いてくれることになっている。のんびりしたところがあって、子供にからかわれやすい。「ぱぱ先生(rsiila xanxa)」と呼ばれていた。
非常に優しい上に女性受けする綺麗な顔立ちをしていることから、小さい女の子の憧れの的になっている。名前が女性っぽいこともあり、余計中性的なイメージがある。ただ無精髭があるので、「せんせい、おヒゲそりなよ」とよく言われる。
もちろん実際には自分の家のお父さんが担当することになるのだが、大体10才になるまでは大人は皆黙っておく。日本と違って半分以上はその存在を10才になるまで信じている。レインは事実を知って泣いたクチ。
【用例】
(以下は幻文がルシアによるもので、和訳はセレンが付けたものである)
5歳の娘の日記が夢なさすぎる上に高度すぎて吹いたw

flan dist et fiana az eyo.

non xar flan dist et diana. alkalt et sanje eu.

elt, xalt alf, flan dist et xir lan voas ul lu aaj xir yuli sein le nan xant sefir al. es?
sinl xiit alx e yuli et 10 viks kont lanaxl t'atolis et 70 viks.
sinl xiit flan dist fit kit sefir i selrein lana lu yol sen em 24 miv enzel on camselsa o camsel.
lu til 8'6400 jin lana fit sefir a 10 viks yuli. alfi lu fit xir xant a 1 yuli kokko 8.64*10^-5 jin. yan tu et vilxan eu.

saal, xalt avl, lu si sanje len xant sefir a yuli sein mil lu xim sen yuu gio i tu sool.

alson xalt alf ont avl, non xar flan dist et diana eu.

サンタクロースは実在か。

サンタクロースは虚構であると考える。以下が理由である。

第一に、数学的に、サンタクロースは複数人であるかプレゼントをあげる子供を厳選する必要がある。なぜか。
子供の数を10億、地球の人口を70億と仮定しよう。
クリスマスとイブに24時間限界まで使えるよう、日付変更線からプレゼントを配っていくと仮定しよう。
10億人の子供に対して持ち時間は86,400秒。つまり一人頭0.0000864秒で配る必要がある。これは不可能だ。

第二に、経済的に見て、サンタクロースにはプレゼントを配るだけの理由がない。というのも、この行いによるメリットがないからだ。

ゆえに数学的および経済的に、私はサンタクロースが虚構であると考える。

flanj
/ [動詞]yulを囁く、囁く、ささやく
[普通動名詞]ささやき、囁き
[類義語]tist
[レベル]2
22:flanj,szd「樹花の葉がざわめくように」

flanpel
/ [料理]クリームソーダ
[電算]フランペル
[ユマナ]youtube、you tube、ユーチューブ、ようつべ、つべ
[レベル]2
21:ridia
[文化]
vlでできた国内最大手の動画サイト。トップページにクリームソーダの絵があったことから。
クリームソーダ自体はrtでカテージュでできたお菓子。当時は現在のような技術がないため、甘みをつけた炭酸水にアイスクリーム状のものを載せたものであった。

flant
/ [気象]そよ風、微風、そよかぜ、涼風
[形容詞]ふわっとした、香るような、立ち込める、たちこめる、立ち籠めるような、立ちこめる
[美容]ブロー
[類義語]flens
[レベル]2
20:flan(オノマトペ)/teeze
【用例】
flant lunak ento nia luut le yutas xelfi and emik fo salsal. そよ風が吹く。青年の髪が月の光を浴びながらさらさらと靡く。

flavie
/ [人名]フラヴィエ
[名詞]朝。5時から10時。
[形容詞]朝の
[レベル]2
20:ridia:flaver.szd(朝日)
mopa:mopa:la flavie
[文化]
mizari

flayu
/ [丁寧][幼児][動物]しっぽ、尻尾
[レベル]2
20:fla(ふわふわした)/yu(ふらふらしたオノマトペ)

flea
/ [サール]フレア。夏を司る女神
[形容詞]色が夏めいた
[形容詞]夏の
[名詞]夏、夏季、夏期、夏場
[組み数字]2/4
[レベル]2
古:ridia:kefa(夏)に関連。kefaのfaは火で、暑いことを指す。したがってfleaのfはfaから来ているが、後のleaは不明。
::la flanfler:toliko,alt
[文化]
アルシエルの一人。夏を司る女神。方角では南。アルバザードは北半球で、南に行くほど暑い印象がある。
【用例】
flea lunak xi axte. 春が過ぎて夏が来た。
flea lunak in. 夏が来たようだ。
flea ik kit. 夏が始まった。
an na pels on ak nos yol mel var flea. 今年の夏をどう過ごそうか心配している。
an lax flea e tu salt kalt salt tox et hart. 去年の夏ほど暑くなければいいが。
fis at diit fin tu et flea. 夏にしては涼しい日だった。
flea e tu salt nod salt tox et diit na. 今年の夏は去年より涼しいようだ。
an na flea em esil vein tea rib mi tu. 蚊がいなかったら夏はもっと快適なのに:tuはflea。

fleaeri
/ [医療]血液型のB型
[レベル]2
19
[文化]
B型は自己中で気まぐれと思われている。

fleanakea
/ [歳時記]夏休み
[レベル]2
21:ridia
[文化]
nakea

flei
/ [名詞]ページ、枚
[電算]ページ。個々のHTML等からなるウェブページ
[レベル]2
sorn
【用例】
hete flei ページをめくる
yulo flei ページを戻る
xik flei ページを飛ばす
hom flei 73 73ページを開く
an evat tek asov flei e lei lex dolt. しおりの代わりに落ち葉を本のページの間に挟んでおいた。

fler
/ [名詞]熱湯
[類義語]axer、alir、xiria、er
[レベル]2
20:ridia:flea/eria
[語法]
flerは100度前後の熱湯。低くても80度以上。60度程度の体を温めるお湯がaxer。熱くても80度程度。体を温めも冷やしもしない体温に近いものがalir。40度前後。熱くても50度弱で、冷たくても30度程度。体温より低く、おおむね0〜20度程度のものがxiria。
[文化]
rdでリディアがセレンに健康法としてaxer,alirのみを飲めと指示したことがきっかけで水の温度を4分類に分けた。その後ミロクがarvinaの一環として国民に広めた。
アルバザード人が最も飲む水分は白湯で、axerである。8割を白湯が占める。残りは嗜好品だが、その中で最も多いのは紅茶。ジュースはオレンジなど、果実のもの。
【用例】
an tilat faid on vesn mil fler e filo. ポットのお湯で舌をやけどした。

fles
/ [被服]ペンダント、首飾り、ネックレス、チェーン
[レベル]2
sorn
[語法]
ペンダント、首飾り、ネックレス、チェーンもネックレスも首から提げる点で同じで、flesは首から提げる装飾一般を指す。

fleu
/ [名詞]南
[格詞]〜の南にある
[反意語]xiar
[レベル]2
19:flea
::la trikol:hagili,alt

flior
/ [名詞]旗、フラッグ、フラグ、フリオール
[電算]バナー
[類義語]ape
[アクセント]fliOr
[レベル]2
sm;ltk 風のたなびく音のオノマトペから。
22

flip
/ [形容詞]輝いた、きらきら、キラキラ、煌く
[動詞]yulを輝かせる、輝く
[レベル]2
16:制:flia/paa(光)
[語法]
yulを輝いた状態にすることなので、flipanでなくflipで「輝いた、輝く」の意味になる。
【用例】
vird velt fitat ins ver al an. an, tal, yui flip kon tu ins.
“黒夜給了我黒色的眼睛、我却用它尋找光明。”
(暗黒の夜が私に暗黒の眼をくれた。私はその眼で光明を探し求める。)
顧城 「一代人」
an laap faal flip. 輝く太陽が恋しい。
faal at flip dotel. 太陽がぎらぎら照りつけていた。

flom
/ [名詞]学期、セメスター
[レベル]2
14:制:floから
【用例】
an felat fal vein im flom tox. 前学期にもっと勉強しておけば良かった。

flonixt
/ [名詞][副詞]今後、こんど、今度、こないだ、このあいだ、この間、このまえ、この前。数週〜数カ月
[類義語]ixt、fremixt
[レベル]2
rd;/
24:/
[語法]
fikdu

belkasoz
/ [料理]換気扇
[レベル]2
16:制
【用例】
ar belkasoz 換気扇を回す

flora
/ [動詞]yulを思う、思う、想う
[名詞]思考、思い、想い
[類義語]lo
[反意語]rafis
[レベル]2
fv;lo/rat
21:ridia
[語法]
lo

flox
/ [動詞]yulをaまで持ち上げる、持ち上げる、お姫様抱っこする
[レベル]2
14:制:flex:古:fuxu(肩をひょいと持ち上げる)
【用例】
flox lep silfel 軽々と荷物を持ち上げる

flunyet
/ [料理]フルニェット、フルーニェット、綿菓子、綿飴、綿あめ、わたあめ、わた飴
[類義語]melexia
[レベル]2
20:flunyu/te
[文化]
綿菓子のようなボンボン状の菓子。

fm
/ [単位]ファインメルフィ、センチメルフィ、CM
[レベル]2
20

fod
/ [名詞]音量、音の大きさ
[レベル]2
20:fo/du

foie
/ [動詞]yulを馬鹿にする、馬鹿にする、バカにする、愚弄する
[類義語]ales
[レベル]2
fv;e


fok
/ [動詞]yulをaに足す、足す、加える
[数学][接続詞]足す、+
[文頭純詞]さらに、更に
[数学]足し算、加法、加算
[接続詞]t+k
[言語]添加
[レベル]2
19:fak:13:制:古:fikk(足す):接続詞のoが足し算に見えるようにアプラウト。
[語法]
四則演算子は順番に+, -, *, /(arkantis表示で)。要するにqwertyのキーと同じ。
/はt/kだと「tとk」。3/4だと「3足す4」のことではなく、「3と4の比」を意味し、結果的に分数を作る。

foken
/ [数学]和
[レベル]2
21:fok属格
[語法]
数学の和、差、積、商はそれぞれfoken, fiden, hanten, festenで、いずれも四則を属格化したもの。
vi hant valの場合、hantは接続詞で、viがかけられる数で、valがかける数。ket xa hal elenの場合、上つまりhalになっているのはelenでなくket。ket halen elenでも同様。このようにアルカでは格詞や接続詞の意味はその格詞や接続詞の目的語でないほうにかかる。そのため、valでなくviが「かけられる数」になる。逆に取りやすいので注意。
viがhantolでvalがhantanになる。その結果の積はhantan, hantolを使用しているのでどちらも使えず、属格のhantenで示されるようになった。動詞にかかる属格なので「〜の」という意味はなく、意味を変化させつつ名詞化している。そしてこの属格の用法は和、差、商などにも及ぶ。

fokzep
/ [数学]足し算
[レベル]2
21

fol
/ [格詞]〜の間、〜の期間
[名詞]期間、区間
[レベル]2
rd
20:flo(期間):alakta:執行猶予 参考:古:hya(期間)
hya:hya:yal
【用例】
an xat kateej fol xiernakea. 冬休みの間はカテージュにいた。

folk
/ [名詞]倍、2倍、二倍
[音楽]フェルマータ
[類義語]hant
[反意語]tifa
[レベル]2
19:fok:13:制
[語法]
「〜倍」と「〜分」はhantとfestを使って表現する。一倍はkohant、二倍はtahant、三倍はvihant、四分はvalfestのように。ただし日常生活では圧倒的に二倍と二分(半分)の頻度が高いため、これらはfolk,tifaと固有の語を与える。なお、3分の2倍のような厄介な数はvi un ta folkのように書く。

foln
/ [美容]バンド、束ねるゴムや紐、髪ゴム
[レベル]2
lakta:本来は髪を束ねるものだった

folte
/ [名詞]ミリアとマユの総称、フォルテ
[レベル]2
21:fal/yunte。falは光で、明るいの意味。falteだとvalteに似るため。
[文化]
freint

fonf
/ [名詞]ごまかし、誤魔化し
[動詞]yul(ごまかす内容)をごまかす、ごまかす、誤魔化す、はぐらかす、お茶を濁す、さばを読む
[レベル]2
15:制:vaste:fonl(避ける)/fie(嘘)。突かれたくない本題や本質を避けるための嘘
【用例】
fonf tolis 年齢をごまかす

foni
/ [名詞]非常に短い間、瞬間、一瞬、刹那、とたん、途端
[副詞]一瞬で、瞬時に、瞬間に
[類義語]mil
[レベル]2
15:seren:klel:fona
(非常に長い間):fon(長い)
[語法]
fikdu
実際には1秒以内から1分程度まで、場面に応じて幅広く。
名詞用法は「〜するとすぐに」、「〜した瞬間」の意味で使われることが多い。
【成句】
xi foni ただいま、はいただいま、只今、今お持ちします
xi{lkon} foni 一瞬で
【用例】
kap at ar im foni del an koltik ra. 家に着いた途端、電話がなった。

fonlgek
/ [運動]ドッジボール
rt;/「避ける球技」
[レベル]2
23
[文化]
rtで考案されたゲーム。日本のものと基本的に同じ。小学生が放課後などに男女混ざってやる。中学生以上になると自然とやらなくなる。主なデメリットは突き指や胸痛。内野はlotで外野はleks。

font
/ [交通]道、道路
[動詞]yulを通る、通る、通過する
[動詞]伝わる、伝導する→luko
[電算]バス
[メタファー]方法、道、方策、方向性
[レベル]2
rd 19:sorn:古:sorn:pont(道)
lupa:lupa:lu sanje(伸びているので棒状):ha,alt
[語法]
→luko
道の性質や大きさによってfont,velant,alvelant,mivat,luka,apan,lafon,yuufに分かれる。fontは総称的。
[文化]
→pont
アルバザード人は自転車や徒歩で移動することを好むため、道の形状や性質や大きさといったものに比較的敏感である。

●道幅

道は車やバイクが通れる車道と、自転車道と歩道に分類される。
車道の幅は車線数に関わらず3.75m(3melfi)である。日本の片側二車線道路より広い。車道とそれ以外の道はガードレールで区切られている。一車線のみの車道は一方通行を除いて存在しない。日本のような4m道路は存在しない。
自転車道と歩道の幅はどの道でも2.5m(2melfi)である。両者はガードレールや境界線で区切られている。

通常、道は車道+自転車道+歩道で構成される。
自転車道と歩道しかない道路に車は進入することができない。
車道+自転車道+歩道で最も狭い道は8.75m(7melfi)の一方通行である。
最も数が多いのは片側一車線の車道+自転車道+歩道で、12.5m(10melfi)である。従ってアルバザードの道は日本に比べてかなり広く作られている。平地が多く健康志向が強いアルバザードでは自転車の普及率が高く、自転車道の整備がよくなされている。
また、交通事故を徹底して減らそうとした街づくりの甲斐あって、歩道もきちんと車道や自転車道から分離している。この広さは安全に繋がっている。

●ランティス通り・アルミヴァ通り

ランティス通りとアルミヴァ通りは片側3車線の計6車線で、自転車道も倍幅となっている。よって道幅は3.75m(3melfi)が6つに2.5m(2melfi)が3つなので、22.5m(18melfi)+7.5m(6melfi)=30m(24melfi)である。
カルテ外周からリディア通りまでは半径187.5m(150melfi)であり、ここが住所上はリディア通りとなる。このうち道路の幅だけで30m(24melfi)を占めるため、居住可能な区域は157.5m(126melfi)の半径内である。

●最も狭い道

いくらインフラが整っているアルバザードでも、住宅街の小道ひとつひとつまで広い幅の道を作ることはできない。たいていの家の前は車道と自転車道のない歩道で、最低2.5m(2melfi)の幅を持つことになる。
ところが実際法で定められた最低の道幅は3.75m(3melfi)である。これはなぜかというと、救急車と消防車のような緊急車両が入れるようにするためである。従って、住宅街における家の前の小道はたいてい3.75m(3melfi)である。
自宅の前は往々にして車道に接していないため、アルバザードでは田舎を除いて自宅に駐車場という概念はなく、町内会などの地区ごとに共有の駐車場を持つ。その駐車場は車道と接しており、そこまで歩いて行くことになる。たとえ庭が広くても車道に接していない家では車を庭に置くことができない。これも歩道と車道を分離することで事故を防ごうとする安全意識の現れである。
一方、自転車は庭におけるが、自転車道に出るまでは手押しで歩かなければ違法である。(ただし実際のところ、道が空いている場合はこれを無視する人が多く、警察もこれについてはあまり見咎めない)
【用例】
☆font emat deyu mil sae dot. 大雪のため、交通が麻痺した。
tu font ke kacte. この道はカルテにつながっている。
tu font luna kacte. 同上:自分がカルテにいて、道を見ている。
tu font ke i kacte. この道はカルテから来ている:カルテのほうを向いている。また意識上の動線はカルテから自分のいるところに来ている。自分の体はその場にあるが、意識の上ではカルテにある。luna iにすると、自分の意識は自分のいる場所になる。ややこしいが、日本語と同じ感覚なので読者は使い分けは楽なはず。

fos
/ [動詞]yulを捕まえる、捕まえる、逮捕する
[法律]逮捕、タイーホ、タッホイ
[レベル]2
19:中期制アルカから
【用例】
non fos fan tyu e! 逮捕しちゃうぞ

fosi
/ [被服]下着、アンダーウェア、インナーウェア
[レベル]2
14:制:fosi:fosa:sorn:fsan:制では上着の下に着るものを指した。
【用例】
an sabat fosi samel. = an samat fosi. 下着を着替えた。

fosk
/ [名詞]ソファー
[レベル]2
16:制:fonski

fost
/ [名詞]縄、ロープ、綱、索具、支え綱、シート
[レベル]2
13:制:恣意

fot
/ [名詞]紐
[動詞]yulをa(柱など)に縛る、縛る、結わく
[名詞]栞紐、栞ひも、しおり紐、しおりひも、スピン
[類義語]fot
[レベル]2
fv;fots.k
13:制:古:fots(解放する)
fot:fot

fox(2)
/ [動詞]yulを擦る、擦る、こする、さする、摩る
[普通動名詞]摩擦
[類義語]sont
[レベル]2
lakta:擦るオノマトペ
【用例】
an foxat main ka erx lana osk nos. 体を綺麗にするためにお風呂で擦った。

frak
/ [名詞]4分の1、クォーター、クオーター、15分
[類音]fral:特に注意
[レベル]2


frea
/ [地学]鉄
[形容詞]鉄の
[組み数字]4/4
[レベル]2
meltia 88:gilius;frei.k
19:freiから。剣を作る道具
[文化]
ヴィルの伝導率は良くないが、ユノの伝導率が極めて高い金属。それゆえ剣などの武器に使用される。
【成句】
bolt frea hart 鉄は熱いうちに打て

fref
/ [形容詞]合理的な、無駄のない、効率的な
[反意語]bebel
[レベル]2
19:fremfont(近道)
【用例】
tu de fref. 合理性がない(seren arbazard)同人が物事を却下するときに言う言葉。毎日のように使う。合理性か芸術性がないことはくだらないこととして嫌悪し、行わない。

frei
/ [アイテム]剣、諸刃、両刃
[類義語]kal
[レベル]2
sa meltia 88;fovet。剣を振ったときのビュンという音から。
17:制:古ではpiikiだが、剣を振ったときのオノマトペから17年に作った。神話では古からある。
txogi,piiki,frei:piiki,frei:lu juliet:kali,alt sakla,figit
【成句】
frei kaen gag 喉元の剣:絶体絶命
[文化]
最古の剣は石製で、次に銅剣などがfvでギリウスによって作られた。メルティア88年に鉄の剣が作られた。

freinoa
/ [丁寧][親族][rente]お父様、父上、おじさま、フレイノア
[アクセント]freinOa
[レベル]2
21:frei noan(私の剣)
[文化]
laala

freinoan
/ [丁寧][親族]お父様、父上、おじさま、フレイノアン
[レベル]2
21:frei noan(私の剣)
[文化]
laala

freitiil
/ [丁寧][親族][男性]freinoa
[レベル]2
21
[語法]
男性が別の女性に向かってその父(たいていは自分)を指すときの言葉。それ自体が丁寧な言葉なので、freidinなどはない。
[文化]
laala
【用例】
m? freitiil mir sont ti, xia? ん?お父様に撫でてほしいのか、紫亞?

freituan
/ [丁寧][親族][女性]freinoa
[レベル]2
21:ridia
[語法]
女性が別の女性に向かってその父を指すときの言葉。それ自体が丁寧な言葉なので、freitwanなどはない。
[文化]
laala
【用例】
freituan xa parm, xian. 紫亞ちゃん、お父様は日本にいるのよ。

frel
/ [医療]慢性
[副詞]ゆっくりと、漸次的に、じょじょに、徐々に、だんだん
[反意語]rom
[レベル]2
19:seren/ridia:arbaxelt:恣意
【用例】
jent emat rat frelel. 天気はだんだん良くなっていった。

fremen(2)
/ [名詞]隣人、ご近所さん、近所の人、地域住民
[レベル]2
23
【成句】
apia galt e fremen 隣人の門を指さす:我が身かわいさに他人を売り飛ばすこと。ランティス・タンヴェルでアルティス教徒狩りの尋問官に詰問された住民が隣人の門を指さして「あいつが魔女だ」と売って自分だけ助かろうとしたことから。

fremfont
/ [交通]近道、早道
[娯楽]マクロ、ショートカット
[レベル]2
19:ridia:arbaxelt

fremixt
/ [名詞][副詞]今後、こんど、今度、最近、ちょっと前、こないだ、このあいだ、この間、このまえ、この前。2,3日〜数週
[類義語]ixt、flonixt
[レベル]2
rd;/
24:/
[語法]
fikdu

frens
/ [生物]羽根
[類義語]kern
[レベル]2
20:古fren/sabe(朝露をまとう)
[語法]
妖精や蝶の羽根のように、1枚のフィルムのようになっているもの。羽が何本も集まってできた翼とは異なる。

from
/ [動詞]yulを熟考する、熟考する、考えこむ、考え込む、高度に思考する
[レベル]2
19:高い:flon
【用例】
an xar fral parman en fromat siia to et falis ul el to ax alan kont en yuvat siia kinen. 思うにほとんどの日本人は正義が何かとか社会をどうすべきかなんて深く考えたことがないし、苦労した経験もないのだろう。

fulmiia
/ [組み数字]5/28
[交通]フルミネア通り
[名詞]フルミネア組。アルナ大のクラス。
[レベル]2
22

fulmiia kaade ineaato
/ [人名]フルミネア=カーデ=イネアート
[組み数字]5/28
[レベル]2
古:フルミネアは語源不詳で、古アルカでの意味は無し。あえて解釈するならfuu/mivaで「長女」。カーデは彼女が創作した占いの名で、9年にリディアが呼びかけて使徒全員が冠した。イネアートは『カコ』。[fuumiia]だと思っていたが、本人から直接[fulmiia]の方が近いといわれ、変更した。
rd;fulmiia.fv
[文化]
→fulverant
(tif 8 gil din→)第4期4代アルシェ第5使徒。アルマスト派。女性。yunk。164cm、49kg。髪は黒色で足まで長く、直毛。黒の瞳。肌は白:黄=10:0。
【成句】
den em fulmiia フラグ立てんな:占い師フルミネアがrdで不吉な予想をして使徒を不安にさせたことがあったことから。
yun fulmiia alnamet nos フルミネアがツンと顔を背けるように:取りつく島も無い
【用例】
wei, den em fulmiia on vort (axte おい、死亡フラグ自重しろw

fuo
/ [形容詞]残酷な、ひどい、酷い、悪質な
[形容詞]ひどい、ひどく。tinka/yamの意味。
[類義語]fanzel
[反意語]ivet
[レベル]2
fv
赤:fuo(残酷)。字の形が腹をかき回すという恐ろしい意味。字形は人を横から見ている。

fut
/ [動詞]yulをaと交換する、交換する、置換する、置き換える、取引する、取り引きする、取り換える(新しく交換するという意味のときはsamem)、両替する、取り替える、取りかえる、とりかえる、入れ替える、入れ換える、交替する
[普通動名詞]交換、置換、置き換え、取引、取り換え、両替、入れ替え、交替
[経済]取引、売買
[シェルト]張り替え、貼り替え。テームスの張り替え。
[レベル]2
19:melidia axte:古:futo(取る)
【用例】
fut gil a tiat 人質と金を交換する

fuul
/ [魔法]占い、卜、占卜
[動詞]yul(相手、内容)を占う、占う
[レベル]2
19:fulmiia:自分の名前を語源にしたもの
kk;>fuul.in < ful.fv.l
ful:fuul
【用例】
ren fuul non. 私について占ってちょうだい。
ren fuul ami vast tas. 僕が試験に受かるか占って。
ren fuul non on hatia. 私の恋愛運を占って。

fuulan
/ [魔法]占い師
[レベル]2
20:melidia xier

gaabe
/ [名詞]材料、料、原料、資材、ネタ、原材料
[料理](食べ物の)具、素材
[名詞]オナニーのオカズ、おかず、オカズ←→leebel
[文字]エレメント
[レベル]2
f;e
赤:制でabだったが、ここまで短い必要はない
gaabe:gaabe:lu gaabe:gabe,alt
【用例】
ol ti til gaabe le ti lax an axt, son axt tu atu. 書いてほしい記事があればここに書いてください:ti laxは挿入。leはan axtにかかり、先行詞gaabeは元々yul格。

gaag
/ [動詞]yulを喚かせる、喚かせる、喚く、わめく、ぎゃあぎゃあ泣く、泣き喚く
[レベル]2
古:ぎゃあぎゃあ泣くときのオノマトペ

gaales
/ [サール]ガーレス
[形容詞]強欲な、よくばり、欲張り
[俗語][人名]ルシア。ルシアの悪口:20:mel:兄ユルトのおもちゃを取り、ユルトがルシアの投げ捨てたものを取ると、それはそれで怒って取り上げることから。
[レベル]2
ridia:古
[文化]
エルトのトゥウェンを封じ込めたサール。非常に強欲。

gaar
/ [形容詞]新鮮でない、古びた、しなびれた、萎びた、古い
[反意語]diil
[レベル]2
@19

gaat
/ [生物]腹
[レベル]2
19:古ga(腹、腹筋)/tom(おなか)
[語法][文化]
tomの下から陰部の上まで。へその下で、腸の辺り。丹田がある。ルヴァンではここに空気を送り込み、ふいごのように膨らませたりへこませたりする。tomに比べ意識しにくい部位。活力や精力など、力の集まる場所。ルヴァン中はノアの緑の玉がここに集まる。

gaavaks
/ [建築]地下、地下階、地階
[レベル]2
19

gaax
/ [動詞]yul(内容)をaに叫ぶ、叫ぶ、さけぶ、大声を出す、大声を上げる、喚く、おたけぶ、吠える、鳴く、怒鳴る、どなる
[普通動名詞]叫び、雄叫び、夜泣き、怒鳴り声、怒鳴り、どなり、怒号、怒声
[類義語]harga
[レベル]2
19:gaaというxiv
[語法]
gaaxに怒りは含まれていない。怒って怒鳴るのはharga。
gaagはena型。gaaxはku型。
【用例】
la gaaxat "net!". 彼は「起きろ」と叫んだ。
ti na to on erim ol oma gaax a ti? 犬に吠えられたら心臓にどう感じる?

gad
/ [普通動名詞][ネガティブ]不平、不満、ぼやき
[動詞][ネガティブ]yul(不平)を言う、ぼやく
[レベル]2
15:制:lakta:ga。文句を言う声のオノマトペ。
[語法][文化]
不当なことには声を上げて立ち向かうべしという国民性なので、ぐちぐち影でこぼすのは悪徳とされる。gadはネガティブな意味の単語なので、公明正大に立ち向かう場合は同じ不平であってもgadとは言えず、telsやklosになるので注意。
【用例】
an gadat a la on la en netat an vadel vein. もう少し早く起こしてくれなかったことについて彼に文句を言った。

gag
/ [生物]喉
[レベル]2


gaghet
/ [言語][生物]口蓋垂、懸壅垂、のどちんこ、のどひこ
[レベル]2
14

gah
/ [動詞]yulを笑わせる、笑う、大声で笑う
[擬音]ガッハッハ、ワッハッハ
[レベル]2
古:擬音語

gain
/ [言語][文字]ガイン、ピリオド記号、ピリオド、丸、下降調
[レベル]2
20:gakon/int

gaiz
/ [形容詞]精神的に不快な、不快な
[名詞]精神的な不快感、不快、不快感
[類義語]bekam、melis
[反意語]diite
[レベル]2
古:geiz(毒ガス)→gaiz(不快)
【用例】
til{na} gaiz 不快だ

gak
/ [動詞]yul(金、代金、名目)を払う、yulの額をonの代金としてaに払う、払う、支払う
[普通動名詞]支払い、支出
[経済]財務諸表上の費用、費用と収益の費用
[反意語]dit
[レベル]2
rd
13:制:古:giko(収入)。「金が来る」
【成句】
gak vil sap 空気は払えぬ:無い袖は振れぬ
【用例】
fis, an gakat van. 今日は私が払うつもりだった。

gakon
/ [言語][文字]ガコン。制アルカまでにおけるピリオド記号のこと。字的にはカンマ2つ分に相当する。
[レベル]2
fv

[語法]
表意幻字使用時(古語)の文末につける。

gal
/ [単位]100、百
[レベル]2
lsk

wama:gal:lu sans(元々144。1と4がどちらも男性なのでsansは男性。smで定められたときはすでにsansは100だが、144に遡って考えるところがルティア人らしい)

galk
/ [料理]ハンバーグ
[レベル]2
13:制:galbak(円盤形の牛肉)

galt
/ [建築]門、ゲート、門扉
[形容詞]〜門。前置。
[交通]駅の改札:アルナでは自動アンセ読取装置があるので、アーチ状のゲートになっている。
[名詞]口から下の棒を引いた、ゲートボールの門みたいな形のもの
[武道]攻撃にも防御にも転じられる基本の構え
[サッカー]ゴール
[レベル]2
fv;e
13:制
galt:galt:la gar
[語法]
nod
[文化]
集合住宅には門がある。一戸建てにもある。道からいきなり玄関に繋がることはない。門と庭が道と家の間にある。門はアーチ状のものもあれば、扉状のものもある。扉は日本の門扉と同じく西洋的なものであるが、押して入る。
【成句】
galt e nene em hom. 堪忍袋の緒が切れる:怒りの門が開くという意味。必ず怒りの意味で使うため、joは不要。
lit galt 門外不出
[武道]sat galt 構える
【用例】
☆galt ant emator hom. 堪忍袋の緒が切れそうだった。

gano
/ [名詞]ガノ、ギャル。女性のエタットのうち、下品なほう。
[レベル]2
20:ridia:gank(けばい)
[文化]
典型的には声が甲高くうるさく人の迷惑を顧みず、自分と自分の仲間の狭い範囲だけで生きる女性。派手な衣装や振る舞いを好み、貞操が緩く、知能が劣る。

gar
/ [名詞]円盤、ディスク、ソーサー
[レベル]2
19:13:制:古:geal(丸いもの)

garma
/ [軍事]戦争
[類義語]vas
[レベル]2
20:garv(苦痛)/古kama(多い)
[語法]
ひとつの戦いがvasで、戦いの1シリーズがgarma。第一次世界大戦や朝鮮戦争などはgarmaで、レイテ開戦など、一回一回の戦いはvas。

gart
/ [名詞]値段、料金、金額、費用、対価、代償、代価、代金、運賃
[動詞]sol(商品)はyul(金額)だけかかる
[格詞]〜と引き換えに、〜を支払って、〜を対価として、〜を犠牲にして
[経済]価格
[レベル]2
19:制:gar(値段)
【用例】
tu gart to? これいくらですか。
gart dot{liv} 不安点{安定}な価格
tu gartat tin xel el kea sai. パソコンを修理するのにかなりかかった。
☆tu gartat tinka, molsat fil tinka xel an sols vals kea dio ant. 歯を矯正するのに大変な時間とお金がかかった:xelはtuにかかる。重文であり、そのtuはgartとmolsの共通の主語になっている。

garv
/ [名詞]苦痛、苦悩、苦しみ、苦しさ
[形容詞]苦しい
[動詞]yulを苦しめる、苦しめる
[魔法]ガーヴ。火の禁呪魔法。対象の苦しみの神経を刺激し、死ぬまでのたうちまわらせる魔法。内臓が灼熱で抉られたような感覚を覚える。死ぬまでに時間がかかる魔法で、残酷度が最も高い種。
[反意語]vixet
[レベル]2
20:gav:古:vは怪我の意味。gはのたうち回る音か。gaavと似るのでrを挿入。
【成句】
var garv 四苦八苦して、七転八倒
【用例】
"arten e garv yut mel"
vortmain kaen vaska,
vatai ont alap,
min adyusol.
yuu alk yuna, son
garv.
<メルによるガーヴの呪文>
戦場のむくろ、
天災と飢え、
陵辱される女。
誰も私を助けない、
苦しめ。

gas
/ [化学]炭酸
[レベル]2
13:制:古:gapsapliげっぷ(を引き起こす)空気

gast
/ [形容詞]まったく不完全な、まったく完全でない
[反意語]mer
[レベル]2
19:恣意だが、音の響きが荒く、ダメ出しをして突っぱねる感じで、適切に感じられたため。
【用例】
la et niit gastel. 彼は全然優しくない。

gaudi
/ [建築]ガウディの塔
[経済]5ソルト玉
[レベル]2
21:ridia:gardi
[文化]
→anfan、fanfrea
rtの建築家gardi tselinがrt末期の万博で建てた塔。当時製法が確立した錬鉄でできている。現中央アルナ市コノーテ=リュウ通り所在。電波塔と展望タワーが当初の目的。vlでラジオを送信。その後テレビ放送のUHFとVHFを送信。alで近隣の高層化に伴い役目を終え、展望タワーや観光名所として残る。
【成句】
val gaudi 20ソルト:二束三文

gazel
/ [料理]ガゼル飲料
[レベル]2
20:gas/er/古al(もの)→gasel→gazel(同化)「ガスの水のもの」
[文化]
喫茶店などに置いてある一般的な飲み物。紅茶より安価。夏によく飲まれる。炭酸水に少量の塩とレモン汁を加えたもの。これに砂糖を入れるとxiizeになる。rdでxipiを禁止したリディアがセレンに作ってあげたことで開発され、国民にも広まった。

gea
/ [名詞]ボールペン
[レベル]2
13:制:gekkaz(球のペン)

geat
/ [植物]バジル
[レベル]2
13:制:古:gealto。gealはピザのことを隠喩し、toはそれにかける匂いとしての調味料をさし、アルカではバジルを指した。セレンがバガーズとピザを食べたときに命名した。

geep
/ [動物]ミミズ、蚯蚓
[メタファー]暗くて陰険な奴
[レベル]2
17:制:lakta。虫だからpを付けた。

gek
/ [名詞]球、玉、弾、ボール←melxe
[名詞]銃弾←gelgek
[名詞]攻撃弾。何らかの攻撃に使う弾→galis
[形容詞]球状の、たまい(球い)、丸い
[動詞]yulを丸める、丸める、縮まる、縮める、縮こまる、ちぢこもる、身を縮める
[類義語]melxe、galis
[レベル]2
13:制:古:球=algeki,algekiだから、意味としては元の形がgekigekiである。「円と円」という意味。アルカでは球は円の累積であると考えていたため。球の底部から頭頂部に至るまで徐々に面積の大きい円が累積され、中心部を超えると徐々に面積の小さい円が累積されていく。そしてできるのが球だと考えたため。リュウやメルはこの定義に難色を示していた。後年、アルカ・エ・ソーンが球に英語からとったboolasという語彙を使用するようになると、メルはそちらも使用するようになった。
geki:geki::man,alt
【用例】
flel kanvi l'el pip sen gek a kalte flon kon ento yuu in sen em tu. non nomat lanko sein ento em lan laas. 見えなくなるほど遠くに ボールを投げれる強い肩。うらやましくておとこの子になりたかった(川本真琴『1/2』)

gekka
/ [料理]団子、だんご
[レベル]2
21:gek

gekmom
/ [植物]球根
[レベル]2
20

geks
/ [動詞]yulをa(表裏など)にひっくりかえる、ひっくりかえる、ひっくり返る、ひっくりかえす、ひっくり返す、転回する、反転する、覆す、くつがえす
[普通動名詞][再帰動名詞]反転、逆転、展開、ひっくり返し
[言語]反転語。komoとmokoのように音節をひっくり返して主に対語を作る造語法。現実の古アルカに見られ、神話ではfなどに見られる。
[論理]逆
[言語]倒置
[音楽]転回
[数学]対数、ログ
[レベル]2
13:制
[文化]
対数はimul 1377年にibel yungeによって発見され、計算機のない時代に重宝された。神代ではイメア神の加護で計算ができたので、対数は発明されなかった。
【用例】
geks gald コインをひっくり返す

geksui
/ [植物]里芋、サトイモ
[レベル]2
20
[文化]
胃に良い芋として、軟水の湧くアルバザードでは日本同様煮物などに使われる。

gel
/ [軍事]銃、砲、鉄砲、てっぽう、ガン
[軍事]拳銃←estark
[動詞]yulを銃で撃つ、撃つ
[俗語][動詞][普通動名詞]yulに膣内射精する、膣内射精、中出し、中だし。コンドームの有無は問わず。
[レベル]2
sm;fovet
sorn:アルシェではkilだが、これは英語のkillからなので使わない。
[語法]
地球と違い、銃と砲の単語上の区別はない。
[文化]
●銃と火器の歴史

・最古の火薬

アトラスにおける最古の火薬は硝石と硫黄と木炭を混ぜてできた黒色火薬で、tmの時代に神々によって発見された。しかし威力がヴィードに比べてあまりに弱いため、軍事利用はされなかった。
zgになるとシージア人が硝石に硫黄を混ぜた焼夷剤を発明した。これはkkで軍事利用され、投石器とともに用いられた。投石器で焼夷剤を投げ、攻城兵器として用いられた。しかしヴィードのほうが効率よく攻撃できたため、補佐的にしか用いられなかった。

・最古の火器から火打石銃まで

最古の火器はsmでできた。火炎放射器のように使う飛火槍がまず最初にアルバザードで作られ、続いて凪人が持ち込んだ竹を使い、竹の筒から火薬団子を飛ばす突火槍が作られた。これらは魔力を持たない戦士や魔力の弱い凪の軍人たちが火計を行う際などに用いられた。後に魔力の弱い凪の軍人が金属製の火竜鎗を発明。しかしアマガタリの代わりになるほどの威力はなかった。
火竜鎗は命中精度が悪かった。しかも撃つ際には火門に目をやらねばならず、敵と火門を同時に見ることができず、命中精度が更に悪かった。そのため火門を見ずに火をつける工夫がされた。その結果できたのがサーペンタインである。
しかしサーペンタインは引き金を引く動作が大きく、狙いが狂う。そこで火挟みと引き金が別部品になり引き金を引くことでバネの力で火挟みが火門の上に瞬時に落ちるマッチロック(火縄銃)が生まれた。これは引き金を引く長さが短いため、狙いが狂いづらかった。また命中精度を上げるために照星と照門が付けられた。
こうして火竜鎗からだいぶ向上した火縄銃ができたが、ヴィード攻撃を多用できるアルバザード人には普及せず、もっぱら魔法を使えない凪の戦士によって使われた。ユノが十分でない相手は火縄銃で倒すことができたため、軍事利用されるようになった。また、凪人の猟にも用いられた。
火縄銃の弱点は常に火のついた火縄を持ち歩かなければならないことだった。火が消えると使えなかった。そこで火打石を使った歯輪式の銃が作られた。これが後に火打石銃に昇華する。火を絶やさないよう注意しなくなったのは良いが、強い力で引き金を引くので銃がブレ、命中精度は火縄銃より悪かった。

・グレア(魔動銃)の発明

アルティアはこの火縄銃や火打石銃をひっさげアルカット大陸に上陸。imul 1102にカレンシア王国が建国されると戦争は停止し、銃火器の発展は一旦停止した。アルバザードやルティアは強力な魔導士がいたため、銃火器を発展させる必要性を感じていなかった。
しかしその一方でアルバザードは銃火器を魔器に応用できないかと考え、独自に魔法工学の研究を始めた。その結果、1202年にオスティア=ジレールによりグレアができる。
グレアはユノの伝導率のよい鉄の弾を打ち出す魔器であり、凪人の銃が元になっている。銃自体が鉄でできていて、小銃や拳銃の形をしている。火縄銃は大きくて持ち運びが不便だったが、鉄の弾をユノの力で撃ち出すだけならそんなに長い銃身は要らないため、銃身が短くなり、銃床がなくなり、片手で扱える拳銃サイズのものになった。ただしこれでは飛距離が短いため、拳銃型のものは接近戦で主に使われた。野戦では飛距離がいるため、火縄銃時代と同じく小銃型のものが使われた。1204年のケートイア戦のときは小銃型が活躍し、ケートイア軍を破った。
グレアの弾は雷管ないし起爆薬、薬莢、発射薬、弾丸から成る。弾丸は鉄製である。発射薬は火薬ではなくユノを重合できる透明なサファイアである。サファイアに予め発射に必要なだけのユノを詰めておく。このサファイアからユノを放射する衝撃を与えるためにあるのが雷管で、雷管は小さく綺麗に研磨した宝石状の透明サファイアから成る。宝石状のサファイアは撃針の小さな刺激で即座に霊圧の高いユノを放出することができるためである。リムファイアの場合はリムの部分が宝石でできており、センターファイアの場合は中心部のみがサファイアの雷管になっている。前者はふとした衝撃でユノが飛び出てしまうのと、宝石を円形に敷き詰めるのが高価なため、センターファイア式が一般化した。
撃鉄を起こし、引き金を引くことで雷管が打たれ、発射薬が刺激され、ユノが放出され、鉄の弾丸が銃身を走って放出される。この仕組を持ったものがグレアである。
グレアの物理的な威力や飛距離は発射薬の容量や霊圧、また銃身の長さや弾の重さなどに左右される。しかしグレアの魔法学的な威力は射手がどれだけ多くのユノをグリップから銃身を通して弾の先端の弾丸に篭めたかによる。グレアはユノを篭めずに撃っても撃針と雷管と発射薬のおかげで射出自体はできる。だがユノを篭めなければただ鉄の玉がそれなりの速さで射出されるだけで、火縄銃以下の威力しかない。それではユノでバリアを張る相手には大した効果がない。そこで射手は自分のユノを弾丸に伝導させ、引き金を引く。火縄銃と違って撃つたびに自分の霊力を消耗するのが欠点だが、強力なヴィードで身を固めた相手でさえも倒すことができる点が利点であった。

グレアは1204年のケートイアによるアルバザード侵攻の際、アルバザード軍に配備された。アルバザード軍はグレアにより圧勝し、ラグナロクやオスティアの知名度は高まった。
火縄銃と違って弾に宝石を使う関係でグレアの使用はコストがかかり、アルバザードは金欠に陥った。その結果アルバザードはケートイアに多額の賠償金を請求した。ケートイアはこれが元で経済に大打撃を受け、不況や内乱が続き、長きに渡ってアルバザードに対する戦力を失い、アルバザードは隣国の脅威から逃れることができた。
グレアの功績により、1205年にはラグナロク工科大学がルシフェル校から分離独立した。また、隣国カレンシア王国に対する威嚇にもなり、カレンシアの脅威も弱まった。

初期のグレアは火縄銃と違って火薬と丸い弾を銃身に突っ込む方法ではなく、発射薬や雷管や弾丸などが薬莢に収まって一体化したもので、火縄銃より進化していた。従って弾は球ではなく現代にも繋がるどんぐり状であった。
ただ火縄銃と同じく一発ずつ弾を銃口から入れなければならなかった。その後改良がなされ、リボルバー式のものやマガジンを持ったものが開発されていった。

・rdでヴァストリアができるまで

グレア以降、ラグナロクはワゼットやアンジェルといった大型魔器の開発に乗り出していったため、銃の発達は取り残される形となった。

rdになりアシェットが悪魔テームスらと戦いだすと、神々は殲滅武具ヴァストリアをアシェットの使徒に授けた。
このころセレンやリディアらは剣の力に限界を感じていた。白兵戦を強いられる剣は飛び道具を持つ敵に対して弱く、とりわけ強大な悪魔たち相手には接近戦でしか力を発揮できないと勝つのが難しかった。
また、アルバザードもヴェルシオンやベルガンドとの戦いに際してより強力な魔動銃を必要としていた。そこでアルバザードは悪魔殲滅を願う神々の力を借りて共同研究をし、ラグナロクで主にリュウらの協力を得て銃の改良に励んだ。銃はsmで一旦発達が止まっていたが、悪魔との戦いが激化する中で再度の改良が求められたのである。
彼らは銃身に腔綫を付けて命中精度を上げたり、拳銃型や小銃型だったグレアから様々なタイプの小銃を発明した。例えばライフル銃や散弾銃が発明され、大砲などの砲(大銃)も作られた。
リディアは剣を振るい格闘技を得意とするセレンに憧れを抱いており、銃については良いイメージを持っていなかった。だが改良されていく銃を見るにつれ、これからは銃の時代だと考えを改めた。
意趣返しをしたリディアは神々にヴァストリアの制作を依頼。これを受けた神々やアルバザードやリュウらがセレン用にヴァストリアを制作。拳銃型のarbileo、ライフル型のfiolentiina、散弾銃型のleebenbcoiが作られ、セレンに贈呈された。
なお、同時期にリディアは格闘技に限界を感じ、また剣の取り回しの悪さに辟易し、ちょうど間の子であるナイフ戦闘術をユベールに取り入れ、セレン用のナイフ型のヴァストリアの依頼もしている。このとき神々が与えたのがfratanitiである。
ヴァストリアができたことで煩雑な開発名が付けられていた拳銃はestark、ライフルはfiolet、散弾銃はbcandiと名付けられるようになり、性能を下げたものが大量生産され、アルバザード軍に配備されるようになった。
セレンはアルシャンテの中にアルビレオを忍ばせ、いつでも戦えるよう武装するようになった。カルシェリエで武器を取り出すには手間がかかるため、とっさの戦闘には向かない。そこで常に携帯できるアルビレオをセレンは好んだ。

・nd以降の近代銃

ndになると3,2遺伝子の普及とともに人々はヴィードを失っており、魔動銃の使い手は急激にいなくなっていった。
軍隊でも魔動銃を扱える者はほとんどいなくなり、魔動銃に代わって火薬銃が台頭してきた。
メル62年にアッティ=メテが火薬銃を再発見。これは凪の火打石銃で進化の止まっていた火薬銃にrdで発達していた魔動銃の技術を応用したものだった。地球とは順序が逆で雷汞の発見の前に雷管があったが、雷管にサファイアでなく雷汞を入れるようになった。地球では雷汞の発見は18世紀のことなので、アトラスのほうが早かった。魔動銃は火門に雷管をかぶせて撃鉄で叩いて発動させる管打ち銃で、これは火縄銃や火打石銃と違って引き金を引いてから発射するまでのタイムラグが極めて短い銃だった。
アッティは雷管に雷汞を詰め、管打ち銃を開発。雷管のおかげでこれまでの火縄銃や火打石銃と違って雨天を気にすることがなくなった。
魔動銃の時代に既に腔綫とどんぐり状の銃弾ができていたため、火縄銃に比べて3倍程度の命中精度と射程を獲得していた。アッティはこれをそのまま火薬銃にも取り入れた。
こうしてアッティにより火薬銃としての拳銃、ライフル銃、散弾銃などが発明された。発射薬には黒色火薬が使われた。これは煙が多いのが難点だった。

魔動銃のころは小銃や拳銃の開発は盛んだったが、砲は持ち運びが不便な上、魔動銃なら小銃でも十分な威力があったため、発達しなかった。
nd以降は徐々に威力の大きい攻城兵器としても使える砲も研究されていくようになった。この時点で地球に比べて小銃は発達していたが、砲は地球並みに遅れていた。ここからの砲の進化は地球とほぼ横並びとなるが、小銃の進化はしばらく停滞する。
ndは大航海時代で、小競り合いはあっても大きな戦争はrdほどなかった。

rtになると無煙火薬が発見された。
また、機関銃などが進化し、地球の19世紀水準となった→vadgel

騎兵がまだ現役だったころは歩兵は馬上の敵を銃剣で突くため長い歩兵銃(小銃)を持ち、騎兵は馬上から撃ちやすいように短めの騎兵銃(カービン)を持っていた。
だが騎兵が廃れると馬上の敵を突くことがないので歩兵銃(小銃)が騎兵銃並みに短くなった。この結果、後の世では歩兵銃(小銃)より短いものが騎兵銃(カービン)と呼ばれるようになる。というのも、もともと騎兵銃のほうが歩兵銃より短かったため、騎兵科が廃れても銃の名称だけは残ったのである。

・vlからalにかけての現代銃

rt末期、第一次世界大戦より前の時代は戦車も飛行機もなく、大砲は馬が引いていた。そのため機動力が悪く、陸戦の主役は歩兵の小銃であった。
このころの歩兵は横一列になって1km以上離れた距離から撃ちあっていた。ところが機関銃がrtで台頭すると、この戦法では歩兵が機銃掃射されてしまう。そこで夜襲や塹壕戦などの接近戦が増えた。すると長い射程を持つ銃よりも接近戦で使える銃が必要になり、一発ずつボルトアクションをする暇がなくなった。そこで拳銃が台頭したが、拳銃は少し距離が離れると当たらない。そこでvlの第一次世界大戦では拳銃弾を乱射できるサブマシンガンが作られた。

小銃は一発打つと銃身が跳ね上がってしまい、再度狙いを付けて撃つまでに4秒ほどかかる。これにボルトアクションを入れると全体で5秒ほどかかる。vlでは自動小銃が作られたが、ボルトアクションの1秒分しか稼げないのでそこまでの優位はなかった。自動小銃は生産に手間がかかるため、第二次世界大戦ではアルバザード軍と各国軍の一部に配備されただけだった。

第二次世界大戦が始まるとそれまでの小銃の射程の長さが不要になった。1kmも離れた相手に撃つことはなく、比較的接近戦が多かったためである。当時の歩兵はそのような長い射程を必要としていなかった。
かといってサブマシンガンでは射程も命中精度も不足。そこで小さな弾にして小銃の反動を抑え、射程を短くし、小銃をサブマシンガンのようにフルオートで使いたいという欲求が出てきた。
こうしてアルバザードが旧カレンシアの協力の元開発に乗り出し、突撃銃ができた。現代の小銃は基本的に突撃銃である。
なお、第二次世界大戦で雷管には雷汞ではなくトリシネートが使われるようになった。雷汞は自然分解しやすく高価で銃腔を錆びさせるためである。

●銃と政治と規制

rdまでは圧倒的なヴィードを持った王たちが国を支配していたため、民の力は弱く、王政は盤石なものであった。
しかしndになって人々がヴィードを失うと、ごく一部の人間を除いてヴィードが使えなくなった。
王族はたいてい多少のヴィードを残していたが、それでもndで栄えた銃火器の前では無力だった。
rdでアシェットが貴族を解体したことで、貴族と平民の間の距離が縮まった。
続いてndで旧貴族や王族のヴィードが弱まった結果、一般兵士の力が相対的に上がった。農家の次男三男などを集めて編成されるアルバザード国軍はそうした一般兵士から成り、彼らには銃火器が装備として与えられた。
これにより平民は力を付け、力を付けた平民たちが王政を打破して自分たちの考えで国を動かす民主主義を目指すようになる。そう、銃と民主主義は関連している。地球でもアトラスでも民主主義は銃によってもたらされたものである。
nd_rtでは資本主義が台頭したが、rt初期の150年ごろには共産主義が新たに台頭した。遅れて203年にはミナリスが民主主義を唱えた。強大な魔導士ミナリスという頭角の背景には銃を持った平民たちの力があった。
一方、200年にはシオン=アマンゼが誕生し、徐々にアルティス教が生まれていく。300年のミナレット諸党とアルティス党の和平に至るまで両陣営は抗争を繰り返したが、ここでも銃が活躍した。
300年になりvlを迎えると、ミロク=ユティアが生まれる。320年にミロク革命が起き、322年には第一次世界大戦が勃発。ミロクのような強大なヴィードを持った人間は数人しかいなかったので、実際に頻繁に前線で戦っていたのは銃を持った平民であった。
363年にベルティアショックが起き、世界経済が悪化。367年にエルトアのナオン侵攻が契機となり、第二次世界大戦が勃発。ここでも主戦力は銃を持った平民たちであった。

世界大戦を勝ち抜いたミロクらアルティス教の人間はアルティス教の治世を実施。しかし強大な魔導士たちを陰で支えるのは銃を持った兵士たちであり、彼らは民衆でもあった。ゆえにアルティス教の治世はアルティス教という宗教を中心とした世の中ではあっても、結局のところそれ以外はミナリスらが目指した民主主義の世の中と似ていた。宗教分離がなされていない民主主義の世の中と考えるとイメージしやすいだろう。ただユティア朝は民主主義を部分的に採用しているだけで、根っこの部分では独裁政権であるから、ミナリスらの目指したものとは確実に異なる。根っこでは独裁政権だが表向きには民主主義なので、13年現在で考えると中国に近い。ただし中国と違って超人な哲人が単独で国を支配しているという点が決定的に異なる。
ミロクが完全な独裁政権を実施できなかったのは、国民でもある兵士たちが銃で武装しており、発言権を持っていたためである。さらにミロクは自分たちがいかに強大でも寿命には抗えず、ユティア朝の支配力は年々弱くなっていくだろうことを予測していた。その予想は当たり、ユティア朝は代を重ねるごとに独裁政権色が弱まり、民主的になっていった。
ミロクは一般国民による銃を使った決起を恐れ、第二次世界大戦終了後、世界各国で民間人の許可のない銃の所持を禁止した。地球でも銃の自由がない国は日本など特例を除いてほとんど独裁政権だが、独裁政権色の強いユティア朝の下ではやはり地球同様銃が規制されるようになった。この名残で、独裁政権色の薄まったal後期やlj初期でも民間人の銃の所持は許可を得ないかぎり禁止されていた。

ljで革命が起こるとアヴァンシアンによる事実上の独裁政権が復活した。このときもアヴァンシアンは民間人の蜂起を恐れ、許可なく民間人が銃を持つことを規制した。
アルバザードはじめほとんどの国は民間人による銃の所持は許可制である。地球で言うと日本ともアメリカとも異なり、フランスなどに類似している。

gelb
/ [動物]毛虫
[レベル]2
lakta:gelb,gelbe

gelo
/ [動物]青虫
[レベル]2
lakta

gels
/ [植物]タマネギ、玉葱、たまねぎ
[レベル]2
lakta
[文化]
煮たり炒めたりして食べる。生食は胃に極めて大きい負担をかけるので禁忌のだが、カルパッチョなどに使われる。
また、若い乙女は口臭を嫌って生食をしないというのが常識になっている。

gelshais
/ [料理]カルパッチョ
[レベル]2
20:たまねぎマグロ
[文化]
ナディアでルティア人が作った料理。マグロを薄く切ってスライスした玉ねぎと一緒に醤油で合えたもの。カテージュ経由でアルバザードにも流布。その後、魚を常食しないアルナ人が牛肉とマヨネーズとマスタードで肉のカルパッチョを作ったが、名前はgelshaisのまま。地球と歴史が逆なので注意。

gelt
/ [動詞]yulをねじる、ねじる、捩る、よじる、ひねる、捻る、撚る
[レベル]2
古:円を描くようにした
【用例】
gelt aad entel ol so soa. 腰をひねるときはゆっくりと。

gelx
/ [名詞]シュート、強い一撃、必殺の一撃、アタック、必殺
[動詞]yul(敵や球)をシュートする、強く打つ
[レベル]2
14:制:gelから
【用例】
gelx adel kon yuno ユノで魔物を撃つ
gelx yuno al adel 同上

gep
/ [名詞]ねじ、螺子、スクリュー、ネジ、捩子、ペグ
[レベル]2
lakta:螺旋釘
【用例】
hol gep ネジを回す
ar{ev} gep ネジを締める
is{sed} gep ネジを外す

ger
/ [植物]大根、だいこん、ダイコン
[レベル]2
lakta
[文化]
おろしで食べて消化酵素を得るなどする。煮て食べることも多い。
【成句】
kui firj ok ger ささ身とともにダイコンを食う:石橋を叩いて渡る。胃をわずらったセレンがジアスターゼ(これ自体はリパーゼではないので油は消化せずデンプンの消化酵素となるが、油ものと付け合せて食べられることが多い)を含むダイコンをよくすりおろしていたが、胃痛を怖がって油も少なく消化もしやすいささ身を食べたときにもダイコンを食べていたことから。

ges
/ [化学]腐敗
[動詞]yulを腐敗させる、腐敗させる、腐敗する、腐る、腐らせる
[形容詞]腐った、腐敗した
[反意語]dox
[レベル]2
古:ges,gess。腐った匂いを嗅いだときに発する声のオノマトペ。日本語では「うっ」というなどにあたる。
【用例】
tu gosk es ges. このチーズは腐っている。

gesl
/ [植物]キャベツ
[レベル]2
13:制:laktaのgesi(腐るもの、腐ったにおい?)
[文化]
常食され、ドレッシングをかけて生で食べることもある野菜。胃にいいとされている。

gest
/ [料理]パイ、ペストリー、ペーストリー
[レベル]2
13:制:laktaではgesa(円盤形の粉状のもの)
【用例】
lad gest パイを焼く

get
/ [形容詞]幅狭い
[動詞]yulを狭める、狭める、細める
[反意語]dok
[レベル]2
@19
【用例】
font get 狭い道
get(em)ik ins 目を細める

ggg
/ [擬音]くくく、ククク
[レベル]2
22

gi
/ [名詞]金属、メタル、金具
[レベル]2
meltia 8:gilius;gilius.k
13:制:古:giila(金属)
gi:gi:lu giila(ギリウスが男性)

gib
/ [料理]おたま
[レベル]2
13:制:古:gizob

gii
/ [動物]猿、まし、ましら、モンキー
[レベル]2
19:17:制:lakta:オノマトペ。鳴き声がgii。
[擬声]
kii, hii(通常) gii(怒り) kikkik(はしゃいでいる)

gil
/ [経済]金
[類義語]anje、beket
[レベル]2
fv
古:金(かね)=gil(金属の(gi)もの(l))。またはkoloで金とも。
gil:gil:le anje
[文化]
<金に対する価値観>

フランスや昭和の日本同様、金を儲けるのは卑しいことと考えられており、清貧が尊ばれる。上流階級ほどこの意識が高く、成り上がりの商人ほど低い。
一方、関西的か関東的かというと関東的で、安物買いを威張ることはしない。威張るとしたら高いものだが、それ自体が卑しいことと考えられているため、できるだけ値段の話自体を避ける傾向にある。
逆に金を稼がないのもよくない。生活に必要な程度を稼ぐのがよいとされる。年収は仕事から自ずと分かり、これも話題にしない。
物をプレゼントされた際にいくら?と聞くのは失礼。全体的にお金は汚いと思われているので、金の話はなんであろうと避けておくのが無難。

<金の種類>

アンセには電子マネーが登録されている。2010年の日本でいうところのスイカやパスモに相当する。あのカードがアンセの端末の中に組み込まれていると考えればよい。電子マネーはデビッドカード式であってクレジットではないので、即座に銀行口座から引き落とされる。
アンセによる決済はバイオメトリクス認証を採用しているため、本人以外では使うことができない。

日本と異なり小切手の習慣がある。紙幣の最高額である10000ソルトを越えたあたりから用いることがある。小切手にはサインがなされ、受け取った人間は金融機関で換金する。
小切手には本人がサインをし、金額を書く。受取人は後から銀行に提出して自分の口座に送金してもらう。誰から誰に渡ったかはっきりするので、恐喝によって小切手を書かされる心配はない。

貨幣はソルトである。アルバザードは小数文化なため、存在する貨幣にクオーターという考えはなく、25や2という貨幣はない。貨幣は順に1、5、10、50、100、500、1000、5000、10000(rang, gaudi, mistie, anxiiz, falxian, soen, laven, ealis, vespel
)の順である。このうち100までが硬貨であり、500以上が紙幣となる。日常生活での最高額の紙幣は5000であり、10000は通常を見ることがない。

ミロクは革命時に電子マネーを普及させ現金を廃止しようとした。政治家やマフィアがため込んでいる申告することのできない金をあぶり出すためである。すべてが電子マネー化されることで、国は国民の財産を一人一人細かく把握することができる。これは徴税の効率を上げ、管理の質も向上させる。
ところが富裕層から絶大な反対を受け、マスコミが強く反対して国民を反対運動に焚きつけたことから、国民の全電子マネー化に対する反発が強まった。一般国民の感情としては、すべての財産が形を持たない数字だけになってしまうのは不安というものであった。管理側に不具合があったときのことを考えると信用に足らないと考えた。
ミロクはそれをいうなら銀行口座も数字だけではないかと主張したが、すべてが数字になってしまう不安というのに国民は対応できなかった。というよりも、マスコミがうまく煽った。
実際のところ細かい利便性が損なわれるというのはある。日常生活でバイオメトリクス認証の電子マネーしかないと親が子供におつかいを頼むのも不便で、ジュースを友達に買ってきてもらうことすらできない。案外生活レベルで考えると不便なことがある。
電子マネーにしてしまえば恐喝や強盗ができず国民としても安全に暮らせるはずである。にもかかわらず、いまだに紙幣に拘泥する人間が少なからず存在したため、全電子マネー化は諦めることとなった。その結果革命後も紙幣は残り続けたが、新しい世代は電子マネーの利便性を幼い頃から体感しているため、電子マネーの普及は年々自然と行われている。
なおミロクはマネーロンダリングのあぶり出しを諦めたわけではなく、全電子マネー化という手段は捨てたものの、デノミを伴う新札切り換えを行い、裏金のあぶり出しを行った。
【成句】
gil xina leev samil. 幸運にて手にした金は不運に去る:悪銭身につかず
mel et gil 時は金なり
【用例】
gil di{tin} 大金
gil enyuul{fanten, gankems} 汚い金

gil falfania
/ [人名]ギル=ファルファニア
[組み数字]4/28
[レベル]2

[文化]
(tif 9 mel pin→)アシェット第4使徒。男性。seet。172cm、65kg。髪は赤毛で肩より少し長く、少しくせっ毛。茶色の瞳。肌は白:黄=7:3。

gil(2)
/ [組み数字]4/28
[交通]ギル通り
[名詞]ギル組。アルナ大のクラス。
[レベル]2
22

gila
/ [経済]レジ、キャッシャー、会計、会計所、モールの中央会計所
[レベル]2
16:制:gil

gils
/ [経済]財布、札入れ
[レベル]2
13:制:gilhos(金の容器)
[語法]
ウォレットとパースを区別しない。
【用例】
gils xat pot mesk. 財布がバックの中にあった。
an en piat gils kelanel im tu faar man an et vax kinel. 今朝はとても急いでいたので、財布を置いてきてしまった。

gim
/ [形容詞]浅い
[反意語]dan
[レベル]2
@19

gimbelt
/ [料理]フライパン
[レベル]2
19:xion

gip
/ [名詞]釘
[レベル]2
lakta:尖った金属
【用例】
ev gip 釘を打つ

glim
/ [擬音]ぐりぐり、グリグリ
[擬音](giilm)ギーン、ぎいん。金属などが鈍くぶつかる音
[レベル]2
20:kalie

goa
/ [動詞]yulをaに吐く、吐く
[名詞]吐瀉物
[擬音]ぐはぁ、ごあ、げろげろ、ごふっ、げぼっ。吐く音。
[類義語]bueca
[レベル]2
14:制:fovet:gooa
【用例】
goat sat erim mil nik 驚きで心臓を吐きそうになった

goho
/ [動詞]yulを咽ばせる、むせる、咽ぶ、むせぶ、咽る
[レベル]2
16:制:oho

goma
/ [動物]狐、キツネ、フォックス
[レベル]2
13:制:lakta:gukooma(金色の犬)
[擬声]
waa、hyaa、gyaa(鳴き声。女の悲鳴に似ている)

gosk
/ [料理]チーズ
[レベル]2
13:制:gosbak(牛乳を発酵させて固めたものであることから)
[文化]
日本の漬物感覚で食べる。種類も豊富。カレンなどのアルティア人には癖のないウォッシュが人気。

gote
/ [名詞]外側、外
[建築]構外、柵の外、外部
[反意語]deko
[レベル]2
@19

gppp
/ [擬音]ぐふっ、ぐふふふ。堪えた笑い声
[レベル]2
19

grad
/ [擬音]ガラガラ、グラグラ
[レベル]2
20:melidia xier

gul
/ [動詞]yulを唸らせる、唸る、うなる、動物などが威嚇で唸る
[レベル]2
18:オノマトペ
【用例】
komo yult kalma gul aan, fo "uuu...". なんかユルトはよく唸るんだよねぇ、「う〜」って。威嚇ではなく困ったときとかによくやっている様子。あと腹減ったときとか。

guna
/ [名詞](na)悔しい
[名詞]悔しさ、悔恨
[レベル]2
20:melidia xier:gyu/na

gux
/ [動詞]yulをa(結果状態や容器)に潰す、潰す、つぶす
[擬音]ぐしゅ、グシュ、ぐしゃ、グシャ、めき、メキ
[レベル]2
古:潰す音のオノマトペ

haa
/ [感動詞]はぁ、はあ。ため息のオノマトペ。
[レベル]2


haah
/ [感動詞]はぁ。移動などにともなう息切れや喘ぎ
[レベル]2
lakta

haai
/ [感動詞]よっ。挨拶。
[レベル]2
古:誰ともなく言い出した語で、会ったときにhaaiとかhaiとかいっていた。soonoyunと違って特に決まった形はなかった。

haam
/ [感動詞][rente]もーっ、もうっ、もー
[レベル]2

[語法]
あきれたり驚いたりしたときに使う。saaと同じように語調を整える効果がメインで、apenのように強い意味はない。

haan
/ [感動詞]なるほど、どうやら
[レベル]2
f:elt;fovet


haar
/ [感動詞]なぁ?
[レベル]2
古:haar同意や返答を求める言葉。男言葉。威圧的あるいはがさつで、丁寧でない。

haas
/ [格詞]〜に従って、〜の通りに
[動詞]yulに服従する、服従する、従う
[形容詞](haasanで)従順な
[形容詞](haasanで)順、順な
[類義語]hazel
[反意語]tel
[レベル]2
19:melidia alis:hacmaso:制のkelm(服従)とtol(従う)を統合。
【成句】
haas an! いいから!:日本人がよくいう「いいからやれ」の「いいから」に相当。検索しやすいように成句扱いとした。
[メタファー]haasan yun eketone エケトネのように従順な。唯々諾々。極めて従順なさま。
【用例】
yulian alxa haas ax rsiil. 子は親に従うべきだ。
see lu haas fan netal le til envi fein nod lu yun oma haasan. それでいて自分より能力の高い人間には尻尾を振って従うような性格の子。

hac(2)
/ [名詞]文字
[数学]文字、代数。定数や変数のこと。
[接尾辞]書体名を指す。
[類義語]hacm、harma
[レベル]2
meltia 100:bert;e
13:制:har:hacma(使徒、幻字)
[語法]
表意幻字(幼字):harma
アルハノン(塔字):alhanon
ベルト幼字:bectharma
響字:forma
節字:konton
京字:yula
極字:sanla
京極:mana
メテ幼字:meteharma
竜字:abram
理字:tiaram
表音幻字(幻字):hacm
[文化]
<文字と紙の歴史>

meltia 100にベルトが幼字を作った。これが最初の文字であり、表意文字である。
ベルトは光の魔法xanteで空中に字を書いたため、曲線と直線を自由に組み合わせることができた。その知識はエルトとサールに受け継がれ、ユーマの一族へも伝えられた。

紙を最初に発明したのは悪魔ベルトである。
meltia 256、ベルトは忘れっぽいサティのために動物の皮に棒で文字を書いた。なお、最初のインクはヴァルク海で取れたイカの墨である。
この皮が悪魔の中で人気になり、もっと薄く大量に作れるものはないかと模索した結果、meltia 389にヴァルテが植物の繊維を用いた紙を考案。最初は麻を使っていた。
meltia 423にヴァルテがペンを考案。
麻の紙は悪魔から神に伝わり、神からユーマに伝わった。従ってアズゲルでは既に紙が存在した。しかし技術よりも製品ばかりが伝播しており、どちらかというと神から紙を分けてもらっていた。
tmでアルファエル川流域でパピルスを使った粗悪な紙が作られ、ユーマの一族による紙ができる。

ベルトは本をも発明し、神に伝えた。
例えば賢者ユルグは本から生まれた九十九神である。

木材による紙はzgで開発された。
インクは植物を用いたものがナユによって作られ、ペンも多様化した。

筆記具によって字のデザインは異なる。xanteは石に刻まないので自由に直線だけでなく曲線も書ける。そのため幼字は直線と曲線を区別できた。これを利用してエリア(水)に対するエーホ(氷)のような字の違いが生まれた。

<書体の歴史>

初めて書体が登場したのはtmである。マレア神によって幼字の書体がいくつか作られた。
zgでナユはマレアに教えを請うて書体を学び、新しく幼字と響字の書体を作った。
後にセレンはこれらを元に幻字の書体を増やしていく。
smでは響字が各国で採用され、sm中に竜字や理字の筆記体ができる。ただしカッパープレートはrdを待つ。

rdでは幻字ができる。新生になるとセレンは正式な書体としてtapを作った。ところが当時はボールペンがなくインクを使っていたので、一文字ごとにペン先を離すtapは使いづらかった。
幻字は表音文字なので、数文字がまとまって初めてひとつの単語になる。なので、単語ごとにまとめて書きたいという要望が出る。
そこで幻字にも竜字同様繋げ字が開発された。しかしセレンのものは質が悪く、ミルフが改良してhailenを作った。一方セレンはhailenに感動し、書体に実用以上の意味を見出していく。
その後セレンは芸術としての書体を求めた。当時セレンは通常のペンを用いていた。tapは線の太さが均一だが、hailenは線の太さに強弱があった。hailenは文字のある部分は流し、ある部分は止めるという書き方をするため、ゆっくり書く部分はインクが多く溜まって線が太くなる。
セレンはhailenの線の強弱を見て、文字の線には太いものと細いものがあるとメリハリがつくと考えた。そこでマレア神がかつて遊びで作った平ペンを使い、平ペンを45度に傾けることで、線の強弱をつけることに成功した。

地球の場合、石版に刻む刀が後の平ペンを生むので、地球とアトラスの歴史はまるで逆である。アトラスの場合、マレアが書体のバリエーションを豊富にするために遊びで作った平ペンを用いて、丸ペンで作った書体の後に平ペンを使った書体を作っている。
ところで日本でカリグラフィーペンを買うとイタリックなどを書くための平ペンを渡されるが、カリグラフィーは本来西洋書道のことであるから、カッパープレートなども含む。そしてカッパープレートは平ペンでは書けないので、ああいった平ペンをカリグラフィーペンと命名するのは適切でない。アルカの場合、書道としてのカリグラフィーと、イタリックなどを書くための平ペンはまるで別の単語である。
リュウはこのころナユと魔法を使わない活版印刷を作っており、銅版に手で刻み込む技術を考えていた。そこでセレンらは銅版に刻みやすい線の細いカッパープレート体を考案した。その後、セレンはカッパープレートを最も華やかな書体へと発展させていき、axet体を作った。
vlまでにセレンの書体を改良した書体が無数に出た。それはal以降でも使われている。

<字の体系>

漢字に草書や行書などがあるように、アルカにも様々な書体がある。似たような書体をまとめたものを字体(hacpit)という。書体は具体的なフォント名であり、ark, hailenなどはすべてこれに当たる。arkとlutiaとhailenは同じark字体に含まれる別々の書体である。
21年現在、公式の書体は独立体でtap、連結体でaxetである。

<文字の歴史>

・幼字

100mtにベルトが表意文字の幼字を考案。神、悪魔、ユーマ、死神へ伝播。
tmは言語と文字にとって歴史上ほぼ唯一の蜜月期で、少ない人口と優れた下記elxeltにより長期にわたって安定していた。
444mtにベルトがエルシェルトを考案し、各地に設置。エルシェルトのおかげで神々の連絡はよく、通信技術の発達した現代同様、互いに離れて暮らしても言語と文字は意思疎通ができる範囲で緩やかに変化していた。神々に寿命がなく世代交代がないことも言語の変化を緩めていた。

・ベルト幼字(bectharma)(2129)

cvでエルシェルトが徐々に破壊される。これにともない、徐々に各国の言語と文字が独自の変化を始める。もともとエルシェルトがあっても長い間で少しずつ互いの言語は独自の変化をしていたが、エルシェルトの破壊とユーマの一族の寿命減により加速した。
大方は幼字を使っていたが、文字の意味やデザインが異なったりといった齟齬が生じていた。これはエルト・サール間にもいえることであった。このときは戦争中なので、スパイや翻訳者や前線の兵士以外にとっては取り立てて齟齬があっても問題にならなかった。戦時中の日本が敵性語として英語を嫌ったのと同様である。

zgになると戦争が終わり、エルト・サール間に棲み分け前提ではあるものの対話の姿勢が現れる。2010年現在における朝鮮半島のような状態に近い。
対話が始まると当然齟齬が問題になってくる。さらに神人貿易への依存も増えるため、人間との間の齟齬も問題になる。かといって何千万ものアテンが絡む問題であるため、今日齟齬をなくそうと思ってすぐ変わるものでもない。特にzgはじめはまだ人間は部族単位で暮らしており、彼らは神なき国の王になろうと躍起になっているころで、リーダーがいない。
新しい文字を伝播するには人間側にも強いリーダーが必要である。アトラスに直接介入できなくなった神々では伝導者としては不十分である。ベルトやユルグらはそのことを理解していた。

zgが進むにつれ齟齬は大きくなり、問題は以前よりも意識されるようになる。
2120にveldian帝国ができる。続いて2125にsilezian帝国ができると世界は東西に分かれ、一触触発の冷戦状態へ突入する。いわゆる千年の冷戦である。
この時期は逆説的な平和が訪れており、かつシフェランとマレティスという巨星が存在したため、文字改革を行うにはzgの中でも最もタイミングのよい時期であった。
そこで神々は人間のみならずベルトやルノらも加えて会談を開いた。これをベルト会談(bectata)という。
この時既に各言語間は音声面ではそこそこの開きが生じていたものの、文字面ではそこまでの開きがなかった。地球でも通常言語はこうなる。つまり音声の変化のほうが早い。
日本人が中国に行って喋れはしないが筆談はできるのと同じで、表意文字である幼字は筆談に強い。しかし中国語で「走」が「歩く」という意味になっているのと同じような齟齬が幼字にも存在した。
そこで彼らは統一の字を企画した。ベルトが主幹となり、デザインや意味の統廃合を行い、2129に400字(ベルト幼字)にまとめた。細かい違いしかないのにたくさんの文字があると不便なため、統合をして文字を減らすなどといった手法がふんだんに採られた。こうしたデザイン等の統廃合は地球でも秦の始皇帝が同じようなことをしている。

・響字(2129)→lim

新しくできた幼字セットは音声面では各国語の発音で読まれる。同じ「火」でも「カ」だったり「フオ」だったりというのと同じである。
そこでこの新しい文字セットの各文字をどのように読めばよいかという問題が生じる。現場では字典を作るわけだが、字の横に各国語の読みを書く必要がある。
漢字で例えると「火」と「炎」は似ているから「火」だけに統一したとしよう。このとき新しい「火」を「カ」と読むか「エン」と読むかあるいは第三の読みをするか分からない。一人でやるならまだしもこういう作業をベルト監修の下各国の研究者が混じってやっていたわけで、「この文字を何と読むか」を記しておくことは必須であった。
各国にしてみれば文字の読みは自分の言語分しか必要ないから自分の言語にない音素を表す文字はいらない。しかし各国の研究者が入り混じって研究している状況では誰もがどうせ作るなら各言語共通に使える表音文字のほうが便利だということに気付く。
そこでベルトはきちんと文字の音価が分かるよう、例えばdiaの幼字で[d]という音を示すようにし、表音文字を作った。これを響字といい、アトラス初の表音文字である。響字は参加したすべての言語のすべての音素を記せる必要があったため種類が多く、国際的に使えるものであった。

なお、響字は50字で、rf,lsはこのうち29を使用する。
響字について詳しくはlimを。

・極字(1039000mt頃)

カルセールのヴェマを本拠地とするサールの勢力が弱くなったことで、周辺諸国へのヴェマの影響力が低下する。この結果、東洋諸国特にヴェマから離れた地域において独自の文化が育つ土壌ができる。特に大陸の東端で防衛に適したハーディアンでは人の往来も少ないこともあり、閉鎖的な環境の中で独自の文化が華やいでいった。ハーディアンの最初の国風文化である。
ハーディアンは神との繋がりが弱く、神の筆記用具がヴェマ以上に手に入らなかった。人々は甲骨などに文字を刻んでいた。線種の多い幼字は刻むのには適しておらず(甲骨などに星型や三角や丸を器用に刻むのは難しい)、幼字の形は徐々にハーディアン建国以降簡略化され、線形化していった。
このころまでに既に文字は線形化され、直線を主とする字体ができていった。線形化に併行して幼字にはない文字が多く作られ、独自の文字を形成するに至った。これを極字という。

・節字(2133)

響字はrf,ls,szのような複雑な音節構造を持った言語には便利だが、ハーディアン語のようなほぼCVからなる音節構造を持つ言語には違和感がある。ハーディアン人はkaはkaでひとつの音と考えているので、これひとつに一字当てたい。日本語のひらがなと同じだ。日本人は「か」を「か」だと思っていて、子供のころローマ字を習って初めて「か」が子音kと母音aの複合だと感じるようになる。それと同じでハーディアン人にとってkaはkaで一音に感じられるため、この一音に一字を当てたい。
結果ハーディアンでは響字は受け入れられなかったが表音文字というコンセプト自体は受け入れられ、節字という音節文字が開発された。ただ響字のアンチテーゼとしてzgで作られたため、コンセプトは響字と同じで、ひとつの幼字をひとつの音節文字として用いたものである。
節字はルビのように極字の音を示すのに用いたため、現在のハングルのように表意文字に置き換わるものではなかった。

・京字(3658)

シフェランは同盟の見返りとしてロロスをアルティア人の支配地とさせる。その代わり自分に有利な関税をかけた。この結果ハーディアン、特にアルティアの国力は高まり、極字開発に次ぐ国風文化の兆しを見せる。
この時期に豊かな国力を背景に国風文化を誇る風潮が高まり、文学などの余剰な学問にも注力する余裕が生まれる。ルビとして用いられていた節字の崩しはこのときまでに幾種も存在したが、政府は学者の協力の下、これらを集めて崩し字の統一規格を創ることに成功した。この規格を学者らが都で定めたことから京字という。政府は覚えるのが簡単な京字を使って文を書くよう推奨したものの、極字のほうが見てすぐ意味が取れることからその計画は失敗に終わった。しかし完全に失敗だったわけではなく、このことがきっかけとなり、機能語は京字で記すようになった。

・京極

京字が機能語を表し、極字が内容語を表すようになった結果、これらのハーディアン文字をまとめて京極と呼ぶようになった。
→manaに詳細。

・塔字(55000前)

遡ってカルセールではtmで独自の表音文字alhanon(塔字)ができていた。
カルセール人は神代からすでに表意文字に見切りをつけて表音文字を開発していた。その理由は魔法陣である。魔法陣は呪文を地面に書いて行う魔法であるが、何百とある表意幻字を覚えて使いこなすには一定の教育が必要である。
そこでカルセールの王ilhanoiが塔字を開発し、アルハノン用の呪文見本も作り、学のない国民でも魔法陣を使えるようにした。そのためカルセールでは幼字からの脱却が早かった。アルハノンは魔法陣の技術とともに神代でメディアンやスカルディアにも浸透した。

・メテ幼字(meteharma)(7944)

kkでメテが神とともに悪魔を倒したとき、彼は人間社会の頂点にいた。この中央集権および神との繋がりを活かし、メテはzg以降ふたたび言語間で齟齬が生じてきていた幼字の再制定に乗り出す。
メテは新字を追加したり統廃合をし、444の幼字を制定した。これをメテ幼字といい、このときの神々との会談をメテ会談(meteata)という。主幹はメテとベルトである。

・444

この数はどこから来ているのか。4が古くから聖数(ratalx)なので444が並ぶことは理解できる。問題はなぜ1000や2000ではないのか。なぜ500程度なのかということだ。
もとはといえば幼字は古アルカの幻字から来ている。『アルカ』p54によると古アルカの幻字の総数は2065である。常用漢字が左記執筆時で1945であるから、2065をそのまま流用すれば作業が楽だ。2000を500にするにはかなりの選定・編集作業がいる。なぜこれをわざわざ500にするのか。

最大の理由は古アルカがしょせん子供の作ったものだからである。カルディアで神が作ったとするには無理があるからだ。また、アポステリオリ性を完全に排他できているか怪しい。それで選定する必要がある。
大々的に減らすのは、表意文字の世界スタンダードを配慮してのことでもある。漢字しか知らない日本人からすれば常用漢字が当然のものに見えるが、世界の表意文字はたいてい3桁である。漢字は俗に5万あるといわれるが、むしろ漢字だけが群を抜いて多い。世の中の標準はもっと少ない。
字が多いということはそれだけ学習効率が悪い。また5万のうちほとんどはパーツの組み合わせで、単語でいうなら合成である。単純語に相当する文字だけ抜きだすと世界標準に近付く。

だが常用漢字を2000使っている民族からすれば、500では少なく感じるのも事実だ。
そこで接字という装飾を付ける。アルカにはalの付く語が多い。またlimlet, kalmiyuでできている語が相当ある。
そこでal系の字には基本となる字に○を付ける。ベースとなる文字は444しかないが、○を使うことで実質的な数を規則的に増やすことができる。同様に.lや.kには線を付ける。反対語には古janを示す×を付ける――などという要領で接字を付けてヴァリアントを増やしていく。

接字3つでも444*4になるので2000弱となり、常用漢字に匹敵する。
むろんすべての字に接字を付けるわけではない。付けても合計1000程度だろう。

なお合理化大作戦を競っているわけではない点に注意。接字をもっと増やせばベースはもっと少なくなる。50*50でも2500だ。接字とベースが正方形になるように組めば必要な数は最も少なく、組み合わせの数は最も多くなる。
この手の過合理は子供の好むところで、私もずいぶん試した。しかしこの手のもので人間がいざ実用しようとして使いやすいと感じたものはない。今までに何度もこういったものを年単位で人体実験しては結局覚えづらく使いやすい自然言語的な体系に回帰していった。

2000を500程度に統廃合するというのは例えば漢字で言うなら「崎」と「嵜」、「島」と「嶋」などをまとめて減らしていくことに相当する。
古でeriaは「3」のような字形で、水を意味する。波紋の象形である。線をカクカクさせて直線にするとeeho(氷)になる。水が硬くなって氷というわけだ。古でもそうだしベルト幼字以前もそうだった。
ここは合理化できる。eriaに線を引いてeehoとする。eriaというベースに線という接字を付けてヴァリアントを作るというわけだ。
また、直線と曲線を区別すると楷書と草書のような書体のバリエーションが減ってしまう。そういう意味でも古にあった直線と曲線の区別は廃棄したほうがよい。

古幻字は子供の作ったものなので余剰が多い。合理化しすぎるのも問題だが、ある程度の合理化ならむしろ望ましい。人間でいうなら、肥満は不健康だが痩せすぎも不健康という感じだ。


ところでzgでも幻字は2000程度はあったと思われる。異体字が相当数あるだろうことが見込まれるからだ。あるいはもっとあったかもしれない。現実のほうも2000行ったのだから、そのくらいはアトラスでも余裕で行くだろう。
いずれにせよベルトらは統廃合を行い、500程度までスリム化した。統廃合の目的のひとつは字数を減らして学習効率を高めることだ。しかし減らしすぎると運用効率が悪くなる。
セレンが思うに表意文字は500〜1000程度で学習と運用のバランスが取れるのではないか。なら数をいったん500にして学習効率を最大限範囲内で高めた上で、接字を使ってそれを1000程度に増やせば運用効率もキープできる――と考えたわけだ。
これは総合的に合理的な手法で、賢いベルトのことだから幼字を保存するという条件を満たしつつ学習と運用を取ってこの道を選んだことだろう。


・幼字の失墜

7944にメテ幼字が制定されたのも束の間、メテがソーンに暗殺され、さらに後釜についたアルシェまでソーンに敗れるや一転、メテを象徴するメテ幼字の権威は失墜した。
ソーンはアルハノンの文化圏出身者であったため、メテ幼字を廃してアルハノンを支配地の効用文字に制定(8009)。レスティルに初めて表音文字が公的に入った。
ソーンが暗殺されアルバが王位につくと、アルバはアルハノンを公用文字から除外。ところが彼自身アルハノンが公用文字だったころの生き証人で、表音文字の便利さを肌で知っている世代だった。
それまではルビとして響字を使うのみだったレスティル(この時点でアルバザード)だったが、ここで表意の幼字に戻すより表音を使ったほうが便利でかつ国民の適応も早いのではないかと考えた。そこでアルバは幼字を廃し、響字だけで記すよう定めた(imul 5)

一方ルティアはすでにこのとき伝統を重んじる国になっていたため、7969に採用していたメテ幼字しか使わず、表意が使われ続けた。
メテとともに幼字を制定した神もむろん同様である(7946)
幼字はその後もデザイン、看板、記号、時計、カレンダー、数学記号や物理の定数といった科学などにおいて使われ続け、現在でも生き残っている。

・響字の普及

sm前期になるとアルティアがルティアに侵攻。一時ルティアは支配される。その後首都を奪還するも西部は長きにわたって取り戻せずにいた。
この征服時代に節字が入り、アルティア人に牛耳られた王宮は節字を公用文字にしようとしたが、音節構造がアルティア語と違いすぎ表記があまりに不便なため見送られた。
結果節字はルティアではオノマトペの表記などに用いられることになる。
アルティア人は節字を作ってから幼字を使っていなかったため、ルティア人の使う444もある文字を受け入れることはなかった。この時点ではアルティア人が支配者であるため、当然彼らは自分たちにルティア人を合わせようとした。かといって節字はルティア語に合わず、ルティア人にアルティア語をあまねく喋らせるのも現実的でない。
そこで同じ表音文字の響字を取り入れ、折り合いをつけた。これならアルティア語もルティア語も同じ文字で記せて行政上便利である。結果ルティア語でも響字を採用することとなった。
ルティアの役人はアルティア人とルティア人で構成されるため、彼らはともに響字で記した。節字でルティア語を書くのはきつく、かといって幼字を使う気にもならないため、これが支配者にとっても最も合理的な選択であった。なおアルティア本国ではむろん節字が使われ続けた。

sm中期になると神も響字の利便性から徐々に幼字の使用を減らしていった。背景には発達するアルバザードの魔法学が作る新語をいちいち幼字に訳すのが煩雑という思いがあり、まずrfにとっての外来語が響字のまま入り、そのうちほかの語も響字で書かれるようになっていった。
また、ベルトやルノらもこの動きに合わせた。

・響字の崩壊

響字は大国間で通用する共通の文字としては便利だが、幼字が元になっているのでしばしば画数が多いか一画が長い。作った時はベルトが取りまとめて世界共通の文字をという流れだったが、会談が終わってしまえば各民族がそれぞれの土地で響字を使い続けるわけだから、当然好き勝手に各国ごとに崩れていくことになる。例えば日本人が漢字からひらがなを作ったように、変化しないほうが世界的には合理的でも、その土地で生きている人間からすれば自分が便利なほうが良いから当然変えるわけである。

もし異国が別の崩し文字を使っていてもそちらに合わせるかといえば、よほど力の差がないかぎり合わせるわけがない。むろんそれぞれの国が好き勝手に崩すと共通性が損なわれるということは皆も感じている。かといって、では自分が相手に合わせるかといえば、そんなお人好しはいない。皆周りの国がこちらに合わせればいいと考える。
例えばひらがなとハングルがあると分かりにくいからひとつの表音文字にしようねと誰かが言い出したとして、それ自体は日韓は確かに便利だとは感じるかもしれない。だが日本人は当然ハングルに合わせる気などないし、韓国もまた譲る気がないだろう。それと同じことである。

・竜字

そこでsm後期でアルバザードで起こった文字が竜字である。これは響字の下位概念とも子ともいえる存在で、響字を崩したものである。アルバザード語にある音韻しか文字を持たないのが特徴である。

竜字は29で、詳しくはlimを。

・理字

同じくsmでliize姫が取りまとめたものが理字である。宮廷ではひとつの文字に対し複数の崩しデザインが存在しており、リーゼ姫はそれらをまとめて文字セットを作った。こちらもやはりルティア語にある音韻のみを文字として持つ。
以下では響字というとアルバザードでは竜字、ルティアでは理字を指す。

理字は30で、詳しくはlimを。

・ペンと筆

竜字と理字ができたころ、アルバザードはペン文化でルティアは筆文化であった。
ペンと筆は持ち方から線の質まで異なる。ボールペンはインクが切れないので気付きにくいが、インクとペンで書くと、ペンは画数の多い字が書きにくいことに気付く。それどころか複数の文字をひとつにつないでサラサラと書いたほうが書きやすい。
対して筆はペンよりスッスッと書くのが容易で、画数が多くても比較的書きやすい。線に太さも付けやすい。
この違いは竜字と理字の崩しのデザインの差に影響を与えた。

竜字も理字も響字から崩れたものだが、各国の国民が勝手に崩れさせていった結果崩しのパターンがいくつもできてしまったため国がまとめたという事情があるので、制定された崩し方は国ごとに異なることになる。作る側としては誠に面倒だが。

・デザインと国民性

竜字はペンで書きやすいようもともと筆記体風な崩しになっている。元の響字のデザインを根本から変えて、自分たちに書きやすいよう変えている。自分たちの合理性に合わせて周りを変えようとするアルバザード人の強い国民性が出ている。

一方理字は元の響字の字形から一部を切り取るというタイプの省略をしている。保守的で大人しい彼らは元のデザインに手を加える気がない。かといって字形が長すぎるので省略もしたい。そこで一部を切り取るという手法に到った。仮名でいうとカタカナに相当する。

・神々の響字

なお神々は世代交代をしないため、慣れた響字に固執した。彼らにとっては画数云々よりも慣れのほうが重要であった。それはそうだろう。画数の多いのが嫌なら最初の響字の時点で崩している。あくまで幼字の黄金期を生きた寿命の長い生物の価値観だ。

・幻字→lim

smでアルバザードやルティアから神々に至るまで公用文字として広く採用された響字。しかしその音価は時代とともに変わる。これが表音文字の欠点である。
例えば英語でも発音上は大母音推移が起こっても文字は据え置きだし、同じsでもsadではサ行音だが独Steinではシャ行音である。sm_rdは現代の時間換算でも800年あるため、この間に言語ごとに地球の言葉と同じく文字と音のずれが起きている。
rdでアルシェが新しい使徒を迎えると、まず相手が同じ文字を使えるかという心配があり、同じ竜字が使えてもはたして読みが同じかという心配が常に付きまとった。さらに場合によっては文字が崩れてデザインが変わっているケースすらあり、混沌としていた。

アトラスではアポステリオリ人工言語である古アルカがピジン的に作られていく過程でアルシェは『制定語彙』などを作成。ほかにセレンは『赤アンクノット』などを作成。制定語彙は響字で書かれたが、赤アンクノットはセレンの趣向で節字で書かれた。当時セレンが私的に節字を使用していたことと、赤アンクノットがフルミネアが企画してセレンが作った私物だったことにより、個人の趣向が通っていた。

1601にセレンが制アルカを作成しだす。このときアルカ用に幻字を作り、乱立していた音をまとめた。それまでは各言語で使われる多様な音を使っており、非常に多くの響字を用いていた。しかも文字の読みも言語によってまちまちだったため、幻字で統一したわけである。
制定語彙ほかはリーザが保護の目的でルティア王宮の金庫に保管していたため、おいそれとは閲覧できないようになっていた。ただし赤アンクノットは私物なため、管理をまぬがれた。このためセレンは制アルカと新生アルカの制作途中で赤アンクノットを参照するしかないことがたびたびあった。
しかし赤アンクノットは節字で、節字は響字ほど音が正確ではない。そのため制・新生は響字からすればあやまった音で作られた単語がある。使徒は制定語彙の暗記が必須だったが、すべて忘れないというのは現実的に不可能なため、このようなことが起きた。

・IPA(feeteda)

rdではセレンが1609に響字に代わる包括的な表音文字(IPAに相当)を考案した→lim

・幻字の普及

幻字はアルカの普及とともに広まった。文字と言語なら文字のほうが先に普及する。日本でもハングルをよく見かけるが、韓国語ができる人はまだ少ない。例えばセレンもハングルは読めるが韓国語は喋れない。それと同じで、幻字もアルカより早く広まった。
rdで幻字は多くの国に認知されていた。ただ公用文字にはなっていない。rdではアルバザードでのみ公用文字とされた。alではルティア等多くの国が公用文字のひとつとしている。

ルティアではrdに幻字が入り、alで公用文字のひとつとなった。rdでリディアらが幻字でルティア語を記す方法を考案したが、理字のほうがルティア語の表記には適していたため、普及しなかった。ところがひとつ、電算の世界では普及した。というのも1バイトの文字コードは幻字でいっぱいいっぱいだからここに理字が入るはずもなく、幻字しか入らなかったためである。
ITはアルバザードから興って世界中に広まっていったため、中国でも英字のキーボードを使うのと同じように、ルティアでもメティオでも幻字のキーボードを使う。結果、幻字は電算で最初に普及した。

alの革命後も理字は生き続けている。しかしvlと違って民間人でもほぼ確実に幻字への置換ができる。特に革命後に生まれた若い世代では幻字がデフォルトというほうが多い。だがここまで来るのに300年以上の時間がかかっているのが流石ルティアというところか。
現ルティア語は幻字で示すとアルカと音価がかなり異なる。lumiineはアルカではルミーネと読むが、ルティア語ではリュミーヌと読む。evanjelinはエヴァンジェリンではなく、ゥヴォンジュリャンのように読む。長い時間を経て地球の言語と同じように音と文字が乖離している。
文字と音は常にイタチごっこで、正書法を定めても定めてもすぐに乖離してしまうものである。人工言語を作る立場からしてみれば言語の変化は面倒くさく鼻もちならない問題児だが、嫌々でもリアリティのために変化させざるをえない。神話の時代ならまだしも、魔法が失われた時代なら地球に存在する言語程度には変化しなければ手抜きである。アラビア語のような変化の少ない言語にすれば楽だが、あれはイスラム教という強い宗教があってのもので、そう簡単に日本語などで行えることではない。まして英語のような国際語という地位があればまして現実的でない。

hack
/ [動詞]yulをなぞる、なぞる
[レベル]2
13:制:hacmatikl(字をまねるから)

hacka
/ [感動詞]お誕生日おめでとう
[レベル]2
古:ridia:オヴィの造語diakaとmelkaに似せてリディアがhacmakaiから造ったもの。誰にでも使うことができる。

hacm
/ [名詞]幻字
[シェルト]駒、コマ。駒の総称
[類義語]hac、harma
[レベル]2
14:制:古:hacma(使徒、幻字)
[文化]
→hac、tina、atom

<概要>

アトラスではアルカで使う主に25の表音文字のこと。
地球では古アルカが使用していた表意文字と、制・新アルカが使用する表音文字のこと。
「幻字」という訳は、古アルカでhacmaという単語が「文字」を意味し、その字形が「幻」に似ているところから来ている。

<現実での幻字の歴史>

12年夏にセレンが制のために作る。当時アルカが最も簡単な人工言語を目指していたため、極力字形を単純にした。「zは直線だがjは曲線」というように、右手首に書きやすい字形にした。すなわち単純かつ労力の少ない字として開発された。デザイン性は重視されなかった。
その後約10年でアルカは過合理を排他して文法等を変えたが、慣れがあるので字だけは変わらなかった。

20末ごろにリディアがルシアに幻字を書かせ始める。
21夏にきちんと幻字を学ばせようとする。このときルシアはおよそ三才半。
幻字を灰色で刷ってなぞらせるという勉強法をリディアは考えた。フォントを選ぼうとし、やはりtaphacだろうと考えた。
ところが子供の一生がこれで決まると思った彼女は本当にこれでいいのかと考え、子有りの女子に相談。
すぐに同じような悩みを抱えるだろうと自覚していたミルフらがこれに呼応し、本当にtaphacでいいのか考察した。
大部分の文字がxハイトに収まっておらず、視線が上下動して可読性とデザインが悪いという欠点をミルフが指摘。これは数年前の筆記体のときも挙がった問題点。
自分たちはともかく子供はと考えた女子らが標準書体があればいいのにと考え、リディアとミルフがセレンに相談。
このときセレンはメルからの紫苑改訂、エンナ・クミールからの代詞改訂でてんやわんや。そこで彼女らに丸投げし、自分で字案を作ってから言えと棄却。
彼女らが男子に相談を持ちかけたため、話が大きくなった。
その後子供のためなら変更もやむをえまいとしてセレンも加わった。

字案作成に多くの人がアイディアを出し、1271までに保守案と革新案が作られた。
まず保守案ができた。xハイトに合わせてaが傾き、アセンダからディセンダまで貫く不恰好なpとbの余分な下降線が省略された。
その後「丸形が多い中、斜線のみで構成された文字があると書体に統一感がない」といった指摘からn列が修正。
「dとgは保守案だとwに近すぎる」ということでこれも修正。

保守案:http://cid-dd6eff55a81cbf67.photos.live.com/self.aspx/arka/hacm1271%5E_1.png
革新案:http://cid-dd6eff55a81cbf67.photos.live.com/self.aspx/arka/hacm1271%5E_2.png

