交通事故 入院 通院 後遺障害 示談 賠償金 保険 労災                             事故KTIパーティ

異議申立

1 後遺障害申請をして妥当な認定を受けなかった場合に実施します。
損害賠償率算定機構からの非認定通知に対し、非認定理由各項目ごと医症的に反論します。
必要な場合は、再度通院していただきお医者様に後遺障害診断書を一から記載していただきます。
新たに作成した後遺障害診断書と画像(X-P、MRI)等を細かく点検し、作成した立証資料を添付し申請します。
認定されるまで(もしくは納得できるまで)何度でも申請します。

 

2 後遺障害等級認定の異議申し立て
異議申立書には、決まった書式があるわけではありませんが、保険会社に請求すれば書式をもらうことができます。
自分で作成する場合、自賠責番号や事故発生日、整理番号などを特定し、また、様々な資料を収集し、前回の審査を覆すほどの裏付け資料を添付する必要があります。
また、後遺障害認定のシステムは、自覚症状を見て、それを裏付ける画像や他覚所見があるかどうかを確認し、異議申立書もその順番で、証拠を引用しながら、書いていく必要があります。

 

3 後遺障害等級認定、最後の異議申立機関
損害保料率算定機構への異議申立のほか、最終的な手段として、自賠責紛争処理機構への異議申立てができます。
しかし、ここに申立てをした場合、再度(今後)、異議申立てを行うことができなくなるので、注意が必要になります。


 

関連ページ

後遺障害とは
「後遺障害が認められない」 「後遺障害の認定等級に納得できない」
後遺障害の認定
「後遺障害が認められない」 「後遺障害の認定等級に納得できない」