Mnemosyne(ムネモシュネ、ニーモシネ、覚エテチョウ)


ここではMnemosyne(ムネモシュネ、ニーモシネ、覚エテチョウ)についてのTipsを書きます。

Mnemosyneでは地の文はサイズが変更できるのですが、LaTeXの数式のサイズを変更する方法を発見しました。
コンピューター、ローカルディスク、ユーザー、自分の名前、.mnemosyne、latex、dvipngをメモ帳(エディタなら何でもいいです)などで開きます。
デフォルトでは「dvipng -D 200 -T tight tmp.dvi」となっているところを「-D 」の後ろの数値を変更します。
数字が小さければフォントも小さくなります。数字が大きければフォントも大きくなります。


Kauli
トップに戻る