線種の統一感やデザインの美しさから革新案が多数決で優勢となった。
このままでは既存のフォントが無駄になってしまう。
そこで既存の書体はanjuren(夕月書体)とし、革新案をarnant(幻京書体)とした。


夕月では避けていた混同しやすい字形を幻京は取り入れている。
10年前は果たして自作の表音文字なんかできちんと意思疎通ができるのだろうかという不安があったため、確実に弁別できることを重視した。
10年経てば慣れたもので、別にaとlが似ていても長さや前後関係で区別できると大半の人が思うようになった。
実際地球でもnとh、「や」と「ゃ」、「1」と「l」なども特に問題なく区別している。

夕月に鏡文字が多かったのは、反転して言葉遊びができるようにとの配慮。
しかしもうそれに拘泥する必要もないので、幻京ではd,gなどの対称性を崩した。

幻京は丸と直線で主に構成される。斜線はほとんどない。
線種に統一感があり、かつ弁別できる範囲である。
アセンダに届く文字は8種。ディセンダは4種。丸い文字は6種で、うち子音が2種。

数字も一部角度を変えた。丸みと角張りを変更したものもある。

合わせて約物も変更した。
f,mが変わったので大なり小なりは><でよくなった。こうすることでフランス語のギュメのようにも使える。
aが変わったのでハイフンが使えるようになった。ハイフンはビンに入った液体の減少量を記した線とし、マイナスの意味も持たせた。
ビンに水を追加したらマイナスの刻みを修正する必要があるので、もうひと刻みつけて+にした。これが増加量を示すのでプラスとなる。
アスタリスクは存在しないが、バツ印がほしいこともあり、+を傾かせた×を掛け算にした。
スラはoとして使うのを止め、割り算や分数を示す文字とした。文中に突然記号が現れるのは美しくないと考える者が多かった。

丸印がないので+を「良い」とか「正解」の意味で用いる。スラは中間とする。
+=○
/=△
×=×

●フォント

当初フォントはミルフに任せることにしたが、その代わりwebでの公開と配布は許可しないとリディアに釘を刺され、それでは意味がないとして結局セレンが作ることとなった。

標準書体は幻字の本来の形を伝える最もプレーンなものでなければならない。これをもとに様々な書体が生まれる。
最もプレーンなので、サンセリフが採用された。サンセリフのうち最も基本的なもの、標準フォントをtinaという。ミルフの命名で、ルシアを意味する。
tinaは外国人や幼児への文字見本として使われる。見出し向きである。

一方セリフも作ることとなった。アトラスではsmまでに幻字以外の文字による様々なセリフが既にできていたので、自由に選べる。
オールド、モダン、トランジショナル、スラブなど色々あるが、どれがよいかということになった。
まず作るべきはセリフの中で最もプレーンなもの、すなわち標準となるセリフである。
プレーンなtinaがサンセリフであるから、これに一番近いセリフが「最もプレーンなセリフ」ということになる。
スラブは縦線と横線の幅が同一かほぼ同一で、セリフの幅も同様である。それゆえ物によっては「セリフの付いたサンセリフ」と呼ばれることもある。
従ってプレーンなセリフとしてはスラブがふさわしい。幻字ではスラブが「オールド」になるわけである。
このフォントはミルフの命名でlantiaという。意味はtinaと同様である。
lantiaは主に外国人や幼児向け書籍の本文に使われる。


tinaのフォント面の設計はセレンが行った。
これまでの手書きをスキャンするという方法を止め、数値的に設計していく方法を取った。幅や高さは2の乗数ないし12の倍数をメインに組んでいく。
ミーンラインなどを意識して作るのは初めてであった。設計図の一部を公開する。ただし作業中に画面を見ながら綺麗な形に整えているため、出来上がりはこの紙の数値通りでない。

http://cid-dd6eff55a81cbf67.photos.live.com/self.aspx/arka/hacm1271%5E_3.png

●比較

夕月と幻京を比較。
http://cid-dd6eff55a81cbf67.photos.live.com/self.aspx/arka/hacm1271%5E_4.png

夕月はXハイトに収まらず上下にパラついているのが分かる。
また夕月は手書きのしやすさを重視しているため、rは斜体だがhは立体といった違いがあり、スタイルに統一感がない。
斜体がかることで文字幅も取る。
しかし手首にとって書きやすい字形であることは長所である。

幻京は上記の欠点が補われている代わりにf,mなどがやや冗長である。a,lの可読性も夕月が勝る。

●制作方法の要点

・四角円ツールは画面クリックすると大きさを指定するダイアログが出る。任意の大きさのものを作れる。全部作り終わってから修正の段階で気付いた。

・表示で制御点番号を出す。赤点青点も表示。文字は黒塗り推奨。円を作ったときにドーナツにならないという巻き方向修正のしわすれを防ぐため。

・正円を描くには→円ツール。+SHIFTで正円。位置を決めるのが難しい。画面右下に座標が出る。画面を100%程度に拡大し、上端と下端の座標を画面右下で確認すれば、上端−下端の半径の正円が得られる。完全に座標通りにはならないので、赤点と青点を選んで細かく数pxずらす。外周はこれで終わり。
内周は外周をコピーする。円の太さが80だとすると、約65%(Qの場合の概算値)に縮小すれば太さ80になるような内周ができる。数pxずれるので点を選択して修正。
このままだと多分中身が黒塗り。画面左上の炭で塗るモードにすれば分かる。編集の巻方向修正でドーナツになる。
実はまだこの両円は繋がってない。任意の点をダブルクリックすると片方の円しか選択されない。だからこれらをつないで一個の円にするときはまず接着剤を使う。その後切るにはカッターを使う。oをcにするときに二箇所切るが、一箇所目を切るときにカッターが通じず接着剤を使うのはこのため。つまり最初はまだドーナツと認識されてない。ふたつの円があるだけで別別のものと思われてるからカッターで切れない。正円のまま使う場合は接着剤でくっつけておく必要はない。巻きだけ修正しておく。

・斜線の太さを保つには→斜線を斜めにすると角の辺も斜めになる。Xなどは角を水平にする必要がある。水平にして幅を80にすると、線幅はなぜかそれより狭くなり、字が細くなる。そこで長めに長方形を幅80で作り、斜めにして設置。カッターで水平に切ればいい。

・OをCにするには→切る部分2箇所をA,Bとし→接着剤ボタン。+SHIFTで45°にA部を切る→ナイフボタン。同様に45°でB部を切る→完成。なぜかナイフだけではできない。最初接着剤を使う必要がある。ここからoを作る。

・tを作るには→Cを作る要領でwを小さく切断してパーツを作る。選択して十字キーで動かしてlに重ねる。lとパーツの交点に赤点を入れる。入れるのはl側のパス。lの不要な部分の赤を下に動かしてパーツ内どこでもいいから置く→編集オーバーラップ削除。ここからkなどを作る。反転するだけではダメ。ベアリングを計算する。

・eを作るには→wを適当に切ってCにする。長方形で幅80のを作る。Cの左中央の赤点の高さが長方形の真ん中の高さになるように合わせる。長方形の右端はCの右端と重なる→オーバーラップ削除→これでは足が左寄りで短い。eの左端中央=横線と縦線の交点の部分をXとする。Xを真一文字にナイフか接着剤(このときはナイフ)で切る。足をダブルクリックして選択→+CTRLで横に拡大。線幅が維持される→eの右端よりやや内側に合わせる。ここからuを作る。

・その他
n→lを2本。wを切る
p→i/l
m→wを横に+CTRLで二倍に広げる。縦に両断する。lを入れて柱にする。lの高さを調節する。
f→i/x。xを+CTRLで横に細くするのがポイント。線の太さは変わらずフックの角度が急になる。
d→wを切る。長方形2つ作って融合。
z→長方形を繋ぐ。これは簡単。
j→大変だった。wふたつ。二箇所切る。コピー。ひとつ左右上下反転。動かして融合。S字になる。汚れた箇所を修正。全体の高さと線の太さ調節。
g→wを配置。頭はオーバーシュートで568。lを加える。wを切断。切断面の高さをミーンの544に合わせると綺麗。しかし切断面45°で544になるところを切ると、縦棒との間の隙間が狭すぎる。そこでもっと左下の部分を切断する。こうなると切断面上部が544来ず、汚い。そこで一旦左翼と縦棒の交点のところをナイフでカットし、左翼だけ取り出す。選択して+ctrlで太さ維持したまま断面上部が544になるまで上に拡大。その後オーバーラップ削除して繋げ直す。
3→半円と棒。文字の半分の高さになるよう円を潰す。この円のエレメントは半分にする前に適当なところに取っておく。あとから別の文字に使う。oのようにそのままのがあるわけではないので、取っておかないとまた作ることになる。
4→tを回転させて組み合わせる。案外簡単に組めた。
5→角度調節と交点の位置決めがわりと難航。縦横の交点が中央に来ないのでやりづらい。
8→棒3本。はみ出さないように合成するのは難しい。合成してから余計な赤だけ消せば綺麗に消える。元の頂点は合成後も残っているのでそこだけ残せば最終的にわずか6点まで減らせる。
9→3,6の丸を活用。
q→jの中心部を縦にカットし、上下に分断。上のパーツを洗濯して左右反転。
!→l/wカット
?→wを2つ潰して融合してからカット。その後Qから作り直し。
(→wでなくl。lの中央に赤点。左にずらしてくの字に。青点を8箇所入れて丸みを。低さはディセンダより少し上まで。

N:−22.5°。設定できないので−23°。直角の1/4の傾き。その後幅が合わないので変更。
H:−30°。
Q,B:Qの丸を取っておく。それをBに使う。そのままでは使えないので計算して拡大率(96%)を出す。外周と内周両方選択しないと片方だけ太る。
B:上の方法で微妙だったのでアプローチを変える。l立てる。Fの横棒の長さの横棒2本上下に。Qの丸を96%にして2つ。横棒2本と縦棒、及び丸2つを別々の場所でオーバーラップ削除で合成。8の字を横125%にし、逆コと重ねる。オーバーラップしていびつになる。余分な点を消してカクカクにしてBの形に。意外と大変だった。
I,O:オーバーシュートするとでかく見えるのでやめる。
A:斜めは23°。横棒は471。だがこれだと広すぎたので狭めた。
J:○ふたつでSを作ってそれをふたつ重ねる。
S,D:lとwからステッキ。それを複製。横棒追加。DはSから。Sを潰し、縦棒。Sの横棒を接着剤とカッターで切った後、邪魔な赤点を削除。
Y,P:丸と棒を組む。Yが微妙。
G:丸、棒3つ。丸の大きさはわりと感覚のほうがアテになる。開始位置は下から1/3。
F:棒とv2つ。vを+CTRL,+SHIFTで潰す。拡大縮小も利用。線幅の修正が必要。
R:(をリサイズして棒と合成。)(間の距離は二幅分で160にした。
X:jを伸ばして組み合わせる方法は失敗した。縦棒置き、wをコピーして切ってフックを作って棒の上側に置く。下側にも同様にコピって置いて、融合。いわない点を整理。インテグラルを作る。コピーして90°回転。いきすぎなので角度調整しながら寝たインテグラルの底が床に付く位置に。横棒を加えてオーーバーラップ削除。インテグラルを噛みあわせた丸の部分がいびつになるので修正。横にでかすぎるので+CTRLで潰して完成。

・数値
アセンダ 852
キャップオーバーシュート 844
キャップ 820
ミーンオーバーシュート 568
ミーン 544
キャップ2/3 547
キャップハーフオーバーシュート 416
キャップハーフ 410
キャップ1/3 1/3 273
ベースオーバーシュート -12
実ディセンダ -284
ディセンダ -300

●制作順序

w,l,t,k,x,s,i,o,e,u,n,v,h,y,c,r,a,p,b,f,m,d,z,j,gの順に制作した。ここまでは作業開始日の1271内に終了した。
作業後の所感としては、エレメントが減ったからかあるいは慣れたからか、taphacに比べてフォントが作り易くなったように感じた。
続いて1,9,2,0,3,6,4,5,8,7,q,!,?,その他約物の順に制作した。

その後大文字を作成することになった。大文字が増えた分、幻京のほうがフォントを作りやすくなったという夢は儚く消えた。
N,V,H,L,T,E,U,K,Q,W,B,I,O,A,J,Z,C,S,D,Y,P,G,F,R,Xの順で制作した。

●認定まで

リディアらが発端となり、女子から男子へ通ったため、アルシェは早い段階で通過。
ソーンは子がないので子供のためという理由では通過しづらいと思われたが、難聴者のいないアルシェを押して代詞改定を受け入れさせた件が同時期にあったため、魚心あれば水心的にすんなり通過。
同時に問題が起こったせいでセレンは大変だったが、意見がまとまったという点では珍しくありがたかった。
リーザがどう出るか不安だったが、帰国後1272に特に問題なく承認。むしろ溜りに溜まった異体字問題が片付いたことを歓迎していたように思える。

<幻字の発展>

http://leviantarka.web.fc2.com/hacm.html
【用例】
hacm sakean{foil} 幻字の若い方、幻字の早い方。tとkならtのこと。
hacm xikean{xeil} 幻字の遅い方

hacma
/ [名詞]使徒、ハルマ、月、ムーン
[名詞]委員、大幹部、幹部
[名詞]大学院修士課程
[シェルト]チェック、ハルマチェック
[名詞]だんな様、旦那様、ご主人様(dyussouとも)。元はミルフがザナを呼ぶときのnon keno hacmaから。使徒という意味でなく「勇者様」のこと。転じてメイドなどが主人を呼ぶときの呼称となった。
[レベル]2
初:liiza:元々両団体の中枢となる構成員を指す言葉で、リーザ以前から存在していた語。初代からあったと思われる語で、その意味はもはや不明。リーザがその語を古アルカの音韻論に合わせて借入したので、リーザの造語とする。
[反意語]rsiila
[文化]
アルシェ・ソーンを構成する者。どちらの団体も13人を固定とする。アルシェ・ソーンの運営をルシーラの下で行なう。抗争や事故によって死亡しても代は変遷しない。ルシーラに途中で格上げされることはない。任期はない。変遷か死亡まで貫く。ルシーラの命令に逆らう権限はない。
【成句】
kil soven hacma 刎頚の交わり。アシェットの使徒が互いに刃物を押し当てても信用できる間柄だったことから。

hacmregalkant
/ [音楽]幻字の歌、幻字の覚え歌
[レベル]2
22
[文化]
制アルカ時代に作られた幻字の子音の覚え歌。22年に作り直された。

hacn
/ [名詞]友達、友人、ダチ
[類義語]semaim、bac、eriol、nakama
[レベル]2
古:hacn。hacmaからだろう。
Luula:Luula::halan,alt
[語法]
altisは「旧友」かつ「親友」。diaserはaltisのうち、恋仲にあるもの。腐れ縁はbaldis。
hacnaは何か行動を共にするのに適した相手のことで、行動とはビジネスでもテロでも何でも当てはまる。通常二人一組になり、訳語は相棒がふさわしい。
hacnは友人のこと。semaimはそのうち女同士を指す。
【用例】
lein sit hacn{semaim} le la axo ok. レインには一緒に遊ぶ友達がいなかった。
taf hacn 友達を作る
tifl hacn 友達を失くす、失う。孤立するという意味は含意しない。ふつう一人の友だちを失うことを意味する。
vins hacn 友達を捨てる、絶交する
hacn ant tan rukases nei il rafel ento an tilat nal. 友達も宿題を全部は終わらせていなかったので安心した。

hacsas
/ [言語]書き順
[レベル]2
22
[文化]
arnant

hadhacma
/ [丁寧][感動詞]はじめまして、初めまして
[類義語]dacma
[アクセント]hadhAcma
[レベル]2
20:dacma参照
[語法]
これ自体がdacmaの丁寧形なのでandacmaとはいわない。

hah
/ [感動詞]はぁはぁ
[動詞]yulをはぁはぁ言わせる、息切れさせる、息切れする
[再帰動名詞]息切れ、はぁはぁ、ハァハァ、動悸、あえぎ、喘ぎ
[類義語]bant
[レベル]2


hain
/ [サール]ハイン
[動詞]yul(約束や計画など)を守る、守る
[反意語]veig
[レベル]2
meltia 5:hain;e
ridia:古
[文化]
約束、虚偽、嘘、真実を司る。fenzelが無性生殖で鏡から作り出した息子。

hais
/ [動物]マグロ、鮪、ツナ
[レベル]2
lakta
[文化]
非常に好まれよく食べられる魚。数が少なくなって困っている。

haiz
/ [非言語]ハイズの動作をする
[レベル]2

[語法]
手を胸から腰までの高さに持っていく。肘は自然と曲がる。手は開いた状態で、掌を45度に傾けておく。この状態から、手を開く。「開く」というのは、45度の掌を完全に上向きにするという意味。つまり、掌が完全に空を向く。この動作をすると自然と手が体の軸側から外側へ5〜10センチほど移動する。
この動作がハイズである。言語としてはdinaに最も近い。相手を否定するわけではないが、肯定もできないという意味を表わす。相手がこちらに「賛成して当然」と思っているときはhaizに対して当然不快感を示す。逆にこちらが我慢しているときは、相手はhaizを「しぶしぶ了解」の意味で取る。
依頼に関係ない場面では、単にhaizは分からないという意味を指す。また、少し驚いて戸惑ってリアクションをどう返したらいいか分からないということも示す。この場合、しばしば目をそらす。
【用例】
lu haizik ok sena kal. くすりとしながら彼女は腕を広げた。

hak
/ [名詞]賞賛、称賛、賛辞
[動詞]yulを褒める、褒める、誉める
[反意語]kuver
[レベル]2
13:制:古:hyuku(誉める)。高い口が原義。
hyuku:hyuku
[文化]
十徳では慈・信・礼。
フランスの職場では部下をあまり褒めず、アメリカでは褒める。日本は前者に当たる。アルバザードはアメリカ式で、よく褒める。そして貶さない。3つ褒めて1つ欠点を指摘するというやり方である。ポジティブであることを良しとするため、アルバザード人は他人の良いところを見る傾向がある。
また、褒めるときは2個客観1個主観といわれている。そして貶すときは必ず客観で、主観は絶対に入れてはならないとされている。
<褒める相手>
謙遜の精神が強いため、身内をベタ褒めすることはない。友人も仲良くなるほど褒めない。ただ、あくまで他人に身内を紹介するときに身内を褒めすぎないだけで、他人に紹介するシーンでなければ仲の良い間柄でもよく褒める。つまり、人前で妻を褒められても謙遜し、自分でも自慢しないが、妻と話しているときは「かわいいね」と褒める。
なお、日本人ほどは謙遜しない。
【用例】
"ti sokta van to ol hacn tiil sins leis le nos ladat?"
"hak vaik rat kont fit aren on vaik yam lana kea tu tisee"
"son, ol ole et lestir?"
"hak vaik rat kont hak vaik rat"
「もし友人に絵を見せられたら、どう感想をつける?」
「良い部分を褒め、悪い部分は良くなるようアドバイスをするさ」
「じゃあ相手が女の子だったら?」
「良い部分を褒め、良い部分を褒める」
(rens 735)

haka
/ [名詞]消しゴム
[レベル]2
15:制:文字のゴムhachop
[語法]
消しカスはtisi。

halin
/ [動詞]yulを見上げる、見上げる
[レベル]2
22
【用例】
lu reiyu kant halinor xelt ka zok t'anxe ikl. 成長した自分はどこかの家の屋上で、綺麗な月を見上げていた。

halins
/ [動詞]yulをふっと見上げる、見上げる
[レベル]2
19:melidia axte

halis
/ [名詞]im、時点、とき、時
lt
[レベル]2
21

halk
/ [名詞]ハンガー
[動詞]yulをハンガーでa(壁など)に掛ける、掛ける、かける
[レベル]2
13:制:halpから
【用例】
an en halkat les nos alsabat. 脱いだ服をハンガーにかけなかった。

halka
/ [代詞][女性]貴方。女性敬体。
[レベル]2
21:kmiir:halka,fv

halkan
/ [代詞][女性]貴方の。女性敬体。
[レベル]2
21:kmiir:halka/en

hals
/ [名詞]手提げ鞄、手提げ袋、鞄、カバン
[レベル]2
13:制:halpmesk

halsank
/ [動詞]yulを仰向けにする、仰向けにする
[普通動名詞]仰向け
[反意語]molsank
[レベル]2
19:sonohinoki
【用例】
☆tu de sennag xalt an xel an mok mesa halsank. 仰向けになって寝るのは寝心地が悪い。

ham
/ [動詞]yulをぶんぶんと振り回す、振り回す、振りまわす、ふり回す
[メタファー][動詞]yulをほざく、ほざく、口走る、口ばしる、くちばしる、さえずる、囀る
[類義語]piyo
[レベル]2

[語法]
piyoは見下しや小ばかにした感じで、hamは苛立っている感じがある。「ガキがほざいてろw」がpiyoで、「はぁ?ふざけんな、何ほざいてやがる!」がhamのイメージ。
【用例】
wei, aca baz hamik to a! おいてめぇ、なにほざいてやがる!

ham(2)
/ [文末純詞]無関心の純詞。無感動、冷淡を示す
[レベル]2
18:ridia:どうでもいいという雰囲気を出すために「はんっ」と最後に吐き捨てていたことから。品詞をあてがうなら文末の感動詞に相当する。それを文末純詞としてリディアが定義し、単語として使えるようにhamにした。

hamas
/ [名詞]シート、帯、紙、広い平面状の物質
[レベル]2
rd;haan/mas
23:mel。14にメルが造語していたものを23に幻日に輸入。
[語法]
広い平面状の物質を指す。シートなど。場所性は通常伴わないが、ビニールシートみたいな場所性を伴うものに使うこともできる。

han(2)
/ [文末純詞]〜でしょう?、〜だろ、どうよ?
[レベル]2

[語法]
語調を整える語。文末に来る。あまり丁寧ではない。女子はおどけた口調でしか用いない。

hana
/ [親族]孫娘
[レベル]2
17:恣意

hanessel
/ [ユマナ]火曜日
[レベル]2
19

hanoi
/ [名詞]塔
[動詞]yulを高く積む、積み上げる
[電算]タワー型パソコン
[経済][動詞]yulを積み立てる、積み立てる。hantを多義語にすると掛け算と混同するので避けた。
[シェルト]塔駒
[ユマナ]ドコモタワー:luxia
[レベル]2
赤:hanoi(塔)。最初期ではkanoi(kai/no/i)で、「大きな爪で天の幕を破ってその上を見やるような」という原義。kanoの部分は現在のkano(鷲)と同根である。塔を天を破る爪になぞらえたもの。その後、kがHに変わる。これは上海(ジョウカイ→シャンハイ)のように、自然言語でもよく起こる現象で、アルシェも一部の使徒が起こした。その後hanoiに変わったのはメルが原因。hをうまく言えなかった当時のメルは、haabeなどをaabeと発音していた。彼女の中で自分が間違えている自覚は知識としてはあったため、aabeではいけないと思い、haabeと発音しようとする。するとhaabeではなくたいていkaabeかHaabeという発音になる。結果、メルは語頭にkやHが付いている場合、正しい形はhなのではないかと思うようになった。こうなると本来kやHで始まる単語までも、本当はhで始まるのではないかと彼女の中で疑念が生じるようになる。多くは暗記により正しい語頭を覚えていたが、Hanoiに関しては間違えた。つまりHで始まっているので、そのHは自分の間違いによるものであって、本当はhで始まるのではないかと考えた。これがちょうどメルが訓練によってhを言えたり言えなかったりしたころの話で、Hanoiのことをhanoiと発音するようになった。hが言えたのを喜んだ周りの年長者たちが、hanoiという語形を受け入れ、この単語を練習台にメルにhの練習をさせた。そのことからhanoiが正式な語形と変わっていった。以降、制・新生を通して変化せず、現在に至る。
kanoi:Hanoi:Houst::kandzel,valmalea
[語法]
同じ「建て」でも、外貨建てなどの「建て」はevとなるので注意。
【成句】
hanoi e garv 粒々辛苦

hanoiest
/ [形容詞][ポジティブ]高名な、著名な
[類義語]esti
[レベル]2
20:塔の上に名前が掲げてあるような

hanoitak
/ [非言語]ハノイタック
[レベル]2
19:melidia axte
[語法]
両腕を広げる仕草。真横でなく斜め下。結果、正面から見たら腕が「ハ」の字になる。この形がアルカだと塔のように見えるため。主に男の動作で、感動や驚きを表現するときに使う。ユンクはしない。

hanoj
/ [生物]中指
[レベル]2
19:hanoiji(塔の指)
seeji:

hans
/ [動詞]yulを折りたたむ、折りたたむ、折り畳む、畳む、たたむ
[レベル]2
13:制:古:hanois(塔にする)
【用例】
hans salas a val シャツを四つ折りにする

hant
/ [名詞]積み重ね、累積
[数学][接続詞]かける、掛ける、×
[動詞]yulをaに積み重ねる、積み重ねる、積む、積み上げる、積み上がる
[数学]掛け算、乗法、乗算
[名詞]〜倍
[反意語]kend、fest
[レベル]2
13:制:古:hanoi
[語法]
folk, tif

hanten
/ [数学]積
[レベル]2
21:hant属格
[語法]
foken

hantzep
/ [数学]掛け算
[レベル]2
21

haon
/ [文頭純詞][rente]hao
[レベル]2
18

hap
/ [擬音]ハッ、はっ。気付いたりおびえたりしたときの息を呑む声。
[副詞]はっと、何かに気付いて
[レベル]2


haps
/ [動物]トカゲ、とかげ、蜥蜴、リザード
[レベル]2
lakta

hara
/ [医療]あざ、アザ、痣
[レベル]2
15:制:lexe:har
【用例】
til hara on nast 肘にあざができる

harkov
/ [名詞]ストーブ
[レベル]2
20:赤い箱
[文化]
rdでアシェットが発明した。
vlでは石油ストーブが普及したが、火事が起こるという問題があった。
【用例】
ar jarkov ストーブを点ける

harpnian
/ [名詞]昼休み
[レベル]2
19:melidia alis
[文化]
昼食を含めて二時間は必ず取る。学校でも会社でも同じである。法で定まっている。食後胃を休めた後、消化が大分すんでから二十分ほど眠る。したがって昼休みはまず始めの三十分で食事を取り、残り一時間ほど友達と歓談したりして、最後の二十分ほどを昼寝に使う。
【用例】
an milx harpnian et fil vein. 昼休みがもう少し長ければいいのに。

hars
/ [言語]綴り、スペル
[言語]古アルカの幻字の字形
[レベル]2
古:原型はhacmaso?
[語法]
制・新生アルカについては単語ごとのスペル。25しかない文字を覚えられないことはありえないので、単語単位でのスペリングの意味を指す。古アルカについては表意文字なので、単語でなくその幻字そのものの字形を指す。同じスペルでも、表意文字の場合は1文字の字形を指すということである。
【用例】
an fesat hars. スペルミスをした。

harva
/ [名詞]ハルヴァ。アルティスに属さない異教徒
[名詞]罰当たりな信者。とても信者とは思えないという意味で。
[レベル]2
古:ridia:havva(戦いになる)

has
/ [名詞]縦、垂直、鉛直
[シェルト]縦駒
[化学]族
[類義語]jint
[反意語]hix
[レベル]2
13:制:古:his(わき腹)。英語になくアルカにもなかったが、わき腹という語彙をセレンが横の意味で使い続けていつしかわき腹が横になった。
[語法]
hasは縦、垂直、鉛直、鉛直、すなわち上下方向のことで、地面と垂直に交わる方向である。ふだんは地面に垂直な方向のことだが、人が寝ていたり水中、空中にいればhalと同じく頭から足の方向がhasになる。また、物についていう場合、竪穴式住居のように動かないものなら天地の方向をhasという。本のように動かせるものの場合、細長いほうをhasという。棒なども同じ。
hixは横、水平、地平、縦と垂直に交わる方向のこと。ふだんは自分から見て左右の方向。日本語ではその物体を正面に捉えたときの左右の側面という意味があるが、hixにはない。横顔はhixではない。顔のhixとは右頬から左頬までの長さについて述べる方向を表わす。横顔という意味はない。箱についても同じ。箱を正面に捉えて、その右と左の面を意味するということはない。あくまで箱の正面の面の右端から左端までの方向を指す。hixは細長いものの幅を表わす。棒の縦に対する横である。横に棒を切るとは、断面が丸くなる切り方で、キュウリをサラダ用に切るときも横に切るという。ここが難しいところだが、hixは同時に水平方向も表わすわけだから、棒を縦に置けばhasだが、横に寝かせればhixといえる。この場合、hixはむしろ棒の幅でなく、棒の長さを指す。横笛などもhixだが、このhixはまさに笛の長さの方向を表わしている。なぜなら横笛の横は水平方向に寝かせた方向を意味するからである。
このように、事情によってはhixが物の水平方向の長さだったり物の幅だったりする。hasも同じく物の鉛直方向の長さだったり、物の単純な長さだったりする。混同しないように気をつけなければならない。

hasan
/ [文頭純詞][ネガティブ]どうせ、案の定、〜のくせに
[文頭純詞]どのみち、どの道、いずれにせよ
[類義語]len
[レベル]2
20:melidia xier:haas an
[語法]
主に皮肉気に使ったり消極的にどうせダメだというイメージで使う。
完了形と使うと「案の定」、未来形と使うと「どうせ」の意味になる。現在形は文脈によってどちらにもなり、過去形も同様。
【用例】
hasan esk luna van im fis tan. どうせ今日も雨だろう。

haset
/ [形容詞]聞き分けの良い、良い子な、いい子な、イイ子な、イイコな
[レベル]2
21:haas/te
【用例】
miva haset 聞き分けの良い娘

hasm
/ [形容詞]年上の、年長者、シニア
[反意語]hixn
[レベル]2
14:seren:klel:hasum(上の年)
halka:halka
【用例】
ミーファはセレンより4つ年上だ。 miifa et hasm du 4 tolis nod{on} seren.

hasrein
/ [名詞]縦線
[名詞]|記号
[レベル]2
20

hast
/ [動詞]yulをaに垂らす、垂らす、垂れる、ぶら下がる、ぶらさがる
[レベル]2
13:制:ha(舌)
【用例】
la hastes nia. 彼女は髪をおさげにしている。(あるいは伸ばしている)
la hastes nos a paflzon. 彼は鉄棒にぶら下がっている。

hat
/ [料理]皿
[レベル]2

【成句】
xal hat mexet lex lant 他人の皿も綺麗に保て:己の欲せざるところは人に施すことなかれ 。洗いものをするなら人の皿も綺麗に洗ってやれということ。どうせ自分が食うんじゃないんだしというのではなく。
【用例】
la solsat an olx hat. 彼女は私に皿洗いをさせた。

hat(2)
/ [感動詞]はっ、ふん
[文末純詞]軽蔑、軽視、見下し、無関心を装いながらもいらだつ、苛立ち、冷淡、怒りを示す
[レベル]2
18:ridia:hamと同根。こちらは日本語でいうと「ハッ!」という感じ。

hatia
/ [普通動名詞]恋、恋愛
[動詞]yulに恋をしている、yulが好き、恋する、恋愛する
[魔法]ハティア。利の中位白魔法。相手の脳にPEAなどの恋愛ホルモンを放出させ、術者に恋していると錯覚させる魔法。tiiaと違って白魔法。
[レベル]2
赤:愛になる
Hatia:Hatia:legnen:dialu,alt
[語法]
tiia, fiinelia
[文化]
hatiasel
革命中は恋愛と結婚はいずれも届けが必要。
【用例】
non hatia la. 私は彼に恋をしている。

hatiank
/ [形容詞]可愛い
[反意語]yuliank
[レベル]2
rd;hatia/ank
24:セレンが紫亞を可愛いと言った際、リディアが「わたしより可愛いの?」と拗ねたので、リディアのほうが可愛いよと言ったら今度は紫亞が拗ねたので、セレンは恋人に対する可愛いと子供に対する可愛いをそれぞれ造語して、リディアはhatiankの中で一番で、紫亞はyuliankの中で一番だとして事を収めた。
[語法]
異性として見ている相手に対する「可愛い」がhatiank。それ以外の子供や動物などに対する「可愛い」がyuliank。

hau
/ [動詞]yulをあくびさせる、あくびする、欠伸する
[普通動名詞]あくび
[レベル]2
古:ふあーぁというあくび声
【用例】
an haut mil omo. 眠くて欠伸した。

hav
/ [医療]傷
[レベル]2
19:hara/vix

hax
/ [形容詞]優れた、優秀な
[反意語]his
[レベル]2
13:制:古:hyuxa(高い存在)
hyuxa:hyuxa:'yuxa:hakulu,alt
【用例】
felan{nife} hax 優秀な学生{成績}

heisoo
/ [感動詞][alben][arden]soono
[レベル]2
19:ovi:hei, soonoの短縮

hek
/ [名詞]手紙、メール
[類義語]hekka
[レベル]2
13:制:古:heka(伝える、手紙、はがき)
heka:heka
[語法]
件名はolmaで内容はdosm。
【用例】
xant hek 手紙を送る、出す
an axtat lax em hek a fi. 誰かに手紙を書きたくなった。

hel
/ [動詞]yulを思い出す、思い出す、思いだす
[感動詞]あ、そうだ、そういえば、そう言えば。思い出したときにいう。
[感動詞]ほら。相手に言う場合は何かを思い出すのを促すときに使う。
[レベル]2
13:制:古:helo(頭に聞く)
【用例】
hel, la luna van an im fis xa. あ、あいつ今日来るんだったっけ。

helpai
/ [言語]ヘルパイ、字返し、繰り返し記号
[レベル]2
古:始めは波ダッシュの字形だったが、fを二つ重ねた形になり、後にf形になった。制アルカではこれだとややこしいので、ffの字を繋げて書いた新たな字形をセレンが作った。
[語法]
前の音を連続させる文字。

hemb
/ [料理]しょうゆ、醤油
[レベル]2
16:制:hemp/belk
[文化]
アルティア産の調味料で、ルティアを経由してrdでアルバザードに入った。アルバザードの軟水に合うため、現在では一般的な調味料としてうどんなどに用いられる。ただし刺身の習慣はない。

hemt
/ [料理]味噌、みそ、ミソ
[レベル]2
lakta:hemt。hempから来ている。
[文化]
ロロス原産の調味料。rdでルビィら忍者によってアルシェにもたらされた。醤油ほど一般的ではないが、アルバザードでも買える。

hemtlemi
/ [料理]味噌汁、みそしる、みそ汁
[レベル]2
sm;altの訳語
19:ridia:arbaxelt

hene
/ [動物]蛸、たこ、タコ、オクトパス
[レベル]2
古:henは8。eは水。
[文化]
アルティア人の影響を受けてアルバザード人もたまに食べる。

henji
/ [名詞]筆
[類義語]kaz、exl
[レベル]2
sm;Henji,szl
21
::lu Henji(棒状なので)
[文化]
→fin
少なくともzgではカルセール人が用いていた。アルティア、ルティアへ。smでアルバザードへ。現代ではアートなどに用いられる。アルバザードはペンが主流なので日常的には用いない。

hep
/ [感動詞]へっ?、えっ?
[レベル]2


het
/ [名詞]尻尾
[動詞]yulをする、する、スル、盗む、スリをする、ガメる:ネコが尻尾で物を盗むという言い伝えから(リディアによる古時代の発案)
[電算]端末
[言語][文字]テール
[類義語]flayu
rd;Ha, He
[レベル]2
14:制:古:ha
Ha, He:Ha, He:lu Hette(棒状)
[語法]
日本語の「する」と違って大きなものを盗むときにも使える。
【用例】
hetan xa frem atu in. スリがこの辺りにいるはずなんだが。

hete
/ [名詞]裏、ウラ
[名詞]見えない面
[名詞]真意、隠された真実
[動詞]yulを裏返す、裏返すめくる
[動詞]yul(嘘などを)あばく、あばく、暴く、ばらす、バラす、バレる、ばれる→fie
[格詞]〜の裏に
[反意語]yulo
[レベル]2
19:尻尾の顔(面)
【成句】
xalt hete 実際は、実質は、実質的には
【用例】
lus noan at hete mil teeze. スカートが風でめくれた。
"man fia sil sedo ol fie lam em hete. 「だって最初の嘘がばれてしまったら、世界は消えてしまうから。

hib
/ [植物]どんぐり、ドングリ、団栗
[レベル]2
古:hib。hibutsからか?

hies
/ [料理]ドレッシング
[レベル]2
15:制:hietから
【用例】
ev hies ドレッシングをかける

hiet
/ [料理]サラダ
[レベル]2
13:制:lakta:hie(塩水)

hii
/ [感動詞][rente]きゃあ、ひい、ひぃ、ひいっ
[類義語]hiik
[レベル]2
tm;fovet
20:melidia xier

hiik
/ [感動詞][rente]きゃあ、hii
[類義語]hii
[レベル]2
22

hik
/ [感動詞]女などの高い「ひっ」「ひい」という掠れた悲鳴
[レベル]2
19

hink
/ [名詞]汗
[動詞]yulに汗をかかせる、汗をかく
[レベル]2
14:制:『制定語彙』ではehi(しょっぱい水)。hieと同じ語源。
[文化]
制汗剤はあまり使わない。汗はハンカチで拭き、シャツが冷えて臭くならないようにする。日本では汗をハンカチで拭くのはおっさんくさいが、アルバザードではふつう。むしろ女子が服の隙間に差し入れて拭いているさまは色っぽい。ただし女子は人前で汗を拭くのが恥と思っているため、手や額など見えている部分しか外では拭かない。
【用例】
an hink sofel. 私は汗かきだ。
an hinkat fin an arat vav ati kal tis. ちょっと運動しただけで汗をかいた。
hink at sod onkel. 汗が流れ続けた。
an at eves mil hink merel. 汗でびっしょりになった。
an toat hink. 汗の臭いがした。
an at beeb mil hink toan. 体が汗臭かった。
☆an hink xepel. 私はほとんど汗をかかない。
an at hink merel man akt avan im toxel. 昨日悪夢を見たので寝汗をかいた。

hinkamn
/ [医療]あせも、汗疹、汗も
[レベル]2
14:制:汗の発疹

hino
/ [動詞]yulを耐える、耐える、たえる、我慢する、こらえる、堪える
[類義語]yuya、hina
[反意語]etin
[レベル]2
f:saal;e

hino:hino:hina
【用例】
an hino vil vein man na jo tinka. あまりに腹が立つのでこれ以上我慢できない。
an hinot fal sortati. 寒さに耐えなくてはならなかった。
tu at kin tin xel an hino tu garv merel. その苦しみを耐え抜くのはとても辛いことだった。
an hinot jo enzel. 怒りをどうにか抑えた。
an hinot vil vein. もう我慢できなかった。

hip
/ [動物]テントウムシ、てんとうむし、天道虫、てんとう虫
[レベル]2
lakta

his
/ [形容詞]劣った、劣等な
[反意語]hax
[レベル]2
@19
::moles:mokulu,alt

hit
/ [形容詞]焦っている、焦った
[動詞]yulを焦らせる、焦らせる、焦らす、じらす、慌てさせる、慌てる、取り乱す、うろたえる
[名詞]焦り、(tilとともに)慌てる、取り乱す、うろたえる
[反意語]ref
[レベル]2
15:制:古:ehiso(汗をかく)から。ehiは汗の意味。
【用例】
an emat hit mil veitan. 強盗が入ってうろたえた。
an nat hit man xaklik gils es eft. 財布が盗まれているのに気が付いて慌てた。

hix
/ [名詞]横、水平
[シェルト]横駒
[化学]周期
[類義語]akom
[反意語]has
[レベル]2
@19

hixn
/ [形容詞]年下、ジュニアな
[反意語]hasm
[レベル]2
@19

hixrein
/ [名詞]横線
[レベル]2
20

hm
/ [感動詞]ふーん、へえ、へぇ、ふうん、ふぅん、ふ〜ん
[レベル]2
tm;fovet

[語法]
関心したときの肯定的な相槌。新たな知らないことを聞いたときにも使う。

hmm
/ [感動詞]ふうむ、うーむ、うーん
[レベル]2
tm;fovet


ho
/ [生物]骨
[レベル]2
f;faia

ho:ho:lu 'o
【用例】
ho ik dom. 骨が折れた。

hoa
/ [生物]殻
[レベル]2
fv;↓
lakta:固いもの
hoa:hoa

hog
/ [植物]ピーマン
[植物]パプリカ(熟したピーマン)→hoore
[レベル]2
lakta:gはgyu(苦い)だと思う。
[文化]
子どもが嫌いというイメージがある。

hoh
/ [動物]亀、タートル、トータス
[メタファー]のろま、カテージュ人
[レベル]2
lakta

hoho
/ [名詞]塊
[医療]結石
[レベル]2
f;ho/ho「固い/固い」

hoho:hoho

hoi
/ [名詞]監督、管理、監視、管理運営、監査
[経済]監査
[動詞]yulを管理する、管理する、監督する
[電算][動詞]yulをフォローする、フォローする。ツイッターなどで。
[類義語]mesti
[レベル]2
古:hoi(監督)。しっかりと見るが原義。
【用例】
hao. ans hoi xiit xok. もちろん。相互フォローしましょう。
kok misentant man ti hoi an siina. an et mive t'arka o levian. こちらこそフォローありがとうございます。まだアルカも人工言語もひよっこです。

hoian
/ [名詞]観察者、観測者、監督、管理人、管理者、フォロワー、ツイッターのフォロワー、ディレクター
[レベル]2
19:melidia axte
[文化]
集合住宅の管理人はその集合住宅の住人でもある。ゆえにふつうに一室を借りて住んでいる。

hok
/ [動物]貝
[レベル]2
13:制:laktaではhoaku(殻の生き物)
hoaku:hoaku::aho.alt

hokn
/ [名詞]スプーン、さじ、匙、レンゲ、れんげ
[レベル]2
13:制:lakta:hokk、hoku。「貝(hoaku)」からきている。スプーンの形が貝に似ているからか、太古の人間がスプーンの代わりに貝を使っていたからかはわからない。
[文化]
kuikon
金属か木。

hoks
/ [動詞]yulをえぐる、えぐる、抉る、刳り抜く、くりぬく
[レベル]2
13:制:古:hokksoスプーンでするが原義。スプーンで目玉を刳り貫くというところからえぐるになった。
iHi:iHi

hol
/ [名詞]回転、ターン、旋回、スピン、回旋
[動詞]yulを回す、回す
[天文]自転
[自然動名詞][普通動名詞]ひねり、スピン。ビリヤード。
[類義語]menk、mes、mem
[レベル]2
13:制:古:holo(わっか)
::sai
[語法]
自分自身が回るのがhol。公転のように取り囲むように周るのがmenk。囲むのがmes。

回転軸は3次元の場合、左右がxで前後がyで上下がz→sanl
回転の名前は反転しない軸の名前で呼ぶ。例えばxtarholは上下および前後に運動するが左右には運動しない。そこでx軸周りの回転と呼ぶ。直感的にはxtarなのでz軸回転と呼びたいところで、注意が必要。

holb
/ [名詞]タイヤ、タイア
[レベル]2
13:制:hololob(車輪のカバー)

hols
/ [娯楽]独楽、コマ、こま
[レベル]2
14:制:古:holx(回して遊ぶもの)

hom
/ [動詞]yulを開ける、開ける、あける、開く、ひらく、服を開く
[形容詞]開いている、ひらいている、店がやっている
[反意語]deyu
[レベル]2
13:制:har:homyu
【用例】
hom omi{ate} ドアを{店を}開ける

homa
/ [名詞]栓、コック、蛇口の栓、蛇口の栓、ひねったりして開閉するもの、レバー
[レベル]2
16:制:hom

homp
/ [料理]サンドイッチ、サンドウィッチ
[レベル]2
13:制:homspof(野菜などを)挟むパン
【用例】
an kuit hiet o homp im harx. 昼にサラダとサンドイッチを食べた。

homs
/ [動詞]yulを挟む、挟む、はさむ、つまむ、摘む
[レベル]2
13:制:sorn:homyus(挟む)。homyuは扉で、sは接尾辞as。クミールの造語で、homyuの幻字が×の形。もとはハサミの意味で使い始めたが、やがて挟むの意味になっていった。
:::omulu,alt

hono
/ [形容詞]固い、固まった
[動詞]yulを固める、固める、固まる
[形容詞]パフォーマンスの悪い、低能な、調子が悪い
[反意語]hoomi
[レベル]2
f;hoはfaia

hono:hono:'ono:honolu,alt
[語法]
緊張などでも硬くなる。
暖かいと筋肉が柔らかくなり、柔軟にもなる。人体の運動能力は温めると向上するため、柔らかいがハイパフォーマンスを示すようになった。その後、人体だけでなく機械や物にも適応され、高性能なという意味になった。固いはその反対。
hoomiは運動、技能、技術などが上質であることを指す。機械の働きが上々であることを指す。honoはその反対。状況次第では日本語と同じく固いと訳してもかまわない。
【用例】
[メタファー]hono yun frea 鉄のように固い
tee, tee, ti ov honol. だめだめ、動きが固いよ。
amo et hono im fis a. 今日は車の調子が悪いな。

hons
/ [軍事][アイテム]よろい、鎧、アーマー、甲冑
[レベル]2
13:制:古:honosabe,yaho
yaho:yaho
[文化]
aavhons
臆病の象徴。鎧で身を固めるのが臆病と揶揄されたため。もちろんヴィード戦でも戦時には兵卒は当たり前に着たが。
ヴィード戦でも鎧は有効だが、超一流の戦士は鎧の防御力に頼らないため、機動力を重視して付けないことも多かった。

hook
/ [動詞]yulを回転させて巻く、巻く
[レベル]2
20:hol/kool(巻物のようにくるくる回転させる)

hoomi
/ [形容詞]柔らかい
[形容詞]パフォーマンスの良い、ハイパフォーマンスな、高性能な、調子が良い
[反意語]hono
[レベル]2
f;hono/myu「固くない」

hoomi:hoomi
[語法]
hono
【成句】
hoomi et vien nod hono. 柔よく剛を制す

hop
/ [名詞]ゴム
[レベル]2
13:制:古:honopas(ゴム)。honoは固いだが、pasは何であるか不明。
[文化]
ふつうゴムの木でなく汁から作った物質。ラテックスアレルギーが有名。

hopa
/ [料理]グミ、グミキャンディ
[レベル]2
16:制:hop

hord
/ [化学][地学]ダイヤモンド、ダイアモンド、金剛石
[類義語]klandia
[レベル]2
古:固い宝石の意
[語法]
魔法や貴金属では通常klandia。工業用途などではhord。
[文化]
→dolmiyu
時魔導師の魔石。時魔法の能力が上がる。
恐らく、「硬いがもろい」→「なら圧力には強い」→「重力に強い」→「時空の歪みに強い」→「時魔導師の宝石だ」という発想。

hos
/ [名詞]器、容器、入れ物、ケース、コンテナ
[レベル]2
13:制:古:hoosa(器)
hoosa:hoosa

hqm
/ [感動詞]へぇ、ふん
[レベル]2
f;fovet


hqr
/ [感動詞]え、はぁ
[レベル]2
f;fovet


hqt
/ [感動詞]はっ、ふん、へっ
[レベル]2
tm;fovet
23

hua
/ [動詞]yulをaにふわっと投げる、投げる、コインを投げる、トスする
[レベル]2

【成句】
hua gald hal teej, toto テージュ海の上でコインを投げたら〜だ。運任せでいたら〜になった:rdでテージュ海の魔人と戦った際、作戦に困ったアルシェが運任せでコインを投げて運命を決めたことから。
hua gald hal teej, xim yulo 運任せでいったら大当たり。なお、heteだと大外れ。

huu
/ [擬音]ふぅっ。息をつく音
[レベル]2
19:unilei

hyaa
/ [感動詞]うわあ、きゃあ
[類義語]kyaa
[レベル]2
21

hyau
/ [感動詞]ひゃう、はうっ、はうーん。喘ぎ声
[レベル]2
fv
23

hyu
/ [擬音]ヒューという口笛の音
[レベル]2
17:制:古
[語法]
ヒューという口笛の音。相手の行為などを誉める意味で鳴らす口笛のこと。女は下品なのであまりしない。

i(2)
/ [数学]fidの略。数式で使う。−記号に等しい。
[レベル]2
19

ib
/ [遊離副詞]敢えて、あえて
[レベル]2
13:制:古:ibse(敢えて〜する)
[語法]
el不要。
【用例】
an ket ib. あえて行った。

ibet
/ [形容詞][ネガティブ]未熟な、子供じみた、ガキくさい、幼稚な、児戯の、子供っぽい、お子様な、おこちゃまな
[形容詞][ネガティブ]食べ物が未熟な、青い、若い
[類義語]lij、maebeeb
[反意語]bent
[レベル]2
20:制miba/te(ガキっぽい)→mibat→ibat(子音脱落)→ibet(母音をiに近付けた)。語源を古miva/teと捉えることも可能。

iek
/ [名詞]カッター
[レベル]2
13:制:iekil(片方の刃)

ifi
/ [形容詞]老いた、年取った
[名詞]老人
[反意語]lif
f;ima/fi「時の長い」
[レベル]2

ifi:ifi:melvi
[語法]
→sam, liif, sedes

igl
/ [動詞]yulと握手する、握手する
[普通動名詞]握手
[レベル]2
14:制:biglasから
[語法]
faxなどと同じ格組で、姿勢動詞ではない。
[文化]
カコで袖の中に刃物を隠し持っていないことをアピールするために、袖をまくって握手をしたことが発祥。その後袖をまくる習慣は残り、現代でもビジネスや社交の場で初対面の相手に袖をまくって右手を差し出す。同じ初対面でも友達づきあいやネットのオフなどではしない。握手は女性が差し出し、男性が受ける。また、目上が差し出し、目下が受ける。初対面以降はしない。握る力は緩めで、腕は振らない。

iio
/ [感動詞]どういたしまして
[レベル]2
f
14:制:古:iio,iion

ik(2)
/ [接尾辞]果実を表わす
[レベル]2
16:制:vank,vink。プロトタイプにあって一時消えたが、無視できないので戻した。

ikal
/ [数学]四角、四角い、四角形
[レベル]2
古:ikal(角度)原義は見る場所。
wawa:wawa

ikl
/ [建築]建物、建築物、建造物、校舎
[動詞]yulを建てる、建てる、建立する、建築する、建造する、組み立てる、橋などを架ける、架ける
[レベル]2
13:制:古:byakkal(遺跡)。aklのn対だったらしいが、作者もその設定を忘れていたので、aklとの誤解は一切ないと思われる。語形を離す必要はないと判断した。
[文化]
最初に建築を行ったのは神。神は魔法で風雨や暑さ寒さを凌げるが、24時間魔法を使うのは流石に面倒に感じる。
そこで魔法で穴を掘って家としたが、動物や虫が入ってくるのを嫌った。そこで石や木でできた家を作り出した。建築は完全に道具であった。
ユーマの一族はこのころは神とほぼ同一なので、人類にも建築技術が伝わった。
アズゲル〜セルメルまで、人類の神性が失われるに従って、徐々に高機能な家が作られた。脆弱になって風雨に耐えられなくなったためである。
セルメルでは王族の間で芸術的な建築が作られた。初めての試みである。現存するルティア城やアルバ城はこのころの様式である。
rdでは政情不安から、絢爛な建物は徐々に避けられた。アルシェは自身らの創作で特殊な造りの家を作った。この時代からすればオーパーツである。
ナディアでは侵略先の異民族の様式が取り入れられたが、多くのアルバザード人は格下の民族の様式に興味を示さなかった。
アルティル〜革命までは技術が進歩し、高層ビルなどが建てられた。
革命後は高層ビルは破壊され、絢爛な建物も遺産以外は破壊され、建築は道具であるという考えに戻った。
革命後の建築は純粋に機能性を求めるものであるから、石や木に戻るということではない。
レイユで培った技術をふんだんに取り入れている。ただ、景観を損ね、人口の密集を誘致する高層ビルは排除された。

ikla
/ [建築]ビル
[レベル]2
15:制:ikl
【用例】
an ins ikla rak tems. 窓の向こうにビルが見える。

ikn
/ [名詞]生活、日常、暮らし
[動詞]yulの様態で生活する、生活する、暮らす、生きる
[レベル]2
14:制:akn
【用例】
☆an vins ikn tur, miyu tu ikn merel a rat. 気持ちを入れ替えて生活を一新するつもりだ。
ka ikn leim 普通の生活の中で
ikn e felan tan et kin in anne. 学生の生活も大変そうですね。

ilet
/ [代詞]皆の、全員の、全部の
[レベル]2
20:seren/ridia:il/te

ilia
/ [形容詞]唯一の、たったひとつの、たった一人の、唯一無二
[類義語]hot
[レベル]2
古sorn
[語法]
hotは客観的に「唯一の」という意味。iliaは「たった一人の弟」のように、やや心情が篭った言い方。
【用例】
miva ilia 一人娘
yulian ilia 一人っ子
"ya. ladan kut fie, yul fie ilia l'et leiz tisee. 「そう。創造主はうそをついたんだ。たったひとつの小さな嘘を。

belkasoz
/ [料理]換気扇
[レベル]2
16:制
【用例】
ar belkasoz 換気扇を回す

ilis
/ [名詞]いたずら、悪戯
[動詞]yulにいたずらする、いたずらする、悪戯する。pilpと同じ格組。
[レベル]2
19:ridia:liles
[語法]
pilpより少したちが悪い。相手を困らせてやろう、そしてその反応を見ようという意図。

ilk
/ [普通動名詞]冒険、探索、散策
[動詞]yul(場所)を冒険する、冒険する
[レベル]2
13:制:iblamike(敢えて危険を冒す)

ilk t'arxe
/ [娯楽]アルシェの冒険
[レベル]2
21
[文化]
『スーパーマリオ』に相当するゲーム。

ilkad
/ [政治]全国、万国
[形容詞]国際的な、インターナショナルな
[レベル]2
19
[語法]
「国際的」に当たる言葉がアルカにはない。全国的ないしアトラス的で国際的を指す。

illan
/ [代詞]全員
[レベル]2
19

illant
/ [代詞]全員の
[レベル]2
19

ilm
/ [名詞]全体、部分に対する全体、すべて、全て、全部、総合
[副詞]全体的に
[反意語]vaik
[レベル]2
19:il
[語法]
ilはすべて。ilmは部分に対する全体。
【用例】
jan at espte ilmel. 全体的に曇っていた。

ilsalt
/ [名詞]毎年
[レベル]2
19:sonohinoki
[語法]
tat saltということも多い。

ilsel
/ [名詞]毎日
[レベル]2
19
[語法]
副詞句として「毎日」というときは、tat selということも多い。
【用例】
an na buuna man ilsel et kok. 毎日が同じでつまらない。
la luna ilselel{im ilsel}. 彼は毎日来る。

iltul
/ [代詞]すべてのもの
[レベル]2
19

iltulet
/ [代詞]すべてのものの
[レベル]2
19

ilva
/ [悪魔]イルヴァ
[歳時記]雷曜日。週の第6日目。
[音楽]ラ
[組み数字]6/7
[レベル]2
meltia 0:ilva;e
sorn:アルシェ形はiirlで、iirlの元はiireal(雷の者)。iireは雷。
[文化]
ソームの6番目。雷を操る。雷のように立った髪の毛が特徴的な男。全身に電気を帯びている。中肉で筋肉質な裸体。お調子者。よく笑う。元気。激しやすい性格をしている。イルヴァの発言がきっかけとなり、ヴァステが開戦した。

ima
/ [形容詞]元気な、快活な、ハキハキした
[反意語]ani
[レベル]2
@19
【用例】
xiv ima 元気な声

imen
/ [接続詞]im。〜のときの。
[レベル]2
20:kalie
【成句】
imen tur 現在の、もはや

imer
/ [植物]スイカ、西瓜、ウォーターメロン
[レベル]2
13:制:古:imera(スイカ(黄色/水/赤))

imo
/ [植物]レモン
[レベル]2
lakta:すっぱい黄色の意。muimかimoでよい。

imoe
/ [美容]リンス
[レベル]2
rd;imo/er「レモン水」
23
[文化]
rdでフルミネアの長い髪を綺麗に維持するためにリュウが開発した。当時のシャンプーがアルカリ性であったことから、それを中和する目的でクエン酸がリンスとして使用された。そのため語源がレモン水となっている。

imol
/ [格詞]下から
[レベル]2
20:melidia xier

impi
/ [動物]蜂、ハチ
[レベル]2
tm;imel/pi
lakta:黄色/針

impo
/ [動物]キリン、きりん、麒麟
[レベル]2
lakta:黄色くて首が長い
[擬声]
moo(鳴き声)

imyu
/ [形容詞]珍しい、レアな
[反意語]nie
[文頭純詞]めずらしいことに
[レベル]2
f
赤:imyuは「目にない」が原義。

in(2)
/ [接尾辞]花を表わす
[レベル]2
16:制:mina。プロトタイプにあって一時消えたが、無視できないので戻した。

indi
/ [文末純詞][gano]sei
[レベル]2
21:umtona:in da(見たんだが)→inda→indi.memirvesto

ing
/ [生物]眼球、目の玉
[レベル]2
13:制:sad:ingek

ini
/ [生物]毛、体毛
[レベル]2
f;e

ini:ini::ni,alt
【用例】
ini em xtam. 身の毛がよだつ:恐怖や嫌悪や驚きなどで起こる人類共通の現象。アルカでは立つで表現するので日本語と同じ。

inim
/ [名詞]櫛、コーム、くし、グルーミング
[動詞]yulを櫛で梳かす、梳かす、とかす、梳く、すく、漉く
[レベル]2
古:古では櫛はふつうkoomiだが、これは英語のkomb itから来ていることが発覚したため廃止。一方、inimはini(毛)/zamo(木)から来ている。後者はあまり使われなかったが純粋なアルカであるため、制アルカにはこちらを採用した。
【用例】
an sedat nia l'es met al aks xi inim nia. 髪の毛をとかした後、床に落ちた髪の毛を掃除した。

inimax
/ [生物]毛穴
[レベル]2
19:ridia:arbaxelt

inje
/ [天文]三日月の逆、三日月、インジェ
[名詞]南西、西南
[組み数字]8/8
[レベル]2
19:injin/xelt(生まれ変わる月)
laaxe:laaxe:la laaxe
[文化]
xelteel

ink
/ [名詞]前後
[数学]y軸
[レベル]2
19:inskor/xoskor(目の方向と背中の方向)の前半だけを人為的に詰めたもの

insaal
/ [地名]インサール、東洋。アルカット大陸東部。
[レベル]2
fv;anxalの対語
古:insaal

insik
/ [植物]ブルーベリー
[レベル]2
16:制:insvank(目の果実)

insini
/ [生物]まつげ、睫、まつ毛、アイラッシュ
[レベル]2
19

int
/ [名詞]点。図としての点。
[名詞]画素
[言語][文字]ドット、点
[レベル]2
13:制:古:n

ion
/ [感動詞]どういたしまして
[レベル]2

[語法]
iioより軽い。

ios
/ [動詞][非言語]yulに両膝を地面につきL字型の姿勢を取らせる、膝立ちする、膝をつく
[レベル]2
20:melidia xier:io/mixk
【成句】
ios yun ferden フェルデンのように膝立ちする:首を洗って待っている。ルフェルに殺されるときフェルデンが泉のほとりで膝をついて祈っていたことから。

ipm
/ [生物]肛門
[類義語]puum、faap
[レベル]2
rd;/↓
13:制:ipmax

ipot
/ [格詞]〜の中から
[レベル]2
20:alis

isa
/ [格詞]〜の前から
[レベル]2
rd;/
24

isfel
/ [代詞][rente]貴方がた。女性敬体。
[レベル]2
21:ridia:isfil(妹)ここでは女性から見た同胞。やがて二人称複数へ。

isfelia
/ [代詞][rente]貴方がたの。女性敬体。
[レベル]2
21:ridia:isfel/lia

isk
/ [動詞]yulを読む、読む
[動詞]yulを察知する
[反意語]axt
[レベル]2
@19
ixu:ixu
[語法]
声に出しても出さなくてもよい。
【用例】
isk kon xiv 声に出して読む
an iskat lei pot mokt du ezit. ベッドの中でしばらく本を読んだ。
rsiil iskat lei kon xiv fiina an im an et lij. 私が小さい頃、親が本を読んでくれた。
sa mok, an isk van leislei e haluhi l'an taut im toxel. 寝る前に昨日買ったハルヒの画集を読もう。

iskan
/ [名詞]読者、リーダー、ナレーター、キャスター
[レベル]2
19:ridia:arbaxelt

ist
/ [名詞]代わり、代替、代理
[副詞]代わりに
[格詞]〜の代わりに
[レベル]2
古:ist(代わり)。istはkist(芝生)から。
【用例】
an ke van im erva ist velm. ヴェルムでなくエルヴァの日に行くよ。

iten
/ [接続詞]it。〜からの。
[レベル]2
20:xion
【用例】
xant iten tian 彼氏からのプレゼント

ito
/ [名詞]点数、点、ポイント、スコア、得点
[化学]価、アルコールの価数、第一アルコールなどにおける数字
[シェルト]点、点数、勝ち点
[類義語]poit、ati
rd
[レベル]2
15:制:intに比較的近くて余った音を選んだ。itiなどが既に使われていたのでitoになった。
【用例】
ito di{sor} 高得点

ivar
/ [格詞]〜から出て、〜を通り出て、〜から出てきて、〜を通って
[レベル]2
22
【用例】
"el leev sen atu ivar le siet netal xakl lu so" 「あそこからなら誰にも気付かれずに逃げ出せる」

ivet
/ [形容詞][ネガティブ]手ぬるい、生ぬるい、甘い
[反意語]fuo
[レベル]2
20:ivn/te(弱気)

ixm
/ [名詞]メモ、ノート、手帳
[数学]行列。数や文字を長方形に並べた際に、ノートの行列に書き込んだように見えることから。
[電算]ノートパソコン
rd
[レベル]2
13:制:sad:ixamas(書かれる紙)
[文化]
アルバザードでは教科書や参考書はアンセに登録されているので、弁当と筆記用具とメモ類を持っていけば大丈夫。教室の机に装備された電子ペーパーに教科書のデータを映しこむ。教師はアンセのデータを教科書として使い、授業を進める。教師は板書をしない。授業前に板書内容を電子データ化しておき、それを配信してから授業を始める。毎日配信するのは面倒なのでまとめて配信することも多い。教師が板書をしないので授業の効率はいい。教師は生徒と議論を交わすような対話型の授業を行う。教室には必ずホワイトボードがある。教師は随時説明しながら必要があれば追加情報等をホワイトボードに書き込んでいく。一方、生徒もノートを持参しているが、これは板書コピーではなく、メモ用として使う。授業中に起こった発言や教師の説明の中で重要なものを書いていく。頭の中だけでは混乱するというときにメモに図説などを自分でして、情報を整理する。
【用例】
hom ixm ノートを開く

ixn
/ [動詞]yul(内容)をaに答える、応える、答える、応じる、応答する、返答する、返事する、返信する
[普通動名詞]答え、応答、返事、返答、返信
[類義語]rexir
[反意語]asm
[レベル]2
@19
[語法]
問われたものに答えること。
【用例】
xom lanko ixnik seerel. すると青年は静かに答えた。

ixta
/ [名詞]映像、画像、ヴィジョン、光景、情景、風景、景色、風光、風物、眺め、展望、鏡に映った姿
[電算]画像
[レベル]2
13:制:赤:ixa(見られる存在)
【用例】
an inat ixta emt. 悲しい光景を目にした。

izal
/ [医療]ばいきん、バイキン、ばい菌、黴菌、雑菌
[類義語]dizia
[レベル]2
zg;daizailai.k
23
[語法][文化]
人間の意図に反して増殖した微生物(特に有害な細菌や菌類)の総称。一般人はウイルスもここに入ると思っている。雑菌とばい菌の区別はない。
zgでは既にliiziの魔法によってその存在が認識されていた。

jae
/ [名詞]糊、ペースト、接着剤、のり、ノリ
[類義語]ferink
[レベル]2
13:制:jage(粘着水)

jag
/ [形容詞]粘る、粘っこい
[擬音]ぐちゃぐちゃ、ぬるぬる、ヌルヌル、べたべた、ベタベタ、どろどろ、ねばねば、ネバネバ、べとっ、べとー、べとべと、ベトベト、ベトッ、ぬちゃぬちゃ、ヌチャヌチャ、ぬちゃくちゃ、ヌチャクチャ
[レベル]2
f;fovet
lakta:オノマトペ
【用例】
salas ant emat eves o jag mil hink. 汗でシャツがべとべとになった。

jaga
/ [名詞]粘土、陶土、土
[レベル]2
15:制:jag

jagabe
/ [医療]絆創膏、ばんそうこう、バンドエイド、キズテープ
[レベル]2
14:制:粘着布

jal
/ [名詞]決定、決意、評決、表決、判決
[動詞]yulをaに決める、決める、決定する、定める
[政治]議決
[反意語]zir
[レベル]2
13:制:古:dila,jila(決める)
【成句】
jal toto xed zir 決めつける、決め付ける

jamp
/ [交通]飛行機、航空機、旅客機
[レベル]2
14:制:janpan(空の乗り物)
::lu gilsie(→pan)
[文化]
飛行機と船。いずれも空港や港など、住宅地と隔離された場所から出る。空港も港も車道と隣接しており、車に乗って行く場所である。徒歩や自転車では距離的に行けない。

jan
/ [気象]空、天
[類義語]siel
[反意語]ako
[レベル]2
13:制:古:jina(天)
jina:jan:lu siel:sola,alt
[文化]
空は日本語では「青い」ことになっているが、アルカでは日本でいうカメレオンのような扱いになっている。つまり、色のプロトタイプがなく、玉虫色に変わる。
一時期セレンは空を「青」としていたが、それは日本語の語感による誤り。アルカでは『ソノヒノキ』の冒頭のように、空は特定の色を持たない。
【用例】
jan at velt merel. 空が真っ暗だった。
jan at alvelt. 薄暗かった。

jang
/ [名詞]セロハン、セロファン、セロハンテープ
[レベル]2
lakta

jank
/ [動物]バッタ、ばった、飛蝗
[レベル]2
13:制:jan

janl
/ [建築]ベランダ、バルコニー、テラス
[レベル]2
13:制:janele(空の台)

janmas
/ [娯楽]たこ、凧、カイト
[レベル]2
13:制:空飛ぶ紙

jansoz
/ [交通]ヘリコプター
[レベル]2
13:制:空のプロペラ

japt
/ [料理]餅
[レベル]2
cv:saar;jaは粘るオノマトペ。
alakta
[文化]
juliet:100_150
お菓子と認識されている。パフェやおしるこなど、さまざまなものに入れられる。nekomimiなどの外食にも用いられる。
餅は消化によく、同じ量なら餅のほうが白米などより高カロリーなため、痩せている人でも胃を痛めずにカロリーを摂取できる。このため、羸痩にも用いられる。
また、消化が良いわりに糖質が複合糖質であるため、腹持ちもよい。ただし白米に比べ思ったより量を食べられてしまうので、食べ過ぎで胃が重く感じられ、消化に悪いと誤解を受けることがある。
餅米自体が消化によいというより、搗くことで本来歯で行うはずの咀嚼の代理となっているため、どちらかというと消化によいのは餅という食品自体である。
アルバザードでは四角型と丸型が販売されている。意外にも日本より人気が高く、年間通して価格は安定して安い。1メルバ当たり約100〜150ソルト(日本だとサトウの切り餅が1kgで800円前後。正月シーズンだと400円程度で買えることも(mel21))。日本と違ってシーズンはない。
【成句】
japt met 知らぬが仏、見ぬもの清し。落ちた餅でも見てなければ綺麗という意味。

jaxa
/ [形容詞][ネガティブ]デブな、太った
[類義語]beja、jax
[類音]jax
[レベル]2
古:jaxa, aljaxa。jaxa(太い)

jeid
/ [名詞]すだれ、みす、簾、御簾、ブラインド
[レベル]2

[文化]
御簾は各家庭にあり、デザイン性の高いものが多い。特に香を焚く部屋には高い確率で置かれる。アズゲルで木製や布製のものが開発されたが、セルメルで金属製のものが開発され、金属製が主流になった。その後アルティルでルティアからルティア製のものがブームになった。それが木製だったため、現在では木製のほうが風流とされている。オフィスでは金属製が多いが、家庭では木製がやや優勢。

jen
/ [植物]草
[反意語]zom
rd;zom.teel
[レベル]2
@19
edel:edel:le eedel:ede,alt

jent
/ [気象]天気、気象
[経済]値動き
[レベル]2
制を参考に
[文化]
挨拶代わりに天気の話をする習慣はない。fis et hart kok?といえば純粋に天気の話をしたいと理解される。ti et valn?と聞けば相手の健康について話したいと理解される。アルカでは天気と健康は挨拶にならないので注意。挨拶はsoonoyunなどしかない。
アルナの天気は安定している。やけに暑かったり寒かったりはしない。どしゃぶりになったりかんかん照りになることも少ない。安定している。なんとなく晴れているかなと思っていたらしとしと降って暫くして止むというような天気が多い。また、台風や雷といった災害も滅多に来ない。異常気象も少なく、大体毎年同じような天候である。だからアルナの人は天気にあまり関心がなく、結果的に話題にすることもあまりない。
【用例】
jent at rat. 天気が良かった:晴れとは限らない
jent at farf xanel. 天気は本当に良かった。
jent at yam on tu sel. この日は天気が悪かった。
jent emator rat. 天気が良くなっていった。
jent at melis. いやな天気だった。
jent em sat yam askel in. 今にも崩れそうな天気だった。
tu jent en sil xal. この天気は続かないだろう:xalはyul格。silが繋辞。
☆jent emes melt. 寒さが和らいだ。
tu at jent reian. 寂しい天気だった。
jent at sort tin. 冷え冷えしていた。
jent de rat im kest, aal, im eram e kest ter, tal sano e wain en em jal kalt tu mel. 明日、特に明日の午前中は天気が良くないようだが、祭の日程は明日のその時間まで決まらない。

jest
/ [言語]あだ名、アダ名、仇名、あだな、あざな、字、ニックネーム
[レベル]2
13:制:古:jieeste((使徒によって)決められた名前)

jien
/ [名詞]スポーク、細い棒、時計の針、棒、針
[レベル]2
16:制

jig
/ [動詞]yulをmulからlexに選ぶ、選ぶ、撰ぶ、択ぶ、選択する、選挙する、選出する
[動詞]yulを見計らう、見計らう、見はからう、見繕う、見つくろう
[レベル]2
f:elt;ji(指差す)から
古:jig
jig:jig
[語法]
→dazjig
jivelは選挙。jigは選ぶこと。jigのほうが広く、選挙も含める。
【成句】
jig rens dim 失言する
【用例】
an jigat vil nos tau ax wel mesk. どの鞄を買えばよいか選べなかった。

jiil
/ [組み数字]19/28
[交通]ジール通り
[レベル]2
22

jiil vaxiv
/ [人名]ジール=ヴァシヴ
[組み数字]19/28
[レベル]2
古:語源不詳:vaxiv(声が大きい)
[文化]
(2→)第4期4代ソーン第5使徒。男性。arden。174cm、62kg。長髪の直毛の黒髪。黒の瞳。肌は白:黄=5:5。

・『ミールの書』より

下がえんじ色の長ズボンで、上は紺のジャケットを羽織っている。長髪の黒髪は美しく腰の辺りまで垂れている。顔の作りも男にしては端麗で、格好良いというよりは綺麗な感じ。
ジールは「ははは」と笑う。彼の手に掛かってしまえば、リディアも「嬢ちゃん」になってしまうようだ。彼は笑っているが、ミールには何がおかしいのかさっぱりわからない。ただ言えることは、このジールとレレゾナは異様に明るく、一緒にいると疲れるということだ。ネーネはこの2人といてよく身が持つものだなとミールは思った。

jik
/ [動詞]yulを滑る、滑る、すべる、滑走する。移動様態動詞だが、yulに氷などの材質を取ってもいい。
[普通動名詞]滑走、滑り
[音楽]スライド、スライド奏法
[レベル]2
13:制:jig/ke(つるつる行く)から
【用例】
jik tood 坂を滑る
jik vext 氷を滑る

jikit
/ [生物]指先、手先、足先、手指尖、足指尖
[レベル]2
21
::pyuiz

jiko
/ [名詞]滑り台、すべり台、スベリ台、すべりだい
[レベル]2
16:制:jiktokから
【用例】
an nat ruuf man mefik jiko kaen lekka. スイミングプールのウォータースライドを滑って興奮した。
mod jiko すべりだいを登る

jiks
/ [動詞]yulを横滑りする、横滑りする、スライドする、カニ歩きする
[レベル]2
13:制jik
[語法]
lukなどと同じ格組。

jiksomi
/ [建築]スライドドア、ふすま
[レベル]2
16:制:滑るドア

jin
/ [名詞]秒、一秒
[レベル]2
19:jien

jinjien
/ [名詞]秒針
[レベル]2
rd;/
23

jior
/ [気象]日陰、日影、日蔭、日景、日かげ、ひかげ
[生物]兪穴、愈穴、背中のツボ。背は陽だが、陰病の治療に使うので日陰。
[音楽]インディーズ、インディー
[反意語]hanes
[アクセント]jiOr
[レベル]2
20:古メディアン語で「黒」。

jis
/ [動詞]yulを引き裂く、引き裂く、裂く、破く、千切る、破れる、破裂させる、裂けさせる、破る
[レベル]2
rd;jii/so
14:制:古:jii

jivas
/ [娯楽]指相撲
[レベル]2
19
[文化]
アルバザードとアシェットにはその習慣がない。アルティアの遊び。

jixi
/ [名詞]隙間
[レベル]2
16:制:jixka(細い場所)から
kalki:kalki

jok(2)
/ [動詞]yulを叱る、しかる、叱る、怒る、折檻する、説教する
[レベル]2
13:制:古joku(怒って言う)
【用例】
an jokat yu rsiil man koltik ra novel. 遅くに帰ったので親に叱られた。

jolk
/ [文頭純詞]閑話休題、それはさておき、話を戻して
[反意語]zekka
[レベル]2
19:jol/ku

jor
/ [動詞]yulを搾る、搾る、絞る、しぼる
[レベル]2
古:水を含んだタオルを搾る音から

kaaden
/ [名詞]運、ラック、巡り合わせ
[レベル]2
21:古kaade/en

kaaf
/ [色]桃色、ピンク、カーフ。FF7F7F
[形容詞]桃色の、ピンクの
[レベル]2
19:kaam e fulmiia
19:フルミネアの頬
komme:komet:la pulet

kaan
/ [親族]父、父親
[反意語]laal
[レベル]2
rd;kaan.l
18:赤:kyan
kyan:kyan:lu aan
[文化]
laal
・父親と子供と妻

一般的に、アルバザードの父親は日本ほど子供に干渉しない(もちろん、中には子供好きもいる)。夕方には家に帰るわりに、子育てにはあまり参加しない。父親の関心の7割は妻に向いており、子供に3割といったところである。
日本人は一般的に妻に関心を払わないが、アルバザード人は妻に一番の興味を寄せ、妻の機嫌を取ることに時間を費やす。機嫌を取っているかぎりアルバザード人の女性は貞淑で従順で家事も効率よくこなす。
アルバザード人の妻は機嫌を損ねても表面上夫に逆らわない。その代わり、仮病を使う。精神的に具合が悪いなどといって(厳密には嘘ではない)、部屋に篭って泣きはらし、子育てを放棄する(姑がいるからできる芸当)。この国ではたいてい姑は嫁の味方をするので、夫は自分の母親からも叱られる羽目になる。そのため、夫の関心は常に妻に向き、子供に向く余裕がない。

・避難場所としての父親

子供、特に娘にとって父親は避難所である。母親は父親の前では可愛い女の顔を見せるため、鬼のように怒る母親から逃げるために、父親のところへ逃げる。しかし父親は「母さんの言うことを聞きなさい」と言って適当に追い返す。
アルバザード人は家庭を持っても趣味を止めないため、父親は趣味を続ける。たいてい父親は子供がfianalになると自分の趣味に誘う。ここで子供が同じ趣味に適応できれば、そこで初めて父親は子供を大いに可愛がるようになる。これは友達づきあいというより師弟関係に近い。同じ趣味を持ち、自分が師となり、子供を弟子とみなす関係で、親子のそれではない。子供が「そんなのつまんないよ」というと、父親は子供に関心を持たないまま子供は成人する。

・父親と娘

一般に子供、特に娘は父親になつくが、父親は娘より妻に関心を示す。ただし息子に比べるとアルバザード人男性は圧倒的に娘を可愛がる。つまり父親は妻>娘>息子の順で愛するのが慣例である。
娘は幼く話題も合わないので、父親は「小さい人が家にいる」くらいにしか考えていない。娘は「パパはママから私を守ってくれるので、なんとか好かれよう」と考え、同じ趣味に手を出すことが多い。趣味が一致すると、父親にとって「この小さい少女は面白い人間だ」という認識になり、会話をするのに値する人物になる。
えてして会話が成立する3歳ごろから父親は娘を本格的に可愛がりはじめる。蜜月がピークに達するのは5歳ごろで、そこから関係は徐々に冷えていく。
日本の漫画では娘や孫に褒められてでれっとするシーンが散見されるが、アルバザードの父親は娘に褒められるより妻に褒められるほうを喜ぶ。
一般に、父親は娘の性的なシーンを強く拒絶する。オムツを取り替えるのも嫌がるし、風呂に一緒に入るのもためらう。頑張っても9歳までしか一緒に入らない。風呂後に娘が裸で走り回ったりすると「はしたない」と言って叱る。

父親が娘に対して一歩引いて接する反面、娘は一般的に父親が好きで、日本と違って思春期でも父親に憧れたままというのがふつうである。日本人のように「洗濯物を一緒に洗わないで」とか「お父さん汚い」と言った発言はない。そもそも、その発想自体がアルバザード人の娘にはない。むしろ逆に、家庭内で娘の下着が干してあったりするのが目に入ると、父親は気まずく不快に感じる。
娘は幼い頃は父親と結婚したがり、母親を排除しようとすることすらある。父親に懐いてくるのは生涯続く。一方父親は生涯通じて妻に関心があるため、過剰に甘えてくる娘を適度に引き離すことが多い。
特に10歳を過ぎると父親は娘と一歩距離を置いて、女性として扱うようになる。娘は父親に近付こうとするが、父親のほうが距離を置こうとする傾向にある。思春期以降、父親が娘に行う接触はハグや頭撫で撫でやキスなど、狭い範囲に限定される。(身体接触自体を好まない日本人や凪人にとってはこれでも親密に見えるが)
また、たいていの娘にとって理想の男性像は父親である。それは子供のころから母親や周囲の人間が、父親がいかに偉大かを吹き込むためである。
日本では母親が父親の悪口を子供の前で言うことがあるが、アルバザードでそれをすると完全な悪妻となる。母親は子供の前では常に父親は偉大だと吹き込むことが美徳とされ、子供の前で父親を貶すなどあってはならないとされる。
たまった母親のフラストレーションはたいてい夫本人か、あるいは母親の両親へ持ち込まれる。すると母親の父、つまり夫から見た舅が怒る。夫はそれが怖いので、妻をなるべく怒らせないようにするという好循環が生まれる。

・父親と息子

父親は娘に比べ、息子をあまり可愛がらない。息子に対しては壁として立ちはだかり、「いつか俺を倒して越えてみせろ」という態度で臨む。息子はそんな父親を偉大だと思うと同時に、怖いとも感じる。
父親にとって息子は後輩と部下とライバルと後継者を合わせたような存在である。立派に育て上げ、いつか自分を越えさせようと考える。

・夫と姑

→laalの通り、アルバザード人男性は総じてマザコンがデフォルトなので、何かあれば夫は姑を優先する。しかし姑はここで息子を味方に付けると、「嫁が家出するのでは?」と危惧するため、あえて嫁の味方をする。
従って嫁と姑が仲違いした場合、たいてい次のようなパターンで事態が解決される。
1:嫁が姑と喧嘩する
2:嫁が夫に相談する
3:夫は姑の肩を持つ→嫁、発狂
4:3を見てカタルシスを得た姑が満足し、嫁の肩を持ってやる
5:姑から華を持たされた嫁がカタルシスを得て、問題解決する
6:夫にだけフラストレーションが残るが、男なので我慢する

kaax
/ [動詞]yulをlexだと認める、認める、承認する、認証する
[普通動名詞]承認、認証
[レベル]2
古:kaax(はいと言う)
[語法]
「彼を認める」など、「よく評価する」という意味のときは、an kaax la et totoのように具体的に述べる。an kaax la単体だと単に「何がしかを認める」であり、「よく評価する」という意味になれない。

kacte
/ [名詞]カルテ、中央公園
[レベル]2
古:kacte, kacten
[文化]
→arna(直径は1500m(1200melfi)である)
アルバザードの各都市の中心にある大きな公園のこと。カルテは住宅区、企業区、商業区から独立した街区。都市最大の公園で、中心にはカルテンがある。休憩、談話、遊戯、憩いの場として使われる点はふつうの公園と同じ。カルテは緑豊かで空気が清浄である。大抵は噴水や池があり、川があるところもある。全体の形は円形で、境界の多くは低木の植栽か頑丈で高い金網で囲まれている。或いは葉の多く冬でも枯れない高い木が植えられている。地面は舗装されているところと、土が剥き出しのところがある。
子供の遊具は遊戯場に集まっている。どの位置からも監視の届く安全なところにある。遊具同士は固まって置かれていて、必ず監視が行き届くようになっている。また、子供の遊具の周りには特別に金網などで境界が設けられていることもある。
水道の水は清浄されていて飲める。飲み水以外の水道がある。太い水道で、各所に点在している。これは消火用の水道であり、子供たちでは容易に開けないようになっている。これらの水道には長いホースが設置されている。カルテには守衛所があり、常に数人がカルテ内とカルテの付近を巡回し、数人が守衛所で待機している。水道は守衛所のところにあり、飲料水に毒を加えたりできないようにされている。
トイレは非常に清潔で広く、紙が備え付けられていて水洗である。個室の扉の外側にはパネルが付いていて、そこに手をかざすことで扉が自動で開く。水洗は内部のパネルに手をかざすことで流れるが、無駄な水を使わないよう、水は1度しか流せないように設定されている。もう1度流すには1度出ることになる。トイレはカルテの隅の方にある。トイレは基本的に密室な為、何が起こるか解からない。数人に連れ込まれて金を脅し取られるようなことがありうる。その為、トイレ付近には男女二名の守衛が常に配置されている。このことは更にトイレ紙の窃盗、覗き、痴漢、放火、破壊などの犯罪の軽減に役立っている。トイレが有料なフランスでは有人トイレがたまにある。エッフェル塔脇のトイレには階段を下って中に入ったすぐ左手に窓のないオフィスがあり、人が座っている。入って左が男子トイレで、使用後、オフィスを通った際に硬貨を置く。これと似た造りであるため、トイレでのカツアゲ等が起きない。
カルテには都市最大の図書館が常設されている。カルテは中心部にいくほど賑やかである。中心部にはステージがあり、演奏などができる。また、最も中心の場所にはカルテンがあり、アルテへの礼拝が可能である。カルテンは防音効果が高く、中は静かであるが、機械装置のおかげで涼しい。中心部に比べるとカルテの周縁部は静かである。飛行機やヘリコプターはカルテの上空を基本的には通過できない。しかし、都市によってはカルテの利用者が多い時間帯にのみ通過を禁止することもある。カルテは国の管轄で、維持費は税金でまかなわれる。
カルテ内では出店が許されていて、軽食などが売られている。軽食というのは日本で言えば菓子類やたこ焼きやクレープのようなものである。もう少し食事になるようなものも売っている。軽食の出店はカルテの内部に多い。カルテの美化は徹底されている。クリーンキーパーが数名常設され、軽食の店舗も極力ゴミを出さないような商品を売る。一々資源を無駄にするような包装は極力避けられる。とりわけ、利用者側にも強い美化への心がけが要求される。
カルテはふつう公園に比べ、維持費がかかる。守衛の人件費、設備費、維持費など。従って、多くのカルテを作ることはできない。ゆえに一都市に一つである。住民達はよりカルテに近いところに住もうとする。そのためカルテ付近の地価は高い。
日本の番地は駅から近い方が一丁目ということがあるが、こちらはカルテからどの程度離れているかで番地が決まる。

kacten
/ [建築]礼拝堂、カルテン
[レベル]2

[文化]
→xiika
カルテンはxiika内の中心部にある礼拝堂である。全てのシーカに一つずつ設けられている。
シーカはカルテにあり、カルテの周りはステージがあるのでしばしば煩い。そのため、シーカには防音処置が施されている。しかし、機械装置によって中は涼しく保たれている。
カルテンの中心部にはサリュという祭壇がある。サリュは最もアルテと交信を行いやすい場所とされる。カルテンの存在意義は正にこのサリュを保護することである。従ってカルテンの部屋は強固な造りが第一に要求される。
アルティス教徒はふつう祈りをどのような場所でも行うことができる。だが、祈りはアルテに届かなければ意味がないため、信者はできるだけアルテに祈りが届きやすい場所を求む。サリュは中でも特に交信しやすい場所とされているため、特別な願いを持った信者はサリュに赴いて祈る。尚、サリュの使用料は無料。
カルテンはカルテが開いている間は使用できるが、カルテが閉まっている時間帯は使用できない。また、サリュを破壊したりしないようにカルテンで持ち物検査が義務付けられている。カルテンでの祈りはキリスト教の告白とは違うので、誰かが祈りの内容を聞くということはない。サリュのある部屋は強固な造りで、完全な防音で、電波も入らない。盗撮や盗聴の危険がないように常にサリュの部屋はチェックが行われる。

kad
/ [名詞]国
[政治]国家
[政治](行政単位としての)国→salai
[形容詞]〜国。前置。
[レベル]2
rd;kaldaiz.xik
古:kaldaiz(王の場所、国)から
kaldaiz:kaldaiz:la vador(地はサール):sia,alt

kaen
/ [接続詞]ka。〜にある。
[レベル]2
21
【用例】
an xa tur felki kaen nagoya. 名古屋の塾なう。

kag
/ [形容詞]富んだ、裕福な、お金持ちの
[形容詞]豊富な
[形容詞]心が豊かな
[形容詞]土地などが生産力のある、豊穣な
[属格]金持ち
[類義語]galdnal、gankems
[反意語]tid
[レベル]2
13:制:古:裕福=kagi(金が多い)
[文化]
富は悪でもあるため、どちらかというと忌避される。逆に貧困は清貧に繋がるため、善行とみなされる。どちらも行き過ぎがよくないと考えられ、適度に金があり、適度に清貧であることが尊ばれる。つまり、貪欲なのも貧困が過ぎるのも良くないと考えられている。
【成句】
kagen sek tiden. 金持ち喧嘩せず。
【用例】
an na kag ol in altuk di. 豊かな収穫物を見ると心も豊かになる:日本語の豊かとはニュアンスが違う。「俺、今年金持ちになったなぁ」というわりと俗っぽい感じ。

kahi
/ [法律]罪、咎、とが
[類義語]diz
[反意語]tren
[レベル]2
f;e

kahi:kahi:le gei
[語法]
法に触れない罪がkahiで、法律上の罪がdiz。kahiのほうが軽いかといえば、そうとも限らない。民衆の私刑ではkahiが大きく考慮される。kahiは法には触れないが人道上、宗教上、誤った行いによるものである。そのため、必ずdizより軽いとは言い切れない。
敬虔な教徒にとってはdizよりもkahiのほうが不名誉である。この違いはコロケーションにも及ぶ。na kahiとは言えるが、na dizとは言えない。til dizが正しい。kahiは心に染み込むが、disは対象でしかない。
【成句】
lein kahi 罪をかぶる、罪を背負う
【用例】
na kahi 罪悪感がある

kaik
/ [動物]恐竜
[レベル]2
古:大きい者

kaim
/ [動物]象
[レベル]2
lakta:大きい者が語源
[擬声]
fao(鳴き声)
【用例】
toa e kaim 象の鼻。厳密には上唇。
kaim til toa fil. = kaim et fil on toa. 象は鼻が長い。

kait
/ [料理]栄養
[レベル]2
古:kait(栄養)。「大きくするもの」。

kaitkleima
/ [名詞]カイトクレーマー
[娯楽]一機、自機の予備、あと何機の機、エクステンド。kittoも可。
[レベル]2
fv
17:制:古:kaitkleimaa
[語法][文化]
もう1人の自分。自分の中に居て自分を諌めたり誘惑したりする。長いので通称キットと呼ばれる。

kaki
/ [名詞]割れ目、裂け目、亀裂、ひび、切れ目
[婉曲]女性器
[レベル]2
13:制:古:kalki

kakka
/ [親族]お父さん、お父ちゃん
[レベル]2
19:luxia:セレンのことをpapaと認識したので、次はserenやkaanも教えようとしてメルとリディアがkaanと言わせようと頑張ったところ、次にセレンが見たとき「かーっ、かーっっか」と言っていたため、セレンが「かっかって何?」と聞いたことから。非自発的ながら、ルシア=アルバザードによる最初の造語で、xia469、メル19年ラルドゥラの月リュウの日のこと。リディアがこの音形をなぜかあまり好まなかったことと、娘自身がやがて大きくなったこともあり、あまり長い間は使われなかった。メル23年メルの月ジールの日にskypeでセレン含め4人のアルカユーザーで話していたところ幼児語の話題からこの語に至り、ユーザーによる「kakkaはフィンランド語の幼児語でうんちという意味があります」という発言があり、ネット上をそれを確認したところ、wikitionaryで確認が取れたため、ここに追記する。なぜリディアがこの語形を気に入らなかったかが分かった。リディアは幼少期をフィンランドで過ごしていたためであると考えられる。

kakko
/ [動物]カッコウ
[レベル]2
古:鳴き声から

kaks
/ [名詞]本物、本格的なもの
[形容詞]本物の
[反意語]fiel
[類音]kakx。コピーと本物が似ている音なので非常に紛らわしいが、逆にレトリック的においしい。
[レベル]2
13:制:kiks:kik(類似)

kakt
/ [動物]ダチョウ、駝鳥、オストリッチ
[レベル]2
13:制:古:kaikuto(大きい鳥)
[擬声]
omuu

kakx
/ [名詞]コピー、複製、複写
[動詞]yulをaに写す、写す、うつす、模写する、コピーする、ダビングする、書き写す
[動詞]yulをaに書き抜く、書き抜く、書抜く、書きぬく、かきぬく。国語の問題の書き抜きなどに使う。
[普通動名詞]書き抜き、書抜、書抜き、書きぬき、かきぬき
[類音]kaks。コピーと本物が似ている音なので非常に紛らわしいが、逆にレトリック的においしい。
[レベル]2
13:制:kakixa(同じに書く)
【用例】
mir kakx dels a tu gar. 映画をこのディスクにコピーしてください。
an kakxor "lenxe riusgel e kami S" ont "amel ant et vil ank soa." 「とある科学の超電磁砲S」と「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」をダビング中。
kakx mols fil loodel. ダビングは意外と時間が掛かる。
an kakx van maya l'an kaxnat a fantgar l'an taut sa fou sel. 録画しておいたアニメをこの間買ったブルーレイにダビングしよう。

kala
/ [動物]ムカデ
[レベル]2
古:kala、kamalua(たくさんの足)

kaldia
/ [地名]カルディア、幻界、人工世界カルディア
[レベル]2
21:古kal/dia(夢幻の地)
[語法]
アトラスは惑星、レカイは「この世」、アルデルは「あの世」。カルディアはレカイとアルデルの総称。アルカルテとの違いはユマナを含まないこと。
[文化]
<カルディアの基本方針・芸術性と嗜好・価値観の相違>

・「リアル異世界ファンタジー」と「経験主義」

カルディアの基本方針は「リアル異世界ファンタジー」である。理論上はファンタジー要素が1個のとき、最もリアリティが高くなる。架空の要素が少ないほど現実の要素が相対的に増えるためである。カルディアではviidのみを公理として肯定し、そこから神や魔法などを演繹させている。リアリティが高まることのメリットはその世界がまるで本物であるかのように感じられる点で、これは没入感等に貢献する。デメリットは作成に手間がかかる点である。
星の形や大陸の大きさなど、アトラスの環境は地球に似ている。もしアトラスが火星の位置にあったら人間は生存できない。また、もし陸と海の比が8:2だったら人間の生きられる気温にならない。さらにパンゲア大陸の崩れ方もある程度プレートなどから定まり、恣意的ではない。リアリティを高めていくと自由に弄れる部分は案外少なくなる。
100%リアルにすると地球のコピーになってしまうので、ある程度学問的に矛盾のないか少ないレベルでオリジナリティを持たせ、いわゆる遊びの部分を作る必要がある。こうした方針に基づいてアトラスはできている。もちろんほかにも異世界の作り方もあるだろうしそれは否定しないが、あくまでカルディアは「リアル異世界ファンタジー」という基本方針を遵守している。

もうひとつの基本方針に「経験主義」がある。セレンは環境が人間社会に与える影響力を高く評価している。簡単にいえば、例えば地球をもう一度作っても日本に当たるところには日本語のような言語ができるだろうし、地球のような星があったら日本に当たるところの言語は日本語のような言語になるだろうということである。中にはそう思わない人もいるだろうが、カルディアはこの考えに即している。
アルティア語が日本語のような構造をしているのもこの考えに則している。もちろんあくまで異世界なので、リアルに作り込んでいっても作者の側で自由に設定できる余白も存在する。そういった遊びの部分は例えばアルティア語の京極がヴェマ発祥でなくアルティア(ハーディアン)発祥であることなどに現れている。
同様に、用言である動詞と形容詞が日本語では互いに異なる活用を持つ一方で、アルティア語では同一の活用を持つ。これもまた余白の部分でできるアレンジといえよう。もちろんこのアレンジも適当に取ってつけたわけではない。日本の隣国である韓国では動詞と形容詞が活用を共有する。アレンジをするにもなるべく風土の近いものを調査して行っている。ラテン語がカッコイイからという理由で無理やりラテン語の特徴を持ってくるようなことはしない。リアル異世界もそうだが、この辺りは極度の神経質のなせる業ということができよう。

個々の人間は環境に逆らおうと思えば逆らえるが、人間全体でみればそんな天の邪鬼は少なく、環境に黙って適応するほうが圧倒的に多いため、個人の意思に関わらず社会全体は環境に沿って作られる。
衣食住は分かるだろうが、セレンは言語にもある程度これが及ぶと考えており、大学院のテーマも風土が言語に与える影響についてであった。これは言語学の潮流ではなく、無視されたテーマのひとつであった。証明のしようがないからというのが理由のひとつである。しかし現象が存在する以上は理由があるはずで、研究の対象である。だが成果の出しようがなければ研究者によって無視されるのはやむを得ないのだろう。それでも世界や言語を作っていたセレンにとってはこのテーマは興味があった。
風土と言語の関係というと、例えば中国語は南に行くほど声調が多く、印欧語は北に行くほど母音率が下がる傾向にある。なぜ東西ではないのか。なぜ声調数がランダムにバラけないのか。なぜ南北なのか。南北で風土というと気候ということになるが、ランダムに声調が配置されない以上は気候が言語に何らかの影響を与えていることは確からしい。だが言語学はこの現象にそれ以上物を言おうとしない。
風土と言語が関わっているのならカルディアを作ったときにアルティア語は日本語風にすればよいという指針が持てる。指針がないと何語風にすればリアルな異世界になるのか分からない。それでセレンにとってこのテーマは重要であった。
このテーマを支えるのは環境決定論であり、広く言えば経験主義である。従ってカルディアの基本方針に経験主義が挙がっている。

・芸術的嗜好性

確かに作者側で弄れる遊びの部分は少ないが、少ないからこそその部分を大切に作り込めるという見方もある。どうせ作るのだから遊びの部分には理想や嗜好を反映させたい。ここは作者の意思が明確に現れる部分といえる。
アルカとカルディアは日常生活を送ることにも用いられるが、むしろ芸術用途に向いているとセレンは考えている。従って遊びの部分は主に芸術的視点で作られることになる。例えばセレンは世界中の様々なデザインを見た結果、結局のところ和風とフランス風が好きだという結論に達した。北欧のデザインが好きだという人がいるのももちろん分かる。ただセレンの場合、奇しくも自分の血に嗜好が沿っていた。理由の内訳は血が半分で、物事を穿って見ない性格が半分だと感じた。
その嗜好が反映されているので、アルバザードはフランス風なデザインのほかにカレン県経由の和風なデザインが存在する。別に風土的にはカレンはアルティア人でなくてもよいのだ。もちろんアルティア人が住んでいるのは彼らがsmで大きな軍事力を有していたからという歴史的な理由がある。だがそれでもメティオ人が入っていけない理由はない。このように、遊びの部分をどうするかは嗜好が大きく影響を与えているといえる。矛盾が生じない程度であれば嗜好を反映させるのは問題ないし、モチベーションを維持できる。
文字にも嗜好が絡んでいる。アルティア人に京極を与えたのは歴史的な理由以外にも作者の理想がある。意外かもしれないがセレンはアルカと同じくらい日本語が好きで、甲乙の付けがたい存在と考えている。その日本語はほとんどの語彙を中国語などの外国語から借りているが、もし日本語が和語を巧く発達させ、かつ漢字も借りずに独自に漢字のような文字を作っていたらどうなっていただろうかと考えることがある。またセレンはアルファベットのデザインも好きだが漢字のデザインも好きで、どちらにも良さがあると考えている。だから幻字のほかに京極のような文字を望んだし、それが地球で中国に相当するヴェマでなく日本に相当するアルティアの文字であることに面白みを覚えた。
アトラスの場合、ヴェマはサールの本拠地であったため、幼字から脱却することは政治的に難しい。一方アルティア、当時のハーディアンは神との繋がりが弱く、かつ大陸の端という防衛に適した位置にあったことからも独特の文化を生むのに適していた。京極がアルティアの文字であることにはそれなりの理由がある。ただ最終的な理由は嗜好によるものだろう。例えば京極ができたのがケヴェアの辺境でなかった理由はないからだ。なぜいくつかの矛盾しない選択肢の中からアルティアが選ばれたかという点に関しては嗜好が関与しているといえよう。

・価値観

また、セレンとリディアは20代後半までは自分の正しいと思う価値観以外を世界から排他するタイプの人間だった。しかしその後自分の嗜好を遊びの部分では優先させるものの、遊び以外の部分ではリアルに即して作っていくという方針に転換した。自分の嗜好よりも世界の安定を優先させた結果である。どんなにリディアのことが好きだろうと彼女と自分は別の個体であり、同じ価値観を共有することはできない。メルやルシアについても同様だ。その個体と関係を持ちたいと思うのならば、異なる価値観を受け入れる必要がある。ゆえに異なる個体が共有する世界はある程度寛大でなければならないと考える。そして寛大であるがこそ、様々な作品が創れる。

・混血児リディア

混血児は日本ではモテるが欧米ではモテない。リディアはモテずに暗い思春期を過ごした。どこにも自分の居場所はないと感じ、どの国にもアイデンティティがないと感じた。だから自分のための世界を作ろうと考えた。もしリディアがモテモテだったら、カルディアは存在しなかったろう。劣等感はバネになる

kalfia
/ [芸術]イラスト、イラストレーション、絵画、図画、一枚の絵画
[類義語]leis
[レベル]2
rd;ikal/fia「四角に収められた世界」
23

kalfial
/ [名詞]絵本
[レベル]2
rd;kalfia/lei
24登録だが以前からあった。

kalil
/ [名詞]墓
[レベル]2
fv
赤:ridia:kalil(墓)。kalは場所。ilは全てという意味で、全員の意味。kalilは「全ての者が行き着くところ」の意で、即ち墓。
【用例】
an ker kalil e fio (ant) ok laal (ant) man vortsel luut sesil luna. 祖父の命日が近いので母と墓参りに行く途中だ。

kalovaik
/ [名詞]小部分
[レベル]2
19:ridia:arbaxelt

kalt
/ [接続詞]tはkより〜でない
[数学]未満
[格詞]〜未満、<、(時間を伴って)〜まで
[反意語]nod
[レベル]2
19:古:kalo(少ない)
[語法]
kalt turという場合、今は含まれない。

kalto
/ [名詞]森
[形容詞]〜の森。前置。
[レベル]2
f;kal/to(森)

kalto:kalto:la kalto
【用例】
kalto liefil 深い森

kalwa
/ [地学]高山、霊峰、大山、特別な山
[レベル]2
赤:手のひらの形のような場所という原義

kalzas
/ [エルト]悪心カルザス
[名詞]6時
[名詞]南
[交通]カルザス通り
[音楽]ファ
[組み数字]6/12
[類義語]kal
[レベル]2
meltia 4:kalzas;e

[文化]
アルミヴァの6番目。エルトの左腕から生まれた。悪い心を司る。エルト神の破片から生まれた。ルフェルとダルケスの父で、コノーテの夫。エルトを支配していた。デームスと戦い、大きな功績を挙げる。ラヴァスになってルフェルが力を付けると彼女を初のエルトの王に立てた。ヴァルファントに挑み、知略で勝ち、ヴァルファントを従えた。本人は王にはなれなかったものの、娘のルフェルが王になった。知的で狡猾で好奇心旺盛。

kami
/ [名詞]科学、サイエンス、理学
[レベル]2
13:制:古:kamiir(科学)。語源不詳。mirはmiir「論理」のmirだと思われる。造語者不明。

kamian
/ [名詞]科学者
[レベル]2
rd;kami/an
23

kamt
/ [動物]鼠、ねずみ、ネズミ、モルモット、モルモットなどの類
[色]ねずみ色。dolfより少し暗い。
[レベル]2
13:制:lakta:kama(鼠)。kamaは多いとか増えるという意味で、鼠を指す。

kamz
/ [植物]ショウガ、生姜、しょうが
[レベル]2

[文化]
体を温めるとされ、冬は風邪防止に生姜湯がよく飲まれる。料理にもよく使われる。

kan
/ [名詞]缶
[レベル]2
古:kan。kanはオノマトペで、缶を蹴ったりして衝撃を加えたときの音からきている。日本語の「缶」からではない。

kane
/ [名詞]缶詰、缶詰め
[レベル]2
14:制:kana(缶)

kank
/ [名詞]飼料、餌、えさ、エサ、飼い葉、飼葉、ペットフード
[レベル]2
13:制:sad:kamkuu

kano
/ [動物]鷲、イーグル
[名詞]つめかけ、爪かけ
[組み数字]3/5
[レベル]2
lakta:「大きい爪」

kant
/ [自然動名詞][普通動名詞]成長、発展、発達、発育
[動詞]yulをa(状態や年齢)まで育てる、育てる、成長する、成長させる、栽培する、養う、子供を引き取る、扶養、育つ、発達する、発育する、伸びる
[レベル]2
tm;kai/te「大きくする」

【用例】
re kant nos. 大人になれよ。

kanvi
/ [形容詞]強い、腕力が強い、力が強い
[類義語]vien、naav
[レベル]2
20:kamavime(筋肉が多い)

kao
/ [名詞]壺、壷、ジャー、ポット
[レベル]2


kap
/ [名詞]電話
[動詞]yulについてaに電話する、電話する
[レベル]2
rt:arkalis hestia;lumim。発明者が、余っていた短めの好きな語形を選んで命名した。受話器を置くときのかぽっという音から来ているという説もある。
古:kumuluteslanが長いので別語から何らかの頭字語にしたものがkapだったが、それが何だかは誰も覚えていない。古アルカではkumuluteslan(テスランによって言う)だが、長いのでkumteだった。kumteよりもkapの方が複合語中では使われた。
*:*:
[語法]
・格組
「yulに電話する」ではない。典型的なミス。

・音
呼出音:apopo。プルルル
切れた時などの音:tuut。ツーツー
受話器を取り置きする音:ktak。ガチャ

・出るとき
tu et miir antisse.(こちらはミールです)のように、tuを使う。
[文化]
arkalis hestia
もしもしに当たるのはtixante?。相手はそれに対して自分の名を名乗る。an etではなくtu etで始める。
電話はアンセの一機能として実装されている。音声チャット、映像&音声チャットが可能。アンセは個人使用が前提なので、単体としての電話機は企業内に残っている。
電話番号はアンセのID番号に等しい。IDをじかに入力するのではなく、ケータイのアドレスと同じく短縮ダイヤルになっている。電話番号は世界共通である。つまり世界に同じ電話番号を持つ人間はいない。電話番号はアンセに登録された個人を表わす番号と同じである。端末を変えても生涯変わることはない。そのため、犯罪に使われることがないよう、番号はアンセと同じく暗号化されている。
人に電話番号を教えるときはアンセをケータイのリーダ部分に当てて読み込ませる。テレビや雑誌などで会社等の電話番号を伝える場合、日本のように何番と番号を言うことはない。画面や紙面に小さい模様のような物が表われるのでそれをケータイのカメラで写すと番号が登録される。
尚、企業用の番号は個人用とは異なる体系である。といっても使用する国民にとっては何ら違いを感じ得ない。
Mタイムを採用しているため、人といるときは電話に出ない。ただし緊急時のみ断って出る。電車やバスなどの中で話すことは許されるが、ふつうの会話同様、大きな声を立ててはいけない。
【用例】
ar kap a 〜に電話をかける
is kap a{i} 〜との電話を切る
kap tu a そのことについて〜に電話をかける
yuta kap iten{*e} 〜からの電話に出る
yuki{sek} kap iten{*e} 〜からの電話を無視する、拒否する、電話に出ない
kap lunak. 電話がかかってきた。
kap em is. 電話が切れる。電波などの具合が悪くて自然と切れること。
vina kap 電話を切る、電話が切れる。電話をかけてもいつまでも相手が出ないと切ってしまうが、そのときの切るがvina(諦める)に当たる。
yuta kap fo ktak 電話にガチャっと出る。受話器があるころの擬音。
non kapat a la tat durne sa mok. 毎晩、私は寝る前に彼に電話をしていた。
xe kapat al an im an mi atu. 私が居ない間に誰かから電話があった。

kape
/ [名詞]角、枝角
[動詞]yulをaに突っ込む、突っ込む、突進する、つっこむ。latと同じ格組。
[レベル]2
13:制:kapel
【成句】
sins kape on toto ka toto 角を見せる:台頭する、頭角を現す、頭角をあらわす
【用例】
la sinsat kape on vava ka felka. 彼は学校の体育で頭角をあらわした。

kapok
/ [動物]カブトムシ、かぶとむし、かぶと虫、カブト虫、甲虫
[レベル]2
20:kapk:14:制:kapekpo(角の虫)

kar
/ [動詞]yulを使わないでおく、取っておく、存置する、残しておく、残す、温存する、とっておく
[反意語]yol
[レベル]2
19:恣意
[語法]
まったく使わないという意味ではなく、節約してゼロにしないでおくという意味。
【成句】
kar anver 臥薪嘗胆
【用例】
kar xipl fiina non. 私の分のケーキ残しといてね。

karte
/ [サール]カルテ
[レベル]2
meltia 99 sen via:karte;kui/arte
古:karte←kui/arte。かつてエルトと考えられていた時期があったが、食物は天より地に近く、主に地が作るものであるという考えでサールと捉えなおされた。
[文化]
飲食を司る。転じて栄養、滋養などを司る。
【成句】
al karte いただきます、ごちそうさま

kartenakea
/ [企業]カルテナケア
[レベル]2
21
[文化]
イオン、セブンアンドアイ、イトーヨーカドーに相当する企業。コンビニは少ないのでスーパー小売としての大企業。

karx
/ [政治](行政単位としての)県→salai
[形容詞]〜県。前置。
[レベル]2
14:制:古:kairuxilo(大きな家)

karxe
/ [娯楽]カルシェ、トランプ
[レベル]2
古:kaade/arxe
[文化]
地球とほぼ同様のものがある。元々メル暦で13ヶ月使っていることから、月のカードとしてリディアからルージュまでが採用されている。それを聖数の4種類分揃え、春夏秋冬のカードとする。そこにおまけのカードとしてルシーラのセレンとクミールを足すと、ちょうどトランプと同じ枚数になる。トランプと異なるのは一枚一枚が数字でなく、春のリディア、秋のメルのように人名になっている点。なお、数を利用することもあるため、それぞれのカードには数も書いてある。また、セレンとクミールの数は14で固定されている。トランプは遊びや小規模の賭けに使われる。
ゲームによってカードの強さは異なるが、一般的にジョーカーのアシェットやテームス、また1番であり世界の救世主である大召喚士リディアは強い傾向にある。もちろんゲームによって1が一番使えない場合もある。

kas
/ [数学]三角、トライアングル、三角形の
[レベル]2
sorn
gege:gege

kasansel
/ [ユマナ]水曜日
[レベル]2
19

kasbad
/ [音楽]トライアングル
[レベル]2
21

kasskin
/ [名詞]あぐら、胡坐
[動詞]yulにあぐらをかかせる、あぐらをかく
[レベル]2
19:前から見たときの脚の形が三角形になる

kateej
/ [地名]カテージュ、夕月市、夕月京
[伝統色]山吹色
[アクセント]kAteej
[レベル]2
古:「テージュの場所」。「夕月」xante t'anjurから。
[文化]
アルバザードの南端の大都市。テージュ海のすぐ北。守護神はアッティ。

kateejan
/ [名詞]カテージュ人
[レベル]2
22
【成句】
silt yun kateejan 悠々自適

katis
/ [普通動名詞]救済、救世、救出
[動詞]yulを救う、救う、救済する、救世する、救出する
[レベル]2
rd;alkatis.k
23

kav
/ [動詞]yulを含む、含む、カバーする
[言語][動詞]yul在中、在中
[格詞]〜を含んで
[反意語]tix
[レベル]2
13:制:古:kupoto(口の中に)

kaxa
/ [地学]地図、道路地図、世界地図
[レベル]2
17:制:場所の図
[語法]
様々な地図を文脈ごとに指す。

kaxi
/ [料理]箸、トング
[レベル]2
lakta:割り箸
[文化]
kuikon
金属製か木製。

kaxl
/ [芸術]枠、枠線、額、額縁
[芸術]サッシ、フレーム
[レベル]2
13:制:古:kaxagil(絵の金属)

kaz
/ [名詞]ペン
[類義語]henji
[レベル]2
meltia 100:bert;e。もとはシャンテを書くときの人差し指のことを意味する言葉。ペンの意味を持つのはmeltia 423から。
13:制:古:kasazamo(書く木)
[文化]
henji
【用例】
hol kaz ペンを回す:アルバザードでは物を投げると同じく無礼なのでしないこと。
an sit kaz l'an axt kon. 書くためのペンがなかった。

kaza
/ [文字]文房具、ステーショナリー、筆記用具
[レベル]2
meltia 100:bert;kaz.k
16:制:kaz
[語法]
→hac
axtkonより広く、事務や学校で使う定規や電卓など文具全般。
meltia 100に悪魔ベルトが開発。光の魔法で空中に文字を書くもので、筆記用具や紙の質に字体が影響されず、幻字のような曲線と直線を組み合わせた文字が最初から可能だった。

kazet
/ [名詞]シャープペンシル、シャーペン、シャープペン
[レベル]2
21:kaz/te

kazhos
/ [名詞]筆箱、筆入れ
[レベル]2
13:制:ペンの入れ物

kazka
/ [名詞]ペン立て
[レベル]2
16:制

kazn
/ [名詞]看板
[レベル]2
13:制
【成句】
yuu alin molen kazn faav 華やかな看板の下に美人なし:名物に美味いものなし

keel
/ [動詞]yulをaに包む、包む、つつむ
[レベル]2
古:ridia:リディアは包装紙を指してkeelといっていた。セレンは包装紙と思っていたがそうなのかは不明で、リディアに聞いても思い出せないどころか、そんなことがあったのかさえ覚えていなかった。語源はもはや不明。

keetoia
/ [地名]ケートイア
[レベル]2
kk;keeto/dia「ケートの街があるところ」
kako
[文化]
メテの使徒イムルの支配地。

keetoia(2)
/ [アトラスの国家]ケートイア、荊国。アデュなど、厳しいイメージが付きまとうため荊。同時に音符にもなっている。
[レベル]2
kk;keeto/dia「ケートの街があるところ→首都ケートのある国」
kako
[文化]
面積:700250.889024 km^2
imul 10 レスティルからケートイアが独立。アルバ二世は対抗する戦力がなく、これを承認。レスティルをアルバザードと改名する。

kei
/ [動詞]yulをaまで追う、追う、追いかける
[反意語]elf
[レベル]2
19:古:kelya
kelya:kelya

keiluko
/ [動詞]yulに追い付く、追い付く、おいつく、追いつく→luko keil
[レベル]2
20

keirak
/ [動詞]yulを追い越す、追い越す、追いこす→rak keil
[名詞]追い越し、追いこし
[レベル]2
20

keis
/ [植物]ナガイモ、ヤマイモ、ヤマノイモ、ジネンジョ、山芋、長芋
[レベル]2
19:kem/sui(胃の芋)→kesi→言いにくいのでkeis。
[語法]
山芋と長芋は同一視される。実際にアルバザード人が食べているのは長芋。
[文化]
胃に良い芋として、アルバザード人に好まれる。これに含まれるムチンが胃粘膜を保護するため。
rdではパールが東国に行った際にお土産として持って帰り、胃に良いという原住民の話を信じてセレンに食べさせたところ、元気になった。それからセレンはナガイモをアルバザードでも生産させ、それに倣って人々がナガイモを食べ始めた。それがレイユまで続いている。なお、少量の醤油をかけて食べる。

keke
/ [動物]鮭、サケ、鱒、マス
[レベル]2
13:制:『制定語彙』kekoeli(旅をする魚)
[語法]
サケとマスの区別はない。

kekko
/ [感動詞]ようこそ
[感動詞]どうぞどうぞ、どうぞ、ぜひ、是非
[動詞]yulを受け取る、受け取る→mix,yu
[動詞]yul(人)をkaで歓迎する、yul(人)をkaで出迎える、歓迎する、出迎える→xitil
[感動詞]いらっしゃいませ、いらっしゃい
[反意語]xant
[レベル]2
古:keko(来る)、kekkokekko(ようこそ)。non nahyu ker tis kekko tu(私はあなたが来て嬉しい)の意味で、kekkokekkoと繰り返して使った。
[語法][文化]
・ようこそ

人を歓迎するときはkekkoという。家に招待するときに使うが、パーティなど人の集まりの輪に入れてやるときもkekkoという。言われた相手はsentantと返す。また、販売店の店員はkekkoといわない。店は客を歓迎するのではなく、客と売買をする場だからである。ゆえにsoonoyunという。
ただし、店員がホスト役になる店ではkekkoという。つまり旅館やホテルではkekkoという。メイド喫茶は自分の家のメイドという設定なのでいらっしゃいではなく、milunan(おかえりなさいませ)だろう。
小さな小売店や個人商店の場合はむしろsoonoyunでなくkekkoのほうが妥当。soonoyunと個人商店で言われると知人や町の人に挨拶されたかのような気になる。
バスや電車など、人を運ぶ業務はsoonoyunという。不動産も物を売るのでsoonoyunである。客を招待した場合、ホストはパーティなど、迎える用意をしておき、歓迎する。時間は大抵ホストが決めているのでホストの家に迷惑ということはない。また、前触れなく客が来るということはまずない。友人の家に遊びに行く場合でも予め連絡は取っておく。いきなり行くと迷惑。

・どうぞ

人の行為などを歓迎するときに使う。

kekkokekko
/ [感動詞]ようこそ
[レベル]2
古:kekkoより丁寧
[語法]
kekkoより丁寧。

kekl
/ [動詞]yulをaに呼ぶ、呼ぶ、来てもらう、召集する、召喚する、呼び出す、誘う
[名詞][動詞]再生、再生する。CDプレーヤーやビデオなどのテープなどを。
[反意語]solk
[レベル]2
14:制:kakl←不明
【用例】
☆an keklat la amol esn ant. 彼女を傘に入れてあげた。

keks
/ [普通動名詞]旅行、旅路
[動詞]yulを旅行する、旅行する、旅する
[レベル]2
14:制:koks(長い旅行)
[文化]
ディアセルとメルセルは国内で過ごすことが多いので、特に決まった時期はなく、スケジュールの調整がつく時期にごっそり休みを取って行く。国内の場合はカテージュやアルナが人気。国外ではやはりルティアやメティオが人気。
日本人と比べるとアルバザード人は旅行好きではなく、近場の国内で遊ぶことが多い。日本の場合は国内旅行のほうがかえって高くついてしまうからかもしれない。アルバザードだと国内のほうが安い。
団体行動は苦手なので、ツアーやパックは利用しない。そういう国民性なので旅行代理店はなく、チケットを各自取って行く。
【用例】
tat salt, an keks nelt ok xite lana fonl hart. 毎年夏には家族で避暑地に行く。
an keksat lax dipit l'an xem lax. 気の向くままどこかに旅行に行きたかった。
an keks van haas ano. 予定通り旅行に行くつもりだ。

keksan
/ [名詞]旅行者、旅人
[レベル]2
22

kel
/ [動詞]yulを忘れる、忘れる、忘却する
[普通動名詞]忘却
[レベル]2
19:kol:13:制:古で知るはloで、状態動詞。「知識を中に入れる」という意味のkoloというのがあったが、「精神」の意味のkoloに消されてしまっていた。制ではn対語彙として復活させた。
[語法]
kel ixmだと「ノートの存在自体を忘却する」という意味。「置き忘れる」の意味ではない。〜し忘れるには副詞のkelanelを使う。
ところで日本語の「置き忘れる」にはふたつの意味がある。ひとつは「本来持って帰るべきところを忘れて、置いたままにしてしまう」。ひとつは「きちんと置いておかなければならないのに、置くのを忘れてしまった」。前者はev kelanelで、後者はen ev kelelである。英語のforget to doは後者に相当する。
【用例】
an kelat sen tu et hart. 暑さを忘れることができた。
la en netat an kelel. 彼は私を起こし忘れた。
an kelat enz tu. そのことを忘れようとした。=そのことを頭から振り払おうとした。

kelk
/ [音楽]曲、ソング、歌
[類義語]miks、lem
[レベル]2
fv
21:古gyakeriku(歌)

kem
/ [生物]胃
[レベル]2
古:kem
【成句】
til kem lis 小食だ
til kem e mel ほとんど何も食べない
til kem e ridia 食べようと思えば大食できる体質だ
til kem t'ovi 大食だ、大食いな
【用例】
ol el til kem lis, son el et valn tex ela. 報告によると小食は体に良いらしい。

kems
/ [動詞]yulを摘む、摘む、つむ、抜く、引っこ抜く、摘み取る、むしる、毟る
[反意語]tonx
[レベル]2
@19

kend
/ [動詞]yulをiから降ろす、降ろす、おろす、降りる、降ろす、下りる、下ろす
[反意語]koa
[レベル]2
15:制:kond(降りる):古:koa

keno
/ [接続詞]〜の
[レベル]2
f;keは「方向」
古:所有や所属など、修飾を表わす語で、後にeに代わった。kenoは修飾語+keno+被修飾語の語順であった。たとえばnon keno hacmaで「私の勇者」の意味。だが、後に生まれた古アルカのeは制アルカのeと同じくkenoに対して順番が逆転している。これは古アルカの語順がSOVからSVOに変わったときに起こったことである。
keno:keno::tu,alt:tan,dm
【用例】
arubazard keno arna アルバザードのアルナ
non keno hacma 私の勇者様。ザナのことでもある。

kent
/ [動詞]yulをaに招待する、招待する、招く、まねく
[普通動名詞]招待
[レベル]2
19:ketr:13:制:ketrei(来ることを依頼する)
[文化]
招待状はヴェレイでメールになり、アレイユでもアンセによるメールが一般化している。パーティの招待は遅くても数日前にはされる。

keom
/ [交通]行き方、道
[レベル]2
21

kern
/ [生物]翼
[魔法]ケルン(トベルーラ)。風の古代魔法。ルテの上位版。高く自由に飛ぶことができる。参照lute
[名詞]バイク、オートバイ←faldis
[類義語]frens、mileel
[レベル]2
mt
古:ker jina(つばさ)。「空へ」が原義で、後にkernになった。リディアとクミールが1997年パールとメルの調査『高好感度幻字調査』において共に上位14位以内に入れた語。
kerjina:kern:la milet:faldias,vx
[語法]
羽が集まってできたもので、空を飛ぶのに使う。
[文化]
絵画において翼は飛翔の象徴として用いられれることがある。霊人はユノを使って自由に飛べるが、飛んでいることが絵画の中で判然としない場合は、飛んでいるということを表すためにあえて翼を象徴的に付けることがある。アルバザードの国章などがその代表例である。

kernakor
/ [植物]わかめ、ワカメ、若布、若芽
[レベル]2
19:ridia:arbaxelt:羽状に広がる大きな海藻だからか。

kert
/ [言語]括弧、カッコ、かっこ
[レベル]2
13:制:古:ker〜tu構文のkertu。kerはかっこで、tuはかっこ閉じ。昔はker〜buだった。

kese
/ [料理]まな板
[レベル]2
14:制:alakta:ksen(プラスチックまな板)

kessalt
/ [名詞]来年
[レベル]2
rd;/
23

kessel
/ [名詞]翌日、よくじつ、その次の日、あくる日
[レベル]2
19

kessoot
/ [名詞]来週
[レベル]2
rd;/
23

kesxelt
/ [名詞]来月
[レベル]2
rd;/
23

ketena
/ [名詞]泣き虫
[レベル]2
rd;eketone/ena
22
[文化]
til ketena 泣き虫だ

keyu
/ [名詞]客、お客さん、ゲスト
[反意語]stal
[レベル]2
19:kekko yu(歓迎を受ける)
[語法]
店の客はtauan。

kib
/ [名詞]棚、シェルフ、ラック、荷物棚
[レベル]2

【成句】
yui lei ka kib e ridia リディアの棚で本を探す=見つかるはずのないものを探す、無駄骨を折る、無駄足:アルバシェルトを作り上げたリディアは万物を勉強するほどの努力家で、書架にものすごい量の本があることから。

kil
/ [名詞][料理]刃、刃物
[動詞]yulを切る、切る、斬る
[言語]キル、中止調
[類義語]avans
[レベル]2
f;ki/al「物を動かす→物を変化させる→切って形を変化させる」
13:制:古:kili(切る)。日本語の「切る」とは無縁。韓国語のカルとも無縁。このkiは変形するという意味の前期アルカからの音象徴。
kili:kil::kalu,alt, kali,alt
[語法]
nia
【用例】
☆an nat tu et sort yun kil. 身を切るような寒さだった。
an kilat xaki a tifa. 私は卵を半分に切った。

kild
/ [政治](行政単位としての)州→salai
[レベル]2
19:ridia:kilkad(国を分かつ)

kilm
/ [名詞]チャンス、機会、好機
[レベル]2
13:制:古:kilimel(チャンス)。「切るとき」が語源。リュウの造語。
【成句】
haas kilm 折角、せっかく、折角だから
kilm ilia 一世一代
kilm veer 千載一遇
【用例】
lana kilm kes 出直す。またの機会を狙う
ti den tifl tu kilm. このチャンスを逃すなよ。
le at ko kilm rat loten yur kilm. 10に1つのチャンスだった。
an sit kilm. チャンスがなかった。

kilmet
/ [動詞]yulを切り落とす、切り落とす
[レベル]2
22

kilp
/ [動詞]yulを煌かせる、煌かせる、きらめく、きらめかせる、きらっと光る、煌く、閃く
[動詞]yul(下着など)をチラっと見せる、チラ見せする
[名詞]ひらめき、閃き、きらめき、煌めき、閃光、一閃
[名詞]スラッシュ、/記号
[類義語]avans
[レベル]2
13:制:kilpaa(刃の光)
【用例】
kilp veltel 鈍く光る

kils
/ [形容詞]細かい、仕事が細かい、切り方が小さい、繊細な、デリケートな、念入りにした、精巧な、精巧にした、まめな、マメな、几帳面な、精度が高い、詳細な、仔細な、詳しい、くわしい
[料理][動詞]yulを細かくする、細かくする、刻む
[文頭純詞]厳密には、厳密に言えば
[反意語]wan
[レベル]2
13:制:恣意

kim
/ [動詞]yulを曲げる、曲げる、歪曲する
[形容詞]曲がった、曲がっている、くねくねした、歪曲した
[言語]キム、昇降調
[反意語]knak
[レベル]2
f;ki eks "ov"

kim:kim:kim

kin
/ [形容詞]つらい、ツライ、ツラい、しんどい、辛い、きびしい、キビシイ、キビしい、厳しい
[類義語]viit
[反意語]nafar
[名詞]困難、苦労、苦境、耐えがたい困難。難しいという意味の困難はxep。
[レベル]2
13:制:恣意
[語法]
se kinで「ひどく」。程度の強さを表す。ネガティブな意味とは限らないが、ネガティブな雰囲気は残っている。「切望」という感じがする。laxとともに使うと「どうしても〜したい」というニュアンス。badlyに近いが、se yamとは言わない。日本語でも「ひどく」とは言うが、「辛く」とは言わないので、アルカ独特の言い方に注意。kinと脚韻を踏むため、kin tinの形で使われることも多い。
【成句】
ridia en ser kin e liiza 親の心子知らず
【用例】
fis at sel kin. 今日はしんどい一日だった。
tu at kin xel an lab var sel. 一日中働くのはつらかった。
tu et kin xel an akt vil la xi tur. 彼にもう会えないのはつらい。
tu et kin xel el ter xax t'alf del felpant le lu et looa al fol 3 miv 20 fei as. 苦手教科である数学の講義を3時間20分も受けるのは辛い。

kip
/ [動詞]yulを測る、測る、はかる、量る、計る、計測する、計量する、測定する
[普通動名詞]計測、計量、測定
[レベル]2
14:制:恣意
imai:imai

kipar
/ [名詞]計器、計り
[レベル]2
19

kist
/ [植物][建築]芝生
[動詞][ネガティブ]yulをiからさぼらせる、サボる、さぼる:セルメルで、授業をサボった生徒が構内の芝生で寝っころがって友達と遊んでいたことから。
[レベル]2
初:istは不明。kは生命?
[語法]
手抜きしてやるの意味でなく、欠席するという意味のサボる。
【用例】
den kist i felka. 学校をさぼるな。

kitta
/ [名詞]スタート、起点
[交通]ターミナル、ターミナル駅
[反意語]tokka
[レベル]2
20:melidia xier:kit/ka

klal
/ [名詞]空間、スペース、場所
[類義語]boppo
[レベル]2
20:kla:13:制:古:kalbu(世界)
[語法]
物理的な空間だけでなく精神的な空間でもよい。

klandi
/ [言語][文字]大文字
[反意語]lemal
[レベル]2
rd;klandia「飾り文字」
21
[文化]
<概要>

rdで幻京書体ができたときに合わせて作られたもの。
小文字の弁別性の向上、曖昧さ回避、装飾文字として作られた。
従って地球と逆で小文字のほうが先にありきで、大文字は装飾用などとして後からできた。

<用途>

デザインや強調に使う。いずれも大文字の使用は義務でない。
英語と違って固有名詞なども義務でない。

・見出し:Lei e Miir:語頭のみ。機能語を除く。
・人名:Lein Yutia
・強調:tu et RIDIA l'alkat tu fia da.
・見出し強調:LEI E MIIR, LEI e MIIR
・似た文字の弁別:tu et t, T tisee, en k a.
・神の名と普通名詞の弁別:Ardu del mirok ont ardu t'eria
・外国語の音素:Sで[θ]など。この用法の場合は必ず大文字にするか小文字にアクサンを付ける必要がある。

<成立>

t:横棒を追加
k:横棒を追加
x:横棒と捻りを追加
s:反転し、横棒を追加

n:旧字に横棒を追加
v:旧字に横棒を追加
f:幼字fiinaの変形
m:横棒を追加

d:旧字の上半分を切除し、縦棒を追加
g:旧字を巻かず、縦棒を追加
p:反転したものと融合
b:縦に反転させて融合

h:幼字homyu
y:四方に反転させ融合
c:四方に反転させ融合
r:yを傾ける

z:二字重ねる
j:二字重ねる
w:横棒を追加
l:横棒を追加

a:横棒を追加
i:横棒を追加
o:横棒を追加
e:縦に反転して融合させ角張らせる
u:縦に反転して融合させ角張らせる
q:反転して融合

klas
/ [名詞]鋏、ハサミ、はさみ
[レベル]2
arxe:klas 参考:sorn:homyuas→homs(鋏)
:::omuli,alt

klea
/ [名詞]粉、パウダー
[レベル]2
sorn:紅茶用の角砂糖。hoeはhoaなどと区別が付きづらく、hoだとむしろ塊を想像するため。
:::ka,alt

kleevel
/ [エルト]クレーヴェル
[名詞]5時
[名詞]南南東
[交通]クレーヴェル通り
[音楽]ミ
[組み数字]5/12
[類義語]lev
[レベル]2
meltia 4:kleevel;e

[文化]
アルミヴァの5番目。エルトの右足から生まれた。太陽を司り、正義や秩序を重んじる。太陽を司ることと天のエルトであることから、天気や天候も司る。コノーテの兄。創世記ではよく審判を下す。長い杖を武器とする。厳格で規則的で潔癖。自分の正義に逆らうものを許さない。
【用例】
kleevel xat jan. 日が照っていた。

klei
/ [言語]小説、ノベル
[レベル]2
13:制:sorn:kmiirlei(クミールの好きなジャンルの本)
【用例】
atte on isk klei! 小説読むの頑張って!
tio, non isk lan klei ka ez im esk. 雨の時はただ部屋で小説を読んでいたい。
tu et xep xel el axt fast e klei. 小説の要約を書くのは難しい。

klel
/ [名詞]辞書、辞典
[名詞]事典←famklel
[名詞]大きな本、大著、本
[名詞]論文集、大きな論文、大作の論文、論文
[レベル]2
13:制:klelei(言葉の本)
[語法]
通常は辞書を指すが、一般書籍でも辞書であるかのように大きなものや、論文でも長いものや論文集などについてはklelともいえる。
[文化]
最初に作られたのはカコで、魔法用の語彙リストとしてであった。

・diafan e klel alxa aaj xin nos leix ax wel vet a klel. 辞書の編集者は辞書にどの単語を載せるか決めてはならない。

セレンがrdでdkの制作理念として挙げた言葉。辞書にどの単語を載せるべきかを編集者が決めるのはおこがましい。辞書に何の単語が必要であるかは引き手が決めるものだ。そして引き手はあらゆる単語を調べる可能性がある。可能性がある限り、この世に存在するあらゆる言葉を採録する必要がある。セレンはそのように考えた。この考えは後世まで受け継がれ、dkやfelpeなどもすべて引き継いでいる。
現実のセレンも同じように考えている。百科事典でもウィキペディアでも国語辞典でも、掲載基準などというものはあってはならない。特にパソコンが普及して電子辞書が作れるようになり、紙面の都合がなくなった現代においては、ますます掲載基準など設けてはならない。辞書とは引き手のあらゆる可能性に対応できなければならない。その意味でどんなスラングであれ、特定のゲームにしか出てこない魔法の名前であれ、全く無名な固有名詞の情報であれ、辞書はあまねくすべての概念を網羅していなければならない。そういう意味でセレンにとって最も辞書らしい辞書はグーグルである。最大の辞書はニッコクでもOEDでも、ましてやウィキペディアでもない。グーグルである。

klen
/ [経済]銀行
[レベル]2
sorn
[文化]
革命後は国の機関として存在する。いわゆる日銀しかない。

kliiz
/ [組み数字]3/28
[交通]クリス通り
[名詞]クリス組。アルナ大のクラス。
[レベル]2
22

kliiz milee liisia
/ [人名]クリス=ミレー=リーシア
[組み数字]3/28
[レベル]2
古:クリスは不詳。ミレーは6年リディアとミルフが与えた「踊る」という語。クリスは格闘技がうまく、踊っているようだからという。リーシアは『カコ』から。クリスの古アルカでの意味は「言葉少ない」。
[文化]
→lisverant
(tif 8 dyu rav→)
第4期4代アルシェ第3使徒。女性。amma。170cm、62kg。髪は黄色い金色で背中まで長く、少しくせっ毛で、三つ編みを一本にして結んでいることが多い。青の瞳。肌は白:黄=8:2。

・『ミールの書』より

 そう言うと女性はおおらかに笑った。女性はセルフィッシュガーデンの女性の中では大柄な方で、170cm近くもあった。体格はスレンダーであり、豊かな胸元と良く締まっている腰元が非常に肉感的な印象を与える。流石にこんなドレスを着ているだけのことはあるなとミールは思った。こう言ってはなんだが、リディアのように比較的少女時代のままの体型で成長した女性にはあまりにそぐわない服装だとも思った。先のアッシュもこの女性の様に魅力的なだったが、アッシュに比べるとこの女性の方が活発に見える。
【成句】
kliiz tis yun yunk ok fava ドレスを着ればクリスでもおしとやかに見える:馬子にも衣装

klik
/ [地学]島
[形容詞]〜島。前置。
[レベル]2
sorn 参考:古:kalli。水で周りを囲まれ、他の土地から孤立させられた土地。
kalli:kalli:lu kalli:rai,li

kloa
/ [名詞]物語、ストーリー
[レベル]2
20:klo:13:制:sorn:kuloas
【用例】
kloa xa pelsen kont vox xa kloa. see seles xa les til vox e. 苦悩あるところに物語があり、物語あるところに意志がある。そして意志ある者には魂が宿る(『ネギま!』「263時間目」ネギ=スプリングフィールド)
"lu solsat lax selan mal kloa luut veil dia luut sil sedo" 「人の記憶に残ることが、夢を生かすことだから」

kls
/ [演繹音]きしきし、キシキシ、きし、キシ、きしっ、キシッ、ぎしぎし、ギシギシ、きー、キー、ききー、キキー、きっ、キッ、きーっ、キーッ、ぎぎーっ、ギギーッ、ぎぎー、ギギー
[レベル]2
22

kmiir
/ [組み数字]28/28
[交通]クミール通り
[レベル]2
22

kmiir mete
/ [人名]クミール=メテ
[組み数字]28/28
[レベル]2
古:クミールは語源不詳。古アルカでの意味は「口頭弁論」。メテは『カコ』で、本来はドゥルガ側なのだからソーンのクミールが撰ぶ姓としては不適当。
[文化]
→mirverant
第4期4代ルシーラ・エ・ソーン。女性。yunk。160cm、39kg。髪は濃紺がかって見える艶のある黒で肩まで届き、直毛。黒の瞳。肌は白:黄=4:6。
兄弟は無し。8歳で母親を事故で亡くす。17歳でルシーラに就任。虚弱体質で、心も非常に繊細。容姿が非常に美しく、アシェット一のユンク。ルティアの文化に憧れている。
【成句】
in kmiir, tu fia et lol nod lei tiil. 見よクミール、世界は君の本より面白い:事実は小説よりも奇なり。引きこもったクミールに対してセレンが送った言葉から。

kn
/ [演繹音]コン、こん、コンコン、こんこん、ごん、ゴン
[レベル]2
22
[語法]
ノックするような音。

knak
/ [形容詞]まっすぐな
[動詞]yulをまっすぐにする、まっすぐにする、真っ直ぐにする
[類義語]dakknak
[反意語]kim
[レベル]2
16:制:まっすぐ行く。開音節だと形容詞としていいづらいCCV構造なので、制knaは不採用。

knk
/ [演繹音]ぐき、ぐきっ、グキ、グキッ、めき、メキ、めきっ、メキッ、ぐにっ、グニッ、ぐにゃっ、グニャッ
[レベル]2
22
[語法]
ぶつけて捻る音。捻挫、突き指などの音。ぶつけてぐにゃっとする音。
【用例】
an tilik vix on las fo gnog im las ik dakt a elen. 手を机にぶつけてグキっと怪我をした。

knoos
/ [名詞]謎、ミステリー
[名詞]問題、設問
[形容詞][ポジティブ]不思議な、神秘的な、風変わりな
[反意語]zal、erseer、rexir
[名詞]テストや試験に出てくる問題
[レベル]2
fv;kuunosteira.k
古:使徒ミルフの名のkunOosが語源。kunOosは彼女の疑問文調の口調をからかう言葉で、疑問というところから謎という意味になった。
knoos:knoos:lu felmat
【用例】
na knoos a 〜を不思議に思う

koa
/ [動詞]yulをaに乗せる、乗る、乗せる、積む、重なる、重ねる
[経済][動詞]yulをa(一部二部など)に上場する、上場する
[反意語]kend
[レベル]2

【用例】
koa a lop 電車に乗る
koa lep al amo 荷物を車に載せる

kok(2)
/ [擬音]カツカツ、コツコツ、カッカッ
[レベル]2
20:kalie

kokim
/ [名詞]同時
[文頭純詞]同時に
[レベル]2
21

kokkan
/ [名詞]シーソー
[レベル]2
古:kokka←kokkan

kokko(2)
/ [幼児][言語]ことば、言語、言葉
[レベル]2
20:子供(ルシア)がよく出す「こっこ」という謎の喉音から

kokkoen
/ [yunte][接続詞]kokko。〜を伴って。〜を使って。
[レベル]2
20

koknif
/ [名詞]同級生、級友
[レベル]2
19:melidia alis

koko
/ [動物]鳩
[レベル]2
13:制:古:kokkoo (泣き声のオノマトペ)
::la verial
[文化]
まぬけで群れるという象徴。平和という意味はない。
鳩は暗い所で大人しくなる習性があるため、手品師に好んで使われる。
鳥のプロトタイプ。
【成句】
elf yun koko 鳩のように逃げる:蜘蛛の子を散らすように逃げる

koksaim
/ [名詞]同じクラス、クラスメート、クラスメイト、同級生
[類義語]felmei
[レベル]2
19:melidia alis

kol
/ [名詞]片方
[反意語]io
[レベル]2
rd;↓
19:xion:ko/tul(ひとつのもの)

kola
/ [名詞]仲間、味方、同類、同志
[娯楽][軍事]友軍、同盟軍
[形容詞]味方の、友軍の
[反意語]retl
[レベル]2
古:同じ人

kolo
/ [名詞]精神、マインド、理性、思性、悟性
[反意語]main
[レベル]2
f;e
古:kolo(精神、金)
kolo:kolo:lu kolo:koi,alt
[語法]
envelen
[文化]
→seles
精神は第一頸椎、首と頭の間に座す。この部分をkolonという。ルクレティアによって特定された部位で、fvなどにはここを指す言葉がなかった。現代医学的に見ればこの場所は自律神経と深く関与しており、ここが冷えたり凝り固まったりすると不定愁訴を訴えることが多く、精神の座と考えた古代人の身体性が非常に優れていたことがわかる。
【用例】
☆an tiflates kolo aluutel! 私の頭がどうかしていたのだ。

kolon
/ [生物]首の後ろ、コロン
[レベル]2
szl;kolo/main>kolom>kolon
21
*kolon:kolon:kolon
[文化]
kolo

kolopant
/ [名詞]教養科目
[反意語]mainpant
[レベル]2
22
[文化]
felpant

kolset
/ [格詞]〜のおかげで、おかげさまで
[類義語]man
[反意語]milgaal
[レベル]2
20:pinena:kont sent〜(〜を感謝して)が短くなって機能語になったもの。lが入っているのは語気の整えとのこと。
【用例】
an raklik kolset tiis il. 皆さんのおかげで成功しました。

kolt
/ [動詞]yulに帰る、帰る、還る、戻る
[普通動名詞]帰還、帰宅、下校、退社、帰港
[動詞][婉曲]solは死ぬ:ヴェーユで生まれた魂があの世へ戻ることから。leev atolasよりも畏まった言い方。
[反意語]terk
[レベル]2
19:制:kod(出かける)
[語法]
ある地点に戻ることを想定した出発がterkで、その帰還がkolt。

相手を追い返すときはkolt!(帰れ!)とは言わない。leev!(去れ!)と言う。
【用例】
an koltat ra ok sab eves. 濡れた服を着たまま家に帰った。
an koltat ra man tu emik velt vadel. たちまち暗くなったので家に帰った。
el kolt xaf ra alkalt varzon olta aven. 遅くとも8時までには帰らなければならない。
non kapat a maal yul nan kolt sil ra novel. お母さんに電話して家に帰るのが遅くなると伝えた。

koluk
/ [名詞]一歩
[レベル]2
21:lusian

kom
/ [動物]子犬
[レベル]2
19:melidia axte:kooma

komo
/ [文頭純詞]なぜか、なんとなく、何故か、何となく、なんのけなしに、何の気なしに、なぜだか、何でかしらないが、何故か分からないが、不思議なことに
[レベル]2
f;e
古:komo。元は「何故」を意味する疑問詞だったが、「何故」がioに代わったため、「なんとなく」の意義を持つようになった。

konen
/ [接続詞]kon。〜を使って。
[レベル]2
21
[語法]
e

konia
/ [美容]ポニーテール
[レベル]2
19

konl
/ [法律]常識、通念、倫理、規範、良識、公序良俗
[類義語]anleman
[レベル]2
古:konl。元はkonlo「共通の知恵、思考」
[文化]
法律と同程度、ときにはそれ以上の効力を持つ不文律。
【用例】
til konl 常識がある

konoote
/ [エルト]善心コノーテ
[名詞]12時
[名詞]北
[交通]コノーテ通り
[音楽]シ
[組み数字]12/12
[類義語]kon
[アクセント]kOnoote、konOote
[レベル]2
meltia 4:konoote;e

[文化]
アルミヴァの12番目。エルトの左足から生まれた。善心と名高い。ルフェルとダルケスの母で、カルザスの妻。クレーヴェルの妹。慈愛にあふれ、献身的で安定を望む。

konte
/ [名詞]ウチ、身内
[反意語]tante
[レベル]2
21:古ko(ウチ)/tetona(関係)
ko:
[文化]
アルバザードのウチソト観について。
日本人はウチソトを日本文化の特徴と思いがちだが、ウチソトは外国にも見られる傾向である。
ただ、ウチソトがあればその価値観は日本と同じかというのもまた誤解である。

アルバザードの場合、ウチとソトを分けるが、キーワードは恥ではない。
キーワードは愛で、悪く言えば身贔屓である。
アルバザード人は身内や仲間などウチには甘く、ソトには冷たい。

これは歴史的に見てアルバザードが戦争を繰り返し周辺国家と戦い続けてきたことに由来する。
アルナが革命前からやや円形気味な都市だったのも城壁で囲んでいたためである。
城壁の外や国外や異邦人はすなわち敵で、脅威であった。地球でいうならフランスなどに似ている。

このことからアルバザード人はウチに対して甘い文化になっていった。
日本の場合ウチにはむしろ厳しく、身内の恥を出さないためには粛清も厭わないルティア的な考えである。

アルバザード人は身内を他人の前で褒めることは控える。
しかし本人の前では褒める。また、他人の前で貶すこともない。

kool
/ [名詞]巻物、スクロール
[動詞]yulを巻く、巻く、くるくる巻く、スクロールする
[電算]スクロール
[レベル]2
fv;e

kool:kool:kool:koolu,alt
[文化]
アルカは縦巻き。上から下に読む。
【用例】
ren isk alkalt mol kont kool. スクロールして下まで読んで。

koom
/ [親族]兄弟姉妹、兄弟、姉妹、シブリング
[レベル]2
19:ilmus:ridia:ko tomないしkok tom
[語法]
長幼と性別で4種に分類する。義理の兄弟も通常は同じように呼ぶ。血が繋がってなくても兄貴分、妹分のような間柄であれば、兄弟として呼ぶ。セレンがメルを妹と呼んでいるのはこの用法に基づく。

koot
/ [形容詞]反対の、逆の、まったく異なる、さかさま、逆さま、傘がおちょこ、服が逆さか後ろ前
[反意語]kok
[副詞][文頭純詞]むしろ、逆に、反対に
[レベル]2
rd
19:赤:kota
kota:kota:kota
[語法]
kok
【用例】
esn emat koot mil teeze vien. 強風のせいで傘がおちょこになってしまった。

kop
/ [名詞]合体、統合、一致団結、融合、ユナイト、ユニオン、包括、包括的、統一、総合、結合、併合、和合
[経済]合計、総計、トータル
[名詞]トリニティ、三位一体
[名詞]合計金額→kopgar
[数学]数学のシグマ
[動詞]yulをaに合体させる、合体させる、合体する
[形容詞]統一された、画一的な、包括的な、全般的な、合併された
[化学]合成
[経済]合併
[音楽]タイ
[反意語]dons
[レベル]2
rd;fgn
13:制:語源不詳
【用例】
xaml kop 統一的なデザイン

korga
/ [料理][植物]干し柿
[卑語]玉ぶくろ、陰嚢
[レベル]2
19:korte/gaxt
[文化]
アルバザードでは柿は生食より干し柿にして食べることが多い。柿は日本ほど人気でないが、干し柿は昭和の日本並みに人気がある。

kork
/ [動詞]yulの量を減らす、減らす、減る、削減する
[普通動名詞]減少、減量、削減
[反意語]meif
[レベル]2
19:kor kalo(少ないほうへ)
【用例】
vals kut an kork ax veld. 医者に酒量を減らすように言われた。

kort
/ [動詞]yulに耳を傾ける、耳を傾ける、聞く
[類義語]ter
[レベル]2
19:kor tem。類音はkoot, koltだが、明らかに文脈が異なるので問題ない。

korte
/ [動詞]yulをa(場所)に干す、干す、ほす
[レベル]2
19:kor teeze(風に)

korx
/ [動詞]yulをのけぞらせる、のけぞらせる、のけぞる、仰け反る、そる、反る
[反意語]kolj
[レベル]2
19:kor xos
【用例】
la naxat kont korx. 彼は体をのけぞらせて笑った。

kos
/ [名詞]方法、手段、やりかた、やり方、仕方、様式
[格詞]〜の方法で
[反意語]tex
[レベル]2
@19

kot
/ [単位]千、1000
[レベル]2
19:恣意
teep:ten

kotan
/ [農耕][地学]田、田畑、農地、耕地、田んぼ、田園、農場、農園、田圃、圃
[レベル]2
19:kotn:13:制:古:kumutuuno(田畑。植物の(育つ)土)
[語法]
野菜や穀物を育て、動物を飼育する場所。
【用例】
tentan et vokka ka kotan lana kail altuk. 農家の人々は畑で収穫に忙しい。

kotton
/ [植物]ペッパー、唐辛子、トウガラシ、とうがらし、唐芥子
[レベル]2
19:katn:13:制:sorn:kottnn(良い匂いのする実)

kov
/ [名詞]箱、ケース、漠然と道具箱、何かを収納するカセットテープのカセットのような殻、釣り道具入れ、牛乳パックのような容器
[メタファー]箱詰めされてしまわれて大事にされた物や人。箱入り娘などの箱と同じ。
[メタファー]世間知らず
[交通]車両、車体←palko
[電算]ドライブ
[類義語]kofel
[レベル]2
13:制:古:kove(箱)(中(ko)が暗い(ve))
kove:kove
[語法]
代表的な収納容器。様々なメタファーに使われる。temkとの違い。kovは収納目的が強く、temkは貯蔵目的が強い。また、kovは大事に手元に収納しておこうとするので箱入りという意味にもなる。
【用例】
tu et vil mer xel an flox le kov dad. 私があんな重い箱を運ぶなんて不可能だ。

kova
/ [医療]カプセル
[レベル]2
16:制:kov

belkasoz
/ [料理]換気扇
[レベル]2
16:制
【用例】
ar belkasoz 換気扇を回す

kove
/ [建築]押入れ、物入れ、クロゼット、クローゼット
[レベル]2
13:制 参考:古:kove(箱)

koxe
/ [地学]沼、池
[名詞]スランプ
[レベル]2
8:fulmiia『すなおな気持ちになれる風』
:::lu elfe(アルドゥ)
[語法]
沼は湖の小さいものだが、アルカでは沼は池に近い。アルカの沼は池よりも広い。また、しばしば浅い。
【用例】
an xa tur koxe e leis. 絵がスランプだ。

kozet
/ [名詞]鍵、キー
[動詞]yulを解錠する、解錠する、開ける、鍵を開ける
[メタファー]事件や問題などを解くためのカギ
[反意語]kuki
[レベル]2
sorn:kozett(鍵)
【用例】
an nat dagd man tifl kozet. 鍵をなくしてイライラした。

kozl
/ [名詞]ロッカー、下駄箱
[レベル]2
14:制:kozkov(錠のついた戸棚)。鍵はついてないのでkoz。鍵を手に持たずにロッカーに付けてたら防犯の意味がない。

krak
/ [音楽]カスタネット、ミハルス。区別はない。
[レベル]2
21:擬音
[文化]
カスタネットとミハルスの区別はなく、学校では演奏が簡単なミハルスが用いられる。
【用例】
krak krok, krok krik カチャカチャと鳴らす音
an krak, on krok (xn うんたん、うんたん♪:an, onは休符の間合いを取る声

kt
/ [演繹音]がっ、ガッ、こつ、コツ、こっ、コッ、ごっ、ゴッ
[レベル]2
21
[語法]
ぶつかる音。
力を一気に放出する寸前の溜める音。

ktak
/ [擬音]カチャ、ドアの開く音、ガチャ
[レベル]2
19:melidia axte

ktk
/ [演繹音]カチャ、ガチャ、コト
[レベル]2
rd;haalvet
23
[語法]
ドアを開ける音、電話の受話器を取り置きする音など。

kuan
/ [名詞]話し手、話者
[レベル]2
20

kue
/ [生物]唾、つばき、唾液
[レベル]2
古:kue(唾)。原義は「口の水」。

kuel
/ [生物]よだれ、涎
[レベル]2
20:kue(唾)とmoe(滝)から。moeの元がmoelであるため、lが添加。

kuelabe
/ [被服]よだれかけ
[レベル]2
20:涎の布

kuiext
/ [料理]食べ残し、食べカス
[レベル]2
19:ridia:arbaxelt:extで造語しているのは鼻くそなどの応用だろう

kuikon
/ [料理]食器
[レベル]2
19:ridia:arbaxelt
[文化]
フォークなど、手の持つほうは材質は金属か木。子供用には木が好まれる。茶碗など、椀類は陶器か金属か木かプラスチック。子供用には木が好まれる。プラスチックは食事がまずくなると言われ、不評。料理の種類からいってアルバザードはナイフとフォークを使って食べる。ただ、箸も普及していて皆使うことができる。用途に合わせて箸も使う。箸は中国のように長いものではなく、日本のと同じように短い。料理は大皿から自分の小皿に取って食べる。席から遠い場合は人に取ってもらう。箸で渡すのは無礼。菜箸を使って皿に盛ってから渡す。食器は木製や金属製のものがあり、陶器のものもある。箸にしても金属製のものと木製のものがあるが、料理によって使い分ける。

kuil
/ [料理]食事、飲食
[レベル]2
19:ridia:arbaxelt:kui/ol
[語法][文化]
faax, harx, cuux, dunexの総称。食事の量は少なく、栄養重視。小食でもアルバザードは食料品が高く、エンゲル係数が高い。食事は朝・昼・夕・夜の4回。食事量のウェイトの置き方は家庭によって異なるが、夕は必ず軽食。品目数にこだわる習慣はないが、「これはタンパク質、これは炭水化物、これはビタミン」など、必要な栄養素が献立にあるかどうかは気にする。特徴的なのは、人種によって洋食と和食の比率を決める点。luxianは和食1回洋食2回、yultanは和食2回洋食1回が腸に適応しているというような説を信じている。アルバザードは人種のるつぼで、しかも食糧危機に瀕した経験が少ないため、マナーがほとんどないといっていい。わざわざ汚らしく食べるというようなことをしないかぎり、誰も気にしない。食事中の会話はOK。
【成句】
kuil et pita 医食同源
【用例】
kui{ar} kuil 食事をする
an nat ban a kuil. 食事を楽しんだ。
an taf kuil ras 4 tat sel ranel, tal an kui xia as. きちんと4食食べるが、さらに間食もする。

kuim
/ [文頭純詞]そういえば、思えば、そういや
[レベル]2
古:kui,kuim(今言う)
【成句】
kuim on t tといえば、〜といえば、〜と言えば

kuina
/ [医療][料理]食欲
[レベル]2
rd;/
19:xion
【用例】
kuina eles em dot im alis. 秋になると食欲が出る。
kuina liv 食欲が少ない、小食だ:本人のふだんの性向を示す。
til kuina 食欲がある:その日の体調を示す。
an si kuina man an kuit pof lex kuilsov. おやつにパンを食べたので食欲がない。

kuixaz
/ [料理]賞味期限、消費期限
[レベル]2
20
【用例】
yolx{rak} kuixaz 賞味期限を過ぎる

kuki
/ [名詞]錠、ロック、錠前
[動詞]yul(ドアなど)に鍵をかける、施錠する、鍵を掛ける
[反意語]kozet
[レベル]2
fv;kiは「動き」を示す。錠前を動かすため。

kuki:kuki:kuki
【用例】
kuki omi ranel ドアをしっかり閉める
hom kuki 鍵を開ける
vast kuki 泥棒などが鍵を開ける、正規の鍵以外でこじ開ける

kukl
/ [動詞]yulをきゃっきゃと笑わせる、きゃっきゃと笑う、くすくす笑う、へらへら笑う、笑う
[レベル]2
古:子供や女が笑う声のオノマトペ

kul
/ [名詞]話、ストーリー
[動詞]yulをaに話す、話す、伝える、言う
[見立て]液体
[レベル]2
古:kul,kual(言われたこと(但しこれは多義語))
【用例】
ekxom {ekxom e kul} 話の流れ
xookat al edat on kul sid im harp. 昼、祖母と昔の話になった。

kulala
/ [料理]食べ物、料理、飲食物、食事、ごはん、食料、食品、飲食
[レベル]2
f;ku/al/al

【成句】
kulala lad main 医食同源

kulan
/ [形容詞]空腹な、おなかがすいた
[類義語]alap
[反意語]deik
[レベル]2
20:古kui lan(食べたい)
【用例】
non es{et, tur} kulan. おなかがすいた。お腹が空いた。お腹がすいた。

kum
/ [生物][動物]動物、有生物、生物、生き物
[類義語]kuliv
[反意語]tuk
[レベル]2
f;kuは動物。


kumka
/ [名詞]動物園
[レベル]2
rd;/
23

kunon
/ [組み数字]27/28
[交通]クノン通り
[レベル]2
22

kunon valbes
/ [人名]クノン=ヴァルベス
[組み数字]27/28
[レベル]2
古:語源不詳:valbesは「最後の人」
[文化]
→kunverant
第4期4代ソーン第13使徒。女性。milia。158cm、45kg。金色の髪で、5歳の頃の紫亞のように髪を二つに結いていることが多い。長さは肩より長い。青の瞳。肌は白:黄=8:2。常にぼーっとしているように見える。たまにギョッと驚く。

・『ミールの書』による

 アッシュの左手にはクノンと呼ばれた女性がいた。彼女はリナと同じようにどこか気の抜けた雰囲気があるのだが、目つきからして元気がありそうな女性だ。
 ミールは自ら名乗った。すると突然リナがはっとして、「きゃっ!」と小さく叫んだ。その拍子に円卓の上のグラスを倒してしまい、中に入っていた水がクノンにこぼれる。ミールは思わずビクッとしてしまった。
「あぁあ、ごめんなさい、ごめんなさい! 私……ごめんなさい!」
 リナは慌ててハンカチを取り出し、クノンの服を拭く。クノンはその頃になってようやく「あーびっくりしたぁ!」と叫んだ。

kuom
/ [名詞]言い方、口調
[レベル]2
19:melidia alis

kuta
/ [生物]くちばし、嘴
[レベル]2
f;kuto.k
15:制:古:kutoku(鳥の口)

kuton
/ [動物]小鳥
[象徴]可愛いもの、小さいもの
[レベル]2
19:melidia axte:鳥に指小辞のnがついたもの
[語法]
可愛いもの、小柄なものの象徴。

kuunosteira
/ [言語][文字]クーノステイラ、?記号、?、クエスチョンマーク、急下降調→kuuno
[レベル]2
f;kuは「言う、口」でnoは「疑問」。


kuupo
/ [動物]昆虫
[類義語]veliz
[レベル]2
f;kuは生き物。

kuupo:kuupo::gan
[語法]
節足動物門の昆虫網のこと。ふつうのアルバザード人はアリのような形をしたもの程度にしか考えておらず、クモもkuupoだと思っている。

kuver
/ [普通動名詞]悪口、悪評、愚弄、けなし、貶し、罵倒
[動詞]yulをけなす、けなす、貶す、愚弄する、ののしる、罵る、罵倒する、揶揄する
[反意語]hak
[レベル]2
19:melidia axte:ku/ver。verkにするとvenkに似るため、順序を変えた。
moku:moku
【用例】
kuver xin netal 人の悪口は言うな

kuxi
/ [料理]シュークリーム
[レベル]2
16:制:kux/xai

kuyu
/ [形容詞][副詞]いわゆる、所謂
[レベル]2
古:kuyu(言われる)
[語法]
挿入的によく使われる。
【用例】
la et kuyu hardia. 彼はいわゆる聖人だ。

kuz
/ [俗語]クズ、屑、ダメ人間、クソやろう、糞野郎、ドキュン、DQN、カス、かす
[類義語]beo、kuz
[レベル]2
fv;gyuz.k
古:ovi(zana?):< gyuz(苦い奴)

kwak
/ [動物]ペンギン
[レベル]2
alakta
[擬声]
kwibuu kwibuu

kwit
/ [動詞]yulをつねる、つねる、抓る
[レベル]2
古:kuuwi,kwit,kwiig。どれも手の甲を抓る音からきている。

kwol
/ [動詞]yulに寝がえりを打たせる、ころんと転がる、寝返りを打つ
[普通動名詞]寝返り、寝がえり、ねがえり
[レベル]2
古:オノマトペ
【用例】
an kwolat ras di var vird. 一晩中寝返りを打っていた。

kyaa
/ [感動詞][rente]きゃあ!
[類義語]hyaa
[レベル]2
tm;fovet
21

kyan
/ [感動詞][rente]きゃん、kyaa
[レベル]2
tm;fovet
23

kyh
/ [演繹音]きゃはは、キャハハ
[レベル]2
rd;haalvet
23
[語法]
kynと似ており、女の高い笑い声などに使う。

kyn
/ [演繹音]きゃん、キャン、きゅい、キュイ、きゅん、キュン
[レベル]2
rd;haalvet
23
[語法]
子犬などの高い悲鳴などに使う。

kyo
/ [普通動名詞]演技、演出、劇、芝居、戯曲、演劇、ドラマ
[動詞]yul(内容や演目など)を演じる、演じる、演技する、見せかける、みせかける
[レベル]2
f;e
赤:kyo(演じる):語源不詳
[文化]
演劇はあまり人気がない。映画の方が人気がある。多くの人が映画の方を選ぶ理由は、視覚的な理由である。映画はCGやカメラワークを駆使して多彩な演出ができる。ところが演劇の場合、視点は観客の視点に固定されているし、CGも使えない。確かに演劇は一回きりでしかも生だから臨場感はあるかもしれない。だが、視覚上の華麗さは映画に劣る。声も生の声より編集して何度も撮り直してある映画の方が聴きやすい。そういうわけで演劇は人気がない。アルバザードは完成された客観的な作品を好む。失敗するかもしれない演劇は完成されていない。映画は完成してから出すので必ず完成している。だが演劇は人間がやるのだからどんなに練習しても小さなミスがでて完成に達しないことがある。また、映画は誰がどこで上映しても何度でも同じ映像が見られるが、演劇はそうではない。毎回毎回変わってしまう。この客観性のなさをアルバザードは嫌う。
【用例】
tu kyo at meklak. そのドラマは再放送だった。

kyoan
/ [名詞]俳優、女優
[類義語]ensa, liifa, dialiifa
[レベル]2
21

l(3)
/ [単位]メラ
[レベル]2
21

laal
/ [親族]母、母親
[反意語]kaan
[レベル]2
rd;laal.k
18:赤:laala
laala:laala

laala
/ [丁寧][親族]お母様、母上、おばさま、ラーラ
[レベル]2
meltia 4:yuuma;e「生みの母=ユーマから見たサール」

Sikyu, laala:laala
[文化]
親族名詞の丁寧な体系。自分の家族に対して使う場合は目上にしか使わないので、お母様やお兄様とは言うが、ご子息などは使わない。ご子息などは他人の子供に対して使う。むろん他人の母親にはお母様を使う。
ほかの親族名詞と異なり、赤の他人に対しても使うことができる。友達の母にlaalaと呼びかけることができ、自分の兄貴分にalseereiと呼びかけることができる。また、そこら辺を歩いている年の離れたおじさんに「おじさま」という意味でfreinoaと呼びかけることができる。年が非常に離れた相手にはおじいさまという意味でfillensと呼びかけることができる。

laap
/ [動詞]yulがいなくて寂しい、yulと一緒にいたい、さびしい、寂しい、淋しい、愛する、好き
[名詞]一体愛
[レベル]2
f;e(lax)
赤:望む
laap:laap
[語法]
tiia
相手がいる場合は「一緒にい続けたい」、いない場合は「いなくてさびしい」と訳し分ける。

laasa
/ [被服]ラーサ
[レベル]2
古:laasa(ラーサ)←gilaldosabe(ベルの服)。gilaldosabeが長いのでlaとsaだけ取ったものから。アクセントがlaにきたせいでlaの母音が伸びた。ベルのような形をしていることからこの名がついた。
[文化]
アルティス教徒の女性服。肩から胸にかけて身に付ける上着で、ベルのような形をしている。肩から始まって腕に沿って、肋骨が終わる高さまでの服。色の指定はない。大抵無地ではなく、何かの柄が施されている。横に線が入っていたり、花柄の模様が横に線のようになっていたりする。ふつうラーサを着ればその下にはサユを着て、下半身はルフィを履く。

lab
/ [再帰動名詞]仕事、労働
[動詞]yulを働かせる、働かせる、働く
[物理]仕事
[類義語]fas
[レベル]2
古:古のオノマトペlab lab(面倒くさそうに動く様子)から
[語法]
fasは使命感溢れる仕事や生きがい。労働対価の有無よりも使命感の有無。labは面倒な労働というニュアンスで、生活のためしょうがなくという感じ。
メタファーは山でなく荷物。従って「乗っかっている」や「重い」で表現。
【用例】
ans kit fal tu lab askel. すぐにその仕事をしなきゃならない。
an en labat lax ati soa. あまり仕事をしたくなかった。
an vierat tu lex la lab voskel vein. 彼にもう少し一生懸命働くように言った。
☆lab es xal koa a flel ant. 未だに仕事が山積みだ:山でなく荷物でメタファー。
le at lab kin xanel. それは本当に大変な仕事だった。

lada
/ [経済]製品、商品、品物、作品
[レベル]2
14:制:ladから

ladan
/ [名詞]作者、著者、著作者、製造者、作り手、創造主
[レベル]2
21

ladels
/ [普通動名詞]図工。教科名。
[レベル]2
rd
22
[文化]
felpant

ladia
/ [名詞]願いとしての夢、夢、希望、願い、ねがい、理想
[動詞]yulを願う、願う
[類義語]land、nalnias
[レベル]2
16:制:古:laap(望む)/dia(夢)
::la kardina
【用例】
ladia em lapn. 夢が叶う、夢がかなう
dert lana ladia on 〜について願いを込める
an nat ladia ik fiana im terik tu vert. その知らせを聞いたとき、夢がかなったようだった。
an si ladia on lfis. 人生に希望が持てない。
ladia imen yuli et pulleis l'en sil nem. see tu leis lad yu siltel, es ark a silmel. 子供の頃の夢は色褪せない落書きで思うまま描き滑らせて描く未来へと繋がる(『夢想歌』)
el tifl ko volxen im ladia ik lapn. --ladia da. 夢が叶うことで人はひとつ大切なものを失う。――夢を(seren arbazard)

ladl
/ [名詞]自然
[形容詞]自然の、天然の
[類義語]mivet
[反意語]lid
[レベル]2

【成句】
haas ladl 不可抗力で
【用例】
eld ladl 自然言語

ladlfel
/ [名詞]自然、自然学。理科の一分野。科目名。
[レベル]2
rd
22
[文化]
felpant

ladoova
/ [感動詞]永遠にさようなら
[類義語]santen
[レベル]2
古:la'doova。原型はluu a'doovaで、「彼女に、さようなら」という意味。この彼女とは具体的にはメルの母親を指す。
[語法]
もう会わない人に言う「さようなら」。死者を弔う際にも使える。死者を弔う際は印を組む。両手の小指を胸の前で組み合わせ、手の平を上に向けるだけ。お辞儀はしない。その印を組んだままいう。その前に死者の名を呼ぶ方が模範的。
片方の指が現世で、もう片方があの世を表す。両方の世界を指で繋いでやることによって死者が現世からあの世へ滞りなく渡れると考えられた。また、古では死人にしか使わなかったが、もう会わないという意味で恋人などと別れるときにも使える。

laen
/ [医療]マスク
[名詞]仮面、ペルソナ
[名詞]扉→lei
[レベル]2
17:制:lakta
[語法]
仮面も風邪マスクのようなマスクも含む。
[文化]
西洋と真逆で、日本以上に風邪のときはマスクをする。

laf
/ [動詞]yulをaに貸す、貸す、貸し出す、貸しだす
[類義語]staig
[反意語]rip
[レベル]2
17:seren:klel:恣意

lafrei
/ [親族][丁寧]夫、旦那さん、だんなさん、ご主人
[類義語]amir
[反意語]lamiina
[アクセント]lafrEi
[レベル]2
20:「あの剣」→「あなたの剣(守ってくれる人)」
[語法]
lamiina

laft
/ [形容詞]上品な、優雅な
[反意語]belea
[レベル]2
13:制:古:luftan(上品)。「ふわっとスカートがなびくようにする」が原義。
【用例】
[メタファー]laft yun kmiir クミールのように優雅な

lals
/ [被服]ケープ
[レベル]2
古:lals←gilaldsabe(ベルの服)。laasaと同語源。

lamb
/ [動物]蟻
[政治]たむろす小者、野党
[名詞]団体行動で同じ事をする人
[レベル]2
13:制:lakta:lamp
【成句】
hao lamb si seles, tal til livro 確かに蟻にセレスはない。しかし命はあるのだ:一寸の虫にも五分の魂

lami
/ [名詞]危険
[経済]リスク
[形容詞]危険な、危ない
[反意語]vind
[レベル]2
13:制:古laamun(危険)「死ぬかもしれない」が原義。
【用例】
lami tin ハイリスク、リスクが高い
lami kal ローリスク
tian xa lami. 恋人の身が危ない。
eet fit sen gil kont fit lami. 株は金になるかもしれないがリスクがある。

lamia
/ [名詞]若い女、若い女性
[類義語]min
[反意語]frexxe
[レベル]2
20:mel:frexxeというのをクミールの口から聞いて意味を知ったとき、"son min lif et to?"とメルが問うたところ、クミールが"tu si kootvet im tur"と答えたため、メルがその場で造語したもの。la miina(あの花)が語源。
[語法]
おおむねmana/naatだが、tonaを含むことも。

lamiina
/ [親族][丁寧]妻、嫁、奥さん
[類義語]minti
[反意語]lafrei
[レベル]2
20:「あの花」→「あなたの花」
[語法]
主に他人の妻について言及する際に使う。奥さんに相当。

lan
/ [名詞]人、人間、霊人
[生物]霊人科、ユーマの一族
[レベル]2
frf;lantis
13←古:lantis(霊人)
lantis:lan:lu lan, la lan:sa,alt
[語法]
→huuma
霊人科の動物。aten下の科であり、ユーマの一族と同義。ヒト科の動物とよく似ている。大量のヴィードを扱うことができるが、この特徴はrdまで。

land
/ [動詞]yulを期待する、期待する、楽しみに待つ、yulが待ち遠しい、yulはまだかな、yulを信頼して期待する、待ち遠しい
[名詞]期待、希望、望み
[形容詞]期待された、待ち望まれた、歓待された
[反意語]diver
[レベル]2
14:制:恣意
【用例】
tee, tyu land fonl la alk tyu siina. 彼が手伝ってくれるなんて期待しちゃダメよ。
non land nan akt la. 彼に会うのを楽しみにしている。
an land nos ar sil saezon kinel. スキーに行くのが待ちきれない。

lankhal
/ [名詞]左上
[レベル]2
20

lankins
/ [生物]左目
[レベル]2
19:melidia alis

lanklas
/ [生物]左手
[レベル]2
19:sonohinoki

lankmol
/ [名詞]左下
[レベル]2
20

lanko
/ [名詞]男の子、少年、ボーイ、青年、男子
[類義語]vik
[反意語]reiyu
[レベル]2
古:lantisから来ている。
[語法]
allazとalmanaの総称。

lanksa
/ [名詞]左前
[レベル]2
20

lankxi
/ [名詞]左後ろ
[レベル]2
20

lanla
/ [名詞]おばさん、オバサン
[類義語]lanlan
[反意語]tette
[レベル]2
古:laala(母)から。

lanlan
/ [名詞]おばちゃん、おばさん
[類義語]lanla
[反意語]tetten
[レベル]2
20:lanla/n

lanon
/ [親族]どら娘
[レベル]2
19:ridia:lant/non(綺麗だった頃の私)

lanos
/ [代詞]彼自身、彼女自身
[反意語]lunos
[レベル]2
rd;/
23

lans
/ [名詞]天使。人間を救済する存在。また、そのような人間。
[生物]神科と魂科の総称。mirokからlinsを抜いたものに等しい。
[類義語]rzark
[反意語]lins
[レベル]2
古:lans(善人、天使)←lantis(霊人)
[語法]
アルカには神の遣いのようなイメージや語義はない。
寝ている子供を天使のようだと褒めるのはアルカでも同じ。

lant
/ [形容詞]美しい
[類義語]limi
[反意語]beim
[丁寧]おいしいの上品な言い方:19だが、右記を見る限り、源流は古い様子
sert
[レベル]2
14:制:古:lin(綺麗、美しい)ないしlimi。
limi:limi:limi:kikilu,alt
【用例】
laz lant 美しい少女
fin xelt et lant, ridia et lant vein. 月は美しいが、リディアはもっと美しい。

lantia
/ [丁寧][親族]ご息女、お嬢さん、お嬢様、ランティア
[レベル]2
21:lant/miva(美しい子)
[文化]
laala
【用例】
"ilpasso e? lantia" お嬢さん、大丈夫ですか。

lantis
/ [名詞]ランティス、使徒、アシェットのメンバー
[名詞]使徒。ljのミロク革命の体制側を表す言葉。メルを始めとするアヴァンシアンの幹部やリディアを始めとするパイロットのこと。
[名詞]有能な部下、近しい部下、直属の部下
[シェルト]駒、コマ。テームス以外の駒
[名詞]大学院生、院生
[名詞]1代=28年
[組み数字]28
[レベル]2
f;e 個体,f>個々のアテン,fv>人間,frf>lan(人間),lsl>使徒,lss
古:lantis(霊人)。lantse,lantsa,katar,liberal。元は霊人という意味だったが、事実上これが適応されたのはラシェットのメンバーと少しの例外だけだったため、ランティスというとラシェットのメンバーとほぼ同義だった。今回はlanが霊人という意味なので重複するから、これをラシェットのメンバーとした。単にラシェットのメンバーというとkatarで、アシェットのメンバーはlantisという区別を与えた。
lantis:lantis:lu lantis, la lantis
[語法]
ルシーラとハルマを区別しない言い方ともいえる。リディアからクミールまでの28人を指す。

lantismelzkant
/ [音楽]ランティスの子守り歌、ランティスの覚え歌、使徒の子守り歌、使徒の覚え歌
[レベル]2
22
[文化]
mel 16ごろに作られた使徒の覚え歌。22に作り直された。

・歌詞

ko ridia dia velm
ta ovi vio erva
vi kliiz lis satii
val gil gil teeve
lin fulmiia ful beezel
kis ryuu dyu ilva
nol mel mel part

ten raldura ral velm
los zana zan erva
on paal pal satii
onko milf mik teeve
onta faava fav beezel
onvi ruuj ruj ilva
onval seren ser part

onlin rava rav velm
onkis umtona tan erva
onnol liine lin satii
onten relezona rez teeve
onlos jiil jil beezel
taon lina din ilva
taonko eketone ket part

taonta enna len velm
taonvi axx lax erva
taonval neene nen satii
taonlin pinena pin teeve
taonkis mat mat beezel
taonnol kunon kun ilva
taonten kmiir mir part

luus et lantis

lanx
/ [動詞]yulを信じる、yulは大丈夫だろうと心配しないで信頼する、信じる、信頼する、信用する
[レベル]2
16:制:lap

lapn
/ [動詞]yul(人や内容)を叶える、叶える、かなえる、成就する、創り上げる、報われる
[レベル]2
14:制:lapxan(願いを真実にする)
【用例】
an lapn van ti du ko mil fiassel. 誕生日だから一つ願いを聞いてやろう。
seeretis, mil tyu lapnik non gart il, seren sou. (リディア) lenskozet

lasa
/ [被服]手袋、グローブ、野球のミットやグローブ、ドレスグローブ
[レベル]2
16:制:las

lasl
/ [被服]靴
[レベル]2
rd;<,fgn 13:sorn:luas
luas:luas
[文化]
神は靴を履く習慣がない。zgになって木靴などがようやく出てきた。
靴を履くのは裕福な者で、それ以外は履いていなかった。
smになると農民でも靴を履くが、子供は貴族の子供以外殆ど履いていなかった。というのも子供はすぐサイズが大きくなるためである。

smでは靴は貴族の間では装飾品になったが、女性はスカートで靴が隠れるため、主に男性のステータスシンボルとなった。

アルバザードの靴は日本のものと近いが、国によって靴の種類はかなり異なる。たとえばイネアートの山村部のように寒いところではlaslといえば動物の革で足を包む暖かいものを指す。しかも先端部は丸まって鉤を付けられるようになっている。これは雪を滑る際に使うもので、豪雪地ならではのものである
ところが暖かいメテではlaslといってもこのような靴を想像することはない。もっとサンダルのようなものを想像する。laslが靴であることは確かだが、想像するものが全然違う。方言辞典にはこのような文化と密接したアルバザードとの異同が載せられている。
アルバザードではくるぶしの見える浅い革靴が好まれる。特に女子が好んで履く。
【用例】
☆lasl ant tilat bet on ilm. 靴が泥だらけになった。
an alsabat lasl. 靴を脱いだ。

lasmag
/ [動詞]yulに手を振らせる、手振りする、手を振る、バイバイする
[普通動名詞]バイバイ
[レベル]2
19:melidia alis

lat
/ [動詞]yulをaに入れる、入れる、入る、突入する、詰める、挿入する
[名詞]入口、入り口、序盤
[名詞]起
[動詞]yulをaに仕舞う、仕舞う、しまう、片付ける→fitl
[動詞]yulをaに入社させる、入社する、入学する→lod
[普通動名詞]入力
[反意語]rik
[レベル]2
13:制:古:luta(出口)
luko:luko
【成句】
ka lat le toto 〜する寸前の
hino yul sa lat すんでのところで耐える、ギリギリのところで保つ
lat, tood, zok, rik 起承転結。入口、坂道、頂上、出口:山道に喩えている。
【用例】
an hinot ena sa lat. 涙をぐっとこらえた。
an hinot jo sa lat. 怒りが爆発する寸前だった。

latia
/ [地名]ラティア、地獄、ゲヘナ
[反意語]twaayu
[レベル]2
mel/ridia:la(死)/tia(愛する)。lastiaと同語源。
[文化]
→lekai
|約137億年前|ardelが天国twaayuと地獄latiaに分裂|

lav
/ [形容詞]うるさい、騒がしい、やかましい
[反意語]seer
[名詞]騒音
[レベル]2
13:制

laven
/ [地名]ラヴェンの滝
[経済]1000ソルト札
[レベル]2
21:ridia
[文化]
klement, anfan

laz
/ [名詞]少女、10〜14歳の女
[反意語]allaz
[レベル]2
13←古liiz

lazal
/ [生物]子供、青少年
[レベル]2
rd;laz/al
23

lean
/ [文末純詞][rente]teal。そうでしょうか、いえそうに違いない。
[レベル]2
17:制:tealの音を弱めたもの

ledia
/ [歳時記]ディアセル後夜祭、ディアセルの翌日、レディア
[類義語]luumel
[反意語]luvia
[レベル]2
20:leev/dia(去るディアセル)

leev
/ [動詞]yulを去る、去る、出発する、離れる、置いていく、部屋などを出て行く、立ち退く、立ちのく、たちのく、離陸する
[感動詞][rente]さぁ。ketta
[動詞]solはセックスやオナニーなどで絶頂に達する、イク、行く。制ではlevで「着く」。新では「去る」。音が近いのもleevが選ばれた理由。
[感動詞][rente]いざ。女魔導師が魔法を発動させるときに言う発令のことば。
[動詞]一方的にyul(恋人)と別れる、別れる
[普通動名詞]離別、離席、中座、AFK、立ち退き、離陸、離脱、出発、発車
[普通動名詞][動詞]チェックアウト←gaklleev
[反意語]luko
[レベル]2
rd;fgn
古:sorn
sedo:sedok:
[語法]
完了相はyulを離れた時点であり、到着ではない。到着は当然lukoが担う。xenik etek, axte leevik semsez a ra(紅茶を飲むとアシュテは部室を出て家へ向かった)
【成句】
an leev. いってきます、行ってきます。doova, tiatisも参照。
【用例】
leev! 帰れ、来るな、行け、去れ。相手を追い返すときの言葉。
ans leev sil im faar e kest. 私たちは明日の朝出発するつもりだ。
an leev van a lutia im kest. 明日ルティアへ発つ。
an leevat sat. ちょうど出発しようとしていたところだった。
an leevat ra. 家を出た。
im tuo, an na els man miia tiia ant leevor tina. milx la xal lij du fil vein a... 最近娘が幼女から少女になりつつあるのが憂鬱だ。もっと幼いままでいてくれたらいいのに……。

leevan
/ [感動詞]行ってらっしゃい、いってらっしゃい
[レベル]2
19:leev/an

leeve
/ [天文]満月と下弦の間、残月、レーヴェ
[名詞][形容詞]散り始め
[名詞]北西、西北
[組み数字]6/8
[レベル]2
19:leevexelt(去る月)
[文化]
xelteel

lef
/ [動詞]yulを走ってaまで行く、走る。移動様態動詞。
[レベル]2
13:制
luna:luna:

left
/ [普通動名詞]ジャンプ、跳躍、リープ
[動詞]yulを跳んでaまで行く、aに跳びかかる、跳ぶ、飛ぶ、翔ぶ、ジャンプする、跳躍する、跳ねる、はねる
[格詞]〜ぶり、ぶり、以来
[シェルト]跳駒
[レベル]2
sert
14:制:sorn:lfa(跳ぶ)。古:lapf。lfaはアルシェのlufa「飛ぶ」が「跳ぶ」に。
ludzi:ludzi:luuz
【用例】
left a la 彼に飛びかかる、掴みかかる
an leftat sorel lana bik vaik kai e sae. 大きな雪片をつかもうと高くジャンプした。
an inat la left 13 salt. 彼女を13年ぶりに見た。

lei
/ [名詞]本、書籍、電子書籍、文庫(読み物としての)
[類義語]arlei
[レベル]2
13:制:sorn:leist(木の葉の集まり、本),lasst(葉っぱの集まり)。leiとlasは異なるものとして捉えられているようだ。また10年のクミールの言動からして、leistは背革装やハードカバーなど、大切な本に使われていたように思えるが、本人のコメントはそうではなく、むしろ紙の材質によるとのことだった。ちなみに古アルカでは本はkasaないしkats。
kast,f kasa,fv:kasa:lu leist(ユルグ):lasst,fgn
[語法]
電子書籍もleiという。
lobo:カバー、表紙
fala:号、巻、ナンバー。『ねこにっきの3巻』はfala 3 t'unilei。
sesfala:バックナンバー
flei:ページ
fleifala:ノンブル
eel:見開き
kaam:左右片方のページ
ilion:版面
minj:柱。小指を横に置いたような形であることから。
op, oprens:注釈
dapop:頭注
zidop:脚注
mozop:割注、分注
kaamop:側注
tookop:後注
leitook:巻末
osn:天
ip:地
tom:狭義の小口(天と地は含まない)
xos:背、背表紙
kano:つめかけ
toa:のど
toaabe:のど布
opabe:花布、はなぎれ、花切れ、花ぎれ
olmamas:表紙。表1〜表4まではaxteolma_xierolma。xierolmaで裏表紙
sarolma:折り返し
slot:角。角丸はsiipslot
fleaolma, alfleaolma, alisolma, alalisolma:見返し。狭義の見返しがalfleaとalalis
laen:扉。ページを顔と考えるため。
estflei:標題紙。英語圏と違ってここに出版社情報などは書かない。
loitflei:奥付。出版社や発行日などを記す。
sakl:帯。アルティア製の本には見られる。
pos:チリ
mozol:折り込み
fot, leifot:栞紐、栞ひも、しおり紐、しおりひも、スピン
sasev:前書き
xisev:後書き
zepet:前付。前書き、目次、扉、標題紙、献辞、謝辞、口絵などの総称。
kitleis, mozleis:口絵
distrens:献辞。主に前書き中に文書で示される。1ページ割くことも。
sentrens:謝辞。主に前書き中に文書で示される。
sankev:平積み
niakev:面陳。表紙が見えるように本棚に立てかけて置くこと。日本人はよく「平積み」と混同している。
[文化]
値段→tau
【成句】
ridia hant lei. リディアは本を積む:学問に王道なし。リディアのような秀才はきちんと本をたくさん読んでそうなったということ。
【用例】
hom lei 本を開く
an til lei di l'an isk ax. 読むべき本が多い。

leim
/ [形容詞]ふつうの、普通の、ふだん、普段
[数学]自然数→leimalx
[文頭純詞]基本的に、ふつうは
[文字]スタンダード
[反意語]aal
[レベル]2
rd;fgn
19:melidia alis:恣意
xalx:xalx:xalx:xalu,alt
[語法]
ユマナでは自然数は一般にnで表記されるが、アルカではlないしleimで表現する。
【成句】
leimel 別に、べつに、ふつう、フツー

leimel
/ [歳時記]メルセル後夜祭、メルセルの翌日、レイメル
[類義語]ledia
[反意語]luumel
[レベル]2
20:leev/mel→leimel(lemelと似るためiを添加)

leimsel
/ [歳時記]平日
[類義語]liifasel
[反意語]aalsel
[レベル]2
21
[語法]
aalsel

lein
/ [名詞]儀式などに使う神具
[rente]sab:神具を置くこととユンクの服を身に置くことのメタファーから
[被服]女性服
[レベル]2
szd;lein(sab)
古:語源不詳
lein:lein:la lein
[文化]
sab
【成句】
min l'aaj lein nozet 自分で自分の服を選ぶ女:惨めな女、哀れな女、モテない女→sab文化欄参照
【用例】
[言葉遊び]lein allein lein. レインが服を脱ぐ。

leis
/ [名詞]絵
[普通動名詞]絵画
[動詞]yulをaに描く、描く、書く、かく
[類義語]kalfia
[レベル]2
メル・アルカ
:::yami,alt
[文化]
アルバザードは絵は好きで描くという人が多い。日本人は絵の教育が殆どされていない。美術が学科にあるのに、多くの人は絵が下手である。人を描けと言われれば汚い棒人間か落書きのような絵しか描けない。アルバザードでは絵の教育がしっかり施され、小さいうちから仕込まれる。特に人間と風景の練習はよくさせられる。日本人はアルバザードの子供より絵が下手だと思って良い。日本人で一応見れる絵だなという程度がアルバザードの子供の絵だと思って良い。アルバザードでの絵を描く率は日本人が写真を撮る率と同じか少し低いくらいである。日本人は何気なしに写真を良く撮る。アルバザードはそれと同じか少し低いくらい絵を描く。そしてアルバザードは絵と同じか少し低いくらい写真を撮る。絵を描く人が多く、描いたものは大事にとってある。捨てない。また、はじめからコンピュータで絵を描く人もいる。被写体は人間か風景といったが、この人間とは広義的で、知り合いの美人だけでなく、神話に出てくる神も含む。絵はとっつきやすい鉛筆画が多い。費用もかからず、道具も少なくてすむからである。レベルを上げるにつれて分岐が激しくなる。コンピュータで配色等を完成させたいのなら鉛筆画をスキャンして修正し、色をつけていく。日本の漫画のようにしたいのならペン入れを行い、トーンを張ったりして完成させる。油絵や水彩画を描きたいなら絵の具を塗っていく。このように、鉛筆画を基本として絵の分岐は広がっていく。尚、日本のアニメのような絵はあるにはあるが、異なりがある。デフォルトされた絵は不自然な人間なので気味が悪いと考える人もいる。ただ、一々劇画のように書くのも絵に可愛げがない。そこで、その折衷的なややデフォルメした絵が考案された。これは日本のアニメほどデフォルメされていない。顔の皺や汚れや彫りの深さなどをデフォルメしてややアニメ顔にしたものである。日本のアニメは多様なのでこういうものも備えている。アルバザードの方が多様性がない。逆に、デフォルメするならかえって思い切りデフォルメするといった傾向がある。日本のアニメに出てくる二頭身くらいしかない「ちびキャラ」などに当たる。マスコットでいうとキティのような顔をした人間の絵である。

leisklel
/ [名詞]図鑑、図典、図版
[レベル]2
rd;/
24

leislokt
/ [娯楽]ジグソーパズル、ジグゾーパズル
[レベル]2
20:絵パズル
[文化]
aavloktとともに、暇つぶしとしてよく行われる娯楽。綺麗な絵画をモチーフにしたものが多いので、出来上がった後の飾りとしても好まれる。代表的な娯楽のひとつなので売上もよく、そのため日本より凝ったものがある。3Dで浮き上がるものや、蛍光塗料の塗ってあるもの、完成後に切れ目が目立たなくできるものなどがある。

leit
/ [形容詞]愚かな、馬鹿な、バカな、低脳な、低能な、無能な
[類義語]firmas、namol、xima
[反意語]lexe
[レベル]2
13:制:sorn:leat(賢い)のn対
molo:molo
【用例】
[メタファー]leit yun kaila カイラのように愚かな

leiten
/ [名詞]愚か者、愚者、愚民
[レベル]2
rd;/
23

leizen(2)
/ [電算]レイゼン
[レベル]2
22:古leist/en
[文化]
→anse(歴史等)
alでできた携帯端末。画面はarmで、四つ折りにできる。anseと連動しており、anseの代わりとしても使える。anseが親機でleizenが子機あるいは拡張器となる。
四つ折りにしてポケットに入れて持ち運ぶ。電子ペーパーなので読書にも適する。片手で持てる大きさなのでアイフォンなどと同程度。広げると4倍になる。

lejemme
/ [色]紫、レジェンメ
[形容詞]紫の、紫色の
[レベル]2
古:sorn:アルシェではalhoora
jiina:alhoora:lu la pwan(luは青紫、laは赤紫), lu olivie:obiya,alt
[文化]
高貴な色は紫。かつて紫の染料が高価だったため。高貴なクミールの色とも言われる。

lejemmesui
/ [植物]サツマイモ、さつまいも、薩摩芋
[レベル]2
rd;/
19:ridia:arbaxelt
【用例】
bel lejemmesui ka zomfai 焚火で焼き芋(ヤキイモ、焼芋)を作る。

lek
/ [動詞]yulのことで頭がこんがらがる、理解できない、混乱する、yulを理解できない
[レベル]2
19?:中期制アルカか後期制アルカに戻した。
【用例】
an lek il mil maladi. 混乱して何も理解できない。

lekai
/ [地名]霊界、レ・カイ、この世。アトラスを含む宇宙のこと。
[アクセント]lekAi
[反意語]ardel
[レベル]2
f;le kai < de/kai(〜は大きい)。地球の語源と食い違うので注意。fにはまだ指示代詞leはない。
古:liiza:le kai(その大きいところ)。lekaiの訳である「霊界」の造語者はセレン。レイカイとレ・カイは音が似ているため選んだ。
lekai:lekai
[文化]
→ardel
<この世とあの世>
この世はセレス(魂)を選別するための場所と捉えられている。セレスはあの世の入り口にあるヴェーユという滝の水飛沫から生まれる。
これがレ・カイに行き、アテンとなる。一方、エタンはただの物質の集まりであり、ヴィードは持ってもセレスは持たない。よって牛は死ねば土に還るだけであり、木は枯れれば腐って腐葉土になるだけである。
神や悪魔は新しい命が誕生しなくなって久しいため、セレスはユーマの一族すなわち人類として生まれ、惑星アトラスへ赴く。そして妊婦の受精卵に乗り移る。しかしこれだと効率が悪かったので、現在はイーディス神とハーベ神が誕生を助けている。
イーディスはセレスを見つけると、排卵している女性を探す。その女性の中から、膣内射精されたものを探す。その女性の腹にセレスを持って飛び込むと、受精が完了し、セレスも植え付けられる。その後、出産の神であるハーベが妊娠を管理し、子供を生ませる。
誕生した人間はレ・カイで生き、セレスを成長させる。鮭が川に帰るように、死後は肉体を失ったセレスのみがヴェーユへ戻る。
ヴェーユではセレスが善に成長したか悪に成長したかを検査し、善ならトワーユに、悪ならラティアに送る。善なセレスとはメルディン(meldin)に傾いたセレスであり、悪なセレスとはエルナ(elna)に傾いたセレスのことである。
なお、10歳に満たずに死んだ場合、セレスの良悪を判断できないため、再度転生してアトラスに帰すことになっている。

この世はセレスがどちらに傾くか試すための試練の場であり、最終的な魂の生活はあの世にある。ほかの多くの宗教とは異なり、現世で苦難を我慢すれば来世で幸せになれるというものではなく、むしろ現世での生き方がそのままあの世での居場所を決める。
すなわち、戦争なり飢餓なり飽食なり、どのような時代であれ、メルディンに感じる習慣を持っている人間は、死後メルディンの習慣を持った人々のいる世界トワーユで暮らすことができるということである。
戦争だ飢餓だということで諦めて不幸不幸に感じて生きたものは、死後も同じような人間ばかり集まった世界に行く。だからこそどのような時代であれ、現世で前向きに生きよとアルティス教は教える。現世はたいがい救いのない世界なので、救いを作り出す前向きな脳を身に付けよ、そうすればトワーユに行けるという思想である。我慢せよではなく、前向きに捉えよという教えである。
耐えていれば天国に行けるではなく、今あるもので幸せに感じるものが幸せに生き、幸せに死に、死後も幸せになれるという救いである。

<天国と地獄>
多くの宗教では、天国は楽園で、地獄は業火に焼かれ続ける場所と考えられている。しかしラティアでは死者の苦しめは行わない。業火に焼かれることはない。
地獄の思想は「地獄に行きたくなかったら悪さをするなよ」と人々を脅すもので、原理的になまはげと変わらない。実在する地獄とはどのようなものかと考えた際、このような場所があるとは考えにくい。宗教家にとって好都合なだけの場所は存在しえない。
実在する地獄として考えられたラティアには地獄の業火がない。ではどのような場所かというと、エルナ傾向の人間の住むところである。そこには物事をネガティブに考えて負の連鎖を生む人間や、人の言い方や服装といったどうでもいいことがいちいち気になる神経質な人間といった、エルナに傾いた人間しかいない。言い換えれば、自己ないし他者に対して悪意を向ける人間の集まる場所である。
まったく現代の日本にも同じような場所が存在する。地獄は現実にこそあるとはよく言ったもので、感じの悪いオフィスや研究室や教室は地獄と変わらない。
ラティアでは鬱々考えて悩んで苦しむ哲学者、人の陰口を言ってばかりの女、馬鹿で品性のないギャルといった連中が犇いている。彼らは自分のことで悩んで苦しむか、人の態度が気に食わずに恨み罵り不快に感じる。そのような癖のある人間が死後にラティアに行く。仏教やキリスト教の地獄と異なるのは、犯罪者などの悪人ばかりが集まっているわけではない点である。
彼らは永劫に人を呪うか自分を恥じ、いつまでも不快な気持ちに包まれたまま生きていく。
天国と地獄に派手な見た目の差はない。一見すればどちらも同じような社会である。片方が業火で燃えて片方は牧歌的というような分かりやすい差はない。分かりやすい楽園もないし、分かりやすい地獄もない。天国にも労働はあるし、疲れも怪我もある。逆に地獄にも笑いはある。ただ、彼らは生前の習慣に沿った世界に分類されるというだけである。

<分離機能>
あの世に行ったセレスは二度とこの世に戻らないため、この世での人生は入試のようなものだと考えられている。本番はあの世であって、この世は前座でしかない。
なぜこの世にセレスを送るのかというと、セレスの良悪を定めて、良いセレスは良い籠に、悪いセレスは悪い籠に入れておくためである。
セレスの分離機能は棲み分けのためにある。善人にとって、人の足を引っ張ろうとする悪人は不快な存在であり、彼らのいないところで暮らすことが理想的である。現世では良悪混じって生活しているが、試験が終われば善人は善人だけで暮らすことができる。その実現のために棲み分け機能を持っている。
言い換えれば、悪人を切り捨てて篩いにかけているといってもいい。善人が気持ちよく暮らせるための場所を維持するために、現世という試験の場がある。

lekaian
/ [名詞]霊界人
[レベル]2
19:リディアの書

lekka
/ [運動]プール
[レベル]2
sorn:「泳ぐところ」
[文化]
学校によって設置がまちまち。都会はたいてい設置されている。
地方の学校は海や川を利用することもある。
アルナ大にはむろんある。

leko
/ [医療]症状
[レベル]2
19:levn/kook
[語法]
医療用語なので、一般人は単にkookということも。

lem
/ [音楽]音楽、曲、歌、音
[類義語]kelk、miks
[レベル]2
fv;e

lem:lem
[文化]
→lemmas
al以降音楽はアンセで聴く。lj以降スピーカーは無線で、コードがない。スピーカーは丸いシールのようなもので、こめかみに吸盤のように貼り付く。骨電動で聞けるので、周りの音も聞こえる。授業中は禁止。
CDなどは既に廃れており、日本でいうMP3プレーヤーのように、データで聞く。データはアンセから無料でDLできる。ただし次年度にDLしたコンテンツ数に応じた情報税を支払う。詳しくはladanlangを参照。

<セレンの好きな曲>

・レベル4(神曲)

オムナマグニ
FF8のFragments of memories
serial experiments Lainのオルゴール

・レベル3

恋愛サーキュレーション
ヴィーナスとジーザス
エミリー=シモンのChanson de toile
chatのje te vois
鉱石ラジオ
マリーのアトリエの好きだった絵本
トトリのアトリエの雪割草
双界儀のAngel’s fear again
信長の野望覇王伝の軍議の短い曲(サントラにない)

・レベル2

FF8のフィッシャーマンズホライズン
少年よ我に帰れ
明治チョコレートのCMソング
ピタゴラスイッチのテーマ
マリーのアトリエの只今お仕事中
愛しのジャンポール
たまこまーけっとのTV版次回予告の曲
エスカフローネ劇場版のHorse ride
雷平原
三日月の寝台
レイトン教授の問題を解いているときの曲(題名Puzzle)
ラブソング探して
クロノトリガーの風の情景
聖剣伝説2の不思議なお話しを
双界儀のQuake
トトリのアトリエの儚き雪の村
Rose hybride de the
エミリー=シモンのOpium
エミリー=シモンのDesert
人間の子供
子猫の心臓
メリークリスマスミスターローレンス
山の上の魔王の宮殿
がじゅまるの樹
金平糖の精の踊り
serial experiments LainのDuvet
岩男潤子のパタパタ
オールトの夢
花澤香菜の45℃
ジェリーフィッシュの告白
青空に浮かぶは白い月
ハリーポッターのテーマソング
TBSラジオの聴いたら聴きたい
不思議魔法ファンファンファーマシーのOP
カードキャプターさくらのプラチナ
ロロナのアトリエのShop’s jig
岩男潤子のおひさま
らしくいきましょ
岩男潤子のSHIPPO
ゲーリックストームのBorn to be a bachelor
ゲーリックストームのTell me ma
ゲーリックストームのNever drink ’em dry
ゲーリックストームのJohnny Tarr
ゲーリックストームのPiqa colada
ゲーリックストームのTime, drink ’em up
ゲーリックストームのGo home, girl!
ゲーリックストームのIf good time were dollars
ゲーリックストームのWhen I win
バンプオブチキンのK(歌詞ランキングならこれが世界一)

・レベル1

アーシャのアトリエのOP
voyager
才悩人応援歌
ハンマーソングと痛みの塔
バンプオブチキンのレム
乗車権
コッペリアの柩
グングニル
スノースマイル
岩男潤子の鳥籠姫
フェイ=ウォンの女皇的新衣
フェイ=ウォンの香奈兒
フェイ=ウォンのセパレート・ウェイズ
ピアニィ・ピンク
イルジメのOP
月のワルツ
堀江由衣のこの指とまれ
岩男潤子のあそびにいこうよ
AmelieのJ’y suis jamais alle
サムライスピリッツの心の鏡
上海ブギウギ
BACCANOのOP
ひぐらしのなく頃にのメインテーマrevise
komm, susser Tod
Eyes On Me
ラフメイカー
おしゃかしゃま
想像フォレスト
ねこ曜日
坂本真綾のマジックナンバー
ファイナルファンタジーメインテーマ
メトロポリタン美術館
月灯りふんわり落ちてくる夜
料理記念日
吸血姫美夕の人形師のワルツ
知覚と快楽の螺旋
小さい雨の日のクワァームイ
ネジと愛
クロニック・ラブ
天国より野蛮
My dear pig
やくしまるえつこのジェニーはご機嫌ななめ
フランス・ギャルのNous ne somme pas des anjes
ハッピー☆マテリアル
侵略する者される者
ブライアン・セッツァーのone more night with you
堀江由衣の小さじ一杯の勇気
リリー=アレンのKnock ’em out
エンターテイナー
ホルストの木星
タイプライター
メルト
如月アテンション
ドイツ語の魔王
Clock lock works
万華鏡キラキラ
羽ありたまご
ハルモニア
ヒャダインのカカカタ☆カタオモイ-C
星間飛行
エルルゥが唄う夢想歌
ゲッチュウ!らぶらぶぅ?!
ン・パカマーチ
アニメNoirのOSTのChloe
うさぎドロップ!!
バニラソルト
ハローハワユー
フェイ・ウォンの冷戦
マハラライバンダのKibori
マハラライバンダのMahalageasca
ヴァルティナ(フィンランド)のTielle Heitetty
フェイ・ウォンの百年孤寂
フェイ・ウォンの不得了
月と太陽のめぐり
ラムのラブソング
古畑任三郎のテーマ
リリー=アレンのLDN
夢みれば夢も夢じゃない
チョコレイト・ディスコ
中嶋美智子のひなげし
すこっぷの指切り

セレンは音楽のセンスを詩のセンス以上に重視しており、音楽の趣味が合うだけで無条件で相手に好感を抱く癖が中学のころからある。逆にどんなに仲が良くともセレンが好む音楽を嫌う人間は非常に気に食わない。幼馴染がこのタイプであった。幸いなことに結婚した相手も彼女たちもセレンの趣向を好んでくれた。というよりセレンの趣向を理解できる女だから関係を築けたのだと思う。セレンはレベル3,4あたりの曲の良さが分からない人間を無条件で心が汚い人間と判断して蔑む癖がある。レベル1,2については好みの違いだろうなと思えるのだが、3,4についてはなぜか理解されないと相手は心の機微が分からないのだと判断して人間的に低く見る。
セレンは小6にCDを買ってもらうまで音楽を聞く習慣がなかったが、買ってもらってからは逆に音楽を聞かない日が現在までの20年以上ずっとない。それほど音楽を聞く割合は大きい。
セレンの好みを分析すると、大人しい系と可愛い系に分かれる。前者は静か・繊細・綺麗・幻想的・単調・繰り返し・オルゴールがキーワードで、後者は明るい・小さい・木琴・陽気・アイリッシュなどがキーワードと分かる。詩や文芸やアニメやゲームなどの好みも音楽の好みと同期している。
うるさい曲は可愛いか楽しいアニソン以外嫌い。激しい曲はゲームの戦闘曲以外は嫌い。クラシックも大半興味ないし、インテリぶってて偉そうでウザい。DQNが聞いてそうな汚いうるさいポップやラップは反吐が出る。

<セレンの嫌いな曲>

世界一嫌いな曲は子供の頃から決まっている。ハッピーバースデートゥーユーだ。なんだろう、あの気恥ずかしさは。未だに聞くだけでむず痒さと不快感と恥ずかしさが走る。今までふつうにしていた家族が突如気でも触れたか宗教に走ったか、突然歌い出す。しかも敗戦国のくせして唐突に英語かぶれに。わけがわからないよ。いつも俺を殴る親父や小言ばかりの婆さんもこのときばかりは無駄に笑顔。どうせすぐ崩れるくせに作り物の笑顔。吐き気がする。それに合わせて赤っ恥な拍手。ピエロばりに馬鹿な祝ってもらうほうの喜びよう。どこを取っても気まずさのオンパレードだ。何がハッピーバースデーだ。ハッピーじゃねぇよ、年食ってんのに。しかもなにがディアーだ、普段親愛なるとか言わないくせに、どうせディアーのスペルも書けないような馬鹿どもが。つーかディアーってなんだよ、リディアかよバロス。もうね、「誕生日おめでとーvv」とかも気恥ずかしくてうざいわけよ。「あれ、今日誕生日じゃん」「お、おう……」で十分なわけ。おめでたくないからおめでとうとかも要らないし。それを何?歌――って。どういうことなの?どんな羞恥プレイなの?アホ臭っ!じゃあ何か、お前は新年迎えたら「ハッピーニューイヤートゥー地球ーwww」とか歌うわけ??歌わないだろ。じゃあ誕生日だけ無駄に歌う必要なんてないんだよアホが。

ビッチ・DQN御用達の浜崎とかEXILEとかの意味のないうすっペらい歌詞の曲が大嫌いであるというか曲ですらなく雑音である。
【用例】
an terat lem kont deyus ins. 目を閉じたまま音楽を聴いた。
lem firte{velte} 明るい曲{暗い曲、沈んだ曲}。lem refはヒーリングのような曲。lem velteは大人しい感じの曲。
lem ruuf{ref} 激しい曲{落ち着いた曲}
ar lem 音楽を演奏する{流す}:演奏者が主語の場合は演奏。ふつうの人が部屋でパソコンに向かっているときは演奏ではなくプレイボタンを押して曲を流すことを指す。
fit lem 音楽を流す:テレビ放送局などが流すイメージ。自分でプレーヤーをかけるなら、ar。そこにいる人に頼む場合もar。
el na velant nau im tem le lem onna? あの音が流れてきたら、うれしくないわけないだろ?(『ディシディア ファイナルファンタジー』)

lemal
/ [言語][文字]小文字
[反意語]klandi
[レベル]2
rd;leim/al「普通の物」
21
[文化]
幻字の大文字でないほうを指す。

lemel
/ [名詞](過去に対して)あのころ、当時
[名詞](現在に対して)あのころ、あの頃
[名詞](未来に対して)いつか。tuoの対。
[反意語]tuo
[レベル]2
19:melidia alis:le mel(あのとき)
【用例】
im lemel, an nat nil alka. あのころが一番幸せだった。
il et kok a lemel. 皆あの頃と変わりない。

lemi
/ [料理]スープ、ポタージュ
[レベル]2
古:mel:語源不詳。リディアはフィンランド語liemi(スープ)が語源と言うが、造語者がメルなので怪しい。尚。メル自身は語源を覚えていない。
:::mimi,alt
[文化]
lukletiaが浸透しているところ、特にrdのリディアによるarvinaが浸透しているところでは、あらかじめ濃く作っておいて飲む直前に差し水をしてぬるくして飲むことがある。息をかけて冷ますのは無礼ではない。具はたくさんのこともあればそうでないこともある。

lemp
/ [名詞]トウフ、豆腐、とうふ
[類義語]pale
[レベル]2
sm;altの食べ物。材料のhemp(altではhen。fvでhemp)をkした。
:::pasela,alt
18:制:hemp
[文化]
アルティア人が持ち込んだもので、smですでに人気になっていた。

len(3)
/ [接続詞]〜するための、lanaenの意味
[レベル]2
19:mel
【用例】
non si gaabe len nax. 笑うネタがないわ:メルのこの例が初出。正確には、lanaenがいい加減に発音され、それをセレンがlenと聞いたことに由来する。

lenas
/ [形容詞]かわいそうな、可愛そうな、可哀想な、あわれな、哀れな、みじめな、惨めな
[類義語]veigl、bettel
[反意語]avort
[レベル]2
19:fulmiia:関係詞句l'enaに古の動詞語尾sを付けたもの。

lenfi
/ [代詞]何か、なにか、なんか
[反意語]anfi
[レベル]2
21:lenxeからの類推

lens
/ [名詞]知能、知恵、頭脳、思考力、知識、知性
[レベル]2
14:制:sorn:lent
[語法]
頭の回転や発想力がlensだとすると、物事をいかに知っているかはleik。ただしlensnaltのように、lensで知識を指すこともある。lensのほうが広く、leikは専門的に知識を指す。
【用例】
lens hax 高い知能、優れた知能
lu til lens hax, levan sor, xar nan et lan aal. 知能もプライドも高く、自分を特別視している人間。

lenspant
/ [名詞]教養科目
[レベル]2
19:ridia:arbaxelt

lent
/ [名詞]人形、マネキン
[魔法]レント。害の禁呪魔法。人形に対象の体の一部を埋め込むことで、人形と対象を同期させる魔法。つまりこの状態で人形の腕をもぐと、対象の腕ももげる。
[レベル]2
13:制:sorn。人形はalteだが、古アルカで人形というとすぐに2体の人形の名を思い出す。『少女・レンとアル』である。7年ごろにミルフが訳した。レンという娘が人形にされて、アルという人形が逆に入れ替わりで娘になってその父親に愛されたという話。この話に影響を受け、レンはネエに取って代わって一時期「人」を意味した。

lenv
/ [名詞]技、技術、テクニック、特技、技能、芸、一芸、実技
[類義語]enl
[レベル]2

:::len,alt
[語法]
enl, envelen
【用例】
lenv pak 進化する技術

lenxe
/ [代詞]とある
[反意語]anxe
[レベル]2
21:al/anxe.mv

leo
/ [文頭純詞][副詞]一応、まがりなりにも、曲がりなりにも、なんぼなんでも、何ぼなんでも、どうにか、何とか、なんとか
[レベル]2

【用例】
an na vixet on zam tal an luk sen leol. 脚が痛いが一応歩ける。

lep
/ [名詞]荷、荷物、にもつ、貨物
[レベル]2


lepl
/ [生物]かかと、踵、きびす、ヒール
[レベル]2

[語法]
主に3つの部分からなる。かかと落としの打突点が中心。次に足の裏の踵寄りの部分。そしてアキレス腱の下、スニーカーを履いたときの、スニーカーの後部の高さまでの部分。
sorleplなどの場合は足裏全体を指すこともある。

lept
/ [医療]下痢、ゲリ、げり、而泄、じせつ
[反意語]hovo
[レベル]2
13:制:lopt::loolopalantom(下痢)。電車のloolopalanから

lesiel
/ [地学]幻天儀、地球儀、レシエール
[アクセント]lesiEl
[レベル]2
21:le siel(あの空)

lestbel
/ [料理]主菜、メインディッシュ、メインのおかず、オカズ、おかず
[レベル]2
19:ridia:arbaxelt
[語法]
例えばパンとハンバーグとサラダを食べる場合、パンがlestkulalaで、ハンバーグがlestbelで、サラダがroxkbelとなる。
【用例】
ail, lestbel et yaamo. ときどきおかずがおいしくないときがある。

lestlat
/ [建築]玄関、集合住宅の正面玄関
[レベル]2
19:melidia alis
[文化]
玄関にはドアがある。ドアには勿論鍵がある。このドアは押して入る。入ったところはドアが通る空間なので何もないが、一メルフィほど向こうには下駄箱があり、靴置き場がある。ほぼ日本と同じである。アルバザードでは屋内でも靴を履く。日本とは違う。ただ、室外履きと室内履きは区別する。必ずここで室内履きに履き替える。室内履きは足が蒸れないリラックスできるスリッパ状のものが多い。湿度の低いアルバザードでも靴は脱いで放っておくと臭くなるので、下駄箱に入れる。そして別の下駄箱から室内履きを出して履く。室外履きと室内履きは隔離されている。臭いが移らないためである。最低でも下駄箱内に仕切りを設けて区切る。日本の玄関は一段低いところにあるが、アルバザードはバリアフリーなので段でなくスロープになっている。スロープは完全に家の中なので、靴を履くためなら座っても良い。スロープより玄関側はまだ完全に家の中とは言いがたい空間である。ゆえに室外履きを履く汚い空間とされる。
集合住宅の場合、外から入ってくるときに必ず通る場所である。まず、自動ドアをくぐってホールに入る。ホールには守衛所があり、その横に改札がある。駅と同じ構造である。改札はアンセを通して住人であることを確認して初めて開く。来訪者の場合、守衛所で来訪相手に連絡を繋いでもらい、許可が下りれば守衛所から通り抜けさせてもらえる。ここも日本の駅と同じである。

let
/ [動詞]yulをaまで引く、引く、ひく、引っぱる、ひっぱる、引っ張る、引き張る、牽引する
[普通動名詞]牽引
[音楽]チョーキング
[反意語]rok
[レベル]2
13:制:lot
alkeko:alkeko

letia
/ [名詞]姫、プリンセス
[名詞]駅弁
[類義語]neeme
[反意語]ardist
[レベル]2
rd
20:lent/tia(愛しの人形)。王位継承権があるため、王に可愛がられることから。
mene:mene:
[語法]
王位継承権1位ないし2位までを指す。1位が継承確実な場合、1位しかletiaにならない。男子の場合、常に暫定1位のみを指す。
[文化]
・性交の体位

女性を両腕で抱え上げ、女性は向い合って男性の首に手を回し、男性は立つ。そのままの姿勢で挿入し、動かす体位。極めて難易度の高い体位で、男性に相当な筋力を要する。逞しさを象徴する体位で、sarmixiが生じるにもかかわらず、女性はこれをされるとはしゃぐことが多い。ただ、相手が貧相だと不安がる。要は人による。女性をお姫様のように扱って抱き上げることからこの名が付いた。
【成句】
letia saen ardist 一姫二太郎

lette
/ [色]茶色、褐色、レッテ
[形容詞]茶色い
[料理]紅茶→etek
[レベル]2
sorn;lette,fgn.k
古:sorn:紅茶色 20:kmiir:クミールはお茶好きで種類を豊富に持っているため、etekが紅茶を指すとは限らなかったため、letteetekのetekを省略し、letteで紅茶を表した。ふつうの使徒はその必要がないため、letteで紅茶を指すのは通な人のすること。
tuna:tuuna:la hanbel

letteetek
/ [料理]紅茶
[レベル]2
19:lein

letti
/ [地学]銅
[形容詞]銅の
[組み数字]3/4
[レベル]2
19:lettegi(紅茶色の金属)。ただし、歴史的には紅茶より銅のほうが発見は古い。
tenga:tenga:
[文化]
simel

leva
/ [形容詞]純粋な、純情な
[形容詞]無駄な装飾のない
[反意語]veste
[レベル]2
古:このeは水?
【成句】
leva yun tina 純真無垢
【用例】
alem leva 純粋な気持ち
yuli keva 純粋な子供

levn
/ [医療]病気、病、疾患、疾病、疾患
[形容詞]病気な
[反意語]valn
[レベル]2
古:zo,sorn:levn(黒魔法をかける)
[語法]
valn
アルカでは病気や疾患の区別がない。

levnamo
/ [医療][交通]救急車
[レベル]2
19:xion
[文化]
→ival
救急車と消防車とパトカーはどれも騒音に等しいほどの大音量を出して街中を走る。夜間は音を消すことがあるが、消防車は警鐘の意味もあるので夜間であろうと騒音を出す。

lexe
/ [形容詞]賢い、頭が良い
[類義語]vette、yulma
[反意語]leit
[レベル]2
19:中期制アルカではlexe(知識)があった。賢いは古sornでleat。
hyulo:hyulo
【用例】
[メタファー]lexe yun mel メルのように賢い:天才系。発想がすばらしい人。理数系に強い。
[メタファー]lexe yun ridia リディアのように賢い:超人系。複雑なことを整理できる。記憶力が異常。
[メタファー]lexe yun kalzas カルザスのようにずるがしこい:vasteを見れば一目瞭然。

lexie
/ [人名]レシエ
[名詞]夕、夕方、宵、黄昏、黄昏時。16時から19時。
[形容詞]夕の
[レベル]2
20:ridia:lexia.szd(夕日)
myupa:myupa:la lexie
[文化]
mizari

lfer
/ [エルト]ルフェル
[レベル]2
mt100'8000(vs):konoote;lfel,fv
古:lfer
[文化]
コノーテとカルザスの娘。光を支配する。フェルデンのセレスを得たことによりエルトの王となる。白人系金髪美少女。ふわふわの長髪で背が高くなく、小さめで細身。模様のある白いテーベを着ている。性格は冷静で思慮深く大人しいが、行動は的確で無駄がなく手早い。積極性がある。怒ると豪快になる。情に厚い面もあり、コノーテによく似ている。

lfis
/ [動詞]solはyulの様態で生きる、生きる、solは死んでいない(lfisorの形で)
[名詞]人生、生き方、ライフ
rd;sol/fis
[レベル]2
19:今日をするという意味のfislが元。fiasと似るのでlを前置した。
vaart:vaart
[語法]
lfisは慣例として、相を付けずに「生きている」という意味になる。この意味で相を明示する場合はlfisorという。経過相が無標なので、orを省略して合理化している。
allfisについても同様である。
【用例】
lfis nil 幸せに生きる:nilは目的語なのでelは取れない。
la lfisat fuo. 彼の人生はひどいものだった。
an lfisor ban. 私は楽しく生きている。
an na nom a lfis laat. 彼の生き方がうらやましい。

liana
/ [形容詞]半虚構の、半架空の、半現実の、サイバー上の、ネット上の
[名詞]半虚構、半架空、半現実、サイバー上、ネット上
[類音]fiana、diana
[レベル]2
al;lia/na
24
【用例】
an til tian fiana, tian liana, tian diana. 現実にもネット上にも空想の中にも彼女がいる。

lie
/ [名詞]奥
[格詞]〜の奥に
[レベル]2
17:制:lio:17:制:古:lya(近い),lyu(遠い)だったが、アルカ・エ・ソーンの影響で順にatuu,aluuになった。一方、lyaとlyuは手前と奥を指すようになった。
:::himelu,alt
【用例】
to xa lie tu font sei? この道の向こうに何があるんだろう。

lif
/ [形容詞]若い、幼い
[反意語]ifi
[レベル]2
19:livrofil(命長いもの)
ife:ife:'ett
[語法]
sam, sedes
【用例】
rai lif 新芽
xink, les et lif alka et an. まあ一番若いのは私なのだが。

liibe
/ [植物]花、華、樹花、木の花、木乃花、樹の花
[類義語]miina
[レベル]2
f:saal;e

liibe:liibe:lu flanj(樹花が男性で草花が女性):sana,alt
[語法]
miina

liif
/ [名詞]若者、少年少女、青少年、若いの、お若いの
[レベル]2
19:melidia axte:lif
[語法]
→sam
漠然と10代を指すが、話者が50代なら2,30代を指すこともある。

liifa
/ [天文]星
[名詞]二枚目。見た目に華を添える役。
[名詞]スター、アイドル
[レベル]2
f;「小さい炎」

liifa:liifa:la farandir:misa,alt
[語法]
願い事を祈る習慣はない。星座は悪魔を封じた牢獄。
【用例】
liifa di xat jan. 空に星がたくさん出ていた。
liifa di at flip ka jan. 空で星がたくさん輝いていた。(きらきらしていた)
an alxat liifa. 星の数を数えた。
liifa et lant im fis. tu et man xelt sil myuxa im kest sei. 今日は星が綺麗だ。明日月が新月になるからだろうか。

liim
/ [格詞]〜しない限り、〜しないかぎり
[レベル]2
19:limsから。limだとimと混同するので母音を伸ばした。unlessに当たる単語は制のはじめにしかなく、ずっと使われなかったが、ol en soとはニュアンスが違うということで、復活した。
【用例】
an ke elf liim ti ke. 君が行かないなら僕も行かない。

liine
/ [組み数字]17/28
[交通]リーネ通り
[レベル]2
22

liine vafii
/ [人名]リーネ=ヴァフィー
[組み数字]17/28
[レベル]2
古:語源不詳。vafiiは「槍が嫌い」。
[文化]
(2→)第4期4代ソーン第3使徒。男性。seet。170cm、58kg。髪は黒で背中まで届き、直毛でひとつに結いている。黒の瞳で、左目に眼帯をしている。肌は白:黄=2:8。よく灰色の袴を履いている。

liis
/ [名詞]リース。エタットの反対。おとなしめの人
[レベル]2
19:赤:liiz(小さい)
[文化]
etat

liite
/ [名詞]マユとユンクの総称、リーテ
[レベル]2
21:lilia/te
[文化]
freint

liito
/ [形容詞]良い匂い、かぐわしい、香る
[名詞]香り、良い香り、芳香
[類義語]ranto, lixxe
[反意語]beeb
[レベル]2
f;limi/to「鼻に美しい」

【用例】
liito e miina or milm ka jina. 花の香りが辺りに満ちていた:milmなのでandやesでなくorでよい。

liizarxe
/ [丁寧][親族]おまごさま、お孫様、男のお孫様、リーズアルシェ
[レベル]2
21:小さな勇者
[文化]
laala

lilia
/ [名詞]少女、女の子、リーリア
[類義語]min
[反意語]pikol
[レベル]2
20:zana/seren:liは「小さい」。liliだけだと単語として座りが悪いとしてaを添加。
[語法]
fianとlazの総称。

limel
/ [親族]妹ちゃん
[レベル]2
19:ridia:lis/amel
[語法]
miia

lina
/ [組み数字]20/28
[交通]リナ通り
[レベル]2
22

lina vix
/ [人名]リナ=ヴィッシュ
[組み数字]20/28
[レベル]2
古:語源不詳。vixは「怪我をする」の意味。
[文化]
(2_)第4期4代ソーン第6使徒。女性。mayu。下記にあるように春香クリスティーンに似ている。169cm、55kg。焦げ茶色の髪。焦げ茶色の瞳。下記ミールの書に書いてあるように、たまに赤いカラコンを入れる。肌は白:黄=5:5。
1188:春香クリスティーンというテレビに出てた子に似てるなと思った。

・『ミールの書』より

 アッシュは部屋の中央にある円卓に掛けていた。円卓には他にも2人の女性がいた。アッシュの右手には赤い瞳の少女が座っている。メルが挨拶した時の目線から考えて、彼女がリナであろう。リナは顔かたちはまだ子供のようだが、年はやはりクミールと同じくらいにみえる。リナはミールの方を見ているのだが焦点が合っておらず、ぼーっと虚空でも眺めているようだ。
 ミールは自ら名乗った。すると突然リナがはっとして、「きゃっ!」と小さく叫んだ。その拍子に円卓の上のグラスを倒してしまい、中に入っていた水がクノンにこぼれる。ミールは思わずビクッとしてしまった。
「あぁあ、ごめんなさい、ごめんなさい! 私……ごめんなさい!」
 リナは慌ててハンカチを取り出し、クノンの服を拭く。クノンはその頃になってようやく「あーびっくりしたぁ!」と叫んだ。
(……ヘンなお姉さん達……)
 メルに複雑な表情を向けると彼女は「まあ、いつものことだから」と耳打ちをしてきた。ミールは再びリナを見ると、彼女はまだ慌てている。何となく彼女がメルに「お姉ちゃん」呼ばわりされた訳がわかった。始めはてっきり親しいのかと思っていたのだが。
「ああもう、あんたたち、これを濡らしちまってどうするんだい」
 アッシュが檄を飛ばす。だが、その声は怒気をはらんでおらず、むしろ世話の焼ける妹達の面倒を見ているといった感じだ。
「ごめんなさ〜い」とリナは謝ってばかりだ。

lins
/ [名詞]悪魔。人間に害をなす存在。また、悪魔のような人間。
[生物]悪魔科。デームスとアデルから成る。
[名詞]悪魔役、四枚目。物語を捻じ曲げて、支障を出すことで面白味を出す役。アクタカなど。
[反意語]lans
[レベル]2
19:制に戻した:参考:メル・アルカ:teolon:melとteemsの混成
:::lins,hy
[語法]
メル19年の生物学の作成までデームスの異称程度に扱われていた。人間に害を成せばサールもlinsとしていた。生物学作成以降は、きちんと悪魔科を指すようにした。
ただし、従来の[名詞]の意味も残した。これは日常的な用法における悪魔である。

lisen
/ [被服]靴下、くつ下、くつした、ソックス
[レベル]2
rd;↓
15:制:lisabe(足の布)
luwas:luwas

lisik
/ [植物]オレンジ、ミカン、みかん、蜜柑
[レベル]2
14:制:lisvank
【用例】
lisik muo{xai} すっぱい{甘い)}みかん

lisikane
/ [料理]オレンジジュース
[レベル]2
19:melidia axte

lit
/ [格詞]〜の内部で、〜を超えずに
[名詞]こちら側
[反意語]rak
[類音]lot→注はlot
[レベル]2
@19
【用例】
tur et lit varzon. 今8時前だ。
tu et lit adia tis. 二週間も経っていない。

liva
/ [電算][娯楽]ゲーム、テレビゲーム、ファミコン
[レベル]2
15:制:古:liizvas(小さな戦い)
[文化]
アルバザードにはシェルトやアルトのような伝統的なゲームがある。また、カーデを使ったゲームもある。外で遊ぶゲームもゲームといえる。縄跳びや鬼ごっこなどである。ままごとのようなロールプレイングゲームは人の気持ちや立場を理解できるようにするためのゲームとして人気が高い。よくあるロールプレイングゲームは、子供が神話のキャラクターになりきって、神話のシナリオに沿って遊ぶというものである。といってもレイプしたりセックスしたり敵を殺したりするシーンは省略されたり、ぼかされたり、変えられたりする。たとえばティクノがヴァルテを倒すシーンでは、ティクノ役は魔杖ヴァルデを投げるふりをする。或いは発泡スチロールのような柔らかい杖を軽く投げる。本物の杖を喉笛狙って投げつけるようなリアルな演技は危険なのでしない。また、勝負事に使うアルカンスなどもゲームである。こういったものは非テレビゲームであり、アルバザードでは頭と体を鍛えるために有効と考えられている。
<コンピュータゲーム、ビデオゲーム>
コンピュータをメインに使った遊びである。日本ではファミコンの類に当たる。コンピュータやプログラミングの技術力を向上させるものとして評判が高い。コンピュータの技術が向上してもそれを一般人が親しみやすい形で理解するにはゲームという方法がうってつけである。だからゲームは人気が高い。しかし、そうはいってもゲームは娯楽である。アルバザードでは高い税金が課される。だが、知的要素をゲームに盛り込めば国の推奨が得られるため、税金が下がる。そこで開発側は娯楽に知的要素をどう盛り込むかを考える。だからアルバザードのゲームはどれも何かしら知的な要素が含まれている。その点ではファミコンのような娯楽要素の強すぎるものとは異なる。
<体感型テレビゲーム>
テレビゲームは座ってコントローラーを動かすものだが、健康志向のアルバザードは体を動かさないことに不満を覚える。そこで表われたのが体感型テレビゲームである。銃を持って画面に現れる敵を撃つものや、音楽に合わせて踊るものなど、体を使ったものである。日本にも既にたくさんあり、特にゲームセンターに多い。最近では家庭用ゲーム機にも体感型が増えてきた。ただ頭だけを使うゲームより良いとされている。勉強に役立つ学習ゲームも体感型のものが多い。体を使った方が人間の記憶力は高まるからである。この記事を書いたのは2004年だが、その後wiiが大ヒットしたのを見ると、作者リディアは未来を見抜く力があったことが分かる。
【用例】
tu et liva le xir kazet ont ixm o zelo hot. an es ruuf al alf. シャープペンとノートと自分の頭脳があればできるゲーム。僕は数学に夢中になっていた(『数学ガール』)

livro
/ [名詞]生命、命、寿命
[レベル]2
f;e

livro:livro:lu livro
[語法]
livles
[文化]
→yunis
魂科に寿命はなく、不老不死。
それ以外は寿命を持つが、星の長さよりも長いため、事実上不老不死である。ただし魂科と違って殺せば死に、アルデルへ行く。
ユーマの一族は神から分派したため、tmでは寿命が長い。時代を下るごとに寿命は短くなっていく。異世界において人類の寿命が問題になるのは主に言語変化や文化の伝播である。これらは寿命に反比例する。例えば言語の変化は個体が長生きするほど変化に乏しい。言語の変化を見る場合、経過年数は寿命比で考えねばならない。例えば地球人や現代アルバザード人が50−80年生きるとし、古代人が500−800年生きるとした場合、寿命比の1:10を考慮し、物理的には1000年経過した場合でも、単純計算で100年分の経過とみなして言語の変化を算出する必要がある。
こうした意味において寿命が重要になるのは言語の変化や文化の伝播などであり、要は現代人や地球人と寿命が異なる場合に注目すればよい。
cvまでは寿命の異常な長さや通信魔法の整備によって大してfvから変異しなかったと考えられるが、cvで通信魔法が破壊されてからは事情が異なる。人間のヴィードも寿命も激減したので、言語の変化も活発になる。従ってzgからの寿命を考えることになるが、zg〜kkの成人男性の期間平均は500−800才である。zg初期ではもう少し長く、kk末期ではもう少し短い。従って期間平均と述べた。なお、マレティスのような強力な力を持った人間は寿命が遙かに長く、これはあくまで一般的な成人男性の値でしかない。
smになるとさらに弱体化するため、ここで区切る必要がある。smのim3ケタ台、特に1200imまでで一区切りとし、この期間平均が150−240才である。もちろんsm初期と1200imごろでは寿命が違うが、あくまで期間平均である。
1200im以降は50−80で、地球人や現代人と同じである。また、nd以降は魔法も途絶えるため、環境は地球とほぼ同じになる。
なお、この寿命から見るとzg〜kkの8000年間は800年に相当し、smの1200imまでは400年に相当し、アルカができるまでの400年間は400年に相当し、合計9600年間で1600年相当となる。神と魔法が存在する世界なので、地球の常識を持ち込むとかえってリアリティを失う。寿命が長いのだから寿命比を導入しなければならない。
【成句】
dist livro fiina myukale 殉教する
dist livro fiina fas 殉職する。labは不可。
【用例】
les sil livro im xe. やがて、いのちに変わるもの。(Mizkan)

lixa
/ [形容詞]痩せた、細い
[医療]るいそう、痩せ
[文字]コンデンス
[類義語]silf、hanot、yumeli、zeplet
[反意語]jax
[レベル]2
f;「小さい存在」
赤:lixa
lixa:lixa
[語法][文化]
男性に使うとやや侮蔑的なことも。女性には問題なく使えるが、silfとしたほうが喜ばれる。
【用例】
ti yun lixa nod skol ok xei tu sab. その服を着るといつもより痩せて見える。

lixk
/ [植物]キノコ、きのこ、木野子、茸、マッシュルーム、木の子
[美容]マッシュ
[レベル]2
fv;↓
13:制:古:lizkuruxilo(菌の家)16年までlixtと打ち間違えられていた。
lixk:lixk

lizl
/ [政治](都市の規模としての)村、里、集落→salai
[形容詞]〜の街。前置。
[レベル]2
fv;liiz/ruxilo「小さな家」
13:制:古:liizraruxilo
lizl:lizl::saka,alt

lob
/ [動詞]yulをkonで覆う、覆う、おおう、覆いかぶさる、被せる、かざす、翳す、カバーする
[レベル]2
古:lob,luupa(かぶる)

lod
/ [動詞]yulをaに組み入れる(入学や入社など)、組み入れる
[普通動名詞]入院、入居、入学、就学、就職、入社、在籍すること
[反意語]reg
[レベル]2
16:制:恣意
[語法]
latと同じ格組。

lodpelt
/ [名詞]入学式
[レベル]2
19:ridia:arbaxelt
[文化]
入学式はガイダンスと一緒に行われる。二年次以降は入学式の代わりに始業式が行われる。実質両者の間に差はない。入学式の方が学校説明が入る程度である。ガイダンスでは担任の発表が行われ、今年の履修科目や授業の時間割が発表される。なお、クラス分けは去年の期末の結果発表の際に報じられる。ガイダンスではまた、年間行事の予定表なども配信される。更に自分がどの委員会に属すかも告知される。段取りは、まず校長が代表で一言数分で挨拶を述べる。そして教師側が代表者を出して上で述べた発表や配信を行う。それから学生委員会の告知があり、誰が委員の紹介がある。それが終わるとその日は終了となり、帰る。従って午前中に終わる。

loe
/ [名詞]なぞなぞ、謎々、謎謎、クイズ
[レベル]2
13:制:古:loen(わかる?)の意。
【用例】
fit loe なぞなぞを出す

lof
/ [交通]トンネル
[レベル]2
19:lor/font

loft
/ [動詞]yulをaに収容する、収容する、収納する、収める、収まる
[レベル]2
14:制:luta(出る)

loho
/ [アイテム]兜、ヘルメット、保護帽
[レベル]2
meltia 8:gilius;lo/ho
古:loho。「頭に対する固いもの」

loi
/ [形容詞][ネガティブ]不器用な
[類義語]eleina、looa
[反意語]demlas
[レベル]2
13:制
[語法]
aalo―loi, axk―looaのペア。

loki
/ [動詞]yulを理解する、理解する、分かる、解かる、判る、解る、分る、わかる、頭で理解する
[レベル]2
f;「頭が動く」
古:loki
loki:loki:loki
【成句】
loki yun beezel ベーゼルのように理解する。早とちりする、はやとちり。
loki sen kon ixta hot 一目瞭然

lokian
/ [名詞]理解者
[レベル]2
22

lokienvi
/ [名詞]理解力
[レベル]2
rd;/
23

loks
/ [動詞]yul(場所)を泳いでaまで行く、泳ぐ。移動様態動詞。
[普通動名詞]水泳、海水浴
[反意語]retx
[レベル]2
14:制:古:leke。造語者セレン。7年にクミールが「私は泳げません」という意味で"non den lukoen ker eria."といったことがある。「私は水に入ることができない」という意味である。クミールはアルカを覚えたてであったため、このような言い回しをしたのだが、基本語を組み合わせて十分意志を通じることができるということに改めてセレンは驚かされた。そこで次のアルカ改定(9年の第3改定)の際にeriaketta(泳ぐ(水を行く))の代わりにlekeという語を提唱した。全員eriakettaという語の長さにはうんざりしていたようで、すぐに広まった。尚、lekeというのはlukoen ker eria頭字語である。
[文化]
アルナは海なしなので水泳は発達していない。川か湖で泳ぐ。湖の方が広くて流れもないので好かれる。また、川はアルバザードは流れが緩やかなので日本ほど危険もない。流れのない湖や流れの弱い川での泳ぎなので、泳法はゆるやかで、ダイナミックさにあふれたものではない。どちらかというとタイムより遠泳重視である。遠泳重視であるがゆえに、ジョギングなどと同列の健康効果を期待される。また、水中ウォーキングも行われる。ウォーキングが盛んなので水中ウォーキングも人気がある。水中ウォーキングは水泳に比べると日本では下火だが、アルバザードでは水泳に匹敵する。水中は水の抵抗が少ないのでリハビリにも役立つ。ただ、水温が冷たいのがよろしくない。腹を冷やすと抵抗力が落ちて風邪を引きやすくなる。アルティスは教理に体を冷やすなというのがあるので、体を冷やすのは好まない。そこで温水プールが作られた。アルバザードのプールは温水である。冷たいプールはない。プールはジムにある。
【用例】
an siina flea man an loks sen ka tant. 外で泳げるので夏が好きだ。
an loksat ke lana fonl hart. 暑気払いに泳ぎに行った。
an loks van ka tier im tu fleanian. 今年の夏休みには海水浴に行くつもりだ。

loksan
/ [名詞]泳ぐ人
[レベル]2
19:ridia:arbaxelt

lokssab
/ [被服]水着
[レベル]2
22

lokt
/ [名詞]パズル
[レベル]2
14:制:古:loki
【成句】
yun ryuu vaxt lokt まるでリュウがパズルを解くように:快刀乱麻を断つ
lokt e miir 理路整然

lol
/ [形容詞]面白い、関心がある
[反意語]yudol
[レベル]2
13:制:古:lolan(知りたい、興味)
[語法]
愉快ではなく興味があるほうの面白い。日本語の「面白い」と違ってbanと完全に分化されているので、事件などに対して面白いと発言しても不謹慎と怒られることは少ない。
[文化]
vortfeme
【用例】
en na lol. 興味ないな。=俺は無関心だな。
an lax xe lol em sod. 何か面白いことが起こればいいのに。
la et lol alka lot les an ser. 彼は知っている中で一番面白い人だ。

lolo
/ [動物]蛇
[レベル]2
古:lolo(蛇)。loolo(管)からきている。

lond
/ [名詞]夢、夜寝るときに見る夢、夜見る夢、ロンド
[動詞]yul(人や夢の内容)を夢に見る、夢に見る、夢をみる
[類義語]dia、xakllond、felnoa
rd
[レベル]2
16:制:古:lomo(この場合は寝るの意味)/dia
::la kardina:yuuna,alt
【成句】
leevik a lond 寝入る。夢に去る:mokと異なり、寝入った瞬間のことを専門的に指す。
【用例】
xa lond 夢を見る
an leevatik a lond kont ter lem. 音楽を聴きながら寝入った。
☆aruuj leevatik a lond im foni del an isik pam. 灯りを消すやいなや弟は眠りに落ちた。
☆an leevatik a lond im foni del an evik osn a lonz. 頭を枕に載せた途端、眠りこけてしまった。
☆an ke lond dipit var mok. 寝ている間にいくつも夢を見る。
☆an ke lond kalmal rak. 私は夢を見すぎる。
☆non kor lan lond le la xa. 今夜は彼の夢が見たい。
☆an ket lond zal im toxel. 昨日おかしな夢を見た。
☆an at met i momo ka lond. 崖から落ちる夢を見た。
☆an aktat ridia ka lond. リディアに逢う夢を見た。
☆an nat nos xa lond. 夢を見ているような気分だった。
☆an nat nos xa xiel lond man na nau rak. 嬉しすぎて夢ではないかと思った。
tu fia et lond le gaato mirok xa tisee" これは、そんな寂しがりの神さまが見ている夢なんだ」
milx mel xiia ka lond olta aven. せめて夢の中では甘い時を(seren arbazard)

looa
/ [形容詞]下手な、苦手な、知らない、onについて知識が暗い
[反意語]axk
[レベル]2
f;aalo.geks
赤:looa(不器用な)
【成句】
siina fin looa 下手の横好き
an et looa al alf. 私は数学が苦手だ。

loob
/ [被服]帽子、キャップ、ハット、スイミングキャップ、笠
[レベル]2
zg;lo/sabe
13:制:古:lolob,losabe(頭を覆う→帽子)
loob:loob
【用例】
tuo, el xiror loob. そろそろ帽子がいるな。
an lukat ok loob. 帽子をかぶって歩いた。

lood
/ [形容詞]予想外の、意外な、思わぬもの
[副詞]意外にも、意外に、意外と、案外、なにげに
[反意語]len
[レベル]2
古:lood,looden「思わない」

lop
/ [交通]列車、電車
[電算]配列。配列は要素を入れた変数という小箱が連なっているものなので、電車に見立てられた。古ではリュウが配列をpalanと名付けた。制のどこかでlopになり、22にメルが契機となって幻日に転記された。kofelなども同様。
[レベル]2
13:制:古:loolopalan(電車)。「筒の乗り物」が原義。
[語法]
kofel(電算)
kov:車両
ez:寝台車などの個室
[文化]
→pont
街中の駅はすべて地下鉄である。地下を通って、郊外に出るにつれ地上に顔を出す。日本の有楽町線新桜台付近、フランスのRERのBの北駅をしばらく超えてドゴール空港へ向かう電車と同じ。ただし、その後街に入るとまた地下へ戻る。駅は車道寄りに存在するので車からは勿論、駐車場を通って徒歩や自転車でも行くことができる。電車は定期券や切符を購入して乗る。切符は前払いである。改札は自動である。バスやタクシーに比べると短時間で遠くまで行くことができ、料金も遥かに割安である。定期券を持っていれば区間内の移動は自由であるという点は日本と同じである。日本と違ってアルナの電車はふつう各駅停車である。日本でいえば山手線は各駅なのでアルナと同じである。急行は大都市間を走っている。各駅か急行しかないため、準急や特急はない。駅の名前はその駅が存在する場所の名前である。住所がそのまま駅名になる。電車の内装はバスや飛行機と同じで二個ずつ並んだ席が全て前を向いている。日本のように横並びではない。飲食は自由でトイレも付いている。席は回転させて向き合うこともできる。大人数の仲間同士で電車に乗るときは席を回転させて会話を楽しむ。席はふつう指定席ではなく、自由席である。但し、指定席を買うこともできる。立ち乗りはふつう生じない。そんなに込むことがないためである。
<サライの電車>
アルミヴァ通りの地下に1本ずつ走っている。各通りをリディア〜クミールまで行ったりきたりする。
また、メル、セレン、エケトネ、クミール通りの地下には環状線が走っている。ジャンクション駅ではアルミヴァ線と乗換えが可能。
【用例】
koa{kend} a{i} lop 電車に乗る{降りる}
lop ker. 電車が走っている。
an lefat vaxel lana xont lop. 電車に遅れないよう、急いで走った。
lop em mono ok sanje. 電車が止まる。鉄道が止まる。運転を見合わせる。
lop viz (sano). 鉄道が遅延する(遅れる)。

lopn
/ [交通]駅
[形容詞]〜駅。前置。
[レベル]2
13:制:lopmono
[文化]
駐車場の近くにある。日本の地下鉄と同じく階段やエレベーターで降りていく。階段を降りると切符売場や改札がある。改札の横には駅員室がある。改札を抜けるとホームがある。ホームにはベンチや待合室がある。日本と同じである。電光掲示板があり、電車を知らせる。また、日本と同じく大きな掲示板が立ててあり、一日の時刻表を見れる。上り下りどちらも書いてある。日本と違って土日ダイヤは存在しない。ホームから電車に乗る。そして目的の駅で降りる。自転車やペットはふつう電車に乗らない。ただ、遠くで自転車を買って運ぶときや、どうしても自転車を乗せたいときには仕方がない。別に乗せては駄目という決まりはない。ただ、場所を取って迷惑なのでふつうは乗せない。ペットも同様である。

lor
/ [名詞]管、チューブ、筒、ホース
[音楽]管楽器(特に笛)
[医療]カテーテル
[レベル]2
19:古:loolo(管)。造語力が高いので、語形を短めにとっておいた。
loolo:loolo:lu loolo:loo,alt

loren
/ [形容詞]ギリギリの、ぎりぎりの、がけっぷちの、崖っぷちの、ギリギリセーフな
[副詞]ぎりぎり、ギリギリ、どうにか、すんでのところで
[反意語]krain
[レベル]2
20:lot rein(線の内側の)
【用例】
an xontat felka lorenel. ギリギリ学校に間に合った。

lot
/ [名詞]範囲、内側、ゾーン
[名詞]内野
[動詞]yulをaに当てる、yulをaの範疇に収める、当てる、あてる、中てる、命中する、カバーする
[弓道]中てる、中たり、的中
[数学]変域
[野球]ストライク
[格詞]〜の範囲内で
[反意語]leks
[類音]lit。lotとlitは由来は異なるが意味も音も似ている。旧vitとvidは末子音だけの違いなので区別が難しかったが、こちらは母音なので聞こえが高い。逆に意味も音も似ていることを巧く使って詩的な表現が可能だろう。
[レベル]2
19:制:loxt。よく使うので短くした。
【用例】
lot han{kai} 広い範囲。広範囲。範囲が二次元ならhanを、三次元ならkaiを使う。
jent emator rat lot fou sel. ここ何日かの間に天気は良くなってきた。
lot fou miv この数時間の間に

lox
/ [生物]腸、おなか、お腹
[レベル]2
13:制:loo
[文化]
感情が宿る部位とされている。
【成句】
el na elf hart mil lemi poten lox おなかに入ったスープの熱さは感じない:喉元過ぎれば熱さを忘れる。元はloxでなくkemだったが、セレンが「そんなことはない」と言って変更された。
【用例】
lox tur avix. お腹の調子が悪い。

loz
/ [動詞]yulをaに混ぜる、混ぜる、まぜる、混ざる、まざる、砂糖などを溶かす、トランプなどを切る、シャッフルする、カードを切る、かき混ぜる、かきまぜる、合わせる、コーディネート、ミックスする、撹拌する
[名詞]混合物
[レベル]2
f;e

loz:loz:amyule

lozl
/ [料理]カレー
[レベル]2
13:制:lozliit
【用例】
lozl afix 辛いカレー、辛口カレー
lozl en afix 甘口カレー

luak
/ [生物]つまさき、つま先、爪先
[反意語]lask
[レベル]2
19:ridia:arbaxelt:luwa/kit

lue
/ [動物]カエル
[レベル]2
lakta:lue「跳ねる/水」

lufa
/ [動詞]yulを飛んでaまで行く、飛ぶ、翔ぶ。移動様態動詞。
[普通動名詞]飛翔、飛空
[動詞]一目散に走る。lef
[レベル]2
f;luは脚

lufa:lufa
【用例】
ax, an lufa van ti. はい、今すぐまいります。

lufi
/ [被服]ルフィ
[レベル]2
古:lufi(ルフィ)←luf/fiyoを変形させた造語。原義は「二枚のスカート」。lufio,lufiiなどの語形もあったがlufiが最終的には一般的な形。lufはlufsabeの一部で、スカートを意味する。fiyoは数字の2で、元は短槍の意味。
[文化]
アルティス教徒の服。女性用。スカートに似ている。二枚の布を垂れのように前後に付け、落ちないように紐などで結んだもの。動いたときに横から見ると脚が若干見えるため、スリットスカートに近い。脚を淫らに見せるのは宜しくないという考えをする信者は二枚の布の横の長さを長くし、布に布を重ねる。こうするとたとえスリットが入っていても布の下は布なので脚は見えない。せいぜい膝から下の一部、脛や足首がかろうじて見える程度である。ふつうラーサを着ればその下にはサユを着て、下半身はルフィを履く。

lukan
/ [名詞]通行者、歩行者
[レベル]2
20

luko
/ [動詞]yulに着く、着く、到着する、着陸する
[動詞]yulに伝わる、伝わる、伝える、伝導する
[普通動名詞]到着、伝達、伝導、着陸
[普通動名詞][動詞]チェックイン←gaklluko
[反意語]leev
[レベル]2
赤:入る。到着はsornでvatだが、vatは長らく制アルカで待つで使ったため
[語法]
「伝わる」や「伝導する」の場合、空気中を伝わるというような経路を指す場合はfontで、電子が電極に伝わるというような到達点の場合はlukoとなる。

lunan
/ [感動詞]お帰り、おかえり
[レベル]2
rd;luna/an(私のところに来た)
19

lunan(2)
/ [yunte]彼自身
[レベル]2
20:melidia xier

lunos
/ [代詞]彼自身、彼女自身
[反意語]lanos
[レベル]2
19
【用例】
min alxa terk xin ves olta lu til yuu xad alman main e min lunos et ludo. 女性は自分の体そのものが宝であるから、一人で外出してはならない。

luoik
/ [植物]パイナップル
[レベル]2
13:制:luovank(松の果物、松かさ状の果物)

lus
/ [被服]スカート
[レベル]2
meltia 291:luno;luf(ふわっという擬音語)/sabe(服)
14:制:luf(ふわっというオノマトペ)から。古アルカではlufsabeふわっとした服だった。
lus:lus:la flafet
【成句】
lus e reiyu 少女のスカート:思わせぶりな、奥歯に衣を着せる
【用例】
tu lus et diat alka lot les non leinat. そのスカートは今まで着た中で一番素敵だった。

lusia
/ [魔法]魔法、ルシア
[反意語]flam
[レベル]2
tm;al/sia「膜の物」レガルが出るとき空間が揺らいで膜状になることから。
19:ridia:alsia(魔法学の大成者アルシアの11魔将)。アトラスではlusiaからむしろalsiaができた。
art, lusia:
[文化]
→dolmiyu
西洋魔法artと東洋魔法armaletの総称。すなわち「魔法」の総称。魔法の内訳は以下のとおり。

lusia(魔法)  lusian(魔法遣)
  art(西洋魔法)  artan(魔導師)
    rudis(魔術)   rudit(魔術師)
    artes(召喚)   artena(召喚士)
    meldis(時魔法)  meldit(時魔導師)
    lort(忍術)    reldast(忍者)
    fredir(符術)   fredit(符術師)
    emir(妖術)    emiran(妖術師)
    arfian(幻術)   arfiant(幻術師)
    velgalt(色魔法)  velgar(色魔導師)
    yuliant(錬金術)  yuliantis(錬金術士)
    lfrans(魔香道)  franxier(魔香士)
  armalet(東洋魔法)armaletan(東洋魔導師)
    azer(魔法陣)  azeran(法陣指)
    dixent(秘術)  dixend(秘術師)
    anvel(呪術)   anvelan(呪術師)

*elfer(古代魔法)はrudisの一種。

lusian
/ [魔法]魔法遣、ルシアン
[レベル]2
19:ridia
[文化]
dolmiyu

lusiel
/ [rente][代詞]こちらの方、この方、このお方、ルシエール→luapia
[アクセント]lusiEl
[レベル]2
22:kmiir;lu siel(空→遠くの人→距離をおくことで丁寧さを)

lusiett
/ [rente][代詞]こちらの方の、この方の、ルシエット→luapia
[アクセント]lusiEtt
[レベル]2
22:kmiir;lusiel/te

lusp
/ [被服]裾、すそ
[反意語]wasp
[レベル]2
19:luwa/wasp。waspの語源中のwaは「手」なので、脚でなく足から造語。
:::sae,alt

lute
/ [動詞]yul(川など)に浮いてa(岸など)まで流れていく、浮く、浮き上がる、ホバーする、浮かぶ
[普通動名詞][再帰動名詞]浮遊
[魔法]ルテ(レビテト)。風の古代魔法。ユノを使わずに静かに浮き上がる。意思だけでスムーズに上下動ができる。エンジンのように常に一定量を噴射しないと同じ高度を保てないユノに比べ、圧倒的に移動しやすい。
[類義語]mont
[レベル]2
f;lu/te「脚が風に」

[語法]
→mont
移動様態動詞で、lukなどの仲間。

lutia(2)
/ [アトラスの国家]ルティア、燈国、理国
[レベル]2
kako:「燈」クミールがmelxeltを持ち込み、盛大にmelxeltを行うことから
[文化]
→istolnim

・面積

7171890.392950 km^2(本土)。
世界第6位のオーストラリアの7,692,024 km^2よりやや小さい。

・経緯度

西端:西経(-90) + ((3163 / 4000) * 360) - 360 = -165.33
東端:西経(-90) + ((3688 / 4000) * 360) - 360 = -118.08
北端:北緯90 - ((365 / 2000) * 180) = 57.15
南端:北緯90 - ((695 / 2000) * 180) = 27.45

【成句】
lutia tur yuner 驕る平家は久しからず、盛者必衰。zg以降発展を失って伝統の国になってしまったことを嘲って言う。vlまでルティア人の前で使うと侮蔑的ととられた。現在では語源が薄れているのでルティア人でも使う。
lutia xal lutia 旧態依然

lutian
/ [名詞]ルティア人。リディア=ルティアや夢織の紗枝など。
[レベル]2
19:melidia alis
[文化]
大人しく理知的という印象を持たれている。礼儀にうるさく、我を張らないとされている。
大人しさが強調されていることとリディアの経歴を考慮すると、モデルは恐らくスウェーデン人。

lutiaren
/ [言語]ルティア語、ルティアレン
[レベル]2
20
[文化]
tiaren

luumel
/ [歳時記]メルセル前夜祭、メルセルの前、メルセルイブ、ルーメル、大晦日
[類義語]leimel
[反意語]ledia
[レベル]2
20:luna/mel

luvia
/ [歳時記]ディアセル前夜祭、ディアセルの前日、ディアセルイブ、ルヴィア
[反意語]ledia
[レベル]2
20:luna/vat/dia(ディアセルが来るのを待つ)

luwapom
/ [生物]くるぶし、踝
[レベル]2
19
[文化]
くるぶしは可愛いパーツと捉えられ、女子は靴下ごしにくつぶしを見せたがる。恥ずかしいので、脱いでは見せない。
そのため、アルバザードではブーツは好まれない。

lyuuj
/ [親族]弟ちゃん
[レベル]2
19:ridia:lis/ruuj
[語法]
miia

m(2)
/ [単位]メルフィ
[レベル]2
21

maal
/ [親族]お母さん、お母ちゃん
[レベル]2
19:ridia:mama/laal
【成句】
xia vexl mama ist maal. ルシアは「お母さーん!」ではなく「ママー!」と叫ぶ:生みの親より育ての親

maaz
/ [建築]尾根
[レベル]2
alakta:「胸の棒」。胸を山と山に見立て、その天辺の間を走る棒を尾根に見立てている。

mad
/ [生物]へそ、ヘソ、臍、さい
[レベル]2
古:mad(幼児語)
【用例】
ext e mad へそのごま

mae
/ [名詞]乳、乳汁
[レベル]2
13:制:古:maeria(ma(乳房)の水)
【用例】
rik mae 乳を出す

mag
/ [動詞]yulを揺らす、揺らす、揺れる、震える、ゆらす、ゆれる、ふるえる、yul(手など)を小刻みに振る、yulを震えさせる
[形容詞]震えた、揺れた、震える、揺れる
[物理]振動
[音楽]トリル
[レベル]2
13:制:sorn:magis
[語法]
mag lasは手を左右にぷるぷると振ってあいさつする際のしぐさ。mag takとは言わない。腕を振るならwaanが適切。なお、手が寒さなどで痙攣しているときもmagといえるので、文脈を読んで訳すこと。
mag lasは挨拶。mag las ioはteoteoと否定する仕草。

magl
/ [経済]紙幣、おさつ、お札
[レベル]2
19:lein:masgil
[文化]
→anfan
・紙幣の数え方

左手に紙幣の束を持って右手の親指と人差指でつまんで一枚ずつ右手側に移していくやり方で、アメリカ人のやり方と同じ。

maid
/ [名詞]バスタオル
[レベル]2
13:制:maidaxm
【用例】
an fipat main kon maid. タオルで体を拭いた。

maim
/ [名詞]姿勢、体勢、ポーズ
[医療]体位、肢位
[名詞]体位←himmaim。性交の。
[レベル]2
rd;mai/mo「身体の形」
13:制:maimo(身体の形)
[文化]
himmaim
【用例】
lu xales maim. 彼は姿勢をキープしている。だるまさんがころんだのようなピタっとした姿勢。

maindud
/ [生物]体重
[レベル]2
19:ridia:arbaxelt
【用例】
im kit maindud em meif, yan xi tu, em kork. いったん体重が増えて、それからまた減る:この「また」は意味的にmeでないので、訳出しなくてよい。
[文化]
mainaja

mainpant
/ [名詞]実技科目
[反意語]kolopant
[レベル]2
22
[文化]
felpant

mainsaf
/ [生物]体温
[レベル]2
19
【用例】
mainsaf tin 高い体温

mainsafkipar
/ [名詞]体温計
[レベル]2
19

mainsorit
/ [生物]身長、体長
[言語][文字]仮想ボディ、ボディ。アセンダーからディセンダーまでの幅。
[レベル]2
21
【用例】
mainsorit sor 高い身長
[文化]
mainaja

mais
/ [動詞]yulを体で理解する、理解する、体得する、会得する、覚える、習得する、経験的に知っている、習う
[普通動名詞]体得、習得、会得
[レベル]2
19:main ser(体が知っている)
xuxo,f fel,fv:fel
【用例】
yuli alxa mais arka. 子供は言葉を体で覚える。

maisfel
/ [普通動名詞]実学、学習、実技、実習、実技科目。座学の反対。実技科目のこと。
[反意語]leifel
[レベル]2
23

maj
/ [形容詞]どろどろの
[レベル]2


majm
/ [料理]ヨーグルト
[レベル]2
13:制:古:majmaeria(ヨーグルト)「どろどろの牛乳」

mak
/ [普通動名詞]再開
[動詞]yulをiのポイントから再開する、再開する
[法副詞]〜を再開する。準開始相。
[反意語]daim、onk
[レベル]2
13:制:古:mekili(中断、止める)「時を切る」
[語法]
makは準開始相。kitの代わりに使う。
同じくdaimは準完了相。

makは再開の意味。daimは中断。
「また〜はじめる」と「〜するのをやめる」にあたる。
これらはともに相副詞である。

●単位動詞の場合
luk mak(徒歩での移動を再開する)
luk daim(徒歩での移動を中断する)

●非単位動詞の場合:*非単位動詞にはモデル上完了相がないので、daimは繰り下げて終了相にかかる。daimは準終了相となる。
lukand mak(散歩を再開する)
lukand daim(散歩を中断する)

mal
/ [動詞]yulをa{alkalt}まで覚える、覚える、記憶する
[普通動名詞]暗記、記憶すること
[名詞]記憶、メモリー、メモリアル、覚え、おぼえ
[電算]メモリ
[レベル]2
19:amalis
【用例】
te mal tu e. 忘れないでね。

maladi
/ [サール]マラディ。パニックを起こす幼女のサール。
[名詞]パニック、混乱
[魔法]マラディ(コンフュ)。害の低位黒魔法。相手を混乱させる。低位だけあって解除は簡単で、ラルトをかけるまでもなく、殴れば治る。
[人名]泣いているときのルシアのこと:19:mel
[経済]恐慌、世界恐慌
[動詞]yulを混乱させる、混乱させる、混乱する、パニクる
[形容詞]混乱した、パニくった
[レベル]2
ridia:古
【用例】
im tuo, an lo soa lex luxia yun emis az maladi. 最近思うんだが、ルシアってエミスかマラディみたいだよな。
maladi di emat sod mil tu. それによって多くの混乱が生じた。

malisden
/ [娯楽]マリスデン
[レベル]2
21
[文化]
『ドラえもん』に相当するアニメ。メル500年からやってきた犬型ロボットmalisdenにダメ少年beigが助けてもらう話。

belkasoz
/ [料理]換気扇
[レベル]2
16:制
【用例】
ar belkasoz 換気扇を回す

mals
/ [法律]結婚、婚礼
[動詞]yulと結婚する、結婚する
[反意語]almals
[レベル]2
17:制:muc(夫婦)
[文化]
→hatia
現代では家と家の結婚ではないが、上流階級では未だに政略結婚が残っていることがある。
婚姻は役所に届けを出して戸籍に記載するので、日本に近い。
式はアルティス教徒の服を着て教会で行うのが一般的。アルティア人の和装をして神社などで行うこともある。
特にルティアでは純潔の象徴として天馬の絵やレリーフが式場に飾られる。この習慣はアルバザードにも入っている→lyusie

malz
/ [動物]蝶、バタフライ、パピヨン、蛾、ちょうちょ、チョウチョ
[メタファー]浮気者。花から花へ転々とすることから。
[レベル]2
17:制:古:milee(舞うもの)

mam
/ [生物]乳房、胸、おっぱい、乳、パイ、パイパイ、ぱい、ぱいぱい
[言語][文字]ボール
[類義語]pompom、pai
sert
[レベル]2
13:制:古:mamma
ma, ya:ma, ya:la mamet(luはjam)
【用例】
bag mam 胸を揉む
[文化]
mams

mana
/ [名詞]少女、15〜19歳
[反意語]almana
[レベル]2
15:制:古:min(女)
::la luminne

mana(2)
/ [言語]京極
[レベル]2
21
[文化]
→hac, koimanlen, kozue, yuki

<概要>

ハーディアン発祥で、現アルティア、ロロスで使われる表意文字。アルバザードでは特にカレン州で多く用いられ、アルナ等でも日常的に見ることができる。ルティアでもsmの支配後は公用文字のひとつとなっている。結局ルティアも用いていることからアルバザードへの影響もさらに大きくなり、アルシアなどでも多くの京極を見ることができる。
京極は地球の漢字に相当する文字で、漢字と同じように造字力が極めて高いため、文字数は厳密には計れない。漢字は俗に5万字と言われるが、閉じた体系ではないので採録を増やせばもっと増えるだろう。それに関しては京極も同様である。ただ漢字が日常的に1000〜2000の範囲で収まっているのと同じく、京極もやはり日常的にはその程度の範囲に収まるようになっている。
最初は甲骨などに刻んでいたが、上代以降紙や墨を用いるようになり、書体も増えた。文字は縦書きで、右から始まる。アルカ同様左からの横書きにすることもできる。元は横書きの場合は右からだったが、アルカなどの影響で現代ではアルティア本土でも左からになっている。
京極は世界で最も複雑な文字とされ、その扱いは地球における漢字に相当する。アルバザードでは外国語の授業で京極を覚えさせられることがあり、学生にとっては悩みの種となっている。

<構成>

主に象形、会意、指示、形声で構成される。漢字と同じく線形性の強い文字であるため、画数の少ない文字では必然的に漢字と字形が重複するケースがある。異世界のことなので、重複してもハーディアン人は知る由がない。例えば口という字は象形で、幼字のkuの字が元になっており、「回」のような字である。マワルと混同しないよう注意する必要がある。同じく手は幼字のwaからできた象形で、字形は「山」のようである。これもヤマとの混同に注意がいる。いずれにせよ画数の少ない字は必然的に何らかの文字に似る可能性が高い。漢数字の二とカタカナのニもそうだし、幻字とアルファベット間でも同様である。画数が少ないほどデザインに幅が出せないからである。なお、意味も形も同じ字も少数ながら存在する。そのような文字は象形に多い。例えば「月」がそうである。これは幼字のduurgaから来ている。

京極は漢字と比べて会意形声の比率が大きい。「讃」という漢字はごんべんに音価がないが、京極のxiwa(手)は篇と旁の音を合わせているため、会意と同時に形声になってる。京極にはこのような会意形声が多い。その分形声は相対的に減る。
なぜ形声が少ないかというと、それは漢字の元になっている中国語とハーディアン語の音節構造の違いに起因する。現代中国語には39の韻母があり、実際にはこれにr化が加わる。また声母(頭子音)は22種存在する。これに声調が4種存在する。従って単純計算だと3432種の音節を区別することができる。
一方ハーディアン語は音節が93種しか存在しない。これでは形声の効果が弱い。もちろん漢字は3432種の音節を使い分けて形声をしているわけではないが、ポテンシャルの違いは歴然である。93種の音節では形声よりも会意形声にしたほうが同音異義語を減らせる。会意形声にすれば単純計算で8649種の音を区別することができるためである。

京極は世界一難しいと言われるが、恐らく漢字と比較しても難しいといえるだろう。セレンの所感では日本語の漢字並に難しい。その理由は読みにある。京極、特に極字ができる前からハーディアン語の和語は存在した。極字は和語の音より意味を表現することを主眼としたため、漢字でいう当て字が極めて多い。つまり秋刀魚で「サンマ」と読ませるようなものが多いということである。
これは日本人ならば理解できるかもしれない。空は「クウ」という文字だが、和語では「ソラ」以外の何物でもない。漢字を手に入れた日本人は音を優先して万葉仮名のようにソラを表記することもあったが、結局は意味に注目して字を選び、読みは和語のまま保持した。つまり空という字を借りつつ、音はクウでなく和語のソラを維持した。
極字はハーディアン人にとって借り物ではないが、和語の音が先に存在し、その意味を取るために極字を作ったという背景があるため、結局日本語の漢字のような複雑さを持っている。
ハーディアン人は基本語には文字のパーツ(篇など)を設けた。そのため指(xixi)や手(xiwa)のような基本語はパーツの組み合わせで会意形声が成立する。その一方でkuluwa(言葉)のような抽象的な概念はこれが効かないケースが多い。kuluwaはハーディアン語で「口+車輪」が原義であるが、これは極字ができる前から存在した。最終的には祖語であるf_fvのku(口)やluu(動く)などに遡る。
では彼らは極字を作ったときにこのkuluwaという単語をどう表したか。口は基本語なのでパーツがあるが、車輪はパーツがない。車輪はほかのより基本的なパーツを組み合わせて作る。従って「口+車輪」を極字で書くと冗長になる。「言葉」という日常的に使う単語が冗長になるのは避けたい。
そこでハーディアン人たちはこのように考えた。「「口+車輪」よりも「ごんべん+口」のほうが簡単ではないか」と。こうしてkuluwaは口を表す「回」のような字と「ごんべん」に相当する「水」のような字を合わせた字となった。このほうが字形が単純で書きやすい。その代わり音と文字とが乖離してしまう。
ここで漢字なら形声の出番だが、上述のようにハーディアン語では音節数が足りなすぎる。かといって会意形声にするとkuluwaという音そのものが否定されてしまう。ゆえに音と文字を乖離させざるをえなかった。借り物ではない文字にも関わらず京極の読みが難しいのはこのような理由がある。
京極の難しさは群を抜いており、言語としての合理性で見れば愚にもつかないが、技巧性や芸術性では非常に長けており、目を見張るものがあると考えられている。特にアルバザードのような表音文字圏ではよく分からないことも相まって、テストの悩みの種であると同時に神秘的な存在とも考えられている。

<識字率>

アルバザードでの京極の識字率は学歴に比例する。一般的なアルバザード人は最も基本的な数百の文字は読めるが書けないというレベルである。学識が高いとより多くの文字を読み書きできるようになる。同じ学校でも文系と理系では文系のほうが京極の識字率は良い。
カレンやアルシアではアルティア人やルティア人が多いため、一般人でも識字率はよく、千字程度は読み書きができる。千字は少ないようで多い。日本人でも常用漢字約二千どころか半分の千字でさえきちんと書けるかといわれると昨今は怪しい人が多いのではないか。

<呼称>

京字と極字を合わせて京極という。極字を見てsanlaと言ってもmanaと言っても間違いではない。manaが基本でsanlaはより厳密な言い方なので、通常は極字だけ見ても特に厳密な区別が必要ない限りはmanaと総称で呼ぶことが多い。

<歴史>

・極字

1039000頃
カルセールのヴェマを本拠地とするサールの勢力が弱くなったことで、周辺諸国へのヴェマの影響力が低下する。この結果、東洋諸国特にヴェマから離れた地域において独自の文化が育つ土壌ができる。特に大陸の東端で防衛に適したハーディアンでは人の往来も少ないこともあり、閉鎖的な環境の中で独自の文化が華やいでいった。ハーディアンの最初の国風文化である。


ハーディアンは神との繋がりが弱く、神の筆記用具がヴェマ以上に手に入らなかった。人々は甲骨などに文字を刻んでいた。線種の多い幼字は刻むのには適しておらず(甲骨などに星型や三角や丸を器用に刻むのは難しい)、幼字の形は徐々にハーディアン建国以降簡略化され、線形化していった。
このころまでに既に文字は線形化され、直線を主とする字体ができていった。線形化に併行して幼字にはない文字が多く作られ、独自の文字を形成するに至った。これを極字という。

・節字

yuuma 2133
節字ができ、極字のルビとして用いられるようになる→hac

・京字

yuuma 3650
シフェラン、ハーディアン国のアルティア都市と同盟を結び、不可侵条約を締結。ハーディアンの首都ロロスはこの裏切りを遺憾としたが、内戦をしている余裕はなかった
yuuma 3651
シフェラン、ユロからハーディアンに進軍
yuuma 3655
シフェラン、首都ロロスを陥落。ハーディアン人は北の都市フィギットへ撤退し、フィギット国を建国
yuuma 3656
西へ散ったほうのハーディアン人がヴェマのヴォザモ地方に入り込み、混血する

シフェランは同盟の見返りとしてロロスをアルティア人の支配地とさせる。その代わり自分に有利な関税をかけた。この結果ハーディアン、特にアルティアの国力は高まり、極字開発に次ぐ国風文化の兆しを見せる。
yuuma 3658
この時期に豊かな国力を背景に国風文化を誇る風潮が高まり、文学などの余剰な学問にも注力する余裕が生まれる。ルビとして用いられていた節字の崩しはこのときまでに幾種も存在したが、政府は学者の協力の下、これらを集めて崩し字の統一規格を創ることに成功した。この規格を学者らが都で定めたことから京字(yula)という。政府は覚えるのが簡単な京字を使って文を書くよう推奨したものの、極字(sanla)のほうが見てすぐ意味が取れることからその計画は失敗に終わった。しかし完全に失敗だったわけではなく、このことがきっかけとなり、機能語は京字で記すようになった。
京字が機能語を表し、極字が内容語を表すようになった結果、これらのハーディアン文字をまとめて京極(mana)と呼ぶようになった。

<地球での経緯>

幼字は直線、曲線、丸、三角、四角のほか星型なども使うため、表意文字というよりはむしろピクトグラムに近い。線種がバラバラなので書体を作りづらく、デザインの視点で考えると漢字に劣る。線種に統一感があれば例えば直線なら直線、曲線なら曲線の書体が作れるため、書体にバリエーションを持たせるのが容易く、それゆえ芸術性に富む。こういう意味で漢字に相当するデザインの文字がアトラスにもあればと考えられるようになった。
21年に幼字がわずか444字に縮小されたことが決定打となり、漢字に相当する複雑な体系の文字が望まれるようになった。それまで漢字相当物を作らなかったのは幼字の存在もあるが、単に作業が大変で逃げていたというのもある。アトラスの文字史では幼字が根底に存在するため、神との繋がりが弱くかつ比較的高度な文明を築いた民族のすべてが幼字を発展させずに滅ぼしていったとは考えにくい。幼字を滅ぼして響字や幻字に繋げていった民族がいるのも確からしければ、逆に幼字を発展させてさらに複雑な文字体系を構築した民族がいることもまた同様に確からしい。にもかかわらず後者をこれまで創ってこなかったのはやはり作業が大変だからという実情があった。

幼字の大本は古アルカの幻字だが、古アルカのころセレンらに言語学的な知識は乏しく、そもそも子供で知識自体が足りなかった。意思を伝えるので精いっぱいで、文字の芸術性にまで配慮できなかったというのが正直なところだ。それゆえ幼字は作りが粗雑で造詣が浅い。これを今になって掘り下げて作る魅力は感じられないこともあり、444に縮小したというのもある。拙い文字なのでカルディアにおいては原初に作られた文字としてふさわしい。いくら賢い神々によるものでも最初の試みなのでこの程度のクオリティに帰着するのは無理もない。
漢字はあらゆる文字の中で最も複雑で文字数も多い。漢字と比べると同じ表意文字でも幼字の拙さが浮き彫りになる。表意文字というのはデザインの視点で見ると物凄く重要なツールなのだが、芸術用途としてカルディアを見たときにこの世界には拙い幼字しかないというのではあまりに哀しい。
セレンは個人的に漢字と墨の組み合わせを美しいと感じており、あのような表現技法をどうにかカルディアにも取り入れたいと考えてきた。かといって幻字を止めて表意文字を作るわけにもいかない。日常的な言語の使用においては表音文字の幻字のほうが圧倒的に楽だし、そもそもセレンが主張したところで受け入れられるとは到底思えない。
そこで白羽の矢が立ったのが21年にできたカレン県である。ここはアルティアの移民が多い。アルバザードは移民文化で、アルシアにはルティア人、カレンにはアルティア人がいる。ひとつの国でアルバザード、ルティア、アルティアなど様々な文化が楽しめる。そこでアルティア人の言語に表意文字を入れてはどうかと考えた。こうすれば日常は幻字で足りるが国内にはアルティア人が持ち込んだ表意文字が散見されるというデザイン豊かな街が描ける。これが京極の始まりだった。

<文字例>

最初の列は元となった幼字も加えた。
http://cid-dd6eff55a81cbf67.photos.live.com/self.aspx/arka/mana1.jpg
http://cid-dd6eff55a81cbf67.photos.live.com/self.aspx/arka/mana2.jpg
http://cid-dd6eff55a81cbf67.photos.live.com/self.aspx/arka/mana3.jpg

<[京極]タグ>

[京極]タグはkozueやyukiといった京極フォントを使った際、どの文字コード(漢字)を打てばその京極が表示できるかを示している。
例えばvan,altには[京極]タグがあり、「弓」と書いてある。これはkozueやyukiを使って「弓」と打てば、京極におけるvan(弓)の文字が表示されるということを意味する。つまりこの「弓」という記述は地球における京極の文字コードを示していることになる。言い換えれば、kozueやyukiといったフォントでは「弓」という漢字を潰し、そこに京極における弓の文字を入れてあるというわけである。

京極の文字コードの後に補足があればコロンを加えてある。コロンの右には京極の字源などが来る。例えばvan,altでは京極における弓の字がどのようにできたかが書かれている。

一方、ayumi,altには次のように書いてある。
[京極]即:弓/時→van,alt
上の情報は、「即」という字を打てばayumiに当たる京極が表示されることを示している。また、コロンの右にはayumiという文字が「弓偏に時からなる会意である」という補足も付されている。

他方、vanakemi,altには次のように書いてある。
[京極]弓/月
vanakemiは「弓月」という意味である。これはアルティア語の一単語であるが、文字としては二文字から成る。アルティア語において弓月を一文字で表わすことない。従って、kozueやyukiにおいても何らかの漢字を潰すことはない。
このような場合はvanにおける「弓」やayumiにおける「即」などと異なり、[京極]タグ中で特定の一文字を示さない。スラッシュを用い、その単語が複数の字から成ることを示す。
同じスラッシュを用いるケースでも、ayumiとvanakemiの間には一文字からなるか否かという違いがある。このことは、その単語を直に示すフォントがあるかないかという違いにも繋がる。

manal
/ [生物]青少年
[レベル]2
rd;mana/al
23

mano
/ [格詞]恐らく〜するだろうから、もし〜したなら。積極的な条件
[類義語]ol
[レベル]2
古:邪推のmano
[語法]
ol
確率の高い「もし」と覚える。

mans
/ [動詞]yulを咲かせる、咲く
[反意語]almans
[レベル]2
15:制:mina(花)から
:::palu,alt
【用例】
tu et im e mans xalt miina. 花開く季節だ。
☆miina atik mans yun nax. 花がぱあっと咲いた:「笑うように花が咲く=ぱあっと咲く」という独特の表現に注意。

marp
/ [動物]かまきり、カマキリ、蟷螂
[レベル]2
19:mel:mark/kupo

mas
/ [名詞]紙、状、書状、シート、メモ
[形容詞][俗語]ペーパーの、ヤブの、名目上の
[レベル]2
meltia 389:varte;maik.k。最初は麻で作られたものを指した。
sorn
13:制:sorn:memas,memoas(紙)。語源不詳。英語のメモにasを付けたものという説があるが、memoasの前の語形がmemasであることを考えると不適。むしろ英語のメモを意識した者が後からmemoasと解釈してmemoasという語形が生まれたと考えられる。
kasa:katsu:meas
[文化]
→hac
【用例】
mas han 大きな紙
mas fef 薄い紙
mas fim 脆い紙

mat
/ [動詞]yulをaに分ける、わける、散らばる、分かれる、分岐する、分ける、散らす、振り分ける、ふりわける、ふり分ける、分散する
[普通動名詞]分散、ふりわけ、振り分け、分割、分裂、仕分け
[化学]分散する。コロイドなどは溶けずに分散する。
[生物]分裂する
[経済]仕訳、仕分け
[経済]分割する
[音楽]アルペジオ
[反意語]nox
13:制:mit:matは制では「合流」、mitが「分岐」、noxが「集める」、nexが「散らばる」
[レベル]2
myute:myute:myute:un,alt
[語法]
folk
【成句】
mat yuno ほっとする

mat vama
/ [人名]ンムト=ヴァマ
[組み数字]26/28
[レベル]2
古:語源不詳。古形はgmut,gmat,nnutなどと書かれ、表記が不安定だった。幻字は表意文字だったため、表記がきちんと決められないままになっていた。vamaは元はvalmaで、「あの体」。
[文化]
→matverant
(2→)第4期4代ソーン第12使徒。男性。alben。190cm、92kg。髪は赤毛で5cmほどの長さでぼさぼさ。茶色の瞳。肌は白:黄=10:0。
本来は[g]が軟口蓋鼻音なのだが、制アルカにないので本人に選んでもらったところ、クミールの代弁によると調音点が同じで同じく有声音の閉鎖音[g]にしてほしいとのことだったので、この名にする。セレンの感覚では[n]が近いかと思ったが、それはあまりに日本語に引きずられた考えのようだ。
↑この時点以降、制アルカ的でないという理由で名前が変わり、本人も納得しているということで、名前を変えた。gmtだったものに母音を入れた。適切な母音を選んでもらったらuが近いということだったので、それに相成った。

mat(2)
/ [組み数字]26/28
[交通]ンムト通り
[レベル]2
22

mav
/ [名詞]大人、成人、成年
[名詞]上級、上級者
[類義語]solomon
[反意語]yuli
[レベル]2
13:seren:klel:miv:sid:miva(子供)
tras:tras:lu tras
[語法]
→solomon
yuliは大人に対しての子供であって自分の子供とは限らない。

yuli, malt, mavの3対にするときはmavは20歳からであるが、yuli, mavの2対にするときはyuliを長く取って20歳以降をmavとするやり方と、laz以降をmavとするやり方がある。顕生代などの命名には後者を用いている。enmav, mavの2対の場合、20歳以降がmavになる。
[文化]
日本同様、20歳から成人となる。
yuli, malt, mavの順に成長する。yuli, maltは総称してenmav。
0歳から12歳までがyuli。12歳からmalt。20歳からmav。

mava
/ [植物]オリーブ
[レベル]2
13:制:古:mavi
:::yundin,li

mavem
/ [料理]オリーブ油、オリーブオイル
[レベル]2
21:mava/古emyu
[文化]
利食。アルバザード人が最も使う油。油の中で最も消化吸収に優れ、オレイン酸も多く含む。
種類はバージン、精製、ブレンドの3つ。このうち通常用いられるのはバージンで、その等級はyundiran(エクストラ)、denien(ファイン)、peston(オーディナリー)、melsexen(ランパンテ)の4段階で、名前の通りmelsexenは食用に適さない。

mavi
/ [化学][料理]ビタミン
[レベル]2
nd;main/vienem「身体を強化する」
13:制:古:maivi「体を強くする」
[文化]
・起源

ndの大航海時代に海兵の間で壊血病や脚気が流行った。このとき果実を食べていたものほどならなかったことで、ビタミンの存在が提唱された。船にレモンを積んだことで壊血病の罹患率が減少し、ビタミンの存在が強く推定された。

・命名

地球と異なりABCのような命名はしない。例えばビタミンCはレモンが壊血病を救ったことからレモンのビタミンというように表現される。

max
/ [名詞]穴、孔、ポケット(服のではなく)
[名詞]ポケット。ビリヤード。
[卑語]性の対象の女
[レベル]2
13:制:古:myuxa(穴)
myuxa:myuxa
【用例】
lad max 穴を開ける
allad max 穴を壊す、穴を塞ぐ
×rig mas

maxa
/ [名詞]コンセント。入れられるほう。
[反意語]nisi
[レベル]2
13:制:古:myuxa

maya
/ [娯楽]アニメ、アニメーション、マヤ
[ユマナ]ジャパニメーション
[類義語]xaleveiz
[レベル]2
vl;omayami,alt.xik
23
[語法]
xaleveizのほうが外延が広い。凪産アニメのことをmayaという。al以降は洗練された凪流アニメが一般的になり、アルバザード流アニメは追いやられていったため、mayaはxaleveizとほぼ変わらない意味になった。

mayu
/ [名詞]マユ。女性のエタットのうち、明朗なほう。
[音楽]アルト
[レベル]2
19:mama/yunk。メル19年には「おばさん語」として生まれたが、年末から実用しだしたクリスがリーザにはnonで語りかけることから、一人一位相の固定観念が崩れた。また、クリス自身がおばさんでないとみなされ、おばさん語ではなく女のエタットを意味するようになった。
[文化]
典型的には明るく元気な女性で外向的な人を指す。きんぎょ注意報のわぴこなど。

media
/ [色]黄緑
[レベル]2
19:imel/diia
[文化]
黄色はメルから来ており、緑はリディアと関連があるので、黄緑はふたりを象徴する色。この象徴は、クミールがセレンを揶揄するときに"lu tafat media me ter"と言ったことに起因。象徴の作り手がクミールであって、造語者ではない。造語はそれ以前にセレンが行っている。
【成句】
nab las a media 手を黄緑に塗る:両手に花。mediaは何の隠語だろうか。答え↑

mef
/ [動詞]yul(坂など)を降りる、降りる、おりる、下る、くだる
[反意語]mod
[レベル]2
16:制
【用例】
mef tood 坂を降りる
mef naf 階段を下る

meftood
/ [名詞]下り坂
[レベル]2
20:seren/ridia

mei
/ [名詞]システムの構成要素、項、項目、事項、チームメンバー、要素、会員、部員、一員、クラスメート、同級生、成員、構成員
[化学]成分、物質の成分、組成
[類義語]meit
[反意語]seim
[レベル]2
13:制:古:meik(システム)。語源不詳。造語者メルに問い合わせたら「忘れた」と言われた。melと似るのでメルという名が何らか関係しているのではないかと思うが。

meid
/ [代詞][女性]私。女性敬体。
[レベル]2
古sorn:meid(自分(男女兼用))
meiden
/ [代詞][女性]私の。女性敬体。
[レベル]2
21:kmiir:meid/属格en

meif
/ [動詞]yulの量をaまで増やす、増やす、増える、培養する
[普通動名詞]増加、増量、増殖、培養
[反意語]kork
[レベル]2
19:恣意
[語法]
diemは多くすること。結果的にyulの量が多くならなければならない。meifは増加分がたとえ1であっても構わない。1から2になった場合、2という数自体は決して多くはないので、diemにはならないが、meifにはなる。減るについても同様。

meil
/ [形容詞]無関係な、関わらない、関係のない、なんでもないよ、関係ない
[格詞]〜と無関係に
[反意語]on
[レベル]2
22:vit.恣意。vid(使わずに)とvit(無関係)が似すぎるため、vit→meil、vid→vitに<19:恣意
【用例】
tee, ti et meil merel. いや、君は全然関係ないよ。
et meil on{xalt} 〜と関係がない

mel(3)
/ [組み数字]7/28
[交通]メル通り
[名詞]メル組。アルナ大のクラス。
[レベル]2
22

mela
/ [単位]メラ
[レベル]2
14:制:古:melmain「メルの体」ここでの体は体積を示す
[語法]
制アルカ固有の体積単位。1.953125リットル=1メラであるから、おそよリットルの倍に当たる。

melal
/ [名詞]時刻、時分秒、何時、いつ
[レベル]2
19
[語法]
数字を使う場合、miv 12 fei 34 jin 56 t'eram(午前12時34分56秒)のように並べる。時分秒をすべて述べるときは数字を使うほうが多い。ただし時分秒を大雑把に表す場合はアルミヴァを使うこともある。例えば午前12時34分56秒の場合はkonoote varfant nebraと言える。いずれにせよ、時分秒をいうときにはアルミヴァと数字は混ぜない。
24時間制の場合、組み数字を使うならanxianmem(二十四節気)を用いる。13時はgardianと呼ぶ。組み数字を使わない場合はmiv 13のように数字で述べる。
【用例】
an akt ke van la im tu melal e kest. 明日のこの時間に彼に会いに行く予定だ。

melba
/ [単位]メルバ、1.25kg
[レベル]2
16:制:古:melba(メルバ)←melbyu(メルの重さ)が25kgだったが、数が大きすぎて使われなくなり、それの20分の1であるmelbaが台頭した。
[語法]
単位記号はb。

meld
/ [動詞]yulをaに連れてくる、持ってくる、連れてくる、もちよる、持ち寄る、持ちよる
[動詞]yulをaにもたらす、もたらす、齎す、授ける、さずける
[反意語]pio
[レベル]2
14:制
【用例】
ren meld miik du ko. りんごをひとつ持ってきて。

melei
/ [政治](行政単位としての)区→salai
[レベル]2
19:ridia:melmo(囲む)。主にサライ9市を指すことが多いため。

melexia
/ [名詞]綿菓子、綿飴、綿あめ、わたあめ、わた飴
[類義語]flunyet
[レベル]2
23

melf
/ [動詞]yulに抱き付く、抱きつく、抱き付く、抱き着く。faxから来ているので、格組がfaxと同じな点に注意。抱きつかせるの意味ではない。
[婉曲][動詞]yulとセックスする、セックスする
[反意語]fax
[レベル]2
19:制:melfax(メルがするように抱く)
[語法]
ぴとっと抱き付く感じ。抱くだと抱く方が大きいイメージがある。melfは逆。
セックスの婉曲用法は、通常solは女で、yulが男になる。faxはsolが能動的にyulと寝る行為だが、melfは「私を抱いて」とばかりに誘いはするものの、あくまで主導は相手に任せるというイメージである。したがって、通常melfのsolは女になる。faxとmelfの根本的な語法の差が、婉曲用法でも継承されている。気の強い女はfaxするが、萌えるのはmelf。
【用例】
la bente, melfat altian notte! あの泥棒猫が、私のカレを寝取ったのよ!

melfi
/ [単位]メルフィ
[レベル]2
古:メルの長さ
[語法]
単位記号はm。
1メルフィは1.25メートル。固有の単位をと始めに提唱したのはリュウ。しかしできたのはメートルを単に4分の1にしたもので、メートルを意識しているので意味がないとして却下された。次にできたのはメートルの1.5483〜倍という割り切れない長さのものだった。これはメートルを綺麗に直せないという点で実用的でなく、却下された。因みにこれはリュウの案で、7年時のリディアの身長を厳密に測ったものだった。そして最後に目を付けられたのが使徒全員の身長だった。全員の身長を厳密に測ってみたところ、メルが125cmきっかりだということが分かった。125ならメートルとも変換しやすい。そこでリュウは即座にこれを新単位とした。名前はmelfi。メルの長さという意味である。尚、melfiは8|gilに決められたもので、メルは当時8歳。

melfot
/ [娯楽]綾取り
[レベル]2
14:制:メルの紐。セレンが教え、メルが好んで遊んだことから。

meli
/ [名詞]糸
[名詞]フロス
[名詞]デンタルフロス→diomeli
[レベル]2
fv;e

meli:meli:la meli(紐状):meli,alt
【用例】
melso meli 糸を紡ぐ
meli lixa 細い糸

melik
/ [植物]苺、イチゴ、いちご、ストロベリー、草イチゴ、草いちご、草苺
[婉曲]妊娠:iidisから
[魔法]メリック。風の中位白魔法。排卵を誘発する。子どもを作りたいときに使う。不妊治療として使う。苺に魔法を封じ込める方法がカコで確立した。
[レベル]2
13:制:melvankメルの果物(食べることが嫌いな使徒メルが珍しく好む果物であることから)
【用例】
melik tur xai man tur et xante. イチゴが旬なので甘い。

melis
/ [形容詞]気持ち悪い、不快な、きもい、キモイ、キモい
[類義語]bekam、gaiz
[反意語]diite
[レベル]2
14:制:melou
[語法]
esil
【用例】
la et melis. あの人気持ち悪い。
jent at melis. うっとうしい天気だった。

melit
/ [名詞]10歳代の女
[反意語]almelit
[レベル]2
rd:mel;melik/te「苺のような」
23:mel

melital
/ [名詞]10歳代の男女
[レベル]2
rd:mel;/
23:mel

melk
/ [名詞]時計
[レベル]2
rd;mel/kip
13←古:mello
mello:mello
[語法]
→tit tot
[文化]
最初の時計はmeltia 4にメルティアが作った日時計で、アルミヴァを用いて24時間法を採用していた。
機械仕掛けが登場したのはセルメルでナユがアルバ王に献上したとき。その後セルメルでねじ巻きの懐中時計ができ、rdでリュウがクリスの発言を受けて腕時計を開発。ナディアで電池式のものができ、ヴェレイでは太陽電池のものができ、アンセに組み込まれ、事実上アンセに機能が吸収された。腕時計はアンセにほぼ吸収されたが、みやすさの都合で置時計や掛け時計は現代でも残っている。
【用例】
☆tu melk et ses{sil} du 3 fei. この時計は3分遅れている{進んでいる}。
melk es avix. 時計が狂っている。

melka
/ [感動詞]あけましておめでとう
[レベル]2
古:melkai,melkaid。いずれも「メルが成長した」の意味で、オヴィとリディアが言い出した。メル暦の新年がメルの誕生日と共に訪れるため、メルの誕生日を祝う言葉がそのまま年始の挨拶になった(なったといっても新年の挨拶として正式に認識されたのは11年ごろのことにすぎない)。尚、対語にdiakaがあるので参照。
【用例】
melka! an filia salt fiiyu! あけましておめでとうございます。来年も良い年でありますように。

melkart
/ [名詞]メルセルカード
[レベル]2
rd;/
24
[文化]
新年の祝いにプレゼントと一緒に送るカードのこと。年賀状のように知人全員にカードだけ送るという習慣はない。
【用例】
xant melkart a tian 恋人にメルセルカードを送る。

melmep
/ [名詞]メルの鏡。メルセルに飾る鏡
[レベル]2
19

melnian
/ [歳時記]メルセル休み
[類義語]melniansel
[レベル]2
21
[語法][文化]
melnianはruj mir_dia fulまでの期間。melnianselはdia lis_dia fulまでの期間。

melniansel
/ [歳時記]メルセル休み
[類義語]melnian
[レベル]2
21
[語法][文化]
melnian

melsel
/ [歳時記]メルセル、メルの日、新年、元旦、元日
[レベル]2
16:制:メルの日
[文化]
メル暦の年始日で、メル暦で1番始めにくる祝日。メルセルの前日は夜中まで起き、メルセルを起きて迎える。そのまま夜通しで遊ぶかそこで一旦寝る。起きてからは仕事を休んで仲間と遊び、恋人同士でプレゼントを交換したりする。或いは大人が子供にプレゼントを与えることもある。尚、これらのプレゼントはmelxantと呼ばれる。また、この日はアンシャンテを広げてみんなで祝うため、精度調整のため鏡を使った。この伝統を引き継いでアンシャンテがないときでもメルセルには鏡を飾ったり贈ったりする。尚、この鏡はmelmepという。
メルセルとは元日のことである。アルバザードではこの日に新年を祝う。誕生日と違って主役がいないので、みんな公平に祝い合う。家族や友人などと集まり、自宅で祝う。飲食店は休業なので使えない。また、この日は親が子供にプレゼントを挙げたり恋人同士でプレゼントを交換したりする。このプレゼントはmelxantと呼ばれ、現金でも構わないが、大抵は予め欲しいものを相手に聞いておく。また、メルシャントは祝いに出席したもの全員にあげる義務はない。親から子などの一方的なものを除けば、メルシャントはあげた相手からもメルシャントをもらうという相互的なものである。従って、恋人や特別な友人同士の間だけで行われるのが常である。尚、親から子へ与えるメルシャントは親子だけの間であり、叔父や叔母などがあげることはない。叔父・叔母・祖父母・近所の大人などが子供にメルシャントをあげる場合は一方的なメルシャントでなく、もらった子供は相手にメルシャントを返す。一方的なメルシャントは親子の間だけであり、それ以外は相手が親戚の子供でも相互的なものである。メルセルには鏡を飾る習慣がある。誕生日に飾るものと同じだが、こちらの鏡は透明な水に漬けておき、水鏡にするといった違いがある。メルセルにはmelkaといって祝いあうが、この言葉はメルセルにだけ使える。その日を逃すと使えない。あけましておめでとうは元日以降も数日の範囲なら使えるが、melkaはそうはいかない。
<メルセルごろのスケジュール>
学生を例に取る。社会人はテストの部分が決算処理になるだけで、後は同じ。なお、ほとんどのサラリーマンにとって決算処理よりも前の作業のほうがメインになるので、忙しいのはむしろ月の前半。
ruj pin:期末試験1日目(最終学年の場合、入試)
ruj mat:期末試験2日目
ruj kun:結果発表(最終学年は合否の発表)
ruj mir:文化祭前夜祭(文化祭スタート。まだ不燃焼気味)
axet:文化祭後夜祭(街の祭りが始まり、文化祭と合同して大騒ぎに。最後は徹夜してメルセルを待つ)
teems:文化祭最終祭(4年に一度。狂喜乱舞。これがある年はディアセル<メルセルとなる。また、このテームスの日に徹夜をすることになる)
dia dia:メルセル(一気に正月気分でしめやかな空気に)
dia vio:休日1日目(無理が祟って寝込む)
dia lis:休日2日目(動けない)
dia gil:休日3日目(ゆったり回復)
dia ful:休日4日目(明日から学校だ)

melselnian
/ [歳時記]メルセル休み
[レベル]2
19:xion

melselsa
/ [歳時記]メルセルの前日
[レベル]2
19:xion

meltar
/ [名詞]暖房、ヒーター
[レベル]2
19:ridia:arbaxelt
[文化]
熱くしてはかなわないので、hartarはない。
【用例】
an arat meltar man na sort tinka. あまりにも寒かったのでヒーターを入れた。

meltbakm
/ [料理]ホットミルク
[レベル]2
rd;/
23

melte
/ [被服]ワンピース
[レベル]2
14:制:lakta:melteeze「メルの風」。セレンの造語。子供の頃のメルがよくワンピース(ドレスも多かったが)を着ていて、風に靡いて美しかったことから。アルカではよく服に「風に靡く」という意味でteezeをつける。

melti
/ [名詞]ぬいぐるみ、縫いぐるみ、縫い包み
[レベル]2
14:制:古meltxil(メルが持つ)。メルは小さい頃ぬいぐるみが好きだった。使徒の中で当時1人だけ幼かったからそういうアイデンティティを持っているように我々は思ったのだろうが。(21追記:今となってはぬいぐるみの代わりにマウスを握り締め、PCとニコ動を見てうへうへ言っている姿に哀愁すら覚える)

melxant
/ [歳時記]メルシャント
[レベル]2
rd;/
24:登録漏れ
[文化]
メルセルにあげるプレゼント。現金だったり物だったりサービスだったりする。

・現実

2133:年末に来るはずが来れなくなったので遅れ、この日紫亞に『カードキャプターさくら』フランス語版全巻セットをプレゼント。ユルトにはこの前後に合気道の子供用道着を。リディアには慣例として何も与えず、メルには例年通り日本でのデート権を贈呈。子供たちにmelxantやdiaxantをあげたのはこれが初めて。diaxantはまだあげたことがない。紫亞に最初にあげたプレゼントは4歳のとき新宿の京王ビルで買ったサイズの大きな服(もう少し大きくなったら着れるように)とのプリキュアの服で、これが3度目。

melzkant
/ [音楽]子守唄、子守歌、子守り歌、子守り唄
[レベル]2
22

mem
/ [名詞]丸、環、真円
[形容詞]丸い
[数学]円
[動詞]yulを周る、周る、まわる、回転する。mememの略でyulを丸めるの場合も。
[類義語]hol
[レベル]2
f;> 13:制:古:geki。melmo(円)元は円周として使われていた
mem, geki:mem, geki
[語法]
正解には○(mem)。不正解には×(soma)。その中間には\(ilak)と/(alef)を付ける。これは古アルカのオノマトペtilon(○)、jan(×)から来ている。これらは正解や不正解を示すオノマトペで、丸やバツといった幻字が当てられていた。斜め十字を表わし、「×」のような形。
[文化]
memlas, poit
【成句】
miyu ikal a mem 四角を丸にする:分かりやすくする。98年2月3日のメモに書いてある表現で、当時の古アルカにあったものと思われる。
【用例】
yun lad mem 円を描くように

memir
/ [形容詞]仲のよい
[動詞]yulをaに馴れ合わせる、慣れ合う、馴れ合う、なれ合う。emとともに
[反意語]meruj
[物理]波の腹
[レベル]2
19:melidia alis:古:melmiir(メルとクミールのような)
【用例】
semaim memir 仲の良い友達

memme
/ [婉曲]おまんこ、女の子のあそこ
[レベル]2


mempon
/ [幼児]おまんこ、女の子のあそこ
[レベル]2
古:mempon,mempoに指小辞が付いたもの
[語法]
幼児語。卑語ではない。mempoというのが憚られるので大人同士でもmemponと言うことがある。こうして幼児語にしてしまえばいやらしさを感じないのは制アルカは特に顕著である。性の禁忌が激しいことで有名な純潔乙女のクミールやフルミネアの口からmempoが出ることはありえなかったが、memponなら何度か聞いたことがある。

mep
/ [名詞]鏡
[動詞]konを鏡としてyulをaに映す、映す、写す
[文字]レフティ
[化学]反射鏡、光源ランプ
[レベル]2
sorn
中期制アルカおよびsorn:mep(鏡)「よく磨いた」 参考:アルシェ:myul,ixirius
myul:myul:myul

mepl
/ [ポジティブ][動詞]yulを思いつく、思いつく、思い付く、閃く
[普通動名詞]ひらめき、閃き、思い付き
[感動詞]あ、そうだ
[レベル]2
14:制:古:melpaal(閃き)「メルの光」
【用例】
an meplat ano ban e kest. 明日の楽しい計画を思いついた。

merens
/ [名詞]もう一度言う
[感動詞]もう一度言って?疑問文で使う。
[レベル]2
19:melidia alis
[文化]
聞きなおす際は一般的に"xante?"と言う。同じことを何度も言わされるのは心地よくないので、アルバザード人も何回も聞き取れないと遠慮してそれ以上は聞き返せなくなる。それが元で誤解が起きることもままあるが、それは恐らくどの国でも同じことだろう。
【成句】
ret merens a aに聞きなおす、聞き直す

merhal
/ [格詞]真上
[レベル]2
20

merlank
/ [格詞]真左
[レベル]2
20

mermik
/ [格詞]真右
[レベル]2
20

mermol
/ [格詞]真下
[レベル]2
20

mersa
/ [格詞]真前、まん前、まんまえ、真ん前、正面
[レベル]2
20

meruj
/ [形容詞]不仲な、仲の悪い、仲が悪い、犬猿の仲
[反意語]memir
[物理]波の節
[レベル]2
19:melidia alis:古:melruuj(メルとルージュのような)。diamelというのもあったが、ルシアたちの教育に悪そうなので採用しなかった。

merxi
/ [格詞]真後ろ
[レベル]2
20

mes
/ [名詞]周り、周囲、周辺
[動詞]yulを囲む、囲む、包囲する、取り囲む
[名詞]地方
[言語]方言
[形容詞]方言の、地方の
[格詞]〜の周りに、〜ぐらい:mesaと区別。
[類義語]hol、menk
[反意語]seel
[類音]mesa
[レベル]2
sert
13:制:古:melmo(周る)。語源不詳
nva, melmo:nva, melmo:nova
【用例】
mes retl 敵を囲む

mesa
/ [名詞]環境、状況、形勢、事態、情勢
[格詞]〜で、〜の状況で、〜の環境で、〜の様態で。副詞句なども導ける。漠然と状況を表わす:mesと区別。
[類音]mes
[レベル]2
15:制:mes
:::meli,alt
【成句】
mesa total どう見ても、どう考えても、どうしても⇔xalt amtal
haas mesa 当意即妙、臨機応変
【用例】
mesa emat vist penel. 事態はますます悪化した。

mesin
/ [動詞]yulを見回す、見回す、見まわす
[レベル]2
20:melidia xier

mesk
/ [名詞]鞄、バッグ、カバン
[レベル]2
13:制:古:messa(袋)から
【用例】
tea non til gil tuval, xom non tau sen le mesk. 十分なお金があったらあのバックを買えるのに。

mesl
/ [名詞]袋、パック、バッグ
[レベル]2
13:制:古:messa
messa:messa
【用例】
mesl kai 大きな袋

met
/ [動詞]yulをaへ落す、落す、落とす、落ちる、落下する、散る
[普通動名詞]突き落とし
[再帰動名詞][自然動名詞]落下
[類義語]mim
[レベル]2
13:制
::mok:yukulu,alt
[語法]
重力を使って自然落下させることなので、重力の働かない下から上への動作、すなわち反意語は存在しない。下から上にあげるのは人為的な方法か風などによるもので分類され、nek, agel, huaなどに分かれる。なお、このうち人為的に上下に動かすことをnek, mimで表し、これらは互いに反意語である。

nek,mimは上げ下ろしに使う。クレーンや腕など道具を使うことが多い。投身自殺する場合はフリーダイブなので重力任せで、腕やクレーンなどに身を預けない。よって投身自殺ではmetを使う。an mim van nos it iklaだと何らかの方法や道具で自分の体を下にやるというイメージ。

人に「危ないから降りろ」という場合はmim。「落ちて死んでしまえ」という場合はmet。re mim nos! re met nos!の略。 em met!は「事故って落ちろ」で、met!は「自ら落ちて死ね」の意味。呪詛で使うのはたいてい後者。
【用例】
tek es met i zom. 木から葉っぱが落ちている。

metio(2)
/ [アトラスの国家]メティオ
[レベル]2
kako
[文化]
→istolnim

・面積

3585742.295777 km^2

・経緯度

西端:東経(-90) + ((1835 / 4000) * 360) = 75.15
東端:東経(-90) + ((2153 / 4000) * 360) = 103.77
北端:北緯90 - ((602 / 2000) * 180) = 35.82
南端:北緯90 - ((845 / 2000) * 180) = 13.95

mexlank
/ [名詞]相手から見た左
[反意語]mexmik、noslank
[レベル]2
rd;/
24:nosmik

mexmik
/ [名詞]相手から見た右
[反意語]mexlank、nosmik
[レベル]2
rd;/
24:nosmik

mext
/ [政治]他国、外国、海外、異国
[反意語]nosk
[レベル]2
@19
[文化]
アルバザード人にとって身近な外国はルティア、メティオのほかに、周辺国であるケートイアやヒュート。魔方はアルナから遠いので印象が薄く、東方は近くて遠い国なので印象が薄い。
【用例】
an en ke siia mexk. 海外に行ったことがない。

mextan
/ [名詞]外国人、異人、異民族、外人、ガイジン、よそ者、よそもの、ヨソ者、ヨソもの
[レベル]2
19:melidia alis

mextren
/ [言語]外国語
[反意語]noskren
[レベル]2
21

mi(2)
/ [感動詞][rente]み?
[レベル]2
19:melidia axte:miiの短形

mi(3)
/ [接頭辞]お〜。お酒など、丁寧な名詞を作る→soksvet
[レベル]2

[語法]
名詞に付く。動詞にはmist。

miba
/ [俗語]女のクソガキ、クソガキ
[レベル]2
古:miva/卑音b

mida
/ [形容詞]聖なる
[反意語]venx
[レベル]2
f;e

mida:mida:mida
[語法]
聖とは複合的な概念で、「生、健康、善、神、ポジティブな感情、自愛、平安、愛、純潔、信心深い、欲望に乱されない悟り、羨望、人の幸福を祝う」などの比率が高いものをいう。
邪は逆に「死、病気、悪、悪魔、ネガティブな感情、迫害、不安、恨み、不浄、不敬虔、欲深い、妬み、人の不幸を喜ぶ」などの比率が高いものをいう。
神の性質を持ったということについてはmidaと別個に扱われることもあり、特にaxmidaという。というのも、神にもろくでもないものがおり、悪魔にも善なるものがいるためである。逆に悪魔性の高いものはalvenxという。つまりaxmidaは善とは関係なく単にそれが神の性質を持ったという意味であり、alvenxは単に悪魔性を持ったというだけの意味である。

midyussou
/ [丁寧]あなた様、あなたさま、ご主人様
[丁寧][形容詞]〜様。前置。
[レベル]2
21

mif
/ [名詞]無意識
[動詞]yulを気にしない、気にしない、意識しない
[副詞]無意識に、自然と、ふと
[文頭純詞]思わず
[反意語]nap
[レベル]2
@19

mifbena
/ [名詞]おもらし、失禁。mifbezと比較。
[レベル]2
19

mii
/ [擬声]みぃ、みー。ネコの鳴き声
[文末純詞]リディアが使いだしたおんなのこ用の純詞。
[レベル]2
18

miia(2)
/ [親族]娘ちゃん、私の可愛い子
[レベル]2
19:ridia:mivaの音を弱めたもの。恐らくxiiaに合わせた。
[語法]
日本語には「父さん」→「父ちゃん」はあるが、「娘」→「娘ちゃん」はない。娘ちゃんに当たるのがmiia。

miiko
/ [丁寧][動物]猫
[類義語]ket、uni
[レベル]2
20:mii(泣き声)/lanko(男の子→子供。ここでは単に指小辞として働く)

miil
/ [被服]リボン
[レベル]2
古:舞うものが原義
【用例】
fot miil リボンを結く

miin
/ [形容詞]〜のやつめ
[レベル]2
14:制:古:emii(野卑のエクスプローダー)
[語法]
卑称の1つ。指小辞が付いている分、emiより意味が弱い。ちょっとムカッと来た相手に使える。本気で怒っていない場合にしか使えないので、使うことによって却って相手に「怒ってはないよ」という意思を表わすことができる。

miina
/ [エルト]ミーナ。花を司る
[植物]花、草花
[名詞]乙女(laz, manaの総称)
[婉曲]女性器。
[類義語]liibe、arkana
[レベル]2
saal;min/na
13 fav頃:mel:赤:miina(花)。「女の心」が原義。メル暦の制定に伴って起こった神話派の反対を抑えるために作られた。
miina:miina:la flanj(樹花が男性で草花が女性):sana,alt
[語法]
狭義のmiinaは草花を指す。木に生える花はliibeという。ただし広義のmiinaは草花も樹花も両方指す。従ってmiinaのほうが意味が広い。
現実には古まではmiinaとliibeは対等な関係で、miinaのほうが広いということはなかった。制でliibeは忘れ去られ、新生で22まで放置されていた。
アルバザードではarまでmiinaとliibeは対等だったが、aに入ってmiinaに広義の用法ができた。
[文化]
→soflan
メルは創世記では全ての花が季節に関係なく咲くことから、世界の中心を考えなくても良いと説明した。創世記は全ての花が一年中仲良く咲いていたが、花を司るエルトのミーナが花々を分断してしまった。
【用例】
an terkat kacte lana in miina. 花を見にカルテに出かけた。
ol ert miina luna atolas, tu fia em lob kon miina. ミーナ神がやってくると、世界中が花で覆われる。
an inat ke miina ok xite. 家族で花見に行った。
miina em met. 花が散る。

miir
/ [論理]論、論理
[名詞]理屈、理窟、りくつ、筋道、道理、ロジック、セオリー
[レベル]2
fv;e

[文化]
・論理と感情

アルバザード人は論理と感情を明確に分ける。アルバザード人と議論をすると、すんなり彼らがこちらの言い分を聞くので驚くと思われる。しかしそれは論理的に納得しただけであり、感情的にそうとは限らない。従って、こちらが「じゃあそうしてくれるね?賛成だね?」と聞くと、平気で「いえ、論理的には正しいようですが、僕の正義には合いません」といって断ってくる。
これに怒るとアルバザード人は「行動を起こさせたかったんですか?議論したいのだと思っていました」と答える。アルバザード人は議論は客観的に何が正しいか相談する行為と捉えているが、同時に人間は理に適ったものをしなければならないわけではないとも考えている。あくまで感情を尊重する。逆に、理屈が合わなくても感情が動けばアルバザード人は動く。
従って、アルバザード人を説得したい際はまず感情で押す。議論は二の次である。彼らは人情深いため、共感してしまえば理屈に合わなくても協力してくれる。
もちろん理屈を軽んじるという意味ではない。むしろaxmaと日常的に言う彼らは論理性を尊ぶ傾向にある。理に適っていることなら優先的に行い従うという価値観は持っている。しかし、仕事を離れると感情を行動原理とする割合が増えてくる。

・論理展開の流れ

日本人は「序文→例示→結論」で理論を展開するが、アルバザード人は「結論→論拠→再結論」という流れで理論展開する。flan distの用例などにネイティブの実例を見ることができる。
【成句】
ikl miir 論理的に行動する、論理を立てる、論理だって行動する
kont bas miir 問答無用
【用例】
lad miir 理論を立てる

miir(2)
/ [人名]ミール
[レベル]2
古:seren(12):lei e miir:miir(論理)
[文化]
→etek e miir
『ミールの書』の主人公。12歳の少女。セルフィッシュガーデンという場所に入り込み、そこで論議学という学問を学ぶ。

mika
/ [形容詞]信心深い、敬虔な、信仰心のある
[反意語]nati
[レベル]2
15:制:古myukli(信心深い)←myukale(宗教)

mikekko
/ [感動詞]いらっしゃいませ
[レベル]2
古:尊敬のmi/kekko(来る)

mikhal
/ [名詞]右上
[レベル]2
20

miklas
/ [生物]右手
[レベル]2
19

mikm
/ [動詞]yulを撤回する、撤回する、取り消す、キャンセル、中止する
[普通動名詞]撤回、キャンセル、とりけし、取り消し、中止
[レベル]2
14:制:mik(止める)

mikmol
/ [名詞]右下
[レベル]2
20

miks
/ [音楽]歌
[動詞]yulを歌う、歌う
[類義語]kelk、lem、xilem、kant
[レベル]2
14:制:第4期代アルシェ第11使徒ミルフの通り名の「ミク」が語源。ミクは音楽が得意な使徒であり、特に歌声は妖精のように美しいと内外を問わず評判。尚、古アルカではgyakeriku,lemku,kulem(歌)
gyakeriku:gyakeriku
【用例】
miks{ar} miks 歌を歌う
miks lantel 綺麗に歌う
ar{miks} miks lant 綺麗な歌を歌う

miksa
/ [名詞]右前
[レベル]2
20

miktak
/ [生物]右腕
[レベル]2
20:kalie

mikxi
/ [名詞]右後ろ
[レベル]2
20

mil(2)
/ [名詞]刹那
[名詞]--記号、ダッシュ記号、--、ダッシュ。静寂や間を示す。
[類義語]foni
[レベル]2
古:mil(刹那)←milsaaj(刹那の虚無)
【成句】
xi mil 一瞬で
【用例】
im mil del leevik al atolas アトラスに帰る刹那

mileej
/ [言語]ミレージュ、急上昇調
[経済]インフレーション、インフレ
[動詞]yulをaに舞い上がらせる、急上昇する、舞い上がる、舞い上がらせる、舞い上げる
[類義語]agel
[アクセント]mIleej、milEej
[レベル]2
fv;milee/jina「空に踊る」
制?
mileej:mileej

mileel
/ [生物]羽
[被服]フェザー
[類義語][レベル]2
kern
f:saal;milee/al
20:古milee/l(舞うもの)
mileel:mileel:lu milet
[語法]
一本一本の羽のこと。集まると翼(kern)になる。

mileev
/ [感動詞][rente]さぁ、どうぞ。leevより丁寧。
[レベル]2
19:xion

milei
/ [代詞][kotan]sei
[レベル]2
22:kmiir/ridia

milexia
/ [料理]綿菓子
[類義語]flunyet
[レベル]2
17:制:綿の菓子

milezon
/ [医療]綿棒
[レベル]2
rd;/
23

milf
/ [組み数字]11/28
[交通]ミルフ通り
[名詞]ミルフ組。アルナ大のクラス。
[レベル]2
22

milf knoos monna eltoa
/ [人名]ミルフ=クノース=モンナ=エルトア
[組み数字]11/28
[レベル]2
ミルフは語源不詳。古アルカでの意味は「妖精」。mi(女)/lf(軽やかな、靴を脱ぐ、身軽な)。lfは妖精の動きを示すときに使われる。milfはメトニミーとして「妖精」の意を持つ。クノースは「質問」の意味で、5年ごろにの使徒の半数ほどで冠した名。彼女のアルカの喋り方が肯定文でも疑問文調だったことが理由。モンナは5年に自ら名乗りだしたが語源不詳。その後セレンのウォンバスのキャラ名となる。エルトアは『カコ』から。
[文化]
ミルフ=クノース=モンナ=エルトア(tif 9|ful|mik→)第4期4代アルシェ第11使徒。女性。milia。158cm、45kg。髪は黄色で肩より少し長く、猫っ毛。よくツインテールにしている。青の瞳。肌は白:黄=8:2。

・『ミールの書』より

 彼女の声はどちらかというと高く、透通るような声だ。また、彼女の声を聞いているとゆりかごに揺られているような不思議な気持ちになる。彼女の声ははっきりとした発音を紡ぐことはなく、むしろどの音ともつかない曖昧で揺らいでいるものだ。にもかかわらずそれがくぐもったり濁ったりすることはなく、甚だミールは幻想的な気分に浸された。
 しかし、彼女の幻想的な声とは裏腹に、どこからともなく流れてくる笛の音は高く短くはっきりとした軽快な音であり、小気味良く1音1音を曲に合わせて紡いでいた。笛の音はその軽快さとは裏腹にどことなく冷たさを感じ、ミールの心の奥底に眠っている恐怖心を煽りたてた。そのせいか、自然と彼女の歌う歌詞が聞き取れてしまう。彼女はこう歌っていた。
【成句】
milf kaen mokt ベッドの中のミルフ:まな板の鯉
milf asexan lut milf miox にこにこミクちゃんはいつも上機嫌:笑う門には福来る

milgaal
/ [格詞]〜のせいで
[類義語]man
[反意語]kolset
[レベル]2
20:pinena:mil gaal e〜(〜の害により)が文法化したもの。アクセントは規則どおりgaalに置かれる。
【用例】
an tilat soda milgaal amo ruuf. 暴走車のせいで事故に遭った。

milia
/ [名詞]ミリア。女性のリースのうち、明るく可愛いほう。
[名詞]お嬢ちゃん。呼びかけにも。
[音楽]ソプラノ
[婉曲]女性器
[レベル]2
21:kmiir:miil(リボン) 21まではyuna<古:yunk
[文化]
典型的には内向的で可愛い女性を指す。例えばリディアのようなタイプはミリア。
呼び掛けにも使えるが、ユンクのほうがミリアより女性らしいと考えられているので、あまり知らない女性に呼びかけるときはyunkを使うのが無難。ある程度知っていてもyunkと呼んだほうがお世辞として当たり障りない。相手がmiliaな子供の場合、miliaと呼びかけるのが自然。yunkと呼ぶと大人扱いしているように聞こえる。

milk
/ [料理]ココア
[レベル]2
lakta:「ミルフの好きな飲み物」

milt
/ [格詞]〜すればするほど
[レベル]2
13:制:milett(踊りあがる)
【用例】
milt salt 年々
an siina em la milt akt. 会う度に彼女のことが好きになる。

milua
/ [丁寧]あなた様、あなたさま、お嬢様、奥様
[レベル]2
21

milx
/ [名詞]叶わない願い
[動詞]yul(かなわないこと)を願う、願う、希望する、〜だったらいいのにな
[法副詞]〜したかった、〜したいのに、〜したいのにできない、〜だったらいいのにな
[副詞]〜しておきたい、〜しておきたかった
[レベル]2
17:制:古:milp←myulaap「無い願い」
【成句】
milx dajna お世話になります
【用例】
non milx nan art sen yun ridia lutia nya. リディア=ルティアみたいに魔法が使えればいいのに。
an tilat milxel tian im kaian. 大学生のうちに彼女を作ればよかった。
non milx kest tis luna elf. 明日になんてならなければいいのに。

mim
/ [動詞]yulをaまで下げる、下げる、さげる、下がる、下にやる、降りる、おりる、降ろす、おろす、沈下する、振り下ろす、降る
[自然動名詞]下降
[地学]沈下
[生物]委縮、萎える。勃起の反対。
[経済]反落→baltmim
[類義語]met
[反意語]nek
[レベル]2
19:恣意
::mok:yukulu,alt, hotalu,alt(雨が降るの降る)
[語法]
met

mina
/ [代詞][kotan]ti
[レベル]2
22:kmiir/ridia

minasse
/ [代詞][kotan]tiis
[レベル]2
22:kmiir/ridia

minassetu
/ [代詞][kotan]tiiles
[レベル]2
22:kmiir/ridia

minatu
/ [代詞][kotan]tiil
[レベル]2
22:kmiir/ridia

minbeek
/ [名詞]女子トイレ
[レベル]2
22

minj
/ [生物]小指
[名詞]柱→lei
[レベル]2
19:minji(女の指)小さいことから
liizji:

minti
/ [親族]妻、嫁
[類義語]lamiina
[反意語]amir
[レベル]2
20:min/tia
:::nekuli,alt
【成句】
te kel sir lam e minti 妻の初めての肌を忘れるな:初心忘るべからず

minx
/ [形容詞]気付かれないように、目立たないように、盗み〜、見られないように、見つからないように
[名詞]穴場
[娯楽]穴馬
[反意語]alminx
[レベル]2
rd;myuin
14:制:manx:古:myuin「気付かれないようにする」。myuinは原義が「見えない」。

miox
/ [形容詞]上機嫌な、うきうきした、ウキウキ、気分がいい、浮かれている、うかれている
[動詞]yulを上機嫌にする、機嫌を取る
[類義語]anjur
[反意語]naes
[レベル]2
@19
【用例】
an leevat ra a felka kont na miox. うきうきした気分で学校へ行った。
non at miox mil taut melte. ワンピースを買ったので上機嫌だった。
an nat miox mil hak yu on sab sam. 新しい服を褒められたので気分が良かった。
liiza ixnik "ya" mioxel kont eelik a lu. リーザは振り返ると、上機嫌で「えぇ」と答えた。

miran
/ [宗教]教会、ミラン
[レベル]2
20:mirok/ra(神の家)
[文化]
アルテ教で神を祭った建物。サルト教など他宗教にも引き継がれたが、各宗教によって建築様式や内容は異なる。アルティス教も教会を持ち、現在ではアルティス教の教会を指す。
アルテ教では神の家と考えられたため、時代を追うごとに豪華絢爛な造りとなっていった。家といってもキリスト教と異なり別荘のイメージで、神が常にそこに住んでいるわけではないとされる。というのも、各都市や町に教会があったためである。なお、サルト教では各教会に固有の神がいたため、教会は別荘でなく家と考えられた。
アルテ教などのころはサリュは商業用途に使われたため、教会としての役割を果たしていなかった。教会は商工会やサリュの近くにあり、信者の洗礼や各種儀式などを執り行っていた。商工会とのつながりがあったため、現在の役所のような事務手続きをすることもあった。また、アルテ教が拡大すると、銀行の役目も追うようになった。
教会の従業員のことをmiranda(司祭、神父)と呼ぶ。教会の仕事は彼らが執り行っている。

miranda
/ [宗教]司祭、神父、牧師、プリースト、ドルイド(ドルイド教の神官)、祭祀、オウンガン、ラビ
[レベル]2
20:miran/lantis

mirei
/ [音楽]メロディー、メロディ
[レベル]2
21:miks/rein(歌の流れ)

mirgisel
/ [ユマナ]月曜日
[レベル]2
19

mirok
/ [名詞]神々、神、神様、かみさま
[生物]非霊科。アマット(超ドメイン)のうち、アテンに属するものからlan(霊科)を除いた神科・悪魔科・魂科3科の総称。
[レベル]2
f:elt;e 元は自分たちを他の動物と区別するための自称で、「我々」程度の意味。やがて神の一族を表わすように。

mirok:mirok
【成句】
olta tu si yutia az たとえユティアがあろうとなかろうと:良い意味で「たとえ何が起ころうと」:革命時の教徒による言葉。ユティアという性があろうがなかろうがという意味。tuは「そのmirokという言葉」を指す。「ミロクと言ったら「ミロク=ユティア」のことを言ってるのか、神のことを言ってるのか分からんよ」――「かまうものか。どちらにせよ、神様だ」というような会話から生まれたもの。

mirok yutia
/ [人名]ミロク=ユティア
[レベル]2

[文化]
→yuulia arka
(300_380)レイユ時代におけるアルバザードの副王。300年diasel、アルシオン派の2代目リーダーアメリとアルマスト派のリーダーユレットの下に生まれる。ユティアの姓は、両親が双子であるという近親相姦の事実を隠すために両親から与えられたもの。310年頃、アルティス教と政権与党ミナレットの抗争により両親が他界。アルティス教系政党イルミロク党を立ち上げる。320年、ユーリア=アルカの死が決定打となり、革命を起こす。独裁政権を樹立し、親衛隊リーファを用いてミロク革命と呼ばれる強権的改革を実行。国内においては徹底した粛清と思想統制を行い、最強のアルバザード軍を用いて惑星アトラスの全ての国を間接支配するに至る。345年、ルシア=エニークとの間にアリシアを設ける。368年、アリシアとの間にアルテナを設ける。380年他界。享年80歳。
<本人像>
身長172cmで体重58kgと中背で痩せ型。茶色い髪と瞳を持ち、やや黄色がかった白い肌を持つ。幼少期の容姿は少女のように美しく、青年期は線の細い美少年だった。
体形どおり神経質で過敏なところがあり、体は決して強いほうではない。しかし気は人一倍強く、争いごとが絶えない。
子供のころから魔法が使えたが、母親に禁じられていたため、細腕で喧嘩をしては負けていた。正義感が非常に強く、公平を尊び、悪には決して屈しない。
青年期になると容姿と地位のせいでモテまくるが、ユーリア=アルカに一途であり、アルシアを授かるまで貞操を貫く。
それでもユーリアへの思いを一生持ち続けた。
【成句】
hal saal, mol elt, seel luus, an del mirok yutia xa. 空にエルト、地にサール、その間に私ミロクがいる:天上天下唯我独尊

mis(2)
/ [名詞]意見、考え、見解
[動詞]yulという意見をaに伝える、意見を言う
[類義語]lo
[レベル]2
szd
24
【成句】
el tees il mis alt frisel im mis total. 意見を言うということはその意見以外のすべての意見に対する間接的な否定をすることに等しい(seren arbazard)。アルバザード人は意見をぶつけ合って切磋琢磨するのを良しとするが、ある意見を主張することは同時にその意見以外の全ての意見を間接的に否定することになり、そのことによるリスクも生じうるということをセレンは述べた。

miseere
/ [感動詞]ありがとうございます
[レベル]2

[語法]
seere

miseeretis
/ [感動詞]どうもありがとうございます、まことにありがとうございます、心より感謝いたします
[アクセント]misEeretis
[レベル]2
古:mi(敬意を表わす接辞)/seere(ありがとう)/tis(あなたに)
[語法]
seere

misent
/ [感動詞]どうもありがとうございます
[レベル]2
sorn:mi(敬意を表わす接辞)/sent
[語法]
seere

misentant
/ [感動詞]お心遣いありがたくちょうだいいたします
[アクセント]misEntant
[レベル]2
sorn
[語法]
seere

misk
/ [動詞]yulをonに適正かどうか試す、yulがonに勝るか挑戦する、試す、挑戦する、挑む、立ち向かう、対抗する、チャレンジ、試みる、トライ、ためしてみる、取り組む、試着する、味見する
[普通動名詞]挑戦、チャレンジ、テスト、テストプレイ、おためし、お試し
[副詞]試しに、〜してみる
[レベル]2
19:mis:13:制:古:miso,misso(試す)
miso:miso
【用例】
an miskat les an so sen voskel ont enzel. 自分にできることはすべてしようと努力した。

misoonoyun
/ [感動詞]ご機嫌いかが、ごきげんよう
[レベル]2
古:mi soonoyun,soonoyunのsoは「する」という動詞だと思うが、そう思うのはそれを裏付けるようにmiが付いているからである。mi(正しくはmi〜reという風に呼応させる)は動詞に付いて動詞を敬語化することができる。日本語の「〜なさる」に近い。

mist
/ [法副詞]お〜する、〜なさる。前置。
[レベル]2
rd;mi,fv
21:ridia:mi/so/te。21まで名詞と同じmiだったが、動詞に付く場合は法副詞mirとの聞き分けが困難とされ、代詞改訂の際に合わせて調整された。
mi:mi
【用例】
halka mist xenat dunex anmian? お夕飯はもうお召し上がりでしたか。

mistie
/ [建築]ミスティエ凱旋門、ミスティエの門、凱旋門
[経済]10ソルト玉
[アクセント]mistiE
[レベル]2
21:ridia:mistiet
[文化]
→anfan
1204のケートイア人による侵入からgleaで国を守ったアルバ5世の凱旋を祝して建てられた門。グレアの発明者ostia jileelの出身地mistietを讃えてこの名が冠せられた。
石造りで、何度か改修されている。
現在は北東アルナ市セイネルス=クミール通りに所在。
【用例】
galt mistie ミスティエ凱旋門

miv
/ 時間、一時間、60分
[レベル]2
19
[文化]
(meltia 4)メルティアがアトラスにおける1日の長さを24時間に分けた。アルミヴァの12神が昼夜で2周するように分割したためである。ここから12進法の考えが生まれ、分と秒についてはより細かく刻むため、12との公倍数である60に定めた。また、円の一周をさらに細かい公倍数である360°に定めた。
【用例】
im wel miv via 何時頃、何時ごろ
miv 12 fei 34 jin 56 t'eram 午前12時34分56秒

miva
/ [親族]娘
[類義語]lantia、lanon
[反意語]noi
[レベル]2
古:子供
[文化]
noi

mive
/ [動物]ひな、雛
[動物]鶏のひな、雛、ヒヨコ、ひよこ←femmive
[名詞]初心者、ビギナー、卵、たまご、駆け出し、見習い、みならい
[俗語]小さいうちだけ可愛い白人種の子供。混血種の多いアルバザード人からすると純粋な白人種は成長が早く彫が深く、子供のうちは大人びて綺麗で可愛いが、すぐに老けてしまうようにみえることから。差別語。
[レベル]2
15:制:mivkto(子供の鳥)
[擬声]
piyo(ぴよ)

mivjien
/ [名詞]短針、時針。時計の。
[レベル]2
19

mix
/ [動詞]yulをkonでキャッチする、キャッチする、受け取る、受け止める、受ける、水などを浴びる、滝などに打たれる、ボールなどを物理的に手などで受け止める、受給する
[普通動名詞]受信、キャッチ、受け取り、受給
[電算]ダウンロードする、受信する:19:ridia:ダウンロードと明示するときはmix i poxet→mog
[サッカー][野球]キャッチする、キャッチ、ボールを受け取る、レシーブする、レシーブ
[反意語]sef、xant
[レベル]2
16:制:恣意

mixk
/ [生物]膝、膝部
[反意語]nast
[レベル]2
rd;teel
@19
nu:nu
[語法]
膝蹴りの打突点を中心にその周囲。ひかがみは含まない。
【成句】
mixk em vern 腰が抜ける:「腰が抜ける」という表現は不正確。実際には膝から力が抜ける。

miyu
/ [動詞]yulをalに変える、変える
[普通動名詞]変化、変態
[数学]変数、代数、元(げん)。プログラム上の変数はkofel
[反意語]xal
[レベル]2
f;e

miyu:miyu:miyu:milu,alt
[語法]
複合語の場合、〜を変えるでなく「〜になる」、「〜化」の意味になるので注意。変化の複合語においてはベンゼン化とか気化のように、「何を変えるか」でなく「何に変わるか」が重要であるため、「〜を変える」の意味は持たない。
副詞の場合、前はそうしてなかったが、今は変化してそうなったという意味。
【成句】
miyu xir 100 sel avenel. 変化は最低百日を要する。何事も結果を焦ることなく最低百日は続けなさいという意味(seren arbazard)
【用例】
miyu nim al imel 色を黄色に変える
an xir miyu. 変化が必要だ。

mo
/ [名詞]形、形式、フォーム、形状
[名詞]外見、姿、姿形、造形、見た目、外観、図形、容貌、見てくれ、見かけ、容姿→olma
[レベル]2
13:制:古:moat(積み木)から。

moa
/ [遊離副詞][形容詞]既に、もう
[反意語]nei
[レベル]2
16:制:恣意
:::hau,alt
[語法]
時期が予想より早いとか遅いとか関係なく、ある時点から見て過去の時点で完了している状態。つまり「既に」を表わす。
完了(影響相と言えるかもしれない)の相副詞。
【用例】
tu et moa took. それはもう終わったことだ。もう過ぎたことだ。

mob
/ [動詞]yul(物)をaに埋める、yul(空間)をkonで埋める。埋める、うめる。壁塗り構文同様。
[動詞]yulの間を埋める
[反意語]nev
[レベル]2
f;moは「下」

mob:mob

mod
/ [動詞]yul(場所)を登る、登る、のぼる、昇る
[反意語]mef
[レベル]2
15:制
hyuk:hyuk:'yuk
【用例】
mod naf 階段を登る

mogl
/ [植物]カボチャ、かぼちゃ、南瓜
[レベル]2
zg;fovet
lakta:かぼちゃの食感のオノマトペ。
*:mogl

moi
/ [形容詞]薄い。濃いの反対の薄い。色や味に使う。
[反意語]nea
[レベル]2
@19
nyoe:nyoe

mois
/ [電算]リモコン、リモートコントロール、リモートコントローラー、無線コントローラー、ゲームパッド、パッド、コントローラー
[レベル]2
13:制:moiyos(離れて使う?)
【用例】
an bikes nelt mois kon las. いつもリモコンを持っている。
xite ant anx an lex mois. 家族にリモコン呼ばわりされている。
an ont aruuj veitat mois i xok. 弟とリモコンの奪い合いをした。

mok
/ [動詞]yulを眠らせる、眠らせる、眠る、ねる、寝る
[音楽]休符
[電算][動詞]yul(パソコンなどを)終了する、終了する、終了させる
[類義語]yunis
[反意語]net
[レベル]2
13:制:sorn:molokas。moloの部分が意識が低くなるという意味で、アルシェのlomo(眠る)にあたる。
:::molu,alt
[文化]
十二時が近付くと寝る準備をし、十二時には寝てしまう。安眠できるように生活しているので大抵寝つきは良い。アルバザードはベッドで寝る。一人ずつ自室にベッドを持っていて、そこで寝る。布団文化はない。布団はあるが、ベッドがない場所で仕方なく寝るときに非常用道具として使う。寝るときは電灯を月光に切り替える。アルバザードの電灯は月光モードというのがある。ちょうど月の光と同じくらいの光を作るモードである。人間が最も安眠できるのは月光と同じ程度のルクスであることからこのモードが付いている。このモードはベッドのある部屋の電灯にしかない。トイレの電灯には当然付いていない。月光モードはセットした起床時刻になると自動的に起床モードに切り替わる。たとえば六時にセットしたとすると五時の終わりから徐々に光が強くなり、六時には朝日と同じくらい強い光を放つようになる。これによって自然な目覚めが可能である。起きたら部屋の窓を開け、太陽光を入れる。太陽光を少しでも感知すると電灯は弱まる。部屋の明るさが一定以上になれば自動で消灯する。なお、アルバザードの一般的な睡眠時間は12時から7時半。
【用例】
an en kalma mok sa konoote. 12時より早く寝ることはほとんどない。
an mokat vil mil fo le rib lad. 蚊の飛び回る音で寝付けなかった。
an mokat lax du vein. もう少し寝ていたかった。
an jalat mok van vadel. 早く寝ることに決めた。
an mokat a faar nov. 朝の遅い時間まで寝ていた。
an mok lax miktel im kest. 明日はゆっくり寝ていたい。
an kuit fi sa mok. 寝る前に夜食を食べた:何か食べたとする。
an mok van vadel. 早く寝るつもりだ。
an mok ax vadel lana en viz pina e kest. 明日の約束に遅れないよう、早く寝よう。
an en mokat alkalt nod lana in dels. 映画を見るために夜更かしした。
an mok xi sain il omi es kuki ranel. すべてのドアに鍵がかかっているか確認してから寝る。
an mok sen askel in man an es ani tinka. とても疲れたのですぐに眠れそうだ。
komo, an mok vil ranel im fis na. 今日はよく寝れない気がする。
an mokat kont en kui dunex. 夕飯を食べずに寝た。
an mokat ranel. よく寝た。
☆an mok flonel{fremel}. 私は眠りが浅い{深い}:夢は居るものなので、遠く夢の世界にいることが深い眠りとされる。実際眠りが深いときはノンレム睡眠だとしても、言語上はそのようになっている。
lu xidia fremel nod yult tisse. 紫亞は夕月より眠りが浅いのよ:19:mel
an mokat gastel im toxel. 昨日は一睡もできなかった。
saa, an mok van. xidia. さて寝ようかな。おやすみ。
an mok van xi ter fou lem. 何曲か音楽を聞いてから寝よう。

moka
/ [名詞]布団、ふとん
[レベル]2
15:制:mokabe(寝るときの布)

moksab
/ [被服]パジャマ、寝巻き、寝間着、ナイトウェア、ネグリジェ
[レベル]2
13:制:寝る服
【用例】
an alsibat moksab. パジャマを脱いだ。
an sabat samel moksab. パジャマに着替えた。

mokt
/ [名詞]ベッド
[レベル]2
13:制:mok(寝る)

mols
/ [動詞]solはyulだけ時間かかる、時間がかかる。定義動詞。
[レベル]2
14:制:恣意
【用例】
tu mols fil. 時間がかかるな。
tu mols to? どれくらいかかりますか。
tu mols ko miv xel el ke seate. デパートに行くのに1時間かかる。
tu molsat soot xel an tookik tu lab. その仕事をするのに一週間かかった。
tu molsat fil xel an mais lets. ピアノを弾けるようになるには時間がかかった。

molsank
/ [動詞]yulをうつぶせにする、うつ伏せにする、うつぶせにする、うつぶせになる
[普通動名詞]うつぶせ、うつ伏せ
[反意語]halsank
[レベル]2
19

molv
/ [普通動名詞]引き分け、ドロー、痛み分け、あいこ
[動詞]solはyulと引き分けになる、引き分けになる
[レベル]2
16:制:mol/vas(中の戦い)
【用例】
arxe molvat sorn im kako ras toto. アルシェはソーンとカコで何度か痛み分けになった。

mom
/ [植物]根、ルート、根っこ
[動詞]yulの根をaに植え付ける、植えつける、植え付ける、植える、うえる
[レベル]2
fv;↓
古:「下にある」
mom:mom:lu moa
【成句】
om mom 本質的に
til{si} mom 安定している{不安定だ}
【用例】
[卑語]baz kui mom tis, beja! 根っこまで食うのか、このデブ!:アルバザードでは根っこは貧乏人の食べ物。
min alxa et mente on mom. 女は本質的に売春婦である。

mon
/ [形容詞]はっきりした、明瞭な、ハッキリした、明白な、明確な、確かな、確実な、鮮明な、明らかな、彩やかな、顕著な、色が原色に近い、鮮やかな、意識がハッキリしている、意識が明瞭である
[文頭純詞]確かに(〜かもしれないが):se mon(確かに)と異なり、含みのある言い方で、talと呼応する。口語の場合、monを強く言うことで文頭純詞になってtalと呼応するが、弱く発音されるとseがなくてもただの副詞の倒置になり、talと呼応しない。
[音楽]マルカート
[反意語]nem
[レベル]2
13:制:語源不詳
[語法]
monは明らかで曖昧さがないさま。証拠が明白、意識が明瞭、合格が確実、判断が明白、態度が明瞭など、全てmonである。態度がはっきりしているとは主張を曖昧でなく述べるさまである。喋り方が明瞭で聞き取りやすい場合もmonである。また、色が原色という意味もある。
【成句】
mon yun faal et firt 太陽が明るいくらい明らかな:火を見るより明らか、火を見るよりも明らか
【用例】
tu et mon xel la til kahi. 彼に罪があるのは明らかだ。

monia
/ [名詞]未知の人、知らない人、赤の他人、面識のない人
[形容詞]未知の、見知らぬ
[類義語]nemi
[反意語]iton
[レベル]2
18:制:melidia:moni(未知)
[語法]
制を知らずにmonaしか知らない世代は「なんで未知の人なんだろう?」と思うかもしれない。
【用例】
namt monia. 知らない人には気を付けなさい。

mono
/ [動詞]yul(対象)をa(場所)に止める、止める、停める、静止させる、留める、押さえておく、駐車する、止まる、停車する
[魔法]モノ(ストップ)。中位時魔法。相手を一時的に停止させる。
[普通動名詞]一時停止、停止、停車
[動詞]yulを一時停止させる、一時停止する。機械などを。
[類義語]solk
[反意語]ov、almono
[レベル]2
f;e。「壁」、「止める」

mono:mono:la mono
[語法]
椅子から立とうとする人を制するなどの意味でも使う。
【用例】
mono kern a sokl 公園にバイクを停める

mook
/ [名詞]クレヨン
[レベル]2
13:制:mookaz(ロウのペン)。蝋を含んだ棒状の絵の具がクレヨンであることから。

mox
/ [格詞]〜に接した、〜に接して
[動詞]yulをaに接触させる、接触させる、接しさせる、接する、くっつける、接している、接触する、くっつく、隣接する、しがみつく
[類義語]amox
[反意語]myuo、nes
[レベル]2
rd;myuo
14:制:古:myuo(離れた)
【用例】
lanskern xa mox flamel. ランスケルンはフラメルに隣接している。

mue
/ [料理]酢、ビネガー、食用酢
[レベル]2
lakta:「すっぱい水」

muo
/ [名詞][形容詞]酸味、すっぱい、酸っぱい
sert
[レベル]2
17:制:mue
mu:mu::massi,alt
【用例】
miik muo 酸っぱいりんご

mya
/ [動物]猫、ねこ、ネコ
[擬声]にゃーん
[レベル]2
古:ネコのオノマトペの一種。文字はkettoと同じ。

myep
/ [感動詞][yunte]へっ?、えっ?、みゅ?、にゅ?
[レベル]2

[語法]
意味はhepと同じ。myepは主に人に対して、myupは主に自分に対して使う。

myu
/ [感動詞][文末純詞]みゅ、みゅう、みゅぅ、みゅー?、みゅんっ
[レベル]2
rd:ridia;猫の鳴き声から
19:新生では古myupからの逆成。
[語法]
猫風の文末純詞。甘えの心理や平和や和みを示す。

myukale
/ [宗教]宗教、〜教
[レベル]2
zg;「嘘の」
赤:ちなみに宗教にネガティブだった古アルカでは、同時に「嘘の」という意味。
myukale:myukale:lu myukale
[文化]
yuuma 4172 レスティリアの王府からアルテ教は異教(myukale)だという公言がなされる。実際に歴史的にはアルテ教のほうが間違っているわけで、存在しない神を崇められては当然サルトとしては鼻持ちならない。また、神商会としてはこれ以上商工会をのさばらせておくわけにもいかなかった。そこで両者が時のレスティル王マールを炊きつけ、アルテ教を邪教とし、yuuma 4174にはさらに宗教の禁止を公布させた。宗教はアルバレンでmyukaleといい、「嘘のもの」「存在しないもの」を意味する。これにより、アルテ教迫害の下準備が整う

サルト教ができて以降は「邪教」の意味でなく、宗教を総称する語になる。

myul
/ [形容詞]類似の、似ている、似た
[格詞]〜に似た、〜に似ている、〜のような
[名詞]類似品、似たもの
[数学]相似
[反意語]enk
[レベル]2
赤:myul(鏡)
【成句】
myul tu 同じように、同様に、似たように
【用例】
ridia at myul a milf im laz. 少女時代のリディアはミルフに似ていた。

myulla
/ [感動詞]がっかりだ、残念だ、残念
[名詞](naとともに)意気消沈した、落胆した、落ち込む、へこむ、ヘコむ、凹む、気落ちする、気が落ちる、気を落とす、肩を落とす
[形容詞]残念な、がっかりした、気落ちした
[レベル]2
古:myulla(希望がない)
【用例】
sins myulla 気を落とす
an nat myulla a la vade tas. 彼が試験に落ちたことは残念だ。
laas nat myulla a nife ant in. 私の成績に彼らはがっかりしたようだった。
☆tu at myulla xel la leev an xed rens. がっかりしたことに、彼は何も言わずに去った:がっかりしたことにを副詞句にしない。
an nat myulla man vade tas. 試験に落ちて落胆した。
an nat myulla a la sot soa. 彼がそうしたのは残念だった。
an na myulla on tifl kilm rat. いい機会を失うのは残念だ。
tu at myulla xel la en kap al an. 残念なことに、彼は電話をくれなかった。
el na sil myulla mil endi soven ses o tur milgaal lu til mal nil a. なまじ幸せな記憶を持ってると現在との落差でへこむことになるぞ。

myun(2)
/ [感動詞][文末純詞][milia]みゅん
[レベル]2
20:ridia:mirok

myuo
/ [形容詞]離れた
[動詞]yulをiから離す、離す、分離する
[普通動名詞]非接触、隔離、隔絶
[反意語]mox
[レベル]2
f
赤:myu(ない)/o(距離)「距離を取って、ここにない」
myuo:myuo:myuo
【用例】
sae myuok i lanvem. 紗枝はランヴェムから身を離した。

myup
/ [感動詞][文末純詞][yunte]へっ?、えっ?、みゅ?、にゅ?
[レベル]2
rd:ridia;myu


myuu
/ [感動詞]myu
[レベル]2
rd:ridia;myu
23

myuxa
/ [天文]新月、朔月、朔、つきこもり、月隠り、晦、みそか、晦日
[名詞]南
[メタファー]ぽっかり空いた丸い穴
[メタファー]心の穴、喪失感
[組み数字]1/8
[レベル]2
16:制:古:myuxet。また古のmyuxa(存在がない)とも掛けている。
myuxet:myuxet:la myuxel
[文化]
xelteel
【用例】
☆non til xalel myuxa mil vort laat fien 3 salt as es rakm. 彼が死んでから3年が経つが、まだ喪失感を感じている。

myuxet
/ [名詞]ミュシェット、ミュシェットの月、月無
[レベル]2
fv;↓
古:古では「ない月」。幻の月と新月両方を表わした。
*:*:lu myuxel
[語法]
「ない月」。月無日(アシェットの日及びテームスの日)

naan
/ [副詞]念のため、一応
[レベル]2
古:naan
[語法]
恐らくそうであろうことは分かっているが確認するさま。
【用例】
an sain van naanel. 一応確認します。

naana
/ [親族]孫娘ちゃん
[レベル]2
19:ridia:hanaとnanaをかけたのだろう
[語法]
miia
nanaと似ていて区別しづらいが、人間の年齢区分と親族名称は使われる場面がしばしば異なるので案外大丈夫。

naat
/ [名詞]20歳代の女
[反意語]alnaat
[レベル]2
13:制:古:nait(成年男子)

naatal
/ [生物]20代
[レベル]2
rd;naat/al
23

naaze
/ [名詞]怒り
[類義語]jo
[レベル]2
szd;na/jo
21
【用例】
til naaze 怒る
tu et beim xel el til naaze fiina nos. tu et lant xel el til naaze fiina mex. pin, el til xin serjo olta lu til naaze. 自分のために怒るのは醜いことだ。人のために怒るのは綺麗なことだ。ただ、怒っても感情を爆発させてはいけない(seren arbazard)

nab
/ [名詞]絵の具、ペンキ、ペイント、顔料、着色料一般
[動詞]yul(顔料など)をa(壁など)に塗る、yul(壁など)をkon(顔料など)で塗る、塗る、塗布する
[レベル]2
13:制:nimab(色の材料から)古:nimgaabe(絵の具)
[語法]
yulの種類によってyul以下の格が変化する。
[文化]
水彩絵具にはフェノールが含まれており、刺激臭がする。アルバザード人はこの匂いが嫌いで、絵の具=臭いという頭がある。
【成句】
beeb yun nab 絵の具のように臭い

naf
/ [建築]階段
[生物]分類階級。タクソンの集まり。
[音楽]グリッサンド。縦ロールの楽譜でもグリッサンドはきちんと階段状になる。
[レベル]2
13:制:nif。対というほど段と階段は意味が接していないので、単なるアプラウトによる意味変化として残した。
[文化]
日本と同じような階段である。手摺がついている。途中で畝って曲がることもある
【用例】
mod naf 階段を昇る

nafar
/ [形容詞]容易な、気楽な、楽な。辛いの反対。
[反意語]kin
[レベル]2
古:心を伸ばす。古にあった単語でなく、古形から作ったもの。
【用例】
milx lab nafar 楽な仕事が欲しい

nag
/ [動詞]yulを飲み込む、飲み込む、嚥下する、飲む
[擬音]ごくっ、ゴクッ
[動詞][ネガティブ]yulを疑わずに信じる、信じる、受け入れる
[類義語]xen
[レベル]2
19:オノマトペ
【成句】
nag xiv→xiv
【用例】
te nag lei. 本に書いてあることをむやみに信じないで。

nain
/ [名詞]警察
[レベル]2
15:制:恣意
[文化]
警察の階級はkana参照。
警察は軍務省の下の警察庁に属する。各都市には北区にひとつの警察署があり、要所ごとに交番が存在する。
円形都市でないサプリなど、田舎は規模によってまちまちの扱いである。あまりに小さい街が点在している場合は、一括してひとつの警察署が管理することがある。
日本の場合、東京は警視庁で道府県は警察本部が置かれるが、アルバザードはそのようなことがない。また、これら2者は地方であり、中央として警察庁がさらにその上に置かれるが、この違いもアルバザードにはにない。
伝統的に中央集権かつ小さな政府であるため、警察署はすべて中央に属しつつ、運営は地方の職員で行っている。所属は形骸的なものであり、各警察署の実権を持っているのは地方である。中央は各警察署の足並みをそろえる必要があるときにだけ指示を出す。
警察署は企業と同じくarkaltが最上位で、woolが最下位となる。

円形都市には256箇所の交番がある。
カルテの東西南北大通りに繋がる箇所に1つずつ。
春通りには大通り(12, 3, 6, 9)に交番を置く。計28箇所。
夏通りには非大通り(12, 3, 6, 9以外)に交番を置く。計56箇所。
秋冬通りにはすべての通りに交番を置く。計168箇所。
合計256箇所である。
1つの交番には4人の警察官が配属される。ただし冬通りには8人ずつ配属される。従って、1都市に1696人の交番勤務がいることになる。

交番には交番課の警察官が配属され、刑事課の警察官との上下関係はない。どの課であろうと階級制度は同じ。刑事課のwoolより、交番課のwiizのほうが偉い。
これは日本とも同じであるが、一般の日本人は刑事の方が偉いと勘違いしている。アルバザードでも同様で、ふだん見慣れている交番課より刑事課のほうが偉いという誤解がある。ただ実際、警察官の志願状況を見るとそれは否めなく、優秀な人間ほど刑事課などに行く傾向がある。
交番課の最高位はnalmiである。nalmi〜woolまでが配属される。刑事課も同様にnalmiが最高位である。実際nalmiが交番に勤務することはなく、管理などの仕事を行う。
通常交番にいるのはwetta〜woolである。ハコ長はwettaで、必ず1人。wiizも1人で、残りの2人がwoolである。交番によってはwiizが2人でwoolが1人ということもある。
交番は4人だが、常に2人交番にいなければならない。無人にしてはならない。また、常に警察官は2人で行動する。何かあったときに対処しやすく、汚職や職務怠慢を防ぐ効果もある。従って、パトロールは常に2人で行う。

交番は警察署の管理下にあり、警察署には交番課以外の課がある。そのため、1都市の警察官は当然交番勤務の合計より多い。
警察署間に優劣の差はなく、カテージュのarkaltとワッカのarkaltは同位である。ただし、しばしば国家的な代表として警察署長官が出てくる場合、それは中央アルナであるため、暗黙の了解として中央アルナのarkaltが最も位が高い。

nainamo
/ [交通]パトカー
[レベル]2
19:ridia:arbaxelt
[文化]
levnamo

nainan
/ [軍事][政治]警察官、警官、お巡りさん、おまわりさん
[レベル]2
19
[文化]
→nain
最も身近なのは交番課に勤める警察官であり、通常はこれを指す。刑事なども警察官むろんである。
制服着用で、デザインは軍隊と同じ。ただし色は暗く黒い青。武器は銃と剣。

naki
/ [名詞](na, tilとともに)当惑する、困る、悩む、戸惑う
[動詞]yulを困らせる、困らせる
[レベル]2
19:xion:古のnaとki(心動く)から造語。
[語法]
pelsと同じ語法。nakiは「えっ、えっ!?」という感じの戸惑い。pelsは「うーん、う……うーむ」という感じの悩み。我ながらよく分かる説明な気がする。

nakol
/ [名詞]感覚、感じ、フィーリング
[レベル]2
szd;<>na/ko(fvで「内側」)
24

nal
/ [名詞]安心、安堵、気楽、平静
[形容詞]安心した
[反意語]naver
[レベル]2
13:seren:klel:sid:nalya(心が軽い)。オヴィは始めこれを「浮気性である」と勘違いして解釈し、覚えていた。
[語法]
naが既に入っているので、コロケーションはtil nal(安心だ)で良い。naでも可。
【用例】
an tilat nal. 安心した。胸をなでおろした。胸を撫で下ろした。
☆an nat{tilat} nal man tu en emat vist. それくらいで済んで良かった。

namt
/ [名詞]注意
[動詞]yulに気をつける、気をつける、気を付ける、気を付けさせる、用心させる、警戒する、注意する、マークする
[反意語]alm
[レベル]2
14:制:nimt:古:naluumi(心がない)
【成句】
taf namt 気を引く、注意を引く
【用例】
an fonlat fes namtel. 失敗しないように気を付けた。
an namtat fal veinel. もう少し気を付けるべきだった。
el namt fal im opn amo. 車を運転するときは気を付けなければならない。
re namt amo. 車に気を付けなさい。
an namt fal les nos kui. 食べるものに気を付ける必要がある。

nana
/ [名詞]女の赤ん坊
[反意語]alnana
[レベル]2
古:nana(赤ん坊)。赤ん坊の擬声語がnaanaa。
【用例】
nana enas lavel. 赤ん坊がぎゃーぎゃー泣いている。

nana(2)
/ [代詞][kotan]an
[レベル]2
22:kmiir/ridia

nanaamo
/ [名詞]ベビーカー、乳母車
[レベル]2
19

nanal
/ [生物]赤ん坊、赤ちゃん、あかちゃん
[レベル]2
rd;nana/al
20:nana/al

nanan
/ [文末純詞]なんちゃって、〜みたいな
[名詞]ギャグ、ジョーク
[レベル]2


nanasse
/ [代詞][kotan]ans
[レベル]2
22:kmiir/ridia

nanassetu
/ [代詞][kotan]antes
[レベル]2
22:kmiir/ridia

nanatu
/ [代詞][kotan]ant
[レベル]2
22:kmiir/ridia

nano(2)
/ [代詞][kotan]kok
[レベル]2
22:kmiir/ridia

nas
/ [動詞]na/es
[レベル]2

nask
/ [動詞]yulを納得する、納得する
[感動詞]なるほど、成程、了解
[レベル]2
14:制:古:naka(納得する)。「心が場所を得る」。

nati
/ [形容詞]敬虔でない、信心が浅い、罰当たりな、信仰心のない
[反意語]mika
[レベル]2
@19

nau
/ [形容詞]嬉しい
[動詞]yulを喜ばせる、喜ばせる、喜ばす、喜ぶ
[反意語]emt
[レベル]2
19:古:nahyu
nahyu:nahyu
[文化]
日本人より大げさに表現する。肘を曲げて両手を挙げる。手は拳にする。ちょうど肘がわき腹の高さで、拳が顎にくる。ファイティングポーズのようなガッツポーズのようなポーズだが、これが喜びのジェスチャーである。hwaなどと声も出して喜ぶ。周りの人は事情が分かっていればtisoaなどと声をかける。アルバザードでは嬉しいことがあると知人を集めて一緒に喜ぶことが多い。
【用例】
non nat nau mil yu hek i la. 彼からの手紙をもらって嬉しかった。
[メタファー]nau yun oma 犬のように楽しそうな
an nat nau man ter tu vert. その知らせを聞いて嬉しかった。
☆an na vil nau nod tu. これ以上に嬉しいことはない。
non na nau im xa kokko la. 彼と一緒にいられればうれしい。

naver
/ [名詞]不安
[形容詞]不安な
[類義語]disgaiz
[反意語]nal
[レベル]2
19:na/vern(心が崩れるような)
[語法]
naが既に入っているので、コロケーションはtil naver(不安だ)で良い。
naverは不安。disgaizは不安と絶望の混じった気持ちで、naverより一般的に強く、原因も明瞭である。「あぁこれから発表だ。大丈夫かな、緊張するなぁ」という軽度のぼんやりとした不安はnaver。電車で腹が痛くなるかもというのもnaver。「今までこの仕事しかしてこなかったけど、もう需要がない。しかし40過ぎて転職してもどこも使ってくれない。このまま金もなく老いて餓死か孤独死か……」というような不安に絶望が混じった深刻なものがdisgaiz。
naverはドキドキし、心拍数が上がり、キリキリした胃痛になる。disgaizは鬱になり、過去のことばかり思い出し、不安で電車に飛び込みたくなり、背中やみぞおちを中心に重苦しい胃痛がする。よって両者の弁別は容易である。
【用例】
sed naver 不安を拭う、心を保つ
an tilat naver. 心が不安だった。
an mok van im fis ok naver kal onen mail. xidia! 今夜は化学に対する一抹の不安を抱きつつ寝る。おやすみ。

navn
/ [動詞]yulを第六感で知覚する、知覚する、感じ取る、察する
[文末純詞]第六感での推量。〜な気がする
[レベル]2
16:制:navi

nea
/ [形容詞]濃い、色が濃い、味が濃い
[反意語]moi
[レベル]2
13:制:nei:古:nyoe薄い。nyoeは日本語の「匂え」の説があったが、不自然。nyohe/eria「弱い水」では?
【用例】
xoi nea 濃い味

nebra
/ [エルト]ネブラ
[名詞]11時
[名詞]北北西
[交通]ネブラ通り
[音楽]ラ#
[組み数字]11/12
[類義語]neb
[レベル]2
meltia 4:nebra;e

[文化]
アルミヴァの11番目。エルトの胴体から生まれた。少年の姿をしている。サールのティーテルに求愛するが、ティーテルの剣を扱えなかった彼は見向きもされなかった。ティーテルを恨んだネブラはティーテルを犯してしまうが、ティーテルが抵抗するので陽物が抜けてしまい、精液が剣にかかってしまう。射精すると落ち着いたネブラは泣き出すティーテルが憐れに思え、恥を感じて行方をくらませた。力はあるが、気が弱いので戦いに向かない。ティーテルに惚れ込むが断られ、犯す。すると自らそれを恥じて雲隠れする。

neeme
/ [名詞]姫、王女、プリンセス
[人名]リーザ。ユーアが常にリーザをこう呼ぶため(現実のほうでも)
[形容詞]〜姫。前置。
[類義語]letia
[反意語]miler
[レベル]2
fv;e

neeme:neeme::nekuli,alt hime,alt
[語法]
王の娘。王位継承権3位以下を指す。1位が継承確実な場合、2位で既にneemeとなる。総称としてletiaを含んで姫とすることもある。リーザはletiaで、ルーキーテはneeme。
【成句】
neeme raken mep. →sordat

neene
/ [組み数字]24/28
[交通]ネーネ通り
[レベル]2
22

neene valem
/ [人名]ネーネ=ヴァレム
[組み数字]24/28
[レベル]2
古:語源不詳。valemは「あの音楽の」。
[文化]
→nenverant
(2→)第4期4代ソーン第10使徒。男性。pikko。172cm、56kg。金髪直毛で背中まで届く。瞳は青。肌は白:黄=9:1。歌魔導師。

・『ミールの書』より

彼は長く美しいブロンドヘアーを持っていた。ジールの髪も羨ましいが、彼の髪もまたうらやましいものだ。彼は青い瞳を手にした竪琴に向けて静かにしている。

nei
/ [遊離副詞][形容詞]未だにない、未〜、まだない、まだ〜ない
[反意語]moa
[レベル]2
@19
[語法]
時期が予想より早いとか遅いとか関係なく、ある時点から見て過去の時点で完了していない状態。つまり「未だない」を表わす。単語自体に否定の意味があるので、enをつけなくてよい。そこは日本語と違うので注意。
【用例】
la luna nei. 彼はまだ来ていない。
loki sen nei 未だに理解できない
an es net, tal an rik nei xal i mokt. 起きているがまだベッドから出ていない。
an ares nei rafel e noskren. 未だ国語の宿題をやっていない。

nek
/ [動詞]yulをaに上げる、上げる、揚げる、あげる、上にやる、上がる、振り上げる、立ち込める、立ちこめる、立ち籠める、立ち篭める、立ち上る、立ち昇る、立ちのぼる
[自然動名詞]上昇
[生物]勃起
[経済]反発→baltnek
[反意語]mim
[レベル]2
19:恣意
::'yuk:tatalu,alt

nekku
/ [幼児][形容詞]秘密の、ないしょの、内緒
[副詞]こっそり、こっそりと
[レベル]2
19 mel len:luxia:nektと発音できなかったため、nekkuと言っていた。メルが幼児語で良いんじゃないかといって成立。ルシアが作った単語としてはkakkaの次で、二つ目。どうも促音が多い気がする。大人がそのように聞こえているだけかもしれないが。
【用例】
kozet nekku ひみつのかぎ

nekt
/ [動詞]yulをiからaへ隠す、隠す、隠れる、秘匿する、潜む、伏せる、ふせる
[名詞]秘密、シークレット
[副詞]こっそり、こっそりと
[類義語]xelier
[反意語]nok
[レベル]2
14:制
xelts:::nekulu,alt(悪いことを隠す) amelu,alt(良いことを秘める)
【用例】
hain{veig} nekt 秘密を守る{バラす}
emk nekt a 秘密を洩らす

nektaxo
/ [娯楽]かくれんぼ、隠れんぼ
[レベル]2
19:ridia:arbaxelt

nels
/ [形容詞]不幸な
[名詞]不幸、不幸せ
[反意語]nil
[レベル]2
13:制:不幸を変える魔法から

nelt
/ [名詞]癖、習性、習慣、風習
[法副詞]習慣の副詞。無相につく
[レベル]2
14:制:恣意
【用例】
an viz nelt em sin. 遅刻癖がついいてしまった:nelt,emともに副詞。

nem
/ [形容詞]あやふやな、不明瞭な、曖昧な、ぼやけた、ぼやける、不確実な、ぼんやりとした、漠然とした、不明な、あいまいな、色が原色から遠い、色あせた、褪せた、ぼーっとした、ぼんやりした、放心した、ぼやっとした、ぼやけた
[動詞]yulをあやふやにする、不明瞭にする、ぼやけさせる、ぼーっとする
[反意語]mon
[レベル]2
@19 参考:13:制:munmu(あやふやな)
mummu:mummu
【用例】
altina halinik ok ins nem yul vik le til gel on taki. 少年は虚ろな目で、銃を脇に抱えた男を見上げた。

nene
/ [代詞]〜、誰々、だれだれ、誰それ、だれそれ、誰がし、誰某
[レベル]2
古:nene(誰々)
【用例】
tauan ses kamil yuuma nene el. 買ったのはたしかユーマ誰それさんだったかな。

nenet
/ [代詞]だれだれの、だれそれの
[レベル]2
20

nermes
/ [サール]ネルメス
[名詞]4時
[名詞]東南東
[交通]ネルメス通り
[音楽]レ#
[組み数字]4/12
[類義語]mes
[レベル]2
meltia 4:nermes;e

[文化]
アルミヴァの4番目。サールの左足から生まれた駿馬。フェンゼルの弟。ティクノらと共にデームスと戦う。

net
/ [動詞]yulを起こす、起こす、起きる、目が醒める、目覚める、目が覚める
[魔法]ネット。利の低位白魔法。ネルフを解く。
[電算]起動する
[反意語]mok
[レベル]2
@19
[文化]
アルバザードの国民はふつう午前六時ごろに起きる。
【用例】
an ik net im tur. 今起きた。
an net nelt im kalzas. 私は毎朝6時に起きる。
an net van im varfant e kest. 明日は7時に起きよう。
an netat im varzon. 8時に起きた。
an net nos kon pile. コーヒーで目が覚める。
an netat vadel nod skol. いつもより早起きした。
an netat vadel du 1 miv nod toxel im tu faar. 今朝は昨日より1時間早く起きた。
an netat vil vadel man an felat alkalt durne nov. 夜遅くまで勉強していたので、朝早く起きられなかった:durne novかvirdにすること。vird novだと夜明け前になるので、流石に現実的ではない。というのも、アルバザード人はふつう徹夜で勉強をしないため。
an netat ris kinel. 本当に起きたくなかった。
im toxel, an retat al aruuj yul lu net sil an vadel. 昨日、私は弟に朝早く起こすよう頼んだ。
il net moa im an sok. 目を醒ますと、みんな起きていた。
an ates net alkalt vird vad. 真夜中を過ぎるまで寝ないで起きていた。
an em kalma net var mok. 寝ているときにしょっちゅう目が覚める。
△an mokes sil van alkalt melal xeil im kest ○an net van en foilel im kest. 明日は遅くまで寝ていよう。
an ik net im tur. 今起きた。
an ik net im tu tur. ちょうど今起きた。
an net van en foilel im kest. 明日は遅くまで寝ていよう。
an net fal nos im kalzas e kest. 明日は6時に起きなければならない。

nev
/ [動詞]yul(場所や土)を掘る、掘る
[反意語]mob
[レベル]2
@19

ng
/ [演繹音]ごくごく、ゴクゴク、ごくり、ゴクリ、ごく、ゴク、コクン、んくっ
[レベル]2
rd
23

niaini
/ [生物]髪の毛。一本一本を指す。
[レベル]2
21

niak
/ [動詞]yulをaにもたれさせる、もたれる、もたれかかる、寄りかかる、たてかける、立てかける、寄りかからせる、よっかかる、しなだれかかる
[動詞]yulをaに寄生させる、寄生する、悪い意味で依存する
[レベル]2
16:制:nialから
[類義語]dismain
【用例】
an xtames kont niakes a bal. 壁により掛かって立っていた。

nial
/ [建築]柱、ポール
[数学]柱
[メタファー]下支えするもの
[経済]ローソク、ローソク足
[レベル]2
13:制:nia

nian
/ [名詞]休み、休憩、休暇、休息、サッカーのハーフタイム、非番、一段落
[動詞]yulを休ませる、休ませる、休む
[類義語]nakea
sert
[レベル]2
16:赤:nia
nia:nia
【成句】
nian aad 腰を休める。座る。
yuu nian 不眠不休
【用例】
ar nian 休みを取る
an xir nian man es ani tinka. とても疲れたので休みが必要だ。
an lax nian duen fou sel kinel. 本当に何日か休みたい。
an arat nian man na nal. 安心して一息ついた。
fis et nian e parm, yan soot sa melsel! 今日は日本の休日。でもってメルセルの1週間前!
nian fiima et fiiyu(xn 久々の休みは素晴らしいね♪
om on tu fia an nian sen! 一体いつになったら休めるんだ!

niansel
/ [名詞]休日、祝日、国民の休日
[類義語]aalsel
[反意語]xamelsel
[レベル]2
19:ridia:arbaxelt
[語法]
→aalsel
「祝日」の訳語はnianselに当て、休日と同一視し、祭日と区別する。
公共機関、行政機関、金融機関、教育機関はpartが固定の休日。partは機関そのものが休む。そこに勤める人間はpartのほかに個々人で一日休みを取る。その曜日は機関自体は活動している。
partが公の固定休なのでpartに休みを合わせる企業も多く、事実上の日曜日に相当する。

niel
/ [名詞]シャンプー
[レベル]2
17:制:niexo(髪を洗う)

nif
/ [名詞]段
[名詞]段階、レベル、ステップ、水準、グレード、位(くらい)、ランク、〜段、学年、コース
[言語]アスペクト、相
[生物]タクソン。分類階級ごとの分類群。
[レベル]2
13:制:古ninf(段、差異)
ninf:ninf
[語法]
初級、中級、上級のようなレベル分けはアルカではyuli, malt, mavで表現する。
【用例】
til nif kes レベルが上がる

nife
/ [名詞]成績。成績表や試験の成績(甲乙丙など)。
[レベル]2
16:制:nifa

niit
/ [形容詞]優しい
[副詞]優しく、そっと
[反意語]bult
[音楽]ドルチェ
[レベル]2
rd
19:赤:niita
niita:niita
【用例】
teln niit 優しい性格
dia niit 優しい幻

nik
/ [名詞](na)驚く
[動詞]yulを驚かせる、驚かせる
[形容詞]驚いた
[文頭純詞]驚いたことに
[反意語]setie
[レベル]2
19:nak:13:制:古:naki(心を動かす)
[文化]
日本人は驚くことを特に恥ずかしがる国民性だが、アルバザード人は感情をストレートに出すので、素直に驚いてみせることが多い。そのため、日本人から見るとやや大げさ。しかし、周りが誰も驚いていないのに自分だけ思い切り驚いてしまうと、さしものアルバザード人もかなり気まずいと感じる。
【成句】
nik ento saal vern ヴェルンサールが起こるほど驚く:驚天動地
【用例】
an nat nik man la ik nok. 彼が現れて驚いた。
an nat nik yun agel. 飛び上るほど驚いた。
nik, lu et hacn e hacn ant xa. 驚いたことに彼は友達の友達だった。
an ovat vil nos man na nik rak. 驚いて身動きが取れなかった。

nikl
/ [医療]麻痺
[動詞]yulをしびれさせる、痺れる
[魔法]ニクル(ホールド)。害の中位黒魔法。相手を麻痺し、動きを鈍らせる。脚に回ると事実上動けなくなる。ラルトで解除できる。メレントを持っているとかからない。
[レベル]2
13:制:nakl。知覚できなくなることなのでnaklのn対にした。元は対だったが、対であることが記憶できないくらい意味が離れているので解体しなかった。

niks
/ [動詞]yulをaに倒す、倒す、転ばす、箱の山などを崩す、立っている状態から寝ている状態にする
[文字]イタリック。tik参照
[レベル]2
14:制:naks:恣意
【用例】
yuuyu niksat kont tiles xipl. teel a. 萌えっ子がケーキを持ったまま転んだ。お約束だ:このtilは動作動詞。
an at niks ras fou a vext. 氷の上で何度か転んだ。

nil
/ [形容詞]幸せな
[名詞]幸福、幸せ
[反意語]nels
[レベル]2
rd;nil,kt < niluu
19:古:niluu(幸せな)
nahyu,f:niluu,frf:
【成句】
nil az nelt 幸か不幸か
nil et fen kont kin et fil. 幸せは短く、苦痛は長い(seren arbazard)
【用例】
tu et foni del non na nau alkal. 人生で最も幸せな瞬間だった。
an jalat nos males nil hot, kel enzel nels. 不幸なことは忘れて幸せだけを覚えておこうと決心した。
[文化]
rdでセレンは人間の究極の幸せは「1:人に愛されること」「2:人に褒められること」「3:人の役に立つこと」「4:人に必要とされること」と述べた。この考えが旧革命や革命でも見直され、時代の折々に思い出されてきた。
セレンはアシェットの英雄となることで、苦労をしながらも自分は幸せであると述べた。
一方現実のセレンも幸せに関しては上記のように考えているが、現実は難しいものでそうそう頑張っても施しても褒められないし、愛されない。愛情はリディアと紫亞にもらっているのでいいとして、3、4は比較的簡単に満たせるが、日本人はあまり面と向かって褒めないので2はあまりなくて寂しいときがある。

nipl
/ [植物]豆
[レベル]2
13:制:lakta:nip(丸いもの)

nn
/ [擬音]うーんという唸り声。悩み中や考え中に出る。
[レベル]2


nod
/ [動詞]yulをaと比べる、比べる
[普通動名詞]比較
[接続詞]tよりkのほうが、数学の「大なり」、>
[格詞]〜と比べて、(時間表現を後続させて)〜より後に、〜以降の
[数学]より上
[反意語]kalt
[レベル]2
13←古:noid
noid:noid
[語法]
時間の用法が非常にややこしいので理解するより覚えたほうが早い。
説明。t nod kはt>kである。また、時間は過去<現在<未来のように、未来のほうが大きいという扱いを受ける。
an so nod tur(これからそうする)の場合、「私がそうする」時間がtur(現在)に比べて>である。>ということは未来である。従って、日本語にすると「今より未来=これから」となる。
同じくnod fisといえば、今日を含まず今日以降という意味になる。

<nodとgalt>
nodと違ってgaltは格詞節の肯定が含意され、それより更に主節の内容が肯定されることを示す。an et milfan nod yulfanとan et milfan galt yulfanを比べると、後者は自分が研究者であることを肯定している。前者は研究者というよりむしろという感じで、研究者であるかどうかは不定である。

<格詞連続>
xi nod kot salt(千年以上経て)、fol nod kot salt(千年以上の間)など、格詞が見かけ上連続することがある。これはxi salt nod kot salt(千年以上の年数の後)などのsaltなどの名詞が省略されているためで、このnodは格詞ではなく接続詞なので、厳密には格詞の連続ではない。
【成句】
nod tur 今後は、これからは
【用例】
an nod ti et kai. 私のほうがあなたより大きい。

noi
/ [親族]息子
[類義語]viena、saman
[反意語]miva
[レベル]2
18:制
[文化]
伝統的にアルバザードは息子をありがたがる。娘の誕生はそこまで喜ばない。父親はあまり子供に関心を示さないが、息子には比較的関心を示し、可愛がる。娘は趣味が合うときだけ同士として認め、そうでない場合は理解できない小さい人という認識で、あまり干渉しない。
両親にとって娘に対する最大の関心事は貞操のみで、あとはせいぜい家事の腕前と知能の高さくらいで、それ以外は興味がない。
一方、息子は色々な可能性を考慮して教育を施し、ちやほやする。男系社会というのが理由のひとつだが、アルバザード人が嘘と無駄口を嫌う人種であることも関与している。アルバザード人は嘘を嫌うが、子供は嘘をつく。すると必然的に口数の多いほうが嘘をつく回数が多いため、口やかましい娘は生意気で可愛くなく、悪徳に満ちていると思われる。一方、口の少ない息子は純粋で可愛いと思われやすい。
娘が不貞を働けば父親は娘を売るか殺して処分するが、息子はよほどのきかんぼうで犯罪でも犯さない限り、殺す選択肢はない。息子と娘のどちらかしか助けられないという選択肢に迫られれば、アルバザード人の多くは息子を取る。
<息子と父親>
父親は跡継ぎとして息子を可愛がる。また、趣味や格闘技を伝授する。息子は父親を尊敬し、自分の二番目の理想像として捉える。(一番目と言わなかったのは、たいていのアルバザードの男子にとって、理想の男性はミロク=ユティアであるため)
<娘と父親>
父親は娘にあまり関心がない。ただし趣味があえば可愛がる。娘は父親の寵愛を得ようと、manaになるまでは必死に父親に求愛する。そのたび父親が妻にしか目を向けないので、余計に母親と確執が生まれる。manaになると男子に興味を持つようになるため、父親との関係は希薄になる。
<息子と母親>
母親は厳しいが、娘に対するよりはずっと甘く、過保護な傾向がある。そのため、息子は母親に甘え、父親の寵愛を必要としない。その代わり父親は尊敬の対象として見られる。母親は息子に甘いため、息子がいる家庭だと旦那にべったりしなくなることが多く、父親は若干さびしそうにしている。
<娘と母親>
母親は躾けに厳しく、頻繁に娘を殴る。娘にとって母親は脅威で、父親を守ってくれる存在として慕う。しかしmana以降になると自主性を重んじられるばかりでなく、女性特有の悩みなどを相談できる相手として母親が重視されるようになる。結果的に、年が行くにつれ、娘は母親と関係が濃くなり、小さいころにべったりくっついていた父親の元にはあまり行かなくなる。

nok
/ [動詞]yulをaに現す、現す、現わす、あらわす、現れる、ばらす、暴く、公開する、開示する、登場する、出現する、掲載する、載せる
[再帰動名詞][自然動名詞]公開、開示、登場、暴露、発露、露見、露呈、出現、進出、掲載
[形容詞]顕になった、現れている、出現している
[経済]ディスクロージャー
[反意語]nekt
[レベル]2
13←古:noku(公開)。私(no)は言うぞ(ku)の意。
【用例】
oma ik nok sa an. 犬が眼前に現れた。

nom
/ [動詞]yulをうらやむ、yulが羨ましい、うらやむ、羨ましい、羨む
[普通動名詞]羨望
[感動詞]あぁうらやましい。nom nomで使う。女子供の言葉。
[反意語]genom
[レベル]2
13:制:nem(ねたむ)

nop
/ [形容詞]緊張した、気の張った、気が張った
[反意語]yum
[レベル]2
13:制:na/pov(心を締める)
【用例】
te na nop. 緊張するな。

nosk
/ [政治]自国、母国
[反意語]mext
[レベル]2
19:noskad

noskren
/ [言語]自国語、国語、母語、マザータン
[名詞]国語。教科名。
[類義語]naren
[反意語]mextren
[レベル]2
22
[語法]
人種の坩堝アルバザードでは自国の言葉が母語にならないケースもあるため、母語の意味ではnarenを使うことが多い。
[文化]
<科目>

・3科目

学校の科目としての国語について。アルバザードの学校では国語は読解・作文・言語知識の3分野に分かれる。言語知識は文法や語彙知識などを修得する。

・読解

読解は日本の国語のテストとはかなり異なる。このときの誰それの気持ちを述べよ的な問題はその答えが確実に本文中に書いてあるかぎり出ない。日本の国語のように多解釈がありえる場合や「察し」を必要とするような問題は出ない。アルバザード人は勝手に相手の気持ちをこうではないかと決めつけるのはぶしつけで失礼と考える。日本人は察しの文化があり空気を読むが、アルバザード人は自分の尺度で相手の気持ちを勝手に決めつけるのは失礼と考えるので、よほど確信がないかぎり勝手に相手の意思を自分なりに解釈しようとはしない。結果的に国語の問題でも誰それの気持ちを述べよ的な問題は出ない。

・作文

作文は説明文・物語文を書かされる。日本と違って作文を書かされる頻度が極めて多く、毎週作文の時間がある。これはアルバザード人が自分の考えを適切に言葉で相手に伝えることを重視しているためである。特に人種の坩堝であるアルバザードにおいては言葉でしっかり自分の意思を伝えることが重要とされる。日本と違って空気を読んで察するということが、多文化環境だと多解釈すぎて不可能だからである。

これは地球の話だが、セレンはマンガが好きで字の本が好きでない。小説はほとんど読まないし、字の本で読むといえば学術書くらいである。
なぜマンガが好きかというと、絵が中心で吹き出しが少なく、入る台詞が限られているためである。つまり小説版の冗長で無駄な箇所を省いて本当に必要な要所だけ入れるので、自然とマンガは小説版の要約やまとめとなり、効率的に内容を把握できる。合理的だから好きだ。
セレンは小説や学術書を読んでいて辟易することが多い。なぜなら冗長で無駄な情報が多く、知識の吸収効率が悪いからだ。もっと端的に要点だけ書けとしばしば思う。
たまに冗長でない読み飛ばすところのない小説や学術書があると喜ぶ。こういう手合いの本をマンガ化すると紙幅の都合で必要な部分がそぎ落とされてしまうので、こういう本のコミカライズは好まない。そういう場合はコミックを読んだ上で原作も読む。

セレンのこういう性格はアシェットに大きな影響を与えてきた。セレンはルシーラとして使徒の論文を評価する立場にいた。従って冗長で無駄無駄しい文章は低く評価してきた。低評価の場合は再提出をさせることもしばしばだった。
なお、セレンは冗長なものだけでなく逆に説明不足で分かりづらい文章もまた嫌った。理系の人間でコミュ症気味の人間に多いのだが、説明が不親切で分かりにくい文章は語学力がないとして切り捨て、再提出させた。
再提出は誰もが嫌がることなので、使徒たちは一度で高評価を得るためにセレンが好むような「言葉足らずでなく冗長でもなく分かりやすい文章」を心がけるようになり、アシェット独特の文章のスタイルが出来上がった。それがアルバザードにおける「良い文書」の雛形になっている。

アルバザードではまず最低ラインとして「言葉足らずでなく冗長でもなく分かりやすい文章」が要求される。
これは現実でもそうで、2012年現在5才の紫亞ですら徹底的にこの価値観で文章を制作するよう日々教育されている。

また、アルバザードで作文をする場合は、特に説明文においてだが、「結論→問題提起→証明→再結論」という独特の流れが良いとされる。
なぜこの文章の書き方が良いとされるかだが、多数あるアーカイブを後になって見直す際、個々の文章が何について書かれたものであるか合理的にザッピングできるよう、まず結論ありきなのだ。
まず結論部を読んで関心を引いておいて、ではなぜその結論になるのか、そもそもどうしてそういう発想に至ったのか、という流れに持っていく。だから「結論→問題提起→証明→再結論」という独特の流れができる。

アルバザードでは子供の頃から徹底的に作文の書き方を鍛えられ、言葉で自分の考えを分かりやすくかつ過不足なく説明できるよう訓練される。それができない人間は決して上にはいけない。
一方、日本ではこのような訓練はほとんど行われていない。東大生であろうと日本語すら不自由な人間が数多くいるていたらくである。名のある教授の著書を読んでも冗長だったり意味不明だったり情報が不足していたりといったことが平気で見受けられる。セレンの経験上、日本人はあまりに文章が下手だ。下々の者ならそれでもまぁ良いが、東大生や教授や医者といった連中ですらそのていたらくといったことがあるのでまったくもって由々しき問題である。
特にコミュ症の理系人間が書いた機械のマニュアルなど、下手な文章の極みだ。あれはたいてい分かっている人間にしか分からない文章だ。マニュアルを読んで意味不明に思ってさじを投げた経験は多くの人にあるだろう。
学生時代でいうと、教材――特に数学の問題集――の解説を見て「どうしてこの式から次のこの式になるんだよ。そこが分かんねぇんだよ。『自明のため省略』とかふざけんな」と憤ったことがあるだろう。あれは日本語の不自由な理系人間が書いているからああいうことになる。文系人間でイヤに詩的な書き方をする人間の文章も同様に分かりづらい。
アルバザードでは、日本では当たり前になっているこのような駄文が社会的に許されず、バカにされ、排他される。とてもじゃないがアルバザードの出版基準なら出版できないような駄文が、日本では教授などの肩書きのもとに出版されている。これは憂慮すべきことであるが、それがこの国の文化のひとつなので根強く変わらないだろう。

間違いなく日本人の東大生の多くはアルナ大には入れない。数学の問題などでは通過できても、恐らく国語の入試で躓く。現行の日本の教育だとアルバザード人にとってはまともに言語を扱えない人間にしか映らないため、国語では良い点が取れない。
その上アルバザードでは上の大学に入るには人間性も重視されるため、その点でもお勉強しかできない日本の子供たちには難しいと思われる。

アルバザードでは言語をきちんと運用して他人とコミュニケーションが取れる能力が評価され重視される。国語の授業内容は日本とかなり異なるし、日本の国語の授業よりも社会に出て遥かに役に立つ。
むろんアルバザードにも数学やらなんやら技術的なことはよくできるが人間性は備えてないしコミュ症だしという人間がいる。日本はそういう欠陥品でもホワイト企業に入れて社会の上層部に食い込めるからどんどん国が腐っていくわけだが、アルバザードではそういう人間は「生きる機械」としか扱われず、職人の扱いを受ける。職人としては尊敬されるが、社会を動かす上層部には決して入れない。そんなことをしていては日本のように国が滅んでしまうからだ。アルバザードが世界一の強国であるのは理由があるのだ。
【用例】
tal an til xal il rafel e noskren. でもまだ国語の宿題が全て残っている。

noslank
/ [名詞]自分から見た左
[反意語]mexmik、nosmik
[レベル]2
rd;/
24:nosmik

nosmik
/ [名詞]自分から見た右
[反意語]mexmik、noslank
[レベル]2
rd;/
24:造語は24だが概念自体は古アルカにあり、「自分にとっての左右と相手にとっての左右を区別できたら便利だ」という着想は98年3月19日(木)にされている。

nosset
/ [普通動名詞]自殺
[類義語]latyur
[レベル]2
19
[文化]
アルティア>ルティア>アルバザードの順で自殺が多い。若年層は厭世、中年は金銭、高齢者は病苦が原因となりやすい。自殺率はalで、21年現在の日本の約1/100である。この異様な低さはウランセの合法化にあり、ウランセは自殺ではないので含まれないため。
【用例】
arban kalo ar nosset nod nagisa. アルティア人に比べればアルバザード人の自殺者は少ない。

not
/ [形容詞]慣れている、慣れた、馴染む、なじむ、馴染んでいる、なじんでいる
[動詞]yulをaに慣れさせる、慣れさせる、慣らす、なじむ、馴染む、適応する、適応させる
[反意語]mek
[レベル]2
13:制:net:恣意
【用例】
ti es not mapel a samarka in. もう新生に慣れたようですね。
an es not a novmok. 夜更かしになれている。
an en es not a tu lab. その仕事になれていない。
an es not a foilnet. 早起きになれている。

nox
/ [動詞]yulをaに集める、集める、まとめる、揃える、力などを溜める、群がらせる、群がる、群れる、集中する、収集する、合流する、団結する、もちよる、持ち寄る、持ちよる、融合する
[名詞]集団、グループ
[数学]集合
[反意語]mat
[レベル]2
14:制:nex:恣意。制mat(合流)と統合。
【成句】
nox xiren kon nos 自給自足
【用例】
kuto es nox sa ra. 鳥が家の前に集まっている。

noxe
/ [名詞]グループ、集まり、集団
[レベル]2
19:melidia axte
[語法]
人の集まり。物や人はnox。

nozklas
/ [名詞]爪切り
[レベル]2
17:制:爪の鋏

nya
/ [文末純詞]不安、迷い、戸惑い
[レベル]2
18:リディアがどもったときに「にゃむにゃむ」と口ごもるという癖なんだかよく分からない奇怪な音があり、それを可愛いと思ったセレンがリディア主幹のモダリティ論に際して造語した。

nyaa
/ [rente]nya
[名詞][形容詞]nyan
[レベル]2
18

nyam
/ [動詞]yul(内容)をa(聞き手)にいいよどむ、いいよどむ、口ごもる、言い淀む
[milia]nya
[医療]吃音
[レベル]2
18:seren:リディアが「にゃむにゃむ」といっていたのでミリア限定
[語法]
ekosは吃音のように途中で言葉が詰まったりすること。nyamは「え、えーと。うーん……言おうか言うまいか悩むなぁ」のような態度のこと。
[文化]
口ごもりそうになれば発話をゆっくりにして調節したり、ポーズを置いたりする。文の途中でsaa,saaと繰り返すことはあまり多くない。日本人よりフィラーの使用頻度が少ない。
ポーズを置いてるときは首を左に傾げてやや目を細め、考えているような顔をする。そして左手を前に出す。高さは胸から首くらいである。手は片手拝みを丸めたような形で、これは「ちょっと待って」を表わす。手は指を額につけてコツコツしても良い。これも考えていますということを表わす
いずれにせよ、今考えているので待ってくれというジェスチャーを取る。そうでないと話が途中で終わったのか考えているのか区別がつかないからである
日本人が口ごもるのはまだ発話が終わっていないという合図のためである。そうでないと終わったのかと思われてしまう。また、ポーズがあるだけで日本人は話を遮って聞かないことがある
アルカは相手の話は最後まで聞くし、喋り手も最後まで話すのが礼儀である。だからポーズがあってもゆっくりになっても聞き手は話を取らない。最後まで黙って聞き続ける。

nyan
/ [名詞]猫の鳴き声、にゃん
[形容詞]名前に後続して「ちゃん」のような可愛らしい感じを生む敬称。単独では使えない。
[名詞]〜にゃん、〜ちゃん。幼児などに対して用いる。敬称。
[レベル]2
21:ridia
【用例】
xia nyan しあにゃん。xianyanでも。
nee nyan, luna luna. おーい、しあ。おいで、おいで。

o(2)
/ [数学]fokの略。数式で使う。+記号に等しい
[レベル]2
19

oga
/ [植物]ジャガイモ、馬鈴薯、五升薯、ゴショイモ
[レベル]2
15:制:lakta:ogt
[文化]
大航海時代よりも早く、smでarに流入。経路はkevea→midiit→lt→ar。
smとrdでは人口増加に一役買った。
じゃがいもは穀物と野菜の間と考えられ、どちらに属してもよい。じゃがいもをふかして塩をかけて食べるなど、じゃがいもそのものがメインとなっている料理の中では穀物と考えられることが多い。

240 ジャガイモの種枯れ病が蔓延。テスラン=ナオンによるファベル侵攻の契機となる。

oho
/ [医療]咳
[動詞]yulを咳き込ませる、咳をする
[擬音]ごほごほ、ゴホゴホ、こほこほ、コホコホ、ゴホン、コホン、ごほん、こほん、えへん、エヘン、うん、ウン
[類義語]deos
[レベル]2
15:制:古:oh(咳のオノマトペ)
【用例】
la ohond mil besa. 埃のせいで彼は咳き込んだ。

ois
/ [生物]手の甲、足の甲、甲、手背、足背
[反意語]wis。類音につき注意。
[レベル]2
19:hono/wis(固い手のひら)

ojaxo
/ [娯楽]鬼ごっこ
[レベル]2
15:制:タッチしたら鬼になる遊び。
[文化]
アルバザードでも子供に人気。

oka
/ [天文]宇宙、大宇宙
[レベル]2
f;o/ka「距離のある場所」
13:制:最も(広い)ところoaka。
[文化]
palt

oken
/ [接続詞]ok。〜を伴って。
[レベル]2
21

okt
/ [動詞]yulをaに伝える、伝える、伝言する、教える、(あくびが)うつる、告げる
[名詞]伝言、メッセージ、連絡
[物理]伝播
[レベル]2
14:制:恣意 参考:古:heka(手紙)
hek:hek
[語法]
<oktとlexn>
lexnは情報やデータが相互に往来する様を示す。oktは片方からもう片方に情報やデータを送ること。
【用例】
an okt van xan a la xi soot. 来週彼に真実を伝えるつもりだ。

ole
/ [名詞]相手、対象
[言語]対象、オブジェクト、object
[格詞]〜を対象として
[レベル]2
16:制:先:ol
[語法]
行為を行う対象としての生き物で、主に人間を指す。共に何かする相手は日本語では「相手」と呼んで差し支えないが、それは仲間の意味なのでolではない。

olma
/ [名詞]外見、見た目、容貌、外観、表面、外側、容姿、姿
[名詞]見出し語、辞書の見出し語
[電算][名詞]件名
[文字]字形
[反意語]dosm
[レベル]2
古:maはmain
[語法]
dosmの反対語。moだと語義が広すぎるため、この語を使うことがある。
【用例】
olma rat 素敵な見た目

olt
/ [名詞]わっか、リング、輪
[文字]ループ
[レベル]2
sert
制?←古:olo,holo
holo:holo:la 'olo:kama,alt

olta
/ [格詞]たとえ〜でも、よしんば〜でも、〜だとしても、せめて〜だけでも
[レベル]2
14:制:ol tal(〜ならしかし)
【成句】
olta aven 最低でも、せめて
olta alka 最高でも
olta total kos どうやっても
【用例】
an ar fal foilnet olta total em sod. 何があろうとも私は早起きしなければならない。
olta dist total yuns, netal miyu fal tu fia, non lot. どんな犠牲を払ってでも、世界を変えなければならないと思ったの。
an ke fal temk e waim antes meil jent im kalzas kalzas e kest. 明日は天気に関係なく06:30にユ資へ行かねばならない。

olthop
/ [名詞]輪ゴム
[レベル]2
19

olx
/ [動詞]yulを洗う、洗う
[レベル]2
14:制:恣意
exo:exo:tanj
【成句】
olx las 手を洗って綺麗にし、自分が汚れていないことを相手に見せること。転じて自分の身が潔白であることを相手に見せつけること。つまり、無実や正義や善や真実であることを相手に証明してみせること。ただし、これは疑いがかかっているときにしか使えないので真理や信用している相手に対しては使えない。
【用例】
an olxat eel kon er sort. 冷たい水で顔を洗った。
an olx eel hot im faar. 朝は顔だけ洗う。
an olxat eel sa faax. 朝食の前に顔を洗った。
an olx nia tat faar. 私は毎朝髪を洗う。

om(2)
/ [接尾辞]方法を表す接尾辞、方法
[レベル]2
sorn:om(方法)

omi
/ [建築]扉、戸、ドア
[格詞]〜である前に、〜である以前に
[シェルト]扉駒。扉駒の行動可能なマスの軌跡が古アルカで扉を表わすhomyu(制アルカではomi)の字形と同じであることから。
[生物]X染色体
[類義語]alfia
[レベル]2
f;hoは「固い」。myuは「ない→見えない」。「固くて中が見えない」 | tm;「〜の扉にいる→〜の前にいる」というところから「〜である前に」というメタファーに転じた
13:制:古:ho(固い)myu(見えない)「固く閉ざされていて見えない」
homyu:homyu
[文化]
部屋に入ってドアを閉めるときは後ろを向いて閉める。常に前を向きながらだと相手を信用していない意思の現われとなる。アメリカのエレガントとされる礼儀とは逆。
あらゆるドアは常に閉めておかれる。開けるのは通過するときと空気を入れ替えるときのみ。個室には常に鍵がついている。
男性は女性のためにドアを開けて"ketta"と言う。女性は遠慮をせず会釈をして通る。目下は目上よりも後に通るが、目上のためにドアを開けることはない。この習慣は相手がドアの向こうから来るときも同様。なお、男性でも身体障害などがあればこの限りではない。また、malt未満の子供もこの限りではない。
【用例】
ans et ax milfan omi levianat. 我々は人工言語屋である前に芸術家であるべきだ。
non et min omi laal. 私は母親である前に女だ。

omtal
/ [名詞][文頭純詞]いつだろうと、いつであろうと、随時
[レベル]2
17:制

onen
/ [接続詞]on。〜に関する。
[レベル]2
20:xion
【用例】
slai onen eld 言語に関するHP

onk
/ [動詞]yulを続ける、続ける、続く
[普通動名詞]継続
[副詞]〜しつづける
[名詞]続き、つづき
[名詞]連続、連載、シリーズ、連続もの、連続モノ、連続物、続き物→onkol
[反意語]mak、daim
[レベル]2
14:制 参考:sorn:plie(単発)。非kime(時を切らない)
[語法]
mak
【用例】
lu diretan set onkel selan. この犯人は人を殺している。setandにすると今まさに目の前で何人も殺しているというイメージ。こちらは警察の会議室で「この犯人がここのところ何人も殺している」などと言っているイメージ。
la yuit laal onkel. 彼は母親を探し続けた。
el in sen onk e tu kloa atu. この物語の続きはこちらでご覧いただけます。
el in sen onk e tu pir kon tof. CMの続きはwebで。
ti ser onk e tu kloa anmia? この物語の続きを知っていますか?。「この物語のシリーズを」と言うときにはonkolとして区別するのが通常。onkでも良いが解釈が一意的でなくなる。

ont
/ [接尾辞]自然分詞。開音節ではntになる。
[レベル]2
19:恣意。21まで再帰動名詞。
[文化]
→iva
【用例】
tek metont 落ちる葉

onto
/ [名詞]十数、十数個の
[レベル]2
21

op
/ [動詞]yulをaに補う、補う、おぎなう、補填する、補給する、補充する、コードなどを延長する
[名詞]補注、注釈、脚注
[料理]添え物、和え物。ステーキならポテト、紅茶なら砂糖。
[形容詞]付け足しの
[類義語]ap
[レベル]2
fv;e
13:制:語源不詳
op:op:la opet
[語法]
opは100%に届かないものを100%に近づけるためのもの。apは100%の充足にプラスアルファを付けてやるもの。同じ付けたしという意味であるが、まだ足りないなと思えばopで、これは蛇足ながらと思えばapになる。アルカにはこの区別があるので日本人は注意。
【用例】
an opat lax em vein xi axt tu hek. その手紙を書き終えてから、もう少し書き加えたくなった。

opn
/ [動詞]yul(乗り物や道)を運転する、運転する、操縦する
[動詞]yul(人)を操作する、操作する、操縦する、思い通りに操る、操る
[普通動名詞]運転、ドライブ
[レベル]2
14:制:ovpan
[文化]
郊外の紅葉スポットなどがオススメ。
【用例】
min fral opn vil amo on arbazard. アルバザード人の女はほとんど運転ができない。
☆arte, la opn amo ranel ok le kaen tems. よくあんなの窓につけて走れるな:「走る」「よく〜できるな」などの訳をそのままアルカに直訳できないので注意。

opnan
/ [名詞]運転手、ドライバー、御者
[レベル]2
19:ridia:arbaxelt

opo
/ [料理]乾パン、ビスケット、クッキー、サブレ、クラッカー、ラスク、煎餅
[レベル]2
13:制:ovepof(乾いたパン)
[語法]
おやつと保存食をかねる。

osk
/ [形容詞]清潔な、綺麗な、清浄な
[動詞]yulをきれいにする、きれいにする、綺麗にする、掃除する、清浄する
[類義語]eriet、vantaj
[反意語]ext
[レベル]2
@19
limi:limi:limi:kikilu,alt
[文化]
掃除機が普及しているので手軽に行える。家族共通の部屋は誰かが掃除するが、個室は基本的に使用者が掃除する。少なくとも週に一、二回ほど掃除をする。日本と違って年に一回大掃除があるわけではない。偶々家族が多く揃った日にたまに思い出したように大掃除をする。タンスなど、家具をどかせたりして隅にたまった埃を除去する。
【用例】
an solsat aruuj oskem ez. 弟に部屋の掃除をさせた。

oskar
/ [名詞]掃除機
[レベル]2
19:ridia:arbaxelt
[語法]
持つ部分はtika。ホースはlor。パックはmesl。ヘッドはkuta。本体はmain。コードはsolz。スイッチはpank。

osnyai
/ [医療]頭痛
[レベル]2
17:制:頭痛
【用例】
an ket vil lyu mil osnyai. 頭痛のせいでそこに行けなかった。
an na osnyai mil kamil tu jent. 頭痛がするのは天気のせいだろう。
an nat garv mil onsyai. 頭痛で苦しんだ。

oun
/ [動詞]yulをうめかせる、呻く
[再帰動名詞]呻き
[レベル]2
古:オノマトペ

ova
/ [格詞]例えば
[名詞]例、実例、見本、凡例、例示、標本
[名詞]辞書の用例。本辞典では【用例】タグで検索できる。アルカはアプリオリなので、日英語と構文や表現の異なることが当然ある。差が小さい場合は良いとして、差が大きい場合は注意すべきである。そこで、日本語とも英語とも大きく構文の異なるアルカらしい文については☆をつけた。また、構文は複雑でなくても、アンティスが深く絡む場合は☆をつけた。☆を検索することでアルカ独特の言い回しを検索できる。【成句】はもともとオリジナリティが高いので☆をつけなかった。
[反意語]alova
[レベル]2
sorn
wo:wo:ova
[語法]
ova miik wenのように、ovaとwenを組み合わせるのはよくある間違い。
【用例】
an siina vank ova miik. りんごなどの果物が好きだ。

ovi
/ [組み数字]2/28
[交通]オヴィ通り
[名詞]オヴィ組。アルナ大のクラス。
[レベル]2
22

ovi gaavi
/ [人名]オヴィ=ガーヴィ
[組み数字]2/28
[レベル]2
seren,gil,ridia:オヴィは不詳。ガーヴィは7年。セレン、ギル、リディアで冠した名で、「根性」の意。ただ、オヴィの古アルカでの意味は「討伐」になる。
[文化]
(tif 8 ral lin→)第4期4代アルシェ第2使徒。男性。arden/alben。180cm、80kg。髪は白味がかった金でツンツンしていて短く、ややくせっ毛。青の瞳。肌は白:黄=8:2。
【成句】
ovi, gil, zana sern sen les mel so vil オヴィとギルとザナでメルにも思いつかないことを思いつくことがある:三人寄れば文殊の知恵

ovnaf
/ [名詞]エスカレーター
[レベル]2
19:lein

owi
/ [動物]豚
[レベル]2
fv;fovet
lakta:鳴き声のオノマトペ
owi:owi
[文化]
食用される。ビタミンBが多いとされる。
案外清潔な動物だが、汚いイメージを持たれており、「デブ」などの罵倒語にもなる。特に罵倒としてはbuc。

valkotanが開発されるrtまではvikotanを採用しており、冬季に家畜を飼育するのが難しかった。冬場は人間の食料を確保するだけでも大変なので、家畜を飼う余裕がない。そこで秋になると家畜を潰して冬場を凌いだ。
[擬声]
owi owi(ブーブー)
buc buc(ブヒブヒ)

owiyek
/ [料理]豚肉
[レベル]2
22

oz
/ [名詞]規則、法則、決まり、法、制度、原則、ルール、慣習、戒め、公衆道徳、マナー、行儀、作法、戒律、摂理、規定
[電算]コンピュータのプロトコル、インターネットプロトコル→aroz
[法律]条令、政令
[類義語]zettel、lazom、aroz
[レベル]2
sorn
[語法]
従うべき決まり。人為的に作られた規則や慣習マナーや子供がやる鬼ごっこのルールなども含む。また、スープの飲み方などの行儀作法も入る。非常に広い意味を持つ語彙。全て「その集団内で従うべきとされていること」という共通の意義に基づいている。但し、法律は別。

ozfel
/ [名詞]法則、法則学。理科の一分野。科目名。
[レベル]2
rd
22
[文化]
felpant

paal
/ [組み数字]10/28
[交通]パール通り
[名詞]パール組。アルナ大のクラス。
[レベル]2
22

paal iiluuto
/ [人名]パール=イールゥート
[組み数字]10/28
[レベル]2
古:パールは語源不詳。古アルカでの意味は「光」(paal=pa(光る)/al(物)。以前はpaaluu'だったが、メル・アルカでソーンアルカと融合したことがきっかけでアクセントが移動し、paaにアクセントがくるようになった。当時、強弱アクセント重視だったこともあり、それ以降、急激にアクセントのないluuの音節の存在が弱まっていった。但し、lの音が消えては意義素であるal(物)が消えてしまうのでlは残り、paalとなった。制アルカ以降paalが公式名で良いかとの質問に対し彼女は肯った。イールゥートは『カコ』から。
[文化]
(tif 7 dia nen→)第4期4代アルシェ第10使徒。女性。mayu/amma。167cm、54kg。髪は黒で背中まで届き、少しくせっ毛。青の瞳。肌は褐色。

・『ミールの書』より

 彼女はセレンより長い髪を赤いリボンで結わいてポニーテールにしている青い瞳の女性だった。首には金の首輪をしている。肌はやや浅黒く、黒人と白人の混血児だと思われる。年齢はセレンらと同じ頃だと思われる。体格はスレンダーで、美しい。そして目つきはフルミネアとは違ったタイプの厳しさをしている。

↑これもセレンは当時アラブ人と黒人の区別がついていなかったため。
【成句】
alkan paal et maal paal im kok 助手のパールは同時にお母さんのパール:良妻賢母

pab
/ [動物]馬
[レベル]2
fv;↓
lakta:乗り物になる獣。
pab:pab:lu faf:guna,alt
[文化]
現在では食用しない。乗り物としても市内では用いない。糞を出すため、サライの道路を走ることは原則できない。観光地で許可を取れば可能。

pafi
/ [交通][建築]橋
[形容詞]〜橋。前置。
[動詞]yulをaのために仲介する、仲介する、橋渡しをする、経由する
[電算]転送する
[シェルト]橋駒
[音楽]ブリッジ
[類義語]rafil
[レベル]2
fv;fiは「長い」

pafi:pafi:lu falhi(道と同じ性):pafi,alt
【用例】
pafi fil{dok} 大橋
pafi hinatahada 朱塗りの橋
ev pafi al erei 川に橋をかける、架橋する

pag
/ [再帰動名詞]しゃっくり
[動詞]yulにしゃっくりさせる、しゃっくりする
[レベル]2
13:制:『制アルカオノマトペ』ではpではなく両唇入破音。
cokot:cokot::Pag,frff→lim

pak
/ [動詞]yulをaに進める、すすめる、進める、進む
[普通動名詞]進歩、発展
[生物]進化
[普通動名詞]早送り
[動詞]yul(ビデオなど)をa(シーンなど)まで早送りする
[類義語]lsaj
[反意語]sar
[レベル]2
13:制:古:ではpakで、足音のオノマトペ。但し、pakはpke,prekeが元とする説もある。これはセレンが英語接頭辞pre(前)/ke(行く)から作ったものである。確かにその造語はなされたが実際は広まらなかったため、pakとprekeは無縁と考えるのが妥当。
【成句】
pak sar pak sar 一進一退
pak dyuma kal 日進月歩
【用例】
pak du 5 jin 5秒早送りする

palet
/ [数学][電算]数値、値
[類義語]alx
[レベル]2
21:古palala/te
【用例】
palet sor 大きな値

palf
/ [普通動名詞]散歩
[動詞]yul(場所)を散歩する、散歩する
[反意語]xelk
[レベル]2
古:palf←papalura/futo(太陽を取る)
[語法]
日の出ているうちに公園などで寝そべったり散歩して安らぐこと。あるいはカフェの店先でぼーっとしたり談笑すること。幸せな時間の代名詞としてイメージされる。

palsa
/ [医療]動悸、鼓動、ビート←bant
[名詞](naとともに)どきどきする、ドキドキする
[レベル]2
16:制
【用例】
an nat palsa man oma gaaxik romel. 犬がいきなり吠えたからドキドキした。
an nat palsa man na nau. うれしさで胸がドキドキした。
palsa ant emat ruuf mil tu vert. その知らせに動悸が激しくなった。
non na sil palsa anneu. ドキドキします。

pam
/ [名詞]ライト、明り、灯かり、灯り、照明、電灯、明かりという意味のランプ、灯火、ランプ、診療用照明、電球
[類義語]fag
[レベル]2
14:制:古:paalal(光る物)
【用例】
kor pam a bal 壁にライトを向ける

pamp
/ [動詞]yulに手を叩かせる、手を叩く、叩く
[再帰動名詞]拍手
[レベル]2
古:pampという擬音語
【用例】
inan pampatand. 観客は拍手した。
pamp kai 大きな音の拍手。大きな音がfo kaiなのでkai。

pan
/ [交通]乗り物
[レベル]2
13;palan,lsd.xik
13:制:古:palamekia,palan
palamekia:palan:la mekia(当時は車輪のついたもの。丸が女なので女。車輪のない乗り物は対で男)

pank
/ [名詞]スイッチ、ボタン
[レベル]2
lakta
【用例】
ar pank e tespam 電気のスイッチを押す

papaatt
/ [感動詞]ジャーン、じゃーん、じゃじゃーん、ジャジャーン、タダー
[レベル]2
古:オノマトペ(文字は宛がわれなかった)。光のpaから来ている。

papaxxo
/ [感動詞]大丈夫?、大丈夫
[類義語]passo
[レベル]2
22:luxia:papa/passo?「パパ、大丈夫?(papa, tyu et passo?)」の意味と思われる。神楽坂。

papn
/ [動詞]yulをすねさせる、すねる、拗ねる、ふてくされる
[レベル]2
lakta:膨らんだ頬
[文化]
子供っぽいとされる。女子供のしぐさで、男がやるとかなり恥ずかしい。

papx
/ [名詞]カレンダー
[レベル]2
13:制:paltpax(暦表)
[文化]
メル暦では表になっているものは必要性がないので、セレンの作ったメル暦ソフトのような形になっている。電子ペーパーや画面に日付や曜日が一定の箇所に表示されるシステム。

part
/ [悪魔]パルト
[歳時記]光曜日、日曜、休日、公休、公休日。週の第7日目。
[音楽]シ
[組み数字]7/7
[レベル]2
meltia 0:part;e
古:parteems「太陽の悪魔」
[文化]
ソームの7番目。思慮深い男性。光を操る。ヴァステ開戦に際し、メルティアに頼んでアトラスへのワープゾーンを作ってもらうよう提案した。光る白い服を着た金髪の美青年。おとなしい。

pask
/ [名詞]過程、経過、流れ、フロー、途中
[副詞]〜しかけ、〜している途中
[格詞]〜の過程で、〜の途中で
[反意語]fixt
[レベル]2

【用例】
bakm l'an xen paskel 飲みかけの牛乳:xenorとの違い。xen paskelの場合、一度口を離してテーブルなどに置いてあるイメージ。xenorは今口に付けて飲んでいるイメージ。
an at jikniks pask an lef 50 limelfi ento tilat foxvix on mixk im fis. 今日50m走の途中でずっこけて膝をすりむいた。

passa
/ [感動詞][俗語]オッケー、おっけー
[レベル]2
21:passo
[語法]
おどけた感じ。

past
/ [植物]米、稲、ライス
[レベル]2
古:制では小麦
:::saya,alt
[文化]
常食はしないが、頻繁に食べられる。どんぶりに米という習慣はない。白米やピラフや粥などの形で主に食べられる。smや旧革命で主食のひとつとして根付いた。
アルバザード人はライスは皿に載せ、凪人は茶碗に盛る。凪食の場合はアルバザード人でも茶碗に盛ることがある。
アルバザード国内でも南部やカレン半島で作られているが、アルティアからの輸入も多い。アルバザード産よりアルティア産のほうが瑞々しい。ただしアルティアは日本と韓国の間のような風土なので、まったく日本米と同じというわけではない。
なお、アルバザード人はsm以降、米を野菜とは考えず、穀物と考えるようになった。

米はsmで入ってきたが、一般人が食べるようになったのはrdでセレンが広めてから。セレンは青年期に小麦アレルギーを発症し、パンなどが食べられなくなり、米を常食するようになった。一緒に生活していた家族がセレンだけ米だと料理をするのが手間なので、家族全員米を食べるようになり、結果的に流行の発信源だったアシェットが米を食べるようになったことで民衆にも広まったという経緯がある。
【用例】
past vortat mil yuuesk. 日照りで稲がやられた。

pef
/ [動詞]yulをaに返す、返す
[副詞]お返しに、仕返しに、〜しかえす、〜し返す
[普通動名詞]返却、返還
[形容詞]返された
[経済]返済する
[経済]償却する
[レベル]2
tm;pal/futo
13:制:古:palfuto(後ろに与える)
【用例】
pef sent お礼をする、お返しになにかをする

pels
/ [動詞]yulを悩ませる、悩ませる、悩む、なやませる、困る、当惑する、困惑する
[形容詞]困った、悩んだ、悩んでいる
[名詞]悩み。(na)
[レベル]2
13:制:クリスがリディアに言った言葉"tis na pels"(後悔しちゃだめよ)のpelsが元。pelsはpeに時制などが付いたもので、これが独立して1つの語となった。リディアは悩み多き少女で、彼女の性質がその語をそう変えた。
[文化]
・セレンのメモ

高2のメモを見ていたら、98年2月18日(水)に「悩んでいる内容より悩んでいるという事の方が苦しいのではないか」と書いてあって、なるほどその通りだと思い、将来の12月19日を伝えてやりたくなった。
【用例】
sedo pels 悩みを断つ、断ち切る
an pelsat la mifel. 彼を煩わせるつもりはなかった。
an mokat vil ranel man na pels. 悩みのせいでよく眠れなかった。
an vinsat lax il pels. 悩みをすべて捨て去りたかった。
la na pels on lfis. 彼は人生の問題に苦しんでいる。
an pelsat ris la. 彼を煩わせたくなかった。

pen
/ [遊離副詞][形容詞]ますます、どんどん、いっそう
[レベル]2
f;e
古(いっそう、ますます)
[語法]
文頭だとelがない傾向に。
【用例】
yet emat yam penel. 事態はますます悪化した。

pes
/ [名詞]後悔、悔やみ、慙愧
[類義語]galem
[レベル]2
frf;pe,f.l
14:制:古:pe
pe:pes
【用例】
den na pes, tu et saia. 後悔しても仕方ないよ。
an en na pes merel. 何の後悔もない。
an kalma na pes. 後悔していることが多い。
an na pes on nos sot. 自分のしたことを後悔している。
an na pes on nos en felat. 勉強しなかったことが悔やまれる。
tu et xif xel el na pes. 後悔しても仕方のないことだ。
an jalat nos na elf pes mil versen tis. ささいなことで悩まないことにした。
an so van enzel lana an en na sil pes. 後悔しないように最善を尽くしたい。

pez
/ [被服]スリッパ
[レベル]2
lakta

pf
/ [演繹音]ぽふ、ポフ、ぽん、ポン
[レベル]2
22
[語法]
髪の毛や藁など、柔らかいものをポンと撫でたり叩いたりしたときに、中の空気がぽふっと洩れる感じの音。

ph
/ [演繹音]ぴき、ピキ、ぴきぴき、ピキピキ、ぴりぴり、ピリピリ、びりびり、ビリビリ、みしみし、ミシミシ、めきめき、メキメキ、みりみり、ミリミリ
[類義語]pk
[レベル]2
21
[語法]
膨れて擦れる音。

piakap
/ [電算]携帯電話、PHS。アルカでは区別なし
[レベル]2
14:制:携帯電話
【用例】
an en piot piakap kelanel man na vax. 急いでいたので、ケータイを持って来忘れた。

piakuil
/ [名詞]弁当、お弁当、べんとう、おべんとう
[レベル]2
19:ridia:arbaxelt
[文化]
学生も社会人も弁当を持参して、食堂は使わないという人が多い。学校や会社には弁当の保冷庫があり、食べる時間まで保存しておくことができる。

pial
/ [名詞]意味のある音(言語音と雑音を除いた音)
[類義語]fo
[レベル]2
20:kalie:apia/al(示すもの)

pie
/ [植物]キュウリ、胡瓜
[電算]ピエ。IMEに当たる変換システム。
[ユマナ]IME、マイクロソフトIME、MicrosoftIME
[レベル]2
mt;eは水。 | ロゴにキュウリの絵があったことから。
lakta:語源不詳
[文化]
サラダに使われる。体を冷やすので夏に少量食べるだけ。

piin
/ [動詞]yulを睨む、睨む、にらむ
[レベル]2
14:制:古:pii(鋭く見る)

pikko
/ [名詞]ピッコ。男のリースのうち、大人しいもの。
[レベル]2
20:ridia:pikke
[文化]
典型的には、大人しく気弱で家庭的で優しい軟弱な男性。

pil
/ [形容詞]鋭い、鋭敏な、尖った、敏感な、センシティブな、多感な、尖る、過敏な、鋭利な
[接辞]複合語中ではしばしば「過敏」の意味で使われる。
[反意語]siip
[レベル]2
20:pift:古
pi::oliv:pilu,alt
[文化]
anvert
【用例】
[メタファー]pil yun pind 針のように尖った
【用例】
an et pil a hart{sort}. 私は暑がりだ{寒がりだ}

pile
/ [料理]コーヒー
[レベル]2
rd;pileria「黒い水」
13:制:sad:pileria(黒い水)
[文化]
アルバザードではあまり飲まれない。紅茶が主流。
またコーヒーは口臭を促すとされ、衛生上も好まれない。
【用例】
☆an xenat pile lana net nos ranel. 目を醒ますためにコーヒーを飲んだ:ranelがないと文意が正確に伝わらない。これがないと、コーヒーを飲んで起きたことになるので、寝ながら飲んだのかという話になりかねない。また、コーヒーを寝起きに飲むアルバザード人はまずいない。

pili
/ [生物]ほくろ
[天文]黒点
[レベル]2
rd;/↓
13:制:sad:pilin(黒い点)
veele:veele
[文化]
肌の白い人に多いとされる。白さを際立たせる道具にもなるが、ないほうが美しいとされる。メルのように、ほくろがなく肌の白い女性が最も美しい肌とされる。

pilp
/ [動詞]yulをからかう、からかう、誂う
[普通動名詞]冗談、からかい、いたずら、悪戯
[レベル]2
13:制:古:pilpil,指をちょこちょこと細かく動かすときのオノマトペで,相手をからかうときにこうしたことから
[語法]
axote, ilis

pina
/ [名詞]約束、誓い、契約、誓約
[動詞]yulをaに約束する、約束する、誓う
[類義語]raven、trans
[レベル]2
f;pi/na「命を貫く」
古:ソーンの使徒ピネナの名と混同したことからセレンが後期にpinaをpiloに変えたが、少しも広まらなかったので、pinaを再び採用した。
[文化]
pinaはpromiseより重い意味を持つ。日本語の約束より重い意味を持つ。pinaは古アルカ語源だが、古アルカのpinaはというと、元の形が後第一改定アルカから前クミール・アルカの間にできたpipinaであった。これはnaが「心」でなく「命(或いは心臓)」であった頃の意味であるから、「命を貫く」という意味であった。この語形はあまり長く生きず、中期アルカの始め頃には既にpinaに短縮されていた。短縮の大きな原因はpinaという語形の語彙が無かったため、合理性を優先させたことによると思われる。pinaは「命を貫く」という意味だったが、これは「仮に破ったとしたら命を貫く=死なねばならない」という意味が出所であった。このことを見ても解かる通り、pinaは約束より遥かに意味が重い。このことは文化にも大きな影響を与えている。約束を破ることは非人道的であり、人格が破綻しているとさえ取られる。その為、約束を守れなくなることと破ることをきっぱりと区別する。前者はやむを得ない理由によるならば仕方がないという見方をされるが、後者はいけない。また、以上の性質から、pinaは約束よりも遥かに頻度が少ない。小さなことではpinaすることはない。例えば子供に「おかし買って」とせがまれて「明日な」と答えたところ子供に「わーい、本当?」と言われ、「ああ、約束だ」と返すことは不適である。また、pinaは見通しが利かないことには適応されない。約束する内容が可能であると確信していることでないとpinaとはいえない。見通しが効かず、上手くいくかどうかわからない事について約束するということ自体がそもそも不貞であるとみなされる。約束は他人を信頼させ、安心させる効果がある。なのに約束した本人が上手くいく確信がないのでは、約束という言葉の価値が薄れてしまう。それを防ぐ為にも確信がないことにpinaすることはない。
【成句】
pina et pina da. 約束は約束だ。
【用例】
an pinat nos akt sil hacn im kalzas. 6時に友達と会うことになっている。
hain{veig} pina 約束を守る{破る}
pina a xok 約束を交わす
pina xok{antes} 交わした約束

pind
/ [名詞]針、ニードル
[言語][文字]セリフ。セリフ書体はolivia。
[類義語]olivian
[レベル]2
15:制:lakta:pin(針)「とがったもの」
pi:pin::pi,alt
【用例】
pind pil 鋭い針

pinena
/ [組み数字]25/28
[交通]ピネナ通り
[レベル]2
22

pinena valo
/ [人名]ピネナ=ヴァロ
[組み数字]25/28
[レベル]2
古:語源不詳。valoは「あの頭」
[文化]
→pinverant
(2→)
第4期4代ソーン第11使徒。男性。solferj/yuul。165cm、52kg。亜麻色の肩までのウェービーな髪。ヘーゼルの瞳。肌は白:黄=7:3。
ラヴァと並ぶソーンのブレイン。細身で女性のよう。実際セレンはしばらく女性と勘違いしていた時期がある。リュウの友人でありライバルでもある。

・『ミールの書』より

 部屋の主はメルに気付くと「あれ、メルちゃんじゃない。いらっしゃい」とにこやかに言った。その者の格好は中性的であり、声もまた中性的であった。ミールは始め彼を女性だと思ったが、どうやらそれは誤りのようだった。
「ピネナさん、こんにちは」
 メルは今まであったものを大抵、兄か姉のように呼んでいたが、彼については違った。ピネナの髪は肩まで来ていた。ゆったりとウェーブがかかっていて、どこかアッシュのものを思い出す。座っているので背丈は解からないが、小柄ではあるようだ。年の頃はクミールらと同じであろう。
「ゆっくりしていってよ、あまり相手はできないと思うけれども」
 彼はノートパソコンを操っている。部屋は汚れているが、彼のコンピューターは動いているようだ。
「ピネナさん、この子がミールちゃんです」
 するとピネナはちらりとミールを見て「そう、この子がクミールの。なるほどね。私はピネナ。よろしくね、ミールちゃん」
 ミールはぺこりとお辞儀をする。どうやら彼もミールについて事前に何かを聞いていたようだ。彼は振る舞い方も中性的であった。

pio
/ [動詞]yulをaに運ぶ、運ぶ、持っていく、連れていく、連れて行く
[普通動名詞]運搬、運送、搬送
[反意語]meld
[レベル]2

【用例】
mir pio tu kov al ez. この箱を部屋に持っていってください。

pip
/ [動詞]yulをaに投げる、投げる
[レベル]2
f;fovet
lakta:pip(投げる)。投げたとき手からものが離れる際のオノマトペ。
pip:pip
【成句】
pip dol al eltoa it arbazard アルバザードからエルトアに石を投げる:二階から目薬
【用例】
pip gek ボールを投げる

pis
/ [植物]とげ、トゲ、棘
[メタファー]気の強さ、怒らせると怖い性格
[レベル]2
19:pinena:音象徴
【成句】
yunk kmiir til pis. クミール嬢には棘がある:綺麗なバラには棘がある:19:pinena

pit
/ [名詞]種、種類
[類義語]nim
[反意語]ker
[レベル]2
13:sorn:patpatは「とんとん」というオノマトペで、料理の篩を叩くときなどに使うそうで、この篩というところから分ける・見分ける・区別という意味もできたらしい。今回は更に「区別」という意味から、「種類」という語義を意図的に派生させた。
【用例】
pit dinim 様々な種類

pita
/ [医療]薬
[類義語]il
[反意語]yayu
[レベル]2
13:制:古:pyuts。因みに毒はyayu。
pyuts:pyuts
【成句】
pita rak em sen yayu 過ぎたるは猶お及ばざるがごとし、薬も過ぎれば毒となる
pita rat et gyu 良薬は口に苦し
【用例】
xen pita 薬を飲む。生薬ならkuiの場合も。

piu
/ [音楽]口笛
[動詞]solはyul(音楽)を口笛で吹く
[レベル]2
lakta

pix
/ [動詞]yulをa(床や目標など)に転がす、転がす、転がる
[レベル]2
19:pixk:17:制:sorn 参考:古:geki(円)。確か中期ではpixだったような気が。
【用例】
an pixat hal sae kont faxes hacn. 友達と抱き合って雪の中を転げ回った。

pixie
/ [料理]蜂蜜、ハニー、はちみつ
[レベル]2
20:yult:impixie:13:制:ハチの蜜。impixieと言いたいようで言えてなかったことから。蜂蜜が文化的に重要なのでリディアが略語を正式に採用した。ユルトの初の造語。
[文化]
糖の中ではほぼ唯一体を温め、かつ虫歯にもなりにくいため、アルバザードでは砂糖の代わりに推奨されている。ただし、非加熱なので病原菌が微量に混在している可能性があるため、乳幼児には与えない。ユルトとルシアには2歳4ヶ月ごろから与えた。

piyo
/ [幼児][植物]ひよこ、ヒヨコ
[メタファー]あどけなくて可愛いもの
[メタファー][動詞]yulをaにほざく、ほざく、口走る、くちばしる、さえずる、囀る
[類義語]ham
[レベル]2
19:オノマトペ
[語法]
ham
[文化]
黄色くて可愛いものとして捉えられ、幼児や子供に譬えられる。

piyokokko
/ [言語]ぴよ語
[レベル]2
20
[文化]
「みゅ?」「み?」「ぴよ?」「にゅー」「にゃー」「にゃん」など、動物の鳴き声を模した言葉で、たいてい文末純詞や感動詞として使われる。アルバレンにもともと存在しなかった言葉だが、リディアがこういった動物の口真似をしていったことからできた。それを聞いたセレンが可愛いと感じ、アルカに取り入れた。和みなどを示す効果がある。

pob
/ [被服]マフラー、襟巻き
[レベル]2
13:制:posab
【用例】
an lobat po o tem kon pob. マフラーで耳と首をくるんだ。

poen
/ [サール]ポエン
[名詞]3時
[名詞]東
[交通]ポエン通り
[音楽]レ
[組み数字]3/12
[類義語]pen
[レベル]2
meltia 4:poen;e
ridia:古
[文化]
アルミヴァの3番目。サールの左腕から生まれた。ヴァルゾンの妹。獣の王。元は獏の姿をしていたという設定があったが、ティクノの妻となり、アルデスを生むことから、後にキャラ設定が格上げされた。アルデスとフェルデンとテュアの母で、獣王であり、自らの中に草食の穏やかな性格と肉食の激しい性格を飼いならしている。普段は大人しいが、一度怒るとティクノも手を焼いてしまう。

pofa
/ [名詞]クッション、座布団、衝撃吸収剤
[レベル]2
14:制:pofskinから

pofate
/ [名詞]パン屋
[レベル]2
21
[文化]
pof
『ねこの郵便屋さん』参照。

pom(2)
/ [幼児]ふくらみ、膨らみ
[レベル]2
19:オノマトペ
[語法]
コブという意味ではknobと同じ。膨らみという意味ではfabと同じ。pomはやや幼児語的。

pompo
/ [幼児]おちんちん
[レベル]2
18:mel:ponnonでも直接的だと考えたメルがユルトのおむつ変えのときに言い出した語。

pon(3)
/ [接尾辞]〜ちゃん。指小辞。
[レベル]2
rd;丸っこい感じのfovetに指小辞のnが付加したもの。
23
[文化]
ankmev

ponnon
/ [幼児]ちんちん
[レベル]2
14:制:古:ponno(ちんこ)に指小辞のnを付けたもの。
[語法]
卑語でないことから、大人でも比較的気軽に使う。

pons
/ [動詞]yulをaに配る、配る、配給する、割り当てる、配属させる、配信する、わりあてる、分配する、回す、配分する、配給する
[普通動名詞]配り、配給、割り当て、配属、配信、分配、配分、配給
[動詞]aに話題を降る。この場合、yulは発言権や機会などだが、通常省略される。
[数学]分配する
[運動]サーブ
[反意語]alpons
[レベル]2
lakta
【用例】
te pons al an rasol(a ムチャぶりすんなw

ponz
/ [動詞]yulをaのためにどける、どく、どける、どかす、どかせる、かき分ける、道を開ける、道を譲る、邪魔なものを取る、除く、道路の端などに寄る
[反意語]alponz
[レベル]2
15:制:pon(道)から

pop
/ [形容詞]厚い、厚手、厚手の
[反意語]fef
[レベル]2
13:制:古:pomp,popp。太った様子を表わすオノマトペから。
【用例】
an alsabat sab pop mil axte. 春になったので厚い服を脱いだ。

popa
/ [交通]信号機、交通信号
[レベル]2
14:制:ponapa
[文化]
→pont
【用例】
☆an xat popa a diia. 私は信号が青になるまで信号のところにいた。

popdiax
/ [料理]ホットケーキ
[レベル]2
21:厚いクレープ
[文化]
名前にクレープが入ってはいるが、別の食べ物。

popek
/ [料理]ステーキ
[レベル]2
rd;↓
20:popk:13:制:厚い肉。ステーキはやや厚く切った肉を直火で焼いたものpopyek。
【用例】
an kuit popek im dunex. 夜はステーキだった。

poppo
/ [幼児]おちんちん
[レベル]2


por
/ [形容詞]予めの
[反意語]dils
[レベル]2
古:前もって〜する
【成句】
porel やはり、やっぱり、ほら見たことか:通常悪いニュアンスとして使う。

potluwa
/ [被服]内履き、うちばき、上履き、うわばき
[レベル]2
22

propaata
/ [名詞]善
[形容詞]善の、善なる
[反意語]evide
[レベル]2
f;paは「光」

propaata:propaata
[語法][文化]
falisとvelnarは正義と悪。propaataとevideは善と悪。
正義とは、「そうすべきであると考えられている物事に適っているさま」である。悪は適っていないさまである。正義は人により異なり、時代や集団によっても異なる。正義や利益のぶつかり合いが争いや戦争である。
一方、善とはメルディンな傾向を保ち、なおかつ革命後はアルティス教の教えに従うことである。このうち天国に行く条件は前者を満たしていれば良い。ただし、後者を守っていれば自然と前者も守ることになるので、実質的な差はない。
悪とはエルナな傾向を持ち、アルティス教に反することである。このうち、地獄に行く条件は前者のみ。ただし、後者を満たしていればたいてい前者も満たすので、あまり違いはない。
ポジティブな考えをして前向きに生きていれば善ということであれば、殺人や傷害を起こしても、ポジティブなら善なのかという疑問があるだろう。
ここでポジティブでなくわざわざメルディンと書いてきた点に注意されたい。ポジティブとメルディンは異なる。殺人や傷害で人を傷つける行為は悪意を人に向けているので、この時点でエルナであって、メルディンではない。
ポジティブな殺人犯であろうと、そんなことは関係ない。訳もなく人を殺せば悪意を向けたエルナであるとともに、アルティス教にも反するので、悪になる。

pul
/ [形容詞]雑な、粗雑な、いい加減な、適当な、乱雑な、詰めが甘い、だらしない、ありあわせで正当でない、ずさんな、軽はずみな、軽率な、眠りが浅い、ぞんざいな
[反意語]ran
[レベル]2
20:恣意(だめそうな音をとった)
【用例】
som pul 雑なやり方

pulikal
/ [数学]長方形、長四角
[レベル]2
20

pup
/ [動詞]yulをaに吐き出す、吐き出す、ぺっと吐く
[文末純詞]軽視や蔑視の文末純詞。つばを吐くところからリディアが定義。
[感動詞]もうっ!、こらっ!、ぶー!、ぶーぶー!、プーッ!、ふん、ふーんだ!、あかんべー
[レベル]2

【成句】
pup a galt 誰それの門に唾を吐く:後ろ指を指される
【用例】
el pup a galt laat. あいつは後ろ指さされている。

puppu
/ [文末純詞][milia]もうっ!、ふーんだ→pup
[レベル]2
18:ridia
[語法]
純詞pupのミリア版、蔑視の度合いが弱く、ふつうからかいや冗談の意味で可愛らしく使われる。

puum
/ [幼児][婉曲]肛門、お尻の穴、おしりの穴
[類義語]ipm
[レベル]2
19:mel:ipmを幼稚な音に変えたもの

pxet
/ [名詞]シャワー
[名詞]スプリンクラー→faixpxet
[動詞]yulにシャワーを浴びさせる、シャワーを浴びる
[レベル]2
14:制:pxeから
【成句】
[婉曲]arat pxet? セックスしたか?:セックス後にアルバザード人がシャワーを浴びることから。もちろん文字通りの意味で使うケースも多々。
【用例】
an pxetat man an at eves merel mil hink. 汗まみれだったので、シャワーを浴びた。
aruuj yolator pxet. 弟がシャワー中だった。
an pxetat im tu faar. 今朝シャワーを浴びた。
an pxetat fastel. 簡単にシャワーを浴びた。

pxn
/ [演繹音]ざばっ、ザバーン、ざばーん、ざばー、ザバー、ざざー、ザザー、ざーざー、ザーザー
[レベル]2
21
[語法]
波などがうねる音。

pxt
/ [演繹音]ぱしゃ、パシャ、ぴしゃ、ピシャ、ぱちゃ、パチャ、ぴっ、ピッ、ぺっ、ペッ
[レベル]2
21
[語法]
液体が撥ねる音。たいてい何かにぶつかる。

raaxo
/ [娯楽]おままごと
[レベル]2
14:制:家(家事や家族関係)の遊び。

radia
/ [名詞]良い夢、夢、ラディア
[レベル]2
古:radia(良い夢)←raddia←ratdia←rat(良い)/dia(夢)
【用例】
an lab sen voskel im harp ol an til sen radia le nos milx im vird--yul soa, an nat. 好きな夢が夜に見られるなら、そのためだけに昼頑張って働こうと思ったものです(seren arbazard)
non kor sen radia im fis in. 今日は良い夢が見れそうだ。
an emat ris net man xa radia. 良い夢だったので、目が覚めてほしくなかった。

radl
/ [名詞]宝、トレジャー、お宝、財宝、宝物
[電算]値。変数、配列、ハッシュなどの値。変数が小箱なので、その中のお宝という意味。
[類義語]dyuran
[レベル]2
13:制:rad
:::haku,alt
[語法]
kofel
【成句】
radl a beema 豚に真珠

rae
/ [植物]トマト
[レベル]2
lakta:rae「赤くて水を含んだもの」
[文化]
特にカテージュにトマト料理が多い。

raes
/ [建築]屋根、ボールト
[レベル]2
sert;ra/esn「家の傘」
16:制:raesnから
xilol:xilil
[文化]
一戸建てにしかない。日本と違って瓦ではない。

rafa
/ [文頭純詞]更によいことに
[反意語]taik
[レベル]2
19:melidia alis:ratfak(よい+さらに)
【用例】
an vastat manaka. rafa ximat tian. 大学に合格した。さらに彼女までできた。
"rafa la til sex deyu in. la sil dantavom haasan kalt la ik mav ol non evik raklel xana teu "an et lan aaj l'okl nekt lot kola hot da" 「それに口も堅そう。『自分は選ばれた人間で、仲間とだけ秘密を共有するんだ』って思わせたら、少なくとも大人になるまでは従順な私兵になってくれるわね」

rafel
/ [名詞]宿題、ホームワーク
[レベル]2
13:制:家の勉強
[文化]
宿題とは予習と復習のことであるが、予習より復習の方が大事とされる。一足先に学習することよりも、確実に今日やったことを習得する方が大事とされるので、事実上宿題といえば復習を指す。アルバザードは勉強に対する意識が高いため、宿題をわざわざ点検することはない。次回の授業についてこれなかったらそれが宿題を怠った証であると解釈される。点検しないことは教師の負担を減らすことにもなる。その分教師は授業計画のための時間が増え、質の良い授業を提供できる。教師は必ず授業ごとに宿題を出す。その内容は主に復習であり、今日やった授業に出てきた中で最も重要な部分の確認である。教師はここが一番大切だから復習して覚えておくようにと指示する。宿題に関して特にプリントを刷ったりといったことは資源の無駄なのでしない。むしろ電子データを配信するかダウンロードさせることの方が多い。
【用例】
an til rafel l'an took fal. 終わらせなきゃいけない宿題がある。
an ar van rafel t'alf. 数学の宿題をやろう。
an rukasik rafel dab vein. 面倒くさい方の宿題は終わらせた。

rafi
/ [植物]ニンジン、人参
[レベル]2
lakta:「赤い槍」
[文化]
アレイユでは体を温め頑丈にするとして、常食される。rdでは臭みがあって嫌われたが、ヴェレイで臭くないものが作られた。従ってアレイユで常食されるのは臭みのない赤くて大きく長いもの。生でマヨネーズなどをつけて食べることもあり、おやつ代わりにもなる。

rafil
/ [建築]橋、大橋、石橋、ラフィル
[類義語]pafi
[レベル]2
tm;rukke/pafi/al「向こうに届く橋のようなもの」
22

rafis
/ [動詞]yulを考える、考える、考察する
[名詞]思考、考察
[類義語]lo
[反意語]flora
[レベル]2
fv;<> rap
21:ridia
[語法]
lo
【用例】
saa, fin an rafis lax tu yet, an ar fal rafel a.... えー、この問題について考察したいのだが、宿題をしなくちゃだ。

ragna
/ [名詞]機械、仕組み、からくり、カラクリ、マシーン、マシン
[名詞]家電、電化製品
[魔法]魔法機械
[レベル]2
meltia 444:bert;e。もとはelxeltを示し、魔法機械全般を指した。

ragna:ragna:lu ragna:gi,alt ankr,hy

rak
/ [動詞]yulを超える、超える、こえる、越える、超越する、過ぎる、経過する、通り過ぎる、追い越す、超過する、超える、卓越する、上回る、凌駕する、通過する
[副詞]〜しすぎる、〜すぎる
[格詞]〜を越えて
[名詞]向こう側、対岸
[反意語]lit
[レベル]2
rd;rukke,f.k(越える)
13:制:古:rukke(超える)
rukke:rukke
[語法]
・程度のrak

あるべき程度を100%とすると、rakはその程度を上回っていることを指す。
一方、vart系列はあるべき程度との比較ではなく、中くらいの程度からどれだけ大きいかあるいは小さいかを指す語である。
rakの中には「あるべき程度」という「べき感」が備わっており、そこがvart系列との違いである。

・rakとvar

rak kalte, var kalteの違い。varは場所を通ること。rakは場所を通りこして別の場所に行くこと。varは通る経路に焦点が置かれる。rakは経路に焦点を当てつつも、越えた向こうに意識が置かれる。
道路の場合、縦に通って別の道路へ行くか、横切って別の道へ行くかを意味する。
【用例】
tu et rak varzon. 8時過ぎだ。
te rak tu rein. その線を越えるな。
yam rak 悪すぎる

rakel
/ [名詞]50歳代の女性
[反意語]alrakel
[レベル]2
20:rak(超えた)/el(任意の人)

rakelal
/ [生物]50代
[レベル]2
rd;rakel/al
23

rakl
/ [動詞]yulに成功する、成功する
[文頭純詞]見事、みごと、うまく
[野球]セーフ。ボールが来るより先に塁を踏むことに成功したのでrakl。
[反意語]rek
[レベル]2
19:古:rapke
【用例】
an xarat la rakl tu aluutel. 彼なら絶対成功すると思った。
an fix tu ano em rakl. その計画がうまくいくとは思えない。
☆an so sen yuu raklel. 何もかもうまくいかない。

raldura
/ [組み数字]8/28
[交通]ラルドゥラ通り
[名詞]ラルドゥラ組。アルナ大のクラス。
[レベル]2
22

raldura lolos
/ [人名]ラルドゥラ=ロロス
[組み数字]8/28
[レベル]2
古:『カコ』に実在したralduraという人物名から。
[文化]
→ralverant
(tif 8 lis mik→)第4期4代アルシェ第8使徒。マージ名「エメラルド」。男性。seet。172cm、56kg。髪は黒で背中まであり、直毛。前髪が長く、右目を隠している。黒の瞳。肌は白:黄=3:7。
現実にはセレンとリディアが創り上げた架空の人物で、元はアルデスなどと同じくキャラの扱い。聞いた使徒が新しい使徒が入ると勝手に誤解し、否定するタイミングを逸しているうちに本当にそういうことになってしまった。話が大きくなってしまったため、当時画質の悪かったアンシャンテを利用してアノ氏に髪の長いカツラをかぶってもらい、息子役を演じてもらっていた。
いい加減突き通せないと思って20何歳だかになってリディアと相談してバラした。メルは比較的会話を通じて好意を寄せていたのでショックだったようだ。
現実にはアンテの子供はルビィしかいない。従って本当は使徒の数は27人。

2006・7・16の日記より下記転載

 後もうひとつがラルドゥラのこと。リディアとリュウと俺、後は先代たちしか知らない秘密。古参は何人か感づいてる。ソーンは絶対知らない。今思えば懐かしいな。不思議だ。嘘に懐かしいなんて感情を抱くなんてな。元々中1だったか、アルテの延長だったな、ラルドゥラというキャラを俺とリディアで作り上げた。アルテのキャラの一人のつもりだった。だけどクリスがある日ラルドゥラの話しをしていた俺たちに「だれそれ?」と聞いてきた。いや、架空のキャラだよといえばいいものを、なぜだろうな、ガキだったからかな、何となくノリで俺とリディアは「今度使徒になる人だよ」と答えた。メルが仲間になった後だから中1の秋ごろだろう。
 その後、嘘が膨らみ、キャラ設定が細かくなっていき、収集が付かなくなった。ディアセルに現れないし、俺やリディアしか見たことないというので不信がられたが、まぁそこはアンシャンテ社会、そういうやつもいるか的な判断だった。俺らが人嫌いと散々詠ったからな。
 中2か3年になってザナの仕事にミスがあって、指摘して罰まで与えたのに、実はその指摘が間違いだったというあの件があって、それを俺が咄嗟にラルドゥラのせいにした。それが発端だったかな、ラルドゥラを痛烈にザナが批判して、顔を出せ抗議になってしまい、周りの使徒まで便乗。始めから事情を知ってた先生に相談したら、アンテの息子ということにしようと言われた。これが中3の夏以降かそのくらいだ。
 で、アンシャンテを使ってアンテさんに変装させ、髪を長く前髪で顔を隠し、片目だけだし、季節に関わらずローブを着せた。異様な形相にぎょっとしてた。誰とも話さないのに、小さかったメルには比較的話したのでメルは好かれていると思ってラルドゥラを気に入った。でも、その後あいつが聡くなるにつれて話さないようになった。
 アンテさんにしたのは、先代で俺たちとかかわりがあって、しかも子供が使徒になってない唯一の人だったからだ。オヴィもリディアもダメ。兄弟になっちゃうからね、すぐバレル。そこでアンテさん。ルビィちゃんはアンシャンテに乗れないしそんなに才能なかったからね。そもそも名前がルビィというので俺がルビーに見立てて兄貴をエメラルドにしてオヤジをサファイアにしたんだが、そもそもエメラルドに会うのがルビィに会うより前だったんだから、その矛盾でふつうはバレルと思うんだが……。それにしてもルビィちゃんも居もしない兄を作られて大変だったな。俺とそんな話しばかりしてて接近してたから未だに俺のことが好きだそうだが。そうそう、ミリアちゃんもそうらしい。
 ラルドゥラはアルシェの問題だったが、ソーンと対立すると厄介に。だって実は一人架空で13:14体制なんてばれるとまずい。そこで余計ひた隠しに。その上メル暦で日付になってるんだから、今更欠番の分を繰り下げると日付がずれるし、暦が壊れる。
でも、今回ばらす。俺はアシェット解体して、リディアを暫定ルシーラにして、ポスト・アシェットにする。そうなるとリストラの問題が出てくるので席を決めないといけないが、ラルドゥラは最優秀なことになっているので誰もが席を得ると思うはず。だけど実際欠員の分に席を空けられない。なので存在しないことをばらさないと確実に混乱を招く。

ran
/ [形容詞]きちんとした、真面目な、丁寧な、実直な、率直な、誠実な、正直な、内容が詳しい、詳細な、細かい、入念な、折り目正しい、眠りが深い、じっくり、しっかりした、ちゃんとした、まともな
[反意語]pul
[レベル]2
19:rat
【用例】
an em xaf ran vein. もっとちゃんとしなくちゃ。

rana
/ [形容詞]態度が真剣な、真面目、本気、シリアス、一途な、神妙な。セレンはこの意味でしか「神妙な」という言葉を使わないのでここに載せておく。
[反意語]alpen
[レベル]2
19:melidia alis:ran/na
【成句】
den em rana 気にするな、気にしないで

rang
/ [建築]ラング橋
[経済]1ソルト玉
[レベル]2
21:ridia
[文化]
→anfan
アゲイト島と本土(カテージュ)を結ぶ大橋。vlで建てられた。

ranto
/ [形容詞]おいしそうないい匂い
[類義語]liito
[レベル]2
21:milf:古rat/to

ranxel
/ [文末純詞][yuul]kok
[レベル]2
21:ryuu:transel(約束するように)

rap
/ [名詞]組、組み合わせ
[魔法](アミュレットを)組み合わせる、調合する
[動詞]yulをaに組み合わせる、組み合わせる
[数学]組み合わせ
[レベル]2

[語法]
錬金術の場合はfilet。調合魔法学ではrap。

rapalx
/ [言語]組み数字
[レベル]2
15:制:組数字
[語法]
→alx
ある数の成員からなる集合において、その成員の番号を示したもの。たとえばaxteなら4つあるうちの1番目という意味になる。本辞典では[組み数字]タグで検索できる。1/8と書いてあれば、8組数字中の1番目という意味。
2〜7、12、28は頻度が高い。2は日常的にもよく使う。3〜6は学年に使う。7は曜日に使う。12は時間に使う。28は日付に使う。8、9、11、13〜16はあまり使わない。

序列と非序列についての概要はalx参照。
序列と非序列では同じ数でも頻度が異なる。序列では2,3,4,5まではよく使われる。6〜9はあまり使われず、アルバザード人でも無教養層は覚えていないこともある。10はベストテンやトップテンで使うのでよく使う。11はほとんど使わない。12は昔12進数があったこともあり11よりは使う。13〜は頻度が低すぎて組み数字そのものが成立しない。しかしベスト20の需要があるので20は復活する。その次は50か100だが、ここまで行くともはや組み数字を使わない。ゆえに最大は20。

組み数字の覚えやすさは量でなく頻度による。lantisは28もあるのに皆覚えている。毎日使うからである。逆に15あたりは頻度が少ないので無教養層では覚えていないものもいる。

<組み数字のリスト>

・非序列系

固有名詞が多い。成員同士に上下関係がない。
グループ全体を指すときはmemを付ける。arxielmemで「アルシエルサークル」というような訳。成員間に上下関係がないのでmemになっている。

1:組が成立しないので無し
2:seltmem:elt, saal
3:arkansmem:slea, bcea, trea
4:arxielmem:axte, flea, alis, xier
5:liifamem:mirgi, hanes, kasan, aaxe, alson
6:vanonmem:twar, arhan, narte, xart, luson, mirx
7:soommem:velm, erva, satii, teeve, beezel, ilva, part
8:xeltmem:myuxa, alj, duurga, tuvan, xante, leeve, viine, inje
9:ifanmem:faifa, parna, atolas, savel, kain, melmo, denie, tinte, erint
10:felismem:mist, lean, xell, dazett, waset, xarl, kaloa, viman, hina, gants
11:alsiamem:veltis, erin, teezen, tuunas, faila, iires, paltis, lamid, lanvem, protis, levin
12:armivamem:seinels, tiitel, poen, nermes, kleevel, kalzas, varfant, varzon, tikno, fenzel, nebra, konoote
13:anomem:ano, omto, igre, raien, julet, xelii, vekton, felnoa, saax, neo, elpina, muton, kanan
14:liizamem:yuua, nalm, elevi, geewix, naltkaya, salsa, emis, iidel, ante, aml, malka, txe, alvano, liiza
15:metemem:rudia, viifa, liiz, falfa, inea, hyuuwe, imul, raldura(rald), genolpe, iiluu, elf, walma, okinis, mete, arxe
16:estamem:eres, karfan, tromekia, parte, xinke, facet, kyuk, deit, sever, kap, jimn, subek, koolel, distel, yeevel, twarzel
24:anxianmem:anxant, fingen, metian, dialet, lidian, aklim, lakemit, ardianus, felier, semian, kmiilia, mianet, gardian, falian, finos, alhaid, diahadir, figyurer, jandior, weivar, sarbelia, veflir, elizian, liiten
28:lantismem:ridia, ovi, kliiz, gil, fulmiia, ryuu, mel, raldura, zana, paal, milf, faava, ruuj, seren, rava, umtona, liine, relezona, jiil, lina, eketone, enna, axx, neene, pinena, mat, kunon, kmiir

・序列系

一般名詞から成る。登場が若いほうがより上位にある。
非序列と違って上下関係があるため、行のネーミングが最上位を代表させたものになっている。例えばvangarの序列ならvangarreinのように、reinを付けて示す。優劣の違いが理解しやすいよう、訳語を適宜括弧内に入れておく。
2だけは序列というより勝ち負けと捉えたほうが分かりやすい。2人で競わせて1位2位とするのは日本語でも違和感がある。勝敗と言ったほうが自然だ。それはアルカでも同じで、優劣というよりは勝敗のつもりで使われることが多い。ゆえに訳語は○○賞ではなく白星としている。しかし厳密には1位と2位の差があるわけだから組み数字には違いないということでここに含めている。

序列は主に優劣を競うときに用いる。成績評価や順位などを決めるときに用いる。
従ってそれ自体が価値のある単語群でなければならない。さらに1位に来る語はその中でもさらに価値を一般的に認められるものでなければならない。
例えばfant(金賞)やerfi(銀賞)のように、直感的に栄誉が分かりやすい単語が選ばれる。同じ元素でも直感的に栄誉の分からないものは使わない。「おめでとうございます、カリウム賞です!」と言われてもピンと来ないだろう。「金賞です!」と言われれば「おぉ!」と感じる。
ということはここにアルバザード人やアトラス人の物の見方や価値観が現れるわけで、地球人にはピンと来ないものもある。例えば組み数字5は百獣賞だが、1位の「獅子賞」は日本人でもなるほどと思う。しかし2位の「狼賞」は「ん?」と思うのではないか。これはアルバザードで狼が統率のとれた勇猛果敢な戦士というイメージを持たれているためである。逆に山猫といったら日本人は何とも思わないが、アルバザードでは童話で悪役として登場するのでまったく栄誉にならない。こういうものは自然と選ばれない。もし組み数字5に山猫が入っていたら、恐らく組み数字に選ばれなかったろう。

1:組が成立しないので無し
2:finrein(白星):fin, ven
3:vangarrein(大将賞):vangar, lanser, bliz
4:fantrein(金賞):fant, erfi, letti, frea
5:vietrein(獅子賞):viet, avom, kano, sonk, delt:→vietrein
6:nalniasrein(希望賞):nalnias, tiia, xana, zanal, falis, levan:→nalniasrein
7:falxionrein(指揮官賞):falxion, hyuxa, benom, galte, noie, mool, walt
8:blenzelrein(天狼賞):blenzel, xeltis, letos, firia, erfan, aaxal, fanta, mivas:→blenzelrein
9:kardinalrein(秋桜賞):kardinal, akua, fenlil, lavand, mileeyu, klain, nalnia, alblant, olivia:→kardinalrein
10:artarenrein(神石賞):artaren, klandia, xivaren, veiren, farren, enaren, arkanet, zeeren, demil, tesren:→artarenrein
11:caifarein(輝隕賞)caifa, despa, cuukiite, fort, ulo, ixirius, dialiiva, lart, iifa, ulanse, amital:→caifarein
12:finanxerein(霊薬賞)finanxe, karmamileel, fiinemadet, listifrens, xeria, cuut, xeltius, hapsklea, nagisa, firter, xilue, yuuxion:→finanxerein
20:arkaltrein(大元帥賞):arkalt, kaltis, hardian, hirvel, hestia, baltir, bialet, bort, gilvan, guiyu, geel, nalmi, nelte, niij, matis, milen, ment, wetta, wiiz, wool

・変遷

制アルカ〜21までは序列と非序列の違いがなかった。メルが10:sidalxに言及したことで序列と非序列の違いが生まれた。当時はほとんど非序列しかなかった。また、この期間では以下が使われた。

10:sidalx:fuu, you, vii, von, txon, an, zan, hen, lon, too

古アルカの数は序列なので非序列から排除。かといって数字は10で終わりではないため、有界に感じられない。そのため序列組み数字にもなれず、科学のみに使われることとなった。

8の月も一度非序列から消えそうになった。月相が互いに等価でないためである。しかし月相という数値で月を捉える必然性がないため、元に戻った。例えば月相の大きい28のinjeが満月の14のxanteより小さいとは思えない。逆に序列で月を使うかという考えもあるが、xanteがinjeより優れているとかaljが優れているとかいったことはない。アルバザード人はそれぞれの月を愛でるため、優劣の差はない。むろん満月が好まれるなどはあるものの。そういうわけで月の組み数字はママとなった。

非序列系はセレンらが制アルカの時代にまとめた。序列系は21に同人がまとめた。
彼らが新規に作った組みもあれば、既存の組みを用いたものもある。

rtでvanonが生まれ、alごろにliifaが生まれるが、組み数字に採用されたのは革命後。それまでは下記を使用。レインの時代でも老人は古いものを使うことがある。

5:hanivalmem:rendi, sara, gardi, plant, legolis:→hanival
6:takamem:alkat, savia, faber, kevea, adento, leiva:人類が到達した順に並んでいる。大きさが明らかに異なるのでalkatがadentoと同列には見えないなどの理由から非序列性を疑われ、vanonに取って代わられた。

ras
/ [名詞]回
[格詞]〜回。回数を表わす。
[レベル]2
13:制:恣意
[語法]
動詞の行われる回数を表わす。回数が数えられない動詞には付かない。意外と多くの動詞が数えられる。siinaも数えられる。rasを単位として名詞にすればrasでなくduを使って回数を表わせる。
【用例】
im tu ras, 今回は、
kon 1 ras いちどに、一度に、一回で、一気に、まとめて
an akt siia la ras vi. 彼とは三回会ったことがある。
tu et lant olta an in tu ras di. 何度見ても美しい。

rask
/ [名詞][副詞][文頭純詞](視点時間から見てそれより過去の事柄に対して)かつて、一度
[名詞][副詞][文頭純詞](視点時間から見てそれと同じ時間の事柄に対して)一度、一旦、いったん、ひとたび、ひとたび、ひとまず、いっぺん、一回、一遍
[レベル]2
14:制:ras ko
【用例】
an akt siia la raskel. 彼とはかつて会ったことがある。

rast
/ [言語]名字、苗字、姓
[レベル]2
19:ra/est
[文化]
est

rau
/ [形容詞]〜氏、〜さん。名字に使う。名前には使わない。
[レベル]2
13:制:ra
[語法]
→apt, est
×名
○姓
○前置
×後置
○男女

rava
/ [組み数字]15/28
[交通]ラヴァ通り
[レベル]2
22

rava varsiila
/ [人名]ラヴァ=ヴァルシーラ
[組み数字]15/28
[レベル]2
古:語源不詳。varsiilaはソーンで「準ルシーラ」の意味。
[文化]
(2→)第4期4代ソーン第1使徒。男性。yuul。182cm、68kg。髪は銀髪に染めているが自毛は黒。肩より短く、直毛。漆黒の瞳。肌は白:黄=9:1。

・『ミールの書』より

 ラヴァの声は穏やかで丁寧でかつ繊細なものだが、感情があまり感じられなかった。だが、軟弱そうな感じは見うけられず、むしろ1音1音に重みを感じる。
 ミールは頬を赤らめた。首を傾げながら無礼にならない程度にラヴァを見つめ、観察する。彼は夏だというのに黒いローブを着ていた。但し、暑苦しい感じはなく、むしろ涼し気に見える。
 彼の髪は短く、薄く透通るような色をしていた。瞳は対照的に漆黒である。顔は繊細で、或いはピネナのように女性に見えなくもなかった。総じて彼は綺麗な顔立ちをしていた。肌はかなり白く、殆ど白人に近いが、やはりどこか混血のような風貌がある。年はクミールと同じくらいであろう。背丈は高く、180cmはあると思われる。

rave
/ [副詞]もう一度、(否定文で)もう〜ない、もう、二度とない、もうしない
[形容詞]再びの
[名詞]もう一度、もういちど
[音楽]アンコール
[感動詞]もう一度、もう一回、アンコール
[類義語]me
[レベル]2
20:ras/vein。ravenだとavenと誤解するため。副詞形をravelにするため21夏にravel→raveに。
[語法]
→me
形容詞用法もあるので副詞のときはravelになる。
肯定文ではmeと大差ない。meのほうが口調が軽く、ravelのほうがmeよりは持って回った印象がある。しかし比較を外すとravelそのものは格式ばっていない。ravelはras veinからなので、回数を数えられる動作に使うことが多い。
否定文だと両者の意味が異なるようになる。en meは「また〜しない」であり、en ravelは「もう〜しない」の意味になる。
【用例】
la lunak ravel. 彼はまた来た。
tu esn em elf kea ravel. この傘はもう直らない。

reb
/ [植物]葡萄、ブドウ
[レベル]2
lakta
[文化]
食用よりもワインの材料として身近。なお、ふつうブドウの色は紫。マスカットは緑。

rebane
/ [料理]ぶどうジュース、ブドウジュース、グレープジュース
[レベル]2
22
【用例】
tu rebane et atx! このぶどうジュースはおいしい!

ref
/ [動詞]yulを沈静する、鎮静する、落ち着ける、穏やかにする、気を落ち着ける、気を静める、冷める、醒める、宥める、沈める、整理する、整然とさせる、片付ける、整頓する、整える、まとめる、髪などをセットする、怒りを鎮める
[普通動名詞]沈静、鎮静、整理、片付け、セット
[形容詞]マイルドな、カーム、大人しい、おとなしい、落ち着いた
[反意語]ruuf
[レベル]2
13:制:rof:古:ruufai(熱血)
【用例】
rsiil solsat an refem lep. 両親は私に荷物をまとめさせた。
[メタファー]ref yun ryuu リュウのように冷静な
an refat enzel nos man na jo tin. とても腹が立ったので、落ち着く努力をした。
refat na. 心を落ち着けた。
xi tu, refat mak ez e laal. その後、母の部屋の片付けの続きをした。
em ref! 早まるな!

reg
/ [動詞]yulをiから辞めさせる、辞める
[普通動名詞][再帰動名詞]退社、退学、退院、退籍、退職、卒業、移籍、脱退、在籍しなくなること
[反意語]lod
[レベル]2
@19:melidia alis

regalkant
/ [音楽]歴史歌、覚え歌、レガルカント
[レベル]2
20
[文化]
アルナ学校の生徒がセルメルの時代に試験を通過するために開発した歌のジャンルで、主に歴史などをテーマにして歌詞の中に歴史の流れを盛り込んだもの。歴史の流れをそのまま歌詞にして歌うことで、記憶に残りやすい。有志の協力で様々な歴史の歌が作られた。フレマーユ校ができてからはフレマーユ生によってさらに研鑽され、現在でもフレマーユ生によって新しいものが作られている。
歴史以外がテーマになることもある。数学など。
もともと歌魔法を原点としており、その過程でレガルが発生することから、このように呼ばれた。現在は単なる受験用の歌なので、レガルは発生しない。

reian
/ [rente][感動詞]さみしいの、一人にしないで
[rente][形容詞]寂しい
[レベル]2
古:reia参照。こちらは感動詞で、より原型に近い。nonなどではなくreやanを使っているのは、この時点での古アルカにおけるメルの口調がそうだったため。
【用例】
tu et kloa e soa mirok reian, これはそんな寂しい神さまのおはなし。

reim
/ [魔法]幽霊、お化け、ゴースト、アンデッド、心霊、霊
[レベル]2


rein
/ [名詞]線、ライン
[交通]電車の線(主に複合語で使われ、南北線などの線と、急行準急などの種類のどちらも指す)
[数学]辺、線分、線:ふだんは区別しない。
[法律]条、条文
[名詞]条件、言葉、〜個、漠然とひとつらなりになっているもの
[レベル]2
19:恣意
bobo:bobo
【用例】
axt rein ekn ixm ノート(の端)に沿って線を引く。ノートを定規がわりにという状況。

reineel
/ [名詞]へのへのもへじ
[レベル]2
19:ridia:arbaxelt
[語法]
線で描いた簡単な人間の顔。目、鼻、口、輪郭で構成。耳、眉、歯、髪はオプション。

reite
/ [名詞]00歳代の女、一桁の女
[反意語]alreite
[レベル]2
rd:mel;greivli/te「グレイブリーのような」
23:mel

reitel
/ [名詞]00歳代の男女、一桁の男女
[レベル]2
rd:mel;/
23:mel

reiyu
/ [名詞]乙女、少女、女子
[反意語]lanko
[類音]leiyu、reyu
[レベル]2
20:reyu
[語法]
lazとmanaの総称。
【用例】
"ermes e reiyu t'ariadne, re dist, frei!" 「アリアドネー戦乙女騎士団 捧げー 刀」(ネギま)

reiz
/ [動詞]yulを迷わせる、迷う、道に迷う、迷子になる、はぐれる、逸れる、詰まる、つまる、ゲームなどに詰まる
[形容詞]途方にくれた、何をすればいいのか分からない、迷子な、迷った、電話が通じない、はぐれた
[数学]極限において振動した状態
[レベル]2
19:melidia alis:reia/制lizb(道に迷う)
【用例】
☆an at reiz on ku ax to. 何と言っていいか分からず途方に暮れた。

reizyuli
/ [名詞]迷子
[レベル]2
19

rek
/ [動詞]yulを失敗する、失敗する、しくじる、しそこなう
[普通動名詞]失敗、ミス
[副詞](rekanelで)しくじって〜する、間違って〜する。成功させようと頑張って失敗することを指す。うっかりやったという意味はない。
[娯楽]ミス、アウト、失敗、死亡、一機死亡
[テニス]フォルト
[野球]アウト
[反意語]rakl
[レベル]2
13:制
【用例】
tu et rek aven lot les an arat. それは私がしてきた中で最悪の失敗だった。
ans rekik ano tur tisee! われわれは本作戦に失敗いたしました!
fin an aspat enzel lana fonl vand e retl, an tilat vix on flel rekanel sin. 敵の攻撃を何とか躱そうと屈んだが、しくじって肩に傷を負ってしまった。

rekin
/ [動詞]yulを見逃す、見逃す
[類義語]ven
[レベル]2
21
[語法]
venは気づかずに見逃すこと。rekinはサッカーを見ながら洗い物などしていてちょうどシュートの瞬間を見逃すこと。

rekl
/ [植物]グレープフルーツ
[レベル]2
13:制:rebkliik(実がブドウのように房状につくミカン)

rekter
/ [動詞]yulを聞き洩らす、聞き洩らす、聞き漏らす、聞き洩れる、聞き漏れる、聞きもれ、聞き漏らし
[レベル]2
19:ridia:arbaxelt

relezona
/ [組み数字]18/28
[交通]レレゾナ通り
[レベル]2
22

relezona valza
/ [人名]レレゾナ=ヴァルザ
[組み数字]18/28
[レベル]2
古:語源不詳。rerezonaではなくrelezonaだと指摘された。valzaは「あの杖」。
[文化]
(2→)第4期4代ソーン第4使徒。女性。mayu。164cm、56kg。アルマスト派。茶色のショートカットに茶色の瞳。肌は白:黄=6:4。

・『ミールの書』より

魔女のような格好をしている女性が1人の男性に大声で文句を言っている。只、魔女の服といっても流石に夏なので薄着をしているようだ。手には物凄く長い杖のような金属性の棒を持っている。あまりに長いので斜めにしておかないと平気で天井についてしまいそうだ。
レレゾナはショートカットの髪形をしている。顔はやや幼げで可愛らしく見えるが、年齢自体はクミールと同じくらいだろう。髪型の割りにボーイッシュといった感じは見うけられず、むしろ少女っぽいあどけない顔をしている。ただ、その顔つきとは裏腹に彼女の声は大きくよく通る声であり、またとにかく早くよく喋るので聞いているミールはすぐに疲れてしまった。

ren(2)
/ [魔法]魔石、魔石類、アクセサリー、タリスマン、アミュレット
[地学]宝石ないし希少価値のある鉱物、宝石、鉱石
[レベル]2
meltia 10:ludo;e
16:ridia:宝石好きのリディアが作った単語で、ortoなどと重複するはずだが、horortoなどの言い方を追い出して18年現在はこちらの方が造語力があるようだ。接尾辞として使われる傾向が強く、宝石だけでなくアクセサリー全般をさせるようだ。しばしばヴィルなどのヴィードが宿っていると考えられているのがこのren。

ren(3)
/ [接尾辞][言語]言語を示す接尾辞、〜語
[類義語]lei
[レベル]2
20:rens
[語法][文化]
lei

rente
/ [名詞]レンテ
[レベル]2
20:ren/te
[文化]
freint

reps
/ [再帰動名詞]ウインク、ウィンク
[動詞]yulにa(ウィンクを送る相手)にウインクさせる、ウインクする
[レベル]2
13:制:repapa(まばたきの合図)
[文化]
何か特別な意図があって、しかし声は出せないというときに「今言った言葉には裏があります。察してください」と伝えるときに使う。道すがら異性に行うという習慣はない。また、状況次第では特に意味なく相手をからかうのにも使える。

retan
/ [名詞]依頼者、依頼人、クライアント、発注元、受注先
[レベル]2
rd;/
24

rets
/ [感動詞]よろしく、頼むよ、頼む、たのむ、お願い、おねがい、よろ、お願いします
[レベル]2
rd;ret/so「することを頼む」
23:23までは依頼文の最後に",ret"をつけて「よろしく」という意味を表していた。特にそれで困ることがなかったが、メールなどで「上記の件についてよろしく」とまとめて依頼する場合に使う表現がないと困るということで作られた。
[語法]
人に行為をしてもらうときに言う言葉。人に行為を任せるときの言葉。
【用例】
rets on le fas.
alkyunk.
あの件よろしく。
任せて。

retx
/ [動詞]yul(場所)で溺れる、溺れる、おぼれる
[反意語]loks
[レベル]2
@19
【用例】
an retxat sat. もう少しでおぼれるところだった。

rexir
/ [名詞]答え、解答
[類義語]ixn
[反意語]knoos
[レベル]2
20:rens/ixirius(言葉を返す)
[語法]
問題に対する答えがrexir。質問に対する返事がixn。
【用例】
fit rexir a la 彼に答えを返す

rib
/ [動物]蚊、モスキート
[メタファー]盗人
[メタファー][動詞]yulをこっそりと盗る、盗む
[魔法]リブ(ドレイン)。害の中位黒魔法。敵のユノを吸い取る。
[レベル]2
lakta:riは血で、bは羽音だろう。
【用例】
an mokat vil ranel mil rib. 蚊のせいでよく眠れなかった。
rib at lav tinka ento an mok vil. 蚊がうるさすぎて眠れなかった。
an mokat vil mil rib. 蚊のせいで眠れなかった。
ko rib kernator onkel fo bub bub. 蚊が一匹ずっと飛び回っていた。
an arat pam lana sak rib. 電気を付けて蚊を探した。
an koltat mokt fin sak vil rib. 蚊を見つけられずにベッドに戻った。
an sipat yu rib on eri. 蚊に食われた。蚊に血を吸われた。

ridia
/ [組み数字]1/28
[交通]リディア通り
[名詞]リディア組。アルナ大のクラス。
[レベル]2
22

rig
/ [動詞]yulを壊す、壊す、破壊する、解体する
[普通動名詞]破壊、解体
[政治]解散する
[反意語]lad
[レベル]2
@19
dzul:dzul
[語法]
alladと区別。
【用例】
rig omi ドアを破る

riidya
/ [人名]リーデャ。リディアの異名
[レベル]2
古:本来のリディアの名の発音。riidyaもridiaも平行して使われていた。特に強弱アクセントで古アルカが語られる場合はriidyaとなる傾向が強く、高低アクセントではその逆の現象が見られた。従って高低アクセントになった制アルカではridiaを正式とする。また、本人もこれについて了承している。

rik
/ [動詞]yulをiからaに出す、出す、出る
[名詞]出口
[名詞]結
[普通動名詞]出力
[反意語]lat
[レベル]2
@19
luta:luta
【用例】
an rikat i mokt vadel yun left. 急いでベッドから飛び出した。

rio
/ [名詞]石鹸、シャボン、ソープ、ボディソープ
[レベル]2
13:制:lakta:riho「綺麗にする塊」

rip
/ [動詞]yulをiから借りる、借りる
[類義語]stit
[反意語]laf
[レベル]2
@19
【用例】
an ripat molt e saezon. スキー道具を借りた。
tio, noel rip fan tu a vort dac. 死ぬまで借りるだけだぜ(霧雨魔理沙)

rob
/ [名詞]蓋、キャップ
[動詞]yulに蓋をする、蓋をする、蓋をかぶせる
[レベル]2
f;e
古:rob(かぶる)
rob:rob
【用例】
ev rob a vael 瓶に蓋をする

rok
/ [動詞]yulを押す、押す、圧する、圧迫する
[普通動名詞]圧迫、プレッシャー
[反意語]let
[レベル]2
@19
alketa:alketa
【成句】
rok saegek ka tood 坂道で雪だまを押す:流れに掉さす
rok rens a 〜に口を出す、口出す、口出しする
【用例】
rok omi 扉を押す
☆an rokat xaki a tifa. 私は卵が半分になるまで押した。

rom
/ [形容詞][副詞]突然、急に、不意に、ふいに、いきなり、ふと、とっさに、咄嗟に、急進的な、突拍子もない
[文頭純詞]ふいに、ふと、突如、突然、唐突に、とうとつに、脈絡もなく
[医療]急性
[音楽]プレスト
[反意語]frel
[レベル]2
13:制:古:meruumi(時間がない)
【用例】
la lunat romel. 彼は急に来た。

rop
/ [生物]まぶた、瞼、目蓋
[動詞]yulに瞬きさせる、瞬く、またたく、まばたく
[再帰動名詞]まばたき、瞬き→ropastel
[レベル]2
13:制:rob
【用例】
rop es dad. まぶたが重い=眠い:日英と同様の表現。

ropast
/ [再帰動名詞]まばたき、瞬き←rop
[レベル]2
20

rot
/ [格詞]〜のほうから
[動詞]yulをiからそむける、そむける、背ける、背く、離す、離れる、遠のく
[類義語]it
[反意語]kor
[レベル]2
19:恣意
【用例】
faxat miva rot xos 背中から娘を抱きしめた

rov
/ [形容詞]軸に近い
[格詞]〜の内側に
[反意語]eil
[名詞]道路の中央、内側、ナイソク、内方
[レベル]2
16:制:恣意
[語法]
ある中心軸となる一次元体から見てある物が近いことを指す。空間的な意味に使う。内側と訳すことが多い。rovはたとえば体の正中線から近い部分を指したりするのに使う。軸から見て軸に近いほうがrovである。軸が短くなって点になっても良い。そうするとある点から見てある物が近いとrovになる。
【用例】
sabes salas rov arn コートの下にシャツを着ている

rsiil
/ [親族]親、両親
[反意語]yulian
[動詞]yulを経営する、経営する、運営する、営業する
[レベル]2
古に「rsiila=liiza=みんなの親」という考えがあり、省略形のrsiilで親身分を指したことから。
【成句】
el si rsiil im lu es raz. 孝行のしたい時分に親はなし

rsiila
/ [名詞]ルシーラ、司徒、マスター、支配人、支配者、覇士、はくし、司月、しづく、月司、月読、つくよみ、ツクヨミ、リーダー、良い支配者。使徒を点呼する立場にあるため、月読とも称す。
[名詞]司徒(しと)。ljのミロク革命の最高指導者を表す言葉。
[名詞]司徒。rdの英雄アシェットのリーダー。
[名詞]先生
[音楽]バンマス、バンドリーダー、日本でいうバンドマスター
[軍事]キャプテン、隊長、司令官
[名詞]チーフ、集団の長、委員長
[名詞]大学院博士課程
[名詞]院長
[名詞]管理人、管理者
[電算]管理人、サイトマスター。掲示板やHPなどの。
[シェルト]チェック、ルシーラチェック
[経済]経営者
[動詞]yulを司る、司る、つかさどる、思い通りに操る、良く支配する、yulはsolの天下だ
[形容詞]〜様、〜先生、〜社長
[反意語]hacma
[レベル]2
fv;e

[語法]
→apt, est
○名(後置)
○姓(前置)
○男女
○単体使用/名詞用法

呼称のひとつ。前置。xanxaやdyussouより敬度が高く、対象もほぼすべてに広がる。政治家なども含む。統率者や経営者や地位の高い人物に用いる。
【成句】
i rsiila ilsel ルシーラから直接:上意下達

rul
/ [形容詞]本当の
[反意語]fie
[レベル]2
19:赤:ruli
ruli:ruli:lu milko
[語法]
主観的な真偽が本当と嘘で、rulとfie。客観的な真偽がまことと偽りで、xanとenx。
【用例】
tu et rul e, en fie deel. 本当よ、嘘じゃないわ。

ruuf
/ [名詞]興奮
[形容詞]興奮した、乱れた。他refの反対となる語義多数。
[動詞]yulを興奮させる、興奮する、熱くさせる、乱れる、乱れさせる、乱す、(場所などを)荒らす、覚醒させる、覚せいさせる
[魔法]ルーフ(バーサク)。害の中位白魔法。味方の攻撃力をあげる代わりに理性が吹き飛ぶ。
[反意語]ref
[レベル]2
szd
19:赤:cuufai
ruufai:ruufai:ruuf
【成句】
em ruuf{faan} a 夢中になる、熱中する、はまる、ハマる
em{lut} ruuf mil veld 酒癖が悪い
【用例】
an hinot ruuf en merel. 私は興奮を抑えきれなかった。
an nat ruuf man na txu rak. あまりに恥ずかしくて気が動転した。
an nat ruuf mil hit. 私は慌ててあたふたした。

ruuj
/ [組み数字]13/28
[交通]ルージュ通り
[名詞]ルージュ組。アルナ大のクラス。
[レベル]2
22

ruuj bees midiit
/ [人名]ルージュ=ベース=ミディート
[組み数字]13/28
[レベル]2
古:ruujは語源不詳。beesは古で「最後」の意。ルージュがアルシェの使徒であることからオヴィが付けた。ミディートは『カコ』で小説アンクノットに記載。
[文化]
(tif 3→)第4期4代アルシェ第13使徒。男性。arden/alben。174cm、70kg。髪は金色で短く、直毛でツンツンでしている。ヘーゼルの瞳。肌は白:黄=9:1。

ryuu
/ [組み数字]6/28
[交通]リュウ通り
[名詞]リュウ組。アルナ大のクラス。
[レベル]2
22

ryuu olisia fin tikno hyuuto
/ [人名]リュウ=オリシア=フィン=ティクノ=ヒュート
[組み数字]6/28
[レベル]2
古:リュウ、オリシア、フィンは自分で名乗っていたので語源不詳。リュウという名の本名は多くの使徒が発音できなかったので、セレンが「リュウ」というマージ名を付けた。が、これは受けず、有声そり舌摩擦音が歯茎接近音に変化したりした。その結果、リューウェという感じになったが、最終的にはセレンの提案した形に収まった。また、ティクノは6年にセレンが冠した名で「龍」の意味。ヒュートは『カコ』。
[文化]
(tif 8 ruj lis→)第4期4代アルシェ第6使徒。男性。yuul。175cm、62kg。髪は黒色で肩より少し短く、直毛。黒の瞳。肌は白:黄=6:4。白衣を着ている。白衣の下には刀を差している。

・『ミールの書』より

 恐る恐る振りかえると、デスクに座ってキーボードに手を置いている青年がミールの方に顔だけ見せている姿が見えた。ミールは驚きながらも振り向きあった妙な姿勢が2人の出会いだということに奇妙さを感じていた。
「あ、いえ。私こそ勝手に入ってしまってごめんなさい」
 お辞儀をする。青年は椅子を回してこちら向きの姿勢になった。肩まで伸びた髪が向き直った時に風に揺れて美しい印象をミールに与える。それでミールは思わずその青年の顔に見入ってしまった。
 青年は鋭い目つきをしていて、一目で頭の切れる男だと思わせた。だが、表情は非常にジェントルなのでセレンやラヴァとは違うタイプに見えた。セレンもラヴァもこの男も目つきが鋭い事は共通するが、この男のものは特別優しく見えた。
 声と同じく彼の顔つきはやや中性的であり、綺麗であった。
 男の服装は白衣だ。綺麗な白衣で汚れや染みが見当たらない。その下には普段着を着ているようだ。
 優しそうで綺麗で清潔なこの男をミールは一目で気に入った。
「入ってこられたのは一向に構いませんが、何か御用でしょうか」
 優しい口調で男は喋りかけてくる。年はセレンと同じくらいだと思われるが、この男の方が大人びて見える。
【成句】
ryuu anx paal lex paal san xi mals as 結婚してもリュウはパールをさん付けする:親しき仲にも礼儀あり
ryuu fanzel xal asex 残酷なリュウは笑顔を絶やさず:能ある鷹は爪を隠す

saal
/ [サール]サール
[音楽]裏拍
[名詞]下巻
[組み数字]2/2、後者
[レベル]2
selt 0:elt;e

[文化]
→selt
この世の均衡を保っていた最初の神の一人。エルトの妻となるが、夫を騙して娘ユーマを設けたために捨てられてしまい、悲しんで大穴に身を投げて死んだ。
サールは黄色い肌に東洋系の薄い顔をしていた。黒髪黒目で体は細く、寸胴の幼児体系。

saaldio
/ [生物]大人の歯、永久歯
[レベル]2
19:2番目の歯

saalsel
/ [ユマナ]日曜日
[レベル]2
19

saam
/ [名詞]午後
[形容詞]午後の
[反意語]eram
[レベル]2
19:melidia alis:saalfaaram(サール神の正午)。このサールは組み数字。
【用例】
an aktat hacn im saam e fis lana kui harx ok lu. 私は今日の午後に昼食を一緒に取るため友達と会った。
an mokat var saam. 午後はずっと寝ていた。
vaz saam 午後8時
ev lei le non iskor, yan rens "tyu lunak it am?" kokko asex kont lobes ins enat. non rakm soa poen e saam im ilsel. 読みかけの本を置き「何処から来たんだい」と笑う目隠ししたままの午後三時です(『想像フォレスト』)

saar
/ [サール]サールの一族、黒幻神
[生物]サール属、黒幻神属
[形容詞]サールの〜。敬称。
[レベル]2
fv;saal.k
17:制:古
saar:saar:la alies→alies,szd
[語法]
→apt, est
○名(前置)
×姓
○男女
○単体使用/名詞用法
[文化]
『幻想話集アティーリ』でエルトと対立する神。

saaz
/ [名詞]40代女性
[反意語]alsaaz
[レベル]2
古:zana:「50才ぐらいの女性」

saazal
/ [生物]40代
[レベル]2
rd;saaz/al
23

saaze
/ [気象]吹雪、ふぶき、ブリザード
[魔法]サーゼ(ブリザド)。水の多段黒魔法。吹雪で敵を攻撃する。
[レベル]2
20:sae/teeze

sadis
/ [料理]駄菓子、サディス
[類義語]xia
[レベル]2
rd;sa/adis「死刑の前に」。死刑が広場で行われる際、お祭り状態で菓子店などの出店が出た。そこで売られる子供向けの小さな安いお菓子をサディスと呼んだことから。
23

sadisate
/ [名詞]駄菓子屋
[レベル]2
rd;/
23

sae
/ [気象]雪
[動詞]yulに雪が降る、降雪する
[象徴]正直
[メタファー]繊細で心の綺麗な人。地上すなわち人間界に触れると汚れて泥水になってしまうことから。
[レベル]2
f;sa/e「絹の水、粉の氷」
13:制:古:saeeho(粉の氷)
sae:sae:la eva:honoka,alt
[語法]
色は白か銀で形容。
【用例】
an axo lax tant ra ol sae. 雪が降ったら家の外で遊びたい。
sae sil dot tex jentporklak. 天気予報によると大雪になるらしい。
saer. 雪が降っている。
saet. 雪が降った。
sae kai lunat. ぼたん雪が降った。
vaik e sae ator milm. 雪片が舞っていた。
sae le til esk lunat. 雨混じりの雪が降った。
im toxel, saet ati kal. 夕べ雪が少し降った。
saet kalol im tu salt nod skol. 今年はいつもより雪が少なかった。
an lukat vit esn mol sae. 傘も差さずに雪の中を歩いた。
an siina luk mol sae. 雪の中を歩くのが好きだ。
sae at hant a flel ont osn ant. 雪が私の肩や頭に積もった。
saet ati di tinka. 雪がとてもたくさん降った。大雪が降った。
saet var soot. 雪が一週間降った。
saet du 1 melfi. 雪が1メルフィ積もった。
font at lob kon sae ilmel. 一面の銀世界だった。
☆saet alkal im tu salt lot tuus 10 salt ter. 今年は10年ぶりの大雪だったそうだ。
felka ik deyu mil sae tin ter. 大雪で学校が休みになったそうだ。
ans sedat fal sae lana ke sen em font. 雪かきをして道を通れるようにしなくてはならなかった。
an evat sae a hacn pilpel. ふざけて友達に雪をかけた。
an evat sae apot sab e hacn. 友達の服に雪を入れた。

saegek
/ [名詞]雪玉
[レベル]2
19
【用例】
an ladat saegek kai vein nod hacn. 友達より大きな雪玉を作った。
ans pipat saegek a xok. 私たちは雪玉を投げ合った。
hacn daktat pip saegek al an. 友達は私に雪玉を当てた。
an evat saegek lis a kai. 小さい雪玉を大きいのに乗せた。

saelent
/ [名詞]雪だるま、ゆきだるま
[レベル]2
16:制
[文化]
構造上、人型を作るのは難しいため、形は日本と同じ。ただ、鼻にニンジンを使ったり、目にボタンなどを使う点が異なる。
【用例】
ans jalat nosse lad saelent kai. 私たちは大きな雪だるまを作ることにした。
ans ladat 2 saelent ka felka. 学校で雪だるまを二個作った。
non ladat lan saelent ank. 可愛い雪だるまを作りたかった。
an evat zepl lex dapini a saelent sas lam lana lad eel. 雪だるまの顔を作るために最初は木の枝で眉毛を作った。
an ladat ins,toa,kuo e saelent. 雪だるまの目と鼻と口を作った。
☆non milx saelent en em esi, xal soa. 雪だるまが溶けないでそのままだったらいいのに。

saevalt
/ [動詞]かまくら、鎌倉
[レベル]2
21:「雪の砦」
[文化]
→saevaltsel
日本と同じく、雪で鎌倉を作ったもの。ただし日本の物より大きい傾向にある。
中に雪で作ったテーブルなどを設けることも。

saevas
/ [娯楽]雪合戦
[レベル]2
19
[文化]
ふつうにアルバザードでも行う。チームに分かれて戦う。直撃したら負け抜け。
【用例】
ans arat saevas. 雪合戦をした。
an ladat saegek ok hacn lana saevas. 雪合戦をするために友達と雪玉を作った。

sai
/ [電算]パソコン
[レベル]2
15:制
【用例】
an en ser ak el yol sai. コンピュータの使い方が分からない:elをnosにしても良いが、コンピュータの使い方はだいたい誰にも共通なのでelが自然。nosだと自分流のやりかたが見つからないニュアンス。

saim
/ [名詞]学校などのクラス、組
[電算]キー、ハッシュのキー→felka
[レベル]2
14:制:初semaim(集団)。semaimは水の花で、紫陽花の意。紫陽花が集団で咲くことからの類推だろう。
[語法]
kofel

saimez
/ [名詞]教室
[レベル]2
14:制:クラスの部屋
[語法]
felezの下位概念。クラスとして使われる教室。実習室や音楽室など、クラスの教室として使われないものは含まない。部室などと同位概念。

sak
/ [動詞]yulを見つける、見つける、見付ける、発見する、発掘する
[普通動名詞]発見、発掘
[反意語]xit
[レベル]2
14←古:sorn:saitから。尚、赤ではihoxa「存在を確かめる」
【成句】
el sak sen xan sov far o vel. 光と闇が融け合う処に、真実がある
(rens 722) 極端なものに真実はないという中庸の精神。
el sak sen raten xan lot en siinen. 本当にいいものは一般受けするものの中にはない(seren arbazard)
【用例】
luus il sak vil kalte l'et daz a luus. 世界中のどこにも自分の居場所を見付けることができない。


sakl
/ [被服]ベルト、帯
[名詞]帯→lei
[類義語]kahimi
[レベル]2
13:制:sabkool(服に関する巻くもの)
【用例】
sab sakl ベルトを締める

sakn
/ [料理]しゃもじ、杓文字
[名詞]仕置き棒、尻叩き棒:悪い子供などの尻を罰として叩くときに使う平べったいしゃもじ状のもの。ふつう木製。
[レベル]2
13:制:sakhokn(くぼみがなくて平らなスプーン)
【用例】
taf past kon sakn 米をしゃもじでよそう、よそる

sal
/ [名詞]長、リーダー、トップ、代表、会長、家長、議長、主任、院長、首長、長官
[経済]店長、店主
[娯楽]ゲームの親、ディーラー
[建築]棟梁
[類義語]eelet
[レベル]2
tm;rsiila.k
中期制アルカ
sal:sal:

salas
/ [被服]シャツ、ブラウス、肌着、ワイシャツ、Yシャツ
[類義語]saren
[レベル]2
fv;saはsabeから。
21:eketone salas:salas
[文化]
fvのころは前開きの上着で、腰の下まで長さがあって股間を隠せた。
smでボタン、襟、袖口が付けられるようになった。
【用例】
an sabat salas,loos,posa,yolo. ワイシャツ、ベスト、ネクタイ、ズボンを身につけた。
an lat looz e salas a yolo aluutel. シャツを着る際は必ずズボンに入れて着る。

salt
/ [名詞]年、一年
[類義語]tolis
[レベル]2
tm;「神の逢瀬」が原義。saalとeltの混成。彼らが一年に一回セルヴァートで逢瀬をしたことから。
19
salt:salt:la tolis(lu tolisの反対)
[語法]
tolis
【用例】
tu salt 今年
an felat nagili fol 1 salt. 私は凪霧を一年間学んだ。
*an et salt 27. → an til 27 tolis. = an et tolis 27. 私は27歳です。

saluumel
/ [歳時記]ルーメルイブ、サルーメル
[レベル]2
21

saluvia
/ [歳時記]ルヴィアイブ、サルヴィア
[レベル]2
21

sama
/ [被服]ポケット
[レベル]2
15:制:sabmaxから
【成句】
te ev las apot sama ka ate 店ではポケットに手を入れるな:李下に冠を整さず
【用例】
ar{is} sama ボタンをかける{はずす}
an si ko solt tis on sama. ポケットには1ソルトも入っていない。
non arat sama e misp mil teeze et sort. 風が冷たかったので、カーディガンのボタンをかけた。

saman
/ [親族]どら息子
[レベル]2
19:ridia:sam/an(若い頃の俺)

sami
/ [形容詞]不運な、運が悪い、運がない、運の悪い、不幸せな、不遇な、不幸な、数奇な、不遇な
[反意語]xina
[レベル]2
@19
【用例】
an at sami im fis. 今日はついてなかった。

sams
/ [被服]ボタン
[レベル]2
zg;↓
13:制:古:sabemyuxa(服の穴)。元はボタン穴を指した。
[文化]
zgで神が作ったものをレスティル人が輸入したのが始め。当時は高価で貝や金属を使っていた。
sm後期でようやく一部の裕福な庶民にも行き渡るようになった。nd以降は大量生産され安くなった。

ボタンは下から外す。上からでは襟元がはだけて不恰好な上に時間がかかるため。両手で外すのは子供っぽいとされる。但し、外しやすいように片方の手をどこかに添えておくのは良い。かけるときは逆動作。
セルメルまでは男女とも服の合わせは右前で、ボタンは正面から見て右(自分から見て左)に来ていた。セルメルで魔導師の権威が弱まると、女は籠の鳥となって宮中や屋内に押し込められるようになった。それに伴い高貴な位の女性は戦闘に不向きな豪奢なドレスを纏うようになった。(カコまでは高貴な位はたいてい強力な魔導師なので、ルーキーテのように戦闘要員として比較的動きやすい服を着ていた)。
ドレスの背中にもボタンがあることと、着替えを召使が手伝ったことから、ボタンは左前となった。他人がボタンをかける場合、左右逆転したほうがやりやすいためである。これにより男女のボタンと服の合わせが逆転し、徐々に高貴でない女たちにも広がっていった。
文面でよくわからない場合、結果的に日本と同じ男女差だと考えればよい。
【用例】
ar sams ボタンをとめる

san(2)
/ [形容詞]〜さん。敬称。
[レベル]2
18:lina:下記
[語法]
→apt, est
○名(後置)
○姓(前置)
○男女

・概要

敬称のひとつ。単体では使えない。
他人に対してデフォルトで使う。適度に敬意を払う効果がある。日本語の「さん」と同じ。改まる場合や明らかな目上はdyussouのほうが良い。家族や恋人ほど親しくはない知人にも使う。

dyussouより親しくsouより疎遠。luaより親しくliizより疎遠。最もデフォルトな敬称。同等ないしやや目上に使う。明らかな目上や目下には使えないので、その点は「〜さん」との違いに注意。
女性は比較的同等にはsouとliizを使い、sanはやや目上だけに留める傾向がある。同等でも親密度が低いとsanになることがある。ただし男子に対しては親密度が低くても積極的にsouを使う傾向がある。

大人はある程度仲良くなっても呼び捨てでなくsanを使い続ける傾向にある。
また、yuulやpikkoやyunkなどは性格的な理由でsanを使い続ける傾向にある。
経緯は下記のとおりだが、大会議以前にリュウはこの語を知っていたそうで、対アルシェであっても対fulmiiaなどにはここしばらくsanを用いていたそうだ。

なお、無生物や動物にも使うことができる。日本語の「ねこさん」「おさらさん」のようなものだと思えばよい。

また、苗字に使うこともできるが、この場合は前置。それ以外は後置。詳しくはestを。

ネットユーザーの便宜を図ると、とりあえず最初はdyussouで入って、しばらくしたらsanに切り替えると良いように思える。
[文化]
<経緯>
恐らく母語の干渉が原因と思われるが、linaは二重母音ouをauと発音することがある。少なくとも12_14年にlinaがdyussouをdyussauと発音する癖が記憶されている。これ自体は現在でも続いている。
dyussouからsouができるのと同じくdyussauを省略してできたsauは最低でも16年ごろには確認されている。souの異形態として扱われた。
リナは比較的気弱な性格で、天然で慌てんぼうな点があることから若干ソーンの人々に幼く見られている。そのことを本人も自覚しているからか、eketoneとennaを除く仲間に対し呼び捨てをせずsauを付けた。また、liizは目下に使い、luaでは丁寧すぎるということで、同年には女子相手にもsauを使っている。
女子相手にも使ったことでsauは異形態でなく独立した語となった。sauは17年には指小辞を付けてsaunになった。頻度が高いこともあり、翌18年にはuが落ちてsanとなった。
dyussouとsouの間かつluaとliizの間というちょうど良いポジションがそれまでになかったこと、男女共用で使える敬称がdainしかなく、しかしdainは名に用いることができなかったこと。これら2点が後押しした結果、同年からリナ以外の人間もsanを使い始めた。
一方クミールは出会ってからずっとセレンのことを他人行儀にdyussou Seereと呼び続け、せいぜい制以降発音がseereになったくらいであったが、内輪ではここしばらくずっとseren sanと呼んでいたようで、21年(於2010年7月15日大会議)に初めて本人がセレンにseren sanと言ったことで本件が発覚した。
sanが日本語の「〜さん」と同じなため、セレンは始め日本語で話しかけられたのかと思ったが、そうではないことが分かった。クミールはメルを通じてすっかりセレンがこの語を知っているものだと思っており、当たり前すぎて幻日に当たらず、ゆえに幻日に存在しないことに気付いていなかった。結果3年間sanの存在は知られずにいたことになる。

アルカは比較的呼び捨てを励行する文化であったが、sanの登場はその文化に変化をもたらした。
呼び捨ては特別な間柄の人間や人間関係をすっぱ抜いた論理的な会話などにおいて現れるものとなった。後者はこれまでと同様である。
つまりアルカでは原則として親しい相手でなければ呼び捨てにすることができなくなった。これを設定したのはセレンであり、クミールは関与していない。
セレンは小説を書いていてたびたびキャラクターの人間関係がどの程度親密であるかの表現に苦心していた。dyussouというほどではないしsouでもないし呼び捨てもどうか。そんなときにsanが来て正直歓迎した。
特に恋愛において呼び捨ては重要だ。敬称から呼び捨てに変わる期間の初々しい感じがとても好きなのだが、あの昂揚をどのように表現したものかと悩んでいた。他人のデフォルトがsanになれば、それだけ呼び捨てがより特別なものとなる。「名前で呼んでいいのはあなただけ」という間柄を描くことができる。

その直後の1226にセレンは紫亞がket sanというのを聞き、動物にも使うことを確認。メルに聞いたら「無生物にも使いだしたね」と証言したため、無生物にも拡張。
【用例】
see tyu lo to on tu e'? seren san. それでこれについてはどう思いますか、セレンさん。
ket san, ket san, luna non e. ねこさん、ねこさん、こっちきて(luxia arbazard)

sank
/ [動詞]yulをaに寝かせる、寝かせる、寝る、横にする、横になる、寝転ぶ、横たわる、横たえる
[文字]オブリーク
[反意語]garnet
[レベル]2
19:snという子音連続がほかにないのでsnakから変えた:14:制:sania(前面で支える)制ではうつぶせ。
【用例】
an inat jan farf kont sankes ahal jen. 草の上に寝転がって晴れた空を見た。

sanl
/ [名詞]左右、横、真横
[数学]x軸←tesrein
[格詞]〜の横に
[レベル]2
19:sanklan(寝る人)
ie:ie:lu yel(中央がlaなので)
[レベル]2
[文化]
数学のx軸を横に描く発想から、通常sanlをx軸とする。右が正である。
y軸は同じ理由で前後を示し、前が正である。
z軸は上下で、これは直観に沿う。
地球の場合、前後がx軸で、上下はz軸だが、下が正となる。上を向く回転運動が正となるよう、z軸は下になっているそうである。
アルカの場合客観的に飛行体を見る。上に上昇するならばz軸は正と捉え、直観に従う。
【用例】
kil pie kor sanl きゅうりを真横に切る

santi
/ [名詞]定規
[レベル]2
21:ridia
sap
/ [名詞]空気、ガス、気体
[化学]気体
[気象]大気
[類義語]kumsap、zomlil
[レベル]2
13:制:古:sapli(空気)
sapli:sapli:sapli
【用例】
sap et fren{beti} 空気が澄んでいる{淀んでいる}
sap et dad 空気が重い→xalte
【用例】
xant fan il sap noan a tyu. わたしの酸素、全部あげる(リーム=ストリーム『TPぼん』)

sapi
/ [気象]空気、大気
[レベル]2
16:制:sap

sapm
/ [生物]肺、肺臓
[レベル]2
13:制:sapmai(空気の身体部位)

sar
/ [動詞]yulをaに戻す、戻す、戻る、退化、さかのぼる、遡る、撤退する、後退する
[普通動名詞]復帰、帰り、復元、元に戻ること、後退
[普通動名詞]巻き戻し、巻き戻しする
[音楽]ナチュラル
[言語]再帰
[反意語]pak
[レベル]2
14:制:恣意
【用例】
vaan sarat. 軍が撤退した。

sart
/ [名詞]神々、神、神様、かみさま
[生物]サルト、神科、幻神。エルト属とサール属の総称。
[類義語]selt、mirok、alies
fv;saar/ert
[レベル]2
19:ridia:arbaxelt
sart:sart:alies→alies,szd
[語法]
→apt, est
○名(前置)
×姓
○男女
○単体使用/名詞用法

エルトの一族とサールの一族を区別しない言い方。

sartsel
/ [ユマナ]休日、週末、土日
[レベル]2
20

sas
/ [名詞]順序、並び、配列、列、行列、順序、並び、配置、トランプのカードを回す順、滝の流れる方向、流れ、空気、シナリオの進み具合、雰囲気
[動詞]yulを適切な順序に並べる、yulに列を作らせる、yulの方向を正す、並べる、並ぶ
[形容詞]向きなどが本来の状態
[格詞]〜の順番で
[反意語]xix
[レベル]2
13:制:sis
【成句】
sas tu このまま、この流れで、順当に
sas lam 最初に。このsasは格詞とし。

sast
/ [名詞]順番、ターン、手番、出番
[シェルト]手、ターン
[野球]イニング
[レベル]2
14:制:sas
【用例】
tu et sas ant. 私の番だ。

sat
/ [普通動名詞]準備、用意
[法副詞]〜しそうだ。将然相の副詞。
[動詞]yulを準備する、準備する、用意する
[動詞]yul(機械)をセットする、セットする
[武道][動詞]yul(主に再帰)を構えさせる
[形容詞]準備ができている。通例es satのように継続相とともに使う。
[料理]下ごしらえ
[感動詞]ようい、よーい、ヨーイ、用意、はっけよい、はっけよーい、かまえ、構え、レディ
[レベル]2
19:satul(前のもの=前もってしておくものごと)
etta(法副詞):::satalu,alt
【成句】
tu es sat? tu et nei. もういいかい?まぁだだよ(まだだよ)
yol mel alka fiina sat 準備に最大の時間をかけよ:備えあれば患い無し

sat, ketta
/ [感動詞]よーいどん、よういどん、位置についてよーいどん、用意どん、レディゴー
[レベル]2
23

sati
/ [生物]裸、はだか、裸体、すっぽんぽん
[レベル]2
19:lein:悪魔サティから。サティが服を身に着けてないため

satii
/ [悪魔]サティ、サティー
[歳時記]風曜日。週の第3日目。
[音楽]ミ
[名詞]強風、風害
[組み数字]3/7
[レベル]2
meltia 0:satii;e
古:アルシェ形ソーン形共通でsatiないしsatii。風が吹き抜けるオノマトペsatに力を表すiが付いたもの
[文化]
ソームの3番目。ほんわかしてあどけない天然系の少女。風を操る。全裸。風を纏った裸の少女。動くたびに風が生まれる。自由奔放で無邪気。悪意のない悪魔。
【成句】
fai a(len) satii 焼け石に水

sax
/ [動詞]yulをくすぐる、くすぐる
[普通動名詞]くすぐり
[レベル]2
lakta

saxet
/ [形容詞]くすぐったい
[レベル]2
21:sax/te

sayoneko
/ [名詞]オンドル
[名詞]床暖房、床暖
[レベル]2
sm;「足温かい」
22
[文化]
アルティア人が発明し、smでルティアに普及し、vlでアルバザードにも普及した。
【成句】
lad sayoneko fiina noi 息子のためにオンドルを敷く:孟母三遷。ルティア人の親が息子の仕官のために家を暖めて勉強しやすい環境に整えたことから。

sayu
/ [被服]サユ
[レベル]2
古:sayu。sayuはsalyuから。salyuは祭壇のsalyuではなく、これと同音異字のsalyuで、意味はシャツ。
[文化]
アルティス教徒の女性服。シャツに似た服で、ラーサとルフィの合わせとして着られる。ラーサの下に着る。

sec
/ [名詞]写真
[動詞]yulの写真を撮る、撮る、撮影する、撮像する
[普通動名詞]撮影、写真撮影、撮像
[レベル]2
rt;sel.k「日々→日々を撮る」
16:制:古
[文化]
行楽の娯楽および芸術と認識されている。アンセにカメラとビデオがついているので、素人はアンセを使う。プロや愛好家になると専用のカメラを使うが、フィルムは資源の無駄なので高性能なデジカメを使う。人気がある被写体は美人か自然。よく撮れたものをHPで公開したりする。被写体には肖像権があるので、撮影や展示には許可が必要。
【用例】
ar sec = sec nene 写真を撮る、写す
an inat lax vadel sec le nos arat. 撮った写真を早く見たかった。
an sec ti im tur. an in tu ok ti im sil. an kamil ar deyom lana en tur tet sil. 君を撮るのは今。君と見るのは未来。僕は多分、今でなく未来のためにシャッターを切っている。

see
/ [感動詞]まぁまぁ
[感動詞]やれやれ、困ったもんだ、困ったものだ。自分及び相手、或いは状況に対して使う。
[レベル]2

loo:loo:pafet:tsuliso,alt
[語法]
相手をなだめる言葉。通常2回いう。

seer
/ [形容詞]静かな、黙っている、黙った
[名詞]静寂、沈黙
[動詞]yulを静まらせる、静まらせる、黙らせる、黙る
[魔法]セール(サイレス、マホトーン)。害の中位黒魔法。声を出なくさせ、呪文の詠唱を阻害する。呪文を唱えなくても魔法は発動する。
[類義語]novel
[反意語]lav
[レベル]2
rd;Seere.l
19:古:Seere
Seere:Seere:novel
【成句】
[メタファー]seer yun kmiir クミールのように静かな:上品というニュアンス
[メタファー]seer yun bal 壁のように静かな:おもしろみがないというニュアンス
【用例】
em seer 黙る
an na nau man ra em seer. 家の中が静かになるので嬉しい。

seerdems
/ [名詞]茫然自失
[レベル]2
22

seet
/ [名詞]中立
[レベル]2
19:seel/tel
【用例】
eniik xal seet. エニークは中立を維持している。

seinels
/ [エルト]神剣セイネルス
[名詞]1時
[名詞]北北東
[交通]セイネルス通り
[音楽]ド
[組み数字]1/12
[類義語]sei
[アクセント]sEinels
[レベル]2
meltia 4:seinels;e
古:ridia
[文化]
→seiverant
アルミヴァの1番目。エルトの右腕から生まれた。生きた神剣。剣士ヴァルファントの剣。剣なので、カルザスとは兄弟の間柄でない。

sej
/ [形容詞]不足な、不十分な、足りない
[形容詞]心がものたりない、物足りない、不満な
[反意語]tuval
[レベル]2
14:制:soj:sorn:sooj(余る)
loli:loli
【用例】
ans nat garv man kulala,eria,pita wen et sej. 食料、水、薬などの不足で苦しんだ。
an na sej im tegl em seer. ラジオから何の音もしなくなると物寂しくなる。
an serik vet t'eldfel et sej xalt{on} parmren. 日本語には言語学の用語が少ないと知った。

sek
/ [動詞]yulを無視する、無視する、シカトする
[普通動名詞]無視、シカト
[レベル]2
14:制:sok。対に見えないので解除。また、格組も使いやすく変更。
【用例】
tu de rat xel el sek alem t'ole. 人の気持ちを無視するのは良くない。

selal
/ [名詞]日付、ひづけ、日付け、デート、ひにち、日にち
[レベル]2
19:sel/al

selan
/ [名詞]人々、世の人、世の中の人、世間
[政治]民衆、大衆、衆人、衆愚、下々、人々、一般人、パンピー、一般大衆、公衆
[レベル]2
19
[語法]
→leimen
漠然と総称を指す場合に用いる。世の人などの意味。elよりも総称度が低い。

seles
/ [魔法]セレス、幻魄、魂、魂魄、霊魂、ソウル、スピリット
[レベル]2
f;e
milf:古
[文化]
→maltiia
・セレス

セレスはアテンの体内にあるもので、幻晄の一種である。魔法学的には幻晄の一種だが、ヴィードというと通常ユノ・ヴィル・ノア・アルマを指し、セレスを含まないことが多い。
訳語は幻魄ないし魂であり、アテンはこれがないと生きていけない。アルテやテームスもセレスを持っている。

セレスは天国トワーユの入り口にあるヴェーユという小滝の飛沫から生まれる。
生まれたセレスはアトラスに行ってアテンに入るが、肉体が死ぬとヴェーユへ帰る。誘燈がこれをアルデルへ運ぶ。
ヴェーユでは審判を受け、善なるセレスは天国へ行き、悪しきセレスは地獄へ行く。
善人の魂は丸い球で、悪人のほど歪んでいると言われている。

しかしljまでの学問であの世の存在については証明されておらず、内情も分かっていない。
天国と地獄の存在は偽りで、単に球体のセレスをトワーユへ、それ以外をラティスへ分類しているだけとも言われる。
真意のほどはルノらのみが知る。

・人魂

セレスはアテンの体内で安定し、外に出ると透晄に変化する。
変化の際に一時的に虚質量を持ち、紫外線を放つ。

死後は死神がセレスを回収するが、回収されないまま数日間放置されると鼻からセレスが抜ける。
このときも透晄になるが、透晄に変化する際の光の波長が長くなるため、紫がかった濃い青の光を放つようになる。これが人魂の正体である。

・死神の視覚

生きている間はセレスは息に乗って出る。鼻から吸った透晄はセレスとして補充される。
冬の間息が白いように、セレスも実は白い息のように出ている。
紫外線なので人間には見えないが、死神は人間より可視光線の幅が広く、紫の少し外側は見える。これは死神には魂色として知覚される。

息を見ればそこに含まれるセレスの多寡で、死神はその人の全体的なセレスの量を推し量ることができる。
ゆえに夢喰いはおいしそうな人間を見つけることができる。

・魂の座

セレスは脳、特に前頭葉の裏に多く存在している。
位置的にはちょうど額の裏で、ダルハとの関連が囁かれる。
ヴィードは平衡しようという性質があるが、それでも例えばノアは丹田に集まるなどといった集中しやすい箇所がある。セレスの場合は額の裏である。

もちろん平衡する性質があるので集中しやすい部分以外にも存在する。
セレスはエタンに触れると流出する。傷がない状態では漏れないが、傷を受けると微かに漏れる。
腕を切断するとそこそこ漏れるが、ほとんどは脳に存在するため、切られた腕にそれほどセレスは残らない。その上すぐさま透晄に変わってしまう。
従って魂の座は脳にあるといえよう。

・ヴィード死

→aveiyu

・セレスと死神

死神は相手のセレスをごっそり引き抜く力を有する。
まず相手をヴィード死状態にする。そこから肉体の死が訪れるまでにセレスを引き抜く。
われわれ人間にはイメージしづらいが、死神に言わせると「皿に出した卵を口でつるっと吸い込む」のを「口でなく手や鎌でやる感覚」に近いという。そう言われても人間には想像しがたい。

セレスは99%以上脳に存在し、球のように集まっている。
これを抜かれるとアテンの脳はショックにより活動が停止し、脳死に至る。
その様子は老衰に最も近く、突如老衰したかのような印象を与える。

・死神の憂鬱

死神の体には彼ら特有のセレスがあるが、他人のセレスを奪うとこれが彼らのセレスと混じることなく脳内に別途吸収される。
その際セレスが神経を刺激し、エンドルフィン等の脳内麻薬が大量に放出される。
痛覚麻痺と高揚により戦闘力が向上し、多幸感に溢れるようになる。
人間の脳と異なり、この状態が長く続く。強烈な快感は数分で消えるものの、心地よい快感がその後数日から数カ月続く。その期間の長さはセレスの多寡による。

しかしその期間が終わると急激な離脱症状に苛まれ、ふたたび人を襲うようになる。
禁断症状の主訴は暴力性の亢進で、次点は性欲の亢進である。麻薬より離脱症状が長く続く。ただし徐々に低減はする。
性欲の亢進は死神の増加を示唆する。これは種の保存の合理性によるもので、人間の雄も極限状態や空腹状態では性欲が亢進する。なお死神は子育てをしないため、雌の死神も性欲が亢進する。
そういう意味で死神もまた生物としての合理性を持った種のひとつということができる。

魔法学はセレスの解析の結果、夢喰いと誘燈の間に違いはなく、単に一度セレスの味を覚えた死神が離脱症状から抜け出せないだけであることを明らかにした。
なお、中位以上の死神は離脱症状に強く、すぐに禁断症状を起こして暴れることはない。
おなかをすかせた後の食事が美味しいように、わざと期間をあけて我慢してから人を襲い、さらなる多幸感を得ようとする通な者もいる。

また、低位でも個人的に精神が強ければ長い間離脱症状を我慢できることもある。
中位でも詩姫のように魂にだらしない者もいれば、悠姫のように死神本来の食事を嫌って甘い物を代替とし、欲望を抑える者もいる。
悠姫のような変り種は死神の間では偏食と呼ばれ、詩姫は食いしん坊の扱いになる。
なお、ランヴェムのように意思の力で夢喰いを止めた驚異的な精神力の持ち主もいる。

・量と質

セレスの量は年齢によって異なる。
一般に若者は多く、老人や子供は少ない。また、健康なほうが多い。
特に人生に希望を持って生き生きしている個体は多い。

セレスは急激なストレスを与えると減る前に一度反動で増えるという性質がある。
従って希望を持った人間が突如絶望などの急激なストレスを受けると、セレスの量はその直後に跳ね上がることになる。
夢喰いはセレスのこの性質を経験的に知っている。

・味

人は糖分を多く含む食物を本能的においしいと感じるようにできているが、死神はセレスを吸収した際、セレスが味覚神経を刺激し、おいしいと感じる。
それはセレスの量が多いほど感じるようになっている。

・構造

蛍石はセレス体(セレスを持っているもの)に接触すると脱晄してセレスのみを単蓄する。
これを利用してセレスの配列を調べる。
1握だけでもあれば分析できるので、髪の毛からでも採取できる。髪の毛の毛根からセレスがなくなる前に握を採取すればよい。

セレスの配列を分析した結果、x,v,d,r殻のみ1〜4(陽晄〜雌晄→dolmiyu)が現れ、それ以外は0になることが分かった。

魔晄と異なり、t,p殻は性質に影響を与えない。
これはセレスに開閉がないことが影響していると考えられた。

このうちx,dの役割は比較的すぐに解明された。
魔晄と同じく属殻であり、人の場合は通常2,4無となる。火の属性の魔物は3,4火となることが多い。

一方v,r殻は何の役割を果たしているのだろうか。
分析の結果、これは人や神や悪魔といった種別を指しているものと分かった。
これはいわゆるセレスの遺伝子であり、今まで単なる力の差と考えられてきた神と人の違いが判然たる遺伝子の違いによるものだと分かった。
またこれが発見されたrdでは既に{v,r}={3,2}世代が徐々に増えてきており、nd以降の弱体化は3,2遺伝子の急速な普及によるものと考えられた。

なお、v,rを種殻という。
vで大まかな種が決まり、rで詳細な種が決まる。
vは{1,2,3,4}={悪魔,死神,人間,神}である。
残りの組み合わせを以下に記す。
ちなみにルノなどのセレス体の入手は非常に困難であったことを付与する。

v,r種
-----
1,1アルヴァ
1,2テームス
1,3その他のデーム
1,4アデル、亜魔、魔人

2,1ルノ、アトワーユ、アラティア
2,2貴族、アッカイ、エミリオ、ミスティ…
2,3下位(ミーナ、ホミス…)
2,4中位(紗枝、詩姫…)

3,1sm〜rd
3,2nd〜lj
3,3zg〜kk
3,4tm〜cv

4,1サール
4,2サールロゼット
4,3エルト
4,4エルトロゼット


遺伝子配列例

lein yutia:2,4無属性、3,2遺伝子の無力な人間。

0020
0300
4000
0002

alia ineaato:1,2水、1,4魔人。ラルドゥラ組はやはり伊達じゃない?

0010
0100
2000
0004

ridia lutia:r殻0の特異配列。エルトとサールの血が均等に混ざった希少なロゼット。流石は召喚士様?

0020
0400
4000
0000

seren arbazard:種殻0の特異配列。やはり異世界人説が正しいのか。紫苑が正史にいるなら彼女も同値になるだろう。ヒト科の動物はエタンなので、セレンはヒト科でないようだ。

0020
0000
4000
0000

・死神の種類

誘燈はセレスを引き抜き、自分の脳に吸収せずにアルデルへ運ぶ。
夢喰いは自分で食べ、ルノに背く。しかし高位は慢性的な人員不足なため、ルノはある程度は目をつぶっている。結果その高位の傘下にいる中位や低位の背信も避けられずにいる。

夢織は特殊で、セレスを抜いた相手を脳死させず、幻覚を見せる能力を持っている。
セレスを譲渡する意思を持った相手に口付けをすると、唇を経由してセレスが入る。
対象にその意思がない場合はいくら吸い寄せてもセレスが脳に居座りつづけようとするので吸えない。

吸ったセレスは口から脳でなく丹田に入り、保有される。
吸収の際、1%ほどセレスを対象に残しておくことで相手は脳死を避けられる。
この技術がないと殺してしまう。この能力は先天性によるものなので、夢織はどうしても数が少ない。
対象がやがて肉体的な死を迎えると夢織は最後の1%を奪い、腹の中のセレスとともにアルデルへ連れていく。

彼らの種の違いは遺伝子によるものではないので、夢織がセレス中毒に落ちぶれることはある。
逆に夢喰いが改心して誘燈になることもある。
ただし夢織だけは能力が伴わないとなれない。

・魂を与えられた物

エタンはセレスを持たないもののことで、アテンの対である。
動植物や物はエタンであり、魂を持たない。

しかし思いをかけ続けることで、エタンに魂が宿ることがある。
さらに形を持たない架空の存在であっても想い続けることで魂が宿ることがある。

セレスを持つ者すなわちアテンが情をかけ続けることで、エタンに魂が宿る。
こうすると九十九としてエタンがアテンになる。その際の配列は
00x0
0000
d000
0000
――である。

実はこれをセレンの遺伝子と比較すると同じ型であることが分かる。
このことからセレンを「アトラスの人々が望んだ救世主が具現化したもの」と捉える学者も存在する。
つまり彼らにとってセレンは思念体が実体を持ったものであり、正体はアトラスの人々の悪魔から解放されたいという願いだということになる。

対象が実体を持つ物なら九十九であり、エタン自体にセレスが生まれる。
一方、実体を持たない思念体の場合は段階を経る。
まず思念者の脳内に本人のとは異なるセレスが別途生まれる。
次にそれが体外に出るが、体外では透晄になってしまうため、アテンに類似した実体をエタンを材料に形成する。
そしてセレスがアテンのなりをしたエタンをまとうことで、擬似的にアテンとなる。

ただしこれは哲学的な解釈で、魔法学では証明されていない。実際に観測もされていない。
しかしセレンやアディックを説明する説としては評価できると考えられている。
そして一般の魔法好きの間ではこの説は「科学的ではないが主観に沿う話」と認識されている。
だからこそ思う。想い続けたことはやがて現実になると。

・insel

セレスの中心に一握だけ存在するもの。魂の目、あるいは魂紋とも。
x殻が0で、それ以外が0_4の値を取る。
従って組み合わせは5^15=305’1757’8125(三百五億超)存在する。

同じ組み合わせのinselは存在しない。
veeyuからのものも、最初に生まれたアルテのものも、必ず組み合わせが異なる。
従ってインセルには指紋などと同じく個人を識別する能力がある。
injinすると同じinselを持つことになる。

・セレスと精神

セレスは精神に間接的に影響を与える。直接的には与えない。
属殻は例えば水属性を持つものは火を嫌う。
種殻は例えば3,2世代は無力なので協力して寄り添って行動しやすく、統率しやすい。

このようにセレスは趣向、性質、行動、思考などの面において精神に影響を与える。
ただし、A型は几帳面でB型は自己中というような分かりやすくあからさまな性格の決定ほどではない。

・セレスと感情

強い感情はinselとselesと強力なヴィードを持った塊となる。これは凝縮してほかのヴィードと交わらない塊を形成する。ちょうどガンが正常な細胞と独立して硬くなるのと同じである。これは体内に残るが、吐露すると体外に排出される。ヴァンガルディはanvereskにこれらを回収する。原則として体外にあるものを回収する。→anveresk
ヴァンガルディにとって欲しいと思えるような感情の塊がある場合は、その感情を発散させる代わりにその塊を体内から奪うことがある。ヴァンガルディが好むのはたいてい怨嗟である。なぜなら怨嗟が人間の感情の中で最も強いためである。そう、皮肉なことに愛情よりも怨嗟のほうが強い感情だということをヴァンガルディの選択は証明しているのである。

・マルティーア

→maltiia
【成句】
xed seles ぼーっと
seles and mag 魂が揺れるような:断腸の思いで
okna seles a t tに感情移入する
tifl sat seles 我を忘れる、愕然とする、呆然とする
i seles 心のそこから、心の底から。i fionaの類似表現。
【用例】
☆an tiflat sat seles man na nau rakel. 嬉しさで我を忘れた。
non pio fan seles tuan ist papa パパに代わって異界送りよ!(紗枝)

selfi
/ [動詞]yulを挑発する、挑発する、からかう、意地悪する、いじわるする、煽る、あおる
[普通動名詞]挑発、からかい、意地悪、いじわる、あおり、煽り
[形容詞]いじわる、意地悪、いじわるな、意地悪な。selfianで。
[レベル]2
19:ilmus:ridia:sedo lufi(ルフィの紐を外そうとする)
【用例】
el selfi xin hacn. 友達に意地悪してはいけません。
la et selfian. 彼は意地悪だ。

seln
/ [植物]胡椒、コショウ
[レベル]2
lakta
[文化]
最もよく使われる香辛料のひとつ。

selt
/ [生物]セルト
[名詞]ペア、つがい
[形容詞]ペアの、ペア、つがいの、おそろいの、お揃いの
[音楽]二重奏、デュオ、デュエット→talem
[名詞]正常位、正上位、通常位、ミッショナリーポジション
[類義語]sart
[レベル]2
20にserenが男女神の総称として復活
[語法][文化]
男神エルトと女神サールの総称。sartはエルトの一族とサールの一族の総称で、意味が異なる。
|64,989,112年前|arteはlunoにviidを与えたため、約44億年弱の間、爆発を防げていた。しかし遂に爆発の危険が生じ、今度はlunoのように失敗しないよう、男神エルトと女神サールに分裂した。彼らは互いの力を相殺し、力のバランスを取った。彼らは黒い球と白い球の姿をしていた。太陽系の惑星からアトラスを選んでフィーリア島で、アトラスの公転周期のうち1日間だけ逢瀬を重ねることを決めた。この時点で彼らは自らの形質を当時新興勢力として生まれてきた知能の高い生物である霊長類に合わせた。ただし脳を大きくするために二足歩行を可能にし、背骨を立たせた。同時に魔法で暑さ寒さをしのげるため、体毛も薄くした(この時期は温暖)。現代人に非常に似た形質をしている。彼らの総称はseltで、彼らの誕生を以って最初の暦セルト暦が始まる。この逢瀬が今後約6400万年間続く|
|同|veeyuからselesが2つ流れ、エルトとサールに宿る。彼らはセレスを持って生まれた初めての存在となる|
|同|エルトとサールが肺臓気流を利用した音声による意思疎通を始め、原初の言葉フィーリア語が生まれる|
|同|エルトがminakalmoを作る|

・性交の体位

最も一般的な体位。膣内射精する場合は奥に出したがるし出されたがる。sarmixiを好む男性や、娘がほしい男性は浅めに出すこともある。
男性がサール(地面)を見て、女性がエルト(天)を見ることからこの名が付いた。
アルバザードだと処女を捨てるときは正常位と相場が決まっている。なぜかというと、現実のアシェットの面々が全員そうだったため。セレンの経験でも、アシェット内外含め、10人ほどの処女を全員正常位で扱っているので、それが自然なのだと思う。

selte
/ [副詞][形容詞]中くらいの、並々の、なみなみの、並みの
[レベル]2
rd:luxia;seel/te
23:↑
[語法]
vart

sem
/ [形容詞]単純な
[反意語]xon
[レベル]2

【用例】
rexir sem 単純な解答

sen(2)
/ [単位]一万
lsk
[レベル]2
14:制:万son。但しこの語は使う者と使わない者に分かれていたのでなじみがあまりない。
suup:sen

sena
/ [動詞]yulを声を出さずに「ふふふ」と鼻息で笑わせる、笑う
[名詞]にこにこ、ニコニコ
[類義語]nax
[レベル]2
19:melidia axte:seernax
【用例】
vangardi senak mifel. ヴァンガルディはふっと笑みを零した。

senk
/ [動詞]yulをaに並べる、並べる、並ぶ、揃える
[形容詞]揃った、そろった、並んだ
[形容詞]歯並びが良い
[数学]順列
[レベル]2
19:sakr:16:制:saks
[語法]
髪を切りそろえたりするときに使う。差がないようにすることを指す。物理的には髪などで、抽象的には生徒のレベルを並べるとか肩を並べるというときに使う。
【用例】
nia senk 切りそろえた髪
dio senk 歯並びの良い歯

sennax
/ [形容詞]笑える、面白い、おかしい、可笑しい
[レベル]2
19
[語法]
風変わりでおかしいという悪い意味の場合はzal。面白くて笑えるという場合はsennax。

sentantinka
/ [感動詞][言葉遊び]どうもありがとう
[レベル]2
tm;sentantとtinkaを合わせたもの


senxan
/ [形容詞]ありえる
[反意語]vilxan、enxan
[レベル]2
19

seren(2)
/ [組み数字]14/28
[交通]セレン通り
[名詞]セレン組。アルナ大のクラス。
[レベル]2
22

serik
/ [植物]梨、アップルペアー、西洋梨、ナシ、セイヨウナシ、ラフランス、バートレット
[レベル]2
13:制:servank
[語法]
セイヨウナシも指せるが、ふつうserikというとアップルペアーを指す。

serip
/ [形容詞]湿った、湿っぽい、やや濡れた、多湿な
[動詞]yulを湿らす、湿らす、湿らせる、濡らす、ぬらす、加湿する
[類義語]eves、fasphart
[レベル]2
20:eriaをsapで挟んだ痕跡語。eで始めたくなかったため。

serjo
/ [名詞]大激怒、発狂、かんしゃく、癇癪、ファビョン、火病、激怒
[レベル]2
rd;/
24
【用例】
ar{na, til} serjo a namo laat 彼の態度に大激怒する

seron
/ [植物]桜
[レベル]2
17:制:serzom
xibina:xibina:lu mileeyu:kozue,alt
[語法]
mintsaaze
[文化]
並木にするのが美しいとされる。また、アルバザードは満開よりも、無数の花びらが散っていく瞬間が一番好まれる。名前にちなんで中央アルナ西区のセレン通りには桜の並木道がある。
【用例】
seron emat kit mans. 桜が咲き始めた。
seron emat mans vadel vein nod skol. 今年は例年より桜の咲くのが早かった。
seron es mans alkal. 今は桜が真っ盛りだ。
☆seron es mans ati xante ka seren t'alas im tur. 今、西区のセレン通りでは桜が満開だ。
seron l'or almans ses lant tinka. 散り始めの桜がとても美しかった。

seronik
/ [植物]さくらんぼ、サクランボ、チェリー
[レベル]2
20

sers
/ [動詞]yulしてあげる
[レベル]2
古:so yun seren so fiina mel
[語法]
→sols
使役動詞。sersは使役者が被使役者に行為をしてやり、被使役者は大人しくしているという意味を持つ。
【用例】
laal sersat noi sab lisen. 母親が息子に靴下を履かせていた:母親が実際には履かせている。子供はなかば傍観。

set
/ [動詞]yulを殺す、殺す
[普通動名詞]殺害、殺傷、殺生
[類義語]sef nene a yulan
[レベル]2
13:制:sot:13:制:古:setsorn(殺さないでおく)。始め制アルカは語を減らすために、「殺す」「産む」「作る」「壊す」「死ぬ」「生まれる」「生きる」を全てlad,lidで表わそうとした。が、不具合と不合理に耐えかねてlad,lidを「作る」「壊す」に限定し、残りをsot,setにした。だがこれでは「生きる」や「死ぬ」を表わすのが難しかった。生きるはsot-een(生まれている)、死ぬはset-eeだった。この不具合に耐えかねて「生まれる」「生きる」「死ぬ」をvurtに分けた。
【成句】
t vort kont set k tはkを道連れにする
set van dis a! ぶっ殺すぞ!
an set xaf lu. liim tu, an sed vil anver le sil onk teomel da. 僕は彼女を殺さなければならない。そうしないと永遠に続く呪いが解けないのだ(seren arbazard)

sex
/ [生物]くちびる、唇
[レベル]2
13:制:sorn:xuu(唇)。唇はキスを連想するのでいやらしいとして禁忌され、アルシェの唇(seutt)とは別の語をとった。
[語法]
赤い部分のみを指す。唇の下はasid。唇の上はatok。
【成句】
nis sex kont dok ins 舌を巻く
til sex deyu 口が堅い、口が固い、口が硬い
【用例】
sex meldi 桃色の唇。美少女の形容によく用いる。
sex yunen ket 猫口、ねこ口、ωみたいな口、みゅん口、リディアっぽい口。
sex han 分厚い唇
hom sex hemel{getel} 小さく口を開く

sia
/ [名詞]膜
[音楽]ドラム、タム、トム、スネア。ドラムなどの膜鳴楽器
[魔法]シア(プロテス)。利の多段白魔法。霊気のバリアを張る。敵の霊気を弱め、あるいは消失させる。術者の能力に応じて強さが決まる。
[レベル]2
tm;e
5:kliiz:古:東京の喫茶店でホットミルクを飲んでいて、牛乳の油膜を指してsiaといっていたことから。

siaj
/ [建築]天井
[反意語]aks
[レベル]2
20:sia e jan(空の膜)。以前はitxだったが、「いちゅ」という発音が天井に沿わないため変えた。

siaj(2)
/ [動詞]yulを結う、結う、ゆう、結わく
[類義語]fot
[アクセント]siAj
[レベル]2
20:filveeyu「戦時の空」古代の女魔導師が戦時(このころはたいてい空中戦)に髪を結ったことから。
[語法]
siajのほうが持って回った古風な言い方。
【成句】
siaj nia. 気を引き締める。セルメルまでは覚悟するとか決意するという意味。

sian(3)
/ [代詞][kotan]tisee
[レベル]2
22:kmiir/ridia

siet
/ [格詞]〜しないながら、〜しないで、〜しないつつ。kont enと同じ。
[反意語]kont
[レベル]2
20:si/te(持たないような)
【用例】
alis ixnat siet wik. アリスは頷かずに答えた。

siin
/ [形容詞]人気の、人気がある、人気のある
[反意語]xaam
[レベル]2
19:melidia axte:siina
【用例】
erfi et siin xalt artan. 銀は魔導師の間で人気がある。

siinaol
/ [名詞]お気に入り
[レベル]2
21

siiyu
/ [形容詞]すごい、凄い、グレート、偉大な、すばらしい
[反意語]tappi
[レベル]2
20:xion:siina yu
【用例】
tu et siiyu! こりゃすごい!

sika
/ [形容詞]平らな、平坦な、場所が平らな、扁平な
[形容詞]グラフや数値が上下に揺れず安定している
[形容詞]起伏の少ない。感情や形に使う。
[形容詞]差がない、対等な→silk
[動詞]yulをならす、ならす、均す、平均化する
[反意語]wilt
[レベル]2
f;e


silfkekko
/ [感動詞]お気軽に、どうぞ、どうぞどうぞ、ぜひとも、ご自由に、どうぞごじゆうに、どうぞご自由にお取りください
[レベル]2
古:silfkekko「軽やかに来る」
[文化]
→mog

silm
/ [格詞]恐らく〜しないだろうが。確率の弱い条件。
[類義語]ol
[レベル]2
14:制
[語法]
ol

sils
/ [名詞]ティッシュ
[レベル]2
13:制:語源不詳
[文化]
鼻をかんだり物を拭いたりするのに使う。木の箱に入っており、詰め替え用が店頭で売られる。日本より使用頻度が少ない。環境に配慮して税金率が高く、非常に高価。日本でいうなら一箱500円程度か。

sins
/ [動詞]yulをaに見せる、見せる、みせる、表す、表わす、感情などを表わす、示す
[電算]表示、表示する
[普通動名詞]展示、表示
[レベル]2
14:制:恣意
::izol
[語法]
目で見せなくてもよい。日本のデパートのトイレなどに入っていると、後の人がつかえて「早く出ろよ」的なオーラを出してくることがあるが、そろそろ出るというアピールのために、洗浄したり服を着たりという終了動作音を立てることがある。このようなビジョンのない示す行為もsinsといえる。
【成句】
sins kape 頭角を表す。日本語と同じ表現。
【用例】
an sins alem sofel. 私は感情が表に出やすい。

sip
/ [動詞]yulをa(口や容器など)に吸う、吸う、啜る、すう、すする
[反意語]alsip
[レベル]2
13:液体。新生ではsapから。
[語法]
飲み物の場合、ストローがなければ自動的にすするの意味になる。吸うと訳さないように。
【用例】
sip xef 息を吸う

siramn
/ [医療]肌にできる発疹、発疹、湿疹。肌の炎症で、あせもなどを指す。
[レベル]2
16:制

sirt
/ [動詞]yulをかぶれさせる、かぶれる
[形容詞]かぶれた
[レベル]2
14:制:sir
【用例】
kuo es sirt mil luoik. パイナップルで口がかぶれた。

sisl
/ [動詞]yulを習う、習う、倣う、ならう
[普通動名詞]習得、会得、学習
[反意語]xax
[レベル]2
19
xuxo:xuxo

sislan
/ [名詞]生徒、学生、弟子
[レベル]2
20:melidia xier

siz
/ [名詞]板、パネル、プレート、バックボード、ダーツボード
[運動]道具を使って移動することを主体としたスポーツ
[レベル]2
13:制:古:sikazamo(平らな木)

skil
/ [名詞]椅子
[レベル]2
20:ski:13:制
【用例】
skil liefil 深い椅子。座面が奥に長い。

skinbeek
/ [名詞]洋式便所
[レベル]2
19:ridia:arbaxelt

skit
/ [名詞]席、シート
[レベル]2
16:制:skin
[文化]
skitka
【用例】
taf skit 席をとる
beg si skit dac! おめーの席ねぇから!
an ximat skit amoxen famii mil skitfut. 席替えでファミィの横になった。

skol
/ [形容詞]いつもの、いつもどおりの、普段の、日常茶飯事になじみの、おなじみの、顔なじみの、固定客の、いつもの、お決まりの、ルーティン、日常の、常用の、日常茶飯事、日常的な
[名詞]常連、馴染み、固定客、日常的なこと
[名詞]雑貨、日用、日用品、食料雑貨類、グローサリー
[名詞]定番、おはこ、十八番
[名詞]日課、習慣
[名詞]ふだん、普段、いつも、日常
[副詞]いつもと同じように、いつも通り、自然に、あるがままに、いつもどおり、いつものように
[文字]ミディアム
[文頭純詞]いつもなら、ふつうは
[反意語]alskol
[レベル]2
latki
【用例】
tu et skol xel la kel pina. 彼が約束を忘れるのはいつものことだ。

sl
/ [演繹音]さらさら、サラサラ、ざらざら、ザラザラ、すらすら、スラスラ、すたすた、スラスタ、すらら、スララ、さーっ、ざーっ、ささーっ、ざざーっ
[レベル]2
22
[語法]
砂や毛や水などが流れる音、落ちる音、たなびく音。

slea
/ [人名]スレア
[名詞]アルカンスにおけるスレアの手
[名詞]上巻
[組み数字]1/3
[レベル]2

[文化]
arkans
エルト信者で、アルカンスを巡ってブレア・トレアと争った。

sm
/ [擬音]ふふっ、くすっ
[レベル]2
古:sm,smmなどのアルファベットで表わされていたので幻字は無い。
[語法]
含み笑いを示す。口を明けずに鼻息だけでする笑い。侮辱する場合もあるし、子供のバレバレな企みを理解して「しょうがないなぁ」と可愛く思いながら笑う場合もあり、意図は様々。

smsm
/ [擬音]くすくす→sm
[レベル]2
22

sn
/ [演繹音]くんくん、クンクン
[レベル]2
rd;haalvet
23
[語法]
ふつうに匂いを嗅ぐときの音。

soalaxo
/ [娯楽]連想ゲーム
[レベル]2
rd:ridia;/
24:ridia
[文化]
現実には24初頭にリディアがメル、ルシア、ユルトを交えて行った遊びからできた語。神話では神代からあった遊び。
現実にはセレンもそこに参加して、子どもたちと遊んだ。
お題を言われたらその単語を聞いてまず思いついた単語を2秒位内に口走らねばならない。言えなければ負けというゲームで、ユルトが真っ先に敗退した。セレンは思わず下ネタが口をついて出て、ルシアに「それどういう意味ですか」と聞かれ、リディアの空気が張り詰め、失格となり、ついでに後から怒られた。結局頭の回転の早いリディアやメルやルシアが遊んでは笑っていた。娘はこのゲームが好きなようで、珍しくキャッキャとはしゃいで笑っていたのが印象的だった。

soan
/ [名詞]実行者、した人、する人
[法律]犯人
[電算]ホスト
[俗語]攻め、左側、左、立ち、タチ
[レベル]2
19:melidia alis

sobel
/ [料理]間食、おやつ、おかし、お菓子
[音楽]フィルイン
[レベル]2
21:sov/bel

sod
/ [動詞]yulを起こす、起こす、起こる、起きる
[名詞]出来事、イベント、催し、行事、発生
[類義語]xamel
[反意語]sedo
[レベル]2
13:制:sed
【成句】
sod kaen ins 目の前の出来事
【用例】
to et sod a la? 彼に何があったの?
an kel vil sod e fis. 今日の出来事は忘れられないだろう。
fis, xe emt at sod. 今日、悲しいことがあった。

sodn
/ [名詞]事実
[文頭純詞][副詞]実際は、事実上、実際のところ、事実
[レベル]2
13:制:sod
【成句】
el pras fal sodn kont kaax sodn lex sodn. 事実は事実と認めた上で対処しなければならない(liiza lutia)

soen
/ [地名]ソエン
[経済]500ソルト札
[レベル]2
古:soen(できない、越えられない)
[文化]
アシェルフィのすぐ北にある風の強い谷。rdではクリスとの出会いの場。

sof
/ [形容詞]簡単な、容易な
[形容詞]高頻度な、起こりやすい
[反意語]xep
[レベル]2
rd;xep.teel
@19
yaka:yaka
【用例】
[メタファー]sof yun lex lexの文字のように簡単な:縦棒一本で書けるため
【用例】
yet sof 簡単な問題

sog
/ [経済]おつり、つり銭
[レベル]2
14:制:sojgil(残った金)

sokl
/ [名詞]公園
[レベル]2
14:制:恣意。プロトタイプでsekaという語があり、英語のselfish gardenからきていた。それを排他するためにsekaを消して適当な無語源の音を当てた。
[文化]
集合住宅には大きな公園がある。夜の散歩道としても使われる。誰が住んでいて誰がいるのかはっきりしているし、常に見回りと監視カメラが働いているので犯罪はまず皆無である。その上、木々が細く高く間隔をおいて置かれているので見通しも良い。それゆえ余計に犯罪が少ない。この公園は集合住宅内の連絡通路からでしか行けない。外部の者が許可なく入ることはできない。公園にはベンチもあり、憩いの場となっている。砂場や遊具はない。犬の散歩コースもある。ウォーキングコースもある。両者は隔絶されているところもある。公園は一つの集合住宅に一つとは限らない。一つひとつが持っているとそれぞれの公園は狭くなってしまう。狭いところにたくさんの要素を持ち込むと物が密集してしまい、見通しが悪くなる。更に狭いので同じ景色ばかりになり、すぐに飽きてしまう。だから大抵は隣り合ったいくつかの集合住宅が共通の公園を持つ。この公園はかなり大きい。ただ、流石にカルテには適わない。公園には屋根のあるところがある。
【用例】
ridia titta siia xe alfian ka sokl e parm. リディアは日本の公園で子供をあやしたことがある。
lan leiz xat sokl man eskor. 雨が降っていたので、公園にはほとんど人がいなかった。

sokn
/ [動詞]yulを結わく、結わく、結く、ゆわく、結ぶ、縛る
[反意語]alsokn
[レベル]2
16:制:古:sokuka(交差)
yaayo:yaayo
[語法]
紐なしで縛ること。ゴミ袋の口を曲げて結わいたり、髪をピンやゴムを使わずに結わくこと。

sokt
/ [動詞]yulをaに交差させる、交差する、交わる
[動詞]yulをaに絡ませる、絡む、干渉する、ちょっかいを出す
[普通動名詞]絡み、干渉、ちょっかい
[名詞]垂直。平行に対する垂直(この語義では対象に対して90度になるが、ほかの語義の場合は単なる交差なので、soktは必ずしも90度でなくてよい)
[形容詞]垂直な
[格詞]〜と交わって
[メタファー][格詞][形容詞]意見などがぶつかっている、方向性が合わない、馬が合わない、反りが合わない、意見などが交わらない(soktというが訳は逆に「交わらない」の意味になるので注意)
[反意語]ekn
[レベル]2
19:sok:19:赤:sokuka
sokuka, sokka:::sokulu,alt
[語法]
→ekn
絡むの用法は、人や動物などが寄ってきて話しかけてきたり何かをしてきたりすることを意味する。文字通り物同士が絡みあうことも意味するが、その場合はsampも使える。イチャモンをつけて悪く絡んでくる場合はaik。
【用例】
ket soktor nos al an fo uniuni. 猫がこっちにニャーニャー絡んできている。
☆ano antes et sokt a xok. 私たちの計画は互いに衝突していて反りが合わない。

sokta
/ [名詞]返事、返信、往信、反応
[電算]レス
[動詞]yulをaに応える、応える、応じる、反応する、返事をする、こたえる、答える
[反意語]sek。ただし異なる。
[物理]共鳴、共振。共鳴は共振の一種。アルカではふつう、どちらも同じsokta。
[レベル]2
rd;sokta,lz < soktis,szd
先:sokta
xante:xante:soktis
【成句】
sool del sokta al il 全レス
sokta al il 全レスする

solferj
/ [名詞]ソルフェージュ、中性、中性体、男の娘、女男、草食男子、肉食女子
[アイテム]模造刀、なまくら、鈍、なまくら刀、刃を落とした刃物
[類義語]anfelixia、freimiina
[レベル]2
22:kmiir:古sornで戦闘訓練用の刃を落とした刃物のこと。「ユルト君はソルフェージュのようにおしとやかですね」と彼女が述べたことから。
[文化]
男らしくも女らしくもない中性的な性格の人物。リュウやユルトが走り。vl後期に男性の間から流行りだした。

solk
/ [動詞]yulをaに帰らせる、帰す、送る、返す、追いやる、追い返す、追う、戻す、戻らせる
[動詞]yul(CDプレーヤーやビデオなどのテープなど)を停止させる
[普通動名詞]停止、帰還、帰投、帰港、返還
[類義語]mono
[反意語]kekl
[レベル]2
20:sols/古ketta(行かせる)
[語法]
日本語の追いやるは攻撃的なイメージがある。solkはそれも含むが、基本的に呼ぶの反対動作なので、追い返すという強い意味をふつう持たない。

solt
/ [経済]ソルト
[レベル]2

[文化]
→anfan
アルバザードの通貨。1ソルトは2008年現在、日本円でいうと4円程度に相当。パチンコをやる人間は1玉1ソルトと考えれば分かりやすい。

かつてrdの時代に大体10年現在の日本と比べて1ソルト4円くらいであったが、ヴェレイ末期までに100倍以上物価が変動している。つまり1ソルト0.04円以上にインフレしている。
zontsed e twenでrdの水準までデノミが行われた結果、rdとアレイユは概ね同じくらいの貨幣価値になっている。つまりアレイユでも1ソルト4円程度の価値がある。

solvat
/ [感動詞]おまたせ、お待たせ、お待たせしました
[レベル]2
tm;so/al/vat(待たせるもの)
古:so/al/vat(待たせるもの)

soma
/ [名詞]罰点、ばってん、バッテン、×記号、バツ、バツ印、斜め十字、十字、×
[シェルト]斜駒
[反意語]stent
[レベル]2
17:制:古:sokuka(交差)
jan:jan
[文化]
memlas

sonk
/ [動物]虎、トラ、タイガレス
[組み数字]4/5
[レベル]2
13:制:縞模様のある猫。制soni/古kett
[擬声]
gccc(唸り) vogau(吠え)

sont
/ [動詞]yulを撫でる、撫でる、さする、摩る
[婉曲]yul(再帰)に自慰させる。女のオナニー。
[普通動名詞]愛撫
[再帰動名詞]自慰、オナニー
[類義語]fox
[レベル]2
古:頭を撫ぜるときの「さわっ」という音
【用例】
sontand flel luut, vik xtamik entel. see lu jik fara lis le xa lie tu lixil. 肩をポンポンと軽く叩く。男はゆっくり立ち上がると、小屋の奥にある小さな暖炉を指さした。

sooa
/ [alben]soono,sent,seereを意味するなんでも単語
[レベル]2
19:teolon:soono,aの短縮。seere,aとしてseeaができたが、まもなく両者混同し、sooaがオールラウンダーな語となった。

sooj
/ [動詞]yulを残す、残す、余る、残る
[名詞]あまり、余り、余分、余剰、余地
[形容詞]余分な、余計な、余りの、余った
[数学]割り算の余り
[レベル]2
sorn:sooj
::dilze
[語法]
soojは充足量+アルファの「アルファ」部分を指す。10で十分なのに12ある場合、2がsoojとなる。fidnは引いていった結果という意味。ケーキが4個あって、3個食べたら、残りは1個だが、この1個がfidnである。従って、soojは「余り」で、fidnは「残り」である。
【用例】
sex tur sooj qn. 唇が余っちゃった=キスして

sool
/ [普通動名詞]行動、行為、動向、行い、おこない
[動詞]yulを行う、行う、行動する、活動する、取り組む:soの持って回った言い回し。
[類義語]solet
[レベル]2
rd;↓
13:制:古:soluu(すること)
soluu:sool:
【成句】
sool et afet nod fel 習うより慣れよ
sool haas rens 言行一致
【用例】
sool izm 革命を行う
tet tu et sool le klia miyu lfis luutes tisse. でも彼らの人生を変えるかもしれない行いだった。

soom
/ [悪魔]七曜の悪魔、ソーム、曜魔の総称
[音楽]音部記号
[シェルト]縦軸、軸
[組み数字]7
[レベル]2

[文化]
闇のヴェルムから光のパルトまでの7匹の悪魔のこと。また、曜魔が持つ7大属性のことで、闇、水、風、土、火、雷、光の基本属性を指す。また、曜魔は人間の7つの悪を象徴する。7は忌数であることから、これらの悪と結び付きやすい。木星を司る。
velm:虚偽
erva:嫉妬
satii:肉欲
teeve:怠惰
beezel:憤怒
ilva:傲慢
part:強欲
ヴァステ開戦時の住処は木星付近。

soonon
/ [folte]おはよう、おはよー、おはよん、おはよっ、こんちは、こんちわ、こんばんは、、こんばんわ、どうも、やぁ、やあ。soonoの異形態。
[レベル]2
古?

soot
/ [歳時記]一週間、週、週間、ウィーク
[レベル]2
14:制:soom
[文化]
一週間は7日。velm, erva, satii, teeve, beezel, ilva, partの曜日がある。
一ヶ月は4週間。axte, flea, alis, xierの4週。春の週、夏の週のように表す。
前半二週間はarxe、後半二週間はsornという。二週間のことをadiaという。
【用例】
soot sam ik kit me. 新しい一週間がまた始まった。

sorit
/ [生物]高さ、高度、高み
[名詞]身長←mainsorit
[数学]切片
[レベル]2
21:sor/ati。下記。
[文化]
mainaja
<経緯>
21夏にsoratiにしようとしたが、ルシアが「mainsoritのはず。おかしい。私が正しいの!」と言ってぐずったため、向こうが正しいということもあってsoritはtaxit同様itに戻した。そろそろ「誤魔化してさも前からそうだったように装って矯正する」方法が使えなくなってきたようだ。

sorn
/ [人名]初代ソーン
[名詞]ソーン。アルシェと対を成す団体。アルシェとは抗争関係にあった。
[シェルト]ソーン側。必ず後手。
[名詞]後手
[レベル]2
kako:語源不詳。古アルカでの意味は無し。
[文化]
(yuuma 7994:8083(8004:8083))
yuuma 7994 ソナリア、実の娘ユリアとの間に娘sornを授かる
yuuma 8004 ソナリア、メテとの戦いで戦死。ソナリアが崩御し、ソーンが若干10歳でメティオの女王となる。摂生はソーナ女王のユリアが兼任した
初代ソーンの第14使徒。生没年不詳。ウロがメテに敗れた際に残った残党が反メテ運動を掲げた際に御輿として奉られた少女。当時若干15歳。16歳でメテを倒し、一躍英雄となる。その後、19歳でアルシェをも倒すが、22歳で14歳の少女リディアに暗殺される。
【成句】
sorn em kant askel 君子は豹変す。考えを改めるという意味でなく、ある日を境に突如成長するという意味に。kkごろは「英雄は成長が早い」という意味で使っていた。
sorn til livro fen 佳人薄命、美人薄命
sorn kaen ra t'arxe 呉越同舟

sou
/ [形容詞]〜君、〜さん
[婉曲]男性器
[類義語]san、dyussou
[レベル]2
古:dyussouの略形が語源。
[語法]
→apt, est
○名(後置)
○姓(前置)
○男

sousou
/ [形容詞]〜君(子供に対して)
[婉曲]男性器、おちんちん
[レベル]2
18

sov
/ [名詞]合間、くぎれ、区切れ
[形容詞]挟まれた、挟まれる、間の
[格詞]〜の間の
[類音]sol。solとは意味的に離れているので同じ格詞でも問題ない。
[レベル]2
frf

sese:sese, sov
【成句】
[arden][yuul]sov dia o mel リディアとメルの間にいる:板挟みになっている
sov abe o skil 布と椅子の間で:板挟みで:機織りは織り機の前、椅子の上にいて、長時間の労働を強いられた。機織りは肩が凝り、椅子は腰痛になる。そこから転じて板挟みの意。

sox
/ [交通]バス
[レベル]2
lakta:soxは元はミニカー
[文化]
バスはランティス通りをぐるぐる回る。時計回りと逆時計回りが走っている。また、アルミヴァ通りを行ったり来たりするものもある。これらを乗り継いで目的地に行く。バスは駐車場ごとに止まる。駐車場が同時に停車場でもある。バスは有料である。定期券を購入するか、さもなくば降りる際に料金を精算する。バスは日本と同じ形をしている。長方形の箱形である。席も同じつくりで、つり革もある。降りるときはボタンを押し、清算して降りる。
【用例】
an tafat vil skit ka tu sox man lan di xa atu. バスは人が多くて座る場所がなかった。
sox luko felka sesilel. バスがもうすぐ学校に着く。

spax
/ [動詞]aにyul(水など)をぱしゃっとかける、水をぱしゃっとする、かける
[類義語]spix、zaag
[レベル]2
古:オノマトペ
【用例】
an ont aruuj spaxat er a xok. 弟と水を掛け合った。

spix
/ [動詞]aにyul(水など)をちゃぷっとかける、ちゃぷっと水をかける、かける
[類義語]spax
[レベル]2
19:spaxと演繹音から。
【用例】
luxia pilp nelt yult ka erx vol spix er a lu. ルシアはいつもお風呂でユルトに水をちゃぷっとかけてからかう。

stei
/ [植物]植物の皮、野菜や果物の皮、固い皮
[動詞]yul(植物)の皮を剥く、剥く、むく
[類義語]yuka
[レベル]2
19:stek/yek

stek
/ [植物]野菜
[レベル]2
14:制:stok:古:har:tukui(食用植物)。tu(土の)/kui(食べ物)。「土が作った食べ物」
[語法]
主食とならない食用植物。トマト、レタス、キャベツなど。イモは外す人もいる。
【用例】
an kuit stek vein kont fonl yek voskel. 肉を控えて野菜をもっと食べるよう努力した。

stent
/ [名詞]十字、クロス
[動詞]yulを横切る、横切る、渡る
[交通]十字路
[シェルト]十駒
[名詞]十字架←stenteeste
[反意語]soma
[レベル]2
fv;<>sokka
古:stent(十字路)
【用例】
stent font 道を横切る、道を渡る
☆re namt font im stent. 道を渡るときは気を付けなさい:namt stent fontは不可。re stent font namtelは正しい。
stent font xi sain sanl. 渡るときは左右を確認しなさい。

stir
/ [動詞]yulに反対する、反対する
[普通動名詞]反対
[反意語]xam
[レベル]2
13:制:倦厭する
[語法]
賛成しないという意味の反対。
[文化]
xam

ston
/ [動詞]yulをonについて反省させる、反省する、たしなめる、嗜める、窘める
[普通動名詞][再帰動名詞]反省
[レベル]2
13:制:古:artasen
[文化]
pes
【成句】
ston nos kon daiz keeto 他山の石、人のふり見てわがふり直せ
【用例】
re ston nos. 反省しなさい。

stor
/ [動詞]yulを伏せさせる、伏せる、ふせる
[再帰動名詞]伏せ、ふせ、匍匐、ほふく
[レベル]2
alakta:軍隊用語?で「伏せる」
【用例】
re stor! gel! 伏せろ、鉄砲だ!

sue
/ [動詞]yulをしくしく泣かせる、しくしく泣く、めそめそ泣く、泣く
[レベル]2
古:sue(しくしく)鼻をすすって泣くときのオノマトペ
[文化]
女子供の動作で、男がやると恥ずかしい。女でもガノやマユなど、エタットは恥ずかしがる。
【用例】
den sue nos! ti et arden kok! めそめそするな、男だろ!:父親が息子に言う台詞。ardenになっているのがミソ。

sui
/ [植物]芋、イモ、薯
[レベル]2
zg;.selan
lakta:sui(いも)。乾いたものが原義。
sui:sui
[文化]
sm以降のプロトタイプはジャガイモ。

sun
/ [動詞]yulをくすくす笑わせる、くすくす笑う、笑う
[レベル]2
lakta:くすくすというオノマトペ
[文化]
女子供の動作。

sun sun
/ [擬音]くすくす
[レベル]2
15:制:sun

sup
/ [感動詞]くさっ!
[動詞]yulという嫌なものを排除する、排除する、排他する、追い払う
[レベル]2
fovet:sup。臭いにおいを嗅いだときに思わず鼻をすするときの音。火急的速やかに悪臭を排除しようと短く勢いよくするので、suuのように長くはならず、supと一瞬で止まるような形になった。

suu
/ [擬音]すー、ずー、すぅすぅ、すうすう、zzz。寝るときのオノマトペ
[レベル]2
23

suun
/ [動詞]aに対してyulを鼻で笑わせる、鼻で笑う、ふんっと笑う、笑う
[レベル]2
17:制:lakta:鼻息のオノマトペ。笑いなのでsupより長く、それでsuuになった。笑いだからnを付けた。
[語法]
馬鹿にした笑い。
【用例】
haizen! le min suunat a non! きーっ、あの女、鼻で笑ってきたのよ!

syan
/ [接尾辞]〜ちゃん。指小辞。少し舌足らずな感じがある。
[レベル]2
rd;敬称のsanを舌足らずにしたもの。
23
[文化]
ankmev

taaks
/ [建築]二階
[レベル]2
19

tad
/ [名詞]岩、岩石
[レベル]2
14:制:tasdol(大きい/鉱物(石))
【成句】
tad saen apl 前途多難

taik
/ [文頭純詞]更に悪いことに
[反意語]rafa
[レベル]2
15:制:恣意
【用例】
eskat im harp. taik saet im durne. 昼に雨が降った。さらに夜は雪になった。

takessalt
/ [名詞]再来年
[レベル]2
rd;/
23

takessoot
/ [名詞]再来週
[レベル]2
rd;/
23

takest
/ [名詞]あさって、明後日
[反意語]tatoxel
[レベル]2
19:xion

takesxelt
/ [名詞]再来月
[レベル]2
rd;/
23

taki
/ [生物]人体の脇、わき、わきのした、脇の下、腋窩、えきか
[レベル]2
16:制:tak
[語法]
脇の下が中心。腋毛が生える部分がさらに中心となる。広義には肩の肩関節部分も含むが、ふつうここはflel。
服飾や刀文化の関係で、アルティア人のアルカ話者などは肩の肩関節周りから脇の下まで大雑把にtakiで指すことがある。

takvas
/ [娯楽]腕相撲
[レベル]2
19
[文化]
やり方は日本と同じ。

tam
/ [形容詞][ポジティブ]貴重な、勿体無い、もったいない、希少価値のある
[名詞]貴重品
[反意語]suut
[レベル]2


tania
/ [美容]おさげ、二つ結び、ツインテール
[レベル]2
19

tank
/ [生物]手首、リスト
[反意語]woom
sert
[レベル]2
13:制
ke:ke:lu savante(手がsavanで音が似ることもあり)
[文化]
woom
【用例】
tank lixa 細い手首=fiol

tanta
/ [名詞][形容詞]ジグザグ
[動詞]yulをジグザグ状にする、ジグザグにする
[レベル]2
19:古:tant:メルの遊びから。地面に丸をジグザグ上に書いていき、丸から丸へと毎回足を変えながら片足で跳躍していくという遊び。メルは跳ぶたびにリズムを取ってtant・tant・teenttと喋っていた。これは当時セレンやリディアが与えたオノマトペで、ジグザグの意味で使い出したのはオヴィが始めで、自転車の乗り方の話をしているときだった。

tanx
/ [料理]麺、麺類、パスタ、スパゲッティ、スパゲティ
[レベル]2
13:制:古:tan
[文化]
通常パスタのこと。
頻繁に食べられる。パスタが最も一般的で、ミートソースやナポリタンが多い。
麺自体に油を含むので、高カロリーで消化にはよくないとされる。結果、胃弱はかえって痩せ、常人は太りやすい。そのためミロクは害食に指定しようとしたが、伝統料理とのことで排他には批判が殺到し、諦めた。
麺類は音もなく啜る。凪人は勢い良く音を立てるが、アルバザード人やルティア人はそれをしない。
【用例】
kui{xen} tanx 麺を啜る。sipにすると啜るという動作を強調している。ふつうはkuiを使う。sipは啜る動作を強調するときだけ使う。

tap
/ [形容詞]正確な
[反意語]teis
[レベル]2
13←古:taps(雑な)。tapsは足並みが揃わない行進を意味するオノマトペ。"lukl yukke tapstaps"で「統率が取れていない」とか「仲が悪い」「相性が悪い」「まとまりがない」などの意味になる。

tappi
/ [形容詞]へぼい、しょぼい、ヘボい、ショボい、ヘタレな
[反意語]siiyu
[レベル]2

[語法]
「へたっぴでしょぼい」と覚えよう。

tas
/ [名詞]試験、テスト、実力テスト、検定、検定試験、考査
[レベル]2
19:制:taps
[文化]
日程→diasel, melsel

・日程

学生の試験は毎年二回実施される。ディアセルの直前と、メルセルの直前である。卒業見込み生にとってはメルセルの直前の試験は卒業試験でもある。試験は授業と同じ時間割で行われる。記述式の試験で、マークシートはあまりない。また、筆記試験の他に面接試験もある。口頭で質問される事項に答えられるかがポイントとなる。
試験の結果はfant, erfi, letti, freaで評価され、freaは赤点である。評価は絶対評価である。だからその気になれば全員がfantでもありえるし、全員が落第することもある。

・アルバザードの試験

アルバザードで実施される試験問題は、どの科目でも単に答えを出せばよいものではなく、「なぜそうなるか」が含まれるものが多い。国語算数理科社会どの科目であれ、「なぜ」を考えさせる仕組みになっている。これはアルバザード政府が自発的に考える人間を育成したいと考えているためである。以下に例を挙げよう。

アルバザードにおける数学の試験問題例

ミールは問うた。「0!は、ふつうに考えれば0になると思うが、これは正しいか」
ミールの考えは正しいか。もし正しいなら証明せよ。もし違うなら、なぜミールはこう考えたのか説明し、0!の値を求めよ。

模範解答

ミールの考えは誤り。ミールが0!=0と考えたのは、「階乗はnから1まで1つずつ数を変えながら掛けていくもの」と考えたため。よって彼女は「0!=1×0=0」と考えた。
他方、(n−1)!=n!÷nであり、n=1のとき0!=1である。よって0!=1。

以上を見ても分かる通り、アルバザードでは物事を言葉できちんと説明できる人材を育成している。
計算だけなら機械でもできる。問題だけならパターンプラクティスをすれば誰でも解ける。計算だけしても演習だけしても「なぜかを考える力」はつかないし、理屈を言葉で説明する力もつかない。
アルバザード人は論議が好きな民族である。相手が間違っている場合、なぜ相手が間違っているかを説明する必要がある。自分の正しさを証明するだけでなく、なぜ相手がそのような間違った考えをしているのか、その思考の過程を汲み取って理解する必要がある。
議論において重要なのは自分の正しさを主張することだけではない。相手の間違った思考回路を指摘し、説明することもまた大事である。そうでなければ完全に論破したことにはならないし、第一相手が納得しない。
分かっていない人間にはなぜその思考過程が間違っているのかを説明する必要がある。それゆえ、アルバザードにおける問題はこのように誤った思考回路を提示し、なぜそれが間違っているのかを説明させた上、相手がどのような思考過程でそのような誤謬に至ったかまで説明する必要がある。日本人の識者はしたり顔で「なぜ『ふつうに考えれば0!=0になる』のかがむしろ全く理解できないのですが」というようなセリフを吐くが、これは自分の持っている正しい知識の量をひけらかしつつ、自分の正しさをさも当然のことと涼し気な顔で言いたいだけである。アルバザード人は相手の思考回路を理解できない己の無能さを恥じるため、そのようなセリフは恥と捉え、言おうとしない。

アルバザードではこのように、問題の背景にある「なぜ」に答えねばならない。その上で日本と同じように通常の演習問題も解かねばならない。ゆえにアルバザードにおける試験は日本のそれと比べると非常に難しく、また論議力を付けさせる上で非常に有益であるといえる。
日本でいうような単にお勉強ができる秀才タイプでは、切り抜けられないことが多々ある。自分で言葉を使って自分の考えを表現し、相手の考えを理解した上で言葉で整然と反論できる力がないと生きていけない。
アルバザードは上層部にマニュアル人間を必要としていない。それはアルバザードがsmから2000年近くにわたって持ち続けてきた理念である。当時のアルバザードはルティアのような魔法兵団もなければメティオのような魔獣兵団もなく、特筆したものがなかった。それが世界一の強国になったのは、常になぜかを考え独自の発想を生み出す人材を育成してきたためである。
アルバザードにおいて単なる計算問題のような設題はまずなされることがない。例えば1+1=2のような簡単な計算問題であっても、「1+□=2になるような数を□に入れなさい」などという形で出題され、計算以外の思考を強制させられる。

反面、fiankaのような低学年のうちは計算力が大事とされるため、lazka以降とはまるで逆で、完全に公文式で理屈抜きでひたすら計算問題や書き取り問題を写経のようにやらされる。特にアルナ校のような名門校では、子供が腰痛になるくらいの量を出題し、演習させる。
暗記科目もfiankaのうちに地獄のように覚えさせられる。例えば日本では6年生までに歴史を覚えるが、アルバザードではfiankaのうちにイルムス全てを暗記させられる。

なお、アルバザードは合理主義の国なので、適材適所や船頭多くして船山に登るといった事柄も認識している。
アイディア力のある人間ばかりいても技術者がいなければモノづくりはできない。そこでmanakaに行く際に、普通科に行くか専門科に行くかを選択する。専門科に行くと公文もびっくりするくらいのパターンプラクティスと演習の繰り返しの日々が待っている。そこでは考える機会は奪われ、ひたすら機械になるよう徹する訓練が行われる。いわゆるブルーカラーやITワーカーにこの層が多い。
なお、言うまでもなく支配層は普通科出身の「考える力のある人間」たちである。問題は解けるがそれを説明できない人間は日本と違って見下される傾向にある。
【用例】
vast tas 試験に受かる
vas tas t'alf 数学の試験を受ける、数学の試験がある
ev{ar} tas 試験を課す、試験を行う
an til tas im kest. 明日はテストがある。
ar tas 試験を受ける、試験を与えられる、試験を与える。多義的。
"im kit, tu at tas kalis le kip dajna laates. 「最初はちょっとした親切心を観るためのテストだった。
"see non evat tas kes a lendi yuli daj sein. 「そんな親切な子供たちに次のテストを行った。

tat
/ [格詞]〜ごとに、〜おきに、〜につき
[名詞]周期
[物理]波の周期
[レベル]2
13:制:恣意
[語法]
1周期にかかる時間や量を述べる。tat sootで「一週間ごとに」。一回が巡ってきてから次の一回が巡ってくるまでの期間を表わす。
【用例】
tat 2 sel 隔日で
tat 2 xelt 隔月で
tat sel 毎日
3000 parmsolt tat 1 ras deel. yuu vade on tu aji. 3000円で1回で、空くじなし。

tate
/ [親族]おじ、おば、叔父、伯父、叔母、伯母
[レベル]2
古:親戚。赤アンクノットにはないが、以前は赤と書いてあった。誤記のはず。

tatoxel
/ [名詞]おととい、一昨日、おとつい
[反意語]takest
[レベル]2
19:melidia alis
【用例】
im tatoxel おとといに

tatoxsalt
/ [名詞]一昨年、おととし
[レベル]2
rd;/
23

tatoxsoot
/ [名詞]先々週
[レベル]2
rd;/
23

tatoxxelt
/ [名詞]先々月
[レベル]2
rd;/
23

tats
/ [親族]親戚、身内
[生物]属
[言語]州方言
[文字]ファミリー。具体的なスタンダード ミディアムなどは種(xite)。
[レベル]2
13:制:tata
[語法]
ernより狭く、xiteより広い。ern > tats > xiteの順。ernのうち、一緒に暮らしていないものを指す。

tattaen
/ [yunte][接続詞]〜のいない、〜を使わない
[レベル]2
20:melidia xier

tatte
/ [普通動名詞]スキップ
[動詞]yulをスキップしてaに行く
[レベル]2
fv;tanta.k
古:tantaと同根。メルのステップの際の声が変形して語彙化したもの。

tau
/ [動詞]yulをiからkonでaに買う、買う、輸入する、購入する
[経済]購買、購入
[経済]輸入←katatau
[レベル]2
19:赤:tawa
tawa:tawa
[文化]
<モールと払い方>
アンセの電子マネー、小切手、現金で支払う→gil
本人と照合しなければ一切の買い物ができないのでアンセを盗んでも何の利益もない。ただし特殊な技術を用いてセキュリティを突破すればこの限りでない。
店は大抵モールに並んでいる。モール内が一つの大きなスーパーだと考えて良い。会計も各々の店でなく、総合会計所で一度に済ませる。尚、個々の店内にも会計があり、そこで個別に会計することもできる。客はカートを転がしながら遊歩し、商品を取っていく。最終的に会計所でアンセ等を使って金を払う。本人照合がないとアンセは使えない。
アンセはクレジットカードではない。預金口座のようなもので、電子上の財布である。まだない金の分は使えない。一般にクレジットカードはない。クレジットは一種の借金である。アルバザードは借金を嫌う。ゆえにクレジットはない。プリペイドもない。アンセがあるので不要である
レジは自動式である。日本でいうところの駅の自動改札に近く、係員が横で監視しているだけである。商品についたタグをレジは自動で読み取って計算する。客はアンセをリーダーに通すと清算が行われ、アンセの口座から金額が引き落とされ、タグが除去される。これで売買が成立する。
<価格と税金>
物の価格はそれぞれ異なる。同じ商品でも季節や商戦によって変わる。ただ、総じて安定した価格ではある。商品には消費税が含まれる。値段は全て税込みで表示されるため、特に意識しなければ税金がかかっているかどうか気付かない。消費税は変動レートで、物によって異なる。最低限の日用品に消費税はかからない。食料品にもかからない。最低限でない日用品には消費税が少しかかる。歯ブラシには税金がかからないが、歯磨き粉にはかかる。このように、商品によって異なるので注意がいる。娯楽品には多額の税金がかかる。ゲームやジュースや菓子などは税金が高い。野菜ジュースなどの健康目的の物は税金が安い。酒は意外と高くない。アルティス教が奨励しているからである。タバコはそもそも違法なので税金以前の問題である。
<情報の購入>
本屋で本を買う場合は上で述べたのと同じ買い方をする。本の税金は娯楽嗜好が強いかどうかで決まる。本の内容によって異なる。
また、紙ではなくデータとしてアンセ経由で無料でDLすることもできる。DLのID数に応じて、情報税から版元に配当金が配られる。無料と言っても次年度に情報税を払うので、この無料は「その場では支払わない」という程度の意味でしかない。詳しくはladanlangを参照すること。
<自動販売機>
自動販売機は少ない。アルバザードは無人対応を嫌う。
【成句】
yuu tau, yuu kaax 鳴かず飛ばず
tau it alin hot 栄枯贔屓、えこひいき

tauan
/ [経済]客、消費者、顧客、クライアント
[レベル]2
19
[文化]
日本はお客様は神様という風潮があるが、アルバザードでは売り手と買い手は対等。客は物やサービスがほしい。店は金がほしい。その利害が一致しているので、どちらの立場が上ということはない。もちろん客にはその店で買わない権利があるものの、店も失礼な客に売らない権利がある。対等なので客は威張ることがないし、店員もへつらうことなく、道で人に物を尋ねたときのような調子で会話を行う。
これを実現させているのはアルバザードの国民性もあるだろう。元々アルバザード人は他人に偉そうにするのが苦手で、目下だからといって偉そうにしたり、目上だからといって態度をコロッと変えたりするのを嫌う。悪人相手には平然と攻撃的になれる人々だが、そうでもなければ穏やかで親切で繕わない人が多い。

tav
/ [動詞]yulをaに貼る、貼る、貼り付ける、はる、張る
[普通動名詞]塗付、添付、塗布
[反意語]altav
[レベル]2
15:制:恣意

taxit
/ [名詞]速さ、スピード、速度
[音楽]テンポ
[レベル]2
19:mel:21にtaxatiにしようとしたが長いのでtaxitはこのまま残した。語源はtax/atiとなる。
【用例】
tu at xep xel an toi taxit. スピード調節が難しかった。

tea
/ [格詞]もし〜なら。反実仮想。
[副詞]〜ではないけれど。反実仮想の副詞。
[レベル]2
17:制:古:myul/xa無い存在
:::tattawa,alt
[語法]
ol
現実には起こらなかったこと、或いは未来的に起こりえるはずのないことを指す。
【用例】
tea an et la, son an tan sot van soa. 私が彼の立場にあったら、やはり同じようにするだろう。
an ke tea. 私は行かないけど。
tea lena es nox a kalte ilia, lena xiel klema yu sen vand e retl. 一箇所に固まっていると、敵からの攻撃を受けたときに一網打尽にされやすいからね。

teal
/ [文末純詞]そうだろうかいやそんなはずがない。〜ではないのだろうか、いやそうに違いない
[レベル]2
[言語]反語
17:制:teaに古のlを付けた。「正しいものか?」という意味。
[語法]
反語。肯定を否定に、否定を肯定に変える。肯定を強調する用法はない。
【用例】
armiva vadet lins im vaste teal? アルミヴァはヴァステで悪魔に負けたのだろうか?いや、負けたはずがない。

teel
/ [エルト][サール]テール
[名詞]運命
[形容詞]運命的な、お決まりの
[法副詞]〜せざるをえない、どうしても〜してしまう。宿命として抗っても仕方がなくしてしまうというニュアンス。自分の意思というより宿命としてやったというニュアンス。
[名詞]お約束。文字通り約束の意味ではなく、「幼馴染みがヒロインとかお約束すぎる」という場合のお約束のこと。
[形容詞]いつか来る
[類義語]alteom、velant
[反意語]alteel
[レベル]2
fulmiia:古
[語法]
teelとalteomの違い。teelは「いつかくる」という意味なので、必ず開始が存在するという意味。alteomは必ず終了が存在するという意味。開始と終了のどちらに視点を置くかの違い。
[文化]
生命を持った2枚のカード。1枚はエルトでもう1枚はサール。エルトが出るかサールが出るかで人の運命が分かれる。
【成句】
il xa teel. すべてはテールのカードの上にある:なるようになるさ。ケセラセラ。
vort teel いつか来る死
vort e teel 運命の死(この句の意味は定かではない。単に上記と意味が異なることを指しただけ)
teel rsit teel 塞翁が馬
【用例】
la vortat teel mil tidati. 彼は貧しくて死なざるをえなかった。

teems
/ [悪魔]テームス
[シェルト]テームス、永駒
[レベル]2
meltia 0:saal;e

[文化]
悪魔の王ならびに母。ユーマが生まれたことで生じた世界の歪み。悪魔の死骸でできた塊の姿。黒と灰色の球体。会話不可能。宇宙に住む。殺された悪魔を胎内に宿し、再び産み出す。意思を持たず、ひたすら悪魔の復活を行う。蟲動を繰り返し、こけらとしてアデルを産む。ヴァステでアルミヴァに封印された。カコで復活しメテに封印された。rdで復活し、アシェットに滅ぼされた。死と同時に復活し、ユーマ・アルテと対を成す存在になった(yuuma参照)。
太陽を司る。太陽の黒点にいる。
<誕生の経緯>
ユーマ誕生後、世界の歪みについては誰もが不安を抱かずに過ごしていた。しかし誰も知らないところで世界の歪みは起こっていた。歪みの原因はユーマである。サールもエルトも気付くことはなかったが、ユーマの存在は世界の歪みを引き起こしていた。世界に起こった歪みは強大な存在を生み出した。それは終わることなく尽きることのない巨大な存在であった。アルデはそれをテームスと呼んだ。テームスは始めに悪魔アルマを生んだ。悪魔アルマはヴィードのアルマを思うままに操ることができた。次にテームスは悪魔フレスティア、悪魔ヴァルテ、悪魔ブレイス・クレートを生んだ。フレスティアはユノを操り、ヴァルテはヴィルを操り、ブレイスとクレートの2人はノアを操った。テームスは更にフレスティアの下に悪魔ホーラ、悪魔プスホーラ、悪魔テクラ、悪魔インプラを生んだ。これらは順に、赤い霊力、青い霊力、緑の霊力、黄色の霊力を操る者である。同時にテームスはヴァルテの下に悪魔ミダン、悪魔ヴェンシートを生み、更に7匹の悪魔ソームを生んだ。ミダンは聖の魔法を操り、ヴェンシートは邪の魔法を操った。尚、ソームの内訳は闇の悪魔ヴェルム、水の悪魔エルヴァ、風の悪魔サティ、土の悪魔テーヴェ、炎の悪魔ベーゼル、雷の悪魔イルヴァ、光の悪魔パルトである。彼らはいずれも強力なヴィードを操るテームスで、アルテを凌駕した。
フレスティアから始まるこれらの悪魔をまとめてヴィルテといい、ヴィルテにアルマを加えたものをアルヴァという。更にテームスは名もない悪魔を無数に生み出していった。これらをまとめてテームスと呼ぶ。そしてこうしたテームスたちを生み出すと、一旦は活動を止めた。テームスは多種多様であった。言語を司る悪魔エルトや時間を司る悪魔メルティアのようにテームスが存在し続けるために必要なこの世界を支える重大な役目を負っている者もいる。その一方で役目を持たずに自由意志で動く剣士キルセレスのようなものもいる。あるテームスは宇宙にいて何もしないが、ある者はアトラスに降りていき、アルテを襲うことがあった。エルトとサールはいがみあっていたが、より強大な存在であるテームスの出現によって一時的に団結し、共にテームスを討とうとした。こうして神と悪魔の戦いであるヴァステが勃発することとなった。
【成句】
teems ravel また現れたテームス:元の木阿弥

teen
/ [rente]tee、teeのユンク語
[レベル]2


teere
/ [感動詞]ノーサンキュー、いいえありがとう
[動詞]yulを辞退する、辞退する、辞去する、断る、拒否する、拒絶する、遠慮する。お礼を言って断ること。
[普通動名詞]辞退、辞去、遠慮、拒否、拒絶
[レベル]2
tm;teo/seere
14:制:teoとseereの鞄語
teere:teere:teere
【成句】
teere bas. ご遠慮なく、遠慮しないで。

teeve
/ [悪魔]テーヴェ
[歳時記]木曜日。週の第4日目。
[音楽]ファ
[組み数字]4/7
[レベル]2
meltia 0:teeve;e
sorn:アルシェ形はtuue。tuは土。uuがeeに変わったのは恐らく母音調和。
[文化]
ソームの4番目。性別がない。無言のゴーレム。土を操る。土でできた巨大なゴーレム。知能がない。

teik
/ [名詞]テレビ
[レベル]2
古:teik(絵(短縮形がik)を伝える)
[文化]
テレビは今の日本よりずっと薄い。大抵は壁掛けで、重さもそう重くない。優れた液晶高画質画面である。液晶の見える角度は広く、ほぼ真横から見ても画像が見える。画素数は多く、色数も多い。映像もクリアである。画面はフラットで、歪曲はない。画面の大きさは大きく、三十インチは余裕で越える。大抵の家庭は一台しかテレビがない。或いはテレビがない家もある。大家族が多いので全員で見るときも画面が大きいので見やすい。アルバザードはあまりテレビに没頭しないので、チャンネル争いも起きない。
内容ごとにチャンネルが分かれている。ニュースチャンネルはニュースしか報道しない。教養チャンネルは教養番組しか報道しない。スポーツチャンネルはスポーツのみである。チャンネルは無料と有料のものがある。無料のものはどのテレビでも見れるが、有料のものは予め料金を支払っていないと見れない。ホテルなどのテレビは無料番組は見れるが、有料番組を見るときはフロントに申告して見れるようにしてもらう。そしてチェックアウト時に加算分を支払う。
有料と無料の違いであるが、娯楽性の少ないものが無料である。ニュースや教養や天気や交通情報などは無料であるが、スポーツ、バラエティ、アダルトなどは有料である。日本と違ってアダルトは規制がない。有料ではあるが、払えばいくらでも見れる。アダルトチャンネルを子供に見せたくなければそのチャンネルに支払わなければ良い。
トークショーやお笑いはあるが、日本とは違うタイプのお笑いなので注意。また、日本ほど発達したアニメがないため、アルティアからの輸入アニメを放送している。
尚、有料チャンネルはテレビごとではなく、世帯ごとに契約するものである。ある家がバラエティチャンネルと契約していれば、ケーブルを繋いだその家のどのテレビからでもそのチャンネルを見ることができる。
【用例】
teik kaen bal 壁掛けテレビ
an kalma in teik du fil rak. よくテレビを見過ぎてしまう。
an inator teik kont so yuu. 何もせずテレビを見ていた。
an inat{serat} tu vert kon teik im toxel. 昨日そのニュースをテレビで見た。「テレビで」の「で」はkon。「見かけた」であろうとkon→kon
an kalma in teik rakel. 普段、テレビを見過ぎる。
aruuj ant siina teik kinel. 弟はテレビっこだ。
an in teik du 3 miv tat sel. 日に3時間テレビを見る。
an frem nelt a teik rakel im in tu. テレビを見るときに近付きすぎる。
an flonik i teik ati kal. テレビから少し後ろに下がった。
an kait fo e teik. テレビの音量を上げた。
an isat teik xi vert veer. 最後のニュースを見てからテレビを消した。
an fen ax mel l'an in teik. テレビを見る時間を減らさなければならない。
rsiil kalma jok an man an in teik rakel. テレビの見過ぎで親によく怒られる。
an sedat teik lana xook sen em ati vein. 会話の時間を増やすためにテレビを片付けた。
an inat vil teik fol fil. しばらくの間テレビを見れなかった。

teikyo
/ [名詞]ドラマ、テレビドラマ
[レベル]2
vl;teik/kyo「テレビ演劇」


tek
/ [植物]葉、葉っぱ、このは、木の葉
[レベル]2
f;te/ki「風で動く」

tek:tek:lei
【用例】
tek at met milmel mil teeze. 風が吹いて木の葉が散った。
an nat tu et yunfi xel tek at met. 木の葉が散るのを見てむなしさを感じた。

tek(2)
/ [動詞][rente]dek
[レベル]2
19

teks
/ [名詞]カップ
[レベル]2
13:制:古:etekhoosa(茶の入れ物)
[語法]
取っ手のある茶碗。取っ手のない円筒形のものはpap。

tel
/ [動詞]yulに逆らう、逆らう、抗う、あらがう、抵抗する、反抗する、違反する
[普通動名詞]反抗、抵抗、違反
[形容詞](telanで)逆らうような、反抗的な
[形容詞](telanで)逆、逆な
[格詞]逆らって、〜と対照的に、〜に反するように、〜に対して、〜対〜、〜:〜、:
[類義語]balte
[反意語]haas
[レベル]2
13:制
【成句】
mesa ko tel(en) ko 一対一で、サシで、タイマンで、1対1で
【用例】
tel miina, sae et dint. ミーナと対照的に紗枝は暗い。

temmax
/ [生物]耳の穴、外耳孔
[レベル]2
rd;/
24

temperakuuno
/ [言語]意外な驚嘆。文末で使用。!?で示す。
[レベル]2
22

tems
/ [建築]窓
[芸術]漫画のコマ←milslax
[レベル]2
13:制:har:tehomyu(風の扉)
【用例】
an terkat mesa homes tems xalel. 窓を開けっ放しのまま、外出した。
an retat tu lex la deyu tems. 窓を閉めるように彼に頼んだ。
☆an deyut tems lana stas esk. 雨が降り込まないように窓を閉めた:stasの用法に注意。

teon
/ [感動詞]あらいやだ、やだもう、お上手ね
[レベル]2
古:kmiir az fulmiia:teo/n(指小辞)
[語法]
誉められたときなどに謙遜していう言葉。女性のみ。男性は特にこれを意味する特定の感動詞を持たない。

teran
/ [名詞]聞き手、聴き手、リスナー
[レベル]2
20

terk
/ [動詞]yulに出かける、出発する、出かける、行ってくる
[普通動名詞]通学、通勤
[反意語]kolt
[レベル]2
@19
[文化]
食後暫くしてから出る。七時ごろに出発する。学生の登校時間は片道30分ほどで、社会人も大差ない。社会人は近場の職場を選ぶし、学生も近場の学校を選ぶ。だから時間はかからない。
<通学>
ふつうは最寄の学校へ行く。通学時間は30分〜1時間程度である。徒歩、自転車、電車、バスなどを利用していく。
【用例】
an terkat sat. ちょうど外出するところだった。
an terkat vil mil sae. 雪に閉じ込められた。
el terk xin lana axo im durne. 夜遅くに遊びに出てはいけない。
tu kad xin yuli terk im durne nov. この国は子どもが夜遅く出かけるのを禁止している。
an terkat ris. 出かけたくなかった。

terkfont
/ [名詞]通学路、通勤路
[レベル]2
20

tes(2)
/ [名詞]電気
[レベル]2
13:制:古:tes(電気)。teslan←tes(電気)/lan(lantis(霊人))から。原義は「電気の人」。リディアの知人で、この名はリディアが付けたアルカ名

tes(3)
/ [動詞][rente]des
[レベル]2
19

tet(2)
/ [動詞][rente]det
[レベル]2
19

tetona
/ [名詞]関係
[名詞]人間関係、人付き合い
[レベル]2
f;teは「風」で「関係」。naは「心」?

tetona:tetona:lu tetona:tetona,alt
【成句】
tetona del ans xenat eria it elfe kok. 同じ泉から水を飲んだ仲:袖すり合うも他生の縁
【用例】
til tetona a 〜と人間関係がある。知己であるより深く、知り合い程度。文脈次第では男女関係という隠語の場合もある。
tetona le leev lena im el volt tu kokko eld, non sedo fan tu kalt eld, soa lot, nat vem. tet myu? evitloki eyo? 言葉にすれば 消えちゃう関係 なら 言葉を消せばいいやって 思ってた 恐れてた だけど あれ? なんか 違うかも(『恋愛サーキュレーション』千石撫子)

tette
/ [名詞]おじさん、オジサン
[類義語]lanla
[レベル]2
古:tette←tete

tetten
/ [名詞]おじちゃん
[類義語]tette
[反意語]lanlan
[レベル]2
20:tette/n

tex
/ [格詞]〜によると
[名詞]情報、個々の情報、データ、資料
[電算]データ
[反意語]kos
[レベル]2
13:制:古:telo「知を伝える」
[語法]
断片化された個々のデータを示す。体系化されていない知識を示す。ばらばらに乱立しているデータのこと。
[文化]
<情報とコンテクスト>
xalten
社内文書や案内表や契約書などにおいて、情報をどの程度厳密に細かく伝えるかは国によって異なる。アメリカでは低コンテクストだが、フランスや日本は高コンテクストで情報量が少ない。ある程度常識に委ねる。一方、フランスの案内板は不親切だが、日本は世界一と言っていいほど気配りが細かい。アルバザードは日本式に最も近く、高コンテクストながらも気配りは細かい。例えば電子レンジに猫を入れたら死ぬことくらい明らかなので、アルバザードの説明書にはそのような注意は書いていない。もし誰かが訴えても、裁判所はただちに棄却する。ただ、老人にも分かるようにボタンに大きな文字で「加熱」と書かれていたり、絵で分かるようになっていたりと、気配りは日本人並み。
情報の伝達には国民性が出ており、親切でまじめがモットーのアルバザードの場合、「困っている人を助ける」という姿勢が出ている。難しい説明書に悩んで困るだろうお年寄りのお客さんなどを想定してマニュアルが組まれる。
<共有の精神>
ケチや独占といった「自分だけ良ければそれで良い」という考えはアルバザード人が卑怯と忌むところで、情報はできるだけそれを必要とする人に与えるべきだという共有の精神がある。
従って、相手にとって必要であれば教えてやるのが善とされる。日本の場合、ときにはおせっかいと取られるかもしれない。
【用例】
tex le til ost tinka 容量の大きなデータ

tia
/ [形容詞]正しい
[名詞]正解、正答、あたり、当たり、アタリ
[類義語]axmiir、axna
[反意語]evit
[レベル]2
rd;↓
19:制:tea
[文化]
tia
【用例】
la ses tia na. 彼は正しかったようだ。
"tia on "kon fie", tal evit on saaj. anfi fist o fist luna van ol fie di ik nox. 「そう、嘘でできている。だけど無じゃない。嘘が集まると、ごく稀にだけど、何かが生まれることがあるんだ。

tian
/ [名詞]カノジョ、彼女
[反意語]altian
[レベル]2
古:tian,tiian。tia「愛」に指小辞のnが付いたもの。
[文化]
日本の場合、男女入り混じって雑談するということは多くない。他人かカップルかという差が歴然としている。友達という区分が少ない。知り合うのが難しく、出会いがないということになる。
その代わり、気に入れば付き合うまでが早く、セックスに至るのも早い。ただ、付き合ってセックスすると、いちゃいちゃする割合は少なく、淡白な関係になる。
アルバザードの場合、ほぼ真逆と見てよい。男女が付き合うのに平均3年ほどかかる。カナンと紗枝の状態でさえ、ふつう数カ月、長ければ数年かかる。
日本と違って離婚も再婚も厳しいアルバザードでは、恋人選びはじっくり時間をかける。
なお、付き合ってもセックスしなければ女は別の誰かと付き合う権利があるため、付き合うのは早くしても、セックスは最低でも3年はさせないということもある。
このように選択が厳しいため、逆にいえば「恋人候補」が一人しかいないと、それだけで数年間を無駄にしてしまい、適齢期を逃す恐れがある。
そのため、アルバザード人は男女ともに候補を数人見繕っておく。彼らと数年間付き合い、この人は大丈夫だと相思相愛になった相手を選ぶ。
ゆえに、候補をたくさん確保するために、男女の仲はよく、学校や職場でも常に入り混じって話す。女子は女子で固まるということがない。
また、アルバザード人は一度セックスすると、フランス人並にいちゃいちゃする。ただし、人前では絶対にしないところが決定的な違いである(ちょっとくらいはいちゃいちゃするが、恐らく日本人か韓国人と同じくらい)。セックスの頻度は極めて多い。アルバザード人は女子側が積極的であるため、精力の強さはカレシ選びで重視される。特にアルバザードは娯楽が少ないため、セックスは恋愛関係でとても重要である。アルバザードのほとんどの女子は自慰を行うため、性感帯も発達しており、最初に痛くしなければたいていはセックスに依存するようになる。
ただし、アルバザード人の女は総じて「押す」でなく「引く」タイプで、自分から求めるのではなく、相手に求めさせ動かすというタイプである。
カレシは女子の誘惑してくる空気を読む能力が必要で、毎日のように求めてくるのに応じ続ける体力が求められる。応じなかった場合はたいてい女から愛想を尽かされ、関係が冷める。アルバザードの場合、それで簡単に別れられないので、冷えてしまうと後々辛い。
【成句】
tian imen ti at bettel et kaksen. みじめなときにできた彼女が本物だ。女は男そのものより男の持つステータスに股を開きがちな生き物なので、金や地位などを持っているときにできた女は信用できない。逆に自分が空手のときに拾ってくれた女が愛すべき本物の恋人だという教え。
【用例】
nod hacn kont kalt tian 友達以上恋人未満
an si tian. tu et sanje ilia onen lfis ant ik vern. 彼女がいない、ただこの一点で人生崩壊(加藤智大)

tianal
/ [名詞]恋人、カップル
[類義語]falxe
[レベル]2
19:lein

tiatis
/ [感動詞]さようなら、またね、さよなら、じゃあね、バイバイ、行ってきます、いってくるね
[レベル]2
古:tia tis(私は)貴方を愛しています。中学以降、リディアが来て駅で別れるときにお決まりのセリフだった。
[語法]
恋人同士が使う。
【用例】
tiatis. non tiia tyu nod netal. tet tyu em vil kaan rat e yulian poten tom e. さようなら。貴方を誰より愛してる。それでもお腹の子の良い父親にはなれないわ(『Roman』#1「見えざる腕」)

tid
/ [形容詞]貧しい、貧乏な
[名詞]貧乏、貧困
[類義語]frenxen、momkui
[反意語]kag
[レベル]2
@19
【成句】
[メタファー]tid ento kui mom 根を食べるほど貧しい:アルバザードでは根っこは貧乏人の食べ物。ジャガイモの普及もこれで遅れた。
ridia o mel as at tid im yuli. 家貧しくして孝子あらわる
tid set yulg 貧すれば鈍する
tiden til vil noz fil 貧乏人は爪を長くする余裕がない:貧乏暇なし

tie
/ [名詞]修飾始点
[数学]括弧開く
[レベル]2
14:制:古:kerにあたるもの
ker:ker:ker
[語法]
tie tunで括弧と同じ役割をし、語句を挟んでひとつにまとめることができる。論理的に誤解ないように明示する場合に使う。文末ではtunが省略され、tieしかないこともある。
【用例】
an inat tie la luna tun. 私は彼が来たことを見た。
(2 o 3) a 3 = 15. (2+3)*3=15:(をtieと読む。

tier
/ [地学]海、海洋
[形容詞]〜海。前置。
[メタファー][地学]だだっ広くて人里離れたところ:ふつうarduは狭くて陸地が見えてしまうし、oka, leivaはなじみがなさすぎて不適切。海だと陸が見えないところがあるので隔絶感が強い。
[レベル]2
sorn
古:sorn:tier←tinkaeria(凄い(=広い)水)
kalua:kalua:la malea(水):aka,alt
[語法]
表層(gimtier)、中深層(endantier)、漸深層(seeltier)、深海層(engimtier)、超深海層(dantier)の5区分がある。
【用例】
ai, ans jalik nosse ke sil tier. 結局我が家では海に行くことに決めた。

tifa
/ [名詞][形容詞]半分、ハーフ
[類義語]fest
[反意語]folk
[レベル]2
19:制:tifから。「失った」が原義。
[語法]
folk

tifl
/ [動詞]yulを失う、失う、紛失する、失くす、無くす、なくす、亡くす、なくなる、無くなる、失くなる、もげる
[普通動名詞]喪失、失い、ロス
[受動名詞]無くし物、なくしもの、無くしもの、なくし物、落し物、おとしもの、落としもの、遺失物
[反意語]taf、xim
[言語]脱落:fixtsanのtが消えるような現象のこと。しかもその後sがxに同化し、fixxanとなる。
[化学]酸化
[レベル]2
古:sorn
【成句】
tifl arka 言葉が出てこない:思い出せずに「うー、なんだっけ」という状態。

tiia
/ [名詞]愛、愛情
[動詞]yulを愛する、愛する
[形容詞]愛された、愛しの、愛する、ディアー、ディア
[魔法]ティーア。害の中位黒魔法。相手に自分を愛させる魔法。相手に献身させ、操る。hatiaと違って黒魔法となる。
[組み数字]2/6
[類義語]felist
[反意語]varae
[レベル]2
f;e
古:tia, tiia
tiia:tiia::dialu,alt
[語法]
自分より相手の幸福を願う気持ちがtiiaで、男女間以外にも用いられる。
恋愛感情はhatiaであり、成就してもしなくてもhatiaといえる。
互恵的な恋愛感情はrandiである。
相手の存在に快楽を見出す気持ちがsiinaである。相手のことを必ずしも自分より優先するとは限らないため、siina miikのように物を取ることができる。
相手と一緒にいたいと思う気持ちがlaapであり、制のlaxに値する。
【成句】
tiia em met al anver 可愛さ余って憎さが百倍
【用例】
tiatis, sentant mil tyu tiiat non siina. さようなら、愛してくれてありがとう。

tiitel
/ [サール]ティーテル
[名詞]2時
[名詞]東北東
[交通]ティーテル通り
[音楽]ド#
[組み数字]2/12
[類義語]tel
[レベル]2
meltia 4:tiitel;e

[文化]
アルミヴァの2番目。サールの胴体から生まれた幼女。ティーナという剣を持って生まれた。しかしティーテル本人は剣を使うことができず、専らこの剣にふさわしい者を待つ番人になってしまう。ティーテルは生涯成長することなく、夫を持つこともなかった。結局ティーテルの剣を扱うに値するものは現れなかった。rdになると、ティーテルはテームスの復活を感じ、キルセレスに剣を奪われるのを恐れて腹の中に剣を隠した。しかし剣は収まり切らずに出てきてしまった。よく見るとティーテルの腹からは剣だけではなく小さな女の赤ん坊までもが出てきていた。その子供は以前ネブラに強姦されたときに剣にかかったネブラの精液から生まれた娘だった。その子供はティーテルとネブラの娘である。ティーテルはこの子供なら剣を使えるかもしれないと思って剣をその子供に託し、娘をエンナと名付けた。それを見たキルセレスは剣を奪おうと襲い掛かってきた。命からがらティーテルは娘をアトラスに送り込む。娘は剣の力に守られて生きのび、やがてソーンの使徒となる。

tik
/ [名詞]傾き、傾斜
[動詞]yulをdu(角度など)だけa(方角など)に傾ける、傾ける、かしげる、傾げる、傾く
[形容詞]傾いた、ななめな、斜めな、斜め
[数学]傾き
[地学]勾配
[文字]スラント、斜体。オブリーク、イタリック、レフティがある→atom
[類義語]poit
[レベル]2
19:tok:古:tok(坂)。tokは歩く音のオノマトペ。
【用例】
tik po 首をかしげる、首を傾げる
tik po fenel 小首を傾げる
ele tik 傾いた台
"son..." lanko tikik po. "to sil sod a tu fia sei" 「じゃあ……」青年は首を傾げる。「世界はどうなってしまうんだろう?」

tika
/ [名詞]柄、つか、つまみ、抓み、え、バックなどの持ち手という手に持つ紐部分、バイクや自転車等の回らないハンドル、グリップ、スロットル、取っ手、ハンドル、ドアハンドル
[言語][文字]アーム
[化学]アーム。顕微鏡の。
[軍事]グリップ。銃の握るところ。
[レベル]2
13:制:古:txilkal[持つところ」→tika
【用例】
bik tika 柄を握る

tikl
/ [動詞]yulを真似る、真似る、まねる、真似する、まねする
[普通動名詞]真似、マネ、モノマネ、ものまね、物まね、物真似、物マネ
[レベル]2
13:制
【用例】
ren tikl (les) an (so). 私がするのを真似て。

tikno
/ [サール]ティクノ、竜王ティクノ
[名詞]9時
[名詞]西
[交通]ティクノ通り
[魔法]召喚魔法ティクノ(バハムート)。咆哮とともに大量のユノを放射する。
[音楽]ソ#
[組み数字]9/12
[類義語]tik
[レベル]2
meltia 4:tikno;e
seren:古:キャラの設定内容はリディア
[文化]
アルミヴァの9番目。サールの頭から生まれた。竜の姿をしている。ヴァステではサールを束ねて悪魔と戦った。ポエンの夫で、アルデスとテュアの父。正義感が強く、正々堂々としている。

tilm
/ [名詞]新聞
[レベル]2
13:制:tilomas(報道の紙)
[文化]
アルバザードでは既に衰退し、紙媒体の物は存在しない。アンセに配信されるニュースサイトをtilmと読んでいる。
【用例】
an isk nelt tilm tat sel. 私は毎朝新聞を読む:あえて毎朝と訳出。
an iskat tilm wanel im faar. 朝、新聞をざっと読んだ。
an isk vil ilm e tilm sa harp. 朝のうちに新聞全体を読むことはできない。
☆tu soda lunat tilm hanel. その事件は新聞に大きく載った。hanに注意。紙面は二次元なので。

tilon
/ [擬音]ぴんぽん、ピンポン、ピンポーン
[レベル]2
fv
赤:正解やブザーの音

tim
/ [植物]種、種子、核
[生物]核
[地学]核
[メタファー]核心
[数学]球の中心←seel
[レベル]2
20:古tek/melmo(緑に関する丸いもの)
【成句】
toe tim 核心に迫る、核心を突く

tina
/ [名詞]幼女、2〜5才の女の子
[反意語]altina
[レベル]2


tinaan
/ [名詞]小学生
[レベル]2
19

tinaka
/ [名詞]小学校、小学、幼稚園、保育園
[レベル]2
19
[文化]
小中学校は北区まで行くと2〜9歳の子供には辛く、親も大変なので、小中学校は東西区に設置されている。ただしアルナ校のような進学校では最初から北区に行くので、親兄弟などが送り迎えをする。
南区の子供は東西近いほうの小中学校に行く。カルザス通りからだとどちらからも遠いが、カルザス通りはインプレンやゲームセンターなど、繁華街の中心なので、個人商店の子供は住んでいない。個人商店は東西どちらかに寄っているので問題ない。

tinal
/ [生物]幼児
[レベル]2
rd;tina/al
23

tinl
/ [音楽]鐘、ベル、チャイム
[メタファー]時間、限。授業の何時間目や何限。
[レベル]2
sorn:tinlはオノマトペ 参考:古:gilaldo(ベル)
gilald:gilald
[語法]
釣鐘型のものと、欽ちゃんの仮装大賞で使う段状のもの両方を指す。
[文化]
死神が嫌う音。鐘を鳴らすと死神は逃げていく。逃げられずに聞き続けると下位は死ぬ。ただし、死神が正体を現しているときでないと効かない。

tinos
/ [代詞]あなた自身
[レベル]2
19:xion

tinx
/ [名詞]グラス
[レベル]2
古:乾杯するときにグラスを合わせたときの音tintから

tipa
/ [植物]タンポポ、たんぽぽ、蒲公英、ダンディライオン
[花言葉]あどけなく可愛らしい
[レベル]2
13:制:sad:tiparin(小さいひまわり)
[文化]
自生しており、雑草とも考えられていないため、除去されない。可愛い花だと考えられているが、放っておいても咲くので、わざわざ管理はされていない。そのため、春になると至る所で咲き乱れる。

tisa
/ [文頭純詞]ご存知のように、ご存知のとおり、知ってのとおり、見ての通りの
[レベル]2
15:制:古:tislo(あなたは知っている)

tisoa
/ [感動詞]おめでとう
[レベル]2
古:tisoaa, tiso, tisod。元はtissod「君はおこなった」で、仕事完了を祝福する言葉。転じてめでたいことがあるたびに使われた。音はまずdが落ち、重子音が弱化してtisoになった。それに感動詞のaa(これは只の「アー」という声にすぎなかった)がくっ付いて慣用化されtisoaaが生まれ、後にtiにアクセントがあることからaaが弱化して短くなって現在のtisoaに至る。

tisoono
/ [感動詞]調子はどう?、どうしてた?、最近どう?、このごろどうですか?、ここんとこどうだった?、最近何かあった?
[レベル]2
古:tisoono←tissoonoyunが短くなったもの。

tissen
/ [文末純詞][milia]tisse
[レベル]2
21:ridia:tisse/n

tist
/ [名詞]小声
[普通動名詞]囁き、呟き、呟き、ささやき、ひそひそ声
[動詞]yulをaに小声で言う、つぶやく、呟く、言う、囁く、ささやく
[類義語]flanj
[レベル]2
14:制:tast
【用例】
lu kut soa tistel. = lu tistat soa. 彼は小声でそう言った。

titta
/ [動詞]yulをあやす、あやす
[レベル]2
13:制:titta,titta
[語法]
子供や赤ん坊や愛玩対象と遊んであげたりして機嫌を取ること。

tiu
/ [名詞]1〜2個
[形容詞]1〜2個の
[類義語]fou、alfou
[レベル]2
20:tifa/fou(半分になったfou)

tix
/ [動詞]yulを含まない、yulをiから除く、含まない、除く、逸脱する、排他する、排斥する、追放する、追い出す、排除する、どける、どかす、のける、除名する、除外する、限る、区切る
[格詞]〜以外は、〜を除いて
[反意語]kav
[レベル]2
19:恣意
【用例】
armiva til mem on harma tix nebra. ネブラ以外、アルミヴァは幼字に丸印を持つ。

tixante
/ [感動詞]もしもし
[レベル]2
古:ti'xante。anxanteをan/xanteと解し、anの部分をtisに変えたもの。tisはxの前でsが落ちてtiになった。ti'xanteの原義は「貴方は返事する」であり、「返事できますか?通じていますか?」の意味。アンシャンテにおいて使われた。

tizo
/ [文頭純詞]とりあえず、いまのところ、当面
[副詞]いったん、一旦、一度、とりあえず
[レベル]2
14:制:tiz(今)
[語法]
後に何らかの変化をするということを含意する。

toaer
/ [生物]鼻水
[レベル]2
19
[文化]
鼻を人前でかむのは不潔な動作。すするのも不潔な動作。ユンクは恥らって人前ではせず、トイレなどでする。男は平気でするが、ユールはユンク同様隠れてする。
【用例】
ar toaer 鼻水を出す
is toaer 鼻をすする
alsip toaer 鼻をかむ

toaext
/ [生物]鼻くそ、ハナクソ、鼻クソ
[レベル]2
19:ridia

toal
/ [名詞]いくつ、どれくらいの
[形容詞]いくつの数の。前置。
[形容詞]何番目の。後置。
[レベル]2
19
【用例】
ti lax toal miik? りんごはいくつほしい?

toan
/ [動詞]yulを嗅ぐ、嗅ぐ、かぐ
[文末純詞]〜なようだ。嗅覚での推量。
[レベル]2
16:制
【用例】
toan miina 花を嗅ぐ
seren toan nelt lei. セレンは本を嗅ぐくせがある。

toe
/ [動詞]yulを刺す、刺す、突く、つつく、つっつく
[擬音]つんつん、ツンツン、ちょんちょん、チョンチョン
[レベル]2
lsl;oes,szd.l
sorn 参考:アルシェではpipi
pipi:toe:oes:txotxo,mdd pielu,alt
【用例】
toe liel 長く突く、奥まで突く

tofan(2)
/ [名詞]何番目の、いくつ目の
[レベル]2
21

toim
/ [文頭純詞]いつの間にか、いつのまに、いつしか、気付いたら、そういえば、そういや、何時しか、気付けば、気づけば
[レベル]2
15:制:古:toin,toima(今何時?)が変化したもの。

tokl
/ [料理]ハム
[レベル]2
13:制:faptokl(燻製された豚肉のもも)。fapxと音を離した。

tolis
/ [名詞]年齢、年、とし、歳、才、エイジ、エージ
[類義語]salt
[レベル]2
sm;tolis,szd < to/liiz「何/小さい」→「どれくらい小さい」→「何歳」
22
::lu tolis(メルティアが男)
[語法]
→livles
la et tolis 4は「彼は四歳だ」で、la et salt 2は「彼は二年目の新人だ」という意味。
【成句】
haas tolis. kont palm tolis 年功序列
【用例】
an til 10 tolis. = an et tolis 10. 私は十歳だ。
nana del tolis 1 (keno) xelt 2 1歳2ヶ月の赤ん坊
ridia at tolis toal im vast teems? リディアはテームスを倒したとき、何歳でしたか。
ti til toal tolis? = ti et{tur} tolis toal? 何歳ですか。おいくつですか。
main luut es malt ka tu lond fin lu et fian le til 6 tolis tis. 6歳の幼い自分は夢の中で大人の姿になっていた。
oma alxa em tolis 15 xalt lan im tolos 1. 犬は1歳で人間でいう15歳になる。

tolk
/ [生物]大腿、もも、腿、太もも
[反意語]anto
[レベル]2
sert
13:制:telk
se:se
【用例】
tolk jax 太い腿、たくましい腿

tolklonz
/ [名詞]膝枕、膝まくら、ひざ枕、ひざまくら
[レベル]2
rd;/
23
【用例】
fit tolklonz a nene 〜に膝枕してやる

tom
/ [生物]腹、おなか
[言語][文字]カウンター、ふところ
[レベル]2
frf
古:ridia:小さかった頃のメルの腹部をぽんぽんと撫でながらtomtomといっていたことから、tomtomはおそらく「ぽんぽん」にあたる言葉だろう
ga:ga:la gwain(体の真ん中にあるので母体):haga,alt
[語法]
腹筋がある辺りを指す。肋骨を含んでそこから下、へそを含んでそのから上の部分。へその少し下も含む。通常腹痛というと、ここが痛いことになり、胃か大腸が痛みを訴えているケースがほとんど。
【用例】
tom fab 膨れたお腹

tona
/ [名詞]30代女性
[反意語]altona
[レベル]2
14:制:古:tonaa

tonal
/ [生物]30代
[レベル]2
rd;naat/al
23

tood
/ [名詞]坂、坂道、スロープ
[名詞]承
[音楽]ポルタメント→naf
[レベル]2
20:seren/ridia:toot:19:tokfont
【用例】
tu tood de kin nod mal xa. この坂、こんなに急だったっけ。

took
/ [動詞]yulを終える、終える、終わる
[法副詞]〜しおわる、終了相を示す。
[動詞]非単位動詞の終了相を作る連動詞。yan lu took luk du fou, niksik al ako (そして彼女は数歩歩き、地面に倒れた)
[名詞]エンディング、終わり、エンド、ED、フィン、fin
[接辞]複合語で「終わりの」の意味を作る。
[音楽]フィーネ
[反意語]kit
[レベル]2
rd;tooki.l
19:古:tooki
tooki:tooki::ook,rk
[語法]
na daim vemは恐怖を感じだしたが感じ切って恐怖を認知する前に不安定度に留めた場合。na took vemは一度恐怖を感じたが、それが終わった段階。
【用例】
an tookatik lab sa foni del an mok ax. 寝る時間になってようやく仕事が終わった。

toon
/ [単位]何十
[レベル]2
21

top
/ [再帰動名詞]よちよち、よちよち歩き
[動詞]yul(場所)をよちよち歩く、歩く
[レベル]2
古:オノマトペ

tos
/ [名詞]匂い、香り、臭い
[類義語]tolxe
[レベル]2
14:制:古:to
tote:tote::sawan,alt
【用例】
tos manen zom em fai 木の燃える匂い

tot(2)
/ [擬音]とん、トンッ、ひょい、ヒョイ、ぴょん、ピョン
[レベル]2
19

toto
/ [代詞]なになに、〜、何とか、何々、何がし、何某、なにそれ、ほにゃらら
[レベル]2
15:制:古でもalal(何々)という同じ用法の語があったため、それを制アルカの語であるtotoに置き換えたもの。
[語法]
思い出せない語の一部の後に付けて「何々」という忘れた部分を表わす語。arbatoto アルバ〜何々(アルバザードのつもりで)
【用例】
"le et to a? les lad beek ka parm... totovent..."
"mepl! toto!"
「あれなんだっけ。日本の会社でさ、○○社ってとこで、ほらトイレ作ってる……」
「わかった、TOTOだ!」

totol
/ [代詞]何々の、なになにの
[レベル]2
20

tov
/ [動詞]yulとケンカする、ケンカする
[普通動名詞]ケンカ、けんか、喧嘩
[経済]もみあい、もみ合い、揉み合い
[レベル]2
15:制:tisvas(小さな戦い)から。
[語法]
よくある流れはこう。怒ったほうが"wei!"と言って相手に突っかかる。たいてい右手の人差し指で相手の顔を指す。ユベールの間合いまで近付く。いきなり殴りかからず、相手の罪状と自分の感情を並べ立てる。次に相手に逃げる機会を与えて様子を伺う。相手が逃げた場合、一言捨て台詞を吐いてその場を丸く収める。相手に交戦の意思があれば殴りかかる。胸倉は掴まない。アルバザード人は必修でユベールを学校で習う。胸倉を掴んだら小手を捻られることを知っているため、間合い以上に近づくことすらしない。なお、状況が緊急の場合、すべての過程を取っ払って殴りかかる。緊急でないのにいきなり殴りかかったら観衆に卑怯者と罵られる。その場合、観衆の中からたいてい数人の男が出てきて卑怯者を潰してしまう。また観衆は審判という重要な役割も持っており、善意で勝者を決定する。敗者が大けがを負わないうちに場を収めてやる機能を担っている。一般にアルバザード人はケンカ早く、議論で勝負がつかなければ力づくで決めようとする。ケンカは見るのもするのも好き。逃げるとクラスの笑い物になり、彼女もできなくなる。また、明らかに力の差がある相手や怪我人に喧嘩を売っても笑い物にされる。大きい人間は小さい相手に喧嘩を売れない。が、小さい人間から売ることはできる。ほかに日本と違うのは、女も殴り合いのケンカをする点。
【用例】
el tov xin hacn. 友達と喧嘩してはいけません。
den tov, em memir a hacn. けんかしないで友達と仲良くしなさい。

toxel
/ [名詞]昨日
[反意語]kest
[レベル]2
19:melidia alis:toxlfis

toxsalt
/ [名詞]去年
[レベル]2
rd;/
23

toxsoot
/ [名詞]先週
[レベル]2
rd;/
23

toxxelt
/ [名詞]先月
[レベル]2
rd;/
23

tp
/ [演繹音]とことこ、てくてく、てぷてぷ、よちよち、てこてこ、すたすた、ざっざっ、ぱたぱた、スタスタ、パタパタ、ぱからっぱからっ、パカパカ、とてとて、ててっ、ててて
[レベル]2
21
[語法]
歩く音。走る音。人も馬も。

trea
/ [人名]トレア
[名詞]アルカンスにおけるトレアの手
[名詞]下巻
[組み数字]3/3
[レベル]2

[文化]
arkans
サール信者で、アルカンスを巡ってブレア・スレアと争った。

tsunk
/ [約物]ツンク、「,」記号、カンマ、点
[レベル]2

[語法]
1:重文を作ったり、文や語句を区切ったりするのに使う。前者の場合、ooという音価を持つ。
2:文中イントネーションを作る。,?でmozkuuno。

tuk
/ [植物]植物
[反意語]kum
[レベル]2
rd
19:tukui
mum:mum

tulf
/ [物理]熱、ヒート
[医療]熱、ネツ、体温。接尾辞として熱病を指すことも。
[レベル]2
19:ridia:arbaxelt:tul/saf
txie:txie:lu txie
【用例】
tulf tin 高熱

tun
/ [名詞]修飾終点
[数学]括弧閉じ
[レベル]2
13:制:古:ker&buないしker&tuのtuから
bu:tu:tyu
[語法]
tie

tuo
/ [名詞](過去に対して)このごろ、最近、近頃、ここんとこ
[名詞](現在に対して)このころ、この頃
[名詞](未来に対して)近々、そろそろ、もうそろそろ、こんど、今度
[反意語]lemel
[レベル]2
14:制:tua
【成句】
im tuo この頃
【用例】
tuo e salt tox 去年の今頃

tus
/ [名詞]大きさ、サイズ。具体的な大きさ。
[文字]級数、ポイント←hacanttus
[類義語]kalha
[レベル]2

【用例】
tus tinka キングサイズ、クイーンサイズ

tusalt
/ [名詞]今年
[レベル]2
rd;/
23

tusel
/ [名詞]この日
[レベル]2

tusoot
/ [名詞]今週
[レベル]2
rd;/
23

tuuk
/ [名詞]グラウンド、広場、空き地、校庭、開けたところ、ひろば
[類義語]mema
[レベル]2
19:ridia:arbaxelt:tuuno/ka
[語法]
典型的には、建物がなく平らで土が出ていて何もない広いところのこと。

tuuyu
/ [文末純詞][yunk]eyo
[類義語]anxii
[レベル]2
古sorn:語源不詳。eyoに相当するものとして使われていた。当時は男女区別なく使った。

tuval
/ [形容詞]十分な、充足した
[形容詞]心が満ち足りた
[副詞]十分に、ひとしきり、ひととおり、ひと通り、一通り
[動詞]yulを概ね満たす、概ね満たす、十分にさせる、満たす
[反意語]sej
[レベル]2
19:tuval(満ちつつある月)
【用例】
ent, mel tur tuval. ごゆっくり。時間は十分ある。
an felat tuvalel. 十分勉強した。

tuvan
/ [天文]上弦と満月の間、凸月
[名詞]北東、東北
[組み数字]4/8
[レベル]2
14:制:sorn:tvan
[文化]
xelteel

tuxelt
/ [名詞]今月
[レベル]2
rd;/
23

twaayu
/ [地名]トワーユ、天国、ヘブン
[反意語]latia
[レベル]2
古:ridia:語源不詳
[文化]
→lekai
|約137億年前|ardelが天国twaayuと地獄latiaに分裂|
【成句】
akt ke nene ka twaayu 〜の後を追う。

txiahat
/ [料理]お子様ランチ
[レベル]2
22:ridia:txia(しあの)/hat(お皿)。池袋。昼食。ファミレス。

txik
/ [形容詞]チクチクする
[レベル]2
古:チクチク
【用例】
non ris nims txik. チクチクするセーターはイヤ。

txinsia
/ [音楽]タンバリン
[レベル]2
13:制:鈴の膜楽器

txip
/ [名詞]泡
[経済]バブル
[レベル]2
13:制:古:泡がはじける音のオノマトペptxiから。

txok
/ [料理]ガム
[レベル]2
14:制:古:ktxa
[文化]
精神安定剤、また、歯と顎の健康を守るとして、虫歯にならない甘味料のものが普及している。むしろ歯を守る成分が含まれている。アメリカ人並みにアルバザード人はガムを噛む。授業中は飲食禁止だが、水とガムだけは認められている。吐き捨ては禁止。

txon
/ [動詞]yulを舌打ちさせる、舌打ちする
[感動詞]チッ、ちっ、ちぇっ
[レベル]2
古:舌打ちの音
[語法]
怒りや不満や軽蔑などを表す。かなり不快の程度が高く、相手に喧嘩を売る覚悟がないと使えない。

txu
/ [名詞]恥
[名詞](na)恥ずかしい
[類義語]adin、elfin
[反意語]amp
[レベル]2
f;e
赤:txu,txuu
[語法]
自分の個性が維持できなかったときにアルバザード人は恥ずかしいと感じる。レインは自分は敬虔なキャラだと思っているので、性的なことを口走ったときに恥ずかしいと感じる。アルカの分からない静相手にも恥ずかしがったことからわかるとおり、アルバザード人は他者の目を気にしない。自分にとって自分のキャラと合わないことをしたときにのみ恥ずかしいと感じる。他人が見ていなくても同様で、そこが日本人と最も異なる。
アルバザード人はプライドが高く、自分のキャラを崩さない。一般に恥ずかしいと認めるのは屈辱的である。だが、「自分は本当はこういうキャラじゃない」ということを主張するために、あえて自分から「恥ずかしい」ということがある。女が性的に喜んでいるときに自分から恥ずかしいといわないと淫乱に見えるので、わざと自分から恥ずかしいとアピールする。この「自分のキャラじゃないのよ」とアピールするための「恥ずかしい」についても考慮しておかなければならない。
【用例】
non na txu aan. 恥ずかしいよぉ。
an vortat sat mil txu. 恥ずかしくて死にそうだった。

txulo
/ [名詞]ストロー
[レベル]2
21:txu/lo。loは管。txuは擬音。

txut
/ [動詞]yulをしゃぶる、しゃぶる
[レベル]2
19:mel:オノマトペ。ユリアが物をしゃぶる音から。

tyunan
/ [yunte]あなた自身
[レベル]2
20:xion

umtona
/ [組み数字]16/28
[交通]ウムトナ通り
[レベル]2
22

umtona vates
/ [人名]ウムトナ=ヴァテス
[組み数字]16/28
[レベル]2
古:語源不詳:vatesは「電気が嫌い」の意。
[文化]
(2→)第4期4代ソーン第2使徒。女性。amma/gano。170cm、58kg。髪は亜麻色で背中まで届き、少しくせっ毛。三つ編みを二本にしていることが多い。茶色の瞳。肌は白:黄=6:4。

vaava
/ [感動詞][alben][arden]vant
[レベル]2
19:リディアの書:vantvantの音を崩したもの。
[語法]
「わりぃわりぃ」のような、ぞんざいな謝罪。

vade
/ [動詞]yulに負ける、負ける、落ちる、落選する、倒れる、やられる、落第する、不合格になる、ハズレくじを引く、はずれる
[動詞]yul(生活必需品以外のもの)を買う、買う。節約家が主に使う用法で、全員がこの用法を使うわけではない。
[普通動名詞]負け、敗北、敗戦、落選、不合格、落第
[反意語]vast
[レベル]2
f:vaは戦う

vade:vade:vade
【成句】
[娯楽]ti vadek ゲームオーバー
vade flen ras total, ol ti vina elf 何度でも負けていい、ただ諦めなければ:七転び八起き
【用例】
im vaste, deem vadet armiva. ヴァステ戦争で悪魔はアルミヴァに敗れた。
te vade pile ka axef. tu et bebel e. 喫茶店でコーヒーなんてもったいないわよ。

vadean
/ [名詞]敗者、敗北者
[レベル]2
22

vaik
/ [名詞]部分、パート、一部
[副詞]部分的に
[医療]局所
[反意語]ilm
[レベル]2
中期制
【成句】
so t lex vaik e k tをkの一環として行う
vaikel ある意味、ある程度、まぁね、まぁな、ちょっとね、えぇ少し
【用例】
jan at espte vaikel. ところどころ曇っていた。
"tyu siina yua min?"――"vaikel" 「ああいう女の子がいいの?」「まぁな」

vaiks
/ [動物]ヤマネコ、山猫、リンクス
[美容]ウルフ
[レベル]2
alakta:強い猫。ライオンと同語源でvivi/kettoが大元。
[語法][文化]
山猫の類を取りまとめていうが、アルバザードでは特にヨーロッパオオヤマネコを指す。混合林などに住み、家畜などを襲うが、人を襲うこともある。昔話では悪役としてよく出てくる。

vain
/ [生物]ウィルス、ビールス、ウイルス
[魔法]ヴァイン(バイオ)。害の中位黒魔法。敵を病魔に犯す。数日かけて苦しめるが、大抵治る。敵の体力が弱いと敵は死ぬ。戦闘向きの魔法ではない。
[電算]コンピューターウィルス
[レベル]2
fv;e
sorn
[文化]
・ウイルスの発見

地球ではウイルスの発見はかなり遅れたが、アトラスでは神代の時代からその存在が知られていた。
tmでliiziの魔法が開発されると、ウイルスの存在を目視できるようになった。だがウイルスの内部構造が科学的に分かるようになるのはもっと後の時代で、vl_alにかけてであった。
神々はウイルスを発見し、エーステからvainと名付けた。このvainの働きを観察していると、動物の体に入って病気を発生させることが分かった。そのため、tmの時代で既にウイルスが病気の原因の一種であることが知られていた。
ウイルスより大きく構造も異なる細菌が病気を引き起こすことも同様にliiziの魔法で知られていた。

・ウイルス感染を治療する魔法

tmで神々はしばしば体に不快な変調をきたすウイルスを厄介視していた。そこで、ウイルスに感染した体を治す医療用の魔法が開発された。これがalvainである。
alvainの薬理作用はウイルスを分解することではなく、ウイルスに感染した細胞のアポトーシスを促進させることである。
ウイルスはほとんどの場合人間に不快な症状を与え病気を発症させるという点で共通しているが、その種類は数多く、かつすぐに構造が変化してしまう。従って、特定の一種類のウイルスを倒す魔法を作ってもイタチごっこにしかならない。
そこで、人間の免疫システムを利用した白魔法が考案されたわけである。細胞はふつうdsRNAを持たない。人体はdsRNAを持った細胞をウイルスに感染した細胞とみなし、免疫システムを発揮する。そこで、この白魔法はdsRNAを持った細胞を探してそれにアポトーシスさせる役割を果たすことで、ウイルスを退治するわけである。
この作用について神々は科学的に知ることができなかったが、後のljの現代魔法学で明らかにされる。

・細菌感染を治療する魔法

alvainと時を同じくしてalliikという魔法も開発された。これはalvainとは異なる魔法であり、薬理作用も異なっていた。簡単にいえば後の抗生剤と同じ効果を持つ。
神々はウイルスにはalliikが効かないこと、逆に細菌にはalvainが効かないことを知っていた。

・抗癌魔法

同様にして、抗癌魔法も開発された。神々の寿命は事実上永遠なくらい長いが、生命活動の過程で3,2遺伝子の通常の人類同様癌細胞が発生する。
体中が癌化しないよう、alpigという魔法がtmで開発された。これは癌細胞をアポトーシスさせる魔法である。

・kkの仮病

カコの時代に、ヴァインの魔法を食らって宮殿に出勤できなくなった宮仕えが増えたことがある。魔法が解けるまでしばらく寝込まざるをえなかった。そのどさくさに紛れて、ヴァインにかかっていないのに仮病を使って休暇を取るものが現れたため、ヴァインを食らうで仮病で休むの隠語になった。

・魔法医とルクレティア

神はそもそも免疫力がユーマの一族に比べて極めて高いが、ユーマの一族は年代を重ねるごとに抗体の数は増えども免疫力そのものは弱っていった。
人口の増加や集落での暮らしにより伝染病の発生率が高まると、魔法医の存在が各地で重視されるようになった。
だが魔法医は数が少なく、その恩恵に授かれるものは一部に過ぎなかった。まずalvainを始めとした魔法が高位すぎて扱える人間がほとんどいない点。そしてalvainなどの魔法が消費するvirの量が多すぎて、一日に何度も撃てないというのが問題であった。
そのためルティアを始めとした地域では魔法に頼らない漢方に相当するルクレティアが発達した。

・nd以降

ndに入るとalvain, alliik, alpigなどの魔法が廃れ、使えるものがほぼいなくなった。これを機に人類の医療は科学に頼るようになっていった。
まずndで顕微鏡により細菌が再発見された。次にrt末期に細菌濾過器を通しても感染性を失わない病原菌が発見され、これが神代のウイルスではないかとされた。
vlになるとウイルスの構造が科学的に明らかになり、その構造がタンパク質からなり、RNAなどを持つといったことが分かってきた。
vlごろには抗生剤により細菌は倒せるようになっていたが、ウイルスはalでも倒すことができなかった。
【成句】
yu vain a loit. 仮病を使って会社を休む、仮病、ズル休み
【用例】
soonoyun, an et vain, tal an til efa. こんにちは。ウィルスですが、カゼを引きました。

vais
/ [動詞]yulを観察する、観察する、観測する、凝視する、じっと見る、見つめる、注目する、注視する、焦点を当てる、焦点化する
[普通動名詞]観察、観測、凝視、注目、注視、焦点化
[類義語]amel hatia、mesti
[レベル]2
14:制:よく見る
【成句】
mesa il vais 衆人環視
【用例】
vais kon ins get 目を細めて見る
an vaisat ins laat. 私は彼女の目を見つめた。
altina vais vik ok elet pels o xon. 少年は戸惑いを隠せない色で男を見つめる。

vait
/ [名詞]部品、パーツ、部分
[レベル]2
22:vaik/te

vak
/ [アイテム]武器、兵器、武具
[反意語]balon
[レベル]2
f;vak(攻撃する、殴る)
中期制アルカ?:vaskul(戦いの道具)
vak:vak:lu xian(武器)
【用例】
vak vien 強力な武器

vala
/ [医療]病院、診療所、クリニック
[レベル]2
16:制:val
[語法]
医者に休日はあるが、病院に休日はない。警察や消防と同じ。24時間体制で当直医がいる。当直医の待遇はよく、救急で運ばれても適切な処置が行われる。
医療はビジネスとして見られていないため、患者は客ではない。いらっしゃいませということもない。
【用例】
ke vala 病院に行く。ke valsも可能。akt valaは不可。akt valsは違和感。個人的に会いに行くイメージ。

valet
/ [文頭純詞]tal
[レベル]2
lt

valn
/ [形容詞]健康な、ヘルシーな、病気のない
[名詞]健康
[類義語]vivian
[反意語]levn
[レベル]2
19:制:val(健康)
[語法]
健康は5段階に分類される。
vivian:痛みも苦しみもない完全に健康な状態。
valn:健康な状態。少し胃がもたれるとか、少し肩がこるとか、生理で気が散るといった程度だとここに分類される。
anvert:不定愁訴を抱えている未病の状態だが、我慢すれば医者や薬には頼らない状態。
levn:病気の状態。かぜのような軽いものから、癌のような重いものまで幅広く含む。
allfis:植物状態。この次は死(vort)。
vivian〜valnでいられる長さのことをlivlesといい、アルバザード人の生活習慣に大きく関与している。→livles
[文化]
アルバザード人は健康第一の人種で、食生活や生活リズムや運動に気を配る。医食同源が一般化しており、料理に気を使う。食事と同じくらい重要なのが生活リズムで、一定の生活リズムで暮らすことにこだわる。遊びや労働よりリズムを優先する。
【用例】
tu et volx alkal xalt an xel el xal valn. 健康が一番大切だと思っている。

vals
/ [医療]医者、医師、ドクター
[レベル]2
14:制:val
zexu:zexu
[文化]
・医師の範囲

アルバザードでは外科や内科などのドクター(医師)、歯科医、獣医、鍼灸医までが医者に含まれる。あん摩マッサージ指圧師やリフレクソロジーやカイロプラクティックや整体や薬剤師や看護師は含まない。また、柔道整復師というのはアルバザードには存在せず、柔整はドクターの中の整形外科が担当している。

・医師のヒエラルキー

アルバザードでは職人が高く評価されるため、技術力のある人間が高い地位に行く。日本と異なるのは内科や精神科の扱いが低いことである。
内科は血液やCTやエコーなど機械を使い数値や映像を見て診断するだけで、機械に頼る割合が大きい。また自分で治すわけでなく薬を投与するだけである。薬の飲み合わせですら辞典を使って調べる医者がいる。このため知識のある素人や機械でも代用が効くと考えられ、地位は日本に比べて圧倒的に低い。さらに精神科医はきちんとした科学的なデータや数値をもとに診断しているわけでもなく診察から処方をしているため、さらに信憑性が弱く、医師としての扱いも低い。ただしMRにとっては薬をバンバン捌いてくれる上客なので接待は篤い。

アルバザードにおける医師のヒエラルキーでは、まず外科が一番上で、次に歯科や産婦人科や鍼灸師や整形外科などが来て、次に内科や皮膚科や眼科や耳鼻科などが来て、最後に精神科が来る。要するに自分の腕と技術でなんとかする医者のほうが機械で代替できない割合が高いため、評価され、上に来るのである。機械や薬などに頼るほどヒエラルキーは下になる。日本と違って整形外科や歯科や鍼灸医が高位に来る点が特徴的である。

なおこのヒエラルキーは現実には「自分の力で生き抜く男」を高く評価するリディアの価値観から生まれたものである。この考えは広範に及び、例えば乗り物でも「機械に頼る車やバイクより、自分の力で乗り越える自転車のほうが男らしい」と評価されている。
【用例】
→vala
vals hax 優れた医者

valsaxo
/ [娯楽]お医者さんごっこ
[レベル]2
23
[文化]
melej

valti
/ [動詞]yulにしがみつく、しがみつく。fax
[レベル]2
21:古valtxil。valは強意。
【成句】
valti zam e nene 〜の脚にしがみつく:足を引っ張る

vam
/ [形容詞]暴れた、乱暴な、獰猛な、凶暴な、暴力的な、野蛮な
[名詞]暴力、暴発、乱暴、狼藉
[名詞]暴漢
[動詞]yulを暴れさせる、暴れさせる、暴徒と化させる、乱暴な状態にする
[反意語]alvam
[レベル]2
13:制:古:vamyu
vamyu:vamyu:vandol
[語法]
alvam, luup, toen
【成句】
vam yun beezel 破竹の勢い。軍隊と企業以外にはネガティブな意味。vl以降はポジティブ。
【用例】
[メタファー]vam yun vaiks 山猫のように獰猛な:残忍なニュアンス

vand
/ [動詞]yulを攻撃する、攻撃する、危害を加える、害する、いじめる、いたぶる、襲う
[普通動名詞]攻撃、襲撃、アタック
[反意語]vano
[レベル]2
rd;vand,ltf
15:制:古:vani(攻撃する)
vani:vani:vand
【用例】
vaan vandat tu xial. 軍はその街を攻撃した。
tu et sort xanel ento tu vand sat erim ant. 本当に寒くて心臓がやられそうだ。

vanj
/ [料理]ジャム、プリザーブ、甘いスプレッド
[レベル]2
13:制:vankjag(果物でできた粘性の強いもの)
[文化]
アルバザード人は男性でも作ることができるということになっている。

vank
/ [植物]果物、フルーツ、漿果、液果
[メタファー]成果
[レベル]2
13:制:vink
【用例】
☆an kui vank ist xia. おやつに果物しか食べない:an kui vank hot lex xiaは不可。アルカの語法ではvankはxiaに含まれない。スナック菓子やゼリーなどといったものは含まれるが、果物はそれと同じレベルの概念なので、含まれない。同じレベルとは例えば動物に対して植物のことなど。

vano
/ [動詞]yulをi{tel}から守る、守る、護る、保護する
[普通動名詞]防衛、守備、自衛、守護、保護
[反意語]vand
[レベル]2
f;vaは戦う

vano:vano:melor:kamulu,alt
【用例】
vano vien 堅い守り

vapr
/ [名詞]やかん、薬缶、薬罐、ケットル
[レベル]2
13:制:湯沸かし器

var
/ [格詞](経路格)〜を通って、〜通って
[格詞](時間とともに)〜の間中、間じゅう、あいだじゅう
[格詞](中継)〜を介して、〜を仲介として、〜を通して
[格詞](介在)〜を伴って、〜を通して
[格詞](manとkontを合わせたもの)〜することを通じて
[動詞]yulを通る、通る、経由する、通す、通過する
[レベル]2
f;e

[語法]
rak
【用例】
an tilat lab var sel. 一日中仕事があった。
an solsat meli var max e pind. 私は針の穴に糸を通した(糸を渡した)。

varae
/ [動詞]yulを憎む、憎む、嫌う、厭う、大嫌いだ、忌む、忌み嫌う、憎悪する、嫌悪する
[普通動名詞]憎悪、嫌悪
[反意語]tiia
[アクセント]varaE
[レベル]2
f;e
古:嫌う
varae:varae:varae
【用例】
an varae la. あいつが大嫌いだ。

varfant
/ [エルト]ヴァルファント
[名詞]7時
[名詞]南南西
[交通]ヴァルファント通り
[音楽]ファ#
[組み数字]7/12
[類義語]fan
[アクセント]vArfant
[レベル]2
meltia 4:varfant;e

[文化]
→fanverant
アルミヴァの7番目。エルトの頭から生まれた。セイネルスを剣とするエルト最強の剣士。デームス最強の剣士であるキルセレスとも張り合うが、負けてしまう。rdではセレンと一騎打ちをし、これも敗れる。エルトの王になる素質があったが、カルザスに負けて従うようになった。真面目で人情家。

varma
/ [名詞]かっこいい、イケメン
[類義語]erde、farm
[レベル]2
古:varmain「通り抜ける体」。元はlovarmain「感動で頭を貫くような体」の意味で、相手の容姿を称えた言葉。
[語法]
カレシ候補や男として見ている相手に使う。勘違いされたくないときにはfarmを使う。

varmil
/ [色]橙、オレンジ
[レベル]2
古sorn:papaluraから来ている。

vars
/ [動詞]yulをaに強いる、強いる。使役動詞。
[普通動名詞]強制、強要
[レベル]2
14:制:不明
[語法]
→sols

varzon
/ [サール]ヴァルゾン
[名詞]8時
[名詞]西南西
[交通]ヴァルゾン通り
[音楽]ソ
[組み数字]8/12
[類義語]vaz
[レベル]2
meltia 4:varzon;e

[文化]
アルミヴァの8番目。サールの右腕から生まれた。ポエンの兄。ライオン・鷹・大蛇・一角山羊のキメラ。サールの破片から生まれた。エルトの死体を噛み千切ってエルトの一族を生んでしまう。テームスが生まれるとティクノらと協力して戦った。テームスを封印した後にユーマに恋をし、承諾を得て結婚するが、初夜にユーマが嫌がって逃げてしまう。男女の関係も知らない子供を手篭めに掛けたことを恥じたヴァルゾンはこのことを内密にした。尚、そのときユーマの体内に放った精子はサールのオルトになった。

vas
/ [動詞]yulと戦う、戦う、争う、抗争する
[普通動名詞]戦争、争い、抗争、紛争、戦い
[類義語]garma、diiva
[反意語]alvas
[レベル]2
f:elt;vi/so「力をする」

vas:vas
[語法]
garma
【用例】
vas ik mono. 戦争が膠着する。
im kako, el faktat fal a vas olta so ris. カコの時代は戦争に行きたくなくても行かなければならなかった。
nod tu, an vas van rafel t'alf. これから数学の宿題をする。

vast
/ [動詞]yulに勝つ、勝つ、克つ、打ち破る、倒す、打ち倒す、打ち勝つ、撃退する、yul(試験)に合格する、yul(籤など)に当たる、乗り越える、乗り切る、克服する、打破する、乗り越える、当たる、合格する、yul(場所)を踏破する、踏破する、アタリくじを引く、あたる
[普通動名詞]勝利、打倒、合格、当選、克服、打破、踏破、適合、節約
[俗語]yulに適合する
[動詞]yulを買わずに節約する
[類義語]mops、aset
[反意語]vade
[類音]vaxt
[レベル]2
14←古:vade(負ける)
【成句】
vast adel kon adel 毒をもって毒を制す
【用例】
vast tas 試験に受かる
vast retl 敵を倒す

vat
/ [動詞]yulを待つ、待つ
[普通動名詞]待機、待ち
[レベル]2
f:saal;e
古:sorn(到着)
【用例】
vator 待っている
an vatat lu atu. 彼に会うためにそこで待った。
la solsalt an vat la du 2 miv. 彼は私を二時間待たせた。
an vatat la kalt la luna atu. 私が彼が来るまで待った。

vatai
/ [サール]ヴァタイ。災害を引き起こすサール。
[名詞]天災、災害
[法律]加害者
[動詞]yulという加害をaに加える、害する。
[反意語]vatin
[レベル]2
古:kmiir
[文化]
災害一般の扱いは全て地震などと同じ。頑強な集合住宅が多いので、戸に板を貼り付けるようなことはない。津波が思い切り襲い掛かるようなところには住まないし、そもそもアルナに海はない。雷は避雷針で大概は防げるので心配要らない。雷が酷いときは効き目のあるなしに関わらず、用心してブレーカーを落とす人もいる。へそを取られるという迷信はない。災害時は学校も仕事も休みになる。軽い災害でも休日になりやすい。

vav
/ [運動]スポーツ、運動、競技、体育
[名詞]体育。教科名→felpant
[レベル]2
13:制:古:vivimain(運動、強い体)
kuu:kuu
[文化]
健康を保つための運動は強く推奨される。筋トレや軽い運動、ランニングやウォーキングが推奨される。
アルバザードでは球技の人気があまりなく、サッカーや野球をやる人は少ない。
個人競技のほうが人気があり、次に二人でできるものが人気。団体競技はそれほど多くない。最も人気のある団体競技はサバイバルゲーム。
【用例】
an xir vav. 運動不足だ。

vavenvi
/ [運動]運動神経
[レベル]2
18:seren:melidia
[語法]
一般に言われるいわゆるスポーツの得意不得意を指す能力の意味。

vavikl
/ [運動]体育館
[レベル]2
19:ridia:arbaxelt
[文化]
体育の授業などのために、広いものが用意されている。

vavita
/ [運動]運動会、体育祭
[レベル]2
19:ridia:arbaxelt
[文化]
samanaまで毎年一回、リュウの月第一週の好天に行われる。ximanaではサークルごとの試合になるため、学校規模では行わない。

vax
/ [動詞]yulを急かす、急ぐ、急がせる、せかす、急かす
[形容詞]急ぎの、素早い
[副詞]急いで、素早く、すばやく
[名詞]緊急、急用、緊急事態
[反意語]ent
[レベル]2
19:早そうな音であることから。音象徴より。
[文化]
急ぐことは格好が悪いと考えられている。特にユールやユンクは急ぐことを恥ずかしいと感じる傾向がある。日本だと会社で急いでいると頑張っているように見えて好感が持たれるので、ちょっとアルバザード人の気持ちが理解しづらいかもしれない。
【成句】
vax entel. ゆっくり急げ。24にyuuaが紫亞に対してアドバイスした台詞が成句となったもの。紫亞はなかなかバトンが上達せずにイライラしていて、そのときに言われたアドバイス。セレン似でせっかちな紫亞には開眼的な内容だった模様。
【用例】
tu et daz a vax. これは緊急事態だ。
den em vax. 急いではいけません。
rsiil ant vax nelt an tat faar. 両親は毎朝私のことを急かす。
an sot fal vaxel. 急いで行動しなければならなかった。
an sot vaxel. 急いだ。
an ket felka vaxel lana xont xax. 学校に遅刻しないように急いだ。

vaxt
/ [動詞]yul(問題)を解決する、解決する、解く、けりをつける、打開する、ゲームなどをクリアする、問題を解く、パズルを解く、攻略する
[普通動名詞]解決、攻略
[数学]数式を解く
[類音]vast(意味も似ていて紛らわしいので注意。ただ、vaxtは通常無生物を取るので、たいていは区別がつく。vast ajiやvast tasなどの例に気をつける)
[レベル]2
sorn
[語法]
vast tas, vaxt knoosが正しい。音が似ているので、動詞を逆にしないよう注意。
【用例】
☆el vaxt sen yuu emo na pes. 後悔しても問題解決にならない。
vaxtat tas ati fiiyu. 試験をバッチリ解いた。

veb
/ [動物]ゴキブリ、ごきぶり
[メタファー]汚くしぶとい奴
[レベル]2
lakta:黒くて嫌なもの
[文化]
代表的な害虫で、嫌悪される。

veer
/ [形容詞]最後の
[反意語]lam
[文頭純詞]最後に、最後は、最終的には、結局
[レベル]2
rd;veer,kt<bees,fv.l
19:赤でbeesなのでbeesにしていたが、卑音beを含むので嫌だといわれ、恣意にした。belの料理は変わらないのだが。
bentxas,f bees,fv:bees
【用例】
fis at sel sort veerel lot tu xier. 今日はこの冬の最後の冷え込みだった。

veig
/ [サール]ヴェイグ
[動詞]yulという内容の約束をtelに対して破る、yul相手にしていたonに関する約束を破る
[反意語]hain
[レベル]2
ridia:古
[文化]
ゴブリンのような醜く小さい体をしたサール。貧相な小男の姿をしている。背筋は曲がっていて顔もしわがれて醜いが、白くて立派な服を着ていて身なりだけは良い。ラヴァスにおいて「私は4つの魔晄源をエルトから奪ってみせる」と公言し、散々サールからのもてなしを受けておきながら、戦闘になった途端すぐに劣勢に陥り、こともあろうにエルト側に寝返った。しかしその汚さに秩序を重んじるクレーヴェルは怒り、ヴェイグを捕らえるとサールらの元へ送り返した。ヴェイグが約束を破ったことに怒ったハインはヴェイグを八つ裂きにした。しかしヴェイグは死にきれずにアトラスを彷徨い続けた。
【用例】
an hoit la lana la veig elf an. 彼が私との約束を破らないように、彼を監視した。
an nat jo man la veigat an. 彼が約束を破ったので怒った。

veik
/ [植物]実、植物の実、果物の実
[レベル]2
19:seren:vank/yek

veil
/ [格詞]さもなくば
[レベル]2
19:制:vel
【用例】
sab arn veil ti til efa. コートを着ないと風邪引くよ。

veilan
/ [代詞]一部の人
[レベル]2
20:ridia

veilant
/ [代詞]一部の人の
[レベル]2
20

veit
/ [動詞]yul(物)をi(人)から奪う、yul(人)からon(物)を奪う、奪う、強奪する、略奪する、略取する、掠取する
[動詞]yulを連れさらう、連れ去らう、連れさらう、さらう、拐う、奪う、攫う→txif
[普通動名詞]強奪、連れさらい、連れ去り、連れさり、人さらい、略奪、略取、掠取
[レベル]2
19:vieneft
[語法]
壁塗り構文と同じく、yulの種類によってyul以下の格が変化する。
【用例】
tu veitik 10 tolis{salt} it an. 10年寿命が縮んだ。

veitul
/ [代詞]一部のもの
[レベル]2
20:ridia

veitulet
/ [代詞]一部のものの
[レベル]2
20

vej
/ [アイテム]矢
[名詞]矢印
[電算]カーソル
[反意語]voz
[レベル]2
@19

vek
/ [名詞]暇、退屈
[形容詞]暇な、退屈な、お手すき
[反意語]vokka
[レベル]2
13:制:vok(忙しい)
[語法]
日本と真逆で、アルバザードは暇のほうが忙しいよりもプライドが立つ。日本の場合「暇ですか」と聞くと特にオフィスなどでは嫌な顔をされる。真面目に働いてないだろとみなされるからである。アルバザードだと逆に「忙しいですか」は特にプライベートで嫌がられる。余裕のない人ですねとみなされたと思うからである。従って誘うときはti de vek kok?(暇じゃないですよね)が適切で、ti de vokka?はそれほど気を使っていない(ただし、丁寧でないというレベルでもない)。日本人がオフィスで「暇ですか」と聞かれて「暇です」と答えることがないように、アルバザード人は特に女の子に「暇ですか」と聞かれて「忙しいです」と答えることはまずない。もしそう答えたとしたら、本気で忙しい場合を除き、その子に魅力を感じていないことになる。
【成句】
im sala et{em} vek お手すきの際に、お手すきの時に、お手すきの間に

vekm
/ [動物]カラス、からす、烏
[レベル]2
13:制:古:vemkuto「闇の鳥」
[文化]
邪悪な鳥と考えられている。ごみを荒らしたりするので害鳥とされ、役所が処分する。

vel
/ [名詞]闇
[類義語]kovel
[反意語]far
[レベル]2
vel,f

vel:vel:lu vel:frataniti,vx
【用例】
vel lie 深い闇

velant
/ [交通]一本道、長い直線の道
[法副詞]〜するしかない、〜するより他はない、〜するほかはない、〜するよりほかはない
[形容詞]とても長い
[ユマナ][娯楽]道中
[類義語]teel
[反意語]alvelant
[レベル]2
tm;avelantis(死者の道) | 一本道であるところから「する以外の方法がない」というメタファーになった
19:avelantis(死者の道)
[語法]
・格詞用法

格詞velantも複雑なイディオムを一語にまとめた便利な語である。もしvelantがなければsi ziko alt tix so totoという迂言法を取らねばならない。新しい複雑な格詞を作るのは、プログラムで新しい関数を作るのに似た感覚を覚える。関数は複雑な処理をひとつにカプセル化したものと考えることができるため、格詞との類似性がある。
【成句】
gin et keks varen velant 商売は長い道の旅路:商いは牛のよだれ
velant firt 前途洋々、前途有為、前途有望
【用例】
vort velant mil ripgil 借金で死ぬしかない

velje
/ [料理]ヴェルジェ水
[地名]ヴェルジェ
[ユマナ][料理]ペリエ
[レベル]2
zg
24
[文化]
アルナ南東部に位置する街の名。太古の地殻変動により天然ガスを含む地層と地下水層を偶然結合され、天然の発砲水が生まれた。これがヴェルジェの街から湧き、古代から吐き気や後の胃アトニーにあたる病気にいいとされ、愛飲されてきた。zgではシフェランなどの指導者が、kkでは英雄アルシェらなども愛飲してきた。現代でも最も愛飲される炭酸水で、特に革命の影響を受けて酒やジュースの代わりに飲まれることが多い。地球でいうペリエに当たる水。

velm
/ [悪魔]ヴェルム
[歳時記]闇曜日。週の第1日目。
[音楽]ド
[組み数字]1/7
[レベル]2
meltia 0:velm;e
古:アルシェの語形。veは闇。
[文化]
ソームの1番目。冷静沈着な女性。闇を操る。黒い仮面にレイピアを装備。漆黒の服。黒いマント。黒い仮面の女。体は細身で、レイピアを帯びる。無口。冷静。

velnar
/ [名詞]正義に対する悪、悪
[形容詞]悪の、悪、悪い
[反意語]falis
[アクセント]velnAr
[レベル]2
20:古vel/na/rayji(暗い心に触れた)
[語法]
propaata

velnaren
/ [名詞]悪人
[レベル]2
rd;/
23

vemo
/ [名詞]影、陰、シャドー、シルエット、影法師
[数学]三角関数の三角形におけるadjacentの辺。
[美容]シャドー
[レベル]2
13:制:暗い形
[語法]
veltvaik
影と陰の区別はない。
【用例】
vemo kai{han} 大きな影

ven
/ [動詞]yulに気付かない、気付かない、気づかない、見逃す
[類義語]rekin
[反意語]xakl
[レベル]2
19:恣意
[語法]
rekin
【用例】
an nat ban ento an venik mel. 時間に気付かないほどスキーを楽しんだ。

ven(2)
/ [名詞]黒丸、負星、黒星
[医療]陰
[組み数字]2/2
[反意語]fin
[レベル]2
sm;ver/en「黒いの」
21:mel
[文化]
fin

vers
/ [形容詞]どうでもいい、重要でない、全然重要でない、どうでもよい、どうでもいい、取るにたらない、些細な、粗末にして良い、下らない、くだらない、つまらない、なんでもない、さまつな、瑣末な、枝葉な、枝葉末節、なんでもない、何でもない
[類義語]balet
[反意語]volx
[レベル]2
@19
【成句】
vers em volx 本末転倒、主客転倒
【用例】
versen どうでもいいこと
yet vers どうでもいい問題

ves
/ [副詞]一人で、単独で、一人きりで
[名詞]単数、一人、一個、ぼっち、残り、余り、あまり、独り身、一人身、お一人様、おひとりさま、孤独
[形容詞]単数の、一人の、一人きりの、残った、ひとりきりの、残された、ひとりぼっちの、一人ぼっちの、ぼっちの
[反意語]voas
[音楽]ソロ
[レベル]2
13:制:vos
【用例】
an xal lax ves. 一人でいたい。
an xat lax vesel. 一人でいたかった。

vesa
/ [植物]ゴマ、胡麻、ごま
[レベル]2
13:制:lakta:vemsu(黒い砂)
[文化]
栄養価が高く、肝臓にもよく、風味もよいということで、アルバザードでは常食される。特に黒ゴマは料理によくトッピングされる。取りすぎると油が多いので注意。

vespel
/ [地名]ヴェスペル山
[経済]10000ソルト札
[レベル]2
21:ridia:vesp(煤)火山であることから。
[文化]
vespelia, anfan

vet
/ [言語]語、単語
[名詞]用語
[反意語]vok
[レベル]2

vet:vet:vet:kun,alt
【用例】
vet fil 長い単語
vet xep 難語

vetark
/ [娯楽]しりとり、尻取り
[レベル]2
16:制
[語法]
単語を順番に言い合っていき、レパートリーが尽きた方が負けという言葉遊び。使用できるのは単語だけで、句以上は不可。形態素も使えない。遊び方は次の通り。まず誰かが適当な単語を言う。次の人はその単語の最後の音から始まる単語を言い、また次の人に回す。こうしている内にレパートリーがなくなった者が負けて勝負から離脱する。最後まで残っていた者が勝者。この遊びはネイティブ相手だとふつう最後まで続く前に飽きて止める。そもそもこの遊びの価値は言葉遊びを通じて語の習得を促進させることである。ところでアルカにはy,wで終わる語がないので、y,wで始まる語はこのゲームに参加できないが、特別ルールを認めればyはiから、wはuから繋ぐことができる。例えばarduをwalに繋ぐように。

vian
/ [エルト]ヴィアン
[レベル]2
fv;vivi/main
古:vian←vivimain(強い体)
[文化]
健康と病気を司る。

vian(2)
/ [名詞]力、威力、パワー、フォース
[文字]ウェイト、太さ
[類義語]envi
[レベル]2
szd
20:vian神から
vipa:vipa:vian:vi,alt
[語法]
enviはアビリティで、能力のこと。vianはパワーやフォースのこと。魅力は物理的な力ではなく惹きつける能力なのでenvi。静電気力はフォースなので、目に見えなくともvian。
【成句】
vins vian i 〜から力を奪う、力を抜く
【用例】
til vian 力がある、強い

vied
/ [動詞]yulを蹴る、蹴る、キックする
[普通動名詞]蹴り、キック
[反意語]baog
[レベル]2
@19
【成句】
viedand aks 地団駄を踏む
【用例】
vied nekel 蹴り上げる

viena
/ [丁寧][親族]ご子息、御子息、息子さん、ヴィエナ
[レベル]2
21:vienmiva(強い子)
[文化]
laala

vier
/ [名詞]命令
[動詞]yulをaに命令する、命令する、命ずる
[レベル]2
19:xion:vien/re
【成句】
vier e rsiila 鶴の一声
【用例】
☆an haasat teel vier. 私は言われたとおりにしなければならなかった。
la vierat an ke. 彼は私に行くよう命じた。

viet
/ [動物]ライオン、獅子
[メタファー][形容詞]偉大な
[メタファー]交番勤務の警察官。縄張りを周り、敵(犯罪者)を見つけ次第捕まえることから。
[組み数字]1/5
[レベル]2
13:制:lakta:viviketto(強い猫)
::lu flam
[擬声]
goccc(甘え)、gaoccc(威嚇)
[文化]
vietrein
偉大な動物、百獣の王とされる。
【成句】
lef e viet 竜頭蛇尾。ライオンの足は最初は速いが後は遅いことから。

viine
/ [サール]ヴィーネ。下弦の月を司るサール。ユーマの最後の夫
[名詞]ヴィーネ。ソーンの団体名の別名。
[天文]下弦の月、下弦
[名詞]西
[音楽]デクレッシェンド、ディミヌエンド、ディクレッシェンド
[組み数字]7/8
[レベル]2
meltia 5:viine;e
xelt:viine
[文化]
xelteel, duurga
【用例】
viine kaen jan t'alas et lant tin a.... 西の空の下弦の月が何と綺麗なことか。

viix
/ [名詞]明け方、早朝。4〜8時。
[レベル]2
19:sorn:古viinexal(下弦の月が残っている)
【用例】
an ke xaf temk im viix e kest ento an mok van sesilel. xidia! 明日は早朝からユ資に行かねばならないのでそろそろ寝る。おやすみ。

vij
/ [生物]親指、母指
[レベル]2
19:vikji(男の指)親指が大きく、男が女に比べて大きいことから。
【用例】
[言葉遊び]min alxa til elm e vik. see tu et to?
vij!
女の人にも男の人の部分があります。どこでしょう?
親指!

vikbeek
/ [名詞]男子トイレ
[レベル]2
22

vilxan
/ [形容詞]不可能、ありえない
[反意語]senxan
[レベル]2
19:melidia alis

vina
/ [動詞]yulを諦める、諦める、あきらめる
[動詞]yulをする前に止める、やめる、止める。連動詞。無相について、その動作を行う前に止めること。
[普通動名詞]あきらめ、諦め、ギブアップ
[レベル]2
19:xion:vinsna(心を捨てる)
【用例】
tet te vina ladia mil art et fiana. でも、諦めないで。魔法は存在するのよ。
kamil, filan alt vinat tu mapel. 他の人であれば既に諦めていただろう。
ans vina teel mifl in. 戯れはここまでのようだ。

vind
/ [形容詞]安全な
[名詞]治安、安全
[電算]セキュリティ→vindit
[反意語]lami
[レベル]2
15:制では「守る」
【用例】
kad vind 安全な国

vinj
/ [名詞]ブイサイン、ヴイサイン、ピース、チョキ、ちょき、ぶい、ブイ、ヴイ、ピースサイン、Vサイン、vサイン
[非言語]急げ
[レベル]2
rd;vin/ji「vinの字のような指の形」
24
[文化]
日本と違って写真にピースはしない。このジェスチャーはハサミを意味し、チョキチョキ切る動作をすることで「時間を切れ→早くしろ、急げ」という意味のジェスチャーになる。

vins
/ [動詞]yulを捨てる、捨てる、廃棄する、手放す、手ばなす、てばなす
[動詞]yulを見捨てる、見捨てる、見殺しにする
[普通動名詞]廃棄、見殺し
[経済]投げ
[反意語]alvins
[レベル]2
古:sorn
【用例】
vins tian カノジョを捨てる
flea. non vins xir miva tiia, nias lu al almiv. ふたつ。私は愛娘を捨て、従姉妹に託す。
vins oma 犬を捨てる

vinsa
/ [文頭純詞]そんなことより、それはそれとして、それはどうでもいいんだが、まぁそれはともかく、それはさておき
[レベル]2
sorn
[語法]
話題転換ではhaiと同じだが、そんなこと捨て置けという気持ちを表わし、そんなことどうでもいいといった意味を示す。

vint
/ [アイテム]お守り、タリスマン、まよけ、魔除け
[レベル]2
13:制:vinからの派生
【用例】
sab vint お守りを身につける

vio(2)
/ [アイテム]斧
[レベル]2
14:制:古:vivo
vivo:vivo

vird
/ [名詞]夜、真夜中、深夜。0時〜4時
[類音]viid, vild
[レベル]2
古:viid,vird(下弦の月のころ)。古アルカは対の片方が長音化する法則があった。duurneに対応するのがviidだから、片割れのviidは長音でなくvirdだった可能性がある。また、そうでない場合、なぜviidでなくvirdが生まれたか疑問だが、恐らくviid(ヴィード)ができたから体よくrをつけて追い出されたのだと思う。
vel,f viid,fv:viid:la xelie
【用例】
vird leevik. 夜が明けた:durneは不可。
tu vird et hart ento an mok van xed salas. 今夜は暑いので肌着を脱いで寝よう。

viten
/ [接続詞]vit。〜なしの。
[レベル]2
22

vix
/ [医療]傷、創傷、怪我
[軍事]兵士の負傷、機体の損傷、破損
[動詞]yulを傷つける、傷つける
[類義語]orkea
[レベル]2
13:制:古:aavix(傷)から
[語法]
vixは創と傷をともに指す。厳密に区別する場合、創はjixで傷はhav。
広義には創傷のない捻挫などの怪我も指す。
【用例】
la vixat alen noan. 彼は私の気持ちを傷つけた。
lu til vix on tak. 彼は腕に傷がある。

vixet
/ [名詞]痛み、苦痛
[形容詞]痛い→yai(口語)
[魔法]ヴィシェット。害の禁呪魔法。全身の痛覚を刺激し、ショック死させる残酷な魔法。爪の先から針を刺し込むほどの痛みが頭から足の先まで全身に起こる。あまりの痛さで声も出ずにショック死する。すぐ死ねる分だけガーヴより楽。
[反意語]garv
[類音]vexet
[レベル]2
20:vix/te
yufa:yufa
【用例】
an na vixet on ji. 指が痛い。

vok
/ [言語]文、センテンス
[電算]ステートメント
[反意語]vet
[レベル]2
@19
【用例】
vok ilm{vaik} 全文{一部、抄}
tu vok et tia sei? この文は正しいのだろうか?

vokka
/ [名詞]繁忙
[形容詞]忙しい
[反意語]vek
[レベル]2
sorn:vokka(仕事が多い)
[語法]
vek
【成句】
ti tur vokka sei? ちょっといい?、今忙しい?
【用例】
an kapat vil a la mil vokka tinka. あまりに忙しくて彼に電話できなかった。
an at vokka im fis. 今日はやることが多かった。
an at vokka tin mil lab. 仕事に埋もれていた。
an at vokka yun iskal. ばたばたと忙しかった。
an at vokka ento so sen yuu tix lab. 忙しくて身動きが取れなかった。
an at vokka man til lab di tinka. 今日は仕事が多くてとても忙しかった。
an so sen yuu mil vokka im tuo. 忙しくて最近何もできない。

vol
/ [格詞]〜することによって
[レベル]2
19:恣意:参:yul:15:seren:klel:yu/ul
[語法]
主節の動詞の具体的な内容を説明する節を作る格詞。従って主節の動詞と内容的に同じものが来る。
【用例】
an netat la vol bad la kon pez. 彼をスリッパで叩き起こした。

volx
/ [形容詞]大切な、深刻な、重大な、真剣な、重症な、重度の、シリアスな
[反意語]vers
sorn
[レベル]2
15:制:sorn(重要な=volf)。アルシェではtxaal。
txaal:txaal:volx
【用例】
gil et volx en alkal. 金が一番重要というわけではない。

vox
/ [名詞]意志、意図
[形容詞]意図的な、故意の
[副詞]意図的に、わざと、態と、故意に、元々〜するつもりで:kon voxでもよい。
[レベル]2
14:制:古:vu
【用例】
vox vien{fan} 固い意志
an en sot voxel. そんなつもりはなかった。

voz
/ [アイテム]弓、洋弓
[類義語]leivn
[反意語]vej
[レベル]2
13:制:古:vozamo
vozamo:vozamo:lu siklet:van,alt veeze,vozamo

waam
/ [名詞]ゆりかご、クレイドル、クレードル、揺り篭、揺り籠
[交通]移動用の籠
[レベル]2
13:制:waanmixp(揺り動かす籠)
[文化]
怪我や病気や老化のせいで歩けない人のための移動手段。実際のところ籠は稀。人力車は比較的見られる。

waan
/ [動詞]yulを揺らす、揺らす
[レベル]2
f;fovet
古:揺らすときの「ぶらーん」というオノマトペ。
waan:waan
[語法]
ブランコや振り子のように揺らすこと。小刻みに震える揺れはmag。

waant
/ [名詞]ブランコ、スウィンガー、スインガー
[レベル]2
13:制:waan

wal
/ [地学]山
[形容詞]〜山。前置。
[物理]波の山
[反意語]uil
[レベル]2
fl;wa/al「手の形の」。あるいはuilからのk。
13:ryuu:klel:古:kalwa
kalwa:kalwa:la kalwa(サールが山)
【用例】
lan di xat wal. 山にはたくさんの人がいた。

wast
/ [動詞]yulを振る、振る、振りかざす
[レベル]2
fl;wa
14:制:語源不詳
::lans
【成句】
wast arzon kalt fai ik sod. 火が出るまで杖を振りなさい:最初は成功しなくても何度でも試しなさい。七転び八起き:魔法使いの子供は火を出す簡単な呪文から練習する。最初は火が出ないのでがっかりするが、周りの大人は諦めずに何度もやるようにアドバイスする。練習を重ねれば、いつかきっと魔法が使えるようになる。

wellan
/ [代詞]どの人
[レベル]2
20

wellant
/ [代詞]どの人の
[レベル]2
20

weltul
/ [代詞]どのもの、どれ
[レベル]2
20

weltulet
/ [代詞]どれの
[レベル]2
20

wem
/ [動詞]yulを舐める、舐める、なめる
[レベル]2
19:sorn:vweem(kuheの変化形)
【用例】
wem eexi アイスを舐める

wik
/ [動詞]yulを頷かせる、頷く、うなずく、うなずく
[再帰動名詞]頷き、うなづき、うなずき
[反意語]alwik
[レベル]2

【用例】
wik hanel{hemel} 大きく{小さく}頷く
wikand こくこく{コクコク}頷く
"aa..." lanko wikik ok asex reia. 「あぁ」青年は寂しそうに微笑みながら頷いた。
avelant wikik seerel. 死神は静かに頷いた。

wis
/ [生物]手の平、手のひら、掌、てのひら、足の裏(luwawis)、靴底、手掌、足底
[類義語]kalp、fledir
[反意語]ois。類音につき注意。
[レベル]2
13:制:was:古:waは手を意味する。
::lu fledir(手がla):watta,alt
【用例】
wis han 大きな手のひら

wit(2)
/ [名詞]挨拶
[動詞]yulをaに挨拶させる、挨拶する
[レベル]2
古:頭を下げる音のオノマトペ。アルカは礼儀として頭を下げる。
[文化]
挨拶は相手に対して敵意がないことを示す行為である。相手を無視しておらず、相手の存在を認めているということを伝える手段でもある。人がいるのに挨拶しないのはその人の存在を認めていないことで、無礼。挨拶は敬度によっていくつか存在する。一番敬度が高いのはmisoonoyunで、疎遠な目上にしか使わない。soonoyunは最も一般的で、誰に対しても無難に使える。soonoは日常的で、疎遠か目上かのどちらか一つに当てはまる相手にはあまり好ましくない。対等な関係や目下には使える。また、haaiもsoonoの代わりに使える。haaiのほうが砕けている。更にhaaiは挨拶よりも呼びかけに近い。道端で勧誘人が馴れ馴れしく人に声をかけるときはsoonoというよりhaaiである。呼びかけに近いからである。尚、ノンバーバルな挨拶もある。lomのようにお辞儀することがそのまま挨拶になる。これはsoonoyunかそれ以上に敬度が高いので好んで使われる。日本と違うのは、言葉を使うならlomはしないということである。lomは言葉の代わりなので、両立することはない。また、mmという挨拶もある。口を開けずに相手を見てmmと喉を鳴らす。これはsoonoより敬度の低い挨拶で、親密か目下にしか使わない。
アルカの挨拶は敬度によっていくつか分かれているが、時間によって分かれていることはない。つまり朝昼夕晩で挨拶を使い分けることはない。おはようもこんばんはもない。家族への挨拶はsoonoかmmが多い。親密だからである。ただ、親は子より目上なので、子供がmmというのは失礼。子供はsoonoというのがふつう。親はそれにsoonoかmmで返す。親の親である祖父祖母も自分より目上なので同じく子供はmmといえない。兄弟間の挨拶は対等で、特に兄が弟より上ということはない。ただ、兄が弟より上と決める家庭もあり、この場合は弟は兄にmmといえない。
見知らぬ相手と二人きりになったら挨拶はもちろん、少しの世間話でもして緊張を和らげるのが常識。ぶすっと黙っているのはとても感じが悪いので、気軽に声をかけること。最低限、目が合ったらほほ笑むように。ただし妙齢の女子から声をかけるのは用でもないかぎりタブー。この場合、男から声をかけなければ失礼に当たる。もちろん、下心などは持たぬこと。

woal
/ [名詞][形容詞]どの数の、どの番号の
[レベル]2
19

wons
/ [動詞]yulを踏む、踏む
[レベル]2

【用例】
wons luwa 足を踏む
wons vienel 強く踏む

woom
/ [生物]足首
[反意語]tank
[レベル]2
rd
20:古wo/main
wo:wo
[文化]
アルバザード人は男女とも手首足首が細い。骨格から細いので、筋肉質な人でも細い。というのも手首足首にはほとんど筋肉がつかないため。
【用例】
woom lixa 細い足首

xaam
/ [形容詞]不人気な
[反意語]siin
[レベル]2
@19

xafn
/ [普通動名詞]担当、担任
[動詞]yulを担当する、担当する
[レベル]2
14:制:xaf

xafnan
/ [名詞]担任
[レベル]2
18:seren:melidia

xaft
/ [動詞]yulをaに出席させる、出席する、参加する、出勤する、出社する
[再帰動名詞]出席、参加
[反意語]alxaft
[レベル]2
14:制:xa
[文化]
出席は成績に関与しない。要は試験に受かれば良い。だから出席は自由である。自信があれば出なくても構わない。休むからといって報告する必要は一切ない。途中から来るのも自由だし、来たからといって来たことを報告する必要もない。また、途中で勝手に帰っても構わない。だがそれでも教師は毎日出席を取る。皆勤賞をカウントするためである。だから言い換えれば一度休んだ生徒の出席はそれ以降取らなくても良い。日々出席を読み上げられる数が減っていくのは皆勤賞をもらおうという者にしてみればある種のプレッシャーにもなる。

xaftal
/ [名詞]出欠、出欠席
[レベル]2
19:ridia:arbaxelt
【用例】
sain xaftal 出席を取る

xaik
/ [料理]飴、キャンディ、キャンディー、キャンデー、飴玉
[レベル]2
13:制:xaigek(甘い球)
【用例】
wem xaik 飴を舐める

xailette
/ [伝統色]黄土色
[レベル]2
22

xaki
/ [名詞]卵
[生物]卵、たまご
[レベル]2
ridia:古:xaki(卵)。卵が割れるオノマトペがxakiであり、それが語源。
[文化]
通常鶏卵のこと。

xakl
/ [動詞]yulに気がつく、気がつく、気が付く、気づく、認識する、気付く、悟る
[類義語]nalko
[反意語]ven
[レベル]2
13:制:xakol(存在を知る)
[語法]
xaklが広義で、nalkoが狭義。nalkoは潜在的には気づいていたが自覚には至っていなかったものが意識に登ってきたときに使う。特に心情を表わすときに用いやすい。
【用例】
xakl sanje 原因に気がつく、心当たりがある

xal(3)
/ [名詞]存在、有
[反意語]saaj
[レベル]2
f;xa/al「存在するもの」

[語法]
なお、アルカの実在論では、存在は認知的なものとされている。
→dianakl
【用例】
tyu et xal volx xalt non. あなたは私に取って大切な存在よ。

xale
/ [芸術]漫画、コミック、マガジン、マンガ
[レベル]2
13:制:xaklei(絵の本)
[語法]
枠線はkaxl。コマはtems。吹き出しはesp。台詞はrens。集中線はnoxrein。流線はserein。4コマはvaltems。トーンはveltvaik。ベタはver。書き文字はtantrens。
gakonで終わるセリフはgakonを省く。ただし省けるのは各吹き出し中の最後のセンテンスのみ。
[文化]
アルティア式は右開き。アルバザード式は左開き。どちらから始めても構わない。漫画はアルティア人が高めたものなので、アルティア式にすることが多い。幼児用や学習者用など、一部のものは左開きが多い。
【用例】
an arat raad im ses kalmal lana isk xale. 漫画を読むために徹夜をしたものだった。

xaleveiz
/ [娯楽]アニメ、アニメーション→maya
[類義語]maya
[レベル]2
19:ridia:arbaxelt
:::omayami,alt

xallant
/ [丁寧][親族]おばあさま、シャルラント
[レベル]2
21:xal/lant(いまだ美しい)
[文化]
laala

xalm
/ [名詞]住居、住処、棲家、巣、家、家屋、家庭
[動詞]yulに住む、住む
[レベル]2
22:xal/main「体を居させる」
[語法]
raやnoxraやホームレスの公園など、住むところ全てを広く指す。
【用例】
la xalmes seelarna. 彼は中央アルナに住んでいる。

xam
/ [動詞]onについてyulに賛成する、賛成する
[普通動名詞]賛成
[反意語]stir
[レベル]2
13←古:ku ax(はいと言う)
[文化]
議論の際は賛成か反対か立場を明確にするが、真か偽かを考察するときには曖昧になりがち。真理はしばしば極端なところにはないため。賛成でも反対でも、理由をはっきり持ち、説明する。
【用例】
ya, an xam ti. えぇ、賛成です。

xan
/ [名詞]真、真実、真相
[形容詞]本当の、真実の、真の
[文頭純詞]本当は
[副詞]本当に、本気で
[類義語]yuliet
[反意語]enx
[レベル]2
13:制:古:xin(真実)←xan(実在の、存在するもの)←xal(存在)。まずxalからxanが生まれた。次に真実と実在を使い分けるため、母音変化しただけのxinが生まれ、こちらが専門で真実を請け負った。やがて本当を表わす日本語語源のhontooが現われたが、これが新たに現われた本当を表わすruliに追いやられて消える。この間にxinとxanの使い分けは消え、xinは実在の意味も表わすようになった。このxinは古のxinkalbu(現実(実在する世界))に残っている。一方、本当の意味を表わすのは専らruliであったが、『ミールの書』で日本語の「真」という語が繰り返し使われたため、訳者であるリディアらがruliの代わりに語形が同じなxinを復刻させた。そして制アルカではxinが残った。xinを「真」起源とするのは誤りで、それだとxabの語源となっている古アルカのxinkalbuの存在が時間的に説明つかない。
::lu milko(hainが男性)
【成句】
xan yun ixta le mep lad 鏡が造る像のように真実な
el siiz fonl xan kont nekt fonl tu listel. 真実は喧伝するものでも謙遜して隠すものでもない(seren arbazard)
el lut xal ax tiik ka xan. 真実は常に堂々としていればよい(seren arbazard)
xan luna les lax tu kont dia tan so. 真実は求める者の前に現れる。そして幻想もまた求める者の前に現れる(seren arbazard)

xanna
/ [感動詞][俗語]マジかよ?、マジで?、mjd
[レベル]2
21:xan a?から

xant
/ [動詞]yulをaに送る、送る、贈る
[名詞]プレゼント、ギフト、贈り物
[動詞]人をaまで見送る、人をkaで見送る、見送る→yulev
[文末純詞]〜してあげる、〜してやる、〜してくれる
[電算][名詞][動詞]アップロードする、送信する:19:ridia:アップロードと厳密に言う場合はxant a poxet→ned
[法律]贈与する
[類義語]amel、sefir、ned
[反意語]mix
[レベル]2
f:elt;e
sorn:アンシャンテが原義
xant:xant:sefir
【用例】
tu xant et les an laxat alkal. このプレゼントは私が一番ほしかったものだ。
an pio van ti lyu xant. 俺がそこへ連れてってやるよ。
xant sefir プレゼントを贈る

xante
/ [天文]満月。日本の満月より幅が広く、月相14からプラスマイナス1ほどである。つまり日常的にはtuvanxanteとleevexanteもxanteに含める。
[名詞]北
[名詞][形容詞]食べ物がちょうど熟していて食べ頃である、熟した、熟れた、うれた、熟れる、うれる、熟する
[名詞][形容詞]満開
[経済]満期
[魔法]シャンテ。光の低位白魔法。任意の色の光を出し、文字や絵を空中に書く。
[組み数字]5/8
[レベル]2
meltia 100:bert;e
古:axett e anxanteの略で、anxanteというとアンシャンテと誤解されるのでxanteと略していたもの。最も光の強い月で、魔力が宿ると信じられている。
[文化]
xelteel、arwant
meltia 100
[言語][文字]悪魔ベルトが文字を発明。神はそれに倣う。ベルトはこれまでの歴史をまとめるため、空間に文字を書く魔法xanteを開発。ならびに筆記用具を開発。歴史の記録にはセルトの記憶を受け継ぐアルミヴァも協力した
【用例】
xante xat jan. 満月が出ていた。
xante or leeve. 満月が欠けていく。

xante(3)
/ [感動詞]すみません、あのー、あのぅ、エクスキューズミー。通常尻上がりで。
[感動詞][丁寧](疑問文で)えっ?、何て言ったんですか
[レベル]2
古:「返事する?」が原義。元は「今返事できますか?」の意味で、アンシャンテに使われた。
[語法]
人に話しかけるときに使う。上下性別場面は関係ない。公的な感じがするので友達など、親しい間柄では使わないのが妥当。友達ならneeなどといって呼びかければ良い。疑問文では「すみません、もう一度言ってください」の意味。丁寧。to?と聞き返すのは丁寧でないが無礼でもないので日常的に良く使われる。

xanxa
/ [名詞][形容詞]先生、教師、教師に対する呼びかけ
[類義語]sensee
[レベル]2
rd;↓
18:mel:『玲音の書』について話していたメルが噛んでxaxanをxanxaといったことで教師を意味するようになり、やがて敬称に変わった。
[語法]
→sensee, apt, est
○名(後置)
○姓(前置)
○男女
○単体使用/名詞用法

教師の呼称。xaxanは呼称でない。
xanxaは教師と医者に使う。弁護士、研究者、作家、政治家には使えないので注意。逆に職場の現場監督やOJTの上司などには使える。つまり人を教育する人への呼称。医者は日本より患者にあれこれと指示するため、xanxaの扱いを受ける。

dyussouと呼ぶこともできるが、直接教わっている相手ならxanxaのほうが丁寧。直接教わっていなければdyussouでも失礼でない。
rsiilaは非常に丁寧で、政治家などにも使える→rsiila
【用例】
haas xanxa ranel. 先生の言うことをよく聞きなさい。

xanxan
/ [milia]先生。先生の敬称の愛称版
[レベル]2
18:mel az ridia

xar
/ [動詞]yulを信じる、信じる
[動詞]yulを強くそうだと思う、思い込む
[普通動名詞]思い込み、信念、信用、信頼、信仰(神を信仰するという意味ではmiros)
[類義語]miros
[反意語]fix
[レベル]2
lsl;xarl,f.l
13:制:sorn:xarl
xarl:
[語法]
「信じる」は信用するの意味合いが強いが、xarはどちらかというと「強く主観的に〜だと思う」という意味で使われることが多いので、日本人から見ればアルバザード人はやたら相手を信頼しているように聞こえることがある。文脈によって単に強く主観的に思うという意味でしかないときもある。
【成句】
, el xar 〜と言われている:文末で使う。
【用例】
×xar mirok→miros mirok 神を信じる。xarだと神が言っていることなどに対して「そうだ」と思うことを示し、信仰、崇拝の意味はない。
xar merel 確信している
an ail xar vil jentporklak. ときどき天気予報を信じられないときがある。

xav
/ [形容詞]〜というもの、〜とかいうやつ
[レベル]2
14:制:古存在のxal
[語法]
初出、未知を表わす。あるいは既出でも馴染みのないものに使う。
本人にとって初出でないのにxavを使い続けるのは、心理的に遠ざけたいため。嫌悪感、未知への恐怖、照れ隠しなどの現れ。
【用例】
miix xav lunas atu e. ミールとかいう人が来てるよ。

xax
/ [動詞]yulをaに教える、教える
[反意語]sisl
[名詞]授業
[名詞]教え
[レベル]2
13:制:古:xuxo(習う)
hek:hek::sen,alt
[文化]
ixm
授業が八時から始まる学校の場合、実際には十分ほど前に来て朝礼を行う。担任が出席確認や何らかの告知をする。その後授業に入る。授業は一コマ五十分である。休み時間は十分で、合わせて一時間である。八時から始まる学校の場合、十二時までに四コマの授業がある。頭を使う難しい学問はこの時間に集中させる。四時間が終わると昼休みである。二時間ある。三十分で昼食を採り、一時間ほど歓談などをし、三十分ほど寝る。寝る場所は主に校庭である。軒の下と空の下がある。雨の日は軒の下に集まる。皆思い思いに芝生などでうつらうつら眠る。昼休みが終わると二時である。そこから五時まで三コマの授業がある。ここでは午前の復習や、複雑に頭を働かせない種類の学習に勤しむ。五時になると担任の教師が終礼をする。今日の変わった出来事や明日以降の行事等に関する告知を行なう。そして十分間ほどで解散となる
授業はチャイムと同時に始まったり終わったりする。時間に正確に終わらせたり始めたりするのが教師の義務である。ゆえに生徒はチャイムが鳴ればまだ話が終わってなくとも退席して良い。教師はチャイムが鳴る前に必ず終わらせようとする。誤って長引かせてしまい、もし鳴ってしまえば教師は「チャイムが鳴りましたので、申し訳ありませんが、ここで中断させていただきます」と謝辞して即座に終わらせる。生徒にしてみれば中断されるので続きが気になる。これは中途半端で良くないことである。だから教師は尚更時間通りに終わらせようとする。
授業中、教師は生徒に名指しで質問して答えさせる。また、生徒が教師に質問することもある。時間の都合上長くなる場合は個別に後で生徒を呼び出す。
授業中にトイレに行くのは自由である。断りなしに退席して構わない。また、事情があって帰る場合も自由に退席できる。むしろ一々名乗りを上げて報告するのは授業を中断するので迷惑である。教師側もトイレに行ける。ただ、生徒とは立場が違う。教師は一人しかいないわけだから教師がトイレに立つと授業が中断してしまう。だからできれば事前に行っておくのが好ましい。
尚、私語は厳禁である。授業は録音されているため、私語は慎んでもらう。私語をすれば退席させられるし、最悪退学させられる。また、授業中に関係のない行動を取ったり、騒いだり、暴れたりしても同じ処分である。因みに、寝るのは構わない。誰も注意しない。但し、鼾がうるさいと起こされる。
<授業のデータ化>
全て授業の内容はレコーダーに記録され、日付とクラスと教師と学科が記載された上で電子データの形で保存される。全ての授業内容は閲覧可能であり、図書館が管理している。
【用例】
ter xax 授業を聞く、授業を受ける、授業に出る
xaft a xax 授業に出る、出席する
ans til 4 xax hot t'eram oks 1 sel alnod kest (xante 明日から1日に授業が午前中の4コマだけになる♪
tur, xax em kit. さあ、講義が始まる。

xaxanez
/ [名詞]職員室
[レベル]2
19:ridia:arbaxelt
[文化]
日本のような職員室はない。教師の部屋は全て個室である。その他に教師が集まって会議をするときに使う会議室がある。個室は六畳程度の広さである。本棚や机などが置いてある。ただの講師でも部屋がきちんと割り当てられている。教師の数は少なくないので、その全てに部屋を割り当てると大層なスペースがいる。そのため、教師がいる部屋は校舎と繋がった別棟にある。教師棟である。教師は一日のうち、全てのコマで授業することはない。連続しても二、三コマである。そのため、教師は授業が連続する場合は部屋に帰らない。必要な資料を鞄に入れて教室がある学生棟へ向かう。そして授業が一段落つけば部屋へ戻る。また、職員棟には学科ごとの事務室があり、事務手続きの一部をここで行う。

xea
/ [名詞]砂
[レベル]2
sorn:砂より大きな小さな石。アルシェでは砂はsないしsu。複合語ではs。
su:
【成句】
lis yun xea 雀の涙
【用例】
xea ator kern ka jan mil teeze. 風で砂が空を舞っていた。
[メタファー]myul yun xea 砂のように互いにそっくりな:区別がつかないというニュアンス

xeden
/ [接続詞]xed。〜なしの。
[レベル]2
21

xef
/ [名詞]息、ブレス
[動詞]yulに息を吹く、吹く、吐く、手や蝋燭や人に息をかけること。人にかける場合とはたとえば飲酒運転の取り締まりで検査する場合である。
[類義語]torte
[レベル]2
sorn
[語法]
若い女が男を誘惑するときに息を鼻に軽くかけるように話すため、xef toa(鼻に息をかける)で誘惑するの婉曲用法。この誘惑は必ずしもセックスに至らないが、おおむね至ることを含意する。
【成句】
xef nene 誘惑する
xef t'arte アルテの吐息:天地開闢
【用例】
xef ruuf 荒い息
nag xef 息を呑む、息を飲む。驚きなどで。
la xef toa t'altian ant! あの子、私のカレを誘惑したのよ!

xei
/ [副詞]もし〜なら、〜なら〜
[レベル]2
16:制:恣意
[語法]
仮定であることを付け加える。格詞に後置されることが多い。kon xeiで「使うなら」、frem xeiで「近くにいる際は」の意味。
【用例】
te yol kap pot xei lop. 電車の中では電話をしないで:アルバザードでは問題ない。
"fie lfis sen pot xei lan e. 「誰かの中で生きることで、嘘は命を持つの。

xelan
/ [代詞]誰か
[レベル]2
19

xelant
/ [代詞]誰かの
[レベル]2
19

xelie
/ [人名]シェリエ
[名詞]夜、夜中、真夜中、宵。20時から4時。
[形容詞]夜の
[レベル]2
20:ridia:xeliu.szd(月)
vel,f viid,fv:viid:la xelie
[文化]
mizari
【成句】
xelie livrer et bezet. 秋の夜姫は気が早い:秋の日は釣瓶落とし

xelien
/ [代詞][rente]私たちの。女性敬体。
[レベル]2
21:ridia:xelis/en

xelis
/ [代詞][rente]私たち。女性敬体。
[レベル]2
21:ridia:se/liiz(矮小な集まり)の弱化。

xelk
/ [動詞]yulを散歩する、散歩する
[普通動名詞]散歩、月散歩→xeltluk
[レベル]2
19:古:xeltluk(月散歩)
[文化]
散歩は自転車以上に好まれるスポーツであると同時に余暇の過ごし方でもある。ぶらっと街や公園を歩き、近くにいる人に声をかけたりして過ごす。しばらく歩くとベンチで休んだり、カフェに入ってゆったりする。ベンチで本を読んだりする。こういった時間の使い方がアルバザードだと典型的な幸福とみなされる。
【用例】
alis arat xelk ok sae ka arnamana. アリスはアルナ大で紗枝と散歩をした。
☆an xelkat lax mol esk. 雨の中を一人で歩きたかった:雨の中はmol esk。
an xelkat tant xi dunex. 夕食の後に外を散歩した:このtantは集合住宅の庭。

xelm
/ [名詞]夜。太陽が出てない時間帯の総称。
[形容詞]夜の
[反意語]falim
[レベル]2
19:xeltim(つきの時間)
【成句】
i falim a xelm 朝から晩まで。一日中

xen
/ [動詞]yulを飲む、飲む、呑む
[類義語]nag
[反意語]kui
[rente][動詞]kui/xen。食べると飲む両方の意味に使う。
[レベル]2
sert
13:制:xen(飲む):古:sorn:xon(食べ物)
kuts:kuts:evrenx
[語法]
「お茶でも飲みませんか」をアルカにどう訳すかという問題だが、そもそも「お茶でも」と濁す表現が日本語的であって、アルカでは「お茶飲みませんか」と言うほうが自然で、わざわざお茶の部分を濁すという言語表現自体を英語と同じくしない。つまり、xen xiit fi ovaen ete?ではなく、xen xiit etek?が自然ということになる。
【用例】
xen pita 薬を飲む。食べる薬もある。その場合はkui。

xenoan
/ [代詞][mayu]あたしたちの、あたしらの、アタシらの
[レベル]2
21:kliiz:se/noanの弱化。

xenon
/ [代詞][mayu]あたしたち、あたしら、アタシら
[レベル]2
21:kliiz:se/nonの弱化。

xep
/ [形容詞]困難な、難しい、大変な
[形容詞]低頻度な、起こりにくい
[反意語]sof
[レベル]2
rd;me
sorn
kaya:kaya
【用例】
tu lei at xep tinka ento an isk vil tu. この本は難しすぎて読むことができなかった。
tu yun xep a. そりゃ大変そうだな。
☆tu at xep xel an jig tu lex nos ke ax az. 行くべきか止めるべきかを決めるのが難しかった。
"xep nonno" 「難しいんだね」
tu et xep xel el fel parmren 日本語を学ぶのは難しい。
len alf et xep rak xalt an. やはり数学は俺には難し過ぎる。

xerj
/ [生物]薬指、環指
[レベル]2
19:xerji(化粧指)クリームや粉を塗るときによく独立して使う。
sokukaji:

xetul
/ [代詞]何か
[レベル]2
19

xetulet
/ [代詞]誰かの
[レベル]2
19

xexe
/ [名詞]何々、〜、程度の分からないある程度の
[レベル]2
20:kalie:xe/xe

xia
/ [料理]菓子、おやつ。菓子だけでなくおやつのようなものも含む。
[類義語]felver、sadis
[レベル]2
13:制:古:xial(甘いもの)
::la felver:txiato,alt
【用例】
lala es tyu xenat xia e yult, xia! non rensat tu et xia luut sete.
「ルシア、どうしてユルトのお菓子食べちゃったの!これ、お兄ちゃんのって言ったでしょ」
[言葉遊び]xia akur xia(aaa しあがシア(菓子)食ってるwww
non siina xia. 私はおやつ好き。
an kuit xia du kalo. おやつを少し食べた。
an siina kui xia sov kuil. 私は間食が好きだ。
an kui elf xia alnod tur. これからはおやつを食べないことにする。

xial
/ [政治]街、町、都市
[形容詞]〜の街。前置。
[レベル]2
13:制:古:ra ruxilo
vania:
[語法]
salaiとlanxelの総称。革命前は大きめのlanxelを指した。
[文化]

<街の種類>
革命までは、王都、町、村の3種類しかなかった。王都はアルナ、町はアシェルフィやカンタル、村はサプリやサティスのこと。
サライができてからは、王都(daial)、都市(salai)、町(lanxel)、村(lizl)の4種類になった。王都は都市サライの一種である。
現代ではアルナは王都、カテージュは都市、アシェルフィは町、サプリは村である。なお、街(xial)は都市と町を区別しない言い方である。

<国・州・県・区・市>
行政単位で見ると、国(kad)・州(kild)・県(karx)・区(melei)・市(haim)の5段階である。
rdまでは国・州・市のみだった。ナディアで県ができ、革命で区ができた。
中央アルナ、アシェルフィ、カンタル、カテージュ、サプリなど、こういった単位を市と呼ぶ。日本でいうと白岡町のようなレベルでも白岡市と呼ぶようなものである。
市は近くの市(街や村)と合わさって区を作る。例えばサプリ市やカンタル市はアシェルフィ区に入る。
県はさらに複数の区を集めたものである。例えばアルナ県にはアルナ区やアシェルフィ区などが入る。
県が複数合わさると州になる。すべての州を集めると国になる。
【用例】
xial han{kai} 大きな街

xiar
/ [名詞]北
[名詞]北区:アルナの一地区。省庁、学校、企業などが集まる。
[格詞]〜の北にある
[反意語]fleu
[レベル]2
19:xier
::la gwal(四季神に合わせて):minamo,alt

xidiabena
/ [幼児]おねしょ
[レベル]2
19

xidiatxo
/ [名詞]おやすみのキス
[レベル]2
14:制:おやすみのキス
[文化]
主に幼児を相手取って行うことで、寝る前に親などの近親者がキスし、子供もキスで返すこと。

xie
/ [料理]蜜
[レベル]2
13:制:lakta:xieria(甘い水)
[語法]
プロトタイプはハチミツ。

xier
/ [サール]シエル。冬を司る女神
[形容詞]色が冬めいた
[形容詞]冬の
[名詞]冬
[組み数字]4/4
[レベル]2
古:ridia:xier,xiel,kee(冬)に関連。keeのeはeriaで、水。転じて冷たい、寒いの意味。xiはふつうに考えれば甘いだが、なぜ甘いなのかは分からない。他の可能性もあるが、造語者が既に忘れている。アルシエルの中では一番にできたのでこのときはまだ神格化が弱かったと思われる。ゆえにxiはaxteやalisと違って神に関係のない意味かもしれない。恐らくxierは元は冬の神ではない。一番はじめにできたということはまだ他の三人はいなかったのだから、四季の神として作ったはずがない。それなら同時に四人作ったはずだからである。となるとシエルは単に水の女神だったのではないか。xiは甘いだが、xikuなどでは転用して魅惑的なという意味になる。魅惑は女神を表わすので、xierは水の女神と解釈するのが妥当だろう。そしてその後、そのerが後に水でなく寒いで解釈されるようになり、冬の女神になって四季を作る必要性がでたか、或いは四季を作るためにシエルを冬に配置したのかのどちらかであろう。
::la diaxer:minami,alt, leeben,vx
[文化]
アルシエルの一人。冬を司る女神。方角では北。アルバザードは北半球で、北に行くほど寒い印象がある。
【成句】
xier asex xi ena シエルは泣いた後に笑う:三寒四温
【用例】
xier luna. 冬になる。
fis at yun xier. 今日は冬が来たようだった。
an na kit xier. 冬の気配がし始めている。
tu at melt xalt xier. 冬にしては暖かかった。
an sat fal lana xier. 冬に備えなくてはならない。

xiereri
/ [医療]AB型
[レベル]2
19
[文化]
AB型は天才肌で完璧主義で変人が多いと思われている。

xiernakea
/ [歳時記]冬休み
[レベル]2
21:ridia
[文化]
nakea

xiia
/ [名詞]あなた、ディアー、スウィーティ、ダーリン、ハニー、スイートハート
[丁寧][形容詞][rente]甘い
[婉曲][動詞][rente]yulにキスする、キスする
[レベル]2
古:「恋人」の別称。xiina「好き」から来た説とxial「甘いもの」から来た説がある。
[語法]
恋人として好き合っている者が相手を指す呼び方。男女の別は無い。

xiks
/ [普通動名詞]キス
[動詞]yulにキスする、キスする
[類義語]alul、xiian、xiku
[レベル]2
14:制:古:xiku
[語法]
xiksは唇同士のキス。alulはxiksより軽いキスで、唇同士を軽く触れる程度。xiianは舌を絡めるディープキス。xikuは唇以外に触れる軽いキス。頬や額や手の甲などにする。
[文化]
キスは西洋人より日本人の感覚に近い。恋愛関係にあるもの同士でするものであり、それ以外とはしない。
親がtinalまでの子供にすることはある。南方の親はalulもするが、北方の親はxikuまで。ルティア人は身体接触が苦手で、キスは恋人としかしない。

xiku
/ [普通動名詞]キス。唇以外に行うキス
[動詞]yulにキスをする、キスする
[類義語]xiks、alul、xiian
[レベル]2
f;xi/ku
古:甘い口が原義
xiku:xiku
[語法]
xiks
【用例】
an xikut la on kaam. 私は彼女の頬にキスをした。

xilf
/ [形容詞]好都合な、都合のいい
[反意語]dame
[感動詞]けっこうだ、好都合だ、上等だ
[レベル]2
19:xelfのアプラウト

xilhi
/ [動詞]yulを許す、許す、赦す。許可ではなく、罪などを赦すの意味。
[普通動名詞]許し、赦し
[類義語]flen
[反意語]dex
[レベル]2
19:古のsilf(軽い)とkahi(罪)から造語し、語頭音を変えた。
【用例】
an xilhi vil la tsetta. あの裏切り者を許すことはできない。

xina
/ [形容詞]幸運、ラッキーな、運の良い、ツイてる、ついてる
[副詞]幸運なことに
[反意語]sami
[レベル]2
古:xina(幸運な)。原義は「甘い心」。好きのsiinaと同じ語源。好きも元々はxina。xがsに変わり、母音がアクセントによって伸び、siinaになった。幸運と好きは同じくxinaだったが、好きだけsiinaに分離した。
【用例】
an at xina im fis. 今日はついてる日だった。

xinaxo
/ [普通動名詞]禁じられた遊び
[レベル]2
rd;/
23

xink
/ [文頭純詞]実は、実を言うと、なんと
[レベル]2
13:制:古:xinku(本当を言う)
【用例】
xink le et fie da. 実はありゃ嘘だ。

xino
/ [親族]息子ちゃん
[レベル]2
19:ridia:xiia/noi(可愛い息子)
[語法]
miia

xion amanze
/ [人名]シオン=アマンゼ
[レベル]2
ridia:古:「カモミール」
[文化]
アルティス教の始祖。

xipi
/ [料理]コーラ、コカコーラ、ペプシコーラ
[レベル]2
rd;↓
lakta:「甘くて黒い」
[文化]
地球より早く、rdでリュウが作った。訓練後の喉の渇きを潤すために開発した。ヴェレイでさらに広まり、成人病の促進をした。ミロク革命でミロクが悪い飲み物と指定したことで昭和の日本程度の頻度になったものの、ミロクの死後はまた頻繁に飲まれるようになった。
【用例】
an xenat xipi lana em diit. 暑さを払うためにコーラを飲んだ。

xiria
/ [名詞]水、冷水、冷や水、ひやみず、おひや、お冷、お冷や
[類義語]fler、axer、alir、er
[レベル]2
20:ridia:xier/eria
[語法][文化]
fler
【成句】
xiria a(len) enda 年寄りの冷や水。日本語と同じ表現だが危険だという意味が強い。

xirius
/ [丁寧][親族][男性]父上、お父様、おじさま、シリウス
[レベル]2
21:ixirius(鏡)
[文化]
laala

xisa
/ [料理]砂糖、シュガー
[レベル]2
古:(甘い粉)
[文化]
アルバザードではショ糖のことだと思われているが、実際には砂糖の主成分がショ糖なだけ。通常グラニュー糖を指す。

xisp
/ [被服]パンティー、パンツ、ショーツ、男のブリーフ
[レベル]2
rd;↓
14:制:古:xisabe(甘い下着)。ここでの甘いは淫らを指す。
ginsa:ginsa
[語法]
xispは男のブリーフも女のパンティーも表わす。

xit
/ [動詞]yulを見失う、見失う、無くす、亡くす、失う、紛失する、なくす、見えなくなる
[普通動名詞]紛失
[反意語]sak
[レベル]2
@19
[語法]
この「なくす」は紛失するの意味。つまり見つけるの反対。
【成句】
xit xos e nene 〜の背中が見えなくなる:〜の背中が見えなくなるまで見送る

xite
/ [親族]家族
[生物]種
[言語]地域方言
[文字]具体的なフォントファミリーの種→tats
[レベル]2
13:制:har:ruxilote(家の関係)
[語法]
家族。一緒に住んでいる人で、血縁関係は関係ない。居候でも婿でもxite。

xivel
/ [料理]チョコレート、チョコ、ショコラ
[レベル]2
古:xivel(甘い黒いもの)。制でxivlだったが、客用のxiplを買ってきてとクミールに頼まれたリーネがxivlを買ってきた。xiplとxivlは紛らわしいとリーネは糾弾し、古形に戻すよう主張した。
【成句】
yun xivel (恋愛が)大人な→fiinelia

xiyuan
/ [名詞]請負人、請け負い人、引受手、引き受け手、受注元、承諾者
[レベル]2
rd;/
24

xoi
/ [料理]味、風味
[レベル]2
13:赤:xa
[文化]
一般的に薄味を好む。味付けも香辛料を好み、塩やソースなどはあまり多用しない。香辛料も決して多く入れることはない。味の中では辛い味を好む。香辛料を使う機会が多く、比較的寒い地方が多いためである。また、健康のために酸っぱいものも好まれる。甘いものはエネルギー補給の目的で好まれる。塩はなくてはならないものであるが、取りすぎに気をつけられる。尚、アンシャル料理はそもそも塩分が少ないので、アンシャル料理を食べている分には塩分は気にならない。インサール料理のほうが油や塩が多いため、気をつけられる。油は植物油が好まれる。あまり大量に使わないように気を使う。
【用例】
xoi nea 濃い味
xoi gank しつこい味、脂っぽい味
xoi atx{rat} おいしい味
xoi zal 変な味

xoit
/ [動詞]yulを味わう、味わう
[文末純詞]味覚での推量。〜なようだ。
[レベル]2
16:制:xoi/tab

xok
/ [副詞]互いに
[名詞]相互
[形容詞]相互の
[レベル]2
13:制 参考:古:tsul(相互の)
【用例】
laas inat xok. 彼らは見つめ合った。
lass inat xokel. 同上

xook
/ [動詞]yulについてaと会話する、会話する、対話する、話し合う
[普通動名詞]会話、対話、話し合い
[レベル]2
14:制:互いに喋る
[語法]
xookは雑談内容。xookelは雑談すること。
[文化]
会話は他人に聞こえない声で話すのが礼儀。大声で話してはいけない。うるさいのは日本やフランスや北欧同様無礼となる。
【用例】
xi dunex o xook, axte tabor tex l'et on a le veim kont sankes 夕食と雑談の後、アシュテはねっ転がって事件に関連する情報を調べていた。
son ar xiit xook du fil じゃあしばらく話でもしよう。
a ya. xink, an en siina xook onen vels alen les en xam mirokizm ul falis antes man gaato xook sod sen tov atta. ええ。まぁミロク革命や僕らの正義観に合わない人と政治の話をするのはいさかいの種になるので好きではないのです。
ka fatooalna, an xookat wain, seta e lanxel, alan wen al ifin o lifen le ra lanxel kok. 稽古上げで、町内の古老や若い人と祭のことや町の歴史のことや社会のことについて話した。

xosho
/ [生物]背骨。xezの日常表現。
[レベル]2
13:制:背中の骨

xtal
/ [名詞]行列の各列、列
[魔法]晄基配列の列
[レベル]2
[反意語]saks
20:melidia xier:xtam/sas→xtas→xtal(言いにくいため)
[語法]
saks

xtar
/ [名詞]上下、上下方向
[数学]z軸←xalrein
[レベル]2
19:xtam/kor(